人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

膀胱炎の注射

膀胱炎や膀胱膜の炎症は女性によく見られる現象です。女性の身体の構造の解剖学的特徴は、尿路における感染症のより頻繁な発症に寄与する。膀胱炎の注射は、短期間で病気の進行を止め、付随する痛みを伴う症状を取り除くのに役立ちます。

注射を受けた女性における膀胱炎の治療の適応

2人に1人の女性が少なくとも1回は自分の人生に膀胱炎を患っていました。短くて広い尿道、膣や肛門に近接していることが、泌尿器系の感染症やそれへの病原性細菌の侵入を引き起こす要因です。

膀胱炎の発症に寄与する状況:

  • ストレスの多い状況
  • 食生活やスポーツ負荷に対する過度の熱意
  • アルコールや辛い食べ物を大量に消費する
  • 免疫力の低下、低体温、
  • ホルモン障害(甲状腺疾患、インスリン代謝障害など)
  • 小さな骨盤の腎臓や臓器の炎症性疾患。

別に、妊娠中の女性の膀胱炎の発生に注目する価値があります。この場合の他のすべての要因は、感染症やバクテリアに対する体の反応の特異的な減少、そしてホルモンレベルの変化によってつながります。これは、身体の根本的な再構築と子供を運ぶための準備をしている間の最初の学期に特に顕著です。

膀胱炎の原因は、性感染症です。パートナーのうちの1人は、潜んでいるがはっきりしない形で病気になっているかもしれません。同時に、免疫力の低下を伴う一組の二番目の人は、病原体に対する感受性を高め、そして感染が起こる。

軽度の症状を伴う合併症のない膀胱炎は、錠剤の形で経口で薬を服用することで自宅で治療できます。炎症が激しく激しい痛みを伴い、そして患者の状態を悪化させる恐れがある状況では、治療は病院で行われなければならない。この場合、膀胱炎の治療に使用されるプリックの複合体を使用すると、最も迅速で安定した結果が観察されます。

  • 腎臓のさらなる炎症、すなわち腎盂腎炎、
  • 血中不純物および化膿性内容物の尿中の顕著な症状
  • 穿孔の危険を伴う膀胱壁の菲薄化
  • 38.5-39度以上の体温の長期上昇。

膀胱炎注射を使用することの長所と短所

筋肉内または静脈内注射の形態での膀胱炎薬の治療のための使用はそれら自身の利点と不利点を有する。炎症過程を治療するための戦略を選択するとき、医師は患者の状態、年齢、健康状態、病気の経過を分析し、注射の形で薬を使用する必要性を評価します。

注射が処方されたとき

穏やかな形の病気で使用は示されます:

  • 抗菌薬
  • 尿路を刺激する可能性がある食品を除く、特別な食事
  • 膀胱から病原体を除去するために大量の水分を摂取してください(毎日2〜3リットルの水分を補給してください)。
  • 治療期間全体にわたる性的活動の拒絶

抗生物質を使わないと、病気が慢性化したり、さまざまな合併症を引き起こすことがあります。

合併症のない形態の膀胱炎の場合、治療にピルが使用されます。重症の場合、患者は薬の注射を処方されます。膀胱炎のための注射はすぐに明白な治療効果を達成しそして病気に対処することを可能にする。

そのような場合、医者は処方します:

  • 鎮痙薬、
  • 抗菌薬
  • 抗炎症薬

薬の名前は、病気の経過の性質と患者の状態に基づいて医師が選択する必要があります。

セファロスポリン

病原性病原体の他の抗生物質群に対する耐性の増加が検出された場合、または患者がそれらの使用に対して禁忌を示している場合、医師はセファロスポリン系群からの薬物を処方します:

