人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

肝疾患(B型およびC型肝炎)およびその他の消化管臓器の栄養

あらゆる種類のシリアルが許可されていますが、液体です。アルコール飲料は禁止されています。

野菜スープでは、厚さのために少量の低脂肪クリームや小麦粉を追加することができます。

野菜をスープに炒めることはお勧めできません。

治療の始めには、魚や肉をゆでるか蒸してください。塩味の肉や魚はいけません、あなたは様々なスパイスの追加を除外する必要があります。あなたはレモンジュースの助けを借りて料理の味を向上させることができますあなたは肉や魚に新鮮な野菜を追加することができます。

当日は、ガスを入れずに少なくとも7杯の普通の水を飲む必要があります。

食事は平均気温であるべきです、それはあまりにも暑いまたは冷たい食べ物を食べることは有害です。

体内での肝臓の役割

肝臓は最も重要な人間の臓器の一つです。

肝臓は右心気膜下に位置し、通常肋骨弓の端を越えてはみ出しません。肝臓は消化に関与しており、食物、水、空気と一緒に摂取される可能性のある有害物質の大部分を中和し、そしてまた代謝の過程において大きな役割を果たしています。ここから肝臓の3つの機能:消化、バリアと代謝。

  1. 消化機能:それは腸の消化過程に関与しており、大腸を介して内容物の動きを刺激する胆汁を生成するのは肝臓です。日中、肝臓は最大1〜1.5リットルの胆汁を分泌し、これは胆嚢に蓄えられ、必要に応じて腸に入ります。胆汁は脂肪の消化に必要で、脂溶性ビタミン(A、D、E、K)の吸収も促進し、ベータカロチンをビタミンAに変え、カルシウムの吸収を助けます。さらに、胆汁は腸の蠕動運動を増加させ、それが便秘の発生を防ぎます。
  2. バリア機能:肝臓 - 毒素に対する体の主要な防御、それらをより安全な化合物に変え、それが腎臓によって排泄されます。肝臓は、過剰なホルモン、ビタミン、およびアンモニア、フェノール、エタノール、アセトン、ケトン酸などの有毒な代謝産物を除去します。多くの薬を含む化学物質が分解されるのは肝臓の中です。
  3. 代謝機能:すべての必要な栄養素(炭水化物、タンパク質と脂肪の消化製品、ミネラルとビタミン)は肝臓を通過して、そこで処理されます。肝臓は脂肪や炭水化物の代謝に重要な役割を果たし、それはリポタンパク質、コレステロールおよびリン脂質の形成において、アミノ酸および糖からの脂肪酸の合成に関与しています。肝臓では、グルコース耐性因子と呼ばれる物質がクロムとグルタチオンから合成され、ホルモンのインスリンとともに血糖値を調節します。すぐにエネルギーを形成するために使用されていないそれらの糖は、肝臓でグリコーゲンに変わります。グリコーゲンは筋肉や肝臓に蓄積され、その後エネルギーがさらに必要になると砂糖に戻ります。肝臓は甲状腺機能の調節に関与しています。さらに、肝臓は血液に関与しており、それは多くの血漿タンパク質を合成します。肝臓は、失血またはショックの間に血管に投げ込まれる可能性がある大量の血液の貯蔵庫として機能します。

肝臓の健康への脅威としての環境の状態

現代の世界では、人は汚染された環境の悪影響にさらされており、しばしばストレスの多い状況下で多くの仕事をしなければならず、健康を完全に忘れています。

今日、あらゆる大都市では、放射能の増加、高レベルの一酸化炭素と炭化水素、工業廃水が水域に排出され、様々な産業からの発がん性物質や有害化学物質が大気中に放出されています。市民が購入する食品には、農薬、硝酸塩、殺虫剤、有害な防腐剤や染料、重金属塩、その他の有毒物質が含まれています。

肝臓は体内の自然なフィルターで、重すぎると汚染されて正常に機能しなくなります。

そのような状態での大きな負荷が肝臓にどのような影響を与えるのかを想像するのは容易です。そして、それは環境から体に入るすべての有害な物質を中和しようとします。多くの場合、肝臓はそのような大打撃に対処することが単に不可能です。さらに、制御されていない薬物治療、一定のストレス、うつ病、悪い習慣はもちろんのこと、睡眠不足や不健康な食事は、体の保護機能に悪影響を及ぼし、肝臓を悪化させます。

アルコールと肝臓

肝臓の健康にとって非常に危険なのは、アルコールを飲む習慣です。

アルコールの慢性的な使用では、肝臓の中で90%のエタノールが酸化されてアセトアルデヒドが形成され、それが細胞構造を損傷する可能性があるため、主に肝臓が罹患します。その後、アセトアルデヒドは酢酸に分解され、それは二酸化炭素と水に酸化されるか、または他の化合物に変換されます。エタノールを分割するプロセスは、肝臓の脂肪組織の形成につながります。同時に、肝臓の最も重要な機能が乱されます。タンパク質合成が抑制され、脂肪代謝が変化します。

肝臓のアルコール性病変には、脂肪症、肝炎、肝硬変、および癌が含まれ、これらはアルコール性疾患の進行の様々な段階で形成される。肝臓は再生(損傷組織の回復)が可能な唯一のヒト臓器であるため、肝臓損傷の初期段階では可逆的です。適時に医師に連絡することで、適切に選択された治療法およびライフスタイルの変更は、肝臓の通常の機能を回復させることができます。

肝疾患を発症する危険性のあるアルコールを飲むときは、青年、女性、過体重の人々がいます。肝臓が悪影響を及ぼさずに除去できる成人男性の一日当たりの許容最大エタノール量は、女性にとって40グラム以下であることを忘れないでください。

アルコールの使用が一般に認められている基準を超えない場合でも、肝臓は必然的にアルコールの影響を受けており、保護が必要であることを理解しなければなりません。

薬と肝臓

慢性疾患における長期投薬は顕著な毒性作用を有し、そして肝臓への薬物損傷の発生を導き得る。抗結核薬、抗ウイルス薬、抗新生物薬、およびいくつかの抗精神病薬を服用する場合は、肝臓の状態に特に注意を払う必要があります。経口避妊薬を定期的に摂取したとしても、肝臓の機能に悪影響を及ぼす可能性があります。

残念ながら、慢性疾患では、薬の服用を避けることは不可能です。この場合、あなたは追加のストレスから肝臓を保護する必要があります。

あなたは慎重に医師の指示に従うべきです - 決して薬の推薦された線量を超えないこと、入院条件に違反しないこと、そして処方されたコースの期間を変えないこと。医師が薬の副作用を確認するために追加の検査を実施することを勧めた場合、それは真剣にそして処方された検査に合格するまでの間にとられるべきです。

専門医の予約で薬を処方するときは、医師が服用している薬をすべてリストし、薬、アレルギー、薬に対する副作用のある症例をすべて含めるようにしてください。薬を購入した後は、注意深くパッケージの説明書をよく読んでください。質問や懸念がある場合は、医師に連絡してください。

慢性疾患の患者は市販薬を服用しないようにするべきです。ビタミンやバイオ添加物のような一見無害な方法を取ってさえあなたの医者と相談することがより良いです。さらに、薬物を定期的に摂取している肝臓は負荷が増加する状況で機能することを忘れないでください。そのため、アルコールの摂取を控えて栄養を監視する必要があります。

あなたが常に薬を飲む必要がなくても、どんな薬でも肝臓へのストレスであることを覚えていてください。いかなる場合も、医師の処方箋なしに自己治療したり処方薬を飲んだりしないでください。

摂食障害と肝臓

現代生活における健康的な食事の問題は非常に緊急になりつつあります。ほとんどの人は食事に従わず、夕方には食べ過ぎ、外食し、食べ物を噛む時間さえもありません。消化不良につながります。食事は脂肪、甘味、洗練された食品、コンビニ食品、缶詰が主流です。繊維。これに座りがちな生活を追加 - これは肥満や太りすぎの原因です。

太りすぎであることは審美的な問題だけではありません、今日それはしばしばそのように見なされますが。脂質および炭水化物の代謝が妨げられる、非常に深刻な結果を伴うこの疾患は、血管、心臓、関節に影響を及ぼし、多くの深刻な疾患を発症するリスクを増大させる。

