人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

なぜナイフを与えないでそしてそのような贈り物を受け入れる方法

ナイフを贈り物として贈ることは可能ですか - 非常に一般的な質問です。毎年、親戚、親戚、同僚に最適な贈り物を選ぶのがますます難しくなってきており、優れた包丁やコレクション短剣がとても印象的です。それで、あなたはそのような贈り物を選ぶことができるか、それは控える価値がありますか?

オメンスはナイフを与える

贈り物については迷信がたくさんあります。財布や時計を愛する人にプレゼントするのは間違っていると考える人もいます。誰かが鏡を持ってプレゼントされるのをとても恐れています。

しかし、なぜナイフはそんなにひどい贈り物なのでしょうか。 最初の迷信は、あなたがあなたの誕生日のためにそれを寄付するならば、それから来年の誕生日はけんか、攻撃性と問題を引き付けるだけであると言います。別の一般的な迷信によると、関係はナイフを寄付する人と直接この贈り物を受け入れる人の間で駄目になるでしょう。

人々が結婚式でそのような大統領を扱うように非常に分類的に。一般的な迷信の1つによると、若い人たちは「ナイフで」生活し、彼らの結婚は離婚します。

特に迷信のある市民は、この場合、属性の呪いはお祝いの間に直接行動し始め、結婚式では刺し傷との戦いが可能であると納得させます。

しかし、なぜそのような兆候が現れるのですか? 古代のそのような鋭い物が悪の力と関連していたという事実のためにすべて。結局のところ、魔女や魔術師が彼らの黒い儀式の中で特別なナイフを使うことは容易ではありません、そして共謀された針はブードゥー教の人形で立ち往生しています。

したがって、悪霊に関連した贈り物は自動的に私たちの先祖によって否定の象徴として考えられました。

別の説明があります - 古代では武器は大量生産されていなかったので注文するように作られました。この仕事は非常に大変でした、マスターはすぐにこのブレードを使う人を見つけるべきです。人々は、ナイフや刀が特別な所有者のために作られたと信じ、彼に話しかけました。

したがって、ある人が悪をしたいのであれば、彼らは他の人にナイフを投げたり寄付したりすることができたでしょう。属性が間違った手に消えたとき、彼は彼の偽のマスターを傷つけるために最善を尽くします。人々は他の誰かに属している刃の犠牲者であることを恐れていたと結論付けることができます。

また、もちろん、長い間 同様の製品は戦争の象徴、戦いでした。したがって、そのようなものは先験的に否定的かつ破壊的な力で起訴されると考えられていました。

迷信は人にナイフを贈る

あなたがそのような属性が(黒魔術と攻撃性に関連していたという事実のために)否定的な要素を引き付けることができるとあなたが信じるならば、ナイフが確かに愛の絆を確実に「切る」のは理解できます。

そのような贈り物は、あなたがその人がそれを好きになると確信している場合にのみ関連があると言うのは安全です。そのようなことは熱心なハンター、冷たい武器のコレクターによってしばしば好まれます。

パートナーとのあなたの関係を悪化させることができる唯一のものは、彼がそのような贈り物を好まず、あなたが彼を失望させるならば、彼が本当に欲しかった何かを買わないことによって彼を怒らせます。

あなたがあなたのパートナーに絶対に自信を持っているならば、あなたは彼が迷信のない人ではなくそして同様の贈り物を受けたいと思っていることを知っていますそしてそれから彼を楽しい人にします。

これは女性への良い贈り物ですか

男性の場合と同様に、女性にはそのような贈り物が与えられるべきです。そしてこの場合私達は収集可能なナイフ、コールドアーム、または特別なキッチンセットについて話すことができます。

誰が知っている、多分女性は長い間コレクション刀やステンレス鋼の特別なセットを夢見ていました。したがって、若い女性が迷信を持っていない、そのような贈り物を恐れていない、本当にそれを望んでいるのであれば、その後、悪い兆しは無視することができます。