  1. セフロキシムこの薬はブドウ球菌、大腸菌、腸球菌を含む膀胱炎の主な原因物質と戦うのに効果的であることが証明されています。その使用は慢性病理の場合に示されている。注射は1日3回、静脈内または筋肉内に行われます。
  2. セフトリアキソン高濃度の病原性微生物が尿中または付随する病状(腎盂腎炎など)の存在下で検出された場合、薬の注射は処方されます。この薬剤は、ペニシリナーゼ(抗菌薬を破壊するためにバクテリアによって生成される酵素)に耐性があり、幅広い作用を持っています。
  3. セフォタキシム薬の有効成分は効果的にほとんどのグラム陽性菌とグラム陰性菌と闘います。薬はペニシリナーゼに耐性があります。薬物は静脈内または筋肉内に投与することができる。

妊娠中の女性の治療のために、彼らは医師が薬の薬の効果が子供のために知覚されるリスクより高いだろうと判断した場合にのみ使用することができます。彼らが看護女性のために処方されるならば、それから治療期間の間母乳育児をやめるべきです。この期間中に授乳を維持するために、それは定期的に表現することをお勧めします。

アミノグリコシド

このグループの調剤は、他の抗菌薬と組み合わせて複雑な感染症の場合に適応されます。これらはゲンタマイシンとアミカシンを含みます。

女性の膀胱炎に対する注射が行われます:

  • 静脈内に
  • 筋肉内。

アミノグリコシドは、それらの活性成分が急速に吸収され、代謝産物に分解されず、蓄積せず、尿と共に変化しない形で体から排除されるという事実によって区別される。

体内からの排泄中に尿中に活性物質のレベルが上昇するという事実のため、これらの薬は膀胱炎、尿道炎およびその他の泌尿器系の感染症の治療に非常に有効であると考えられています。

アミノグリコシドが胎児の発育に及ぼす病理学的影響(腎臓や中耳の組織の損傷)が証明されています。したがって、妊婦の治療にはそのような薬は使用されていません。

鎮痙薬と抗炎症注射

このグループの薬は、膀胱の平滑筋を弛緩させるのに役立ちますので、痛みを和らげるために使用されます。同時に、患者の排尿衝動の数は減少する。鎮痙薬の中で、最も処方されているのはDrotaverinumとNo-shpaです。

錠剤の形の薬が主に使用されますが、激痛症候群または合併症の存在の場合には、注射が使用できます。注射の形で薬物を注射した後、それはより速く作用し始め、そして体に対してより顕著な効果を有する。

膀胱炎は膀胱壁の炎症に関連する病気です。したがって、治療のためには、けいれんを取り除き、病原性微生物を取り除くだけでなく、炎症を減らすことも必要です。この効果は、非ステロイド系抗炎症薬を使用して達成することができます。

NSAIDsの有効成分の体内に入った後、それはプロスタグランジンの合成 - 炎症と痛みを引き起こす物質 - を始めます。抗炎症作用に加えて、NSAIDは、鎮痛作用および解熱作用を有し、そして組織内の血液循環を改善する。

このカテゴリから最も処方されている薬は:

  • イブプロフェン
  • メロキシカム
  • ボルタレン

迅速かつ最大の効果を達成するために重症の病状の場合に処方される膀胱炎の非ステロイド性抗炎症薬のための注射。

NSAIDは、消化管の状態に悪影響を及ぼす可能性があり、そして長期間の使用により、潰瘍または胃出血の発症に寄与し得る。したがって、そのような病状の素因を持つ患者は注射で置き換えることができる錠剤を服用しないほうがよいです。

膀胱炎の治療は医師に対処する必要があります。自己処方は病気の経過を悪化させ、様々な合併症を引き起こす可能性があります。重症の場合や様々な合併症の存在下で処方される膀胱炎の治療のための注射。

どの場合に注射を処方したか

ほとんどの場合、膀胱炎治療は錠剤の形で薬を服用することを含みます。ただし、場合によっては、通常の錠剤の代わりに、専門家が注射を優先することをお勧めします。これは以下の場合に起こります。

