人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

使用のための説明書Askotsina

オレンジ風味のチュアブル錠。

1錠:アスコルビン酸ナトリウム(アスコルビン酸換算) - 400 mg、アスコルビン酸 - 100 mg、亜鉛(酸化亜鉛) - 15 mg、補助成分。

みょうばんをはがす。段ボール箱の中に10個入り。ストリップ。

薬理学的性質:

アスコシンはビタミンC(アスコルビン酸)と亜鉛の組み合わせを含む薬です。

ビタミンCが含まれているため、抗酸化作用があり、体内の酸化還元作用を調節し、感染に対する抵抗力を高めます。

アスコルビン酸は脂質と炭水化物の代謝に影響を与え、血液凝固の過程に参加し、再生過程を刺激し、抗炎症作用と抗アレルギー作用を持ちます。

薬物の組成中の亜鉛は免疫系の適切な機能に寄与し、血液に含まれています、アミノ酸の合成。亜鉛の欠乏は、集中力の低下、記憶障害、食欲不振、創傷治癒障害によって明らかにされる。

摂取後、アスコルビン酸は小腸に急速に吸収されます。 4時間後に最高血漿濃度に達する。腸、汗、母乳を通して、腎臓から排泄されます。消化管の病気では、フレッシュジュースを飲むと、ビタミンCのアルカリ飲用吸収性が損なわれることがあります。また、アスコルビン酸の分解は喫煙とアルコール乱用によって加速されます。

腸内で吸収された後、亜鉛は体の組織に分布し、さまざまな酵素や生物学的に活性な物質の一部を形成します。亜鉛の大部分(90%)は糞便に、残りは尿と一緒に排出されます。カルシウムを豊富に含む食品を使用すると、亜鉛の摂取量は約50%減少します。亜鉛はまたカフェインおよびアルコールによって急速に排泄されます。

  • 感染症、風邪、免疫不全症の素因
  • ビタミン欠乏症、アスコルビン酸のビタミン欠乏症、
  • 出血(鼻、肺、子宮、放射線障害を伴う)、
  • 肝疾患(肝硬変、慢性肝炎、A型肝炎)、
  • 妊娠中の女性の腎症
  • アディソン病
  • 治癒が不十分な創傷および骨折、
  • 抗凝固剤の過剰摂取、
  • ジストロフィー

アプリケーション:

薬は食事の後に服用されます。

それは徹底的にピルをかみ砕き、少量の水で飲むことが必要です。

大人のための投与量 - 1錠1 p /日。

顕著な脚気の治療および感染症の治療のために、投与量を1錠2 p /日まで増やすことができます。治療期間は5〜7日ですが、病気の性質や経過によって異なります。

過量:

吐き気、嘔吐、痙性腹痛、下痢:薬の過剰摂取が明らかにされています。アレルギー反応、腎臓の働きの障害、圧力の上昇、神経系の興奮性、および睡眠障害が発生することがあります。

過剰摂取の場合は対症療法が行われます。

悪影響:

概して、この薬は忍容性が良好です。高用量の長期治療では、以下の副作用が考えられます。

消化管側では、吐き気、胸やけ、嘔吐、下痢が起こります。

中枢神経系の側から:神経系の興奮性の増加、頭痛。

泌尿器系から:尿中のしゅう酸石の形成

その他:アレルギー反応、赤血球溶血症(グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ欠乏症の患者)。

薬理作用

アスコチンはビタミンC(アスコルビン酸)と亜鉛を含む配合製剤です。アスコチンは顕著な抗酸化作用を持ち、脂質と炭水化物の代謝に影響を与え、代謝過程を調節します。
アスコルビン酸は、体の非特異的免疫反応を促進するのに役立ち、順応効果があり、血管壁の透過性を正常化するのに役立ち、そしてまた多くの酸化還元反応にも関与します。アスコルビン酸は、血液凝固、コレステロールとアミノ酸の交換、そしてカテコールアミンとステロイドホルモンの合成の過程で重要な役割を果たします。ビタミンCはコラーゲン産生を刺激し、再生過程を誘導し、肝機能を改善し、そして膵臓の排泄活動を調節します。

