人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

C型肝炎と妊娠

問題のない妊娠、簡単な出産、健康な子供の誕生 - これはすべての賢明な女性が夢見ていることすべてです。しかし、待っている期間と赤ちゃんの誕生のすべての期間が円滑に進むわけではありません。免疫力の低下により、将来の母親の生物はさまざまな病気にかかりやすく、その場合医師は妊娠と本格的なパン粉を保存するための対策を講じる必要があります。この記事では、C型肝炎の出産について、最も深刻なトピックの1つについて説明します。

それは何ですか?

将来の母親のための同様の診断は文のように聞こえます。 C型肝炎とはどのような病気で、どのように伝染しますか?これはウイルス性疾患で、その患部は肝臓です。それは一方通行だけで - 血を通して - 伝達されます。主な問題は、病気を初期の段階で認識することが非常に困難であり、そしてそれが慢性の形に発展することである。

同様の診断を受けた患者数は年々増加しています。全体として、絶対的に健康な人々がこのウイルスのキャリアになる理由はいくつかあります。

  • 薬物摂取体内に肝炎を起こすのに十分なワンショット。
  • 入れ墨
  • マニキュアこの感染症は、美容的処置中に爪の鋏を介して患者に伝染する可能性があります。
  • 病気の患者の後の輸血または注射器の使用。
  • はさみ、カミソリ、その他のパーソナルケア製品をキャリアと共有する。
  • 保護されていない性交。

この病気が母親に発見された場合、C型肝炎は子供に自然に発生する可能性があります。ウイルスは胎盤または産道を通って体内に入ります。 C型肝炎は、家庭内での接触や空気中の飛沫による感染ではなく、血液を介してのみ体内に入ります。

リスクグループ

C型肝炎の出産にどう対応するかについての情報を見つける前に、このウイルスの獲得に影響を受けやすい人々のグループをリストする必要があります。

  • 医療専門家
  • 中毒者
  • 同じ病気を患っている人々の子供たちと親戚
  • 1992年まで手術を受けた人々
  • 無差別の無防備なセックスをしている女性と男性、
  • 肝疾患またはHIV感染者

将来の母親は自分の赤ちゃんの世話をし、感染者との接触を避けるべきです。特に、他の人の衛生用品を使用することはお勧めできません。健康な人をC型肝炎の保因者と区別することで、特徴的な症状が現れます。

病気の症状

進行性疾患を詮索好きな目から隠すことはかなり困難であり、あなたはそのようなウイルスの存在を容易に認識することができます。女性にはC型肝炎の特徴的な兆候がいくつかあります。

  1. 皮膚の変色は、ほとんどの場合、それは暗色または黄色になります。
  2. 円の外観と目の下の腫れ。
  3. 急激な減量。
  4. 一般的な弱さとパフォーマンスの低下の外観。
  5. 食欲の急激な悪化。
  6. 吐き気と嘔吐の出現。
  7. 最も明白な症状は、痛みや肝臓の軽い不快感です。
  8. もう1つの症状は尿の色の変化です;体内にウイルスが存在すると、ビールの色に似て、色が明るい黄色から濃い茶色に変わります。

女性におけるC型肝炎の最初の徴候は、症例の20%にのみ現れます。ほとんどの場合、ウイルス性疾患が慢性期に入り、肝臓の破壊(肝硬変)につながったときにのみウイルス性疾患を認識することが可能です。

妊娠前に病気が発見されたらどうしますか?

慢性C型肝炎は治療されていません。患者が達成することができる唯一のものは、継続的な投薬を条件として、寛解の達成です。同様の診断を受けた男性または女性は、親になることができますか?

医師は、あなたがこの病気にかかっている可能性があると言っています。さらに、慢性C型肝炎は体外受精の禁忌ではありません。しかし、同様の診断を受けた患者は医師の特別な管理下にあり、他の患者よりも肝臓への負荷の程度を判断するために血液検査や尿検査を受けなければならないことがよくあります。

女性が同様の診断を受けた男性から妊娠した場合、C型肝炎に感染する危険性はかなり高いです。この場合、彼女は診断検査を受ける必要があります。ウイルスが伝染しないならば、それから赤ちゃんを運ぶときに、彼女はパートナーとの性交を控えなければならないでしょう。

あなたは、C型肝炎の妊娠について心配するべきではありません。ほとんどの場合、患者の妊娠は合併症なく通過します、女性はなんとか健康な赤ちゃんを産むことができます。しかし、それでもリスクがあります。第一に、身体への負荷が増加するため、健康が悪化する可能性があります。第二に、赤ちゃんが肝臓のプロセスの高い活動のために未熟児や低体重で生まれている可能性が高いです。女性が自分の病気に気づいている場合、赤ちゃんを待つの初期段階では、彼女は感染症の専門家を訪ねる必要があります。

妊娠中に病気が発見されたらどうしますか?

妊娠中に肝炎があらわれることがあります。この場合、それを治癒する可能性ははるかに高いです。妊娠中の女性は定期的に検査を受け、医師を訪れるため、妊娠中にC型肝炎の症状が現れる前であっても、発症の初期段階で疾患を特定する方がはるかに簡単です。したがって、肝臓が冒される前であっても、適時の措置を講じることおよび治療活動を開始することが可能である。妊娠中の肝炎は、保護されていない性交の間に、または治療的処置の間に医療器具を通してパートナーから伝染することがあります。

ウイルスは妊娠にどのように影響しますか?

将来の母親は常に自分の子供の世話をします。そのため、C型肝炎で出産することが可能かどうかという問題を懸念しています。経験豊富な婦人科医は、このウイルスが妊娠にどう影響するかを確立しました。

  • トランスアミナーゼレベルは劇的に増加するかもしれません。これにより、患者ははるかにひどくなります。
  • C型肝炎を背景に、妊娠中に他の慢性疾患、例えば糖(または妊娠)糖尿病が発症することがあります。医師は妊娠中の母親に体重を増やさないように正しく食べることを強く勧めます。

原則として、女性が医師のすべての勧告に準拠している場合は、妊娠とC型肝炎の出産は彼女の健康に害を及ぼしません。

このウイルスは子供にどのような影響を与えますか?

