人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

妊娠中および妊娠中のビタミンEの摂取方法

あなたと私たちの現代的な栄養の質はとても悪いです、そして私たちが使う製品の栄養価はとても低いので科学者達は警告を鳴らしています。野菜、果物、野菜、肉に含まれる物質は少なく、通常の人体の発達に必要なものはそれだけです。したがって、私たち一人一人が、活発なライフスタイルをリードし、ビタミン - ミネラル複合体またはモノドラッグの形で、必須のビタミンおよびミネラルを体外から体内に確実に流入させる必要があります。

妊娠中は、多くの物質の必要性が数倍になります。第一に、母親の資源の大部分(もしあれば)が子供によって引き継がれる。第二に、彼らのうちの何人かは、子供の形成、発達、そして持ち運びの過程に参加するので、より多くの女性によって摂取されなければなりません。妊娠中のビタミンEは、胎児にとって不可欠なビタミンです。

妊娠中にビタミンEを飲む必要があるのはなぜですか?

ビタミンEまたはトコフェロールはおそらく妊娠中に最も重要で必要なものです。彼は適切な名前さえ持っています:ギリシャ語から翻訳されて、「tokos」は「誕生」を意味します、そして「フェロ」は - 身に着けることを意味します。健康な赤ちゃんを作るのに役立つと推測するのは難しいことではありません。

トコフェロールは抗酸化物質、つまり癌から保護します。ビタミンEの不足は、筋肉の衰弱、身体の防御機能の低下、貧血の発症、そして不妊や月経障害を引き起こします。それは感染症と戦うのを助け、特に急速に分裂する細胞(胚を含む)にとって有害な環境の影響から保護します。そしてビタミンCと組み合わせて、トコフェロールはアルツハイマー病とアテローム性動脈硬化症の発症を予防します。

ビタミンEは酸素の運搬を改善し、血管内の血栓の形成を防ぎ、下肢のけいれんを減らし、肌、髪の毛、爪の状態を改善します。

私たちの体に必要なすべてのビタミンの中で、ビタミンEは最も「女性的」なものです。それは、女の子の月経周期の混乱を回復するのに役立ちます、乳児の子宮の成熟は、月経機能の遅い発症の間に使われます。さらに、それは生殖機能を高め(妊娠を試みるときに重要です)、男性と女性の性腺の働きを改善します。

処方されているもの

さまざまな要因にかかわらず、特定のビタミン剤女の子は定期的に摂取する必要があると考えられています。ビタミンEはそのうちの1つで、肌の弾力、爪の強さ、髪の調子の良さに寄与するため、美のエリキシル剤と呼ばれています。

計画と妊娠時にビタミンEに役立つもの:

  1. トコフェロールは生殖機能の改善に役立ちます。妊娠する前に、多くの女性が様々な問題を抱えています。医師がビタミンEを処方することを排除するために、
  2. それはストレッチマークやにきびから肌を保護するのに役立ちます。表皮の状態が多くの外的要因および内的要因に依存することは知られている事実である。このケアは、適切な栄養、新鮮な空気の中を歩きます。トコフェロールはエラスチンの産生に寄与し、その結果としてそれはしわおよびストレッチマークから保護する。それは中に入れられて問題のある領域を汚すことができます、
  3. その欠如は脱毛と脆い爪の主な原因かもしれません、
  4. マグネシウムのように、それは酸化防止剤です。そのアプリケーションは、神経系を正常化し、ストレスから身を守るのに役立ちます。
  5. 葉酸、カルシウムおよび物質Eは妊娠の最初の学期に胎児の正常な発達に寄与します。彼らは子供の将来の神経系の働きに責任があります。さらに、彼らは積極的な外的要因からそれを保護します。

しかし、トコフェロール 有害かもしれません 女性の体のために。第一に、それは可能性のあるアレルギーです。それは発疹と消化不良で現れます。第二に、何人かの医者によると、この物質は妊娠中に活発に成長する脂肪組織に溶けます。最終的に、その金額は許容レートを超える可能性があります。

第三に、それは三学期にそれを飲むことは望ましくない。この時点で、それは子宮の弾力性を高めるためにその能力のために非常に危険になる可能性があります - これは早産に貢献することができます。

Video:妊娠中の重要なビタミン

ビタミンEの摂取方法

ビタミンEはカプセルと溶液で販売されています。妊娠中、計画中、そして出産後のいずれでも摂取することができます。医者は有機体の個々の特徴に基づいて線量を規定する。体内での過剰量は非常に危険であることを考えると、あなたは正しい投与量を選択することについて注意する必要があります。

平均的な成人に最適なのはビタミンEの1日投与量 - 20 mgですが、妊娠中はこの数値は大きく異なる可能性があります。場合によっては(最初は流産する可能性がありますが)、投与量は最大400 mgです。この場合、それは丸薬やマルチビタミンを購入することをお勧めします。

写真 - 製品中のビタミンE

妊娠の準備をするとき、最もよい解決策はこの化合物を含む製品でしょう。

トコフェロールとその投与量を含む製品の表:

数字は少し怖いですが、医師はそれらを批判的に服用しないことをお勧めします。妊娠中に1日にオリーブオイルの瓶を飲まないようにするには、溶液でビタミンEを購入するだけです。その価格は最大2ドルです。