さらに、アスコルビン酸はプロスタグランジンや他の炎症メディエータの合成を阻害し、ヒスタミンの放出を遅らせます。ビタミンCはマクロファージの食作用活性を高め、抗体とインターフェロンの生産を活性化し、抗アレルギー作用と抗炎症作用を持ちます。
亜鉛は生体膜、タンパク質、細胞受容体および酵素に含まれています。それは免疫調節作用、順応作用および抗酸化作用を有し、血液形成およびアミノ酸合成の過程、ならびに遺伝情報の保存および伝達に関与している。亜鉛は脂質代謝にも関与し、内分泌腺の機能活性を調節します(インスリン合成、性腺のホルモン、副腎および下垂体への参加を含む)。亜鉛欠乏症は前立腺機能障害の発症につながります。

経口投与後、アスコルビン酸と亜鉛は消化管によく吸収されます。アスコルビン酸のピーク血漿濃度が4時間後に観察される。亜鉛とアスコルビン酸は組織や体液によく浸透します。
アスコルビン酸は、体内で代謝され、腸、腎臓および汗腺によって変化せずに代謝産物の形で排泄されます。薬の有効成分は母乳に浸透します。
亜鉛は腸から、そして腎臓から少しの範囲で排泄されます。

使用の目安

Askotsinは、低ビタミンC症およびアビタミン症Cの患者の治療を目的としています。
アスコシンは、感染症、免疫力の低下、脂質および炭水化物代謝の低下、内分泌腺の機能低下、ならびに血管壁の病理学的透過性の増加および弾力性の低下を患っている患者の治療に使用されている。

アスクトシンは、結合組織の病変(全身性エリテマトーデス、慢性関節リウマチおよび強皮症を含む)、前立腺機能低下、アテローム性動脈硬化症、出血、抗凝固薬の過剰摂取、気管支喘息および変性のための他の薬物と組み合わせて処方される。
アスコシンはまた、肝臓病、妊娠性腎症、長期治癒創傷および骨折、アジソン病を患っている患者に処方されています。

使用方法

Askotsinは経口投与用です。タブレットAskotsinはかみ砕くことを勧め、少量の飲料水で絞った。薬は食事の後に服用する必要があります。治療期間とアスコチンの投与量は医師によって決定されます。
原則として、1日1錠の薬を服用することをお勧めします。中程度の重症度のビタミン欠乏症の場合、および感染症の患者では、薬の投与量は最大7日間、1日2錠まで増やすことができます。
長期間の治療、ならびに高用量のAskotsinの使用では、血圧、腎臓および膵臓の機能、さらには血漿中のグルコースレベルを監視することが推奨されます。

副作用

Askotsinは患者によってよく忍容されました。高用量のアスコチンを用いた長期治療では、患者はそのような望ましくない作用を起こす可能性があります。
中枢神経系の側から:睡眠と覚醒の障害、過敏性、頭痛。
消化管の部分では:胸焼け、吐き気、下痢、嘔吐。
アレルギー反応:じんましん、発疹、かゆみ。
その他:尿石およびしゅう酸石の形成。赤血球溶血は、グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ欠損症の患者に発症する可能性があります。

禁忌

アスコシンは、アスコルビン酸に対する個々の過敏症の患者に処方されていません。
血栓性静脈炎、血栓症および真性糖尿病を患っている患者の治療のために薬剤Askotsinを使用しないでください。
薬剤Askotsinは小児科診療での使用を意図していません。
腎機能障害、グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼの欠乏、ヘモクロマトーシス、赤血球増加症、サラセミア、白血病、およびサイドブラスト性貧血を患っている患者にアスコシンを処方するときには注意することが推奨されます。
進行がんの患者さんには薬剤Askotsinを慎重に処方しました。

