人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

腎盂腎炎に対する抗生物質の使用

腎盂腎炎は微生物叢によって引き起こされる最も一般的な腎臓病であり、しばしば再発する傾向があり、その結果は慢性腎臓病です。複雑な治療計画における現代の薬物の使用は、再発、合併症、そして臨床症状の軽減だけでなく、完全な回復の可能性を減らす。

上記は原発性腎盂腎炎にも当てはまります。保存療法のために同様のタスクを設定する前に、適切な尿の流れを回復させるために外科的またはその他の矯正を行う必要があることは明らかです。

一般に、尿路感染症は医師を訪問するための20の最も一般的な理由の一つです。合併症のない腎盂腎炎の治療は、入院、抗菌抗炎症免疫調節療法の十分に適切なコース、その後の追跡を必要としません。

炎症過程の進行における主な役割が閉塞に割り当てられている複雑な形の腎盂腎炎の患者は、入院することが認められています。

例えば嘔吐のために抗生物質および他の経口剤で治療することができない患者は入院治療を受ける。

ロシアでは、毎年100万件を超える腎盂腎炎の新規症例が登録されているため、この病状の治療は依然として緊急の問題です。

初期治療のための抗生物質の選択に進む前に、どの病原体が1つまたは別の形の腎盂腎炎を引き起こすことが最も多いかに注意を払う必要があります。

統計を見ると、ほとんどの形態の合併症のない腎盂腎炎が大腸菌(最大90%)、クレブシエラ属、エンテロバクター属、プロテウス属、およびエンテロコッカスによって引き起こされていることがわかります。

二次閉塞性腎盂腎炎に関しては - ここでの病原体の微生物スペクトルはもっと広いです。

大腸菌を含むグラム陰性病原体の割合が減少し、グラム陽性菌叢が最初になる:ブドウ球菌、腸球菌標本、緑膿菌。

抗生物質を処方する前に、次の点を考慮する必要があります。

妊娠および授乳
アレルギー歴
潜在的に処方された抗生物質と患者が服用している他の薬との適合性
4.以前にどのくらいの抗生物質が服用されましたか。
5.病気の腎盂腎炎がどこに行ったか(耐性病原体との会談の可能性の評価)。

臨床的および検査室の指標を含む陽性の動態がない場合、薬物投与後の動態は48〜72時間後に評価され、その後3つの対策のうちの1つが実行されます。

•抗菌剤の投与量を増やしてください。
•抗菌薬は中止され、他のグループからの抗生物質が処方されます。
•相乗剤として作用する別の抗菌薬を追加します。最初のアクションを強化します。

病原体の播種分析および抗生物質に対する感受性の結果を受け次第、必要に応じて治療計画を修正します(結果から、病原体が服用した抗菌剤に対して耐性であることが明らかです)。

一般的な尿検査、ネチポレンコ検査、一般的な血液検査で炎症過程が明らかにされなかった、治療の終わりまでに状態と健康状態が正常に戻った場合、外来患者の設定では、広域抗生物質は10〜14日間処方されますこれは腎臓組織内の感染性病巣の死を達成し、機能性組織の喪失を伴う瘢痕性欠損の形成を防ぐために行われなければならない。

ステップ療法とは

腎盂腎炎用に処方された抗生物質は、経口、点滴または静脈内の様々な形で使用することができます。

外来の泌尿器科診療において、複雑な形の腎盂腎炎を伴う薬物の経口投与が可能である場合、抗菌薬の静脈内投与は治療効果のより迅速な発達および生物学的利用能の向上のために好ましい。

健康状態の改善、臨床症状の消失の後、患者は経口摂取に移される。ほとんどの場合、これは治療開始後5〜7日で起こります。この型の腎盂腎炎の治療期間は10〜14日ですが、経過を21日に延長することは可能です。

「抗生物質を使わずに腎盂腎炎を治療することは可能ですか?」という質問を患者が尋ねることがあります。
場合によっては致命的ではないかもしれませんが、プロセスの慢性化(頻繁な再発を伴う慢性的な形態への移行)は保証されているでしょう。
さらに、人は、細菌性毒素性ショック、腎盂腎炎、腎臓の輪状部、後端腎盂腎炎などの腎盂腎炎のひどい合併症を忘れてはなりません。
泌尿器科におけるこれらの状態は緊急であり、即時の対応を必要とし、そして残念なことに、これらの症例における生存率は100%ではない。

したがって、必要なすべての手段が現代の泌尿器科で利用可能であるならば、実験をあなた自身に置くことは不合理です。

腎臓の合併症のない炎症、または急性の非閉塞性腎盂腎炎の治療に使用される抗生物質に適した薬物

では、腎盂腎炎にはどんな抗生物質が使われているのでしょうか。

選択の薬 - フルオロキノロン.

シプロフロキサシン500 mg 1日2回、治療期間10〜12日。

レボフロキサシン(Floracid、Glevo)500 mg 1日1回10日間。

Norfloxacin(Nolitsin、Norbaktin)400 mgを1日2回10〜14日間投与する。

オフロキサシン400mgを1日2回、持続期間10日(低体重患者では1日200mgを2回投与が可能)。

代替薬

何らかの理由で、腎盂腎炎に対する上記の抗生物質の処方が不可能である場合、2〜3世代のセファロスポリンの群からの薬物、例えば、Cefuroxime、Cefiximeが含まれる。

アミノペニシリンアモキシシリン/クラブラン酸。

急性腎盂腎炎または院内腎臓感染症に対する抗生物質


処方された急性複雑性腎盂腎炎の治療に フルオロキノロン (シプロフロキサシン、レボフロキサシン、ペフロキサシン、オフロキサシン)、しかし静脈内投与経路を使用する。腎盂腎炎のためのこれらの抗生物質は注射にも存在します。

アミノペニシリンアモキシシリン/クラブラン酸。

セファロスポリン例えば、セフトリアキソン1.0 gを1日2回、10日のコースで、
セフタジジム1-2 g 1日3回静脈内投与など

アミノグリコシド:1日1kgあたりのアミカシン10〜15mcg - 2〜3回。

深刻な場合には、組み合わせが可能です。 アミノグリコシド+フルオロキノロン、またはセファロスポリン+アミノグリコシド.

妊婦および小児における腎盂腎炎の治療に有効な抗生物質

妊娠性腎盂腎炎の治療にはそのような抗菌薬が必要であり、その使用のプラスの効果がすべての可能なリスクを超えたことは誰にでも明らかであり、妊娠の発展にマイナスの影響はないであろう。

抗生物質を飲むために何日、医者は個々に決めます。

妊娠中の女性のための開始治療として、選択の薬はあります アモキシシリン/クラブラン酸 (保護されたアミノペニシリン)1日1.5〜3 gまたは1日2〜3回500 mgの経口投与量で、7〜10日の間。

セファロスポリン 2〜3世代(セフトリアキソン0.5g 1日2回または1日1.0g静脈内または筋肉内)。

フルオロキノロン、テトラサイクリン、スルファニルアミドは妊娠中の女性や子供の腎盂腎炎の治療には使用されません.

妊娠中の女性のように子供では、保護されたアミノペニシリンのグループからの抗生物質が選択の薬です、投薬量は年齢と体重に従って計算されます。

複雑な場合には、筋肉内に1日2回250〜500 mgのセフトリアキソンで治療することも可能です、コースの期間は状態の重症度に依存します。

高齢者における腎盂腎炎の抗菌治療の特徴は何ですか?

加齢に伴う患者の腎盂腎炎は、原則として、関連疾患の背景に対して進行します。

糖尿病
•男性における前立腺肥大症
腎血管を含むアテローム性動脈硬化症
•動脈性高血圧症。

腎臓の炎症の持続時間を考えると、微生物叢の多剤耐性、頻繁な増悪への疾患の傾向、およびより厳しい経過を仮定することが可能である。

高齢の患者の場合、抗菌薬は腎臓の機能的能力および関連する疾患を考慮して選択されます。

実験室の不完全な寛解を伴う臨床的治癒が許容される(すなわち、白血球および細菌の存在は尿検査において許容される)。

ニトロフラン、アミノグリコシド、高齢者のポリミキシンは処方していない.

抗菌薬のレビューをまとめると、腎盂腎炎のための最良の抗生物質はあなたを助けるだろうよく選ばれた薬であることを私達は注意します。

自分でこのビジネスを引き受けない方が良いでしょう。

男性と女性の腎盂腎炎に対する抗生物質治療は根本的に違いはありません。
患者は「末期腎盂腎炎の抗生物質」を処方するよう求められることがあります。これは全く不合理な要求であり、その使用が重篤な合併症(腹膜炎、敗血症など)の治療に正当化される薬がありますが、それは決して腎臓の単純でない形態の炎症には適用できません。

腎盂腎炎の治療に有効な薬は他に何がありますか

私たちが上で言ったように、多成分レジメンは腎盂腎炎を治療するために使われます。

抗生物質療法の後、尿中毒薬の投与は正当化されます。

最も頻繁に任命されるのは、次のとおりです。

パリン、ピミドル、フロマグ、フラドニン、ニトロキソリン、5 − NOK。


急性腎盂腎炎の第一選択薬としては効果がありませんが、抗菌剤で十分に治療した後の追加のリンクはうまくいきます。

慢性腎盂腎炎用の抗生物質は使用されていないため、秋から春にかけてのウロセプティックスの使用は再発防止のために根拠があります。通常、このグループの薬は10日間処方されています。

泌尿生殖器の炎症を引き起こす微生物に対抗する免疫システムの働きは、重要な役割を果たしています。免疫が適切なレベルで機能していれば、おそらく原発性腎盂腎炎は発症する時間がありませんでした。したがって、免疫療法の目的は、病原体に対する体の免疫反応を改善することです。

この目的のために、以下の薬が処方されています:Genferon、Panavir、Viferon、Kipferon、Cycloferonなど。

さらに正当化されたレセプション 微量元素を含むマルチビタミン。

抗生物質による急性腎盂腎炎の治療はカンジダ症(ツグミ)によって複雑になるかもしれないので、抗真菌薬を忘れてはいけません:ジフルカン、フルコスタット、ピマフチン、ナイスタチンなど。

腎臓の血行を良くするための手段


炎症過程の副作用の一つは腎血管虚血です。回復のために必要な薬と栄養素が届けられるのは血液を通してであることを忘れないでください。

虚血の徴候を取り除くには、適用してください Trental、ペントキシフィリン.

