人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

筋腫の精神医学

子宮筋腫 - これは子宮の筋肉壁の良性腫瘍形成です。最も頻繁に見られる症状の1つは、痛みと出血です。腫瘍は子宮の筋肉壁の肥大した線維から形成されます。それは単一でもよく、クラスタで成長してもよい。多くの場合、ホルモンの不均衡を背景に女性の性ホルモン(エストロゲン)が増加します。子宮筋腫には、いくつかの特徴があります。

それは長い間それ自身を明示しないかもしれず、調査の結果として偶然に発見されるかもしれません。
その大きさと重さは、小さいもの(豆の大きさ)から巨大なものまでさまざまです - 6〜7ヶ月の妊娠に似た大きさで、3kg以上の重さがあります。
サイズ変更なしで可能性のある急速な成長または長期間。
場合によっては、サイズが小さくなり、完全に消えることさえあります。
これは35〜55歳の女性に最もよく見られる腫瘍です。

子宮の軸に関して局在化することにより、子宮筋腫は次のように分類されます。

肉体:子宮の中にあります。子宮筋腫の最も一般的なタイプ。症例の約90%がそこで観察されています。
会陰:膣と子宮の間の領域に発生します。その症状の一つは痛みと排尿の不規則性です。約7-8%を占める
子宮頸部:膣に表示され、感染性合併症を引き起こします。それほど一般的ではありません - 全症例の2〜3%にすぎません。

子宮筋腫の症状:

腹部の大きさの異常な増加
便秘と肥満
しつこい頻尿
異常な出血は、血栓の放出を伴うことがあります。
親密さの間の痛み
背中や足の痛み
骨盤痛
重い、長すぎる月経周期
骨盤領域の重さと圧迫感
不妊症
妊娠中の流産

子宮筋腫はなぜ心身症に関連しているのですか?

子宮筋腫の発生、発生、および退行の原因は完全には理解されておらず、これらすべてのプロセスを説明する統一理論もありません。
しかし、腫瘍の発症と成長を引き起こす可能性がある特定された危険因子について話すことはできます。これらが含まれます:

遺伝
付加物の炎症
中絶と流産
初回妊娠後期(30年後)
その後の合併症を伴う重度の労働
高血圧
糖尿病
肥満
主に性的障害に関連する心理的傷害
通常の性生活の欠如
家庭生活における調和の欠如、または家庭自体の欠如
長時間のストレス


現代の研究は、ある種の心理的問題と子宮筋腫の発生との間に関係が存在することを証明しており、それがこの疾患を心身症に起因させることを可能にしている。この事実は、子宮筋腫の治療に考慮に入れ、患者に伝える必要があります。きちんと整理された心理的ケアを使えば、外科的介入なしに、最小限の薬と手順で、病気を後退させたり、完全に回復することができます。

「myomohazynymi」である心理的特徴、性格特性および行動は何ですか?まず第一に、女性の実装に関して、プログラムの作業に「失敗」を引き起こすもの:

妊娠中絶を決定する、または望まない妊娠をする
関係の性的側面から喜びを得ることの禁止
侮辱の蓄積と男性への攻撃
活動はキャリアにシフト
悪い妻や母親であることへの恐怖
彼の母親の運命と彼女の過ちを繰り返すことへの恐怖
あなた自身とあなたの女性に対する愛の欠如


これらの心理的要因は、女性の身体に破壊的なプログラムを引き起こす可能性があります。あなたがあなたの任務をあきらめると、あなたはあなたの性的地位と役割をあきらめ、身体はそれに反応し、生殖器への攻撃を示します。
最も困難なことの1つは、しばしば私たちの恐れや態度に気づいていないことです;私たちの行動の本当の動機は、特に私たち自身から、非常に深くそして確実に隠されることができます。彼らは、「灰色の枢機卿」のように、私たちの健康を管理しながら私たちの生活を導いています、そして私たちはそれについて何もすることができません。私たちが自分自身で制御できないのであれば、それは私たちをうまく制御するかもしれません。それは心身症や子宮筋腫でも起こります。
それが子宮筋腫の治療の重要な部分が心理療法である理由です。本当にあなたの人生を管理し、女性のように感じる方法を学ぶ機会は回復のために非常に重要です。

子宮筋腫 これは、しばしば無排卵、ポリープおよび子宮内膜増殖症の背景に現れる子宮の筋肉組織の良性腫瘍です。それは他の名前 - 線維筋腫または平滑筋腫 - を持っています。

子宮筋腫のサイズは異なります - 非常に小さいものから、エンドウ豆を含むものまで、大きいものから大きなジャガイモのサイズまで。筋腫の結節のために、子宮が満期妊娠のサイズまで増大し、体重が3 kgに達する場合もあります。そしてもっと。筋腫はさまざまな方法で発生します - おそらく1つの大きな腫瘍の形で、そしておそらく小さなものの束の形で。

この病気は非常に頻繁に発生します - 30歳を過ぎると4人に1人の女性、そして更年期前の年齢の3人に1人の女性はこの病理に問題があります。

精神病学的発疹の原因

子宮筋腫を発症する理由は、第一に、子宮壁の筋肉部分に対するホルモンのバックグラウンドの刺激効果です。子宮筋腫の出現および発達における一定の値もまた視床下部系に障害を有する。多くの場合、子宮筋腫の原因はエストロゲンレベルの上昇です。遺伝的要因、心耳の炎症、合併症を伴う出産、中絶の延期もまた、誘発要因となり得る。多くの場合、筋腫は、糖尿病、高血圧、肥満などの背景に、調和のとれた親密な生活がない状態で表示されます。子宮筋腫の治療は主に外科的治療であり、腫瘍の急速な成長によりしばしば根治的手術が行われ、そこで子宮が除去され、女性の生殖機能が奪われます。

