人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

子供のためのクレンブテロール咳止めシロップ

クレンブテロールは、選択的なβ2 - アドレナリン刺激薬であり、気管支拡張薬および分泌作用を有し、気管支喘息および他のいくつかの肺疾患の治療に使用されている。

薬の活性物質は気管支の腫れやよどみを抑え、気管支筋を弛緩させます。粘液繊毛のクリアランスを大幅に改善します。

それは、トコリシス作用を持っています(子宮の筋肉を弛緩させます)。クレンブテロールを高用量で使用すると、薬が中枢神経系を刺激し、アドレナリンのように作用するので、指の振戦と頻脈が起こる可能性があります。

ピルとシロップの形で利用できます。

クレンブテロールは比較的早く胃腸管に吸収されます。 89〜98%のレベルで血漿タンパク質と関連しています。生物学的T1 / 2(半減期) - 3.5時間腎臓から主にスルホ抱合誘導体として排泄される。

使用説明書クレンブテロール、シロップと錠剤の投与量

薬は1日2回経口摂取されます。

12歳以上の大人および子供のための適量 - 0.01-0.02 mg 1日2回。重度の気管支痙攣の場合、使用説明書によれば短時間で最大0.08 mgのクレンブテロールの投与が可能です。

維持量 - 0.01 mg / 1日2回。維持療法の期間は7日までです。医師に相談した後、より長い治療が可能です。

子供のための適量は年齢および体重によって決まり、次の図です:

  • 体重4〜8 kg、1日2.5 ml / 2回、8ヶ月までの子供
  • 8ヶ月から2年(体重約8〜12kg) - 1日に5ml / 2回
  • 2〜4歳までの年齢区分(12〜16kg) - 7.5ml / 1日2回、
  • 4〜6歳の子供、体重16〜22kgの体重 - 1日2回10ml / 2回
  • 6〜12歳(22〜35 kg) - 15 ml / 1日2回、
  • 12歳以上の子供、体重35kg以上 - 15ml / 2〜3回/日。

錠剤では、クレンブテロールは1日2回、朝と夕方に0.02 mg(1錠)の用量で成人に処方されています。 1日2回0.01 mg(1/2タブ)の維持量。

より厳しい条件では、最初の日に、0.04 mgが1日に2回、朝と夕方に処方されます。状態を改善した後、薬の投与量を減らす必要があります。

クレンブテロール痩身

薬は脂肪を分解し、体の交感神経系を活性化します。 120-140 mcg - 女性のための毎日の線量は男性のために、80-100 mcgです。

あなたは厳密に指示に従わなければなりません、さもなければ、肯定的な結果の代わりに、あなたは副作用を受けるでしょう。クレンブテロールの適用のコース - 2週間、その後2週間の休憩、そして再びコースの繰り返し。服用時には、タンパク質、アミノ酸、ビタミンを使用する必要があります。

初日 - 20マイクログラム、その後6日目まで、毎日20マイクログラムを追加します。 6から12日 - 120 mcg、13 - 80 mcg、14 - 40 mcg。 1日量は、朝と午後の2回に分けてください。

クレンブテロールをケトチフェンと併用すると、プロセスを10〜20%スピードアップし、有害反応を排除できます。コースは最大8週間続きます。

副作用

説明書は、クレンブテロールを処方するとき、以下の副作用の発生の可能性について警告します:

  • 心血管系以来:頻脈、期外収縮、血圧の低下または(より多くの場合)上昇。
  • 神経系から:指の震え、不安、頭痛。
  • 消化器系の部分:口渇、吐き気。
  • アレルギー反応:発疹、蕁麻疹。
  • その他:低カリウム血症。

別に、スポーツでの薬の投与量は治療よりはるかに高いので、体重減少のためにクレンブテロールを使用するとき、それは筋肉のけいれんの発生に注意されるべきです。

禁忌

以下の場合には、クレンブテロールを指定することは禁忌です。

  • 薬のあらゆる成分に高感度
  • 大動脈弁狭窄症、大動脈下肥大性特発、
  • 急性期における心筋梗塞
  • 頻脈性不整脈、
  • 甲状腺中毒症、
  • 重症型の虚血性心疾患
  • 頻脈。

冠状動脈性心臓病、糖尿病、心筋症、重度の高血圧、心臓病、甲状腺機能亢進症または不整脈になりやすいときには注意してください。

過剰摂取

過剰摂取の場合、不整脈、頻脈、動脈性高血圧、心臓痛、四肢の振戦が起こり、低カリウム血症が発症することがあります。

推奨される胃洗浄、活性炭の予約、塩水溶液の使用、血清中のカリウムの管理、対症療法。

類似体クレンブテロール、薬局での価格

必要に応じて、クレンブテロールは活性物質のための類似体で置き換えることができます - これらは薬です:

  1. クレンブテロールSopharma、
  2. コントラスパスミン、
  3. 活気のある
  4. サルトス、
  5. スタノゾロール。

類似体の選択クレンブテロールの使用説明書、価格およびレビューは、類似の作用のシロップおよび錠剤には適用されないことを理解することが重要です。医師に相談して、独立した薬物の交換をしないことが重要です。

