人気の投稿

エディターズチョイス - 2020

子宮頸部異形成症の診断はどのようにありますか:研究方法とそれらの準備方法

子宮頸部異形成症は、今日最も一般的な病状の1つです。子宮頸部の生検は、疾患の性質を判断し、悪性腫瘍を発症するリスクを適時に特定するための主な方法です。

この研究のおかげで、子宮頸部の組織の変化の進行速度を決定することが可能です。生検データに基づいて、その後の疾患の進行を判定することが可能になる。

医者はこの診断方法の高精度と信頼性について話します。生検の結果では、それがない場合よりも最適な治療計画を立てる方がはるかに簡単です。子宮頸部の生検も、子宮頸部組織を形成する細胞の変化を早期に検出するための予防目的で行われます。

調査方法

生検を行うとき、医師はほとんどの種類の子宮頸部の病状は無症候性であり、目視検査では決定されないという原則に基づいています。時宜を得た治療で、予後は常に良好です。

子宮頸部異形成症は前癌状態と考えられているため、子宮頸部異形成症の診断と治療には特別な注意が払われています。子宮頸部上皮が疑われる場合は、いくつかの検査方法が同時に使用されます。これらには、膣鏡検査、掻爬、塗抹顕微鏡検査および生検が含まれる。

病気の研究への統合的なアプローチで、医者は病気が動いている方向と悪性腫瘍の脅威がどれほど大きいかを理解することができます。

子宮頸部異形成症では、組織の変化、より具体的には上皮層の構造変化が起こります。したがって、これらすべての調査方法の主なタスクは、そのような違反を時間内に識別することです。

コルポスコピー

例えば、コルポスコピーは器具を使用して膣と頸部の膣部分の検査です。この場合、女性は痛みを感じません。特定の状況下では、医師は隠れた部分を調べる必要があります。その場合は、拡大膣鏡検査が行われます。

この検査方法は、常にがんの発生についてわずかな疑いで使用されます。この診断方法では、意図された病変は酢酸の弱い溶液で治療される。さらに、同じ領域をルゴール溶液で塗抹する。この検査の後、特別な装置を使って行われます。

こする

次の検査は患部組織の掻爬術です。この技術は、コルポスコピーがそれらの位置による細胞の構造の変化を完全に検出することを可能にしない状況において有効である。この場合、削り取って研究用の資料を入手することしかできません。手術は掻爬器によって行われる。

掻爬中に得られた布は検査のために検査室に送られる。この調査方法では、プロセスの発展度を判断できます。しかし、医学の現代の発展の状況では、これらの種類の検査は背景に消えて二次的な役割を果たし始めました。今日まで、それらは子宮頸部の状態を評価するための追加の基準になっています。

子宮頸部からの塗抹標本を検査のために採取することがあります。この場合、分析のための細胞は、医師によれば、すでに変化があるかまたは間もなく開始される可能性がある場所から採取されます。

コルポスコピーを使用して研究用の資料を受け取るときは、綿棒を使用します。その上に細胞が続いてガラススライドに移される。これらの細胞の構造を研究するとき、それらの細胞核の不規則な形は核自体に不均一に分布しているクロマチンであることが判明しています。

それは核の大きさと細胞の大きさの間の顕著な違いになります。核の大きさは、細胞のこのかなりの部分にあるはずの大きさよりもはるかに大きいのが普通です。上記の検査方法の全ては、子宮頸部異形成症を検出するためだけではなく、関連疾患の診断のためにも広く使用されている。

今日子宮頸部のさまざまな病状を判断するための最も効果的な方法は子宮頸部の生検です。 90%の場合、生検で初期の細胞再生を確認することができます。異形成を伴う子宮頸部の生検の方法

生検は医者が椅子で診察を受けたときに行うことができます。場合によっては、修正された組織の面積が大きすぎると、病院で行われます。重要な状態は、検査前の数週間、血液凝固を低下させる薬の拒絶です。 12時間のために飲む、食べること、そして薬を飲むことをあきらめなければならないでしょう。酢酸で前処理された、特別に調製された層が研究に用いられる。

研究結果に基づいて、悪性腫瘍の増殖の脅威があるかどうかを判断します。この材料の研究中に、疾患のさらなる経過が予測され、そして治療が決定される。この診断方法はあなたがすぐに子宮頸部の他の病気の存在を排除することを可能にします。

異形成において、診断方法としての生検は、それが病理学の存在だけでなくその進行の程度も決定して変化が起こる速度を決定することを可能にするので重要である。得られたデータに基づいて、改変を受けた組織を除去する。

生検テクニック

材料は膣鏡を用いて収集される。得られた細胞材料を着色し、その後に顕微鏡下で研究する。通常、病理学の存在のヒントは、はっきりとした壊れたレイヤリングです。健康な上皮では、層は容易にたどることができます。

子宮頸部異形成の場合、これは問題があります。罹患組織では、細胞成熟過程が乱される。セル間の接触はそれほど強くありません。細胞の形を大きく変えます。扁平上皮の細胞は円形および円筒形になる。これらすべての変更は生検を明らかにするのに役立ちます。そして最も重要なことは、生検が子宮頸部異形成が癌になる可能性を評価するのに役立つということです。

材料の受け取り時に、患者は軽い痛みを経験する。しかし、分析の重要性は誰もそれを拒否しないということです。初期段階でがんを発見することは大成功であり、がんの発生を防ぐことがより重要です。

生検後の合併症はほとんど起こりません。材料を服用した後に小さな出血が始まった場合があります。膣内感染の存在下では、抗ウイルス薬ならびに抗菌薬が創傷感染の予防のために処方されている。

医師によると、生検を受けることによるすべての結果は、4週間以内に体に気を配ると、はるかに早く消えるでしょう。これは、風呂やサウナを訪れるのではなく、衛生的な処置のためにあまりにも熱い水を使用しないようにするために、運動量の増加を避けることが必要であることを意味します。

生検後の回復期間中に月経が始まる場合、タンポンの使用は推奨されません。婦人科医によって処方されたもの以外の軟膏、キャンドルの使用は禁止されています。

異形成とは

子宮頸部の粘膜層は3層からなり、新しい細胞の形成は最下層(基底層)で起こる。若い細胞は円形で唯一の大きな核を持っています。

細胞が成熟して中間層に移動し、次に表面層に移動すると、細胞は平らになり、核のサイズが減少します。

形成異常が細胞構造自体を破壊するとき - それは正常よりはるかに大きく、さらに、それは複数の核を持つことができます.

細胞の形態および構造の変化は、層への分化が失われ、そして異型が発生するという事実を導く。

病理学的細胞の広がりの深さに応じて、病気の3度があります。:

  • グレード1 - 病変は粘膜下部のみに影響を与えます。
  • 2度 - 異型細胞は基底層と中間層の両方に見られます。
  • グレード3 - 病理学は粘膜の3層すべてを捉えますが、臓器の限界を超えることはありません。つまり、非侵襲性の腫瘍学的プロセスが発生します。

原因

最も頻繁に 形成異常の原因 子宮頸部パピローマウイルスの存在が考慮される.

この場合の最大の危険は、腫瘍学的指標が高い株 - 16と18 - です。

ウイルスが粘膜に付着している時間が長いほど、異型細胞構造が発生する可能性が高くなります。

形成異常症を発症するリスクは、以下の誘発要因によって増加します。:

  • 低免疫
  • 性的パートナーの頻繁な変化、陰茎の腫瘍とのパートナー、
  • たばこ
  • 経口避妊薬の乱用
  • ビタミン欠乏症、
  • 多数の出生
  • 早産
  • 長い経過をたどる生殖器の炎症と感染の過程
  • 流産、出産、外科的介入の結果としての粘膜への機械的損傷
  • ホルモンの不均衡
  • 遺伝的素因

病理学の症状

未特定の形成異常の臨床像は通常表現されていません。。ほとんどの場合、ウイルス感染症、細菌感染症、または真菌感染症が病状に加わると、女性は専門家のところに行きます。

この場合、患者は、白人の数の増加、親密な親密感の間の不快な臭いを伴う退院の出現、かゆみ、灼熱感、不快感または痛み、ならびに性的接触後の血の退院の発生を訴える。.