  1. 患者の一般的な深刻な状態で。よく知られているように、注射薬は錠剤よりもはるかに速く作用し始めます。注射のこの利点は、人の状態をはるかに早く正常化し、深刻な合併症のリスクを減らすことを可能にします。
  2. 消化管に問題がある場合時々これらまたは他の丸薬を取ることは患者に禁忌である、それで患者は胃と肝臓に副作用がない注射を与えられる。

さらに、注射の予約に関する決定は、他のいくつかの場合には、包括的な調査と膀胱炎の原因物質の同定を行った後に行われる。

ペニシリン

ペニシリンは膀胱炎の広範囲の病原体に対して有効です。このグループの薬は最も安全だと考えられています。主な利点は次のとおりです。

  • 妊娠中および授乳中の女性だけでなく、子供の膀胱炎の治療に使用する可能性
  • 非常に効果的なペニシリンは複雑な治療に効果的であり、そして他の多くの薬とよく相互作用します。

他のほとんどの抗生物質とは異なり、ペニシリン治療はより長期の治療を必要とします。さらに、場合によっては、医師は薬の投与量を増やすことをお勧めします。

フルオロキノロン

このグループの抗生物質は、ほとんどの場合、膀胱炎の治療に処方されています。これは、70〜100%に達する高い効率によるものです。このグループの薬の主な特徴は次のとおりです。

  1. 幅広い効果フルオロキノロンは、他のほとんどの抗生物質に耐性があるものを含め、膀胱炎の最も一般的な病原体に効果的に影響を与えます。
  2. 治療効果の持続期間この群の薬物は、尿中に蓄積し、治療用量で膀胱内に長期間持続する能力を有し、これは治療の結果に好ましい効果をもたらす。

フルオロキノロン薬は、18歳未満の人、妊娠中および授乳中の女性には処方されていません。このグループの注射の使用は、病院内でのみ行われます。

上記のすべてに加えて、時には熱い注射が膀胱炎の患者に処方されます。このような注射剤は有機塩からなり、静脈内に排他的に導入されます。

抗生物質

抗菌薬は、病原性微生物叢と戦うために必要であり、炎症過程を引き起こします。膀胱炎の注射は病気が明白な形をとり、患者に激しい痛みがあり、体温が上昇し、そして状態が医師にとって憂慮すべきである場合に処方されます。

病院では、注射は継続的に行われていますが、この剤形を使用すると迅速な効果が得られ、患者の状態が緩和されます。

抗菌薬による自己治療は受け入れられず、抗生物質の種類、剤形および投与量は、原因物質、疾患の重症度、患者の病歴および状態、彼の年齢および体重、ならびに薬物療法に対するアレルギー反応の有無によって医師によって選択される。

フルオロキノロン物質

この群の製剤は顕著な抗菌活性を有し、そして膀胱炎を含む炎症過程の治療のための医薬において広く使用されている。

第一世代:ペフロキサシン - 尿路感染症の治療に非常に効果的、オフロキサシン - 腎臓、膀胱、尿路の炎症過程の治療に適応、病院で静脈内投与される、シプロフロキサシンは、医療現場で広く使用されている女性の膀胱炎の注射は病院で静脈内投与されます。

第二世代:ロメフロキサシン - 静脈内、泌尿生殖器系の合併症のない複雑な感染症の治療、および膀胱の外科手術中の予防

フルオロキノロングループの薬は、心血管系の疾患、神経系および精神障害のある人々、18歳未満の子供たちに慎重に処方されることを心に留めておくべきです。

妊娠中や授乳中の女性には禁忌です。

セファロスポリン系物質

この群の製剤は、微生物に対する広範囲の作用および低レベルの毒性のために、膀胱炎の治療に広く使用されている。

セフロキシムは、尿路、膀胱、および腎臓の炎症を治療するために使用されます。禁忌は小児期、腎不全、消化管の病気、消耗などがあります。それは筋肉内または静脈内注射の形で任命される。

