人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

精液中の脂質体:正常および異常

スペルモグラムは、男性の生殖能力だけでなく、精液の形成に関与する多くの器官の健康も客観的に反映されています。

スペルモグラム中の赤血球、レシチン粒は、その価値によって医師が生殖器系における炎症過程の存在を疑い、病理学的病巣を同定するために男性のさらなる検査を処方することができる指標である。

赤血球

赤血球赤血球は血液成分の主成分です。精液中のそれらの出現は、血精子症と呼ばれます。この状態は必ずしも病気の発症を示すわけではありません:射精体内の赤血球の存在は(尿道の血管の破裂による)活発な性生活によって引き起こされる可能性があり、抗凝固剤も出血を引き起こす可能性があります。このような場合、緋色の介在物の形をした血液は通常裸眼で見ることができ(偽精子症)、現象はすぐに通過します。

赤血球は尿道の精子に付着しているのではなく、射精の経路に沿っているので、真の精子減少症はすでにもっと危険です:精巣、精嚢、前立腺。重度の精子減少症は精液によって隠された精液の茶色がかった色合いとして定義されます。

前立腺の問題

精子の赤血球はまれですが、前立腺や腺腫の炎症があると現れます。通常、このプロセスには追加の症状が伴います。

前立腺の炎症の過程は、男性の排尿困難を伴う可能性があります。

  • 排尿は十分に自由ではありません、緊張を必要とします、
  • 不快感や下腹部の痛み、
  • 血が尿に出ることがあります
  • 周期的または永続的な勃起不全。

このような場合には、前立腺肥大による尿道への圧力により血液が放出されることがあります。

多くの場合、精液中の赤血球の混合は前立腺内の結石の存在によるものであり、管の壁を傷つけます。血液は前立腺を通過すると射精液に入り、産生された分泌液と混ざります。

定年の男性では、精液中の赤血球が前立腺の悪性腫瘍の徴候である可能性があります。

前立腺に関連するすべての病状は主にTRUSによって診断されています。

精巣上体炎

精子の合成は精巣内で直接起こるので、これらの生殖器の働きにおけるいかなる逸脱も精子の質と精液組成に影響を与えます。

射精液中の赤血球は、精巣上体炎 - 精巣上体の炎症の結果である可能性があります。原因は、異なる性質の感染症(ヘルペス、インフルエンザ、おたふく風邪)です。また、長期間のサイクリング、射精のない頻繁な勃起、性的過剰、怪我、免疫低下の可能性がある疾患も引き起こします。炎症を起こした組織は弱くなり破壊され、その結果、赤血球が放出され、付属肢の射精液と混ざります。

血液に加えて、急性型の精巣上体炎のための精液では、他の徴候が特徴的です:

急性型の精巣上体炎では、体温が上昇します

  • 温度上昇
  • 陰嚢の鋭い痛み、鼠径部、背中、腹部への放射
  • 精巣が肥大している、痛みを伴う、陰嚢の皮膚が赤くなっている、
  • 不快な排尿、
  • 付属肢の領域での化膿、瘻孔があります。

慢性精巣上体炎は、より穏やかな形で発生します:鼠径部の鈍い周期的な痛み、精巣は有意に拡大されていません。治療を伴わないこの種の疾患は、不可逆的な不妊を招く恐れがあります。

精巣上体炎は、目視検査、血液検査、超音波検査によって診断されます。

精巣炎は精巣炎と呼ばれ、精巣上体炎を背景に発症します。この病気はウイルス、怪我、そして感染によって引き起こされます。陰嚢と発熱の鋭い痛みは、急性型の精巣炎の特徴です。同時に、炎症を起こした睾丸の上の皮膚は、プロセスが始まって数時間後に青みがかった色を帯びます。精液中の赤血球は、弱まった組織の破壊のために現れます。有能な支援がなければ、膿瘍が起こる可能性があります。

精巣炎は、触診によって、ならびに尿および血液の一般的な分析、超音波、bakposeva射精によって視覚的に診断されます。

赤血球精液の存在は、精嚢の活発な炎症(膀胱炎)の背景に対して示すことができます。放出前の精子は小胞を通過し、それらが作り出す秘密と混合する。炎症は、感染と精液の停滞、血液供給の障害の両方によって引き起こされる可能性があります。慢性型は主に泌尿生殖器感染症によるものです。

