人気の投稿

エディターズチョイス - 2020

タブレットNormaks - 膀胱炎の治療薬

薬の一部 ノルフロキサシンそれはグラム陰性およびグラム陽性好気性バクテリアに対して抗菌活性を持ちます。これらの点滴薬は嫌気性バクテリアによって引き起こされる感染症に対して効果的ではありません。

作用はバクテリアの酵素DNAジャイレースを阻害することであり、それはDNA複製とバクテリア細胞タンパク質の合成を混乱させる。

使用の目安

Normaxの目薬と耳薬は、

予防に使用されます 中耳炎 組織の損傷を伴う耳の異物を除去する場合、ならびに耳の損傷の前後の外科的介入の前後。

手術の前後、結膜や角膜から異物を取り除いた後の眼の感染症の予防、および物理的または化学的手段による傷害の予防のために使用されます。

禁忌

それは薬に対する過敏症の場合には使用されません。 フルオロキノールシリーズ, 妊娠の, 母乳育児12歳未満の子供。

危険性のある機械を操作したり、車を運転したりする人には注意を払う必要があります(目に薬物を点眼した後、30分以上の注意を要する活動に従事してはいけません)。

副作用

ほとんどの場合、薬は忍容性が良好です。時々観察できる アレルギー反応 の形で 血管浮腫, かゆみ そして 発疹。副作用がある場合は、薬の使用を中止して医師に相談してください。

タブレットを使用するとき観察することができます:

耳と目薬Normaks、使用方法(方法と投与量)

滴のための指示

点眼薬は、耳や目に点眼するためのものです。中耳または外耳の感染症には、2滴を1日5回処方します。特に急性の状況では、状態が改善するまで3時間ごとに2滴を適用することができます。

慢性または急性 トラコーム 2滴を各眼に1日5回処方します。治療期間は2ヶ月までです。

感染性眼疾患の場合は、2滴を1日5回処方します。

急性の眼の感染症の場合、15〜30分ごとに1〜2滴を塗布することができます。その後、改善の原動力に応じて、点滴の間隔を広げることができます。

Normaksタブレット、使用説明書

Normaksの指示によると、錠剤は1日2回400ミリグラムの経口摂取が必要です。治療期間は医師が個別に決定します。治療の最小期間は3日です。重度の感染症では、一回の投与量が800ミリグラムに増加します。

過剰摂取

今日まで、過剰摂取の症例は知られていません。偶然に内部の滴の摂取が観察される場合があります 吐き気、嘔吐、頭痛、不安、めまい そして 下痢。この場合、対症療法を行い、大量の水を飲む必要があります。

インタラクション

他の薬と同時に点眼薬を使用するときは、少なくとも15分間これらの薬を使用する間隔を守る必要があります。

薬が入っている錠剤を飲みながら スクラルファート、亜鉛、カルシウム、マグネシウム そして と同様に 制酸剤 吸収が少ない ノルフロキサシン錯体は金属イオンと形成されるので。

薬力学

フルオロキノロンはそのようなバクテリアに対して顕著な殺菌活性を持ちます。

  • サルモネラ種、
  • 黄色ブドウ球菌/表皮/ブドウ球菌、
  • 大腸菌、
  • クレブシエラ属、
  • Morganella morganiiその他

好気性薬には耐性があります。

肝機能異常を伴う

専門家は深刻な臓器障害のためにピルを飲むことを勧めません。

アルコールとの相溶性

エタノールを含む飲料と薬物を同時に使用すると、ジスルフィラム様症状(心拍数の増加、発熱、頭痛、間欠的/激しい呼吸、四肢のけいれん)が引き起こされることがあります。

いくら

6ピルのパックは120-155ルーブルの範囲内です。

  • ノリレット、
  • ロクソン-400、
  • ノリチン、
  • ノルバクチン、
  • ノルフロキサシン

Sofya Klopova(療法士)、45、バラシハ

錠剤は中耳炎のさまざまな形や耳管の感染症の治療に使われます。さらに、この薬物は、角膜潰瘍、結膜炎、眼瞼炎ならびに眼および耳の組織の様々な損傷の治療において高い有効性を示す。それは有効な抗生物質、ノルフロキサシンを含んでいます。欠点の中で、それが嫌気性微生物に対して活性ではないことに注目することができるだけです。そのような場合は、他の薬を拾う必要があります。

Egor Belugin、48歳、クルスク

私は前立腺炎のためにこれらの薬で治療しようとしました。私が排尿するとき、私が耐え難い痛みを発症したとき、私はすぐに医者に行きました。彼はそれらを推薦した。治療の始めに、胃は少し変わった。しかし、数日後に不快感の跡はありませんでした。炎症は徐々に減少し、痛みは消えました。明日は検査を受けて薬の効果を確認するために医者に行きます。

Evgenia Vetrova、32歳、アストラハン

私の息子はサマーキャンプで休んだ後に結膜炎を発症しました。眼球がフィルムを覆い、滲み出した放電を起こしました。医者はこの薬を錠剤や滴の形で使うことを勧めた。私たちは好みの低下を与えました。薬は少し "微調整"ですが、それはほんの数分で不快感を取り除きます。病気は5〜6日で治癒し、7日目に息子は友人と付き合うために外に出ました。

