人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

月経前に病気になったのはなぜでしょうか。もしこれが以前でなければ、これは妊娠について話しているのでしょうか?

月経前の病気はなぜですか?この現象の理由は記事で考察されます。

月経周期の開始直前に吐き気を経験する女性もいます。これは非常に一般的な現象であり、原則として、健康上の問題の存在を示すものではありません。新しい周期の前の吐き気は、けいれんの存在や月経前症候群を含む多くの要因によって引き起こされる可能性があります。急性症状が観察された場合、これは子宮内膜症などの隠された病状の存在を示している可能性があります。 PMSは月経前の悪心の主な原因です。女性の20〜50%が月経発症の10日前にPMS症状を経験しています。

だから、月経前は吐き気がする。これの理由は異なるかもしれません。

これは正常ですか?

吐き気に加えて、PMSの症状には疲労感やめまいを伴う頭痛が含まれます。月経前の吐き気はかなり一般的な症状であり、重要なことに、逸脱とは見なされません。吐き気感は月経に定期的に伴うことがあります。確かに、月経前症候群の性質の突然の変化は時々患者が彼女の健康に関して大丈夫とは程遠いことを示唆しています。次の場合、女性は医者に相談するべきです。

  • 初めての月経直前に吐き気を感じる。
  • それは食物を保持することができず、頻繁な嘔吐のために体重を減らします。
  • 定期的に脱水症に直面していました。
  • 嘔吐、数日で悪化している。

なぜ女性は病気ですか?

多くの場合、女性は月経前に気分が悪くなります。この病理学の理由は医者によって確立されるべきです。

吐き気は、すでに述べたように、月経前症候群の結果になることがよくあります。確かに、この症状には他の理由があるかもしれません。これに関連して、女性が自分自身の標準的でない何かを観察している場合、または吐き気があなたが日常生活を快適にすることを許さない場合、医師と話すことは非常に重要です。さらに、月経が始まる前の吐き気の原因について詳しく説明しましょう。

悪心の原因の1つとして月経前症候群

月経前に吐き気がある場合、原因はしばしば月経前症候群です。

女性はまた、しばしば頭痛、めまい、疲労、下痢、腹部のけいれんなどの他のPMS症状を経験します。科学者たちは、PMSの原因と正確には何が原因であるのか、そしてどのような理由でこの症候群を経験しているのか、そしてそうでないのかを正確に知りません。多くの女性は毎月の前に頭痛と吐き気を持っています。

その理由は以下の通りです。

  • セロトニン濃度の影響セロトニンは、気分に直接関係する脳内の化学物質です。月経の開始直前にセロトニンのレベルが減少するといういくつかの証拠があります。低セロトニンは、不安や他の症状とともに鬱病を引き起こします。
  • 栄養欠乏の影響カルシウムの不十分な使用、マグネシウムはPMSの過程に影響を与えます。
  • 内分泌疾患の影響内分泌系はホルモンレベルを調節します。糖尿病、甲状腺疾患、多嚢胞症候群または他の病理に関連する問題は、PMSを悪化させる可能性があります。
  • ホルモン変化の存在排卵直後のエストロゲンとプロゲステロンのレベルは、これらのホルモンが受胎において重要な役割を果たすので、高く上昇します。月経が始まると、エストロゲンとプロゲステロンのレベルが下がります。 PMSを患っている女性は通常、吐き気を経験します。ホルモンは化学伝達物質であり、さまざまな身体系の協調的な働きを確実にします。これに関連して、ホルモンレベルの変化は、女性の身体が多くの重要なプロセスに反応する方法に影響を及ぼす可能性があります。
  • 遺伝学の影響科学がPMSと関連するであろう特定の遺伝子をまだ発見していないという事実にもかかわらず、すべてがこの症候群が同様に遺伝によって伝播されることができることを示します。

研究成果

昨年、韓国の科学者たちは100人以上の女性が参加した研究の結果を発表しました。麻酔下で悪性乳房腫瘍を切除する手術を受けた。その結果、月経と吐き気の間に直接の関連が見られました。女性ボランティアの中で、術後悪心を経験した女性は、開始に近い月経周期の段階で外科的処置中に女性をより頻繁に経験した。

通常、その週の月経前に病気です。原因は不快気分障害です。

周期が始まる前に悪心を引き起こす可能性のある疾患:子宮内膜症

月経前の病気や下腹部の痛みはなぜですか?

子宮内膜症は、正常状態で子宮の内面を覆う組織がこの女性器官の外側に現れるという事実によって特徴付けられる。子宮内膜インプラントは、卵巣内、さらには卵管や他の多くの臓器内の医師によって検出されます。

子宮内膜症を患っているが、その症状に直面していない女性もいます。他の人はこの病気は非常に枯渇している。子宮内膜症は月経中の激しい出血とともに激しい痛みを引き起こすことがあり、時には血液が口から出ることさえあります。さらに、子宮内膜症は、女性の不妊の主な原因であり、この状態がいかにして出生率の低下と関連しているかは依然として不明である。

科学者たちの研究によると、胃やその他の消化器系の要素の問題が子宮内膜症の患者さんを邪魔することが多いことがわかっています。研究中、この病気の患者の85%が最近何らかの消化器疾患を患ったと報告しました。吐き気に加えて、女性はガス、膨満感、胃の痛みおよび便秘を訴えた。

あなたの月経や腰が痛む前になぜあなたはまだ病気ですか?

妊娠の影響

嘔吐を伴う吐き気は妊娠の初期の症状です。これらの症状は、女性が次の月周期をスキップする直前に現れることがあります。子宮内への卵の移植の直後に、身体は絨毛性ゴナドトロピン(すなわち、hCG)を産生し始める。この物質は朝の吐き気の発生に影響を与える可能性があります。彼のおかげで、彼はすぐに家の中で妊娠の発生を判断することができます。

月経前やその間になぜ病気になるのか、多くの人にとって興味深いことです。

悪心の要因としての病気と感染

月経中に観察されるすべての症状が月経に関連するとは限りません。食中毒、胃のウイルス、食物過敏症、そして他の多くの健康上の問題もこの期間中に女性を悩ます吐き気を引き起こします。

初めて月経周期の前に吐き気を経験する場合、女性は感染症を伴う隠された疾患を有する可能性があります。この症状が急性の形で現れ、激しい胃の痛みや嘔吐を伴う場合、これは特に当てはまります。

月経前に病気だったら、どうすればいいですか?

月経前の吐き気からどうやって自分を救うことができますか?

