人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

赤ちゃんは水をあげますか。いつそしていくら?

母乳での母乳育児に関しては、今日の授乳についての質問はますます少なくなっています。ほとんどの小児科医は、絶対にすべて - そして水、栄養 - がすでに利用可能であるという見方を共有しています。母乳、したがって、それは自然を修正する価値がない、彼女はすべてのことを考えています。母乳育児には重要な利点があります。女性の母乳の組成は、最初は飲み物として機能するいわゆる「フロント」ミルクの最初の部分を吸い込み、次に「バック」ミルクの順番になるというものです。 。自然は賢明で、季節や気候条件に合わせて母乳の組成を調整します。夏は暑さで、牛乳はより流動的になり、子供の飲酒ニーズを満たすことができます。冬はより稠密で高カロリーです。そのため、母乳で育てる乳児は水分を補給する必要はありません。補助食品を導入するまでは必要ありません。赤ちゃんが病気の場合でも、母乳は他のどの液体よりも症状の改善に対処します。

人工栄養についての新生児とは全く異なる状況。いつ、なぜ彼らは人工の子供を補うのですか?

  1. 混合物を人工的に与えると母乳よりもタンパク質が多くなり、それを分解するためにはより多くの水分が必要になるため、Vodickaは彼にとって必要です。したがって、人工給餌の新生児は、混合物による給餌の間に、最初の日から絶えず追加の水を受け取るべきです。
  2. ドーピングは混合物の同化を促進するだけでなく、便秘の予防でもあります - 人工的に生まれた赤ちゃんの伝統的な問題:体液が十分でなければ、便は乾燥して稠密になり、それゆえ体を取り除くのはより困難です。
  3. Vodickaはしゃっくりを助けます - 横隔膜と喉頭の不本意な収縮、水はけいれんを和らげ、状態の原因を取り除きます。そしてそれが再発しないように、赤ちゃんは快適な状態を提供される必要があります:それを暖め(凍らせている場合)、それを起こします(新生児が急いで摂食中にたくさんの空気を飲み込んだ場合)。
  4. パン粉が熱を持っているならば、補給が必要です - 体が体温調節に対処することはより簡単になるでしょう、そしてそれはまたすべての過剰を取り除くことができるでしょう。
  5. 体による急速で急激な水分の喪失(嘔吐や下痢)を引き起こす状況では、新生児は水分の喪失を補う必要があるため、子供が望むだけの量の飲酒を求められます。
  6. 水が新生児の黄疸に役立つという人気の声明もあります。しかし実際には、これは物議を醸しているポイントです:黄疸は血液中のビリルビンの高含有量、水に不溶な物質の結果であり、それ故、追加の水がその除去を助けることはありそうもないです。

それらはボトルからいくらかの水を与える(水のために特別な水を持つことがより良い)、一方であなたが補完的な食物の導入と関連して給餌を始めるなら、最良の選択肢はスプーンである(さもなければ新生児は母乳育児を拒否できる;簡単です!)

水温は快適であるべきです、理想的にはそれは最初は体温 - 36度に等しいべきです、それでそれは最もよく吸収されます(母乳は赤ちゃんにとって最も自然な液体であるので)、徐々に温度は室温 - 20度まで下げられます - 2-3か月後)

赤ちゃんに飲み物を提供するのに最適な時期は、授乳後約1時間です。赤ちゃんの混合物は水で希釈されているため、赤ちゃんはのどが渇いていないことを意味します。

赤ちゃんに水をやるには:摂食に必要な水は何ですか?

  • 当然のことながら、水道水は新生児の給餌には適していません - 残念ながら、わが国の水道水の状態では子供の健康を危険にさらすことはできません。
  • 赤ちゃん用の特別なミネラルウォーターは優れています(すべての薬局で販売されています)。意図していた年齢、ミネラル組成がラベルに表示されています。さらに、特別な子供用の水には子供に役立つビタミンや微量元素が豊富に含まれており、安全性の高いペットボトルで瓶詰めされています。
  • 良い選択肢は、清潔で証明された水源からの職人水または湧き水です。
  • 特別な子供用の水が手に入らないときは、ガスを含まない水、あるいは振とうして開け、数時間そのような形で放置してすべてのガスを放出させることができる普通のソーダさえ適しているでしょう。高度にミネラル化された水は子供には適していないことを知っておくことは重要です、それはできるだけ中性であるべきですので、ラベルに書かれていることを注意深く読んでください。
  • フィルターからの水も使用することができます - あなたが正常な水質を確実にするために間に合うようにそれを変えることを忘れないならば、これは最も良い選択です。
  • 沸騰すると微生物が殺されるので、あまり適していない(しかし許容される)選択肢は、お湯を沸かすことです。実際、沸騰したお湯は有害ではありませんが、沸騰させても必要なものと不要なものの両方ですべてが殺されるので、あまり利点はありません。水に溶解した有用な塩が沈殿し、体内に入りません。
  • しかし、ハーブの煎じ薬は時々水に取って代わることができますが、新生児のための特別な目的だけに代わることができます:疝痛、カモミールとミントのためのディルまたはフェンネル水、風邪のためのリンデン。彼らは慎重にメーカーによって監視されているように赤ちゃん、幼児のための既製の造粒茶があり、それらは使用するのに非常に便利で安全です。
  • やる価値がないことは、新生児がもっと簡単に飲めるように水を甘くすることです。砂糖は喉の渇きを誘発するだけで、子供はそのような水を飲まないようにしますが、彼はもっと飲んでいます。さらに、砂糖は体に強く吸収されて過負荷になります。したがって、赤ちゃんが飲みたくないのなら、それは彼が今それを必要としていないことを意味します。そして、砂糖で狡猾になってはいけません - より多くの水分を必要とするときに待ってください - それから彼は彼が必要とするだけの喜びで飲みます。

