人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

月経中の不眠症の原因

不眠症は、身体がエネルギーコストを補給できない病的状態です。この場合、人の心身の健康は劇的に悪化しています。多くの場合、女性は月経中に不眠症を発症します。月経前症候群の兆候です。また、他の症状があります。

月経前症候群(PMS)の概念

PMSは月経開始の1週間前に起こる痛みを伴う症状です。それぞれの女性にとって、それは個々に現れます。この症候群は、心血管系と内分泌系の機能障害の複合体です。病理学も神経組織に影響を与えます。

PMSの主な原因は、血中のホルモンレベルの変化です。エストロゲン濃度が上昇します。この期間中、女性の身体は受胎の準備をしています。気分および状態はよく、性欲は高まります。


開発の原因

月経周期 - 女性の体の周期的な変化、子供を妊娠する可能性を提供します。それは不均一に進行し、それゆえ健康状態も変化する。不眠症の原因は:

  1. 女性がうつ病を発症する結果として、モノアミンオキシダーゼのレベルの変化。
  2. 情緒状態の安定性を担うセロトニンの産生は減少します。
  3. ホルモンの不均衡
  4. カルシウムや他のミネラルの不足、体内の微量元素
  5. 不適切な栄養メニューに十分な量の栄養素が欠けていると、女性は体調が悪くなり、心身状態が変化します。
  6. 神経衰弱、強い感情的な発作、ホルモンの変動を伴う。

追加のマイナス要因は、喫煙、飲酒です。月経前には、すべての慢性病理学的過程の悪化が起こり、それもまた弛緩能力に影響を及ぼし得る。

睡眠障害を示す症状

月経中の不眠症は一般的です。彼女のほかに、女性には他のPMSの徴候があります。それらはすべて個性的で、単独でも複合体でも起こり得ます。最も一般的な症状のリスト:

  • 全般的な脱力感、絶え間ない疲労、眠気、
  • 動きの抑制、そして精神的反応
  • 心調律の加速
  • いらだちが常に増えている
  • 意気消沈した
  • 豊胸と圧痛
  • 手足の腫れ、顔、
  • めまい、頭痛、筋肉痛
  • 吐き気と嘔吐
  • 頻尿、
  • 腰と腹部の痛み、
  • 好みの好みの変更。

女性は皮脂腺を増加させ、それが皮膚にニキビを引き起こす可能性があります。彼女は意気消沈した状態です。

PMSの徴候の一つとしての不眠症

不眠症は、PMSの明らかな徴候の1つです。この期間中にホルモンが変化します。例えば、セロトニンの生産を減らします。セロトニンは、人の情緒的状態、すなわち彼のパフォーマンスに影響します。

モノアミンオキシダーゼの血中濃度が上昇します。

これはうつ病、うつ病の感覚につながります。

この女性は常に眠気を感じていますが、ホルモンの変動が体の健康に悪影響を及ぼすため、正常に休むことはできません。

体への影響

不眠症が毎月発生した場合 - 医師の診察を遅らせないでください。治療しなければ、女性は慢性的な疲労を発症します。睡眠不足が1日以上続くと、結果は次のようになります。

  • 肉体的および神経質的な疲労
  • 精神的な衰退
  • 慢性疾患の悪化
  • 幻覚の出現
  • 体のエネルギー貯蔵量の枯渇
  • 脳や内臓の病理学的変化。

これを避けるためには、不眠症と戦わなければなりません。

不眠症の適切な治療

PMSで不眠症を経験した場合は、かかりつけの医師に相談し、より深刻な婦人科疾患を除外するために診察を受ける必要があります。治療は包括的であるべきです。最初にあなたは薬なしで問題を解決しようとする必要があります。これが失敗するならば、医者は適切な薬を処方します。

民俗レシピ

不眠症が毎月発生する場合は、ハーブの煎じ薬でそれに対処することができます。しかし、以前は、この治療方法は医師と合意する必要があります。そのようなレシピは役に立ちます:

  1. レモンバームのお茶。それは1〜2小さじかかります。乾いた草と1カップの熱湯。注入するのに20分かかります。さらに、液体を冷却して濾過する。各食事の後に服用する必要があります。お茶の味を良くするために、蜂蜜を加えることができます。
  2. ディル準備するために、大さじ1を取ります。 lグリーンまたは小さじ1。種。原料はコップ一杯の熱湯を注いだ。液体を2時間注入します。濾過した後、薬は1日に3回半分ガラスの中で使用することができます。このツールのレビューは良いです。
  3. ホップ煎じ薬大さじ1が必要です。 l砕いたコーンにコップ1杯の熱湯を注ぎ、15分間放置します。液体を冷却し、蜂蜜で希釈する必要があります。薬剤は、1日2回、半分のガラスに服用します。治療は約1ヶ月続き、その後2週間の休憩が取られます。