その場合、月経周期が始まる前に女性が吐き気に悩まされることが多い場合は、医師に相談してください。患者がこれらの日の前に吐き気の感覚について定期的に心配しているならば、それから彼女はまた婦人科医にあらゆる種類の潜在的な病気について話す必要があります。推奨される治療法は吐き気の原因によって異なります。吐き気の小さな発作の発生を減らすことができる戦略の中には以下が含まれます:

  • "Gravola"や "Ptobysmola"などの特別な薬の使用。
  • 日記の助けを借りての食料管理の実施。時々悪心を引き起こす食物を特定するのを助けます。

医者はまた次を推薦するかもしれません:

  • 経口避妊薬の使用は、正常なホルモンレベルをもたらします。これらは子宮内膜症やPMSの存在下でも処方されることがあります。
  • 子宮外にある子宮内膜インプラントを取り除く手術。
  • 抗うつ薬、特に選択的セロトニン再取り込み阻害薬を使用すると、ホルモンレベルを正常化し、さらにPMSの症状を軽減することができます。

結論

したがって、結論として、吐き気が月経前症候群の一般的な症状であることは注目に値します。ほとんどの患者にとって、月経周期前の吐き気の現象は、処方箋のない薬や食物を誘発することの拒絶の助けを借りて完全にコントロールできる状態です。

確かに、女性の状態が保守的な戦略を用いても改善しない場合、そしてそれが彼女の通常の生活活動を妨げる場合も、この問題は医師と話し合うべきです。資格のある医師と密接に協力して、女性は月経前に気分が悪くなったときに効果的な治療計画を立てることができます。

レビューによると、最も頻繁に発生する理由はPMSです。

レビューでは、多くの女性は月経周期の開始直前に彼らが定期的に吐き気の感覚を経験することを訴えます。女性が書いているように、まず第一にあなたの医者とこの問題について話し合い、この症状の出現が女性の健康にとって危険な特定の病気の発生の合図かどうかを調べるのが最善です。

一部の患者の報告によると、誰もが吐き気に耐えることができず、同時に下腹部と腰に痛みを引きずることができないので、彼らはこの症状を取り除くために特別な薬を処方できるように医者に行かなければならない。

練習が示すように、ほとんどの状況で月経期間前の期間のそのような徴候は非常に正常であり、女性の身体の特殊性と関連しています。しかし、他の女性は子宮内膜症のような病気の有害な影響について書き、間接的に月経前に吐き気感を引き起こす可能性があるのはこの病気であると報告しています。

月経前に重度の病気になったときにどうするかを検討しました。この状態の原因について詳しく説明します。

月経前症候群の一部としての悪心

月経前症候群は複雑な症状の複合体であり、それは月経前の特定の頻度および発生を特徴とする。ある女性では月経の1週間前に現れ、他の女性では前夜や出血が現れた日に現れます。女性の生活の質に悪影響を及ぼす精神的、栄養的および内分泌障害はこの状態の特徴です。

月経の開始の1〜1,5週間前の何人かの女性は悪心を感じ始めます。この状態には、以下の症状も伴います。

  • 嘔吐やめまいの発作
  • 疲労
  • 弱点
  • 腹部の痛みを伴う感覚(通常下腹部が痛い)、
  • 発疹、
  • 食欲の変化(それは高められるか完全に欠席することができます)
  • 状態のうつ病。

これらの疾患はホルモン変化の背景に起こります。これらの症状は女性の健康にとって危険ではなく、原則として月経の開始後に自然に消えます。

妊娠のために気分が悪くなりますか?

女性が月経前に吐き気がない場合は、おそらく妊娠の問題です。妊娠の初期段階では、超音波検査では卵子受精の事実を確認することはできません。これを行うには、次のいずれかの方法を使用できます。

  • 分析のための献血、その結果は、受精の場合には、ヒト絨毛性ゴナドトロピンの存在を示すでしょう、
  • 妊娠検査 - 非常に敏感な機器だけが初期段階で攻撃を確認できます。
  • 基礎体温の測定

妊娠中の悪心に加えて、通常は以下の兆候を示します:

  • 毎月の遅れ
  • 精神感情的状態の不安定化(気分の頻繁な変化、涙、過敏性)
  • 疲労
  • 子宮をチクチクする、
  • 過眠症(日中の眠気の増加)
  • 睡眠と覚醒の違反
  • 性的欲求の多かれ少なかれへの変化
  • 骨盤と下腹部の重さ
  • 食習慣を変える
  • 腰椎の不快感、
  • 片頭痛、
  • 乳腺の過敏性
  • 高脂血症(匂いの悪化)。

妊娠が疑われる場合は、喫煙(受動的なものも含む)、アルコールを含む飲料の使用、麻薬性物質など、すべての悪い習慣を直ちに放棄することをお勧めします。さらに、特に強力な薬の服用を中止しなければなりません。医師の許可を得て初めて使用を再開することが可能です。

病気の症状としての吐き気

月経前の悪心の発作は、病理学的および非病理学的要因によって引き起こされる可能性があります。後者には、肉体的および精神的ストレス、ホルモン避妊薬の不適切な使用が含まれます。このような現象は、低品質の製品の中毒や二日酔いによっても引き起こされる可能性があります。月経前悪心の原因の第一のタイプは、女性の内臓およびシステムの機能障害です。

生殖器官

重大な日の前に病気なら、おそらくこの現象の原因は婦人科の問題にあります。ほとんどの場合、これは次の結果として発生します。

  • 子宮の位置が正しくありません。この臓器が後退すると、神経終末は過度の圧力を受け、その背景には痛みを伴う感覚や吐き気があります。
  • 月経困難症。この概念は、月経時の下腹部の著しい痛みを特徴とする、一定の間隔で繰り返される病理学的プロセスを意味します。痛みは月経が始まる直前に起こり、最初の2日間続きます。腹部の痛みを伴う感覚および悪心発作に加えて、月経困難症は、腰椎および鼠径部における不快感、発汗の増加、睡眠障害および覚醒障害、めまい、温熱療法などを伴う。

消化器

多くの場合、重要な日前の吐き気は、消化器系の崩壊、すなわち胃粘膜の異栄養性 - 炎症性変化、胆嚢および膵臓の炎症の結果である。同時に、月経周期のどの日にも吐き気が起こることがありますが、この状態は次の月経前に悪化する。

増悪は、ホルモン変化の病理学的過程の正常な経過に対する効果によって説明される。月経の開始後、ほとんどの場合、消化器系の病気の症状は治まります。吐き気に加えて、消化管の病状の発作も他の症状を伴います:

  • 食欲障害
  • 正常な腸の動きの失敗、
  • めまい
  • 胃や膵臓の激しい痛み。

この問題は月経後に消えることが多いという事実にもかかわらず、これらの症状を見逃してはいけません。消化器系の病気が疑われる場合は、医師の診察を受け、必要に応じてそれらを排除するための措置を講じる必要があります。

内分泌系器官

プロスタグランジンの過剰な形成 - 女性の体内で多くのプロセスを調節するホルモンは、プロゲステロン合成を阻害します。結果は吐き気です。

内分泌系の機能不全は非常に危険な現象であり、それが怠慢の場合には、糖尿病や不妊などの多くの深刻な病気の発症につながる可能性があります。これを避けるために、甲状腺の機能不全が疑われる場合は、直ちに内分泌科医に連絡してください。正確な診断のために、医師は検査のために患者を紹介します。その結果は、必要ならば処方された治療法となります。

吐き気を取り除く方法は?