ロシアの薬局での価格:クレンブテロールシロップ0.1%100 ml - 82から120ルーブルまで、クレンブテロールSofarmaの価格0.02 mg 50個。 - 738薬局によると、383から470ルーブルまで。

25℃までの温度で子供の手の届かないところに保管してください。賞味期限 - 3年。

クレンブテロールシロップの使用法

主な適応症は咳嗽、ならびに慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息、気管支閉塞症の症例です。薬物は、その薬物に対する過敏性の場合、ならびに甲状腺中毒症、頻脈性不整脈、心筋症、心筋梗塞、およびその他の心臓、腎臓、および肝臓の疾患の背景では禁忌である。乳糖不耐症にはお勧めできません。6歳未満の子供も同様に注意してください。

子供のための咳止めシロップは、鼻咽頭、咽頭の炎症と感染プロセスの症状を排除するために、咳に関連する不快な感覚を取り除くために使用されます。

薬力学

薬は気管支拡張薬のグループに属している、β - 2 - アドレナリン模倣薬です。これは選択的な薬です。それは強力な分泌分解作用を持ち、血中の環状アデノシン一リン酸の含有量を増加させます。その結果として、体はより酸素で飽和し、必要なレベルのエネルギーを受け取ります。それは肥満細胞の分泌を阻害します。肥満細胞は分泌のメディエータであり、肺痙攣および気管支内の痙攣の形成に寄与します。したがって、薬物は炎症過程を軽減し、気管支痙攣の発症を予防します。

ヒスタミンの放出を阻害する能力により、腫脹を軽減し、気管支の停滞を解消し、粘液繊毛クリアランスの改善と分泌促進活性の増加をもたらします。痰はより液体になり、その粘度は減少し、その結果としてその放出は大いに促進される。また、同化作用があり、発熱することがあります。薬は消化管から吸収される能力を持っています。主な代謝は肝臓で行われています。これは代謝活性を持たない代謝産物の形成を導く。薬はほとんど変化しない形で、主に腎臓を通して排泄されます。これは腎臓に大きな負荷をかけるので、腎臓の機能的状態が急性または慢性的に損なわれている患者には注意を払うべきである。

クレンブテロールシロップの副作用

いくつかの副作用があるかもしれません。例えば、恐怖感、パニックがあるかもしれません。これはすべて、意識の曇り、めまい、運動過多、睡眠障害、発汗などの背景に対して起こります。震え、筋肉の弱さ、最大の硬直性もあります。心拍が増加し、血圧が上昇する可能性があります。排尿障害は排尿システム側で観察されるかもしれません。これは主に腎尿細管がけいれんで覆われているという事実によるものです。消化器系では、口渇、吐き気、嘔吐が見られます。代謝過程が乱され、さまざまなアレルギー反応が起こる可能性があります。

過剰摂取

副作用の増加に関連した過剰摂取の症例があります。これは、不整脈、四肢の振戦、正常な心臓活動の乱れ、心血管系の機能状態の乱れ、心臓の活動の乱れなどです。治療の後に主に胃洗浄が行われます。その後、特別な解毒療法が行われ、その後、生物全体の機能状態を回復させることを目的としたリハビリテーション治療が行われます。

他の薬との相互作用

他の薬との相互作用に関しては - 薬は多くの薬と組み合わせていません。ベータ遮断薬との共同受信は、それが完全に中和されるか、またはクレンブテロールの効果が有意に減少するという事実を導く。薬の気管支拡張作用は消えます。低血糖薬の有効性の低下も注目に値します。

Klebuteodと強心配糖体を同時に服用すると、心臓活動の機能障害が発症する危険性が高まります。テオフィリン、モノアミンオキシダーゼ阻害剤と薬物を組み合わせることも不可能である。血圧の正常化および低下のための手段の有効性は著しく低下する。抗うつ薬、β-アドレノミメティックと一緒に服用すると、薬の効果が増強されることも注目に値します。交感神経刺激薬と組み合わせると、毒性作用のリスクが高まります。

子供のためのクレンブテロール咳止めシロップは体重増加に寄与するかもしれないことを心に留めておかなければなりません。糖尿病患者はまた慎重に扱われるべきです。それらは血糖値の継続的なモニタリングを提供されるべきです。運動選手を考慮に入れることもまた必要である:この薬を服用するときドーピング管理の肯定的な結果になる。それはグルテンが含まれているので、薬は、セリアック病を持つ人々にとって安全です。

構成とリリースフォーム


薬の組成は クレンブテロール塩酸塩有効成分 および多数の補助成分:ソルビトール、グリセロール、プロピレングリコール、クエン酸、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル、パラオキシ安息香酸ブチル、安息香酸ナトリウム、ラズベリーエッセンス、エタノール96%、水。

薬はシロップや錠剤の形で入手可能です。懸濁液の形では、薬物は産生されない。

シロップは ラズベリーの香りがする無色透明の液体.