急性膀胱炎の症状:

急性膀胱炎では、膀胱がいっぱいになると骨盤領域に痛みが生じることがあります。

  • 骨盤部の痛み、仙骨への放射。満たされた膀胱で強くする
  • 熱、弱さ、
  • 血中不純物による痛みを伴う射精。

この疾患の慢性型は体温なしで進行するが、不快感はすべての性交を伴い、オルガスムの質が低下し、仙骨部の痛む痛みが特徴的である。

直腸診、超音波、膀胱造影、CTスキャン、尿検査、精液分析が診断に用いられます。

丘疹炎

膣炎は、結核の炎症です - 尿道の前立腺を通過して、後壁の小さな上昇。精子の赤血球の出現は、この病気の発症を示しているのかもしれません。血球に加えて、精液はまた、以下の症状があります:

  • 鼠径部の鈍い痛み、
  • 射精後の尿道上部の不快感
  • 持続勃起症(痛みを伴う勃起)、
  • 腸の動きの間の不本意な射精(まれですが、丘疹症のみ)、
  • 早い射精、低い精子の放出、
  • 尿中の血液の可能性
  • 頻繁に濡れている夢。

有益な診断方法は尿道鏡検査です。

前立腺ジュース中のレシチン核が多いほど、それは機能しやすくなります。

レシチン穀物

レシチン顆粒(または脂質体)は前立腺汁、前立腺によって生産される必須のリン脂質のセットの一部です。精子は前立腺の管を通り抜けてジュースで濃縮され、レシチンの穀物を同伴するため、精子像におけるそれらの存在は正当化されます。

脂質体は前立腺上皮を生成します。 1mlの前立腺分泌物に通常1000万以上の穀物が含まれていることを考えると、精液にはたくさんあるべきです。それらは射精に白い色を与えます。前立腺の果汁に含まれる穀物が多いほど、前立腺の機能はよくなります。

レシチン穀物の欠如の原因と結果

精子像が不十分な脂質体(限られた数または欠如)を示すならば、それから前立腺疾患を疑う理由があります。

前立腺の働きにおける異常の存在を正確に診断することは、前立腺分泌を直接分析することができる。この研究は白血球とリポイド細胞の比率に注目しています。炎症過程の存在下では、白血球が優位を占めますが、その発生源は前立腺であるというわけではありません。原因は尿道の疾患、精嚢である可能性があります。しかし、前立腺炎は明白ですが、白血球がないという逆も可能です。これは、前立腺管の一部の限局性炎症および閉塞(閉塞)で可能です。

前立腺の秘密は通常、前立腺の直腸刺激によって尿道から収集されますが、穿刺サンプリングを行うことができます。

前立腺ジュースに脂質体がない場合、これは次のことを意味します。

  • 資料が正しく収集されていません
  • ジュースの摂取中の前立腺の不規則なまたは不十分な刺激
  • 前立腺の炎症は、白血球の塊との管の重なり、射精の停滞をもたらしました。

脂質体に加えて、前立腺ジュースは含まれています:

前立腺ジュースに脂質体がない場合は、材料が正しく収集されていない可能性があります。

  • 食細胞、
  • 赤血球
  • 白血球(顕微鏡下の視野で8〜10の割合)
  • マクロファージ
  • アミロイド体
  • バクテリア、
  • 上皮細胞。

上皮細胞数も精子像に存在します。それらの起源は、尿道と前立腺の両方に由来し得る。正常な前立腺細胞では、最小数がなければなりません。それらがたくさんある場合、これは臓器の炎症過程(慢性前立腺炎)を示しています。

精子の質に対する慢性前立腺炎の影響

精子像が極めて少量のレシチン粒を示す慢性前立腺炎は、男性の泌尿器系だけでなくその生殖機能にも影響を及ぼします。これは性欲の低下、勃起不全、精子の質の低下で表されます。

レシチン顆粒は前立腺の収縮機能に影響を与え、精子の栄養素です。それらの欠如は、生殖細胞の運動性の障害でいっぱいです。たとえ、少数の穀物を背景にしても、精子の運動性が正常範囲内であっても、それらは急速に消耗し、卵細胞に関しては活性が不十分である。したがって、精液の読みが残っていても、レシチンの穀物が不足していると構想に問題が生じることがありますが、決定的な要因ではありません。