この問題が体内の病理学的プロセスによって引き起こされている場合は、原因を取り除いた後にのみあなたはそれを取り除くことができます。吐き気の軽減のために薬を使用せずに行うことはできません。この現象が生理的要因によって引き起こされている場合は、症状を軽減するために、以下の方法に頼ることができます。

  • Исключить беременность. Если за последний месяц имели место незащищенные половые акты, при возникновении тошноты в первую очередь необходимо проверить наличие или отсутствие факта зачатия. Для этого можно сделать тест на беременность. しかし、婦人科医に直ちに連絡して、高い確率で卵子が受精したかどうかを判断してから、患者の健康状態を改善するために必要な推奨事項を提示することをお勧めします。
  • 電源を調整してください。月経前には、多くの女性は「間違った」食物の乱用のために気分が悪くなります。吐き気を取り除き、将来の発生を防ぐために、脂肪、揚げ物、燻製および辛い皿の量を排除または最小限に抑えることをお勧めします。炭酸飲料、濃いお茶、コーヒーはきれいな水とハーブの注入液と交換してください。

  • 過度の運動を排除します。この制限は月経前の期間に適用されます。開始予定日の1週間前には、運動活動を抑えることをお勧めします。この時点で特に有害なのは、ウェイトトレーニングをすることです。この期間中は、ヨガ、ピラティス、水泳をお勧めします。
  • 薬や伝統的な薬を使う。吐き気吐き気は、タミプル、No-Spa、Spazmalgonなどの薬を使って止めることができます。場合によっては、マストジノンはホルモンの背景を正常化するために使用されます。カモミール、レモンバーム、ミントをベースにしたハーブエキスは、過度の緊張をほぐし、神経を落ち着かせ、睡眠を正常化させます。薬局の薬や天然成分をベースにした製品を使用するための前提条件は医師の事前承認です。自己投薬は、女性の健康に危険な結果をもたらす可能性があります。
  • お風呂に入ることを拒否し、月経前夜にお風呂やサウナを訪れてください。高温の状態にとどまることは、子宮の減少に寄与し、その結果として、不快感および悪心が起こり得る。

発生メカニズムと根本原因

月経に先行するホルモンの背景の変化は栄養機能に影響を与えます。ホルモンの最初の不均衡は神経系と心血管系を感じます。

主なメカニズムの罹患率に応じて、めまいは月経前に2つのタイプに分けられます。

  1. 末梢 - 運動障害の調整に関与している前庭装置および小脳に対するホルモン障害の影響の結果です。そのような違反は、ほとんどの場合、吐き気を伴います。
  2. 中枢 - 水分や塩分の保持による電解質障害によるもので、脳組織の腫れを引き起こし、神経組織の酸素欠乏を引き起こします。

より月経前症候群は、出産のない女性が苦しんでいます。

思春期の女の子のホルモンは常に混乱しています。そのため、小児期には周期の失敗の最初の月経期が初潮の前、最中、後に大きな不快感をもたらす可能性があります。

症状学

ほとんどの場合、女性のPMSの症状は同じで周期的です。つまり、毎月のサイクルが始まる1日か2日前に現れます。ある種の前兆は出血の発症に備えることを可能にします。症状が現れた場合は、婦人科医に連絡して症状を軽減してください。

攻撃が不規則であるならば、医者への旅行は義務的であるべきです。月経前の周期性めまいの欠如は、体性または感染性の病気に苦しんだ後の神経および身体的疲労、眼精疲労症候群のために起こる。診断検索と薬物サポートが必要です。

月経周期前のオーラは以下のような徴候を示します。

  • めまい、時に意識の喪失を伴う。
  • 低発熱 - 体温が37.0〜37.5℃に上昇
  • 時々嘔吐、気分が悪くなることがあります。
  • 大きな頭痛(頭の半分、大きな音で悪化、明るい光)。
  • わずかな倦怠感、脱力感、眠気、および嗜眠はすべて慢性的な疲労の兆候です。
  • 感情的な不安定さと涙の増加
  • 圧力を下げるか上げる。
  • 椅子の不安定さなど。

診断

病理学的症状の周期的な性質の徴候は、診断を確立するのを助ける。

月経前症候群が一般的であると考えられているので、女性がめったに医者に行くことはありません。州の著しい違反および月経中の重大な不快感の条件下でのみ。状態のわずかな変化でさえも重大な混乱や症状につながる可能性があるため、これは完全に正しいアプローチではありません - 最初の兆候。

大きな不快感をもたらす痛みを伴う期間の問題は、出生前クリニックの医師によって対処されています。以下の診断方法が提案されています。

  • 周期のさまざまな段階で女性ホルモンのための血液検査。
  • 子宮の超音波検査、付属器。
  • ある場合には、それは必要な膣鏡検査、診断掻爬術および他の研究方法を作ることができる。

診断の過程で、ホルモン障害が明らかにされます。それはさまざまな病気の症状かもしれません:多嚢胞性卵巣、子宮の線維腫症の変化など。

多くの場合、これらの病気は不妊の原因となります。病理学的妊娠の場合にも、PMの徴候を強めることがあります:卵管受精、卵子の付着不良および着床など。婦人科医に緊急の治療を必要とします。

PMSの治療の戦術はその症状、特にめまいを軽減することを目的としています。

月経前にめまいが発生すると、重大な不快感が生じます。障害が損なわれたり、自動車を運転するための禁忌であるなど、そのような状態の修正が必要です。

重篤な病状を除外した後、栄養障害がめまいの原因である場合は、治療法を処方します。主に彼らはホルモンを正常化する薬を使います - 彼らは経口避妊薬を使います、彼らの選択はもっぱら婦人科医によって行われます。