人工栄養で新生児にどれだけの水を与えることができますか?

ママは赤ん坊に飲み物を提供し、現時点でそのような必要性があれば - 彼は喉の渇きを癒す機会を得て、必要なだけ飲んでいるので、彼は飲むことを強制されることはできません。

暑さの中や息苦しい部屋の中では、もっと頻繁に飲むことを申し出ることができます - 20〜30分ごと。しかし、周囲の温度が低い場合(20℃以下)、子供は飲みたくないでしょう - 混合物と一緒に受け取った液体で十分でしょう。いわゆる「快適温度」(+ 24°C)が確立されている部屋では、日中の追加飲酒の必要性は約60〜100mlですが、半年までの乳児に対しては50〜200mlという非常に異なる推奨があります。実際、追加の水については明確な規範はなく、子供、気候、季節、さらには彼が摂食する混合物の密度にも大きく左右されます。

ただし、ここではすべてを個別に説明します。多かれ少なかれ水を飲むのが大好きな子供たちがいつもいるからです。いずれにせよ、新生児の胃の容積は約250mlと非常に小さいので、健康な混合物のためにもっと多くの水が入るほど、より少ないスペースが残されるという事実を考慮に入れてください。

だからあなたの赤ちゃんのニーズに注意深く耳を傾け、そしてあなたは彼の世話をするのは簡単でしょう。頑張ってください。

赤ちゃんに水をあげるかどうか

いくつかの小児科医は、彼女が彼女の新生児に水を供給した場合、彼女の母乳は単に消えるだろうとママを保証します。しかし、研究はこの理論が誤っていることを示しています。

母乳自体が80%を超える水であることを忘れてはなりません。しかし、残念ながら、ミルクを使って赤ちゃんの渇きを完全に満たすことは不可能です。しかし、喉の渇きの症状は、小さい子供は言うまでもありませんが、大人が十分に耐え難いです。

人工栄養で育てられた赤ちゃんに関しては、彼らは単に追加の水分摂取量が必要です。推奨される子供の水の摂取量は1日あたり約60ミリリットルです。幼児用の水は室温かそれより少し暖かいはずです。

生後1ヵ月から、子供はできるだけ動かそうとします、それは彼の体の発汗を増加させます。この点で、流体の損失は避けられないので、それを満たすことが単に必要です。

ほとんどの親は同じよくある間違いをします。彼らは彼らが彼らの子供に与える流体の質について非常に心配しています。ですから、子供に水をやる前に、彼らはそれを沸かします。しかし、沸騰したお湯は子供が喉の渇きを取り除くのを助けないだけでなく、健康に必要な微量栄養素で体を満たす - それらは熱処理によって破壊されます。この点で、いずれにせよ、あなたの赤ちゃんに与える前に水を沸騰させないでください。

子供を養うために徹底的にろ過された、または子供のための特別なボトル入り飲料水があるべきです。

水は新生児の細菌異化症を引き起こす可能性があるという意見があります。しかし現代医学はこの情報が不正確であることを証明した。したがって、液体があなたの赤ちゃんを傷つけることがあることを恐れてはいけません。

新生児に水をあげるかどうかを決めるのはもちろん、両親にだけだ。しかしほとんどの小児科医はそれが幼児にとって重大であると信じています。

赤ちゃんに水をあげるとき

別の物議を醸している質問は、赤ちゃんにいつ水をあげるべきかということです。ここにもいくつかの意見があります。ある年齢から子供にのみ液体を与えることが可能であると考える者もいれば、生後1か月後に赤ちゃんに水をやることに問題がないと考える人もいます。答えは簡単です: 子供は彼の誕生から25-30日から給餌されるべきです。 結局のところ、彼はもはや彼の渇きを癒すのに十分なミルクを持っていないのはこの年齢からです。

それで、どのような状況下で赤ちゃんに水を与えることが必要ですか?

