人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

乳児の鼻炎の治療のための推奨Komarovsky

Komarovsky博士は鼻水が問題であると考えていません。ほとんどの場合、治療は必要ありません。まず理由を明確に理解する必要があります、それからそれは病気に対処する方が簡単になります。確かに、時々鼻の混雑は子供の血管運動性鼻炎のような深刻な理由について話すことができます。

子供の鼻水を治すことは、ウイルスを克服することによってのみ可能です。しかし、これは薬を必要とせず、ただ正しい注意を払うだけです。

snotは必ずしも私たちが望むほど無害ではないので、いずれにせよ、あなたは医者に相談する必要があります。鼻炎、アレルギーを予防することがあります。いずれの場合も、使用される方法は異なります。医者は明確に質問に答えることができるでしょう - 鼻水の扱い方。

薬を使うときは、子供の年齢も考慮に入れなければなりません。すべての医薬品が1歳以下の子供に使用できるわけではありません。彼らはより安全であるため、乳児の治療では民間療法を使用することがよくあります。しかし、ここでの主なことは、合併症が発生した瞬間を逃さないことです。 2歳の子供で、彼らは非常に早く来ます。

子供の鼻水もアレルギーです。すぐにそれを取り除くことはうまくいきません、あなたはそのような有機体反応の原因を見つける必要があります。通常、鼻から突き出た粘液は透明です。アレルゲンと接触すると、その量は増加します。ほとんどの場合、主なアレルギーは、赤ちゃんの2歳までの人生で起こります。

Komarovskyによる治療

ほとんどの場合、緊急の措置は必要ありません。子供の場合:

  • 鼻からきれいな粘液が流れます。
  • 温度なし
  • せきもなく、その後何もする必要もありません。

これは体が効果的に自分自身を打ち負かすことが一般的な風邪や軽度のウイルスです。おそらくそれはアレルギー性鼻炎ですが、この場合あなたは赤ちゃんを見る必要があります。そのような鼻水は激しくなり、そしておさまりますが、赤ちゃんはスニッフィングを止めません。 2週間で症状が自然に消えない場合は、医師に相談してください。結局のところ、背中鼻炎もしばしば風邪やアレルギーと混同されています。いずれにせよ、経験豊富な医師の診察は害はありません。

体がウイルス感染に直面しているとき、鼻水はほとんどの場合避けられないです。赤ちゃんが1〜4歳まで病気になった場合、特に不快です。小児では、ARVIによる免疫との闘いに最適な条件を作り出すことによって治療が行われます。 1歳のパン粉でさえ簡単にウイルスを打つことができます、彼が新鮮な空気の中を歩いている場合、液体をたくさん飲む場合、部屋は十分に換気されます。

Komarovskyによると、鼻水を治療することは非常に簡単です。空気を加湿するのに十分です、そしてこれに問題があるならば、あなたは海水または塩の特別な解決策の助けを借りて赤ちゃんの鼻を洗うことができます。これはピペットか特別なじょうろで家で簡単にされます。

4歳の子供は鼻を洗うことができます。この手順はあまり快適ではありませんが、痛みはありません。もちろん、1歳未満の子供は自分でそのような操作をしてはいけません。 2〜3時間ごとに2〜3滴の溶液を鼻孔に食い込むだけで十分です。これは乾燥を避けるのに役立ちます。

血管収縮薬の使用は実用的ではなく、鼻炎治療を引き起こす可能性があります。以下の場合に使用されます。

  • 子供は現時点で、または少なくとも一度以前に中耳炎を患っています。
  • 高温
  • 完全に呼吸困難な鼻。

そのような場合、就寝時にだけ薬を使う価値があります。それらが虐待されている場合は、中毒を特徴とする医学的鼻炎が発生します。投与量が増えると、鼻腔が腫れます。

子供が離乳に1年少ない問題を抱えているならば、彼が理解していないので、それはより少なくなるでしょう、そして4歳の子供はすでに鼻出血を持つ必要があるでしょう。

一般的な血管収縮薬:

したがって、パン粉の年齢に応じて最も良性でそのような手段を選択する必要があります。医療用鼻炎 - これは冗談ではありませんが、身体に深刻な逸脱があります。

どんな薬でもあなたの医者によって承認されなければなりません。お母さんが鼻水の治療方法を知っていても、これが後鼻炎のような病気の症状ではないことを確認する必要があります。医者に相談することで回復が早くなります。

コマロフスキー博士のアドバイス

風邪を治す方法を考えないようにするには、予防策を実行する方が簡単です。これらが含まれます:

  1. 毎日、道路から離れて通りを歩きます。
  2. 夏は村か海で過ごすべきです。
  3. 部屋は徹底的に換気され、空気が湿っている。
  4. 硬化
  5. 医学的鼻炎の現象を回避するための薬物、特に血管収縮薬の使用を最小限に抑えます。
  6. アレルギー性鼻炎が発生した場合は、正確に何を決定し、それを除外する必要があります。

症状がある場合は、最初の日に医者に診てもらう必要があります。何が身体を攻撃するのかを理解することは重要です:後鼻炎、ARVI、アレルギー、細菌感染。彼らはより迅速かつ真剣に合併症を発症するので、それは特に1〜4歳の子供の病気の経過を制御する価値があります。

子供が鼻水をしているとき、Komarovskyは、ほとんどの場合、特別な助けが必要ないと考えています。特別な食塩水で鼻を洗い流すか埋めても十分です。それは乾燥を防ぎ、細菌を殺します。 4歳未満の子供は大量の血管収縮薬滴を使用するべきではありません、それを完全に控えることをお勧めします。そうでなければ、彼らは鼻炎薬を引き起こす可能性があります。

いずれにせよ、あなたは医師に相談し相談する必要があります。彼だけが治療を診断し処方します。

最初にすべきことは?

