人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

月経中にソラリウムに行くことは可能ですか?すべてが重要な日の日焼けについて

日光浴は健康に良いです - ビタミンDのレベルが上がり、肌の調子が良くなり、そして幸せのホルモンがより多く生成されます。しかし、月経中にサンルームに行くことは可能ですか?セッションが健康状態にどのように影響するか - 医師は異なる議論をします。

月経中の害日焼けの神話や現実

1992年以来、人工日焼けのためにデバイスを使用したときにIARCとIARCが身体への影響の研究を行った科学者。観察の結果として、ある人が弱い免疫力、遺伝性または後天的病状および他の健康上の逸脱を有する場合、注意を払うことなく医学的な必要性なしに人工日焼けに頼るべきであることがわかった。

周期の始めに日焼けサロンに出席する女性の体の反応も曖昧です。人工なめしの結果は、セッションの準備に関するすべての推奨事項に従った場合にのみ有益になります。

意見婦人科医

月経中は、体温を上昇させる温熱処置を施すことは禁忌です。これらは、湯たんぽ、足湯、胃の上または足に付けられた湯たんぽ、ロシア風およびトルコ風呂、サウナを含むすべてのタイプのスチームルーム、およびソラリウムです。

禁止は、体が加熱されると、血液が血管をより速く循環すると主張されています。これは出血の発症リスクを高めます。月経液で大量の血漿が失われると、めまい、吐き気、不整脈、圧サージが起こります。

説明:子宮内膜が拒絶されると、子宮内に多数の開いた毛細血管があるので、排出量は温度の上昇とともに著しく増加します。しかしながら、これはトロンビン時間 - 血液がトロンビンおよびプロトロンビンの関与により凝固し始める期間 - を著しく短縮する。

血栓形成のメカニズムは急速に排泄されて激しい期間のために乱されるので、血管は長期間出血し、子宮出血が起こる。それは資格のある医師の助けを借りて薬によってのみ停止することができます。

婦人科医は、月経が終了した時点でサンルームへの訪問を延期することをお勧めします。弱さと気温の高さのために、女性は意識を失うかもしれず、サロンの労働者に幸福の悪化について知らせる時間がなかったかもしれません。

皮膚の合併症の可能性があります - 褐色化は日焼け後に現れることがあります。これらは体の広い範囲をカバーする明確な境界を持つ茶色の斑点です。

主に子宮、卵巣、卵管の炎症を伴う女性に発生します。これらは、子宮内膜炎、付属器炎、卵巣炎、卵管炎、および同様の病状です。

慢性疾患は複雑になり、子宮頸部のびらんが増加し、卵巣の嚢胞が破裂し、乳房炎が発症する可能性があります。

美容師・皮膚科医の意見

エストロゲンとプロゲステロンのレベルのわずかな変動は周期を通して起こりますが、ピークは月経の最初の日にあります。

これは肌の状態に悪影響を及ぼす、にきびや鱗状の領域が現れる、そしてこれが日焼けの均一性に影響を与え、色素斑が形成されることがある。

ほとんどの場合、それらはホルモン調整中の紫外線照射に対する身体の反応として発生します。

低レベルのメラニンのために、その生産は周期の始めにほぼ止まり、全く日焼けすることは不可能であり、そして皮膚は火傷または刺激のみを受けるであろうという可能性がある。

意見クライアント美容院

寒い季節には、「月ごとに日光浴をすることは可能ですか」というトピックは常に適切です。フォーラムでは、女性は積極的にフィードバックを残します。患者の3分の2が、手術中の健康状態の悪化、めまい、目の黒化を訴えています。

日焼けの数時間後に月経が再開される場合があります。多くの場合、女の子は日焼けが3-4日で降りると不平を言います。フォーラムにフィードバックを残した女性の10%だけが結果に満足しましたが、彼らはサイクルの始めから3-4日間日光浴をしました。

毎月ソラリウムを訪問するための推奨事項

日焼けした人は健康、疲労の欠如、そして良い気分に関連しています。これは女性が作り直してソラリウムに行きたいという印象です。しかし、月経中だけでなく、美容センターを訪れるためのいくつかの規則があります。

サンルームは11月と3月に最も利益をもたらします。現時点では、ビタミンD欠乏症が最も深刻です、そして夏の太陽はまだ遠いです。セッションは、一日を通して行われる12の手順のコースを実行することをお勧めします。

サンルームのプラットホームで過ごす最小限の時間から始めましょう。その後、3〜5回の訪問で、セッションの持続時間とランプパワーはMEDが達成されるまで徐々に増加します。これは皮膚タイプに対応する最小紅斑量です。

毎月の期間のために数日休憩をする。

日焼けベッドを使用するときの指示は以下の通りです。

  1. 肌はきれいでなければなりません。セッションの2時間前には、化粧を取り除き、シャワーを浴びて、最後に冷たい水ですすいでください。石鹸の代わりにゲルを使用することをお勧めします。
  2. あなたはサウナ、脱毛、機械的または化学的剥離後にサンルームを訪問することはできません。
  3. セッションの前に、コンタクトレンズ、ヘアピンを含むすべての宝石類を取り除き、髪の毛をキャップの下から外します。これは火傷を防ぎ、体に未燃領域を残さないでしょう。
  4. それは太陽からではなく、サンルームの紫外線に対する保護の性質を持つ化粧品に適用されるべきです。
  5. 手術の間、目は黒い太い眼鏡のついた眼鏡と乳首で覆われるべきです - 小径の特別な円(stikini)が付いています。唇は衛生的な口紅で覆われています。
  6. セッションの最後に、ボディクリームをなめした後に塗ります。シャワーは3時間もかかりません。

月経がある日焼けベッドに通うことは、退院がすでに乏しい日に許可されています。セッションの時には、女性は手順の直後にパッドに変えられるタンポンを使うべきです、そして、必ず下着を着るようにしてください。

健康状態の悪化のごくわずかな兆候 - めまい、脱力感または目の黒化が現れたらすぐに、日焼けサロンからすぐに出ることが非常に重要です。その後の作業台での作業は健康に害を及ぼす可能性があります。

結論

月経中にサンルームを訪れることが可能かどうかについての情報は、皮膚科医、婦人科医、乳房専門医の個別相談に参加することをお勧めします。結局のところ、合併症は病気の存在、出血に対する感受性、体調不良、PMS、ホルモン破壊および弱い免疫から生じ、そして月経によるものではありません。

月経時の日光浴や水泳の治療法

月経の間に泳ぎ、人生の中で少なくとも一度日光浴をすることが可能であるかどうかという問題は、すべての女性にとって重要になっています。そしてそれは偶然ではありません。

壊れやすい女性の身体 急激な気候変動に大きく依存しています。

気候帯の急激な変化の後、ホルモン障害が起こります、そしてそれ故に月経は予想外に始まるかもしれません。

少女の身分の変化は、休暇中のさらなる娯楽への影響を残します。

生理中の入浴や日光浴の際に女性の健康を維持するのに役立つ多くのツールにもかかわらず。

多くの女児は、発症後に積極的な生活を送ることを敢えてしません。

月経中に泳いでみませんか?