漢方薬やハーブ腎盂腎炎の治療方法

抗生物質投与後の腎盂腎炎にさらなる注意が必要であるという事実を考慮して、自然の可能性に目を向けましょう。

私たちの遠い祖先でさえ、すでに古代の治癒者たちがある種のハーブの抗菌性、抗炎症性および利尿作用についての情報を持っていたので、腎臓の炎症の治療に様々な植物を使いました。

腎臓の炎症に効果的な植物は次のとおりです。

•イタドリ、
•つくし
•ディルの種
•bearberry(クマの耳)
•羊毛その他のもの。

フィルターバッグの中のお茶のように、例えばFitonefrol、Brusniver、Brewなど、薬局の腎臓から既製のハーブのコレクションを購入することができます。

オプションとして、複雑な薬草療法を使用することが可能です。

腎盂腎炎を治療する際には、食事について忘れないでください。重要なのは適切な栄養摂取です。

病気の簡単な説明

現代医学の成果にもかかわらず、腎盂腎炎は依然として病気を診断するのが難しいと考えられているので、自宅で(医者を訪ねることなしに)自己投薬、特に抗生物質を使用することは固く禁じられています。治療の開始の遅れ、またはその不正確さは致命的になる可能性があります。

以下の症状が現れた場合には、緊急に診療所に連絡する必要があります。

  • 体温が39〜40度まで上がることを伴う悪寒、
  • 頭痛
  • 影響を受けた腎臓側の腰部の痛みを伴う感覚(原則として、健康が悪化した瞬間から2〜3日の間)
  • 中毒(のどの渇き、発汗、蒼白、口の中の乾燥)、
  • 腎臓の触診の痛み。

腎盂腎炎はあらゆる年齢で発生する可能性がある病気ですが、専門家は依然として3つの主要な患者グループを区別しています。

  1. 3歳未満の子供、特に女の子。
  2. 35歳未満の女性と男性(女性は病気にかかりやすい)。
  3. 高齢者(60歳以上)

公平な性別の患者の間での有病率は、解剖学的構造の特異性およびそれらのホルモンレベルの変化(例えば妊娠中)に起因する。

抗生物質を処方することの原則は何ですか?

病気の医療機関を訪問するとき、専門家は一般的な検査を行った後に追加の検査(例えば、完全な血液検査と尿検査)を処方します。

腎盂腎炎は、さまざまな微生物(大腸菌(約49%)、クレブシエラとプロテウス(10%)、糞便性腸球菌(6%)、その他の感染性病原体)のコロニーが活発に増殖した結果として起こります。生物学的流体の特定の細菌学的播種、すなわち尿)。腎臓の炎症に対する抗生物質は、上記のすべてのテストに基づいて選択されます。

Bakposevは、病気の再発の場合にも、関与する医療品に対する微生物の感受性を識別するために使用されます。

多くの場合、抗菌薬の任命は、それ以上の病気の進行を防ぐために、病気の臨床像に基づいてのみ行われます。将来的には、実験室研究の結果を受けてから治療計画を調整することができます。

腎盂腎炎と抗菌療法

一連の抗生物質の使用は、短期間で患者の状態を安定化させ、前向きな臨床動態を達成することを可能にする。患者の体温が下がり、健康状態が改善され、中毒の徴候が消えます。腎臓の状態は正常化され、そして治療開始の瞬間から数日後にそれらは正常に戻りそして試験する。

多くの場合、そのような治療の7日後にすでに、バックポイントは否定的な結果をもたらします。

一次感染の治療のために、短期間の抗菌剤が処方されることが最も多く、医療従事者は、複雑な形態の疾患において長期間にわたって抗生物質を使用することを推奨する。

体の一般的な中毒で、抗菌薬は他の薬と組み合わされます。患者の状態に改善が見られない場合、選択した薬は他の治療薬に置き換えられます。

腎臓炎のための必須薬

腎盂腎炎の治療のための抗菌薬の広いリストから、病原体、病気の原因物質に対して最も効果的で、腎臓に毒性の影響を及ぼさない薬が選ばれます。

多くの場合、ほとんどのグラム陽性菌やグラム陰性感染症に対して有害なペニシリン系の抗生物質(アモキシシリン、アンピシリン)が最適な薬になります。このタイプの薬の代表は患者によって十分に容認されています、彼らは妊婦の腎盂腎炎のために処方されます。

多くの病原体が記載された種類の抗生物質のβ-ラクタム環を破壊する特定の酵素を産生するので、阻害剤によって保護された複合ペニシリンが特定の症例の治療に処方されている。幅広い効果を持つこれらの薬の中に、アモキシクラブがあります。

セファロスポリンも腎盂腎炎の症状を緩和するための出発抗生物質であると考えられています。

このグループの第一世代の薬はめったに使われません。セファロスポリン2および3種類の薬は、多くの専門家によって利用可能な最も効果的な医療品と呼ばれています(患者の臓器の組織内にある時間が長いため)。

セフロキシム錠(2代目)は、合併症のない急性腎盂腎炎の治療に使用されます。 Ceftibuten、Cefixime、Ceftriaxone(タイプ3)は、複雑なタイプの病気の発症を予防します(最初の2つの薬剤は経口で使用され、リストの最後のものは注射に使用されます)。

病気と闘うためのフルオロキノールとカルバペネム

腎臓の炎症の治療のための手段 - 病院でも外来治療でも - は最近ますますフルオロキノールグループの薬になりました:

  • 第一世代薬(シプロフロキサシン、オフロキサシン)は経口および非経口で使用され、低毒性、急速な吸収および体からの長期間の排泄を特徴とします。
  • 抗生物質モキシフロキサシン、レボフロキサシン(2世代)は、ピル形の注射剤としてさまざまな形の腎盂腎炎で使用されています。

フルオロキノールには印象的な副作用があることを忘れないでください。小児科や妊娠中の女性の治療にそれらを使用することは禁止されています。

カルバペネム、ペニシリン(イミペネム、メロペネム)と同様の作用メカニズムを有するβ-ラクタム系抗生物質のクラスは、特別な言及に値する。

このような薬は患者に発生した場合に使用されます。

  • 敗血症、
  • 菌血症
  • 他の種類の薬を服用しても改善が見られない
  • 嫌気性菌およびグラム陰性好気性菌の体に対する複雑な影響によって引き起こされる疾患。

専門家の観察によると、これらの薬の臨床効果は98%以上です。

アミノグリコシド:長所と短所

複雑な形の腎臓の炎症では、医者は治療計画でアミノグリコシド系抗生物質(アミカシン、ゲンタマイシン、トブラマイシン)を使用し、しばしばそれらをセファロスポリンとペニシリンと組み合わせます。

ピコシアン酸スティックに関連したこれらの薬物の高い有効性の背景に対して、それらの使用に対する主張は、腎臓および聴覚器官に対する顕著な毒性効果である。体液(血液)中の薬物濃度のレベルにこれらのシステムの敗北の依存性は実験室で証明されています。

フルオロキノールの悪影響を最小限に抑えるために、専門家は薬の1日量を1回処方し、薬の導入とともに血中の尿素、カリウム、クレアチニンのレベルを常にモニターします。

このグループの薬物を使用した抗生物質療法の一次コースと繰り返しコースの間の間隔は少なくとも12ヶ月であるべきです。

アミノグリコシドは妊娠中の女性や60歳以上の患者の治療には関与していません。

3つの重要なニュアンス

上記のすべてに加えて、みんなが知っておくべきいくつかの特別な瞬間があります。

  1. 抗生物質は腎臓から分泌される体液の反応を考慮して処方されます。バランス指示薬をアルカリ性側にシフトさせる場合は、リンコマイシン、エリスロマイシン、アミノグリコシド系薬物が使用されます。
  2. 酸度が上昇した場合は、テトラサイクリンとペニシリン薬が使用されます。反応に関係なく、バンコマイシン、レボマイセチンが指定されました。
  3. 患者に慢性腎不全の既往歴がある場合、抗生物質 - アミノグリコシドは腎盂腎炎の治療には推奨されません。
    すべての薬が幼児期に使用できるわけではないため、小児のさまざまな形態の疾患の治療には、細心の注意を払って薬を選択します。一部の専門家は、併用治療法の使用を主張しています。

腎盂腎炎の概要

腎盂腎炎は炎症性発生の腎臓病であり、それは原発性病変の形態および続発性病変の形態の両方で起こり得る。ほとんどの場合、この疾患の主な形態は急性腎盂腎炎に特徴的です。二次型は他の病状の合併症として発症する疾患です。この病気の影響を最も受ける:

  • 学校や10代の子供たち、
  • 出産年齢の女性
  • 泌尿生殖器系(腺腫、前立腺炎)の病状に苦しんでいる男性。

以下の症状は、腎臓に炎症過程があることを示している可能性があります。

  • 腰痛
  • 尿の通常の麦わら色を緑がかった赤に変える。
  • 吐き気の発作
  • 一般的な弱さと倦怠感
  • 寒さと熱、
  • 動悸と呼吸

最初の憂慮すべき症状が現れたときは、資格のある医学的支援を求めるべきであり、いかなる場合も自己治療を受けないでください。

腎臓の炎症性疾患の抗菌治療の特徴

細菌性の病気の起源を考えると、腎盂腎炎は抗生物質で治療する必要があります。どの薬物を病気の治療に使用すべきかを正確に決定するために、抗生物質に対する微生物叢の感受性を決定しながら細菌尿培養を行うことが推奨されます。細菌培養の結果を待つ時間を無駄にしないために、主治医は腎盂腎炎の治療のための広域抗生物質の1つを処方することができます。

最もよく使われるのは:

  • ピペラシリンは、第5世代に属する腎盂腎炎の治療のための現代的な抗生物質の数で、薬局チェーンでは、Isipen、Picillin、Pipraks、
  • ペニシリン - 泌尿器系炎症過程の治療に錠剤または注射用粉末の形で使用されるペニシリン群の半合成薬は、アンピシリン、ペノディル、ゼシルとして知られている。
  • セファロスポリン - 幅広い作用範囲を持つ現代の第4世代の薬は、Cefanorm、Cepin、Cefomaxの静脈内または筋肉内投与のための溶液の形で薬局ネットワークに提示されます。
  • フルオロキノロン - 第3世代および第4世代の抗菌薬。これらの薬物の毒性が高いため、泌尿器科の炎症の治療にはめったに使用されません。(ノルフロキサシン、レボフロキサシン、モキシフロキサシン)

  • β-ラクタムは抗菌療法のための最も効果的な薬の一つであり、メロペネム、ドリプレックスの静脈内投与を目的としています。
  • クロラムフェニコール - その有効成分がクロラムフェニコールである抗生物質の大きなグループは、これらは薬ノリチン、オトマイシン、マルマセチンです。

腎盂腎炎からゲンタマイシン、アミカシンなどの薬を処方することができますが、これらは優れた抗炎症作用を示しますが、部分的または完全な難聴を含む多数の副作用があります。例外的な場合に適用してください。

広域抗生物質は選択的な効果がなく、すべての微生物に影響を与えるので、常に細心の注意を払って医師によって処方されます。腎盂腎炎薬の多数のリストから選択して、医者は以下の要件を満たす抗生物質を選びます:

  • 患者の体に最小限の毒性影響を与える
  • 著しい抗菌効果があります。
  • 他の複雑な治療薬と組み合わせて、
  • 主に尿とともに排泄される。

腎臓専門医は、早期および後期の基準を使用して適切な治療法を評価します。

  • 体温の低下と正常化
  • 中毒の症状はありません、
  • 腎臓の正常化
  • 臨床適応の向上
  • 腎臓や腰の痛みはありません。

腎盂腎炎の治療のために適切に選択された抗生物質の最も有益で重要な基準は、急性発作後3ヶ月の間に疾患が再発しないことです。

急性型の病気の治療のための勧告

急性型の病気の治療では、このタイプの腎盂腎炎のためのどの抗生物質が最も効果的になるかを知る必要があります。薬の選択は病原体の種類によって異なります。

  • この疾患が大腸菌によって引き起こされている場合は、7〜10日間のコースで処方されているアミノグリコシド、フルオロキノロンおよびセファロスポリンが最も効果的です。
  • そのような病原性微生物をプロテウスとして同定する際には、ゲンタマイシン、ニトロフラン、アンピシリン、
  • 腎臓への曝露時には、エンテロコッカスがゲンタマイシンとアンピシリン、またはバンコマイシンとレボミセチンの併用が推奨されます。

急性腎盂腎炎の治療では、主治医の綿密な監督の下、病院で病気を治療することが推奨されています。すべての抗菌薬は、治療効果をより迅速に達成するために、静脈内または筋肉内注射の形で非経口的に摂取することが推奨されています。

抗菌薬の使用の特徴

腎盂腎炎の包括的な治療は、次のことを目的としています。

  • 腎臓の炎症過程の抑制
  • 病理学的影響
  • 予防的再発防止治療
  • 抗生物質療法のコースの後の免疫補正。

炎症過程を抑制するために、セフトリアキソンは筋肉内または静脈内に1 g処方され、コース期間は7-10日です。ゲンタマイシンを体重1kgあたり3〜5mgの割合で静脈内注射する。錠剤の形でAugmentin 500 mgを1日3回処方しました。子供や妊娠中の女性に使用できる腎盂腎炎のためのもう一つの現代的で非常に効果的な調剤はFlemoklav Solyutabです。これは抗菌療法のための薬のすべての要件を満たす半合成抗生物質です。成人は1日3回625 mgを投与します。

7〜10日間続く抗生物質療法のコースの後、抗再発薬を服用することをお勧めします。この目的のために、ビセプトール、ニトロキソリンまたは5-NOKが処方されています。免疫系の矯正のために、免疫調節薬が処方され、それは免疫学者によって処方されなければならない。免疫系を強化し、抗生物質の後に腎臓を維持するための安全な手段から、あなたはハーブ腎臓茶を飲むことができます。

腎盂腎炎の複雑な治療のためのすべての準備は、病気の重症度、患者の一般的な健康状態、および病原体の種類を考慮して、担当医によって個別に処方されるべきです。

考えられる合併症

抗生物質の長期使用により、いくつかの副作用と合併症を発症する可能性があります。

  • 腎臓、肝臓、その他の臓器への有害な影響
  • 消化管の消化不良疾患、
  • 薬物またはその成分に対する個々の不耐性
  • 真菌感染症の発症
  • 膿瘍、血腫、薬物の不適切な非経口投与を伴う静脈炎などの形の合併症

薬物の適切な選択、医師および医療関係者の監督下での治療、血液および尿の臨床指標のモニタリングにより、合併症の危険性が最小限に抑えられる。同時に、患者は病気からの完全な治癒と繰り返しの悪化の予防のあらゆる機会を持っています。

治療の原則

腎盂腎炎の治療法は専門家によって処方されます。治療法は症例ごとに個別に選択されます。
新しい腎盂腎炎の丸薬はほぼ毎日入手可能ですが、医療行為において必ずしも良い結果をもたらすとは限りません。

薬を処方するとき、医者は病気のすべての面を考慮に入れます:

腎盂腎炎の治療のために適切に選択された薬物は、患者の全体的な健康を促進しそして症状を軽減する。各薬はそれ自身の禁忌を持っているので、それは各患者の健康状態を考慮に入れて、専門家による慎重な選択を必要とします。

抗生物質の働き

炎症の焦点に入ると、抗生物質が働き始めます。彼らの行動はバクテリアに向けられています。腎盂腎炎のためのそのような薬は非常に効果的です。それらは最小限の腎毒性で、尿中にほぼ完全に排泄されます。

より効果的なショットやピルとは何ですか?腎盂腎炎が軽いか中程度の形であるならば、治療のための丸薬は最良の選択肢です。重篤な病状を有する患者には注射での抗生物質の導入が推奨されています。

どの腎臓炎がどの抗生物質をどの投与量で服用するかを決定するのに必要なとき。これは医者にしかなれません。どのように病気を治療するか、どんな薬が病気を治すことができるかを決定するために、あなたは調べる必要があります。

患者が専門家に相談して、この病理で何を食べられるか、そして何を避けるべきかを知ることが重要です。特別な食事療法はあなたがすぐに病気に対処することを可能にします。

腎盂腎炎の治療のための抗生物質の主なグループ

抗生物質は治療の最初の段階で必要とされます。病原体の広い範囲は薬の正しい選択を必要とします。

腎盂腎炎の準備は、特定の要件を満たす必要があります。

  • 腎臓の状態やその機能には影響しません。
  • 完全に尿中に排泄された、
  • 殺菌性物質です。

病気の最初の症状では、必ず医師に相談してください。腎盂腎炎の患者にどのような抗生物質を服用するか、医師は検査結果に基づいて決定します。自己投薬および検査なしの自己投薬の処方は健康に害を及ぼす可能性があります。

薬のいくつかのグループを考えます:

  • ペニシリン、
  • セファロスポリン、
  • カルバペネム、
  • アミノグリコシド、
  • キノロンとフルオロキノロン

実際には彼らはペニシリンの列を使用します - アモキシシリン、アンピシリン。専門家の裁量で、患者の健康状態に応じて、薬物投与の注射方法がスケジュールに従って使用されるか、またはピルで服用される。

抗菌剤に加えて、他の薬物が疾患の複雑な治療に使用されています。

治療計画は以下によって補完することができます:

鎮痙薬 - 無shpaは、泌尿器系の臓器を含む全生体の平滑筋を弛緩させます。腎盂腎炎を伴うシストンは、抗生物質の効果を高め、腎臓や尿路を消毒します。ジクロフェナクは腎臓の強い炎症過程のために示されます。 Mydocalmはジクロフェナクの抗炎症作用を強化し、平滑筋を弛緩させます。非ステロイド系抗炎症薬の中では、Movalisがよく選択されます。