治療にも使用されます。

  • 鎮静剤と精神安定剤は、症候群を軽減するために攻撃時に直接使用されます。
  • 鎮痙薬 - 血管の筋肉壁を弛緩させ、首の筋肉の緊張を和らげることによって血流を改善することができます。
  • 脳保護薬と向知性薬 - 低酸素症の予防を行い、中枢症状(吐き気、嘔吐、中枢性発熱、めまい、頭痛など)を大幅に軽減します。
  • 脱水療法 - 症状複合体の中心的な発生の場合には発作を止めることができます。

フォーク方法

ICPの進行を容易にするために民間療法が可能です

吐き気と闘う最も効果的な民俗方法の中には、次のものがあります。

  • メリッサとミントでお茶をなだめ、
  • サンザシの注入、
  • バレリアンの注入
  • Hypericumの煎じ薬、
  • エッセンシャルオイル:樟脳、ローズマリーなど。

予防

生活習慣の正常化は、月経前症候群を発症するリスクを有意に減少させます。月経周期の途中で、月経に備える必要があります。

  • 塩分を制限する
  • 水分量を制限する(浮腫警告)
  • コーヒー、アルコール、トニックドリンクを除く
  • 新鮮な空気の中を歩く
  • ストレスの多い状況、肉体的なサージを避ける
  • ジム、ダンスフロアなどでの十分な運動
  • ビタミン食(新鮮な野菜や果物の量を増やすために)。

健康的な食事は月経前症候群の症状を軽減するための1つの方法です。

それはB、C、E、Aおよび他のビタミンで体を豊かにしながら、2年ごとにビタミン予防コースを実施することが勧められます。食事療法では微量元素やミネラル、特に月経後の期間の鉄欠乏性貧血の予防のための鉄が豊富でなければなりません。

悪心の明るい原因としてのPMS

月経前症候群、より正確には月経前緊張症候群は、月経出血が始まる数日前(2〜10日)に起こる女性の体内の複雑な内部プロセスです。

PMSは多くの女性に発生し、一部の患者では月経前症候群はあまりにも顕著です。

FMS以下のような体のプロセスに影響を与えます。

  • 気にかける、
  • 植物血管
  • そして代謝内分泌機能。

すべての変化は女性のライフスタイルに悪影響を及ぼします。

フェアハーフの各代表は、さまざまな方法でICP期間を経験できます。ある人は月経前の日のすべての「明るい」効果に苦しんでいます、2番目は彼らの弱い反響を感じます。

女性だけでなく、PMSに苦しんでいます。近親者も近親者も最近の女性の行動から感情の嵐を経験します。

月経前症候群のいくつかのケースでは専門家の介入が必要です。さもなければ、それは意気消沈する恐れがあり、不測の事態につながります。

PMSの症状は次のとおりです。

  • 不安、ストレス、
  • 落ち込んでいる、
  • 吐き気、嘔吐、
  • 筋肉痛
  • めまい
  • 体重増加など

月経出血の出現と共に、この症候群のすべての症状は治まります。

以前は、PMSの原因は心理的障害と考えられていました、現代の科学者たちは、月経前症候群の間にホルモンレベルの変動が女性の体の変化の基礎であることを証明しました。

それとも妊娠ですか?

月経前の嘔吐は妊娠による可能性があります。症状はPMSの徴候と非常によく似ています。さらに、女の子が以前に月経前症候群を患ったことがない場合、ここで突然それが起こりました - これは意味することができます

面白いポジションの女性。サイクルの真ん中にいる女性が保護されていないセックスをしていると、チャンスが大幅に増えるので、特別な装置を使ってあなたの推測を確認するか否定するのが良いです。

だから、女の子の位置を決定するために使用することができるもの:

  • 疑いの余地のないリーダーは妊娠の決定のための迅速なテストです。それは人口のすべてのセグメントに利用可能であり、世界のほぼ隅々で販売されており、そして非常に使いやすいです。
    価格に関しては、高価なテストを優先することをお勧めします。彼らはより高い感度を持っています。そして、それらのいくつかは月経が遅れる前に妊娠を示すことを保証します。
  • 妊娠のもう一つの早期診断はhCGのための血液検査です。構想から10-12日後には、すでに最初の結果があるでしょう。血液はどの研究室にも寄付されます、それは空腹時の分析に来ることが必要です。

妊娠による月経前の吐き気は、興味深い状況の唯一の兆候ではないかもしれません。

以下の症状が加わります。

  • 妊娠の一週間後、少女はめまいを感じるかもしれません、
  • わずかな出血
  • 胸の腫れなど

妊娠が確認されたら慎重に - あなたの健康を慎重に検討することが必要です。妊娠は病気ではありませんが、自分自身や将来の子孫に特別な注意を払っても問題ありません。

婦人科の原因

月経前の吐き気は婦人科の問題にあるかもしれません。これらの条件にはいくつかの理由があります。

  • 子宮の異常な位置。一部の女性では、それは後ろにシフトして神経終末を圧迫し、それが吐き気と痛みを引き起こします。
  • 月経困難症 - 痛みを伴う期間。それらは出血の発症の数日前に女性の状態に影響を及ぼし、月経の最初の2日間を続けます。症状は以下の通りです:腹部と腰の激しい痛み、めまいと吐き気、発熱など。

なぜ病気なのか:他の理由

月経前の病気はなぜですか?頭に浮かぶのは、婦人科に関連する問題です。

しかし、すべてがそれほど単純ではないので、そのような状態を引き起こす他の理由があります。

  • ホルモン避妊薬。多くの場合、女性は医師の処方箋なしで薬を飲んでいます。それらは、吐き気、めまいなどの形で副作用を引き起こす可能性があります。または女性の身体と組み合わせていません。それがどんなにであっても、それは経験豊富な専門家の監督の下でそのような薬を服用することをお勧めします。
  • 内分泌疾患。甲状腺の機能障害は女性のホルモンを破壊することがあります。
  • 月経前の吐き気は可能です 消化管の問題による。胃炎、膵炎、胆嚢炎などの慢性疾患不快感も引き起こします。そして、女性の月経前から、すべての痛みが悪化する - したがって吐き気の感覚。

これは、女性の身体に障害がある理由のほんの一部です。

そしてこれら以外に、外部の「害虫」があるかもしれません:

  • 物理的な過負荷
  • 規格外食品の中毒
  • 激しいストレス
  • そのように。

したがって、悪心の原因を独立して特定することは極めて困難であることが明らかになります。そして、彼女が月に一度女の子に不快感を与えるならば、彼女は医者の診察なしではできません。