病気がひどい場合は、下腹部に痛みが生じることがあります。

したがって、医師は予防目的で婦人科医を定期的に訪問することの重要性を改めて強調しています。

診断対策

形成異常が疑われる場合、専門家は様々な検査を行い、いくつかの方法を使用します。:

  1. 一番最初の検査は、婦人科用椅子での患者の検査です。。この調査の目的は、肉眼で見える粘液の変化を検出することです。医者は斑点、変色、特徴的な光沢の外観を見ることができ、外皮上皮が異常に成長したことに気付きます。原則として、椅子での検査の後、医師は予備診断を確定します。これは確認または反論しなければならず、これにはより高度な診断方法が必要です。
  2. 細胞診塗抹標本。この研究の過程で、粘膜細胞の大きさを決定するだけでなく、細胞構造の発達における逸脱を特定することが可能です。専門家は、粘膜に前癌性または癌性のプロセスがあるかどうかを先に進めることができます。実験室試験用の材料は使い捨てのブラシを用いて採取され、これは医師が表面層の粒子を掻き取る。女性は絶対に不快感を経験していない間の手順は、数秒かかります。分析結果は1日で完成するでしょう。
  3. PCR分析。この研究は、細胞学的分析では同定が困難な病原性微生物の発見に役立ちます。さらに、この研究中に異型細胞が検出される可能性があります。必要な材料を入手するには、医師は形成異常または患者の朝の尿の塗抹標本を必要とします。この研究は、属だけでなく病原性フローラのタイプも示す非常に正確な結果を与えます。
  4. ホルモン恒常性。形成異常は経口避妊薬の長期間のそして制御されていない摂取によって引き起こされることがあるので、性ホルモンの濃度に関する分析に合格することが必要です。さらに、尿検査が推奨されるかもしれません、そしてそれはどのくらい激しくホルモンが尿に排泄されるかを示すでしょう。
  5. 尿と血液の臨床分析。血液中の専門家がヘモグロビン、血小板、赤血球および白血球のレベルを測定し、尿中にタンパク質懸濁液、亜硝酸塩および他の微量元素の存在、細菌、赤血球および上皮細胞の存在もまた検出される。
  6. 生検 これは、形成異常に内在する以下の点を識別することを可能にする最も正確な診断手順です:粘膜積層の欠如、未発達または異型細胞構造、グリコーゲン、多数のリボソームの合成における機能不全。
  7. 超音波 - これは腹壁、経直腸的または経膣的な方法で行うことができるハードウェア診断です。最初の2つの方法は処女と妊婦のために使われるかもしれません、しかし、経膣検査はより有益であると考えられます。超音波で何が見られますか?首の形、位置、大きさ、壁の厚さ。
  8. コルポスコピー。この方法は超音波よりも有益です。それは粘液膜を30倍の容積で増加させる特別な光学機器の助けを借りて行われます。粘膜表面を検査する前に、医師はそれを酢の溶液で処理し、ルゴール液で滑らかにします。

検査の復号化と病気の程度

病理学の病期はCINと略され、これは頸部上皮内腫瘍を表します。.

それほど前のことではないが、CINの用語はSILに置き換えられたが、多くの医師は依然として最初の選択肢を使用している。

グレード1の異形成では、パピローマウイルスは細胞構造に侵入し、それらの増殖を加速し始めます。。これにより、粘膜表面にコンジローマが形成される可能性があります。

2度および3度の病理学では、細胞の変化は本質的に腫瘍性であるだけでなく、完全に変換されて病理学的プロセスの境界を広げる.

変化した細胞の数が優勢であり、それは頸部腺だけでなく運河自体の健康な層の置換をもたらす。

臨床検査の解読には1日から1週間かかることがあります。ハードウェア検査の場合は、検査後すぐに医師が結果を解読してペイントします。.

がんになったとき

ステージ3の異形成は非侵襲性の癌です。これは癌のプロセスが始まったことを意味しますが、それらは首を越えて行きません。

即時かつ適切な治療法がないと、異型細胞は隣接する組織、血管、神経に損傷を与え始め、癌に至る可能性があります。

子宮頸部の生検の方法

子宮頸部生検の方法は以下の通りです。:

  • 単純なパンク。材料は、通常のポリクリニックで撮影することができます
  • 子宮頸管内 - 頸管から粘液を採取する。
  • 電気外科用 - 生物学的物質はラジオバスを用いて得られる。
  • 円錐化 - くさび形の組織片をレーザーまたはメスで切除する。
  • トレパニオプシー - 分析のための資料は一度に複数の場所から取得されます。

患者は婦人科の椅子にいて、医者は粘膜を洗浄し、必要ならば麻酔をかけ、その後上記の方法のいずれかを用いて生体材料を集めます。.

処置全体は30分以内で、その後女性は家に帰ることができます。

分析コレクションの準備方法

分析をできるだけ正確にするためには、次の準備規則に従う必要があります。:

  • 性行為を控えるための検査の2日前
  • 抗菌薬、抗ウイルス薬、ホルモン薬の服用を中止する2日間
  • 膣錠、クリーム、坐剤などを使用しないでください。
  • 検査当日は抹消できません
  • トイレへの最後の訪問は検査の3時間前であるべきです、
  • 極端な食物摂取は試験の少なくとも10時間前でなければなりません、
  • 喫煙やアルコール製品の摂取は禁止されています。

子宮頸部異形成症の診断はできるだけ早期に行うべきです.

より高度で複雑な形態は、子宮頸部の完全切除まで外科的に治療されます。

超音波:あなたは子宮頸がんを見ることができます

超音波検査などの研究で子宮頸がんが目に見えるかどうかという問題は、患者の腫瘍医によって尋ねられます。超音波を使用して子宮頸部に腫瘍が見られるかどうかは、その大きさによって異なります。研究の超音波法が最も正確な手順の1つであるという事実にもかかわらず、追加のテストなしで最終的な診断をすることは不可能です。

超音波検査は、子宮頸部に発生するすべての変化の正確な説明を得ることを可能にします。超音波の助けを借りて、あなたはわずかな変化を識別することができますが、これらの変化を解読することは医者に対処しなければなりません。超音波で子宮頸がんを100%の精度で決定することは不可能ですので、あなたが疑わしい腫瘍を検出した場合は、追加の研究を受ける必要があります。超音波のような診断方法の助けを借りて、人は識別することができます。

  • 子宮の状態
  • 輪郭の粗さを決定する
  • 教育の成長タイプ
  • 腫瘍の発芽度
  • リンパ節の変化の程度
  • がんのプロセスを膀胱や腸などの他の臓器に広げる。
  • 転移の存在。

Рак шейки матки на ранних стадиях не имеет симптомов проявления, поэтому основным способом его выявления являются различные методики. С течением времени, рост опухоли приводит к тому, что возникают бессимптомные кровотечения, нарушение менструального цикла, а также возникновение белей.

知っておくことが重要!超音波の助けを借りて、あなたは女性の生殖器官で発生する炎症プロセスを識別することができます。この種の研究は、様々な病理学および異常を適時に判定することが可能であるため、女性の間で広く普及している。

超音波の特徴

超音波検査で子宮頸がんを確定するには、まず準備手順に頼らなければなりません。そのような手順は次のとおりです。

  1. 直腸を通してクレンジング腸浣腸を行う。腸を洗浄するこの方法は、超音波検査の6時間前までに実行されます。
  2. 女性がしばらくの間タンパク質を含まない食事療法を続けていることも超音波の通過前に重要です。検査の1時間前に、あなたは臓器の状態に関するより詳細な情報を提供するでしょう、一定量の水分を飲む必要があります。
  3. その後、特別な超音波センサーが膣に挿入されるか、または下腹部の従来の装置によって駆動されます。センサーは、ワセリンまたは特殊な液体であらかじめ潤滑されています。

研究中に、専門家はすべての重要なポイントを決定します。子宮頸部に欠陥があると、腫瘍が発生することがあります。

医者が超音波検査を処方するとき

診断試験を実施する前に、医師は患者の調査を実施し、また既往歴を収集します。超音波検査では、次のような適応があります。

  • 体の脱力感、そして安静後の疲労。
  • 貧血
  • 体温、これは低学年レベルで長期間保持されます。
  • 骨盤部の痛み、および隣接する臓器。
  • 泌尿生殖器系の病気。
  • 便秘または下痢として現れる腸の病気。

上記の症状がある場合、医師は必然的に患者に超音波検査を依頼します。これにより、腫瘍の徴候を適時に検出することができます。

超音波テクニック

子宮頸がんの徴候を判断するには、2つの方法のうちの1つを使用して超音波スキャンを使用できます。

  1. 経腹部。検査は膀胱を満たすことを含み、これは患者が一定量の水(約1リットル)を使用するために可能である。膀胱を満たすことは子宮頸部の徹底的な検査を可能にします。特別なジェルが女性の腹部に塗布されています。これにより、デバイスの身体への浸透性が向上します。女性の胃の中にある装置を通して、コンピュータモニタ上のインジケータの表示が行われる。同時に専門家が手を胃センサーにかざして臓器の状態を判断します。看護師は、専門家から伝えられた情報を記録します。
  2. 経膣的。この方法は膀胱充満を必要としません、しかしそれは特別な膣センサーを使います。このセンサーは膣内に挿入され、その後モニタースクリーンに情報が表示されます。この方法は、腫瘍細胞の同定においてより多くの利点があるため、非常に効率的です。最近、癌を検出するために経膣研究を使用することに頼ることが多かった。