体重が著しく増加すると、脂肪は皮下脂肪層だけでなく内臓にも沈着する。肝臓は食物からの炭水化物から得られるグルコースが遅れてエネルギー的に価値のある物質、すなわちグリコーゲンに変換されるのが肝であるので、そして肝臓は何よりも最も苦しんでいます。しかしながら、肝臓は限られた量のグルコースにしか対処できず、残りは脂肪に変換されて体内に貯蔵されます。

過食が体系的に起こると、脂肪の蓄積とともに肝臓のオーバーフローが起こり、脂肪性肝炎(脂肪症)が始まることがあります。今日、脂肪肝の有病率は非常に高い(先進国の人口の4分の1まで)。

炎症が加わった場合、脂肪性肝炎が発症する可能性があり、それが肝臓の線維化および肝硬変を招く可能性があります。

体重の漸進的な減少および体内の代謝過程の正常化を伴う脂肪性肝炎の逆発達の可能性に留意すべきである。急激な体重減少は肝細胞の破壊を増加させることに注意してください。医師のみが、食事の計画を立て、身体活動を計画することができます。その際、患者の個々のニーズと能力を考慮に入れます。

過剰な体重と肥満では、肝臓に影響を与える他の要因 - アルコールの使用、肝臓に有害な影響を与える薬、および喫煙 - を排除することが必要です。

しかし、45歳以上の人の体重が正常であっても、食物のカロリー量の減少は肝臓の保護とその正常な手術の維持に貢献します。食事はバランスが取れていて、十分な量のタンパク質、ビタミン、野菜、果物、野菜、植物性脂肪を含んでいなければなりませんが、動物性脂肪と単純な炭水化物の量は減らされるべきです。

肝疾患の予防と治療の手段としての栄養

肝臓や胆道の病気のための食事療法は、肝臓自体の機能を回復させ、胆汁形成と胆汁排泄のプロセスを正常化し、そして体全体の代謝障害を回復させるのを助けます。なぜなら、食べ物は簡単に消化され、それでも美味しいはずです。肝臓の病気では、食欲は原則として苦しみます。

医師はしばしばPevzner's No. 5の食事療法を勧めます。食事の基本は定期的な分割食です。3-4時間ごとに1日5〜6回。

肝疾患における食事栄養の本質は、動物性脂肪とタンパク質の消費を最大にすることです。植物油(コーン、大豆、オリーブ)を必ず使用してください。食事時間の厳守を監視することは重要です。

望ましい食事療法のすべての詳細、服従の持続期間は医者を決定します。

肝疾患の最善の予防法は健康的な食事です。定期的な食事、たくさんの新鮮な果物や野菜、簡単に消化できるタンパク質、植物油、低脂肪乳製品。肝臓の健康のためには、脂肪肉料理、洗練された製品、ファーストフードおよびコンビニ食品、ならびにチョコレート、ケーキおよび他の高カロリーのお菓子の量を過剰に摂取および制限しないことが重要である。

必須リン脂質とは

近年、生物活性添加剤は、時には食物繊維およびビタミンと組み合わせて、リン脂質、多価不飽和脂肪酸を含む、肝臓を保護するための医学において積極的に使用されている。

それらの組成物中の必須の(または必須の)リン脂質は、必須の高級脂肪酸(リノール酸およびアラキドン酸)を含有する。 「かけがえのない」という用語は、それらの組成中の高級脂肪酸が私たちの体内で生産されていないことを意味しますが、それらは通常の生活のために必要であり、そしてそれらの収入の源は外部環境です。

必須リン脂質はほとんどの細胞壁に見られます。必須脂肪酸の重要な特性は、それらの抗酸化作用(フリーラジカルの悪影響を阻止する能力)です。

研究者らは、必須脂肪酸欠乏症は慢性および急性の両方の肝障害の普遍的な症状であると考えています。明らかに、必須リン脂質は脂質酸化の過程で消費され、それ故に、異常な肝機能の場合には、それらの欠乏症が発生する。

さらに、肝疾患における必須脂肪酸欠乏症の発症において、脂質代謝は、特に腸における脂肪の吸収の侵害の役割を果たす可能性が高い。

実際の医学において、必須リン脂質の治療上の可能性はアルコール性肝疾患において最も顕著でありそして最もよく研​​究されている。

必須リン脂質の使用は、肝臓における結合組織の過剰な発達を防ぐ。肝線維症。必須のリン脂質の抗線維化作用は、ウイルス性肝疾患におけるようにアルコール性肝疾患においては、顕著な炎症なしに、線維症の進行によってのみ起こり得るので、最も実用的な関心事である。

肝疾患のための抗酸化剤および抗線維化療法としての必須リン脂質の治療有効性は研究され続けている。

肝疾患に対する一般的な食事の推奨

長期ダイエット - 1.5 - 2年

1日に5〜6回、3〜4時間ごとに栄養補給

2.0キロまで - 肥満のための一日あたり最大3.0キロまでの食物の毎日の食事。

肥満を背景とした脂肪肝疾患を伴う1日当たり3,000 kcalのカロリー - 1日当たり1800〜2500 kcal /日または30 kcal / kg体重

門脈圧亢進症および腹水症を伴う表塩8-10 g - 1日当たり4 g

1日当たり3.0リットルまでの水分量、1.0リットルまでの腹水症(利尿薬の管理下)

調理方法 - 煮沸、蒸し、汁を除去しながら水または野菜スープで煮込み、180度を超えない温度でオーブンで焼く。肉料理や魚料理は沸騰した後焼きます。小麦粉、クラッカー、野菜は継代されず、バッターは除外されます。クリームと植物油は、調理済みの食事に入れられます。昨日のパン卵は料理に使われ、大部分はタンパク質です。適応に従ってピューレ食品。

1日あたりの蛋白質100-110。 1日あたり最大40 g、または1日あたり0.6 / kg体重の肝性脳症

低タンパク質含有量:野菜(0.8〜4.0g)*、果物(0.4〜2g)、牛乳、ケフィア(2.8g)、カッテージチーズ(14〜18g)、チーズ(23〜28)、バター( 0g)、卵(1個 - 6.3g)。
高タンパク質含有量:パン、パスタ、シリアル(7〜11g)、ソーセージ(10〜12g)、魚(16〜18g)、牛肉の肉、子牛肉、家禽、ウサギ(1​​8〜20g)、豚肉(12〜14g) 、マメ科植物(21g)、ナッツ(16g)。
* - すべての値について、製品100 gあたりのタンパク質含有量

1日80-140gの脂肪、そのうち70%が動物性、30%が植物性脂肪。脂肪肝ジストロフィーで1日あたり最大80g。胆汁の流れが150 gまで遅れ、そのうち50%が野菜です。
1日当たり50-70gまでの黄疸を伴う。

低脂肪含有量 - 野菜、果物(オリーブ、アボカドを除く)、無加工パン、パスタ、シリアル、スキムミルク、カッテージチーズ、ケフィア、肉類(鶏の胸肉、赤身の牛肉)、魚(タラ、アイス、メルルーサ)、卵白、マメ科植物(豆、エンドウ豆、豆、レンズ豆)。
高脂肪含有量 - バターや野菜、脂肪質の肉、家禽、魚、ラード、スモークミート、脂肪質乳製品、チーズ、アイスクリーム、パン、ペストリー、ペストリー。

炭水化物400〜450g、そのうち単純な炭水化物50〜100gは脂肪と結合しません。
肥満、1日当たり250〜300g

単純炭水化物 - グルコース、砂糖、モルト、乳糖、フルーツシュガー。
複合炭水化物 - 消化性(デンプン穀物とジャガイモ)および非消化性繊維、ヘミセルロース、ペクチン。

  • 焼きたてのパン、ライ麦パン、パフペーストリーおよびペストリー、パイ、ケーキ、ビスケット、クッキー
  • 脂肪肉(豚肉、子羊肉、アヒル、ガチョウ)、肝臓、腎臓、脳、豚肉、羊肉、牛脂、マーガリン、食用油、脂肪質魚(ベルーガ、ケタ、チョウザメ、チョウザメ)、塩漬け魚、揚げ物焼き
  • 肉、魚、きのこのスープ、オクローシカ、グリーンスープ、ホッジポッジ
  • Копчености в любом виде, колбасы
  • Жирный творог, соленый и острый сыр, мороженое
  • Яйца вареные вкрутую и жареные
  • Бобовые грибы, щавель, шпинат, редис, редька, лук, чеснок, квашенная капуста, кислые фрукты и ягоды, фрукты богатые клетчаткой, орехи
  • Консервы, маринованные овощи и другие маринады
  • Горчица, перец, хрен, пряности
  • Шоколад, халва, черный кофе, какао
  • Все алкогольные напитки, пиво
  • Газированные напитки, квас