また不眠症の間にカボチャ、バナナ(抗ストレス剤)を助けます。

追加のヒント

女性が排卵を起こした場合、彼女の体には大きな変化があります。月経周期は不眠症の発現の主要な要因です、あなたはそのような助言の助けを借りて状態を改善することができます:

  1. 月経前または月経中の数日は、アルコールとカフェインを含む飲み物をあきらめるべきです。
  2. 夕方になると屋外で散歩すると、早く眠りにつくことができます。
  3. なだめるような精油を使用しなさい。
  4. ベッドルームの前に放映する必要があります。
  5. 就寝も同時にする必要があります。
  6. 脂肪と揚げ物をあきらめて、正しく食べなさい。

これらの対策は、薬なしで問題を取り除くのに役立ちます。

睡眠障害の予防およびその他のPMSの徴候

不眠症は、体が急速にエネルギーを失う危険な状態です。このような状況を回避するために、次の予防策を講じる必要があります。

  • 総合ビタミン剤を取る
  • 運動や運動
  • 食事療法に続きなさい、
  • 瞑想のテクニックを使ってリラックスする
  • 悪い習慣を取り除く:喫煙、飲酒、
  • カフェイン含有飲料の使用量を減らす。

PMSは女性の全般的な幸福を悪化させる困難な状態です。不眠症はこの症候群の最初の症状の一つです。それが扱われなければ、それは体の枯渇につながる可能性があります、それは取り除くのは容易ではないです。そのような状態を許さず、間に合うように専門家に頼るのが賢明です。

原因と結果

人体のすべてのプロセスは相互に関連しており、その正常な肉体的および精神的状態の原因となっています。これらのシステムに障害が発生すると、不快な結果を招くからです。不眠症 - 身体の崩壊の指標の一つ。多くの場合、これは精神的健康障害を表しています。いずれにせよ、不眠症は脳に栄養を与える信号で、身体に何か問題があることを伝えようとします。月経中にこのような症状が発生した場合は、次のことを分析することが重要です。

  • 不眠症が起こるとき(いつでもまたは月経中のみ)、
  • どのような不眠症(睡眠障害、激しい目覚め、または浅い睡眠障害)、
  • 問題が発生した期間

これらの質問に対する答えを見つけたら、あなたは婦人科医に相談する必要があります。 収集したデータを分析し、必要な検査と検査を行った後、婦人科医はこの場合に最善の治療法を処方するか、内分泌学者、精神科医または神経病理学者に相談するために患者を紹介します。 例えば、不眠症の原因は、生物学的リズムの違反、服用した薬に対する反応、または食事のバランスの崩れなどです。あなたが今日の世界でほとんどすべての女性の一定の仲間であるストレスのリストに加えるならば、不眠の夜は確実です。見てわかるように、女性の不眠症は婦人科、内分泌、精神または神経障害の症状である可能性があります。結果として、それは現れます:

  • 過敏性、攻撃性さえ
  • 疲労感、倦怠感、
  • 作業能力、精神活動の低下
  • 涙、頭痛、めまい、
  • 不安、血圧の上昇。

さらに、そのような徴候の期間は必然的に家族内および職場での関係に影響を与えます。したがって、月経中の不眠症は全く無害ではありませんが、検査と治療を必要とします。

在宅予防

月経中、女性は身体だけでなく感情状態にも影響を与える特別な化学プロセスを経験します。したがって、最近は身体活動を追加しないほうがいいでしょう。さらに、それは役に立ちます。

  • 楽しい夜の散歩を
  • 特に夜は、重い食べ物やアルコールを控えてください。
  • スリープモードを設定し、23時間以内に就寝してください。
  • カモミール、ミント、レモンバームからのなだめるような茶を飲みなさい、
  • コーヒーと濃いお茶の消費を減らす
  • 就寝前に部屋の空気を抜いて、快適なベッドで寝てください。

不眠症のためのシンプルで手頃な価格の治療法は、ハーブ枕です。タイム、ホップ、ミント、セントジョンズワート、オレガノは枕カバーに入れられるか、またはそれらをぼろきれの袋に入れて夜の枕の下に置きます。

トウヒ、ヒマラヤスギ、白檀、みかん、バレリアン、バジル、ローズマリー、またはレモンバームのエッセンシャルオイルは、この問題を解決するのにタイムリーに役立ちます。

一部のオイルは、リラックスできるイブニングマッサージで効果的に使用されています。他の人は入浴に適しています、そしてある人は香りのランプで使うのがより楽しいです。いずれにせよ、治療や予防処置を開始する前に、専門家に相談してください。