知っておくことが重要!超音波処置の有効性にもかかわらず、病理学の初期段階でこの方法に頼ることはお勧めできません。この手順は病理を検出するのに役立ちませんので、膣鏡検査などの方法を使用することをお勧めします。

超音波で子宮頸癌を検出する方法

癌の主な症状はすぐには現れず、臓器に腫瘍が現れた後に初めて現れ、その大きさは3 mm以上になります。腫瘍がそのような大きさに成長するのに数年かかります。この期間中に女性が婦人科医を訪問しない場合、その後の段階で腫瘍を検出する可能性はかなり高いです。

超音波検査に基づいて、子宮頸がん、および以下の新生物を確定することが可能です。

  • 輪郭の粗さ
  • リンパ節の変化
  • 血管障害
  • 他の臓器がん、
  • 転移の発生
  • 形成異常。

腫瘍の検出のためには、最新の超音波装置のみが必要とされるであろう。それは腫瘍の決定に使用することができ、その寸法は3mmからの範囲である。通常、超音波検査は複雑に行われ、子宮頸部の壁の構造と厚さだけでなく、小さな骨盤のすべての臓器を検査することもできます。

知っておくことが重要!超音波は子宮頸部のびらんを明らかにしない、そして悪性腫瘍の形成をもたらすのは進行した段階でのこの病理学である。子宮内膜症を特定するには、婦人科医に定期的に訪問しなければなりません。

超音波と他の診断法を比較するならば、他のものと比較して、最初の選択肢には禁忌がありません。腫瘍発症の初期段階では、病理の性質を判断することは非常に困難です。腫瘍は良性または悪性である可能性があるため、生検が明確になるために必要となります。多くの場合、専門家は子宮筋腫が癌腫に発展する可能性があるという事実に直面しているので、良性腫瘍の場合でも、あなたは抜本的な決定をする必要があります。

子宮頸癌の判定のための複雑な方法

子宮頸部の病理を判断するには、いくつかの効果的な方法があります。超音波の有効性にもかかわらず、病理学を検出する能力はまた、装置の品質、ならびに診断医の経験などの要因にも依存する。子宮頸がんの疑いがごくわずかで、超音波診断で否定的な結果が得られた場合は、追加の検査を実施する必要があります。

子宮頸がんの研究の百パーセントの結果を得るためには、包括的な検査を受ける必要があります:

  1. スクリーニング手順この方法の利点は、早期段階で病理学を検出する可能性、ならびに前癌性の病理学から疾患を区別することの可能性である。
  2. コルポスコピー侵食と疑似侵食を定義したり、タイムリーな治療を開始したりできます。
  3. 生検と超音波超音波の方法の本質は理解できます、そして、生検はさらなる詳細な研究のために腫瘍組織をとるための手順です。

加えて、子宮頸癌の徴候の主な徴候は、子宮頸管の明確な輪郭の欠如、エコー発生性の値の低下、子宮の構造の変化、子宮内の液体の存在、子宮内の不均一構造の出現である。

まとめると、絶対に誰もが癌にかかったり、アクティブなライフスタイルをリードしている人でさえ病気になる可能性があることに注意すべきです。多くの場合、がんの主な原因は、すべての人がさらされている否定的な感情です。人の否定的な感情が少なければ少ないほど、免疫力は強くなります。たとえ患者が癌と診断されたとしても、あなたは心臓を失うべきではなく、直ちにそれに対処する別の方法に頼るべきです。

誰がDEKを持っていることが示されています

現在、2種類のジアテルモ外科治療法が使用されています。

  1. ジアテルモ凝固(DEK) - 電流による子宮頸部の病理学的病巣の凝固(焼灼)。
  2. Diatermoexcision(DEE) - 子宮頸部の患部の切除。組織学的検査のために送られる。

DECはより穏やかな曝露方法です。軽度の子宮頸部病変の場合や患部の組織学的構造を確認する必要がない場合に使用されます。子宮頸部ジアテルモ凝固術の適応症:

  • 合併症のない異所性。広範囲のびらん、ジアテルモ排除を用いた子宮頸部の変形および破裂の存在。
  • 軽度の形成異常(CIN I、d度の形成異常)。 CIN 11では、DEEの使用が望ましい。
  • 子宮内膜症。広範囲の病変(複数または大きな単一子宮内膜頸部嚢胞)の場合は、DEEを施行することができます。
  • 子宮頸部および膣の性器いぼ。フラットいぼの場合は、遠隔地の組織学的検証とDEEを使用することをお勧めします。

どのような場合には不可能です

ジアテルモ凝固術を行う前に、医師はこの女性に禁忌がないことを確認しなければなりません。この方法は、以下の状況では使用できません。

  • 女性の生殖器の炎症過程(膣炎、子宮頸管炎、急性卵管炎および子宮内膜炎)。手技の前に、感染性病理を治療し、その存在に対する防除試験を完了するべきである。
  • 子宮頸がんとは。この場合にこの方法を適用すると、プロセスの進行および状態の著しい悪化を引き起こす可能性がある。
  • 妊娠中これは中絶でいっぱいです。
  • 産後の早い時期に。

はどうですか

子宮頸部の温熱凝固術は、しばしば局所麻酔下または麻酔なしで、外来で行われます。

組織の焼灼は特別なプローブ電極を使って行われます。 2番目の受動電極は患者の仙骨の下に配置されます。

やけどは少々痛みを伴うことがあります。処置の期間は30分までです。彼女の後、女性は家に帰ります。

DECの後にしてはいけないこと

介入後の月の間、患者は性的安静をすることを勧められ、体重の上昇、プール、浴場への訪問、露天風呂での泳ぎ、温浴、膣タンポンの使用を禁じられている。

通常、形成されたかさぶた(地殻)の拒絶は、手術の7〜12日後に起こります。同時に、小さな血まみれの割り当ても可能です。最後の治癒は2ヶ月で起こります。

子宮頸部ショックの焼灼の種類

電流による子宮頸部の焼灼は、子宮頸部の病状を治療する最も古く最も一般的な方法の1つです。

この種の操作には2種類あります。

  • DEK、またはジアテル電気凝固、
  • DEE、またはジアテル電気励起。

用語DEKおよびDEEは、子宮頸部の患部を電流で治療するための破壊的な方法を示します。

次に、DECが起こります。

  • モノアクティブ(1つのアクティブ電極を使用)
  • Biaktivny(2つのアクティブ電極を組み合わせて1つにする)
  • 電解液を使用すると不活性です。

処置中、電極を使用して患部組織を除去するだけでなく、出血している血管を凝固させることも可能にします。これにより、手術は貧血になり、わずかな血液の損失で済みます。

手術後、材料は組織学的検査に送られ、細胞組成および異型細胞の検出が決定されます。病理組織学的分析に基づいて、患者の管理および治療のさらなる戦術が開発されている。

DEC(生検)中に得られた材料の組織学的検査は、異型細胞の存在を検出するのに役立ちます。

電流による子宮頸部の焼灼は、瘢痕形成の形で術後合併症が発症する危険性が高いために出産した女性にのみ使用されます。将来の妊娠を計画している患者にこの手順を実行することはお勧めできません。

電気凝固術と電気切除術の主な違いは、損傷組織の切除深さです。 DEEが上皮のより深い層を捉えたとき、この手順は子宮頸部の重度の病変に使用されます。

ジアテル電気凝固は、病理学的に変化した組織の完全治癒の効果を、症例の70〜90%で達成することを可能にする。

DECは表面的なものと深いものに細分されます。

深いDECが起こります:

  • 重ね露光では、
  • ジアテル鍼とは。

DEKでは、医師は子宮頸部の全表面と、子宮頸管の下3分の1の粘膜を凝固させます。

凝固の徴候は以下のとおりです。

  • 子宮頸部奇形を背景とした子宮頸部の病理
  • 軽度の形成異常。

対外電気切除は、電流を用いた子宮頸管円錐形成術である。円錐化は、円錐の形をした器官の損傷した組織の切除であり、その頂部は内のどに向かっています。 DEEに加えて、この外科的介入の他の方法が使用されます - メス、レーザー、電波機器。これらの操作の違いは、実行される手順の量と使用されるツールにあります。

DEEの間、子宮頸部の病理学的部分は円錐状に切除される。

次の場合にDEAが割り当てられます。

  • 子宮頸部の肥大または瘢痕性奇形を伴う背景頸部疾患
  • 軽度の形成異常。

子宮頸管の円錐化はあなたがバックグラウンドプロセスを取り除くことを可能にする根本的な治療法です。悪性腫瘍(悪性腫瘍)の危険性がある場合、病状が持続的に再発した場合、および他の方法では望ましい効果が得られなかった場合に使用されます。

子宮頸部の焼灼の前に何をしますか?

