人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

授乳中のビート

母体の栄養は母乳育児の重要な側面です。この期間中、あなたはパン粉のために潜在的に危険な食べ物を避けて、慎重に食事療法のために製品を選ぶ必要があります。母乳育児が非常に物議を醸す製品であるときのビート。一方では、野菜はビタミンや繊維が豊富で、女性には有用であり、他方では、明るい色彩と下剤効果が懸念を引き起こします。甲虫類は、GW期間中に授乳中の母親を許可されますか?子供に害を与えないように、それはどのような形でですか?

授乳時のビートの利点と害

GW期間中にママがビートを食べることを恐れているのには、主に2つの理由があります。

  • 顕著な下剤効果。
  • 鮮やかな赤い野菜色。

第一の点は、ビートの組成中に大量の繊維およびペクチンが存在することによって説明される。はい、ビートルートのサラダを食べたママは下剤効果を感じるかもしれませんが、この子は決して影響を与えません。野菜は体内で消化され、代謝産物だけが血中に入り、血からそれらは母乳に入ります。彼らは子供に腸の不調を引き起こさないでしょう。反対に、多くの女性は、適度な量のビートを定期的に摂取することで、乳児の疝痛を減らすことができると述べています。

多くの場合、出産した女性は、会陰で便秘、痔核、ひび割れや縫合などの問題に直面します。これらの病気はすべて、適時に腸を空にすることと正常な便を必要としますが、出生後に達成することは困難です。ビーツは、優れた天然の下剤として、不規則な便の問題にうまく対処しますが、HBでは多くの下剤は禁止されています。

2番目の点も心配の種ではありません。根菜が豊富である赤い色素は顕著なアレルゲンではありません。もちろん、アレルギーの危険性がありますが、これはむしろ特定の子供の個々の反応です。新生児の不要なアレルギーを防ぐために、母乳育児の最初の月にはビートを食べないでください。

さて、赤い根についての神話が払拭されるとき、人は母乳育児の間に他に何があるかに注意を払うべきです。

  • 野菜中の鉄分は貧血の予防になります。
  • ヨウ素は甲状腺の正常な機能を保証します。
  • グループB、C、Eのビタミンは、お母さんが若さと美しさを保ち、出産後の体の回復に参加し、ウイルスや感染に対する体の抵抗力を高め、血管を強化するのに役立ちます。
  • マグネシウムは代謝過程に関与しており、心筋の安定した働きにも必要です。

ビートはビタミンやミネラルの優れた供給源であると同時に、優れた天然の軽い下剤でもあるという事実から、母乳育児に非常に有用であると言えます。

しかし、HBsのビートを食べることは各子供が異なっていてアレルギー反応がまだ可能であることを忘れないで、慎重にされるべきです。

どのビートを好むか - 生または煮

母親の食事に含まれるすべての生野菜はパン粉の中で疝痛とガスを引き起こす可能性があるので、GWは煮ビートを食べる方がましだ。あなたは煮野菜からサラダを作るか、またはそのようにそれを食べることができますスライスに切る。野菜の煮込みや煮込みにビートを加えるのもいいでしょう。ホイル根菜で焼いたものは、若い母親にとっても役に立つでしょう。

生のビートは、それが根の慎重な処理を必要とするという理由でも推奨されません。それは徹底的に野菜を洗う必要があります、皮を切ります。胎児の表面の不当な治療が細菌や汚れのままになる可能性がある場合、一度腸内に入ると、重度の中毒や寄生虫による感染を引き起こします。

授乳母スープ

あなたはGWでボルシチを食べることができるかどうかママがよく尋ねます。もちろんできます!ボルシチやビーツのスープは、子供に害を与えることなく、ボリュームたっぷりで美味しい食事をする絶好の機会です。ビートに加えて、また慎重に選択する必要があるさまざまな野菜や肉があります。肉は低脂肪の品種でなければならず、野菜は缶詰ではなく、新鮮に使われるべきです。すべての成分がよく調理されているという事実のために、子供は疝痛に脅かされていません。 GWではボルシチを調理するニュアンスがいくつかあります。

  • あなたは脂肪を追加することはできませんし、スープの脂肪肉を選ぶことはできません。
  • ボルシチに野菜を加える前に、それらを煮すぎないことがより良いですが、少し加えられた植物油でそれらを煮込んでください。
  • あなたは辛い調味料とニンニクを追加することはできません。
  • あなたは10%以下の脂肪分のサワークリームでボルシチを満たすことができます。

ビートジュース

フレッシュジュースの形のビートはできますか?この質問は若い母親にも起こります。誰もがその純粋な形で野菜を食べるのが好きというわけではありません。特定の製品の恩恵を受けるために、一杯のジュースを絞って飲む方が速い場合があります。このような場合は、簡単な方法ではいけません。自分の食べ物を見守っている授乳中の母親は、ビートルートを含むすべての絞りたてのジュースを含む危険な食べ物を消費してはいけません。物質の濃度が高いため、ジュースは女性の消化に悪影響を及ぼす可能性があり、子供にアレルギーを引き起こす可能性が高くなります。

何人のビートが授乳ママになれるか

お母さんが初めてビートルートを食べるのであれば、その部分はごくわずかです - 30-40 g(煮野菜のスライスを数枚)。食べた後、それは48時間以内に赤ちゃんと彼の健康状態を観察する必要があります。否定的な反応がない場合は、一日あたり100〜200グラムに食べるビートの量を徐々に増やすことができます。

ビートは誰が禁忌です

赤根作物は利益とビタミンの貯蔵庫であるという事実にもかかわらず、それを使わないほうがよい人がたくさんいます。

以下の場合、ビートは食べられません。

  • 授乳中の女性や生まれたばかりの赤ちゃんは、野菜に対する食物アレルギーを患っています。
  • お母さんは肝臓や胃の病気にかかっています。
  • 泌尿器系や腎臓の病気があります。

母乳育児中は、健康で安全な製品だけを選んで、食べ物に夢中になる必要があります。子供に害を与えないためには、適度に少しずつ観察してビートを適切に調理すれば十分です。この場合、母親も赤ちゃんも根菜から恩恵を受けるでしょう。

授乳中の母親はビートできますか?