妊娠中にビタミンEを飲む方法と量についての指示:

  1. それを飲むことは全体の最初の学期の価値があります - 食事の前に一日二回。選択したレジメンによっては、医者が朝1回、就寝前に2回処方することもあります。ビタミンEの投与量は最小200 mg、最大 - 400 mg(脅迫流産のみ)です。
  2. 第2学期に、この計画はわずかに変わります。活発な胎児発育期には、ビタミンはさまざまなミネラル(カルシウム、亜鉛、マグネシウム)の複合体で処方されます。ほとんどの場合(妊娠が病状なしで成功する場合)、それは空腹時に1日1回飲まれるべきです。朝一番。
  3. あなたが休憩を取る必要があった後、このコースは1ヶ月続きます。トコフェロールを再摂取し始めることは医者にテストに合格した後にだけあるべきです。体の一般的な状態で、彼は結論を下します。妊娠の終わりの前にそれを取ることは禁じられている多くの女の子
  4. この場合、食べ物が前面に出ます。ナッツ、ドライフルーツ、脂肪:食物を含む食品は、毎日の食事に含まれている必要があります。
写真 - ビタミンEカプセル

出産後、ビタミンEの過剰摂取は妊娠中のそれほどひどくはなく、投与率は完全に異なります。最初の月はそれを服用することをお勧めしません - 体は十分な栄養素を蓄積しています、しかし二番目からあなたはすでに始めることができます。医師は通常の投与量に戻すことをお勧めします - 20〜60 mg(授乳を考慮して)。

時折、女性カウンセリングの専門家もトコフェロール注射を処方します。注射のための解決策は、それがより速く吸収されることを除いて、飲むことと実質的に違いはありません。重大な逸脱に使用されます。

ビタミン複合体

レビューによると、妊娠中にビタミンEを他のさまざまなミネラルと一緒に摂取するのが最も便利です。それでそれはよりよく吸収されます。完成したカプセルでは正確に体を維持するために必要なその平均投与量を計算しました。

最も一般的な提案を検討してください。

  1. Vitamin E 400-Zentiva - 概念と発達に関する問題において重要な役割を果たします。それは最大用量が含まれており、カプセルで利用可能です。事前に計算された率のために使用することは非常に便利です。より高価な対応物はVitrumです。 400 IU、
  2. Lumi AevitビタミンE +レチノール複合体は、肌の状態の改善と子供の発達に寄与する一連の有用な物質です。代謝を大幅に改善し、ストレッチマークや発疹から保護します。
  3. アルファベットは妊娠中の女の子に必須ビタミンの推奨用量を提供する国内メーカーです。さまざまなミネラルで構成されているため、それらの濃度は最小限です。 2学期と出産後のための最良の選択、
  4. Elevit Pronatalは妊婦(E、A、Dが含まれています)、葉酸のためのビタミンの特別な複合体です。これらのカプセルを取って、あなたは純粋な形で有用な物質のすべての溶液の使用に注意することができます、
  5. Combivit 11.これらのマルチビタミンはすべての既知の化合物を含んでいます:A、グループB全体、C、E、さらにはF。これらは計画中または配達後に処方されます。

これらの薬はすべて禁忌ですので、服用前に必ず医師に相談してください。

トコフェロールの利点

ギリシャ語から、tocopherolは2つの単語として明らかにされることができます:「tokos」 - 誕生、および「ferro」 - 身に着けること。名前自体は、ビタミンEを摂取することで、健康で健康な赤ちゃんを作ることができることを示しています。

  1. 計画的な概念では、女性はビタミンEを必ず含む複合体を処方されることがあります。トコフェロールが体内でエラスチンを生成するのを助けるので、ストレッチマーク(トピックの記事を読む:妊娠中のストレッチ>>>)とニキビから肌を保護します。
  2. トコフェロールは強力な抗酸化物質であり、その使用はそれぞれ神経系全体の働きにおける密着性の形成に寄与し、体はストレスからの保護を受けます。

重要です! 妊娠中のビタミンEは正しい投与量を必要とします、それはあなたがそれを望むときにだけ取ることはできません。コースが割り当てられている場合は、それを完了してください。

妊娠中のためのビタミンEと危険な薬は何ですか

薬物の過剰摂取は、母親の健康と胎児の発育に悪影響を及ぼす可能性があります。

脂肪層では、ミネラルや微量元素が体内に入ると遅れます。トコフェロールは脂溶性ビタミンのグループに属するので、それはこれらの中間層にも蓄積し、脂肪が溶解するまでそこに留まります。

そして妊娠中の女性の体内では脂肪の活発な燃焼に寄与する頻繁なホルモンの変化があるという事実のために、ビタミンEは大量に血流に入ります。

  • 例えば、神経系の不利な再構築は、トコフェロール過剰摂取の最初の症状の1つです。
  • 過剰な量のビタミンEは肝臓の変化に影響を及ぼし、また腎臓の機能を低下させます。
  • さらに、トコフェロールは筋肉組織を弾力性にします - したがって、6 - 7ヶ月から始めて、早産を引き起こさないようにするために合成薬を捨てることが必要です。

重要です! 指示に従わずに1日に数回以上合成薬を服用している場合、または休憩なしで長すぎる期間中に、おそらく体内に過剰量を蓄積してください!

