人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

膀胱炎でスポーツをすることは可能ですか:許容される身体活動

コメントをどうぞ3,804

膀胱炎は、この病気を患っている人の生活の質に影響を与える特定の症状を伴う泌尿器科疾患です。膀胱炎のスポーツも例外ではありません。泌尿器科医は肉体的運動からの完全な禁欲を主張しませんが、この病気の人に害を及ぼすことができるスポーツを区別します。

炎症を起こした膀胱には、穏やかな肉体的および娯楽的な運動が必要です。

膀胱炎で危険なスポーツの好み

これらのスポーツは次のとおりです。

  • 水中での水泳とエアロビクス 水生の職業の間に、低体温が起こります。そして、それは膀胱炎のための禁忌です。 水泳は、この病気を引き起こしたり再発させることがあります。特に問題は状況にある女性に関係しています。
  • オールウィンタースポーツ。危険 - 低体温の可能性。低温でのトレーニングは避けてください。服をたどり、腰椎と骨盤領域を覆うことが重要です。
  • 様々なレスリング。このようなトレーニング中に、腹部への負荷と腹圧が劇的に増加します。同じ理由で、ボクシング、サイクリング、ダンベル運動は中止する必要があります。
目次に戻る

急性膀胱炎に対する正しい運動

急性膀胱炎は、血尿(尿中の血)、激しい痛み、発熱を特徴としています。このような症状では、スポーツは完全に除外され、安静を守ることをお勧めします。スポーツの排除は、病気との闘いにおいて身体が資源を志望するのを助けることを目的としています。急性期にさらに負荷がかかると、回復が遅れるだけでなく、痛みの性質も増します。適切に選択された治療により、2〜3日以内に改善が見られます。この状態は、適度なトレーニングを開始する可能性を示唆しています。

慢性膀胱炎のためにスポーツをすることはできますか?

この疾患の慢性型では、2つの段階があります:悪化(再発)と寛解(疾患の症状の緩和)です。第一段階では、泌尿器科医は身体活動のあるクラスを推薦しません。まず第一に、それはパワータイプの負荷 - バーベル、ダンベルとのエクササイズに関係しています。それらの更新は減弱段階にあるかもしれません。腹筋運動が悪化している間はお勧めできません。このような運動では、腹筋が引き締められ、炎症を起こした膀胱が圧迫されます。再発時には、呼吸法(ヨガ)と瞑想を検討する価値があります。

膀胱炎に役立つスポーツ

膀胱炎の専門家はダンス、有酸素運動、有酸素運動、ハイキング、ジョギング、ジャンプ、バレーボール、バスケットボールをお勧めします。このようなエクササイズでは、中強度ですべての筋肉群に一様な効果があります。そのようなスポーツは健康を著しく改善し、病気の悪化を引き起こすことはありません。東部の慣習の利点を忘れないでください。彼らは病気との闘いを助けるだけでなく、その発症を防ぐこともできます。ヨガクラスは全身や泌尿生殖器系の機能に役立ちます。膀胱炎の症例における体操の有効性が注目された。

膀胱炎の間の特定のスポーツ活動の利点について多くは言います、しかし、そのような運動に加えて、専門家は治療的運動を主張します。

理学療法は、膀胱炎の人を割り当てるために、泌尿器科の分野の専門家によって開発された特別な一連の運動です。これらの運動による治療は、膀胱への血液供給の改善を刺激することに含まれ、その結果、膀胱の動作モードが強化され、それが疾患を引き起こした細菌から自己浄化し始める。

急性膀胱炎における身体活動

初めて特徴的な症状が現れることは、膀胱炎の急性期の発症を示しています。激しい痛みは、正常に動くことが不可能な状態につながる可能性があります。追加の身体活動は回復を遅らせるだけでなく、痛みの症状を高めることもあります。だからこそ、この時期にはどんなスポーツ負荷でも禁忌であり、暖かさ、安らぎ、そして厳格な安静が必要です。これらの条件下で、体は病気に対処するのが簡単です。