セフトリアキソンは、泌尿生殖器領域の感染症の治療に使用されます。静脈内/筋肉内注射の形で指定されて、医者は患者の状態と病気の無視を考慮して投与量を選択します。

セファロスポリン系製剤は、妊娠中や授乳中の女性にはお勧めできません。そのような治療は、母親の生命と健康へのリスクが、薬物が胎児に作用する可能性のあるリスクを超える場合に許容されます。

アミノグリコシド系物質

アミノグリコシドは殺菌性抗生物質で、病理学的過程を引き起こす微生物を殺すのに使われます。 他の殺菌薬とは異なり、彼らは迅速な効果を持っている、彼らの仕事は患者の免疫力に依存しません。アミノグリコシドは重症の場合に処方され、病気の進行に対処するのを助けます。腎臓および尿路の疾患の治療において、病理学的フローラに対するより効果的な効果のためにアルカリ性の尿環境を提供することが必要である。

この群の調剤は筋肉内に投与するとよく吸収されますが、体内に蓄積することはありませんが、変化しない形で腎臓から排泄されます。腎臓による薬の開発のおかげで、尿中の薬の濃度は数倍に増加し、それは迅速で成功した治療に貢献します。

アミノグリコシドには、ゲンタマイシン、アミカシンが含まれる。このグループの薬が胎児や未熟児の体に有害な影響を与えることが証明されているため、アミノグリコシドは妊娠中の女性や3歳未満の子供(特に未熟児)には処方されていません。

鎮痙薬

鎮痙薬の使用のおかげで、それは膀胱の筋肉を弛緩させそして痛みを取り除く/減らすことが可能である。このため、排尿衝動の数が減少する。注射は効果をより早く達成することを可能にし、それ故に激しい痛みの場合には注射が推奨される。

疼痛緩和のための主な薬は長い間No-Shpaおよびその類似体 - ドロタベリン、ならびにパパベリン、プラチフィリンと考えられてきました。

ほとんどの鎮痙薬は妊娠中は禁忌です。 これらは条件付きで安全ですが、子宮の筋肉が弛緩すると同時に流産の危険性があるため、慎重に取り扱ってください。

抗炎症

炎症の原因を減らし、排除するために、患者は特別な抗炎症薬を服用しなければなりません:ボルタレン、モバリス、メロキシカム。注射はあなたが速く顕著な効果を達成することを可能にします。

膀胱の炎症は、最初の不安症状が現れたときに治癒し始めなければなりません。

  • 排尿の増加
  • 痛み、痛み、膀胱を空にする間に燃える、
  • 下腹部と背中の痛み。

膀胱炎の自己治療は、合併症および炎症の慢性的な形態への移行のために危険です。

膀胱内の炎症過程の間、患者は自分の食事を見直し、それを野菜、穀物、野菜、果物、全粒パンで強化する必要があります。塩辛い食べ物、マリネード、スモークミート、脂肪分の多い食品、アルコールを拒否する必要がありますが、毎日少なくとも2リットルの純粋な非炭酸水を飲んでください。

利尿効果のあるおすすめ商品。したがって、尿は膀胱内に滞留することはなく、それと共に、感染は体から除去される。

それは綿密な衛生状態を注意深く観察し、天然素材でできた快適な下着を着用し、さらに動かし、過冷却しないことをお勧めします。

注射することが賢明なとき

細菌性の病因を伴う膀胱炎の重症型では、注射は抗菌作用を伴って行われます。

Так как заболевание мочевыделительного органа сопровождается воспалительным процессом и болевыми ощущениями, наряду с антибиотиками могут быть показаны обезболивающие, спазмолитические и противовоспалительные инъекции, предназначенные для симптоматического лечения.

