人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

将来の母親の問題:下痢はなぜ出産前に起こるのですか?

子供の誕生を期待している多くの女性は、恐れています...いや、痛みではありません。いいえ、戦いや試みではありません。彼らは浣腸を清潔にするという不可解な恐怖を経験します。

そして私達の母親にとってそれがものの順序であったならば、そしてある現代の産科病院で必須のリストの中にこの繊細な手順の存在は時々この同じ産科病院を変えることさえ女性に強いる。まあ、または涙を流して自分で対処するように医者に頼みます。幸いなことに、出産の前夜に薬、微量の浣腸、その他の腸をきれいにする方法が一般的です。

しかし、このまさにその浣腸を求めることさえできる将来の母親もいます。結局のところ、私は絶対に最も重大な瞬間に自分自身を恥ずべきではありません、その時その女性はもう気にしませんが…

そして、ほんの数パーセントしか「幸運」ではありませんでした:彼らの体は、胃腸管の通常の障害に関する問題を解決して、彼ら自身がすべての面倒を見ました。非常に有用な機能に加えて、それは労働活動の前兆とみなすこともできます。

そして、「不快」や「薬用下剤の副作用はありますか」に関するすべての経験は、それ自体で消えてしまいます...

下痢:出生の何日前?

女性がそのような理論的な知識で武装していなければ、トイレに頻繁に行ったならば、彼女はよく「罪を犯す」かもしれません。 中毒。そして、適所にいる女性のやや「興味深い」美食の好みを考えると、この選択肢は排除されるべきではありません。

しかし中毒がめったに下痢を伴うことはありません。しかし、吐き気、胃の痛みや腹部のけいれんはどうですか?熱と嫌な感じ?これがすべて観察されない場合、計画されていると仮定することができます。 腸洗浄 .

しかし、今日または明日あなたがすでに出産することを期待しないでください!はい、赤ちゃんの頭が小さな骨盤の中に沈み始め、仙骨を圧迫し、それが不快な感覚を引き起こしました。トイレへの衝動、肛門への絶え間ないプレッシャー感、食欲減退の後者の境界。 初歩的なやり方 37〜39週でも同様の症状が見られます。 多人数用 これは出生過程の差し迫った発症の本当の前兆と見なされます。

自然は子供の通過のために産道を積極的に準備しています、そしてそれがいっぱいになった腸を妨げないように、すべての過剰を取り除きます。

それゆえ、そのような微妙な違いについてあなたの医者に知らせることは正しいでしょう:そして彼はおおよそのガイドとして役立つでしょう、そしてあなたは自発的に強制された浣腸の悲しい運命を避けるでしょう。万が一のために、この期間中に食べ物を試したり、赤やオレンジ色の製品に「寄りかかったり」しないでください。そして可能であれば、腸の感染症を排除してください。それは粘液、泡および大便中の強い臭いの存在下で発現されるであろう。お見逃しなく。

出産前の吐き気

多くの場合、これら2つの症状は対になって「機能」します。ここでのみ、それらは異なる機能を持っています。

  • 下痢 身体の浄化に忙しく、産道を通る赤ちゃんの通過と将来の母親の心理的快適さの形成を促進します。結局のところ、女性が配達が恥ずかしい状況のために赤面する必要がないであろうと確信しているならば、ずっと穏やかです。より正確には、出産後でも、その間にこれを強調することはほとんど不可能です。他に「目撃者」がいたら…
  • 吐き気。一般的な活動を伴うが、いくつかの他の情報を運ぶが。特に定期的な戦いがすでに始まっているのであれば。つまり、女性によっては、吐き気と嘔吐を伴って子宮頸部がこのように開くことがあります。

忘れないで 生理的特徴 女性の体結局のところ、月経の初めでさえ誰かが吐き気、一般的なプロセスについて話して何を伴う。

多くの妊婦は気分が悪くなります 飢餓から。そして、帝王切開の可能性があると予測され、食事を控えることが推奨されている場合、彼女が「かき混ぜる」ことを始める可能性はかなりあります。

あるいはその逆:分娩中の女性は密に食事をしていますが、分娩の開始と食物の消化に同時に対処することは困難です。その結果、体が反発し、不要なものを取り除きます。

もちろん、誕生日には食べられないと言う人はいません。女性は一生懸命働くためには力が必要だからです。しかし、分娩室に入る前に、事前にこれを行うことをお勧めします。そして少量で、お菓子や強いアレルゲンを排除します。