妊娠

薬剤Askotsinは医者の決定によって妊婦に割り当てることができます。女性がアスコルビン酸を含む他の医薬品(マルチビタミン剤を含む)を服用している場合は、アスコチンを服用する前に服用を中止する必要があります。高用量のアスコルビン酸は、胎児の発育に悪影響を及ぼす可能性があります。
授乳中に、食物や薬を飲んでいる女性の体内にアスコルビン酸を摂取することを考えると、アスコシンという薬は慎重に処方されます。

薬物相互作用

アスコチンを併用すると、サリチル酸塩、エチニルエストラジオール、テトラサイクリン、ベンジルペニシリンの血漿中濃度が上昇します。
薬は、アプリケーションがクマリン抗凝固薬の治療効果の重症度と経口避妊薬の血漿中濃度を減らす。
アスコルビン酸は、同時に適用すると、鉄の腸管吸収を改善します。
薬はエチルアルコールの全体的なクリアランスを増やします。
コルチコステロイド薬、塩化カルシウム、サリチル酸塩およびキノロン薬を服用すると、亜鉛およびアスコルビン酸の貯蔵量が減少します。

デフェロキサミンとアスコルビン酸を併用することで、循環器系の代償不全の発症の原因となる鉄の組織毒性を高めることが可能です。必要に応じて、これらの薬物のアスコルビン酸の併用は、デフェロキサミンの導入後2時間以内に服用することをお勧めします。
高用量のAscoqingは、三環系抗うつ薬の治療効果を低下させる可能性があります。

過剰摂取

高用量のアスコチンを使用すると、腹部に嘔吐、悪心、消化器系疾患、便秘、痙攣などの症状を引き起こすことがあります。 Askotsinの用量がさらに増加すると、動脈性低血圧の発症、腎機能の低下、神経系の過度の興奮性および睡眠障害が認められ、アレルギー反応の危険性が高まります。
特定の解毒剤はありません。過剰摂取の場合は対症療法が推奨されます。

薬理学的性質「アスコチーナ」

ビタミン剤の働きはそれを構成する成分の性質によるものです。前述のように、アスコシンの主な有効成分はビタミンC(アスコルビン酸)と亜鉛です。

アスコルビン酸は、酸化防止剤、代謝および制御レドックスプロセスとして機能します。ビタミンは体の適応能力を高め、感染症に対する抵抗力を高め、炭水化物、色素、コレステロール、芳香族アミノ酸の代謝にも関与します。

ステロイドホルモンやカテコールアミンの合成において、アスコルビン酸はそれほど重要ではありません。さらに、このビタミンは毛細血管の強度と弾力性を向上させ、血液凝固を促進し、コラーゲン合成を増加させ、そして再生過程を促進します。

体内に十分な量のアスコルビン酸が存在するため、肝臓、膵臓、下垂体および副腎の機能が向上します。ビタミンCは造血に有益な効果があり、抗炎症作用と抗アレルギー作用があります。このため、それは多くの病気の複雑な治療のために処方されています。

Askotsinの一部である同様に重要な成分は亜鉛です。製剤はこのミネラルの必要な一日量を含んでいます。その価値は、亜鉛がすべての臓器やシステムの働きに良い影響を与えるという事実にあります。このミネラルは人体で合成されるのではなく、もっぱら食物から来ています。

亜鉛は代謝過程に積極的に関わっており、不利な環境、温度変化に適応するのを助けて、そしてウイルス感染に抵抗するのを助けます。ミネラルはタンパク質とホルモンの合成を促進します。生殖器系、副腎、下垂体および膵臓のホルモンの産生に特に重要です。

さらに、亜鉛はアミノ酸の合成、血液形成過程において活性であり、脂肪代謝を正常化しそして生殖機能を支持する。十分な亜鉛のない男性の前立腺は正常に機能することができません。

