人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

母乳育児時の亜麻仁油

妊娠後や産後の期間では、女性の体は非常に枯渇しており、彼女と赤ちゃんに必要な多くの物質を含む高品質の補給が必要です。したがって、多くの母親は、母乳育児時に亜麻仁油を使用するのがどれほど安全であるかに興味を持っています。これは、回復し、巨視的要素および微量要素の不足を補うのに役立ちます。多数の有用な特性にもかかわらず、医師は母乳育児期間中の亜麻の使用の許容性について単一の見解を持っていません。

多くの国では、ハーブサプリメントは妊娠中や授乳中は禁止されています、そして逆に、それは食事の有用な成分と考えられています。牛乳中の濃度が低くなるように、サラダや他の料理のドレッシングとして亜麻仁油を使用するのが最善です。店のサプリメントはお勧めできません。

亜麻仁油の利点と害

母乳育児中の亜麻仁油の有用性は母親の体の急速な回復です。ご存知のように、女性が子供を母乳育児した場合、彼女は二重の量で重要な要素の喪失を補わなければなりません。

亜麻仁油には、以下の問題を解決するのに役立つ有用な成分が多数含まれています。

  • 病原性微生物に対する体の抵抗力を高める(亜麻で最も顕著な効果は呼吸器や真菌感染症に明らかにされている)、
  • ホルモンバランスの回復(甲状腺の改善)
  • 消化管の矯正(便秘の予防と治療。これは妊娠中の女性や母親の産後によく起こります)
  • 肌や髪の特性を改善する
  • 癌の発生に直面している(フリーラジカルの数を減らす)。

亜麻はオメガ3酸、繊維繊維とリグナンを含んでいます。植物は神経系を含む人体のすべてのシステムの働きを改善するのを助けます。

ただし、成分濃度が高すぎるため、授乳中に亜麻仁油を飲むことはお勧めできません。。アマニ油はそれ自身の禁忌を持っています:性器の病理学(多嚢胞性卵巣、子宮の線維腫と頸部の炎症)、腸の炎症(特にびらん性か潰瘍性の)、肝臓と胆道の病理学、膵臓の炎症、高血圧の病気。

種子のすべての成分は他の皿から得ることができるので、この有用な製品の拒絶はいかなる結果にもつながりません。

使用の特徴

女性は、空腹時に純粋な形でHBと一緒に亜麻仁油を使用することをお勧めしません。。ドレッシングの形でサラダに製品を最適に追加します。純粋な亜麻の種子を使用することも可能です。そして、それは毎日の食事のどんな皿にでも加えられることが勧められます。

しかし、その利点は消えますが、有害物質が皿に表示されますので、あなたはスープやフライパンにハーブ系サプリメントを使用することはできません。製品をより良く吸収させるためには、トコフェロール(ビタミンE)とビタミンB 6を多く含む食品に添加する必要があります。

女性が母乳育児中に亜麻の種子を飲みたいのであれば、それらは徹底的に乾いて噛んでたくさんの水で洗い流されるべきです。種子の煎じ薬を作るためのレシピがあります。そして、それは1日に2回、半分のガラスでとられます。

ハーブサプリメントに有用な特性を保存するために、それは酸素への最小限のアクセスで暗い容器の冷蔵庫に保存されます。貯蔵瓶はガラス製でなければなりません。ダメージを防ぐために、亜麻仁油を少量購入することをお勧めします。

バグを見つけましたか?それを選択してCtrl + Enterを押す

女性のための亜麻仁油

それは重要な要素の重要な用量が含まれているように、この製品は、その豊かな組成で知られています。

  • 脂肪酸(多価不飽和、飽和)
  • 葉酸
  • ビタミンE、
  • リグナン、
  • セルロース。

母乳育児中の亜麻仁油は、魚油よりもはるかに多くのオメガ3酸を含むため、有益です。それは様々な形態の放出で見出すことができる:カプセル剤、液体構造。この亜麻の派生物はさまざまなボディシステムに肯定的な効果をもたらします。主なプロパティ:

  1. 女性のホルモンの背景は平準化されています。同時に、甲状腺機能の正常化が認められます。
  2. 豊富な構成は母の免疫力の改善に貢献し、風邪に対するボディの抵抗を改善する。
  3. 授乳中の亜麻仁油をカプセルまたは液体の形で摂取すると、妊娠中、出産後、および授乳期間中の主な問題の1つである損傷した鈍い髪を修復できます。
  4. 消化管の正規化あなたがHBと一緒に亜麻の種子を使用するか、または植物油を飲むと、あなたは妊娠の終わりに向かって女性を伴う便秘を取り除くことができますそして母乳育児をするとき。