各学期のビタミンE

  1. 初期段階では、
  • 妊娠初期のビタミンEは、健康な赤ちゃんを作るのに役立ちます。
  • 彼は幼児の呼吸器系の形成や胎児発育の他の重要な過程にも積極的に参加しています、
  • ビタミンEを含む製剤は、正常なホルモンレベルの維持、プロゲステロンとエストロゲンの産生に寄与し、そして流産のリスクも軽減します。
  • 初期段階でカルシウム、ビタミンE、葉酸を含む製剤は、胎児の神経系を調整する責任があり、また外的要因の攻撃に対する追加の保護を提供します。
  • 妊娠の最初の学期にビタミンEは妊娠を保護し、胎盤の適切な成熟を改善し、胎盤血管の状態を調整し、そして剥離の脅威を防ぎます。この期間中に何が起こるかについてもっと読んでください、妊娠の記事1学期>>>を参照してください、
  • ホルモンプロラクチンの開発にも直接関与しています、
  • トコフェロールの不足で、女性は筋肉の鈍さ、貧血を感じるかもしれません。爪のもろさが現れ、髪や肌の調子が悪くなります。その結果、彼女は合成薬を処方されました。
  1. 後期では、
  • 妊娠第2学期に十分な量のビタミンEがあると、将来の新生児の体重と通常の分娩に影響があります。
  • ビタミンEは抗酸化物質として働き、ストレスを軽減し、女性がリラックスしているのを助け、妊娠中に楽しんでいます。
  • しかし妊娠の第三学期にビタミンEと一緒に薬を飲むのは望ましくありません。この期間中、それはネガティブにプラスの影響を与える可能性があります。子宮の弾力性を高めるその能力のために、トコフェロールは早産を引き起こす可能性があります。

髪の毛が抜け始めたり、爪が急激に悪化したりした場合、妊娠中にビタミンEを摂取することは可能ですか?

合成薬は妊娠中に服用しないでください。適切に食べ始め、ビタミンEを含む食品を食事に加えるのがより健康的で簡単です。

妊娠中のトコフェロールと薬を服用するためのルール

妊娠中の使用のためのビタミンEの説明:

  1. 薬が妊娠中期に処方されている場合、それは1日2回、200 mgを服用しています、
  2. 2学期目になると、あなたは養生法を少し変えます。必要ならば、それは必要なミネラルと複合体で飲まれます。理想的には、脚気の症状がない場合は、薬は1日1回、空腹時に飲んでください。彼は一か月飲み込んで休憩した。体の一般的な指標によると、あなたの医者はコースを続けるかどうかあなたに言うでしょう。

ほとんどの場合、この時期から薬は中止され、妊婦は天然物からのみビタミンEを摂取し続けます。女性にとってこの重要な時期に食べる方法を学ぶためには、「将来の母親にふさわしい栄養の秘訣>>>を読んでください。

知っている サラダがオリーブオイルで味付けされるならば、トコフェロールはよりよく吸収されます。これらは消化管でビタミンをよく吸収するための最も好ましい条件です。

それが私たちが食事の前や食事中に合成薬を服用する理由であり、トコフェロールの天然源(野菜、果物、野菜)は脂肪(ナッツ、バター)で補充されています。

有用なビタミン

この物質は体の代謝過程に重要な役割を果たしています。トコフェロールには、さまざまな利点があります。

  • 組織再生に関与する、
  • 血行を改善する
  • 月経前症候群に役立ちます
  • 傷を癒し、傷跡のリスクを軽減します。
  • 強力な酸化防止剤です
  • 肌の老化を防ぐ
  • 筋肉や神経を良好な状態に維持します。

体に必要な量

健康的な栄養に関する勧告は、天然起源のトコフェロールは1日当たり20 mg以上の量で摂取されるべきではないと言います。日中の天然ビタミンEの推奨消費量は女性の人口のための8 mgを超えない、妊娠中のビタミンEの投与量は10 mgです。

天然ビタミンは4つのトコフェロール、4つのトコトリエノールを含みます。合成類似体は、それがより低い生物学的活性を有するという理由で、たった2つまたは3つのトコフェロールに基づいて作り出される。したがって、妊娠中の女性に複合ビタミンを使用するための説明書には、15 mgから30 mgの酢酸α-トコフェロールの含有量が示されています。

ビタミンEの不足を引き起こすためには、体は長い間栄養欠乏の状態にありそして破壊的な要因にさらされなければなりません。その時初めて、トコフェロールの欠如は無関心、注意力の喪失、嗜眠および緊張の形で現れる。筋肉は弱まり、ジストロフィーになります。心臓の働きが悪くなり、頭痛が起こります。

...と反対

一方で、妊娠中の女性の生活の中でビタミンの重要性が高すぎると書いている医師もいます。したがって、カナダの産科婦人科医Elena Berezovskayaは、大規模な臨床試験を参考にして、ビタミンEの利点はそれほど単純ではないと報告しています。そして実際には、彼は医者がしばしば主張する機能を実行しません。例えば、早い段階での流産や、子癇前症や子癇(妊娠後半の高血圧)などの合併症を防ぐことはできません。