運動性を低下させることに加えて、前立腺炎の背景にある精子もまたその数、生存能力を減少させる可能性があり、そして疾患の長期経過とともに、形態学的指標が悪化する可能性が高い。原因は感染性 - 炎症性中毒 - 炎症性メディエータの産物です。前立腺の炎症を引き起こす病的微生物は、抗精子抗体の産生を刺激する傾向があります。クラミジアと大腸菌は精子に付着することができます。

男性の性細胞は、細菌性前立腺炎を背景にして産生される活性型の酸素によって損傷を受けます。

その結果、精子図のレシチン穀物の数は、その価値が直接受精プロセスに影響を及ぼさないことを考慮して、この指標を過小評価するが、概念問題の原因を自然に発見するための鍵となり得る。

精子図の赤血球とレシチンの穀物は男性の生殖器系の健康状態を反映していますが、基準からの定量値の偏差がある場合、人は診断前にパニックになるべきではありません。指標は時々変わる可能性があるため、信頼できる結果を得るために、スペルモグラムは一定の時間間隔で数回実行されます。値が安定して標準を超えている場合は、追加の研究が割り当てられます。

あなたは潜在的に深刻な問題を抱えていますか?

すでにたくさんのツールが試されましたが、何も役に立ちませんでしたか?これらの症状は、あなたに直接なじみのあるものです。

  • 緩慢な勃起
  • 欲望の欠如
  • 性的機能不全。

唯一の方法は手術ですか?待って、急進的な方法で行動しないでください。効力が増加します。リンクをたどって、専門家がどのように治療を勧めているか調べてください。

スペルモグラム

この分析は、男性の泌尿生殖器系の病状の同定にとって非常に重要です。不十分なパフォーマンスは絶対的な不妊の文ではありません。現在、カップルが子供を妊娠させることを可能にする多くの方法があります。分析を解読するときに重要な主な指標を検討してください。

  • ボリュームわずかな量の精子は、受胎の可能性を減らす病理学的プロセスの存在を示している可能性があります。しかし、分析前の頻繁な親密な生活のために少量の射精をすることは注目に値します。そのため、資料が研究に提出される前の4日間は、性的禁欲が強く推奨されます。
  • 一貫性このパラメータは精子粘度の決定を含む。材料の密度が高すぎると受胎の過程を妨げる可能性があるため、これは重要な指標です。
  • 液化時間通常、射精液は15分から1時間の間に液化します。
  • 酸味通常の値は7.2以上のpH値と見なされます。
  • 精子の濃度構想を成功させるには、1ミリリットルあたり2,000万人以上の額が必要です。
  • 精子の総数。精液中のそれらの量が多ければ多いほどよい。
  • モビリティこの指標では、カテゴリーAとカテゴリーBの精子が分離されていますが、後者はもっとゆっくり動きます。通常、カテゴリーAの精子の25%以上が必要ですまた、男性の正常な受精能を確認するためには、精子細胞AとBの合計は50%に等しいはずです。この場合、他の2つのカテゴリは考慮されません。
  • Krugerによる形態この指標は、欠陥のある精子を選択することを可能にします。
  • 細胞生存率通常、精液中に生きている精子の少なくとも半分がなければなりません。
  • マクロファージ精液中のそれらの数の増加は感染の存在を示すかもしれません。
  • 白血球通常、1ミリリットルの射精液に含まれる白血球は100万以下です。
  • 凝集(結合)通常、糊付けされた精子は、欠陥があると考えられ、受胎に参加することができないため、そうであるべきではありません。
  • アミロイド体、これは撮影された材料からは検出されないはずです。
  • 精子の必須成分である脂質体。私達はそれらについてもっと詳細に話すつもりです。

精子の生存率

どのくらいの期間精子が生きているのかという質問に答えるためには、それらがどのように産生されるかについて理解する必要があります。それらの生産は精巣で始まり、その後それらは成熟が起こる付属肢に移されます。それから本格的な精子細胞は種のチャネルへの入口にあります。より古い不活性男性細胞は、精子細胞(特別な白血球)によって取り除かれます。精子は3ヶ月ごとに更新されます。