毎月、女性の体はかなり深刻な検査を受けます。成熟した卵子の受精がないと、重要な日が始まります。

これは女の子の状態です 不快な感覚と身体活動にいくつかの制限を導入する必要性を伴います。

月経の開始後、多くの実践的な婦人科医によると、あなたは泳ぐことができず、長い間外の日差しの下にいることができません。

次のような理由から

    月経周期の間に 過熱は体に禁忌であり、したがって現時点で婦人科医は女の子に日光浴をすることを勧めません。温度が上昇すると、血行が増加し、血流が増加します。

夏の暑い太陽の下での長い娯楽と池の中の暖かい水は、豊富な月経を引き起こす可能性があります。

水処理の採用 プール内で、または停滞した水で貯水池で泳いでいると、体内に不要な感染症が発生する可能性があります。湖沼では、有害な微生物は川や海水よりもはるかに速く繁殖します。

月経周期中の少女の免疫力は著しく低下し、病気を拾う危険性が非常に高まります。

重要です! 海水はその組成のためにそれを中和する貴重な塩が豊富です。

信頼性の高い保護具を使用するとき、そのような水中で泳いでも体に害はありません。

使用する保護手段は何ですか?

月経中の体の感染に対する保護の信頼性の高い手段では次のとおりです。

また、 健康に害を与えないためには、シャワー中の至適温度の順守に注意を払う価値があります。

サウナへの旅行を延期し、月経の終わりまで温泉で洗わない方が良いです。

10代の少女の多くの母親は、この質問に興味を持っています。彼らの娘のためにタンポンを使うことは可能ですか?

専門家によると、思春期の若者は重要な日にタンポンを使用することができます、人は貧しい期間に使用されているサイズの小さいアイテムを優先するようにするだけです。

日に 排出量が多い場合は、ガスケットを使用することをお勧めします。

重要な日の間の日光浴が厳しく禁止される状況があります。

これらは以下の禁忌の存在を含みます:

  1. 下腹部の不快な痛み。
  2. 少女の幸福の絶え間ない悪化。
  3. 豊富な月経
  4. 女性生殖器の診断された病気。
  5. 太陽に長時間さらされると出血が増加する危険性があります。

事実も考慮に入れるべきです 女性の体の重要な日の間にそれが日光浴をするとき均一な肌の色合いの出現の原因であるホルモンのメラニンの自然な生産をかなり減らすということ。

これに関連して、最近では美しい黄褐色のトーンを得ることはほとんど不可能であることを多くの研究が示しています。

がない場合 上記の禁忌、月経周期の間に日光浴が可能です。

経験豊富な専門家の次の推奨事項に注意を払うことが重要です。

  1. 日光浴 南の太陽の活動が減る正午まで、または16時から16時までを過ごすことをお勧めします。
  2. 滞在中 太陽で大量の液体が消費されるはずです。精製水は体を過熱から守るのに役立ち、脱水症に対する確実な保護を提供します。
  3. 体を守るために 過熱から、最近のビーチに行く公正なセックスは、特別な傘を持ってくることです。
  4. 日光浴をするとき タンポンの使用はお勧めしません。熱は病原性微生物の作用を活性化し、それゆえ炎症の危険性を増大させる。

重要な日に日光浴をすることは、ガスケットでより良いです。

  • 繊細な肌を守るために この期間の燃焼から、日焼けのためにクリームとローションを高いレベルの保護で使用することが必要です。
  • 上記の推奨事項を考慮に入れると、暖かい太陽の光は、体を傷つけるだけでなく、女の子に前向きな感情を与えます。

    明るい太陽の恋人たち それは憂慮すべき症状の出現や素因の最初の兆候の場合には、すぐにビーチを離れて屋内で一日の残りを過ごすべきであることを覚えておく必要があります。

    最初の数日間健康を維持するために激しく痛みを伴う期間を持つ女の子は、太陽の下で楽しい時間を過ごすことを控えるべきです。

    それはビーチで月経中に日光浴することは可能ですか

    夏の季節には、誰もがビーチや海に急行するとき、休暇の時間です。リラクゼーションの重要な特徴は美しい日焼けです。夏は長続きしません、日光浴のために好ましい日がそうであるように。

    ですから、私たちが昨年から待っていた機会を逃したくありません。しかし、月経中に日光浴をすることは可能ですか?結局のところ、彼らは必要なときに来ます、そして雨と曇りの日にはそうではありません。

    重要な日々のために、すべての計画を崩壊させたくはありません。

    誰ができるかどうか

    月経周期の間の日焼けのための明確な推薦はありません。ここではすべて個性的すぎて、女性自身の特性に依存しています。

    少女が若く、痛みのない期間を伴う通常の周期を持ち、婦人科の問題を抱えて医者のところに行くことは決してなく、平日は日光浴を続けています、そして彼女の期間は邪魔にはなりません。

    しかし、彼女が若い頃からビーチにいなかった場合、定期的に婦人科の痛みを示す、問題のある成人女性に月経の間に日光浴をすることは可能ですか?ここでは実験をやめる方が良いです。

    しかし、これらは2つの境界的な事例であり、女性の大多数はこれらの状況の間のどこかにいます。

    あなたが淡い肌の所有者であり、休日の間にだけ年に一度日光浴をするなら、あなたは月末まであなたの計画を延期する必要があります。少なくとも、彼らが無痛であるならば、それはサイクルの最初の3日を待つ価値があります。