組成および剤形

剤形で製造された:

  1. 錠剤、フィルムコート、6個と10個の数。 1つのカートン箱で。
  2. 黄色がかった溶液 - 耳や目薬 - は5mlの容量の濃いガラス瓶やプラスチックスポイト瓶に詰めました。

Normaks - 幅広い作用を持つ抗菌剤。

剤形中の主要化学成分 - 抗生物質ノルフロキサシン - の含有量:

  1. 1 mlの溶液中に - 0.003 gの抗生物質。
  2. 1錠中に - 物質0.4 g。

薬の成分を補う化合物:

  1. 滴は含まれています:
    • 塩化ナトリウム
    • 蒸留水
    • コンプレクソンIII
    • 酢酸(エタノール)
    • 塩化ベンザルコニウム、
  2. 錠剤の処方に含まれるもの:
    • ステアリン酸
    • 二酸化チタン - E171、
    • HCVF、
    • ラウリル硫酸ナトリウム
    • MCC、タルク精製、
    • ポリソルブ
    • ナトリウムとグリコール酸の塩。

酵素DNAジャイレースの活性の抑制は、ノルフロキサシンの殺菌作用を提供する:DNA複製は損なわれ、それは微生物細胞のタンパク質の形成の抑制を導く。

投与量と投与量ノルマク

点眼薬は、眼球の結膜または外耳に点眼するためのものです。

眼の感染症の場合:治療の開始時には、15〜20分ごとに1〜2滴を点眼することをお勧めします。そして、ポジティブダイナミクスが現れた後、1日に5回、2滴までの割合をもたらします。

耳鼻咽喉科では、この薬はスキームに従って使用されます:急性の病気が始まると3時間ごとに2滴、1日に5回2滴 - プロセスが収まるにつれて。

感染性眼疾患の場合:治療の始めには、15〜20分ごとに1〜2滴を点眼することをお勧めします。

前立腺とは

1日2回、ノルフロキサシン:1錠(400 mg)の感染症錠剤の形の治療のスキーム。感染がひどい場合は、単回投与量を800 mgにします。

最短コース期間は3〜5日です。薬物の経過の間に摂取される総量は主治医によって決定される。

剤形

薬ノルマルクは2つの剤形で利用可能です - 経口投与のための錠剤と局所使用のための滴(耳と目)。

目薬と耳薬は無色透明の液体です。それは5mlの容量を有するプラスチックボトルスポイトに入っている。カートンパックには1本の溶液と説明書が入っています。

錠剤は丸い形、白い色をしています。パッケージには6〜10錠が含まれています。

説明と構成

薬の主な有効成分はノルフロカサシンであり、1mlの滴中の量は3mgです。それらには、次のような補助コンポーネントも含まれています。

  • 二ナトリウムエデタット
  • 氷酢酸
  • 塩化ベンゾアルコニヤ。
  • 塩化ナトリウム
  • 注射用水。

錠剤では、ノルフロキサシンの濃度は400 mgです。それらは以下の補助化合物を含む。

  • ステアリン酸マグネシウム
  • 精製タルク
  • ヒドロキシプロピルメチルセルロース
  • コロイド状二酸化けい素
  • 微結晶セルロース
  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • デンプングリコール酸ナトリウム

薬理グループ

薬ノルマルクノルフロキサシンの主な有効成分は、フルオロキノロンのグループに属しています。それは殺菌的治療効果を有し、かなりの数の異なる種類の病原性(病原性)および条件付き病原性細菌の死をもたらす。作用機序は、細菌細胞DNAジャイレースの酵素を抑制することであり、その結果、遺伝物質の複製プロセスが乱され、微生物が死滅する。

ノルフロキサシンは広範囲の活性を有する抗菌剤です。それは、かなりの数の病原性(病原性)および日和見性細菌の死につながる。この薬は腸内細菌群(サルモネラ菌、赤痢菌、大腸菌、エルシニア、エンテロバクター)に対してかなり高い活性を示します。また彼に敏感なのはプロテウス、モラクセラ、クレブシエラ、ハフニウム、青膿菌、ガードネレラ、レジオネラ、ブルセラ、クラミジア、ブドウ球菌、連鎖球菌です。

有効成分の内側に錠剤を服用した後は、体循環にほぼ完全に吸収され、組織内に均一に分布しています。液滴を注入すると、ノルフロキサシンは粘膜に分布し、実際には血液に吸収されません。

大人用

以下の感染症および炎症性疾患に対して、成人用のNormaks錠の使用が適応となります。

  • 骨盤内臓器、ならびに尿生殖路構造の感染。
  • 病原性または日和見性細菌による腸感染。
  • 副鼻腔、中耳の炎症性病状(耳鼻咽喉科感染症)。
  • 眼科感染症のプロセス。
  • 化膿性のプロセスを含む皮膚や軟組織へのダメージ。

点眼薬は、次のような目や聴覚器官の感染症の発症に使用されます。

  • トラコーマ
  • 結膜炎、角結膜炎、細菌性眼瞼結膜炎。
  • 眼瞼炎
  • 急性または慢性の中耳炎。
  • 外耳炎、外耳道の炎症。
  • ユースタチット
  • 内耳の炎症
  • 感染した角膜潰瘍
  • 手術後の眼の構造における感染過程の進行の防止、異物の摘出。

