人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

子供が幼稚園でよく病気になったら?

多くの親は、幼児や就学前の年齢の子供が実際には痛みから抜け出さないと不満を持っています。ほとんどの場合、このような身体の防御力の低下は、食事の不備、日々の治療法の欠如、睡眠不足の結果です。子供が混雑した場所やグループ(幼稚園など)を訪れた後に風邪を引くことが多い場合、これは彼が免疫力を低下させたという体からの合図です。

病気の子供は誰ですか

問題は、多くの親に知られている子供のための施設ではなく、赤ちゃんが家でより多くの時間を過ごすときです。主なことは、パニックに陥ってすぐにすべての予防策を講じることではありません。圧倒的多数の状況におけるそのような状態は、子供の特別な治療を必要としない一時的な現象です。これは、乳児の免疫力が非常に低下しているため、ごくわずかなARDで重症かつ危険な細菌性合併症を引き起こし、治療が困難な場合には当てはまりません。

病気の年齢と頻度に応じて、専門家らはいくつかのFERグループ(しばしば病気の子供)を特定しました:

  • 12ヶ月までの子供、風邪をひいて年に4回、
  • 1〜3歳の子供、12ヶ月で6回以上
  • 年5回以上風邪をひいている未就学児(年齢層3〜5歳)、
  • 年4回以上病気になる学齢の子供
  • 風邪の治療期間が2週間以上である若い患者。

子供はなぜ病気なのか

赤ちゃんがしばしば風邪を引くのにはいくつかの理由があります。小児科医が主張するように、彼らのほとんどの素早い決定は両親自身にかかっています。大人は生活様式に影響を与える可能性があり、どのくらい強く感染に対する免疫が子供の免疫になるかは彼らの行動に左右される。いくつかの赤ちゃんでは保護機能に悪影響を与える感染の活発な病巣があります。拡大したアデノイド、持続性の咳、または鼻水の場合は、病原菌の性質を判断するために細菌培養を行う必要があります。

場合によっては、子供の免疫力の低下は、同時にいくつかの要因によって引き起こされます。

  • 不適切なライフスタイル - 適切な一日の計画の欠如、昼間の睡眠、ウォーキング、栄養不良、強化処置の欠如、新鮮な空気の中でのウォーキング、
  • 抗生物質、免疫調節薬、または抗ウイルス薬の思いがけない自己投与による身体防御の減少
  • 衛生状態が悪い
  • 病気(肺炎、扁桃炎、気管支炎)を患った後の防御力の低下、
  • 不適切な温度、空気のパラメータ(低湿度)、
  • 子供のチームの感染した赤ちゃんや大人からの感染
  • 身体活動の欠如、座りがちな生活。

1歳未満の子供はしばしば風邪をひいています。

この年齢では、子供は仲間と頻繁に接触することがないので、これが免疫力の低下の主な理由ではありません。頻繁な風邪の素因は別の原因 - 乳児の先天性感染症または未熟児 - を持つ可能性があります。乳児の体の保護力を正しく発達させるために非常に重要なのは、摂食方法です。母乳で育てられた赤ちゃんは、「人工」よりもはるかに少ない頻度で病気になりやすい傾向があります。細菌異化症または低ビタミン症の存在下では、免疫力が低下する可能性が高まります。

子供は幼稚園で常に病気です

幼稚園への適応の初期の期間ではしばしば子供が毎月病気になるので、就学前の年齢の子供のための施設は、ほとんどの場合、赤ちゃんの両親に恐怖とパニックを引き起こします。子供たちのチームが感染症の繁殖地であるため、この状況は本当に起こります。赤ちゃんが遊び場や庭のグループを訪問し始めるとすぐに、鼻水や咳が生活の中で頻繁な現象になり、そしてこれらの症状が合併症を引き起こさない場合、そのような状態は特別な治療を必要としません。

子供が病気の場合はどうするか

この健康状態は免疫力の低下の結果であるため、赤ちゃんがあまりにも頻繁に風邪を「引く」場合、親は心配する必要があります。寄生虫は慢性感染症の原因になる可能性があるため、寄生虫の体をきれいにすることを忘れないでください。タイムリーな予防接種は、赤ちゃんを重い病気から守りますが、それだけでは体にとって難しいテストです。両親は、身体的健康が家族の道徳的、心理的状況が同様に重要な役割を果たすより重要であると考えるべきではありません。