38.5を超える患者における高温の存在、腎盂腎炎の疑いおよび尿中の血液の存在は、膀胱における感染性炎症過程の間の薬物の非経口投与の主な徴候である。

以下は、膀胱炎の女性にどの注射が処方されるかを示す表です。

セファゾリン治療

膀胱炎からの注射セファゾリンは、かなり幅広い作用範囲を持つ第一世代のセファロスポリン系抗生物質です。薬の活性物質は微生物細胞壁の生合成を阻止し、それは必然的にバクテリアの死を招きます。泌尿器に影響を与えるほとんどの病原性微生物は薬に敏感です。

消化管からの吸収が乏しいため、セファゾリンは非経口投与専用です。

薬物の筋肉内投与により、粉末は注射用水で希釈される。これらの目的のためにも塩化ナトリウム溶液を使用してください。ノボカインの使用も可能です。大人のための薬の投与量は、病気の重症度に応じて、1日あたり1から6グラムまで異なります。注射は1日2回行われます。重症の場合は、1日の投与量を最大3回まで増やすことができます。治療期間は1〜1.5週間です。

静脈内注射は病院内でのみ行われます。

セフトリアキソン療法

第三世代のセファロスポリンはバクテリアの細胞壁の合成を乱すことができます。注射剤の調製には粉末を使用した。それは大腸菌、ブドウ球菌、クレブシエラなどのような病原体に対して有効です。

骨盤内臓器の手術前に免疫系が弱まっている患者では、セフトリアキソンが予防目的で使用されます。

注射は、疾患の重症度に応じて、1日に1〜2回筋肉内に1〜2g投与されます。治療期間は主治医によって決定されます。平均して、5日です。

粉末をリドカインまたは注射用水で希釈する。注射は非常に痛みを伴うので、第一のタイプの溶液を使用することが好ましい。ノバカインによる希釈は、セフトリアキソンの抗菌活性を低下させる能力があるため推奨されません。

抗生物質は、内部出血の発症につながる可能性があるため、非ステロイド系抗炎症薬と組み合わせるべきではありません。

治療スキームセフィピム

第四世代セファロスポリンは、静脈内注射の調製のために粉末形態で入手可能である。それはセフトリアキソンと同じ作用原理を持っています。

抗生物質は、第三世代セファロスポリンおよびアミノグリコシドと比較して最も高い抗菌活性を示す。泌尿器系に影響を与えるすべての細菌に対して有効です。

中等度または重度で発生し、病気のために処方女性の膀胱炎のためのこれらの注射。

注射の間の同じ時間間隔で1日2回まで0.5-1 gの投与量で使用されます。重い病気では、投薬量は2グラムに増やされるかもしれません。治療コースは1〜1.5週間です。

粉末を希釈するには、0.9%塩化ナトリウム溶液または5%デキストロース溶液を使用してください。

Cefipimは、抗菌剤、ヘパリン、メトロニダゾールとは相容れないです。

抗生物質治療を受けると、下痢、腹痛、便秘などの胃腸障害が起こることがあります。

ゲンタマイシン適用

広い抗菌スペクトルを持つ第一世代のアミノグリコシドに属します。

筋肉内投与では、単回投与量は体重1キログラムあたり1から1.7 gの範囲です。注射は1日に2〜4回行います。注射による治療は7〜10日間続きます。

ゲンタマイシンは、セファロスポリン、インドメタシンおよびフロセミドとの併用は推奨されていません。

アミカシン注射

第二世代のアミノグリコシドは、膀胱内の感染性炎症過程を治療するための注射剤として使用されます。それは半合成広域抗生物質です。薬の類似体はヘマシンとセレメシンです。

アミカシンは、大腸菌に対して高い抗菌活性を示し、中等度から連鎖球菌までを抑制します。

合併症のない感染症を筋肉内投与する場合は、1日2回250 mgを12時間間隔で投与してください。治療期間は1週間から10日間です。

アミカシンは、インドメタシン、他の抗生物質および利尿薬の使用と組み合わせることは推奨されていません。

膀胱炎からのホスホン酸誘導体

ホスホマイシンジナトリウムに基づく膀胱炎のための注射は最も効果的で安全と考えられています。薬用物質はホスホン酸の誘導体です。それはほとんどのグラム陽性菌およびグラム陰性菌に対して高い活性を示し、膀胱内の炎症過程を誘発する。