亜麻仁油を食べることができますか

亜麻誘導体に含まれる有用な元素の数にかかわらず、それは体に害を及ぼす可能性があります。その値は、亜麻誘導体の受信が行われる条件によって決定されます。あなたが母乳で育てることを計画し、同時にハーブサプリメントを使用する場合に考慮する必要があるいくつかの考えられる合併症と禁忌:

  • 帝王切開後に服用することは禁止されています。
  • 母乳育児中の亜麻仁は出血を引き起こす可能性がありますが、これは出生直後に摂取された場合にのみ可能です。
  • 出産後一定期間カプセルを飲むと、ホルモンレベルが変化する危険があります。
  • 製品を受け取ったときに、椅子への違反(下痢)が引き起こされることがあります。
  • 個々の不寛容が起こる可能性があるので、子供を母乳で育てる前に、同時に亜麻仁油を飲む前に、それに対するアレルギー反応があるかどうかをチェックする必要があります。
  • このサプリメントが不適切に使用された場合に体を引き起こす可能性があるという害を考慮すると、それを服用する前に医者に行くことをお勧めします。しかしながら、次の病気が検出された場合、HBを含む亜麻仁植物油は飲むことが禁じられています:膵炎、多嚢胞性疾患、子宮内膜炎および線維腫、大腸炎、高血圧。

HBと亜麻仁油を取る方法

体に害を与えないために、あなたは投与量に固執して、液体物質を使うべきです - 1日あたり(朝と夕方)2本以下のテーブルスプーン。カプセルを飲酒する場合は、製造元が推奨する用量に注意を払う必要があります。正しく受信するための指示:

  • 朝/夕方には食品の添加物として使用してください。
  • あなたは食物と一緒にだけ亜麻誘導体を食べることができます、それは女性が母乳で育てると同時にこのサプリメントを取ることを計画しているならば、空腹時にそれをすることは禁じられています。
  • 製品は少量から始めて使用します - 朝と夕方に小さじ1杯。しばらくすると、量は1杯のテーブルスプーンに増やすことができます。
  • 栄養素は高温によって破壊されるので、亜麻誘導体はすでに準備された皿にだけ加えられます。
  • 貯蔵カプセルまたは液体物質の入った瓶は冷蔵庫に入れてください。

授乳中に油を使用することは許容されますか?

もちろん、亜麻仁油は自然の兆候をすべて持っていて、前向きな特徴を持っています。しかし、看護女性が使用を開始する前に医師に相談することは不必要ではありません。今までのところ、母乳育児時の使用の実現可能性と安全性についてコンセンサスはありません。妊娠や出産後の授乳期の第3学期に女性は使用できないと主張する人もいます。彼らの対戦相手は、彼らは何も善をもたらすことはできないと反論しています。

公式の薬は野菜料理への添加物としてだけオイルを使用することを許可されています。しかし、空腹時に、それは消費されるべきではありません。もちろん、製品は100%天然でなければなりません。介護用ママは、亜麻仁油を含むさまざまな栄養補助食品を使用することが禁止されています。確かに、彼に加えて、他の補助的なコンポーネントがあるかもしれません。

亜麻仁油と母乳育児

オイルを使用することによって、女性は出産後すぐに体を元に戻すことができることが証明されています。これを使用すると、次のような効果が得られます。

  1. 体の免疫力を強化します。呼吸器疾患や自然の真菌感染症との闘いに特に有効なオイル。
  2. オイルはホルモンを調整することができます。それは甲状腺に特に有利です。
  3. オイルの使用で腸の働きが順番に来る。それは出産後の最初の女性の頻繁な仲間である便秘との闘いに役立ちます。
  4. 油を塗ると、女性はずっと若く見えるでしょう。髪がまた光り始め、肌の調子が良くなります。原則として、女性が子供を抱えている間、それらはすべてのこれらの特性を失います。

これらのすべての瞬間は、油が独特の組成を持つという理由で可能になります。その中で最も価値のあるものはオメガ3複合体です。使用に制限がなければ、女性は亜麻仁油を安全に使用できます。

禁忌

一方では、亜麻の種子は有益であり、そして他方では、それは有害であり得る。油の使用に対する既存の禁止事項はすべて慎重に検討し、もしあれば、その使用を放棄するべきです。以下の場合は使用できません。