ボディクレンジング

自分が中毒していないことを確認した場合は、前回食べたときに覚えていて、服用している薬の副作用を排除して、思いやりのある身体に「ありがとう」と言うことができます。

非常に突然、そのような「力の変化」がありました プロゲステロンからエストロゲン。その集中は単に「ロールオフ」し始めました。妊娠はもはや維持され保存される必要はなく、赤ちゃんは生まれて準備ができており、そして体は少なくともいくらかの安心を必要とする。余分な水分や老廃物を取り除くことで、食欲だけでなく体重も減らすことができます。損失は​​わずかです - 1 - 2 kg、一般的なプロセスを容易にするために不可欠です。

さらに、下痢と食欲不振の両方が役に立ちます。

  • 下痢 したがって、便の塊を取り除き、それらを希釈して、排泄を容易にします。多くの場合便秘に慣れている将来の母親は、メインイベントの前に素晴らしいボーナスです。
  • 食欲不振 妊娠中期には、赤ちゃんは体重が重いことを警告されます。いいえ、大きな子供は悪くありませんが、出産が困難です。さらに、9ヶ月間のキログラムのセットはしばしば規範を超えるので、母親も体重計の中程度の数に干渉しません。

しかし、可能な限り、これはすべて解決可能であるということです。主なものは健康な母親と赤ちゃんです...

出産前の下痢:出産または病理学の前兆?

妊娠がその論理的結論に達するとき、ほとんどの母親は文字通り夜に眠るのをやめます。不眠症の原因は、分娩中の女性にとって多くの懸念事項です。将来の母親は、彼女が収縮に耐えることが困難になるかどうか、分娩がうまく完了するかどうか、そして赤ちゃんが健康になるかどうかについて考えます。

しかし、多くの人にとって一番の問題は納期です。多くの場合、母親は自分の状態のわずかな変化に耳を傾け始め、プロセスの始まりとして各症状を取ります。そして、そのような繊細な問題を出産前の下痢としてどのように扱うのでしょうか。それは前兆ですか、それとも病理ですか?

微妙な問題が前向きな兆候であるとき

人体はさまざまな条件に適応することができ、その中のすべての生理学的プロセスは何らかの理由で発生します。特に、出産前の下痢は正当な理由で起こります。

女性の体が骨盤を通して子供の体を通過する準備をしていることがわかります。子供の頭がすでに落ちている場合は、臓器に多大な圧力がかかり、体は今後の出産のプロセスを容易にするために自分自身のあまりを投げ出し始める。

本当の症状

出生前の下痢は、1日に5〜6回起こります。しかし、そのような下痢は脱水症を伴うべきではないので、女性がめったに弱さを感じることはありません。

大便は鋭い臭いを発しません、彼らはあまりにも豊富ではありません泡なし。多くの場合、下痢はガスと子宮のけいれんを伴います。多くの場合、誤った収縮があり、時に実際の労働活動になります。結局のところ、将来の母親の腸は一掃されました。つまり、出生プロセスを妨げるものは何もないということです。

誕生はいつですか?

下痢が確実に前兆であることを示す兆候の1つは、その短期間です。微妙な問題が明白な理由もなく起こって助けなしに終わった場合、これはおそらく出産前の無害な下痢です。何日これが起こることができますか?専門家は、健康な女性にとって、そのような前兆は赤ちゃんが1日か2日で生まれてくることを示していると言います。

出産前に下痢が始まる日数を判断するのは簡単ではないことがあります。そのような徴候はどちらかといえば間接的な前兆であり、さまざまな要因がそれに影響を与える可能性があります。分娩中の女性の年齢、健康状態、個人の生理的特徴に影響します。出生が2回目以降の場合は、下痢がまったくない可能性があります。

1出産時下痢が始まる何日前?

女性が出産前の下痢が正常であると考えられていることに気付いていない場合、彼女はその理由が中毒であると真剣に考えるかもしれません。特に妊娠中の味の好みは、控えめに言えば、奇妙なことができます。しかし、下痢に加えて、女性には他の特徴的な症状があるため、中毒を見分けることは難しくありません。それは吐き気と腹痛です。時には発熱や一般的な幸福の悪化。

これらの兆候がないことは、腸洗浄の始まりを示しています。配達の瞬間はすでに近いと多くの人が信じています。しかし、必ずしもそうとは限りません。子供の頭はすでに骨盤内臓器に降りており、仙骨を圧迫しています。初産の女性では、この状態は37-39週から始まることがあります。再び出産する人にとって、下痢の出現は差し迫った陣痛の前兆と考えられています。