3日後に適切に選択された治療法は患者の状態を改善します、その後あなたは徐々にスポーツに戻ることができます。しかし、負荷は少なくとも2回減らす必要があります。体はまだ免れるべきです。

慢性膀胱炎のためのスポーツ

再発(増悪)および寛解(症状の改善または消失)は慢性型の膀胱炎の特徴です。増悪が起こると、身体運動、特に筋力運動(バーベル、ダンベルなど)が避けられることが明らかになります。再発中は、炎症を起こした膀胱を圧迫しないように腹筋を圧迫することはお勧めできません。負荷を元通りにすることは寛解にある場合もある。

禁止されているスポーツ

医師は、膀胱炎の発症の原因や段階に関係なく、病気の進行を悪化させる、あるいは回復の段階で再発を引き起こす可能性のあるこれらの種類のスポーツ活動を中止することを推奨します。これらが含まれます:

  • 冬の水泳を含む、冷たい水での水泳。プールや池に長時間滞在すると、免疫力が低下することがあり、2〜3時間後に膀胱炎の症状が現れることがあります。あなたは+ 30度以上の水温でのみ泳ぐことができます。その後、直ちにタオルでよく拭き、乾いた洗濯物を干します。
  • スキー、フィギュアスケート、その他のウィンタースポーツ。これらすべては低体温と病気の悪化の危険をはらんでいます。気温が10度以下の場合は運動を避けてください。寒さにも座らないでください。ロースは常にしっかりと閉じておくべきです。
  • ウエイトリフティング、ボディビルディング、レスリング、ボクシング - は腹部の筋肉の緊張が起こるスポーツ負荷の種類であり、これは膀胱に悪影響を及ぼす腹腔内圧の上昇を意味します。
  • サイクリングはまた、骨盤領域での高い身体活動のために禁忌です。サイクリングによく見られるタイトでタイトな服は、血液の循環を妨げるため、健康に悪影響を与える可能性があります。

上記を要約してください。膀胱炎の間、腹部の強い緊張や全身の過冷が起こり得るような運動をすることはお勧めできません。 寛解期には、医師の許可を得て、あなたは上記のスポーツに従事することができます。しかし、あなたは常に運動が病気の再発を引き起こす可能性があることを覚えておくべきです。免疫状態が低下した場合、免疫状態を考慮する必要があり、その後再び病気になるリスクが高まります。

好きなスポーツ

いくつかのスポーツは高い身体活動を持っていませんが、それらはすべての筋肉群を均等に発達させます。そして膀胱炎の間でさえ体に利益をもたらします。適度な強度で、あなたは以下のスポーツを練習することができます:

  • エアロビクス
  • ヨガ、
  • フィットネス、
  • ジョギング
  • バレーボールやバスケットボール、
  • 有酸素運動
  • 歩く

ヨガでは、ほとんどすべての運動は骨盤内臓器の血行を促進することを目的としています。そのような負荷の使用は、膀胱にとって有益である栄養素を吸収するのを助けます。

体操はまた肯定的な効果をもたらします。はさみなどの運動は便利です、例えば:

  1. 運動は、硬くて平らな面で行ってください。これを行うには、体操用マットを床に置き、横になっていることが最善です。
  2. まっすぐな足を約15 cmの距離で上げ、手のひらを下にして床に腕を下げ、臀部の下に置きます。ロースはリラックスした状態になるはずです。
  3. 次に、足をさまざまな方向に広げ、左足が右足よりも高くなるように交差させます。それから行動は繰り返されるべきです、しかし逆の順序で - 右脚が左より高かったように。回復の進行に応じて、アプローチの数と期間を調整する必要があります。リハビリの開始時には、負荷は最小限であるべきです。たとえば、30〜60秒の3セットを実行できます。

スポーツに加えて、医師は処方したり特別な治療の練習をすることができます。運動療法は通常、専門の医療機関で行われますが、自宅で訓練することもできます。これらの運動の効果は膀胱への血液供給を強化することです。そして、それはあなたがすぐに病的なバクテリアを取り除くことを可能にします。

あなたが朝のジョギングに慣れているならば、それは休憩のために休憩で、短い距離のために適度なペースでされるべきです。従事するには、それは暖かく、穏やかな天候で必要です。