子供の鼻水の問題は、今もまたこれからもそうです - そして、彼らが鼻づまりに一度も対処できるとは期待できません。 Komarovsky博士によると、平均的な子供は年に数回鼻炎の症状を患っています。鼻水はパニックの理由ではなく、治療を始める正当な理由です。同時に、両親は自分の息子や娘の状態を軽減するためにかなり多くのことをすることができます - あなたはただ正しく行動する方法を知る必要があります。

幼児の鼻水をどう治療するかという問題に対して、Komarovskyはかなり簡潔に答えます。症状ではなく根本的原因、すなわち鼻の混雑を引き起こした病気を取り除くことが必要です。鼻炎にはさまざまな種類があるため、ユニバーサルレシピはありません。

  • 感染性
  • アレルギー
  • 外傷性です。

感染性鼻炎はウイルス性または細菌性であり、そして外傷性 - 機械的、化学的または熱的損傷に基づくことができる。特別な場所は、低体温の後に発生する冷たい鼻炎によって占められています。小児の内科診察中に主治医が頭の風邪の性質を確認する必要があります - 鼻呼吸の違反が炎症プロセスに関連していない場合があるため、これは重要です。

しかしながら、鼻詰まりおよび鼻からの排泄の最も一般的な原因は急性呼吸器ウイルス感染症(急性呼吸器ウイルス感染症)および一般的な風邪である。小児の状態が恐怖を引き起こす場合、これらの疾患は病院で治療することができます(例えば、体温が著しく上昇する、痙攣がある、風邪の化膿性合併症が発症している)。しかし、ほとんどの場合、乳児の鼻炎の治療は家庭で行われています。

  1. 室内の微気候のパラメータの改善
  2. 鼻粘膜を清潔にし、保湿するための措置。
  3. 重症浮腫に対する対症療法薬の使用

リスト項目は、この順序で無駄に並べられていません。 Komarovsky博士は、多くの場合、最小限の製薬手段を使用して子供の風邪を治療することが可能であるとしばしば言及します - 合理的なアプローチは対症療法の薬物の必要性を減らすのに役立つでしょう。

風邪や風邪やARVIのために鼻づまりのある子供に必要なのは粘液が液体のままになる条件です。

薬の使用は適応に従ってのみであるべきであり、それは後のセクションの1つで考慮されるでしょう。

保育園の微気候

Komarovsky博士は、子供がほとんどの時間を過ごす部屋の微気候の要件に多くの注意を払います。微気候パラメータは、湿度、温度、風速です。それらは鼻粘膜の状態に重大な影響を及ぼし、そして風邪をひいている子供にとって、それらは非常に重要です。輻輳は必ずしも感染の結果ではありません。乾燥していて熱気が多すぎても発生する可能性があります - そして、地域の免疫力が低下した後はSARSには程遠いです。

風邪をひいている子供の部屋に必要な微気候の指標は何ですか?

定期的な放送も必要です。たとえば、大人の1人が散歩や別の部屋で子供と一緒にいる間に、1日2回行うことができます。

もちろん、部屋が涼しく湿気がある場合は、子供は暖かい服装をしなければなりません。同時にあなたはそれを包むべきではありません - 特に体温が上昇している場合。子供たちが過剰な熱を逃がすことは困難であり、そして熱の間、厚い毛布がなくても温熱療法(過熱)の危険性は高いです。微気候補正の利点は何ですか?

  • 排出はより液体の一貫性を得ます、
  • 鼻粘膜の表面で粘液が乾くことはありません。
  • 液体粘液は除去するのがはるかに簡単なので、鼻の呼吸が楽になります。

Komarovsky博士は、小さな子供たちは自分の鼻をかむ方法を知らないので、濃い粘性の分泌物の形成を許さないことが非常に重要です - 彼らは喉に流し込んで鼻道をふさぐことができないでしょう。さらに、吸入された空気は、可能な限り、ほこりや化学ヒュームを含まないようにする必要があります。これを行うために、塩素含有剤なしの湿式洗浄が行われ、化粧品の使用、子供の近くのエアロゾルの形の香水は除外される。

クレンジングと保湿粘液

幼児の鼻炎との闘いではそれが必要です:

  1. 粘液の肥厚を解消します。
  2. 粘膜の刺激を避けてください。
  3. 分泌物を機械的に除去する方法を正しく使用してください。

液体粘液は、厚いのとは対照的に、鼻腔の前部から後部に移動し、その後飲み込まれます。したがって、ウイルスや細菌を含む放電は、聴覚管に入らず、副鼻腔炎の発症を引き起こさない。部屋の快適な湿度と温度を達成するためには十分ではない、それは粘膜の直接加湿を進めることも必要です。

新生児の鼻水 - 食塩水の使用を示唆しています。 Komarovsky博士は、小さじ1杯の塩を1000mlの沸騰水で希釈する、彼ら自身の準備の手段を使うことを提案します。たとえば、0.9%塩化ナトリウム溶液のAqua Marisなどの薬局の薬も購入できます。生後2ヶ月、それ以上の年齢の乳児の治療における食塩水の利点は何ですか?まず第一に、彼らは過剰摂取することはできませんので、彼らは頻繁に使用することができ、また使用されるべきです - 例えば、1時間半ごと。第二に、塩の手段は他の薬の作用を妨げません。

新生児の鼻水を治療する方法を選択するとスプレーを放棄することをお勧めします - 強い圧力を作成するときに聴覚管に損傷を与える危険性が高いです。

生理食塩水滴は、粘膜を無作為に流れ落ち、粘液を薄くし、そして鼻腔を湿らせるのに適した選択肢である。あなたが家庭で食塩水を準備したならば、あなたは小さいピペットを使うか、または血管収縮剤滴から予め洗われた瓶に製品を注ぐことができます。

両親は鼻の吸引器で鼻水を吸うことが可能であるかどうかにしばしば興味があります。 Komarovsky博士は、液体の排出物は何の努力もせずに鼻から流れ出ることを思い出させます、そして、厚いものは単に取り除くことができません。それまでの間、吸引器を不適切または不正確に使用すると、けがをする可能性があります。したがって、最善の解決策は、アスピレータで洗浄する前に鼻腔を湿らせることです。粘性のある乾燥した粘液を吸い取ろうとしないでください。

子供が小さいほど、医薬品を投与する必要がある場合は、保護者の方が困難です。過量摂取の危険性はそれほど幻想的ではないので、多くの成人は食塩水のみを使用することを好みます。しかしながら、別のアプローチがあります - 小さい患者のために、「子供の」剤形(例えば、血管収縮薬または点鼻薬)は取得されます。

乳児の鼻水を治療する方法? Komarovsky博士によると、幼児の古典的なウイルス性鼻炎およびカタル性鼻炎の治療には、微気候の修正に加えて、2つの薬物で十分です。

  • 食塩水
  • 血管収縮薬が低下します。

同時に、これらの手段のうちの最初のものが主なものであり、そして血管収縮薬(充血除去薬)についての明確な指示がある:

  1. 著しい腫脹による鼻呼吸の完全停止。
  2. 鼻を通る呼吸障害と組み合わされた38.5℃を超える値の発熱。
  3. 鼻では呼吸が困難で、室内の気候は乾燥していて暑いのが好ましくない。
  4. 呼吸不全の兆候の存在、風邪と組み合わせた重度の息切れ。
  5. 中耳炎、聴覚管の炎症、副鼻腔炎の存在。