シロップは、計量スプーンと薬の説明が入った濃い色のガラス瓶に入っています。

クレンブテロール製薬:使用説明書

指示によると、薬は意図されています 経口投与用。年長児や成人患者の長期にわたる咳の治療には、1日2〜3回薬を1錠服用してください。シロップの形の薬は使用されています 5〜10 mlに1日2〜3回 幼児の治療のために。小児を治療するためのクレンブテロールの使用は、治療コースの投与量と期間を厳守しながら主治医の指示に従ってのみ可能です。

クレンブテロールシロップ剤 いくつかの機能があります。

12歳未満の子供のために、それは唯一のクレンブテロールシロップを使用することをお勧めします、

この薬は4キログラムを超える体重の乳児の治療に使用できます。

薬物成分に対する過敏症の存在下では、推奨用量を減らすべきであるか、または薬物を類似体と置き換えるべきである

一連の治療期間は7日を超えてはなりません。

シロップの使用は以下の投与量で行われます。

8か月以内 - 2.5 ml

最長2年 - 5 ml

2 - 4年 - 7.5ミリリットル、

4 - 6年 - 10 ml

6〜12歳 - 15 ml

12歳以上 - 15 ml

咳止めシロップの使用は抗ヒスタミン薬と併用して行うべきです。

クレンブテロールは、抗生物質や他の鎮咳薬を含む薬との併用療法の一部として使用することができます。

妊娠中のクレンブテロールの使用

妊娠の最初の学期に薬の使用はお勧めできません。このため、クレンブテロールは一般的な活動を抑制することができます;その使用は妊娠の最後の3ヶ月で推奨されていません。

妊娠後期には、吸入の形で薬物の使用が可能です。

禁忌

クレンブテロールの使用に対する禁忌:

  • 心臓や血管の病気
  • 甲状腺中毒症
  • 心筋梗塞、
  • 頻脈性不整脈および頻脈
  • 大動脈下大動脈弁狭窄症
  • 薬物の成分に対する個々の不耐性。

特別な指示

製剤には、気管支痙攣、じんましんおよび接触性皮膚炎の発症を引き起こす可能性があるパラベンが含まれます。

薬物の過剰摂取の場合、グリセロールは胃腸管、下痢に障害を引き起こします。頭痛

クレンブテロールの使用は、肝疾患、てんかん、アルコール依存症、大脳皮質の病変のある患者には推奨されません。

ソルビトールの存在はフルクトース不耐症の患者にその薬を使用することを不可能にします。

治療の過程の初めに、薬は手の振戦や不安を引き起こす可能性があるので、それを使用するとき、それは慎重に車を運転し、メカニズムで作業することが必要です。

クレンブテロール類似体

製造業者は有効成分でクレンブテロールの類似体である多くの薬を提供しています:Spiroment、Kontraspazmin、Clenbuterol Sopharma。

サルブタモール錠、ベロデュアルエーロゾル、およびブロンホリチン、オムニタス、ハリクソール、シネコッド、ペルツシン、アスコリルシロップなどの類似の治療特性は類似物を有する。

あなたは医者の処方箋なしで薬局でクレンブテロール錠とシロップを購入することができます。薬の平均価格は、薬の形態に応じて、60から120ルーブルの範囲です。

クレンブテロールは医師の処方に従って投与した。数日間の使用で咳が軽減しました。薬の副作用はありませんでした。

クレンブテロールは、乾いた咳と戦うための効果的な治療法です。みんなにお勧めです。

シロップは子供の残りの咳を治療するために使用されます。その息子は長く咳をすることができなかった。他のツールは役に立ちませんでした。 1日3回小さじ1杯を使用した。一週間の使用後、咳は完全になくなりました。治療は抗生物質を使用しませんでした。

薬の組成と性質

クレンブテロールは気管支拡張薬のグループに属する薬です。製剤中の主要な有効成分は、その所属関係から典型的なβ-アドレノミメティクスである塩酸クレンブテロールです。このグループに属する化合物は今日、様々な起源の呼吸器疾患との闘いにおいて絶対に不可欠であると考えられています。

薬の主な作用は次のとおりです。

  • その影響下で、気管支肺システムのけいれんや炎症プロセスを引き起こす物質の産生が遅くなるか、完全に停止します。
  • その効果により、浮腫の強度は減少し、気管支樹における顕著な停滞は解消されます。
  • 薬の影響下で、局所的な免疫が活性化され、それによって身体が感染過程にもっと迅速に対処し、負の外的影響から身を守ることを可能にします。

多くの小児科医はこの薬剤が専門にされた受容器に作用することによって気管支の筋肉組織を弛緩させることができるという事実のためにクレンブテロールを好む。これにより、咳を完全に止めるかまたはその強度を著しく低下させることが可能である。

クレンブテロールは最初の摂取後に有効性を示し、これは薬の有効性を示します。薬物の放出は、錠剤とシロップの2つの基本的な剤形で行われます。

錠剤およびシロップは、それらが種々の賦形剤を含有するので、組成においてわずかに異なる。両方の形で薬の主な特性を提供する活性物質 - 塩酸クレンブテロールを覚えておくことは重要です。

小児科医はなぜ子供にこの特別な治療を勧めているのでしょうか。事実は、他のα-アドレナリン模倣薬と比較して、心臓への副作用が小さいため、安全に子供に処方することができます。

クレンブテロールを使用する場合

クレンブテロールは、大人と子供を治療するために使用される薬です。患者が気管支炎、気管支痙攣を背景に発症する持続性または発作性咳を患っているかどうかが処方されています。シロップはどんな年齢の子供でも、最も小さい年齢でさえ処方することができるということを覚えておくことは重要です。丸薬では、状況が異なります!彼らは少なくとも6歳になっているそれらの患者にだけ処方されます。