短剣が最高の贈り物であるときの伝統

ナイフについての否定的な迷信は非常に一般的であるという事実にもかかわらず、コールドアームが本当に良い贈り物である国があります。例えば コーカサス 質問をしないでください - それは誕生日や他の休日のために人にナイフを与えることが可能であるかどうか。そのような贈り物は、あなたがその人を尊敬し、彼を喜ばせたいと思う場合に提示されます。

ナイフや短剣は前向きな贈り物と見なされます。 中央アジア、日本。これらの国の居住者は、そのような品物が不潔な、悪霊や不幸から保護されていると信じています。そのようなお守りを信じることは非常に強いので、この魅力が彼の睡眠を保護するように、鋭いナイフを赤ちゃんのベッドの隣にさえ置くことができます。

日本 そのような武器は非常に象徴的な贈り物です。短剣や刃を人に渡すことで、人が自分自身の幸福への道を切り開くための道具を彼に与えると信じられています。

領土について ロシアの いつもとは程遠いナイフは悪い贈り物と考えられていました。このような表彰の象徴としての賞は、新たに選出された役員に個人的な敬意を表する艦隊にありました。

どの国でナイフは誕生日のために与えられないのですか?

予兆の恐ろしい否定的な解釈への信念ができるだけ強いという国があります。例えば、 イギリスの。もし人を怖がらせたいのなら、贈り物として冷たい武器を彼に与えるだけで十分です。この国で少なくとも何とかして標識の悪影響から逃れるために、それはコインを与えることが慣習的でした。

中国 そして ラテンアメリカ そのような贈り物は友情の終わりを象徴することができます。そのような贈り物は別れとして提示されます。同様の伝統も存在しました モンゴル.

信念の悪影響を取り除く方法は?

ご存知のように、ほとんどの否定的な兆候の影響は元に戻すことができます。これは怖い危険な贈り物にも当てはまります。あなたは非常に簡単にマイナスの影響から身を守ることができます - 誕生日の人や贈り物を受け取っている他の人は、あなたからそれを「引き換える」必要があります。

これは寄付者が贈り物と引き換えに一人でペニーを要求しなければならないことを意味します。もしあなたが信者なら、神殿に行って司祭と話すことができます。時にはこれらの贈り物は奉献することができます。これは主題からのどんな否定でも取り除かれて、そして今あなたはそれを純粋な魂と共に使うことができると言うでしょう。

ご覧のとおり、ナイフは必ずしも悪い贈り物とは見なされず、そのような贈り物を受け取って喜んでくれる人がかなり多くいます。主なことは、この非常に珍しい贈り物が準備されている人が本当にこの特定のナイフを手に入れたいと思っているということです。

悪い贈り物の兆候

ロシアや多くの国々では、フォーク、ニードル、はさみなどの鋭利な品物に対しては強い偏見があります。どんな場合でも、あなたはあなたの解釈を見つけることができます。しかし、刃を持っている道具を与えることに関連した徴候は特に厄介です。

これが最も一般的なものです:

  • ペンナイフやキッチン包丁は攻撃性の象徴です。寄付者はいらいらし、怒ります。
  • スカムは鋭い鋭い縁を愛しています、そしてこれを受け入れることは逆境と不幸の願いを得ることと同じです。
  • 別れに - 友人や恋人にナイフを渡します。

しかしロシアのツアリストでは、最高の職人によって作られた縁のある武器が最高の賞でした。それは人への贈り物としてナイフを与えることは良い伝統でした、徴候は擁護者を怖がらせませんでした。そしてそれより早く、古代ロシアでは、それはすべての自由なRusichの必須の属性でした。

ある年齢で、最初のナイフは子供に与えられ、彼の人生を通してその人に同行しました。それは日常生活の中で普遍的な道具として使用され、狩猟用の武器は、敵から魔術を守り、魔術は、結束の間、花嫁への贈り物として贈呈されました。

それはナイフを寄付することがわかりました - 必ずしも悪い兆候ではない.

