人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

妊娠中に胸焼けのためにソーダを飲むことができますか

ソーダが本当に胸焼けを救うかどうかを理解するために、あなたは病気のメカニズムを覚えている必要があります。食道の灼熱感は、塩酸を含む胃液が入ったときに起こります。この酸は不快感を引き起こし、食道粘膜を刺激します。

妊娠中の女性では、この状態は、子宮の大きさの増加が原因で発生することが多く、これが胃液の食道への投げ込みにつながります。さらに、ホルモンのバックグラウンドの変化は、括約筋(食道への酸の浸透を防ぐ特別な弁)を減らすものを含めて、平滑筋の弛緩につながります。

だから 胸焼けを取り除くには、酸を中和する必要があります。 ソーダは「重炭酸ナトリウム」として知られている化合物であることを覚えておく価値があります。すべての女性が製パン工程でこの物質を使用しています - 「急冷」酢酸。

詳細を読む:妊婦の原因と治療(薬物治療と民間療法の治療)のやけど。妊娠中の胸やけの予防 - http://razvitie-krohi.ru/beremennost/problemyi/kak-borotsya-s-izzhogoy-v-period-beremennosti.html

胃の中で塩酸と相互作用するとき、同様のプロセスが起こります、 結果は塩、二酸化炭素および水です。この反応は実際に酸を中和し、それを他の物質に変えます。それはそれが判明 ソーダは胸焼けを和らげることができます.

胸焼けソーダの治療における良い点

ソーダを使って調理した商品は、ほぼ毎日食べています。それは贅沢さと軽さのためにパイ、クッキー、パンケーキとパンに加えられます。したがって、各主婦はこの便利な製品のパックを持っていなければなりません。

胸やけソーダの治療は、他の手段にも多くの前向きな側面があります。:

  1. ソーダ安価な手段。
  2. 彼女はいつも手元にいます。
  3. ソーダはほんの数分で、非常に素早く不快感を取り除きます。

一見したところ、重炭酸ナトリウムは本当に食道での燃焼に欠かせない治療法です。しかし、通常の状態では、人々はこの症状に苦しむことはめったにありません、そして、妊娠中の女性では、特に第2学期と第3学期にそれが非常に頻繁に起こります。したがって、このツールを適用する前に、長所と短所を比較検討する必要があります。

胸焼けにソーダを使用することの短所

ソーダと酢酸の間の反応が「急冷」の間にどのように見えるかを私達全員が非常によく覚えています:ふわふわした泡立つ泡が形成されます。これは二酸化炭素の形成から来る、それは泡の中にいるのは彼である。このガスは食道を刺激し、やはり胸焼けを引き起こす可能性があります。通常の状態では、括約筋は塩酸の再放出にうまく対処するかもしれません、しかし妊娠の間にこれは食道のもう一つの灼熱感につながります。

おもしろい立場にある女性の胸焼けのためのソーダは最善の解決策ではないことがわかりました。また、まだ全体があります 妊娠中の女性がソーダを乱用してはいけないという理由によるいくつかの理由:

  1. 酸のリバウンド - 25〜30分で胸やけを繰り返す。
  2. ソーダの一部であるナトリウムは、ふくらんでいます。
  3. 重炭酸ナトリウムを頻繁に使用すると、腸壁が刺激されます。
  4. 化学反応中に形成されるナトリウム塩は、大量に心血管系に悪影響を及ぼす。

ソーダはそんなに無害な製品ではないことがわかりました。 子供を抱えている女性は、胸やけを伴うソーダの服用を中止し、有害性の少ない薬と交換する必要があります。。例えば、ヘザーやヤローの煎じ薬。

生まれたばかりの子供の健康を確実にするために、薬や不正な手段による治療を乱用しないようにしてください。胸焼けが非常に痛い場合は、それから最高の 医者に相談する。彼はあなたにもあなたにも赤ちゃんにも害を及ぼさない望ましい薬物についてあなたに助言します。

妊娠中の女性を傷つけることはありません胸やけのための民間療法。食道で燃焼することからのハーブの薬用煎じ薬。胃酸を減らすのを助けることができるハーブティーレシピ - http://razvitie-krohi.ru/beremennost/problemyi/narodnyie-metodyi-lecheniya-izzhogi-bezvrednyie-dlya-beremennyih-zhenshhin.html

ソーダについての3つの神話

こんにちは女の子!今日、私はどのようにして体調を整え、20キログラムを失い、そして不気味な太った人々の複合体を取り除くことができたのかをお話します。私はその情報があなたに役立つことを願っています!