疑いに反して、実際には「幼稚な」濃度の活性物質があるので、うっ血除去薬は1か月齢の赤ちゃんでも使用できます。たとえば、0.1%ではなく0.05%です。しかし同時に薬を投与する前に、症状に応じて(すなわち、徴候があり、予防的にではない場合にのみ)治療薬を滴下する必要があります。

それは、せいぜい3、極端な場合には、5日間、選択された薬 - 「小児」濃度のフェニレフリンまたはキシロメタゾリンのために、うっ血除去薬の助けを借りて幼児の鼻水を治療することが可能です。

使用期間を制限することは、医学的鼻炎を発症するリスクと関連しています。中毒性も観察されます - 効果を達成するために、あなたはより多くの滴を使用しなければなりません、それは過剰摂取の確率が増加することを意味します。古典的な症状は、倦怠感、低体温です、彼らが現れたときは、すぐに服用を中止する必要があります。

Komarovsky博士の勧告に従って、乳児の鼻炎を治療するには、何よりも、親による状況の正しい評価が必要です。あなたが食塩水、空気を通すことおよび湿らせることですることができるとき血管収縮薬の点鼻薬を乱用する必要はありません。しかし、体温が高いと、息切れが出現するため、充血除去薬が必要です。新生児は小児科医のフルタイム検査を必要とすることも覚えておく価値があります - 特に風邪の性質、状態の著しい悪化について疑問がある場合。

Komarovsky:乳児の鼻水は正しく扱います

家の中で小さな男が登場するのは、際限のない喜びだけでなく、心配の種でもあります。特にこれが彼らの最初の経験であるならば、若い親のどんな不快感も不安と恐れを引き起こします。そして赤ちゃんはとても無力です...

母親のミルクには、母親が抱えていた多くの感染症から身を守る抗体が含まれているため、生まれつきの最初の数か月の間に、自然がパン粉を保護するように気をつけました。しかし、残念なことに、これだけでは十分ではなく、病気は必ずしも子供たちの側を迂回するわけではありません。

よく見られる病気の1つは鼻水ですが、それは次のような兆候で認識されます。

この疾患の原因は、生理学的、アレルギー性、感染性または家庭内であり得る。

乳児では、鼻の構造の特異性、および口の不十分な呼吸技能に関連して、鼻炎の最初の形態がしばしば遭遇する。

赤ちゃんがくしゃみをして目が赤くなると、それはアレルギーのようです。この場合、その原因を見つけて排除する必要があります。そうでなければ定期的に戻ってきます。

咳と熱の出現、ならびに口からの分泌物は感染を示します。ウイルスの原因を突き止め、必要に応じて幼児を隔離するようにしてください。

そして最後に、小さい人のうめき声と喘鳴は部屋の中の過度に乾燥した空気の結果です。それに応じて、彼の体は保護的な粘液を生成します。

コマロフスキー博士: 風邪そのものではなく、その発生原因を治療する必要があります。いずれにせよ、最初にやるべきことは医者に子供を見せることであり、医者は何が不快感を引き起こしたのかを決定するでしょう!

Komarovskyのもう一つの重要な原則:彼は鼻水(それが薬物なしでは不可能であるアレルギーの形態を除く)をそれ自身で扱われる有機体の保護反応とみなします、あなたはそれを助ける必要があります!

有名な小児科医によると、幼児の鼻水は鼻の感染症と戦い、首や肺への侵入を防ぎます。さらに、鼻粘膜にはウイルスを中和することができる物質が含まれています。粘液の乾燥を防ぐことは成人にとって大きな関心事です。さもなければ、赤ん坊は口で呼吸し始めます、粘液は気管支を詰まらせ、それらの中で肺炎の発症を引き起こします。

医師は考えています:患者を病気から解放するためには、「何を呼吸する」という質問に対する答えを見つけることが推奨されますか。そしてその時だけ準備について考えてください。 Поэтому, в первую очередь необходимо заняться обеспечением в помещении прохладного (не выше плюс 22) и чистого воздуха. Кроме этого, ребенку нужно давать большое количество жидкости.

「粘液を乾燥させないでください」という原則に基づいて、Komarovskyは鼻腔をすべての薬局で販売されている最も一般的な食塩水で湿らせることを提案しています。これは通常の塩水を表しています。これは30分ごとに3〜4滴、小児の鼻孔に滴下することができます - あなたの子供を過剰摂取しても危険はありません。

Komarovskyによって推薦されるもう一つの救済策はekteritsidまたはオイルビタミン溶液と呼ばれる油性の、弱い消毒薬レチノールとトコフェロールです。それらに含まれているオイルは粘膜の乾燥を防ぎます。 2時間に1〜2滴、鼻の中にこれらの手段を埋め込むことをお勧めします。副作用の発生を恐れてはいけません。

ママ、注目!抗生物質やナフチジン、サノリン、オルコリナ、ナゾラなどの血管収縮薬による治療は、絶対に許可されていません。鼻水は消えますが、鼻粘膜の腫れが生じると赤ちゃんは呼吸が困難になります。

間違いなく、この病気は深刻な態度を必要とし、そうでなければそれは中耳、副鼻腔、気管支に影響を与える慢性的な合併症をはらんでいます。あなたの赤ちゃんが問題を抱えているならば、Dr. Komarovskyのアドバイスがあなたがより自信を持って、準備されるのを助けることを願っています。あなたを祝福します。

乳児の鼻水 - ヒントKomarovsky

赤ちゃんの出生後最初の数ヶ月の間の毎日の心配や悩みによって、子供の鼻炎はしばしば追加されます。 Komarovsky博士によると、幼児の鼻水はウイルス性疾患、炎症過程の開始、またはアレルギー反応の結果です。

鼻水や鼻づまりは、赤ちゃんに大きな不快感や不快感を与えます。鼻水の出現は、赤ちゃんの静かな睡眠を混乱させ、摂食を困難にします。彼が呼吸するのは難しいです、彼は気まぐれです。結局のところ、赤ちゃんは基本的に鼻を通って呼吸し、鼻を詰めたために呼吸を容易にするために、赤ちゃんは意識的に口を開く方法を知りません。新生児の鼻腔はまだ非常に狭いので、鼻粘膜の小さな分泌物または腫れでさえも完全にそれらを覆っています。

これらの状況は非常に不安な母です。両親は自分の赤ちゃんの苦しみを軽減しようとしますが、治療が正しく行われなかったり、何もしなければ、鼻水が鼻や炎症を伴う炎症を伴う合併症を引き起こすことがあります。