悪影響を避ける方法

現代の世界でさえ、そのような鋭い物が寄付されるとき、それはめったに起こりません。原則として、その必要性は事前にわかっています。つまり、それは大歓迎です。 簡単なトリックは起こりうるトラブルの恐れを克服するのを助けるでしょう:

  • 正しいデザインです。不透明でカラフルな包装の中に刃を隠さないでください、それはケースに入れることをお勧めします。それがすぐに明らかであるが、鋭いエッジが閉じている、それはそれが暗い思考なしで提示されていることを意味します。
  • 配達の瞬間。好ましくは単独で好ましい。結局のところ、受信者とドナーがあまりにも迷信的ではない場合、これはゲストからの証人かもしれません。そして彼は間違いなく彼の「専門家」の意見を共有するでしょう。そして否定的なコメントは、喜びとお祭り気分を深刻に損なう可能性があります。
  • 原則に基づいて別の迷信を使用する:ウェッジウェッジ。つまり、わずかな料金でギフトを引き換えることを申し出ます。

あなたが最初の2つのポイントを飛ばすならば、状況は3番目を救います。小さなコインは贈り物を購買のカテゴリーに変換しますが、冷たい武器を買うことについて重大な偏見はありません。

誕生日に

熱心なハンター、観光客または冷たい武器のファンだけが喜ぶでしょう 高価で高品質の狩猟用ナイフ、アーミーブレード、マスターDIYメーカーの多機能セット、さらにはコレクションの武器。まず第一に、誕生日の願いは満たされています。結局のところ、これは一人の人が生まれたばかりのためにちょうどそのように彼らが欲しいものを手に入れることができる年の唯一の日です。

男性は自分の誕生日に贈らないものについて考える可能性が低く、サインは女性よりも恐怖を感じます。そして、まるで所有者を充電するかのようなブレードの力は、さらなる自信を与えます、あなたは保護者またはゲッターのように感じることを可能にします。

実際、ロシアでは彼はかつてはお守りと見なされていましたが、コーカサスや中東の国々では、現在でも多くの前向きな兆候や伝統が彼に関係しています。

女性と一緒に。しかし、調理器具のブランドセットを放棄するのは不合理な恐れがあるため、その価値はありません。料理が好きな人は誰でも、間違いなくそれを高く評価する。そして中をめちゃくちゃにした迷惑な迷信のワーム、あなたは小さなコインでお邪魔することができます。しかし、料理がお祝いの愛人の趣味ではない場合は、予期しない贈り物で彼女をいらいらさせるのではなく、もっと無害なものを与えることをお勧めします。

結婚式で若い

愛好家や新婚夫婦の間でそのようなプレゼンテーションに関して「悪い」兆候もあります。女の子が最愛の人への贈り物としてナイフを提示するならば、それからこれは信じられます 彼らの関係を大いに悪化させる。結婚式への贈り物、彼は最近結ばれた絆を破壊し始めて、つまらないことと家族の早期解散につながります。

しかし現代の若者、そしてしばしば口論、和解、収束、発散する。そしてトラブル自体のせいで、誰かが結婚式で他人の幸せをうらやんだと信じるのは簡単です。

したがって、あいまいな表現を提示するときは、善意を示すことが重要です。間違った制約なしに、そして一般的な山の中でそれを上に置くのではなく、開いてください。そして公然と冗談でペニーのための「ピアスカッティングキッチンセット」の購入を要求します。

お正月

心地よい迷信 - 新年に向けてなされたすべての願いは満たされます。そして最も重要な無神論者でさえ、おそらくそれを信じています。しかし、それが「クリスマスツリーの下」の贈り物を選ぶときの理由です。 注意が必要。例えば、あまりにも印象的すぎる時計を提示することは非常に安全です。よりよい時まで延期するための(最も必要かつ有用であるにもかかわらず)可能な秘密の意味を持つもの。

伝送失敗や不幸から保護するための別の方法があります。 静かに舌先を噛み、「同じ大きさと同じ大きさ」を答えたい.