    ほとんどの婦人科医は、すべての状況にもかかわらず、最近は待つのをお勧めします。

    しかし、天気の良い晴れの日がすぐには到来しないかもしれないので、誰もがこのアドバイスに従うことを望まないでしょう。

    太陽に長く滞在することが望ましくない理由を明らかにする必要があります。おそらく、重要な日にできるだけ多くの人を安全にするために、いくつかの例外や方法を見つけることが可能です。

    月経時に日光浴ができないのはなぜですか

    月経周期の開始時に、日光浴をするための手順が女性の身体にとって好ましくない理由のリストを考えてください。

    1. 体を長時間加熱すると、放電量が増加します。疼痛閾値が低い女性では、退院量の増加は下腹部痛の増加につながります。
    2. 過熱や熱射病は、月経時に強い影響を与えます。体が非常に弱くなっているため、過熱は嘔吐、痙攣、そしてその後の入院につながる可能性があります。
    3. 過度の日焼けは午後遅くとそれに続く日に痛みを引き起こします。月経中、そのような痛みは耐え難くなります。日焼けをするのはとても簡単です。特に、できるだけ早く日焼けをしたい場合は特にそうです。
    4. 生殖器系の病気は、太陽に長時間さらされることによって悪化することがあります。
    5. 月経中、メラニン濃度は減少します。黄褐色になるのは、この色素が原因です。。そのため、重要な日には、肌の色がゆっくり変化し、シミの発生の危険性があります。.

    適度に日光浴をすれば、上記の問題のほとんどを回避できることは明らかです。しかし、どのようにしてあなたが持っている対策を理解し、交差できない特性はどこにあるのでしょうか。ここにすべてが個人的であり、十分な20分があればすべての女性は彼女自身のために彼女自身を理解するべきであるまたは彼女は容易に2時間太陽の下で耐えることができる。

    明るい髪や赤い髪をした女の子の身体は、太陽に長時間さらされると特に影響を受けやすいです。女性の髪が明るくなればなるほど、日差しが少なくて済むようになります。

    直接禁忌

    上記は女性の身体がさらされるであろう様々なリスクを挙げた。しかし、誰かがトラブルが起こる可能性があると言うでしょう、そしておそらく合格さえします。なぜなら最近は静かにビーチを転がり、何も文句を言わない十分なガールフレンドがいるからです。したがって、月経中に日光浴をすることが可能であるかどうかという問題は、直接禁忌について話すのを忘れると完全には開示されません。

    これは、これが望ましくない場合があるように、日光浴をとることが不可能である要素のリストです。

    • その少女は豊富な分泌物に苦しんでいる。これはもはや正常とは見なされないため、問題は悪化することはありません。
    • 特定の婦人科疾患による医師の直接禁止どの発熱(新生物、子宮内膜症、子宮内ポリープ、頸部びらんなど)が過熱によって悪化するのかを知ることができるのは婦人科医だけです。
    • 静脈瘤の存在
    • 皮膚が損傷している(ニキビ、発疹、術後瘢痕など)、
    • 感染症
    • 体温の上昇または体の虚弱。

    実際には、より多くの禁忌がありますが、それらは毎月のサイクルとは関係ありません。何らかの婦人科疾患のせいで浜辺に行くことに疑問がある場合は、医師に相談する必要があります。月経があれば、婦人科医が許可を与えてくれば、間違いなくビーチで日光浴をすることができます。

    どのような措置を取る必要があります

    あなたはまだ事前に登録する必要があるため、婦人科医に行く機会がない、またはそれに時間を費やすことを望まない場合があります。このレートでは、毎月は専門家が彼の意見を表明するよりも速くなるでしょう。

    いくつかのケースでは(例えば、海への旅行)、答えはここと今で必要とされています。 Причем некоторые девушки не принимают отказа.

    Специально для них ниже представлены правила, которые необходимо соблюдать, если уже было принято решение насчет загорания в критические дни.

    1. По возможности нужно загорать не в первые три дня цикла.
    2. Находиться на пляже следует до 11:00 и после 17:00. この時間帯では、太陽の影響が最も少なくなります。
    3. 大量の水分を摂取すると、体が通常の体温を維持するのに役立ちます。
    4. 海で月経しているときは、金髪やしょうがを浴びることができますが、太陽の下で時間を最小限に抑えることをお勧めします。
    5. 日焼け止めが必要です。
    6. 健康状態が悪化し始めた場合(弱さが現れた、めまいがするなど)、家に帰る必要があります。
    7. 太陽との直接の接触を避けるために傘の下で日光浴をするのが最善です。だからあなたは火傷から脱出することができます。

    衛生製品について非常に物議を醸す点。強い熱があるため、細菌がタンポンで女性の体内で繁殖しないようにガスケットを使用することをお勧めします。

    しかし、パッドでどのようにしてビーチに行くことができるかを想像するのは困難です。それはショートパンツで日光浴をすることです。タンポンは使用できますが、もっと頻繁に変更する必要があります(ビーチに行く前と戻った直後)。

    重要なのは、この間に4時間以内に経過することです。

    月経中に日光浴はできますか

    待ちに待った週末を太陽が降り注ぐビーチで過ごす計画は、「重要な日」が始まったために、崩れつつあります。私は自然への攻撃を放棄すべきですか?月経中に日光浴はできますか?そうでない場合は、なぜですか?専門家は私たちに何を答えますか?

    月経時に日光浴をしない方がよい理由:科学的観点からの理論的根拠

    月経中に日光浴をすることが可能であるかどうかという質問で婦人科医に対処すると、答えは明白になります:それは日焼けを控える方が良いです。何故

    現代のパーソナルケア製品を使用すると、この非常に女性的なプロセスの時代に快適に感じることができます。はい、そして毎月さまざまな方法で合格しています。重要な日の間に人類の美しい半分の代表者が痛みを感じないのであれば、退院は豊富ではありません、それでは何が彼女がビーチで楽しい時間を過ごすことを妨げることができますか?