この場合、浣腸は必要とされないであろうから、この状況を医者に報告することが必要であり、それは人工的に腸の排出を促進する。それにもかかわらず、下痢のための一定の規則は観察されるべきです:現時点でそして腸管感染を確かに排除するためにテストに合格するためにいずれにせよ多くはありません。その特徴 - 糞便中の粘液や泡の存在、そして鋭い不快な臭い。

しかし、出産前の2〜3日間のガスの排出、下腹部の痛みを引くこと、これがすべて液体便を伴う場合は、正常と見なされます。ちなみに、復活している女性の中には、分娩の前兆としての下痢が完全に欠如していることがあります。

2悪心

出産前の吐き気は下痢を伴うことが多い。しかし、各症状はその機能を実行します。

  1. 出産前の下痢は腸をきれいにし、それによって産道を通る子供の動きを促進します。加えて、将来の母親の心理的態度は、特に未許可の人がいる場合、出産中に起こりうる恥ずかしさを排除するので、正しいものです。
  2. 吐き気は出産前にまったく異なる情報を伝えます。彼女は子宮頸管の拡張が始まったと発表した。現時点では、多くの女性が吐き気や嘔吐さえしています。

さらに、各女性の生理的特徴は個人的であり、月経前の時期でさえ腸の不調および悪心を伴う。

将来の母親の中には、飢餓を容認しない、気分が悪くなる人もいます。そして帝王切開の前には、食物から離れることが推奨されます。しかし、他の公平な性の代表者は反対かもしれません。分娩中の母親が食べ、そして突然収縮が始まり、この時点で腸は内容物を取り除き始めます。

しかし、人は出生前に食べるべきではないと考えるべきではありません、それはそれを行うことをお勧めさえします、身体は子供を産むために力を必要とするからです。ただし、分娩室に出発する前に食事をするようにしてください。それを食物のごく一部にしましょう、しかし甘いものやアレルギーのあるものは禁止されるべきです。

4症状はいつ病気を知らせますか?

出産前の下痢が自然現象であるならば、体重が減少しないし、脱水がないので、それはそれから女性を悩ませません。頻繁な排便(1日最大5〜6回)にもかかわらず、便は少しずつ軟化した形で排出されます。時には女性が弱くてめまいを感じることがありますが、これは非常にまれです。

この間、妊娠中の母親は自分の状態と椅子の質を監視する必要があります。最初の不審な症状は医師に報告する必要があります。例えば、便があまりにも液体である場合、それはまた強い臭いを有し、それは粘液、緑、または泡の不純物を含む。これらすべてが下痢の感染性を示しています。女性は一般的な脱力感、めまい、体温の上昇を感じることがあります。

下痢を伴う他の病的性質の原因:

  1. 食物感染症
  2. 食べ物の不適合で食べました。
  3. 急性形の消化管の病気。
  4. アレルギー反応

したがって、出産前に軟便が以下の症状を伴う場合は、直ちに医師に連絡してください。

  • 下痢が頻発し、液体が多すぎる、
  • 温度上昇
  • 弱点
  • 筋肉痛
  • 痙攣状態
  • グリーンチェア
  • ギャグ、
  • 糞便中の血
  • 頭痛
  • 一定の渇き
  • 胃の中に激痛。

5どうすればその状態を緩和できますか?

症状を緩和するためには、意図した分娩の下痢が始まる何日前かを知る必要があります。まだ1週間在庫がある場合は、以下の推奨事項を使用できます。

  1. あなたは出産前に積極的に動くべきではありません、それはもっと休憩をとることが望ましいです。
  2. 赤い野菜や果物、シリアル、ベーカリー製品などの下剤効果のある薬や食品は服用しないでください。
  3. 必要ならば、米の水を飲んでください、それは腸に渋い影響を与えます。
  4. 野菜とサワーミルクの食べ物に焦点を当てます。
  5. 一日あたりより多くの水を飲むことは(医者の許可を得て)2.5リットルまで飲むことを勧めます。

下痢が出産の直前に始まったとき、あなたは詳細を見失うことなく詳細に婦人科医に話すべきです。これは女性が腸を清潔にするために浣腸を使うのを防ぎます。医者が許可すれば、それから便が非常に液体ではないように、例えば紅茶を飲むことができる。オークの樹皮やバードチェリーには収斂性があります。

