人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

乳児に食物アレルギーを起こす可能性のある食品とその治療方法

赤ちゃんが生後5〜6ヶ月のときにルアーに油を入れます。最初は野菜、そしてもう少し後はクリーミーです。最初の服用量はわずかで、ナイフの先端に合うようにします。つまり、約1グラムです(これは数滴です)。さらに、植物油を植物性食肉および肉用飼料に添加し(オリーブ油、最初の冷間圧搾が好ましい)、バターを粥に添加する。 2番目のケースでは、それがクリームから作られた製品に関するものであることが重要です(脂肪分 - 少なくとも82.5%)。脂肪が少ないことは別の名前 - 広がり - であり、そしてそれらはそれらの天然に様々な食品添加物によって置き換えられている。缶詰の餌では油添加物は不要になることを覚えておくことも重要です。それは必要量の動植物脂肪の形ですでにそこに存在しています。
子供とルアーのための油

なぜあなたは子供のための油が必要ですか?あなたのピーナッツが缶詰にされた(購入された)補助食品を食べたならば - 植物油はすでに彼になじみがあります。店ではピューレをよりよく同化するためにそれを加える。したがって、自分で野菜料理を調理する場合は、安全にオリーブオイルを一滴落とすことができます。クリーム製品は穀物澱粉穀物によく合います。しかし、あなたはビタミンを沸騰させる過程で破壊され、そして有害な不飽和脂肪酸から有害な飽和が形成されるので、それをプレートに直接加える必要があります。しかし、マーガリンやその他の「軽さ」(スプレッド)は乳児には禁忌です。

子供用の最初の植物油を選ぶのであれば、オリーブのままにしておくのが最善です。母乳とほぼ同じくらいの脂肪酸があります。時間が経つにつれて、それはひまわりとトウモロコシと交互に始めることができます。そして2年近く、菜種と大豆も与えます。彼らは店の缶詰マッシュポテトの一部です。しかし、そのような食べ物を買うことは、GMOの存在について構成を常にチェックするべきです。

子供のためのオリーブオイルや他のオイルはもう一つの重要な役割を果たしています - コレステロールを体に提供するということです。それはステロイドホルモンの合成とビタミンDの生産に参加し、また細胞膜の一部を形成するので、少量では、それは単に必要です、いくつかの消化過程に必要です。つまり、コレステロールがなければ、知的なものも含めて赤ちゃんの発育が損なわれる可能性があります。しかし、やはり、確立された基準に厳密に従うことが必要です。というのも、肝臓と膵臓の「油梗塞」は非常に目に付きやすいからです。また、あなたは慎重に牛タンパク質に不耐性の乳児にそれを追加する必要があります。

子供用の植物油この製品にはビタミンEが含まれているだけでなく、人体が自然に生成することができない不飽和脂肪酸も含まれています。一方で、そのような化合物は網膜および神経系の機能に必要とされる。したがって、成長した幼児は、オリーブ(ひまわり、トウモロコシ、大豆)油で味付けした新鮮な野菜のサラダをできるだけ早く教えるべきです。そしてそれは野菜のピューレとスープに加えることができます。それはまた揚げ物を調理するのにも最適です。熱処理はそれにとって危険ではなく、そして体に有害な発がん物質が放出されないからです。しかし、もちろん、それが1歳になるまで揚げ物はあなたの子供のメニューに表示されません。

ルアーにバターを入れてください。クリームから作られたバターをタイムリーかつ必須の方法でルアーに導入することが必要です。さらに、時が来れば、それはあなたの子供のメニューに毎日(もちろん、少量で)存在しているはずです。そして、ビタミンA、B、C、D、EとK、カルシウム、リン脂質、アミノ酸を体に提供します。子供用の植物油が5〜6ヶ月で提供される場合、クリーム製品は6〜7になります。生後6ヶ月、その人はその混合物を食べます - 早く、そして授乳中の人は - 遅くします。子供がアレルギーを患っている場合は、サプリメントにバターを入れる前に必ず小児科医に相談してください。しかし、繰り返しますが、赤ちゃんにそれを与えることは非常に便利です。結局のところ、それはエネルギーの供給源、不可欠な要素であり、神経系の適切な機能を確実にし、皮膚、ホルモン系、視力、髪の毛、筋肉および骨組織に有益に影響を与えます。 「クリーム」のユニークな性質 - 胃の中の傷や潰瘍、そして十二指腸の潰瘍を癒す彼の能力。それはまた消化力を正常化します。気管支の複雑な病気、皮膚の病気、風邪、結核の治療に貢献します。それは感染から若い体を保護します子供のためのバターはシリアル食品、すなわちシリアルと共に入り始めます。最初は1日2〜4グラム。年までに率は5-6グラムです。 3歳までに、カルプスは約15グラムを消費し、4年後には25になります。

最後に、私たちはもう一度繰り返します。子供にどの油を与えるかを選ぶとき、決してスプレッドを買うべきではありません。結局のところ、この製品は赤ちゃんに有害な要素を含んでいます - 香味料、乳化剤、安定剤、香味料…そして天然物と代替品を区別するのは簡単です:立法レベルではスプレッドがスプレッドであることを隠すことは禁じられています。

アレルギーの原因

ほとんどの子供の食物反応は出生から診断されます。刺激物は1つのプロダクトまたは複数である場合もあります。ほとんどの場合、アレルギー反応は牛乳に発生します。この成分からの牛乳粥や他の製品は禁止されています。

乳児では、消化器系はあまり発達していません。彼女の最後の転機は人生の最初の年全体に行きます。腸の粘膜表面は薄く、つまっているアレルゲンを血中に容易に通過させます。

消化器官は、重い食べ物を分解することができる酵素を十分に生産しません。調理されていない形のタンパク質は血流に入り、免疫系を刺激し始めます。

年齢とともに、免疫力は強くなり、消化器官はついに形成され、そして体はアレルギーを克服することが可能になります。したがって、たとえば、米、ズッキーニ、種子などの製品で、小さな子供にアレルギーが検出されたとしても、彼女が一生を通じて彼と同行するわけではありません。

病気の兆候

食物アレルギーはさまざまな形で現れます。症状は、製品を食べた直後、または数時間後に現れます。重症度は、刺激が体内に入ったときの内臓の状態、つまり免疫状態によって異なります。徴候の期間は数時間から数日であり得る。

特定の製品(ズッキーニ、米、プルーン、種子)を使用すると、皮膚と消化器系が最も頻繁に影響を受けます。皮膚病変の症状:

  • 体のさまざまな部分の発赤、
  • さまざまな発疹
  • 腫れ、
  • 患部の剥離
  • 頭の上、眉毛、耳の後ろに乾いた皮の形成
  • とげのある熱、おむつかぶれ、
  • かゆみ

消化器官がアレルギープロセスに関与している場合、症状は次のようになります。

  • 動揺している便(ほとんどの場合下痢、便秘は少ない)
  • 嘔吐、頻繁な逆流、
  • 拒食症、
  • 膨満感、ガス形成の増加。

呼吸器系の器官は病理学的過程に含まれ得る。この場合の症状は次のようになります。

  • 特徴的な水様粘液を伴う鼻水、鼻づまり、
  • 頻繁なくしゃみ
  • 喉頭浮腫および咳
  • 呼吸は困難です。

種子や米などの製品に対する子供のアレルギーは、ほとんどの場合、じんましんや血管性浮腫によって現れます。最初の症状は製品を食べた直後に観察されます。顔と目が赤くなり、嘔吐と下痢が現れます。症状は咳を伴うことがあります。

プルーンへのアレルギーは、個々の肌の発赤、吐き気、さらには嘔吐、下痢の形で現れます。

ズッキーニに対する食物アレルギーは、かゆみや発赤、嘔吐、下痢から始まります。体温が上昇します。それほど一般的ではありませんが、呼吸器系が影響を受けます。

牛乳や乳製品は、ほとんどの場合、嘔吐、頻繁な逆流、下痢、鼓腸、皮膚の発疹の形で消化器系疾患を引き起こします。牛乳のお粥も子供に与えることはできません(トウモロコシ、米)。

バターに対する反応は、皮膚の病変、粘膜表面の腫れ、消化器官の働きの障害、そして呼吸器系の機能障害によって現れます。

治療は、まず第一に、症状を引き起こす製品を除外することから始まります。追加審査の過程で、あなたは特定の刺激物を確立することができます:種子、ズッキーニ、米、プルーンまたは他の製品。

一般的なアレルゲン

どの刺激が子供に反応を引き起こすかを決定するために、あなたは病院環境で特別な手順を使うことができます。これは製品を排除し、不快な兆候を引き起こすことはありません。

種子に対する食物アレルギーは、アルブミンやグロブリンなどの物質の含有量が原因で発生する可能性があります。

アレルギーはひまわりやカボチャの種に発生する可能性が低いです。しかし、これは生の、またはよく乾燥された形の穀粒がある場合に当てはまります。野菜自体に反応がある場合、かぼちゃの種はアレルギーを引き起こす可能性があります。ヒマワリの種に対する反応が劇的に発達したならば、その理由はそれらにはないかもしれません。焙煎されていた植物油、不快な症状を引き起こす可能性があります。

ほとんどの場合、子供はゴマに対してアレルギーがあります。種子にはタンパク質が含まれており、これが刺激の原因になります。状況は、肝臓、膵臓および胆嚢の様々な疾患によって悪化する。

亜麻の種子は食品には使われていませんが、油から作られています。亜麻仁油を加えた料理は深刻なアレルギー作用を持つ可能性があります。妊娠中および授乳中の女性には制限を加えるか、完全に除外する必要があります。そして、もっとあなたはそれを最初の食べ物の皿に加えることができません。

アレルギーはプルーンを引き起こす可能性があります。ほとんどの場合、これは不適切な処理が原因です。ワックス、グリセリンおよび他の脂肪は果物を市場に出すために使われます。免疫力の低下や個人の体への不耐性も、プルーンに対する反応の一般的な原因です。

プルーンへのアレルギーはまれで、穏やかな形で起こります、例えば頬は赤くなります。この場合、あなたは調理中にプルーンを追加するだけでなく、生の子供にそれを与えることはできません。

プラム、チェリー、アプリコットに対する反応がすでにある場合、プルーンに対する交差アレルギーのリスクがあります。

子供が母乳で育てられている場合、この製品は腸の運動に役立つので、プルーンは母親自身が使用することができます。

ズッキーニは抗アレルギー製品です。最初の誘惑が始まるのは彼からです。しかし時々ズッキーニにアレルギーの症例があります。

ズッキーニへの反応にはいくつかの理由があります。遺伝的要因が重要な役割を果たしています。少なくとも1人の親がそのような問題を抱えているならば、そのとき状況は子供で繰り返されます。ズッキーニにアレルギーが発生する感染症や消化器系の疾患の背景にすることができます。赤ちゃんに混合物が与えられると、反応を起こす危険性が高まります。

最も一般的な最初の食事の食べ物はシリアルです。彼らは様々なシリアルから調理することができます。どの穀物が最初の餌として勧められますか?医者はトウモロコシや粥をお勧めします。お粥アレルギーの原因はいくつか考えられます。

  • 牛乳または山羊乳タンパク質
  • 穀物のグルテン含有量(大麦、小麦、オート麦、ライ麦)
  • 果物、ドライフルーツ、野菜(プルーン、ドライアプリコット、ズッキーニなど)を追加する。
  • 砂糖を加える。

ミルクのお粥は子供が1歳である期間の間最も残されています。調理中はすべてのお粥は水にする必要があります。

子供を知っている一番最初の群れは、そばにいるべきです。それはグルテンを含んでいないのでそれは低刺激性です。植物タンパク質(グロブリン、アルブミン)の含有量により、乳児のそばでアレルギーが発生することがあります。その反応は、そば粉のお粥で発生する可能性があります。

それはグルテンを含んでいないので、コーンポリッジは最初の補完的な食物として推薦されます。しかし、それはまた不快な症状を引き起こす可能性があります。店でコーンポリッジを購入した場合、アレルギーはあらゆる種類の添加物(砂糖、牛乳、果物のかけら)に現れる可能性があります。トウモロコシのお粥に対する真のアレルギーは、バターと砂糖を添加せずに、シリアルを家の中で水で調理したときに起こります。

米は有用な穀物に属し、そこからお粥などのおいしい料理を作ることができます。それはビタミンや微量元素を含む有用な物質をたくさん含んでいます。体はすぐに体に吸収され、エネルギーと強さを与える複雑な炭水化物が豊富です。

ご飯は非常に頻繁に子供にアレルギーを引き起こします。これが起こる理由はいくつかあります。

  1. 米に対する望ましくない反応は、しばしば遺伝的素因を持つ。
  2. ご飯が赤ちゃんの食事に含まれることが多すぎるという事実により、発疹や他の徴候が起こることがあります。たとえば、日中、子供はお粥と米粉の混合物を受け取りました。
  3. 米は固定効果があり、便秘が発症します。その結果、毒素が体内に蓄積し始め、それが様々な不快な症状を引き起こします。
  4. 米はグルテンを含んでいません。しかし、その穀物には大量のタンパク質が含まれており、その中には花粉タンパク質があります。