ホスホマイシンに基づく筋肉内投与のための薬のリストは2つの名前 - ウロフォスボール、フォスマイシンを含む。薬は完全に同一であり、同じ適応症と使用禁忌があります。

ホスホマイシンに基づく注射は、急性期における急性および慢性の両方の形態の疾患に対して処方される。

筋肉内投与は、単回注射剤の調製に必要な1〜2gの投与量を含む。注射は3回まで設定した。粉末を注射用水と同時にリドカインで希釈して注射の痛みを軽減する。治療期間は主治医によって決定されます。

膀胱炎注射の治療の有効性

泌尿器の炎症、特に急性および重症の場合、薬物療法が必要です。医師は、泌尿器科疾患の治療における注射の使用から高い効果をもたらすことが証明されています。薬は様々な形で利用可能です - 懸濁液、粉末、既製の溶液。

非経口薬物投与の利点:

  • 数時間で抗菌効果と抗炎症効果が現れます。
  • 高いバイオアベイラビリティ薬の活性物質はすぐに血に入ります。
  • 消化管への毒性影響の軽減錠剤とは異なり、膀胱炎のショットは腸のバイオフローラや胃壁に与える影響は少なくなります。

注射によって投与された薬は感染を引き起こした病原体に素早く作用します。活性物質は炎症を慢性化させません。最大の抗菌効果は静脈内注射です。

実際には、注射は急性膀胱炎と重篤な合併症に使用されます。

品種

膀胱の炎症の治療のための薬のリストは広範囲ですが、主な場所は抗菌薬によって占められています。抗菌効果を高め、膀胱炎の下腹部の痛みを和らげるために、非ステロイド系抗炎症薬と鎮痙薬がさらに使用されます。

健康状態と付随する病気に応じて、患者はプロバイオティクスを服用し、抗生物質による治療中に乱された腸内細菌叢を回復します。免疫力を高めるために、ビタミンと免疫調節剤が処方されています。必要に応じて、薬物は腎臓および肝臓の活動を改善し、泌尿生殖器系の血流を改善するために使用されます。

注射の副作用

静脈内注射を行うと、次のような悪影響が生じる可能性があります。

  • 静脈穿刺部位における血腫の出現脆い血管を有する患者、老齢の患者、および針固定技術の不適切な性能が原因で発生する。
  • 血流を迂回して、皮下組織に注射を介して薬液の流れ。そのような状況は、静脈が抜けていて、針を弱くピン止めしていて、そして患者の突然の動きにあるときに現れる。静脈内注射の注射に関する問題は、中枢および末梢循環に違反して起こる。患者の静脈が転倒し、看護師が注射をするのは困難です。


筋肉内に薬を導入すると、合併症も発生する可能性があります。

  • 溶液(油または懸濁液)が直ちに血流に入ることに関連した塞栓症の発症。
  • 注射部位の痛みを伴うシール。コーンを吸うために、それは抗炎症性の圧縮をすること、特別な軟膏とクリームを使うことは良いです。 (で圧縮
  • マグネシアまたはジメキシド、トロキセルチンゲル、ヘパリン軟膏、ヨウ素ネット)。
  • 膿瘍消毒薬の規則に従わないために深刻な合併症が発生します。このような状況では、手術が必要です。
  • アレルギー反応薬の投与の前に、個々の不寛容は必然的に考慮に入れられます。

結論

急性および重症型の膀胱炎の治療には、注射によって患者に投与される薬の使用が最も効果的です。非経口法を使用すると、治療効果を達成するために可能な限り最短時間で可能になる。病気の治療の主な方向は抗生物質の投与です、それらのタイプのいくつかは注射の病期分類のためにだけ出されます。

簡単フォーム

合併症のない病気の治療は外来患者ベースで行われます。彼女は示唆している:

  • 抗菌性を付与された薬による治療
  • 十分な水分を飲む
  • 厳格な食生活の遵守:泌尿器系に刺激のある影響を与える食品を日替わりメニューから除外することが必要です。
  • 親密な関係を7日間放棄する必要があります。