妊娠の最終段階にある女性はしばしば便秘になります。出産前の便秘は、赤ちゃんの頭の脱落と直腸の圧迫を示します。女性は過度の量の圧力をかけなければならないため、危険になる可能性があります。

前駆体がない場合

清潔な腸は質の高い労働を達成するのに役立ちます。さらに、糞便の存在は、女性を分娩中に混乱させ、そのような重要なプロセスから気をそらすことがあります。不快感の可能性は言うまでもありません。したがって、出生前の病院ではしばしば腸を空にするのに役立ちます。このために、女性は特別な無害なろうそくや浣腸を与えられます。

下痢が起こらず、分娩中の女性がすぐに病院に行ったという状況もあります。医師が必要な手続きを実行する時間がないとどうなりますか?試行の間または試行中に腸が空になることがあるので、これは心配の種ではありません。労働中の女性は当惑するべきではなく、自然の過程を妨げようとしています。医者とこれを見ていない、と彼らはそのような光景を驚かせることは困難です。

出産後

子供の誕生前にいつも微妙な問題が女性を訪れるわけではありません。そして、出産前の下痢がむしろ標準的であるならば、それからそれらの後に下痢は正確にあるべきではありません。

しかし、これはかなり一般的な状況で、出産前の浣腸や異常な病院の食物によって引き起こされることがあります。そのような下痢は脱水症につながる可能性がありますので、それが弱体化した状態にあるのでママは体に細心の注意を必要とします。

このような状況での対策の複雑さは次のようにまとめられます。

  • 身体の障害物脱水、水と塩のバランスの回復。
  • 腸内細菌叢を回復させるための薬物の採用。

それは若い母親に自分自身で応急処置を提供することが可能です、ちょうど最初のアドバイスに耳を傾ける必要があります。体内の液面を満たすために、たくさんの水を飲むことができます。あなたはコンポートと一緒に普通の水とフルーツの飲み物の両方を飲むことができます。飲み物が体温に近い場合は早くなります。医師によると、液体は体に速く吸収されます。

理想 - 「Regidron」というラベルの付いた最寄りの薬局用バッグで購入する。適切な薬「ハイドロビット」または他のいずれか。ところで、赤ちゃんの出現と共に、そのような道具は応急処置キットの恒久的な「住民」になるはずです。

腸内細菌叢や胃の正常化に薬を使うことは可能ですか?母親が不注意で自分や自分が授乳する赤ちゃんに害を与えたくない場合は、専門家の助言を信頼するべきです。医師は、母親が授乳期にあるという事実を考慮して、適切な薬を選びます。

出産後の下痢が、ミルクを台無しにすることを恐れているママの穏やかな食事療法によって引き起こされたなら、それは単にあなたの食事療法を調節することがより良いです。間違いなく新しい患者を訪問する小児科医は、看護女性にとって有用で無害な食事について助言することができます。

原因、規範、用語

出産前の清掃は、骨盤内の胎児の頭を下げることによって起こります。赤ちゃんは仙骨に圧力をかけ始めます。背中の不快感に加えて、軟便、頻尿などの他の出産の前兆が現れる。頭が省略された後、妊娠中の母親は寝るための快適な位置を見つけることができません。座ったり横になったりするのもたまりません。

出生の何日前に腸をきれいにし始めますか? 初産婦では、この症状は妊娠の繰り返しで39週目に現れ、メッセンジャーは出生過程の前夜にのみ起こり、時々分娩中にも現れます。出生前の清掃が行われるとき、それは女性が配達を生き残るために簡単になります。 Если в кишечнике ничего нет, ничто не мешает, малышу появится на свет. Во время очищения, тело не теряет жидкость и не обезвоживается.

В норме стул становится мягче и происходит 3-4 дефекации в сутки. Кроме того, что часто хочется в туалет по-большому перед родами, появляется еще ряд симптомов, свидетельствующих о скором родоразрешении. Это ожидаемые изменения в работе всего тела беременной.