    月経周期の流れのすべての詳細に入らずに、それが女性の身体に何を引き起こすかを注意する必要があります。これは科学的な観点からの理由のリストになるでしょう、それは「重要な」日に日光浴をするという考えに対して警告するべきです:

    1. 灼熱の光線および高温の影響下では、血管の拡張および血液の菲薄化がある。月経中の女性にとって、それは集中的な出血、退院の量の増加、そして豊富になるだけでなく痛みを伴うことにもなります。これは、順番に、全体の有機体の健康の悪化につながることができます:血圧の低下、めまい、脱力感、失神。大量の血液の損失は、婦人科だけでなく慢性疾患を悪化させます。
    2. 日焼けの出現の原因となる暗い色素であるメラニンの生産は、ホルモンの影響下で行われます。月経中の女性の体にホルモン不全が観察されます。いくつかのホルモンのレベルが減少し、他の - 増加します。これは気分のむらによってだけでなく、メラニンの量が著しく少なく生産されるという事実によっても明らかにされる。まあ、最近の日光浴のセッションが単に役に立たないことが判明した場合 - 日焼けは「横にならない」と肌は以前のように明るく残るでしょう。さらに悪いことに、ビーチを訪れた後に肌が斑点を付けられたヒョウの肌に似るでしょう - 日陰は不均一です。

    それでも日光浴をすることにした場合、どのような規則に従う必要があります

    彼女の時代の始まりのために美しさがビーチを訪れる機会を失いたくないなら、そして彼女は日光浴をすることに決めました、そして、彼女は以下の規則に従う必要があります:

    • 事前に特別な商品を肌に塗ってください。 - メラニン生成の活性化剤:UVフィルターで日焼けするためのクリーム、スプレーまたはオイル。これらの化粧品の粒子は皮膚に浸透し、同時に太陽光の引力と拡散を提供し、火傷をする危険性を減らします。
    • それは光線の下で費やされる時間を減らすべきです。 20-30分横になった後は、休憩を取るか、部屋に入るか、または日陰に入る必要があります。それからあなたは別の日光浴セッションを取ることができます。
    • 太陽のピーク活動を必ず考慮に入れてください。 11〜16時間です。したがって、日光浴をするのに最適な時期は朝と夕方です。
    • 直射日光の当たらない日焼け場所を選択することをお勧めします。 例えば木の下や透かし彫りの傘の下など、それを光の影にします。散乱線ははるかに柔らかく作用し、日焼けはそれほど速くは行かないでしょうが、特に「クリティカル」な日には、全身として、そして特に皮膚にとって、より安全です。
    • ビーチでの滞在中は、できるだけ多くの液体を飲むことをお勧めします。 これは体を過熱から保護します。普通の飲料水、ガスの入っていないミネラルウォーターを用意してください。液体は冷たく、氷ではないはずです。アイスクリームとアイスキューブは、しばらくの間だけ冷やして渇きを癒します。決してアルコール、濃いお茶、コーヒーを飲むことができない、彼らはさらに大きな脱水を引き起こします、
    • 月経中に日光浴をする女性の間違いは、衛生的なタンポンの使用です。 結局のところ、これらの "尾のもの"は、ビーチのために特別に作成され、それらは信頼性と快適さを提供すると考えられています。間違いなく、便利です。しかし、炎症を起こす大きなリスクがあります。出口を持たない出血の増加、高温は、女性の体内での細菌の蓄積および炎症過程の発生を誘発する。したがって、もう一度吸収パッドを交換することをお勧めします。

    太陽の下ですぐにやめる価値があるとき

    ビーチに行くとき、すべての女性は気象条件や日焼け時間だけでなく、以下のような要因も考慮に入れるべきです:彼女の年齢や個々の健康状態。

    ある女性が気温の低下や灼熱の日差しに非常に簡単に耐えられるのであれば、これはまったく別の美しさのための行動の指針になるべきではありません。

    人生でよく遭遇する一例を考えてみましょう。2人の友人がビーチに行き、どちらも「危機的」な日を過ごしています。一人の女の子が燃えるような光線の下に横になり、微笑み、喜びを得る。

    2つ目は、汗で覆われているため、下腹部に鋭い痛みがありますが、勇敢にも我慢します。結局何が起こるのだろうか?日焼けしたガールフレンドは、彼女が彼らの問題について話すのが恥ずかしかったという病院を訪問するでしょう。

    あなたはそのような「英雄主義」、特に海での休暇、さらには他の国にいることさえ必要ですか?

    月経中に日光浴をすることにしたので、あなたは体に起こる変化に非常に注意を払うべきです。そして、そのような症状が現れたらすぐにあなたはビーチを離れる必要があります。

    • 一般的な弱点
    • めまい
    • 吐き気の増加
    • 下腹部の痛みを引っ張る
    • 熱と寒さ、
    • 出血量を増やす。

    これらの症状のいくつかは日射病を示すかもしれません。

    涼しい場所に移動したり、濡れたタオルで拭いたり、シャワーを浴びたり、麻酔薬を飲んで横になったりする必要があります。救済が来ないと痛みが増える場合は、医師に相談する必要があります。

    月経中のサンルームでの日焼け

    「重要な」日の人工的な太陽の下でのセッションは間違いなくキャンセルされるべきです。気まぐれな天候の下では調整が困難です。確かに、暖かい晴れの日を自宅で過ごすのは非常に残念です。なぜなら、次回は雨かもしれないからです。しかし、紫外線のあるブースはどこにも「逃げる」ことはありません、あなたはあなたの期間が終了したときにそれを訪問することができます。

    月経中にサンルームに行くかどうかを決めるときは、次のことを考慮する必要があります。

    • 人工光線は自然より表皮の健康そして状態にもっと多くの損害を与えます、
    • ブースでは、特に月経の間、「斑点のある」日焼けをするリスクが高まります。
    • 月経中のサンルームでのセッションの後、慢性婦人科疾患の合併症のより多くの症例があります。
    • もちろん、女性自身がより高価なものを選ぶ必要があります:健康か美しさ。

    他の美人専門家の助言 - 命令ではありません。人工的な太陽の下でのセッションがリラックスして「クリティカル」な日の不快感に対処するのに役立つと主張する人さえいます。