  • 脱水症状を避けるために、特に暑い日や暖房シーズンの冬に赤ちゃんに与えてください。
  • それが高まっている場合は、あなたの子供の発汗を見てください - パン粉にもう少し液体を与えます。
  • 水は風邪をひいた状態で、そして赤ちゃんの体温が上がっている間に与えられるべきです。たぶん、彼は母乳を使うことを拒否するでしょう、それで水で彼の渇きを癒すことは絶対に必要です。
  • 赤ん坊が下痢をしているならば、浄化された水だけが脱水症から彼を救うのを助けます。
  • 子供が黄疸を患っている場合は、病気を取り除くために水を使うのがずっと簡単でしょう。

ほとんどの小児科医は、若い母親に夜間に乳児に水をあげるように勧めます。彼らの意見では、これは夜間の栄養補給の必要条件から子供を引き離すのを助けるでしょう。彼は水を飲み、落ち着き、そしてすぐに眠りにつくだろう。結局、赤ちゃんは夜目が覚めなくなります。しかし、ときどき子供が注意力の欠如のために眠らないことを忘れないでください、それで両親は彼らの暖かさと世話を示さなければなりません。

赤ちゃんに与える水の量

確かに、子供たちは間違いなく水を必要としています。しかし、そのような小さな年齢では、彼らはどのくらいの量の液体を消費する必要があるのか​​を判断することができません。したがって、両親は 投与量を考慮する必要があります。お母さんとお父さんがこれをしないならば、それから赤ん坊は母乳を飲むのをやめることができます、普通の水より多くを飲んで、そしてそれで彼女の胃を満たします。これは赤ん坊がちょうど彼の食欲を失うこと、そしてそれでもまだミルクはパン粉の成長と発達に必要な莫大な量のビタミンを含んでいるという事実につながります。

赤ちゃんの一日の摂取量は60mlを超えてはいけません。あなたの赤ちゃんに20ml以上を与えてはいけません。幼児の腎臓や泌尿器に負担をかけないように、一度に。それはスプーンで子供を養うことが最善です、それからそれは両親が一日の量を制御する方が簡単になります。

子供を水で一杯にする

特に暑い時期には、子供の服用が必要です。そのような目的のために、常にあなたと一緒に小さな瓶を運ぶことを忘れないでください。

赤ちゃんが通常より多く飲まないように、両親は投与量に従う必要があります。子供が摂食の間に飲む必要があると両親が判断した場合、水分の量は 20〜30ミリリットルを超えてはいけません。

赤ちゃんに与えるどんな水

新生児には、特別な赤ちゃん用のミネラルウォーターを使用するのが最善です。そのような水は徹底的にきれいにされます、それは非炭酸であり、そして赤ん坊に水をまくのに完全に適しています。

また、子供のための食べ物(スープ、シリアルなど)を準備するために同じ水にする必要があります。赤ちゃんの水は確かに赤ちゃんを傷つけません。

蛇口からの水に関しては、それは細心の注意を払って適用されるべきであり、それにもかかわらず、その使用を放棄することが好ましいでしょう。実際には、赤ちゃんの体に害を及ぼす可能性のあるさまざまな微生物や病原性微生物が含まれています。

しかし、あなたがあなたの家に深い洗浄フィルターを持っているなら、あなたはパン粉の健康について心配することはできません。そのような水は子供にとって有用で安全です。

融解水は健康に特に有益であると考えられています。それを調理するには、ボウルまたは皿に精製した冷たい水を入れて冷凍庫に入れます。水が完全に凍ったら、冷凍庫から引き出して暖かい場所に置きます。融解水は体に非常に有益な効果をもたらします。

赤ちゃんを冷たすぎたり、逆にお湯にしたりしないでください。赤ちゃんに提供される液体の温度が摂氏23 - 25度を超えないようにしてください。

いずれの場合も、1歳に達していない子供は、液体をガスで与えません。それは腸への刺激を引き起こす可能性があり、それはその年齢の子供たちにとって特に困難です。

一部の親はそれに砂糖を加えることによって赤ちゃんのために水を甘くします。しかし、これは何にもつながりません。たとえ赤ちゃんがまだ歯を持っていなくても、この年齢の甘い水は代謝を完全に混乱させ、虫歯の出現を引き起こすことがあります。

赤ちゃんの水が足りないことを知る方法

赤ちゃんが十分な液体を持っていないことを明確にするいくつかの症状があります。

  • 嗜眠、赤ちゃんの無関心、
  • 乾いた粘膜
  • 春を落とす
  • 不十分な排尿(1日6回未満)
  • 激しい尿臭
  • 尿の変色

これらの徴候は赤ちゃんの体の脱水を示します。水分不足の症状が見つかった場合は、胸に赤ちゃんをよく当てます。授乳の合間に赤ちゃんを感じて、一度に20ml以下にしてください。このような単純な操作は、子供の体内の水分バランスを正常に戻すのに役立ちます。