ペニシリン

ペニシリンはすべての抗生物質の中で最も毒性が低いです。
アンピシリン、アモキシクラブ、アモキシシリン - ペニシリン系薬剤は治療の動態に良い効果をもたらします。
Analogue Amoksiklava - Augmentinには同じ有効成分が含まれています。 625の適量のAugmentinのタブレットはアモキシシリン500 mgおよびクラブラン酸125 mgを含んでいます。アモキシクラブ250mg錠は子供を対象としており、投与量および投与計画は疾患の重症度によって異なります。腎盂腎炎のアモキシシリンは、ほとんどの場合クラブラン酸と併用されます。

腎盂腎炎用のアモキシシリン錠とは何ですか?この薬はグラム陰性菌や血友病菌に対して非常に有効です。連鎖球菌に対する活性が低い。アモキシシリンカプセルは、この形態では薬物が胃液に対して安定であるため、治癒特性をよりよく保持する。錠剤は便利です。それらは吸収され、噛むことができます。彼らは美味しいです。アモキシシリンは少なくとも7日間服用されています。

オーグメンチンは現代的な手段です。オーグメンチン錠は、ビヒクルおよび他のメカニズムの管理に悪影響を及ぼさない。投与量は医師と合意しなければなりません。
アモキシクラブ錠は厳密にスキームに従って服用されます。食事中に薬を飲むことをお勧めします。

リリースフォームAmoxiclav:

  • コーティング錠
  • 摂取のための粉、
  • 注射用パウダー。

クロラムフェニコールは何ですか?レボミセチンは使用のための様々な適応症があります。それは薬に敏感な病原体によって引き起こされる感染症の治療に使用されます。以前は、クロラムフェニコールが腎臓感染症の治療によく使用されていました。現在は、アクションの効果が予測不可能であるため、書き出される頻度ははるかに少なくなっています。

腎盂腎炎のための抗生物質は治療の基礎であり、それゆえ治療過程の有効性と期間は彼らの正しい選択に依存します。 Vilprafen Solutab錠およびAzithromycin錠も選択肢の1つです。抗菌薬は、人体への影響を監視するために3日間処方されています。この期間中に病気の治療にプラスの効果が見られない場合は、他の薬を投与することをお勧めします。

セファロスポリン

これらは、化学構造の基礎に7-aminocephalosporic acidを含む抗生物質です。
腎盂腎炎を伴うセフトリアキソンは、複雑ではない複雑な形の治療に使用されます。それは合併症の発症を防ぎ、注射に使われます。病気の急性期に腎盂腎炎を注射するほうがピルを服用するよりもはるかに効果的です。この腎臓抗生物質は強力な物質と考えられています。

薬の類似体は、セフトリアキソンを置き換えることができる物質です。これらは同じグループに属していて、同様の効果がある薬です。薬は禁忌と副作用のかなり大きいリストを持っているので、医者は彼らの選択に対処するべきです。

フルオロキノロン

腎盂腎炎の診断では、抗生物質はさまざまな方法で得られたさまざまなグループから選択されます。
フルオロキノロンは化学合成によって得られる抗菌剤です。それらはグラム陽性およびグラム陰性微生物の活性を抑制することができる。彼らの発見は前世紀の半ばに起こりました。

シプロフロキサシンおよびノリチンはこのクラスの抗生物質の代表である。シプロフロキサシン錠剤は泌尿器科診療に広く使用されています。 500mgの用量のシプロフロキサシン錠剤は約12時間である。薬に対する感受性に応じて、腎盂腎炎のあるノリチンが使用されます。

Карбапенемы

В перечень препаратов эффективных при лечении пиелонефрита входят карбапенемы.
耐性菌株はある種の感染症を引き起こします。これらの種類の感染症の治療にはカルバペネムを選択してください。このクラスの抗生物質による治療は、ほとんどの場合、集中治療室および臓器移植で行われます。薬は病理の原因物質を特定した後に処方されます。病気を治療する方法は、専門家が決定します。

スルファニルアミド

スルホンアミドは、その活性において前世代の抗生物質よりも著しく劣り、そして高い毒性を有する。これらの薬は最も古いクラスの薬の代表です。このクラスの薬の一つはビセプトールです。薬の放出形態 - 120と480 mgの錠剤。

ニトロフラン

摂取すると、ニトロフランはよくそして急速に吸収されます。それらは急性の複雑でない形態の尿路感染症の治療において重要である。このクラスの代表はフラドニンです。副作用が顕著であるため、食事中または食事後に服用する必要があります。フラゾリドンは他の抗菌剤との組み合わせで作用効果を高めます。また、このグループの薬から、腎盂腎炎を伴うフラマグとフラギンを使用しました。

ナリジクス酸製剤

ナリジクス酸製剤は通常、治療薬としてではなく、予防目的で使用されています。このリストは以下を含みます:Negram、Nalidix、Nevigremon。適量の調製物が泌尿器系の臓器に蓄積する。薬は薬局でピルまたはカプセルで販売されています。

8ヒドロキシキノリン誘導体

患者をどのように治療するか、それぞれの場合にどの薬物を使用するかは、検査の後に決定されます。腎盂腎炎の抗生物質が必然的に処方されたとき。

このクラスの代表はニトロキソリンです。通常2〜3週間で処方されます。この治療薬は、グラム陰性菌およびグラム陽性菌と選択的に、カンジダ属の細菌と戦う。それは病気の悪化を防ぐために使われます。
治療のために処方されている薬は、投与量を観察しながら計画をとらなければなりません。
8-ヒドロキシキノリン誘導体に対する過敏症の場合には、その薬物は禁忌である。

抗生物質が慢性腎盂腎炎を治療するもの

疾患の慢性化は、初期段階で疾患の無症候性経過に寄与する。適切に選択された抗生物質を受けている病気に対処するのを助けます。

病気の慢性的な過程で何を取るべきですか?主な目的は炎症の原因物質を破壊することです。抗菌薬は、病気を引き起こした微生物の種類に応じて選択されます。通常第二世代のセファロスポリンと保護ペニシリンを使用しました。

急性腎盂腎炎の治療

急性腎盂腎炎の治療は抗生物質で始めるべきです。成人の薬物治療は、子供の治療とは投与量および投与計画が異なります。

急性腎盂腎炎の治療法の選択は、播種によって得られた結果によって異なります。植物相の感受性を評価することを可能にする試験は、薬物の選択をすることを可能にする。病気の急性期では、抗菌薬療法は注射の形で始まります。

軽度の腎盂腎炎は、スルホンアミドで治療することができます。 2〜3日後に臨床効果が得られない場合は、薬をレボミセチンまたはペニシリンと交換します。レボミセチンはレボミセチン錠の一部です。ペニシリン群からの調製物は、特定の状況に基づいて選択される:必要な投与量および投与形態。

妊娠中の女性に処方された抗生物質

婦人科では、抗菌薬は広範囲の疾患に使用されています。
腎盂腎炎は妊娠中の女性に一般的であり、医師はどの抗生物質を服用するかを決定します。

フルオロキノロン系の抗生物質は妊娠中は全く処方されていません。ごくまれなケースでは、特に妊娠中にかなりの数の禁忌があるので、monuralは腎盂腎炎のために処方されます。組み合わせた薬草製剤 - ウロルサンを摂取することの効果は研究されていません。

ペニシリンは妊娠中に正式に承認されています。薬は胎児に危険をもたらすことはありません。
この期間の治療のために、それは草の原料だけを含んでいるのでKanephronは腎盂腎炎のために首尾よく使用されています。ケネフロンを飲む量は、それぞれの場合において、セラピストと腎臓専門医を設定します。妊娠中にこの問題を解決するために、天然の組成物 - 腎盂腎炎のためのフィトリシンを含む製剤がよく使用されます。

どの抗生物質が子供に使うのが良いですか

子供の抗生物質治療は常に歓迎されるわけではありませんが、必要です。
子供の体は有毒な薬物に非常に敏感であるので、資金の選択はこのアカウントで実行されます。

子供の腎盂腎炎のための抗生物質は、比較的小さな品揃えで表されます。

  • ペニシリン - オーグメンチンとアモキシクラブ。通常の丸薬に加えて、これらの抗生物質は幼児用の甘い懸濁液の形で入手できます。
  • セファロスポリン基 - セフォタキシム、セフロキシム、セフトリアキソン。それらはほとんどの場合注射のみです。 Cedexと同様に、Supraks、懸濁剤、カプセル剤および可溶性錠剤の形態で存在する。
  • アミノグリコシド - SumamedとGentamicinとカルバペネムもまれにある場所がありますが、それらは代替療法としてそして併用療法の一部として最も頻繁に使用されます。

合計500 mgの分散錠とカプセルは、12歳以上の子供向けに処方されています。 Sumamedより6ヶ月歳以上の子供は、懸濁液の形で処方され、3歳以上の子供は125mgの錠剤の形で、子供の体重を考慮して服用します。この用具および他のどの抗生物質も医者によって規定されるようにだけ取ることができます。

抗菌薬が作用することをどう理解するか

抗生物質には幅広い作用があります。抗生物質療法の主な原則は、病原体の感受性に応じて抗菌薬の処方を正しく決定することです。通常、薬を飲んで2日目に、健康状態は良くなり、体温は正常に戻ります。これが起こらないならば、間違った薬が選ばれるか、用量が十分ではありません。

腎盂腎炎に対する抗生物質の指定の規則


複雑でない病気の場合には、内部使用のための広域抗菌薬が常に優先されます。

病状の症状は早く消えるが、それらによる治療の期間は通常約2週間続く。

この期間の後、すでに抗生物質検査結果が手にあるので、その薬の使用がプラスの効果をもたらさなかった場合、その薬に対する微生物の感受性を考慮して、さらなる治療が意図的に行われます。

古典的なケースでは、病理学の症状は5-7日後に消えますが、それがなくなっても病原体からの完全な退院を示すわけではないので、初めて腎盂腎炎と診断された患者は1 - 2年間抗再発治療を必要とします。

抗生物質が2週間以上処方されている場合は、抗真菌剤とプロバイオティクスをそれらに加えるべきです(腸の通常の微生物環境を回復するため)。

膀胱炎と腎盂腎炎のための抗生物質:効果的で信頼できるものを決定する方法


男性と女性の泌尿器内の炎症を引き起こす細菌を完全に取り除くために、抗菌剤なしではしないでください。

腎盂腎炎および膀胱炎のための抗生物質は治療の基礎であり、それは補助治療として作用する他の手段によって補われることができます。

なぜ抗生物質なしで管理するのがそんなに難しいのか、そしてどのような種類のものが患者にとっての救済になり得るのか?