しかし最も重要なのは、子宮の腫瘍の出現を引き起こす心身の理由です。性別に応じて、出生時の子供は間違いなくプログラムされています。男の子は男性的な「プログラム」を、女の子は女性を獲得しています。女性の自然な目的は、家族と家庭を大切にしている母親であることです。このプログラムが失敗すると、ホルモン障害が起こり、その結果、ホルモン依存性腫瘍が発生します。例えば、中絶は出産プログラムの「失敗」です。キャリア成長の追求は、ホームハースの創造と維持のプログラムの「失敗」です。それどころか、子供の育成と夫の支援への完全な没入、すべての彼の親戚への完全な帰り、そして彼自身に対する無関心な態度は、生まれつきの女性に埋め込まれた、周囲の空間の調和のためのプログラムの「失敗」です。

医者が言うように、女性は許されるべきである、なぜなら、口にされていない苦情は「横に誰かから、誰かから...癌から出る」、そしてせいぜい、これらは子宮筋腫のような良性の病気である。

つまり、バランスがとれていないところで腫瘍が発生します。結局のところ、あなたは女性のプログラムの主要部分が実装されているときに行うことができます。そして待つ時間がない場合は、優先順位を設定する方法を学ぶ必要があります。そもそも女性は常に家族を持つべきです。

また、腫瘍の発生は、犯罪者の長期的な「妊娠」と、犯罪者を許すことへの意欲の欠如とに関連し得る。元夫。この病気の発症の理由はまた、中絶、流産、拒絶などの結果としての、子供の喪失後の経験である可能性があります。女性自身でさえそのような感情に気づいていないかもしれません。彼らは、無意識のうちに慢性的な日常生活の背景になります。子供の喪失の継続的な経験は習慣的な状態になるので、女性はすぐにこの事実を発見できないかもしれません。

妊娠中や閉経中に子宮筋腫が溶解することはよく知られています。逆に、子宮筋腫のサイズがこの期間中に増加する可能性があるときにも起こります。妊娠中の女性に子宮筋腫が子供の大きさに達するか、それを超える場合がありました。もちろん、これはホルモンの調整が起こるからです。そして同時に、態度、人生の原則、ステレオタイプの見直しも行われました。

だからこそ、子宮筋腫が発生したとき、人生観を根本的に再考し、自分を許し、「犯罪者」を許し、理解することが必要です。私を信じてください、それから治療ははるかにうまく行き、病気の再発は避けられます。

ここで別の一見、非常に興味深く、すべてについての簡単でそして有用な、50分以内にどこかに筋腫があります。

子宮筋腫、精神医学の原因

伝統医学の専門家によると、そのような要因は生理学的要因よりもはるかに大きな影響を与える可能性があります。公平な性の代表者は性が決定される瞬間に、構想の間に置かれた彼らの感情的な状態を基礎とします。

女性の主な目的は出産と見なされますが、何らかの理由で彼女が子供を産むことができない場合、女性は神経系に問題を抱えている可能性があり、それが今度は婦人科疾患の発生の主な要因です。

調査によると、人間の病気の約80%は、精神的な問題だけでなく、患者の精神障害に関連する心理的問題の存在によって説明されています。

新生物発生の要因

以下は、そのような状態を構成する要因、およびそれらを主要な理論的心理学者から排除するためのヒントです。

Louise Hayによる子宮筋腫の精神医学

Louise Hayによると、このような病気を子宮腫瘍のように誘発する要因は病気の否定的な考えであり、その強さ自体に疑問があります。

  • 子宮は創造性の神殿の象徴と考えられています、
  • 感情的な気分と活気のある気分の両方が変わると、病気の経過は劇的に変化します。
  • 自分自身、あなたの魂と肉体を愛し、人生そのものへの愛を示し、あなたの自尊心を高め、そして自分自身を励ますことが重要です。

それは聞くだけでなく、女性の潜在意識に向けられた自分自身に肯定的な断言を発音することも必要です。

精神医学とは何ですか?

Psychosomaticsは、心因性因子の影響下で体性疾患の発生を研究する科学です。要因は役立つことができます:

  1. 個人内葛藤 - 人格の意識的要素と無意識的要素との間で発生します。 「欲しい」と「できる」の間の闘争の結果としての無意識の中での否定性の蓄積は、体性障害の出現につながります。
  2. 過去のトラウマ体験取り除くのが難しい痛みを伴う記憶は、いくつかの臓器の病理学で表現されています。
  3. 提案 - 患者にとって非常に重要な尊敬される人々の言葉、または誰かによって偶然に落とされた重要でない健康状態についての語句は、無意識のレベルで沈着させられ、身体病理として現れる可能性があります。
  4. 識別 - 人は、同じ診断を受けながら、他の人と自分自身を識別します。別の人がこの病気で亡くなった場合、彼の道を繰り返すことへの恐れが高まり、患者は常にストレスを受けています。
  5. 自己罰 - 無意識のうちに、人は罪悪感を感じて自分自身を罰します。これは身体的症状によって明らかにされています。