別に、あなたは同じ状況で赤ちゃんに何が起こるのかを考慮する必要があります。新生児に肝炎を発症するリスクが非常に高いことは注目に値します。さらに、妊娠中、出生時、そして出産後数ヶ月でさえ危険な病気を検出することができます。

母親から赤ちゃんに病気が伝染するリスクは非常に低く、この確率はわずか5%です。赤ちゃんをこの病気から守るためには、女性は次のものが必要です。

  1. 感染症と遺伝学:2つの専門家を訪問してください。専門分野の狭い医師は、赤ちゃんをできるだけ保護するために必要な推奨事項を示し、効果的な治療法を処方します。
  2. ほとんどの場合、肝炎のために帝王切開をする必要があります。これは、小児が出生時に母親の出血と接触するため、小児が運河を通過する際に感染のリスクがかなり高いためです。

子供への第二のリスクは早産と低出生体重です。これらの要因は赤ちゃんの完全な発達に悪影響を及ぼす可能性があります。それらの発生を防ぐために、母親は正しく食べ、衛生を維持し、健康的なライフスタイルを導きそして医者によって処方された薬を服用する必要があります。この場合、胎児の妊娠中のC型肝炎の影響は最小限です。

診断検査

C型肝炎の出産が可能かどうかについて話す前に、診断の正確さを検証する必要があります。この目的のために、一連の手順からなる診断検査が行われます。

  1. 婦人科医または療法士による検査。専門家は患者の苦情を聞き、それをこのウイルスによる病気の可能性と比較します。
  2. 専門家が何らかの疑いを抱えている場合、彼はさらに血液中の抗体、ウイルス、ビリルビンの含有量について血液検査および尿検査を指定します。
  3. 肝臓器の超音波検査は、分析で何らかの異常が検出された場合にのみ実行されます。
  4. 肝組織生検

この研究の結果として確認できる最初のことは、人体におけるウイルスの有無です。この情報を入手するには、血液と尿の検査に合格すれば十分です。多くの場合、医師は診断の正確な確認のために一定期間後に再分析をすることをお勧めします。

C型肝炎の存在が確認されない場合は、それ以上の検査は行われません。体内にウイルスが存在する場合、人は超音波検査および生検を行う必要があります。これらの診断法は肝障害の程度を評価します。得られたデータに基づいて、医師はすでに出生が自然な方法で可能であるかどうか、または依然として帝王切開をしなければならないかどうかを決定することができるでしょう。

妊娠の過程の特徴

経験豊富な婦人科医や感染症は、C型肝炎と妊娠や出産との相互作用を見ていません。ごくまれに、多​​くの問題が発生する可能性があります。

  • 初期段階での自然流産のリスク - 最長12週間
  • 胎児低酸素症の可能性は低い
  • 子供の感染の可能性とC型肝炎の発症
  • ストレスの増加による肝臓損傷の増加の危険性。

合併症の発生確率は約5%ですが、それでも存在します。このため、同様の診断を受けた女性は妊娠期間全体にわたって特別な管理下に置かれます。

いくつかの小さな要因があります。例えば、少女は、診断が赤ちゃんの発育にどのように影響するかを心配するでしょう。したがって、彼女はストレスを受けているかもしれず、それは彼女の健康状態に悪影響を及ぼす。

赤ちゃんは感染していますか?

C型肝炎の女性の出生時活動が完了した後、医師は体内のウイルスの存在について一連の検査を受けます。血液と尿はその検出に標準的です。人生の最初の数日間に確認された証言によると、これらのデータは信頼できないので、診断は行われません。妊娠中に形成されたこの病気に対する抗体は良い結果に影響を与える可能性がありますが、それらはウイルスとは何の関係もありません。

そして逆に、この病気はまだ出生直後には現れないかもしれませんが、もう少し後で感じられるでしょう。したがって、診断を下すまたは反論するためには、時々、赤ちゃんは1.5歳までの一連の検査に合格しなければならないでしょう。それにもかかわらず、診断が確認されれば、それからパン粉は感染症の専門家および小児科医によって長い間観察され、適切な医学療法を受けます。

C型肝炎は妊娠中に治療されますか?

現代医学では、C型肝炎の出現を予防または予防する医学やワクチンはありません。しかし、それでもそれを抑制する方法はあります。医師は、病気が早期に発見されればされるほど、それを取り除く可能性が高いと主張しています。同様の診断を受けている妊婦は、治療の複合体を処方されます。

  1. 他の治療方法が不可能である場合、薬の受信、すなわち "リバビリン"と "インターフェロン"は、最後の手段としてのみ指定されています。これは、それらが胎児に悪影響を及ぼすという事実によるものです。
  2. ウルソデオキシコール酸をベースにした別のグループの薬を服用する。それらはウイルスの抑制に貢献し、赤ちゃんには全く無害です。内科療法は処方されたコースで、その後は休憩したいと思います。

治療に加えて、感染した患者には栄養と生活習慣についての推奨が与えられ、それもまた従うべきです。

誕生の特徴

数十年の間、経験豊富な専門家がC型肝炎で出産することが可能かどうかを積極的に議論してきました。実際のところ、健康な乳児を携帯する可能性は依然として高いです。それでも出産のいくつかの機能があります。

妊娠の後期、約33〜36週に、女性は尿機能検査と血液検査、そして肝機能検査を受けるための生検を受ける必要があります。診断検査の結果が不満足な場合、自然出産は人の健康に重大な危険をもたらすので、専門家は帝王切開を実施することを明確に決定します。

労働活動中の医療スタッフの仕事は、感染が起こる可能性がある母親の出血と赤ちゃんの接触を完全に排除することです。分娩中に大量の出血がある場合、医師は緊急帝王切開を行うための措置を講じます。

母乳育児はできますか?