    さて、サンルームの従業員は、月に1回の期間があるかどうかクライアントに尋ねません。

    そして、女の子が健康状態に優れているならば、月経は痛みがなく、慢性疾患はありません、そして、それで、原則として、彼女は日焼けセッションのために禁忌を持ちません。

    専門家は月経の最初と最後の日に日焼けサロンに出席しないことを勧めます、セッションは10分を超えてはいけません。そしてこの手順から幸福の悪化のほんのわずかなヒントさえあるならば、それからあなたは日焼けで少し待って3-5日の間サロンへの訪問を延期するべきです。

    サンルームまたは天然の日焼け

    多くの人は、必要な量の放射線を選択することができるため、サンルームでの日焼けは太陽の自然光の下での日光浴よりも危険性が低いと考えています。これはいかなる事実によっても支持されていない神話です。サンルームや海のそばの火を訪ねても違いはありません。結局のところ、紫外線からの害は両方の場合であり、否定的な結果の可能性は月経中に同じです。

    計画外の出血が突然に起こる可能性がある場合(突然の気候変動、ストレス)、サンルームでの処置は間に合わない場合があります。他の日にサロンを訪れることは難しくありません。

    ビタミンDによる月経痛を軽減するために日焼けベッドを使用する女の子もいます。 紫外線と真実は喜びのホルモンの合成を増やし、ホルモン全体を安定させます。月経周期自体が良くなっている、PMSに関連する不快感がなくなります。しかし、毎月の出血が始まる前に日光浴をするのが良いでしょう。リンク先の記事で、PMSを容易にする方法を学んでください。

    月の間に日焼けベッドを訪れることが可能かどうかという質問に答えるどんな医者も、紫外線を控えるように彼女の患者に助言するでしょう。

    月経中にジェルポリッシュができるかどうかを知ることにも興味があるでしょう。この質問に対する答えを見つけるためにリンクをたどってください。

    血液への影響

    太陽の影響下で血液が液化するため、重度の出血の危険性が高まります。時にはあなたも緊急入院を必要とするかもしれません。

    月経中の発疹は多くの女性によって妨げられています。にきびが太陽から少なくなっているという神話があります。実際には、肌の刺激やニキビでサンルームやビーチに行くのは危険です。

    月経中の皮膚の変化は他の美容処置にとっても危険です。あなたが月経中に脱毛を行うことができるかどうかと最近の操作の結果は何であるかを調べます。

    なめし品質

    周期の始めのホルモンの変更は望ましい皮の調子を得ることを可能にしない。しかし、もっと重要なことに、メラニンの生産量が少ないと、太陽光線の損傷による皮膚の保護機能が低下します。

    体の個々の特性のために、何人かの女性はまだ日光浴をすることができますが、長い間そうすることができません。最終決定を下すことは記事の後半に役立ちます。

    重要な日にビーチに向かう前に考慮すべきこと

    ある月の間に特定の人に日光浴をすることが可能であるかどうか理解するために、あなたは以下の要因を考慮に入れる必要があります:

    1. 年齢年配の女性ほど、禁忌が多くなります。これはまた、皮膚の問題、代謝過程および身体の保護機能も含む。
    2. 健康状態重要な日が正常であれば、婦人科の病理はありません、あなたは太陽の下で少しの時間を過ごすことができます。
    3. 排出量です。月経量が標準値(80ml)を超えると、過去に月経過多が観察されているので、直射日光や日焼けベッドは危険です。
    4. 気象条件非常に暑い日差しの下で長い間、適度な気温で日光浴することはできますが、すぐに除外することはできません。

    禁忌

    月経中に日光浴が可能かどうかという質問に対する医師の否定的な答えは、次のような問題を抱えている女性によって即座に得られます:

    • 良性を含むあらゆる新生物
    • 静脈瘤
    • クラウロズ、
    • 子宮筋腫、
    • ポリープ
    • 頸部侵食、
    • 子宮内膜増殖症、
    • 卵巣の嚢胞
    • 感染症、
    • 骨盤内の炎症プロセス
    • 泌尿生殖器系の病気。

    サンルームやビーチへの訪問を延期する主な理由は、太陽にさらされることによる病気の新たな合併症のリスクが高いことです。タンポンを使用することはお勧めできません。ガスケットを使用すると、不快になります。この規則は通常のサイクルの日にもあてはまるので、そのような健康上の問題を抱える紫外線との接触は最小限に抑えられるのが最善です。

    相対的禁忌

    日光浴のための月経中に一時的な禁止が発生する多くの場合があります:

    • 疲労や眠気
    • 下腹部と腰の激しい痛み
    • 大量の出血
    • 過熱による出血の危険
    • 発疹、皮膚の発赤、火傷
    • 体調不良(めまい、脱力感)。

    そのような状況では、日焼けを放棄する必要があります。時にはこの健康状態が月経の最初の日に見られ、その後すべてが正常に戻る。それでも、太陽の下での最低滞在日数は許可されていますが、それは特定の条件下でのみです。

    月経中のサンルーム訪問の可能性のある影響

    女性が月例期間中にサンルームで日光浴をすることができるかどうか婦人科医に尋ねると、否定的な答えを受け取り、それでも専門家の勧告を考慮に入れないと、彼女は以下のことに苦しむ危険性があります。

    • 重度の失血(出血は除外されません)、
    • 意識喪失の可能性が高い
    • 皮膚の炎症や発疹
    • 斑点のある日焼け
    • 婦人科疾患の悪化
    • 将来の健康上の問題。

    月経中、女性の体はすでにある程度のストレスを受けています。美容室への訪問または太陽の下での長期滞在はさらに状況を悪化させる。ところで、特別な女性の日のサロンの手順の多くはお勧めできません。例えば、月経中のまつげの伸展はまた、いくつかの不快な結果をもたらす可能性がある。

    月経時の日焼けのための基本的な規則

    禁忌や安定した周期がなくても、月経退院時の日焼けに関する一定の規則に従うことが重要です。

    1. 午前11時と昼食の後は、日差しがあまり強くありません。
    2. ビーチにいるのは、傘の下や木の木陰で1時間以内です。
    3. 大量の水分を摂取すると、体がひどく過熱する危険性が少なくなります。
    4. タナーは十分な保護レベルを選択して、ビーチに体によく適用されます。
    5. あなたはタンポンを使うべきではありません、なぜなら熱は病原体の繁殖にとって最も好ましい時期だからです。
    6. 午前中に脱力感が見られる場合は、この日はまったく日光浴しないことをお勧めします。
    7. 野生の海岸を放棄して、忙しいビーチにいることをお勧めします。