  • 昨日のベーキングパン、クラッカー、ドライビスケット、ビスケット
  • 低脂肪肉の種類 - 牛肉、ウサギ、家禽 - 鶏肉、七面鳥、魚 - パイクパーチ、タラ、ブリ、パーチ、サフラン、シルバーヘイク、ゼラチンのリバーゼリー魚、牛煮煮
  • ドクターソーセージ、ミルクソーセージ、低脂肪ハム、ニシンの浸し
  • 牛乳や乳製品、低脂肪カッテージチーズ、豆腐鍋、チーズケーキ、怠惰な餃子、スフレ、マイルドなチーズ
  • 様々なシリアル(オートミール、ヘラクリーン、そば)からの砕けた、そして半粘性のシリアル、ミルク、プリン、ゆでた春雨、パスタ、キャセロール、シリアルとパスタのおかず
  • 牛乳のスープ、シリアル、パスタと野菜の野菜スープ、フルーツのボルシチ、ビーツのスープ、キャベツのスープ
  • 卵1個または2pro 1日あたりのタンパク質オムレツの準備用、タンパク質オムレツ - 週2、3回
  • バターと植物油を揚げずに即席食事に加え、バター25〜30 gと植物油30〜50 g /日
  • 野菜、野菜ジュース、野菜のおかず - カリフラワー、ブロッコリー、ニンジン、カボチャ、ズッキーニ、ジャガイモ、アーティチョーク、フェンネル、セロリ、グリーンピース、青ネギ(煮沸後)
  • パセリとディルを少量、ベイリーフ、シナモン、クローブ、バニラ
  • 生のままの形や皿の中に入ったベリーや果物の甘味のある品種、許容度の高いレモン、黒すぐり、ドライフルーツ - プルーン、ドライアプリコット、イチジク、レーズン
  • 砂糖、蜂蜜、ジャム、熟した、甘いフルーツとベリーのジャム、マーマレード、マシュマロ、マシュマロ、フルーツとベリーのソース
  • 紅茶とコーヒーは、牛乳、ドッグローズスープ、フルーツ、ベリー、野菜ジュース、ベリーフルーツドリンク、コンポート、マッシュポテト、ゼリーなしでは強くありません。

一般的な規則

肝炎 病気の中で最も一般的です。急性肝炎は感染源があります。そしてウイルスの場合 E型肝炎 そして A型肝炎 (ボトキン病)は好ましい経過をたどり、慢性にならないで B型肝炎 そして あり診断と治療の著しい進歩にもかかわらず、慢性的な肝障害につながります。彼らは最も頻繁な開発によって特徴付けられる。 肝硬変 そして 肝癌.

慢性肝炎は、急性肝炎および化学物質中毒に起因します。 アルコール依存症 または慢性感染症。慢性肝炎は回復して終了する 肝硬変肝不全を発症する可能性があります。これらの疾患の基本表は ダイエットナンバー5 そしてその品種。

肝炎の食事療法は病気の段階によって異なります。急性肝炎では、入院、安静または安静を含む保護的予防療法が処方される 肝性脳症)とダイエット食品。黄疸が治まると、患者は病棟に移動します。すべての急性肝炎では、初めてより良性の処方を受ける ダイエット番号5A。食事療法は節約の程度、調理方法が異なるため、病気の時期によって異なります。

皿の機械的効果は、それらの稠度および量、粉砕および加工の程度(調理またはフライ)によって決定される。化学作用は製品を構成する物質です。強い刺激物は抽出物質および精油です。

控えめな食事療法の任命の目的は、すべての消化器官を温存することです。それは消化管器官、そしてまず第一に、急性期において重要である肝臓に安静をもたらし、そしてその機能の正常化に寄与する。初めて解毒するには、水分摂取量を増やします(2〜2.5リットル)。

食事療法は蛋白質(100 g)および炭水化物(400 g)で完全である、しかしその脂肪分は70 gに制限されている。消化不良症状(吐き気、嘔吐、食物への嫌悪感、鼓脹、 便秘 または 下痢a)脂肪量をさらに減らし(50 g)、不耐性の場合は植物油を除く。たんぱく質、脂肪親和性物質(カッテージチーズ)、 ビタミンの (果実、野菜、果物、ジュース)これは胆道機能を損なう可能性があるので、消化しやすい炭水化物の含有量を増やすことはお勧めできません。 1日5〜6食を用意しました。

急性期の食事は以下の通りです。

  • ねじれた肉とみじん切りの煮野菜の蒸し煮料理。ソテー、煮込み、揚げ物は除きます。
  • 難治性の脂肪や塩分の量を減らしました。
  • 脂肪親和性製品(カッテージチーズ、そば、ホエー、繊維、バターミルク、多価不飽和脂肪酸)の量が増えました。
  • 野菜スープで挽いた野菜とひき肉のスープ。野菜はドレッシングスープのために揚げることはできません。ピューレスープは許可されています。バター、サワークリーム、牛乳、またはクリームを使った季節のスープ。
  • 古くなった小麦パン(ⅠとⅡ)と赤身のビスケット。
  • 低脂肪の肉と魚の煮物と水蒸気の形のみじん切り製品。魚は煮ることができます。
  • Semolina、そば米雑炊、米、オートミール、オートミール、そこからお粥を水で沸かします(牛乳を加えることができます)。カシは半液体のコンシステンシーに擦り切れます。細かいゆで春雨と小さなパスタが許可されています。
  • 低脂肪乳製品、半脂肪カッテージチーズ(それから天然およびそれからの料理)。牛乳とバター - 料理の中だけ。サワークリームは料理の調味料として使用されます。
  • タンパク質オムレツ。
  • 持ち運びに便利な植物油のみ(調理済み)。
  • 野菜(じゃがいも、カリフラワー、かぼちゃ、にんじん、ビート)は煮て粉砕し、さらにマッシュポテトの形でも。
  • 生のままの熟した甘い果物は、ピューレ、焼き、煮物でしか食べられません。
  • レモンティー、ミルクティー、ドッグローズインフュージョン、ガス抜きの水。

  • スープ
  • 難治性の脂肪、香辛料、香辛料、ピクルス、ピクルス、缶詰食品。
  • 粗繊維(マメ科植物、スウェーデン人、ナッツ、種子、きのこ、キャベツ)、精油を使った野菜(大根、玉ねぎ、にんにく、ねぎ、大根)。
  • 脂肪肉、内臓および脂肪の多い魚
  • クリーム菓子、黒パン、マフィン、キビ
  • コーヒー、アイスクリーム、チョコレート、ココア。
  • 卵黄
  • 酸っぱい果物や果実、野菜や果物をそのままの形で。
  • アルコールとガスを飲みます。

合併症がない場合 表番号5A 6週間に任命する。次に、患者は基地に移動します 表番号5これは6-12ヶ月の間お勧めです。食事療法は、機械的および化学的節約の程度、調理方法が異なり、したがって、病気のさまざまな時期に任命されます。急性肝炎の後は、スポーツを制限することが推奨され、肉体労働、夜間勤務および長時間の出張は除外されます。

肝炎ダイエット 肝硬変 慢性的な経過と増悪のない期間 - これ 表番号5これについては後で詳しく説明します。彼らは胆汁の停滞の兆候があるならば彼らは食事療法に訂正をします:彼らは砂糖を制限して、そしてより多くの野菜、果物、野菜とフルーツジュース、そして植物油を紹介します。この場合の総脂肪量はわずかに増加し、植物性脂肪は食事中の全脂肪の35%を占めています。

良性の病気の経過を認めることは許される ダイエットナンバー15 - 一般的なテーブルですが、その上にある人は、脂肪肉、スモークミート、おいしいスナック、スパイス、生地(バターとフレーク)、精油を含む野菜を除外しなければなりません。アルコールは禁止されています。患者の増悪中に一時的にに転送されます 表番号5A.

肝硬変が良性の経過をたどり、そして患者の状態が何年もの間満足のいくままであるならば、基礎表が示される。あり 消化不良症状 - №5А。印が付いている場合 下痢 そして 脂肪便 (脂肪の吸収の侵害の兆候)その後、50〜60グラムに脂肪の量を制限し、牛乳と下剤を除外します。

と一緒に起こる肝硬変 腹水症、推奨される食事療法の低エネルギー(2000キロカロリーまで)、たんぱく質70 g、塩分0.5 g以下。すべての料理は塩なしで調理されています。無塩パンとバターは許可されています。液体と注射されたカリウム含有製品の量も減らしてください。食事は主に菜食主義者であるべきです。患者を無塩にすることは数日間(10日まで)の間勧められます 表番号7.