  1. 多くの女性の病気の存在。これは、多嚢胞性、子宮線維腫、および他の状態に適用されます。
  2. 腸内の炎症性および侵食性のプロセスの存在。
  3. 膵炎と胆管の炎症性疾患に関連する状態。
  4. 血圧の持続的な上昇。

同様の条件がある場合、あなたは亜麻仁油を使用することはできません。これに憤慨しないでください。オメガ3複合体は他の製品を用いて得ることができる。これらは脂肪質の魚、海藻、そして他の食物を含みます。

あなたは油を乱用することはできません。そうでなければ、報酬として、あなたは消化管の障害を得ることができます。慢性病理の悪化、または多くの疾患の治療の有効性の低下が観察されることがあります。

申し込み方法

標準バージョンでは、毎日最大2杯のオイルを消費することができます。ただし、授乳中のママの場合は、線量を大幅に低くする必要があります。小さじ1杯から始めて、それを大さじ1杯の量にするのに十分です。

注意してください。 亜麻仁油で揚げて最初のコースにそれを追加することは不可能です。さもなければ、オイルは単にその有益な特性を失い、それを使用することは無意味になります。さらに、熱加熱中に多数の有毒物質が形成され放出される可能性がある。したがって、それはすでに準備された皿に油を加えることを許されています。看護女性が空腹時に純粋な形で油を食べるべきではありません。

重要です! ビタミンEを含む食品を食べることによって - 亜麻仁油の吸収が向上します。

正しく使用するだけでなく、石油を貯蔵することも重要です。使用期間が限られているため、石油は製品のカテゴリーに分類されます。有効期限が過ぎると使用できなくなります。有効期間を延ばすためのヒントをいくつか紹介します。

  1. 油を保存するための容器は清潔で暗いはずです、濃いガラスは完璧です。
  2. 製品は寒い場所でのみ保存されます。言い換えれば、それを格納する場所は冷蔵庫でなければなりません。
  3. フタやストッパーの下の容器に油を入れます。これは酸素の供給を制限するために必要であり、その作用下で油は酸化される。
  4. 大きすぎる容器を石油と一緒に買わないでください。それは有効期限前に消費されなければなりません。

亜麻の種子の使用に関する推奨事項

油は亜麻の種子から得られます。しかし、種子と油を比べると、確かに多くの有用な成分が含まれています。

  1. 第三に、彼らは高品質のタンパク質で構成されています。
  2. それらの多くは繊維を含んでいます、そしてそれは通常の消化に非常に役に立ちます。
  3. 広いパレットは鉱物の種で表されます。

それらの利点を最大限に活用するには、それらを適切に使用する必要があります。

  1. 種子は徹底的に噛んで水で洗い流すべきです。
  2. あなたは肉挽き器またはコーヒー挽き器で種を挽くことができて、さまざまな料理の調味料として使うことができます。
  3. 種からあなたは煎じ薬を作ることができます。

亜麻仁油が授乳中のママに非常に有用であると主張する人は誰もいません。しかし、それを使い始める前に、彼女はアドバイスを医者に頼るのが良いのです。それでそれは彼女自身と彼女の子供にとってより安全になるでしょう。

なぜ看護に役立つのか

製品の構成はユニークです。オメガ3製品に加えて、繊維、植物性エストロゲン、ビタミンB群、ミネラル、コリンが含まれています。亜麻仁は抗菌性と抗ウイルス性を持っています。オイルのプラスの効果は次の原料と関連付けられる:

  • ビタミンA、E、K、B、
  • ミネラル亜鉛、リン、セレン、カリウム、
  • 多価不飽和および飽和脂肪酸。

このオイルはビタミンEが豊富です。この成分は抗酸化作用があり、体に若返り効果があります。このため、亜麻仁は女性の美しさのために非常に有益であると考えられています。

しかし、特にアマニ油はオメガ酸の含有量が高いために人気があります。脂肪酸、魚油の含有量よりも先の亜麻製品。

他のまれな成分は、リグナンまたは植物ホルモンです。それは癌細胞と戦うこと、内部の障壁および免疫を強化することができます。植物ホルモンの癒しの特性は科学者によって調査されます、それはリグナンが体の抵抗を増加させて、そしてまた中枢神経系に有益な効果を持つことが証明されています。