時々穀物に追加されているバターも、不要な反応を引き起こします。バターは、アレルギー性タンパク質(カゼイン、ラクトグロブリン、ラクトアルブミン)を含む牛乳から作られています。これらの成分は熱処理中でも消えない。

パーム油、海クロウメモドキ、ヒマワリ油など、1歳未満の子供や他の種類の油に料理を追加することはできません。

乳児の乳汁に反応して起こるアレルギーは、乳糖またはたんぱく質に関連しています。母親自身がこのタイプのアレルギーを患っている場合や、出産中にさまざまな病理学的条件がある場合(胎児の酸素欠乏、流産の危険、悪い習慣)、同様の問題が発生する危険性が高まります。

乳製品がアレルギーを引き起こすことはめったにありません。細菌はタンパク質を部分的に消化し、そしてそれは子供の体によりよく吸収される。発酵乳製品は最初の補助食品として示されていますが、賞味期限の短いものだけです。

幼児の砂糖アレルギーも発症する可能性があります。それは母乳とともに体に入ることが最も多いです。挑発的な要因は、授乳中の母親の誤った食事、免疫力の低下、異栄養症です。

医療イベント

治療は、主に3つの分野で行うことができます:食事療法、薬物療法、アレルゲン特異的免疫療法。ママは、製品が記録される日記と子供に対する身体の反応を記録する必要があります。赤ちゃんが母乳で育てられているならば、変化は女性自身のメニューに触れるべきです。

子供が牛の乳タンパク質にアレルギーがある場合は、使用されている適応混合物を変更する価値があります。この場合の治療は、山羊乳の混合物に移すことによって行われる。

子供の状態が彼の発達に影響を与える場合、薬物治療はまれに使用されます。医師は薬物の複合体を処方することがあります。

  • 治療は、錠剤、滴剤、シロップ剤、クリーム剤、軟膏剤(「Suprastin」、「Fenistil」、「Zyrtec」)の形で抗ヒスタミン薬を服用することから始まります。
  • ホルモン成分に基づく薬(「デキサメタゾン」)
  • 腸管吸収剤(活性炭、 "Enterosgel")、
  • 腹部不快薬(エスプミザン、プランテックス)、
  • 治療には酵素製剤(「Creon」、「Festal」)の摂取が伴います。
  • 鎮静剤(バレリアン、マザーウォート)。

アレルギーは数日で治ります。あなたが医者の勧告に従っていて、そして適切な栄養に固執するならば、アレルギーは3-4日目に起こります。

彼らは何歳から子供にバターを与えますか?

バターは生後8ヶ月で授乳中の赤ちゃんの摂食に表示されます。 適応混合物を受け取った赤ちゃん、そのような製品は少し早く - 6ヶ月という早い時期に食事療法に導入されます。 人気のある医者Komarovskyは、子供がケフィア、カッテージチーズ、シリアルを熟知してから8ヶ月以内に補助食品にバターを入れることを勧めます。

子供が野菜、穀物、植物油を試した後、バターの知識が必要です。 ほとんどの場合、バターはその味を改善するだけではないので、シリアルのお粥のサプリメントとして補助食品に含まれています。しかし、シリアルからのデンプンの消化率にもプラスの効果があります。同時にgrubにオイルを加えることは役立つ前にあるべきです (グリットで調理しないで、すでに準備された皿に入れてください)。

赤ちゃんのためのバターの最初の部分は約1グラムです。それはナイフの端にある少量の製品に相当します。通常の携帯性では、製品の部分は、小さじ1杯になるまで徐々に増加します(バター約5 g)。

赤ちゃんのバターアレルギーはどのように

食物アレルギーはアレルギー反応の最も一般的な種類の一つです。 Она может развиваться даже у грудничка, который кроме материнского молока пока ничего не получает. В этом случае причина кроется в рационе мамы, требуя его пересмотра и составления специальной диеты .

К числу наиболее сильных аллергенов относят коровье молоко. それは、熱処理に耐性があるタンパク質を含み、製品を加工した後でも、アレルギーを引き起こす可能性があります。だから、アレルギー反応はチーズ、練乳、バターで発生することがわかります。

幼児のアレルギーはかなり明るいです。摂食後数時間で、彼は以下のような症状を経験するかもしれません:

  • 腹痛、疝痛、
  • 頻繁な逆流
  • 消化不良 - 便秘、下痢、
  • 不安、睡眠不足、
  • 皮膚の発赤、かゆみ、燃焼、
  • 皮膚の発疹の外観。

もちろん、そのようなアレルギーは、バターだけでなく、あらゆる食品への答えになり得ます。その理由が何であるかを理解するために、母親は彼女の食事を非常に注意深く見るべきです。

アレルゲンがその仮定を決定または確認することをより容易にするために、授乳中の母親は彼らが彼らがどの食物を摂取しそしてその後に赤ちゃんがどのような反応を示すかに注意する彼らの食事の日記を始めるように勧められる。

アレルゲンが特定されたら、たとえそれがバターであ​​っても、それはあなたの食事から除外されるべきです。もちろん、それを使用しないで管理するのは困難です。それはさまざまな料理や製品の一部なのでですが、赤ちゃんの健康に気をつけて自分で特別な食事を作る価値があります。バターを取り替えることはヒマワリまたはオリーブである場合もあります。この場合の後者の方がもっと便利でしょう。

赤ちゃんがすでに補完的な食品を紹介することを許可されている場合、医師はアレルギーの少ない野菜から始めることをお勧めします。同時に、野菜のピューレを作る間、母親はそこに野菜スープを調理するときに得られるもの以外に何かを加えるべきではありません。油は少し後で使用することができます、子供の消化管が強くなると、それはそれを処理することができます。同時に、あなたはそれらの最小量から始めて、脂肪を加える必要があります。

しかし、野菜のピューレを少量のバターで満たしても、母親は子供がアレルギーの症状を示し始めたことに気付くかもしれません。この場合は、赤ちゃんの食事からこの製品を除外して、たとえば植物油に置き換えてください。そのような状況では医師に連絡することが不可欠です。