この薬は18歳未満の子供や青年には使用されていません。

用途と投与量

滴は外部の局所使用を目的としています。それらは点眼器で目の中または外耳道の中に埋められます。錠剤は経口摂取され、咀嚼されず、丸ごと飲み込まれ、食道から胃への通過を容易にするのに十分な水で洗い流される。

妊娠中の女性および授乳中

この薬は妊娠中や授乳中の女性には使用できません。

禁忌

点眼薬、点眼薬の使用、およびNormaks錠の服用は、以下の状況では禁忌です。

  • ノルフロキサシンまたは薬物のいずれかの成分に対する個々の不耐性。
  • 妊娠、そして女性の母乳育児の期間。
  • 18歳未満の子供および青年。

注意を要する錠剤は、肝臓または腎臓の機能状態に付随する違反のある人に処方されます。この場合、投与量の調整が必要になることがあります。

用途と投与量

滴は外部の局所使用を目的としています。それらは点眼器で目の中または外耳道の中に埋められます。錠剤は経口摂取され、咀嚼されず、丸ごと飲み込まれ、食道から胃への通過を容易にするのに十分な水で洗い流される。

大人用

Normaks錠の推奨治療用量は1日2回400 mg(1錠)です。必要であれば、重度の感染プロセスの場合、1日2回800 mgまで増量することができます。

眼の急性感染症では、1〜2滴が15〜30分ごとに点滴されます。その後、炎症反応がおさまるにつれて、点滴の頻度は1日に4〜6回、1〜2滴に減少します。トラコーマと診断された場合は、1日に4回、2滴を長期間(1〜2か月以上)点眼します。

聴覚器官の感染過程では、5滴の溶液が1日に3回外耳道に注入されます。滴は体温にわずかに加熱する必要があります。薬の使用期間は炎症症状の消失によって決定されます。

錠剤や点眼薬は、18歳未満の子供や青少年には使用できません。

妊娠中の女性および授乳中

この薬は妊娠中や授乳中の女性には処方されていません。

特別な指示

薬の正しい使用に関していくつかの具体的な兆候があります。

  • 錠剤は、付随するてんかん、腎臓または肝不全において慎重に使用されます。投与量の削減が必要な場合があります。
  • 錠剤中の薬物は、制酸剤、鉄、カルシウム、マグネシウム、亜鉛を含む製剤を服用する2時間前または後に適用することができます。
  • 薬用量のドロップの形の薬は、外用のみを目的としています。
  • スポイトから溶液とバイアルを保護してください。
  • 目を点眼してから30分以内に、車の運転や十分な視力の必要性を伴うその他の行為を控えることが重要です。

保管条件

+25ºC以下の気温で、子供の手の届かないところにある、元の包装での保管、暗い、乾燥、錠剤および溶液の貯蔵寿命は2年間です。滴の入った瓶を印刷した後は、1か月以内に使用できます。

現代の医薬品市場には構造的な類似物があります。

その薬は構造的な類似物です。 400 mgの適量の口頭管理のための剤形のタブレットで利用できる。成人の様々な感染症の病的治療に使用されます。 18歳未満の子供および青年、妊娠中および授乳中の女性への使用は禁忌です。

薬物は経口投与用の錠剤の剤形で製造される。 1錠に400 mgのノルフロキサシンが含まれています。薬は腸の感染症、泌尿器系の病気、骨盤内臓、皮膚、軟部組織の治療に使われます。小児科では使用されません。妊娠中および授乳中の女性には禁忌です。

Normaksのコストは平均159ルーブルです。価格は63〜229ルーブルです。

リリースフォーム

点眼薬、点眼薬、錠剤

バイアル5 mlを滴下します。

6と10個の包装の錠剤。

ノルマルク、使用法

ノルマクは、ノルフロキサシンに感受性のある微生物によって引き起こされる眼科学および耳鼻咽喉科学における急性または慢性の感染症の治療に局所的に適用されている。

外科的介入前後の化学的または物理的手段による損傷の後、角膜または結膜から異物を除去した後の眼の感染症の予防。

投与量と投与

しずく

罹患した眼または耳に局所的に1〜2滴、1日4回。感染の程度に応じて、初日の用量は1〜2キャップまで増やされるかもしれません。 2時間ごと

Normaks点耳薬を使用する前に、外耳道の再編成を実施する必要があります(外耳道を洗浄および乾燥します)。点眼薬は温かいはずです(体温を保ってください)。埋めるのを容易にするために片側に横になるか頭を後ろに傾ける必要があります。指定された数の滴を外耳道に滴下する。滴が外耳道に流れ込むようにして、耳たぶを引き下げて戻します。約2分間、頭を上向きにします。外耳道の綿ウールに入れることができます。病気の症状が消えた後、薬の使用は今後48時間続けられるべきです。または医師の指示どおりに。急性および慢性のトラコーマでは、1〜2ヶ月の間1日2〜4回、各眼に2滴が処方されます。

丸薬

内側には1日2回400mgを服用してください。重度の感染症では、単回投与量を800 mgに増やすことができます。治療期間は個別に決定されます。最低治療期間は3日です。