亜麻仁油を飲むと、次のような場合に便利です。

  • 消化管の問題便秘、消化の悪化 - 生後1か月以内に頻繁に発生する衛星。ハーブ製品は、中毒性がないだけでなく、繊細な問題をやさしく解決するのに役立ちます。
  • 心血管疾患自然療法の使用はあなたが過剰なコレステロールの血管をきれいにすることを可能にします。
  • 高血圧、乳がんの予防。
  • 低カロリーと栄養特性による減量のためのダイエット食品への使用。

また、gvと亜麻仁油は、ホルモンを解決するために、出産から回復することができます。

副作用

すべての状況で亜麻仁油ができますか?医師は、授乳中はハーブ製品を乱用する必要はないと主張しています。何故

レナの種は有用ですが、それらの摂取はホルモンに影響を与えます。植物ホルモンは摂食中の自然避妊のプロセスを混乱させることがあります。

新生児の発育特性のために、アマニ油から脂肪を消化することは困難です。あなたの赤ちゃんは胃の不快感や動揺を起こすことがあります。

野菜製品は出血を悪化させる可能性があるので、あなたは生後1日以内に製品を消費することはできません。

重要です!帝王切開を受けた母親のために、亜麻の種子の食事に導入することは禁止されています。手術後の最初の2ヶ月間は摂取を控えることをお勧めします。

一番いい方法

禁忌がない場合は、その後、授乳中の母親は亜麻の種子から製品を作ることができます。基本的な規則は節度です。健康への害は大量の消費によってだけ引き起こされることができます。体内の脂肪酸やビタミンのレベルを満たすためには小さじ半分の十分です。

亜麻仁は中毒するのが難しいです、しかし、アレルギーを持つ女性は、1/4ティースプーンで製品を服用し始めることを勧めます。母親または赤ちゃんからの不快感があった場合、受付は中止されます。

授乳中の母親にとって、オメガ3欠乏症は、産後うつ病の発症に関与します。科学者たちは、妊娠中に女性が脂肪酸サプリメントを摂取すると、うつ病のリスクが低下することを示しました。

利点にもかかわらず、質問「赤ちゃんを養うときに亜麻仁油はできますか?」という議論は物議を醸しています。禁忌の一つは幼児のアレルギーの可能性です。新しい食べ物は少しずつ始まり、パン粉の反応を観察します。アレルギーの兆候:

  1. 肌の敗北。発疹、乾燥、はがれが繊細な肌に現われます。新生児では、股間、ひざ、顔、首に発疹が現れます。皮膚病変は軽度であるか、または体全体に広がっています。
  2. おなかの問題。新しい食事療法の導入後、便秘、下痢、胃の中で鳴ること、および疝痛が現れる。このタイプは腸アレルギーと呼ばれています。
  3. 泣く赤ちゃんはかゆみ、腸内の不快感を歓迎することはできませんので、彼はよく眠らず、泣き、足、アーチを持っています。

レビューママ

授乳中の母親は、母乳育児中に油や亜麻の種子を使用することについて何を言いますか?

インナ:

"妊娠中や出産後に亜麻仁油を見た。それは便秘の問題を非常によく解決するのを助けます。しかし、私はいつも注意してそれを使いました。腸に問題があるときだけそれを私の食事療法に含めました。」

オルガ:

「私は出産の3ヶ月後に石油を飲み始めました。私の息子はほとんどの製品にアレルギーがあるわけではないことに気づきましたが、私は天然のビタミン源が必要でした。 Пью его курсами, месяц через месяц. Дозы у меня также небольшие – ¼ чайной ложки».

Анна:

«Набрала во время беременности 20 лишних килограмм. Для похудения после родов используют семена льна и растительное масло из них. 赤ちゃんの使用は決して反映されていません - 消化不良はありません。私は10キロを落としました、しかし健康的な製品に加えて、私はまた食事療法を続けます、私はお菓子を食べないようにします。」

タチアナ:

「脂肪酸が多いため、この製品は有用だと考えています。私は妊娠前にそれを使用し、出産した後に - 今それを運び、それを飲む過程で講座を受けました。彼にはたくさんの副作用があることを私は知っています、それで私は服用の間に長い間隔をします。」

飼料中に亜麻から野菜製品を作ることが可能であるかどうか - それは決定する母親次第です。医師はそれが可能であると言うが、ある程度の注意を払っている。

禁忌やアレルギーがある場合は、その後、脂肪海の魚、クルミ、カボチャの種から脂肪酸を得ることができます。

妊娠19週

あなたの特別な立場の前半はすでに取り残されており、次の20週間であなたを待っている多くの新しいことがあるでしょう。妊娠19週 - これは成長するおなかを隠すことがより困難になるときであり、そして将来のお母さんは彼女の体が本当に大きく変わったことを理解しています。