治療を開始する前に、子供の健康が頻繁に悪化する理由を突き止める必要があります。

  • 鼻咽頭感染症の病巣、
  • 腺様炎、
  • 出生外傷、脳症、
  • 内分泌腺の問題
  • 代謝異常
  • ストレスの多い状態
  • 長期投薬の結果
  • 環境の状況

免疫システムを強化する方法

オフシーズンは最も潜んでいるシーズンです。この間に、自然免疫力の低下により、横行性の呼吸器感染症が始まります。秋または冬に子供が絶えず高熱、のどの痛み、鼻水を伴う風邪(ARVI、インフルエンザ)に苦しんでいる場合、あなたは体の保護を改善する方法について考えるべきです。免疫の形成は子供の誕生の直後に始まりそして決して終わらないプロセスです。子供が風邪をひいている場合は、家族全員の健康状態に気をつけましょう。

免疫細胞の最大70%が消化管にあるので、食事は健康にとって非常に重要です。それは必要な量のタンパク質、脂肪、炭水化物、ミネラルとビタミンを含まなければなりません。人工栄養の赤ちゃんは母乳を食べる赤ちゃんよりも免疫力が低いと考えられているため、補給中の食品の選択には特別な注意を払う必要があります。それらは徐々にそして慎重に導入される必要があります。同じ種類の料理からなるメニューは、子供の健康の敵です。

すべての子供たちの食事療法で穀物、野菜、果物や肉があるはずです。年長の子供(3歳から)は、免疫力を向上させるために、このような製品を日替わりメニューに含めることをお勧めします:

  • ニンニクと玉ねぎ、
  • サワーミルク(ケフィア、ヨーグルト、サワーミルク)
  • ナッツ、
  • はちみつ
  • レモン、
  • 果物や野菜のフレッシュジュース
  • ハーブティーとベリーを癒します。
  • 魚油

硬化

病気の子供はしばしば予防策を含む特別な注意を必要とします。硬化は、さまざまな感染に対する体の抵抗力を高めるための最も一般的な方法の1つです。多くの親は毎日、彼らが新鮮な空気の中で子供たちと長い時間歩くことが多いという事実から始まります。しかし、そのような生活のリズムはすぐに気になり、すべてがテレビやタブレットの画面の後ろの通常の支出時間に戻ります。硬化は一連の手順ではなく、家族全員の健康的なライフスタイルであるため、これは最も重要な間違いです。

子供の健康を改善する過程で、次のヒントに従ってください。

  • 体温調節はまだ十分に発達していませんが、赤ちゃんを過度に包むべきではありません、これは彼がいつも凍っているという意味ではありません。
  • 部屋の中の温度は22度を超えてはいけません、空気は多すぎる(45%まで)または乾燥してはいけません。
  • 私たちは毎日の散歩や空中でのアクティブなゲームを忘れてはいけません;どんな天候でも、子供たちは少なくとも2時間外で過ごすべきです。
  • 定期的な放送も健康にとって非常に重要です。
  • 保護者が日焼け止め療法を強化処置で補うことを決心するならば、彼らは同時に、そして赤ん坊の絶対的な健康だけで毎日実行されるべきです。

幼稚園における頻繁な病気の原因

子供の庭での最初の年は社交のモードで行われます。母親からの離脱、新しい日課のための体の再構築、子供のチーム内でのラップ - 上記のすべてがミニストレスです。 「在宅」の赤ちゃんにとって、そのような革新は免疫システムの弱体化を引き起こす可能性があります。親にとって、子供の一連の無限の病気は本当の問題になります。問題との闘いを始めるには、まず第一にその主な原因を見つけることが必要です。

心理的要因

これは、病気が次々と引き寄せられる理由の最初のものです。子供は家でくつろいでいます、そして、彼が回復するとすぐに、彼は再び病気になるので、庭で数日過ごします。説明があります。コミュニケーションを渇望している子供たちがいます、大勢の人にほとんど耐えられない子供たちがいます(読んで、子供たち)。そしてそれは庭を訪問中の赤ちゃんが常に不快感を覚えている可能性があります。したがって、行動の変化、睡眠不足、食欲、そして結果として - 弱い免疫力。