PMSの症状としての不眠症

医学における月経の開始の約1週間前に現れる期間は月経前症候群と呼ばれます。それはプロゲステロンの急激な増加によって特徴付けられます。これは、腫れ、食欲増進、過敏性および乳腺の痛みに現れます。ホルモンの跳躍の結果として、すべての生命システムの働きに変化が起こり、それは女性の幸福に大きく影響します。

場合によっては、病理学的過程が不眠症を引き起こす。それは睡眠の質と持続時間の侵害です。不眠症の出現の素因はホルモンの変化だけでなく婦人科疾患です。

子宮内膜症、子宮の曲がり、月経前の筋腫では、強い痛みがあります。夜間の完全回復を妨げ、パフォーマンスに影響を与えます。これらの理由から、不眠症は月経中に起こります。

女性はそのような期間中に特定の煩さを経験します。これは不快感が多いためです。

月経前症候群の兆候

月経の開始の数日前に、女性は病気になり始め、以下のような否定的な症状を伴う健康上の問題を引き起こします。

  • 過敏性、涙、気分の急激な変化、頭痛、めまい、全般的な脱力感を伴う神経系の不安定性の増加
  • 体内の水分貯留による浮腫の出現
  • 下腹部の痛み
  • 味の好みの変化
  • 腸疾患、
  • 頻脈は、心臓の再発性の痛みを伴います。そして、それは身体の神経系の崩壊のために本質的に機能的です。
  • 皮脂腺の過剰分泌、皮膚上の病変の出現につながる、
  • 筋肉痛、時々脚のけいれん、
  • 落ち込んだ状態。

毎月女性に発生するこれらのすべての否定的な現象は、開発の独自の性質を持っています。

不眠症の原因

PMSの主な原因は、ホルモンの不均衡、ならびに特定の元素、特にカルシウムのレベルの低下です。プロゲステロンとテストステロンの生産の減少は、体のホルモン、内分泌および神経系の混乱につながります。

体内のプロゲステロンとエストロゲンのバランスに関与する低血糖値は、神経系に障害を引き起こし、不眠症、過敏性、低気分の背景の発達につながります。さらに、正常睡眠の原因となるメラトニンの量が減少しています。このホルモンは体内に蓄積する能力がないので、一晩の睡眠はPMSにおいて非常に重要です。

PMSの背景に、体内のホルモン破壊、不眠症の原因に加えて、女性の性器の一部に病理学があるかもしれません。ほとんどの場合、この疾患は慢性の子宮内膜症であり、月経の遅れを引き起こす可能性があります。しかし、体内で発生しているホルモンシフトはすでにそのすべての負の症状と月経前症候群が含まれています。

PMSにおける不眠症の負の徴候

PMSを伴う不眠症は、長い間観察されてきましたが、女性の健康だけでなく、働く能力にも悪影響を及ぼす可能性があります。体内で起こるホルモンシフトは脱力を引き起こし、月経周期の到来とともに増加します。過敏性の増加は、夜間の休息が不十分であることによって悪化します。

月経前の新たな不眠症は鬱病の発症を誘発する。このような神経系の混乱は、将来の女性の妊娠や出産に悪影響を及ぼす可能性があります。したがって、女性の生活のこの時期には、PMSの病理学的症状がそれほど顕著ではないという背景に対して、質の高い睡眠を確立することが非常に重要です。

完全な睡眠を取り戻す方法

不眠症との闘いは睡眠薬の服用から始まるべきではありません。特定の推奨事項に従って睡眠パターンを観察することで、月経前症候群の症状を独立して緩和することが可能です。

  • 月経の数日前や到着時には、カフェインを含む飲み物、すなわちコーヒー、濃い紅茶、緑茶は除きます。ミント、レモンバーム、カモミール、バレリアンに基づくハーブティーが好まれます。
  • 食事を合理化し、「重い」脂肪や揚げ物を簡単に交換できます。食事の食べ物は消化器を和らげ、腸の機能が回復します。食事では、穀物、乳製品、ウサギの食肉、七面鳥、鶏肉、野菜、果物が優先されます。
  • 夜間の就寝や針葉樹の濃縮物や海の塩でリラックスしたお風呂は、神経系に鎮静作用があり、急速な睡眠に貢献します。
  • ラベンダー、イランイラン、レモンバームのアロマオイルを使用すると、身体への有益な効果が現れます。
  • 寝る、つまり同時に寝る、
  • 十分な運動 - ウォーキングと朝の運動
  • 微量元素と組み合わせてビタミン剤を導入するように医師の勧告に、
  • 衝突の状況を避けてください。