したがって、風邪の治療を開始する前に、治療戦略と間違われないように、鼻炎の考えられる原因を慎重に分析する必要があります。

小児科医は、小児における鼻粘液の2つの主な原因を区別します。

  • 生理的、治療を必要としません。例えば、歯が生えること、唾液腺が活発に機能すること、新生児の生後1ヶ月で起こることなどです。注ぎ口からの排出は中程度、透明、そしてそれほど不安を引き起こさない、
  • 病理学的原因。これらは治療と予防を必要とする場合です。これらはウイルス、バクテリア、アレルゲンを含みます。

病理学的鼻炎の症状

ウイルスの鼻水。通常、それらの外観は体温の上昇と関連しており、患者との接触後に起こる。

細菌性鼻炎鼻水のこのタイプはまた高温を伴いますが、鼻からの排出はウイルス性鼻炎とはわずかに異なります。粘液は緑色がかっており、白血球によって染色されています。子供の免疫システムが体内に侵入した細菌と戦った後、それらは分泌物に蓄積します。

アレルギー性鼻炎は多くの場合、発熱なく発症します。乳児の全身状態は正常です。アレルゲンは、ペットの髪の毛、花粉、ほこりの形で赤ちゃんの隣になることがあります。

Komarovsky博士はまた、十分な湿度が室内で維持されていない場合(約70%)、鼻水が保護された湿った粘液の形で空気を乾燥させる反応であるかもしれないという事実に新生児の両親の注意を強調します。

Komarovskyによると、乳児の両親がすべき主なことは鼻炎の原因の特定と治療であり、風邪ではありません。

幼児の鼻炎の治療方法

医師が子供の病理学的鼻炎を診断した場合、処方された治療とともに、赤ちゃんは鼻から出た粘液を取り除き、呼吸できるようにしなければなりません。当然のことながら、この年齢では、赤ちゃんは披露する方法を知らないので、両親は特定の手順を実行する方法を学ぶ必要があります。

新生児の風邪はどのように治療されるべきですか?

1. 定期的に口から粘液を吸います。これらの目的のために、鼻腔吸引器またはチューブまたは特別な真空および電子吸引器の形態の機械的吸引器の使用が推奨される。

電子鼻掃除機の多くのモデルは粘膜を湿らせる機能を備えています。

2. 生理的溶液の治療に使用します。それらの化学組成により、それらはヒト血清に最も近い。最も一般的に使用されている0.9%塩化ナトリウム溶液。この薬は鼻腔を潤いを与え、鼻孔をより良くノズルから取り除き、そして子供の鼻腔内のそれらのよどみを防ぐために使われます。 1歳までの乳児は各鼻孔に1〜3滴の食塩水を埋める必要があります。液体は分泌物を柔らかくし、喉頭に向かって動かします。赤ちゃんはその後それらを飲み込み、呼吸が回復します。

生理食塩水も鼻炎を防ぐために使用することができます。そして医師は、予防目的と治療目的のために数滴の母乳を使用できると言っています。

3. 小児科医が推奨する場合は、血管収縮薬を使用してください。乳児の鼻炎の原因が鼻粘膜の腫れである場合は、医師が処方した血管収縮性液滴の用量で鼻の腫れを取り除き、赤ちゃんの呼吸を回復させます。

血管収縮薬を使用することの短所は次のとおりです。

  • 長期間の使用は中毒性になり、医学的鼻炎を引き起こす可能性があります。
  • これらの薬は幼児の心血管系にも影響を与えます。
  • そのような滴の作用は鼻粘膜の壁をかなり傷つきやすくします、
  • 子供を治療するために使用されるすべての滴は彼の胃に落ちる。生理食塩水はほとんど無害な道具であり、そして血管収縮薬滴はより攻撃的な構成を持っています、そしてそれは子供の体に一定の効果を引き起こすことができます。

小児における鼻炎の治療についてDr. Komarovskyにアドバイスするもの

Komarovskyのテクニックは以下の通りです。子供は通常の呼吸のために冷たく湿った空気を必要とし、それは鼻粘膜が乾くのを防ぎます。鼻水の間に、子供はたくさんの飲み物を飲むべきです、そしてそれは赤ん坊の吐き口の必要なレオロジーをサポートします。

生理食塩水は定期的に使用する必要があります。 Komarovsky博士は、乳児の鼻炎を次のように治療することをお勧めします:30分ごとに、3〜4滴の溶液を鼻に滴下する必要があります。

Komarovskyによると推奨される準備の一つは、殺菌を防ぎ、鼻の粘膜を消毒する油性液体です。医者はまたワセリンかオリーブ油の使用を推薦する。

風邪の間にあなたの赤ちゃんの世話をする方法

小児科医は、常温と子供の全身状態が悪いときは、風邪の間に新生児の入浴を放棄しないことをお勧めします。同じことが新鮮な空気の中での散歩にも言えます。

鼻水の発生を防ぐために、幼児の両親は赤ちゃんの免疫力の強化に取り組む必要があります。しばしば新鮮な空気の中を歩き、体操をし、そして子供に適切な栄養を与えましょう。

乳児の鼻水:医師の回答

両親がそれらを気にしなかったかのように、鼻水は必然的に乳児に発生します。これは体の自然な防衛反応ですが、それに注意を払い、その発生の理由を探し、そして赤ちゃんが風邪をひいている場合は医師に電話するかどうかを知る方法も知っておく必要があります。

赤ちゃんに鼻水がある場合に医師に連絡するかどうか

乳児の鼻炎に対するDr. Komarovskyの治療

幼児の鼻水が長時間経過しない場合は、その出現理由を特定する必要があるため、点鼻薬で治療することは不可能です。


    鼻水がウイルス性のものである場合、ウイルス感染自体は1ヶ月以上続くことができないので、子供が常にこのウイルスを拾う場所を見つける必要があります。鼻炎の治療では、赤ちゃんを最後まで治すために子供を他の子供から隔離しなければならず、その時点で彼は十分な新しい感染を受けていなかった可能性があります。

アレルギー性鼻炎の場合は、その原因(すなわちアレルゲン)を特定する必要があります。アレルゲンが特定されるまで、鼻水が刺激物に対する体の保護反応として何度も何度も現れます。

風邪の原因が子供がいる部屋の乾いた空気であるならば、それからそれは部屋の空気を徹底的に湿らせることと同様に部屋を定期的に換気して、赤ん坊と歩いてそれによって修正することが必要です。