女性は焼灼処置の前に一連の検査を受けなければなりません。

通常この場合、医師はそのような研究を処方します:

  • 植物の膣塗抹標本、
  • 腫瘍細胞学上の塗抹標本
  • 血液型とアカゲザル因子の決定
  • 全血球数
  • 尿検査、
  • 生化学血液検査
  • コアグラム
  • 梅毒、肝炎、HIVの血液検査
  • 骨盤内臓器の超音波検査(表示されている場合)
  • けん引、
  • 心電図
  • セラピストによる検討
  • 単純および拡張コルポスコピー
  • STIスクリーニング
  • 子宮頸部の生検(示されている場合)。

賞味期限試験 - 10日間。

子宮頸部を焼灼する準備をしている女性は膣のデブリドマンを受けることをお勧めします。

検査結果が正常であれば、女性は焼灼されます。炎症性または感染性のプロセスがある場合は、最初に適切な治療が行われ、その後にテストが再配信されます。

子宮頸部侵食では、焼灼は月経周期の5〜7日目に行われ、次の月経期間の開始時までに最大の治癒を可能にします。ある場合には、電流による焼灼が周期の9-10日目に行われる(長期間の月経を伴う)。

それは読むこともまた有用である:子宮頸部の病理のための凍結療法(びらんを含む)

手順はどうですか?

電流による子宮頸部の焼灼の手順の本質は、それを通して電流が流れる特別な電極の使用です。合併症がない場合は、電気凝固処置は30分まで続きます。かさぶたの形成前に、電極を子宮頸部の患部表面に点在させて適用する。

治癒過程の間に、かさぶたは拒絶され、そして創傷は露出される。かさぶたが手術の10〜12日後に離れ始めます。リハビリ期間中の完全な血管凝固の欠如により、女性は生殖管からの出血を発見することがあります。かさぶたが子宮頸部の大部分にわたって一度に拒絶される場合、合併症が出血の形で発症することがある。

電気凝固の間、かさぶたが露出部位に形成され、保護機能を果たす。

子宮頸部の電気凝固の価格は居住地域によって異なります。モスクワでの手術の費用は平均5000ルーブルです。

「15年間私と一緒にいた頸部びらんの焼灼の後、私は問題を完全に忘れました。それが痛むことを非常に恐れています。それは20分の不快感をもたらしました - そして私は家に帰りました。医師の勧告は部分的に観察されましたが、これは結果に影響しませんでした。とても嬉しかったです。」

介入後の回復期間

子宮頸部の完全性の回復は上皮化の過程と呼ばれ、その期間は焼灼法によって異なります。

電気凝固術後の治癒は、壊死組織の拒絶の4〜6週間後に起こる。上皮化は2〜3ヶ月で起こります。いくつかのケースでは、子宮頸部の完全な治癒はより長い期間がかかります。

DEI後の上皮化は2〜3ヶ月以内に起こります。

回復期間は合併症なしで平均6週間かかります。

接着組織の部位では、結合組織瘢痕が形成され、それが陣痛プロセス中に長時間の陣痛または他の合併症を引き起こし得る。子宮頸部の焼灼は、出産した女性、近い将来再妊娠する予定のない女性に行うことをお勧めします。

子宮頸部の焼灼の後、女性は調剤勘定になります、その期間は病理学によって異なります:

  • 頸部びらん - 3ヶ月
  • 私は形成不全の学位 - 2年です。

焼灼後の対照検査および膣鏡検査は、処置の3ヶ月後に行われる。臨床監督は3〜6ヶ月ごとに医師によって行われます。

治療後の退院は何ですか?

電流で子宮頸部を焼灼した後の生殖管からの放電の性質は、治癒率と回復過程の段階によって異なります。

通常、変更は次のように異なります。

  • 血まみれ、
  • ぬるぬるした、
  • ピンクがかったベージュ色
  • 茶色の乏しい
  • どの段階でも血栓。

この図は、DEC処置が正常に行われた後の放電を示しています。

選択の回復段階は次のとおりです。

  • 血まみれの塗抹標本。頸部血管の不完全な凝固の結果としての手術直後
  • 粘液と血。最長10日かかります。放電の色は、血中不純物の量によって異なります。 Возникают в результате отторжения струпа,
  • Розоватыми. По времени занимают до 7 дней,
  • Слизистыми. После полного отхождения струпа,
  • 生殖管からの穏やかな出血の形の血。かさぶたが完全に拒否されたときに発生する可能性があります。外科的介入の瞬間から8日から21日までに現れる。彼らは数時間で起こり、その後彼らは完全に止まります。

以下の場合、回復期間中に医療支援を受ける必要があります。

  • 大量の出血、
  • 体温上昇
  • 腹痛、
  • 放電の匂いを変える

患者が退院量を疑う場合は、月経量を超えてはいけないことを忘れないでください。大量の場合は、専門家による相談が必要です。

焼灼後の排泄物の不快な臭いは感染の加入を示しているかもしれず、それは治療の調整を必要とする。

電気凝固に対する禁忌

子宮頸部の電気外科治療にはいくつかの禁忌がありますが、最も重要なものは以下のとおりです。

  • 泌尿器の炎症性疾患
  • STIの存在
  • 月経を含む生殖管からの出血
  • 代償不全の段階または必要な治療法がない場合の血液凝固障害
  • 子宮頸がん、
  • 妊娠期間(妊娠)
  • 産後8週間まで
  • 代償不全の段階にある糖尿病
  • 子宮内のIUDの存在
  • 患者の精神病
  • 急性期における体性慢性疾患

それは読むこともまた有用である:電波による頸部侵食の処置

この処置に対する相対的禁忌は、女性の出産および妊娠計画の欠如です。

現在の子宮頸部の瘢痕化は、火傷を負った後の主な合併症の1つであることを考慮すると、妊娠を計画している場合は、より良性の方法を採用してこの手順を中止する必要があります。

DECの影響は?

現在の子宮頸管熱傷後の結果は、次のように分類されます。

手順の後の最初の週に発生する初期の合併症の中には、次のものがあります。

  • 出血
  • 慢性婦人科疾患の悪化、
  • 月経周期の月経の遅れまたは月経の遅れの形での月経周期の違反。

晩期合併症の中で放出する:

  • 頸管狭窄症の発症に伴う瘢痕形成
  • 下層の瘢痕性変化、またはSKShM(凝固頸部症候群)、
  • 繰り返し浸食
  • 子宮内膜症、その開発は子宮頸部の遅延上皮化に関連付けられています。次の月経の時までに治癒過程が起こらなければ、拒絶された子宮内膜の細胞は子宮頸部に侵入して炎症の病巣を形成することがあります。
  • 子宮頸部の嚢胞性変性、
  • 化生。

場合によっては、子宮内膜細胞が子宮の外側に広がると、ジアテルモ凝固が子宮内膜症の発症を引き起こすことがあります。

「私が18歳のとき、私はショックで子宮頸部のびらんで焼けました。印象はひどかった。それは非常に痛いと揚げ肉の臭いがしました。しかし主なこと:首に自然な出産を妨げることができる傷跡があります。その上、私は出産しませんでした。私の経験から、私は誰にも首を焼灼するように勧めていません。そしてあなたが決めたならば、文献を読んで、そして異なる医者と相談しなさい。」

妊娠と出産

現在の子宮頸管焼灼術後の妊娠の計画は、手術後3ヶ月以内に可能です。この時間は、創傷表面の治癒および治療の有効性の評価に必要です。

妊娠中に証拠がある場合は、追加の膣鏡検査が可能です。

電気凝固術後の出産を実施する戦術は、焼灼の年齢と首の状態によって異なります。

母親の産道を通って子供が通過する間に、焼灼部位に瘢痕が存在するために子宮頸管破裂の危険性が高まる。破裂のリスクを減らすには、子宮頸部を完全に開いて強制労働をしないことが必要です。

電気凝固術後にすべきこと専門家の勧め

子宮頸部への電気外科的介入後のリハビリ期間が効果的であるためには、あなたは専門家の勧告に従う必要があります。

推奨事項は、合併症のリスクを減らすことを目的としており、次のとおりです。

  • 侵食を取り除いた後、重りを持ち上げて6週間激しい運動をすることは不可能です。必要に応じて、女性は軽労働の証明書を発行されます。
  • 手術後6〜8週間でセックスを禁止する。医師の診察を受けて入手可能
  • あなたは、開いた池で泳ぐこと、風呂、サウナを訪れること、そして熱い風呂に入ることはできません。出血を引き起こす可能性があります
  • 個人の衛生状態を守る必要があります。冷たいシャワーを浴び、毎日性器を洗います。
  • 汚染がより頻繁にあるので、少なくとも3時間に1回ガスケットを交換するには、
  • タンポンは使わないで
  • 経膣超音波を発生させないでください。
  • 医師が推奨する局所治療を使用してください。例えば、痂皮を柔らかくして感染症の追加を防ぐために、レボメコルまたはシーバックソーン油で綿棒を拭きます。
  • 焼灼後3ヶ月以上前に妊娠を計画しないでください。

手技の後、創傷表面の迅速な治癒のために激しい身体的労力を排除することが必要である。

子宮頸部の焼灼に関するレビューはなぜ最新のものですか?