平均して、精子が成長し、成熟し、卵子を受精できるようになるまでに約2ヶ月かかります。それから1か月以内に彼は射精を待ち、その後彼は死にます。射精が起こった場合、精子の生存能力は、それが外部環境に行くか(数分間生き続ける)または膣内に入るか(数日間生存することができる)によって異なります。それが女性の身体に入るとき、Y染色体を運ぶ精子は平均して1日生きることは注目に値します。

精子の生存能力も外的要因の影響を受けます。精子細胞の寿命は周囲温度、潤滑剤の使用、そして薬の投与にも依存します。

精液調製ルール

精子成分は外的要因の影響に非常に敏感であるため、検査の最も正確な結果を特定するために、いくつかの規則に従う必要があります。分析に合格する前に、推奨される規則を検討してください。

  • 3〜4日間の禁欲。
  • 分析の4日前に喫煙、アルコール、脂肪分の多い食品、辛い食べ物、カフェインをあきらめる必要性。
  • 数日間あなたは薬を使うことができません。それが不可能な場合は、技術者に連絡してください。
  • 分析の前にサウナ、お風呂、サンルームを訪れ、お風呂に入ることは禁じられています。

上記のすべての規則に従って、繰り返し行われる精液研究は前の研究室と同じ研究室で推薦されます。これは分析方法と使用される機器が実験室によって異なることがあるためです。分析はいくつかの要因に依存するため、どのくらいのスペルモグラムのコストが問題かは、診療所で直接決定されます。平均して、このサービスは2〜2.5千ルーブルかかります。

定義

レシチン粒とも呼ばれることがあるリポイド体は、丸みを帯びたまたは角のある形の非細胞形成である。顕微鏡検査によって光を屈折させる能力を有する。適度のリポイド体は絶えず射精の中に存在しなければなりません。それらの欠如または有意な減少は、人体における病理学的過程の発達を示しています。これはレシチンの穀物が前立腺の汁と共に精液に入るという事実によるものです。

脂質体は以下の成分からなる。

  • リン脂質それらは体のすべての細胞に含まれており、酸とアルコールで構成されています。損傷後の細胞の修復に参加し、その構造を維持し、細胞膜の柔軟性を確保します。
  • 不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸に分けられる高級脂肪酸。
  • ビタミンB 4(コリン)彼は様々なダメージからの細胞の保護に関わっています。この物質は独立して体内で合成することができますが、肉体労働やスポーツに従事する人々はさらに食品やコリンを含むビタミン複合体を使用するべきです。ビタミンB 4が男性の生殖細胞の活動を高め、そして老年期に前立腺機能不全を防ぐことができることに注意することは重要です。

リポイド体の機能

現在、専門家はレシチンの穀物を実行する次の機能を識別します。

  • 彼らは精子の繁殖地です。
  • Способствуют активной деятельности мужских половых клеток.
  • Оказывают влияние на сократительную функцию предстательной железы.
  • Уменьшают риск развития фиброза простаты.

正常な精子図中のレシチン粒の正確な数は決まっていません。結果をデコードするときは、一連の指標を評価する必要があります。現在、それは精子1mlあたり5〜1000万の正常値と考えられています。

しかし、これらの内包物の量が通常の精子像に与える影響について、専門家同士の間で論争がまだあることは注目に値します。レシチン粒の量を減らしても、他の射精指標の正常値では、男性の受精能が正常である場合がありました。

レシチン穀物の欠乏の原因

以下の要因が、リポイド体の欠如または不十分な数を引き起こしている可能性があります。

  • 研究用材料の誤ったサンプリング
  • 前立腺における炎症過程
  • 材料を服用する前の腺の不適切な刺激。
  • 精子の停滞。
  • 前立腺に石がある。
  • 尿細管の閉塞。
  • 膿瘍

長期間の禁酒に伴い、多数のリポイド細胞が存在することが起こります。体内のコリンの増加は、危険な病理や精子の破壊を引き起こす可能性がある有毒物質の放出につながる可能性があります。

リポイド体が持つことができるマイナスの影響は精液に含まれる他の成分によって補われることに注意することは重要です。例えば、スペルミンは生殖細胞に対するコリンの有害な影響を防ぎます。