これらの勧告の実施は、不眠症への対処という点ではしばしばプラスの効果をもたらします。しかし、問題が解決せず、それを単独で解決することが不可能な場合は、専門家の助言が必要です。検査と検査の後、医者は植物ベースで催眠効果のある鎮静剤を処方するかもしれません。

PMSによる不眠症の治療

これらの薬の穏やかな効果は神経系に鎮静効果をもたらし、PMSの症状を滑らかにし、睡眠を回復させます。これらのツールは中毒性がなく、処方箋なしで薬局に調剤されるという事実にもかかわらず、医療相談は必要です。専門家だけが、薬の種類、投与量、治療方針を決定します。

月経前症候群の著しい徴候を伴う、ホルモンレベルの調整の可能性。それは鎮静剤に追加されているホルモン療法によって行われます。おそらくベンゾジアゼピンによる治療が、これらの資金は個々の適応症に対してのみ処方されます。

そのような包括的な治療は、あなたが負の症状の軽減につながるホルモンの背景を平らにし、睡眠を改善することを可能にします。より重症の場合、うつ病および睡眠障害があるとき、心理療法士による治療と組み合わせた抗うつ薬の使用が必要とされます。

場合によっては、適応症によれば、利尿薬が浮腫に対して処方されている。それらは、カリウム製剤と組み合わせて、スキームに従って厳密に摂取される。

代替方法

しかし、医師は必ずしもすぐに薬の予約に頼るわけではありません。 PMSとの不眠症との闘い、ホメオパシー療法でよく証明されています。これらは、1つまたは他の成分に対するアレルギー反応を除いて、天然成分のみを含み禁忌がない薬です。これらが含まれます:

  • DreamZzzは、神経系に鎮静作用を持ち、急速な睡眠を促進する32種類の薬草成分からなる薬です。鎮痛作用があり、内臓の平滑筋のけいれんを取り除きます。
  • Sonilyuks - ホメオパシー療法の一部である成分は、不安、緊張を和らげ、睡眠の質を改善します。受信手段は慢性的な疲労を止め、気分の改善、全般的な幸福、女性の日常活動の増加をもたらします。

製剤は、患者に投与量、摂取頻度および治療経過の期間を描くホメオパシー専門家によってのみ個別に処方される。

民間療法

PMSを背景とした不眠症の在宅治療は、伝統的な薬のレシピの使用と医師の睡眠や食事に関する推奨事項の遵守が組み合わされていれば、良い結果をもたらします。煎じ薬や注入の形で、民間療法は、不眠症との闘いで広く使用されています。

生薬の安全性にもかかわらず、それらを使用する前に医者との相談が必要です。伝統的な薬とホメオパシー薬または薬用薬の組み合わせはお互いを強化し、治療にプラスの効果をもたらすべきです。

PMSによる不眠症に対する最も効果的な治療法は以下のとおりです。

  • バレリアン根の煎じ薬
  • ハーブの生の母ワート、ホップコーン、ミント、バレリアンの根および甘草の根の注入、
  • カモミールの花の注入
  • ディル種子の注入
  • 1:4:5:3の比率でのバレリアンの根、タンポポの葉、オレガノおよび白いヤドリギのコレクションからの注入。

神経系への心を落ち着かせる効果は夜に蜂蜜とミルクのガラスを飲むことによって与えられます。この組成物の1日摂取量は急速な睡眠および良好な睡眠の質に寄与する。就寝前に漢方薬や漢方薬を毎日服用している伝統医学の受講は安全に不眠症を取り除きます。

PMS予防

起こる月経前症候群の経過は、促進されるだけでなく防止されることができます。これを行うには、医師の特定の推奨事項に従う必要があります。

  • PMSのネガティブ症状を軽減し、過敏症や鬱病の症状を取り除く、グループ「B」のビタミン製剤とカルシウムを摂取する。
  • スポーツやフィットネスの形での身体活動は血流にアドレナリンを与え、それは感情的な背景と生活の満足度を高めます。
  • ダイエット製品、野菜、果物を優先してダイエットを順守する。
  • ストレスの多い状況を和らげるための瞑想のテクニックを学ぶ
  • 喫煙とアルコールの排除
  • カフェイン摂取量の大幅な減少。

PMS症状を予防または軽減するための予防措置を遵守することで、女性は月経前症状をより容易に経験し、睡眠を改善し、生活の質を向上させることができます。しかし、いずれにせよ、あなたが月経周期に関連した健康問題を抱えているならば、あなたはより深刻な病気を除外するために医者によって調べられなければなりません。