上記の許容されるスポーツのすべては、膀胱炎の症状が治まり始めた回復期にのみ示されます。病気の急性期では、体は免れるべきです。適切なアドヒアランスと効果的な治療法で、膀胱炎は徐々に後退し、あなたは再びあなたのお気に入りのスポーツを練習することができるでしょう。

急性型膀胱炎における身体的ストレス

最初の顕著な症状は、膀胱炎の急性期の発症を特徴付けるものです。急性膀胱炎の治療については私たちの資料で見つけることができます。著しい痛みは、正常に動く能力が失われる体の状態を引き起こす可能性があります。身体活動の形での補足は、治癒過程を延期するだけでなく、痛みの症状を悪化させることもあります。

この場合、この間、スポーツに関連するさまざまな負荷が禁止されます。それは暖かく保ち、安静にして、安静にしてください。このモードでは、体が病気に対処しやすくなります。

当分の間残っているスポーツ活動が体重の増加をもたらすことをあなたが心配しているならば、単に脂肪分の多い食品の量を減らすことによってあなたの食事療法を修正してください。もっと野菜、果実、果物を食べ、水分をたくさん飲むべきです。それは泌尿器科医によって推奨される製品で構成されるように食事療法のバランスをとることが重要です。

慢性膀胱炎と様々なスポーツ

この形態で発生する膀胱炎の場合、症状の弱さまたは完全な消失を特徴とする、固有の再発性の増悪および寛解の変化があります。悪化の場合には、それは肉体的な努力が避けられるべきであることは全く明白です。これは特に筋力運動に当てはまります。

尿素に圧力をかけないように、再発が腹部の筋肉組織に負担をかけないようにする必要があります。負荷の再開は寛解の瞬間にのみ戻ることが許されています。しかし、それはコーチの勧告に従うべきです。

どのようなスポーツが膀胱炎にいいですか?

膀胱炎の期間中、泌尿器科専門家は各患者に著しい身体的過負荷を伴わないスポーツ運動に注意を払うように助言する。ダンス、有酸素運動、フィットネス、ヨガ、ウォーキング、バレーボールが役に立ちます。

東洋医学の愛好家は、ヨガを優先するようにヨガのクラスの間でお勧めします。膀胱炎の間のそのような体操の利点は非常に明白です、なぜならヨガで行われるほとんどすべてのエクササイズは骨盤領域の血液の循環を正常化する機会を作り出し、感染した尿素に積極的に作用する栄養素の消化率を高めます。

あなたが最初に完全な休息を観察しなければならないので、病気の急性期における激しい運動をしてはいけません。体操をすることで優れた結果が得られます。 「はさみ」を実施することをお勧めします。この演習は特定の要件に準拠しています。

  1. トレーニングは平らで硬い表面で行われます。床に体操用マットを置き、その上に身を乗り出すことが最善です。
  2. まっすぐな足は15センチメートル上がり、手は敷物の上に横たわり、手のひらは腰を下にして臀部の下に置かれ、腰は完全にリラックスしていなければなりません。
  3. それから足は異なる方向に交配されそしてそれから左のものが右のものの上になるように交差させられる。それから行動は繰り返されます、しかし同時に、交差点での足の位置は変わります。アプローチの数と運動の期間は、癒しの過程が進むにつれて確立されるべきです。リハビリ期間の開始時には、負荷に最小値を与え、3回以内のアプローチで、その持続時間は30秒から1分です。

朝のジョギングをする習慣がある場合は、中程度のペースを維持し、距離を縮め、休憩を取ってください。暖かい季節には走る必要があり、風がないこと。

膀胱炎における特定のスポーツの有用性については多くのことが知られていますが、スポーツの他に、専門家は治療的な運動をすることを勧めます。膀胱炎と診断された患者に割り当てられている特別な医療施設(運動療法)があります。

この一連のエクササイズは診療所だけでなく家庭でも行うことができます。治療的性質の効果は、それが高められた様式で働きそして病原体自体を拒絶することを可能にするために、尿路への血液の供給の改善を意味する。