一般的な病気

精液中のリポイド細胞の数の減少を示す可能性がある多数の疾患のうち、最も一般的なものは以下の通りです:

  • 急性または慢性の形の前立腺炎。多くの場合、この病状は風邪や感染症の結果です。この病気の急性型は、脂質体の減少と白血球の増加によって示されます。頻繁な排尿や鼠径部の痛みは邪魔をするかもしれません。レシチンの穀物が完全に欠けている場合は、その後、我々は不妊やインポテンツを形成することができます慢性前立腺炎の発症について話すことができます。
  • 前立腺腺腫。ホルモン障害はこの病気の発症につながる可能性があります。病理学はゆっくりと進行する。初期段階では、目立った症状は事実上ありません。この病気が非常に重要な時には、適時に診断と治療が始まります。
  • 前立腺で発生する腫瘍学的プロセスそれらの開発の理由はまだ完全には特定されていません。前立腺の無視された病状(例えば、腺腫)、男性の年齢、そしてホルモン障害もこれに寄与し得ると考えられている。

前立腺疾患の予防

どんな年齢の人でも健康を大事にすることは非常に重要です。

  • 開発の初期段階の多くの病気には明白な症状が見られず、合併症が発生する可能性があり、治療が非常に困難になるため、1年に1回医師の診察を受けてスペルモグラムをとることをお勧めします。
  • 適度な運動に対処する必要があります。
  • 食物中に繊維が含まれている必要があります。
  • 肥満を許さず、体重を監視する必要があります。
  • 泌尿生殖器系の疾患を治療する時期に。

これは、生殖年齢の男性だけでなく、高齢の患者にも当てはまります。精子像における異常の適時の検出、ならびに治療が予定通りに始まったことは、ほとんどの場合において陽性の予後を与える。

結論

分析により射精液中のリポイド細胞数の病理学的変化が明らかになった場合、医師は患者に追加の検査を依頼してこの症状の原因を特定します。その後、効果的な治療法が処方されます。状況を悪化させるだけなので、スペルモグラムの値を独自に解読して自己瞑想することはお勧めできません。研究用資料の再配布が必要な場合は、前回と同じ研究室のサービスを利用することをお勧めします。特定の検査室の精液量については、管理者に確認してください。

特別な機能

通常、レシチン穀物は生殖腺の秘密にあります。彼らは白いしみです。これらの成分はザーメンの実行時にはカウントされません。それらが存在するためです。科学者が精液中に存在しているものレシチン体は不明です。精液中になければ、男性は不妊に悩むかもしれませんが、正確な診断を確定するためには、他の精液の指標に注意を払う必要があると考えられています。

同時に、男性が性的に活発であるならば、精子のこれらの構成要素の数は減少します。この観察は、精子が停滞するとレシチン核の数が増加するという仮定に基づいています。レシチン穀物の含有量が多く、通常の精子分析を受けた男性が無力であることが判明した場合があります。

レシチン顆粒は、リン脂質、コリン、高級脂肪酸によって形成されます。これらの要素は、脂質膜の構築において一般的になりつつあります。それらのおかげで、精子はその膜を傷つけることなく卵を貫通することができます。コリンはビタミンB4に他なりませんボディはレシチンを分解することによってその量を補給することができます。

コリンはこのように身体に影響を及ぼすだけではありません。しかし、体内のその含有量は一定量を超えてはいけません。さもなければ、その分解の間に多くの有毒物質が形成されます。体内にレシチンが含まれていないことは、食物と共に外側から来るので、決して形成されません。

レシチンの最も価値のある源は鶏の卵です。頻繁に使用すると前立腺癌のリスクが高まります。したがって、医師は男性に週に4個以下の卵を食べるように勧めます。

数年前、科学者たちは特別な研究を行いました。その目的はレシチン穀物の精液への影響を確立することでした。その結果、レシチン粒が破壊されると、コリンが放出され、それが前立腺の組織に蓄積し、癌性腫瘍の形成を引き起こす可能性があることを突き止めました。さらに、コリンは精子に悪影響を及ぼす。