吐き気を解消する方法

月経前の吐き気はかなり不快な症状です。そして時には、それは女性の生活を妨げ、国家の正常化を必要とします。

めまいは不快感をもたらします、そして、交渉で吐き出されたときでさえ、私は何も望んでいません、ただこの緊張を和らげるために。

月経出血前の少女の生活を安定させるのに役立つ簡単なヒントがあります。

  • まずは妊娠検査をする価値があります。確認されない場合は、次の項目に進みます。テストで2枚のストリップが表示される場合は、婦人科医に相談してください。
  • 身体活動を最小限に抑えるようにするために推定月毎週前の週。ヨガなどの平和的な活動を優先することをお勧めします。それはまた幸福への道の主な道であるあなたの体と精神との友情を築くのを助けます。
  • 食事を変える。脂肪、塩辛い、辛い、燻製を取り除きます。純粋な炭酸以外の水や新鮮なコンポートを飲むことをお勧めします。食べ物を蒸気にして、甘い食べ物の消費を減らします。このようにして、あなたは悪心を取り除くだけでなく、あなたのフォームを修正するでしょう。あなたが好きで、いつもそのように食べたいのであればどうですか?それは健康の保証であるので、それは素晴らしいでしょう。
  • 月経前に完全に耐えられず吐き気が命を与えないならば - 専門家を訪ねてください。少女の状態を緩和することができる薬がたくさんあります。医者だけがあなたにぴったりのものを知っています。

月経期のめまいの原因

月経前に、多くの女性は精神的および身体的状態の変化に気づいています。何人かの人々は彼らの背中が痛くなり始めると不平を言います、彼らは彼らの足の鋳鉄の重さで注がれます、彼らの頭の痛み。彼らはいらいらし、引き裂かれるようになると多くの人が言います。彼らが自分自身をコントロールすることは非常に難しいです。そして月経接近のもう一つの兆候 - めまいの出現。

予想外の瞬間に、あなたが頭を向けると「床があなたの足の下から出ます」というイメージが「行きます」、あなたは全身が横を向いているので、あなたは椅子から起きるべきです。めまいが月経中に起こるならば、理由は異なるかもしれません、しかし、ほとんどの場合、専門家はホルモン放出による不快感の出現を正当化します。

ホルモンの不均衡

月経の初日は出血が始まる日です。しかし多くの女性にとって、それは筆跡、ごくわずかな粘稠な茶色がかった分泌物から始まります。月経開始の文字通り1日前に、プロゲステロンとエストロゲンの濃度は減少します。これらは主な女性ホルモンです。それらのレベルが下がるとすぐに、プロスタグランジンの濃度、子宮収縮を引き起こす物質、そして痛みの発生を刺激する物質が増え始めます。

プロスタグランジンによって引き起こされる通常めまいは、激しい頭痛を伴います。さらに、女性は悪心、重度の脱力感、倦怠感を感じ、彼女のパフォーマンスは低下します。

専門家らは、女性のホルモンの不均衡が糖生産を混乱させると指摘しています。グルコースの欠乏は全身の全身の衰弱を引き起こします。このため、月経時や出血開始の数日前にめまいがする。

組織内の体液の蓄積

月経前は、塩分の代謝が乱れています。ナトリウムと水は腎臓に保持され、足、顔、内臓の腫れを引き起こします。多くの女性は、月経前に指が腫れているように見え、陰唇の唇のボリュームが大きくなると述べています。

月経前の期間では、女性は脳組織の腫れによって引き起こされるめまいに苦しむことがあります。血管透過性が低下するという事実のために、けいれんが起こり、脳循環が乱される。浮腫は脳脊髄液の流出を悪化させるので、頭蓋骨内の過剰な水分が脳組織に圧力をかけ始めます。

主な悪影響は後頭蓋窩にあります。その中に受容体が位置しているのは、めまいや悪心の出現を引き起こす圧力です。毎月の病気やめまいの前にそういうわけです。排尿した後、しばらくしやすくなります。

時には女性が劇的な安堵に気付くことさえあります。最初の血液滴がガスケットに現れるとすぐにそれは痛むのを止めてめまい、吐き気は消えます。しかし、胃と背中が痛くなり始めます。

著しい失血

重要な日々が女性の血液システムに特別なダメージを与えないように、自然はそのように考えました。それどころか、血のほんの一部を失ったので、少女の体は新しくなりつつあります。 Специалисты подсчитали, что за пять дней месячных женщина теряет 200-250 мл крови (примерно стакан). Все остальные выделения – слизь, частички эпителия.

Но иногда у женщины отмечаются обильные кровотечения. それらはホルモンの不均衡、免疫力の低下、炎症性および感染症を引き起こす可能性があります。女性が大量の血液を失うと、彼女は貧血を発症し、月経後めまいを起こします。

めまいは、全身性ではないこともあります。例えば、出血期間中に女性が高い身体的または感情的ストレスを犯した場合、重大な失血および糖産生の中断が生じます。

心理的な理由

完全に健康だが、どういうわけか妊娠することができない女性の割合があります。彼らは泌尿器の病理を持っていません、彼らのパートナーは絶対に健康で肥沃です、彼らは活発な親密な生活をしています、それでも時計のように、毎サイクルは毎月来ます。

妊娠を見越している女性はいらいらしやすく、敏感になり、ささいなことでイライラしやすくなります。何年にもわたって、妊娠したいという欲求は非常に強くなり、月経前の各期間において、少女は妊娠の兆候を「見る」。彼女の香りは悪化し、吐き気が現れます。サイズが大きくなり、非常に敏感な胸になります。重度のめまい、眠気、脱力感があります。

月の前にすべてが病気でめまいがするわけではありません。妊娠を待っている間に夢中になっている簡単に触発された女性は、この病気に苦しむ可能性が高くなります。

めまいを治すには?