部屋の状態が悪い

グループの修理不足は、子供が幼稚園で常に病気になっている理由の1つかもしれません。修理の手がかり、窓の壊滅的な隙間、凍った床の古い建物は強い草稿をもたらします。秋から冬の間の部屋のこの哀れな状態は、グループの子供の発生率の増加につながります。

庭に対する弱い免疫

あなたの外来患者カードがすでに就学前の教育機関への訪問のための「ふっくらとした」外観を得ていて、FIC(しばしば病気の子供)のカバーに印があるなら、あなたはすべてが庭で変わることを期待してふけるべきではありません。たとえ病気が風邪に限られていても、庭に送られて、そのようなパン粉​​は毎週病気です。持続的な病気は治療を抗生物質を伴うように子供を弱めることができます。

通常の範囲で - 子供はどのくらいの頻度で病気になることができます

その年にARVIに移籍した一定数の子供たちが規範の概念に含まれています。ロシアの小児科医は、全学年の間に就学前教育に通う子供は10回まで病気になる可能性があることに同意します。しかし、追加で:

- 病気は問題がなかった(肺炎、気管支炎、中耳炎など)、

- それぞれの病気は38-38.5度以上の長期間の温度を伴わなかった。

あなたの子供のための1年あたりの医療証明書の数が11以上を超える場合には、懸念の原因があります。主な目標は、病気にならない方法を見つけ出すことです。ボディパン粉が病原体に適切に対処しない理由を探す必要があります。

常に傷つけるのを止める方法:5つの金のヒント

まず第一に、両親は自分の子供が健康であることに興味があるべきです。あなたが絶えず重力で回復のプロセスを開始するならば、その時は学校までに赤ちゃんは上下の気道の慢性疾患の「束」を持つことになる可能性があります。

子供が病気にならないようにするには、幼稚園で子供と常に接触しながら、パン粉の免疫力を高め、それらを良好な状態に保つのに役立つ簡単なヒントに従うようにしてください。

完全回復までの治療

庭で「稼いだ」最初の風邪が敷居に足を踏み入れたらすぐに、最後のくしゃみまで、良心的に赤ちゃんを直すようにしてください。子供が幼稚園で病気になることが多い主な理由は、気温が上がるとすぐに保護者が急いで証明書を受け取り、虐待を受けた子供を庭に連れて行くことです。その結果、いまだに咳をしていることが多い子供が再び病気のペースを速やかに取り戻し、すでにより深刻な症状を訴え、グループのほぼ半分に感染しています。

季節の服や靴

体温調節は、3層の衣服の下で蒸している子供によって妨げられるので、特に介護者が換気のために窓を開けたい場合は困難ではありません。子供たちが毎日そしてほとんどどんな天候でも庭を歩いているという事実も考えてください。高品質の防水靴や衣類の世話をする。

3.免疫力を強化する

しかし、どうすればそれを強化することができますか、この免疫、病気が次々に進行するときにあなたは言うでしょう。栄養から始めましょう。子供は毎日新鮮な果物を食べるべきです:りんご、ナシ、バナナ、あなたの財布に利用できるもの。それがよい栄養物を組織することが不可能であるか、または子供が健康的な食物を食べるのを拒否するならば、ビタミン複合体に注意を払う - ビタミンの毎日の毎日の摂取は免疫システムを強化するのを助けます。

健康的なライフスタイル

スポーツと運動は人生です。庭の前で赤ちゃんと一緒に毎日5分間の運動は気分だけでなく、免疫力を高めるでしょう。最も単純な動きが近づくでしょう:曲がり、スクワット、場所へのジャンプ。子供を硬くするかどうかは別の問題ですが、少なくともそれを2つか3つの靴下に包まず、冷蔵庫から時々飲むことを許可しないでください。小児期以来、のどの寒さに慣れている狭心症や喉頭炎になりにくいです。就寝前に部屋の換気をすることもルールにしてください。新鮮な空気がパン粉を素早くしっかりと眠りにつくのを助けます。

5.幼稚園に通うためにしばらく待ちます

一連の無限の病気が終わらず、あなたがすでに病気であると拷問を受けていて、子供が丸薬と注射で疲れきっているならば、問題は庭が全く取られるべきであるかどうかそしてそれが賢明であるかどうかです。免疫学者に相談しなさい、多分それはあなたの子供が就学前教育に通うことを避けるべきです。最後の手段として、夏には「息をのむ」ことをお勧めします - 晴れた​​3か月のうちに、赤ちゃんはビタミンと太陽を得るようになり、それによって風邪の抵抗力が高まります。そしてあなたが海の空気を吸うことに成功したならば、そのような癒しの療法の行動は来年の学年全体のために十分でしょう。