亜麻仁油:利点と有効性

授乳中の母親の食事を構成する食べ物も母乳に影響を与え、一定の時間(食べられる食べ物にもよりますが30分から1日の間)に母乳に入ります。亜麻仁油も例外ではありません。その成分は血液中に、そしてその結果として、母乳中に、そしてそこから - 子供の体の中に浸透します。

この製品一般、特にオメガ3の利点が長い間証明されてきたとき、何が危険になり得るのでしょうか。

  • 血管および心臓病の予防
  • 圧力の正規化
  • 介在ニューロン結合の形成、そしてその結果として、脳の最高の働き
  • 消化管を改善し、新陳代謝を高める
  • 神経系の正常化
  • 肌、髪、爪の改善。

実際、亜麻仁油を長期間(2ヶ月以上)摂取すると、顕著な有益な効果が現れます。 授乳中の母親によるその受け入れには一定のリスクがあり、その原因は油に含まれている植物性エストロゲンにあります。

亜麻仁油とHB:危険があります

亜麻の種子とその誘導体は特定の化合物 - リグナンを含んでいます。それらは抗炎症作用および抗腫瘍作用を有し、神経系を刺激するがエストロゲン作用も有する。女性のホルモンに影響を与え、体内のエストロゲン量を増やすことができます。

将来または授乳中の母親がホルモンの問題を抱えていない場合、亜麻仁油を摂取することによって引き起こされる過剰なエストロゲンは、以下を含む多くの問題を引き起こす可能性があります。

  • 早産のリスク
  • 胎児発育障害
  • 出産後の長期出血
  • 乳房に腫瘍が発生する可能性が高い
  • 過剰なリノール酸の酸化の結果としての有毒物質の形成
  • 授乳中に自然に発生し、計画外の受胎の可能性を高める新しい妊娠の開始を妨げるホルモンの背景の違反
  • 母乳に吸収することが困難である製品の成分の摂取に関連した乳児の胃腸管の機能不全。

亜麻仁油の潜伏性は、単位体積あたりのリグナン数がどの標準値にも減少しないという事実にもあります、事前にそれらの量と対応する用量を計算することは単に不可能です。。さらに、これらの化合物はかなり早く母乳に入りますが、摂取終了後約6〜7日で母乳に残ります。

亜麻仁油は熱や光で使用できなくなるため、製造業者は酸化を防ぐために母乳に有用な特性を追加しないさまざまな合成化合物を添加することがよくあります。

それは可能ですが、慎重にだけ:安全な適量

亜麻仁油は有用で必要な製品ですが、適度に観察しながらそれを食事に取り入れる必要があります。健康への危険はまさしく彼が大量に摂取することです。 2ヶ月間小さじ1杯で十分でしょう 成人の多価不飽和脂肪酸の埋蔵量を補給する。

妊娠とHBは、亜麻仁油の使用に対する禁忌ではありませんが、体へのあいまいな影響を考えれば、 その体系的な使用を控えることをお勧めします。

オメガ3脂肪酸欠乏症の予防のためには、将来の母親や授乳中の母親にとって、ナッツ、種子、アボカド、豆、エンドウ豆と同様に、自然の生息地から捕獲された脂肪の多い魚で食事を多様化すれば十分です。週に2、3回植物油を亜麻仁油で満たすことができます - 確かにそのような量の製品からの害はありません。

亜麻仁油を購入する:何を探すべきか

製品の品質が高いことを示す次の兆候に注意を払ってください。

  • 油は濃いガラスに瓶詰めされています、
  • あなたが油を買うとき、あなたは陳列ケースや棚からではなく、冷蔵庫からそれを得ます、
  • すべての必要な日付がラベルに表示されています:生産、瓶詰め、消費など、および保管が暗くて涼しい場所で必要であるという情報
  • 無人工添加物の一部として。

購入したオイルが上記の仕様を満たしていれば、高品質の製品が手に入ります。

多価不飽和脂肪酸は、授乳中の母親の食事に含まれていなければなりません。多くの製品がその含有量を誇ることができません、そして、亜麻仁油はオメガ3の不足を補うために利用可能な方法の1つです。しかし、この製品、特に将来や授乳中のママの過度の使用は受け入れられないことを忘れないでください。