それどころか、それはマイナス記号で影響します。

  • 死んだ胎児を産むリスクが倍増する
  • 低出生体重に貢献するかもしれない
  • 胎児の心臓病のリスクを高める
  • 9倍は新生児の健康問題のリスクを高めます。

マルチビタミンの摂取に関する彼の見解を正当化する医学科学の候補者Alexander Melnikovは、米国国立アレルギー感染症研究所の研究に言及しています。そのため、人工栄養に加えてビタミン剤を投与された乳児は、喘息や食物アレルギーを発症するリスクが高い地域にいることがわかりました。追加の強化なしで食べた子供たちと比較しました。

バリケードのこちら側の専門家は、次のように信じています。

  • ビタミンの追加摂取は、すべての妊婦に必要というわけではありません。
  • ビタミンEの妊娠中のプラスの効果の証拠は乏しいです。

代替ソリューション

医者は必要な要素の不足を食物で満たすことを勧めます。 Елена Березовская, акушер-гинеколог, отмечает, что здоровый и разнообразный рацион доставляет норму витамина Е в сутки совершенно безопасным способом.

Ее коллега Татьяна Малышева согласна с этим. И указывает, что витамин Е целесообразно принимать во время вынашивания ребенка, но лишь в натуральном виде, например, используя экстракт из ростков пшеницы.

Е-питание: составляем «беременное» меню

世界保健機関によると、妊婦のための高品質食は肉と魚、豆類とナッツ、穀物、緑とオレンジの野菜、そしてもちろん果物を含む様々な食物で構成されるべきです。食事療法がカロリーだけでなく栄養素の許容量を含んでいるならば、そのとき子供は少しのビタミン欠乏によっても影になりません。

普通のヒマワリ油または小麦胚芽からの小さじ2杯だけがトコフェロールの毎日の必要量を満たすことができます。したがって、ほとんど努力とエキゾチックな製品は必要ありません。

トコフェロールの最良の供給源は野菜由来の製品です:新鮮なエンドウ豆、豆、その他のマメ科植物、オート麦。

以下の表では、食品中のトコフェロールの定量的含有量が詳細に分析されています。計算は、製品100 g中の物質の含有量に基づいています。

表 - ビタミンEを多く含む食品

理想的なバランスは、より良い吸収を促進する少量の健康的な脂肪と並んでこのビタミンを多く含む食品です。

丸薬なしではやりにくい場合

ロシアの居住者はビタミンが不足しています。これは、太陽が少なく品質の良い製品がほとんどない地域に特に当てはまります。したがって、優秀な医者は最初に妊娠中の女性に消費される食物の組成を変えるように助言し、生の野菜や果物、穀物やナッツの量を増やします。

しかし、追加の飼料として直ちにビタミンサプリメントを処方される可能性が高い将来の母親のカテゴリーがあります。これは健康状態の特定の機能によるものです。

  • 十分に食べられない。説得力のある理由で一部の製品を除外する必要がある場合。これは菜食主義者を含みます。
  • 病気です。体が慢性的にビタミン欠乏症に苦しんでいるとき。
  • 以前の妊娠妊娠中絶が起こったか、または胎児の異常な発達が起こったならば。
  • 糖尿病あなたが糖尿病にかかっているならば、あなたはメニュー構築と追加の強化への個々のアプローチを必要とします。この問題はあなたの医者と厳密に論議されるべきです。

薬を飲む方法

もしすべての指標と分析において、医師があなたがトコフェロールの追加摂取を避けることはできないと結論付けたなら、あなたはニュアンスのいくつかを知る必要があります。量とそれを取る時間を指定するようにしてください。あなた自身のためにセルフメディケーションや処方薬に夢中にならないでください、これはあなたの健康だけでなく悪化させるかもしれませんが、また赤ちゃんの発達に影響を与えるかもしれません。医師に明確な質問をするのはあなたの力です。医師は処方箋を書き出すだけでなく、彼のすべての行動を説明する義務もあります。

薬局では、トコフェロールは溶液、カプセル、錠剤の形で提供されています。最も一般的に使用されているビタミンEは、100、200、最大400 mgの投与量で、赤い油のカプセルに入っています。

妊娠中とその後のビタミンEは、全身運動にとって本当に非常に重要です。そして、さらなる強化のための医学的適応がない女性のために、選択があります:バランスの取れた食事を作るか、化学的に作られた薬を使うか。

ビタミンについてのママ:レビュー

私の個人的な例:私は最初の妊娠中にビタミンを摂取し、子供はアレルギーでした、私は彼がHBにいる間食事をしました(現在彼は4歳近くで今までチョコレートを与えませんでした。幼稚園やある種の魂の中ではバーニーを治療するでしょう、そして彼のほおはすぐに赤面します。妊娠中、2番目の子供は実際にはビタミンを飲まなかったが(健康でバランスのとれた状態で、可能な限り都市では栄養状態に置かれていた)、彼は最初の子供よりもずっと健康で強く生まれた。すべてのもの
これは直接証明されていないので、私はマルチビタミンが子供のアレルギーのせいにするかどうかを言うことはできませんが、私の個人的な観察や他の多くのお母さんもまた償うことができません。私はビタミン複合体に対して動揺しませんが、私はそれらが無意識に取られるべきではないと思います;理想的には、医者はそれぞれの女性のための個々のコースを選ぶべきです - 彼女の年齢、健康、妊娠と環境によって。