ソースへのリンク:
http://ogrudnichkah.ru/nasmork/nasmork-u-grudnichka-otvety-vracha.html

お母さんはお見逃しなく

私たちは奇跡と共に新年を祝います!焼きたてのケーキの香りがなんておいしいのでしょう。テスト:あなたのお母さんはどのくらい楽観的ですか? HBは赤ちゃんに害を及ぼすことができますか?子供は散歩にすっかりお腹がすいた、どうすればいいの? SPECIAL MOMは何人ですか?赤ちゃんとの旅行で素晴らしいことについて母親Bebi.ruの免疫の物語のテストを受ける。実用的なアドバイスはい、私は革新的なお母さんです!もっと重要なことは何ですか。栄養と開発?赤ちゃんのような繊細なものはお母さんのためのスプーン、お父さんのためのスプーンを助けます。お母さんかおばあちゃん?あなたの物語を伝えて、贈り物としておとぎ話を手に入れよう!正しいハイチェアの選び方あなたは魔法のことを持っていますか?)敏感なお母さん。あなたですか?私たちは何も隠していない、構図について話しています。刺激、おむつかぶれ、不快感がない今、私たちの家にはきれいな空気があります!たとえ彼がアレルギーであっても、赤ちゃんをどうぞ単なる風邪ですか?それがアレルギーならばどうしますか?注意してください:突然それはアレルギーではありません!あなたの母親のケアにおいてどれほど優しさがありますか?魅力的な香りの世界の世界ツアー母性の優しさはどれほど重要ですか?簡単なことの難しい話フィードミックスにはどんな危険がありますか。明けましておめでとうございます。ガールフレンドを休暇で祝いましょう。穀物と一緒にベビーミルクのお粥を試してみてください!あなたは何歳で子供に蜂蜜をあげることができますか?アーボライトママはいますか?影響を与えずに禁止された食事の仕方アレルゲンは飼料混合物に含まれていますか?ママの5種類。あなたはどちらですか?牛乳の検査を実施しました!赤ちゃんのレビューを読むあなたの素晴らしいストーリーを共有しましょう!お母さんは感謝します!牛乳の検査はどうでしたか。アレルギーのあるVanyaは動物に対するアレルギーとどのように戦いましたか?文じゃない!ママは友達になれますか?アレルギー傾向のテストKolobokは私の新しい親友です!子供は病気ですか?彼の症状についてすべて学んでください。おむつはもうお尻を滑りません!私は5つのうち5つを評価します、私たちは理想的です!私たちが保育園で空気を洗ったようにここに彼らは、大事にされたストリップです!次に何をする?

コマロフスキーによる子供の鼻炎の治療方法

概して、Komarovskyによる鼻水の治療は、鼻を食塩水で洗うことから始まります。感染がある場合は、緑色の鼻水が子供に表示されます、博士Komarovskyは組み合わせてこの場合の治療をお勧めします:指向性の丸薬、部屋を風通し、鼻を洗う、たくさんの水を飲む。

赤ちゃんの鼻水を確認するには、彼を監視するだけで十分です。子供は口の助けを借りて呼吸を始めますが、呼吸は非常に困難になり、咳も出ることがあります。頭の風邪がひどくなると、コマロフスキー博士は治療を始めるべきだと考えています。 抗生物質なし どうしても必要なときだけ接続してください。医師は、強力な薬は子供の体の保護レベルに悪影響を及ぼすと考えており、再発が起こると治療の効果が低下する可能性があります。

緑の鼻水 異なる年齢の子供に絶対に現れる可能性がありますが、多くの場合、この病気は若い年齢の子供たちの邪魔をします。赤ちゃんが風邪をひいていて、そして彼が呼吸を困難にする粘液分泌を持っているならば、彼は直ちに行動しなければなりません。緑の鼻水は、赤ちゃんにとってより危険なものであることを覚えておく価値があります。なぜなら、それらは多くの関連する病気を引き起こす可能性があるからです。

子供が緑色の鼻水を呈している場合、コマロフスキー博士は以下のアルゴリズムに従って治療を勧めます:

  1. 幼児のための快適な環境を作り出す:定期的な換気と最適な室温の維持。
  2. 鼻を生理食塩水で頻繁に洗い流す。これは体腔の粘膜の水和をもたらすのに役立つ。
  3. 豊富な飲み物だけでなく、ビタミンが豊富な食品を忘れないでください。
  4. アスピレータは、特に乳児のために鼻水を扱う際の優れた助力者になります。
  5. 2〜3日以内に退院が減少しない場合は、必ず専門の機関に援助を求めてください。

子供の両親がツールと概念の助けを借りて治療の信奉者である場合 伝統医学それからこの療法の前にそれは幼児を観察している医者と明白にそれについて議論する価値があります。与えられた操作がアレルギーの発生につながるかどうかを理解することは重要です。

薬とのKomarovskyによる子供の鼻炎の治療

必要に応じて、より効果的な治療法を含めること、原則として、私たちは研究に含めることについて話しています。 血管収縮薬。多くの場合、赤ちゃんはNaphthyzinumまたはNazivin、Nazolの赤ちゃんを処方されています。

3歳からの子供のためにそれは治療の概念に追加することが可能です 防腐剤ただし、この場合、独立して決定を下す必要はありません。すべてのアクションを調整し、必要に応じて調整する必要があるためです。ほとんどの場合、抗生物質は5日以内に割り当てられますが、場合によっては約7〜10日です。

ホメオパシー 炎症過程を取り除き、腫れを中和するのを助けます。またこの期間中、医師は子供の腸を大量の薬を服用することから保護することができる薬を服用することを主張します。

乳児の迅速な回復のための吸入

炎症プロセスと短時間での腫れを完全に中和するためには、吸入の使用に頼ることをお勧めします。この種の手順のために使用することができます デカサンそれは、その抗菌作用および抗菌作用で広く知られているように、そしてそれはまた、炎症過程に完全に対処する。もう一つの良い点は、生まれてからこの薬を使用する可能性ですが、これらの目的のためには手元にネブライザーが必要です。

吸入にも広く使われています 芳香油。 Komarovsky博士は、ユーカリ、ラベンダーおよびティーツリーが、風邪を中和するための最も効果的なものと考えられていると考えています。 5歳になる前に、吸入器にエッセンシャルオイルを加えることは禁止されていることを知っておくことは重要です。

子供の鼻水の種類

緑色の鼻水は何につながりますか?