誕生は成功し、赤ちゃんは健康にそして時間通りに生まれました。しかし、母親の不安はそれだけではありません。彼女を心配させる2番目の質問は、あなたがあなたの赤ちゃんにC型肝炎を授乳できるかどうかということです。医師は牛乳による感染は不可能であると言います。彼らは多くの研究の結果としてこの結論に至りました。それにもかかわらず、それは赤ちゃんを傷つけないようにいくつかの措置を遵守する必要があります。

  • 1日2〜3回、乳房を水で洗う必要があります
  • 各給餌の前に、乳首の完全性を監視する必要があります;それらに傷や微小亀裂があってはいけません。

これら2つの重要な条件に従えば、母親から子供へのウイルス感染のリスクを完全に減らすことができます。

完全な出産は可能ですが、それは身体に対するウイルスの影響が補償の段階にあり、肝臓への影響が最小限である場合に限られます。自発的流産、脅迫流産、早産および複雑出産のリスクは母親が完全に健康である場合でも存在するため、医師は妊娠および出産がうまくいくことを保証できません。帝王切開でも自然出産でも、子供に感染する可能性は同じ割合です。

予防策

結論として、それはあなたがC型肝炎ウイルスへの感染を回避することを可能にする予防策を列挙することは価値があります:

  • あなたは、共有されている歯ブラシ、針、綿、ハーネス、皿と注射されるどんな物も使うべきではありません。ウイルスは4日までのアイテムに存在することができます。
  • すべての手順:マニキュア、ピアス、タトゥー - 衛生基準に従って、エリートサロンでのみ行われるべきです。
  • パートナーの健康に自信がない場合は、性行為に入るときにコンドームを使用することが不可欠です。
  • 感染した人々との密接な接触を避けることは価値があります。

現代の世界では、感染した患者の数は絶えず増え続けています。しかし、医師はすでにこのウイルスを寛解に変換する方法を学んでいます。しかし、C型肝炎の感染を回避することがそれでも不可能な場合は、絶望しないでください。このウイルスで、あなたは完全に生きて健康な子供を産むことができます。

C型肝炎はどのように伝染しますか?

C型肝炎の感染は性的接触を通してのみ可能であるという意見があります。これは部分的には真実ですが、感染の主な様式は血行性です。言い換えれば、C型肝炎ウイルスが健康な人の血液に入ると、病気が発症し始めます。次のような場合に発生する可能性があります。

  • 使用済みの使い捨て注射器や針を使用するとき。これが肝炎を伝染させる最も一般的な方法です。静脈内投与薬を使用する人々の半分がこの病気にかかっていると考えられています、
  • 滅菌が不十分な器具で医療処置を行うときは、
  • 以前に使用した針でタトゥーやボディピアスをするときは、
  • 特に輸血を通して、血液を通して健康な人と患者を直接接触させる。しかしながら、1999年以来、全てのドナー材料が患者に与えられる前にC型肝炎ウイルスの存在について検査されて以来、今日ではこの感染方法はまれである。

この疾患の原因物質が数週間にわたって乾燥血液中の活力を維持できることは注目に値する。これは、あなたがネイルツール、かみそり、歯ブラシ、および他の感染者の所持品を使用することによって感染する可能性があることを意味します。

C型肝炎と妊娠:理解する方法、パニックの理由はありますか?

私を打つための最も確実な方法は、妊娠中に肝炎のテストを受けることです。 Как мы уже упоминали, он входит в плановый скрининг, который проходят все будущие мамы.C型肝炎を患っている多くの人にとって、臨床症状はまったく存在しないか、あるいは少ししか現れていないか、あるいは別の病気の兆候として認識されています。しかし、このウイルスの狡猾さを過小評価するべきではありません - ゆっくりだが確実に、肝炎は肝硬変そしてさらには肝癌につながることができます。

C型肝炎の一次感染の場合、インフルエンザの場合と同様に、疲労感および全身倦怠感が生じることがあります。肝臓の機能不全を示す黄疸は、C型肝炎患者には特徴的ではありません。この疾患の慢性的な経過において、観察された症状を肝炎と相関させることはかなり困難です。患者は通常以下について不平を言います:

  • 疲労
  • 筋肉痛
  • 吐き気
  • 不安、うつ病、
  • 右側の痛み(肝臓)
  • 記憶力と集中力に関する問題。

妊娠中のC型肝炎の治療

妊娠中のインターフェロンとリバビリンによるC型肝炎の特定の抗ウイルス治療は固く禁じられています。これは、リバビリンが催奇形性作用を有するという事実によって説明され、そして胎児の発達に対するインターフェロンの作用は十分に理解されていない。疾患が計画段階で発見された場合は、治療終了後6ヶ月以内に妊娠することをお勧めします。妊娠期間中、そのような女性は胎児にとって安全な植物ベースの肝保護剤を処方される(Essentiale、Karsil、Hofitol)。特別な食事の遵守には特別な注意が払われています。

そしてC型肝炎と妊娠は相容れないようですが、中絶はあらゆるウイルス性肝炎の急性期には禁忌です。流産の恐れがある場合、医師は子供を救うためにあらゆることをしています。感染患者の出産は、流行防止対策を厳守しながら、産科病院の専門部門で行われます。帝王切開での新生児の感染の可能性は、独立出産時よりもわずかに低いことは注目に値します。子供へのC型肝炎ウイルスの伝染の具体的な予防策は現在存在しません。

このような診断を受けた女性から生まれた子供たちは感染症医師の監督下にあります。母親から子供への病気の伝染が2年だけで起こったかどうかを最終的に確立することは可能です。

妊娠中のC型肝炎の考えられる結果

妊娠とC型肝炎を同時に患っている女性は疑問に思います。胎児の病気にかかる可能性は何ですか?多くの研究からのデータによって示されるように、子供の感染の頻度は3〜10%の範囲で、低いと見なされます。通常、ウイルスの感染は出産時に起こります。母乳育児中に赤ちゃんがC型肝炎に感染する可能性は極めて低いので、医師は母乳を奪うことをお勧めしません。同時に、乳首の状態を監視することが必要です。特に、母親が高いウイルス量を抱えている場合には、微小外傷の存在は感染の危険性を著しく高めます。

妊娠中のC型肝炎のより深刻な影響は、女性自身のためです。この疾患の背景に対して、妊娠中の母親、おそらく胎児低酸素症の発症、早産、流産の危険性などから妊娠中毒が始まることがあります。太りすぎのC型肝炎と組み合わせると、妊娠糖尿病の可能性が高くなります。しかし、最近の研究では、一般的に、C型肝炎ウイルスは妊娠の経過や胎児の状態に大きな影響を与えないことが示されています。感染した母親から生まれた赤ちゃんは通常正常に発症し、早産や発達遅滞のリスクは慢性的な疾患の種類では増大します。