    毎月のサンルームはすぐに削除する必要があります。 休暇は移転がより困難です、それ故にそれは推薦に続きそして体が過熱するのを許さないようにするのに十分です。禁忌を考慮に入れることが必要です、その存在下で月経中の日焼けは健康に最も危険です。

    紫外線の使用

    日焼けの審美的な魅力に加えて、プロの美容師によると、それはにきびを除去し、乾癬、様々な湿疹や皮膚炎を治療します。大きなプラスは、紫外線の影響下で、より多くのビタミンDと喜びのホルモン - セロトニンが生成されるという事実です。

    フィルタはスペクトルCの最も攻撃的な光線を通過させないという事実にもかかわらず、この手順は絶対的に健康な人々に対してのみ安全である。彼らがサンルームを訪れる日程と一致する危機的な日にどのようにいるか、月経中に日光浴をすることは可能ですか?

    期間中のサンルーム

    それでも、ほとんどの婦人科医と専門家は、あなたがあなたの期間中はサンルームに行けないと信じることに90%傾いています。これはそれほど重要で緊急ではありません。いつでもそれをスキップすることができ、そうでなければスケジュールを再構築することができます。しかし、この推奨を無視すると、非常に悲惨な結果を招く可能性があります。

    月経中にサンルームを訪れる際に起こりうる合併症

    重要な日数は、腹部の痛み、腰の痛み、内分泌系の感受性の増加、乳腺、皮膚、悪心、脱力、頭痛など、人生を十分に複雑にします。月経時の日焼けによる害は何ですか?毎月のサンルームでは、以下のことが可能です。

    • 血圧が急激に下がる。この症状はめまい、吐き気、自発的な脱力感、あるいは意識喪失によってさえ特徴付けられます。
    • 月経中のより顕著な痛みに。
    • 排出量を増やしてください。高温にさらされると、体の過熱につながります - 血液循環が増えるため、出血が増えます。そのような繊細な時期には、太陽への長時間の暴露、温泉、サウナへの訪問を避けるべきであると彼らが警告しているのも不思議ではありません。サンルーム内に換気があっても、過剰な分泌物から保護することはできません。
    • それは細菌の増殖のための暖かい好ましい環境を作成するように、任意の感染の発生に。
    • 毎月のサイクル違反翌月には過度に豊富な退院が起こるかもしれませんし、逆に言えば乏しいでしょう。おそらく月経の完全な欠如。
    • 皮膚のアレルギー性発疹、色素斑(白斑)、刺激および炎症は月経中に日焼けします。 А дело в том, что природный темный пигмент меланин в этот период вырабатывается намного меньше и кожа может неадекватно отреагировать на воздействие ультрафиолетовых лучей.
    • Отрубевидным лишаям, которые распространены у людей, проживающих в жарком климате. メラニンの合成を妨げる酵母様真菌が日焼け後に進行し始める可能性があります。乳頭腫も増殖する可能性があります。
    • 女性生殖器の違反。おそらく病理学、深刻な婦人科疾患、さらには不妊症の発症。
    • 既存の婦人科疾患の合併症:子宮内膜症、線維性マストパシー、嚢胞、頸部糜爛。条件は複雑になる可能性があります。

    これらの徴候は、日焼けの副作用に起因する可能性があります。なぜなら、それらはまったく発生しないからですが、徴候の可能性は存在します。婦人科の感染症や病気のあるところでは、サンルームに行ってはいけません。あなたがあなたの体と健康に自信があるならば、安全のためにそれから具体的な推薦を与えることができる一流の婦人科医に相談してください。

    レビューだけに頼らないでください。たとえば、紫外線の後に否定的な反応を起こしたことがないガールフレンド。炎症過程が始まっていないのは事実ではありません。それは将来的に知られるようになるでしょう。

    サンルームを準備するには?

    この質問に対する明確な答え - 月ごとの期間で日焼けサロンを訪れることは可能です - は存在しません。状況が遅れを容認しないことが起こる、そしてあなたがまだあなたの期間中にサンルームに行くつもりならば、それはニュアンスのいくつかを考慮する価値がある。マイナスの影響によるリスクを減らすためには、次の点を考慮する必要があります。

    • 退院中のサロンへの訪問は避けたほうがいいでしょう。例えば、3〜4日間の月経のためにハイキングを延期することができます。
    • 手技の直前にはタンポンを使用し、その後はタンポンをガスケットに交換してください。これは炎症過程の発生を避けるのに役立ちます。
    • 十分な肌の水分補給のためには、紫外線にさらされる2時間前と3時間後に水処理が有効です。すぐにシャワーを浴びることは価値がないです。熱い肌は日焼け後のクリームで通常の状態に戻すことができます。
    • 標準の日焼け止めクリームは使用しないでください。人工日焼け用に直接デザインされた化粧品を利用してください。
    • 繊細な部分を保護します。唇を滑らかにし、乳輪と乳首にステッカーを貼り、目にメガネをかけ、髪に帽子をかぶせ、下着の中に親密な部分を残します。
    • 多量の液体を使用してください。セッションの後にシャワーを浴びた後、激しい出血の発見を避けるために身体活動を避け、仰向けの姿勢で休むのに時間をかけてみてください。

    美しさは、もちろん、犠牲を必要としますが、日焼けベッドは海への旅行でさえないので、そのような大きな犠牲にあなた自身を犠牲にする必要はありません。あなたは異なる時間間隔で歩くことができます。とにかく、1つの手順の後、本格的な均一な日焼けは機能しないでしょう、そして短い休憩は一般的に日焼けの質に重大な影響を与えることはほとんどありません。

    重要な日にはサンルームを訪れないでください。

    何人かの専門家はこの問題に同意しないが、最も満場一致で活発な排泄物の間の人工的な日光曝露を主張する 健康に悪影響を及ぼす可能性があります。この結果は症例の90%に見られます。