妊娠初期に飲んで2ヶ月しか処方されなかったのですが、休憩は葉酸だけで、妊娠中の女性のための通常のビタミンサプリメントである13週から始まりました(Elevit)。私はインターネットで医者とのインタビューでビデオを見ました;彼はBをビタミンを飲むことを始める前に反対が必要であると言いました、私たちは今食物と一緒にそれらを得ることができません

そして今、私の個人的な経験。
私の最後の妊娠中に、ビタミンEが処方されました。彼女は赤ちゃんを産んだ。検査中の小児新生児専門医は、CHD(先天性心疾患 - 開いている楕円形の窓と心室中隔欠損)を診断します。今、赤ちゃんはすでに生後7ヶ月であり、半年でこれらの穴は閉じています。すべてがうまくいったことを神に感謝しなさい、しかしそれは必ずしもそうではないかもしれない。
これが偶然の一致であるか、それとも本当にビタミンEが原因であるのか。

ビタミンEの利点

それは癌の腫瘍から人体を保護する効果的な抗酸化剤です。それが十分でないとき、時々、女性は崩壊、筋肉の弱体化、体の免疫防御の弱体化を感じます。重症の場合、ビタミンEの不足は女性に不妊を引き起こす可能性があります。ビタミンCと組み合わせて、この素晴らしいビタミンはアテローム性動脈硬化症とアルツハイマー病の発症を防ぐことができます。

妊娠を計画するとき

多くの場合、女性はすぐに母親になることを知った後にこのビタミンを摂取し始めます。しかし、妊娠計画の期間中にその受付を開始する方が得策です。現時点では、婦人科医のビタミンEはほぼすべての女性を服用することをお勧めします。しかし、あなたがそれを取り始める前に、あなたはそれが将来のお母さんの体にどのような利益をもたらすのかを知る必要があります。あなたがあなたの医者にこの質問をするならば、彼はこの段階で、ビタミンEが以下のように体に影響を与えるとあなたに説明するでしょう:

  • それは非常に効果的な抗酸化物質であるため、女性の体から毒素やスラグを取り除きます。
  • プロゲステロンの生産を加速し、調整し、感染症や炎症性疾患から確実に保護します。
  • 血圧をゆっくり下げる
  • 卵巣機能不全を効果的に治療します。
  • 血栓を防ぐ
  • 代謝を正常化し、血行を著しく改善します。
  • 胎盤を形成し、泌乳ホルモンを合成します。
  • 全体的な体力を高めます。

妊娠中の使用

このビタミンの名前はそれ自身を代弁しています。誰もがビタミンEに別の(正式な)名称 - 「トコフェロール」があることを知っているわけではありません。それはギリシャ語から "tokos" - 誕生として翻訳されています - "フェロ"という単語の2番目の部分は着ることを意味しています。それゆえ、おそらく、専門家はそれを「生殖ビタミン」と呼ぶことが多い。

妊娠中のビタミンE(早期)は、母親から胎児への酸素の移動を改善し、血栓を形成させず、爪、髪の毛、皮膚の状態を改善し、けいれんを予防します。ビタミンEの定期的な使用は流産の危険を防ぎます。それは子供の活発な活動のすべての基本的なシステムの形成に貢献します。このため、妊娠中の女性に必要なビタミンの最初の複合体は、葉酸とビタミンEです。この組み合わせは卵巣の機能を確立し、正常なホルモンレベルをサポートするのを助けます。

ビタミンE:説明書

抗酸化作用と放射線防護作用を持つ脂溶性ビタミンは、タンパク質の生合成とヘム、細胞増殖に関与しています。血管保護作用を持ち、浸透性と血管緊張に影響を与えます。

  • トコフェロール - 有効成分
  • ひまわり油 - 補助物質。

他の薬との相互作用

ビタミンEは、銀や鉄の調合物、アルカリ性媒体(重炭酸ナトリウム、トリサミン)を含む薬との併用には推奨されていません。ビタミンE(指示はこれに特別の注意を払う)は非ステロイド性および薬(イブプロフェン、プレドニゾロン、ジクロフェナック)の作用を高める。

薬は処方箋なしで入手可能です。賞味期限は2年です。

推奨用量

妊娠中の女性にとって有益なビタミンEは、医学的監督下でのみ摂取されるべきです。実際には、過剰摂取は母親だけでなく胎児にとっても危険である可能性があります。将来の母親がこの薬の服用方法に興味を持っているのはそのためです。ここでもまた、薬物の行き先がそれぞれの場合に個別に医師になることを強調しておくべきです。

通常1日量は20 mgです。妊娠中、ビタミンEの1日量はいくつかの要因を考慮して計算されます。

  • 体重と身長
  • テスト結果
  • 女性の全身状態

医薬品の製造業者は、医薬品の取扱説明書に規格を明記していることに留意してください。例えば、少量(200 mg)では、ビタミンEのために1日に2カプセル処方されます。ビタミンE 400 mgは1カプセル以下しか飲めません。