赤ちゃんの風邪やSARSの予防

初年度、幼稚園を訪れることは多くの子供たちとその親にとって容易ではありません。頻繁な病気を予防するためにどのような予防措置を講じることができるのか教えてください。

- 自己瞑想をしないでください、そして病気の最初の兆候で、あなたの子供と一緒に医者を訪ねてください。このような発熱やarse声などの無害な症状の場合は、炎症の発生に気付かないことが可能です。医者はその治療に対処しなければなりません。

- 赤ちゃんに衛生状態を教えます。石鹸と水で手を洗うだけで、多くの病気を避けることができます。

- 子供に鼻水がある場合は、使い捨てハンカチまたはトイレットペーパーを使用してください。再利用可能な組織 - 感染の温床子供が使用済みのスカーフに触れるたびに、子供は細菌の新しい部分を「つかみ」ます。

- 庭では、感染症は一般的なもの、おもちゃを介して伝染する可能性があります。子供を軽く引き離すか、口の中に異物を取ります。赤ちゃんのロッカーには、常に個人用のハンカチと衣服の交換を余裕を持って行ってください。他の人のものを取ったり使用したりしないでください。

たとえ一年のうちに、彼がどれだけ庭に行ったかをあなたの指で頼りにすることができるとしても、あなたの子供をしばしば病気でしばしば書き留める必要はありません。適応を最後まで通過し、最初の1年半の間病気であったので、子供たちは毎回「成長」し、風邪をひきます。

子供の頻繁な病気の原因は何ですか?

現代医学における免疫は、病原菌やウイルス、毒物、毒素などの異物の影響に対する体の免疫と呼ばれています。相互作用の保護特性は内分泌と神経系を提供します。骨髄、腸、脾臓および他の内臓が免疫に関与しています。何らかの異常があると、子供の健康は悪化します。

子供が通常の免疫で何回病気になっているかという問題に対する正確な答えはありません。鼻水や咳が2、3回苦痛を感じた場合、体の保護特性は正常です。赤ちゃんが約15回風邪をひいているとき - これは憂慮すべき兆候です。しかし、免疫不全症について話すのは時期尚早です。この状態は非常に危険で先天的です。この問題では、どんな病気でも厳しいコースと深刻な合併症の出現を伴うでしょう。

子供が病気であることが多い場合、これは二次免疫不全を示します。体の保護特性は、有害な外的要因または内的要因によって低下します。その理由は以下の通りです。

  1. ビタミンやミネラルが不足しています。
  2. 慢性疾患
  3. 座りがちな生活。
  4. その日の間違ったモード。
  5. 野外にいることは稀です。
  6. 健康的な食事の原則に違反しています。

Komarovsky博士によると、両親は子供の免疫力を低下させることに対して有罪です。母親が常に赤ちゃんを暖かい服装で包み込み、アパートの周りを裸足で歩くのを防ぎ、激しく給餌し、常にすべての窓を閉めれば、その後定期的にSARSやインフルエンザにかかります。

病気の子供はしばしば弱いです。彼の体は感染に抵抗することができません。その結果、将来深刻な慢性疾患が発症する可能性があります。

Komarovskyは子供の免疫についてどのように考えていますか?

Komarovskyによると、最近広く宣伝されている薬の助けを借りて免疫力を強化することは不可能です。赤ちゃんの頻繁な病気 - 彼の人生の不適切な組織の結果。したがって、問題を解決する唯一の方法は状況を変えることです。

Komarovskyは以下の方法で免疫システムを強化することを提案します:

  1. アパートの中で正しい微気候の形成。
  2. Отказ от ношения чрезмерно теплой одежды в хорошую погоду.
  3. Полноценный отдых и достаточная физическая активность.
  4. Грамотный рацион.
  5. Правильное лечение всех заболеваний.