出産前の体のふるまい

  1. 頻繁な排便が起こる、
  2. ひねり腹
  3. ガスが蓄積している
  4. 子宮は常に緊張している
  5. トレーニングが激しくなります。

出産前の体の洗浄の症状は2日以内であり、その後完全な労働活動に変わります。入院時には、直ちに腸の動きの有無を報告する必要があります。

戦う方法

もちろん、体がきれいにされるとき、彼女はトイレに縛られているので、女性は不快感を覚えます。しかし、出産の前兆として、ゆったりとした便を取り除く必要はありません。排便の間隔を広げるには、止まっている食物を食べるだけでなく、一時的に赤とオレンジの製品を放棄するだけです。

障害の原因が中毒であるならば、下痢と戦うことは価値があります。それから椅子は緑か黄色になります、妊婦の体温は上がります。この状況は医者によって無視されるべきではありません。

それが泡立ちがあるか、腐敗の鋭い臭いがあるか、または粘液で構成されているならば、下痢を排除することが必要です。しかし、体が出産前に片付けを始めると、このようなことは何も観察されません。出産後、それが原因であれば、障害は治まります。下痢がまったく現れない可能性があり、これもまた標準と考えられています。

新しい母親は、出生過程で排便がなかったことを経験しています。腸内洗浄は、イベントの数日前にフラストレーションではなく便秘を患っていた女性でのみ開始されます。これが起こるのを防ぐために、あなたはあなたの体が大便を取り除く手助けをするべきです。産科病院は軽い浣腸で腸をきれいにします。そうすれば、労働ホールでのトラブルの発生を心配することはできません。

ほとんどの母親は、出産前に体がきれいにされていると考えられています。障害の原因は、食中毒ではなく、世界への子供の誕生のアプローチであったという主なこと。病気を見逃さないように、あなたはあなたの個人的な産科医にあなたの状態のすべての変化を報告するべきです。その後、合併症を避けることができます。

下痢が出生過程の前兆として始まった場合、それは赤ちゃんの誕生直後に自然に治ります。自然な腸洗浄がない場合は、糞便を取り除くために浣腸をする必要があります。機械洗浄後は、試行中に腸の動きが発生することを心配する必要はありません。

これは正常ですか?

この非常に不快な現象が出生の直前に彼らに起こったという、出産する女性からそのような情報を見つけることは非常にしばしば可能です。統計は出産のアプローチが非常に多い前に下痢を示したように。これは、最終的な妊娠のためにまだ数週間残っているときでさえ起こり得る。しかしほとんどの場合、下痢は最初の発作の開始までに1日か2日で現れます。この有機体の行動の理由は、小さな骨盤の中に降りるとき、子供の頭が仙骨を圧迫し始め、それが自然にある種の不快感を引き起こすからです。頻繁にトイレに促すことは排尿と関連しているかもしれません。

多くの場合、睡眠中または単に横になっている間に不快感があります。それから本当に快適な就寝位置を見つけることは非常に困難です。また、統計によると、初めて出産した母親は38〜39週で下痢をします。出生が最初ではない人、そしてこの不快な瞬間は出生前のほぼ最後の日まで遅れるでしょう。

このような体の機能の間にほとんど食欲が消えます。多くの女性は、吐き気と通常の胃腸障害を感じます。そのような変化は、女性の身体が直近の出産前に本能的に浄化されるという事実によるものです。そのような瞬間に、好みの好みは完全に変わることができます。

この状況の利点

まれに、出産前に便秘を起こすことがあります。しかし、これは通常珍しいことです。より多くの場合、女性の後に下痢が続き、それは母子の身体に非常に良い効果をもたらします。これは妊娠中の体の機能の1つです。腸が空の場合、赤ちゃんは動きやすくなります。下痢とともに、出産直前には、痛みを伴う腹部痙攣が起こるか、またはガスが流れ始めることがあります。これは子宮に影響を及ぼし、それを緊張させる可能性があります。もちろん、それは誤った収縮を引き起こします。しかし、あなたがその慣行を信じるならば、それから体のこのふるまいは数日後に過ぎます。この時間は腸が完全に浄化されるのに十分であり、そして体は活発な陣痛に動いています。

出産前の下痢の害

しかし下痢は、出生が非常に近いという前向きなシグナルとして常に役立つわけではありません。便が非常に流動的で緑がかった色合いの場合は、医師に相談してください。さらに、女性はまだ嘔吐しています。同様に、スツールに泡がある場合、強い臭いがある場合、または黄色である場合にはやりがいがあります。時々高温が上がるかもしれません。それからこの下痢は注意なしに残すことはできません。たぶん、そのような徴候はそれからそれを保証するのが非常に難しい腸感染症の特徴です。しかし、下痢に加えて、この状況の特徴ではない体の弱体化や他の素因の徴候がない場合は、あなたは落ち着くことができます。

そして、生物のそのような不快な現象を乗り切ることをより簡単にするためには、それは締め付け食品を食べてしばらくの間赤とオレンジ色の製品を忘れるだけで十分です。医師への訪問を保証することは絶対に不要ではありません。