緑の鼻水の出現が質の高い治療法の任命に躊躇してはならない理由はそういうわけです。 Komarovsky鼻炎は、病気の3日目以降に抗生物質による治療を推奨します。これは子供が体内の感染の存在に対処しようとしなければならないという事実によるものです。

透明な鼻水 子供は異なる年齢で発生する可能性があります。多くの場合、これらの症状は要因の1つに関連しています:アレルギーまたは急性呼吸器疾患の存在。この場合、鼻炎に対して次のような治療法を選択する必要があります。赤ちゃんのノズルを清掃する頻度を高め、滞在中に最適な湿った環境を確保し、子供がベビーベッドに長時間滞在できるようにする。

厚い鼻水 長期の治療の不在で発生します。この場合、アレルギーやさまざまな耳鼻咽喉科の病気について話すことができます。このような場合の自己治療は行われていません、なぜなら我々は不適切に処方された薬を害する可能性について話しているからです。

黄色い鼻水 感染の存在を示す可能性があるため、速やかに専門家の助言を求める。鼻を洗ってから鼻水のような鼻水の治療が行われます。 Komarovskyは、薬局からの通常の物理的解決策がそのような目的に適しているかもしれないと考えています。赤ん坊の鼻水を完全に除去することができるプロファイルドロップも指定されています。

子供の鼻水や熱は100%の感染症の存在下で表示されます、したがって、それは専門の専門家への訴えを遅らせる価値はありません。両親の行動の概念は変わりません。季節の季節や路上の気象条件に応じて、部屋のウェットクリーニング、換気、新鮮な空気の散歩などです。

また両親に注意を払う 副作用 血管収縮薬の頻繁な使用による低下:最初は、効果が期待され、ニーズを完全に満たします。 Однако при частом использовании капель такого рода произойдет привыкание к ним, что обеспечит систематичное увеличение дозировки и сделает их использование еще более частым, впоследствии недейственным для нейтрализации насморка. Любые капли не рекомендуется принимать дольше 5-7 дней. Побочные эффекты могут превзойти ожидания, так как возникнет отечность и сухость в носу и ротовой полости.不思議なことに、しかし心血管系の機能不全の症例さえ知られています。

上記のすべてから、我々は安全に結論を下すことができます:鼻炎の高品質な治療を生み出すためには、方向性作用の少しの低下の十分なボトルがありません。したがって、鼻汁の密度と外観を特定するだけでなく、病気の根本的な原因を特定することが重要です。だからこそ、鼻水に対する質の高い治療効果は、この分野の狭い専門家だけが特定できるのです。なぜなら、薬物の誤った使用は、子供の健康を著しく悪化させるだけだからです。

幼児における鼻炎の原因

Komarovsky博士によると、乳児の鼻水はいくつかの理由で発生する可能性があります。

  • これらの最も一般的なものはウイルスまたはバクテリアです。ほとんどの場合冬に発生します。新生児の鼻はまだ完全に形成されていない、粘膜は非常に柔らかくて傷つきやすいです。赤ちゃんは鼻だけで呼吸しています、そして現時点でのすべての感染性攻撃は彼に降りかかります。
  • また、乳児はある種の外部アレルゲンに対してアレルギー反応を起こすことがあります。それは、ハウスダスト、家の中で生きている動物の羊毛、子供服を洗う洗濯手段などです。
  • 赤ちゃんが鼻から呼吸するのが困難であることに両親が気付くことがよくあります。詰まっていて、そこからノズルが流れています。この場合、すべてが発熱やその他の風邪の徴候なしに起こります。この現象の原因は異物である可能性があります。

子供たちは鼻に何かを入れることが多く、外からは何も見えないほど深くそれを行うことができます。通常これは、クロールしてできないものを取得する方法を既に知っている子供たちによって行われます。

  • 赤ちゃんが住んでいる部屋の空気が乾燥しすぎると、粘膜の乾燥から体を保護する反応として、鼻水を引き起こすこともあります。

いずれにせよ、赤ちゃんに鼻水がある場合は、医師に見せる必要があります。 この症状はさらに深刻な病気に発展するかもしれません。

鼻炎の症状

すべての授乳中の母親は、鼻が詰まって呼吸が困難になるとすぐに気付くでしょう。幼児の鼻炎の症状は以下の通りです:

  • 彼は胸や瓶を飲むのを拒否します。それともやろうとしているが、数秒後に、向きを変えて泣く。
  • 呼吸すると、子供は喘ぐような音を立てます。時々彼はうなり声のようなものです。
  • 子供はいたずらで、よく眠らず、しばしば目を覚まし、拳を顔や鼻に引き寄せ、頭を向けます。
  • アレルギー性鼻炎の場合、赤ちゃんはくしゃみをすることがよくあります。
  • 風邪の原因が感染症であるならば、温度は上がるかもしれません。

口から、粘膜がそれらを割り当て始めるとき、少し後にノズルの形で選択を始める。

幼児の透明な鼻水は彼らのアレルギー性の起源について話しています。彼らが曇っているか緑であれば、それは感染症です。

乳児の鼻水の扱い方

Yevgeny Komarovskyによると、鼻水は治療するべきではありません。そのような症状を引き起こした病気を治療する必要があります。

まず第一に、赤ちゃんの鼻からの分泌物の出現の原因を特定することは医師と一緒に必要です。それがウイルスであるならば、細菌感染症が別であるならば、治療は1です。アレルギー性鼻炎には独自の治療方法があります。

主な治療に加えて、両親は子供の状態を軽減し、迅速な回復を助ける活動を実行する必要があります。

  • 一定の年齢までの赤ちゃんは、自分の鼻を自力で吹くことはできません。したがって、ママは余分な鼻水が子供の鼻腔を埋めないように、そして彼の呼吸を妨げないようにする必要があります。このために、彼女はいくつかの手順をすることに手をつける必要があります。
  • 赤ちゃんの鼻の中の余分な粘液を取り除くために、特別な装置があります。例えば、鼻腔吸引器が粘液を吸います。それは機械的、真空または電子的であり得る。そのうちのいくつかは、赤ちゃんの鼻の粘膜を保湿する特別な装置を備えています。ママはこれらの機器を使いこなし、使い方を学ぶ必要があります。
  • 子供の口の通路を湿らせるには、食塩水を使わなければなりません。その組成はヒト血清に非常に近いです。塩化ナトリウム溶液を塗ります。それは鼻をよくきれいにし、ソケットが停滞するのを許さない。

生理食塩水は乾燥した粘液を柔らかくして喉頭に移します。子供は飲み込んで正常に呼吸し続けることができます。 1年までの子供は各鼻腔に3滴まで滴り落ちます。

  • 何人かの医者は母乳を洗うことを忠告する。私たちの祖母もそうでした。しかしKomarovsky博士は母乳のそのような使用に反対しています。彼は牛乳がバクテリアが繁殖する最も良い環境であると信じています。そしてそれを注ぎ口に埋め、それから微生物に力を加える。
  • 小児科医が解決した場合は、血管収縮薬を数滴ドロップすることができます。赤ちゃんが鼻を膨らませるときにこれをお勧めします。