今人気がある方法と3歳未満の子供の免疫力を強化する方法は民間療法になっています。 Komarovskyは懐疑的です。レシピが健康に害を及ぼさないならば、それは適用されることができます。ジュース、レモンティー、クランベリー、その他の果実は安全と見なされます。この場合、彼らからの強い治療効果を期待する価値はありません。

Komarovskyから子供の免疫を強化するための10のヒント

Komarovsky法に従って子供の免疫力を高める方法について10のヒントがあります。

  1. 両親は乳児衛生の規則を守るべきですが、それをやり過ぎてはいけません。食事の前に手を洗うことは必要ですが、皿を消毒する必要はありません。子供は動物と接触するべきですが、母親は子供がその後彼の口に手を引かないように注意する必要があります。
  2. 彼に食欲がない場合、あなたは子供を養うことはできません。さもなければ、彼は食物の過度の消費のための好みを開発するでしょう。これは肥満や免疫システムの機能障害につながります。
  3. アパートをできるだけ頻繁に換気し、湿式清掃をしてください。冷たい空気では病原性の少ない微生物叢。不要なカーペット、重いカーテン、家具などは捨てないでください。これはたくさんのほこりを蓄積します。
  4. 子供はもっと動き、スポーツをし、朝の体操をするべきです。
  5. 赤ちゃんはできるだけ新鮮な空気の中で過ごす必要があります。
  6. 工場のお菓子をたくさん与えないでください。ドライフルーツ、ハチミツ、ベリーに置き換えるのが良いでしょう。
  7. 食事は冷たい飲み物とアイスクリームを含むべきです。それらは血管に適度な負荷を与え、口腔の粘膜を硬化させる。
  8. 繊維、ミネラル、水分を豊富に含む適切な栄養素が腸の正常化に役立ちます。便秘は体の保護特性に悪影響を及ぼす。
  9. 薬は処方箋にのみ使用できます。許可されていない薬物の使用は、体の免疫システムを破壊することにつながります。
  10. 子供はテレビやコンピュータではなく、両親と一緒にもっと時間を過ごすべきです。共同歩道、コミュニケーション、家族の親しみやすい雰囲気が健康の増進につながります。

このようなヒントを実際に使用すると、全体的な健康に害を与えることなく、子供の免疫力を回復させることができます。それらはロタウイルス感染症および他の病気に対して保護するのを助けるでしょう。

頻繁に病気の子供たちの免疫力を強化するための効果的な対策

赤ちゃんの体はARVIとインフルエンザの流行の期間に非常に脆弱です。ウイルスはいつでも子供の体内に侵入する可能性があります。したがって、大勢の人が集まる場所への訪問を拒否することは価値があります。これは1歳の子供たちにとって特に危険です。

病気の後に免疫を回復させることは、環境との対立の排除に役立ちます。両親にとって、アパートの中で赤ちゃんのための快適な気候と家族の中で好ましい心理的環境を作り出すことは重要です。おもちゃや子供が自分の口に入れたり、かじり始めることができるすべてのアイテムの清潔さに注意してください。できるだけ頻繁にそれらを洗ってください。家庭用化学薬品は使用しないでください。

子供が病気であることが多い場合、免疫力を向上させる方法の1つは、正しい毎日のレジメンを作成することです。あなたは毎日同時に就寝する必要があります。子供が住んでいる部屋の気温は20度に保たれています。日中の睡眠は新生児だけでなく、年長の子供たちでもあるべきです。これは正常な肉体的および精神的状態を回復し、免疫力を維持し、そして幸福を改善するのを助けます。

子供が絶えず病気であるならば、健康を回復するいくつかの他の効果的な方法があります。

身体活動とスポーツ

子供の免疫力が弱いときに行う最も効果的な方法は、十分な身体活動を維持することです。午前中はスポーツに出かけたり、アクティブなゲームをしたり、体操をしたりする必要があります。

幼い頃から子供にモバイルライフスタイルを教えることが必要です。最初に、母親は赤ちゃんと一緒に簡単な運動をするべきです。良い結果は赤ちゃんのヨガを示しています。免疫系の発達に病理がある場合、小児科医は治療体操を推奨するかもしれません。

屋外で歩く

子供が風邪に苦しんでいる場合は、4つの壁の中でそれを閉じることはできません。健康のためには、できるだけ屋外で過ごす時間とアクティブなゲームをすることが重要です。 Komarovsky博士は一日に数回歩くことを勧めます。

散歩はどんな天候でも行われるべきです。たとえ子供が鼻水をしていても、あなたはそれを拒否することはできません。唯一の制限は体温の上昇です。この場合は、安静をお勧めします。