非常に頻繁に、医師は妊娠初期の初期段階ではビタミンEは特定の食品の自然の形で使用する方が良いことを強調しています。妊娠後半には、この化合物の薬理学的形態が推奨されます。覚えておいて、初期段階で妊娠中のビタミンEを取ることができますが、あなたは薬の投与量があなたの医者によって処方されていることを知っておくべきです。それは体の特性によります。その日にそれは受け取った勧告に従って取られるべきです。この場合の自己治療は非常に深刻な結果を伴う。

疑いもなく、ビタミンEは妊娠中の女性の身体に有益な効果をもたらし、その使用は多くの研究によって確認されています。ただし、過剰摂取は非常に危険です。したがって、この重要な薬の受け取りは主治医を調整します。場合によっては、ビタミンE(Vitrum Prenatal、Pregnacare、Complivit)を含むビタミン複合体で置き換えることができます。

過剰摂取と禁忌

過剰なビタミンEは女性の体に悪影響を及ぼす可能性があります。それはしばしば起こります:

  • 慢性疾患の悪化
  • 心筋の病理学の子供の発達、
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 直腸からの出血
  • アレルギー反応
  • 肝臓の肥大
  • 出血性脳卒中。

ビタミンEの天然源

実際には、ビタミンEを含む非常に多くの製品、。したがって、それらは将来の母親の食事療法に含まれるべきです。これらの製品が含まれます:

  • ナッツ、
  • ワイルドローズ(フルーツ)
  • 植物油、
  • ひまわりの種
  • 卵(ゆで)
  • そば、
  • 小麦もやし
  • お粥、
  • 全粒穀物とふすま。

今日、私たちはビタミンEを摂取することの重要性についてあなたに話しました。妊娠を簡単に延期して健康な赤ちゃんを産みたいのならば、あなたの医者の勧告に従ってください。

なぜ妊娠中にビタミンEが必要なのですか

妊娠中のビタミンEは重要です。それは子供の臓器の適切な形成だけでなく、妊婦の健康にも役立ちます。婦人科医は、胸部や腹部にストレッチマークが現れないように、妊娠期間中ずっとそれを指定するよう女性に勧めます。ビタミンは髪や爪に役立ちます。正しい投与量を守る必要があります。そうしないと、利点が損なわれる可能性があります。

ほとんどの医者によると、ビタミンEと妊娠は強く相関しています。 「tocopherol」という名前はギリシャ語から「助産的」と訳されています。また、妊娠中のビタミンEは重要なホルモンプロゲステロンのような効果があり、非常に重要な機能を果たします。

  1. 胚が子宮内に集まることを可能にします。
  2. 自然流産を防ぎます。
  3. それは感染症や炎症性疾患から保護します。
  4. ホルモンのバランスを保ちます。
  5. 胎盤の血液循環を改善し、その剥離を防ぎます。
  6. 胎児の適切な発達を助けます。
  7. 血栓症を妨害します。
  8. 血圧を下げます。
  9. 泌乳ホルモンプロラクチンの生成を合成します。
  10. 体から毒素や老廃物を取り除きます。

妊娠初期のビタミンE

子宮への付着および胎児の多くの器官の形成は3〜12週で起こる。このプロセスには正しかった、あなたは妊娠の最初の学期にビタミンEを割り当てる必要があります。医師はこの物質をカプセルで摂取することをお勧めしません。食事のバランスをとる必要があるので、この成分が強化された製品が含まれています。

  • アボカド
  • 小麦もやし
  • ゴマ
  • 海クロウメモドキ
  • ひまわりの種
  • 犬のバラ
  • 牛乳
  • 肉、
  • ほうれん草
  • アーモンド
  • 卵黄、
  • クルミ、
  • ブロッコリー
  • マメ科植物

石油を生産する製品もありますが、これも有益な物質の供給源です。妊娠初期のビタミンEは、ほとんどの場合、維持療法として処方されているため、胚の持久力が向上します。それは胎児の血管の壁を強化し、子宮の高血圧を防ぎます。葉酸の錠剤で食事の前にそれを飲むことをお勧めします。

妊娠後期のビタミンE

妊娠後期のビタミンEはわずかに増加するはずです。果実は成長し、より多くの栄養を必要とします。この時期の多くの女性は子供の最初の動きを感じ始めます。最初の数週間で私の母だった食事療法に、あなたは将来の赤ちゃんの内臓の形成に必要な物質の正確な投与量を選択したマルチビタミンを加えるべきです。妊娠女性のための14から27週までのビタミンEは胎盤の血流を正常化するのを助けます、これは現時点で非常に重要です。

妊娠後期のビタミンE

27週から子宮内の子供の発達の最終段階を開始します。彼は積極的に体重を増やし、呼吸器系と内臓を形成しています。妊娠後期のビタミンEは特に重要ですが、マルチビタミンに加えて摂取する価値はありません。場合によっては、適応症がある場合、医師は自分の判断で投与量を増やします。

流産に脅かされたときのビタミンE

診断は12-14週までの早い時期に最も危険です。トコフェロールを含む薬がまだ処方されていないならば、それは医者との協議の後に始められるべきです。ビタミンEとともに、葉酸は流産の危険性のために処方されます。あなたが婦人科医によって確立された体制に従わない場合、それはビタミンの正しい摂取さえ妊娠を維持するのに役立ちませんのでご注意ください。