なぜ抗生物質が必要なのですか?

腎盂腎炎と膀胱炎は人類に長い間知られてきた病気です。ウイルス、細菌、真菌など、さまざまな種類の生物が原因である可能性があります。圧倒的多数の場合、この病気の原因となる病原体はまさに細菌性桿菌であり、それゆえ我々は細菌性膀胱炎について話すことができる可能性が非常に高いです。

真菌感染症も炎症の発症を引き起こす可能性がありますが、それは通常、免疫力の低下を背景に発生します。最後に、排尿器官へのウイルスの侵入は、自分自身が感染のキャリアであるパー​​トナーからの保護されていない性的接触によってのみ可能です。

この場合、ほとんどの場合、性感染症について話していますが、膀胱炎はその合併症または結果にすぎません。

膀胱炎と腎盂腎炎に使われる抗生物質は何ですか

すべての種類の抗菌剤をリストすることは、かなり長くて面倒な仕事です。ほとんどの場合、医師はこのような状況で患者による使用が推奨されている一群の抗生物質に忌避されています。リストは次のとおりです。

  • フルオロキノール
  • セファロスポリン、
  • ペニシリン製品、
  • マクロライド
  • ニトロフラン、
  • ホスホン酸。

抗菌剤を処方する前に、各グループの薬に対する炎症を引き起こした細菌の感受性を分析することが非常に望ましい。 「ランダムに」泌尿器科医の選択は必ずしも正しいとは限らないので、これは患者が彼のお金、時間と健康を節約することを可能にするでしょう。

医者が分析を提供しないならば、あなたはそのような予備的な診断を主張するか、またはより資格のある泌尿器科医に医者を変えることができます。

これらは非常に強力な抗菌剤で、膀胱炎と腎盂腎炎の治療によく使われます。このグループの最も有名な名前の中にシプロフロキサシンとNolitsinを覚えていることができます。

Nolitsinは炎症が慢性期に入ったときに役立ちます、そして患者はすでにたくさんの薬を経験しています。このグループの抗菌薬の不利な点には、起こり得る副作用の印象的なリストが含まれているので、医者は患者が禁忌と深刻な関連疾患を持っていないことを確認しなければなりません。

腎盂腎炎に使用する抗生物質は何ですか?


感染症を診断するときは、人体の病原菌に対処できる抗生物質が使用されます。腎臓は毒素から血液を取り除き、骨盤内に液体を蓄積し、そしてそれを泌尿器系を通して取り除きます。したがって、腎盂腎炎のための抗生物質は最小限の毒性効果を持ち、体から簡単に取り除かれるべきです。

  • 抗生物質治療
  • 抗生物質の種類
  • 女性と子供

抗生物質治療

腎臓に落ちた危険なバクテリアは活動的な位置をとり始め、徐々に増殖し、それによって身体を防御的な反応で反応させます - 免疫系が抗原と感染の闘いを引き起こします。白血球の活発な発達が始まり、有害な微生物だけでなく腎臓細胞も破壊します。

一連の治療を処方する前に、医師は腎臓の炎症反応を引き起こした病原体を特定し、白血球のレベルを見つけなければなりません。

これは、あらゆる種類の抗生物質が特定の微生物との闘いにおいて標的とされる作用を有し、そしてこの場合より効果的であるという事実による。

テストによって有害な細菌を分類することが不可能であるならば、広域抗生物質が使用されます。

投薬の開始後、改善は一週間後に来る、症状は徐々に消えます。腎盂腎炎は2つのタイプで診断できます。

  • 急性期は顕著な症状で進行します、
  • 慢性期は、より広範な症状を意味し、急性腎盂腎炎の治療が長期間行われない場合に発生します。

抗生物質の種類

抗生物質の基本的な要件は以下のとおりです。

  • 尿中のかなり高い濃度
  • 腎臓に有害な影響はありません。
  • 病原菌の処方薬に対する感受性

2〜3日後、患者は陽性の動態を決定するために繰り返し試験を受け、それがない場合、彼らは処方された抗生物質を服用することを拒否し、それをより効果的なものと交換する。準備は、病気の種類によって決まります:急性または慢性。

急性の病気で使用されています:

腎盂腎炎の原因

病気はあらゆる年齢の人に感染する可能性がありますが、彼らは何よりも病気です。

  • 小さな子供たち - 彼らの発達の解剖学的特徴のために、
  • 18〜30歳の女性:彼らは、腎盂腎炎の出現が性的活動、出産または妊娠の発症に直接関係している、
  • 前立腺腺腫を発症する傾向があるため、男性は引退しました。

さらに、この疾患の発症は以下の要因によって促進される:低免疫、血糖値の上昇、慢性炎症性疾患、および頻繁な低体温。

腎盂腎炎の兆候

この病気の急性型はしばしば予想外に始まります。尿中のタンパク質、赤血球および膿を増やします。この病気の主な症状は以下のとおりです。

  • 高温(最高40°C)
  • 激しい発汗
  • 嘔吐と吐き気
  • 腰の痛み。

急性両側腎盂腎炎では、腎不全の症状がよく見られます。この疾患はまた、腎炎の発症および腎臓における潰瘍の形成によっても複雑になり得る。

慢性腎盂腎炎は、以前に転移した急性型から生じることがあり、それは最後まで治癒しません。この病気は通常、尿が検査されるとき、または血圧が測定されるときに気づかれます。

慢性腎盂腎炎の徴候は、複雑な形の場合ほど顕著ではありません。これらの症状の最も一般的なものは次のとおりです。

  • 脱力感と頭痛
  • 食欲減退
  • 頻尿、
  • 薄い乾燥肌。

腎盂腎炎の治療方法

尿検査によると、医者は体内の腸内細菌の存在を決定します、そしてそれは血液中のタンパク質と白血球の指標が増加したこともわかります。

診断は、以前に転移した急性化膿性炎症および慢性疾患の存在を特定するのに役立ちます。医師のX線写真は腎臓の検査とその大きさに特に注意を払います。

腎盂腎炎に対する抗生物質の使用の特徴


腎盂腎炎は、医師と呼ばれる腎臓の最も一般的な疾患の1つです。この疾患は病原性微生物叢を引き起こし、それは膀胱からまたは血流とともに患者に入る。

この理由から、腎盂腎炎に対して最も効果的で安全な抗生物質を個別に処方する優秀な医者が、この病気の治療に取り組むべきです。

適切な治療法がない場合、腎盂腎炎は患者の晩年に悪影響を及ぼす可能性があります。

腎盂腎炎の抗生物質:女性と男性の腎臓炎の治療法、最新世代の薬物に関するデータ


腎盂腎炎(腎臓の炎症)の診断が確定した場合、主な原因は患者の体内に感染があることであるため、それを排除する必要があるため、主治医は通常抗生物質を処方します。

腎盂腎炎の治療のための製剤は現在大量に存在するが、それらの全ては広い範囲の活性、最小限の毒性の殺菌特性を有しそして尿と共に自然な方法で身体から排泄されなければならない。