電流による子宮頸部の焼灼のレビューは、ポジティブでもネガティブでもあります。医者でさえも全会一致の意見には至らなかった。

前向きな時期には、次の点に注意する必要があります。

否定的な点のうち、強調表示する必要があります。

  • 出血、瘢痕化などの合併症のリスクが高い
  • 出生のない妊娠を計画している間の使用の制限。

一般に、電流による子宮頸部の焼灼の手順は他の治療方法に対する可能な代替法である。

子宮頸部の治療法については合意がありません。回復するためには、十分な検査を受け、各患者に個別の治療方法を選択する必要があります。

一次医療相談

約束をする頸部対外電気凝固術の費用は、最初の診察と分析の結果によって決まります。

この治療法があなたに適しているかどうかを調べるために専門家に相談してください。

対電気凝固術は、ほぼ一世紀にわたって広く使用されてきた子宮頸部の疾患を治療する方法である。この技術は、健康な組織に害を及ぼすことなく患部組織を破壊する高周波電流の印加に基づいています。

何か問題がありますか?

この方法の主な欠点は、医師が子宮頸部の深い層の破壊を制御することが非常に難しいことです。この処置はしばしば、患者が出血し始め、そしてそれらは焼灼の間およびしばらくしてから起こり得るという事実を導く。さらに、再発、炎症、月経障害のリスクがあります。場合によっては、子宮頸管の狭窄が観察された。

侵食とは

侵食は先天的、真および偽(異所性、疑似侵食)であり得る。

先天性びらんは、ほとんどの場合治療されません、それはそれ自身で通過する傾向があるからです。

後天的侵食はそれだけでは治癒できないので、それらを治療することが推奨される。

実際、真の侵食は様々な理由で粘膜に形成される創傷です。それは、機械的損傷、ホルモン性障害である可能性があり、さらに、性器の炎症過程の結果として、または性感染症による浸食が発生する可能性があります。

この形のびらんは長い間存在せず、そして2週間後に次の形、すなわち異所性に入ります。

婦人科医が1人おきに診断するのは異所性です。この場合、粘膜の頸部には、円柱上の扁平上皮の完全または部分的な置換がある。

この形態の病状は、数ヶ月、さらには数年にわたって漸近的に存在し得る。ある場合には、親密さの間に痛みを伴う感覚、特徴のない放電の存在によって女性が邪魔されることがありますが、より頻繁に女性は炎症が起こった後に何かが間違っていることに気づきます。

粘膜の傷は、内部に浸透して鮮明な臨床像を伴う疾患を引き起こすことがある感染性病原体の入り口です。

焼灼方法

今日、いくつかの根本的に異なる焼灼の方法があります、そしてそれは医者が子宮頸管粘膜上の侵食領域を取り除くために使う:

  • レーザー焼け
  • 電波の除去
  • 低温破壊、
  • 化学物質暴露
  • 電流による気化
  • アルゴンプラズマアブレーション
  • 超音波の使用
  • 電化。

支払注意!これらの各方法には、長所と短所、適応症と禁忌があります。したがって、有能な専門家に方法の選択を委ねることをお勧めします。

長所と短所

この治療法の否定できない利点:

  • 外来診療
  • 操作の技術的な複雑さは高くありません、
  • 短時間で実行
  • 無痛
  • 健康な組織を無傷のままにして、患部のみにレーザーを使用する能力
  • 出血の危険性がないため、血管の瞬間的な凝固の実施
  • 炎症や感染症を発症するリスクが低い
  • 回復期間の長さは2ヶ月以内です。
  • 高効率
  • 合併症の最小化
  • その後の受胎、出産および出産に影響はありません。

レーザー療法の短所は次のとおりです。

  • すべての場合において、患部組織の全深さを網羅することは可能ではありません。
  • 侵食が大きい場合は、いくつかの同様の手順が必要になることがあります。
  • 出血の発生は極めてまれであるという事実にもかかわらず、深部被ばくの場合には、依然として可能です。
  • 手順の高コスト。

のための徴候

レーザー治療の適応は以下のとおりです。

  • 進行性および広範囲のびらん性病変
  • 病気の重度の症状 - 出血や痛み
  • 禁忌および関連する病気の背景の欠如。

侵食治療のこの方法は、最初の10年間医師によって使用されていませんでした、したがって、以下の禁忌が確認されました:

  • いつでも妊娠
  • 生殖器のウイルス性疾患、特にパピローマウイルス、
  • 生殖領域における感染および炎症過程
  • 性感染症
  • 腫瘍学的プロセス一般、特に骨盤内臓器
  • 血液凝固やその他の血液系の病状に関する問題。

子宮頸部異形成症のためのテスト

子宮頸部異形成症(CIN)を診断するための最も一般的な基準は、PAP検査です。最初にそれを適用した医者にちなんで名付けられた分析。細胞学的分析は、世界のすべての先進国で必須として認められています。特に初回検査時の子宮頸部異形成が一次疾患として定義されている場合、その信頼性は極めて高い(最大80%)。

細胞学的材料では、パパニコロウテストは子宮頸部を裏打ちする層の上皮内変化を示します。標準からの逸脱は通常ラテン文字で表されます、それがどういう意味を持つのかを詳しく見てみましょう:

  • SIL(扁平上皮内病変)または扁平上皮内変化。
  • LSIL(低悪性度扁平上皮内病変) - 上皮病変は顕著ではなく、軽度です。
  • HSIL(高悪性度扁平上皮内病変)が変化し、上皮細胞の異型が顕著になる。中等度のCIN II、初期段階の癌腫、CIN IIIと診断される頻度はそれほど高くありません。
  • AGUS - 腺細胞層の病変、頸部腺癌。

分析、子宮頸部異形成症が検出された場合に提案される手順:

  1. 検査(婦人科医院での両手検査)
  2. 細胞診
  3. PCR
  4. 膣鏡を用いた検査。
  5. 組織学(子宮頸部組織生検)。
  6. 円錐化(円錐生検)。

子宮頸部異形成を伴う細胞診は必須です。これは、上皮組織の細胞構造の異常を特定して明らかにする標準的なテストです。タイムリーな診断は、子宮頸がんのような非常に大きな病状を持つ女性の発生率を減らすのに役立ちます。世界中で、婦人科医がPAPテスト(Papanicolaouテスト)を使用しているため、塗抹標本は18〜20歳の女性から採取する必要があります。細胞診は、このようなカテゴリーの患者に特に関連があります。

  • 40〜45歳以上の年齢。
  • 女性に慢性のウイルス性疾患がある場合
  • 家族の腫瘍性疾患
  • 頻繁な配達を含む早いまたは遅い配達。
  • 頻繁な中絶。
  • 免疫不全
  • 頻繁にまたは逆に、不規則な性的関係(パートナーの交代)。
  • 避妊薬を含むホルモン薬の長期服用。

細胞診はどのように行われますか?

  • 塗抹標本によって、子宮頸部上皮の細胞構造を正確に調べることができます。
  • 材料は医療用へらまたはブラシを使用して集められる。
  • 得られた材料を特別な滅菌ガラスの上に置き、そこでそれを保持具で固定する。
  • ガラスにラベルを付けて研究用に実験室に移します。
  • 実験室助手は、得られた材料の染色を行い、顕微鏡を用いて反応の結果を研究する。

細胞診の適応:

  • 主な仕事は、女性で最も一般的な疾患の1つである子宮頸がん(子宮頸がん)を予防することです。
  • 月経周期の失敗の原因を突き止める
  • 慢性感染症またはウイルス性疾患における子宮頸部の状態の解明。
  • 不妊の持続
  • 避妊のための経口薬の長期使用。
  • すべての内分泌疾患
  • 性的パートナーにおけるヒトパピローマウイルス(女性の感染はほとんど避けられない)。
  • 体重の規範に違反 - 拒食症や肥満。
  • 避妊薬らせんの導入のための計画的手順

細胞診は、女性の腫瘍の発症を大幅に減少させるだけでなく、子宮頸部のさまざまな病状の初期段階を適時に診断します。

頸部異形成塗抹標本

塗抹標本は、健康のための複雑な検査または子宮頸部の病理の判定に含まれる単純で一般的に認められている手順であると考えられています。

子宮頸部異形成は、粘膜のミクロフローラの不均衡を伴う、またはより正確には誘発されることがよくあります。細菌性のウイルス感染は、上皮組織の細胞構造の変化を引き起こす主な要因であり得る。子宮頸部形成異常の塗抹標本は、特定の指標の数を示しています。塗抹標本は次のような種類があります。

  • ミクロフローラの状態の決定に関する塗抹標本
  • ミクロフローラの無菌性の測定
  • 細胞学的塗抹標本(PAPテスト)。
  • 感染塗抹標本(PCR)。

また、形成異常の塗抹標本を使用して、婦人科医は女性のホルモン系の状態に関するいくつかの基準を評価することができます。

塗抹検査は子宮頸部異形成症に対してどのように行われますか?