概念でビタミンE

実験の過程で科学者らは、必要な物質を含む製品が食事から取り除かれるとすぐに実験用マウスが繁殖を停止することを発見した。妊娠の開始前であってもビタミンの摂取量を指定する必要があります。女性の体には、特に便利です。トコフェロールは生殖器系全体のプロセスの調節因子として機能します。

  • 月経周期を正常化する
  • 卵巣機能障害を治療します
  • 代謝を調節する
  • 卵の成熟と受精を促進します。
  • ホルモンを正常化します。

妊娠中のビタミンEは女性だけでなく必要です。計画期間中、男性はこのビタミンが豊富な食品も食べるべきです。それは精子の質を向上させ、精子をより可動性にします。レビューと医学統計によると、2か月前にビタミン剤を服用した後に妊娠に問題があったカップルは、子供を妊娠させることができました。

なぜビタミンEは有用ですか?

トコフェロールがそれと呼ばれるのは偶然ではありません。古代ギリシャ語からの翻訳での「Tόκος」は、「子孫」、「φερω」 - 「キャリー」を意味します。 この物質がなければ、健康な子供を妊娠させたり運んだりすることは不可能です。 微生物学者は、血中のトコフェロールのレベルと子供を産む能力との間に直接的な関係を確立しました。彼は造血、細胞分裂および組織再生の過程に参加しています。

ビタミンEの最初の製剤は1936年に小麦胚芽から得られ、1938年に科学者たちはこの有機化合物の化学的類似体を合成することができました。

ビタミンEのグループは8つのトコフェロール - 紫外線の影響で分解する薄黄色の粘性の透明油 - から成ります。血中タンパク質に結合するこれらの脂溶性物質は、筋肉、脂肪、神経質の組織に入ります。それらは細胞膜を酸化による損傷から保護しそして核酸の合成を制御する。

妊娠中にビタミンEを摂取する理由(初期を含む)

妊婦にとってトコフェロールの価値を過大評価することは困難です。

  • ホルモン(母乳の形成を促進するプロラクチンを含む)の生産に関与しています。それらは受精の過程と子宮の壁への胚の付着を調整し、その筋肉が異物(胎児)を押すために収縮し始めるのを防ぎます。
  • 肌、爪、髪の毛のコンディションを改善し、妊娠中の母親を新鮮で魅力的に見せるのに役立ち、ストレッチマークを防ぐのにも良い方法です(肌や筋肉組織をより弾力的にする)。
  • それは妊婦の神経系の状態に良い影響を与え、パニック発作や機嫌の悪さに対処するのを助けます(特に初期の段階では、ホルモンのアンバランスの結果として、多くの妊婦はうつ病や不眠症に苦しみます)
  • способствует укреплению материнского иммунитета и формированию иммунной системы будущего ребёнка.

Витамин Е предотвращает сокращения мышц матки, а значит минимизирует риск выкидыша (самопроизвольного аборта) на ранних сроках. Поэтому в первые 12–14 недель дополнительный приём токоферола не только уместен, но и необходим.

Витамин Е оказывает положительное влияние на плод:

  • 胎盤の形成と成熟に参加し、それを通して必要な有機物と酸素が子供に届きます。
  • 胚のすべての器官の形成と発達の過程に参加する
  • 免疫系、心血管系、神経系を整え強化するために重要です。

妊娠を計画するとき、トコフェロールは男性にも有用です:それは精子の運動性を高め、そして遺伝的疾患を持つ生殖細胞の数を著しく減らすためにそれらの品質指標を改善します。

低ビタミンE症:徴候と影響

体内のトコフェロールの欠乏症 - ビタミンE減少症 - は、放射性核種や化学廃棄物で汚染された地域に住む人々でより一般的です。 E-ビタミン欠乏は抗酸化酵素の活性の低下を引き起こします、それは酸化生成物が細胞に蓄積する理由です。 これは筋肉組織、神経線維、肝臓、脳、生殖器系に影響します。

将来の母親におけるトコフェロールの欠如は、次のように現れます。

  • 皮むき、脱毛、爪の剥離、
  • 神経障害
  • 中毒の兆候(脱力感、眠気、悪心、悪寒)、
  • 子宮の平滑筋の緊張を高める(流産の恐れ)。

妊娠中に母親がビタミンE欠乏症を患った赤ちゃんは早産する可能性があります。さらに、彼は持っているかもしれません:

  • 身体発達の逸脱
  • 皮膚疾患や皮膚炎に対する感受性
  • 免疫系および神経系の未熟
  • くる病

トコフェロールのレベルを決定するには、ビタミンやミネラルの血液検査に合格する必要があります。妊娠中の基準は5〜18μg/ mlです。

過剰摂取の危険

長期使用では、トコフェロールは脂肪組織に蓄積することができますが、将来の母親の体はエネルギーとカロリーを蓄積するように設定されます(これは、赤ちゃんが必要な物質を途切れなく受け取るために必要です)。脂肪の量は妊娠期間の増加と共に増加し、そしてより多くのビタミンEがこれらの堆積物中に保持されます。

通常、医師は初期段階でトコフェロールを処方します。妊娠の後半では、追加の摂取は必要ありません - 妊婦は、製品とマルチビタミン複合体に含まれている量だけを必要とします。