最初に私達の資料を読みたいですか?テレグラムチャンネルを購読する

妊娠中のソーダ:その利点と害

恐れることなく、ソーダの将来の母親は、歯痛、歯周病で口をすすぐためのツグミのための民間療法として使用されるべきです。角質、角のある足のためのトレイを作るのも便利です。このような製品の使い方はとても便利です。

胸やけについては、その発生の過程を理解することは生理学を深く掘り下げる価値があります。女性の成長している子宮は、すべての近隣の器官を圧迫します。胃は上方に移動し、食道およびそれらの間に位置する括約筋に圧力を加える。そして妊婦の体内のホルモンレベルの変化も消化の過程に悪影響を及ぼします。これはまた括約筋を弱め、そして胃からの食物は時々食道に戻り、そして将来のお母さんに胸焼けの感覚を現します。つまり、その発生の原因は影響を受けませんが、症状の緩和は受け入れ可能なオプションです。

重曹はしばしば胸焼けと戦うために健康な人々によって使用されます。その塩基が重炭酸ナトリウムであることを誰もが知っているわけではありません。はい、この物質は完全に無毒であり、それ自体は女性と赤ちゃんにとって有害で​​はありません。しかし!ソーダが胃に入ったとき、それは塩酸と相互作用します。その影響下で、重炭酸ナトリウムは塩、二酸化炭素および水に変換されます。そう、ソーダを飲むことはほんの数分で、とくにこの商品がすべての家庭にあるので、すぐに胸やけに対処するのを助けます。しかし、20〜25分で胸焼けはあなたに新しい波を感じさせることができます。結局、解放された二酸化炭素は食道を刺激します、これは妊婦の胸焼けの新しい試合を説明します。セラピストはこの効果を酸の反発と呼びます。そしてそれはソーダを使うときだけ可能です。

妊娠中に胸やけが起こるのはなぜですか?

根本的な原因についての情報を持っている、それは病気を克服するために常に簡単です。したがって、ソーダ治療を非難する前に、妊娠中に胸やけを引き起こす要因を思い出しましょう。

第2学期と第3学期の多くの女性は、特に食事をした後に灼熱感を感じ始めます。公平なセックスの現代の代表者は彼ら自身の健康の問題で非常に進んでいる、それで彼らは彼らの栄養価の高い食事からすべてのスパイシーな料理を排除して、適切な食事を保つことを試みている。しかし、たとえすべての予防策にもかかわらず、彼らが燃えるのを避けることができることはめったにありません。さらに、問題はただ発生するのではなく、その強度はますます高まっています。

この疾患の出現は、2つの理由で説明できます。

  1. 子宮は大きくなり始め、それによって内臓を圧迫します。そのような生理学的変化は胃の変位をもたらし、その結果として食道および食道括約筋に圧力が生じる。
  2. 妊娠中のホルモン調整は、消化器系の筋肉の機能にリラックス効果をもたらします。

ソーダの効能・禁忌

ソーダの作用機序は、それが胃に入ると食道を刺激する過剰な塩酸を中和することです。これは、ソーダが活発に酸と反応するアルカリ性化合物であり、同時に中和が起こり二酸化炭素が形成されるという事実による。この主な行為から、大きな禁忌と副作用が生じます。