腎盂腎炎の抗生物質:女性と男性のための最良の治療法は何ですか

腎臓の炎症に最も一般的に使用されている抗生物質は次のとおりです。

  • アミノペニシリン:アモキシシリン、ペニシリン、これは腸球菌および大腸菌に対して非常に活性がある。それらの主な不利点は、腎盂腎炎の大多数の病原体によって産生される主な酵素の作用に対するそれらの感受性である。ペニシリンは、妊娠中の女性の腎臓の炎症を治療するために処方されることがよくあります。他の場合には、そのような薬物の使用は実用的ではないと考えられている。
  • Flemoklav Solutab錠は半合成抗生物質のグループに属しています、それらの成分アモキシシリンとクラブラン酸の有効性は長期臨床研究によって確認されています。この薬はグラム陽性菌とグラム陰性菌に対して非常に活性があり、妊娠中の女性や3ヶ月からの子供たちに使用することができます。副作用は非常にまれです、これらは皮膚の発疹、血管浮腫、白血球減少症の発生が含まれています。類似体:アモキシクラブ、オーグメンチンおよびこのシリーズの他の薬。
  • セファロスポリン系抗生物質は、低毒性の半合成および天然製剤のグループに属しています。このグループの基礎は特殊な酸7-ACCで、タイムリーな治療が急性腎盂腎炎から化膿性疾患への移行を防ぎます。このグループの薬の主な代表は(そしてそれらの40以上があります):セファレキシン、セファロチン、ジナット、クラフォラン、タミシン、セフトリアキソン(第三世代)です。ほとんどの患者では、使用3日目から全般的な改善が見られます。
  • アミノグリコシドは、複雑な形の腎臓の炎症を治療するために使用されます。 Мощное бактерицидное воздействие на болезнетворные бактерии (в том числе синегнойную палочку) оказывают такие средства, как амикацин, гентамицин, нетилмицин. Основной недостаток использования аминогликозидов заключается в их нефротоксичности.副作用の中には:難聴、可逆的腎不全の発症。このグループの薬は、1歳未満の間隔で繰り返し治療するのと同様に、高齢者に処方することはできません。
  • 第一世代のフルオロキノロン:シプロフロキサシン、オフロキサシンは、病気の急性型を治療するために使用されます。これらの薬は毒性が低く、1日2回まで服用することができ、成人でも子供でもあらゆる年齢層の患者に耐容性があります。肺炎球菌に対して有効である第二世代のフルオロキノロン:モキシフロキサシン、ロメフロキサシン、レボフロキサシンは、増悪中の慢性的な病気の治療によく使われます。薬物の個々の成分に対する不耐性の使用、妊娠および授乳に対する禁忌。このグループの薬の副作用が含まれます:下痢、吐き気、鼓腸、めまい、性器カンジダ症の発症、じんましん。
  • カルバペネム亜群のβラクタメート系抗生物質(最終世代抗生物質)注射に使用されます。不変の形で腎臓に排泄されます。したがって、細心の注意を払って、このタイプの薬は腎不全を患っている人への腎盂腎炎の治療に処方されています。最も一般的に処方される薬は:メロペネム、ドリプレックス、ジェネムです。

特定の薬の選択は、病気を引き起こした微生物の種類、および抗菌薬に対する感受性によって異なります。医薬品の投与量は、患者の腎機能の状態を考慮して個別に選択されます。抗生物質治療の前には、一連の検査、超音波検査およびコンピュータ断層撮影が行われます。

資料を更新しました2017/04/24

腎盂腎炎のための抗生物質:合併症の必要性または予防?


あらゆる病気の治療が効果的であるためには、その発生の原因を考慮する必要があります。あなたがこの要求を無視するならば、療法は少しの結果も与えるかもしれません。そのため、腎盂腎炎の治療には常に個別に選択された一連の抗生物質が含まれます。これらの薬だけが病原体に影響を及ぼし、炎症の主な原因を取り除くことができます。

なぜ抗生物質や誰が病気のせいにするのですか?

腎盂腎炎は、病理学的過程でカップや骨盤が関わる腎臓の炎症です。この病気の原因は常に感染症です:連鎖球菌、大腸菌、腸内細菌など。

病原体は、遠方の感染源からの血流を介して腎臓に入ることができ、ならびに、大腸炎、膀胱炎、尿道炎などの病状の存在下では上行経路で入ることができる。解剖学的特徴によって説明される右腎臓が最も頻繁に影響を受けます。

女性、男性、そして幼児を含む小児に病気があり、後者では腎臓腎盂腎炎が特に危険な合併症を引き起こすことがあります。したがって、最初の兆候が現れたときには、治療方針を選択する必要があります。

疾患は急性、亜急性および慢性であり得る。診療所は通常明るく、発熱、腰痛、排尿障害、倦怠感、その他の中毒の徴候などの症状を含みます。

さらに、病理学は他の疾患と組み合わせることができ、それは診療所をわずかに変える。したがって、結石を伴う腎盂腎炎は、激しい痛みおよび尿管の閉塞の結果としての尿排出量の急激な減少において起こり得る。

未処置のままにされると、これは腎不全および腎臓のしわの原因となり得る。これを防ぎ、安定した寛解を達成するためには、病理学の原因を完全に排除することが重要です。

広域抗生物質はこの課題に対して優れた仕事をしますが、それでも効果が特定のグループに向けられている薬を使用することはより良いです。

腎盂腎炎の治療に適した抗生物質を選択するには、まず原因を反映した診断、つまり既存の病原体を診断する必要があります。

これは、ウイルス性、真菌性または細菌性腎盂腎炎であり得る。この目的のために、尿沈渣の分析。

さらに、この試験を実施する際に、腎盂腎炎の治療に使用される薬物に対する感受性が必然的に決定される。

抗生物質療法の特徴

すでに述べたように、薬の選択は病原体によって異なります。症状の重症度も重要です。したがって、腎盂腎炎や膀胱炎に対する抗生物質を選択するには、考えられるすべてのニュアンスを評価し、その後に初めて評価する必要があります。軽度の炎症ではピル薬に限ることができますが、重度では注射や静脈内輸液の予約も必要です。

抗生物質の最も一般的に使用されるグループは次のとおりです。

  • アミノペニシリン系製剤これらはペニシリン、アモキシクラブ、アモキシシリンなどを含みます。それらは腸球菌および大腸菌に対して効果的です。そのような抗生物質療法は妊娠中に使用することができます。
  • セファロスポリン系抗生物質は、化膿性のプロセスによる病状の合併症の危険性がある場合に処方されます。これらには、Digran、Cefalotin、Cefalexin、Ceforal、Suprax、Tamycin、Tsiprolet、Klaforanなどが含まれます。これらの薬剤は毒性が低いですが、同時に、投与開始後すでに3〜4日で、著しい改善が見られます。
  • 複雑な形では、アミノグリコシド、ゲンタマイシン、アミカシンまたはネチルマイシンが使用されます。しかし、腎盂腎炎のためのこれらの抗生物質は腎毒性作用を持つ可能性があることを忘れないでください。したがって、それらは50歳以上の人々の治療、ならびにこれらの薬物を昨年処方されたことのある患者の治療に使用することは推奨されていません。
  • 前世代のフルオロキノールは特に人気があります。これは、まず第一に、モキシフロキサシン、レボフロキサシンおよびノリチンである。そのような道具は複雑なコースでも慢性的な形でも非常によく使われます。
  • マクロライト製剤はまた、腎臓の炎症などの疾患の治療にも使用することができる。最も一般的に使用されているのはWilprafenとSumamedです。それらは、多数のグラム陽性菌およびグラム陰性菌に対して有効である。原則として、子供によって14歳に達した後に任命されます。

上記に加えて、場合によっては、クロラムフェニコールが処方されることがありますが、それは子供でより頻繁に使用されています。また、疾患が中等度の場合、催眠薬、特にフラドニン、フラギンまたはフラマグが処方される。

特に医師や小児科医は、腎盂腎炎をBiseptolumで治療することがよくあります。

もちろん、このツールには多くの禁忌と副作用がありますが、同時に、特定の計画に従ってビセプトールを服用すると、服用量を超えずに、薬のすべてのマイナス面を最小限に抑えることができます。

腎臓の炎症の治療に使用される薬はまだ大量にあります。あなたはMonural、Prick Ceftriaxoneを飲むことができます、他の点滴薬を使用してください。しかしあなたはそれを自分ですることはできません。抗生物質で治療した後、それが利用可能なフローラに対して効果がない場合、このシリーズの薬に対する耐性が形成されます。

徹底的な検査と完全な検査の後の医者だけがあなたの場合に効果があるでしょう、腎盂腎炎の治療法を見つけることができるでしょう。

あなたはFitolysin、膀胱炎と腎盂腎炎からのCanephronなどの天然物だけでなく、NNPTSTOの製品なども使用することができます。特に、Canefronによる治療は抗生物質を強化することができるため、抗生物質の作用に有利に作用することに注意してください。

しかし、これ以外に、腎盂腎炎は他の手段で治療され、その作用は尿の流出を改善し、体温を下げるなどの目的で行うことができます。

尿流出の正規化

原則として、治療計画は骨盤からの尿の流れを改善する手段で常に補完されています。結石、尿管の狭窄、神経因性膀胱を背景とする先天性異常および前立腺腺腫では困難な場合があります。この原因に対処せずに抗生物質で治療しても一時的な効果しか得られないことを忘れないでください。

方法の選択は、正確に尿の流れに違反するものによって異なります。よく使われる手術です。同時に、最初の急性腎盂腎炎では、改善が達成されるべきです。この目的のために、骨盤穿刺がしばしば行われ、その後、状態は劇的に改善する。

病理学のための抗炎症療法

腎盂腎炎の抗生物質がすぐに感染源に到達するためには、抗炎症薬を並行して使用する必要があります。さらに、それらはまた熱を減らし、痛みを取り除きそして組織の腫れを減らすことができる。その結果、注射後の体温が下がり、痛みが軽減します。

腎臓への血液供給の正常化

腎臓組織ができるだけ早く回復するためには、血液供給を正常化するための手段を使用する必要があります。腎臓病が体の血管を通る血液の分配の違反を伴うという事実。結果として、血液は静脈内に停滞し、組織はより少ない酸素を受け取る。その場合、あなたがこの状態を治療しないならば、壊死の領域があるかもしれません。

そのような薬物は血小板の付着を減少させそして赤血球の弾力性を改善することができる。

結果として、血液は血管を通ってより自由に移動し、酸素供給は改善され、浮腫は減少し、そしてある程度まで、薬物は抗浮腫および鎮痛効果を有する。

選択された抗生物質は血流と共に腎臓に送達され、それ故にこれにより腎臓内の微生物に迅速に作用することにも留意すべきである。これらのツールは、腎臓脳卒中の後、そしてしわや腎不全の疑いがある場合に特に必要です。