良い人は喜ぶでしょうが、悪人自身が彼の意図に苦しむようにしましょう。さて、ドナーがこれらの言葉で本人に変わったことを見たことは、そのような提供を完全に拒絶することがより良いです。

ランダムギフト

実際、人を喜ばせる理由はそれほど必要ではありません。 1人は訪問してプレゼントを運び、もう1人は空手で家に帰ることはできません。恋人や愛する人はお互いを楽しくしたいです。良い感情、愛情表現は必要ありません。そして何が起ころうとも、主なことはそれが魂から来るべきであるということです。

私たちの同胞との間でそれが多かれ少なかれ明確であるならば、それから他の国に旅行するときそれは注意を払うことは有用です。 地元の人々の伝統を前もって学ぶ。たとえば、コーカサスでは、家の中で何かを賞賛すると、所有者はそれを客に渡すことを余儀なくされます。そしてここでの失敗は侮辱することと同じです。肩にじゅうたんを敷いて戻ってくる手間の半分。贈り物はマスターのコレクションから古代の家族の刃を得ることができます。それは、たとえば、すでに非常に悪いことです。

事実は、武器が注文されて一人の所有者として仕えるようにされたということです。変更は前の所有者の死後にのみ可能でした。ここコーカサスでは、それは一般的に前向きな姿勢で、次のように考えられています。 使用するナイフ - 運が悪い。歴史がなくても、新しいブレードを購入することがさらに望ましいです。

寄付するものを決める方法

どんな場合でも、贈り物の選択は魅力的で退屈なままです。人が何を望んでいるのかを前もって知っていて、その欲求を満たすのは良いことです。しかし、自分自身について公然と話す人はほとんどおらず、誰もが透明にヒントを得られるわけではありません。だから、寄付者の好みに基づいて贈り物を選びなさい。

その本は最高の贈り物だと信じられています。しかし、最終的に犬を飼うことを期待して彼女が誕生日を長く待っていたら、彼女の子供は幸せでしょうか。温暖化のための良い包丁のセット?驚くべきことに、主なことは新人が迷信ではないということです。好きな2歳の息子のためのスマートヨットのメーターラジコンモデル?お父さんはただ買った人 - 私自身か小さい子供 - を混同しました。

さて、あなたが少し考えれば?子犬を購入する機会はありません - 犬に関する興味深い本、4本足の生活からの本物の物語とその飼い主がするであろう本の話、犬の育種と世話についての説明。ノボセラムナイフセットは非常に必要なので、彼らは小さなコインのためにジョークで購入しましょう。ラジコンヨットの息子は彼のお父さんと遊ぶことができるようになるでしょう、彼らはよりコミュニケーションをとり、友達をより強くするでしょう。心からの贈り物ですが、少し思いやりのあることが、行動のすべての参加者に喜びをもたらします。そして、他の人の欲求について直接尋ねることができる時間は、多くの時間を節約し、神経を救います。

ナイフは良い贈り物の解決策です。

選択肢の選択は巨大です。何に興味があるのか​​、そして贈り物を準備している人が何を愛するのかを知ることは重要です。優れた解決策は、鋭利に鋭利にされた刃、台所の愛人の不可欠なアシスタント、そして日常生活の中でなければできない道具を備えた、高級鋼製のナイフです。

さまざまな迷信や予兆で満たされた世界は、ナイフを寄付することが可能かどうかという疑問を投げかけます。あなたが一般的な信念を考慮に入れていない場合は、それができます。どちらの男性がナイフを拒否し、その刃の輝きが鋼の貴族を示しているか、そして強くて強い手のひらに最適に置かれたハンドルは手を持つものになります。

なぜナイフをあげないの?

人々にはナイフを与えることは悪い兆候であると信じられています。だから与えていないのですか?どうしてですか?悪を望む人にナイフを与える?それとも、そのような贈り物は全く否定的な意図を持っていませんか?偏見や直感を信じますか?