適切な栄養

適切な栄養は、子供の健康を維持する上で重要な役割を果たします。 Komarovsky博士は以下の勧告を推奨する。

  1. 食事療法で外国の皿および珍味の最低量であるべきです。それらは有益ではないであろう、そして場合によってはそれらは強いアレルギー反応さえ引き起こすかもしれない。
  2. 食物は健康的な炭水化物と繊維が豊富であるべきです。それらは適切な代謝と正常な便に必要です。
  3. 子供に工場のお菓子をあげないでください。ドライフルーツと天然の蜂蜜に置き換えるのが良いでしょう。乾燥アプリコット、クルミ、カシューナッツ、レーズンを挽くことで優れたチョコレートを作ることができます。蜂蜜はこのビタミン混合物に導入され、小さなボールが形成されます。
  4. 子供のためのビタミンは強い免疫のために必要です。あなたは十分な量の野菜、果物、果実、野菜からそれらを得ることができます。
  5. 子供に発酵乳製品を与えるようにしてください。
  6. メニューには、ビタミンや脂肪を多く含む食品を多く含める必要があります。これらは植物油を含みます。
  7. 魚や肉の食事に入ることが重要です。それらは、脳の正常な機能に必要なタンパク質、微量元素および酸が豊富である。

子供に免疫を与える方法がわからない場合は、医師に相談してください。医者は正しい栄養プログラムを開発するのを助けます。

室内の清潔で加湿された空気

子供が住んでいる部屋では、定期的にウェットクリーニングを実施する必要があります。家庭用化学物質を同時に使用しないでください。ほこりの多い部屋では、ウイルスやバクテリアは非常に早く増殖します。

空気湿度を50〜70%のレベルに維持することが重要です。これは特別な装置の助けを借りて達成される。部屋の水槽に入れたり、濡れタオルを掛けたりすることもできます。寒い時期に空気が乾燥しないようにするために、ラジエータにシャットオフバルブを取り付けます。これを使って気温を調整できます。

子供の免疫の主な特徴

そのような咳、鼻水、発熱などの一般的な風邪のマイナス面について話す前に、それはこの病気にプラス面があると言われるべきです。

何十年も前に、人々は免疫システムのいわゆる準備が起こるために6-7歳の前に子供が風邪をひくべきであることを知っていました。将来的には、訓練された免疫システムは、体に侵入する抗原の影響に常に反応する可能性があります。

頻繁に病気の子供たちは2年間で6倍以上の急性呼吸器ウイルス感染症を患っている赤ちゃんと呼ばれています。

そのような子供たちの集団の免疫学的検査による多くの研究によると、彼らは重大な違反を見つけません。これは私達がこれらの子供達のほとんどが遺伝的によく発達した免疫であると結論することを可能にします。頻繁に風邪をひく理由は、免疫システムの成熟と準備の欠如です。赤ちゃんが生まれたとき、その保護システムはまだ形成されていません。人生の過程において、それは「訓練され」なければなりません:ある外部の影響に迅速かつ生産的に反応することができるために。

子供は幼稚園、学校、遊び場でさまざまなウイルスや細菌の感染に遭遇します。子供が「無菌」の状態で成長し、患者と人との接触がない間、彼の免疫はウイルスや細菌に遭遇することはなく、それらに対抗するための準備もできません。例えば路上で初めてこれらの抗原に直面して、赤ちゃんは病気になります - これは標準と考えられています。しかし、多くの場合、親自身がそのような状況で硬化するための免疫を与えていません。

多くの場合、ペアレンタルケアは解熱剤で急激に体温が下がることによって示されます。しかし、免疫防御と免疫記憶の生成は高温で起こります。

また、抗ウイルス剤、様々な免疫調節剤および抗生物質による治療は、免疫系に免疫系を最大限に含めることを可能にしない。なぜなら、上記の調製は病原体の量を減らし、免疫系と戦うものはないからである。これから免疫系は準備ができていないままであり、そして子供が次に感染症に直面したとき、彼は再び病気になるでしょう。