腎臓を機能させる

最近、医師は以下の戦術を使用しています。数日以内に利尿薬を服用する必要があります。次に、腎臓の廃止を休ませる。その結果、すべての糸球体の働きが活性化されます。

さらに、同時に抗菌性を有する丸剤を飲むと、血流が改善されるため、炎症性領域への活性物質の送達がはるかに速くなります。

また、この技術は尿の排泄を改善することを可能にします。

選択された戦術でNNPTSTOから様々な薬、ハーブの煎じ薬、チンキ剤、薬などを使用することができます。入院期間と休憩期間は個別に選択されます。

腎盂腎炎の治療の特徴

腎臓を治療する方法は、ビデオで説明されています:

抗生物質のリストが非常に膨大であることを考えると、あなたはある薬から別の薬に急ぐ必要はありません。原則として、診察中または入院中に、医師は選択した薬が効いている日を説明します。

数日経っても疼痛が消えず、体温も下がらない場合は、これは非効率であることを示すので、治療計画を見直すべきです。

原則として、これは、沈殿物の細菌内視鏡検査および病原体とその感受性の決定のために尿を繰り返し分析することで、この状況で腎盂腎炎を治療する方法をより正確に決定することを可能にします。

抗生物質は医者が指示した期間中に服用されるべきであることにも注意すべきです。病理学の症状がなくなっても、薬を放棄する必要はありません。その結果、微生物はより弾力的になります。

言い換えれば、腎臓の炎症を治すためには、フルコースを完了する必要があります。抗生物質の名前についても同じことが言えます。類似品が薬局で推奨されている場合は、非常によく似た方法でも副作用や禁忌が異なる場合があるので、すぐに同意しないでください。

したがって、あなたはその名前が専門家によって示されている薬を購入するべきです。

したがって、腎臓の炎症の場合には様々な治療が適用され得ると結論付けることができる:ピル、注射、ハーブ、スパ治療、食事療法。これまたはその薬を飲む量を知ることが重要です。

パンクチャしたり飲んだりしたら、効果を評価するためにテストを再度受ける必要があります。結果が悪い場合は、将来的にどのように腎臓を治療するのか、そしてどの薬を使うべきか、医師に確認してください。

しかし、すでに述べたように、新しいコースは常にバクテリオスコープ分析の後に始まります。

腎盂腎炎が治療可能かどうか一人で考える必要はありません。専門家に相談して調べるだけで十分です。これに基づいて、彼は治療に必要な資金のリストをあなたに提供します。さらに、患者のケアと治療もまた特に重要であることを忘れないでください。これは様々な合併症のリスクを減らすでしょう。

腎盂腎炎にはどのような抗生物質が処方されていますか?


あなたはここにいます

腎臓の炎症過程の原因は、ほとんどの場合細菌であることが知られています。彼らと戦うために様々な種類の薬を使いました。腎盂腎炎を治療するために使用される抗生物質を選択するとき、彼らが収集するかもしれないどんな良いレビューでも、あなたは常にあなたの医者に相談するべきです。

腎盂腎炎の診断

腎盂腎炎の典型的な症状:

  • 腹痛、
  • 腎臓の痛み、
  • 体温上昇
  • 吐き気と嘔吐
  • めまい
  • 膨らみ
  • 尿の種類を変える
  • 弱点

腎盂腎炎でどの抗生物質を飲むのかを理解するためには、薬の抗菌作用に対する病原性微生物叢の反応を調べる必要があります。異なる薬は腎臓組織の炎症の様々な病原体に等しく効果的に影響を与えません。

例えば、ブドウ球菌は、ペニシリナーゼを活発に分泌し、抗生物質の作用からそれ自体を保護するので、ペニシリンには反応しない。他の細菌 - 腸球菌 - は、広範囲の作用を持つ腎盂腎炎の抗生物質であるという事実にもかかわらず、セファロスポリンの効果に耐性があります。

このように、医師はすべての必要なテストの結果の後にだけ、薬の任命を実行することができます、すなわち:

細菌学的播種は、様々な抗生物質の影響に対するミクロフローラの反応を確実に決定することができます。この方法を使用して、尿中に病原体が何でありそして何量があるのか​​を調べなさい。これにより、薬の種類、投与量、投与経路を最も正確に判断することができます。

腎臓腎盂腎炎の最後の世代のための抗生物質


急性または慢性腎盂腎炎を治療する目的は炎症過程を排除することです。抗生物質を処方するとき、それは病原体の種類を決定することが重要であるので、そのような薬をあなた自身で取ることは受け入れられません。

腎盂腎炎の治療には、腸球菌、タンパク質、大腸菌に対して有効なペニシリン(アンピシリン、アモキシシリンなど)を処方することができます。

しかし、このグループの抗生物質には深刻な欠点があります - 薬は個々のバクテリアによって作り出される酵素の作用の下で薬効を失う可能性があります。このような薬は妊娠中の腎盂腎炎の治療のために主に処方されています。

例外は抗生物質アモキシシリン - Flemoklav Solyutabの修飾型です。それはクラブラン酸を含んでいます、それは薬への細菌の適応性を減らします。

ほとんどの場合、腎盂腎炎はセファロスポリン系の抗生物質を処方されており、4世代に分けられます。 1つ目は「Cefradin」、「Cefazolin」、「Cefalexin」です。それらは、ペニシリン耐性菌を含むグラム陽性菌に対して積極的な作用を示します。

これらの薬は病気の急性型のために処方されていません。第二世代の薬はCeforuksim、慢性プロセスの治療にのみ使用されています。第三世代の薬は含まれています:セフィキシム、セフトリアキソン、セフチブテン。

それらは、複雑な形態の腎盂腎炎の治療に有効であり、緑膿菌に対して積極的な効果を有する。

Cefepimが属するこのグループの第4世代の抗生物質は、グラム陽性およびグラム陰性型の病原体に対する直接的な効果と同様に、前任者のすべての肯定的な資質を持っています。

最も現代的な薬の一つは、フルオロキノロン系抗生物質です:シプロフロキサシン、ペフロキサシン、オフロキサシン。これらの薬は腎盂腎炎のほぼすべての病原体に対して効果があり、腎毒性は最小限です。

第二世代のフルオロキノロンとしては、モキシフロキサシン、ロメフロキサシン、スパルフロキサシン、シプロフロキサシン、ノルフロキサシンが挙げられる。フルオロキノロン系抗生物質は、妊娠中や授乳中、および16歳未満の子供には禁忌です。

抗生物質アミノグリコシド(「ゲンタマイシン」、「トブラマイシン」、「アミカシン」)は強力な抗菌作用を持ち、高い腎毒性を持つため、厳密に医師の管理下で使用する必要があります。これらの薬は高齢者には禁忌です。

Антибиотики при пиелонефрите почек: принципы лечения


Лечение пиелонефрита антибиотиками является самым эффективным методом. При воспаление почек, не стоит экспериментировать и прибегать к народной медицине или другим неоднозначным методам. 医師は長い間腎盂腎炎と戦うための最も効果的な方法を見つけました、そして、これは抗生物質の正しいコースです。

多くの場合、この疾患は膀胱炎の結果として発生し、次の症状が伴います。

  • 高温
  • 腎臓痛(腰)
  • 吐き気
  • 一般的な弱点
  • 高い発汗
  • 転送膀胱炎。

この記事では、さまざまな状況でどのような抗生物質を使用すべきか、一定期間後にどのような結果が予想されるか、そして腎盂腎炎を適切に治療する方法について説明します。

カルボペネム

  • このグループの抗生物質は非常に深刻な場合に使用されます。
  • それらは、超広範囲の曝露、ベータ - ラクタマーゼ、細菌の特別な酵素に対する耐性を有する。
  • それらは、以前に処方された治療の無効性と共に、一度にいくつかの病原体によって引き起こされる血液感染症、腎盂腎炎のために使用される。
  • クラミジアフローラ、メチシリウム耐性ブドウ球菌に関連して機能しません。

8-ヒドロキシキノリン誘導体

この一連の抗生物質の別名であるオキシキノリングループの抗菌剤はニトロキソリンです。

  • カンジダ属のいくつかの細菌、グラム陰性菌およびグラム陽性菌を選択的に破壊する。
  • それは、ニトロフランと同様に、悪化を防ぐために使用されます。
  • 2〜3週間薬ニトロキソリン(5-NOK)コースを処方する。

腎盂腎炎に対する有効な抗生物質


最も一般的な腎臓病の1つは腎盂腎炎です。これは細菌によって引き起こされる腎臓の炎症です。ほとんどの場合、7〜9歳の子供は、腎盂腎炎、女の子、および性的に活発な女性にかかっています。

小児では、この病気はあなたの泌尿器を新しい状態(すなわち学校)に適応させる必要性、そして解剖学的構造の詳細によって引き起こされます。

前立腺腺腫の男性もこの病気にかかっています。

腎盂腎炎の症状

腎盂腎炎の標準的な症状は、頭痛、体温38〜39、悪寒、筋肉痛、背中の痛み、胸やけ、青白い肌です。これらの症状が現れた場合は、直ちに医師に連絡し、検査を受けて正しい治療方針を処方してください。