薬物相互作用

ノルフロキサシン溶液は、物理的または化学的に不安定な3〜4のpH値を有する薬物とは相容れない。

他の薬と "Normaks"の相互作用を確認する

あなたが選んだ準備

すべてクリアチェック相互作用‹薬の選択に戻る

医師に相談しないで薬の服用を中止しないでください。

私たちのディレクトリからのデータに基づいて、私たちはあなたが自己瞑想してあなた自身やあなたの身近な人のために診断をすることを決して勧めません。すべての情報は情報提供のみを目的として提示されているため、何があなたを悩ませているのか、どのスペシャリストに連絡を取らなければならないのかを正確に理解するのは簡単です。

賞味期限

開封後の賞味期限は1ヶ月です。

有効期限がパッケージに印刷された後に薬を使用しないでください。

Normaks、使用方法、PDFのダウンロード

  • Normaks 0,3%hl / ushn.kapli fl。 5ml
  • Normaksは目を落とした。 0.3%5ml
  • Normaksの目と耳は0.3%、5ml下がります
  • Normaks 0.3%5ml。 h。/ ear drops
  • Normaksタブ400mg№6

フルオロキノロン系抗菌薬

放出形態、構成および包装

フィルムコーティング錠 白またはほぼ白、カプセル型、片側が危険。

賦形剤:微結晶セルロース、精製タルク、デンプングリコール酸ナトリウム、コロイド状二酸化ケイ素、ラウリル硫酸ナトリウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、二酸化チタン。

6個 - アルミホイルのストリップ(1) - 厚紙のパック。
10個 - アルミホイルのストリップ(1) - 厚紙のパック。

フルオロキノロン系の抗菌薬。殺菌作用の広い範囲を所有しています。

グラム陰性菌に対して高い活性を示します。 大腸菌、インフルエンザ菌、ヘモフィルスデュクレイ、クレブシエラ属種。 (肺炎桿菌を含む)、Morganella morganii、Neisseria spp。 (淋菌を含む)、サルモネラ属菌、シゲラ属菌、プロテウス属、緑膿菌、エンテロバクター属、クラミジア・トラコマチス、シトロバクター・フロインディ、セラチア属、エルシニア属。

グラム陽性菌に対して有効 黄色ブドウ球菌(ペニシリナーゼ産生株およびメチシリン耐性株を含む)、表皮ブドウ球菌、ブドウ球菌ブドウ球菌、ストレプトコッカス種のいくつかの株。

薬に 少し敏感 Enterococcus spp。 Acinetobacter spp。

ノーマークへ 抵抗力がある 嫌気性細菌。

摂取量が用量の30〜40%を吸収すると、食物摂取量は吸収速度を低下させます。ノルフロキサシンは、泌尿生殖器系の組織によく分布しています。活性物質の約30%が変化せずに尿中に排泄されます。

薬物が局所的に適用されると、活性物質の治療濃度は眼の組織および体液中または耳の組織中に達する。

経口投与用

薬に敏感な微生物によって引き起こされる感染症や炎症性疾患の治療:

- 尿路疾患

- 骨盤内臓器の感染(付属器炎、前立腺炎を含む)

- 皮膚や軟部組織の感染

- 副鼻腔、咽頭、喉頭、中耳の感染、

地元での使用に

薬に敏感な微生物によって引き起こされる感染症や炎症性疾患の治療:

- 結膜炎(淋菌を含む)

- 急性および慢性の中耳炎

外科的介入前後の化学的または物理的手段による損傷の後、角膜または結膜から異物を除去した後の眼の感染症の予防。

手術前後の感染性中耳炎の予防、耳の損傷による、外耳道からの異物の除去、耳の組織への損傷を伴う。

- 15歳までの子供と青年

- 授乳(母乳育児)

- ノルフロキサシンおよび他のフルオロキノロン製剤に対する感受性の増加。

内側に400mgを1日2回服用してください。重度の感染症では、単回投与量を800 mgに増やすことができます。治療期間は個別に決定されます。最低治療期間は3日です。

地元で 急性感染性眼疾患 薬は15〜30分ごとに1〜2滴を処方され、その後点滴の頻度が減少します。あり 適度に発音されたプロセス 1〜2滴を1日2〜6回指定します。

あり 急性および慢性のトラコーマ 1〜2ヶ月またはそれ以上の間、1日2〜4回、各眼に2滴ずつ処方します。

あり 耳の病気 1日3回、5滴を耳に入れます。滴は体温を持つべきです。 Normaksイヤードロップを使用する前に、外耳道を再編成する必要があります。点滴を容易にするために、患者は横になるか、頭を後ろに傾けます。点眼後、頭を指示された位置に約2分間保ちます。外耳道の綿ウールに入れることができます。病気の症状が消えた後、薬の使用は今後48時間続けられるべきです。

