人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

母乳ブドウ:長所と短所

母乳育児の期間中、女性はバランスの取れた食事を守らなければなりません。彼女が母乳を通して食べたものはすべて乳児に届くので、彼女と赤ちゃんに役立つものだけを食べること。当然のことながら、主な製品の1つは新鮮な果物です。その多くは腸を正常化し、ビタミンやミネラルを含んでいます。

しかし、いくつかの果物の有益な特性に加えて、例えば、アレルギーを引き起こす、母親や新生児の健康に害を及ぼす可能性があります。ブドウは最もアレルギーがあると多くの人が考えています。ブドウが母乳育児中に許可されているかどうかを考えてみましょう。

製品の有用な性質

ブドウ - これは果実であり、その甘さとジューシーさは特に女性の間で最も愛されているものの1つです。彼はまた多くの有益な特性を持っていて、ほとんどすべての必要なビタミン、ミネラルと酸を含みます:

  • 葉酸、ビタミンP、Kが含まれています。これらは血の形成の過程に直接関係しています、貧血に苦しんでいる母親によって食べられることができます、また看護婦が血圧を正常化するのを助けます
  • あなたが定期的にブドウを使うならば、それは肌の改善に貢献するでしょう、簡単に消化可能な砂糖、ビオフラボノイド、フィトンチッドを含みます、
  • メチオニン、ロイシン、リジン、グリシンなどの多くのアミノ酸があります。
  • グループC、B、Hのビタミンがあります、
  • ミネラル亜鉛、カリウム、マグネシウム、アルミニウム、クロム、臭素、コバルトが含まれています。

ママは様々な病気を予防するためにブドウを食べることができます:心臓、腎臓、肝臓、肺。このベリーを定期的に使用すると、活力が現れ、疲労が軽減されます。これは産後の期間に非常に重要です。

果実はコレステロールレベルをかなり減らすのを助けて、授乳中の母親の体から毒素とスラグを取り除きます。そしてまたプロダクトは抗ウイルス効果をもたらします。

ブドウには、赤ちゃんの骨の骨格を形成するのに必要な要素も含まれています。

授乳中のブドウ:はいかいいえか

母乳が不足している授乳中の母親は、その分泌量を増やすためにこの果実を食べることができます。女性は赤いバラエティとして、そしてグリーンとしては役に立つと信じられています。

しかし、ブドウの使用が禁止されている点がいくつかあります。

  • 椅子の違反、
  • ガス生成の増加
  • 胃潰瘍、
  • 肥満。

この製品は、便秘、不眠症、貧血のある完璧な看護母です。

しかし、授乳中の女性がこの果実を食べることができるという事実でさえ、漸進的で制限された消費を排除するものではありません。

ブドウの皮は腸でかなり長い間割れていることを知っておく必要があります;これは母親だけでなく赤ちゃんでもガスの増加形成を引き起こす可能性があります。特に子供の人生の最初の3ヶ月にそれを食べることをお勧めしません。

食事中のブドウの導入のための推奨事項

その栽培、加工、輸送についての信頼できる情報がないので、養母は居住地のストリップで成長している果実を食べることができて、輸入されたブドウを排除しようとします。

食品へのこの製品の導入でいくつかの推奨事項を厳守する必要があります。

  • 子供が消化管に問題がないと確信している場合、母親はベリーを食べることができます。
  • 生後3ヶ月は、その摂取量を除外することをお勧めします。
  • 赤ん坊に否定的な反作用がなければ、あなたが自家製のグレープジュースを飲む必要がある、いくつかの果実から絞り、水で同じ割合で希釈する必要がある最初の時間、そしてあなたは徐々に部分を増やすことができます、
  • ジュースの後は、子供の状態を観察することを忘れずに、空腹ではなく2〜3個の果実を食べる方が良いです。
  • 1日にこの製品を100グラム以下、週に200グラム以下を食べることをお勧めします。
  • 1週間に2回までベリーを使用することはできません。
  • 店で買うように自家製のブドウだけを食べて、貯蔵寿命を延ばすために様々な化学物質で処理することができます。治療用製品は母乳を介して赤ちゃんに伝わり、彼に取り返しのつかない害を及ぼす可能性があります。

母親が製品を入力することに成功した場合、それは別の料理として、またはカッテージチーズに追加サラダ、ヨーグルトの成分として使用することができます。

結論として、ブドウは優れた化学組成を持ち、大量のビタミンやミネラルを含んでいるという事実にもかかわらず、女性は慎重にパン粉の反応を注意しながら慎重に食事に取り入れるべきです。子供にアレルギー、疝痛、または便の侵害がある場合は、すぐにベリーを除外する必要があります。

授乳中にブドウを食べる方法

  1. 食べる前に果実をよく洗ってください。
  2. 最初の3-4ヶ月で果物を食べることを控えるべきです
  3. ブドウからの天然果汁から始めるダイエッ​​ト食品に製品を入力してください。同時に、ジュースを水で1:1の比率で希釈します。
  4. 朝の空腹時にジュースを飲みます。それから、1日か2日、新生児の幸福を観察してください。
  5. アレルギーがない場合は、その後徐々に食事にブドウを入れることができます。もしそうなら、少なくとも2ヶ月後に手順を繰り返します。
  6. 果実の上に、あなたはジュースの2または3回の服用の後に行くことができます。まず、それは1つか3つの果実を食べることを許されます、
  7. 1日の料金は100グラム、毎週 - 200、
  8. 週に2回以上果実を使用することはお勧めできません。

介護用ママ用ブドウ 使用することができます。しかし、食事療法のような製品の導入には慎重に扱われるべきです。結局のところ、果物はアレルゲン、大量の砂糖を含んでおり、消化作業に悪影響を及ぼす可能性があります。

最良の選択肢 - 自家製の庭や菜園で栽培されている新鮮なグレープジュースや自家製フルーツは、保存料、染料、その他の有害な成分が含まれていないため、健康に害を及ぼすことなく消費できます。

あなたがメニューにブドウを導入することに成功したならば、それから別々にだけではなく果物を食べるだけでなく、大胆にサラダ、カッテージチーズまたはヨーグルトに加えてください。あなたはビタミンの必要量を受け取り、食事を多様化します。

Loading...