子宮筋腫の心身症の原因

子宮筋腫の発生時には、筋腫が心理的な理由からホルモン障害の役割を果たします。

  • 不妊 - 女性は子供を持つことができず、劣っていると感じ、彼女の夫と他の人が私たちを別様に扱うようになったと思い、彼女は自分自身の世話をするのをやめます。
  • 悪い母親、妻、娘 - 女性は恥ずべきだと罪悪感を感じ、子供たち、親戚に対して罪悪感を感じる、彼女は十分気にしていない、彼らには寒すぎると思います、
  • 仕事に過度の負担をかける - 絶え間ないストレス、怒り、時間がない、家族に適切な注意を払うことができない、家族のために最大限の力を発揮することができない、
  • その可能性を理解することの失敗 - 状況(時間の欠如、そこでは働かない、それらの条件で暮らさない)のために、彼女は仕事でも家庭でもできることすべてを示すことができないようです。
  • 家庭生活における失望 - 相互理解と愛に基づく夫との関係はうまくいきませんでした、そしてその結果として、あなた自身とあなたの配偶者に対する怒りと怒り、
  • 性的不満
  • 未熟児の前での中絶と罪悪感、
  • 大人の子供に対する苦情 - 期待に応えられなかった、慎重ではない、
  • 恐れ - 人生が変わる前に
  • 一定のストレス
  • 女性が計画している方法ではなくイベントが発生し始めたときに - コントロールするすべてのものとすべてのものの欲求 - 深刻な失望、ストレス。

誰が影響を受けますか?

子宮の病理につながる主な感情は、けが、不快感、怒り、失望です。長期的な負の感情は、視床下部 - 下垂体系の機能不全を引き起こします。ホルモン不均衡、代謝障害、内臓の機能不全、この場合は子宮筋腫です。

否定的な感情がすべての女性が持っているわけではないという心身の変化を誘発することに注意すべきです。素因は、病理に寄与します。

    ある種の性格 - 警告 - 女性は劣等感に苦しんでいます。認識されることは非常に重要です。他の人から高く評価されています。中毒 - 無力感、他の人への完全な提案、彼らの見解や行動の無条件の受け入れ、あなたが主導権を取る必要があるなら、女性は怖いのです、孤独の恐れ、

c)anankastny - 与えられたリズムで生活し、細部をループし、綿密になり、自信を失う習慣。

  • メランコリックな気質 - 女性は簡単に傷つきやすく、傷つきやすく、感動的で、感情をコントロールすることはできません。
  • 行動様式 - a)完全主義 - 何らかの理由で達成されないときのストレス、b)ハイパーケアの形での子供の養育 - すべての中で理想を追求する)幼年期における女性自身の過度の後見は、利己的なこと、または両親の過ちを繰り返さないで子供たちを異なる方法で育てたくないことによって引き起こされる、子供に対する彼女の冷たさにつながる

    d)女性の両親の管理が強化されれば、自分の子供を育てることに不安を感じることになります。破産した母親、無能な従業員であることへの恐怖は、自尊心を劇的に低下させます。

    あなた自身を助ける方法:精神医学の専門家の意見

    精神医学の学校の代表者は、異なる観点から子宮筋腫の問題を見ます。

    彼は自助運動の創始者の一人です。アメリカの心理学者の見解によると、子宮筋腫は、自分自身と彼らの生活に不満があり、自尊心が低く、彼らの能力に自信がないときに起こります。

    子宮 - 創造性の神殿。寺院は神社に関連付けられています:子宮だけでなく、全身は、すべての愛、注意と聖さで扱われなければなりません。

    • あなた自身、あなたの体、考え、行動を愛してください。
    • 自分自身をリラックスさせ、もっと頻繁にふける、自分の好きなことをする、
    • 自尊心を高め、あなたの能力を信じます。

    フランスの心理学者は、子宮を住居、集中、避難所と関連付けます(子宮は最初の孤児院です)。

    1. 病理学は、家庭の快適さ、家族の巣作りのために(自分の意見でも他人の意見でも)知らない女性に起こります。
    2. 子宮筋腫は、子供に対する態度に不満を抱いている母親の影響を受けやすく、母親は彼にとって寒すぎると怒っています。
    3. 病気の女性は急いで決定を下します。
    4. 腫瘍の原因としての不妊症は、赤ちゃんを産むことへの恐れによって引き起こされます。恐怖は肉体的なブロックを作り出し、女性は産むことができません。
    5. 恐怖は、赤ちゃんの誕生だけでなく、一般的には何か新しい人生の変化、新しい地位、新しい住居など、あらゆる人生の変化にも関連します。

    女性は何をすべきですか:

    • それが何であれ、あなたの恐れを受け入れなさい
    • 彼に従うか戦うかを決める
    • いかなる決定に対しても完全な責任を理解するが、それを恐れてはいけない、
    • 自分の行動を説明せず、自分に合ったものを自分でできるようにする。
    • 決断をする前に、あなたはすべてを秤量し、それについて考え直す必要があります。

    ルーレ・ヴィルマ

    Эстонская целительница видит причину опухолей матки в сверхэмоциональности.

    1. Маточное кровотечение как симптом миомы - 女性が模範的な母親になるのを妨げる人に対する怒りの結果。
    2. 愛する人への否定的な感情は、女性に恥と罪悪感を与えます。
    3. 長期的な苦情は慢性的なストレス要因となります。

    処分のためにそれは必要です:

    • あなたの行動や他人に対する否定的な感情を恥じることをやめなさい。
    • 侮辱、怒り、憎しみを許しなさい。
    • 過去のページをめくり、それを取り除き、現在の中に生きる。

    心身の原因による子宮筋腫の出現は、以下を目的とした一連の心理療法を完了することによって防ぐことができます。

    • 自分を個人として受け入れる
    • 否定的な感情を作り直す
    • 彼らの行動の矯正 - 不安を軽減し、自尊心を高め、他者との衝突のないコミュニケーションをする方法の訓練
    • 共感の発達。