抗菌薬の使用を拒否すると、有害な合併症の危険性が高まります。病気が慢性化する可能性があります。

膀胱炎の場合に注射が行われるというプラスの効果を高めるためには、季節に応じた服装をするために、個人衛生の規則に慎重に従うことが必要です。座りがちな生活を送っている公正なセックスの代表者は、もっと動き、体操をする必要があります。これらの方法は、尿の停滞の可能性を減らすでしょう。

ヘビーフォーム

女性の膀胱炎注射は重症膀胱炎のために処方されています。膀胱の単純な炎症は錠剤の形で作られた薬で治療されます。病気が軽視される場合、患者は入院する必要があるかもしれません。

多くの人が次の質問に対する答えを知りたがっています。膀胱炎を患っている患者にはどのような注射をするべきですか?膀胱の炎症がひどい場合、患者は注射中に次の薬を使った治療を受けます:

  1. 抗菌薬
  2. 鎮痙薬
  3. 抗炎症薬

注射薬を選ぶ権利は医者にあるべきです!

抗菌作用とは

抗生物質は、膀胱炎を引き起こした病原体の種類を決定した後に個別に選択されます。かなり頻繁に女性の膀胱の炎症の治療ではフルオロキノロン注射を使用します。これらの薬は広範囲の用途があります:それらは他の抗菌薬に耐性があるバクテリアを含むもっと有害な微生物に対して有効です。

フルオロキノロンは、高濃度で長期間尿中に保存されます。これらの薬は子供や授乳中の母親を期待している女性にはお勧めできません。

フルオロキノロンの代表の1つは薬Tavanicです。

薬の主な有効成分はレボフラクサシンです。タバニックは合成起源の抗菌剤です。それは様々な剤形で提供されます:錠剤や注射用溶液の形で。タバニックは静脈内投与する必要があります:薬の投与量は病気の重症度に応じて医師によって設定されます。

注射で膀胱炎のためにこの薬を使用するとき、以下の副作用が起こります:

  1. 血圧を下げる。
  2. 睡眠障害
  3. 明確さの喪失
  4. 吐き気
  5. 腹部の痛み。
  6. 耳鳴り。
  7. アレルギー反応
  8. 紫外線に対する感度が上がります。

タバニック膀胱炎の治療は、薬物の成分に対する個々の感受性では実施できません。薬はてんかん、腱の病変には使用しないでください。妊娠中の使用は禁忌です:胎児は軟骨損傷を受ける可能性があります。タバニック注射は母乳育児の過程では適用できません。

抗炎症作用を持つ

膀胱炎では、膀胱壁の炎症が観察されます。非ステロイド系抗炎症薬は有害な細菌の活動を抑制し、下腹部の痛みを和らげ、炎症過程の重症度を軽減します。

このグループの薬は体内でプロスタグランジンの産生を防ぎます。これらの物質は痛みの発生を引き起こします。非ステロイド系抗炎症薬は鎮痛作用を持っています。それらは組織への血液供給を改善するのを助けます。非ステロイド薬は様々な形で製造されています:錠剤、注射用溶液、坐剤。

これらの薬は、公正な性の身体に悪影響を及ぼす可能性があるので、これらの薬による膀胱炎の治療は医師の監督の下で実施されるべきです。

民間薬

膀胱の炎症の治療にディルの種子に基づいて注入を適用することができます。 10グラムの植物材料に200 mlの水を注ぎます。飲み物は魔法瓶に注がなければならない、それは2時間主張されている。薬は1日2回0.1リットル飲む。

ディルシード煎じ薬は以下のように調製される。

  • 10グラムの種子に200 mlの熱湯を注ぐ。
  • 彼らは水浴中で少なくとも10分間煮沸する必要があります、
  • 指定された時間が経過したら、ブロスを数層の濃いガーゼでろ過します。

ブロスは1日3回100mlをとる。治療期間は7日間です。

Loading...