    月経の強度は、身体の個々の特性および周囲温度に関連しています。空気が温かいほど、血管内の血流速度は速くなります。

    月経中の日焼けの危険性

    婦人科医が月経中にこの手技に参加することを強く勧めない理由はいくつかあります。彼ら全員は個人的に現れます、しかしどんな医者もこの期間中にソラリウムが絶対に安全であると主張する責任を負いません。

    1. 偏在または日焼けなし。 これはホルモンジャンプが原因で、生物全体の働きに影響を及ぼします。少女たちは、皮膚のしみ、にきびの外観に注目した。さらに、月経はメラトニン産生の減少をもたらし、それがなければ日焼けは不可能になる。
    2. 排出量を増やす 温度上昇による。サンルームへの訪問は、体の短期間の過熱に関連しています。ただし、積極的な換気でも状況は改善されません。
    3. めまいや圧力スパイク。 失血の増加に伴い、健康状態が悪化し、内訳、眠気および無関心が感じられます。
    4. 合併症の可能性 生殖器系の病理。通常の状況では、病気は長い間現れないかもしれません。月経期間中、身体はあらゆる環境要因の影響を受けやすくなります。したがって、医師が従うことを勧めている静かな体制を怠ると、既存の問題を悪化させるだけでなく、新しい問題を獲得する可能性もあります。これは、特に頸部びらん、嚢胞、虫垂炎などの疾患に当てはまります。
    5. 肌の敏感度を高めますそのため、紫外線ランプなめしベッドへの積極的な暴露中に損傷する可能性があります。数分間そこにいると、皮膚のやけどや炎症を起こすことがあります。

    サンルームでのタンポンの使用は豊富な分泌物の問題を解決するという意見があります。審美的な面では、これは真実ですが、それはまた拒絶された血液を内部に保ち、それは細菌や感染症の発生のための有益な環境を作り出します。

    月経中のソラリウムへの安全な旅行のためのヒント

    女性が医学的勧告を無視することを奨励する特定の要因があります。紫外線は肌の問題の魔法の万能薬であると思われ、また活発に貢献します ビタミンD生産それはあなたをより良くそして幸せにさせます。日焼けした体が魅力的に見えるという事実は言うまでもありません。しかし、それがあなたの健康を危険にさらす価値があるかどうかを判断するのは、女の子自身の事業です。

    セッションを成功させるためには、次の推奨事項に従うことが重要です。

    1. 体調が崩れた場合は手続きを中止してください。
    2. なめし中 タンポンを使うトリートメントブースを出た直後に交換する必要があります。
    3. 最も脆弱な地域を確保する。 特殊な器具が、角膜、特にまぶたの薄い肌を保護するサングラス - ニップル - ステッカー - 頭 - キャップ - そして目 - に貼り付けられています。コンタクトレンズを取り外す必要があります。
    4. 水処理を実施する必要があります セッションの2時間前と3-4時間後衛生上の問題は、月経中の最も重要な問題の1つですが、日焼けサロンを訪れる直前に入浴またはシャワーを浴びると、体が水分を失うため、事前に行うことが重要です。
    5. 皮膚の保護を怠らないでください。ビーチとサンルームの日焼けのためのクリームとローションが異なるということを忘れないでください。人工ランプは有害な紫外線を放出しません。
    6. セッション前 革をきれいにする必要がありますそれから日焼けは滑らかになります。

    その他の役立つヒントとコツ

    重要な日に女性がビーチやサンルームで日焼けをあきらめなければならない理由はたくさんあります。これは婦人科疾患の存在です:子宮内膜症、子宮筋腫、子宮筋腫。

    病気の女性で焼け付くような光線の下にいることは、病気や合併症の進行を引き起こすだけでなく、不妊を脅かすことができます。
    これらの禁忌が除外されている場合は、すべての予防措置を守りながら、「重要な」日に日光浴をする余裕があります。

    資格のある専門家の助言を受けるほうがさらに良いことですが、これによって副作用のリスクが最小限に抑えられます。

    均一な日焼けのために、それは日光浴の間に横になるよりむしろ活発に動くことを勧めます。しかし月経の間、そして暑さの中でさえ、肉体的な運動はさらに大きな出血と健康の悪化を引き起こす可能性があります。

    そのため、肌に暗い色合いを滑らかに保つためには、定期的に体の位置を変えるだけで十分です:背中から腹部へ、そして背中からひっくり返します。

    不幸なことに、多種多様なビーチ用化粧品の中に特別なクリームはありません - 月経中の黄褐色の活性化剤。製品を選ぶとき、女の子は個々の肌タイプによって導かれなければならないでしょう。

    肌が敏感すぎ、明るすぎて今年の日焼けセッションがなかった場合は、高いSPF 50保護指数を持つクリームを手に入れる必要があります。

    月経中の日焼け時の予防措置の遵守は、火傷、合併症の危険性を減らすでしょう、あなたが愛撫の太陽と美しい金色の肌のトーンを楽しむことを可能にするでしょう。しかし、多分もう一度考えてビーチへの行進を放棄する?健康はもっと高価です!

    毎月のサンベッドの害

    女性の体の重要な日の間に、いくつかの変化が起こります。ホルモンレベルが変わると、暑さから大量の出血が起こることがあります。月経中のサンルームは訪れることをお勧めしません、これは風呂、サウナ、入浴にも適用されます。

    重要な日の日焼け止めは健康に害を及ぼす可能性があります。

    • 突然の血圧低下(吐き気、脱力感、めまいがすることがあります)、
    • 月経時の強い痛み
    • サイクル不良が発生する可能性があります。
    • 感染の発生(暑さの間に細菌の増殖に好ましい環境を作り出す)、
    • 婦人科疾患の合併症(頸部びらん、嚢胞、虫垂炎、子宮内膜症)、
    • アレルギーの発生(身体の発疹、しみ、皮膚の刺激)
    • パピローマ増殖。

    気温の上昇により吐出量が大幅に増加します。空気が熱いほど、血液は血管内を速く移動します。したがって、月経中は、サンルームでキャンペーンを放棄する必要があります。

    サンルームで日焼けの分野で最新の技術でさえ状況を改善するのに役立ちません。日焼けブースに組み込まれているファンは過熱からあなたの肌を保護することはできません。

    重要な日には、ホルモンが変動するので、日焼けは不均一になる可能性があります。あなたが色素斑のある日焼けをしたくないならば、それは退院の終わりを待つほうがましです。