軽度の腎盂腎炎は通常家庭で治療されます。患者は食事療法、安静、および錠剤または注射剤中の抗菌薬の服用を処方される。

例えば、急性型の腎盂腎炎では、温度が40度に上昇し、悪寒が現れ、筋肉痛や嘔吐も特徴的です。

症状は虫垂炎、胆嚢炎などの病気に似ているので、病気を正しく診断することは非常に重要です。

抗生物質機能

腎盂腎炎の抗生物質は、微生物の活動を抑制または増加させることを目的としています。つまり、微生物の活動を鈍くするか、または促進させます。

腎盂腎炎では、医者は丸薬または注射で抗生物質を処方しますが、それは毒性効果を持たず、腎臓に害を与えません。腎盂腎炎の原因物質を特定するのは簡単ではありません。

このためには、腎臓の状態とその機能的能力、さらには尿路の効率を示す一連のテストを実施する必要があります。

調査

治療を始める前に、専門家は彼が病気の原因となる病原体を特定する検査を行うことを義務付けられています。尿の細菌学的検査が必要です。それは微生物の同定に大きな保証を与えるものではありませんが、それは病気の原因を見つけるのに役立ちます。慢性または急性の腎盂腎炎は、治療方法によって異なります。

薬や注射で抗生物質を服用することや、治療後のリハビリテーションも異なります。急性型の腎盂腎炎の治療は、尿の流出の正常化と体からの微生物の自己排泄につながるはずです。

慢性疾患の治療におけるもう一つの重要な要素は、将来の増悪の予防です。症例の90%では、この疾患の原因となる病原体は大腸菌であるため、抗菌薬による治療はそれを防ぐことを目的とするはずです。

検査後、医師は抗生物質治療を処方します。ほとんどの場合、4グループの抗生物質が区別されます。それらは患者にとって非常に有効で無毒です。

アミノペニシリン基

これはペニシリンとアモキシシリンです。それらは優れた耐容性を有し、そして妊婦に処方され、細菌の作用を阻害するが、長期間の使用では、悪心、嘔吐、食欲不振、およびめまいなどの症状が起こり得る。原則として、これらの症状はコース終了後に停止します。それでも皮膚の炎症やかゆみの可能性があります。

アミノグリコシド系抗菌薬

それらは非常に腎毒性であり、そして強い抗微生物特性を有する。ほとんどの場合、彼らが受け取られたとき、聴覚は悪化するので、彼らは高齢者に処方されていません。のどの渇きの増加および尿中排泄の減少もまた観察される。

妊娠中の女性は、薬物が胎盤を容易に通過し、胎児に悪影響を及ぼす可能性があるため、慎重に退院します。

これらの薬を1年に1回以上服用できませんが、このタイプの抗生物質の効果は非常に高いです。

よく使われる

現在までに、最も一般的に使用されているフルオロキノロン薬のグループ。それらは低毒性であり、そして合併症を引き起こさず、そして患者により十分に許容される。

しかし、その中の物質が骨の成長と発達を促進する骨膜と軟骨膜に影響を与えるので、この薬物は18歳未満の子供には禁止されています。

これは、薬物が骨格の管状骨の成長を遅らせることを意味します。

このグループの薬は軽度の感染症では服用しないでください。ノルフロキサシンは膀胱炎の治療に一般的に使用されています。なぜなら、他の薬物よりも組織に浸透するのが困難だからです。軽度の腎盂腎炎は、次の薬で治療されます:

これらの薬はバクテリアを抑制し、腸によってよく吸収されそして容易に排泄されます。

レボミセチン

妊娠中の女性はクロラムフェニコールによる治療を禁忌とした。この広範な抗生物質は有害な細菌の破壊を目的としており、ウイルス性疾患にも使用されています。あらゆる血液疾患を患っている人々に禁忌、および肝機能障害のある人々には禁じられています。

抗生物質を服用するための必須基準

腎盂腎炎のための抗生物質はテストの後にだけ任命されます、そしてそれは微生物のタイプと抗生物質に対するその感受性を明らかにするでしょう。投与量も個別に選択されます。

これは、生物全体の状態、そして最も重要なことには腎臓の状態を考慮に入れます。早い段階と遅い段階で腎盂腎炎を治療することができる薬の膨大な数があります。

覚えておいてください:腎盂腎炎の症状が発見されたらすぐに、すぐに医者と予約をする必要があります。自己投薬は病状を悪化させることがあります。

腎盂腎炎に対する抗生物質の使用


腎盂腎炎は、腎臓における炎症過程の局在化(すなわち、実質組織、すなわち、泌尿器系の主な器官の機能組織、カップおよび骨盤)によって特徴付けられる最も危険な疾患である。

統計情報によると、私たちの国の医療機関では、毎年100万人以上の急性疾患患者が登録されており、約30万人が入院しています。

腎盂腎炎のための抗生物質 - 病気の治療の基礎。適切な治療法がなければ、病気の経過はさまざまな種類の合併症を引き起こす関連感染症を悪化させる可能性があります(それらのうち最も重症なのは敗血症です)。医療データは計り知れません:化膿性腎盂腎炎の患者の死亡率は、血液中毒の発症を引き起こし、40%以上の症例で発生します。

腎盂腎炎のための抗生物質:選択する薬


統計を見ると、腎臓の炎症である腎炎がバクテリアによって引き起こされていることが、今や広まっていると言えます。

7〜8歳の学齢期の子供は、ほとんどの場合、この病気にかかります。これは彼らの泌尿器系の独特の解剖学的構造、ならびに学校への適応の必要性によるものです。

彼と女の子、素人の生活の年齢の女性に素因。特に前立腺腺腫を伴う高齢者の病気および男性に苦しんでいます。

臨床像は、寒気を伴う短期間のうちに浮上する頭痛、痛みを伴う筋肉、体温の38〜39度まで上昇した。

これらの症状がある場合は、腎盂腎炎の合併症を引き起こさないように、医師が適切な治療プログラムを選択して処方するか、家の専門家に電話して診察を受けるために最寄りの診療所に緊急に連絡してください。

腎臓の腎盂腎炎の治療は病院で行われ、安静、豊富な飲酒、食事療法および抗生物質(抗菌薬)が推奨されます。抗生物質で腎盂腎炎を治療する方法?

抗生物質が腎盂腎炎に対して効果的なのはなぜですか?

抗生物質は、ある種の微生物の増殖や死滅を鈍くしたり、影響を及ぼしたりする可能性がある(天然または半合成由来の)薬物です。腎盂腎炎がピルに抗生物質を処方することが最も多いとき。さらに、腎盂腎炎の治療における抗菌薬の主な要件は、以下のものであることです。

  • 尿中の高濃度
  • それらは患者の腎臓に毒性作用を及ぼすべきではありません。

どの抗生物質が腎盂腎炎で服用するのが良いですか?この質問に答えるには、次のような調査を実施する必要があります。

  • 腎盂腎炎の原因物質を特定する
  • 腎臓の状態と機能を決定する
  • 尿の流出状態を確認します。

腎盂腎炎の発生および発症に伴い、主な役割は細菌(微生物)が担い、主に腎臓組織、その骨盤およびyに影響を与えます。

腎盂腎炎のための抗生物質:女性の世代の後に何を治療するべきか、薬のリスト


腎盂腎炎は、大人でも幼児でも起こり得る非常に潜行性の腎臓病です。それはしばしば無症候性であるという点で危険であり、患者がこの疾患の存在に気付いていないのはそのためです。

その間、病理学は次第に慢性の形に流れ込み、それは戦うのが非常に困難です。

しかし、現代医学は静止しておらず、今日では腎臓腎盂腎炎をできるだけ早く取り除くことができる薬がたくさんあります。

抗生物質群とその特徴

成人および若年患者の腎盂腎炎の治療には、病気の種類(急性または慢性)にかかわらず、抗菌薬が最もよく使用されます。

しかし、医師の処方箋なしで服用することはお勧めできません - 選択された、または誤って使用された場合、ほとんどすべての抗生物質が重篤な副作用を引き起こす可能性があります。

さらに、抗菌薬はいくつかのグループに分類されており、それぞれの場合にどれが効果的であるかは、バクポセバの後にしか見つけることができません。

腎盂腎炎や他の腎臓病の治療のために、私たちの読者はうまくElena Malyshevaの方法を使います。この方法を注意深く研究したので、私達はあなたの注意にそれを提供することにした。

多くの場合、これらの抗生物質グループは、小児および成人の腎盂腎炎を治療するために処方されています。

  • アミノペニシリン:アモキシシリン、ペニシリン。その簡単な耐性のために、このグループの抗生物質による治療は妊娠中の女性でさえも許されます。
  • セファロスポリン:セファクロル、セファレキシン。そのような抗菌薬は、それらの毒性の程度が非常に低いので、めったに副作用を引き起こさない。この場合、患者は腸性腸炎または他の副作用の発症を恐れずに、2週間の腎盂腎炎の抗生物質療法を受けることがあります。
  • アミノグリコシド:アミカシン、ゲンタマイシン。このグループの抗菌薬は、重大な異常、特に聴覚障害や腎臓の問題を引き起こす可能性があります。したがって、彼らは高齢患者に処方されることはありません。しかし、これらの薬は非常に有毒であり、投与間隔を厳守する必要があります。治療コースの間隔は通常1年です。
  • フルオロキノロン - レボフロキサシン、オフロキサシン。急性の形で発生する腎盂腎炎の治療に任命されています。それらは通常筋肉内注射の形で使用されます。彼らは多くの禁忌を持っています;したがって、特に子供が16歳未満の場合は、このグループの抗生物質で自分自身を治療することは禁止されています。

それは病気の後の体の迅速な回復を目的としているだけでなく腸に対する抗菌薬の悪影響を減らすことを目的としています。

これを行うには、低体温症を避け、食事から重くて有害な食べ物、コーヒー、濃いお茶をすべて取り除きます。したがって、胃や肝臓への負の負荷を大幅に減らすことができます。これは、これらの体が抗生物質の一部である活性物質の影響をより簡単に伝達するのを助けます。

Loading...