内容

B型肝炎は肝疾患であり、ウイルスの形をしています。 B型肝炎は、性的接触または感染した血液との接触を通してヒトに伝染します。ほとんどの成人では、身体は数ヶ月間治療をしなくても病気に対処することができます。

病気になった20人に約1人が、このウイルスの感染者のままです。この理由は完全な治療法ではありません。この病気は長い慢性的な形に変わります。未治療のままにしておくと、やがて肝臓に深刻な損傷を与えることになります(肝硬変、肝不全、癌)。

子供に対するB型肝炎の影響

ほぼ100%のケースで妊娠中のB型肝炎は母親から赤ちゃんに感染しています。ほとんどの場合、これは自然な出産時に起こり、子供は血液を介して感染します。したがって、医師は妊娠中の母親が赤ちゃんを保護するために帝王切開で出産するように助言します。

妊娠に対するB型肝炎の影響は深刻です。この疾患は早産、糖尿病の発症、出血、低出生体重を引き起こす可能性があります。

血中のウイルスのレベルが高い場合、治療は妊娠中に処方され、それは子供を保護します。

新生児を感染から取り除くことは、B型肝炎に対する予防接種を可能にするでしょう。それが最初に出生時に行われるのは、2回目 - 毎月、3回目 - です。その後、子供は病気が治ったことを確認するためにテストされます。次回予防接種は5年間で行われます。

感染した女性は母乳で育てることができますか?

はい米国疾病管理予防センターおよび世界保健センターの専門家らは、B型肝炎の女性は健康を恐れずに子供を母乳育児できると確信しています。

母乳育児の恩恵は、感染の潜在的リスクよりも重要です。さらに、B型肝炎ワクチンは出生時に子供に与えられ、それは感染の危険性を減らします。

妊娠中のB型肝炎の診断

妊娠の初めに、すべての女性はB型肝炎の血液検査を受けるように求められます。健康管理の分野で働いているか、または不利な場所に住んでいて、感染者と同居する女性もB型肝炎の検査を受けなければなりません

B型肝炎を検出する検査は3種類あります。

  1. 肝炎表面抗原(hbsag) - ウイルスの存在を検出します。結果が陽性であれば、ウイルスは存在します。
  2. 肝炎表面抗体(HBsAbまたはanti-hbs) - ウイルスと戦う体の能力をチェックします。検査結果が陽性であれば、免疫系は肝炎ウイルスに対する防御抗体を開発しています。これは感染を防ぎます。
  3. 肝炎主要抗体(HBcAbまたは抗HBs) - 人が感染する傾向を評価します。肯定的な結果は、その人が肝炎になりやすいことを示しているでしょう。

妊娠中のB型肝炎の最初の検査が陽性であることが判明した場合、医師は診断を確定するために2番目の検査を処方します。繰り返し陽性の結果が出た場合、妊婦は検査のために肝臓専門医に送られます。彼は肝臓の状態を評価しそして治療を処方する。

診断を確定した後、すべての家族はウイルスの存在についてテストされなければなりません。

妊娠中のB型肝炎の治療

検査結果が高すぎる場合、医師は妊娠中のB型肝炎の治療を処方します。医師によって処方されたすべての薬の投与量。また、将来のお母さんは食事療法と安静を規定されています。

医師は妊娠後期にも治療を処方することができます、そしてそれはそれから出産後4-12週間続けられるべきです。

あなたの妊娠中にB型肝炎が発見されても緊張しないでください。医者に従ってください、そして推奨事項に従ってください、そしてあなたの赤ちゃんは健康になります。

C型肝炎とは何ですか?誰が危険にさらされていますか?

C型肝炎はウイルス性肝疾患です。ウイルスは主に非経口的に - 血液を通して人体に入ります。 C型肝炎の感染の徴候は通常摩耗した形で現れるので、病状は、ある時点で気付かれずに残っているので、容易に慢性的なプロセスになります。人口中のC型肝炎の有病率は着実に増加しています。

感染の主な方法:

  • 輸血(幸いなことに、近年、この因子はその重要性を失いました、なぜなら全てのドナー血漿と血液は必然的にウイルスの存在についてチェックされているからです)、
  • ウイルスキャリアとの無防備な性行為
  • 病気の人の後に注射器を使う
  • 個人の衛生基準を遵守しなかった - かみそり、爪切り、歯ブラシの共有、
  • ボディピアスや入れ墨の皮膚に適用すると、汚染された器具に感染します。
  • 血液感染に関連した職業的活動 - たとえば血液透析中に偶然に起こる
  • 産道を通過中の胎児の感染。

このウイルスは、家庭内および空中経路では伝染しません。

C型肝炎感染のリスクグループには以下が含まれます:

  • 1992年まで手術を受けたことのある人
  • C型肝炎に感染した人と定期的に働く医療従事者
  • 注射の形で薬を使う人、
  • HIV感染者
  • 原因不明の肝疾患を患っている人、
  • 定期血液透析
  • 感染した女性から生まれた子供たち
  • コンドームなしのセックスワーカー。


それは長い間C型肝炎ウイルスに感染したほとんどの人が症状に気づかないことに留意すべきです。病気が隠されているという事実にもかかわらず、体は不可逆的なプロセスのメカニズムを開始し、それは最終的に肝組織の破壊 - 肝硬変や癌につながる可能性があります。これがこの病気の狡猾です。

感染した人々の約20%はまだ病理学の症状を持っています。彼らは一般的な脱力感、眠気、不振、食欲不振、そして絶え間ない吐き気を訴えます。この診断を受けたほとんどの人は体重を減らします。しかし、ほとんどの場合、正確な肝臓のある場所 - 右心気膜下症の不快感が顕著です。まれに、病理は関節の痛みや皮膚の発疹によって判断することができます。

診断

診断を下すには、ウイルスの推定保因者が次の診断テストを受けなければなりません。

  • 血液中のウイルスに対する抗体の検出
  • ASTとAlAT、血液中のビリルビンの定義、
  • PCR - ウイルスのRNAを決定するための分析
  • 肝臓の超音波、
  • 肝組織生検