新生児のための薬の量が医者の裁量で常に個々に選ばれるのは面白いです。説明書で指定された投与量だけに焦点を当てて、クレンブテロールを乳児に割り当てないでください。

薬が処方されている適応症は次のとおりです。

  • 気管支喘息、
  • бронхит хронического обструктивного типа,
  • поражение легких эмфизематозными явлениями,
  • 再発性気管炎(疾患の重症度は重要ではなく、再発の頻度は重要です)、
  • 強迫性咳嗽および気管支閉塞症候群に関連する他の疾患。

クレンブテロールは、気管支の構造を通る気流が損なわれている患者に処方することができます。これは、呼吸不全やその他の患者の生活の質を低下させる症状が現れるためです。この薬物は、空気の通過を容易にし、そして患者に不都合を引き起こすマイナスの症状の少なくともいくつかを排除するような方法で呼吸器系に影響を及ぼす。

  • Renhaline Cough Syrupの飲み方
  • 咳をしたときの甘草シロップの服用方法。
  • 使用方法はLinkassです。

使用説明書 - 投与量

クレンブテロールが乳児に投与される場合、投与量と使用頻度の決定は小児科医に常に任されています。。非常に幼い子供を治療するのに適していて、同時に彼に害を及ぼさないためには、どの用量とどの量が適切かを決定できるのは医師だけです。

私たちが12歳以上の子供と大人について話しているならば、そのとき彼らの治療のために毎日の線量は20 mcgまで持って来ることができます。それはまた、一度に全体のボリュームを与えることなく、2つのステップに分けられます。

患者が維持療法を必要とする場合は、1日2回10μgの投与量が推奨されます。

クレンブテロールは長い治療期間のある薬には適用されません。。この薬は、病気の急性症状から患者を救うために最大3日間処方され、最大の不便を引き起こします。ごくまれに、患者さんが気分が悪くなっていない場合、医師が薬を7日間に延ばすことができます。 治療を延長する必要性に関する決定は独立してとられるべきではなく、専門家だけがこれを行うべきです!

咳止め薬の選び方

クレンブテロールシロップ類似体

クレンブテロールは、患者が個人的な不耐性を発症したか、または彼が無効であった場合、患者の体に同様の効果を及ぼす他の薬に置き換えられるかもしれません。それらの中で最も有名なのは、AscorilとErespalです。

多くの患者は、3つの薬のうちどちらが良いのか疑問に思いますか?この質問に対する明確な答えはありません。医師でさえ、この場合またはその場合にそれを使用する方が良いと言うことはほとんどできません。

アスコリルまたはクレンブテロール

アスコルリルは、クレンブテロールとは異なり、サルブタモールとブロムヘキシジンを主成分としています。それは同じ適応症のために使用されますが、例えば、百日咳や結核のために、じん肺のためにさらに処方されます。

両方の薬の禁忌は似ています。クレンブテロールのように、アスコリルは錠剤とシロップの形で利用できます。

Erespalまたはクレンブテロール

Erespalはシロップの形でだけ利用できる薬です。それは、薬のすべての効果を提供する主要な有効成分である塩酸フェンスピリドから成ります。この薬の適応のリストはもっと広いです。

例えば、それは、喉頭炎および鼻咽頭炎を伴う、気道のウイルス性病変を伴う、中耳炎および副鼻腔炎の治療に使用される。禁忌の中でも、薬物に対する個人の不耐性が特に明確に識別されています。

クレンブテロールは、最初の使用後に咳の症状を緩和する顕著な気管支弛緩作用を有する薬です。この薬は当然その長所と短所があるので、それを自己治療薬として使うことはお勧めできません。クレンブテロールを適用する前に、あなたは医者に相談する必要があります!

クレンブテロール:薬物の組成と性質

クレンブテロールは、あらゆる種類の咳を取り除くためのユニークな救済策です。シロップの主な特性 - 強力な去痰効果、気道の保湿、刺激のある粘膜の緩和、痛みの解消。

薬は炎症の徴候を取り除き、細胞による新しい健康な粘液の生産を活性化し、そして病原性微生物の繁殖を防ぐのを助けます。

クレンブテロールはシロップの形態で製造され、それは非常に便利でありそしてまた優しい甘味を有し、その結果としてそれは小児患者の間で首尾よく使用されている。公式の指示(要約)と計量スプーンが準備に添付されています。

クレンブテロールには、可能な限り最短の期間で患者さんの安心を確実にする独自の効果の高い成分が含まれています。

  • 塩酸クレンブテロールは、気管支拡張作用を持つ最も基本的で重要な有効成分です。
  • クエン酸は、炎症を中心に強酸性の環境を作り出すため、多くの細菌にとって有害で​​す。
  • ソルビトール - 薬物に同じ甘味を与え、砂糖代用品として作用します。これは、その使用に禁忌がある患者にとって特に重要です。
  • グリセリン、クエン酸ナトリウム、安息香酸ナトリウム、ラズベリーエキス、その他の物質 - 追加の補助成分として。