ウイルス感染症または細菌感染症の治療は、医師が行うべきです。彼は赤ちゃんになることができる必要な薬を処方します。

コマロフスキーのヒント

乳児の鼻水コマロフスキーは治療しないことをお勧めします。医師によると、子供の鼻から分泌される粘液には、自分自身で感染症と戦うことができるさまざまな抗菌剤がたくさんあります。したがって、それらを取り除くことは不可能ですが、あなたは鼻の粘膜が乾いていないことを確認する必要があり、常に濡れたままにします。

これを行うには、居間の湿度を維持するだけでなく、通りからの新鮮な空気の一定の流れを監視することが必要です。風邪をひいている間に子供がたっぷりの飲み物を飲むことは重要です。 それはまた粘膜の適切な水分のために呼吸器系の正常な機能に寄与する。

赤ちゃんの状態を正常に保つために、生理食塩水を定期的に使用する必要があります。彼のKomarovskyは、幼児の鼻炎の治療に使うことを勧めています。 30分ごとに4滴までの溶液を各鼻孔に滴下させる。

薬のうちKomarovskyはEkteritsidを推薦します。この道具は、粘膜の乾燥を防ぐことができるだけでなく、それらを消毒することができるだけでなく、油に基づいて準備されます。そのような薬がないならば、医者はそれをオリーブまたはワセリンと取り替えるように勧めます。

なぜ血管収縮薬は赤ちゃんを落とすことができない

1ヵ月の血管収縮薬滴の新生児は禁忌です。それらは心血管系に悪影響を及ぼす、そして壊れやすい生物にとってそれは非常に危険である。

さらに、そのような薬の使用は中毒性があります。したがって、彼らは医療鼻炎を発症する可能性があるため、乳児や5ヶ月には適用できません。

大人でさえ、これらの薬は粘膜の壁を使い果たします。そして幼児では、そのような破壊は非常に薄い貝殻による可能性が最も高いです。その後、子供は鼻の中で継続的な鼻炎と問題に苦しむでしょう。

大人がそうであるように、子供たちは痰を吐き出す方法を知りません。したがって、鼻に埋もれているものはすべて、胃の中に落ちます。胃の中の血管収縮薬は中毒やけいれんを引き起こす可能性があり、それは子供の全体的な健康に影響を与えます。生理食塩水は害はありませんが。赤ちゃんが生理的手段を推奨され、風邪から落ちないのはそのためです。

民間薬

子供の鼻が濡れていて、朝しか医者に行けない場合はどうしますか?そして自宅には適切な薬はありません。この場合、伝統医学のヒントが役立ちます。

  • 水で薄めた一杯の新鮮なアロエジュースで各鼻孔に滴下できます。これは鼻をきれいにし、炎症を和らげるでしょう。
  • よくコランコエジュースを助けます。しかし、点眼後には、くしゃみが強くなり、呼吸器系全体が粘液から浄化されます。

現時点で子供のためには鼻水を監視し、定期的に拭く必要があります。ジュースは水であらかじめ希釈しておくこともお勧めします。

  • 海のクロウメモドキ、モミ、オリーブ、各鼻孔に2〜3滴、オイルで鼻をちりばめます。これは鼻だけでなく首も滑らかにし、粘膜の過剰乾燥を防ぎます。

乳児の鼻水は珍しいことではありません。この年齢の子供はたいてい鼻から息を吸うので、ここから風邪が始まります。彼らが冷たい空気を吸うことで十分であり、鼻はかすかになります。 鼻の後ろが首に問題を起こすでしょう、そしてそこにそして肺に遠くないので、注意せずにそれを放置しないでください。

乳児における鼻炎の予防

幼児の風邪の発生を防ぐために、あなたは簡単な規則に従うべきです:

  • 赤ちゃんがいる部屋の空気の湿度を監視します。定期的な換気と毎日のウェットクリーニングをしてください。
  • 角にカビがないことを確認してください。彼女が現れたら、積極的に彼女と戦ってください。
  • ウイルスが流行している間は、混雑した場所に子供を連れて行かないでください。子供が体調が悪い場合は、患者が多い診療所に子供を連れて行くよりも、自宅に医者を呼ぶことをお勧めします。そして彼はウイルスに感染する可能性があります。
  • ウイルスや細菌に感染した人との接触を避けます。
  • 親戚や見知らぬ人が赤ちゃんにキスをすることを許可しないでください、彼はこのように健康な人からでさえ感染をキャッチすることができます。
  • 子供が住んでいる部屋には、赤ちゃんにアレルギーを引き起こす可能性のあるものがないことを確認してください。
  • ペットは幼児と接触してはいけません。彼らにとって、あなたは家の中で別の場所を取る必要があります。
  • 子供を常に鍵のかかった部屋に保管する必要はありません。彼と一緒にあなたは定期的に新鮮な空気の中を歩く必要があります。ランチタイムの睡眠中は、テラスに子供と一緒にベビーカーを取り付けると便利です。これだけでそれを包むのは良いことです。

外が寒いときは、散歩をキャンセルする必要はありません。彼らは実行することができますが、同時にスカーフを使用してください。子供に冷たい空気を吸入させないでください。

  • 定期的に子供の鼻を掃除する必要があります。これを行うには、綿べん毛を作り、鼻孔に注入し、そしてスクロールしながら、ノズルから鼻をきれいにします。子供たちはこの手順を好きではない、彼らは判明し、頭をひねります。鼻粘膜を傷つけず、鼻出血を引き起こさないように注意しなければならない。

このような活動はあなたの子供を呼吸の問題から守るのに役立ちます。子供が上手く呼吸できるならば、彼は静かにいっぱいになり十分な睡眠をとるでしょう、そして気まぐれではないでしょう。

乳児の鼻炎の治療は医者の監督下にあるべきです。完全に乾いた注ぎ口を追求しないでください。赤ちゃんが正常に呼吸するのに十分です。そして鼻の粘液が感染症から鼻を守ります。

11/25/2017 adminコメントなしコメント

成人の鼻水は独立した病気ではありません。彼はかなりの数の病気を伴います。まれに、鼻炎は事実上生理学的です。多くの場合、このタイプの鼻炎は子供に見られます。鼻水は鼻粘膜の機能の向上と呼ばれ、そのため粘液の生成が激しくなります。このプロセスは、ウイルス感染症または細菌感染症、空気中のほこりによるアレルギー攻撃などによって引き起こされ得る。涙管が鼻管と密接に関連しているので、時々鼻水が鼻水と一緒になった後に鼻水が現れる。したがって、必要なとき、そして風邪を古典的な方法で治療する価値がないときを理解することが重要です。 Komarovsky博士はこれらの質問に詳細な答えを与えます。