人類は長い間、茶褐色の根に精通しており、ミネラルとビタミンが豊富に含まれていることを高く評価しています。野菜に含まれている生物学的に活性な物質は、体が食物の加工において働くのを助けます、そして、軽い殺菌効果は有害なバクテリアと戦うのを助けます。大量の鉄は多くの病気に対処することを可能にします、そして貧血で、ビートは本当の万能薬になることができます。固形分のヨウ素は、甲状腺の周期的な機能を保証し、内分泌系の崩壊を防ぎます。医学の創始者であるヒポクラテスは、ビートルートと呼ばれる本格的な医薬品の一種で、根菜類を癒しの手段として広く使用していました。子供の消化器系はこの製品の過剰な摂取によって混乱する可能性があるので、これは母乳で育てるときビートを食べることが可能であるかどうかという問題を常に提起します。合理性を観察することは悪い結果を恐れることはできません。

授乳中のビート

母乳育児中にビートを摂取すると、赤ちゃんの健康状態が悪化する可能性があると多くの人が心配しています。この偏りは、授乳中の赤い食べ物がアレルギー反応を引き起こすという保証に基づいています。何世紀も前の人気のある経験は、一般的に、赤色が製品中の攻撃的な物質の存在を確認していると言っています。しかし、ビートは幸せな例外であり、看護婦の食事療法の主な製品である可能性があります。しかし、すべてが薬であり、すべてが毒であるという古代の知恵を忘れてはならない、主なものはプロポーションを尊重することです。過度の狂信は予期せぬ結果につながる可能性があります。少量の煮ビートは、女性のミルクを有用なミネラルやビタミンでより飽和させることができます。

重要です。ゆでビートを食べることは可能であるだけでなく必要です。主なことは、正しく学び、用量を選択し、そして食事をより多様にすることです。

母乳育てるときは何ヶ月からビートができるか

どんな栄養士でも、授乳中の母親の食事を選ぶときには、ビートを使うという疑問に対して常に肯定的な答えを出しています。しかしながら、この期間中に製品は常に専ら煮て使用されるべきであることを予約するべきである。赤ちゃんに害を与えないために、いくつかの簡単な規則に従う必要があります。

1.最も健康的な食品でも病原体を運ぶ可能性があるので、常に慎重に野菜を選択してください。

2.悪影響を避けるために、食べる前に必ず根菜を煮てください。

3.赤ちゃんの免疫システムは深刻な検査の準備ができていないので、ビートを食べ過ぎないようにしてください。

4.母乳で育てたビートサラダは、少量の未精製オリーブオイルで味付けするのが一番です。

赤根野菜は、子供の年齢に関係なく食べ物に使用できますが、栄養の合理的な規範を厳守する必要があります。

母乳育児時に便利なビートは何ですか

最後の疑問を取り除くために、ビートの良い特性をもっと慎重に検討する必要があります。それは女性と子供の健康を増進することができます。ママの組織は微量元素やビタミンを大量に摂取しています。鉄分の多い製品は十分な量のヘモグロビンの産生を刺激し、それは貧血を発症させません。自然の状態にあるので、体内に入るすべてのビタミンと微量元素は正確に組織の構築に必要とされるそれらの線量で吸収されます、そして人工的なものの使用は過剰摂取と関連した危険な状況によくつながるかもしれません。

ヨウ素を受け取ると、甲状腺の機能不全に関連する問題を防ぐことができます。少量のニンニク入り煮ビートは、病原性微生物に対する優れたバリアとなり、体の抵抗力を劇的に向上させるのに役立ちます。多くの人々はそれが大人の体に下剤効果があるのでビートルートを使用することを恐れています。しかし、実務経験によると、赤ちゃんにとっては、消化器系の正常化を刺激する役割を果たしています。

重要です。母親の食事の中で正しい量のゆでビートを摂ると、赤ちゃんの便秘を和らげ、消化管の働きを良くすることができます。

母乳で育てるとき、栄養の問題は常に非常に深刻です。予期しない結果が起こる恐れがあるため、自分自身や子供を制限しないでください。食事療法を変えることによって、母親は彼女の赤ちゃんの体を正しく形作るのを助けます。すべての食品を持ち込むようにしますが、比率を厳守してください。激しい痛みやアレルギーが現れた場合は、最も攻撃的な製品を除外するか、その量を減らすべきですが、ビートや他の栄養素の使用を完全に放棄するべきではありません。幼い頃から子供に豊かな食事を教えることが必要です - この場合、彼は健康で強く成長します。

メリットと禁忌

ビートの有用な性質:

  1. 低カロリー - 40 Kcal、確かに体重を減らしたい女性にはお勧めです。
  2. それは体に軽度の下剤効果をもたらします。多くの授乳中の母親にとって、便秘のトピックは重要です。ビート - 椅子の違反を防ぐための手段の一つ。その定期的な使用は腸の働きを正常化します。あなたはお母さんが食べている赤ちゃんのビートの体に、下剤効果がないことを知っておくべきです。したがって、この場合の乳児の下痢や脱水症は脅かされません。
  3. 根にはたくさんの繊維があり、それが腐敗細菌やスラグから私たちの腸をきれいにします。
  4. 食事に野菜を定期的に含めると、血中のコレステロール値が下がり、血圧も正常化します。
  5. ビートルートは、お気に入りの肝野菜です。肝臓の濾過機能はビート物質ベタインの作用下で回復する。さらに、野菜は造血特性を持っています。
  6. 鉄分が多いと貧血が予防され、血中のヘモグロビンレベルが上がります。
  7. 葉酸は、脳と母親と赤ちゃんへの血液供給を改善するだけでなく、両方の神経系に有益な効果をもたらします。

ビートの有害な性質:

  1. 生の根菜類は大量に摂取すると下痢や脱水症状を引き起こすことがあります。
  2. 骨粗鬆症のビートは食べられません。それは体によるカルシウムの正常な吸収を妨げます。
  3. 大量のスクロース炭水化物(25%)は、この野菜を糖尿病患者に禁じています。
  4. ビートは胃、肝臓、腎臓およびその他の泌尿器系の臓器の病気には禁忌です。

「信号機の法則」にもかかわらず、明るいビート色素はアレルゲンではないため、HBVの禁止製品のリストから削除できます。

HBと一緒にビートを食べることができるのはいつですか?