通常、シロップの成分は過敏反応を引き起こさない - これは間違いなく、この薬を選ぶときにも大きな利点です。

咳嗽用クレンブテロール:使用上の適応

クレンブテロールはどんな咳をすることができますか?そのレセプションは以下に示されています。

  1. 咳喘息タイプ(気管支喘息、喘息気管支炎の場合)。
  2. アレルギー性咳嗽(対症療法の形で、適切な抗ヒスタミン薬の併用)。
  3. 非生産的な形の咳(シロップは痰の分泌を促進し、気道を通過する動きを促進します)。
  4. ランニングと慢性咳
  5. ウイルス性、細菌性の病因(風邪、インフルエンザ、咽頭炎、肺炎、ならびに喉頭炎を伴う)の疾患を伴う。

特に効果的にシロップは、のどの乾燥や気道からの大量の痰の除去などの問題に対処します。追加のボーナスは、薬の小さな殺菌力と柔らかさの効果です。
ソース:コンテンツにnasmorkam.net?

禁忌は何ですか?

薬の組成は、体に悪影響を及ぼす可能性のあるさまざまな物質がないことを特徴としています - ホルモン、アルコール、麻酔薬はありません。

それにもかかわらず、いくつかの条件がありますその場合それはClenbutarolの使用を控えることがよりよいです:

  • 薬物の一つ以上の成分に対する個々の過敏反応。
  • 甲状腺の病気
  • 心臓の動悸、大動脈弁狭窄、心筋梗塞の急性期(この薬は心血管系にかなり高い影響を及ぼします)。
  • 妊娠(特にその最初と最後の学期)、授乳。
  • 強い副作用
  • クレンブテロールは、患者に特定の眼疾患(特に緑内障)がある場合も禁忌です。

上記の禁忌の存在下では、クレンブトロールは組成物中の他の成分と同様の道具に置き換えられる。

起こりうる副作用

薬の服用中に望ましくない副反応が起こるのは、正しい投与量に従わなかった場合、または禁忌についての注意深い研究が不十分だったためです。

そのような行動の中で、以下は臨床診療で最もよく説明されている:

  • 重度の場合、体の小さな筋肉の震え(しばしば手足の指です) - 筋肉のけいれん
  • 頭痛、めまい、不安、神経質(中枢神経系の興奮性の増加による)、全般的な脱力感、疲労
  • 血圧、動悸、心臓痛、心不整脈の突然の跳躍(心血管系の病状を有する患者において)

  • 皮膚アレルギー反応(発疹、発赤、血管浮腫、かゆみ)
  • 胃腸管の臓器の正常な機能障害 - 悪心、嘔吐、乾燥粘膜
  • 排尿困難

クレンブテロールの副作用のリストは非常に広範囲であるので、彼の任命の前に専門家は彼の体のすべての個々の特徴を考慮に入れて、病気の歴史と患者の人生を慎重に研究します。

リリースフォーム

  • 薬局では、ブレンデッドクレンブテロールは透明でわずかに粘性があるとして販売されています シロップそれは独特の深紅色の香りで薄黄色の色を持っています。この形の薬は、ダークガラス(またはダークポリエチレンテレフタレート)の100mlバイアルに包装されています。カートンパックには、キットの中に医薬品、計量カップ、スプーンが入ったボトル1本が入っています。
  • Vermodzhaの製品は次の形式でもご覧になれます。 丸薬 商品名クレンブテロールVer。しかし、この形態の医薬品は、不当に高い価格のために広く普及していません。

薬理作用

クレンブテロールは、同じ名前に基づく活性薬です。 選択的beta2アドレナリン様 - 主に呼吸器系の気管支樹にある人体の対応する受容体を刺激する生物活性成分。

作用のメカニズム 特別な生化学的複雑さに違いはありません、それはいくつかの連続した反応の形で提示することができます。気管支内腔への医薬製剤の成分の局所的侵入に応答して、周期が活性化される。 二次メッセンジャーさらに、クレンブテロール効果は平滑筋線維に局在するミオシンにまで広がり、これはアクチンと相互作用して気管支の弛緩をもたらす。したがって、気管支喘息の発作中または慢性閉塞性肺疾患では、呼吸管の内腔の病理学的狭窄は停止する。

クレンブテロールも影響を与えます 秘書機能呼吸器系知られているように、炎症または他の病理学的メカニズムの反応は、関連する生物学的製剤の割り当てに密接に関連している。 メディエータまたは気管支痙攣の発症に寄与する他の活性物質。薬物の治療効果はそれらの放出を遅らせ、それはよどみの解消、浮腫の軽減および正常化において現れる。 粘液線毛クリアランス.