使用説明書に述べられているように、「Askotsin」は腸でよく吸収されて、そして容易にすべての組織と器官に浸透します。血漿中のアスコルビン酸の最高濃度はピルを服用して4時間後に観察されます。一定のアスコルビン酸塩および代謝産物は、汗および母乳とともに、糞便および尿中に排泄される。

特別な指示:

大量の薬物を使用するときは、腎臓、膵臓、血圧、血糖値の機能を監視する必要があります。

注意して、この薬は腎機能障害、ヘモクロマトーシス、赤血球増加症、サラセミア、白血病、およびサイドブラスト性貧血、ならびにグルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼの欠乏症の患者に処方されます。尿路結石症のためのビタミンCの1日量は1 gを超えてはいけません体内の鉄の含有量が高いので、アスコルビン酸は最小限の量で使用されます。

慎重にAskotsinは癌の進行を任命しました、なぜなら薬はプロセスをスピードアップすることができるからです。

妊娠中や授乳中に使用します。母親への利益が胎児への潜在的なリスクを上回る場合にのみ可能です。母乳育児の間、アスコルビン酸は母乳に浸透するので、薬は医師の監督下でのみ服用されます。

子供たち 薬は小児科では使用されていません。

自動車や他のメカニズムを運転するときに反応速度に影響を与える能力。 悪影響の証拠はありません。

他の薬やアルコールとの相互作用:

アプリケーションAskotsinaはにつながる:

- 血中サリチレート、エチニルエストラジオール、テトラサイクリンおよびベンジルペニシリンの増加

- 経口避妊薬の血中濃度が低い

- クマリン抗凝固薬の治療効果の低下

- 鉄剤の吸収を改善する

- エチルアルコールの全体的なクリアランスを増やす

キノロン薬、コルチコステロイド薬、塩化カルシウム、サリチル酸塩の長期使用により、亜鉛とアスコルビン酸の埋蔵量は減少します。

デフェロキサミンおよびアスコルビン酸を使用しながら、循環系の代償不全の発症の原因となり得る鉄の組織毒性を増大させることが可能である。デフェロキサミン投与の2時間後にアスコルビン酸を服用することをお勧めします。

高用量のアスコチンは、三環系抗うつ薬の治療効果を低下させます。

薬力学

薬物の薬理学的性質は、その組成に含まれる活性物質の作用機序によって決まります。

アスコルビン酸 抗酸化代謝作用があり、酸化還元プロセス、ステロイドホルモンの合成、炭水化物、アミノ酸の代謝に関与しており、感染因子に対する耐性と適応能力を高めます。毛細血管透過性を正常化し、コラーゲン合成、再生プロセス、毛細血管透過性をサポートします。胆汁の分泌を改善し、膵臓の機能を回復させます。抗体の合成を調節するインターフェロンは、食作用を促進します。抗炎症作用があります。

亜鉛細胞受容体の構築に関与し、生体膜、タンパク質、アミノ酸合成、抗酸化反応や免疫防御反応、酵素系に含まれています。亜鉛は、抗体の合成を刺激することにより、免疫不全の発現を防ぎます。それは血球の形成に必要な成分です。それは生殖機能を支え、脂肪および内分泌の代謝を正常化します。

薬物動態

アスコルビン酸と亜鉛は小腸で急速に吸収されます。血中の最大濃度の内側に薬を服用した後4時間後に来る。肝臓のビタミンCは多くの酸で生体内変換されます。代謝産物と代謝されていないアスコルベートは、母乳と汗で腸や腎臓から排泄されます。 Процесс всасывания аскорбиновой кислоты может нарушаться при язве желудка, гастрите, глистной инвазии, употреблении свежих овощных и фруктовых соков, щелочного питья.