    月経中にソラリウムに行くことは可能ですか?すべてが重要な日の日焼けについて

    月経流出は女性に多くのクラスをあきらめさせる。 夏のアプローチで、月経中にサンルームに行くことができるのか、それとも直射日光の下で日光浴をすることが可能かどうか疑問に思う人が増えています。 専門家は紫外線の影響を放棄するように何人かの女の子に助言しますが他の人は日光浴のためにもっと準備ができています。

    サンルームへの旅行を安全かつ効果的にする方法

    弱いセックスの代表者は、常に美しく手入れの行き届いた外観を望んでいます。美しい肌の色を得る方法の1つは日焼けベッドです。これは日焼けするための迅速で安価な方法です。それはにきびを解消するのに役立ちます、肌にかぶれます。

    月経中に日焼けサロンに参加することは可能ですか、これは多くの女性にとって興味のある質問です。もちろん、それはすべて一人一人の女性の体に依存します。美しさは犠牲を必要としますが、延期することができる日焼けのためにあなたはあなたの健康を犠牲にするべきではありません。

    美しい日焼けをする方法

    1. 月経分泌物の期間に日焼けを拒否する、
    2. あなたが日焼けを必要とするならば、ハイキングサロンは月経の5-6日に動かされることができます、
    3. 紫外線を浴びる2時間前にシャワーを浴び、3時間後に
    4. 化粧品は人工日焼けのために特別なを使用する必要があります、
    5. 日焼けしている間、手順の後に、パッドの上に置くタンポンを使用してください、
    6. 敏感な部分を保護することをお勧めします。乳首にスティックを貼り付ける、髪に帽子を付ける、唇に衛生的な口紅を塗る、目に特別なメガネをかけるなどです。衛生上の目的で、コンタクトレンズを使用しないでください。
    7. 体調不良、めまい、吐き気がある場合は、日光浴をしないでください。

    結論として、私はサロンの1つの手順であなたは美しい日焼けを達成しないだろうと言いたいです。したがって、月経の終わりまで待って、健康に害を与えることなく完全に日光浴をするのが良いでしょう。私たちはあなた方全員に黄金の黄褐色を願っています!

    なぜあなたはサンルームと太陽に日光浴をすべきではないのですか?

    それでは、なぜあなたは月経中にサンルームで日光浴をすることができません:

    1. 放電量が増えます。各女性の月経はさまざまな方法で行われますが、遺伝学だけでなく、周囲温度も放電量に影響します。それが上昇するにつれて、血液は血管をより活発に流れる。したがって、毎月の間にそれは風呂とサンルームに行くことを拒否する価値があります。室内にエアコンが設置されていても、出血はそれほど多くはありません。
    2. 幸福の悪化失血は体の全身状態に影響します。脱力感、圧迫感、またはめまいが起こることがあります。
    3. 不均一な日焼け月経の間、ホルモンは女性の体内で変動するので、多くの人々は発疹、色素斑または皮膚色の変化の出現に最近気付きます。だから月経中のサンルームへの旅行は醜くてでこぼこした日焼けに変わることができます。
    4. 病気の合併症頸部びらんやマストパシーなどの婦人科疾患があると、症状が悪化することがあります。

    これは太陽の下での日焼けにも当てはまります。毎月が休暇中に落ちたとしても、絶望する必要はありません。数日待って日光浴をしない方が、後で休暇全体を治療して不快な結果に苦しむよりはましです。ビーチでタンポンを使用すると、炎症の可能性が高まります。生理用ナプキンを使用できない場合は、説明書に記載されているよりも頻繁に、そして常に入浴後にタンポンを交換する必要があります。

    一人一人の体は個性的で、月経期間中は日光浴をすることができると信じている女の子もいます。しかし、問題が明らかにされなければ、これはそれらが次回ではないという意味ではありません。欲求の瞬間のためにあなたの健康を危険にさらさないでください。

    それが存在する場合、毎月で日焼けベッドを訪問することは絶対に不可能であるという特定の禁忌があることにも留意すべきです。

    • 一般的な弱点
    • 痛みを伴う感覚
    • 大量排出
    • 婦人科疾患(マストパチー、頸部糜爛、子宮内膜症、虫垂炎、甲状腺疾患など)

    安全な訪問のためのヒント

    もちろん、黄褐色を与えるだけでなく、他の利点もあります。ビタミンDの不足を補い、にきびや皮膚炎などの発疹を和らげます。美しい日焼けをして健康に害を与えないためには、次の規則を守ることをお勧めします。

    1. 月経が始まったら、それがすでに終わっている別の日に訪問を延期するのが良いです。もしあなたが大人気で、月経があなたを止まらないのであれば、退院がほとんどなく終わったときに、月経の最も最近の日を選ぶ必要があります。
    2. 体調不良(腹痛、めまい、脱力感)がある場合は、その手順を拒否する必要があります。
    3. ソラリウムを訪れる2時間前、または3時間後に入浴またはシャワーを浴びてください。衛生上の理由から、洗濯物の下部を取り除くのは望ましくありません。
    4. 脆弱な地域を必ずカバーしてください。ニップルスティックにこだわる - これは特別な円で、頭に帽子をかぶり、唇に保護用の香油を塗る。コンタクトレンズは、手技の前に取り外し、日焼けベッドの保護メガネを着用することをお勧めします。
    5. 化粧品を最大限に塗る必要があります。日焼けベッド用の特別なローションとクリームは、日光を浴びるように設計されているものとは異なります。人工日焼けはそれがより少ない程度の放射線を持っているので自然より良性である。日焼けベッドを訪れる前日に肌をきれいにして、より均一な日焼けをすることをお勧めします。
    6. 少なくとも1日の休憩で10-12セッションを過ごすことをお勧めします。短い間隔(3〜5分)から始めて、ランプの持続時間と電力を徐々に増やしてください。

    要約すると、月経中にサンルームを訪れるのは望ましくないと言えます。美しさの名の下にあなたの健康を犠牲にしないでください。サロンへの訪問は数日間延期することができ、健康に害を与えることなく美しい青銅色の日焼けを得ることができます。

    Loading...