子供の頻繁な風邪の原因

子供の頻繁な病気の主な原因は免疫力の低下です。それは多くの関連要因によるものです。

  1. 子宮内感染。 子宮内感染は、多くの産後の病状または合併症の原因であり、そのうちの1つは免疫力の低下であり、それはその後に頻繁な疾患をもたらす。
  2. 重い病気 赤ちゃんが狭心症、肺炎、赤痢、サルモネラ症にかかっていると、彼の免疫力は低下します。
  3. 慢性疾患 この場合、免疫力の低下は慢性中毒や免疫力の低下に関連しています。
  4. 寄生虫 子供の体に入ると、彼らはすべての栄養素を摂取し、毒素を産生し、その作用は代謝に悪影響を及ぼすでしょう。

子供の頻繁な風邪の他の原因があります:

  1. 人工飼料への早期移行。 母乳には、タンパク質、脂肪、炭水化物、保護物質、すなわち白血球と免疫グロブリンが含まれています。これらはウイルスの侵入と感染の発生を防ぎます。赤ちゃんが人工栄養を摂取していると、病気にかかる可能性が高まり、その年の前に子供が風邪をひき始めます。
  2. バランスの悪い栄養 タンパク質食品は子供によって消費され、彼は抗体の生産に必要なアミノ酸の形成が必要です。脂肪は免疫細胞の形成にも非常に重要です。炭水化物は免疫系に通常の活動のためのエネルギーを提供します。頻繁に発生する要因は、ビタミン欠乏によるものと考えられます。それらの不十分さのために、免疫グロブリンの形成は減少し、リンパ球の活性は減少し、免疫反応の速度および力は減少する。
  3. 生態学的要因 乳幼児が工場や工場がある地域に住んでいて生態学的レベルが著しく低下している場合、有害物質が気道に侵入すると、粘膜のバリア機能が損なわれます。その結果、病原体は子供の体に入りやすくなります。
  4. これは抗生物質とホルモンに適用されます。少量の短期間の使用で、これらの薬は免疫系の活動を刺激します、しかし、長期間の使用と大量の摂取で、その鬱病は起こります。

風邪をひいている場合はどうしますか?

特に最大1年までの子供たちは、免疫システムを含む、体の正常な発達に最適な条件を作り出すために推奨されています。

  1. 部屋の中の空気は少し湿気があり、涼しいはずです。
  2. 清掃は少なくとも週2回、徹底的かつ定期的に行う必要があります。
  3. 天気に関係なく、毎日外出することが特に重要です。
  4. 子供が暑い場合、発汗の結果が風邪になる可能性があるため、天候のために子供を屋外でドレスアップする必要があります。

上記の推奨事項を実行すると、子供の病気の数が減ります。

免疫システムを強化するには?

あなたは長期および緊急予防法の助けを借りて免疫力を強化することができます。

第一のタイプについては、身体によるインターフェロン産生の刺激が特徴的である。うがい薬としては、エキナセア製剤やカモミール煎じ薬が使用されています。

緊急予防はインターフェロンを服用することです。それは子供が感染環境 - 幼稚園、学校 - にいるとき、あるいは病気の子供との接触がすでに起こっているときにとられます。しかし、この種の予防は、免疫の「訓練」を遅らせることができ、頻繁な風邪の可能性が高まるため、6歳未満の子供にはお勧めできません。

免疫力を低下させる要因は常に存在するため、一度だけ風邪を治すことは不可能です。しかし同時に、病気の発生に備えて、体を寒さに慣れさせ、非特異的な保護を強化するという事前の準備が必要です。 これは一種の硬化であり、その本質は粘液を悪条件に備えることです。活動は冷たいお湯を注ぐことが含まれています。子供たちが風邪に苦しむ傾向は寒い季節に現れるので、夏に過ごすのがより安全です。

Komarovsky博士は、病気の後に子供の体の免疫を回復させるための最も重要なことは「身体が新しい病気を拾うことを許可しないこと」であると主張しています。つまり、考えられる感染源との接触を一時的に制限する必要があります。さらに、おそらく免疫系を改善するが実際には証明されていない有効性を有する薬物の使用を控えることが重要である。

問題について

子供が幼稚園で病気になることが多い場合、現代医学は彼が免疫力を低下させたと言います。一部の親は、あなたが少し待つ必要があると確信しています、そして問題はそれ自身で解決されるでしょう、赤ちゃんは病気を「追い越す」でしょう。他の人は丸薬(免疫賦活薬)を購入し、必ず免疫力を高め、維持しようとします。 Yevgeny Komarovskyは、それらや他の人々は真実からかけ離れていると考えています。