それで、授乳中の母親はいつビートを食べることができますか?赤ちゃんの生後2ヶ月にビートの使用を延期することをお勧めします。これにはいくつかの理由があります。

  1. 根は新生児にアレルギーを引き起こす可能性があります。
  2. ビートのために、赤ちゃんは腸疝痛の発作を起こします。

母乳育児中の母親へのアドバイス:

  • 最初の月には、根菜類をまったく食べてはいけません。出産後2ヶ月でビートを食べ始める。
  • 初めて、大さじ1杯のゆでビートを食べる。日中はパン粉の状態を観察してください。
  • 生のビートを食べてはいけません。この製品は赤ちゃんの体には重すぎるため、消化器系の障害を引き起こす可能性があります。根菜を水でゆで、オーブンで蒸すか焼きます。
  • 生のビートジュースを飲まないでください。
  • 製品を乱用しないでください:ビネグレットやボルシチの形でビートを食べます。そこでは、彼の集中力は低いでしょう。
  • 純粋な形で100〜200グラムを超える野菜を1日に食べてはいけません。
  • サワークリーム、低脂肪ヨーグルト、植物油でサラダをドレスアップ。マヨネーズ、ケチャップ、その他のソースは使用しないでください。
  • 調理する前にすべての野菜をよく洗ってください。
  • さまざまな調味料を使用しないようにしてください。塩とベイリーフに限定してください。

授乳中の母親のためのビートレシピ料理

生後2ヶ月後にお勧めします。

原材料:中程度のビート1個、じゃがいも3個、小さなたまねぎ1個、小さなニンジン1個、肉の無脂肪スープ、ベイリーフ、塩

準備:(鶏胸肉、牛肉、またはウサギの肉から)事前に肉ストックを準備します。野菜をすべてきれいにしなさい。玉ねぎ、ポテト、ビートをさいの目に切る。粗いおろし金のにんじん格子。すべての野菜を沸騰しているスープに入れて、塩を加えて、ベイリーフを加えます。沸騰したら泡を取り除き、火を弱めてスープをふたで覆う。準備ができるまで消してください。

多くの人が興味を持っています、それはビートとキャベツで授乳中の母親ボルシチのために可能ですか?あなたはスープを調理することができて、そして白いキャベツを加えます。各新製品が別々に母親の食事療法に導入されたことは重要です。

生後5ヶ月後にお勧めします。

材料:中程度のにんじん1、ジャガイモ2、ビート1、玉ねぎ1、エンドウ豆の缶詰200グラム、植物油、塩。

準備:じゃがいも、にんじん、ビートを洗う。それらを均一に煮てください。すべての野菜を冷やして皮をむきます。立方体に切ります。野菜にエンドウ豆を加える。すべてを混ぜる。サラダを油、塩で味付けして、もう一度混ぜる。

サラダにニンニクを加えるのを好む人もいます。ニンニクでは、1つのことを除いて、赤ちゃんにとって危険なものは何もありません。スパイシーな香りが母乳に入ることができます。ニンニクをたくさん食べると、赤ちゃんは母親のミルクを完全に放棄することができます。

オーブンでビートを焼く方法についてのビデオを見る:

要約しましょう

HBと一緒に煮たビートは健康的な野菜で、ビタミンと微量元素が豊富です。残念なことに、出産後最初の2ヶ月間は、授乳中にゆでビートを食べるのは望ましくありません。赤ちゃんのおなかが膨らむ原因となるからです。子供の生後2か月目が過ぎると、母親は最初のコースだけでなく、ゆでビートのサラダ、ビーツのスープを食べることができます。

授乳中のビート

授乳中の母親の乳汁は、生後6か月以内に赤ちゃんの成長と発達に必要なものすべてを赤ちゃんに届けます。彼のおかげで、彼は栄養素、ビタミン、マクロ栄養素、微量栄養素を摂取しました。女性が赤ちゃんに良い栄養を提供できるようにするためには、食事を健康的で多様なものにしなければなりません。授乳時には、野菜をママのメニューに含める必要があります。そしてビートも通常例外ではありません。

母親の体に入る物質は、母乳の成分と栄養価に影響を与えます。

表:生根およびてん菜葉の栄養価

(表は、製品100 gあたりの算出物質数、および看護女性のための推奨1日当たり許容量のそれらの%を示しています)

ビート、ほとんどの野菜のように、低カロリー製品。これは、出産後に体重を減らそうとしている女性にとってプラスの面になります。比較的少量の水分と栄養素が含まれていますが、特に葉にはかなり多くの食物繊維が含まれています。

Таблица: содержание основных витаминов, макро- и микроэлементов в сыром корнеплоде и листьях свёклы и их польза для малыша и мамы

(в таблице указано среднее количество нутриентов, рассчитанное на 100 г соответствующего продукта, и их % от рекомендуемой суточной нормы для кормящей женщины)