鋭い物であるナイフは、口論、対立、悩みを抱え、そして最強の友情を断ち切り、最強の家族を破壊することができると信じられています。寄付されたナイフは活性化され、刺すように見えることがあると考えられています。それが提示されたときそれはちょうど休日に起こる可能性があります。古代のナイフは戦争のために作られたもので、何世紀にも渡って好戦の精神が込められていました。同じ負のエネルギーが刀にも普通のテーブルフォークにも存在します。それが最も期待されている場所で競合を起こしたくない人はいません。したがって、私たちは贈り物の選択に慎重に取り組まなければなりません。これが、より適切な解決策を考え出そうとするときに多くの人がナイフや鋭利な物を与えない理由です。

過去の迷信

なぜナイフをあげないの?人々がマジックを大いに信じてそれを使った時以来、彼らの寄付に関連したサインが存在していました。ナイフは魔術師、シャーマン、黒魔術の魔術師、狼男から野生動物への変身の儀式の参加者の主な道具です。切り株に追いやられて、この道具を飛び越えることだけが必要でした。ナイフで、魔女は牛をだめにしました。そして普通の人々は常に魔法の力に恵まれている人々を恐れていたので、それに付随する道具は本物の恐怖を引き起こしました。だからこそ、親愛なる人々を閉じるためにナイフを渡すことは不可能です。

それとも単なる憶測ですか?

あなたがあなたの子供時代に戻って、あなたの大好きなおとぎ話を覚えているならば、あなたは剣とナイフがボガティーズへの贈り物として常に提示されて、彼らが敵に勝つのを手伝って彼らのマスターに忠実に仕えたのに気付くでしょう。武器としてのナイフは王、atamans、一流の外国人客と大使に提示されました。

女性でさえも、宝石で飾られた優雅な優雅な形をしたこれらの鋭い物を贈り物として受け取りました。そのような贈り物はその人への尊敬、象徴を信頼していました。

古代では、ナイフは特定の人のために注文するために作られました。彼の作品を作成し、マスターは自分自身を調整し、将来の所有者に彼の考えを調整しました。 И если по каким-либо причинам нож, нацеленный на служение одному человеку, попадал в чужие руки, то считалось, что последствия могли быть просто необратимыми, потому как изделие признавало только хозяина, для которого было создано и могло мстить новому владельцу.

А как в других странах?

ラテンアメリカと中国でナイフをあげませんか。これらの国々では、贈り物は友情の終わりと温かい関係の終わりとして受取人に知覚されるでしょう。

コーカサスの人々の間で寄付されたナイフの全く異なる扱い。このアイテムは、勇気、勇気、黒い力に対する強力なお守り、そしてさまざまな悪霊の象徴と見なされています。男の子が生まれたとき、父親は将来の擁護者のためにマスターからナイフを注文するが、それでも信念がありますが、彼ら自身が鋭くなります。古いスカンジナビアのことわざでさえも、「あなたがナイフをなくすと命を失う」と言われています。多くの白人家族では、短剣は出産時に息子の家族に与えられます。

多くの国の文化では、ナイフは重要な役割を果たしており、しばしば服飾に欠かせない要素であり、儀礼に参加しています。

ある年齢で自分のナイフを手に入れることは、その人を大人で有能な人として認識することを意味します。ナイフは誕生から死までの人の仲間であり、彼とは別の世界へと出発しました。彼は赤ちゃんを保護者としてクレードルに入れました。一世紀前の墓石では、考古学者はしばしばナイフを見つけました。竜巻に投げ込まれたナイフはそれを阻止し、ドアジャブの中に追いやられ、悪魔の猛攻撃から家を守ることができたと考えられていました。

イギリスでは、例えば果物を切るために誰かがこの物を借りるならば、あなたは笑顔でそれを返す必要があるという信念があります。

日本でナイフをすることは可能ですか?それとも、昇る太陽の国の道徳はそのようなプレゼンテーションを許さないのですか?どうしてですか?ナイフは彼の友人に善と幸運を願う人によって与えられます、そしてこれは彼が彼の鋭い贈り物に入れる意味です。

方法があります:お金と引き換えにナイフ

しかし、贈り物としてナイフを受け入れるときに迷信が支配的であるならば、そのようなサインのサインがあります。ロシアのことわざは言う:「あなたの敵にナイフを渡し、そしてペニーのためにあなたの親友を売りなさい」。したがって、寄付手続きは購入手続きに変わり、その結果、不運はもはや有効ではありません。主なことは、最初に寄付者にお金を振り込み、次にナイフを手に入れることです。