めまいがする?仕事の途中で転倒する危険にさらされないように、医師に相談して2、3日間病気の休暇を取ることが最善です。自宅では、女性がこの症状を緩和するのに役立つ方法がいくつかあります。

  • めまいがあると、ひどい頭痛が起こります。暗い部屋で完全に沈黙した状態で1日に数時間寝ることが望ましいです。
  • 体の位置を変えたときにめまいがした場合は、頭を振ることなくゆっくりと立ち上がる必要があります。急な方向転換やけいれんした動きを避けるためです。
  • 呼吸運動は重度のめまいの発作を和らげるのに役立ちます。これを行うには、あなたは椅子に座る、あなたの肩を向ける、背中をまっすぐにする必要があります。自分に「1、2、3」と数えてゆっくり吸い込み、次に「4、5、6」を犠牲にして吐き出します。運動を5〜6回繰り返して状態を正常化します。

月経中にめまいがするが、バスで移動する必要がある場合や、交通機関で病気になった場合は、光沢のある握り手ではなく、背もたれなどの静止物に集中し、精神的にリラックスするように呼吸運動をしてください。

注意!目を閉じないでください。ビジュアルオブジェクトの形での "サポート"の喪失は、安定性の喪失や転倒の原因になります。

不快感のある錠剤

女性が彼女の期間中常に体調が悪くなっている場合、彼女は医者に相談してめまいや頭痛を和らげるために薬を拾うことができます。月経中、少女は以下の薬を服用します。

  • No-shpa、Spazmalgon、Drotaverin、Aspazmik - 筋肉のけいれんを緩和し、激しい頭痛を解消します。
  • Persen、Afobazol、Grandaxin - 神経質で感情的な過負荷を解消します。
  • Ferropleks、Sorbifer - 血液の正常化のため、重い月経に起因する貧血を解消します。

月経時のめまいがどうしてあるのかにかかわらず、自分で薬を処方することはお勧めできません。たとえば、Zeercalを飲むこと。結局のところ、不快感の原因はどんな病気でもありえます、そしてそれは医者によって診断されることができるだけです。

特別な薬を服用してホルモンバランスを「調整」しないでください。不快感の出現がホルモンのレベルに依存するかどうかを確かめるためには、血液検査に合格する必要があります。

伝統的な治療法

めまいによる不快感を軽減するには、次の方法があります。

  • なだめるようなお茶、カモミール、ミント、レモンバーム入りのお茶を飲みます。
  • 蜂蜜と緑茶を飲みます。これは浮腫を解消するのに役立つ優れた利尿薬です。
  • 首、頭、耳の自己マッサージを行います。これは、吐き気を解消し、集中力を回復させるのに役立ちます。

月経時にめまいがするとき、時々女性は赤ワインの30-50グラムを飲むかまたは血中のヘモグロビンレベルを元通りにするために2〜3本のビターチョコレートを食べることを勧められます。

吐き気の原因

吐き気の主な原因は胃のけいれんです。それらのために、すでにそこに着いた食物は食道に戻されます。けいれんが十分に強いならば、形成される圧力は嘔吐とめまいを引き起こします。

月経前の1週間の吐き気の生理的原因は、けいれんだけでなく、以下の要因もあります。

  • 周期の後半に女性の体に起こるホルモンの変化、
  • 食物やその他の中毒
  • 妊娠
  • アレルギー
  • 肉体的にも感情的にも過度の負担をかけます。

月経前の吐き気の病理学的原因もあります。まず第一に、それは子宮の湾曲であり、それは先天性でも後天性でもあり得る。子宮のそのような曲がりは、その収縮の間に、それが神経終末を圧迫する理由です。そして、この場合の吐き気の出現は、そのような刺激に対する体の一種の反応であるかもしれません。

月経前および妊娠前の吐き気

めまいを伴う吐き気が妊娠を示している可能性があるという最初の徴候は、その前は月経前症候群が常に不快な症状を示さなかったという事実です。このような状況の中で最も不快なことは、そのような早い時期にまだ超音波で妊娠の存在を確認することは不可能であるということです。しかし、疑わしいとき、例えば最近の無防備な性交で、あなたはテストをしてhCGのテストに合格することができます。ホルモンは生殖組織によって産生されるため、このヒト絨毛性ゴナドトロピンは妊娠中にのみ血中に発生します。

そして月経前の吐き気やめまいは必ずしも子供の概念を示すものではありませんが、そのような症状の発症の理由を正確に確認するまで女性は特定の計画に従うべきです。 結局のところ、それは赤ちゃんの多くの重要な臓器やシステムが置かれているという概念の後の最初の数週間です。 婦人科医のレビューによると、このような状況での妊娠の可能性は非常に高いと言われているので、重い負荷やストレスを排除するために、検査を受ける前にしばらくの間飲酒、喫煙、ほとんどの薬を止めてください。

吐き気のその他の原因

月経前の吐き気の出現は、女性の生殖器系およびそこで行われる過程と関係がない場合があります。吐き気、悪寒、下痢、またはその他の異常な便がある場合は、食中毒やアルコール中毒の可能性があります。この場合、下痢と共に、体は刺激を取り除こうとします。

下痢、悪心および嘔吐が月経流出の始まりで終わらなかったことは起こります、そしてそれは胃炎、潰瘍または膵炎であるかもしれません。また、月経前の吐き気やめまいは、耳や前庭器の疾患、甲状腺の病状を引き起こす可能性があります。

月経が始まる前の期間に過度の身体運動をすると、運動によって子宮の位置に小さな変化が引き起こされ、それが脊柱に影響を与えます。脊髄への圧力は、吐き気、めまい、悪寒など、多くの不快な症状を引き起こす可能性があります。

時折、月経前の吐き気が心理的領域の問題などの原因となります。通常、これはほとんどの理由で衰弱して泣くことに慣れている女性に適用されます。一般にこれのすべては身体に悪影響を及ぼし、月経の開始前に不快な症状の出現を引き起こす可能性があります。吐き気とめまいが頻繁に発生し、他に理由が見つからない場合は、おそらく心理療法士を訪問する必要があります。

月経前の吐き気の非常にまれな原因には突然の気候変動が含まれます、そしてこれは悪寒、または毎日の養生法または生活のリズムの変化を伴うかもしれません。

女子における最初の月経前症候群

月経が始まる前の吐き気は、周期が正常化している時期に思春期の若者によく起こります。最初の数サイクルでは、吐き気やめまいが現れても、どんな病気や異常についても心配しないでください。通常1 - 2年後、月経周期が完全に正常になると、これらの症状は消えます。それらのいくつかは生涯残るでしょうが。

また、最初の月経中の吐き気は、筋肉が生殖器系の収縮にしか慣れないことを示している可能性があります。この場合、吐き気は体が敏感であるというサインです。

定期的に運動している女の子には、少し強い症状が現れることがあります。この場合、彼らのレビューの婦人科医は月経前の期間の負荷を減らすことを勧めます。

あなたの状態を和らげるには?