この種の病気は座りがちな生活を送っている人々に最も頻繁に見られるという重要な事実に注意すべきです。これから運動負荷が健康に大きなダメージを与えないと結論されます。それでも、体の個々の特性を考慮に入れて、これについて主治医と相談することは不必要ではないでしょう。

膀胱炎を伴う身体活動

急性膀胱炎では、温度が急激に上昇し、激しい痛みがあり、尿中に血のような不純物があり、トイレへの働きかけが高まります。あなたはベッドにいて休まなければなりません。スポーツは痛みを増やすだけで、回復は最終的に遅れるでしょう。しかし、適切な治療を行えば、たった2〜3日で症状が改善し、その後平均負荷が許容されます。

慢性膀胱炎でスポーツをすることはできますか、その人の体調によって決まります。特に激しい運動をしている場合は、医師は延期することを推奨します。そのようなクラスが寛解しても継続できる。また急性期では、炎症を起こした膀胱が伝染することが判明したため、腹部の筋肉に負担をかけることは禁忌です。あなたはこの時点でヨガと瞑想を練習することができます。

したがって、急性膀胱炎の場合は、身体活動を完全に排除して就寝する必要があります。また、健康状態が改善すれば、適度に運動を始めることができます。

危険なスポーツ

病気の経過を悪化させるか、次の悪化を引き起こす負荷を拒否することが必要です。これは、

  1. 水泳、特に冬の水泳。涼しい池にいると、免疫力が低下することがあります。その場合、膀胱炎の症状は数時間後にしか現れません。水泳は温水(+ 30 grから)でのみ許可されています。それからあなたは徹底的に拭いて乾いた服に変える必要があります。
  2. ウィンタースポーツ(スキー、スケート、スノーボード)。このような運動は低体温症につながり、これが膀胱炎の最も一般的な原因です。あなたは10グラム未満があるとき、あなたは外で練習するべきではなく、そして寒さの中に座るべきです。それは天候のために服を着ること、腰と骨盤を暖かく保つことが重要です。
  3. ボクシングの戦い。これらのトレーニング中に、腹部の筋肉は過度に強調されています。これは腹腔内圧の上昇と膀胱の圧迫を伴う。
  4. サイクリング骨盤領域への負荷の増加にも関連しています。サイクリストが着用するきつい服は、血行を妨げて健康を害することがあります。

一般的に、膀胱炎患者は、低体温症や腹筋を伸ばし過ぎているスポーツにはお勧めできません。寛解が医師によって許可されている場合、そのような負荷は許可されますが、再発を引き起こす可能性があるので注意してください。

ペイロード

急性膀胱炎を治療した後は、筋肉に中程度の負荷でスポーツをすることができます。

  • エアロビクス
  • フィットネス、
  • ヨガ
  • 歩く
  • カーディオ、
  • ジョギング
  • バレーボールとバスケットボール、
  • 踊る

症状を軽減した後の中程度の身体活動は悪化を引き起こさず、病気の予防に役立ちます。

推奨ヨガ - 彼女の運動は骨盤内の血流を刺激します。同じ目的で、医者は運動療法のプログラムを選ぶことができます。結果として、栄養素はよりよく吸収されます。これは衰弱した膀胱にとって重要です。体操も大歓迎です。

朝の走行は許可されていますが、短いと平均してのみ。あなたは休むために休憩を取って、風のない暖かい天候で走る必要があります。

スポーツが回復するとき、症状がすでに過ぎたときにのみ練習することができます。増悪がベッドの中にあり、身体的緊張やストレスを避けなければならないとき。これはすぐに良くなり、活動的な生活に戻ります。

病期に応じたスポーツ

Цистит и пиелонефрит бывает двух видов: острым и хроническим. Для острой стадии болезней мочевыделительной системы характерны такие признаки:

  • жжение и неприятные ощущения в нижней части живота,
  • 腰部の痛みと重さ
  • 痛みを伴う頻尿、しばしば血液と混合

あなたがこれらの症状を抱えているならば、すなわち、病気が急性期にあるならば、そして状態が軽減されるまで運動は延期されるべきです。この期間中は、体が回復するための強度が必要になるため、安静をお勧めします。