    結局、あなたは自分自身を愛する必要があるだけで、他の人が言うことを考えるのではありません。

    テーマを読む:「子宮筋腫では「できる」と「できない」」

    誰が子宮筋腫を持っているか:心身医学的側面主要記事へのリンク

    Liz BurboのLouise Hayによる子宮筋腫の精神医学とその治療

    一日の良い時間!私の名前はKhalisat Suleymanovaです - 私は植物療法士です。 28歳の時に、私はハーブで自分自身を子宮癌から癒しました(回復の経験となぜ私がここで植物療法士になったのかについての詳細:私の話)。

    インターネットで説明されている国内方法に従って治療を受けることができるようになる前に、専門家とあなたの医者に相談してください!病気が異なり、薬草や治療方法も異なり、合併症、禁忌、合併症などがあるため、時間とお金を節約できます。

    これまでのところ、追加するものは何もありませんが、もしあなたがハーブや治療方法を選択する際に助けが必要な場合は、連絡先で私をここに見つけることができます。

    ページ:Khalisat Suleymanova

    電話番号: 8 918 843 47 72

    鬱病、急増、および人の生活の中でのストレスの絶え間ない存在を背景にして、多数の病気が現れ、同じように発症することは誰にも秘密ではありません。正しい考え方と前向きな姿勢は、病気を取り除くプロセスをスピードアップし、患者に利益をもたらすだけです。女性の病気も例外ではありません。

    癌細胞が検出された瞬間に、子宮筋腫の精神病薬は重要な役割を果たします。それが病気の出現とさらなる発展に有益な効果を及ぼすことができるのは心理的性質の理由です。

    以下の記事では、精神医学において子宮筋腫を構成するもの、その発生の要因、および治療についての詳細を学ぶことができます。

    子宮内膜症の心理的原因と関連する病状

    人体の状態は、その精神的 - 精神的バランスに直接依存します。

    外の世界で起きることすべてが精神に跡を残し、そして人がある出来事に鋭く反応するならば、身体病理学の出現を引き起こすことができます。

    女性が感情に対処するのは難しいので、人口の女性部分はより男性的な問題を抱えています。彼女はすべてを心に留め、自分自身の中に入ります。

    多くの場合、心身症の要因による攻撃は、気を悪くせずに自分自身に感情を抱く人に適しています。

    感情を示すことができない隠された女性は、性的領域の疾患(子宮内膜症、嚢胞、ポリープ)または他の器官および系を発症する危険性が高い。

    多くの場合、生殖器系は感情的な揺れに否定的に反応します。

    子宮内膜症、多嚢胞性または子宮筋腫の精神医学は、妊娠、出産を望まないという否定的な態度にあります。これは、生理的レベルで身体が卵子の子宮壁への着床の可能性を妨げる、または卵胞からの細胞産生を完全に止めるためです。

    心身症を治療するためには、不均衡の原因を見つけ、それを取り除き、そして医療に取り組むことが必要です。

    あなたが心理的な問題を取り除かないならば、病気は治療するのが難しくてまた絶えず再び燃え上がるでしょう。

    子宮内膜症

    何らかの理由で何らかの疾患の原因は心理的要因であり、それは短期間の集団発生であるか、または長期間にわたって行動する可能性があります。

    健康な子供を連れ出して出産することは、思春期の若い頃から体の準備を始めるすべての女の子の責任です。

    Menarcheはこの過程の始まりについて話します - 最初の月経、その後、少女は妊娠することが可能になります。

    多くの場合、女性は心身症の子宮内膜症によって引き起こされる不妊の問題に直面しています。

    子宮内膜増殖症は、少女が母親になることができないという心理的な不安、今後の出産に対する恐怖、または妊娠に対する否定的な態度が原因で起こります。

    子宮内膜症の精神医学は、次のような精神的症状から成り立っています。

    • 無防備 - 少女は、男性からのものも含めて、ある種の攻撃を待っている間、不安に感じます。
    • 失望 - すべてが気分を台無しにし、将来の失望についての考えや動揺、
    • 自己鞭毛 - 悪い態度は子宮内膜症、子宮内膜炎および他の病気の主な原因の一つです。自分自身に気づかず、常に見知らぬ人の意見に頼っている少女は、自分の体と私を憎むために、自分を叱責して叱責し始めます。これらすべてが、生殖器の病状という形で否定的な結果につながります。

    女性の健康は、女の子が自分自身、自分の体、そして性生活さえもどのように扱うかに大きく依存します。

    昔の不満、自分の体に対する敵意、否定的な信念はさまざまな病理につながります。したがって、自分自身を愛し、前向きな精神的基盤を形成することが重要です。

    子宮筋腫の精神医学は、あらゆる女性の使命 - 彼女の人種を継続すること、またはむしろ、大多数の人々による女性の借金に対する不適切な認識から生じています。

    少女が20-25歳までに子供を獲得しなかった場合、社会は彼女を劣っていると見なし始め、30年後に彼女は公然と子供がいないことを非難します。

    その結果、ある女性は、他者による攻撃、親戚による誤解、そして自分自身に対する否定的な態度といった、多数の心理的問題に攻撃されます。これらすべてが心身症の子宮筋腫の形成につながります。

    同様の状況は、少女が男性に大量のマイナス、マイナスのエネルギーとフラストレーションを蓄積したときにも発生します。

    異性、秘密の憤り、妻や母親の役割に対する自信の欠如は、筋腫性結節の出現につながります。

    高齢者における子宮筋腫の精神医学は、彼ら自身の子供たちの憤りに還元されています。場合によっては、母性愛は醜い形をとります。例えば、強い性格を持つ女性です。

    子供が暴力を放ったとき、女性は恨みを抱いています。なぜなら、彼女は彼らの新しい人生のあらゆる面を受け入れることができないからです。子宮内に否定的な感情が蓄積し、子宮筋腫の発症を引き起こします。