クレンブテロールが使用されていることに留意すべきである スポーツ医学特に、ボディビルダーに見られる医薬品の広範な使用。薬の有効成分は持っています 同化効果 天然または人工のような ステロイドしかし、より少ない力でそれらを見せてください。咳止めシロップは乾燥中の脂肪バーナーとして使用することができるので、体の筋肉の解放を増加させるために。医薬品を使用することによる視覚効果は、信じられないほど長持ちする低カロリーの食事療法に匹敵します。

クレンブテロールシロップ、使用方法(方法と投与量)

治療目的のクレンブテロールのための指示

シロップは使用を目的としています。 経腸的に中です。最適 投与量成人患者の場合、それは薬剤による保存療法の開始時に1日2〜3回15mlです。さらに、気管支喘息または慢性閉塞性肺疾患の主な症状を取り除いた後、1日2回維持量10mlを適用する。

期間保守的な衛生管理は8-10週間ですが、薬は有効成分の同化特性の観点から特別な計画に従って服用されるべきです。このコースは、シロップが使用されていない場合は2週間の継続的な入院と2週間の「休息」からなります。

クレンブテロールは小児科診療に使用することができます。投与量 子供向け年齢と体重によって異なり、次のような数字があります。

  • 体重4〜8 kg、1日2回2.5 mlの子供たち。
  • 8ヶ月から2年まで(体重約8-12 kg) - 5 mlを1日2回、
  • 2〜4歳までの年齢区分(12〜16kg) - 7.5ml /日2回、
  • 4〜6歳の子供、体重16〜22 kg - 10 ml、1日2回
  • 6〜12歳(22〜35 kg) - 15 ml、1日2回、
  • 12歳以上の子供、体重35kg以上 - 15ml 1日2〜3回。

ボディービルで使用するための指示

体の乾燥 - スラング表現は、プロスポーツやボディビルディングだけでなく最近使用されていますが、ジムや若者の間でも一般的です。 スポーツウィキこの新生物学は、身体に「彫り込まれた」筋肉の浮き彫りを与えるために皮下脂肪組織を取り除くこととして説明しています。乾燥の究極の目標は、乾燥した、きつい外観、そして単にそれらの余分なポンドを取り除くことではありません。

望ましい結果を達成するために、身体的な運動に加えて使用することができます。 スポーツ栄養 または 医薬品、新陳代謝を加速させ、新陳代謝に通常よりはるかに多くの脂肪を含みます。したがって、たとえば、スポーツマンや他のテーマ別サイトでは、クレンブテロールについて、可能性のある副作用のリストが少なく、アスリートの体に良い効果があるとしている。

クレンブテロール乾燥コース

医薬製剤の投与量はμgで示され、これはシロップの活性成分の乾燥残留物に相当し、これは独立して又は有資格の専門家の助けを借りて計算されなければならない。薬物の重量と体積の部分を同一視することは固く禁じられています。

乾燥のためにクレンブテロールを飲む方法のスキーム:

  • 1日 - 20 mcg
  • 2日目 - 40 mcg
  • 3日目 - 60 mcg
  • 4日 - 80 mcg
  • 5日目 - 100 mcg
  • 6-12日 - 120 mcg
  • 13日目 - 80 mcg
  • 14日目 - 40 mcg。

次に、あなたは少なくともする必要があります 二週間の休憩 次の薬を服用する前に乾燥のためのシロップを受け取る最適の時期朝の時間生物の吸収能力が高いほど。また、このようにあなたは不眠症の可能性のある開発を避けることができます。

コースの有効性を向上させる方法

クレンブテロールは強力な同化作用のある医薬品ですが、肉眼で見えるような効果を発現するには時間がかかります。個々の感受性に応じて、いくつかの乾燥コースが必要になる場合があります。なぜなら 経験豊富なボディビルダー 他の薬やスポーツ栄養の要素と同時に服用することをお勧めします。まず第一に、このケースでは筋肉の弛緩がはるかに早く目立つようになるでしょう、そしてその一方で、副作用の危険性を最小にする医薬品があります。

例えば、乾燥は、クレンブテロール+ヨヒンビン+ケトチフェンのコースとして提示することができる。第一成分はその同化作用に基づいて、すなわち皮下脂肪組織を消費しそして所望の形状および筋肉解放を達成したいという欲求を直接満足させることに基づいて使用される。なぜ使われるのか ケトチフェン 以下に説明します。 ヨヒンビンそして、それはまた、顕著な刺激効果を持つ植物アルカロイドです。治療目的のために、それはとして使用されます 媚薬勃起不全を回復する。ボディビルダーのYohimbineは同化ステロイドホルモンの効果および性的な球の問題の防止を高めるのに使用されています。

クレンブテロールとケトチフェンの服用方法

ケトチフェンはボディービルでよく使われる医薬品です。その有効成分は実質的にユニークな治療特性を持っています - それらは可能にします アンドレノレセプターの感受性を回復する 同化薬および特にクレンブテロールに。この薬効は臨床試験で2回以上証明されています。ケトチフェンでは10-20%になることができます 効率を上げる 控えめなコースと大幅に乾燥や体重を減らす過程を加速します。この薬のもう一つのプラスの特徴は、精神的な覚醒、睡眠のリズムの乱れ、および覚醒などの悪影響を補うことができることです。

乾燥時のクレンブテロールとケトチフェンの推奨コース:

  • 1日 - 20 mgのクレンブテロール、
  • 2日目 - 40 mcgクレンブテロール、
  • 3日目 - 60 mcgクレンブテロール、
  • 4日目 - 80 mcgクレンブテロール
  • 5日目 - 100 mcgのクレンブテロールと1 mgのケトチフェン
  • 6-27日 - 120 mcgのクレンブテロールと2 mgのケトチフェン、
  • 28日 - 80 mcgのクレンブテロールと2 mgのケトチフェン
  • 29日目 - 主観的感覚に応じて、クレンブテロール50 mgおよびケトチフェン1〜2 mg、
  • 30日目 - 33〜35 mcgのクレンブテロールと1 mgのケトチフェン。