膀胱炎クラス

正しい治療法では、2〜3日以内に膀胱炎の症状が緩和されます。痛みが軽減するとすぐに、トレーニングの強度と繰り返しの回数が減れば、身体的な運動は解消されます。

疾患の急性期は、再発および寛解の期間によって特徴付けられる。再発は急性膀胱炎の症状を特徴とする増悪です。このため、特に運動が筋力運動(バーベル、ダンベル)に関連している場合は、運動を避けるべきです。

再発したら、ヨガや瞑想を練習できます。理学療法の様々な方法もあります。そのような運動は膀胱への血液供給を改善し、それは病原性微生物叢との闘いにおけるその仕事の増加をもたらす。

腎盂腎炎の負荷

病気はしばしば膀胱炎の合併症として発生します。医師は、腎盂腎炎のあるスポーツには予防と治療の方向性があると言います。身体活動からあなたは強さと激しいトレーニングを排除する必要があります。

腎盂腎炎の悪化と再発により、いかなる運動も禁止されます。腎盂腎炎は通常、高熱と体調不良を特徴とします。ほとんどの場合、彼は病院で治療を受けています。

寛解の場合は、体操、ウォーキング、サイクリングをお勧めします。この病気はオリンピックの記録を設定することは推奨されていないとちょうど比例の感覚を忘れないでください。

許可されたスポーツ

膀胱炎を伴うスポーツは、すべての処方箋に従う場合にのみ効果があります。泌尿器科医は、過度の活動や体力を必要としないスポーツに注意を向けるよう患者に勧めます。だから、慢性膀胱炎や腎盂腎炎の間に、女性は練習することができます:

  • 踊る
  • エアロビクスとフィットネス(節約モード)
  • ヨガ
  • バレーボール
  • ハイキング
  • ノルディックウォーキング、
  • 簡単に走れます。

医師は、慢性膀胱炎のある​​スポーツに行くことは可能であり、必要であると言います。これらの目的のために、適切な体操。便利な運動「自転車」と「はさみ」は体に害を及ぼすことはなく、病気の間に体を支えるのに役立ちます。また、女性はあなたが医者を選択するのに役立ちます身体運動プログラムに従事することをお勧めします。

理学療法

通常、膀胱炎または腎盂腎炎の運動療法は3つの段階から成ります。

  1. 呼吸法とウォームアップウォーキングによる基本的な身体活動の準備
  2. 基本負荷は30分間持続します。運動は立ったり横になったりして行われます。胸部、側面および腹部は身体活動の影響を受けます。
  3. 休息と完全なリラックスの期間。 5分間呼吸をします。

スポーツの授業は体に害を及ぼすことがあります。低体温は病気を悪化させることがあるので、トレーニングから水泳やフィギュアスケートを除外します。水泳に関しては、医者は水温が30度を超える温水または温水プールでの水泳を禁止しません。冷たい水で長時間入浴すると、既存の膀胱炎を悪化させ、合併症を引き起こす可能性があります。

クラスへの提言

膀胱炎や腎盂腎炎のあるスポーツはできますか?もちろん、あなたはできますが、寛解の間だけで、あまりにも活発ではありません。泌尿器科医は以下の規則に従うことを勧めます:

  • 体系性はトレーニングを成功させるために重要であるため、トレーニングに十分な時間をかけてください。
  • 過電圧を避けるために、安静時と緊張を適切に交互にします。
  • 呼吸法に従ってください。
  • すぐにレコードを設定することを急がないでください。運動強度は徐々に増加するはずです。

身体活動の期間中に膀胱や腎臓の痛み、不快感を引き起こす可能性があります。この場合、スポーツから一時的にスポーツを除外し、医者に診てもらうように予約することをお勧めします。

また、専門家は運動後の圧力、脈拍および体重の測定値を記録することを勧めます。これは医師があなたの状態を監視するのに役立ちます。回復のダイナミクスを追跡するために泌尿器科医のオフィスを訪問することを忘れないでください。