    重要です!強力な両親の娘は、自尊心が低く、男性との関係が足りないため、生殖器系疾患を発症するリスクが高くなります。

    卵巣嚢胞

    卵巣嚢胞の心身症は、女性の内面的な対立であり、その使命を無視して、社会の中で男性と同等の地位を占めることを望むことである。

    女性の身体、あるいはむしろ副腎のストレスの多い状況では、男性の性ホルモン - アンドロゲン - が生成され始めます。

    卵巣が副腎に加わると、過剰な男性ホルモンが発生し、それが子宮肢の機能不全につながります。

    解剖学的に、左または右の卵巣の嚢胞はそれ自体に体液を蓄積する小さな嚢です。

    精神医学の側では、嚢胞形成は問題の袋であり、そして体液はすべての否定的な感情(不満、ストレス、ストレス)の蓄積です。

    病理学の発達の心理的な理由は、女性の精神と感情状態の個々の特徴です。年齢、愛する人との関係(特に男性との関係)、自己実現に大きく左右されます。

    精神医学に続いて、多嚢胞性卵巣は女性の無意識のカテゴリカルの拒絶反応に反応して発生します。子供を産むことへの消極的な態度は、卵胞が卵子を放出するのを妨げ、受精を妨げます。

    熟し過ぎた卵胞は嚢胞に変わり、新しい月経周期のたびにそれらの数は増加し、それは新生物による卵巣の完全な吸収をもたらします。

    それはあなたが薬や手術を必要とすることが不可欠であるので、それだけで精神医学の助けを借りて卵巣嚢胞を治癒することは不可能です。

    しかし、女性の心理情緒的状態を安定させることによって、既存の教育の成長を防ぎ、新しい嚢胞を出現させないようにすることは可能です。

    子宮出血

    月経の間に発生する子宮出血、ならびに重い月経は、人生において肯定的な感情の欠如の兆候と考えられています。出血は喜びの出発のための隠喩です。

    子宮内膜拒絶反応の間の退院の量を減らすために、あなたはあなたの人生により多くの善をもたらす必要があります。例えば、毎朝鏡の前で自分に褒め言葉を与え、目を覚まし、そしてあなたの顔に笑顔で眠りにつく。

    女性が女性であることの喜びを感じ、自分をそのままに受け入れ、美しく愛されていると感じることが重要です。

    子宮内のポリープ

    子宮内のポリープは、例えば月経後または不適切な掻爬後に子宮腔内に子宮内膜領域が残っている場合、臓器の粘膜から現れる。それはすぐにポリープに変わる。

    通常、病状は40歳以上の女性で診断されますが、若い女性ではますます頻繁に発生し始めます。

    精神医学は、ポリープが涙で洗い流されていない自己憐ityから形成されることを示唆しています。

    女の子が絶えず自分のために残念に思うとき、彼女は彼女が彼女が失敗のために他の人を非難するとき彼女が最も不幸であると彼女が思う、彼女は子宮に現れる。

    病気を取り除くには、あなたはすべての侮辱を手放し、自己憐outを叫び、あなた自身の人生をコントロールする必要があります。

    子宮内膜症の心理的原因は小児期に起こり、そして成人期には早くも発症する可能性があります。

    それらは、性的同一性、両親との関係、他者とのコミュニケーション、妊娠する準備、および一般的な精神情緒状態に関連しています。子宮内膜症の心理的原因:

    • 彼らの女性らしさを否定する
    • 小児期における母親の注意の欠如
    • 父親教育の欠如
    • 両親や夫による厳重な管理
    • 妊娠に対する鋭い否定的な態度。

    重要です!女性の精神感情的状態は生殖器系の機能に大きな影響を与えるので、あなたは自分自身の面倒をみてストレスの多い状況を避ける必要があります。

    生殖器の疾患の徴候は、病理学的過程の局在化、およびその進行の程度に左右される。

    すべての病気のために精神的感情的な状態の特徴的な違反だけでなく、概念と子供を運ぶことに関する問題。

    子宮内膜増殖症は、月経中の激しい痛み、月経障害、および中皮症(月経間の血液放出)によって現れる。

    さらに、患者は性交中またはトイレに行くときの痛み、月経数の増加および骨盤の痛みの痛みを訴えることが多い。

    多嚢胞性卵巣は、月経過多症候群、すなわち月経不足、めったに起こらない、月経の完全な欠如によって発症することもあります。

    患者は鬱病を経験し、下腹部に慢性の痛みが現れ、子宮内膜増殖症を発症する。

    筋腫では、主な症状は重い期間と子宮の重さの感覚です。筋腫結節の誕生の場合、痙攣性の痛みが起こり、しばらくすると新生物が膣から現れることがあります。

    体の病気を取り除くには、薬を飲んだり手術をしたりするだけでは十分ではありませんが、重要なのは女性の精神情緒状態の安定化です。

    心理学者のLiz Burboによると、子宮内膜症はいくつかの種類の閉塞 - 身体的、精神的、感情的 - によって発症する可能性があります。

    治療の前に、否定的な態度を正しく診断して取り除くことが重要です。さもなければ、それらは回復を妨げるかもしれません。

    物理的な閉塞の場合、体は子宮のコピーを作成しようとし、そのぬるぬるしたボールを他の臓器に広げます。この種のものは既存の感情的な障害 - 恐怖、失望など - に反応して発症します。