  • необходим для роста и развития,
  • обеспечивает здоровье кожи и заживление повреждений,
  • 視覚機能をサポート
  • 生殖および免疫システムの必要性
  • フリーラジカルの作用から体を保護します。
  • 代謝に参加する
  • 神経系の機能を保障します
  • 老化プロセスを遅くする
  • 消化と心血管活動の必要性
  • 食欲を正常化します。
  • 神経系や消化器系に有益な効果があります。
  • 皮膚や粘膜を元通りにするのを助けます、
  • 酵素の形成に必要
  • 酸素の輸送に役立ちます
  • 目の健康に良い効果があります。
  • 消化にかかわる
  • 核酸やタンパク質を作るのに必要
  • 細胞の正しい成長と分裂を提供します。
  • 骨髄機能をサポート
  • 心血管系を保護します。
  • 血液凝固をもたらす
  • 小さな血管の壁を強化する
  • 炎症過程を抑制する
  • アレルギー反応を防ぐのに役立ちます
  • 鉄の吸収に必要です。
  • 血液凝固を調節します、
  • 代謝に参加する
  • 毒素から保護します。
  • 肌をきれいに保ちます
  • 血管の壁を強化する
  • 神経系を改善します。
  • 浮腫の形成を防ぐ
  • 心筋の収縮を正常化します。
  • 神経インパルスの伝達に参加する、
  • 代謝、浸透圧、水と塩のバランスを調整します。
  • 健康的な骨と歯を提供
  • 血液凝固および細胞分裂に関与する、
  • 心臓を含む筋肉の収縮に必要
  • 酵素やホルモンの形成に関わる
  • ストレスと戦うのに役立ちます、神経系に必要です。
  • 中枢神経系に必要
  • 代謝に影響を与える
  • 骨細胞の形成を調節します。
  • 消化にかかわる
  • 心血管系に不可欠
  • カルシウムとカリウムを吸収するのを助けます、
  • 保護抗体の産生を活性化します。
  • 代謝に参加する
  • 神経系に必要な、
  • 水と塩のバランスに関わっています。
  • 歯や骨の形成に必要
  • 代謝が必要
  • 神経系に影響を与えます
  • 酸塩基バランスを調整する
  • 細胞分裂に関わる。
  • 多くの酵素、ホルモン、赤血球の一部です。
  • 細胞への酸素の供給に貢献します。
  • 免疫システムに影響を与えます。
  • 造血に参加する
  • 神経系に必要
  • 体内のビタミンの活性をサポートします
  • 免疫に必要です。
  • 赤血球とヘモグロビンの合成に参加します。
  • 炎症過程を抑制するのに役立ちます
  • インスリン作用を提供します。

ビートがママと子供に与えるプラスの影響

ビートはかなりの栄養素を含んでいるので、その使用は母乳に有益な効果をもたらします。 ビートは根よりも成分が豊富です。この製品100 g中にはビタミンKが大量に含まれています(一日の需要の3倍)。ベータカロチンは標準から3/4の部分があり、レチノールとアスコルビン酸は4分の1以上、重要なカリウムの指標です。残りの物質も大量に含まれています。根には、体は葉酸とマンガン、そして他のビタミンと元素が必要です。授乳中の母親が牛乳とともにビートを摂取すると、赤ちゃんはたくさんの栄養素を摂取します。それらは彼の健康の維持に貢献し、そして女性自身の身体に有益に影響を与えます。

ビートには食物繊維が含まれています。

野菜の食物繊維のかなりの含有量は胃腸管に役立ちます。 繊維は、腸の蠕動運動(壁の収縮)を増加させるので、有益な微生物叢の発達に寄与し、便秘を回避するのに役立つ。

ビートを食べることの下剤効果はしばしば女性の体が入ってくる食物繊維にどのように反応するかに関連しています。製品のこの機能は、赤ちゃんにまったく影響を与えないかもしれません。しかし子供のための可能性のある悪影響を避けるために、あなたは大量に一度に野菜を食べるべきではありません。

てん菜には生物活性物質ベタインがあります。 このグリシンのトリメチル誘導体はトリメチルグリシンである。ベタインは肝保護作用を有し、すなわち、肝臓を保護し、それがその機能を果たすのを助け、胆汁の産生を増加させる。彼はまた、代謝、生化学的プロセスに参加し、DNAの適切な形成に影響を与えます。ベタインはホモシステイン濃度の補正に関与するため、ベタインは心血管疾患のリスクを軽減します。それは脱水から細胞を保護し、それは皮膚に有益な効果をもたらします。この特性は美容にその用途を見出す。ベタインが体内の癌細胞の形成を防ぐという証拠があります。

潜在的な害ビート

ビートのすべての利点で、子供たちがこの製品と非常に不愉快な症状の現れに反応するのは起こります。これは、野菜に対する個人の不耐性やその成分のいくつかに対する過敏性に起因する可能性があります。赤ちゃんの体には入ってくる物質を吸収するための消化酵素がまだないという事実が原因で、不耐症が起こることがあります。アレルギー反応は多くの場合、不安、皮膚の発赤、発疹、おむつかぶれ、粘膜の腫れ、およびまぶたによって現れます。子供は腹痛と鼓腸の増加を経験することがあります、液体の便に粘液の縞があります。ビートルートにはスクロースもあります。これは体内でフルクトースとグルコースに分解されます。一部の子供や大人では、これらの物質はアレルギー症状と同様の症状を引き起こす可能性があります。

ビートの成分の一部を消化するための酵素が不足しているので、赤ちゃんは腸の疝痛を持っているかもしれません。

野菜の栽培における悪質な生産者は、大量の肥料を使用しています。例えば、硫酸アンモニウムは、彼がすでに硫酸塩に対する不耐性を持っている場合、子供にアレルギー反応を引き起こすこともあります。そして根に含まれる過剰な量の硝酸塩は、一般的に、悪心、ゆるい便、腹痛および熱によって現れる中毒を引き起こす可能性があります。

母親が、ビートを食事に取り入れた後に赤ちゃんにネガティブな症状が見られた場合は、直ちに野菜の摂取をやめて、小児科医に相談してください。

ビートが自分の庭からでは​​なくテーブルにやってくるが店や市場で買われるとき、両親はその品質に注意を払うべきです。製品の安全性について疑問がある場合は、販売者にこの製品の適切な文書を提供するよう依頼することをお勧めします。

授乳中の母親ビートの食事にどのようにそしていつ導入できるか

多くのお母さんにとって、ビートルートはいくつかのサラダやスープの一部であるおなじみの製品です。しかし、母乳育児中に野菜を食事に入れるには、まだ慎重にそして徐々に行うべきです。赤ちゃんが完全に健康であるならば、彼は腸疝痛に苦しめられていません、それは彼の出生後最初の月に行うことができます。

ビートを彼らのメニューに導入するとき、看護女性は規則に従うべきです:

  1. 子供は野菜のサンプルの前に2週間以内に少しのアレルギー症状も持ってはいけません。
  2. あなたはほんの少しの量で製品を使い始める必要があります(約30 gのゆでビートまたは100 ml、例えばボルシチ)。
  3. メニューに複数の新しい料理をすぐに入力しないでください。そうでなければ、アレルギー反応が発生した場合、あなたは根本的な原因を理解することはできません。
  4. 2-3日以内にそれは赤ん坊を監視することが必要です。
  5. 赤ちゃんが気分が良ければ、その部分は徐々に増加します。
  6. 数日に1回のスープまたは1煮ビートのプレートで十分です。

赤ちゃんの生涯の最初の数ヶ月間は、生のままのビートを買わない方が良いでしょう。硝酸塩や他の有害な物質が含まれている可能性があるからです。 野菜を調理するとき、製品中のそれらの濃度は下がります。そして、それは子供にとって根菜類をより安全にします。あなたの庭からのビートの場合、あなたはその生の形でそれを使用することができます(少量のみ)。

授乳中の母親は、小さな断片から始めて、徐々にビートを彼女の食事に取り入れるべきです

もちろん、熱処理の間、いくつかの有用な物質は変化しないままであり、そしていくつかは失われるかまたはブロス中に残る。ビタミンA、D、E、Kは高温によく耐えます。しかし、ビタミンB群の4分の1とアスコルビン酸の半分以上が破壊される可能性があります。安全に残っているビタミン、ミネラル物質(カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、銅、マンガン)の一部はビートに残り、一部は煎じ薬に入ります。これは、損失を最小限に抑えるために覚えておくべきです。

ここに野菜を調理するためのいくつかのヒントがあります:

  • ビートをすでに沸騰している水に入れる
  • 食品の熱処理時間を短縮することが望ましい。
  • 根菜全体を調理または焼くよりよい方法があるならば、
  • ふたを閉じた状態で少量の水でビートを調理することをお勧めします。
  • 冷凍野菜は調理前に解凍しないでください。

調理済み食品の長期保存を避けることをお勧めします。まあ、それがストーブからテーブルにまっすぐ来るとき。食品を冷蔵庫にしばらく放置する必要がある場合は、できるだけ早くそれを冷却する必要があります。既製のビートを1日以上保存することはお勧めできません。

ビーツの葉ビート

  • 牛肉の部分
  • ビート1個、
  • にんじん1個、
  • じゃがいも2〜3個、
  • ビートは1束を残します、
  • いくつかのねぎの羽
  • 玉ねぎ1個、
  • コショウとベイリーフ
  • バター(バターより良い)
  • 味に塩

  1. ビーフスープを調理する。
  2. 野菜をむいて洗う。
  3. ビートはストリップにカットされています。
  4. ねぎの葉とねぎをみじん切りにします。
  5. ポテト、玉ねぎ、ニンジンをさいの目に切る。
  6. タマネギとニンジンはバターでわずかに褐色になりました。
  7. ジャガイモとビートをスープに入れ、準備ができるまで(15〜20分)煮込む。
  8. 次に、ビートの葉と野菜、にんじんと玉ねぎ、塩、こしょう、ベイリーフを加え、5分間煮る。
  9. 完全を期すために、あなたはビートルートビールを1時間与えることができます。
  10. サワークリームを添えて。

シンプルビーツのサラダ

  • ビート1個、
  • 味に塩
  • 砂糖小さじ1、
  • レモンジュース小さじ1、
  • 植物油(オリーブにすることができます)1杯。

  1. ビート、洗って、柔らかくなるまで皮をゆでます。
  2. それをはがして大きなおろし金をこする。
  3. 塩、砂糖、レモンジュースを加える。
  4. かき混ぜ、10分間放置してください。
  5. オイルを充填してください。サラダは緑で飾ることができます。

生ビートとキャベツのサラダ

  • ビート1個、
  • 白キャベツ150 g、
  • 植物油(オリーブにすることができます)大さじ1杯、
  • レモン汁大さじ1
  • 砂糖と塩を味わう。

  1. ビートをきれいにして洗う。
  2. 朝鮮人参のためにそれをすりおろします。
  3. キャベツをストリップまたは立方体に切り、塩で挽き、ビートと混ぜる。
  4. レモン汁、砂糖、植物油を加えて混ぜる。
  5. 新鮮なハーブで料理を飾ることができます。

ビートとアディゲチーズのサラダ

  • 1つの小さなゆでビート、
  • アディゲイチーズ50g、
  • 植物油(オリーブにすることができます)小さじ2、
  • パセリまたはディル1小枝、
  • 味にニンニク
  • 味に塩

  1. チーズ片を粉砕し、にんにくのみじん切りと混ぜる。サラダボウルの底に軽く塩をのせます。
  2. グリーンを挽く。半分脇に置いて、チーズを振りかけます。
  3. 調理し、皮をむいたビートは大きなおろし金をすりおろし、チーズの上に置きます。
  4. 植物油のサラダとハーブを振りかけます。
  5. 冷蔵庫に30分置いておきます。

ビートのサラダチーズ

  • ビートトップ200-300 g、
  • オリーブオイル大さじ1
  • にんにく1歯
  • 水2杯、
  • レモンジュース小さじ1、
  • 黒胡椒を味わう
  • パルメザンチーズ1〜2杯。

  1. ビートの葉を洗って切る。
  2. ニンニクを挽く。
  3. ニンニクをオリーブオイルで炒めます。
  4. そこにビートの葉を置き、大さじ2杯の水を注ぐ。 2-3分を消しなさい。
  5. 葉にレモン汁を振りかけ、チーズを振りかける。サラダは準備ができています。

ビート、もちろん、とても便利な野菜です。その使用中に、授乳中の母親は非常に多くの必須ビタミン、多量および微量栄養素を摂取することができるでしょう。同時にトップスは根自体よりも多くの栄養素を含んでいます。しかし、母乳育児中のそのような身近で貴重な製品でさえ、赤ちゃんに焦点を合わせて慎重に食事に取り入れるべきです。