いずれにせよ、ナイフは素晴らしい贈り物になるために必要な資質を持っています。これは、例えばダマスカス鋼からの収集オプションであり得る。一流です。刻まれたハンドルを持つナイフは、常にその刃に太陽のまぶしさのゲームを見て、保持するのが楽しいです。これは忠実な仲間、アシスタントで、手を伸ばすのに便利です。滑らかなスチールのミリメートルごとに感じ、半分閉じた目で、彼の気持ちの手のひらを選択するのに理想的。

したがって、贈り物を選ぶときになぜナイフを付けることができないのかという問題は、単に無視することができます。主なことは純粋な考えと明るい魂でそれを提示することです。

なぜ兆候はナイフを与えることができない

迷信のある人でも、贈り物として良いナイフを受け取ることを拒むことはありません。これは私たちが毎日必要としている有用な属性です。例えば、台所やワークショップなどです。そして、狩猟や釣りが好きな人、あるいはさまざまなカッターのコレクションを集め始めた人は、何を与えるべきかについても考えてはいけません。今だけ兆候はそのような贈り物が多くの問題をもたらす可能性があると言っています。

それでは、なぜナイフをあげませんか?

  1. 悪霊は物を刺したり切ったりすることに魅了されます。ナイフは突然無害な贈り物から悪と暗黒の勢力の温床に変わることができます。そして、贈り物としての刃を受け取った人はすぐにそれについて後悔するかもしれません - ひどい出来事は彼の人生の中で起こり始めます。そして、トラブル、病気、部門と口論でいっぱいです。
  2. ナイフは不幸の磁石です。徴候によると、寄付されたナイフは家族、夫婦を破壊し、そして提供者と提供者の間の友情または友情の終焉を引き起こすことができます。
  3. 彼はある所有者に忠実です。昔から、刃は一人の人のために偽造されました、マスターは製品に魂とエネルギーを入れました。そしてナイフは主人に縛られ、忠実に仕えました。そのため、誰かが使用したナイフをやり直したり、転送したりすることは不可能であると考えられるようになりました。兆候によると、peredel'nyiナイフはその前の持ち主を反逆罪で復讐するかもしれません - 彼の家族の中で、不幸や不幸や深刻な病気が発生する可能性があります。
  4. 負のエネルギーが先端に蓄積する可能性があります。それはすべてドナーにかかっています - 彼がどんな感情を鋭い贈り物をするかによって。もし善意であれば、そのような贈り物は注文、安らぎ、繁栄を家にもたらすことができ、そして寄付者が何か不親切なことを考えたならば、家の所有者の生活の中の黒い縞は長くはかかりません。
  5. 荷を下されていないライフルのようなナイフは、いつか解雇されるかもしれません。お祝いのために提示された武器は、戦いや喧嘩の突然の発生中にゲスト間で使用することができます。私たちの時代に突き刺さるケースは珍しいことではありません。昔から、彼は血、戦争、そして虐殺の象徴と見なされてきました。

女性や男性への贈り物としてナイフを贈ることは可能ですか?

長い間、ナイフは魔術師や魔術師の属性であるとだけではなく、勇気、強さの象徴として崇められ、権力を授けられた強い意志のある人格への贈り物として贈られました。したがって、人にナイフを渡すのは良い考えです。しかし、同じ兆候が必ずしも寄付された商品を支持し承認するわけではありません。

もしその男が個々の彫刻で注文して作られたナイフをくれば、鋭い贈り物は彼に悪をもたらすことはないでしょう。そしてそれがコレクターのものでありまれであるとしても、あなたが店でそれを買うならば、ドニーとの口論は避けられません。彼とのあなたの関係は永遠に壊れるか、むしろ同じナイフで切られるでしょう。

配偶者がそれを夫に渡すと、彼らの関係は無駄になり、家族は崩壊するでしょう。そして、夫婦からの誰かがそのような贈り物でけがをしたとしても、夫や妻の重大な病気による差し迫った死は除外されません。したがって、人への贈り物としてのナイフは慎重に与えられるべきです。

女性にとって、ナイフは台所で不可欠なアシスタントになるでしょう。これらのカトラリーのセットを手に入れることはあらゆるホステスを夢見ます。兆候は、女性が孤独で婚約者をまだ見つけていない場合に限り、女性にナイフを与えることは可能であると言っています。しかし、既婚者やすでに心を奪われている女性は、そのようなセットを与えない方がいいでしょう。迷信によって、早期の無秩序を避けることはできません。

休日にナイフを贈る - それは価値がある?