    今後の出産に対するパニックの恐れが原因で発生します。

    出産の困難や流産の後に発症することが多く、必ずしも女性自身からではなく、例えば彼女の親友から発症します。

    無意識のうちに子供を産むことによって彼らの生活のバランスを乱すことを恐れている通常成功した女性は、このタイプの閉塞に遭遇します。

    Louise Hayによると、子宮内膜症は、少女が保護されていないと感じた場合に発生し、常に何らかの危険に警戒しています。多くの場合、この状態は、環境への侮辱、自分自身への失望、そして非難によって補完されます。

    回復するには、正しいインストール方法を自分で確認する必要があります。 Louise Hayは、女性が美しく、愛され、成功していることを定期的に繰り返すことをお勧めします。

    子宮筋腫の心理的原因

    子宮内の腫瘍と診断された患者は、原因が子宮筋腫の出現を引き起こす原因を知りたいと考えています。科学者たちは、ストレスと強い心理的経験が病気の発症を引き起こす可能性があるという事実を長い間正式に確認してきました。

    女性の生殖器系の疾患も例外ではなく、好ましくない感情に基づいて発症する可能性もあります。私の子宮の心身医学は明らかに思考への体の依存を反映しています。

    原因、症状、その治療法およびさらなる予測は、単一の臨床像として考えるべきです。

    病理学に関する一般情報

    子宮筋腫は良性新生物が臓器の壁や組織に発生する病理です。腫瘍節は単一の特徴を有することがあり、そして病巣として成長することがある。

    筋腫の特徴の1つは予測不可能性です。腫瘍やホルモンによる刺激がなくても、腫瘍が突然成長し始めたり、完全に消失したりすることがあります。発生の初期段階では、新生物は症状の徴候を示さない;それ故、女性はしばしば問題に気付いていない。

    危険にさらされているのは35〜50歳の女性です。この時点で、更年期障害および更年期障害のアプローチの結果として生殖システムが再構築され始めます。

    原因と誘発要因

    専門家らは、腫瘍の原因はホルモンの背景(プロゲステロンとエストロゲンの産生増加)の違反であると言っています。しかし、特定の病理学的触媒は同定されていない。

    子宮筋腫の形成傾向は遺伝的に発生する可能性があります。ほとんどの場合、腫瘍は近親者の中で以前に女性を経験したことのある患者に検出されます。

    病気の他の原因と合併症を引き起こす要因:

    • 延期中絶
    • 婦人科手術中の子宮の損傷
    • 時期尚早で難しい出産
    • 妊娠後期(初回出産の場合)
    • 不規則な性生活(永続的にオーガズムの欠如)、
    • 肥満
    • 強い精神的苦痛とうつ病。

    女性の病気は、生態学が乏しい状況で急速に発展しています。放射線源は生物圏に存在しますが、それらは害を及ぼすことはなく、「自然照射の要素」として分類されます。危険は放射能汚染にさらされることであり、その面積は原子力の開発のために拡大しています。

    大気汚染物質:

    • 炭素化合物
    • 硫黄化合物
    • 窒素化合物
    • 重金属
    • 放射性粒子
    • 産業起源の有毒物質そして材料。

    有害な要因と戦うことは、体から有害な化合物と重金属を取り除く民間療法に役立ちます。

    ホルモンの効果

    ホルモンの不均衡は病気の発症に寄与するので、状況を管理下に置くことが必要です。

    • 処方箋なしでホルモン薬を服用しないでください、
    • 婦人科医と経口避妊薬のコースを調整します。
    • 体重を管理し続ける(脂肪細胞がホルモンを産生する)、
    • 月経周期(早い開始または月経の急速な中止)を変える手段をとらないでください。

    心理療法

    病気の心理的側面が解決されない場合は、再発または何らかの合併症がある可能性があります。最悪の場合、他の疾患または悪性新生物が発生する可能性があります。

    専門家(心理学者)は心身症の要因を識別し修正するための証明され証明されたシステムを持っています。まず第一に、治療は病気を引き起こした理由を分析し、受け入れることを目的としています。次のステップは「許し」と破壊的な設備の拒絶です。

    Восстановление эмоционального здоровья – это борьба с причиной. А медикаментозное лечение – это борьба с последствиями дисбаланса в организме. Поэтому от традиционной медицинской помощи отказываться также нельзя.

    予防

    健康上の問題を避けるためには、精神状態と感情状態を通常の状態に保ち、ストレスを避け、過労しないでください。

    さらに、すべての女性は、自分が美しく、望ましい、成功し、明るい未来と現在を持っていることを自分自身に納得させなければなりません。

    子宮筋腫の心理的原因

    子宮内の腫瘍と診断された患者は、原因が子宮筋腫の出現を引き起こす原因を知りたいと考えています。科学者たちは、ストレスと強い心理的経験が病気の発症を引き起こす可能性があるという事実を長い間正式に確認してきました。

    女性の生殖器系の疾患も例外ではなく、好ましくない感情に基づいて発症する可能性もあります。私の子宮の心身医学は明らかに思考への体の依存を反映しています。

    原因、症状、その治療法およびさらなる予測は、単一の臨床像として考えるべきです。

    病理学に関する一般情報

    子宮筋腫は良性新生物が臓器の壁や組織に発生する病理です。腫瘍節は単一の特徴を有することがあり、そして病巣として成長することがある。

    筋腫の特徴の1つは予測不可能性です。腫瘍やホルモンによる刺激がなくても、腫瘍が突然成長し始めたり、完全に消失したりすることがあります。発生の初期段階では、新生物は症状の徴候を示さない;それ故、女性はしばしば問題に気付いていない。

    危険にさらされているのは35〜50歳の女性です。この時点で、更年期障害および更年期障害のアプローチの結果として生殖システムが再構築され始めます。

    原因と誘発要因

    専門家らは、腫瘍の原因はホルモンの背景(プロゲステロンとエストロゲンの産生増加)の違反であると言っています。しかし、特定の病理学的触媒は同定されていない。

    子宮筋腫の形成傾向は遺伝的に発生する可能性があります。ほとんどの場合、腫瘍は近親者の中で以前に女性を経験したことのある患者に検出されます。

    病気の他の原因と合併症を引き起こす要因:

    • 延期中絶
    • 婦人科手術中の子宮の損傷
    • 時期尚早で難しい出産
    • 妊娠後期(初回出産の場合)
    • 不規則な性生活(永続的にオーガズムの欠如)、
    • 肥満
    • 強い精神的苦痛とうつ病。

    女性の病気は、生態学が乏しい状況で急速に発展しています。放射線源は生物圏に存在しますが、それらは害を及ぼすことはなく、「自然照射の要素」として分類されます。危険は放射能汚染にさらされることであり、その面積は原子力の開発のために拡大しています。

    大気汚染物質:

    • 炭素化合物
    • 硫黄化合物
    • 窒素化合物
    • 重金属
    • 放射性粒子
    • 産業起源の有毒物質そして材料。

    有害な要因と戦うことは、体から有害な化合物と重金属を取り除く民間療法に役立ちます。

    ホルモンの効果

    ホルモン障害は病気の発症に寄与するので、状況を管理下に置くことが必要です。

    • 処方箋なしでホルモン薬を服用しないでください、
    • 婦人科医と経口避妊薬のコースを調整します。
    • 体重を管理し続ける(脂肪細胞がホルモンを産生する)、
    • 月経周期(早い開始または月経の急速な中止)を変える手段をとらないでください。

    手術と怪我

    手術の結果として子宮内膜または子宮のより深い層が損傷を受けると、罹患細胞は炎症を起こし、さらに腫瘍の形成を引き起こす可能性があります。これはまた、婦人科手術または中絶中に発生した機械的傷害にも当てはまります。

    心理的な理由

    私たちがこの病気の精神医学について話すなら、それは人間の目的のテーマを明らかにする必要があります。女性の生活の主なラインは、家族の創造と子供の誕生です。このプログラムから出発すると、体はホルモンを含む不均衡状態になります。

    女性が生殖器官の疾患に特に表れている経験を経験する状況もあります、なぜならそれらは親密な生活圏と関連しているからです。

    • 他人、特に男性の性別に対する犯罪
    • 妊娠をやめるという難しい決断(個人的な理由からも社会的態度からの中絶も重度のうつ病になる可能性があります)、
    • 通常の性生活の欠如、性的不満、
    • 性的関係の不道徳の信念(子供の頃からの態度)、
    • 不安の増加と頻繁な恐怖(自分の弱さの自覚)。

    これらすべての心身症の原因は、筋腫を引き起こし、その発達を刺激する可能性があります。そして有能な統合されたアプローチ(心理学的および医学的援助)がなければ、病理に影響を与えることは難しいでしょう。

    心理療法

    病気の心理的側面が解決されない場合は、再発または何らかの合併症がある可能性があります。最悪の場合、他の疾患または悪性新生物が発生する可能性があります。

    専門家(心理学者)は心身症の要因を識別し修正するための証明され証明されたシステムを持っています。まず第一に、治療は病気を引き起こした理由を分析し、受け入れることを目的としています。次のステップは「許し」と破壊的な設備の拒絶です。

    感情的な健康の回復は原因との闘いです。そして薬物治療は体の不均衡の影響との戦いです。したがって、伝統的な医療を拒否することも不可能です。

    予防

    子宮筋腫の出現を防ぐためには、彼らが腫瘍の形で「抜け出す」ことを探し始める前に、心身の原因、すべての侮辱、誤った態度、および憂鬱を通して働くことに集中することが必要です。

    女性の生殖器系疾患の伝統的な予防は、現在の健康状態を監視するために、悪い習慣、標準的な衛生規則の順守、および婦人科医への定期的な訪問を放棄することです。

    そしてもちろん、正しいライフスタイルを維持し、より多くを動かし、高GMOを含む食品を食事から排除するようにしてください。

    子宮筋腫の心身発達は何ですか?

    子宮筋腫と診断された女性の自然な願望は、この病状の発生の原因と病気を予防するための予防策を決定することです。

    科学者たちは長い間、良性腫瘍の発生の主な原因、精神医学と子宮筋腫の密接な関係の存在を確認してきました。

    子宮筋腫はどのように発現しますか?

    筋腫は、結合組織または筋肉組織から形成される可能性がある子宮上の形成物です。その構造の種類に応じて、次のものがあります。

    • 線維腫 - 腫瘍は結合組織線維から形成されます。
    • 線維筋腫 - 結合組織は筋肉層と絡み合っています、
    • 平滑筋腫は平滑筋から形成される。

    教育は悪性腫瘍の範疇には属さず、子宮筋腫の癌への転換の可能性は小さい。

    病理学的変化の主な危険性は、不妊の大きなリスク、卵巣と子宮の除去です。

    子宮筋腫は、長い間、女性の体内に腫瘍が容易に発生し、不安を引き起こさないことから、危険な疾患と見なされています。ほとんどの場合、病理は超音波の間に検出されます。

    病気の危険性について>>

    体にマイナスの変化がある最初の兆候は次のとおりです。

    • 腹部に腰椎の反応を伴う著しい痛み
    • 性的接触の間の不快感、
    • 通常とは異なる月経流出、月経周期の違反、
    • サイクルの途中で発見
    • 腫瘍の圧力による尿路および消化器系の崩壊。