消化器系から: 吐き気、胸やけ、食欲不振、下痢、腹痛。

中枢神経系の側から: 頭痛、めまい、疲労感、睡眠障害、過敏性、不安。

泌尿器系から: 間質性腎炎の可能性があります。

アレルギー反応: 経口的および局所的に服用すると、皮膚の発疹、かゆみ、血管浮腫が起こる可能性があります。

現在、過量投与されたNormaksの症例は報告されていない。

可能 症状 中に滴を誤って飲み込んだ場合:吐き気、嘔吐、下痢、頭痛、めまい、不安。

治療: 必要に応じて、対症療法を行い、それは体内の十分な水分摂取、結晶尿症を防ぐために酸性尿反応の作成を確保する必要があります。

Normaxとワルファリンを同時に使用すると、後者の抗凝固効果が高まります。

Normaxとシクロス​​ポリンを同時に使用すると、後者の血漿濃度の増加が認められる。

制酸剤または鉄、マグネシウム、カルシウム、亜鉛、スクラルファートを含む薬と一緒にNormaksを服用している間、ノルフロキサシンの吸収は金属イオンとのコンプレクソンの形成により減少します。

ノルフロキサシン溶液は、物理的または化学的に不安定な3〜4のpH値を有する薬物とは相容れない。

錠剤の形のノルマルクはてんかん、異なる病因のけいれん症候群、肝臓および/または腎臓の重度の機能障害のある患者には注意して使用されるべきです。

薬は、制酸剤または鉄、マグネシウム、亜鉛またはスクラルファートを含む薬を服用する2時間前または2時間後に服用してください。

Normaks液滴形態は局所使用のみを意図している。

最良の治療効果を得るためには、点滴薬を全身の抗菌療法と組み合わせて使用​​する必要があります(軽度の症例を除く)。

溶液および点滴器を汚染から保護する。

モーター輸送と制御機構を駆動する能力への影響

目に薬物を点眼した後30分以内に、注意を必要とする潜在的に危険な活動をすることを控えるべきです。

妊娠と授乳

妊娠中や授乳中(母乳育児中)の使用は推奨されていません。

幼年期に使用する

この薬は15歳までの子供や青少年には禁忌です。

腎機能障害の場合

錠剤の形のノルマルクは、重度の腎機能障害のある患者には注意して使用されるべきです。

肝機能異常を伴う

錠剤の形のノルマルクは、肝機能が著しく損なわれている患者には注意して使用されるべきです。

保管条件

目薬や点耳薬の形の薬は、25℃までの温度で子供の手の届かないところに、暗所に保管してください賞味期限 - 2年間。びんを開けた後、低下は1か月以内に使用されるべきです。

薬局販売条件

薬は処方箋で入手可能です。

薬物の説明NORMAXは公式に承認された使用説明書に基づいており、製造元によって承認されています。

バグを見つけましたか?それを選択してCtrl + Enterを押す。

1ミリリットルの薬には3ミリグラムが含まれています ノルフロキサシン。補助剤として、水、氷酢酸、塩化ベンザルコニウム、塩化ナトリウム、およびエデト酸二ナトリウムが存在する。

薬1錠に400ミリグラム含まれています ノルフロキサシン。アジュバントとしては、二酸化チタン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸マグネシウム、ラウリル硫酸ナトリウム、コロイド状二酸化ケイ素、デンプングリコール酸ナトリウム、精製タルクおよび微結晶セルロースが存在する。

5ミリリットルの暗いガラス瓶の中に目と耳の滴の形で利用できる。液体は、無色透明またはわずかに黄色がかった色をしています。

一方で危険にさらされているフィルムコーティング錠としても利用できます。

薬の一部 ノルフロキサシン それはグラム陰性およびグラム陽性好気性バクテリアに対して抗菌活性を持ちます。これらの点滴薬は嫌気性バクテリアによって引き起こされる感染症に対して効果的ではありません。

作用はバクテリアの酵素DNAジャイレースを阻害することであり、それはDNA複製とバクテリア細胞タンパク質の合成を混乱させる。

薬力学および薬物動態

全身吸収が低いため、この分野での研究は行われていない。

使用の目安

Normaxの目薬と耳薬は、

  • 結膜炎,
  • 感染性 ユースタイト,
  • 内耳炎,
  • 慢性および急性 中耳炎,
  • 外耳炎,
  • トラコーム,
  • 眼瞼結膜炎、
  • 眼瞼炎,
  • 角膜潰瘍,
  • 角結膜炎
  • 角膜炎.

予防に使用されます 中耳炎 組織の損傷を伴う耳の異物を除去する場合、ならびに耳の損傷の前後の外科的介入の前後。

手術の前後、結膜や角膜から異物を取り除いた後の眼の感染症の予防、および物理的または化学的手段による傷害の予防のために使用されます。

それは薬に対する過敏症の場合には使用されません。 フルオロキノールシリーズ, 妊娠の, 母乳育児12歳未満の子供。

危険性のある機械を操作したり、車を運転したりする人には注意を払う必要があります(目に薬物を点眼した後、30分以上の注意を要する活動に従事してはいけません)。

ほとんどの場合、薬は忍容性が良好です。時々観察できる アレルギー反応 の形で 血管浮腫, かゆみ そして 発疹。副作用がある場合は、薬の使用を中止して医師に相談してください。

タブレットを使用するとき観察することができます:

  • アレルギー反応 - Quinckeの浮腫, かゆみ そして 発疹 肌に
  • 間質 ,
  • 気持ち 不安, 過敏性, 睡眠障害気持ち 疲労, めまい そして 頭痛,
  • 腹部の痛み、 下痢, 拒食症, 胸焼け, 吐き気.