ビートの性質

  • 授乳中の母親の消化器系の問題を解消します。
  • それは腸を清潔にし、体から有害な物質を取り除きます、
  • 肝臓や腎臓を安定させます。
  • 甲状腺の活動を正常化します。
  • スケルトンを開発し強化する
  • 圧力を上げる
  • 正常な血液形成を促進します
  • 体を強化し、貧血を助けます。

HBとビートを使用するための規則

  • 授乳中の母親の食事にビートを入れてから、生後3ヶ月以内には、
  • 小片で試し始め、2日間赤ちゃんの健康を観察します。悪い反応がなければ、安全に野菜を食べることができます
  • アレルギーや消化不良がある場合は、しばらくの間野菜を使用することはお勧めできません。 1か月後にもう一度試すことができます
  • 授乳中のビートを食べることは、煮る、焼く、または煮込むことしかできません。生野菜は幼児の体に攻撃的な影響を及ぼし、時には感染を引き起こします。生のビートは、出生後6ヶ月以内に食べることができます。
  • 慎重に野菜を選び、調理して食べる前にすすいでください。まあ、彼らが自分の庭から来たのなら。だからあなたは製品が危険な防腐剤や化学物質を含んでいないことを確認するでしょう、
  • ビートは、糖尿病や骨粗鬆症のある母親にはお勧めできません。
  • 定期的に、ただし少量で製品を使用してください。規範を超えると中毒につながるでしょう!

ビートルートのレシピ

授乳中の煮ビートは、授乳中の母親に最適な選択肢です。熱処理は体内での吸収過程を促進しますが、有用な特性を失うことはありません。

しかし、だれかが単にゆでビートを食べるようになることはまずありません。この野菜を使って調理できるものを見つけましょう。

ナッツとプルーンの焼きビート

生のビート、プルーン、クルミ、アーモンドが必要です。ビートの皮をむき、輪切りにする。材料ビートプルーンナッツを交互にしながら、ホイルで包む。クルミを使用する場合は、製品を事前に挽きます。 10〜15分間焼いて、フォークまたはつまようじで準備状態をチェックします。

ビートサラダ

調理には、チーズ、ドライアプリコット、クルミ、ビートを用意しています。ビートを調理し、チーズと一緒に小さな立方体にカットします。ナッツと干し杏子を加える。ところで、ドライアプリコットや他のドライフルーツは授乳中に非常に有用で栄養価が高いです。ナッツは、以前はお湯に浸した方が良いです。サラダはわずかに塩をつけそして少し脂肪のあるクリームで満たすことができる。

ビートと肉のサラダ

赤身の鶏肉や七面鳥を肉​​として使う。肉を煮て立方体に切る。ゆでビート、ゆで卵、にんじんも切る。浸したクルミとレーズンを加える。あなたは肉のサラダを低脂肪のプラムやプレーンヨーグルトで満たすことができます。

卵の使用に注意してください、1日あたりのたった1つのゆで卵を食べてください、1週間あたりの最大量 - 2個。ウズラの卵はより安全で栄養価が高いと見なされます。どのような卵の看護ママを食べるには、ここを読んでください。

ぬいぐるみビーツ

米と蒸気レーズンを調理します。肉汁は、大さじ1杯の低脂肪クリーム、小さじ1杯の砂糖、小さじ1杯のバターを用意してください。ビートを調理して芯を取り除き、中にレーズンと混ぜたご飯を加えます。

肉汁を注ぎ、180度で15-20分焼く。母乳育児の際には珍しくて便利なレシピがメニューを多様化し、おいしいセカンドコースになります。

ビートキャビア

そのような料理を準備するには、煮込んだビートを細かいおろし金でこする必要があります。鍋に、大さじ1杯の植物油、小さじ1杯のレモン汁を注ぐ。塩と砂糖を少し加え、15〜20分間煮込む。

スカッシュキャビアもおいしいと健康的な料理になります。ズッキーニは母乳育児中に最も安全な野菜で、生後1週間で食べることができます。また、ズッキーニ - ビタミンとエネルギーの本当の供給源!

HBと一緒にビートを食べることは可能ですか?

ロシア料理のあずき色の根菜はおなじみの、手頃な価格で安価な材料です。多くの人々はビートが腸をきれいにし、体から有害な物質を取り除くことができることを知っています。しかし、その有用な特性はそれだけではありません。

ビートはビタミンの本当のパントリーと見なすことができます。

  1. A:肌の状態、髪の毛に影響を与え、視力を改善します。
  2. ビタミンB群:複雑な効果があります(消化を改善し、砂糖、脂肪、コレステロールのレベルに影響を与え、強度を回復し、体を強化し、免疫力を高めます)。
  3. C:風邪を克服するのを助け、免疫システムをより強くし、うつを克服するのを助け、楽観的な気分を作り出す。
  4. E:妊娠や出産後に体を回復させ、女性のホルモンの背景を正常化するのに役立ちます。

大量のビタミン - ビートの唯一の利点ではありません。その繊維は人間に必要な多量栄養素を染み込ませています。ビートで利用可能な7栄養素は、女性と子供たちの健康と幸福に有益な効果をもたらします。

  1. 骨や歯の組織を強化する(カルシウム、マグネシウム、リン)。
  2. Влияние на работу сердечно-сосудистой системы, нормализация давления (калий, магний, натрий).
  3. Благотворное воздействие на мозговую деятельность и нервную систему (калий, фосфор, фолиевая кислота).
  4. 身体抵抗の増加、有害なバクテリア(硫黄)に対するその抵抗、
  5. 血中ヘモグロビン(鉄)の増加。
  6. 消化器と肝臓(硫黄、塩素)の改善。

ビートのすべての記載されているプロパティは、出産後の女性の回復に重要であり、また新生児の体にも必要です。

特にその低カロリー含有量を考慮すると:100 gの根菜類は40 kcalしか含まない。産後の女性にとって、通常の(便秘ではない)排便も重要になります。そのためには、緩下作用が小さいビートが不可欠です。