実施された研究が体内のC型肝炎の存在について肯定的な結果を示している場合、これは以下の事実を示唆している可能性があります。

  1. 人は慢性的な病気の病気にかかっています。彼はすぐにその損傷の程度を明らかにするために肝組織の生検を行うべきです。ウイルス株の遺伝子型を特定するためのテストも必要です。適切な治療の指定に必要です。
  2. その男性は過去に感染したことがあります。これは、ウイルスが以前に人体に侵入したことを意味しますが、彼の免疫システムはそれ自身で感染に対処することができました。他の人がそれらを傷つけ続けている間、なぜ特定の人々の体がC型肝炎ウイルスを克服することができたかに関するデータ - いいえ。免疫防御の状態とウイルスの種類に大きく依存すると考えられています。
  3. 結果は誤検知です。初期診断中に結果が誤っていることがありますが、この事実を再分析しても確認されないことがあります。もう一度分析する必要があります。

妊婦における感染経過の特徴

典型的には、C型肝炎の経過は妊娠過程と関係がない、合併症は非常にまれに発生します。妊娠中の全期間を通じてこの疾患に罹患している女性は、健康な女性と比較して自然流産のリスクおよび胎児低酸素症の可能性が高いので、より慎重な観察を必要とする。

婦人科医だけでなく感染症の専門家もこの病気の患者を観察するのに関与するべきです。妊娠中および出産中の胎児の感染の可能性は5%以下です。赤ちゃんの感染を防ぐために同時に100%不可能です。たとえ手術による労働力がC型肝炎の保因者として女性に届けられたとしても - 帝王切開 - これは感染症の予防ではありません。

したがって、出生後、子供は血液中のウイルスの測定についてテストされます。赤ちゃんの人生の最初の18ヶ月では、妊娠中に得られたC型肝炎に対する抗体は血中に検出されますが、これは感染の兆候ではありません。

それでも乳児の診断が確定している場合は、小児科医や感染症の専門家に注意深く観察する必要があります。牛乳を含むウイルスは伝染しないので、感染した母親から生まれた子供の母乳育児はいかなる場合でも許可されます。

妊婦の治療法

今日では、C型肝炎ウイルスに対するワクチンはありません。しかし、彼は治療することができます。感染に気づくのに間に合うべき主な事柄:感染が最初に気づいた場合、回復の可能性が高くなります。

C型肝炎治療は包括的であるべきです。治療の基礎は強力な抗ウイルス効果を持つ薬から成ります。ほとんどの場合、リバビリンとインターフェロンがこの目的に使用されます。しかし、追加の研究によると、これらの薬は発育中の胎児に悪影響を及ぼします。したがって、妊娠中のC型肝炎の治療は望ましくありません。

専門家が女性のための特定の治療法を処方することを余儀なくされる場合があります。これは通常、将来のお母さんが胆汁鬱滞の症状をはっきりさせているときに起こります。このような状況では、彼女の状態は劇的に悪化しており、緊急に対処する必要があります。これはめったに起こらない - 20人中1人の女性で。

妊娠中にC型肝炎の治療が必要になった場合、医師は妊娠中の母親とその子供にとって比較的安全な薬物を好みます。これは通常ウルソデオキシコール酸に基づく一連の注射です。

感染した女性の出産を実行する方法

産科では、どのようにして分娩方法が新生児の感染のリスクを増加させるのか、または逆に減少するのかに関する長い歴史の統計があります。しかし、出産時の感染の可能性は帝王切開の場合と自然の過程の場合とほぼ同じであるため、統計の一桁の数字はこれまで受け取っていません。

女性がC型肝炎を患っている場合は、肝機能検査が不十分な帝王切開で分娩が行われます。通常、これは15人中1人の妊婦に起こります。他の場合には、医者は患者の健康状態から始めて分娩方法を選びます。

出産時の子供の感染は、赤ちゃんが産道を通過する瞬間の母親の血液からのみ起こります。医療従事者が分娩中の女性の病気に気づいている場合、子供の感染はほぼ不可能です - 4%以下の症例。医師の経験とプロ意識が、乳児と母親の血流との接触をできるだけ排除するのに役立ちます。場合によっては、緊急帝王切開が行われます。帝王切開についてもっと読む→

C型肝炎の予防

妊娠計画の間、各女性は血液中のC型肝炎ウイルスの存在について検査されるべきです感染は通常病気の人の血液の排出と接触して起こるので、あなたはこの生理学的環境との相互作用を避けるようにするべきです。

あなたは一般的な針、水、ハーネスと綿毛、すなわち注射に使われるすべてのアイテムを使うことができません。すべての医療機器および包帯は使い捨てまたは滅菌済みでなければなりません。他の人の歯ブラシ、マニキュア、イヤリングなどを使用することはできません。ウイルスがこれらのことすべてに対して最大4日間実行可能なままになる可能性があるためです。

ピアスとタトゥーは使い捨ての滅菌素材で作られるべきです。体の傷や病変は消毒剤、医療用糊、または滅菌パッチで消毒しなければなりません。さまざまなパートナーと親密な関係を結ぶときは、コンドームを使用する必要があります。

妊娠中にC型肝炎に直面しているほとんどの女性は、自分たちの生活が終わったと考え始めます。しかし、動揺してうつ病に陥らないでください。そうすればあなたは自分自身とあなたの子供をもっと傷つけることしかできません。実際には、C型肝炎の治療後またはそれに反して妊娠した多くの女性は、正常に耐え、完全に健康な子供を産むことができました。

著者:オルガRogozhkina、医者、
Mama66.ru専用

妊娠中の肝炎の症状と治療は何ですか

肝炎の最も一般的な症状は黄疸、すなわち、皮膚、粘膜および目が黄色を帯びることです。中毒、嘔吐、発熱、頭痛の兆候もあります。

1つの非常に潜行性の症状があります - 右心気症の痛み、これは肥大した肝臓が原因で発生します。そのような痛みのいくつかの種類があります:急性、鈍い、鋭いまたは痛む。

しかし、症状が自分自身を感じさせないことが起こり(これはC型肝炎で起こります)、そして病気は遅くて確実であり、そして病気はその完全な高さでしか検出することができません。

Лечение при острой форме гепатита не всегда может уничтожить вирус. Врачи советуют дождаться, пока иммунитет сам с ним не справится, поэтому советуют придерживаться диеты, не допускать полного обезвоживания организма и следить за работой всех органов тела.