記事に戻る

私はまた感覚も予感もありませんでした)))

その日は出産することはできませんでした子癇前症のため入院しました。 14-00時に医者が私を見て言った、「よく食べて寝る」。午後6時ごろ、胃が痛み始めました。医者を呼んだ、と言う:時間に注意してください。 2分おきに胃が痛くなります。私は夫に来て電話しました。さて、すべて、私は出産する戦いなしで、もちろん、私が椅子に着くまで苦痛でした..そして椅子の上で話題は5分ですべては準備ができています
結論として、インプリントのような感覚はなく、誕生もありません。

12分14秒後に追加されました。

ちなみに、ちょっと待って!私の目が出産すると、医師のNakauneが私に言った
生年月日は38週5日でした。

私は配達の前日を食べることができませんでした、食べ物は登りませんでした。夕食後、すべてが白くなって嘔吐し、寝て、そして午前6時になって水が壊れた

本物の椅子グリセリンキャンドルの問題、出生の2週間前に椅子は正常に戻った。魂に大騒ぎがありました、マイナー雑用を終えるために彼女の夫を急ぎました。ネスティング症候群はより早く起こりました、しかし、2週間でそれは増加しました。仕上げ作業を夢見てさえ

私はまだ35週間になりました。 39週で、1本から2本の指の開示が始まった。午後41週にコルクは撤退し、夜になると水は急激に途絶え、ゆっくりと弱く戦い始めました。

Viktorinka09
私は3回出産しましたが、背中の痛みについては全くわかりません。

私のtemkaはどのように長持ちしますか!私はずっと前にそれを始めました - たとえ私が最初の誕生の前夜にあった時でさえ。今私はこれを書いています、そして私が待っていた私の3年生は私の隣に座っています。

4分3秒後に追加されました。

lau712
私の子宮は石がなかった、しかしかなり頻繁にこれらのギャップはゆっくりとしかし確かに短くなった。 15分に一度 - これは出産ではありません。しかし、2〜3分に1回このようになるとしたら、それで終わりです。 5に1回でも - すでに、おそらく、出産も。ちなみに、私の子宮はかなり痛みを伴わずに一番下に緊張していました(そして彼らは通常、痛みは体を取り囲むべきだと言います)。

lau712
産科病院の医師は、出産の主な兆候は腹部の痛みではなく、腰の痛みだと言っています。

そして私は何を考えるべきかわからない。私は38週間、下腹部の引っ張り、痛む痛みは二日目を止めない、ロースが引っ張る、足が痛む(痛む)、良い形で15分毎に子宮(石に変わる)。退院なし、収縮なし(または収縮あり)。それは先駆者ですか、それともまだ心配する価値がありませんか?

ジャムカ
あなたは何をしましたか?それはどうやって現れたのですか

そして私はこの日にこれまで以上にネスティング感覚を悪化させました。

私は去った

3分51秒後に追加されました。

ごめんなさい
開封検査後3日間コルクを飲み、夜になると水が壊れ、さらに4日間、胃が膨らん​​で四角くなってとても硬くなったようです。

私は最初の出生前には全く兆候がなかった。彼女は1週間出産したが(胎児は大きかった)、婦人科医が設定した正確な時間に出産した。夢の中で、私は戦いが始まったのを見ました。午前5時に目が覚めた - ただの戦い!当時私はすでに産科病院にいたので心配しませんでした。昼食後、泡を刺して刺激後18.30歳で出産した(首が3本以上の指で開かなかった)。
しかし今、私は40週目に二度目の妊娠をしています。前触れはすでに降りてきた:毎晩私は出産を願って寝る、そして毎朝何の兆候もなく起き上がる。胃がずっと前に倒れた、股間が耐え難いほど痛い、背中が引っ張る、吐き気がするなどしかし、これは最初の週が続くというわけではありません。

兆候はありません。私はコルクを見ることさえしませんでした。早朝から、収縮はしばしば起こりました、そして、私の背中は痛みました。午前8時にrdに行き、午前10時に出産しました

私は特別な感覚や徴候はありませんでした。朝9時ごろ目を覚まし、隣の階の水を見て、シャワーを浴びて準備を整え、救急車と呼びました。

低迷を感じた。野生の怠惰を攻撃した。 B全体を着用したのに)
まあ、それは私の心の中でそれが始まろうとしていたという直感のレベルで見えた。

ボリセンコ・ジュリア・ウラジミロヴナ

心理学者、コンサルタント専門家。ウェブサイトb17.ruのスペシャリスト

しかし、下痢と出産があるもの

作者、あなたは遅発性中毒症です。

しかし、下痢と出産があるもの

効果もアイデアもないメトクロプラミドの最初のピルが「03」の場合。
ロタウイルス、ノロウイルス、コレラおよび赤痢を伴う腸チフス/パラチフス(サルモネラ感染症)=腸管透析。