便利な物件

亜麻仁油は、多価不飽和α-リノール脂肪酸、ビタミンE、A、K、Fの供給源です。弱った体の脂肪酸とビタミンの不足を補うために、食事の30分前に空腹時にこのオイルを小さじ1杯飲むことをお勧めします。治療期間は約2ヶ月で、その後休憩をとるべきです。

長期間の使用で、この製品は役立ちます。

  • 余分な体重を取り除きます。その一部である脂肪酸は、減量活性化剤の機能を果たし、食事療法の有効性を高めます、
  • 心臓と血管を強化します。血管壁の弾力性が増し、有害なコレステロールの量が減り、圧力が正常に戻り代謝が活性化します。
  • 消化管を正常化する。アマニ油の使用は便秘を防ぎ(産後に特に重要です)、痔の状態を改善し、肝臓に有益な効果をもたらし、胃炎を治療し、胆管内の結石の形成を防ぎます。
  • 線維嚢胞性マストパシー、痛風、狼瘡を含む炎症性過程の発症を予防する。
  • 肌の状態を改善する
  • 神経系の活動を正常化する
  • 悪性新生物の発症を予防します。

明らかに、亜麻仁油は女性の体が出産後すぐに回復するのを助け、子供の発達に利益をもたらします。どの製品が授乳中の母親の回復に役立つかについては、こちらをご覧ください。しかし、あなたは植物エストロゲンの高い含有量に関連したこの製品の特徴に注意を払うべきです。

危険なアマニ油とは

亜麻の種子に含まれるリグナンは、人間のエストロゲンと構造が似ている植物のエストロゲンです。女性の身体への影響は2つあります。一方では、バランスが崩れているホルモンのレベルを正常化し、更年期の間に不快な症状を取り除くのを助けますが、他方で、過剰なリグナンはホルモン性乳がんを引き起こします。

外国人研究者は一連の動物実験を行い、食品からの過剰な植物ホルモンは正常なホルモンレベルの女性に有害であり、幼児では発達障害を引き起こす可能性があることを証明しました。

リグナン類と同様にEPAおよびDHA脂肪酸も母乳に急速に入り、牛乳中のこれらの物質の量の初期レベルまでの減少は1週間以内にスムーズに起こります。

  • その成分は出血の増加を刺激します(これは帝王切開を受ける女性にとって特に危険です)。
  • 脂肪酸は、乳児の不十分に発達した胃腸管によって吸収されにくい。

さらに、製品に含まれている植物ホルモンは、授乳中に天然ホルモンを破壊する可能性があり、それが新しい概念を妨げます。言い換えれば、亜麻仁油の摂取は自然の産後の避妊に害を与えます。

ご注意:製品100グラムあたりのリグナン量(mg)は一切規定されていないため、油を消費することで植物性エストロゲンがどれだけ摂取されるかは不明です。

HBの女性のための亜麻仁油の使用に対する厳格な禁止はありませんが、推奨される投与量を超えて、この製品を乱用しないように注意する必要があります。オイル摂取コースを受講する前に、医師に相談することをお勧めします。授乳中の禁止製品のリストは、http://vskormi.ru/mama/razreshennie-produkti-pri-grudnom-vskarmlivii/の記事にあります。

油の選択と貯蔵

亜麻仁油は貯蔵と輸送のために特別な条件を必要とします。暑さの中で日光の影響下で、この油は急速に酸化する。それは暗いガラスの容器に詰められ、冷蔵庫で運ばれ、そして冷蔵庫に保管されるべきです。あなたが保管や輸送の条件を順守しない場合、また投与量を超えた場合、あなたは重度にあなたの体と赤ちゃんの健康に害を及ぼすことができます。

今日、製造業者は製品の酸化を防ぐために油に様々な酸化防止剤を導入しています。亜麻仁油の劣化を防ぐ合成物質は有毒になる可能性があり、これは乳児の脳や内臓に特に有害です。乳児の健康に安全な防腐剤はまだ存在しません。

高品質のアマニ油

  • 暗いガラス包装で包まれる
  • 冷蔵庫に収納して販売しているとき、窓の光の中に立っていないとき
  • ラベルには、製品を冷蔵庫に保管するように記載されています。
  • 生産時間と貯蔵寿命は製品の新鮮さと自然さを示しています、
  • 合成添加物の一部として。

体内の多価不飽和脂肪酸の蓄積はかなりゆっくりと起こりますが、特に母乳育児の場合には、系統的に摂取されるアマニ油の量を増やすことによって「プロセスをスピードアップする」ことは不可能です。

Loading...