アレルゲンと繰り返し接触するとより重度の反応が起こり、子供の健康に危険をもたらす可能性があることが知られています。

何がアレルギーを引き起こしたのかを正確に理解するために、医者は子供にその診断を紹介しなければなりません。最初に、彼は実験室分析のために献血する必要があるでしょう、その過程で、この場合アレルギー反応があるのか​​、それとも別の病気があるのか​​は明らかです。次のアレルギーテスト彼らの助けを借りて、あなたは正確にアレルゲンを決定することができます。今日の天然バターを見つけるのは非常に困難であり、牛乳の最小量がそれに加えられるという事実を考えると、アレルギーは特定のタンパク質ではなく、一般的な防腐剤または染料によって引き起こされる可能性が高いです。味、貯蔵寿命を延ばす。

アレルゲンが特定された後、我々は治療法とさらなる予防について話すことができます。それがまだ乳タンパク質であるならば、それから赤ん坊の食事からバターだけでなくその組成牛乳を持っているすべての製品を除外しなければならないでしょう。

赤ちゃんがそのような便利な製品を使うことができなくなるという事実について心配しないでください。ほとんどの子供たちにおいて、アレルギー、特に食物は時間とともに消えます。それゆえ、おそらく、数年間のアレルギーテストを繰り返した後で、小さな患者におけるアレルギー反応の傾向がもはや観察されないことを決定することは可能でしょう。その間、あなたは食事療法に従うべきです。赤ちゃんの牛乳、バター、製品にその内容を入れないでください。

薬物治療に関しては、それは標準的なプログラムに従って実施されるであろう。アレルギーの症状がそれほど顕著でなければ、食事から油を取り除いた後に、彼らは自分自身で合格する可能性があります。しかし、アレルギーの子供の症状が重大な不快感をもたらす場合には、薬を使用する必要があります。

医師が処方する最初のものは、アレルギー反応の症状を軽減するのに役立ちます抗ヒスタミン薬です。鎮静作用および催眠作用を伴う、以前に使用された第一世代の薬物であることに留意すべきである。それらは体系的に適用されるべきであるので、それらはまた多数の副作用を引き起こした。しかし今日では、人の健康にとって最も安全な、長期にわたる行動を特徴とする、第2世代と第3世代の代表者にますます注目が集まっています。

そのような手段の巨大な選択はあなたが特定の子供に合ったものを選ぶことを可能にします。これはLoratadine、Fenistil、Zodak、Zyrtec、TelfastまたはTrexilです。医者によって処方された薬を服用するとき、それはまた特に過剰摂取の場合にはアレルギーの発症を引き起こす可能性があるので、その服用量に従うことが必要です。

皮膚の症状が発生した場合は、それらを除去するために非ホルモン軟膏またはクリームを処方します。そのような手段は子供にとって可能な限り安全であり、事実上副作用がなく、それらは長期間使用することができる。しかし、薬があまり効果的ではなかった場合は、医師はホルモン剤をお勧めします。これは細心の注意を払って使用する必要があります。

ホルモン軟膏は中毒性があるため、短時間しか使用できず、ベビークリームで薄めて徐々にそれらをキャンセルすることができます。

私たちが石油に対するアレルギーの予防について話すならば、その発生の可能性を完全に排除するための方法を選ぶことは困難です。しかし、リスクを大幅に減らすための対策を講じることができます。これはそれの価値がない前に、子供の食事療法に油を入力して、小児科医の推奨事項に従ってください。製品を選ぶときは、製造元と組成、そして保存期間に注意を払うようにしてください。オイルの食事療法への導入を始めることは最低量とあるべきです。

今日では、子供も大人も、天然物を食べることからどんどん遠ざかっています。特に大都市では、生態学的状況も満足のいくものではありません。これらすべての健康への影響は非常に不快です:アレルギーが始まります。

免疫グロブリンの活発な生産のためにアレルギー反応は身体によって引き起こされます。言い換えれば、それは免疫のある種の失敗であり、その結果は不快感や痛みをもたらし、健康状態の悪化や深刻な健康上の問題を引き起こす可能性があります。

アレルギーを引き起こす製品の1つはそれに含まれている牛乳とカゼイン、アルファ - ラクトアルブミンとベータ - ラクトグロブリンです。それらは、人体にうまく吸収されないタンパク質である高温と低温の影響に耐性があります。それでも、自然は牛乳、特に子牛を最適に吸収します。子供と大人の間で牛乳にアレルギーがある人がたくさんいます。 1歳未満の乳児のほぼ半数が同様の反応を示します。

発酵乳製品は、ある程度まで細菌がタンパク質を処理し、それらがより良く消化することを可能にするという事実のために、より少ない程度でアレルギー性である。しかし、バター発酵乳は異なる性質の不快な反応を引き起こすことはありません。

最大1年間の乳児のバターに対するアレルギーは、2つのケースで起こり得ます:この製品によって食べられた母親のミルクに対する反応、またはサプリメントに直接投与されること。

いずれにせよ、最初にやるべきことは 食事からアレルゲンを取り除く。それでも赤ちゃんが母親の母乳以外に何も食べないのであれば、ママは乳製品を控えるべきです。

第一に、食事は厳格でなければなりません。つまり、牛乳とバターだけでなく、すべての発酵乳製品を除外することが必要です。アレルギーの外部症状が過ぎると、あなたは少しカッテージチーズ、ケフィア、ヨーグルト、チーズを食べ始めることができます。ミルクとバターは食事をしないことによるアレルギーがより硬い段階に変わることがあるので、食べないほうがいいです。

6ヶ月後に子供のお粥に直接加えられるバターへの反応の場合には、あなたはそのような添加物を拒絶するべきです。あなたは特別に子供のために準備されたアレルゲンオリーブ、菜種油、亜麻仁油、クルミ油を置き換えることができます。そのような製品は、スーパーマーケットや専門店の子供向け部門で見つけることができます。

残念ながら、国内の食料品市場は高品質の製品を誇ることはできません。多くのそして多くの乳製品は実際にはかなりの割合の植物性脂肪、防腐剤および砂糖を含んでいます。アレルギーは、天然のバターママや子供の代わりに質の悪い偽物を使用しているという事実によって説明することができます。これは、皮膚、腸または呼吸器の反応だけでなく、体内への有害物質、毒素および発がん性物質の蓄積、さらには腫瘍の形成さえも含んでいます。製品の選択に細心の注意を払うと、食物によって引き起こされるアレルギーやその他の病気のリスクを減らすことができます。

アレルギー反応が子供に見つかったときにすべき主なことは医師に相談することです。小児科医は、さまざまなアレルゲンについて検査を行い、この問題の原因を特定することをお勧めします。食事療法に加えて、赤ちゃんの体がより早く通常の状態に戻るのに役立つ抗ヒスタミン薬のコースも必要になります。