耳と目薬Normaks、使用方法(方法と投与量)

滴のための指示

点眼薬は、耳や目に点眼するためのものです。中耳または外耳の感染症には、2滴を1日5回処方します。特に急性の状況では、状態が改善するまで3時間ごとに2滴を適用することができます。

慢性または急性 トラコーム 2滴を各眼に1日5回処方します。治療期間は2ヶ月までです。

感染性眼疾患の場合は、2滴を1日5回処方します。

急性の眼の感染症の場合、15〜30分ごとに1〜2滴を塗布することができます。その後、改善の原動力に応じて、点滴の間隔を広げることができます。

Normaksタブレット、使用説明書

Normaksの指示によると、錠剤は1日2回400ミリグラムの経口摂取が必要です。治療期間は医師が個別に決定します。治療の最小期間は3日です。重度の感染症では、一回の投与量が800ミリグラムに増加します。

今日まで、過剰摂取の症例は知られていません。偶然に内部の滴の摂取が観察される場合があります 吐き気、嘔吐、頭痛、不安、めまい そして 下痢。この場合、対症療法を行い、大量の水を飲む必要があります。

他の薬と同時に点眼薬を使用するときは、少なくとも15分間これらの薬を使用する間隔を守る必要があります。

薬が入っている錠剤を飲みながら スクラルファート、亜鉛、カルシウム、マグネシウム そして と同様に 制酸剤 吸収が少ない ノルフロキサシン錯体は金属イオンと形成されるので。

あなたは処方箋によってのみ薬を買うことができます。

水滴は25度以下の温度で暗い場所にあるべきです。

保存期間が2年になります。ボトル店を開設した後1ヶ月以内。

類似体ATCコードの第4レベルに一致:

Normaksの類似体は以下のとおりです。

  • ノルフロキサシン,
  • ノリレット,
  • ノルバクチン.

Normaksイヤードロップのレビューは高効率について語っています - 改良は文字通り最初の使用の後に来ます。

どこで買うか

あなたはロシアで150ルーブルのために点眼薬Normaksを購入することができます。

ウクライナのNormaks ear dropsの価格は平均55グリブナです。

  • オンライン薬局ロシアロシア
  • ウクライナのインターネット薬局ウクライナ
  • オンライン薬局カザフスタンカザフスタン

Normaksは0.3%5ミリリットルラボラトリーズリミテッドをドロップ

Normaks 0.3%目薬/目薬5mlスポイトボトルIpka Laboratories Limited

Normaks 400mg№6ピルIpka Laboratories Limited

PaniaPteka

Normaks g / y /〜0.3%5ml

Normaks 400 mg No. 6タブP.pp.pca Laboratories(インド)

Normaks 0.3%5 ml点眼薬/耳Ipca Laboratories(インド)

注意を払ってください!サイト上の薬物に関する情報は、公的に入手可能な情報源から収集された参照および要約であり、治療の過程における薬物の使用についての決定を下すための基礎として役立つことはできません。薬を使用する前にNormaksは必ず医師に相談してください。

眼の様々な炎症性疾患は、特別な製剤を使用してのみ治療されます。液体の形が布地に最もよく浸透するので、ほとんどの場合、それらは滴で製造されます。病気が病原性微生物によって引き起こされるならば、薬は抗菌成分を含むべきです。しかし、それらの濃度は低いはずです。最も効果的で人気のある薬の一つは点眼薬 "Normaks"です。使用説明書はそれらを広域抗菌剤として定義している。したがって、それらは多くの眼科疾患に有効です。

薬の一般的な特徴

点眼薬 "Normaks" - 効果的な抗菌剤です。その主な有効成分は、ノルフロキサシンの水溶液です。このフルオロキノロン系抗生物質は、多くの病原体に対して有効です。ブドウ球菌、連鎖球菌、赤痢菌、クラミジア、サルモネラ菌および他の微生物はそれに敏感です。点眼薬“ Normaks”は、さまざまな炎症性眼疾患を持つ子供や大人に処方されています。

薬物は、ノルフロキサシン濃度0.3%の滴剤として入手可能である。これは澄んだ白または黄色がかった解決策です。主要な有効成分に加えて、それは追加の成分を含みます:塩化ナトリウムとベンザルコニウム、蒸留水、エデト酸二ナトリウム。この薬は、5mlのスポイト付きのプラスチックボトルか、同じ投与量の濃いガラスのボトルに入っています。処方箋のみで薬局から「Normaks」を発売。包装の費用は平均して約150-200ルーブルです。

その作用の特徴

主な活性物質の特性は点眼薬「Normaks」の有効性によって決定されます。指示書は、ノルフロキサシンが細菌のDNAに影響を及ぼし、その結果としてその合成が不可能になることを指摘している。さらに、それは増殖する微生物に対してだけでなく、静止している微生物に対しても活性である。点眼薬の特徴は、目の組織に浸透する能力ですので、多くの眼科疾患に効果があります。

抗菌作用に加えて、「Normaks」は、炎症と粘膜の腫れを軽減する能力を持っています。点眼薬は発赤を取り除き、かゆみや不快感を和らげます。細菌のミクロフローラが破壊されるという事実のために、流涙が通り抜け、視力は回復し、病気のために減少する。