  • 婦人科用椅子は、子宮頸管粘膜の表層から少量の粘液細胞組織を収集します。分析用の材料の種類の選択は、診断作業によって異なります。
  • 綿棒は数回行うことができます。プライマリは、子宮頸部の特定のパラメータの状態を評価するために必要であり、以下は疾患の治療の成功を監視するために必要です。治療が延長されると、塗抹標本は3ヶ月ごとに実施されます。
  • 塗抹標本は、患者からの何らかの準備を必要とする痛みのない迅速な診断手順と考えられています(医師は準備措置のための推奨を行います)。

女性が健康であれば、塗抹標本は通常、多数の乳酸菌(最大95%)の存在を示しています。それらは病原体の繁殖に対する障壁として役立つ保護的な乳酸を生産することができる。ミクロフローラの酸性度は、膣内のミクロ環境の健康の重要な指標の1つです。

子宮頸部形成異常に対して塗抹標本が行われる作業を明確にする:

  • 性感染症(トリコモナス、クラミジア、ガードネレラなど)を含む感染性病原体の有無。
  • 潜在性慢性感染症(PCR)の決定。
  • 子宮頸癌予防のための必須手順としての子宮頸部上皮細胞の評価

きれいな塗抹標本は次のようになります。

  1. 健康な生殖システム、純度の最初のグループ(pH 4.0 - 4.5)。
  2. 2番目のグループは、感染の初期段階、グラム陰性菌叢の存在(pH 4.5〜5.0)の指標です。
  3. 塗抹標本中の細菌叢の判定、3番目のグループ(pH 5.0〜7.0)。
  4. 4番目のグループは、非常に多数の病原体(pH 7.0〜7.5)の存在です。これは炎症過程の兆候です。

通常、子宮頸部異形成症の塗抹標本には、そのような指標はありません。

  • 異型細胞の存在
  • 感染性病原体の影響を受ける細胞、重要な細胞(扁平上皮の細胞組織、感染性病原体の影響を受ける)。
  • カンジダおよび他の種類の真菌病原体。
  • ガードネレラ
  • 球菌による細菌感染症(淋菌、ブドウ球菌、連鎖球菌、腸球菌)。
  • トリコモナス。

子宮頸部異形成症が重症度1〜2度の上皮の病変と診断された場合、塗抹標本が病気の原因物質の存在を示している、これは女性が癌にかかっているという意味ではありません。現代医学における膨大な数の感染症はすでに研究され、うまく治療されています。いくつかの最近のデータによると、子宮頸部組織の細胞の病理学的変化をタイムリーに検出することで、ほぼ75%の癌予防が可能になります。

機器診断

器械診断は、子宮頸部異形成症を明らかにする必要があるとき、そして病気の治療の成功を監視するために、総合的な検査をリードしています。

器械的評価の選択は、異形成が臨床的に顕著な徴候のない過程として発生し進行することが最も多いという事実によって説明される。 2番目に重要なのは検査室診断です。婦人科用椅子での目視による一次検査は必須ですが、診断の最初のステップにすぎません。

「機器診断」の概念のリストには何が含まれていますか?

  • 婦人科鏡を用いた検査これは、医師が頸部上皮の状態を評価するのに役立つ特別な膣器具です。生地の最も明白な変化は、鏡の使用を条件として、肉眼で見えるでしょう。検査用ミラーの形式の機器診断は、首の形状、大きさ、および外咽頭への損傷の可能性を示しています。鏡は子宮頸部と子宮頸管粘膜の下部(3番目)の状態の基準を評価することができます。白板症、虫垂炎、びらん症、子宮頸部異形成の初期段階 - これは膣鏡を使った両手検査で発見できる病状の完全なリストではありません。
  • 膣鏡。このツールの助けを借りて検査は子宮頸部の特定の部分への損傷の程度を明確にするように設計されています(10倍の増加)。また、コルポスコピーは、診断検査(細胞学的検査、生検)のために組織の採取と同時に行われます。 Kolposkopはサンプル採取とPCR(分子生物学的、HIVの免疫学的分析、ウイルス量の評価、系統の特定)に役立ちます。
  • 子宮頸部異形成を必要とするかもしれない拡大膣鏡検査は、いくつかの段階に分けられます。上皮組織を特殊な酸溶液で処理した後、別の薬剤(ルゴール溶液)を再度塗布します。この後初めて、検査と特別なサンプリング(シラーのテスト)があります。そのような手順は粘膜(酸)の腫れを誘発するために必要であり、浮腫は次にルゴール溶液のより良好な透過性のために血液循環の増加を引き起こす。このツールはペイントマーカーの役割を果たします。通常、上皮組織はグリコーゲン顆粒により赤みを帯びた色合いを帯びるはずです。子宮頸部の患部には色の変化は見られません。
  • 超音波はまた多くの器械検査に属します。診断を特定するために、女性に泌尿生殖器の超音波スキャンを処方して、嚢胞、良性腫瘍などを除外または判定することができる。この方法は、掻き取りに代わるものとして、出産していない若い女性に適しています。
  • 細胞診(パップテスト)。
  • 子宮頸部異形成症の複雑な診断の方向に応じて、標準的な生検および杖 - 目視、先細り、掻爬。

したがって、機器診断は、医療機器を使用して上皮組織および子宮頸部の状態を評価するための方法である。婦人科診療で子宮頸部異形成がある場合は、器械診断および臨床検査が病理の重症度を正確に判断するための前提条件の1つです。

子宮頸部の異形成過程が疑われる場合は、超音波を患者に処方することもできます。症例の75〜85%の頸部異形成は、明らかな臨床症状なしに発症し進行する。多くの場合、それは性器球体の器官、主に卵巣、子宮、および腎臓の炎症過程を伴います。これは主に病理学を引き起こす要因のウイルス、感染性の性質によるものです。女性の最初の不満は、概して、炎症の症状であり、それ自体異形成ではありません。婦人科医は、患者さんと面会するときに、定期的な予防検査を繰り返すことにうんざりしません。残念なことに、痛み、退院、健康状態に異常な場合、または妊娠中に女性が医者を訪れることが起こります。そのような状況は、標準的な方法 - 椅子での検査だけでなく、細胞学、組織学のための材料サンプリングおよび超音波検査 - を含む、より広範囲の診断行為を必要とする。

診断を明確にするための超音波検査法は、生殖器(小骨盤)の超音波検査と組み合わせて特別な方法で行われます。

頸部形成異常に対して臓器超音波は何を示すことができますか?

  • さまざまな病因、大きさ、種類の嚢胞(明確化と治療が必要)。
  • 筋腫、筋腫。
  • 腫瘍の良性過程
  • 子宮の大きさと形の変化。
  • 子宮に対する卵巣の位置(標準または病理への移行)。

臓器の超音波が明らかな変化を示さないならば、規範からの病理学的逸脱、若い患者、特に出産していない人は、より侵襲的な検査 - 掻爬術、さらには生検からさえも和らげることができる。

経膣超音波とは何ですか?

  • これは婦人科診療における重要な検査の1つです。
  • 経膣スキャニングは、診断手段のさらなるベクトルを決定するために子宮腔およびその子宮頸部の状態を評価するのを助ける。
  • 音波を伝導するために体内に流体が存在することを含む標準的な超音波とは異なり、経膣法は完全な膀胱を必要としない。
  • この技術を使用して、婦人科医は子宮や卵巣の形や大きさだけでなく、特定の病状の存在をより正確に識別することもできます。

超音波と子宮異形成、検査はどうですか?