就寝前の朝にクレンブテロールを、夜にケトチフェンを使用することが好ましい。次の医薬製剤使用の前の休憩は少なくとも2週間でなければなりません。

クレンブテロール+ヨヒンビン+チロキシンの摂取方法

この複合体の高効率は、 チロキシン それは 甲状腺ホルモン健康な体で通常作り出されます。乾燥のために、それは2つの理由で使用されます - まず第一に、チロキシンは活動的です 生理用脂肪バーナー独立して代謝を促進し、対応する代謝プロセスを開始することができます。第二に、その効果は、それを介してクレンブテロールとヨヒンビンが作用するアドレナリン受容体、すなわち間接的にチロキシンに拡張 影響を大きくするдругих жиросжигателей на метаболизм. したがって、過剰なキログラムを迅速に処理するために最適な生化学的条件が作り出されます。

複合体の1つの運営単位は次のとおりです。

  • クレンブテロール40 mg(シロップは乾燥残留物に数えるべきである)、
  • チロキシン - 25 mcg、
  • ヨヒンビン - 5 mg。

推薦入学率は次の計画に従うべきです:

  • 1〜3日 - 1単位
  • 4〜6日 - 1.5ユニット
  • 7〜9日 - 午前中に1単位、午後に1単位
  • 10〜12日 - 1.5単位
  • 13〜15日 - 1単位
  • 16〜19日 - 0.5ユニット
  • 20〜21日 - 0.25単位

その後、少なくとも3〜4週間は休憩を取ってください。その後、同じスキームに従ってコースを繰り返すことができます。朝食の30分前に医薬品を飲んで、少量の通常の飲料水を飲むことをお勧めします。

開発とは 副作用例えば、熱病の状態では、医者か調教師に相談してください。 1〜2mgの予防的投与を実施することも必要である。 ケトチフェン午後に。起こり得る心臓の問題を回避し、心筋収縮の頻度を減らすために、ベータ遮断薬を使用しなければなりません。 メトプロロール 50 mgを1日2回。

クレンブテロールは禁止されていますか、それともスポーツではありませんか?

体脂肪の減少に関連する外的影響に加えて、医薬製剤は体の効率を高め、そしてある程度強度指標を高める。したがって、1992年以来、ドーピング防止委員会はプロのスポーツ選手によるこの薬物の使用を禁止しています。しかし、アマチュアレベルのボディビルダーでは、その効果は対応するコースを通過した後によく目立っているので、クレンブテロールは今日でも人気があります。

インタラクション

薬物は臨床相互作用の非常に広いリストを持っています、乾燥のためにまたは治療目的のためにクレンブテロールを使うとき、考慮に入れられなければなりません:

  • と組み合わせて モノアミンオキシダーゼ阻害剤 (MAO)と テオフィリノム心筋のインパルス伝導に違反します。
  • との拮抗作用(反対の作用) ベータブロッカー,
  • 服用時に不整脈を発症する可能性 強心配糖体,
  • 血糖降下薬 それぞれ治療効果を著しく失うため、コースクレンブテロール投与時に投与量を増やす必要があります。
  • と組み合わせて 交感神経興奮薬医薬製剤の有効成分の固有の毒性が高まる。

クレンブテロールの類似体

1992年以来、プロレベルでのボディビルディングにおけるクレンブテロールの禁止。 ドーピング防止委員会 彼らは体内に蓄積し、運動中に放出されるため、医薬品の活性成分を長期間識別します。したがって、プロのスポーツマンは世界的に承認されたクレンブテロール類似体のみを使用しています。例えば、ボディビルでは使用することができます:

  • サルトス - 選択的β2 - アドレナリン受容体刺激剤
  • スタノゾロール - 同化ステロイドホルモン、拮抗薬 プロゲステロンこれは天然のテストステロンよりも30倍効果的です。

クレンブテロールは、気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患などの病理学的状態に関連する重度の状態の緩和のために小児科診療で積極的に使用されています。しかし、医薬製剤の活性成分の同化特性を考慮して、その使用は有資格の医療従事者によって厳密に規制され、かつ上記の投与量に従うべきである。

クレンブテロール痩身

ウィキペディアが言っているように、無料の百科事典知識では、同化ステロイドホルモンが代謝率を高めるので、女性のためのテーマフォーラムはクレンブテロールを優れた痩身シロップと見なします。したがって、ファットバーナーとして作用する、クレンブテロールの生物学的に活性な成分は、代謝過程において「予備で」沈着した物質、すなわち脂肪組織を含む。これにより、簡単に目的の形状に調整することができます。もちろん、治療目的ではない薬物の使用は悪影響をもたらすので、あなたは常に資格のある専門家またはフィットネストレーナーに減量のためのクレンブテロールの服用方法を相談するべきです。

妊娠中および授乳中

同化作用に加えて、クレンブテロールの有効成分はまた、膠細胞溶解作用を持っています。すなわち、それらは平滑筋を弛緩させ、子宮の収縮を防ぎます。妊娠中の医薬品の使用は避け、他の同様の薬用シロップ剤であるクレンブテロールと交換する必要があるため、これは胎児の妊娠に悪影響を及ぼし、出産プロセスおよび「perenashivanie」の子供を遅らせることになります。