点眼薬 "Normaks":使用方法

薬の投与量と特定の用途は医師によって選択されます。これは、患者の年齢と病気の重症度を考慮に入れます。通常、滴剤での「ノルマルク」は独立して処方されますが、重度の細菌損傷の場合は、複雑な治療法が使用されます。

急性の炎症や重度の感染症では、30分ごとに“ Normaks”を1〜2滴滴下することをお勧めします。炎症過程の重症度を減らすことによって、処置間の間隔は長くなります。それほど深刻でない場合には、薬は1日に2〜6回使用されます。炎症性疾患に慢性的な性質がある場合は、「Normaks」を2ヶ月まで使用することができますが、医師の勧めの後に使用します。この場合、1日2〜3回、2滴滴下します。

点眼薬 "Normaks":子供への指示

15歳未満の子供にこの薬を使用することはお勧めできませんが、小児科医はよくそれを処方します。結局のところ、重度の感染性眼病変の場合、Normaksは他の手段よりも良好にこの疾患に対処します。ただし、この場合は医師の指示に従ってのみ適用する必要があります。子供用点眼薬「Normaks」の使用説明書には、1日2〜4回以下の小滴を滴下することが推奨されています。通常、その薬はどの年齢でも忍容性が良好ですが、否定的な反応が現れた場合は、治療を中止し、他の薬の選択について医師に相談するべきです。

Normaks:アプリケーション

上記のように、Normaksは滴およびタブレットの形で作り出します。目や耳の急性および慢性の感染症(中耳炎、角膜炎、トラコーマ、結膜炎、角膜潰瘍、耳介炎)、および外科的介入前後の外耳道または角膜からの異物除去後の感染症を防ぐために処方された点眼薬。点眼薬は、病気の経過に応じて、1日に数回、各眼に1〜2滴を示します。耳の病気の場合、1日3回5滴です。 Normaksタブレットは、尿路感染症、小さな骨盤の臓器、軟部組織の感染症、皮膚、腸の感染症、耳の感染症、咽頭、喉頭、副鼻腔の感染症に使用されます。彼らは少なくとも3日間1日2回1枚を服用する必要があります。

ノルマックス:アナログ

活性物質に関するノルマルクの同義語は、目薬および耳薬の形のNorfloxacin、目薬および液剤の形のNorflok-N(ウクライナ製)です。インドでも、ノルフロキサシンはノルバクチンと呼ばれる錠剤で製造されています。使用の目安はNormaksと同じです:目、耳、皮膚、腸の感染症。同様の作用を示すNormaksの類似体は、アロックス、ユニフロックス、オフトアルモ、チシプロコル、フロキシム、チシファーム、チロクサンなどの薬です。

適用方法および投与計画

Normaksタブレットは、噛んだりつぶしたりせずに大量の水を飲んで経口摂取されます。

14歳以上の成人および青少年には、1日2回1錠の薬を処方します。場合によっては、適応症、患者の特性、合併症の有無に応じて、投薬量を医師が個別に選択することができます。

薬物治療の経過期間は平均5〜7日間ですが、医師の処方箋に応じてあり、必要に応じて治療期間を最大14日間まで延長することができます。たとえ病気の臨床症状が消えたとしても、自分自身で薬物治療を中止しないでください、必ずコースを完了してください。そうでなければ、病気は新しい力で再発し、より強い薬を拾う必要があります。

妊娠中の女性と授乳中の母親の間での使用

動物に関する研究では、胎児の子宮内発育に対する薬物の変異原性または胎児毒性の影響は明らかにされていないが、それにもかかわらず、Normaks錠は妊婦の治療には処方されていない。

ノルフロキサシンは母乳中に排泄されるので、必要であれば、授乳期間中の薬物の使用は、子供に害を与えないように、授乳の終了を決定するべきです。

副作用

Normaks錠剤の使用を背景に、患者における以下の副作用の発生が確認されました。

  • 消化管の一部に - 下痢、吐き気、右心気症の痛み、胃の痛み、嘔吐、唾液分泌の増加、肝臓の肥大、肝臓のトランスアミナーゼの増加、
  • 頭痛、眠気、嗜眠、過敏性、恐怖および不安 - 神経系の部分
  • 泌尿器系の部分 - 腎臓の炎症、停滞過程、排尿障害現象、重症患者の腎機能障害。

薬物による治療中にアレルギー歴がある人では、血管浮腫またはアナフィラキシーショックを発症することがあります。

妊娠中および授乳中

胎盤関門を通した薬物の良好な透過性は妊娠中の薬物の使用を妨げる:胎児にとって、特に未熟児の臓器およびシステムが横たわっているときの最初の学期には危険がある。

ノルフロキサシンは母乳によく浸透するので、必要に応じて、治療期間中の授乳中の抗菌療法により、子供は人工栄養に移されます。

胎盤関門を通る薬物の良好な透過性は妊娠中の薬物の使用を妨げる。

アルコールとは

エタノールノルフロキサシンと組み合わせると:

  • 抗生物質の治療効果の低下
  • アレルギー反応のリスクが高まります
  • 反応速度を遅くする
  • めまいが増す、
  • 中枢神経系に対する両方の化合物の抑制効果により、昏睡のリスクが高まります。
  • 腸内細菌叢、カンジダ症、腎不全のリスクを高めます。