  • 患者は特別な準備を必要としません。規則は、PAPテスト(性交からの禁欲、ろうそくの使用の拒否、タンポン、ダウチング)とほぼ同じです。
  • 経膣診断では、女性は膀胱をいっぱいにして長い間耐える必要はありません。
  • 特別なセンサーが潤滑されて膣内に挿入されます。検査中の臓器に非常に近い位置にあるため、検査自体は非常に信頼性が高く、すぐに合格します。
  • 超音波スキャンを実行する医師は、彼らが言うように、はっきりとした臨床像を直接見て虫歯の状態を評価する機会があります。
  • 処置は不快感や痛みを引き起こさない。
  • スキャンの結果は医者に知られており、そして原則として、患者は文字通り手技直後である。

異形成が疑われるときの超音波は、卵巣の状態を評価するために最も頻繁に処方されることに注意すべきです。これは腫瘍の進行と嚢胞の存在を排除するために必要です。また、古典的なものと膣用のものの両方の超音波は、特に持続性の不妊のために治療の成功を監視するのを助けます。

診断の特異性

子宮頸部異形成症の適時かつ効果的な診断は病理学の治療における成功の半分である。ほとんどの臨床例における頸部異形成は、著しい形態学的変化を伴わずに、ほぼ漸近的に発症することを考慮する価値がある。

考慮された診断の確立はそれ自体中立的な出来事です - 病気のさらなる発展は専ら主治医の能力と医学的勧告に従うための患者の準備にかかっています。

したがって、現代の婦人科は、子宮腔および付属器の上皮組織を損傷することを目的とした病状の診断のための有効な方法の研究および開発にかなりの注意を払っている。これは形成異常に完全にあてはまります。子宮頸部に局在するこの種の敗北は、本質的に前癌状態であるため、患者の生命および健康にとって重大な脅威である。腫瘍形成の発達の脅威により、医師は、子宮頸部の異形成症の徴候の診断および治療、ならびに上皮組織の構造の侵害および細胞損傷に関連する他の疾患に特に注意を払わせる。

子宮頸部異形成では、診断はいくつかの基本的な方法の使用を含みます:

  • コルポスコピー
  • 削り取る
  • 塗抹顕微鏡検査、
  • 生検
  • 生検材料の顕微鏡検査の方法。

それは子宮頸部異形成症の診断の現代的な方法は非常に効果的であり、あなたが病気の発症とそのさらなる臨床的影響の完全な全体像を作成することを可能にすることに注意すべきです。したがって、タイムリーに専門家に相談し、既存の病変の性質と病理のさらなる発展について専門的なアドバイスを得ることが非常に重要です。

コルポスコピーアプリケーション

子宮頸部異形成は頸部上皮被覆の構造における不可避の構造的および形態学的変化と関連しているので、この疾患の診断はこれらの徴候の同定および解釈に基づいている。

子宮頸部異形成の場合に発症する症状は、病理学の発症の程度を正確に決定し、そしてそのさらなる結果を予測することを可能にする。

コルポスコピーは膣管の機器検査を含み、また子宮頸部の膣部分にも影響を及ぼします。この方法は非常に効果的で痛みがありませんが、実装には微妙な違いがあります。

さらに、いくつかの臨床例では、病変の発達の隠れた部位を同定するという原理に基づいて、拡大されたコルポスコピーが使用され、これは、タイムリーな治療および上皮組織における病変部位の排除の機会の増加を表す。

拡大膣鏡検査では、診断手順は次のように行われます。

  • 患部組織を酢酸で治療する(より正確には、その3%溶液を使用する)。
  • その後、患部組織はLugol溶液を用いて治療されます。
  • 子宮頸部の粘膜は慎重に調べた。

この方法は、病理の潜在的な発達および悪性病変へのその発達の疑いがある場合に使用される。子宮頸部異形成症の診断はかなり複雑で多段階の過程であり、それゆえ、その実施の間に、病理学の発達の多くの要因および特徴が考慮されなければならない。

患部組織材料を掻き取る方法

病理学の局在化の中心が子宮管である場合には、従来のコルポスコピーは子宮頸部異形成症の診断には効果がない可能性がある。この場合、細胞材料を収集し、病理学によって影響を受ける組織の領域をより徹底的に分析するために掻き取りが使用される。

子宮管の掻き取りは特別な掻爬器を用いて行われ、そして得られた細胞材料はさらなる実験室研究のために送られる。この方法は、子宮頸部異形成症の診断のための非常に伝統的であり、そしてその使用は、あなたが病気の発展の段階とその可能な結果を​​決定することを可能にします。

しかしながら、現代の婦人科では直接的かつ明白な診断方法が放棄されてきており、それ故、掻爬がますます主流ではなく、異形成病変を診断するための補助的な方法となっている。

得られた生物学的材料を分析した後、通常、さらなる調査のために頸部上皮組織の塗抹標本を採取する。この種の診断における焦点は、子宮頸部異形成症の展望開発の焦点に与えられていることは注目に値する。

顕微鏡検査

膣鏡検査は、塗抹標本を採取したときに綿棒に残る細胞性物質の収集を伴います。さらなる研究のための手順は、パップスミア分析と呼ばれます。

得られた細胞材料の顕微鏡検査は、子宮頸部異形成に特徴的な徴候を検出することを可能にする。

  • 不規則な核の形
  • 核の偏在性クロマチン
  • 細胞核の膜核はクロマチンブロックと明らかに異なる。
  • 細胞構造自体と比較して細胞核のサイズが増加する。

顕微鏡検査は、子宮頸部異形成症の病状を特定するだけでなく、病状および関連する合併症の可能性のある臨床的結果を含む、疾患の詳細な診断を行うことも可能にする。

診断法としての生検

形成異常を伴う頸部生検では、腫瘍の徴候を検出する可能性は80〜90%である。

生検は子宮頸部の内層の一部であり、おそらく問題の病理学によって影響を受ける。この材料の研究は、病理のダイナミクス、その可能性のある合併症および関連する臨床症状の進展および性質を示す結果を得ることを可能にする。さらに、この研究により、第三者の負の要因の影響の可能性を排除し、問題となっている疾患の発症の特異性に専ら集中することができます。

婦人科ではこの方法の高い効率とその相対的な痛みがないことを考えると、生検のかなり集中的な使用。

子宮頸部上皮の柔らかく敏感な組織は、形成異常の診断法として生検に中程度に反応します。生検は、疾患の進行段階を決定し、そのさらなる進行を予測することを可能にするだけでなく、疾患の形態学および句読点も決定する。

このタイプの診断手段を実行することは、さらなる治療方針を正確かつ効果的に作成し、そして病理学の発展の焦点をできるだけ早く排除することを可能にする。

生検が行われるとき、粘膜組織の断片の分析が行われ、その柵は膣鏡診断を行うときに実行される。これを行うには、最も徹底的にそして痛みを伴わずに材料を服用できるようにする特別な道具を使用します。

研究を続けるために、生検材料を特徴的な色に染色し、顕微鏡下に置く。同時に、細胞材料の構造だけでなく、組織構造自体も評価の対象となります。

診断法としての生検の使用の特徴

子宮頸部異形成症が病原性形成の発達および細胞物質のさらなる変化を刺激する可能性のある因子を同定するために研究されるとき、あなたは悪性病変の発達に寄与する多くの因子に注意を払うべきです。

特に、形成異常の診断は、以下の要因および状況の存在下で促進される。

  • 子宮頸部の上皮コーティングにおける細胞材料の重層化および成熟が損なわれる。
  • 上皮の外層は、細胞材料の成熟過程のより激しい崩壊によって特徴付けられる。
  • グリコーゲンは、考慮されている組織分節に対して減少した動力学で合成される。
  • 細胞接触(デスモソーム)は強度の低下とともに起こり、それらの定量的指標は減少する。
  • リボソームおよびミトコンドリアは、分析された細胞材料中の存在を増加させる。
  • 細胞材料の成長が増加します
  • 異常な形質転換はDNAとミトコンドリアに特徴的です。
  • 扁平上皮は、修飾の傾向が高まっていることを示しています - 細胞の円柱状および丸みを帯びた形状への変換が可能です。

したがって、生検の挙動により、子宮頸部異形成症の発症を正確に診断することができ、さらに患者の婦人科の健康の構造へのさらなる統合の性質を予測することができます。

細胞診と病理

腫瘍学的徴候に頸部形成異常が発生する可能性を判断する上で重要な要素は、細胞診の分析です。検討中の分析を実施することで、子宮頸部異形成症と診断された患者にとって懸念のある多くの質問に対する回答を得ることができます。

細胞診の方法は非常に特異的であり、細胞物質の収集は痛みを伴う感覚を伴うことがあります。

しかしながら、大多数の患者は悪性腫瘍の発生の見込みの可能性を明確にし、子宮頸癌の発症を予防するために、何らかの不快感に喜んで同意している。

細胞学的研究の結果は、ほとんど常に腫瘍学的徴候の可能性を正確に反映しています。さらに、このタイプの研究では、治療パターンを最適化し、形成異常病変の病巣を除去するための新しい方法を特定することができます。

手術は苦痛ですか?