1.4mg / 100mlを超える血漿濃度の増加と共に、その排泄は増加する。アスコルビン酸の分解はアルコール飲料の乱用によって劇的に加速されます。亜鉛は糞便や尿に排泄されます。アルコール、カフェインおよびカルシウムの補足の使用はボディからのそれの高められた取り外しに寄与し、吸収を下げる。

Askotsinタブレット、使用説明書

タブレットAskotsinは食事の後に任命され、1日1回1タブレット、Askotsinの説明書はタブレットを咀嚼し、少量の液体でそれを飲む必要性を示しています。

極端な場合(重度の感染症、重度のビタミン欠乏症)、1日に2錠を素早く服用できます。薬の期間は病気や病理の種類によって異なります。

インタラクション

Askotsinは薬の吸収を高めます 腸内では、血中濃度が上昇します サリチレート, テトラサイクリン, ベンジルペニシリンそして エチニルエストラジオール、血中の経口避妊薬の濃度を下げる、薬物誘導体の抗凝固作用 クマリン.

薬の長期使用で カルシウム, コルチコステロイド, サリチレートビタミンCの体の蓄えを減らす

準備 コルチゾン, プレドニゾロン 亜鉛およびビタミンCのレベルをまた減らします。大量のタブレットAskotsinは効果を減らします 三環系抑制剤.

服用時には注意してください 腎機能障害プログレッシブの存在 ガン病。高用量の薬物は血圧、腎臓機能および膵臓の管理下で実施されるべきです。

妊娠中および授乳中の「Askotsin」

医療現場では、かなり頻繁にビタミン剤が妊婦に処方されています。しかし、ビタミンの予約は医者によってのみ行われるべきであることを忘れないでください。自己投薬は危険な場合があります。妊娠中の女性がアスコルビン酸を含む他のビタミン剤を服用している場合、それを「アスコチン」と組み合わせることはお勧めできません。ビタミンCの用量を増やすと、胎児の発育に悪影響を及ぼす可能性があります。

母乳育児の期間には、「Askotsin」の任命は注意を必要とします。食品や他の薬と一緒に女性の体内にアスコルビン酸の摂取量を考慮する必要があります。

ビタミンのレビュー

"Askotsin"を服用しなければならなかった患者は、ほとんどの場合、薬について積極的に話します。その疑いのない利点は、摂取の結果として、感染症やカタル病の間に健康状態が改善され、喉の痛みが軽減されることです。ビタミン剤は急性呼吸器感染症やインフルエンザの予防薬として非常に効果的であることが示されました。

実習が示すように、複雑な治療を伴う「Askotsin」(薬物の組成はこれに寄与します)はかなりの数の患者が最短時間で強い風邪に対処するのを助けました。彼ら全員のほぼ全員が、文字通り数日のうちに、病気の症状が消え、患者はずっと気分が良くなったと述べました。

彼らはビタミン剤「Askotsin」について他に何を言いますか?患者のレビューによると、このビタミンは免疫調節作用があります。この効果的で安価な治療法は、それが病気の初期段階で行われた場合、多くの人が風邪の発症を予防するのに役立ちました。

ご覧のとおり、Askotsinには多くの利点があります。使用説明書、価格、レビュー、アナログは、それが実際にはビタミンCと亜鉛であなたの体を補充するだけでなく、免疫システムを強化するための良いと手頃な方法であると言います。それは頻繁に風邪を引く傾向があり、その体がビタミンを必要としている人々に安全に推奨することができます。

薬局でのタブレットの価格はパックあたり530-670ルーブルの範囲内で異なります。

Askotsinの欠点の中で、誰もがそのオレンジの風味を味わう必要があるわけではないこと、そしてそれが子供たちによって摂取されることができないことは注目されることができます。

結論

「Askotsin」は、2つの有効成分であるアスコルビン酸と亜鉛を含む、複雑なビタミンとミネラル製剤です。

"Askotsin"(使用方法、価格、レビュー、アナログについては上記で説明しました) - これは本当に効果的なビタミン剤です。それはウイルスと風邪の予防と治療のために広く使われていて、かなり広い範囲の徴候を持っていてそしてほとんどすべての医者によって任命されています。ビタミン複合体の受容は多くの病気を予防するだけでなく、より早く回復する機会を与えます。