Обычно лечение проводят в специализированных медицинских учреждениях.

慢性型の肝炎が発見された場合、治療は資格のある専門家によって行われるべきです。すべての薬があなたの将来の赤ちゃんの健康を脅かすので、自己投薬は行われるべきではありません、そしてそれ故にそれらは医者の監督の下でのみ摂取されるべきです。

そして、ついに、彼らは病気の診断に来ました。妊娠の全期間にわたって、婦人科医は肝炎の分析を3回処方しています。 B型肝炎患者の血液検査では、検査技師がウイルスのウイルスであるHBs抗原を決定し、C型肝炎抗体の分析では、ウイルスの存在によって体が生成するタンパク質があることを意味します。

血液検査の結果によると、検査室助手は結論付けています。肝炎の検査が陽性であれば、ママは専門の感染性産科病院で出産しなければなりませんが、あなたの街に特別な感染性ユニットが装備されている産科病院があれば、そこで送られます。

妊娠中の女性における肝炎の影響は何ですか?妊娠中に胎児が母親から感染しなくなった場合でも、ウイルスは女性の体を非常に弱体化させるので、分娩開始前にできるだけ早くこの病気に対処することを医師が推奨するのはこのためです。

あなたが治療を拒否した場合、その後、あなたは体と将来的に多くの問題に直面するでしょう。そしてあなたの子供は健康で、明るくそして強い母親を必要としています。この病気が肝臓に大きな負担をかけることを忘れないでください、そしてこの器官を通してあなたと子供の間で重要な物質の交換があります。

肝臓がうまく機能しない場合、それは微量栄養素の不十分な浸透のために胎児の発達不足を脅かす。

医師は、出産中に子供が感染する可能性があることをすぐに警告します。これが、出産が自然ではなく帝王切開によって行われる理由です。

肝炎にかかったことがある女性のほとんどは、将来の妊娠を計画することに慎重です。専門家らは、血液中に抗体が見つからなければ、妊娠を計画できると言っています。しかし、免疫学者、血液学者の観察を忘れないでください。あなたがあなたの生活の中でこの病気に遭遇したことがないならば、妊娠を計画するときにそのウイルスに対して予防接種を受けるようにしてください。

どの女性が妊娠の過程にどれほど正確に影響を与えるかは知られていません。なぜなら、すべての女性は個人であり、症例は独特だからです。 E型肝炎は最も危険で悲劇的であると考えられています、そして他のすべてのタイプは調査されそして診断されることができます。

主なことを忘れないでください - 決して落胆しないでください。この病気は中絶の徴候ではありません。あなたがこの病気と戦うことにしたなら、あなたはすべての医者の処方箋に従う必要があります。

肝炎とは

肝炎は肝臓の炎症性疾患で、ウイルス性病原体によって引き起こされることがよくあります。ウイルスの病気に加えて、他のグループが分離されていますが、それは物質の毒性作用によって引き起こされています。これらには自己免疫性肝炎と放射線が含まれます。

C型肝炎はウイルス性の病気です。肝硬変および悪性新生物の発症を促進します。

今日、この種は最も危険です。病気の経過の特徴的な潜伏型は、しばしば深刻な合併症を引き起こします。身体障害または死亡の原因となります。

妊娠中のC型肝炎

C型肝炎ウイルスは世界中に広まっています。彼は若者の病気と考えられている。ほとんどの場合、30歳未満の人に診断されます。

主な感染方法:

  1. 入れ墨
  2. ピアスピアス
  3. 一般的な注射針の導入(薬物中毒を含む)。
  4. パーソナルケア製品(歯ブラシ、かみそり、マニキュアのための道具)の共有。
  5. 操作中
  6. 歯の治療に。
  7. 感染者との無防備なセックス。

したがって、C型肝炎の主な感染経路は血液と性器液です。

一般的な料理を使用する場合、病気は抱擁や握手を介して、空中飛沫によって伝播されません。

たぶん、すべての用心の対象として、病人と同居しています。

女性が以前その保因者であった場合、妊娠はC型肝炎の発症を引き起こす可能性があります。これは免疫系の効率の低下によるものです。

病気は胎児に伝染していますか

妊娠中にC型肝炎と診断されたことのあるすべての女性は、感染の可能性と子供への影響について心配しています。

感染の可能性はありますが、非常に小さいです。

医師は、子供の子宮内感染の可能性は5%を超えないと主張している。

また、出産過程における感染の可能性は妊娠期間中よりも高いと考えられています。母親の血液が子供の体に入る危険性が高まります。

ウイルスを母親から子供に感染させる方法:

  • 出産時 - 母体の血液が子供の体に入ると
  • 新生児は、世話をするときに母親からウイルスを得ることができます - へその緒が処理されます。ただし、予防策を講じると、そのような感染の可能性は低くなります。
  • 母乳育児中 - 乳首がけがをした場合(ひび割れや痛み)。

子供の誕生後にコントロールを置き、定期的に抗体の存在について彼の血をチェックしてください。分析は1、3および6ヶ月の年齢でかかります。

血液中にRNAウイルスがなければ、子供は健康です。

検査結果が肯定的であれば、子供は適切な治療を受けます。

病気の種類と妊娠過程への影響

ウイルス性C型肝炎の流れには2つの形態があります。

慢性C型肝炎は、人が6ヶ月以上病気になったときの症状です。

多くの場合、妊婦は自分でこのタイプの肝炎を見つけます。

胎児にとって慢性的な形態は実際上安全であることに注意すべきです。それは、子供の発達や妊娠の合併症の先天的異常の原因ではありません。

慢性C型肝炎は、子供を妊娠させる可能性に悪影響を及ぼしません。

これと一緒に、このフォームはしばしば早産の原因であり、子供は気絶しています。これは母親の肝硬変の存在によるものです。

肝不全のために死亡した子供を産む危険があります。

妊娠中の女性が急性型のC型肝炎と診断された場合、その女性は観察下で妊産婦の特別な感染部門に送られます。

この場合の子供の子宮内感染の可能性は小さいです。

妊娠中のC型肝炎の徴候

ウイルスが女性の体に入った瞬間から病気の最初の兆候が通常起こるまでに、それは約8週間かかります。時々この期間は18-20週に達することができます。

妊娠中のウイルス性C型肝炎の徴候と症状:

  • 疲労感が増す
  • 機嫌が悪いと涙
  • 食欲不振
  • 吐き気がする、時には嘔吐する、
  • 軽いcal、
  • 濃い尿
  • 温度上昇
  • 右心気症の痛みを伴う感覚、
  • 痛む関節の感覚
  • 肌の黄ばみ、
  • 白目が黄色くなります。

この疾患の特徴は、無症状の経過がしばしば観察されることです。これは女性の治療と状態を非常に複雑にします。

C型肝炎ウイルスには3つの病期があります。

それは通常症状がない急性期であり、それは肝炎が慢性型になる時間があるという事実につながります。

潜伏期は非常に短く、実際、急性から慢性状態への移行のポイントです。

慢性の病気は最も深刻だと考えられています。それが起こるとき、肝臓への最大のダメージ。

妊婦におけるC型肝炎の治療

C型肝炎の治療に使用される薬物治療は妊娠中は禁忌です。これは、それらが胎児の発達の子宮内病理の発達を引き起こすという事実によるものです。

ほとんどの場合、妊娠時の治療はすべて中止されるか、開始されないこともあります。

場合によっては、薬物療法を実施する必要があります。

通常、薬は胆道停滞の場合や石が見つかった場合に処方されます。

たとえそれが薬を処方することが必要になったとしても、それらは胎児への害が最も少なくなるような方法で選ばれるということを理解する必要があります。

妊娠中の女性が急性型のC型肝炎を患っている場合、すべての治療は妊娠の維持を目的とします。この場合、流産の脅威は著しく増加します。

C型肝炎の出産方法

今日まで、ウイルス性C型肝炎に感染している妊婦の出産方法の問題についての唯一の医学的意見はありません。

帝王切開が行われれば、出産時に子供に感染する危険性は著しく減少すると考えられています。

ロシアの領土では、C型肝炎に感染した女性は分娩方法を選択する権利があります。医師は、労働の可能性があるリスクと合併症について女性に知らせる義務があります。

また、配達の種類を選択するためのガイドラインは、女性のウイルス量のレベルです。

それが十分に高ければ、帝王切開が優先されるべきです。

ウイルス性C型肝炎と妊娠は両立します。この病気は子供の概念と誕生への禁忌ではありません。

あなたはただ医者のすべての勧告に従いそして定期的に処方された検査を受ける必要があります。

質問「C型肝炎で出産することは可能ですか?」という明確な答えがあります。母親に病気があっても、健康な子供を産む機会は十分にあります。

危険なものと感染源

C型肝炎は、肝炎ウイルスのグループの中で最も困難です。主な感染様式は血液によるものです。感染源は新鮮で乾燥した血液です。また 精液、唾液 - あなたは他の人体の体液と一緒にウイルスを得ることができます。感染方法:

  • 無菌または消毒の不十分な医療機器を使用する場合
  • 輸血とともに
  • タトゥーパーラー、マニキュア、ペディキュアルーム
  • 無防備なセックスと、
  • 母親から子供への感染(垂直感染)
  • 労働の過程で。

妊娠中の胎児の感染の危険性は5%です。母親の体内で抗体が形成されると、子供の病気の発症が抑制されます。妊娠中に胎盤に問題が発生した場合、胎児の感染の危険性が数倍(最大30%)増加します妊婦にHIV感染があると、子供に感染する可能性が高くなります。乳児の感染は出産中に起こります。この場合、女性の出産方法は関係ありません。

母親から子供へのウイルスの「垂直感染」には3つの方法があります。

  • 周産期には、
  • 労働過程での移転
  • 産後の感染症。

妊娠期間中および出産過程中に子供がC型肝炎に感染していなかった場合、出生後に感染する可能性が高いです。 赤ちゃんは母親と常に接触しているので。これを防ぐために、母親は慎重に自分の肌の状態を監視し、切り傷やけがをしないようにすべきです。そして、女性が怪我をしているのなら、新生児の皮膚や粘膜に血液を流さないでください。

妊婦のC型肝炎は妊娠の経過に影響を与えません。しかし、母親の肝臓で発生するプロセスは、胎児の早産と肥大を引き起こす可能性があります。

妊婦にC型肝炎がある場合の対処方法

妊娠期間全体を通して、各女性は3回肝炎の検査を受けます。結果が肯定的であれば、妊婦はより頻繁に医者を訪ねて、医師の慎重な監督下に置かれ、別の感染病棟で出産しなければならないでしょう。

患者は、妊娠中に禁忌ではない肝臓のための薬を処方されることがあります。

症状と診断

ほとんどの場合、この疾患は顕著な症状なしに進行し、長​​期間にわたっては現れません。あなたは体内のB型肝炎ウイルスの存在の一般的な症状を強調することができます。

  • 肌と目が黄色くなった
  • 弱点
  • 眠気
  • 吐き気と嘔吐
  • 温度上昇
  • 右側の肋骨の下の痛み。

女性が妊娠中の素因のために取ることがあり、それらに注意を払わないかもしれないいくつかの症状。

正確な診断は、妊婦が肝炎の血液検査(抗HCV)に合格した後にのみ行うことができます。 C型肝炎ウイルスの存在についてのマーカーは、血液の免疫発酵によって検出される。

C型肝炎の存在について最も信頼できる結果を得るために、ポリメラーゼ連鎖反応の方法が使用される。この方法の本質は、人工的に作り出された条件で酵素を使用するときに選択されたDNAフラグメントの多重複製からなる。

診断に誤りがありますか

妊娠中のC型肝炎の診断の誤りは医療現場で行われる。したがって、女性は分析に再び合格する必要があります。立場にある女性では、肝炎の分析は誤りの結果としてだけでなく、いくつかの理由でも誤っている可能性があります。

  • 自己免疫疾患の存在
  • 腫瘍の存在
  • 複雑な感染症

C型肝炎の陽性の指標は、体内に別のウイルスが存在することから生じる可能性があるため、追加の検査が行われています。

  • 肝臓の超音波、
  • 総血球数
  • 腹部超音波、
  • ポリメラーゼ連鎖反応法

看護の進め方

C型肝炎との妊娠は、母親や子供のための文ではありません。病気が胎児や妊娠中に受ける可能性のある影響は、その形状や女性の血液中のウイルスRNAの量によって大きく異なります。ウイルスの含有量が100万コピー未満の場合、女性は通常子供が生まれたときに感じるようになり、胎児の感染の可能性は最小限に抑えられます。

慢性疾患の徴候および高血中レベル(200万コピー以上)のウイルスRNAの出現は、妊娠していないこと、および胎児に病状を発症する危険性をはらんでいます。赤ちゃんは早産の可能性があります。

ウイルスが妊娠の計画段階で女性に発見された場合は、その後病気が最初と6ヶ月後に治療を中止する必要があります、薬の中止後、妊娠し始めます。

ウイルスにはどのような危険がありますか?