副作用は非常に多くの場合、この方法はほんの数分または数時間で症状を取り除くことです。それから、彼らは戻ってさらに強くすることができます。これは、食道の粘膜に対する二酸化炭素の泡の刺激作用によるもので、これは同様の症状を引き起こします。またげっぷ、口臭、消化不良の形で副作用があるかもしれません。胃の中での塩酸の中和は、食物の不十分な消化および腸内での食物ボーラスの急速な排出をもたらし得、それは下痢を引き起こし得る。

妊娠中に胸やけのためにソーダを希釈する方法も過剰摂取を避けるために知ることが必要です。これは反射性の嘔吐を引き起こすだけでなく、血液の酸塩基組成のより深刻な侵害を引き起こす可能性があります。これは、膨大な量のソーダが腸に入り、そのすべてが塩酸と接触できるわけではないという事実によると思われます。その後、残りのソーダが吸収され、アルカローシスが起こるような程度まで血液の状態を乱すことがあります。呼吸が損なわれているので、これは非常に危険な状態です、血中の酸素の量と心血管系。調整するのは非常に難しいので、特に妊娠中は自分自身をこの状態にしないことが重要です。

家庭でソーダを使用する方法は、経口、すなわち水を含む溶液として内部でしかできません。そのような治療に対する禁忌は主に消化器系の病理学にあります。

急性腸感染症の症状または全身状態の障害が観察された場合、そのような治療は実施できません。つまり、健康的な女性だけができるのです。相対的禁忌もあります - 胃潰瘍の歴史、最近の消化管臓器手術。いずれにせよ、将来の母親のためにこのツールの安全性を確実にすることが必要であり、そしてそれ故にすべてが投与量の範囲内にあるべきです。

妊娠中の胸やけのためのソーダは緊急治療として使用することができますが、禁忌を考慮に入れ、主薬として使用しないことが必要です。症状はしばらくしてから再発することが多いので、将来的には特定の薬を服用することをお勧めします。

ソーダはどのように機能しますか?

一般に、ソーダは胸やけを防ぐ普遍的な治療法と考えられています。この道具は伝統医学の方法には適用されず、むしろ伝統医学の利点です。ソーダはその組成に有害物質を含まないという事実のために、それは牧場だけでなく料理を含む様々な目的に使用されています。ソーダの作用機序は非常に単純です。それが胃に入ると、酸を中和し、そこから不快な感覚が生じます。この方法の唯一の欠点は、胸やけが再発するリスクです。実際、ソーダは酸を除去するだけでなく、胃液の量を増やすのにも役立ちます。

ソーダは妊娠中に使用できますか?

ソーダについての多くの質問があるという事実にもかかわらず、このツールは口をすすぐために、歯と歯茎の炎症を取り除くために、ならびにツグミを治療するために何の心配もなく使用することができます。さらに、トウモロコシやトウモロコシから節約する足浴は非常に便利です。

胸焼けの除去に関しては、この場合、妊婦の体内でのその出現に寄与する要因を考慮する必要があります。この間、子宮は非常に強く成長し、徐々に多くの内臓に圧力をかけ始めます。この場合の胃も例外ではなく、徐々に上昇して食道に圧力をかけ始めます。また、括約筋に圧力がかかり、胃と食道が隔てられます。同時に、ホルモン調整による消化過程のいくつかの障害があります。この要因はマイナス効果もあり、括約筋を弱くします。このような状況では、胃からの食物が食道に戻り、胸焼けが起こります。したがって、子供の誕生前にこの場合に胸やけの原因を排除することは単純にうまくいきません。したがって、対症療法のみが女性を助けることができます。

胸焼けの再現がこの技術の唯一の欠点ではないことは注目に値します。事実は、化学反応の結果として形成され、胃の中に残る塩が、将来のお母さんにふくらんでいるように見えるということです。さらに、このプロセスは体の心臓血管系に悪影響を及ぼす可能性があります。ソーダが腸壁の炎症を引き起こす可能性があるという事実を忘れてはいけません。その結果、消化プロセスが妨げられる可能性があります。

したがって、妊娠中の母親が胸焼けを除去するためにソーダを使用できるかどうかという質問に答えると、これを行うのは望ましくないと言えます。妊娠中の女性は、自分の体や胎児を傷つけないように特に注意する必要があります。そのため、危険を冒さない方が良いでしょう。

胸やけにはソーダの代わりに何を使うのが良いですか?