最初に妊娠があるかどうかをチェックし、不快な症状が月経の開始後に残るかどうかを確認する必要があります。病気が除外された場合、それはあなたのライフスタイルを正常化する価値があります。有機体がほとんど負の要因に影響されないとき、そのときその中のすべてのプロセスは正常に進行し、本来あるべきように器官とシステムは機能する。

妊娠検査が行われ、それが悪心の原因ではないことが明らかになった後、あなたは薬を服用することができます。この場合、婦人科医は鎮静剤、抗胃痙攣薬、または頭痛を和らげることができます。

問題がほぼ毎周期現れた場合、月経前に、あなたは約1週間で特別食を開始することによってあなたの状態を緩和することができます。 脂肪、燻製、辛い、そして揚げた食物を減らすこと、そしてシリアルや他の複雑な炭水化物を増やすことは、セロトニンの増加に貢献するでしょう。 食物繊維の摂取量を増やすと、腸機能が正常になり、吐き気がしにくくなり、便が正常になります。炭酸飲料やコーヒーは胸やけやその他の不快な症状の出現に寄与することがあるので、それらの数は大幅に減らすべきです。

通常、彼らのレビューでは、医師は吐き気の2-3ケースの出現後に受付に来ることをお勧めします。テストの後で、異常が発見されないならば、あなたは単に不快な症状を軽減し、それがそれ自体で合格することを願ってください。

月経前の症状を軽減する方法

上記からわかるように、月経前に不快感を引き起こす可能性がある多くの理由があります。だからこそ、症状を改善し、悪心を克服するのを助ける方法について知っておくべきです。

もちろん、今月経痛を和らげ、けいれんを取り除くことができる多くの薬がありますが、あなたはそれらを使用する前に常にあなたの医者に相談するべきです。

月経前の状態を緩和するための最も簡単で効果的な方法は、毎日の食事を調整することです(脂肪、辛い食べ物を除外し、赤身の肉、果物、野菜を食べるべきです)。より多くの水分を飲み、空気中を歩き、たくさん寝るようにしましょう。タバコを吸ったり飲んだりしないでください。

そして妊娠しているなら

早く月経前に吐き気や脱力感がなかった場合は、妊娠中の疑いがある深刻な理由です。この状況の多くの女性は、正確に初期段階で中毒に苦しんでいるからです。妊娠を除外するために、あなたはhCGのために献血するか、または妊娠検査を使うことができます。

ただし、遅延の発生直後にテストを実行するのが最善です。 hCGのレベルを決定するための血液検査はどの検査室でも行われ、その費用はまったく高くありません。

上記の理由に加えて、月経前の吐き気は、消化管の疾患、鉄欠乏性貧血および他の疾患によって引き起こされ得る。あなたが初めてそのような状態を経験しているならば、それが理由です - これは医者に行く理由です。

月経前の吐き気 - それは妊娠ですか?

吐き気の不快感は定期的にすべての人々が経験しています。それは様々な理由で現れ、そして身体におけるいくつかの変化を示す。吐き気は病気ではなく、特定の問題の症状であるため、それを治療しても意味がありません。なぜそれが現れるのかを特定するだけです。

何人かの女性は、彼らが定期的に吐き気を経験していると訴えます。これは月経周期の後半に起こります。これは正常ですか?月経前に吐き気がしたら?

月経前の吐き気は様々な事情により感じられることがあります。各女性は個性的で、誰もが健康レベルが異なります。しかし、主な理由は、月経前に病気になる3つの理由に分けることができます。

  • PMS、
  • 妊娠
  • 婦人科以外の原因。

それがすべてICPについて

PMSとは何ですか、性の弱い人の多くは直接知っています。多くの場合、女性はこの状態を定期的に経験します。誰かが血の出現のほぼ1週間前に月経前症候群を患っています、そして誰かが予想される月経の日に直接それを感じます。

月経前の吐き気が月経前症候群の一部である場合は、他の症状も伴う可能性があります。

  • めまい
  • 嘔吐
  • 弱点
  • 腹痛
  • 発疹
  • 食欲の増減
  • 情緒的うつ病など

このような障害はホルモンの変化によって起こります。ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンは、女性の体の中での好ましい出産の過程を担います。互いの関係は非常に重要な役割を果たしており、「愛人」の幸福に反映されています。

月経が始まる前に、子宮は受精卵の着床の準備ができているので、これらのホルモンのレベルは著しく増加します。受精プロセスが起こらなければ、プロゲステロンのレベルは劇的に落ち、そしてエストロゲンは前と同じ量に残る。ホルモンのそのような急激な低下は女性の状態の悪化を引き起こす可能性があります。

妊娠とPMSを区別する方法は?

女性が月経前にめまいや吐き気などの現象を以前に経験したことがなく、その後突然現れた場合 - その理由はPMSには全くないかもしれません。

月経前症候群の上記の症状は妊娠の徴候と非常によく似ています。確かに、妊娠は、特に毎月の遅れの前に、PMSと容易に混同されます。女性が妊娠していると信じる理由がある場合(たとえば、サイクルの途中で保護されていないセックスがあった場合)、これをチェックできます。

このような短時間の婦人科検査と超音波診断はまだ有益ではありません。この場合、女性は2つの方法で妊娠を判断できます。

  1. 妊娠検査をする
  2. hCGの血液検査を行います。

あなたが妊娠検査をするならば、それはより高価なものを買うのが良いです。それはより良い感度を持ちそして月経の数日前に妊娠を検出することができます。

より正確な結果はホルモンHCGのレベルのための血液検査を示します。受胎後10日で、この研究は信頼できる結果をもたらす可能性が非常に高いです。

妊娠が疑われるとき、女性はできるだけ慎重になるべきであることを覚えておくことは重要です。結局、ほんの初期の段階では、生きている胚の胚が最も脆弱です。そして、その開発や人生にさえも悪影響を及ぼしかねない多くの要因があります。

  • スポーツトレーニング
  • アルコール、
  • 規格外食品など

吐き気のその他の原因

吐き気、脱力感、めまい、および同様の障害が必ずしも婦人科に関連するとは限りません。この状態は、たとえば次のような場合に発生する可能性があります。

  • 食物やアルコールによる中毒
  • 過度の運動
  • 他の病気の症状。

しかし、月経前に体が弱くなっているので、これらの理由で生じる悪心の症状は特に深刻です。

質の悪い食べ物や飲み物で中毒になった場合、体は悪心や嘔吐で反応することがあります。したがって、彼は有害な毒素を取り除き、浄化し、それらが深く浸透するのを許しません。

月経前の活発なスポーツや激しい雑用も、吐き気、めまい、および急速な疲労を引き起こす可能性があります。これは、激しい負荷で女性の子宮が脊椎領域を圧迫し、これが不快感を引き起こすという事実によるものです。

消化管の病気は、嘔吐、便秘、めまい、吐き気などの症状だけで現れます。あなたの期間が経過しても状態が改善しない場合は、胃腸科専門医に助言を求めるのが良いでしょう。おそらく女性が胃炎、膵炎、または他の病気を発症します。