窒素含有スラグの血中蓄積により、動物性タンパク質の量はさらに減少するが、消化しやすい炭水化物の含有量は増加する。食欲がない場合は、新鮮な野菜、果物、それらのジュース、発酵乳製品が食事に優先するはずです。時々それらの上のスパイスと弱い肉スープとスープは少量で許されます。

肝臓で代謝される肝毒性薬の使用は、 中毒性肝炎。これらの薬は メトトレキサート, パラセタモール, アモキシシリン/クラブラン酸塩, フルクロキサシリン、非ステロイド性抗炎症薬、 テトラサイクリンスルホンアミド コトリモキサゾール, ニフランタイン.

中毒性肝炎はアルコールとその代用品の乱用を引き起こします。エタノールの毒性作用は血中のアセテート濃度に直接依存します。 アセトアルデヒド肝毒性作用があり、細胞膜の機能を破壊します。治療用量で使用されている薬を服用する背景にアルコールを服用すると、それらに対する感受性が高まり、毒性の肝障害が起こります。

いくつかの産業毒は肝臓組織に親和性があり、たとえそれらが少量で与えられたとしても効果を生み出します。それは ハロウ, クロロホルムアゾ染料 スチレン, ベンゼン, りん、有機リン系農薬、ヒ素。毒による急性肝障害は極めてまれです。

肝臓の中毒性肝炎、心気症の痛み、吐き気、脱力感、進行性 黄疸、肝機能の変化とその増加。治療は、有害物質との接触、解毒療法の任命、腸管吸収薬、肝保護薬を排除することです。 ビタミンの そして胆汁分泌促進薬。臨床的栄養に対する毒性のある肝炎の推奨が上記と変わらないとき。

C型肝炎とは何ですか?食事はいつ表示されますか?

C型肝炎は、肝臓の組織に構造的変化を引き起こすウイルス性疾患です。この疾患は、さまざまな外科手術または他の種類の介入中に血液を介して伝染する可能性があります。ウイルスの伝染は粘膜を通しても行われる。 C型肝炎は、薬を注射する人によく見られます。

C型肝炎は腫瘍と肝硬変を引き起こす可能性があります

この疾患は2つの形態に分けられます。

病状の第一のタイプは、肝臓の組織で起こる急性炎症過程によって特徴付けられる。同時に、症状は関節痛、精神障害および胃腸管障害の形で感じられます。

病状の最も危険なタイプは慢性C型肝炎です。この病気の形態は様々な腫瘍の進行と肝臓の肝硬変を招きます。多くの場合、病気の経過は致命的なことがあります他の形態の肝炎の追加によって複雑になります。

多くの人が考えるかもしれないので、C型肝炎の食事療法の目的は全く補助的ではありません。栄養は治療過程の必須の構成要素として提供されており、あらゆる形態の疾患に使用されています。

医療栄養は、罹患臓器への負担を減らすことを目的としており、肝臓の痛みを軽減するのにも役立ちます。

表5は、肝臓および胆道の疾患について示されている。 治療的栄養の目標は、肝臓の機能を調節し、胆汁の分離を促進することです。 この食物は、影響を受けた臓器に温存効果があります。食事療法が観察されるならば、必要なグルコゲンが蓄積して、肝臓は排出されて、正しいモードで働きます、その機能は回復します。

表5は肝臓および胆道の疾患について示されており、食事は脂肪摂取の制限を意味する

食事療法の栄養の特殊性は、日常の食生活で病気の臓器に有害な脂肪が事実上存在せず、そして炭水化物とタンパク質がその基礎を形成するという事実にあります。シュウ酸を含む料理や脂肪の消化が難しい料理は除外することをお勧めします。使用コレステロール量が減少します。

食事はたんぱく質を多く含む食品が主流です。この医療栄養の基本的な規則と原則:

  1. ペクチンと食物繊維を含むダイエット食品を毎日摂取し、消化管を正常化する必要があります。
  2. 食べ方は分数であるべきです。 1日に5〜6回必要です。
  3. 料理は焼き、焼きそして煮込むことができます。
  4. 風邪をひかないでください。
  5. 食物繊維は豊富な野菜のいくつかの品種を除いて、粉砕することはできません。

食事番号5は少なくとも1年間は観察されるべきです。病気の重症度によって、用語は変わるかもしれません。

肝硬変がC型肝炎に加わった場合、表5も表示されますが、食事中のタンパク質製品の含有量は少なくなります。

食事療法によるB型肝炎の治療

感染性の肝臓の炎症としてのそのような診断は特別な医療処置を必要とします。 B型肝炎の食事療法の治療は、病気の最初の日から示されています。患者は健康を回復することを可能にするダイエッ​​トテーブル番号5を処方されています。治療食は病気の肝臓への負担を軽減します。それはその仕事に対処することができません、すなわち、十分な量で体全体に血液を濾過して分配することはできません。適切な治療法がなければ、臓器機能不全は身体の中毒や重篤な合併症の発症につながります。

B型肝炎の食事療法の治療は以下の規則に基づいています:

  • 頻繁に食べる必要がありますが、少しずつです。当日は、3回のフルミールと2〜3回の軽食が必要です。
  • アルコールと喫煙をやめる必要があります。食事療法で脂肪質、揚げ物、塩辛い、コショウおよび甘いべきではないです。食用油の使用は肝臓を悪化させ、肝炎の悪化を招く可能性があります。塩は水交換プロセスを混乱させ、生命システムや臓器の機能低下や機能不全を引き起こします。
  • 飲酒制度には特に注意を払う必要があります。 1日に少なくとも2リットルの純水を飲まなければなりません。あなたは新鮮な果物、ベリーと野菜ジュース、果物の飲み物、コンポート、様々なハーブの注入と緑茶を飲むことができます。強い紅茶とコーヒーは放棄する必要があります。禁止は炭酸飲料、包装された店ジュースと甘いカクテルを含みます。

上記の推奨事項を遵守することで、罹患臓器の働きが容易になり、回復の過程がスピードアップします。さらに、適切な栄養は、体全体の体重と機能を正常化するのに役立ちます。

食卓テーブル№5

  • 慢性および急性肝炎、胆嚢炎、肝臓の肝硬変、胆道の炎症、胆道および肝臓の機能不全を伴う。
  • 栄養の主な本質は、影響を受けた臓器の機能障害を正常化し、脂肪とコレステロールの代謝を調節し、肝臓にグリコーゲンを蓄積し、腸の運動活性と胆汁分泌を刺激することです。
  • 食事療法の配給エネルギーはいっぱいで、たんぱく質、脂肪、炭水化物を十分に含んでいます。治療は、コレステロール、エッセンシャルオイル、プリン、窒素含有抽出物を多く含む食品の排除を含みます。これにより、繊維、液体、および脂肪親和性物質の量が増えます。 3000キロカロリーまでの食事療法のエネルギー価値。食べ物は揚げることが許されていません、それは料理すること、蒸気を出すこと、焼くことまたは煮ることをお勧めします。

慢性B型肝炎のための食事療法

長期にわたる病気の経過は、生物全体の機能に悪影響を及ぼす。慢性B型肝炎肝臓の食事療法は、痛みを伴う症状を軽減することを目的としています。治療用栄養剤は炎症を起こした臓器から負荷を取り除き、徐々に正常な動作を回復するように設計されています。

  • 治療は、わずかな量の食物摂取、水分収支、および承認された製品のみの使用を含みます。調理の方法に特に注意を払う必要があります、製品は調理、焼き、煮込み、蒸しすることができます。植物性および動物性脂肪を加えて揚げることは禁止されています。
  • 妊娠中の女性や消化器系に問題がある人にこの病気が発生した場合は、便秘を予防する食品(煮ビート、乳製品、植物油の入ったサラダ)を食事に含める必要があります。
  • 毎日の食事の主な量は野菜、果物、シリアルです。野菜は新鮮に摂取することができますが、焼くか蒸すことをお勧めします。全粒粉パンまたはライ麦パンを食べることができます。乳製品、赤身の肉、魚があるはずです。
  • まれに、あなたは甘い、甘いペストリーで自分を甘やかすことができます。店のお菓子は、脂肪の多いバタークリームを使わないでください。病気の悪化を招く可能性があるからです。

慢性肝炎の食物は厳密な制限なしに合理的であるべきです。しかし食事療法の規則に従うことは必要である。アルコールには肝毒性作用があるため、唯一の禁忌はアルコールの使用です。

成人の肝炎ダイエット

成人年齢の患者における肝疾患の治療は、概して、非常に困難に進行する。これは、食事の再構築と健康的な食事への移行が困難なためです。 Диета при гепатите В у взрослых – это ряд ограничений, позволяющих наладить работу больного органа. Печень – это важная часть пищеварительной системы, которая принимает участие в процессах кроветворения и обмена, выработки ферментов, гормонов, инсулина и других, необходимых для нормальной работы организма веществ.