記事の著者:神経内科医Ivanovaタチアナウラジミロヴナ

不眠症が起こる理由

新しい周期が始まる数日前に、女性の体に重大なホルモンの変化が起こります。それらは不眠症を含む多くの不快感の主な原因です。

月経中の感情の変化はさまざまであり、それらすべてが「睡眠 - 覚醒」システムの混乱を招く可能性があります。

一般に、月経前症候群時のこれらの障害は以下のとおりです。

  • 神経過敏性の増加
  • 倦怠感、または逆に、何が起こっているのかに対する過剰反応、
  • 無関心でうつ病のような状態への憧れ
  • 頻繁に気分が「ゼロから」変わる、
  • 疲労感が増しました。

これらの疾患はそれぞれ、月経が始まるまで5〜7日間睡眠を混乱させることがあります。そして、いくつかあるならば、PMSの不眠症はほとんど避けられません。

すべての女性に共通の感情的変化の原因があります。それらは、陽気状態のために、神経系、性欲の活性化に関与するホルモンのレベルの減少と関連しています。

  1. テストステロンとプロゲステロンのレベルは下がります。これらのホルモンは神経系の状態を調節するのを助けます。そして、それは朝に活性化されそして夕方に遅くされなければなりません。
  2. 良い気分の原因となるセロトニンのレベルが下がります。
  3. ホルモンアルドステロンのレベルが上がると、それが脱力感と素因を増す可能性があります。結局、それは浮腫、軽度の心不全につながります。

すべてに共通の変更に加えて、個々の反応もあります。長年にわたる何人かの女性は、月経前不眠症があることに気づいていません。他の人はほとんどそれなしです。

なぜPMSで睡眠障害と戦う価値があるのか

休息のないシングルナイトはそれほど大きな問題ではありません。それらは単純なストレスや一時的な困難の結果である可能性があります。そして、各期間中に不眠症が発生した場合、それはすでに深刻な問題です。

月経前期間はそれ自体複雑であり、しばしば女性の状態における心理的および生理学的合併症を伴う。このような背景に対して、慢性疾患は発症または激化する可能性があります。

それでも夜間に回復することが不可能な場合は、深刻な問題がさまざまな分野で発生する可能性があります。

  • 社会的に、
  • 感情的な生活の中で
  • 健康と肉体的幸福の分野で。

だからこそ、睡眠障害対策システムを開発するだけでなく、できるだけ身体に優しいものにすることも重要です。

たとえば、すぐに丸薬や薬に目を向けないでください。始めることは体の一般的な状態で働くことです。

月経前夜の不眠症への対処

食事、ビタミン、仕事と家庭の活動の適切な構成、休む時間の配分。これらの原則は、月経前だけでなく、常に睡眠を改善するように働きます。しかしそのような日に彼らは特に重要です。そして無視しないでください。

  1. 脂肪分の多い高カロリー食品を植物性食品に置き換えることは、PMSの時点で体を助けるための選択肢の1つです。コーヒーや濃いお茶を捨てるのにも便利です。彼らは不安定な神経系を使い果たしています。
  2. ビタミンとミネラルの選択は医者の指導の下で最もよくされます。それが助けることを期待してすべてを飲まないでください。専門家は選択を狭め、患者の個々の状態を考慮に入れます。
  3. スポーツ、一部の女の子への散歩は、PMSにとって難しい課題のようですが、血中のエンドルフィンのレベルを上げ、不眠症のリスクを減らし、そして体全体の状態を改善します。
  4. もう1つの重要なポイントは、休憩時間を割り当てることです。月経前に彼らの弱点を甘やかす必要はほとんどありませんが、関与してはいけません。それが許されるならば、いくつかの事は後でまで延期することができます。それでも、素因のために一日中ソファにいることは選択肢ではありません。より複雑な種類のアクティビティをより単純なものに置き換えることをお勧めします。

睡眠衛生は非常に重要です。月経前の睡眠は8-9時間必要です。部屋は換気され、快適で、騒音がなく、通常の温度条件であるべきです。

月経前症候群を経験しているほとんどの女性は、それに関連するすべての問題を解決しようとします。

それでも、体系的な睡眠障害が発生した場合は、婦人科医に相談して、この問題との闘い方に関する個別の推奨事項を入手することをお勧めします。

月経前の不眠症のすべての原因。

月経周期が終わる前に、健康と幸福に関して多くの変化があります。この期間中の不眠症の原因は、次のような現象です。

  1. 周期の前半に生産されるエストロゲンよりプロゲステロンのかなりの過剰。ホルモン不全は神経系をより脆弱にします。
  2. ホルモンの変化によって引き起こされる血糖の異常な低下。その結果、女性の食欲が悪化し、月経前の幸福が悪化し、睡眠機能が妨げられます。
  3. 子宮内膜の拒絶のために身体を準備することは、身体内の有益な物質の量の減少を引き起こす。月経が始まる前にカルシウムレベルが下がります。これはけいれんと筋肉痛につながります。月経中の不眠症の間接的な原因は、鉄の量の減少です。これは豊富な失血によるものです。その結果、肌が青白くなり、圧力が低下し、無意識の状態になる可能性があります。