トコフェロールの高用量の長期使用は深刻な結果につながります。

  • 胎児の先天異常
  • 出生後の子供の脳、神経系、肝臓、腎臓の病理、
  • 肝臓や腎臓の機能障害、そして将来の母親の神経障害、悪心、下痢、アレルギー。

そのような結果は重大な過剰摂取によってのみ可能です。医師の処方箋に従ってビタミンEを服用している場合、副作用の危険性は最小限になります。

トコフェロールの予防的使用における過剰摂取を避けるために、それは10日間のコースで処方され、その間に休憩を取ることが推奨されます。

使用の特徴と禁忌

トコフェロールへの反応は個別です。アレルギー歴のある将来の母親は、最小限の投与量でビタミンEを摂取し始め、望ましくない反応(発疹、かゆみ、粘膜の腫れ)がない場合は徐々に増やしていきます。

さらに、考慮する必要がある機能があります。

  • トコフェロールは鉄剤とは相容れないです。彼らのレセプションの間に少なくとも8時間かかるべきです。同じ規則が食べ物にも当てはまります。ビタミンEが豊富な食べ物は、朝に、鉄を食べるのが良いです - 夕方に、またはその逆
  • 妊娠第三期では、子宮筋組織の弾力性と早産の可能性を高めることができます。
  • この物質は脂肪に非常によく吸収されます。
  • 合成ビタミンEは体内で完全には吸収されません。

トコフェロール製剤は、次の条件では処方されません。

  • 慢性胆嚢炎、
  • 胆道ジスキネジア、
  • 甲状腺機能の増加
  • ビタミンKの不足
  • 顕著な心不全。

トコフェロールを服用するには、食物と一緒に体内に入ることを考慮する必要があります。 したがって、医師の処方では、合成ビタミンEの1日量は妊婦の許容最大量よりも低い場合があります。

妊娠中の女性に必要なビタミンEの量:推奨投与量

妊娠中のビタミンEの投与量は常に医者によって決定されます。これは既往歴からのデータ(年齢、体重、慢性疾患の存在、検査の結果および他の検査)を考慮に入れる。 1日当たりの妊婦のトコフェロールの最大許容量は1000 mgです(この図はあらゆる源から合計で得られたビタミンを考慮に入れています)。

ビタミンEは栄養を補給するために望ましいです、そして食物と一緒に取られるその毎日の量は妊婦を含むどんな女性にとっても完全に安全です。特に400 IU [267 mg]を超える投与量および合成剤形のビタミンEの追加摂取は、厳密には推奨されていません。

Berezovskaya EP、研究医師、女性の健康に関する本の著者

http://lib.komarovskiy.net/vitamin-e-prinimat-ili-ne-prinimat-vot-v-chem-vopros.html

通常、妊婦は1日当たり100〜400 mgのビタミンEを摂取することが推奨されます。これで:

  • 通常の妊娠の初期段階では、最低投与量で十分です(最大100 mg)。
  • 流産を防ぐために、量は300-400 mgに増加します、
  • 過剰なビタミンでさえ害を及ぼすかもしれない晩期には、妊婦のためのマルチビタミン複合体で提供される量に制限されます(原則として、1日あたり20 mg以下)。

ビタミンEの1日の推奨摂取量は30 IUであり、適切な摂取量は通常1日の摂取量を超えません。また、ビタミンEの上限許容摂取量は1日あたり1000 mgまたは1500 IU(天然型)または1100 IU(合成型)です。

Berezovskaya EP、研究医師、女性の健康に関する本の著者

http://lib.komarovskiy.net/vitamin-e-prinimat-ili-ne-prinimat-vot-v-chem-vopros.html

場合によっては、例えば、女性が重大なビタミンE欠乏症、重度の中毒症(ビタミンが吸収されないとき)を伴う、不利な環境条件の地域に住んでいるならば、より高い用量の合成トコフェロールが最大許容日量の範囲内で推奨される。

1 mgのα-トコフェロールは、1.49 IE(天然型)または2.22 IE(合成型)に相当します。これは、健康的な食事に関する最新の勧告によれば、成人は1日当たり30IU以下しか必要としないことを意味し、それから他の測定単位に関しては、この数値は天然起源のα-トコフェロール約20mgとなる。合成トコフェロールの生物学的活性は天然の生物活性より約2倍低い。したがって、合成型のビタミンEの推奨用量は、通常、天然型ビタミンEの用量よりも高くなります。

Berezovskaya EP、研究医師、女性の健康に関する本の著者

http://lib.komarovskiy.net/vitamin-e-prinimat-ili-ne-prinimat-vot-v-chem-vopros.html

リリースの形式と申請書

トコフェロール製剤はいくつかの形態で入手可能です。

  • カプセル - 口から摂取
  • 注射液 - 妊娠中の女性に投与されることはめったにありません。注射が非常に痛みを伴うため、腫れや硬化が残っているからです。
  • オイルソリューション(軟膏) - 皮膚の問題(ピーリング、ストレッチ)を伴う外用のために設計されています。

食事中または食事中にカプセルに入ったビタミンEを1日1〜2回(処方に応じて)服用しています。あなたは葉酸(ビタミンB9)とそれを組み合わせることができます。そして、それは妊娠初期にも非常に重要です。

Loading...