薬用ダイエットは、影響を受けた臓器に圧力をかけない簡単に消化可能な製品の使用を含みます。メニューはビタミンとミネラルが豊富であるべきです。刺激作用があり、消化器官の分泌を刺激する製品を使用することは禁止されています。コレステロールが豊富で肝細胞に有害な影響を与える食品は禁止されています。すべての年齢の患者に治療用ダイエット番号5を処方しました。この食事療法は習慣になるはずです、従って病気の悪化およびそれ以上の進行を避けます。

健康なB型肝炎保菌者による食事

眠っている状態の人体には、特定の要因の影響下で自分自身を感じさせる多くのウイルスや感染症があるかもしれません。 B型肝炎の健康な保菌を伴う食事療法は、血液中に疾患のウイルスが検出された患者に適応されます。

健康な体を維持するための栄養の主な指標を考慮してください。

  • 肝炎が自分自身を感じさせないようにするためには、肝臓に化学的および機械的刺激作用を及ぼす食物の消費を最小限にすることが必要です。スパイス、調味料、その他の食品添加物には注意してください。
  • アルコール飲料を乱用することはお勧めできませんが、それらを完全に使用しないことをお勧めします。ニコチン中毒は肝臓や体全体の健康にも危険です。
  • 動物性および植物性の脂肪、さまざまなスモークミート、太った肉、家禽および魚、ソーセージ、缶詰食品の使用を最小限に抑えることをお勧めします。ほうれん草、きのこ、大根、スイバ、ニンニクなどの野菜を乱用するのは望ましくありません。飲み物を選ぶときは、濃い紅茶、コーヒー、甘い炭酸飲料を大量に飲まないでください。
  • 栄養には特に注意が払われています。頻繁に食べる必要がありますが、少しずつです。胃腸管と肝臓が正常に機能するためには1日4〜6食で十分です。食べ過ぎや夜間の軽食は肥満や病気の活性化につながる可能性があります。
  • それは料理をする、蒸気を出す、焼く、または煮込むのが良いです。様々な油脂を加えて揚げた食事は最小限に抑えるべきです。このようにして調製された食品はコレステロールに富んでいるので、それは肝臓の健康に悪影響を及ぼす。

上記のすべての推奨事項に従って、B型肝炎の健康な保菌者状態を特定した患者は、疾患の発症から身を守ります。

B型肝炎の食事メニュー

肝疾患の治療において、患者は様々な医学的勧告に従う必要があります。主な処方は食事療法に関するものです。あなたがはるかに簡単に病気を移すことを可能にするB型肝炎のための模範的な食事メニューを考えてみましょう。

  • 朝食:ミルク入り粥、緑茶。
  • スナック:りんごまたはバナナ。
  • ランチ:魚の蒸し煮と焼き野菜を使ったマッシュポテト。
  • スナック:野菜サラダ、紅茶またはジュース。
  • ディナー:そば粥とスチームチキンのパテ。
  • セカンドディナー:ケフィアのグラス、ビスケット。

  • 朝食:ドライフルーツのカッテージチーズ、ケフィア。
  • おやつ:お茶とクラッカーの一握り。
  • ランチ:野菜スープ、ゆで鶏胸肉のパスタ。
  • スナック:野菜と植物油のドレッシングと亜麻の種子のサラダ。
  • 夕食:パスタと卵白のキャセロール、お茶。
  • セカンドディナー:ケフィアのグラス。

  • 朝食:小麦シリアル、緑茶。
  • スナック:リンゴ、バナナ、その他の果物。
  • ランチ:牛乳麺のスープ、マッシュポテトとミートボール。
  • スナック:オートミールクッキー、フルーツジュース。
  • 夕食:焼き肉とりんごと野菜。
  • セカンドディナー:蜂蜜入りの緑茶。

  • 朝食:フルーツ入りミルクのお粥、緑茶。
  • スナック:カッテージチーズとドライフルーツ。
  • ランチ:野菜スープのボルシチ、ミートボールのライス、ゆでビート。
  • おやつ:緑茶、焼きりんご。
  • ディナー:クルミと野菜のサラダ、ゆで肉。
  • 2回目のディナー:ケフィア、無味のスポンジケーキ。

  • 朝食:赤身のロールパン、緑茶。
  • スナック:どんな果物でも。
  • ランチ:ソバスープ、スチームパティのそば、野菜サラダ。
  • スナック:フルーツサラダ、ハチミツとオレンジジュースのドレッシング。
  • 夕食:焼き魚と野菜。
  • セカンドディナー:ヨーグルト、ガレットクッキー。

  • 朝食:カッテージチーズ、ハチミツ、緑茶。
  • スナック:野菜サラダとライ麦パンの切れ端。
  • 昼食:肉の入ったお粥、クラッカーの入った野菜スープ。
  • スナック:どんな果物でも。
  • 夕食:焼きカボチャ、緑茶。
  • セカンドディナー:ケフィアのグラス。

  • 朝食:フルーツと水のオートミール。
  • スナック:煮ビートとクルミと植物油のサラダ。
  • ランチ:サワークリームソースとチキンの自家製麺。
  • スナック:クラッカー入りの果物または野菜ジュース。
  • 夕食:鍋、ケフィア。
  • セカンドディナー:ヨーグルト。

ダイエットレシピ

治療食が飽きずに治癒過程が早いために、おいしい食事のレシピがあります。 B型肝炎のために準備することができる簡単で有用なレシピを考えてください:

1.キャベツ

  • 北京キャベツまたは白葉200グラム
  • にんじん1個
  • 弓1個
  • 米50g
  • チキンまたは七面鳥200 g
  • 野菜スープ200ml
  • サワークリーム50 g
  • バター10〜15g
  • スパイスやハーブを味わう

北京キャベツを使用する場合は、それを葉に分解し、肥厚を切り落として野菜スープを別に用意しなければならない。キャベツから料理を作る場合は、塩水で沸騰させ、葉に分解して増粘を切る必要があります。別に、少量の野菜スープを注ぎます。フライパンでにんじんと玉ねぎをバターで切る。米を沸騰させ、ひき肉と1/2野菜を混ぜる。ミンチをキャベツの葉の上に広げ、キャベツのロールを巻いて野菜スープの入った鍋に入れる。サワークリームを残りの野菜煎じ薬と混ぜ合わせ、野菜、香辛料、またはハーブを加えて味を合わせ、混ぜる。キャベツロールに出来上がったソースを入れてオーブンに入れるか、または30〜40分間ゆっくりと火にかけます。

スパイス焼きカボチャ

  • かぼちゃ500g
  • ハニー20g
  • アップル1〜2個
  • シナモン
  • 干ししょうが
  • バニラシュガー

カボチャの皮をむき、それを部分に切って、それをベーキングペーパーでベーキングシートの上に置きます。りんごを切り刻み、蜂蜜とスパイスを混ぜる。得られた混合物をかぼちゃ片に穏やかに乗せ、150〜160℃の温度で40〜50分間オーブンに入れて焼く。

3.ドライフルーツ入りオートミールカップケーキ

  • オーツ麦フレーク1〜2杯
  • ケフィア1杯
  • 卵1個
  • ドライフルーツ
  • 潤滑剤用バター

オートミールにケフィアを30分間注ぐ。フレークが膨潤したらすぐに卵とドライフルーツを加え、よく混ぜます。ベーキング皿を羊皮紙で覆い、バターで磨く。形でケーキを注ぎ、170度の温度で40分間オーブンに入れてください。

4.昨日のパスタのプロテインキャセロール

  • マカロニ
  • 卵白4個
  • サワークリーム50 g
  • ハードチーズ100 g

泡に卵白をビート、サワークリームと細かいおろし金でおろしたおろしたハードチーズの一部を追加。パスタをタンパク質混合物と混ぜ合わせ、それをベーキングトレイに入れ、残りのチーズをのせ、そして180度で20〜25分間オーブンに送る。

ナスとチーズのサラダ

  • ナス1〜2個
  • 植物油5グラム
  • ホワイトチーズ100 g
  • オレガノ調味料
  • 海の塩

ナスを細切りにし、塩を入れて10分間放置する。ナスがジュースを作ったらすぐに、水でよくすすぎ、ペーパータオルで乾かします。塩を使用すると、野菜から苦味を取り除くことができます。各スライスに植物油を塗り、ベーキングシートまたはプレートに広げ、オレガノをふりかけ、最高温度で5〜7分間、またはオーブンで180〜15分間焼きます。野菜の準備ができたらすぐに、それらをアラカルトプレートに移し、上からチーズを拭きます。

あなたはB型肝炎で何を食べることができますか?