胸やけが胎児に影響を及ぼさないことに注意すべきです。将来のためにママ胸焼けが大きな不便であるならば、それは助けを専門家に連絡することがより良いです。この期間中に独立して薬物を服用することは固く禁じられています。この場合の最も安全な手段はハーブの注入と煎じ薬です。妊娠中の女性は以下のレシピを使うことができます:

  1. ヘザーの注入 準備するためには、植物を30グラム取り、沸騰したお湯を注ぐ必要があります。その後、約20分待ってから緊張させます。得られた注入液は、胸やけの間に少しずつ飲めます。
  2. ヤロー あなたはまた、この植物から一杯の熱湯で約20グラムの草を注ぐことで、注入をすることができます。注入は1時間立つべきです、そしてそれは各食事の前に大さじで取ることができます。
  3. カラムス根 20グラムの根にもコップ1杯のお湯が入っていて、その後30分間注入します。次に、注入がフィルタリングされ、あなたは各食事、2杯の前にツールを服用する必要があります。

胸やけの予防には、ソバシリアルの定期的な使用が有効です。このクループは消化過程を刺激し、括約筋が弛緩するのを防ぎます。

ソーダに代わるものとして、Rennie、Maalox、Gaviscon、Almagelなどの妊娠中の薬に安全な処方が多いです。もちろん、これらの薬はまだいくつかの副作用があります。主な結果は便秘の発生です。実際、これらの製品にはアルミニウムとカルシウムの塩が含まれているため、腸閉塞につながる可能性があります。便秘は原則として妊娠中の女性に非常に一般的であるという事実を考慮すると、状況を悪化させることは推奨されません。頻繁な便秘は不快感を引き起こすだけでなく、痔核の発症にもつながることを覚えておくことは重要です。

極端な場合に胸焼けにソーダを使用する

胸やけの治療薬や薬がない場合、極端な場合には、妊婦の胸やけにソーダを使用することが許可されます。ただし、この場合、ソーダを頻繁に使用した結果はあまり快適ではない場合があることを覚えておく必要があります。

  1. 第一に、女性は腎臓の問題、ならびに泌尿器系の問題を経験するかもしれません。これはソーダが血液のアルカリ化を刺激するという事実によるものです。
  2. 第二に、ソーダを頻繁に使用すると心臓や血管の働きに悪影響を及ぼす可能性があります。深刻な疾患は消化器系、特に腸で発生する可能性があります。

妊娠初期に胸やけがある場合は、パニックにならないでください。この場合は、そのような症状が一般的です。ほとんどすべての女性が同じような感覚を持っています。胸焼けはどういうわけか子供の髪の毛の成長に関連していると多くの人が信じていますが、これは偏見に過ぎません。唯一の本当の理由は、胎児の増加、そしてそれ故に、子宮の増加です。胸やけがひどい不便を引き起こす場合は、適切で安全な治療法を見つけるように医師に依頼しなければなりません。

ソーダ用途と用途

胸やけの発作は、食道と胃の間の括約筋の崩壊によって起こります。

これに関して、塩酸は食道、のど、さらには口腔の領域に入る。この点で、灼熱感があります。

妊娠中のソーダは、ツグミ、歯肉の炎症、歯痛などの病気を取り除くのに必要です。

ソーダ液が足の角や角質を除去するのを助けます。

妊娠中に胸やけがある場合は、体内で何が起こっているのかを理解する必要があります。子宮の大きさの増大に関連して、全ての内臓に対するその圧力が増大する。

胃は食道や胃と食道の間の入り口を塞ぐ筋肉への圧力よりも少し高い圧力で混合します。

これに関して、腹部動脈に対する圧力が増加する。

卵子の受精後、ホルモン - プロゲステロンの量は増加します。 Он отвечает за эластичность стенки матки. Но этот гормон действует дополнительно и на стенки органов желудочно-кишечного тракта.