「Askotsin」は欠陥がないわけではありません、それは禁忌と副作用があります。したがって、薬を服用する前に、医師に相談してください。また、子供には禁忌です。

Askotsinの使用方法(方法と投与量)

錠剤は食事の後、少量の水で噛んで噛みます。治療期間と投与量は医師によって決定されます。

推奨用量は1日1錠です。中程度の重症度のビタミン欠乏症の場合、および感染症の存在下では、投与量は1日あたり最大2錠まで7日以内で増やせます。

高用量の薬物による長期治療では、血圧、腎臓および膵臓の機能、そしてグルコース指標をモニターする必要があります。

用量Askotsinaと使用方法

指示に従ってAskoqingは口頭で取られなければなりません。薬は食事の後に消費され、少量のきれいな水で洗い流されるべきです。アスコチン錠は噛む必要があります。薬の投与量と治療の期間は病気の種類と病期に直接左右されるので、それらは医者によって処方されます。

原則として、日中の推奨用量は1錠です。増量は中等度のビタミン欠乏症および感染症の患者に処方されます - 1日2錠のAscoqin。治療の経過は最大7日間続きます。

この用具の受け入れが十分に長い間、または言われた適量が高ければ、そして血圧、膵臓および腎臓機能、また血しょうのブドウ糖のレベルを監視することは必要である。

妊娠中および授乳中のAskotsin

Askotsinに関するレビューによると、医師は妊娠中の女性に薬を処方することが多いことが知られています。ただし、専門家と事前に相談しない限り、このような状況で自己治療を行うことは非常に危険です。

女性がAskotsinの使用を必要とし、彼女が他の薬やビタミン剤を服用している場合、これは医者に報告されるべきです。高用量の薬物は胎児の発育に悪影響を及ぼす。

母乳育児中、このビタミン剤は慎重に処方されます。食品や他の薬と一緒に女性の体内のビタミンCの摂取量を考慮に入れることが重要です。

簡単な説明

以下に使用方法を説明します。 「Askotsin」は人間の薬です、その名前に似ているが蜂のための構成において完全に異なる薬があるので、我々はこの点を強調します。それを明確にするために、私達はこれらの薬の両方についてあなたに話します。それで、ビタミン - ミネラル薬複合体は、ビタミン欠乏症とビタミン不足症を治療するのに用いられます。製品は、心地良いオレンジの風味を有するチュアブル錠の形態で入手可能である。

有効成分

薬は医師の処方箋なしで薬局のネットワークを通して販売されています。しかしながら、自己治療に従事し、Askotsinのような薬を手に負えないほど摂取することすらお勧めできません。使用説明書は、その成分が十分に安全であることを強調しています、それはそれらが健康に重大な害を引き起こすことができないことを意味します。薬の作用のメカニズムは私達の体のための最も重要なビタミンの一つの組み合わせに基づいています、それはアスコルビン酸と亜鉛です。

それでは、Askotsinと呼ばれる薬の組成を詳しく見てみましょう。使用説明書には、各タブレットに500 gのビタミンC、またはアスコルビン酸が含まれているという情報があります。それは身体の多くのプロセスに大きな影響を及ぼし、その欠如は健康状態に悪影響を及ぼします。

まず第一に、我々は非特異的免疫の形成における補助としてこの要素を知っています。しかしそれだけではありません。またアスコルビン酸は強さおよび弾力性のある毛細血管に責任があり、最もよい酸化防止剤であり、新陳代謝に含まれています。体内に十分な量のこの元素が絶えず利用可能であるために、肝臓および膵臓、副腎および下垂体の機能が改善される。造血の過程もアスコルビン酸に依存しています。これは、ほとんどすべての疾患において、医師がそれを治療計画に含めるという事実を説明しています。