子供が年に8、10、あるいは15回も病気になっても、医師によれば、これは彼が免疫不全状態にあるという意味ではありません。

真の先天性免疫不全症は、極めてまれで危険な状態です。彼と一緒に、子供はそれほどARVIの病気ではなく、重度の漏出と生命を脅かし、そして治療するのが難しい非常に強い細菌の合併症を持つARVIです。

Komarovskyは本物の免疫不全はまれであることを強調し、そして あなたはそのような重度の診断を健康な子供全員に帰するべきではない、 単純に他の人よりも頻繁にインフルエンザやARVIに感染している人

頻繁な病気は二次免疫不全です。 これは、赤ちゃんが完全に正常に生まれたことを意味しますが、特定の状況や要因の影響下では、その免疫防御は十分に急速に発達しません(または何かがそれを憂鬱にしています)。

このような状況で役立つ2つの方法があります。 免疫自体が強化され、より効率的に機能するようになる条件を作り出す。

Komarovskyによると、子供がすべてのもの(そして彼の体の特殊性ではない)に対して罪を犯しているわけではないという考えを親が認めることさえ非常に困難ですが、彼ら自身、ママとパパ。

出生時のパン粉がこもっている場合は、赤ちゃんがアパートの周りを裸足で歩かないようにし、常に通気孔を閉じてより多くの栄養を与えようとしないでください。

免疫系を強化する薬は何ですか?

薬は目標を達成していない、とYevgeny Komarovskyは言います。 「悪い」免疫を治療するような薬はありません。抗ウイルス薬(免疫調節薬、免疫刺激薬)に関しては、その作用は臨床的に証明されていないため、寒い季節に毎兆何兆もの純利益を売って稼いでいる自社の製造業者を助けるだけです。

免疫グロブリン製剤(外来物質の侵入に対する免疫反応の間に人体で産生される特定のタンパク質)は、一般的に逆説的な状況につながります。広告によって強く要求されているように、両親が病気の子供を急性呼吸器ウイルス感染症または子供の急性呼吸器感染症でそのような薬物で治療する回数が多いほど、この子供はより頻繁にそしてより困難になります。これは、赤ちゃん自身の免疫力が「怠惰」になり始めるために起こります。

そして確かに 馬の免疫グロブリンが外から来ているのなら、なぜ彼は働かなければならないのですか、ウイルスを「暗記」して、それらに対して抗体を生産します - 思いやりのある両親の努力のおかげで!

今日では、ホメオパシー薬は広く宣伝されており、製造業者によれば、数日でインフルエンザや急性呼吸器ウイルス感染に対処するのに役立ち、また周りの人が病気のときに子供を保護することもできます。 Komarovskyは、自分自身がだまされないように両親に繰り返し警告しました。これらのツールの有効性は証明されていません。

ほとんどの場合、それらは単に無害ですが、まったく役に立たない「ダミー」でもあります。効果がある場合、それはプラセボ効果だけです。そのような薬の名前は広く知られています - "Anaferon"、 "Otsillokokcinum"、 "Immunokind"など。

Komarovskyは、民間療法による免疫力の強化についてはかなり懐疑的です。 この薬が子供に害を与えないのなら、健康を取りなさい。これはジュース、レモンティー、玉ねぎとニンニク、クランベリーが原因と考えられます。 Однако не стоит говорить о терапевтическом эффекте. Все эти народные средства — натуральные иммуномодуляторы, их польза основана на благотворном воздействии содержащихся в них витаминов. Вылечить грипп или ротавирусную инфекцию, которая уже развивается, лук и чеснок не могут. От них не будет и никакой профилактической защиты.

害を及ぼす可能性のある民俗方法を実践することは厳密にはお勧めできません。あなたが牛乳にヨウ素を滴下して子供に水を与えることが勧められているならば、それがアナグマの脂肪、灯油またはウォッカでそれをある温度でこすることが勧められるならば、決定的な親を言う。チベットヤギのつぶれた角の疑わしくて非常に高価な手段 - 「いいえ」。常識が最も重要です。

そのような免疫システムを強化するための薬は存在しません。しかし、これは、親が自分の子孫の自然の防御システムに何らかの影響を与えることができないという意味ではありません。 彼らは、子供の環境のライフスタイルや状態を変えるように設計された論理的で単純な一連の行動の助けを借りることができます。

Loading...