通常、重いお祝いのためにプレゼントを贈るのが一般的です。そして、看板のプレゼントとしてナイフと一緒に訪ねに来ること - 最高の選択肢ではありません。そのような贈り物は、喧嘩、つまらないこと、誓うこと、否定的で不快なことを家にもたらすでしょう。誰もがそのような驚きに満足するわけではないでしょう。

ギフトナイフは、それ自体が人生の黒いバーに入ることがあります。だから危険を冒さないほうがいいです。

しかし、アジアとコーカサスの国々では、寄付されたナイフについてのサインは正反対の働きをします:それは最も待望の、貴重でそして楽しい贈り物です。彼は繁栄、安らぎ、そして内なる強さを家族にもたらし、世帯間の関係を強化することができます。

一方、私たちはまだ特定の休日に関連するものを含む他の兆候を持っています:

  • ナイフを付けることは可能ですか 誕生日?そのような質問は、誕生日の人への贈り物の選択についてすでに頭を壊した人たちによって尋ねられます。そのため、このサインは、誕生日にナイフを贈ることは1つの単純な理由で不可能であると述べています。その機会の主人公との関係は永遠に損なわれることになります。
  • 結婚式 - 個人の人生における重要な祝い事の1つ。新婚夫婦に高価なナイフのセットをプレゼントする - これは良い贈り物ではありませんか?しかし、そのような衝動から、力と主のサインは推奨されません:家族はすぐに崩壊するかもしれません、そして、猫さえ - 鋭いナイフさえ - 夫と妻の間に走ります。
  • ナイフをつけなさい お正月 それは奇妙な行為と見なされますが、このコレクションカッターやホステスが不可欠であるならば、そのような贈り物も起こります。サインはサンタクロースからのそのような驚きに抵抗します。来年中、その人は不幸になり、失敗や問題は彼に降りかかるでしょう。どうしてそんな楽しい休日にお悩みですか?
  • 安全にナイフを寄付する方法

    人々には、兆候や迷信からの「解毒剤」がいくつかあります。そして私はナイフを与えることは決して欺かれることができないことを受け入れます。これを行うには、あなたは受け取った贈り物を完済する必要があります:象徴的な硬貨や請求書と引き換えにどんな尊厳に関係なく与えること。それから贈り物は贈り物とは見なされません - 通常の購入。

    このような「特別な操作」では、最初にお金を、次にナイフを覚えておくことが重要です。そしてその逆ではありません。

    このような否定的な兆候を無効にする人もいます。鋭い贈り物をする瞬間に、彼らは舌をかみ、静かに「あなたは二倍の大きさで同じです」と言います。それから、寄付者がそのような贈り物を贈る否定的または肯定的なものは、彼に二度戻り、最悪の場合彼は苦しむでしょう、そして贈り物が与えられたものではありません。

    あなたはこれを行うことができます:美しいケースではナイフを与える。それから端、そしてそれと共に負のエネルギーが隠されて消えます。

    贈り物としてのナイフは、異なる方法で扱うことができます。コレクター、ウッドマスター、ハンター、ストーブに立っているのが好きな人はきっとそのような贈り物を喜んでくれるでしょうし、世話をされそして大事にされるでしょう。しかし、潜在意識レベルでそのようなことを恐れている人たちもいます。たとえどれほど注意深く行っても、常に新しいナイフで身を切ることに気づいている人たちもいます。

    同じように注意してそのような贈り物の選択に近づく方が良いです。考えたほうがよい - 心理的または肉体的な外傷を与えることはもう一度価値があるのでしょうか、それとももっと安全なものを見つけるのがよいのでしょうか。

    Loading...