炎症性および感染性疾患の治療を迅速かつ効率的に行うためには、すべての医学的勧告に従うことが必要です。非常に頻繁に、患者は食事療法を処方され、そしてそれらの多くはあなたがB型肝炎と一緒に食べることができるものに興味を持っています

  • 魚や肉の低脂肪品種。
  • 様々なシリアルとシリアル。
  • 低脂肪含有量の乳製品。
  • 卵(タンパク質のみ)。
  • 昨日のパン、クラッカー、小麦粉製品、ロングクッキー。
  • 野菜(ゆで、蒸し)、果物、野菜。
  • 天然ジュース、フルーツドリンク、野菜煎じ薬、緑茶。

食事は完了しているはずです。化学組成によると、この割合を守る必要があります。1日当たり400 gまでの炭水化物、1日当たり100 gのタンパク質(60%の動物)、90 g(30%の野菜)。食事の毎日のエネルギー値は3000キロカロリーを超えてはいけません。 1日に摂取できる塩は4 g以下で、液体は2リットルまでです。

あなたは頻繁に食べる必要がありますが、少しずつ、つまりフラクショナルモードを守るためです。食べ物は蒸気を出す、沸騰させる、または焼くのが良いです。特に病気が急性期にあるならば、使用の前に、それは食物を挽くことが望ましいです。調理済みの食事は、暑くも寒くもなく、常温にしてください。

B型肝炎と一緒に食べられないものは?

あらゆる疾患の治療は、患者が多くの制限に直面しなければならない複雑なプロセスです。患者が最初に直面することは、彼の通常の食事療法を変えることです。栄養の基本的な規則とB型肝炎と一緒に食べないことを考慮してください。

  • それは完全に飽和、強いキノコ、魚や肉のスープの使用を排除する必要があり、それらは抽出物を含んでいます。食品ジュースの生産量が増加するため、これらの物質は肝臓への負荷を増加させます。
  • コレステロールが豊富な食品(卵黄、内臓)をあきらめる必要があります。コレステロールは胆嚢の収縮を引き起こし、損傷を受けた臓器の細胞を刺激します。
  • シュウ酸含有食品(スイバ、ほうれん草、チョコレート、濃い紅茶、トマト)は禁止されています。この物質は腸の蠕動運動を高め、消化過程を刺激しますが、ダイエット食品は消化管を温存することを目的としています。
  • エッセンシャルオイルを含む製品の使用を中止するか、または使用量を最小限に抑えることが必要です。これはニンニク、マスタード、タマネギ、大根です。これらのエッセンシャルオイルは刺激性があり、消化過程を刺激します。

  • アルコール飲料や炭酸飲料は飲まないでください。アルコールはエタノールを含み、肝細胞を傷つけます。ソーダは消化器官の分泌を刺激するので、それを過負荷にします。

食事療法の服従は消化器の負荷を最小にする。これは炎症プロセスを排除し、体を改善するのに役立ちます。

ダイエットのレビュー

B型肝炎の食事療法は肝疾患と診断されたすべての年齢の患者に人気があります。食事療法の多数の検討はその治療特性を確認する。そして、これは驚くべきことではありません。栄養は、通常の機能に必要なすべてのビタミンとミネラルを体が摂取するように設計されているからです。治療食は治癒過程を促進し、損傷を受けた臓器への負荷を最小限に抑えます。

肝疾患で何が食べられますか?

現在、現代医学は、さまざまな肝疾患を持つ人々のために毎日食べることができる製品のリストを大幅に拡大しました。それにもかかわらず、そのような患者にとって起こり得る合併症を避けるためにこの臓器に過負荷をかけないことが重要です。治療中の患者さんの脂肪量は厳しく制限されるべきです。

肝疾患の食事療法は、以下の要素を含めることが必須です。

    肝疾患の患者さんにはさまざまな製品が許可されています。

    お粥の形の穀物(強く煮ていない)

    パスタは限られた量で消費されるべきです、

    乳製品および乳製品(低脂肪カッテージチーズ、低脂肪サワークリーム、ryazhenka、牛乳、ケフィア、ヨーグルトなど)、

    低脂肪品種の肉(子牛肉、牛肉、七面鳥、鶏肉、ウサギなど)

    川と海の魚

    卵、オムレツの形でまたは他の皿(チキンとウズラ)で、

    野菜と野菜(豆類と粗繊維を含む野菜の数を制限する)、

    フルーツ(なし)

    蜂蜜(優れた砂糖代替品ですが、限られた量で消費されるべきです)など

    準備した料理に植物油を塗る必要があります。

    肝疾患患者のための最初のコースを準備するとき、それはきれいな水か野菜スープのどちらかを使うことが必要です。あなたはミルクスープを忘れてはいけません。ミルクスープは非常に簡単に消化され、長い間患者に満腹感を保ちます。

    患者は治療中の糖量を制限する必要がありますが、消化器科医は彼らにいくつかのお菓子を許可します。

    ムース(果実または果物から調理)

    いかなる治療の経過中も、患者が体内の正常な水分バランスを維持することが重要です。

    肝疾患の場合は、以下の飲み物をお勧めします。

    果実とドライフルーツからコンポート、

    果実から醸造キッスル

    天然の野菜やフルーツジュース

    肝疾患のある人は、次のように食べ物を準備するべきです:

    蒸気、

    オーブンで焼く

    酸っぱい生のまま食べなさい。

    肝疾患と一緒に食べられないものは?

    肝臓に問題がある場合、燻製、辛い、脂肪の多い揚げ物を食べることは厳しく禁じられています。そして、それは病気の悪化を引き起こすことができます。

    胃腸科専門医は、治療の過程で以下の製品を使用することを彼らの患者に禁じます:

    脂肪肉(豚肉、子羊肉など)

    家禽のいくつかの品種(特に水鳥の肉を食べることをお勧めしません - アヒル、ガチョウなど)、

    スープ(きのこと肉)

    チーズ、特に脂肪の多い種類

    バター、ラード、マーガリン、食用油

    缶詰食品(魚、肉など)

    スモーク製品(ソーセージ、ウィーナー、フランクフルトソーセージ、バーク、ブリスクなど)

    調味料(コショウ、酢、マスタードなど)

    野菜や野菜(大根、スイバ、大根、ねぎ、玉ねぎ、にんにく)

    焼きたてのペストリー、およびライ麦パン

    キャンディーとチョコレート

    脂肪クリームを含む菓子製品

    アルコールおよびアルコール飲料

    コーヒーとコーヒー飲料

    甘い炭酸飲料

    酸っぱいフルーツジュース、

    パン(病気によっては古くなった、またはオーブンで乾燥させた白パンの使用が許可されています)、

    肝臓手術後の食事

    肝疾患の場合、消化器科医は外科患者に特別な食事療法を続けるよう勧めます。病気の重症度に応じて、患者には表番号5または番号6が割り当てられます。食事の栄養のおかげで、消化管の臓器に追加の影響はありません。軽い製品は、順番に、刺激を引き起こすことはありません、そして強化されたリズムで働くように肝臓を強制するでしょう。

    外科的介入の間、患者は人工的に腸を止めます。手術後、病んだ日は商品を消費せず、きれいな水を飲むだけです。細心の注意を払って腸の作業を開始する必要があります、薄いスープと食事のスープだけを食べる。

    術後の治療の間、肝臓の問題を抱えている患者は塩、砂糖、熱いスパイスとスパイスの使用を完全に排除するべきです。脂肪、揚げ物、発酵および燻製製品にも同じ禁止が課されています。外科的治療を受けたことのある患者は、集中しすぎてすでに弱まっているGIT器官に刺激を引き起こす可能性があるため、天然ジュースを使用しないでください。毎日の食物の量は5〜6つの部分に分けられ、決められた時間に摂取されるべきです。