そして最後に、赤ちゃんに水をやる方法。いくつかの選択肢があります。

  • スプーン 赤ちゃんの口に適した形の特別なスプーンです。
  • 注射器 水滴を赤ちゃんの口の中に注入します - 子供が怖がらないように、ゲームの要素を添えましょう。
  • 5-6ヶ月から始めて、特別な飲酒ボウルを使うことができます。, 赤ちゃんは取っ手で身を掴むことができます(いわゆる「こぼれない」があります)。
  • 小瓶 製造業者はそれらの広い範囲を提供します。しかし、すべてのパン粉がボトルから飲むのが好きというわけではありません、彼らは他の何かを試してみたいです。

新生児(幼児)用の水は、通常の成長と発達にとって重要な条件です。

新生児は水を必要としますか?

月齢の赤ちゃんに水を与えることは可能ですか?母乳で育てるとき、これは必要ではありません、最初の2-3か月の間に母乳は完全に飲み物と食べ物を赤ちゃんに提供します。子供がのどが渇いている場合、彼はいつも胸に付けられています。したがって、彼だけで彼のニーズを満たすことができます。

将来的には、母親は特定の要因に集中しなければなりません。

  • 3ヶ月の年齢で、子供は初めて水を与えられることができます。
  • あなたの子供が唇と口の上にさらに乾燥を飲む必要性を決定してください。
  • 赤ちゃんが水を必要としているという兆候は大きな汗です。
  • このような幼い頃は、子供をボトルに慣れさせないように、スプーンで液体を与えるのが良いでしょう。

赤ちゃんに水を飲ませることはできますか?それは赤ちゃんに提供されるべきであり、それから彼の反応に従うべきです。彼が頭を背けた場合、それは彼が飲みたくない間は意味します。

すべての母親は、新生児が母乳の最初の部分で喉の渇きを癒すことができることを知っておくべきです。夏の季節には、それはより液体になります、それでそれはのどの渇きをよりよくクエンチします。冬には、母乳は濃くなり、カロリーが高くなります。

あなたは子供にどのくらいの量の水を与えることができますか

小児科医は3ヶ月齢で水を与え始めることをお勧めします。彼らは異なった規則に従って彼らの子供を育てたので、それは多くの祖母を驚かせます。月齢の赤ちゃんに水をあげることはできますか? Не стоит, так как выпитая жидкость заполнит желудок, поэтому малыш начинает хуже сосать. У мамы из-за этого могут появиться неприятные последствия, такие как:

  • Снижение продуктивности молочных желез.
  • Лишнее молоко необходимо будет сцеживать.

Не следует беспокоиться, если какая-нибудь бабушка, не доверяющая современным методам, даст месячной крохе немного кипяченой водички. 赤ちゃんが液体を必要としない場合、彼はそれを飲んだり、吐き出したりしません。赤ちゃんが摂食の間に一度水を飲むのであれば、それは彼の食欲に影響を与えません。出生後最初の数ヶ月の幼児の渇きの出現を防ぐために、それはしばしば乳房に適用されます。

授乳時の水の利点と害

喉の渇きのための水の恩恵は人間にとってかけがえのないものです。それは塩水バランスを元通りにし、ボディから毒素を取除くのを助けます。しかし、あなたは必要なときだけそれを与える必要があります。

子供に瓶から飲むように教えたので、母親は赤ちゃんだけでなく自分自身にも害を及ぼすことができます。

  • 彼は乳房を吸うのを拒むかもしれません。
  • 彼の泌尿生殖器系の負荷を増やします。
  • ビリルビン、黄疸の出現を増加させる危険があります。これは母乳がこの物質を溶解するが水は溶解しないためです。

幼児にはどんな種類の水を与えることができますか?専門家は、子供たちにはミネラルウォーターだけを使うように勧めます。より安全な液体の場合は、手動でろ過してから沸騰させることができます。

有害なバクテリアが水で赤ちゃんの体内に侵入する可能性があることを理解しなければなりません。これより、通常のミネラルウォーターは節約できません。煮ても害虫を殺すことはありません。

このような場合、医師は子供に水をあげることをお勧めします。

  • 乾いた暑いです。
  • 赤ちゃんは高熱です。
  • 子供は疝痛に苦しんでいます。

人工栄養で水を与え始めるとき

新生児に母乳で育てるかどうか考えました。しかし、人工はどうですか?彼は混合で成長した場合、あなたは何ヶ月のためにあなたは子供に水を与えることができますか?医師は、あなたがどんな年齢でも赤ちゃん用の水を提供できると言っています(ミックスのほとんどは水上で両親によって準備されているという事実にもかかわらず)。