  1. EnterosgelやPolyphepanumなどの腸管吸収剤は、アレルゲンや毒素を体から素早く除去するのに役立ちます。
  2. Tavegil、Zodak、SuprastinまたはFenistilは発赤とかゆみを除去します - アレルギーの最も不快な症状。
  3. 状況が無視され、上記の手段が役に立たない場合は、ヒドロコルチゾンなどのホルモン軟膏が外皮に使用されます。注意して、厳密に小児科医の目的のためにそれらを適用してください。

幼児のアレルギーは、もちろん、不快な現象ですが、 ほとんどの場合、十分な治療を受けやすい。あなたはあなたの子供が特定の製品の彼自身の全生涯を自分自身で制限しなければならないことを恐れてはいけません。

ほとんどの子供たちはアレルギーを伸ばします。ここで最も重要なことは、すべての素因の徴候が完全に消えるまで食事をたどり、次に「危険な」製品を少しずつ導入し、子供の幸福のすべての変化に敏感に反応することです。しばらくすると、赤ちゃんの体は牛乳のたんぱく質を含むさまざまな食べ物、つまりバターを吸収する準備が整います。

授乳中の母親にとって適切な食事は必須です。新製品を使用する前に、この食品を食べることが可能であるかどうか、そしてそれが赤ちゃんに害を及ぼすかどうかという疑問が常に生じます。

それは本当に痛いことがあります。赤ちゃんの体は新しい状態に適応するだけで、しばしば新しい食べ物を否定的に認識します。授乳中の赤ちゃんはアレルギーや疝痛を患っています。そしていくつかの製品は中毒を引き起こすか、あるいは子供の発達を遅らせることさえあります。

授乳中の母親のメニューに新製品を導入するには、赤ちゃんの健康を注意深く監視することが重要です。あなたは赤ちゃんの椅子の違反を見れば。発疹や発赤、消化不良、そして新しい食物の摂取は少なくとも1ヶ月間は中止されるべきです。

小児科医は母乳育児時に禁止食品にバターを運ばない。ただし、注意して使用することをお勧めします。

この製品には大量のビタミンA、D、E、さらにホスファチドや多価不飽和脂肪が含まれているため、このオイルには多くの有益な特性があります。それがいくつかの重要な機能を実行するので少量でそれは完全な開発のために必要です。

  • 赤ちゃんの正常な成長と発達に貢献します。
  • 免疫システムを強化する
  • 視力を維持する
  • 肌の状態を改善する
  • 育毛を提供します
  • 母乳の組成に対する有益な効果
  • 腸や胃の手術後に体を回復させます。
  • 血管の壁を形成する
  • ホルモンを作り出す
  • 甲状腺を正常化します。
  • 体を清潔にする
  • 癌から保護します。

バターは簡単に消化され消化されます。したがって、少量の製品は母親と赤ちゃんの両方に疝痛や他の消化不良を引き起こさないでしょう。

しかし、頻繁に大量に使用すると悪影響を及ぼすことになります。

  • 血糖が上昇します、
  • アテローム性動脈硬化症、心臓や血管の病気の発症
  • 体重増加と肥満

しかし、あなたが対策に従えば、バターは可能であるだけでなく消費されることも可能です。

バターは、子供の適切な発達と出産後の母親の急速な回復に必要な、豊かで自然な製品です。もちろん、それは危険をはらんでいます。高コレステロール含有量による製品の過剰摂取は血糖を増加させ、体重を増加させます。しかし、あなたが投与量と使用の規則に従えば、それはそれだけで恩恵を受けるでしょう。

最大使用量は1日あたり10〜30グラムです。

野菜料理やシリアルに油を入れることができます。それはキビ油、ポテトとパスタによく合います。授乳中の母親にとっておいしいと栄養価の高いものは、バターのサンドイッチになります。パンは粗粒穀物の種類を取る方が良いです。ふすま、ライ麦、小麦パンと一緒に有用なパンを母乳で育てるとき。

多くはフライパンにバターを使用するのに慣れています。それを拒否することをお勧めします。このようにして揚げたパスタ、ジャガイモ、野菜またはチキンは、非常に太って高カロリーになります。これは、母親の体重、および乳児の腸の機能に悪影響を及ぼします。しかしゆでパスタやポテトでは、バターの小片を追加することができます。

赤ちゃんの人生の最初の3〜4ヶ月で、油で揚げた食品は食事から排除されるべきです。野菜の煮込みと肉の煮込みをお勧めします。植物油、オリーブ油、ゴマ油、亜麻仁油のシチュー製品。あなたが授乳中の母親を食べることができる野菜の種類は、記事 "母乳育児時の野菜"で見つけることができます。

母乳で育てることができるときバター。しかし、投与量を覚えています!

出典:まだ!

食物アレルギーは乳児の間で一般的な病気です。結局のところ、子供の体は人生の新しい条件に慣れるだけであり、常に新しい製品を受け入れていません。興味深いことに、最初の2、3週間でほとんどの赤ちゃんは顔に赤い斑点があります。発疹は、赤ちゃんが子宮内に入る母親のホルモンが原因で現れます。しかし、そのようなアレルギーは生後1ヶ月で消え、治療を必要としません。

食物アレルギーは性質が異なり、発疹の形で現れるだけではありません。まれに、この反応は特別な食事療法で治療されるべきです - 薬の助けを借りて。ただし、薬を処方できるのは医者だけです。自己投薬は問題を悪化させるだけで、合併症を引き起こします!

食物アレルギーを認識するためには、それがどのように見えるのかを知る必要があります。症状は3つのグループに分けられ、それぞれに特定の兆候があります。

原因と症状

バターを使用したときのアレルギー反応は、その組成物に含まれる耐熱性タンパク質 - アルファ - ラクトアルブミン、カゼインおよびベータ - ラクトグロブリンから発生します。これらの物質は牛乳に含まれており、加工後もその特性を保持しており、強力なアレルゲンです。

これは、そのような不寛容を持つ子供は他の乳製品 - チーズ、カッテージチーズ、ケフィア、牛乳 - を食べることができないことを意味します。 また、授乳中の母親が食べたとしても、赤ちゃんはバターに反応することがあります。 それからアレルゲンは母乳を通して体に入ります。

この製品への不耐性の症状は、授乳後数時間の乳児に起こります。

さまざまな程度の重症度で、子供は以下の症状を経験する可能性があります。

  • 睡眠障害および全般的な不安
  • 下痢や便秘
  • 頻繁で豊富な逆流
  • 一般的な消化不良、鼓腸、腹痛、または疝痛、
  • かゆみを伴う、子供の体の赤みと発疹の形成。

症状の強さはさまざまな要因によって異なります - 子供の年齢、摂取されるアレルゲンの量と質。 場合によっては、特にそれが安い製品であるならば、アレルギー反応はバターに含まれている他の添加物に起こるかもしれません。

アレルギーが赤ちゃんの健康に悪いという事実に加えて、体の脱水とそれからの有用な物質の浸出の危険があります - これらは頻繁な逆流と便の障害の結果です。

重要です! これらの症状が数時間以内に消えない、または悪化しない場合、子供は緊急医療を必要としています!