リポイド体

精子におけるレシチン種子の役割に関する論争は進行中です。医師は合意に達することができませんでした。男性の性細胞への影響が破壊的であると考える人もいますし、存在しないと卵子を受精する機会が大幅に減ると考える人もいます。この問題を研究するための多額の資金が配分されておらず、愛好家の努力だけでは不十分でした。スペルモグラムのリポイド体は通常視野全体を完全に覆っているので、すぐに注目を集めます。

レシチンの悪影響は、精子の他の成分によって補われバランスがとられます。精液中の残留遺体も通常存在するべきではありません。それらは精子形成の過程または欠陥のある精子の破壊で形成されます。精液中のこれらの要素の存在は、精子の成熟があるべき姿ではないという証拠です。

多数のこれらの要素は、精巣および付属肢における炎症過程を示しています。少量のリポイド体は、前立腺に炎症過程が生じていることを示している可能性があります。脂質細胞が完全に存在しないことは、前立腺に腫瘍が存在することを示している可能性があります。ダクトが塞がれているときも同じ兆候が現れます。

スペルモグラムのアミロイド体は、リポイドとは対照的に正常であり、検出されるべきではありません。それらがそこに存在するならば、前立腺に炎症過程があります。アミロイド体は、腺小胞内の上皮の崩壊の結果として形成され、そして50歳を超える男性に見られる。

あなたが精液を嗅ぐならば、あなたはその酸っぱい匂いを感じることができます。この精子は精子を与えます。この物質は唯一の目的のための精子の一部です - そのアルカリ反応を維持するため。精子を構成するスペルミンとそのような物質は、精子DNAを安定化させます。それらは精子が活力を維持するために必要です。彼らはまた、レシチンの悪影響から前立腺細胞の提唱者として機能します。

前立腺もクエン酸を合成します。彼女は必然的にザーメンの中にいる。特定の酵素の通常の合成には酸が必要です。これらの酵素は次に精子をより粘性にし、そして精子をより可動性にする。これらの酵素の含有量の減少およびレシチン粒の減少または非存在は前立腺機能の減少の指標である。これら2つの指標により、前立腺の状態を間接的に判断することができます。定期的に研究を行えば、初期段階でも前立腺疾患を特定できます。

分析の配信は前立腺の健康のアイデアを得ることができます。さらに、分析は男性が不毛かどうかを判断します。医者に言及するとき、この分析は最初に割り当てられます。基準から逸脱した場合は、分析を定期的に提出する必要があります。

精子成分

スペルモグラムは、細胞レベルで特定の領域における病理の存在を示すことができる、基本的かつ非常に有益な研究方法です。指標のいずれかの過剰または失敗は、男性の生殖器系の失敗を示します。

前立腺の汁は種子の主成分です。 90%以上で、それは水から成ります。残りは酵素、タンパク質、ある種のミネラルの塩です。

前立腺分泌物中には、白血球および上皮細胞と同様に、アミロイド、レシチンまたはリポイド小体といった独特の非細胞性粒子が見いだされる。

精液は、公式の医療情報源によると、前立腺と精嚢の秘密であり、それは精子の液体要素です。

精巣に形成された精子と混合するだけで、精液は精子または射精と呼ばれます。

指標

脂質物質はどの人にも存在します。これは、すべての生細胞に含まれる複数の量の脂肪および脂肪様物質です。脂質細胞の2番目の名前はレシチンで、これは複雑な脂質のグループを指します。脂質がプロスタグランジンの前駆体として機能することは注目に値する。それは精子中に大量に含まれており、そして妊娠後の妊娠において非常に有用である。

精液中の脂質体は絶対的な基準です。それらはザーメン中に必然的に大量に存在する。分析を行うとき、それらは視野をしっかりと覆います。脂質体は前立腺分泌の産物です。光線を屈折させることができるので、それはコレステロール結晶と一緒に存在し、射精の固有の乳白色の輝きを提供します。

精液中の脂質体は前立腺の正常な機能の徴候です。それらの数を減らすことは、前立腺の炎症過程、および結石の形成による悪性腫瘍の完全な消失または管の閉塞を示し得る。

精液の他の項目

レシチンの穀物が健康な男性の精子に通常必要とされる場合、アミロイド体は、逆に、精子像には見られないはずです。射精でそれらを見つけることは前立腺の慢性的な炎症と混雑を示しています。これらは澱粉様の円形粒子で、精子を特殊な溶液で染色することにより分析で検出されます。死んだ上皮細胞の崩壊の結果として前立腺の腺小胞に発生します。 50年後の男性では、アミロイド体がより頻繁に定義されています。