    目的は肝臓を回復することであるリハビリテーションを受けているとき、患者は彼らの毎日の食事中の炭水化物の量を制限するべきです。

    多数のメニュー商品を入力することをお勧めします。

    定期的かつ適時に胆汁を生産するためには、十分な量の植物性脂肪および易消化性タンパク質を使用する必要があります。繊維を毎日使用すると、患者の腸が完全に機能し、適時に毒素を取り除くことができます。

    多くの消化器専門医は、肝臓の機能を回復させるために、毎日熱処理されていない果物や野菜を食べることをお勧めします。

    術後の期間に起こりうる合併症を避けるために、患者は以下の製品を含む穏やかな食事療法に従うべきです:

    ふすま(彼らは様々な料理に追加する必要があります)、

    シリアル(コーングリッツや米を使用しないでください)、

    クラッカー(白小麦パンはオーブンで乾燥させることができます)、

    牛乳と低脂肪カッテージチーズ(発酵乳製品は消費しないでください)

    肉や魚の低脂肪品種(それはチキンや子牛肉を使用することをお勧めします)、

    豊富な飲み物(きれいな水、ミネラルウォーター、ハーブティー)、

    許可されたすべての製品は、次のように準備する必要があります。術後のリハビリテーションの経過の間、患者は限られた量で植物性脂肪、香辛料と砂糖を食べるべきです。

    記事の著者:Kuzmina Vera Valerievna |栄養士、内分泌学者

    教育: 卒業証書RSMUそれら。 N. I. Pirogov著、「General Medicine」(2004年)。 Ординатура в Московском государственном медико-стоматологическом университете, диплом по специальности «Эндокринология» (2006 г.).

    Цель диеты

    Печень – это самая крупная железа, которая играет особую роль в пищеварении. Этот орган вырабатывает ферменты, которые необходимы для расщепления пищи. Кроме того, она очищает организм от токсических веществ. 肝炎が肝細胞(肝細胞)に影響を与えると、健康な細胞への負荷が増加します。肝細胞が緊急モードでそれらの機能を実行し続けるためには、患者は腺への負荷を軽減しなければならない。食事療法の助けを借りてそれを可能にしなさい。

    肝炎のための食物は健康であるべきです、それで感染の慢性的な経過における病理学的な過程はそれ以上広がりません。さらに、食事療法に従うことによって、患者は急性肝炎の場合に回復を早め、そして重篤な合併症の可能性を減らすことができる。

    A型肝炎の栄養

    このタイプの肝炎は最も簡単な経過をたどり、回復後、患者は特定のHAV免疫を発症します。肝胆道(肝臓、胆嚢およびその管)の機能性、胆汁の流出、代謝を正常化するために、患者は食事療法に従うことが推奨される。食事はビタミン、ミネラル、アミノ酸、ペクチンなどを含む簡単に消化できる食物で補充される必要があります

    黄疸のある患者は脂肪の量を制限し、胃液や膵液の分泌を刺激する製品を捨てるべきです。高濃度のコレステロール、プリン、シュウ酸を含む揚げ物もダイエットから除外するべきです。食べ物は、沸騰させるか、二重ボイラーで調理するか、焼くことをお勧めします。

    何人かの患者はA型肝炎と一緒に食べることができるものの問題に興味を持っています

    このテストを受けて、肝臓の問題があるかどうか調べてください。

    医師によると、食事療法では、次の製品を含めることが許可されています。

    • 古くなったパン(2日以内)
    • ビスケット
    • 米、オートミール、ビーツのスープなどの野菜スープ。
    • 牛肉、ウサギ、子牛肉、鶏肉、七面鳥の肉。患者は肉から料理を作ることができるものに興味があります。肉はグーラッシュ、ミートボール、ミートボール、キャベツロールなどから作られます。
    • 牛乳のソーセージ。
    • 低脂肪の魚の種類(とまり木、メルルーサなど)。
    • 新鮮または調理済み野菜彼らは煮て、煮込んで、サラダや野菜のピューレを作った。
    • にんじん、ドライフルーツ、カッテージチーズのピラフ。
    • 硬質小麦パスタはゆでています。
    • オムレツは卵から調理されています(できれば純粋にタンパク質で)。
    • 甘い果物やドライフルーツ。
    • 患者はイチゴ、ブルーベリーまたはイチゴを食べることができます。
    • 製菓:メレンゲ、キャンディー。また、蜂蜜、自家製ジャムを食べることは禁止されていません。
    • 低脂肪含有量のサワークリーム製品(ミルク、ケフィア、サワークリームなど)。
    • 洗練された植物油が料理に追加されます。
    • 準備ができて食事はディル、パセリ、バニラ、シナモンで味付けすることができます。
    • 弱い紅茶、フルーツ、ベリー、野菜のコンポート、ローズヒップ煎じ薬または小麦ふすま。

    適切な栄養補給には、1日に4〜6回食べることが含まれます。

    食事療法の禁止食品のリスト:

    • 焼きたてのパン、小麦粉製品。
    • 肉、魚、きのこのスープまたはオクローシカ。
    • アヒル、ガチョウ、内臓(肝臓、胃、腎臓など)
    • スモーク缶詰製品、ソーセージ、ピクルス。
    • 患者はスイバ、ほうれん草、大根、ねぎ、きのこ、豆の料理を食べることをお勧めしません。
    • 急ゆや卵焼きも禁忌です。
    • アイスクリーム、チョコレート、それから作られた製品、脂肪クリームを食べることは禁じられています。
    • 脂肪分の多い乳製品。
    • ペッパー、セイヨウワサビ、マスタードを使った料理の味付けは禁止されています。
    • 強いコーヒー、ココア、冷たい、または酸っぱい飲み物は禁忌です。
    • 豚肉または食用油
    • アルコール飲料

    A型肝炎の6〜12ヵ月後に完全な回復が起こります。合併症の可能性を減らすために、患者は栄養の規則に従ってください、マルチビタミン複合体を服用し、胆汁性ハーブからブロスを飲まなければなりません。

    B型肝炎ダイエット

    B型肝炎と診断された患者は、特別な栄養法を守るべきです。病気の慢性的な過程では、人は長期間、そして時には彼の生涯を通して栄養について医師の勧告に従わなければなりません。

    食事療法は禁忌がありません、それは消化器(肝臓を含む)からの負荷を減らすのを助けます。患者は3〜4時間の間隔で、すなわち1日に4〜6回、B型肝炎で食事をするべきです。部分栄養は肝臓組織を回復するために病理学的過程を止めるのを助けます。

    24時間あたりのカロリー数は約2800です。同時に、患者はタンパク質、脂質、炭水化物の比率(90-350-100g)を考慮に入れるべきです。

    多くの患者はどのような食品がB型肝炎に禁忌であるかの問題に興味を持っています。HBVと診断された人はアルコールを飲んではいけません、スモーク製品、たくさんの調味料やスパイスを含む食品。さらに、高濃度のエッセンシャルオイル(大根、タマネギ、ニンニク)を含む野菜は捨てないでください。

    原則として、患者は、肝炎の治療において食事番号5(後述される)を処方され、それは腺および消化管全体の機能を正常化するのを助ける。患者が医師の勧告に従わないと、肝不全が発症し、全身の中毒の危険性が高まります。

    部分栄養素は、3食と2〜3個の軽食で構成されています。揚げ物、脂肪分、塩辛い食べ物、菓子製品は肝炎には禁忌です。食用脂肪は病気の悪化を引き起こす可能性があります。塩の量は水交換の過程に違反するので減らさなければならず、それは様々な臓器の機能の侵害を脅かします。

    患者は24時間あなたがガスなしで2リットルの水から飲む必要があるのために飲酒政権に従わなければなりません。精製水に加えて、果物、果実、野菜、ハーブエキスから絞りたてのジュースを使用することが許可されています。

    急性および慢性C型肝炎の食物

    C型肝炎は最も深刻な種類の病気です。病気には隠れた経過があります。つまり、患者は特定の症状を示しません。原則として、HCVは血液検査中に偶然に検出されます。 C型肝炎は、ほとんどの場合、肝硬変と肝癌を引き起こします。