Все эти причины устранить до родов не возможно. Единственное, что можно сделать – это устранить негативные симптомы.

Применение соды для устранения изжоги используется достаточно часто. この製品は絶対に無毒であり、将来の母親や子供の健康に害を及ぼすことはできません。

ソーダの助けを借りて、あなたはすぐに胸焼けの症状を取り除くことができます。しかし、他の症状があります。ソーダが胃に入った後、それは胃液と反応します。

この反応の後、二酸化炭素が放出されます。しばらくして、胸焼けの攻撃が繰り返されます。これは、二酸化炭素が食道や胃粘膜を刺激し始めるという事実によるものです。

妊娠中のソーダニュアンス

妊娠中の胸やけのためのソーダは役立ちますが、この製品を使用することのいくつかのニュアンスがあります。

  1. 低血圧、めまい、頭痛、失神、吐き気などの追加の症状があるかもしれません。
  2. ソーダの定期的な使用は体のアルカリ化につながります。体内に酸塩基バランスの違反があります。
  3. 心血管系に問題があります。
  4. 妊娠中、ソーダを使用すると体内に水分が貯まります。これに関連して、腫れのリスクが高まります。
  5. 胃液の不足は微生物の危険につながります。
  6. ソーダを頻繁に摂取すると、体内の毒性や、体内の炎症過程を引き起こす可能性があります。

妊娠中には、ソーダの使用は、消化管の臓器の崩壊につながる可能性があります。これは、鼓腸、鼓腸、口からの不快な臭いとして現れることがあります。

酸性度の低下に関連して、慢性胃炎に罹患する危険性は徐々に高まります。

食物は通常胃で消化することができず、徐々に停滞過程の出現をもたらします。

重さ、膨満感、便秘感があります。妊娠中、そのような症状は非常に望ましくありません。

つまり、妊娠中のソーダの使用はできるだけ望ましくありません。このソーダに関連して、できるだけ慎重に取られるべきです。または他のリハビリ療法を優先してください。

妊娠中に、胸焼けを解消するためにソーダなどの製品を飲むことは、専門家に相談した後にのみ可能です。

妊娠中の女性の悪影響

ソーダを服用することは、他に選択肢がないときに、緊急の必要がある場合にのみ必要です。しかしこの場合でも、投与量を最小限に抑える必要があります。

あるいは、ソーダなどの物質を薬や伝統的な治療法に置き換えます。

良い選択は温かいミルクのガラスです。しかし、妊娠中のいくつかのケースでは、女性は胸焼けまで待つことを望んでいません。そしてソーダを牛乳と一緒に使うとき、彼らはそれを排除します。