    子宮筋腫の出現と発生は、ほとんどの場合、女性が妊娠できないことによるものです。病状の予防は、検査と超音波検査の定期的な実施です。

    子宮筋腫および精神病学の主な原因

    35歳以上の女性がリスクのカテゴリーに分類され、このような病状が最も頻繁に診断されるのはこの年齢の時です。この疾患の出現の主な要因は以下のように考えられています。

    • ホルモン障害、
    • 遺伝的素因
    • 外科的介入、流産、
    • 概念が長い間存在しない、
    • 太りすぎ。

    近年では、医師は筋腫の主な原因として心身医学についてますます話しています。女性の一定のストレスの存在および心理的状態の侵害は、腫瘍の出現の一般的な原因と考えられている。

    精神医学:腫瘍を引き起こす可能性があるもの

    専門家は、しばしば病気の出現は人の心理的状態への人の反応であり、そして精神医学の結果であると言います。

    当初、女性の目的は人種を継続し調和を維持することでした。

    プログラムがプログラムの性質によって侵害されると、ホルモンによる背景障害が発生し、その結果として体内でさまざまな病状が発生します。その1つが子宮筋腫の出現です。

    精神医学と子宮筋腫は密接に関連しています。精神医学に関連した腫瘍発生の主な原因は以下のとおりです。

    • 頻繁なストレス、対立、
    • 他人や愛する人への苦情がたくさんある
    • 中絶の意思決定
    • 親密で個人的な問題
    • 絶え間ない恐怖、不安。

    筋腫の治療と治療の有効性は、女性の心理的状態の根本的な原因の特定に大きく依存します。子宮筋腫の治療は、精神医学の原因を特定するときに可能です。病理学の発達は合図であり、行動の必要性を示唆し、そうでなければ薬物治療でさえ効果的ではないでしょう。

    筋腫治療:基本的なテクニック

    理論によると、筋腫の治療は「正しい」思考の形成を通じてのみ可能です。ほとんどの人は否定的な感情を持って生活することに慣れており、否定的なエネルギーが身体に有害であることに気付いていません。筋腫の治療のためには、思考の積極的な焦点を作成し、心理的な不快感の違反の原因を排除することが重要です。

    ルイーズヘイの哲学によると、女性の否定的な考えと自信の存在は子宮筋腫の開発における挑発的な要因です。

    この場合、主な推奨事項は、身体だけでなく魂も含めた自己愛のスキルの発達に関するものです。達成された目標に対して絶えず自分を賛美しながら、自尊心を高めることが必要です。

    このための効果的な道具は、肯定的な断言と態度の絶え間ない発音です。

    良い効果は活動や旅行の種類に根本的な変化をもたらします。そしてそれはしばしば前向きな感情と活気のある態度のもとになります。

    Luule Viilmaの哲学によれば、子宮筋腫の出現の理由は、腫瘍が「私を好きではない」という形で女性の設定に対する反応として現れるという事実に関連しています。

    そのような意見は母親に向けられるか、または彼ら自身の母親の問題に関連しているかもしれません。

    病理学の最も一般的な発生は、子供についての否定的な考えや概念に対する怒りの現れに関連しています。

    Liz Burboは、女性が妊娠することは不可能であり、母親にならないという恐れの存在のために、教育の出現を説明しています。この場合、そのような強迫観念を取り払うことが必要であり、想像できない場合は他の人生の目標に切り替えます。

    主な推奨事項

    多くの場合、女性は、身体の破壊的なプロセスが心身の要因によって引き起こされることに気付いていません。潜在意識の本当の問題にたどり着くために、理解を深めるのを助けることはしばしば心理療法士に目を向けるのを助けます。癒しをする唯一の方法はネガティブとストレスでつながりを断つことです。

    多くの場合、女性は男性、両親、子供、または他の人々に関連付けることができる苦情を持っています。かなりの割合のケースで、それは過去または現在の出来事のためにそれ自身を抑圧するかもしれません。これらの原因のすべてが子宮筋腫の発症を引き起こし、そして治療は自分自身または他人の許しにある。

    あなたの人生の出来事を分析し、あなたの感情をコントロールすることを学ぶことが必要です。前向きな姿勢は、次の推奨事項の使用を作成するのに役立ちます。

    • 癒しの始まりを信じる
    • 許すことができ、すべての献身的な行為の満足を感じ、
    • 過去の出来事の経験に戻るのではなく、現在に住んでいる
    • 行動を促すために、できるだけ自分自身を非難するな
    • 人生の過程で遭遇する人々は彼ら自身の反射であることを理解するために、
    • 誰もが愛に値すると信じるために、
    • 人に反応する
    • 前向きな変化にチューニングして、あなた自身の独自性を受け入れてください。
    • 他人の意見や彼らの偏見を超えている。

    あなたの体を支え、ストレスに対する抵抗力を高めることが必要です。これは特別な薬や伝統的な薬のレシピの使用に役立ちます。

    就業日の終わりに温かい塩浴を使用すると、良い効果が観察されます。これはネガティブを取り除き、心理的な気分を正常化するのに役立ちます。

    以下のハーブティーレシピを定期的に使用することをお勧めします。

    筋腫の栄養について>>

    天然成分の混合物を等量ずつ混合し、沸騰したお湯を一杯注ぐ。手段は6時間主張し、ろ過する。心理的な気分を正常化するために、お茶は0.5 stで摂取されます。 l 1日3回食後に。

    専門家は、女性の健康に対する怒りや否定的な考えの影響を排除するためには、否定的なエネルギーをあなたに伝え、その原則を使う必要があると言います。

    近年、精神医学が子宮筋腫の主な原因と考えられています。病理学の治療は、女性が自分自身や他の人に対する犯罪を排除した場合にのみ可能であり、それはしばしば心理療法士の参加によってのみ可能です。

  • Loading...