疝痛は激しい痛みを伴い、落ち着きのない睡眠につながります。したがって、乳児のアレルギーが疑われる場合は、間違いなくその根本的原因を突き止めて治療を開始する必要があります。

皮膚の発疹は健康に危険ではありませんが、バターからのアレルギーのそのような症状は子供に顕著な不快感を与えます。この反応の例は上の写真で見ることができます。

治療と予防

アレルギーを治療する前に、これがアレルゲンであり、他の製品ではないことを確認することが不可欠です。 Существуют различные анализы, позволяющие точно установить аллерген.

Другой способ определить, на что у грудничка аллергическая реакция – строгий контроль его рациона и питания кормящей матери. Из меню на время убирается определённый продукт, и ведутся наблюдения за реакцией.

重要です! 乳児にアレルギーを引き起こす原因を突き止めるための最善の方法は、食品日記を続けて、追加の食品を徐々に追加することです。

アレルゲンが確立された後、医者は子供のための処置を処方します。 あなたがバターに対してアレルギーがあるならば、子供の状態を改善するための最初で最も重要な手段は食事から製品を完全に排除することです。

アレルギーが牛乳に含まれるたんぱく質によって引き起こされる場合、他のすべての乳製品もメニューから除外されます。同時に、バターや牛乳は子供のピューレ、クッキー、デザートの構成に含まれることが多いので、完成品の構成を慎重に検討する必要があります。

アレルギーが目立つ場合には薬物治療が行われ、メニューからアレルゲンを除外した後の改善はゆっくりと起こります。 通常、抗ヒスタミン薬や他の薬を服用して症状を緩和します。

特定の抗ヒスタミン薬は、子供の状態と特徴に基づいて医師を選択します。

これらは以下のとおりです。

重要です! 抗ヒスタミン薬を服用するとき、あなたは薬の処方された投与量と計画に従わなければなりません。過剰摂取の場合、副作用が起こる可能性があります。

皮膚のアレルギー性発疹の治療には、軟膏とクリームを塗ります。 軟膏はより活性な物質を含み、点状に塗布されます。クリームはより軽い質感を持ち、体の広い領域に適用することができます。

ほとんどすべてのそのようなアレルギーはホルモン性です、従ってそれらは非常に注意深く使用されるべきです。 乳児の治療には、通常、非ホルモン系薬が選択され、効果がない場合にのみ置き換えられます。

幼児のアレルギーを治療するための最も一般的な軟膏:

重要です! 子供のアレルギーを治療するとき、それは自己瞑想することは不可能です - これは非常に危険であり、深刻な結果につながる可能性があります。

必要に応じて、便秘、下痢、疝痛などの症状の治療薬が治療に追加されます。

  1. ろうそくのGlitselaksとDuphalacのシロップ - 便秘から。
  2. 下痢から - ニフロキサジド - 日没を停止します。
  3. ボリック、エスプミザンを落とす - 疝痛と。

アレルギーを持つ赤ちゃんのために、新製品は細心の注意を払ってそして最初は少量でサプリメントに導入されています。低刺激性野菜のピューレを与える方が好ましい。バターは野菜やオリーブに置き換えることができます - それはさらに便利になります。

結論

バターアレルギー - 不快な現象という事実にもかかわらず、それは簡単に治療可能です。 主なことは、すべての症状が消え、その後消えるまで食事療法に従うことです。 しばらくすると、子供の健康状態を見ながら、メニューに製品を慎重に入力できます。

たとえ赤ちゃんが不寛容を示していたとしても、それが生涯を通じて持続するという意味ではありません。ほとんどの子供は年齢によって異なる食物アレルギーを持っています。

なぜチーズに対してアレルギーがあるのですか、そしてなぜそれは危険なのですか?

各製品には、それぞれ独自の便利なプロパティがあります。あなたが健康的な自然食品に基づいて食事を作るならば、健康、活力と良い外観は提供されます。しかし、すべてがそれほど単純なわけではありません。 (さようなら...

良いアドバイス

多くの疾患の一般的な症状は重度の温熱療法です。体温の上昇は危険な状況であり、悲惨な結果を招く可能性があります。これは、患者が解熱剤を服用する必要があることを意味します。 (評価はまだありません)Loading ... ...

ニコチン酸は19世紀に発見されましたが、20世紀半ばに病気の治療に使われるようになりました。現在ナイアシンはさまざまな神経疾患の治療に使用されています。他の医療と同じように...

Diaskintestはマンタテストに代わるものです。マンタに禁忌があるか、または正確に診断を確定することが不可能であるならば、彼は処方されます。薬へのアレルギーはめったに起こりません、しかし、それは難しくそして結果として....

子供のための油の利点

- 植物によって、おいしいクリーミーなまたは特定の味があります。

- 脂肪、飽和および不飽和脂肪酸とコレステロールの供給源。

- 脂溶性ビタミンA、D、E、Kを含みます。

- 脂溶性ビタミンの吸収を助けます。

- コレステロールの吸収性を低下させる植物ステロールを含みます。

- リン脂質(レシチン)を含みます。

油の組成

バターは最も高カロリーの食品の一つです。バターは100 gあたり約748 kcal、植物油は898〜899 kcalです。少量の油を食物に加えると、皿全体のエネルギー値が大幅に上がります。

動物性と植物性の両方の油には、子供の体の発達に必要な脂肪が含まれています。バターには、脂肪と植物油が82.9%含まれています。植物性脂肪は動物よりも簡単で吸収性が高いので、それらはより有益であると考えられています。さらに、それらは不飽和脂肪酸を含んでいます。そして、それは血液中の「悪い」コレステロールとグルコースを減らして、そして免疫システムを刺激します。

このような高脂肪含有量は、消化の問題を引き起こす可能性があるので、油を大量に使用することを可能にしない。子供と大人はそれらに味と香りを与えるために準備ができている食事に少し油を加えることができるだけです。