したがって、バーガンディの根菜は、授乳中の母親の食事に導入することができ、導入すべきです。

生(新鮮)ビート

調理されていない生のビートを食べることは、授乳中の母親にとって最も適していない選択肢です。これは根っこへの新生児の体の反応によるものです。ビートルートは、弱い腸に消化されにくい重い製品です。生の(生の)ビートは、赤ちゃんの消化器系に障害を引き起こす可能性があります。

生のビートを食べることを拒む理由は、その成長の特殊性です。掘った根菜類が完全にきれいになっていることを完全に確信することはできません。きれいにしている間、赤ちゃんにとって危険な有害な微生物は皮から繊維までたどり着きませんでした。

ゆで(ビート煮)

授乳中の母親の食事にビートを入れる最も一般的な方法は、根の熱処理です。ビートの独自性は、そのような加工(調理、焼き入れ、焙煎)の過程でビートがそれらの特性を失うことがないということです。貴重な物質の量とその身体への影響も節約されます。

さらに、熱処理は、授乳中の母親と彼女の赤ちゃんにとって重要なもう一つの特徴を持っています。製造工程において、ビート繊維を病原菌から除去することが可能である。したがって、ゆでビートを入れたりビートを入れて煮込んだりすると、ママは落ち着くことができます。

使用に対する禁忌

以下のいずれかのグループに属していない場合、各授乳中の母親は健康な根菜を食べることができます。

ビートはお勧めできません。

  1. 糖尿病、バーガンディの根に苦しむ女性は多すぎる炭水化物(25%)が含まれています。
  2. 骨粗しょう症と診断されている授乳中の母親:ビートは、体が骨を強化するのに必要なカルシウムを吸収するのを許しません。
  3. 消化器系、腎臓、肝臓、尿路結石に問題がある女性のために:ビートは酸性度を高め、結石の形成に影響を与えます。
  4. さらに、ビートに対する個々の不耐性があり、そこでは少量の製品でさえアレルギー反応を引き起こす。

他のすべてのお母さんは比例感覚と注意を忘れずにビートを食べることができます。

食事はいつ摂取できますか?

一部の小児科医は、出生直後に食事にビート繊維を導入することを容認できると考えています。彼らは、最初の1か月以内に(生後2週間で)赤ちゃんは根菜類を受け入れる準備ができていると主張しています。しかし、ほとんどの専門家は同じ意見に同意しています。HBのあるママは、赤ちゃんの生涯の最初の1ヶ月間はビートを食べるのを控えるほうがよいです。子供は3ヶ月の年齢まで成長しなければならないと信じられているので、彼の体は悪い結果なしにビートを知覚します。

HBとビートの受信率

根菜類の量が多すぎると、絶対に健康な人でも、消化器系の一時的な機能不全につながる可能性があります。母親の健康状態だけでなく、乳児の状態もそれに左右されます。赤ちゃんが成長するにつれて、少量のビート飼料から始めて、根菜類の数を徐々に増やすことができます。

日中、母親は異なる料理で最大150 gのビートを食べることができます。最大量は200グラムです、増加は子供のアレルギー反応や消化に問題が発生する可能性があります。

女性が自分でメニューにビートを追加する必要がある日数を週に何日決定する必要があります。それは彼女の状態と赤ちゃんの反応に依存します。少量(最大100 g)では、ビートを使ってさまざまな料理を毎日作ることができます。

次の養生法もまた最適であろう:150gのビートに対して週3〜4回、「ビート」と「非ミツバチ」日を交互にする。

メニューに入るには?

他のすべての製品と同様に、ビートルートマスは、細心の注意を払って看護女性の食物に加えるべきです。

最初の紹介:子供の反応をテストするためのゆでビートの最小量。

3-4ヶ月目:子供たちが否定的な反応を示さない場合は、徐々に数を増やすこともできます。根菜類を煮て2週間(間隔をおいて)1週間食べる。 prikormaの最初の日 - 調味料や添加物なしで、その後塩の形で添加物、植物油が許可されています。

5〜6ヶ月目:徐々に1日150gまで増量できます。食物にビートを含むさまざまな食事が含まれます。 1週間に3〜4回根を食べることができます。

ビートキャビア

ビートは調理され、皮をむかれ、おろされ、鍋に広がるまで調理される。同じ場所に植物油(大さじ1)とレモン汁(小さじ0.5)を加える。味わうためにあなたは少し塩と砂糖を仕上げることができます。弱火ビートシチューの上に15-20分煮込む。

ビートルートは離乳食を多様にし、その健康を形成するための信頼できる基盤となるでしょう。

赤ビートジュースはアレルギーを引き起こしますか?

砂糖野菜の品種は19世紀に開発されました。今日、ビートルートは食用砂糖の生産のための製品として非常に人気があります。さらに、この文化は効果的に腸を浄化する能力を含む人間のための他の多くの有用な特性を持っています。

野菜の穏やかな下剤効果は、看護婦にビートを食べることが可能であるかどうか1つの不思議にします。ママや下痢で食べられた母親のビーツのスープは子供を産むのでしょうか?小児科医はこの質問に対して非常に否定的な答えを出します。ビートジュースはママからだけ椅子のリラクゼーションを引き起こします。母乳を摂取するのは彼ではなく、彼の新陳代謝の産物だけであり、これはほとんどの場合、乳児の便の頻度に影響を与えません。乳児の下痢の孤立症例は、個人の不耐性によってのみ引き起こされます。

手の肌やお皿にも塗られているブリヤックジュースの鮮やかな赤色は、多くの看護師が野菜の低アレルギー性を疑っています。赤い食べ物が幼児の素質を誘発する可能性があることは誰にもわかりません。そのため、母乳育児の間、母親は赤い野菜や果物を食べないようにします。ビートの場合、授乳中の母親は完全に落ち着くことができます。ビートに真っ赤な色を与える天然染料は低アレルギー性であり、赤ちゃんにアレルギー反応を引き起こさないことが証明されています。