母乳育児中のクレンブテロールの使用は、有益な治療効果が小児への潜在的なリスクを大幅に超える場合に十分であると考えられています。

クレンブテロールのレビュー

まず第一に、薬物は咳止めシロップとして、または異なる病理学的単位を有する病理学的気管支痙攣の排除、すなわち治療目的で使用される。そのようなアプリケーションは医学文献によって正当化され、不快な病気からの解放を保証します。クレンブテロール治療を受けた患者は、その後の鼻呼吸の著しい軽減、「深呼吸」して周囲の世界の匂いを感じる能力に注意し、5分ごとに苦痛な咳で中断することなく静かに働きます。

特にクレンブテロールシロップを使った衛生的な保守コースは短期間しか続かないため、医師によるレビューでも医薬品の臨床効果が確認されています。有資格の専門家は、シロップの安全性を疑う余地なく語っている最も若い年齢層の子供でさえもこの薬を使用する可能性を別に指摘しています。

ボディビルディングのクレンブテロールのレビューは、乾燥のための優れた手段として医薬製剤を特徴付けます。組み合わせコースのおかげで、それ自体で最初の20日後にすでに顕著な効果を持っている薬の高投与量の使用から主要な副作用のほとんどを排除することが可能です。あなたは乾燥コースの前後に写真を撮ることによってこれを確認することができます。

減量のためのクレンブテロールのレビューも薬を提唱しています。ファットバーナーには全身的な効果があり、つまり活性成分が人体全体に治療効果を発揮するため、咳止めシロップを使用すると、最も「難しい」場所でも余分なポンドを取り除くことができます。クレンブテロールについての女の子のレビューは、体重を減らすためにあなたは絶対にハードダイエットに座ったり、7回目の汗までジムでエクササイズする必要はないという事実に彼らの注意を集中しています。医薬品の使用を決定し、それが期限切れになると消えるコースの可能性のある悪影響に耐えるだけで十分です。

価格クレンブテロール、どこで購入する

ロシア連邦のクレンブテロールの価格は210から350ルーブルの間で変動し、主に薬局の場所によって異なります。サンクトペテルブルクの薬局でクレンブテロールを購入できますか?もちろん、もちろんですが、その費用は上記と多少異なる場合があります。そのため、医薬品を購入する前に、さまざまなオンライン薬局で情報を確実に見つける必要があります。また主題のサイトの助けを借りてあなたはモスクワでクレンブテロールを購入する場所についての情報を得ることができます。

医薬品はウクライナで購入することができますが、クレンブテロールシロップの価格は通常薬局の場所によって多少異なります。例えば、ハリコフでは、薬は120グリブナのために購入されていますが、オデッサでは - 160グリブナのために。

どのような効果がありますか

薬はすぐにそして完全に吸収される特徴的な高活性を持っています。薬の投与量は同様の薬のそれよりはるかに少なく、そしてそれは長期間使用することができます。

だからこそ 気管支喘息、閉塞性気管支炎などの疾患を治療します。腎臓を通して薬を表示します。

クレンブテロールは長期の気管支拡張作用を有し、気管支痙攣を抑制および予防し、保護特性を改善し、外部被ばくを予防します。

任命されたとき

あなたは子供のためにどのような咳がクレンブテロールを服用する必要がありますか? シロップは深刻な気管支肺疾患の治療に適応されます。 気管支閉塞症候群を伴う。

以下の場合を含みます。

  • 慢性閉塞性肺疾患など
  • 投与量と投与頻度

    コースの正確な投与量、頻度および期間は医師によって決定されるべきです。シロップは深刻な禁忌と副作用があるので、特に子供の病気の治療の場合。

    おおよその適量は表で与えられます:

    12歳以上の子供のための維持量は10ミリリットルです。そのような服用をする頻度 - 1日に2回。

    価格、休暇、保管期間、保存期限

    処方薬.

    クレンブテロールは、15〜30度の温度範囲で、子供の手の届かない場所に保管してください。薬は3年間有効です。

    • アンナ「クレンブテロールは、抗生物質を服用しなくても咳嗽を治すことができるようになり次第、常に使用されています。子供が2歳の時に初めて治療を受けました。特に顕著で負の副作用は認められていません。」

    ジュリアクレンブテロールは私たちには適していません。私の息子はすぐに四肢の震え、恐怖感を始めました。治療は中止されました。

  • ナタリア:私は誰にも忠告しないし、この薬を推薦しません。私の娘はほぼ3歳です。医者は私たちに咳の治療のためにクレンブテロールを処方し、さらに抗生物質を処方しました。最初はひどいことは何も起こりませんでした、しかし数日後、彼女は30分ごとにひどいかんしゃくを起こし始めました。何も彼女を落ち着かせることができませんでした。すぐにそれを与えるのを止めました、しかし、ヒステリックの攻撃はまだ進行中です。数日で何が起こるのか見ていきます。」
  • クレンブテロールは、子供の病気の治療において両親の間で評価されている効果的な治療薬です。

    シロップが深刻な気管支肺疾患を治すことができるという事実と共に、 その費用は低いです.

    Loading...