油は必須脂肪酸アミノ酸オメガ3とオメガ6を含んでいます、我々は彼らが食物と一緒にそれらを得るだけで、私たちの体はそれらを合成することができません。彼らは魚油が豊富であるので、魚油は子供たちにとって有用な栄養補助食品です。必須脂肪酸はすべての乳児用調製粉乳に含まれています。

必須脂肪酸は子供の成長、神経系の正常な発達、視力と肌の状態の改善に必要です。

オメガ6はオメガ3よりも食物に多くみられますが、体にはオメガ6よりもオメガ3が必要です。すべてのオメガ3油のほとんどは亜麻仁油に含まれています。

油に含まれる脂肪は、野菜、果物、ハーブ、穀物、特にカロチン(ビタミンA)に含まれる脂溶性ビタミンの吸収を促進します。野菜と果物のサラダ、そしてお粥には油を加えるべきです。

リン脂質

リン脂質は、リン酸と他の原子団を含む複雑な脂質です。リン脂質は脳を含むすべての細胞の膜の一部です。植物油はリン脂質の源の一つです。油中のリン脂質はレシチンに代表されます。

タンパク質はバター中にしか存在せず、その後少量存在します。植物油では、それらはまったくありません。

脂溶性ビタミンDとAは動物由来であるためバターにのみ含まれていますが、植物油には含まれていません。赤いパーム油だけがビタミンAを含んでいます。

脂溶性ビタミンEはすべての植物油に大量に含まれています。そのほとんどはひまわり油にあります。ビタミンKはひまわり油にも含まれています。

フィトステロール

植物油に含まれる植物ステロールは、腸内の「悪玉」コレステロールの吸収性を低下させ、抗発ガン作用を持ち、細胞膜を安定させます。それらのほとんどはコーン油中にあり、そしてそれらは大豆およびオリーブ油中にもかなりの量で存在する。

表中の製品100g当たりのバターおよび種々の植物油の組成をより詳細に検討する。

子供に何歳から油を与えることができますか?

サプリメントとしてのオイルは、6ヵ月後に赤ちゃんの食事に導入されます。子供が牛のたんぱく質に対してアレルギーがなければ、バターを塗ることができます。植物油は、それらが作られている穀物のタンパク質を微量含んでいる可能性があるので、穀物にアレルギーがあることを考慮に入れなければなりません。

子供にどれだけの量の油を与えることができます

油は完成料理の100グラムあたり5グラムでサプリメントに追加され、ビタミンが分解するので、それは油を加熱することはお勧めできません。バターは、シリアル、植物性ピューレの植物油に追加するのが良いです。どのような種類の油を摂り始めるのかはあなた次第ですが、これは好みの問題です。植物油はより栄養価が高いが、バターよりも吸収されやすい。

あなたが料理に追加し、調理時に使用するすべての油の量を考慮してください。

子供用バター

バターは6か月後に補助食品として子供に与えることができますが、通常それは穀物に加えられ、穀物は母乳育児で7-8か月、人工で5-6か月のどこかに野菜ピューレの後に導入されます。

バターは十分な量のビタミンAとDを含んでいますが、ビタミンEの含有量で植物油より劣っています。

バターは抗発癌作用を持つ酪酸とリノレン酸を含み、ラウリン酸は抗真菌作用と抗微生物作用を持ち、そしてレシチンは血中の「悪い」コレステロールのレベルを減らします。
WHOの勧告によると、彼らは飽和脂肪を大量に含んでいるので、子供の食事中の動物性脂肪を制限することが必要です。しかし最近の研究は、飽和脂肪が血管に沈着する「悪い」コレステロールの含有量を増やすだけでなく、「悪い」を破壊するのに必要な「良い」も増加させることを示しました。それらは炭水化物とは対照的に体重増加に寄与しません。したがって、それらは体には有用ですが、数量は限られています。

それがミルククリームだけから作られるならば、バターは本当であると考えることができます。植物性脂肪がバターに追加されている場合、これはバターではなくスプレッドです。ロシアの石油生産者の中には、製品をバターと呼ぶことで植物油をそこに加えることで、顧客を騙します。

ヨーロッパの基準はより厳格です - 彼らにとって、バターは少なくとも80%の量で乳脂肪だけを含むべきです。ロシアの基準によると、バターは少なくとも70%の脂肪含有量を持ち、植物性脂肪、色および風味を含むことがあります。

脂肪分82.5%の伝統的なバターについてRoskachestvoがまとめた評価によると、次のブランドのバターが最高と見なされています。

- 無塩スイートクリームバター「Brest-Litovsk」プロデューサー、JSC「Savushkin Product」ベラルーシ。

- ベラルーシでSavushkin Product OJSCによって製造された無塩のスイートクリームバターSavushkin。

- JSC「Ruzskoe Milk」ロシアの伝統的なバター「Ruzskoe」プロデューサー。

- バター "トラディショナル"ファーム - LLC "TULCHINKA.RU"ロシア。

- バター "トラディショナル" Lattesco - 信仰のパートナーシップ "CHEESE STARODUBSKY"ロシア。

- 伝統的なバター、ヴォログダの伝統 - OAO Ankovskoyeロシア。

- LLC農業生産協同組合によって生産されたオイル伝統的な甘いクリーム無塩の「Asenevskaya農場」「農業アルテル(集団農場)モスクワ」ロシア。

- バター「Prostokvashino」はJSC「DANONE RUSSIA」ロシア製です。

- Ozeretsky乳製品工場CJSC Russiaが製造した、甘いクリーミーな無塩バター“ Ecomilk”。

子供のためのひまわり油

ひまわり油はすべての食料品店にあります。子供用のひまわり油は野菜料理と一緒に与えることができます、それはその上にパンケーキや他の製品を調理することが可能です。ひまわり油はビタミンEの含有量で、特に直接抽出の油の中でそのすべての植物油よりも優れています。ビタミンEは強力な抗酸化物質で、赤ちゃんの成長に必要です。

またヒマワリのオイルで血の凝固を調整するビタミンKが含まれています。
多価不飽和脂肪酸の含有量においては、ビルジ油だけがヒマワリより進んでいます。 45〜60%がリノール酸(ω− 6)、1%リノレン酸(ω− 3)および25〜40%オレイン酸(ω− 9)のどこかにある。

直接圧搾ヒマワリ油は既製料理で満たされている必要があります、そして洗練されたものであなたは炒めて煮込むことができます。

オリーブ少数の子供

オリーブオイルは、ひまわりに次いで2番目に人気があります。ひまわり油よりも有用だと考える人もいますが、多価不飽和脂肪酸やビタミンEの含有量が少ないため、これは完全には当てはまりません。