出産前の体の浄化について読んで理解してください。 *****の前に答えを与える

私は3回出産する前の日にトイレに行きました(詳細については残念)また驚いた、どんな種類のゴミ?)そして午後8時ごろに戦いが始まった

私は3回出産する前の日にトイレに行きました(詳細については残念)また驚いた、どんな種類のゴミ?)そして午後8時ごろに戦いが始まった

関連トピック

作者、そしてあなたはこれがばかげたロトウイルスだとは思わなかった?

同様に。下痢の最初のタイプ。そして、戦いの代わりに、すぐに試みます。最初の出生はちょうど45分でした

出産前2週間は定期的に下痢をしていましたが、それでもバブルはすでに移転しているショッピングモールで覆われていました。吐き気も、子宮の一団の開示の兆候でした。一般的に、すべてがうまくいっていて、首はすでに準備ができていて、まだ収縮がありませんでした。それで彼女はバブルが突き刺されてからほぼ41週間後に出産しました。すべての徴候によって、体は出産の準備をしています。これがフォーラムで発生したときにのみ答えられません)))胃が最も可能性の高いトレーニングの戦いを傷つけます。私は一ヶ月病気でした。すべてがとてもエキサイティングであるならば、見るために病院またはLCDに行きなさい。

あなたが高血圧、尿中のタンパク質と浮腫を持っているなら、これは遅発性中毒症です、あなたは医者に相談する必要があります。そしてそうでなければ、飲んでください。

妊娠中に3回、私はとても体を浄化しました

私はあなたが述べたほとんどすべての症状を抱えています。それから私は医者の勧めでPolisorbを見ました、そして可能な限り流動的です、そしてすべてが私と一緒に大丈夫です、あなたがこれを持っているならば、心配しないでください、それについてひどい何もありません。頑張ってください。


同様に。下痢の最初のタイプ。そして、戦いの代わりに、すぐに試みます。最初の出生はちょうど45分でした

フォーラム:健康

今日の新着

今日の人気

サイトWoman.ruのユーザーは理解し、彼がWoman.ruサービスを使用して自分が部分的または完全に公開したすべての資料に責任を負うことを了解し、これを受け入れます。
サイトWoman.ruのユーザーは、彼らに提出された素材の配置が第三者の権利(著作権を含むがそれに限定されない)を侵害しないことを保証し、その名誉と尊厳を損なうことはありません。
サイトWoman.ruのユーザは、資料を送信することにより、それらをサイト上で公開することに興味を持ち、サイトWoman.ruの編集者によるさらなる利用の承認を表明します。

サイトwoman.ruでの印刷物の使用と再版は、そのリソースへのアクティブなリンクを使ってのみ可能です。
写真材料の使用は、サイト管理者の書面による同意がある場合にのみ許可されています。

知的財産の配置(写真、ビデオ、文学作品、商標など)
サイト上でwoman.ruはそのような配置のために必要なすべての権利を持っている人にだけ許可されています。

著作権(c)2016-2018 Hurst Shkulev Publishing LLC

ネットワーク版「WOMAN.RU」(Woman.RU)

通信分野における連邦監督監督官庁によって発行されたマスメディアの登録証明書EL No. FS77-65950、
情報技術とマスコミ(Roskomnadzor)2016年6月10日。 16歳以上

創設者:有限責任会社「Hurst Shkulev Publishing」

起源

出産前の下痢の出現は、体が積極的に出産の準備をしており、子宮が徐々に骨盤領域に下降し、膀胱と直腸に圧力をかけているという事実から生じる、出産の迅速な過程の前兆となり得る。 同時に、誤った収縮の出現、食欲不振、頻繁な排尿および下腹部に局在する痛みなどの症状が観察される。

それは絶対に危険ではなく、出産に関連する通常の生理学的現象を指します。消化管と下痢の中断は待望のイベントの1〜2週間前に始まります。しかし、下痢は文字通り出生直前に始まることもあります(2、3日、さらにはそれ以下)。現在の状況では、出産プロセス下痢が分娩中の女性に起こる何日前に正確に答えることは非常に困難であり、それは多くの外的および内的要因、女性自身の個々の特徴の影響に左右される。

ほとんどの婦人科医は、下痢が出産の前兆であると考え、体の自然な浄化に寄与し、赤ちゃんの誕生に備えます。下痢が続く日数 - 出産中の女性の健康状態、胎児の大きさ、最初の出産であるか繰り返しであるかなど、純粋に個別の質問です。結局のところ、一般的なプロセスの前兆として下痢を出産することは完全に欠けているかもしれません。

何が正常と見なされますか?