PMSの不眠症を脅かすもの

月経中および月経前の睡眠不足は、生理学的および心理的起源の問題を引き起こす。女性の身体は大きな負荷に耐えることができます。場合によっては、これは慢性疾患の悪化を招きます。神経質な緊張は他の人々との関係に影響を与えます。疲労の増大により、作業性の問題があります。

主な問題は、将来的には深刻な精神疾患に変わる可能性がある神経障害です。

女性の仕事は健康的な睡眠を取り戻し、感情状態を正常化することです。対策は、月経後の周期の始めに行われます。

不眠症にどう対処するか

月経前の睡眠障害は睡眠薬で治療するべきではありません。それらは病理学の原因を排除するものではありません。いくつかの薬は体に中毒性の影響を引き起こします。専門家は伝統的な医学と生活様式の変化の助けを借りて状態を正常化することを勧めます。以下の原則に頼ることが必要です。

  1. 同時に就寝と目覚めが必要です。そうではなく、ゆっくりとした散歩や眠っている場所の空気をまくことはあなたが眠りに落ちるのに役立ちます。
  2. 月経前症候群の間は、強壮剤(アルコール、緑茶、エネルギー、コーヒー)の使用を制限することをお勧めします。レモンバーム、タイム、ペパーミント、カモミールなどのハーブティーを飲むことをお勧めします。
  3. 午後は、簡単に消化できる食べ物を食べます。脂肪、塩味、辛い料理はお断りしてください。昼食前に、シリアル、野菜、乳製品、果物を食べる必要があります。
  4. アロマテラピーは、眠りに落ちる過程に良い効果をもたらします。心を落ち着かせる効果を得るために、彼らはラベンダー、トウヒ、イランイランとレモンバームオイルを使用します。
  5. 栄養素の供給量の減少を避けるために、女性用のビタミン剤を定期的に摂取することをお勧めします。
  6. 睡眠中の身体的不快感の可能性を排除することが重要です。マットレスは適度に硬いはずです。部屋には余分な音や光があってはいけません。
  7. 月経の直前には、紛争状況を避けることが望ましいです。

月経が始まる前に、女性は特別な注意を払って自分の体を治療するべきです。この間、ウェイトを上げたり、辛い食べ物を食べたり、ヘビースポーツをしたりすることはできません。健康への正しいアプローチで、睡眠障害のリスクは最大に減少します。

問題の原因

ICPの一部である月経中の不眠症は、月経の開始の5〜7日前に起こる。この間に、女性の体内のホルモンの変化の影響を受けて、多くの化学プロセスが開始されます。組織内では、生物の生命活動に関与する要素の通常の比率が乱されています。健康な女性にとって、そのような点眼薬はほとんど目に見えないままであることが多く、不快感は最小限で、2〜3日以内に消えます。

免疫システムの低下、身体の不活発、体の病気、適切な栄養の欠如、または個人の衛生状態を持つ人は、多くの不快な感情を経験する危険があります。

月経前の不眠症の症状はそのような反応の結果かもしれません:

  • テストステロンとプロゲステロンの欠乏、セロトニンのレベルの低下 - 感情状態の不安定性、涙、過敏性、機嫌の悪さ、
  • カルシウム欠乏症および/またはグルコース - 中枢神経系の機能不全を引き起こします、
  • 婦人科疾患 - ツグミ、慢性子宮内膜症。最初のケースでは、不眠症の原因は病理学の臨床像です、そしてそれは月経の間にしばしば増加します。子宮内膜症は、月経の開始が数日間動く可能性があるために炎症過程の存在を意味します。ホルモンの変化は予定通りに起こるため、PMSは長くなり、身体的および精神的な不快感を引き起こします。

すべての女性で、例外なく、月経前には、神経系、内分泌系、および心血管系の働きが異なります。女性の1%未満は、この期間中に状態の変化が完全にないことについて言うことができます。軽い不快感は、標準の変形と見なされます。許容される症状のリストにある不眠症の発症は含まれていません - この徴候では、直ちに医者に相談するのが良いです。

月経以外の原因

月経前の不眠症の考えられる原因:

  • ストレス、慢性的な疲労、問題へのこだわり - このような要因の影響を受けている女性は、ベッドに横たわっているときに頭の中の否定的な考えを追いやり、眠りに落ちるのを防ぎます
  • 健康的な食事の規則違反 - 夕食の遅れ、夕方にはコーヒー、アルコール、または濃い紅茶の形で天然の興奮剤を使用、体重超過、
  • 新しい状況に適応する必要性 - 月経前の不眠症は旅行後、タイムゾーンの変更、新しい勤務スケジュールへの切り替えなどで発症することがよくあります。
  • 覚せい剤の摂取 - 薬、エネルギー、ニコチン、覚せい剤、
  • 睡眠中の不快感 - ICP中に個人衛生の規則に違反します。
  • 薬物療法の経過 - 不眠症は薬物に対する隠れた反応である可能性があり、ホルモンの変化による月経の背景に反して現れます。
  • 体の病気や心理的な病気の存在。

不眠症が系統的に発生し、予防策が役に立たず、PMSの他の明らかな徴候がない場合は、神経科医に連絡してください。そのような反応を身体の特徴に起因させる必要はない。重症合併症の診断と治療の失敗。

悪影響

ICP期間中の不眠症の可能性のある悪影響:

  • 女性の体のホルモンシフトはそれ自体が深刻な負担です。それは失血によって悪化する一般的な身体的な脱力を伴います。不眠症がこれに加わるとき、体の強さは急速に枯渇します、
  • 月経はめったに女性の感情的な背景を変更せずに発生します。 PMSの期間は、過敏性、涙、気分変動を伴います。さらに睡眠不足のために過負荷を経験する神経系は、耐えられないかもしれません、そして、感情的な崩壊をもたらします、
  • すべての要因の組み合わせは、患者の作業能力の低下、内臓の機能の低下につながります。
  • 体系的な睡眠不足は脳内の問題につながり、うつ病を引き起こす可能性があります。

月経前に不眠症の影響を正確に予測することは不可能です。ある場合には、この過程は特定の生物の個々の特徴のために気づかれずに進行する。この現象が不快感をもたらす場合は、神経科医を訪問することを検討する価値があります。

なぜこんな問題があるのか

PMS中および月経中に女性の身体に起こるすべての不快な変化は、まず第一に、この不安定なホルモンの背景およびこの期間中の有用物質の不均衡に関連しています。まず第一に、私達は資源が卵の成熟に費やされるプロゲステロンとテストステロンの量を減らすことについて話しています。それらの欠乏は、その過剰量が不安定な感情状態およびうつ病を引き起こす可能性がある物質であるモノアミンオキシダーゼのレベルの増加をもたらします。ここから、そして睡眠時に起こりうる問題、この時点で女性を不安にさせる。並行して、セロトニンのレベルは、まず第一に、人の気分の良さに対して責任がありますが、下がります。

また、月経前の不眠症の原因は女性の血中のいくつかの微量元素の不足にあります。それらの主なものはカルシウムであり、それは全体として生物体の生命活動に必要であり、そして月経前症候群、神経系の安定状態の間に特に重要である。この物質のレベルが下がると、その人はいらいらしたり、緊張したりします。その結果、通常の睡眠不足になります。これに関して重要なのはグルコースであり、その量は月経前に著しく減少する。その機能の1つは、エストロゲンとプロゲステロンのバランス、そして血液から細胞へのそれらの浸透です。神経系におけるグルコースの著しい欠乏により、機能不全が起こる可能性があり、その結果、女性はより過敏になり、不安になり、そして夜に眠りに落ちる重大な困難を有する。

月経中の体内のカルシウムの量が不十分な場合、不眠症の原因の1つかもしれません。

Однако помимо вполне закономерных физиологических процессов, протекающих в организме женщины во время пмс, причиной бессонницы в этот период может быть и довольно распространенное гинекологическое заболевание — хронический эндометриоз. この場合、月経に先行するホルモンシフトは適時に起こるが、一定の炎症過程は月経の遅延を引き起こす可能性がある。したがって、月経前症候群の期間が増加し、それに伴い、過敏性、緊張感および正常な睡眠不足を含む付随する症状が勢いを増しています。

PMSの不眠症を脅かすもの

月経前症候群の特徴である定期的な睡眠障害は、女性の身体的健康および彼女の感情状態に悪影響を及ぼす。女性の身体のこの期間は、常に進行中のホルモンシフトと関連している深刻なストレスと常に関連しています。同時に、一般的な弱さが増しており、月経の到来と共に失血によって悪化するだけです。したがって、この期間中は、一晩の睡眠と安静が特に重要です。これは、すぐに回復して通常の生活のリズムに戻るのに役立ちます。