ソーダの過剰摂取はそのような問題や身体の障害を引き起こす可能性があります。

  • 酸 - 塩基バランスに問題があります。
  • 心血管系の崩壊
  • 呼吸器疾患が発生します。
  • 吐き気、さらには嘔吐。

胃腸管の疾患、循環器系、腎臓、最近の手術または激しい浮腫の存在下でソーダを飲むことは固く禁じられています。

胸やけのためにソーダを飲む方法

妊娠中は、ソーダを正しく摂らなければなりません。子供を産むとき、ほとんどすべての女性が胸焼けの症状のような問題を抱えています。

これらの症状が消化管の疾患の存在または頻繁なストレスの多い状況が原因で発生しているかどうかを調べる必要があります。

ソーダなどの物質を使用することによる悪影響を軽減するためには、水ではなく牛乳と一緒に服用する必要があります。しかし、牛乳は暑くも寒くもないはずです。

室温で最高。この薬は「おなかがすいた」胃にのみ必要です。そうでなければ、結果は反対になります。胸やけの発作が強く表示されます。

ソーダなどの製品を胸焼けに使用する2つ目のルールは、受信頻度です。頻繁に服用することはお勧めしません。日当の最大額は1日2回を超えてはいけません。

他の手段が使用できないか、単に手元にない場合は、緊急時にソーダを適用する必要があります。

次のレシピ、胸焼けの攻撃を排除するのに役立ちます。これには、小さじ1杯のソーダ、酢、お湯が必要です。ソーダは酢で消す必要があります。

それからこの暑い混合物を水と混ぜ合わせます。妊娠中、この割合は2倍になることがあります。

何が置き換えることができます

  1. ミネラルウォーターそれが非炭酸であることは重要です。水は食道壁から塩酸を洗い流すのを助け、それによって胸やけをなくします。
  2. カモミールの根、イカ、ヘザーのチンキ剤は、炎症過程を解消するのに役立ちます。
  3. ひまわりの種妊娠中はいつでも一緒に携帯することをお勧めします。彼らは迅速かつ効果的に胸焼けの攻撃を排除するのに役立ちます。あなたはクルミやアーモンドナッツとそれらを置き換えることができます。それらはさらに酸 - 塩基バランスを正常化するのを助ける。
  4. カシ。胸焼けのシリアル使用に適しています。例えば、オートミール、そば、セモリナ粉などがあります。唯一の制限は特定の製品の個々の不寛容です。さらに、シリアルは、胃液の産生を正常化し、胃壁を効果的に包み込むのに役立ちます。これは、びらんや潰瘍の発生を防ぐのに役立ちます。
  5. ヨーグルトあなたはあらゆる乳製品の助けを借りて胸やけを排除することができますが、この特定の製品は妊娠中の女性に最もよく吸収されます。

胸やけは不快な症状です。あなたはさまざまな薬の助けを借りてそれを排除することができますが、それは伝統的な方法を使用するのが最善です。

妊娠中の胸やけの原因

ほとんどの場合、それは空腹時または食物に間違いがあった後に発生します(すべての妊娠中の女性のためにこれらは料理のいくつかの特定のレシピです)。酸性の胃内容物が食道に投げ込まれるために現れます。通常、私たちは括約筋(円形の筋肉)が胃と食道の間の通路を確実に閉鎖し、食物が一方向にのみ入るので、我々はそのような問題に直面しません。しかし、妊娠中の女性は積極的にホルモンプロゲステロンを生産します。彼は平滑筋を弛緩させるので、女性は問題なく子供を産むことができます。しかしホルモンの効果は子宮の筋肉だけでなく他の臓器、特に胃腸管にも及んでいます。

それはまた胸やけや胎児が絶えず成長しているという事実、そして拡大した子宮が全ての臓器を上に移動することにも寄与する。したがって、過密胃からの食べ物は食道に入る傾向があります。

妊娠中にソーダを使用することは可能ですか

それが常に手元にあるので、胸焼けの場合には私たちのほぼ一人一人が重曹をつかみます。このレシピは私たちの祖母でさえも治療するのに使われます。しかし彼女は安全ですか?より詳細に分析します。ソーダは重炭酸ナトリウムです。その最も単純な形式では、それはまったく無害です。安全で効果的な洗剤だけでなく、さまざまな製パンレシピでそれを使用しています。

胸やけを解消するために、ソーダを水で希釈するのが一般的です。胃に入ったこの溶液は、塩酸(胃液の酸性度の原因となる物質)を中和します。この反応の結果として、塩化ナトリウム(単塩)および炭酸が形成される。後者は非常に不安定な化合物であり、直ちに水と二酸化炭素の生成と共に分解する。これが全体の問題です。二酸化炭素が蓄積し、胃を破裂させます。胃は、赤ちゃんが入っている状態ですでに子宮から圧迫されています。それに応じて、より多くの塩酸が放出される。そして胸焼けがまた現れる。これは悪循環です。ちょっとした安らぎは、胸焼けのさらに強いフィット感への道を与えます。