苦しまないようにするにはどうすればよいですか。

彼女の状態をわずかに軽減するために、女性はいくつかの勧告を使うかもしれません。

  1. 妊娠を除外する まず第一に、吐き気が発生したとき(特にこの問題が以前に悩まされていない場合)、女性が妊娠していないことを確認することが重要です。それにもかかわらず妊娠しているならば - それ以上の指示のために婦人科医に至急。
  2. 食事と飲み物を調整してください。 脂肪、辛い、燻製、揚げ物は状況を悪化させるだけです。同じことが飲み物にも言えます。 Нужно исключить газировку, кислые соки, «крашенные» напитки, содержащие множество вредных веществ. Употребление чистой воды, некрепкого чая и приготовленной правильным образом пищи может немного разгрузить организм.
  3. Уменьшить нагрузку. 重要な日の前には、春の大掃除をしたり、ジムで汗をかいてはいけません。月経の数日前に、身体的にも精神的にもできるだけ自分自身を降ろすことをお勧めします。経験することはまた病気の原因である場合もあります、従って神経系を荷を下すことは間違いなく利点になります。
  4. 専門家を訪ねてください。 吐き気を一掃する薬がたくさんあります。それで、あなたがそれらを取り除くことができるならなぜ不快感に耐えますか?女性が月経前に常に吐き気がする場合は、なぜ医師に助けを求めませんか?すべての薬は多くの禁忌と副作用を持っているので、医者だけがそれらを処方するべきです。患者の状態を評価して、彼は月経前夜の吐き気を忘れるのを助ける薬を処方することができます。

毎月の吐き気:原因

多くの女性は、月経前または月経中に吐き気に直面します。現時点で誰かが嘔吐、ひどい脱力感、めまいがするようです。これは正常ですか?あなたはあなたの期間中に何が病気になりますか?

このような特に懸念される状態は、以前は健康状態を大きく変えることなく月経を静かに耐えてきた人々によって引き起こされる可能性があります。月経前に吐き気を言うことができますか?

月経前症候群は、それが月経前にそれほどひどい理由である最も一般的な理由の1つです。その徴候は、数時間、そして月経出血が始まる数日前に現れることがあります。

彼が体調不良の原因であるという事実は、次の兆候によって判断することができます。

  1. 吐き気や嘔吐に加えて、症候群の他の兆候があります:脱力感、めまい、下腹部の痛み、腫れや胸の圧痛、気分の変化、気分の変化、頻繁に泣きたいまたはすべてがうるさい、にきびが表示されます。ほとんどの場合、上記のいくつかの兆候しかありません。
  2. 月経前 - この状態は毎月またはほぼ毎月同時に観察されます。
  3. 月経中または直後に、状態は正常化します。

多くの女性にとって、PMSはほぼ標準となっていますが、実際には、月経は自然現象であるため、身体によって十分に容認されるべきです。それで、吐き気とめまいは何ですか?

月経中に吐き気が発生する理由:

  • ホルモン濃度の変化月経周期の間に、実際には、体は妊娠の準備をします、しかし、それが来ないならば、プロゲステロンのレベルは急激に下がります。そして、それは新しい周期を始めるためにホルモンシステムの再構築を引き起こします。これは正常な現象であり、強く感じてはいけません。しかし、体が衰弱しているために、それがホルモンの作用に非常に敏感である場合、または産生されるホルモンの量が標準と異なる場合、そのような違いは非常に強く感じられます。
  • 内生殖器の不正確または異常な解剖学的構造。例えば、子宮が拒絶されると、その期間は通常痛みを伴い、そして最初の月経からの吐き気を伴う。
  • 炎症過程または癒着。低体温症、感染症の合併症、性病、月経中の痛み、その他のPMSの症状は、たとえそれが一度も起こったことがなくても起こります。
  • 肉体的または感情的な過負荷枯渇した生物では、ホルモン変化を含む多くの過程がうまくいかない。

あなたがあなたの期間中に病気になるもの

月経前の吐き気が月経前症候群に関連している場合、ほとんどの場合、それは月経の開始とともに起こります。しかし、月経がすでに進んでいて、健康状態が同じままであるか悪化している場合、それはどういう意味ですか?

月経が非常に病気でめまいがするときにここに2つの理由があります:

  1. セロトニンブースト。
  2. 体の過剰な水分含有量(顔や足にわずかな腫れを引き起こす可能性があります)。

これらの要因は、頭蓋内圧の上昇と体全体、特に脳内の血液循環障害につながります。頭痛、めまい、吐き気、嘔吐を引き起こします。

妊娠

しかし、月経中の吐き気がいつもあなたが初めてそれを感じたとしても、いくつかの問題について言うわけではありません。これは妊娠の兆候かもしれません。このオプションを除外または確認するには、hCGの分析に合格するか、妊娠検査を行う必要があります。

月経中の吐き気が家族への差し迫った追加に関連していると疑うために、それはそのような場合に可能です:

  1. そのような状態が観察されたことがない前に。
  2. 先月または前月中に(これが妊娠に対する保護の方法を使用したとしても)少なくとも1つの性交があった。
  3. 月経は約2週間後に始まりました。
  4. 血液量は通常の量よりはるかに少ないです。
  5. 吐き気、嘔吐、めまいが、数日連続して繰り返されます。

月経前に急激に悪化する前の理由は、妊娠の病理学的経過である可能性があります。子宮外妊娠または凍結妊娠の場合、受精が起こったことを女性が知らないときに胎児が死亡すると、他の月経と同様に出血が現れることがあります。同時に、胃はほとんどいつも非常に痛いです、血の塊または破片があるかもしれません、時間内の出血は予想される毎月の期間と一致しないかもしれません。

この場合、女性の命を救う緊急手術のために病院に行く必要があります。

月経後に吐き気を引き起こす可能性がありますか?

月経前の吐き気と同様に、それらの後の吐き気は、子宮の位置が正しくないことが原因である可能性があります。この場合、痛む痛みは通常、下腹部または腰部に感じられます。

重要な日数後の健康状態が悪いのは、月経中に女性がジムで積極的に運動していたため、体重が増えていたためです。運動中に、脊髄上の傍脊椎組織の圧力が増加し、これは月経中は望ましくない。

月経前や月経後に病気になる他の理由は、妊娠、ホルモンの乱れ、ホルモンの避妊薬や他の薬であるかもしれません。いずれにせよ、吐き気がひどく表現されているならば、婦人科医に相談して徹底的な検査を受けることは不必要ではないでしょう。

Loading...