これは2番目ですが、薬Askotsinのそれほど重要ではない成分です。使用説明書はそれが成人のための亜鉛の一日量を含むことを示唆しています。最適な投与量を計算しなければならない参加小児科医の同意なしに子供のためにそれを使用することは受け入れられないことをあなたに思い出させることは有用でしょう。

したがって、亜鉛はすべての臓器やシステムが正常に機能するために必要なマクロ元素です。しかし、それは体内で生産されていない、と食品からのみ来ます。それは酵素の大部分の一部であり、それゆえ代謝に参加しています。また、亜鉛は免疫にとって非常に重要な元素です。それはウイルスに抵抗するために体が悪条件、温度変化に適応するのを助けます。亜鉛は、タンパク質、ホルモンの合成に関与している、特に、性ホルモン、膵臓ホルモン、副腎および下垂体の合成に非常に重要です。

つまり、Ascotsinタブレットは免疫をサポートするための優れた選択肢であると、すでに言えます。これらの物質はどちらも胃に完全に吸収され、すべての臓器やシステムに容易に浸透します。過剰なアスコルビン酸は尿中に排泄され、亜鉛は糞便中に排泄されます。

医師はいつこの薬を推薦しますか?

彼は多くの適応症を持っていますが、まず第一にそれは低ビタミンとアビタミノ症の予防と治療です。非常によく薬は感染症の複雑な治療で、病気の後の期間に自分自身を証明しています。非常に頻繁にそれは様々な代謝障害を持つ人々と血管を強化するために処方されています。自己免疫疾患、すなわちアトピー性皮膚炎、エリテマトーデスなどを直接知っている人は、ほぼ継続的に彼のコースを受講します。それは奇妙に思えるかもしれませんが、外科的には非常に広く使われています。彼は、骨折、妊娠性腎症、出血、そして治癒困難な創傷のサポートとしての自分自身を証明しました。

他にどのように使われていますか

Askotsinは他にどこで使用できますか?指示はアスコルビン酸のために薬がコラーゲン合成を高めること、すなわちそれが再生過程を刺激することを強調します。これは美容学を含む医学のあらゆる分野で重要です。亜鉛はアスコルビン酸と一緒に抗ウイルス効果を提供し、免疫不全の発生を防ぎます。この薬とそれが赤血球の形成に関与しているという事実は非常に貴重です。亜鉛含有量のために、タブレットは脂肪代謝を正常化します。そして、それはアスコチンが使われるもう一つの領域です。別に、それはインフルエンザと風邪の季節的流行の間のそのレセプションの重要性に注意されるべきです。

副作用

私はこれが麻薬Askotsinの場合にはまれな現象であると言わなければなりません。このビタミンミネラルデュエットの使用は体が様々な病気に対処することを可能にし、そして彼は非常によく耐えられます。しかし、まれに、アレルギー反応が起こる可能性がありますので、注意が必要です。さらに、高用量を服用するときは、特に長期間の治療では注意が必要です。そのような治療計画が医師の指導の下でのみ行われることを付け加える必要があるかどうか。

そのため、胸やけ、嘔吐、吐き気、下痢などの望ましくない影響が生じる可能性があります。さらに、一部の患者は頭痛がします。特定の付随疾患において赤血球が破壊され、造血機能が損なわれる可能性があります。腎臓専門医はまた、シスチン、尿およびシュウ酸結石の形成の可能性について警告します。このように、我々はもう一度あなたがそれを無害なビタミンとみなして、Askotsinをあなた自身で取るべきでないという事実にあなたの注意を引きます。ピルの指示は正確にあなたの医者によって提供される養生法に従ってそれを取ることを勧めます。

追加情報

薬局では、処方箋なしでAskotsinを購入することができます。乾燥した暗い場所に保管してください。同時に、気温は+ 25度を超えてはいけません。有効期限を必ず確認してください。薬は発行日から2年以内に使用することができます。あなたは包装に印を付けることによって発売日をチェックすることができます。他のすべての情報は主治医によって提供されなければなりません。