混合物を混練すると、赤ちゃんの体に入る水の量を簡単に判断できます。もちろん、あなたは離乳食の各パッケージに書かれている指示に従ってすべてをする必要があります。割合に違反すると、便秘、過剰なビタミンやミネラル、過剰な体重の出現を招く可能性があります。

子供が混合物の中にある十分な水を持つべきであると仮定するのは論理的です。しかし、摂食の合間に、彼は飲酒を申し出られるべきです。例えば、摂食の頻度が4時間ごとである場合、給水の2〜2.5時間前に毎回水を与えることができます。赤ちゃんは一杯の水を飲むことができますか?人工授乳中の赤ちゃんの授乳は任意の量にすることができます。統計によると、5ヵ月未満の子供がめったに1日に30〜70 ml以上を飲むことはありません。

人為的に栄養を与えられるときなぜ私は赤ちゃんが必要なのですか?

人工栄養を摂取している赤ちゃんが、自然栄養を摂取している赤ちゃんよりも多くの水を必要とする理由があります。その中には:

  1. 混合物は母乳よりも多くのタンパク質を含んでいるので、水は人工技師にとって必要です。その分割のために、より多くの液体が必要です。哺乳瓶で幼児に水を与えることができるのはいつですか?生まれたばかりの人工物は彼の人生の最初の日から水を受け取らなければなりません。
  2. ドーピングはそのような赤ちゃんの便秘を防ぐための優れた方法です。それらの外観の理由は、その大部分が乾燥して濃厚になり過ぎる不足のせいで、それゆえそれらは体から除去することがより困難であるという液体の欠如です。
  3. 水はしゃっくりのための優れた治療法です(これは横隔膜と喉頭の不本意な収縮です)。それはけいれんを取り除き、そして状態の原因を取り除きます。繰り返しを防ぐために、赤ちゃんは暖かい服装(寒い場合)、数分間垂直に保ち(栄養補給中に空気が飲み込まれた場合)、そして安心(強い泣きのためにしゃっくりが現れた場合)する必要があります。
  4. 高温では、子供に栄養を与えることが不可欠です - したがって、体が体温調節に対処し、細菌を除去することはより簡単になるでしょう。
  5. 嘔吐と下痢で、新生児は損なわれた水収支を補充する必要があります。したがって、この期間中は頻繁に水をまく必要があります。
  6. 水は新生児の黄疸に対処できるという神話があります。黄疸は、水に溶けない血液ビリルビンの増加が原因で表示されるようにこれは物議を醸す声明です。したがって、追加の液体がこの場合に役立つ可能性は低いです。

人工的に授乳された赤ちゃんはボトルから水を与えられます。流体温度は36度にする必要があります - それはそれが消化する方が簡単になります。 3ヶ月以上の年齢で、それは20度に徐々にそれを持って、水温を下げ始めることが必要です。

新生児人工水にいくら水をあげるか

人工混合物で成長した場合、月齢の赤ちゃんに水を与えることができることを私達は既に見つけました。

お母さんは赤ん坊にいくらかの水を提供するべきです、しかし、彼がそれを飲みたいかどうかにかかわらず、それはすでに彼の必要性に依存します。暑さの中で、または息苦しい部屋の中では、水は20-30分ごとに提供されるべきです。部屋の温度が正常であれば(20度を超えないように)、子供は飲みたくないでしょう。彼は混合物に十分な量の液体を含ませるでしょう。部屋の温度が(24度以下)である部屋では、子供は一日あたり60〜100ミリリットルが必要です。しかし、この機会には他にも専門家の意見があります。一般に、赤ちゃんには1日に50〜200mlの水を与えることをお勧めします。

水から赤ちゃんへ

ドーピングはプラスとマイナスの両方の影響を及ぼします。したがって、どのような種類の水が子供に与えられるのかについて、特別な注意を払うべきです。正しいものを選択するためのいくつかの規則があります。