C型肝炎は、胎児の発育中、分娩中および出産後に母親から子供に伝染する可能性があります。保護バリア(胎盤)が壊れていると、胎児の感染が起こる可能性があります。赤ちゃんが生まれたとき、その血中に抗体が検出されることがあります。彼らは通常2歳で消えるので、この事実は強い恐れを引き起こすべきではありません。感染の発見は2年後には可能です。生後1年目の小児における抗体の存在に関する分析は、1、3、6および12ヶ月の時点で行われます。

妊娠中や出産中に子供が母親に感染しなかった場合、ウイルスは後で伝染し、すべての予防措置を守る母親によります。

自然にまたは帝王切開によって、肝炎にかかっている母親に赤ちゃんを産むことは可能です。感染の可能性は分娩方法に影響されません。

妊娠と母親の肝炎は病気の経過に悪影響を及ぼす可能性があります。子供を連れて行くと女性の体が弱くなるので、病気はより深刻になる可能性があります。これは、母親にとっても赤ちゃんにとっても危険です。 合併症の結果として、悪性肝腫瘍が女性に発症することがあります。 重度のC型肝炎は、胎児の発育と生存率に悪影響を及ぼし、新生児の早産、窒息および低酸素症を引き起こす可能性があります。早く生まれた赤ちゃんの体は非常に弱いので、そのような子供の死亡率は最大15%です。

流行の最中で、肝炎を患っている母親の死亡率は17%です。出血の形で出産後の合併症がある可能性があり、それは血液凝固の背景に現れます。

持ち運び中の治療

妊娠中のC型肝炎の治療は増悪の場合に行われ、この場合は肝臓中毒が起こり、中絶に至ります。病気の落ち着いた経過で、医者は頻繁な検査と臨床検査を通して患者をモニターします。肝炎と戦うために使用される多くの薬は妊娠中は禁止されています。

作業を支援し、肝硬変を発症するリスクを減らすために、患者はHofitol、Essentialeの軽い調剤を処方され、食事療法が推奨されます。子供を待っている間、そしてC型肝炎の場合には適切に食べることが重要です。食事の間に短い休憩を取って少しずつ必要があります。ダイエットでは簡単に消化され、消化されている食物、植物由来の製品を優先するべきです。

子供を期待している感染した女性は、体を毒する物質への暴露を避けるべきです。:ワニスや塗料の蒸発、車からの排気、煙など。不整脈に対する抗生物質や薬の服用を禁止します。

好ましくないのは重い負荷であり、疲労、長期にわたる寒さへの曝露につながる。

出生はどうですか、結果は何ですか

Если был обнаружен гепатит С при беременности, то оценить возможные последствия для малыша очень непросто. Так как младенец может и не заразиться при родах. Рожать надо по показаниям врача. Какой способ родоразрешения показан женщине, таким и нужно рожать. 肝炎の感染のために、子供を産む方法は重要ではありません。しかし、帝王切開は新生児の感染の危険性を減らすという意見があります。医師は胎児への可能性のあるリスクについて女性に知らせ、独立した分娩中の感染の統計を示し、そして帝王切開の助けを借りて。

慢性肝炎の患者は、感染症病棟に届けられます。女性が非ウイルス性の病気を患っていて、妊娠中に合併症がなかった場合、彼女は一般病棟で出産することができます。また、妊娠中の母親は妊娠の病理学の一般的な部門に属している可能性があります出産を期待しています。

母乳育児の乳児についての単一の意見は存在しません。いくつかのケースでは、慢性HCV感染症の女性、母乳は感染していないことが研究によって示されています。しかし、他の実験の結果によると、ウイルスRNAは乳汁中に検出されたが、その濃度は低かった。

赤ちゃんが生まれたとき、小児感染症は一年中その状態を監視します。最終的な研究は子供の誕生の瞬間から24ヶ月後に行われます、そしてそれは彼が感染したかどうかを正確に決定することができます。

赤ちゃんが生まれた後、女性は病気の悪化を経験することがあります。生後1ヶ月で、B型肝炎にかかっている母親は血液検査を受ける必要があります。実験室研究の結果によると、さらなる行動が計画されるべきです。

C型肝炎の流産

肝炎の経過は無症候性であるので、その検出は出生前の診療所で登録するときに日常検査の間に行われます。将来の両親はそのような診断によっておびえているかもしれません。 C型肝炎の流産は増悪には禁忌です。中絶の脅威があるならば、医者は子供を救うためにあらゆる方法で試みています。

女性が赤ちゃんの健康を恐れて妊娠をやめることにした場合、中絶は12週間前に行われます。。しかし中絶は黄疸期の終わりにしかできません。

医師は、医学的な理由から、または母親の命に危険があるために妊娠の終了を主張することがあります。私は中絶の臨床適応を選び出します:

  • 重症型の肝炎と肝硬変
  • 胎盤剥離、出血、
  • 化学療法を必要とする癌
  • 急性神経感染症
  • 糖尿病
  • 子宮破裂などの危険性

妊娠期間や女性の健康状態に応じて、中絶の種類が異なります。割り当てる:

  • 中絶の外科的方法
  • 掃除機
  • 薬による流産(流産)
  • 妊娠13週後の妊娠中絶(複雑な妊娠中絶)。

C型肝炎の自然流産は症例の30%に見られます。

この疾患の軽度の型では、C型肝炎は出産に対する障害ではなく、極端な場合にのみ中止されるべきです。

C型肝炎と妊娠C型肝炎治療と妊娠計画

Loading...