養蜂とAskotsin

彼らの実務では、養蜂場の所有者はそれを使う必要性にしばしば直面しますが、それは私たちが上で説明したものとは関係がありません。蜂のための“ Askotsin”とは何ですか?マニュアルは私達に詳しい説明を提供します、それはこの薬が油性液体で満たされたアンプルの形で利用可能であることを述べます。主な有効成分はプロピコナゾール、すなわち、深刻な抗生物質です。基本的な形は25%の乳剤濃縮物です。この薬は、眼精疲労、すなわちカビ真菌を引き起こす危険な感染症と闘うために使用されます。まず第一に、それは死ぬ蛹と幼虫のために危険であり、ハニカムは白い苔で覆われています。危険な病気を予防し治療するためにアスコチンによる治療が行われます。これを行うには、アンプルの内容物を30mlの温水で希釈してから砂糖を加えます。得られた母液を使用してミツバチに餌を与え、それを巣箱全体に噴霧します。

熟練した養蜂家の見直しに値する個別の注意が必要です。それらを分析して、我々はこの特定の薬がこのひどい病気を予防しそして治療するための最善で最も手頃な手段であると結論を下します。養蜂場の所有者は、彼の外見によって、失神の脅威は完全になくなったと言います。また、それは適用することは非常に簡単です。蜂は喜んで薬用シロップを集めます、そしてそれを巣箱の上にスプレーすることは有害な菌類の出現を完全にブロックします。

要約しましょう

今日、私たちは麻薬Askotsinを構成するものについての会話を終えます。養蜂農場のための特定の抗生物質を考慮に入れない場合、これは2つの有効成分からなるビタミン - ミネラル複合体です。彼は使用のための徴候をたくさん持っています、そして、ほとんどすべての医者は彼の診療でそれを使います。したがって、カタル感染症やウイルス性疾患の季節にあなたが手元に持っているならば、それは非常に良いです。それは多くの病気を避けるためだけでなく、最初の兆候がすでに現れているならばより早く回復するのを助けるでしょう。やがて医者に相談し、健康になりなさい。

リリースフォーム

ドラッグカウンターでは、薬はチュアブル錠(オレンジ風味)の形で表示されます。それらはアルミニウムストリップに含まれています。 1に10のそのようなストリップがあります。

パッケージに - 3または10ストリップ。

薬は以下の組成を有する:

  1. 有効成分はアスコルビン酸、酸化亜鉛、アスコルビン酸ナトリウムの形をしています。

妊娠中

主治医の許可を得て、妊娠中の女性はこの薬を服用することができます。彼女がすでにマルチビタミン複合体を服用している場合、それらは「Askotsin」の受信が始まる前にキャンセルする必要があります。

このカテゴリーの女性に大量に服用すると、胎児に悪影響が及ぶ可能性があります。

授乳期には、薬の摂取量を制限する必要があります。ビタミンCと食物の供給を制御する必要があります。

保管条件

温度計が25度を超えない部屋に保管することを意味します。

薬の期間は約2年です、この期間の終了後、薬は中止されるべきです。


ロシア連邦のAskotsinの平均コストは約680ルーブルです。ウクライナでは、薬の平均価格は約260グリブナです。

次の薬は同様の治療効果があります。

  • "葉酸"、
  • "ベパンテン"、
  • 「ニコチン酸」
  • 「ニューロビタン」

薬物「Askotsin」の簡単な要約を想像してみてください。

  1. ビタミンCと亜鉛を含む併用薬。
  2. それは、ビタミン欠乏症、免疫不全症、アテローム性動脈硬化症、そして腎臓と肝臓の病気に使われます。
  3. チュアブル錠の形でご利用いただけます。
  4. その受信に対する有害な反応は、頭痛、アレルギー、消化管の障害である可能性があります。
  5. 妊娠中の女性や授乳中には慎重に使用されます。
  6. Не используется у пациентов с сахарным диабетом и тромбофлебитом.
  7. Не рекомендован к применению в детском возрасте.

Loading...