Само по себе лазерное удаление эрозии безболезненно, но дискомфорт безусловно присутствует. Поэтому в большинстве случаев рекомендуется местная анестезия, в качестве которой используется лидокаин.

Препарат наносится непосредственно на шеечную область, но в редких вводится внутривенно.

数分後、組織は感度を失い、医師は手術を始めることができます。麻酔の効果は約30分続きます、そしてこれは焼灼処置を実行するのにかなり十分です。

注意!しかしリドカインの効果が過ぎた後、患者はいくらかの痛みを経験するかもしれないので医者は通常タブレット鎮痛剤を処方します。

起こりうる結果

レーザー治療後の悪影響が医師によって記録されることはめったにありませんが、観察されることもあります。

  • 月経周期の失敗
  • 不快感 - 下腹部の重さ、
  • 特徴のない分泌物の出現。

女性が不快な匂いで退院に気づいた場合、これは合併症の存在を知らせる危険な症状です。この場合は、直ちに医師に相談してください。

病気の診断方法

頸部異形成症は様々な方法で診断されます。ほとんどの場合、1つの方法だけを適用するだけでは不十分であるため、医師は一度に複数の方法を使用します。このアプローチは「鑑別診断」と呼ばれます。病気の治療は正確な診断の後にのみ処方されます。

婦人科検査

この場合、医師は特別な婦人科鏡を使用して患者の膣を検査します。この手順の目的は、目に見える膣粘膜の変化を検出することです。これらには、斑点の出現、外皮上皮の成長、粘膜の変色またはその領域の光沢が含まれる。通常、婦人科検査の後、予備診断のみが行われ、医師はより正確な診断のために他の方法を使用します。

細胞学的塗抹分析

子宮頸部細胞診塗抹標本は、子宮および隣接する臓器の細胞の発達における異常を識別するプロセスです。この分析により、セル数とそのサイズを見積もることができます。これにより、医師は女性の癌または生殖器系の前癌性疾患の有無を診断することができます。

細胞診を有効にし、正確な結果を得るために塗抹するには、専門家に行く前に、いくつかの要件を満たす必要があります。

  • 処置の前に1〜2日間セックスをしないでください。
  • 分析前の2日間、膣タイプの錠剤、坐剤またはクリームの使用を排除する。
  • 2-3時間トイレに行くことはお勧めできません。
  • 膣にかゆみがある場合や異常な退院がある場合は、これらの症状が消えるまで手順を別の日に延期することをお勧めします。
  • 月末直後に分析する必要があります。

PAPテストで塗抹標本をする方法は?この手順は専門家による審査中に行われます。これを行うには、使い捨てブラシを使用してください。プロセスは完全に痛みがなく、ほんの数秒続きます。検査を受けてから数日間は、膣からわずかに血液が排出されることがあります。分析結果は、資料が提出されてから1日後に準備する必要があります。

そのような検査は非常に効果的です、なぜなら細胞の状態に従って、医者は腫瘍学的プロセスが生殖器領域で始まったかどうか決定することができるからです。細胞の一部に異常な大きさや形がある場合、医師は子宮頸部異形成症の診断を下します。しかし、診断を確定するために、医師は追加の検査を勧めます。

PCRスミア解析

PCRによる子宮頸部異形成症の分析は、微生物叢の分析を行うことによって検出することができない病原体を検出するのに役立ちます。この方法では、たとえそれらがまだ非常に少なくても、異型細胞を見つけることができ、それらは増殖し始めたばかりです。 PCR検査では、子宮頸部異形成症または朝の尿検体に対して塗抹検査が行われます。

PCRは分析のために採取された材料が実験室条件下で増殖する研究である。細菌DNAは完全なDNA鎖が得られるまでクローン化される。そのような処置の過程において、どのタイプの感染が疾患の出現をもたらしたかが明らかにされている。

この方法を用いた頸部異形成症の診断は最も正確な結果を与える。それを使えば、属だけでなく細菌の種類も知ることができます。例えば、研究室助手は、カンジダ属の真菌を名付けるだけでなく、明確にします - カンジダ・アルビカンス。医者がどのバクテリアと戦うべきかを知らないならば、病気の治療は効果的でないかもしれないので、これは非常に重要です。この手順により、1度の疾患を検出することができます。これにより、その治療は可能な限り効果的になります。

ホルモン恒常性を決定するための分析

ホルモン剤の長期使用の結果として、頸部異形成が起こることがあります。したがって、ホルモン避妊薬を服用する前に、婦人科医に相談することをお勧めします。ホルモン剤を服用した結果として、女性のホルモン的背景の侵害が観察され、その結果として彼女は前癌性の病状を発症する可能性がある。

体の中のホルモンのバランスを決定するために、女性は彼女のエストロゲン、プロゲステロンとテストステロンの濃度のために血液検査を受けるべきです。排尿中の上記ホルモンの排泄の強度を決定するために、尿検査も推奨されます。

両方のテストに合格する前に準備することをお勧めします。施術前の3日間は、喫煙や飲酒をしないでください。低体温や体の過熱もお勧めできません。特にホルモン剤を服用することは禁止されています。その結果、研究結果は不正確になる可能性があります。手術の10〜12時間前に食べ物を食べないことが重要です。分析用の血液は静脈から採取されます。

血液と尿の一般分析

全血球計算は、赤血球、白血球、血小板、ヘモグロビンレベルなど、血液の組成を評価するのに不可欠な方法です。この手順は午前中に、常に空腹時に行われます - あなたはそれの10時間前に食べ物を食べることはできません。お湯の使用は許可されています。鋭利な先端を持つ特別な道具で指から血液を採取します。

尿検査は、尿および底質(赤血球、上皮細胞、さまざまな細菌)の物理化学的特性(タンパク質、亜硝酸塩、ヘモグロビン、およびその他の微量元素の存在)を評価する方法です。分析に合格する前に、アルコール飲料を摂取することは禁止されています。また、果物や野菜を食べないでください。尿やスイカ、カンタロープなどの生産量が増えます。血液粒子が尿中に存在するため、月経期間中の女性は検査することができません。

子宮頸部異形成症の最も正確な診断は生検を用いて行われると考えられている。この処置には、生検 - 罹患組織の面積 - 膣鏡検査中にこすることによって得られる - が使用される。形成異常2と別の程度と子宮頸部の生検 - 手順は痛みを伴う、そしてそれ以降は週を通して血の放出があるかもしれません。

子宮頸部生検は何を示していますか?形成異常の診断は、診断テスト中に以下の異常が確認された場合に行われます。

  • 組織のラミネーションの中断
  • 異型細胞または未発達細胞の存在
  • グリコーゲン合成は損なわれます、
  • 細胞内のリボソーム数の増加。

そのような分析は、子宮頸部異形成において非常に効果的です。このプロセスでは、技術者はセルの構造だけでなく、層の数、それらの位置および組成も評価します。グレード2の異形成に対する子宮頸部の生検は、正確な診断を下すのに役立ちます。

超音波に異形成はありますか?はい、超音波は異形成を示します。この超音波は、それなしでは女性の生殖器系の疾患の鑑別診断は行われない。この手順はいくつかの方法で実行されます。

  • 腹壁を通してこの場合、超音波の形成異常は非常に困難です。しかし、この方法は妊婦や処女には必須です。
  • 経膣法は、超音波上の子宮頸部の状態に関するより多くの情報を提供します。この場合、超音波センサは膣腔内に挿入される。
  • 経直腸的方法は、保存された未使用のチンパンジーを持つ女児における超音波上の頸部粘膜の構造を評価することを可能にする。

腹壁を通しての超音波手術

データの復号化は必然的に婦人科医によって行われます。研究の結果は、子宮頸部の形状、位置、シルエット、壁の厚さ、そして大きさを示しています。

形成異常の程度を判断する

子宮頸部異形成症では、異型細胞の数に応じて、いくつかの病期が分離されます。初期段階では、粘膜の1/3のみが罹患しており、中等度〜2/3の場合、重症型の疾患では、病理学的プロセスは上皮層の90%まで広がっている。

形成不全の最初の程度(光)が最も弱いと考えられ、2番目はより治癒することが困難ですが、3番目の程度(重度)は前癌状態と呼ばれます。病気の最初の程度の場合には、それは形成異常が進行するかどうか決定するために数ヵ月後にテストを受けることを勧められます。

患者の最初の検査の後、医者はどの方法が病理学を検出するために最も効果的であるかを決定します。すべての手順は良いので、どのような種類の検査を医者に任せるかは状況に応じて決定します。診断の費用は、使用される方法の複雑さによって異なります。

Loading...