  1. 水道水は塩素化されており、多くの有害物質を含んでいるため、水道水が新生児の餌には適していないことは間違いありません。
  2. 最良の選択は、子供用のミネラルウォーターです(薬局やスーパーマーケットで売られています)。意図されている年齢、および含まれているミネラルを示します。また、子供に役立つビタミンや微量元素が豊富に含まれています。この水はより高い安全性でプラスチック容器に注がれます。
  3. 赤ちゃんに適した水は、泉またはアルテスの泉からの水です。
  4. 子供に何歳からガスで水をもらうことができますか?赤ちゃん用の水を買うのが不可能な場合は、赤ちゃんに炭酸液を提供することができます。しかし、よく振って蓋を開け、数時間放置してすべてのガスが出るようにする必要があります。水はミネラル化しすぎないようにしてください。中立を優先することをお勧めします。
  5. フィルターが必要に応じて変わる場合は、濾過水を使用できます。
  6. お湯を使うことは許されます。それはそれが古い学校の小児科医によって助言されることをまだ聞くことは可能です。当時は、煮沸するとすべての微生物が死滅すると考えられていました。本当にそうです。そのような水中には、有用な物質も有害な物質もありません。水に溶解した塩でさえも沈殿し、子供の体に入りません。
  7. どんな草もこれらの目的に適していませんが、幼児は煎じ薬を与えることができ、また与えられるべきです。例えば、ディルウォーターは、風邪を引いて、強い喚起、リンデンで、疝痛、カモミール、ミントを助けます。あなたは顆粒で既製茶を買うことができます。それらは使用するのに便利です。さらに、彼らは慎重な生産管理を受けます。

決して砂糖で水を甘くしてはいけません。赤ちゃんの渇きが増すだけなので、この種の水を飲むのは不可能です。砂糖は体に強く吸収されて過負荷になります。子供が飲みたくない場合は、無理にしないほうがいいでしょう。

なぜ赤ちゃんはIVでそれを必要としますか?

すべての小児科医は同意する 母乳を与えられている子供は水を飲む必要も水を飲む必要もありません まったくしかし水には、調整された牛乳を食べさせる子供が必要ですか

ご存知のように、乳児用調製粉乳にはより多くのタンパク質が含まれています。つまり、赤ちゃんにとってより濃厚で栄養価が高いということです。 「前の」(より流動的な)牛乳と「後の」(より濃い)牛乳に分けられる母乳とは異なり、子供用の混合物は均質で、一貫して同じ密度です。

有名な医者Komarovskyはこの意見と連帯していて、水で人工的に餌をやることで新生児に餌をやることの手順を重要な属性と考えます。

補足ルール

人工給餌の最初の週からすでに新生児に水を提供することは可能です。子供用チェアには特に注意を払う必要があります。最初から便秘が観察された場合、水は欠くことのできない助けになります。

乳児の消化器系が乳製品の吸収と排泄にうまく対応する場合 28日目から水を消費することができます。

いつ水をあげるか?

ミルクフォーミュラを使った栄養補給の間に、できるだけ頻繁に赤ちゃんに水を与えます。子供が飲むのを拒んでも大丈夫です - 現時点では、体の水分のバランスは正常で、食事中に飲んだ水は十分にあります。

飲むのに最適な時間は、給餌の1時間前または1時間後です。 彼の心室の容積は250ミリリットル以下ではないので、あなたはあなたの子供に主な食事の前にたくさんの水を提供するべきではありません。

提供するには?

赤ちゃんに水を提供するべきです!新生児はまだかなり小さくて無防備であるという事実にもかかわらず、彼はすでに彼が必要とするどれだけの量の液体と食物を知っています。不要な飲み物を強制的に注ぐよりも、頻繁に少しだけ提供することをお勧めします。

子供は水を飲むことができます。

  • ダミーの瓶から
  • スプーンから
  • 針のない注射器から。

赤ちゃんに必要な水分量は?

子供の1日の水消費量は個人です。図は1日あたり50から200ミリリットルの範囲です。当然 さまざまな要因を考慮に入れる必要があります。

  1. 気候、
  2. 子供の活動
  3. 食品の一貫性など

したがって - あなたのパン粉の本能によって導かれる。 1日の料金を正しく計算するには、あなたが飲む混合物の量に注意してください。 液体の量は一食の量に対応するべきです。

したがって、乳児が1回の摂食のために混合物を120ml摂取すると、1日の水の量はこの数値に相当します。新生児が夜間に飲酒する必要がある場合、この金額は昼夜を問わず分配されます。

  • 赤ちゃんにとって最も有用な飲み物は、薬局や店で購入した特別な子供用の水です。子供の体に必要なミネラルとビタミンが含まれています。そのような水を買う前に、有効期限を必ず確認してください。
  • ボトル入りガスのない適切なミネラルウォーター。主なことは、それが塩で特別に強化されていないということと追加の風味を持っていないということです。
  • 有用な水は一人で家で作ることができます。プラスチック製の水差しの形でこの理想的な水フィルターのために。カートリッジを交換し、毎日水を更新するためにちょうど間に合うように忘れないでください。
  • お湯は補給にも適しています。しかしながら、沸騰プロセスは水のすべての有益な特性を殺し、それを渇きを癒すための液体にしかしないことに留意しなければなりません。

気温はいくらですか?

給餌の最初の日には、水温は子供の体温にできるだけ近いはずです - 36度。 暖かい水は体により早く吸収されます。なぜなら、彼は暖房や冷房に余分なエネルギーを費やす必要がないからです。

その後、徐々に温度を下げて室温に戻します。したがって、2-3ヶ月でそれは20-22度になります。

赤ちゃんが水を飲まないとどうなりますか?