しかし、オリーブ油にはモノ不飽和脂肪酸があります:オレイン酸(オメガ9)とパルミトレイン酸(オメガ7)、これらの酸は私たちの体内で合成することができますが、それらは健康のために非常に重要です。

オレイン酸(オメガ9)の含有量 - 約60〜85% - オリーブ油は、他のすべての油よりも優れています。この酸は血液中のコレステロールとグルコースの濃度を下げ、インスリンに対する細胞の感受性を高め、癌に対する予防効果があります。

パルミトレイン酸は免疫システムを強化します。
オリーブオイルに含まれるオメガ3とオメガ6はほとんど含まれていません。食べ物でしか手に入りません。

子供のための亜麻仁油

それは最もオメガ3(アルファ - リノレン酸)を含む - 約55%、そしてそれはまた、オメガ6(リノール酸)を多く含む - 約20-30%とオメガを含むので、Lyanoe油は子供のための最も有用な油です。 -9(オレイン酸) - 約15〜30%。それはオリーブ油よりもはるかに多くの多価不飽和脂肪酸、約67.5%を含んでいます。

しかし、それには大量の遊離脂肪酸が含まれているので、あなたはリーンオイルで食品を揚げることはできません。しかし、準備ができて食事やサラダを補充するために、それは完全に合います。
ラバー油の短所は、12ヶ月以内しか貯蔵できず、脂肪の酸化がそれほど速く起こらないように冷蔵しなければならないことです。

子供のためのコーン油

不飽和脂肪酸の含有量に関しては、コーン油はヒマワリとリヤノイより劣っています。ひまわり油、パーム油、菜種油のみがビタミンEのコーン含有量を上回っています。しかし、コーン油はこれらの指標でオリーブオイルを大幅に上回っています。

トウモロコシ油の主な利点は、最大数の植物ステロールの含有量と、それが熱に対して非常に耐性があるという事実です(有益な特性を失いません)。
とうもろこし油最高のフライ食品。

子供用大豆油

大豆油 - 世界中で使用されている最も一般的で安価な油の1つ。大豆油はリン脂質(レシチン)の主な供給源と考えられています - それはすべての細胞膜を構成する物質です。

大豆油の組成はひまわりに近いが、オメガ-3の含有量ではそれから勝つが、ビタミンEの含有量は劣る。

大豆油は、乳児用調製粉乳、シリアル、野菜および肉のピューレ、ならびに様々な食品に添加される。牛タンパク質にアレルギーを持つ乳児に与えられる大豆混合物さえあります。大豆油は子供に無害であり、さらには有益です。

子供用パーム油

それは私達が上で言ったように飽和脂肪酸の内容のすべてのオイルを追い越す、それらは健康に有害ではないが、不飽和のものはより有益である。

赤パーム油はビタミンA含有量のリーダーであり、食事療法の最初の源の1つと考えられています。

ビタミンEの含有量では、パーム油はひまわり油だけに劣ると同時に、トコフェロールではなく、トコトリエノール、体の発達に必要な物質が含まれています。

パーム油は、それが脂肪の混合物を母乳にできるだけ近づけるのを助けるので、乳児用調製粉乳に加えられる。ますます、パーム油ではなく、その誘導体 - パームオレインまたは「スーパー」オレインが混合物に添加されている。それらはパーム油の悪影響を引き起こさず、そして全ての良い性質を保持します。あなたは記事でパーム油についてもっと読むことができます:「パーム油なしで混ぜる」。

子供のための菜種油

菜種油にはエルカ酸(オメガ9モノ不飽和脂肪酸)が含まれていますが、心臓や血管には高濃度ではないため、健康には良くありません。キャノーラ菜種はこの酸の最小量(2%)を含んでいるので、この菜種油は健康に有害ではなく、食品目的に使用することができます。

ロシアでは、5%未満のエルカ酸含有量の菜種油が食料生産に許可されています。それは乳児用調製粉乳、シリアル、ベビーピューレ、クッキーおよび他のペストリーに加えられます。

菜種油にはたくさんのビタミンEが含まれています。

菜種油は、オメガ-3(リノレン酸)が豊富で、ビルジ油よりも濃度がわずかに劣っています。そしてオメガ9(オレイン酸)の含有量は、オリーブオイルに次ぐものです。菜種油では、オメガ3とオメガ6の比が最もよく、1から2があります。

子供用のココナッツオイル

ココナッツオイルは、飽和脂肪酸含有量ですべてのオイルを大幅に上回っているため、離乳食には食事への食品添加物として推奨されていません。しかし時々それは子供の調和のとれた発達のために必要である飽和脂肪酸の源として幼児用調製粉乳に使用されています。ココナッツオイルはカルシウムを含んでいます。

どのオイルが子供に向いていますか

すべてのオイルにはそれぞれ長所と短所があります。子供の食事療法では野菜とバターの使用を結合することはよりよいです。バターは交換可能な必須アミノ酸、ビタミンAとD、ミネラルが豊富です。植物油は大量のオメガ3とオメガ6を含んでいます。

植物油の中では、ビルジ油は化学組成が最も優れていますが、揚げることはできません。コーン油は揚げるのに最も適しています。一方、ひまわり油は普遍的であり同時に有用です。

揚げるためには精製油を使用するのがより良いです、しかしそれは脂肪だけを含みます、それはリン脂質、遊離脂肪酸、ワックス、タンパク質、炭水化物、炭化水素を含みません。 А также следует учитывать кислотное число, которое вы можете посмотреть в таблице выше, оно указывает на количество свободных жирных кислот, которые при нагревании окисляются и становятся вредными для здоровья кацерогенами. Самое маленькое число у рафинированных масел, они лучше всего подходят для жарки. Из таблицы мы видим, что лучше всего жарить на кукурузном и подсолнечном масле, а льняное масло для этого не годится.

大豆、菜種油、ココナッツ油、パーム油は、それらについて悪い意見があるという事実のために、おそらく子供には与えないでしょう。たとえば、大豆油は無害で子供に与えることができますが、それ以外の人には問題があるかもしれません。

子供のバターアレルギー

油に対するアレルギーは非常にまれです。しかし、すべての油は牛乳や穀物など、たんぱく質の多い食品から作られているので、たんぱく質は微量のたんぱく質を含んでいる可能性があります。そのため、牛のたんぱく質や穀物の1つの歴史の中でアレルギー反応を起こした子供たちにとって、それらから作られた油を与えることは望ましくありません。トウモロコシにアレルギーがあるときは、子供に吠える油やひまわり油を与えることが可能です。

Loading...