禁止されている荷物と禁忌

膀胱炎は男性よりも女性に多く発生します。ウィンタースポーツや水泳を競うプロのスポーツウーマンでさえも、この病気にかかりやすいです。これに基づいて、医者はあるスポーツの訓練のための禁忌を確認しました:

  • プール内の運動は、水温が30度を超える場合にのみ表示されます。この条件が満たされていない場合は、ワークアウトの期間は20分を超えてはいけません、そうでなければそれは膀胱炎の再発を脅かす可能性があります。気温が30度を超えている場合は、時間制限なく泳ぐことができます。病気が急性または慢性になった場合、水泳は固く禁じられています。同じ理由で、アイススケートやアイスホッケーも禁止されています。
  • 積極的な有酸素運動は健康を悪化させることがあります。あまりにも多くのストレスは膀胱の壁に機械的な損傷を引き起こします。したがって、よりリラックスした運動をするか、実行速度を下げます。
  • それはまた激しい肉体的運動を拒むべきです。ジムでの授業中、およびボクシング中やレスリング中には、腹腔内圧が上昇する危険性があり、これが特定の合併症を引き起こす可能性があります。

それで、膀胱炎でスポーツをすることは可能ですか?医師は身体活動を禁止していませんが、運動は穏やかで不快感を与えないという条件で。トレーニングを始める前に、必ず泌尿器科医または腎臓専門医を訪ねてください。

膀胱炎スポーツ

膀胱炎を伴うスポーツはかなり可能です。しかし、ここでそれはこの病気の本質を理解することが必要です。女性の膀胱炎では、体は非常に弱くなります。そのため、過大な負荷は禁止されています。また、病気がどの段階にあるのかを検討する必要があります。

それで、膀胱炎でスポーツをすることは可能ですか?患者に急性期がある場合、これはできません。この状態では、体が過負荷になってはいけません。この状況で最高のもの - ベッドレスト。平和と暖かさの状態は、女性が達成すべき主なものです。あなたはまた、特定の食事療法に従う必要があります。その場合、2、3日後、彼女は安心するでしょう。

そして、あなたは慢性膀胱炎でスポーツをすることができますか?この病気で、身体活動は解決されます、しかし、寛解が起こる場合だけ。再発時の感覚は急性期と同じです。したがって、それに従って行動してください。

炎症を起こした膀胱のためのスポーツ活動の利点

膀胱炎を伴うスポーツは、体内の他の多くの病理学的過程と同様に、顕著な治療効果の原因となり得る。第一に、それらは特に全身および小骨盤内の血液循環を刺激する。これは、組織における代謝過程の加速、酸素および栄養素によるそれらの活発な飽和に寄与し、それは損傷した粘膜のより迅速な回復をもたらす。第二に、身体活動は、全身性および局所性免疫を強化し、疾患の再発または慢性期への移行の可能性を減らすための推進力となる。化学反応速度の増加は、行われる天然または薬物治療の有効性の増加をもたらす。

活発なスポーツイベントの間でさえ、人々はより多くの水を飲み始める。体内に入る豊富な飲み物は、膀胱の洗浄とそこからのよどんだ尿、病原体、そしてそれらの毒素の除去に貢献します。最後に、スポーツは体の全体的なトーンを高め、気分を大幅に改善します。これらの瞬間はまた、病気の間またはその後の身体の回復および病気の合併症の予防において重要な役割を果たす。

膀胱炎の場合に禁止されている身体活動の種類

指示の種類のリストおよび膀胱炎のための練習さえリストはあなたの医者と調整されるべきです。膀胱の炎症を背景にして行われるいくつかの作用は、現在の状態の悪化、症状の悪化、合併症の発症につながる可能性があります。

これらはあらゆる形態の膀胱炎で避けるべきスポーツです:

  1. 水中での授業冷たい水での長期滞在を意味する行動は、炎症過程の触媒になるか、またはその広がりを引き起こす可能性があります。この危険は妊婦にとって特に危険です。
  2. ウィンタースポーツそれらはまた低体温症を引き起こす可能性があり、それは疾患の悪化の一因となる。あなたは低温で路上でいくつかの活動を行う予定の場合は、足、腰椎領域と骨盤領域の信頼性の高い断熱の世話をする必要があります。低体温の兆候が見られた場合は、ただちに暖かい部屋に入ってウォームアップする必要があります。
  3. 格闘技プレスの筋肉の働きの結果としてのそのような訓練の過程において、骨盤内臓に過剰な負荷がかかる。これは膀胱の圧迫と特徴的な症状の増加をもたらします。
  4. ウェイトリフティング罹患した腹部臓器へのストレスの増加につながる別の分野。

さらに、サイクリングやローイングに夢中になりすぎないようにしてください。

膀胱炎の運動を行うことに対する禁忌

多くの人が急性膀胱炎でスポーツをすることは可能かどうか疑問に思います。身体活動に関する制限も泌尿器科医によって設定されており、特定の人を指揮しています。この場合、マイナーで適切に選択された負荷は、不快な状態を緩和するだけです。病気の急性期が激しい痛み、発熱および患者の健康の悪化を伴う場合、いかなるスポーツ活動も禁止されます。

「出血性膀胱炎」と診断された場合にもスポーツは禁止されます。患者の満足できる状態の場合でさえも、尿中の血液の徴候の出現は、安静を必要とする。

腹腔内の圧力の上昇をもたらすいかなる行動も症状の重症度を高め、そして膀胱内の出血の開始を引き起こし得る。

便利なスポーツとその特徴

炎症を起こした膀胱の状態に対する治療効果は、体系的かつ正確な操作によってのみ可能です。 1回限りのアプローチでは望ましい結果が得られないでしょうし、半分の強さで行われた演習では必要なプロセスが開始されません。

医者はあなたの好きなスポーツを特別な運動と組み合わせることを勧めます。最大限の効果を得るためには、天然の薬草成分に基づいた薬の摂取を自分の体制に入れるべきです。

慢性的な経過の寛解の間に、以下のタイプの身体活動が許されます:

  • 特別体操のサイクル。これは高度に専門化された運動のリストです、その目的は血液循環プロセスの正常化のために排泄器官の機能性を高めることです。年齢、体力、患者の状態に応じて、最適な周期の強度を選択できます。
  • ケゲル演習。これらの操作は、同じ目的、つまり問題領域における代謝プロセスの正規化を追求します。それは身体に最小限のストレスを与えることによってのみ達成されます。授業中は、行動のスピードと強さを変えながら、患者は膣の筋肉の緊張と弛緩に制限されるべきです。
  • ウォーキングとランニング不必要な負荷をかけずに骨盤内臓器のマッサージを開始できます。
  • ダンス、エアロビクスこれらの作用はまた、排泄器官の働きを担う領域における血液循環の正常化にも寄与する。反対の効果を達成しないためには、最適な負荷の程度を選択することだけが必要です。
  • 有酸素運動トレーニング。この場合、排泄器官への好ましい効果は、生物全体の緊張を高めることによって達成される。

急性膀胱炎の背景に対して、これらの行動は上記の禁忌がない場合にのみ使用されます。操作が軽減しない場合は、臨床像が完全に消えるまで実行を放棄するのが一般的です。その後、組織修復を加速し再発を防ぐために安全に運動を始めることができます。

膀胱炎のためのヨガ - できてもしてはいけませんか?

膀胱炎のためにヨガをして、患者はすでにリストされたすべての肯定的な結果を達成します。確かに、東洋の実践のすべての方向が、病気に冒されている身体によって適切に認識されるわけではありません。特に、複雑なアーサナが行われるヨガの選択肢を放棄することが必要です。エクササイズは暖房のかかる部屋で行われる膀胱炎Bikram Yogaおよびその類似体との闘いには適していません。急激な温度低下は病気の悪化を引き起こす可能性があります。

運動をする過程で、あなたは注意深くあなたの状態を監視する必要があります。操作が楽しくて安心していれば、それは選ばれた方向の正しさを示しています。トレーニングの過程における不快感や身体の否定的な反応はエラーの合図です。選択したアプローチまたはその実装の質を見直す必要があります。

Loading...