常にあなたの赤ちゃんの欲望に耳を傾け、そして彼は今何かを飲むか食べることを拒否した場合 - 決して主張しないでください。これはある種の液体や食物の完全な拒絶につながることがあります。しばらく待ってからもう一度オファーしてください。子供にどのような種類の水を飲むかを選択させます - ミネラル、ゆで、特別な保育園。

子供が飲酒を拒否したときに何をしますか? 役に立つヒント:

  1. たぶん新生児は水の温度が好きではありません - それで、次回は、もっと暖かくしてください。
  2. 別のボトルを試すこともできます - 水専用のボトルを入手してください。すべての赤ちゃんは形の記憶を持っています、そして、あなたのパン粉は液体のボトルが異なる「乳製品ではない」味から来る理由をただ不思議に思うかもしれません。カラフルな絵を使って、水用の皿を明るくしましょう。多くの子供たちはあなたがあなたの指を突き刺すことができるハンドルまたは真ん中に特別な穴があるボトルを好む。
  3. あなたがスプーンからいくらかの水を与えるならば、それが特別なシリコーン材料で作られていることを確認してください - そのようなスプーンは普通のお茶のものとは異なり暖かく、そして若干のものそのようなスプーンは赤ちゃんにとって興味があるかもしれないので、彼が彼女に触れたいならば、彼を叱らないでください、彼女と遊んでください。
  4. あなたは、最初にボトル自体から、またはスプーンから飲むことによってあなたの赤ちゃんのために例を設定することができて、それが擬態またはある種のジェスチャーでどれほどおいしいかを示すことができます。子供があなたの後で繰り返されるときは、必ず彼を賛美してください。

生まれたばかりの赤ちゃんは水が必要ですか?

教育水準の低い人々や一部の高齢世代によると、新生児に水をあげる必要があります。

正当な理由があります。

  1. 水は幼児黄疸を扱います。
  2. 食べるだけでなく飲むことも必要です。牛乳は食べ物ですが、水とは異なり飲みません。
  3. 水が渇きを癒します。
  4. 病気の場合、水は利尿作用を高め、薬を溶かします。

黄疸はビリルビン - 新生児の体の脂溶性酵素によって引き起こされます。ミルクが必要量でそれらを含んでいる間、水は決して助けにはなりませんが、脂肪の欠乏のために状態を悪化させるだけです。

母乳栄養

苦い薬でいっぱいの無味水は子供に興味を起こさせないでしょう、しかし反対に - 彼を吐き出させて背を向けるでしょう。それは全く別のことです - 甘くて暖かい母乳。それは薬の使用に貢献するだけではなく、それらの早期吸収にも役立ちます。

ばかげた偏見は、大人が自分の基準と基準で子供を測定するという事実に起因します - それは根本的に間違っています。 新生児の体は成人の体とは大きく異なります。いくつかのシステム、特に消化器系のシステムは、形成および発展し始めたばかりです。自然はすべてプログラムされています。考えてみれば、女性の母乳と母乳が生まれたのは、無駄ではありませんか。適切な量​​のお湯と乳首や瓶のような器具がなかったとき、何世紀もの間赤ちゃんはどのように生き残ったのでしょうか?

水はんだ付けは、限られた数のケースで、そして小児科医の義務的な推薦とともに必要です。水の必要性とその毎日の量の決定は、食物の種類、気候条件、子供の健康状態、および彼の体重のカテゴリーによって異なります。赤ちゃんのメニューに自発的に水が入ると、消化器系の混乱や感染の発生がいっぱいです。

母乳育児時に新生児に水を与えることは可能ですか

研究の詳細に入らなくても、結論は明白です - 母乳で育てられた赤ちゃんは「食物」の他の源を必要としません。

女性の体は、赤ちゃんのあらゆるニーズを完全に満たすミルクを作り出します。脂肪、酸、ビタミン、マクロ元素、微量元素とバランスが取れていて、90%の水分が含まれています。このため、子供はのどの渇きと飢餓を分離する必要はありません。

なぜ新生児に水を飲ませることはできません。

  • 新生児の胃の大きさは約200mlです。多くは記入する必要はありません。子供が水を飲むとき、体は液体間の違いを感じることなく、満腹感を誤って受け取ります。必要な栄養素の代わりに、水はカロリーを欠いています。その結果 - 栄養失調。
  • 減量は栄養失調を伴います。体重は体の発達の直接的な指標です。正常であれば、それはすべてのシステムと器官の安定した操作を保証します、そして、その減少は病気と発達遅滞に通じる十分な量の「建築材料」の欠如を意味します。
  • 水の後に空腹を経験していない、子供は一度に消費される牛乳の量を減らし、そして新しい牛乳の生産は直接以前に消費された量に直接関係しています。赤ちゃんが吸う量が少ないほど、彼が到着する量も少なくなります。
  • 6ヶ月までは、腸内細菌叢は安定していません。それは有益な乳酸菌の源である牛乳です。科学的なものによれば、水はバランスを崩し、すでに少量の酵素を希釈し、有害なバクテリアを体内に持ち込み、アンバランスを引き起こし、そして科学的にも影響を及ぼします。世界保健機関(WHO)の調査によると、医学的な勧告なしに6歳未満の子供に定期的に水を与えると、彼らは腸疾患(例えば下痢)の3倍の増加を経験します。