不眠症はさらに過敏性を脅かす

さらに、月経中の不眠症のせいで、この時期にすでに女性に多くの悩みを引き起こしている過敏性、不安、緊張および鬱病が著しく増加する可能性があります。しかし、神経系の働きに何らかの違反があると、妊娠中または出産中に将来明らかになるかもしれない否定的な結果が常にあります。だからこそ、PMC中や月経中の睡眠に関する深刻な問題を無視してはならず、それらは数週間以内に消える一時的な問題としてのみ扱われるべきです。

完全睡眠を取り戻す方法

月経中に眠りに落ちるのが困難な場合は、すぐに極端な処置を取って睡眠薬を買うべきではありません。女性はこの時期に体調を大幅に改善し、ICPの症状を和らげ、健康やライフスタイルにもっと注意を払うようになるからです。これを行うには、まず最初に、いくつかの簡単な推奨事項に従う必要があります。

  1. 月経中やその数日前には、カモミールやミントなどのハーブティーを優先して、カフェインやアルコールを含む飲み物の使用を中止してください。また、夜に酔って蜂蜜、ライムやソバと温かい牛乳のガラスは、眠りに落ちるのに役立ちます。
  2. 脂肪分、揚げ物、高カロリーの食品を主に野菜や果物などのダイエット製品に置き換えて、食事を見直します。この期間中は、セロリとパセリ、そしてビタミンEが豊富な種子が最も役立ちます。メニューからチョコレートを除外する、または少なくとも就寝前に食べないようにしてください。プルーンとドライアプリコットの日々の食事には、カルシウムとマグネシウム、そして不眠症の最も良い治療法の1つと考えられている柿で体を豊かにすることを忘れないでください。
  3. 夜は、新鮮な空気の中を散歩したり、ヨガをして感情的な緊張をほぐし、就寝前に神経を落ち着かせましょう。針葉樹スープを加えて温かいお風呂に入るのも便利です。
  4. まず第一に、心を落ち着かせる効果のあるエッセンシャルオイル、ラベンダー、それをナプキンの上に落とす、ベッドの上に置く、またはアロマランプをつけるのを使用してください。
  5. 夜遅くまで起きずに、毎日同じ時間に寝るようにし、常に部屋の換気をします。
  6. 以前に医者に相談したことがありますが、月経中の体内の有益な物質の不足を補うビタミンサプリメントを食事に取り入れてください。私たちは、鉄、カルシウム、ビタミンC、マグネシウム(1日当たり250 mg以上)、ビタミンB6(1日当たり50〜100 mg)について話しています。
  7. ストレスの多い状況を避け、神経系の状態に悪影響を及ぼす衝突を避けるようにしてください。
  8. とりわけ、毎日の朝の運動の形で、中等度の運動を含む積極的なライフスタイルを導きましょう。
毎日の運動は睡眠を改善するのに役立ちます。

すべての対策を講じたにもかかわらず、状況を根本的に変えることができない場合は、鎮静効果のある特別な薬を処方することを目的として医師に相談するのが合理的です。まず第一に、それは中毒を引き起こさないだけでなく、多数の禁忌や副作用を持たない、神経系に軽度の鎮静作用を持つホメオパシー療法をすることができます。それらは、それらの天然の組成によって区別され、そして不眠症および月経前症候群に特徴的な鬱状態と戦い、神経系を落ち着かせそして血圧を安定させる。不安を取り除き神経質を増したこの種の薬は、夕方の睡眠時間を短縮するだけでなく、睡眠中の睡眠を妨げずに一晩中続けます。ただし、そのうちのいくつかはあなたが一回の使用の後でさえも望ましい効果をもたらす間、あなたが最初の投与過程の終わりに睡眠に関する問題を忘れることを可能にします。

重症の場合、医師はより深刻な薬物を処方することがありますが、総合的な基準で、鎮静薬、抗鬱剤または精神安定剤です。それらは月経中の睡眠の問題を解決するのに非常に効果的ですが、厳密に指示に従って、それらは細心の注意を払って取られるべきです。さらに、各場合において、医師は、患者の特徴および彼女の全体的な健康状態を考慮に入れて、薬物の個々の投与量を選択することができる。しかし、この種の薬は中毒の可能性があるため、長期投与を目的としていません。さらに、検査の結果、ICPの顕著な症状が女性の体内の重度のホルモン障害によって引き起こされていることが示された場合、彼女は治療としてホルモンの人工的な導入を処方されるかもしれません。

そしてもちろん、女性の月経周期に最も頻繁に関連する不眠症やその他の不快な症状は、場合によってはもっと深刻な健康上の問題の兆候であることを理解することが重要です。したがって、発生した場合は、まず可能性のある疾患を除外するか、またはタイムリーに治療を開始するために医師に相談することをお勧めします。

Loading...