    肝細胞を保護するために、患者は厳格な食事療法に従わなければなりません、その規則は彼の状態に依存します。患者が栄養の規則を守れば、彼の健康は改善され、肋骨の下の右側の不快感や痛みは軽減されます。さもなければ、高い栄養負荷のために、腺の回復は遅くなり、HCVを破壊するのを助ける抗ウイルス薬の有効性は減少します。

    急性C型肝炎と一緒に何を食べるかという問題はかなり関係がありますが、それを分割すると消化管への負荷が増えるため、消費カロリーとタンパク質の量を減らすことが重要です。エネルギーで体を飽和させる炭水化物を多く含む食品を使用することをお勧めします。通常、急性型の肝炎では、No.5aの食事が処方されています。それについての詳細は、この記事で読むことができます。

    C型肝炎の食事に含まれる食品に関心があります。まず第一に、カロリーの1日量は2800であることを覚えておく必要があります。24時間、患者は100 gのタンパク質、同量の脂質、そして約450 gの炭水化物も摂取できます。塩の一日量 - 5グラム。

    複雑な治療の一環として、果物、野菜、野菜を摂取することをお勧めします。食事は植物性タンパク質を補給する必要があります。タンパク質を含む製品には、種子、木の実、豆類が含まれます。さらに、患者は2リットルの水分から飲むべきです。

    慢性肝炎では、食事番号5が推奨されます。彼女によると、患者はメニューから脂肪の多い魚、肉、防腐剤を含む製品、染料、風味などを除外すべきです。また、アルコール、タバコをあきらめる必要があります。

    食肉や魚、脂肪分が最大2%の乳製品、シリアル、古くなったパン、果物、野菜などを食べることを許可されています。揚げ物、脂肪分の多い食品、スモーク製品、マリネ、焼きたてを拒否する価値があります。この制限は、豆、脂肪乳製品、缶詰製品などに適用されます。

    これらの栄養ガイドラインは肝炎の後でさえも従うべきです。これは病理学の広がりを止め、肝機能を回復するために必要です。

    病理療法は非常に長く困難です。さらに、それは非常に高価である、それでロシア政府はそれに従ってロシアの市民が無料の治療を受けることができるプログラムを開発した。

    表5はDr. M. I. Pevznerによって開発されました。これは肝胆路の炎症性疾患を特定した患者に最適な食事です。次のような場合に表示されます。

    • 慢性経過を伴う肝炎(増悪なし)。
    • 慢性期の胆嚢(LB)の炎症、ならびに寛解の段階での炎症。
    • JCB
    • 肝炎、寛解期の発熱の炎症。

    表5は、肝硬変、薬物性肝炎に処方されています。主なことは、患者が重度の腸疾患を患っていないということです。

    肝臓の炎症が空腹時に部分栄養と水分を推奨したとき。

    ダイエット番号5によると、患者は以下の食物を食べることができます:
    1.飲み物:

    • 弱いお茶
    • ローズヒップやカモミールの花の煎じ薬
    • 水で希釈したフレッシュジュース
    • コンポート、ジュース、ゼリー。

    • そば、米、麺と野菜のスープ
    • 乳製品
    • 肉なしのスープ
    • 肉なしのスープ
    • ビーツのスープなど

    3.シリアル料理

    • そば、オートミール、セモリナ、米、
    • スフレ、プリン、キャセロール、
    • オートミール、ミューズリー(化学添加剤なし)など

    安全な製品を加えた高品質パスタのパスタ。

    • 患者は子牛肉、牛肉、うさぎ、鶏肉、七面鳥(皮は使用することが禁じられています)から料理を調理することができます、
    • とまり木、タラ、keからの料理(7日に3回以下)
    • 患者は新鮮なカキ、エビ、イカ、ムール貝(数量限定)を食べることができます。

    小麦粉からの製品:

    • ふすま、ライ麦粉、古い小麦、クラッカー、
    • ビスケット、
    • 生の生地をゆでひき肉、魚、カッテージチーズまたはりんごで作った製品、
    • 添加物なしのスポンジケーキ
    • ふすま

    酸っぱい乳製品:

    • サワークリーム、チーズ(辛くない)、ケフィア、脂肪分の少ない天然ヨーグルト。

    • じゃがいも、にんじん、ズッキーニ、ビートなどのでんぷん質の野菜
    • パプリカ
    • アボカド
    • 緑色の豆、
    • ブロッコリー

    • りんご(非酸性品種)
    • バナナ(1日1本)
    • ザクロ
    • プルーン、ドライアプリコットなど

    さらに、患者は卵タンパク質オムレツを摂取することができます。食事はバターや植物油で満たすことができます。前菜は許可されています:野菜、果物、シーフード、ゆで肉などからのサラダ時々患者は菓子を楽しむことができます:メレンゲ、マシュマロ、マーマレード、チョコレートとココアを含まない菓子など。

    患者は副産物、ソーセージ、脂肪、缶詰食品、塩漬け、スモークフィッシュなどを拒否する必要があります。焼きたてのペストリー、パフペーストリー、または派手なペストリーは禁忌です。塩味のチーズ、脂肪分が3%を超える乳製品は除外されます。きのこ、とうもろこし、スイバ、ほうれん草、なす、大根を食べることは禁止されています。食事から新鮮なイチジク、クランベリー、クランベリー、デート、キウイ、みかんなどを取り除く必要があります。

    肝炎患者は目玉焼き、燻製肉、缶詰食品、店のソースを食べることを禁じられています。アイスクリーム、脂肪クリーム、チョコレート、練乳はメニューから除外する必要があります。

    食事の規則についての詳細は担当医が相談します。

    一週間の食事

    医師は7日間の肝炎のメニューの例を提供しています:
    朝食:

    • お粥、お茶、
    • 野菜サラダ、紅茶、
    • タンパク質オムレツ、お茶、
    • そば、お茶、
    • カッテージチーズ、ゼリー、プリン、
    • そば米飯、コンポート、
    • カリフラワー(蒸し)、ジュース。

    2番目の朝食:

    • ゆで肉、汁、そば米雑炊
    • チーズケーキ、お茶、
    • オートミール、コンポート、
    • ズッキーニの煮込み、ジュース、
    • カボチャのお粥、お茶、
    • ドライフルーツ、紅茶とカッテージチーズ、
    • オートミール、ゼリー。

    • 野菜のスープ、魚のポテト、コンポート、
    • カボチャのスープ、シチューチキン、野菜のサラダ、ゼリー、
    • ジャガイモのスープ、ご飯と牛肉のパテ、紅茶、
    • 米とスープ、サラダと魚、お茶、
    • 野菜スープ、うさぎの煮込み、お茶、
    • カボチャのスープ、牛肉のミートボール、サラダ、紅茶、
    • 牛乳のスープ、チキンのサラダ、お茶。

    • ケフィアとクッキー、
    • お茶とチーズケーキ
    • そばパンケーキと米、ジュース、
    • ケフィア入りのオートミールクッキー
    • にんじんプリン、ゼリー、
    • プロテインビスケット、紅茶、
    • ゆで野菜、ドッグローズスープ。

    • カッテージチーズのキャセロール、お茶、
    • ゆでチキン、サラダ、コンポート、
    • 焼き肉、野菜、紅茶、
    • ミンチ肉のパテ、野菜、紅茶、
    • ピラフ肉、ドッグローズスープ、
    • 焼き魚、サラダ、紅茶、
    • オートミール、ケフィア。

    ダイエット番号5の要件を満たすおいしい健康的な料理のための様々なレシピがあります。

    例えば、チーズプリンを調理するには、大さじ3を注ぐ。セモリナ100mlのミルクスプーン、15分間放置。この時点で、大さじ3杯。卵2個入りのバタースプーン。すべての材料をかき混ぜる、少し砂糖、レーズン、レモンの皮を加える。形にマスを入れて、1/4時間(200°)焼いてください。

    かぼちゃのスープを作るには、かぼちゃのひき肉100gを半分になるまで煮込む。その後、カボチャをスープと小さじ1/2の油で消し、大さじ2を加える。オートミールをスプーンで粥のように調理する。それから混合機をミキサーで叩き、バターを加えます。

    牛肉のパテを作るには、肉挽き器で肉を数回スキップし、すりおろしたジャガイモ、古くなったパン、塩を少し加える。パテの塊の形、形に入れて、半分の水でいっぱいに、焼きます。

    したがって、肝炎の食事療法は複雑な治療法の不可欠な要素です。患者は主治医によって決定される栄養の規則に従わなければなりません。このように、それは病理学の発達を止めて、肝臓の回復を加速するでしょう。

    Loading...