人工と混餌の場合は子供をハンダ付けしてください

人工ミックスは、高タンパク質含有量で母乳とは異なります。タンパク質は蓄えられていません。他の多くの物質の影響下で、体内の過剰な元素が分裂し、最終的には脂肪に分解されます。脂肪は肥満や便秘の原因となります。したがって、子供に水を飲むように与える必要がありますが、それは適度です。赤ちゃんを無理に押し込まないでください - 子供はどのくらい飲むかを決めることができます。

При смешанном питании ни в коем случае не предлагайте воду в бутылочке. Когда ребенок сосет грудь, задействованы мышцы всего рта. Форма соски облегчает процесс – достаточно прижимать немного языком, что б жидкость потекла. Осознав, что еду можно получить, не прилагая усилий, ребенок откажется от груди. Предлагайте чашку или поите из ложечки.

完全に瓶詰めにされている子供たちは瓶を与えられることができます、そうでなければ、特にパン粉のために、供給プロセスは非常に疲れるでしょう。

暑さの中で水をあげるかどうか

暑さの中で加熱するのに水が必要ですか?母乳中の水分の割合を思い出して、問題はそれ自体で消えます。

「症候群を治療する」のではなく、原因を取り除きます。

  • 余分な服を脱ぎます。甘やかすとTシャツで十分(自宅にいる)であり、そして通りに赤ちゃんを連れ出すために太陽の下では完全に不可能です、
  • 部屋が非常に乾燥している場合は、加湿器またはアトマイザーを使用してください。
  • 部屋を空けます。余分な水を飲んでも、息苦しさは消えません。
  • 胸にもっと塗ります。子供が発汗している、のどが渇いている場合、体自体が水分バランスの必要性を決定し、牛乳を必要とします。

暑い国(インド、パキスタン、熱帯地方)で行われた世界的な研究は、暑さの間に母乳だけを飲む子供では脱水症状が起こることがはるかに少ないことを示しました。これはバランスが取れているために、塩とミネラルの量が原因です。大人でも、水分や塩分のバランスを取り戻すために、高い発汗や病気のために邪魔されていますが、普通の水ではなく、食塩水を使うことをお勧めします。

当然、これは母乳育児の赤ちゃんに適用されます。混合食品または人工食品の場合、あるいは補助食品を投与した場合、生物のニーズは変化します。

しゃっくりしながら赤ちゃんの水をあげるかどうか

しゃっくり - 横隔膜と肋間筋の同時収縮。それは多くの出来事の結果として起こります、そのうち新生児は以下によって特徴付けられます:低体温と胃の中の空気の存在。

論理的根拠を持って、あなたはしなければなりません:

  • 寒い場合は赤ちゃんを温めます
  • 乳房や瓶を吸っている間に飲み込んだ空気を取り出す - 赤ちゃんを直立させるか、おなかの上に横たわる
  • ガスの蓄積はディルの種の煎じ薬につながります(ディルの水について読む)、
  • しゃっくりが神経質な興奮を引き起こした場合は、温水を2、3回飲んでけいれんを除去する必要があります。

赤ちゃんがしゃっくりした場合、心配する価値はありますか。

新生児に与えるべき水の量と量

腸内細菌叢の特性を考えると、子供たちは新生児のために特別な水を与えることをお勧めします。それは薬局、スーパーマーケットおよび多くの食料品店で広く流通しています。それは家庭で使用するのに便利です、小さなボトルと5〜6リットルのボトルに包装されています。 ラベルには、水が子供たちに使えるという印を付けなければなりません。

通常の下水とは異なり、塩分とミネラルの組成によってバランスが取れているため、温度処理を必要とせず、故意にバクテリアがありません。

ミネラルウォーターを購入する機会がないのなら、蛇口からお使いください。それは細菌および微生物に対して殺菌するために煮なければならない。

子供にどれだけの量の水を与えることができるかを調べるには、1食あたりの体重1キログラムあたり100ミリリットルの水分を摂ってください。計算には水だけでなく、希釈されたミルク調合乳も含まれています、注意してください。パン粉の毎日の食事中の純水の割合は100mlを超えてはいけません。

Loading...