鼻水をなくす必要が必ずしもないのはなぜですか。

鼻汁は特定の理由で発生しますが、必ずしも医学的性質のものではありません。ほとんどの場合、これは鼻の刺激物と接触している粘膜の保護特性の活性化によるものです。

  • ウイルス、細菌、細菌、
  • 粉じん、有毒な化合物、
  • アレルゲン

控えめな方法で鼻炎を解消します。分泌の増加が生理学的なものであれば、そうするべきではありません。そのようなプロセスの例:

  • 粘液がまだ発達しておらず、液体媒体中で子宮内生活の後に「成人」の空気に慣れていない乳児の鼻腔の自己洗浄
  • 泣いている間に涙管を通ってそこに入った涙から鼻管を浄化すること、
  • この場合、過度に乾燥した空気に反応して、粘膜が過剰な粘液産生によって水分不足を独立して補おうとしています。

通常ARVIとARIでは、子供は風邪の治療を必要としません。この場合の粘液分泌物は保護的です。 両親が鼻炎を解消し始めると、彼らは自動的に腺の自然な機能を混乱させます。そして、それは増加した分泌を通して細菌とウイルスが体に入るのを防ごうとします。 この場合、過剰な粘液が鼻から病原体を取り除きます。両親の仕事はこのプロセスを混乱させることではありません。

濃い、強い匂いのある、黄緑色の粘液を見つけた場合は、必ず対策を講じる必要があります。そのような環境は、病原体やウイルスの繁殖に理想的です。したがって、Komarovskyによれば、鼻水は以下の場合には扱われません。

  • 液体を排出、クリア、
  • 熱がない
  • 粘液は鼻から自由に出るのに十分なほど流動的です。

子供の鼻炎の原因

身体の反応として、子供の鼻水は鼻粘膜に対する病原体の作用の結果です。感染性病変について話しているのであれば、鼻炎の原因は免疫系の弱体化です。体の防御システムは低体温、ビタミン欠乏症、以前は重い病気のために苦しむかもしれません。 Komarovskyの方法は鼻炎そのものを排除することを目的としているのではなく、それを引き起こしたウイルスまたは感染を克服することを目的としています。

1歳未満の子供では、鼻水は粘膜があらゆる刺激物やアレルゲンに活発に反応するとき、本質的に生理的なものです。鼻炎の治療は必須ではありません、それは十分な飲み物、定期的な散歩を提供するために、最適な温度と湿度の条件を持つ子供のための通常の生息地を提供するのに十分です。

1歳から3歳までの子供における鼻炎の最も一般的な原因:

  • バクテリア、ウイルス感染、
  • アレルゲンに対する反応
  • 腺機能不全
  • 粘膜構造の侵害
  • 鼻腔内に異物がある。

鼻の分泌物を激しくさせる原因となる刺激物や刺激物を除去するときには、鼻水は自力で消えるべきです。

長期鼻炎の影響

鼻炎の原因や原因となる病原体を排除するための措置を講じた後、それが合格しないが長引くようになった場合、対策を早急に講じて風邪の治療を開始することができます。さもなければ、子供は望ましくない効果を開発するでしょう:

  • 上顎洞に影響を及ぼす副鼻腔炎
  • 中耳炎、中耳の炎症につながる、
  • 咽頭扁桃腺の炎症を引き起こす腺様炎
  • 気管炎、気管支炎 - 上気道の病気。

このような病気では、粘膜は粘液を乾燥させて粘膜を乾燥させることはありません。その結果、呼吸不全による身体の低酸素または酸素欠乏が鼻の混雑に加わることになります。そのような過程は子供の精神発達と感情状態に悪影響を及ぼすでしょう。

Komarovskyは子供の鼻水を治療する方法を助言します

医師は粘液分泌物の濃度と性質によって特定の治療法の有効性を判断することをお勧めします。鼻腺の乾燥を防ぐことが重要であるため、病原性細菌の繁殖地となります。したがって、それは重要です。

  • 赤ちゃんの鼻を洗い、潤いを与え、
  • 床から空気を吸い取り、子供のいる部屋の湿度を調整する。

Nazol、Galazolin、NaphthyzinumはKomarovskyによって推奨されていません。そのような血管収縮薬は、子供の鼻水を治療するのではなく、一時的な改善をもたらします。その後、副作用が現れ始め、中毒が現れ、粘液が乾きます。これは問題の悪化や粘膜の損傷につながります。

血管収縮薬の代わりに、Komarovsky博士は子供のための殺虫剤を処方します。このツールは安全で、副作用はありません。この場合、薬は鼻腺の殻の薄い層を覆い、それを乾燥から保護します。 小児科医はトコフェロール、洗練されたワセリンおよびオリーブオイルの使用を勧めます。 各副鼻腔に3滴ずつ3時間に1回以上油滴を鼻に滴下する必要があります。

飲んで湿気のある空気

私たちは、Komarovskyの豊富な飲酒と冷たく湿った空気の提供の方法で鼻炎を治療します。赤ちゃんの部屋では、温度インジケータは18〜19℃、湿度は60〜70%です。部屋は2回換気して、湿式掃除をしてください。子供に熱がない場合は、定期的な散歩をお勧めします。

アスピレータを使用して鼻水を取り除く方法は?

赤ちゃんが呼吸しやすいようにするために、Komarovskyは人工的な手段、すなわち吸引器によって粘液の流出を促進することを推奨します。この方法では、洋ナシ注射器またはプラスチック製のチューブを使用して、余分な粘液や乾燥した皮をすばやく除去できます。鼻を機械的に洗浄する前に、生理食塩水が収集されている針を外した状態でシリンジでダクトを徹底的にすすいでください。

食塩水または食塩水による鼻腔洗浄:レシピ

あらゆる形の風邪をひいて、Komarovskyは、以下のような生理食塩水で粘膜を定期的に洗い流すことを主張します。

  • フーマー、アクアマリス、イルカ、
  • そのレシピは以下の通りです:小さじ1杯の活性物質を温かい沸騰したお湯で希釈します。

予防

Komarovskyは、風邪を治すのではなく、彼に警告するのが正しいだろうと言います。 Поэтому важно принимать профилактические меры.これらが含まれます:

  • закаливание ребенка с первого года жизни,
  • укрепление иммунной системы за счет сбалансированного питания, подбором правильных витаминов, оптимизации режима сна и бодрствования,
  • 新鮮な空気の中を定期的に散歩する
  • マッサージ、理学療法コース、朝の体操、スポーツ部門の助けを借りて、赤ちゃんの体力強化を行う。
  • ARVI、インフルエンザの流行中の鼻粘膜の食塩水洗浄
  • 子供のための最適な生活環境を維持する。

注意してください。このサイトの情報は情報提供のみを目的としています。あなたの問題を不幸にも解決できるサイトはありません。それ以上のアドバイスや治療については医師に連絡することをお勧めします。

Loading...