出産時下痢が始まる何日前にかかわらず、妊婦はこの現象の正常性について非常に心配しています、それは子供にとって危険であり、そしてそれは出産に影響を及ぼしますか?実際には、心配しないでください。婦人科医は、母親の腸が空いていると赤ちゃんが産道を移動するのがはるかに簡単になると言っています。

下痢が腹部のけいれん性疼痛およびガスの放出で始まる場合、子宮緊張およびいわゆる偽収縮の出現の危険性があります。この状態は危険ではありません。この状態は何日間続くことができますか? 2〜3日で腸が一掃され、女性の身体が次の労働活動に備えられるようになるのに十分です。したがって、出産前に始まる下痢は危険ではありません。

便は少量ずつ排泄されるため、脱水症状、電解質障害、その他の深刻な合併症は発生しません。もちろん、出産前の下痢は、いつ下痢が始まるのか、そして何日続くのかわからないという事実のせいで女性に大きな不快感を与えますが、一般に、この現象はごく将来のお母さんや彼女の赤ちゃんにとって危険ではなく、出産に影響しません。

気になる症状

妊娠中の女性の下痢は、差し迫った陣痛の前兆となるわけではありません。特定の状況では、そのような現象は非常に危険です。痛みを伴う症状を伴い、重度の下痢が始まる場合は心配が必要です。

  • 非常に流動的で頻繁な下痢。
  • 体温が上がる。
  • 一般的な弱さ
  • 筋肉が痛みます。
  • けいれん。
  • 吐き気
  • 嘔吐の攻撃
  • 椅子は緑色です。
  • 糞便中の血中不純物の存在
  • 頭痛。
  • のどの渇き。
  • 胃に局在する鋭い痛み。

予想される出生の何日前にもかかわらず、妊婦は上記の症状を伴う下痢をしています、それは重度の中毒の存在または腸感染の存在を示します。この状態は出産とは関係がなく、妊娠中の女性や彼女の胎児にとって非常に危険です。したがって、少なくともいくつかの警告サインを見つけたら、すぐに医療援助を求めるべきです!

何をする

妊娠中の母親の全体的な状態を緩和するためにとらなければならない行動は、予想される分娩の下痢が始まる何日前かによって異なります。次の幸せなイベントの数週間前に胃のむかつきが現れた場合、医療上の推奨は不快な症状を取り除き、幸福を改善するのに役立ちます。

  1. 出産する前に、身体活動を減らし、歩行を減らし、移動して休憩するようにしてください。
  2. 下剤効果がある薬や食品(赤の野菜や果物、シリアル、ベーカリー製品)の使用を避けます。
  3. 穏やかな収斂効果がある米の煎じ薬を飲んでください。
  4. 新鮮な野菜、果物、乳製品をもっと食べましょう。
  5. 水分をたっぷりと飲んで(1日に少なくとも2.5リットル)水分管理を正常化してください。

下痢がすでに産科病院に行く直前に現れている場合は、あなたはあなたの状態とあなたが何日胃が動揺しているかについてあなたの医者に知らせるべきです。実際のところ、労働中の女性は通常、いわゆる清潔な出生前の浣腸をしています。しかし、自然な下痢の存在下では、そのような治療的操作の必要性は完全に排除される。

緩んだ便の出現が(意図された一般的な過程が起こる前の何日にもかかわらず)嘔吐、発熱および激しい胃痛のような憂慮すべき症状を伴う場合、これは非常に危険であり得ることを覚えておいてください。したがって、悪影響を回避し、最小限の指標に対する起こりうるリスクを減らすために、できるだけ早く有資格の医療支援を受ける必要があります。

出産前の下痢は差し迫った出産の前兆です。現象の発生は絶対に危険ではなく、特別な治療を必要としませんが、それどころか、世界への赤ちゃんの誕生の過程を容易にします。消化不良が妊婦の状態の一般的な悪化および多くの痛みを伴う症状の出現を伴う場合、これは腸内感染症であり、迅速な医学的介入が必要となる可能性があります。

Loading...