そしてまれに - しかし適切に

しかし、結局のところ、誰もが胸焼けが耐えられず、手持ちの薬がないという状況になる可能性があります。ソーダ液はすべての台所にあります。レシピはとても簡単に準備できます。

  • 小さじ1杯の重曹、
  • 水100ml
  • ナイフの先端にあるクエン酸。

ソーダはガラスの中でクエン酸と混合し、上に水を注ぐ必要があります。徹底的に混合した後、溶液は小さな一口に飲まなければならない。効果は、もちろん、非耐久性です。したがって、救済が来た直後に、より効果的な手段を探すことは価値があります。

妊娠中の胸やけのためのソーダは緊急治療としてのみ許容されます。

胸やけのための安全な家庭薬

ソーダ液を飲む前に、他のレシピを試す価値があります。それは役に立つかもしれません:

  • にんじんまたはジャガイモジュース(作りたての)、
  • ゆでそば
  • 温かいミルク(一口)、
  • ひまわりの種やナッツ、
  • 非炭酸ミネラルウォーター。

妊娠中の胸やけに対処する他の方法

もちろん、最も信頼性の高い治療法は、特別な制酸剤を使用することです。これらはマグネシウムとアルミニウムの塩を含む薬です。それらは三重の効果を持ちます。

  • 胃粘膜を包み込み損傷を防ぐ保護フィルムを作ります。
  • 塩酸濃度を下げる
  • 食道括約筋の緊張を高める。

それらの中で最も有名なのは、Almagel、Phosphalugel、Renny、Gastal、Maaloxです。これらの薬はどんな薬局でも見つけることができます、彼らは処方箋なしで利​​用可能です。

これらの薬を使用する前に、医師に相談してください。

不快感を避ける方法

胸焼けの治療から恩恵を受けないためには、まず第一に、栄養を確立する必要があります。あなたが他の製品を食べる前に、考えてみましょう:それはあなたの赤ちゃんにいいのですか?

食べられないもの

  • 揚げ物、脂肪分、燻製物、塩味のもの。妊娠中はそのような料理を拒否するのが良いでしょう。彼らは酸味の増加を引き起こすだけでなく、吐き気も引き起こします。
  • 可能な限りすべてのスパイスを制限する。いくつかのスパイスが胸焼け(生姜、ウコン、シナモン)に役立つことができますが。
  • ファーストフードや他の屋台の食べ物:巨大な脂肪分に加えて、この食品は通常疑わしい品質のものです。
  • 炭酸飲料と店のジュース。それらの中のビタミンは非常に少ないですが、彼らは簡単に酸性度を増加させます。
  • お菓子や小麦粉製品。
  • 任意のアルコール飲料(さらには低アルコール)。彼らはあなたの子供を傷つけるだけでなく、胃粘膜を傷つけます。

妊娠中の女性の食事には、できるだけ新鮮な季節の野菜や果物、シリアル、ゆで赤身の肉が含まれるべきです。タイムとメリッサの入った緑茶を飲み、毎日ナッツを食べるのが便利です。

あなたは少しずつ(5〜6回/日)小分けに食べる必要があります。食品はよく熱処理され、室温に冷却されるべきです。食べた後は、胃から食べ物が戻ってこないようにするために、少なくとも30分は直立することをお勧めします。

また、運動活動を忘れないでください。小さな均一な身体活動は、体のすべての筋肉を良好な状態で支えます。これは胸やけの発生を防ぐだけでなく、出産のために女性を準備します。

ヘッドエンドを上げて妊娠をよりよくしましょう。これを行うには、いくつかの枕を取るか、特別なマットレスを注文することができます。

妊娠中にソーダを飲むことが可能であるかどうかについての正確な意見はありません。しかし、最初はもっと良性の方法を使うのが良いでしょう。あなたの医者が助言した薬を常にあなたと一緒に持ち歩くようにしてください。いずれにせよ、それはあなたに不便を与えるが、胸焼けはあなたの赤ちゃんを傷つけないことを忘れないでください。そして、出産後、あなたはまったく彼女にさよならを言うでしょう。

Loading...