薬局販売条件

販売は、医師の署名によって証明された処方箋の提示があった場合にのみ許可されます。

ルピー:Sol。 Norfloxacini 0,3% - 5 ml

S.耳たぶを下に引き、1〜2滴の溶液を外耳道に滴下します。使用頻度 - 1日4回コース - 3日間

ルピー:Norfloxacini 0.4

S. 1錠1日2回 - 3日。

販売は、医師の署名によって証明された処方箋の提示があった場合にのみ許可されます。

保管条件

30日 - 開封後の滴は、12〜24ヶ月保存することができます。

保存温度 - 25℃以下

開封後は、バイアルの先端を汚れから保護する必要があります。

フルオロキノロンのグループからの他の薬や錠剤は、主成分でNormaxに似た薬と呼ばれています。

  1. Floksal - 軟膏や滴、フルオロキノロンオフロキサシンに基づいています。
  2. Oftaviks - レボフロキサシン、製剤中の量は0.5%です。
  3. Vigamoksはアメリカの製薬会社Alconによって開発されたオリジナルの薬です。抗菌剤モキシフロキサシンを1mlあたり0.005gの量で含んでいます。

耳感染症の治療薬Otofにも同様の適応症がありますが、そのメカニズムの基本はRNAポリメラーゼの抑制です。

Otypaksは、より一般的には非感染性の炎症を抑えるために使用されています。

エカテリンブルクのナデジダさん(28歳)は、次のように述べています。翌日、彼女は不快感と痛みを訴え始めたので、私は診療所に行かなければなりませんでした。検査後の医師は、12歳未満の子供向けの取扱説明書は禁忌とされていると警告し、Normaksomによる治療を処方したが、子供がアレルギー傾向を示さない場合、副作用は予想されないはずである。

医者の言葉を信頼して、点滴器の形でボトルを買いました。また、価格が好き - 124ルーブル。疼痛は翌日を過ぎましたが、推奨される5日間の終わりまで治療を行いました。ボトルを捨てる必要はありませんでした:1週間後私の祖父は結膜炎を始めました。」

Evgenia、19歳、Rostov-on-Don:「春と秋には、気温が急激に変化すると、大麦が目に入ります。私は4年前に初めてこの問題に遭遇しました。私の母の応急処置キットからの目の軟膏で扱われることを試みました。軟膏はそれ自身の微生物と「落ち着く」時間があるか、あるいはその組成物中の抗生物質が弱すぎることがわかったが、効果に気付かず、視力だけがぼやけた。

受付の眼科医は、抗菌薬ノルフロキサシンを含む点眼薬を勧めました。すでに3日後、私は腫れの大きさの減少を発見しました、そして毎週の治療の終わりまでに、「パウチ」は開いて膿を洗い流す時間がありました。抗生物質がその役割を果たしたので、私はその薬を信頼し、そして最初の大麦の症状で、私はNormaksの薬局に行きます。」

32歳のアナスタシア、ボルゴグラード:「尿路感染症が彼らを待たせないように、若い女の子が数回ミニを着用すれば十分です。そしてヴォルガ堤防に沿った次の散歩はセラピストの診療所でのレセプションと膀胱炎の診断で終わりました。

ノルフロキサシンは排出されました、それは薬局では異なる名前で販売されています。私は6錠入りのパックを購入しました。規定のコースの3日間だけです。効果はすぐに現れました:最初のピルの後、ひびと痛みは過ぎました。価格は特に喜んだ - 120ルーブル。パッケージごと。

類似物は「Normaks」を落とします

眼の前部の炎症性疾患の場合は、抗生物質の点眼薬が必要です。しかし、そのような資金は厳密に個々に選ばれなければなりません。何らかの理由で患者が点眼薬「Normaks」を塗る機会がない場合は、類似薬が代用できます。

  • 滴剤またはフロキサール軟膏、また幅広い作用を有する。それらはノルフロキサシンと同じグループに属する抗菌薬のオフロキサシンを含んでいます。従って、フルオロキノロンに対する不耐性の場合には、それもまた使用することができない。
  • 点眼薬「Oftaviks」にはレボフロキサシンが含まれています。それらはまた目の細菌感染症にも使用されます。
  • Tobrexは抗生物質のトブラマイシンを含んでいます。それは副作用を引き起こす可能性が少なく、子供に使用することができます。
  • 抗生物質以外の「レボマイセチン」は、抗菌物質クロラムフェニコールとコルチコステロイドデキサメタゾンを含んでいます。したがって、抗菌効果に加えて、これらのドロップは効果的に炎症と痛みを伴う症状を和らげます。

これらの滴と治療のレビュー

ほとんどの場合、患者はその薬に満足しています。ほとんどの場合、彼らはその高い有効性と優れた耐容性を指摘しています。子供が医者が結膜炎のためにそれらを処方した両親からの点眼薬「Normaks」についての多くのレビュー。それで彼らは、副作用が子供で観察されなかったことを指摘します、そして、炎症は急速に過ぎました。否定的なレビューもありますが、それらは薬局での薬物の接近不可能性または点滴注入後のわずかな灼熱感の出現を主に指摘しています。

Loading...