根の明らかに明るい色は授乳中のお母さんを怖がらせるが、恐れることは何もない - ビートは低い程度のアレルゲン性を有する

有用な資質と根の構成

かなりシンプルな外観、手頃な価格、そして安さにもかかわらず、ビートは以下のようなビタミンや微量元素の本当の源です。

  • 葉酸
  • 鉄、
  • マグネシウム、
  • りん
  • コバルト
  • カロチン
  • グループA、PP、E、C、Bのビタミン、
  • ペクチン化合物
  • 酸化防止剤
  • セルロース。

現代の科学者の科学的研究によると、この製品は人体に有益な効果をもたらします。そこに含まれる人に必要な多くの物質と微量元素は、それを授乳中の母親と子供の両方にとって非常に有用にします。

ビートはどのようにして人体に付着しますか。

  1. 胃腸管や肝臓を毒素やスラグから取り除きます。それは有害な物質を吸収してそれらを外へ持ち出し、腸内での発酵と腐敗の過程を抑制します。間接的に、これは体重を減らすのに役立ちます。これは出産後の多くの女性にとって非常に重要です。多くの経験豊かな母親は、特にこれらの目的のために彼らの最近生まれたガールフレンドにゆで根菜を食べることを勧めます。
  2. 鉄分が多いため、焼きビートや蒸しビートのサラダは貧血の女性が血中のヘモグロビンレベルを上げるのを助け、貧血の発生を防ぐのに役立ちます。
  3. 気絶させられた女性のためのよいニュース:根菜は成長ホルモンを作り出すのを助ける特別な物質、ベタインを含んでいます。
  4. 製品中に大量に含まれている葉酸は、脳への血液供給を改善し、気分、記憶力、作業能力、およびペップを改善します。赤ちゃんと母親の神経系が十分に機能するために必要です。
  5. 消化を促進する:プルーンと組み合わせてブリヤクのセルロースは便秘との闘いで優れた手段として役立ちます。
  6. あなたは定期的にビート皿を食べることによってわずかに増加した血圧を正常化することができます。この野菜に含まれるマグネシウムは、多くの降圧薬の一部です。
  7. 根菜類は、顔の色や状態を改善し、フケや頭皮の刺激を抑えます。
  8. 酸化防止剤は腫瘍の出現を防ぎ、既存のものの成長を遅らせます。
葉酸は、全身機能、特に女性の健康に欠かせません。ビートにはこの便利なビタミンがたくさん含まれています。

最も一般的な「ビート」の質問

すべての母親は、あなたが授乳中にどんな食物を、そしてどんな量であなたが食べることができるかを知るべきです。ビートに関しては、若い両親は最も頻繁に次の質問に答えることに興味があります。

  1. この野菜をそのまま食べられますか。いいえ、多くの微生物は乳児に動揺している消化器系を引き起こす可能性がある植物起源の製品に住んでいるので。生のビートの絞りたてのジュースは大人には非常に便利ですが、母乳育児の期間中は、この植物をゆでた形でのみ食べることの価値があります。
  2. ゆでビートに餌をやることはできますか?はい、この根菜は熱処理の後でさえ有益な特性を失うことがないので。ビネグレット、スープ、ビーツのボルシチ - これらすべての料理は、授乳中の母親に非常に適しています。さらに、生後2年目に達した子供には、繊細なサラダまたはマッシュポテトの煮根を与えることができます。あなたが煮ビートの味が好きではないならば、あなたは最初のコースにその細かく刻んだその葉を追加することができます。
  3. 母乳育児の期間中にどれだけ食べることができますか? 3ヶ月目に、ボルシチを食べてみましょう。赤ちゃんがミルクの新しい味を好む場合は、一日おきに150 gまで徐々に根の一日量を増やしてください。

母乳育児時のビートは、それが適切に食べられ、大量に食べられない場合、母親と赤ちゃんにとって非常に有用です。ホットスパイス、香りの強い食品、タマネギ、ニンニク、マヨネーズとの組み合わせは避ける必要があります。たとえば、授乳中の母親の毛皮のコートの下にあるニシンは非常に望ましくありません(詳細については、記事を参照してください:母乳育児時にニシンを食べることは可能であり、有害ではありませんか?)。サラダを植物油またはサワークリームで包みます。母乳育児期間中に最も有用なのは、あなた自身の夏の別荘や庭で硝酸塩なしで育てられた野菜を使うことです。

ビートパテ

  • 250グラム。ゆでビート、
  • 大さじ2。セモリナ、
  • 大さじ1植物油
  • 粉砕クラッカー15 g、
  • 塩とこしょうを味わう。

ゆでビートの皮をむき、肉挽き器を介してスキップした。得られた塊を加熱した植物油と共に鍋に入れ、セモリナを加える。私たちはストーブの上に置き、塊が厚くなるまで混ぜ合わせる。カツレツを冷やして形にし、パン粉にする。鍋が許すならば、調理されるまで植物油なしで炒めなさい、そうでなければ、カツレツが燃えないようにかなりの量を加えなさい。

米、リンゴ、カッテージチーズを詰めたビート

  • 1kgビーツ、
  • 2/3カップライス
  • りんご2個、
  • 250グラム。カッテージチーズ、
  • 卵2個、
  • サワークリーム1カップ、
  • 砂糖大さじ3
  • 50グラム。バター、
  • 塩のつまみ。

調理したビートの皮をむき、芯を切り取り、あらかじめ用意した詰め物(米をゆで、りんごをみじん切りにし、砂糖、おろしカード、卵、バターを混ぜる)でそれを満たす。耐熱皿を深めに入れ、サワークリームを塗ってから焼く。あなたはぬいぐるみビートを調理するための他のオプションを見つけることができます。

ビートキャロットドリンク

  • 500グラムビーツ、
  • 500グラムにんじん
  • レモンの半分または1個
  • 75グラム。砂糖、
  • 500ml。水。

ビートとニンジンは徹底的に洗浄され、それらの上に沸騰したお湯を注ぎ、皮をむいて冷たい水ですすいでください。野菜を小さなおろし金でこすってから、冷たいお湯で注ぎます。得られた塊を2〜3層のガーゼを通して濾す。レモン汁、砂糖(または蜂蜜)、おろしレモンの皮を加えます。

Loading...