また、スペルモグラムのスペルミン結晶、またはベター結晶もあります。それらは、精子が空気中に留まるか、またはリン酸塩およびスペルミンからの水の蒸発時に冷却されるときに形成される。これは、低濃度または精子の完全な不在下で、結晶化がはるかに早く起こるという事実を示している。

精子像に遺体が見つかった場合、これは精子の成熟過程が適切な方法で行われていないことを意味します。これらの要素は、無効な精子形成を伴う精子細胞の破壊と、カプセルからの精子の剥離の期間の産物を表しています。通常、それらは精子総数の2%-10%を超えてはいけません。それらの数の増加は通常、精巣および付属肢の炎症を示しています。

健康な子孫を持つために、「本格的な男」になるために - 自然自体によって定められた欲求。人体の理想的なシステムは、さまざまな方法で機能不全を知らせることができます。したがって、あなたは精子の質のような男性の健康のそのような指標に注意を払うべきです。泌尿器科医への定期的な訪問と種子の管理パラメータにより、より強い性の生殖に関する健康を大幅に改善し拡張することができます。

アミロイド体

この医学用語は、でんぷんに似た円形または楕円形の特定の形成を指す。炎症過程がある場合、それらは前立腺の腺小胞で形成されます。それ自体では、それらは危険ではなくそして病理学的でもないが、それらの存在は一般に前立腺の健康における逸脱を示す。

正常な精子像ではアミロイド牡牛座はすべきではありません.

そのため、教育の精子は前立腺の果汁にあふれています。そのため、射精での発見は以下のことを示している可能性があります。

  • 慢性前立腺炎
  • 炎症、長期の禁酒、身体活動の欠如、怪我、に起因する前立腺内の体液の停滞、
  • 腺腫(増加した結節の出現)。

多くの形成があるならば、医者は細菌性前立腺炎の存在を示唆するかもしれませんが、病気の非細菌性はより少ないです。その場合、マクロファージと多核細胞の両方が同時に検出されれば、腺腫について話すことができます。

精子の組成

スペルモグラムは非常に有益な診断方法であり、これを使用すると、特定の領域の違反をできるだけ正確に判断できます。結局のところ、絶対にすべての指標の規範からのわずかな逸脱でも通常、体のある種の機能不全を示しています。

男性の精液の主成分 - 前立腺のジュース、90%の水で構成されています。残りはすべてタンパク質、酵素物質、ミネラル塩です。

前立腺分泌物にはまた、上皮細胞、白血球、アミロイド、 レシチン粒とも呼ばれる脂質体。これら全ての成分は精巣で産生された精子と混合され、そして雄性精子を形成する。

脂質体は何ですか

レシチン粒子の組成は以下の成分を含む。

  • 飽和および不飽和脂肪酸
  • リン脂質 - 損傷の分野に細胞を元通りにし、細胞膜の柔軟性に責任があります、
  • コリンは男性の性細胞の活動を保護し、高めます、前立腺の病理学の開発を防ぎます。通常、それは体内で合成されますが、身体的運動量の増加に伴い、外部からコリンを摂取することが必要になります(ビタミン、食事)。

精液中の通常の読み

精液中の脂質細胞の正確な数はまだ決定されていません。

専門家の間でこの問題に関して論争があります。レシチン核の過小評価された値が男性の生殖能力に影響を及ぼさなかった多くの場合があります(他のすべての指標が正常であるという条件で)。

このビデオでは、医師は精液の結果と顕微鏡下で精液がどのように見えるかを示しています(脂質体がはっきりと見えます)。

脂質体は前立腺線維症を発症するリスクを減らし、生殖細胞の活動を促進します。それらはまた精子の繁殖地でもあり、前立腺の機能に良い効果をもたらします。

これらの粒子の過剰な含有量は長期の性的禁欲を伴って観察されます。これは体内に過剰なコリンをもたらし、それは危険な病気の発症に満ちています。

Loading...