男性の健康

CMVサイトメガロウイルスigG陽性:それはどういう意味ですか?

Pin
Send
Share
Send
Send


サイトメガロウイルスIgGを検出する試験の実施における陽性結果の存在は、人体にウイルスの活性を遮断する抗体があることを意味する。 これは、その人が感染のキャリアとして機能することを意味します。このタイプの感染に対する免疫の存在は、患者の生命を脅かす可能性のある合併症を恐れないことを可能にする。

この問題では、身体の保護機能と患者の健康の仕事の質によって重要な役割が演じられています。 妊娠中に行われた同様の検査の否定的な結果には、ますます注意を払うべきです。 発生中の生物にはこの感染に対する抗体がないので、この事実は子供の健康を脅かす可能性があります。

サイトメガロウイルスは世界で最も一般的な感染症の一つです。

基本用語を理解する

サイトメガロウイルスIgG抗体が検出されましたが、これはどういう意味ですか?この質問に答えるためには、研究手順そのものを検討することが必要です。この手順の間、研究のために提出された遺伝物質はサイトメガロウイルスに対する特異的抗体を探すために研究されています。 この場合のIgという用語は、免疫グロブリンという単語の略語である。 この微量元素は、さまざまなウイルスと戦うために免疫システムによって合成される保護タンパク質です。

人体の免疫は何十種類もの特異的抗体を生み出しますが、その目的はさまざまな種類の感染に対抗することです。 思春期の終わりには、数十種類の免疫グロブリンが体内の内部環境に存在します。 考慮された組み合わせにおける文字Gの助けを借りて、特定の病原体との戦いに責任がある抗体のクラスが示されている。。これらの各クラスはラテンアルファベットの文字で表されます。

人がまだサイトメガロウイルスを経験していないならば、それから内部環境に病気に対抗するのに必要な抗体がないということも言われるべきです。 これに基づいて、テストのための肯定的な結果がこのタイプの感染症が以前に体内に存在したという証拠として機能するかもしれないと言うことができます。 さらに、同じクラスに属しているが用途が異なる免疫グロブリンには顕著な違いがあるという事実に注意を払う必要があります。これに基づいて、サイトメガロウイルスIgGのテストを実施することで、最も正確な結果を得ることができます。

テストはどのように翻訳されますか

サイトメガロウイルスの特徴は、人体の内部環境に侵入した後も感染が永遠に続くことです。 今日、医学はこのウイルスの菌株をどのようにして体から完全に除去するかという疑問に答えていません。この種の感染症は不活性であり、唾液腺の分泌物、血液の組成、そして特定の臓器の細胞に保存されます。ここで注意しなければならないのは、感染の存在に気づいていない人もいれば、キャリアであるという人もいます。

サイトメガロウイルスに対するIgGの分析は、患者の身体からの様々なサンプルにおけるウイルスに対する特異的抗体の検索を意​​味します

問題を考慮して、ポジティブサイトメガロウイルスIgG、それが何を意味するのか、あなたは小さな余談をして、抗体のクラス間のいくつかの違いを考慮する必要があります。 IgMクラスはサイズが大きい抗体を含む。それらは、短期間内にウイルス感染の活動を減少させるために免疫系によって作り出されます。このクラスの抗体は免疫学的記憶を作り出す能力を持たない。これは、一定期間が過ぎると、複製された抗体が消え、身体の防御が脅かされることを意味します。

ポリマー連鎖反応の研究およびこれらの研究に対する肯定的な反応は、人体にサイトメガロウイルスに対する抗体があることを示唆している。血液中にグループMからの抗体があれば、感染の瞬間から経過した時間量を判断することは可能です。これらの抗体の存在は、ウイルスがその活動のピークにあり、身体が活発に感染と戦っているという一種の証拠です。より詳細な情報を入手するには、追加データに注意を払う必要があります。

注意すべきこと

ポリマー連鎖反応試験は、サイトメガロウイルスに対するIgGの存在だけでなく、他の多くの有用な情報を明らかにする。実行された分析のデータの解釈は担当医によって行われますが、特定の用語についての知識があれば、提供された情報に独自に慣れることができます。以下は最も一般的な用語のリストです。

  1. 「IgM陽性、IgG陰性」 - 免疫が積極的に抗体を産生することを示します。その作用はウイルスとの闘いを目的としています。この結果の存在は、感染が最近起こったこと、そして免疫系がクラス「G」から抗体を開発する時間がまだないことを示唆している。
  2. 「IgM陰性、IgG陽性」 - 感染は不活発です。サイトメガラウイルスの感染は長い時間がかかりました、そして免疫システムは完全に体を保護します。再感染時に抗体が感染を広げることはできません。
  3. 「IgM陰性、IgM陰性」 この結果は、この感染株はまだ身体に知られていないので、サイトメガロウイルスの活性を抑制する抗体が身体の内部環境に存在しないことを示唆している。
  4. 「IgM陽性、IgG陽性」 - この状態はウイルスの再活性化と病気の悪化について伝えます。
分析「サイトメガロウイルスIgG陽性」の結果は、そのような結果が得られた患者はサイトメガロウイルスに対して免疫性であり、その保因者であることを意味します。

次の行がそのような結果に見つかることがあります: "抗CMV IgGが増加しました" これは、シタメガウイルスと戦うために必要な抗体の量が正常より多いことを意味します。 どの値が標準を意味するのかを理解するために、抗体結合活性指数のような指標を考えましょう。

  1. 0インデックス - 体内に感染がないことを意味します。
  2. ≤50% - この結果は一次感染の証拠です。
  3. 50—60% - 不確実なデータ。この結果を受けて、15日以内に再審査手続を受ける必要があります。
  4. ≥60% - 人体を感染の再活性化から保護する抗体が体内にあることを示します。しかしながら、この状態は、疾患それ自体が慢性形態を獲得したことを示し得る。

強い免疫の存在および免疫系の質に影響を与える慢性疾患の不在下では、抗体の存在についての陽性試験結果はそれら自身の健康に懸念を生じさせるべきではない。 ほとんどの場合、ウイルスに対する免疫システムの影響は、病気の無症状の経過を導きます。より重症の場合、強い免疫力を持つサイトメガロウイルスは、次のような症状の形で現れます。

  • のどの痛み、
  • わずかな温度上昇
  • 作業能力の低下

感染の兆候は見られないかもしれませんが、感染した人は急性の病気の間隔離された状態に保たれるべきです。専門家は、できるだけ公共の場所を訪れず、妊婦や小さな子供との密接な接触を避けることを推奨します。 病気のこの段階にあると、人は感染の活発な原因であり、それ故に、感染の急性段階の期間を短くするために、人は直ちに治療を始めるべきです。

妊娠中に実施された検査の陽性結果

陽性の結果がIgM抗体の存在についての試験である場合、いくつかの結論を下すことができる。この結果は、サイトメガロウイルスによる一次感染と疾患の再発の両方を示している可能性があります。妊娠の最初の学期にこのクラスの免疫グロブリンを検出するとき、それは病気のための治療をすぐに始める必要があります。 必要な措置を取ることが遅れると、感染が胎児の発育に催奇形性の影響を与えるという事実につながる可能性があります。.

妊娠中に疾患が再発した状況では、合併症の可能性が大幅に低下します。しかし、前の場合と同様に、治療法の欠如は新生児に先天性感染症を引き起こす可能性があります。産道を通過する際に子供に感染するリスクも考慮する必要があります。

治療の戦略は妊娠の過程を伴う医師によって決定されます。

サイトメガロウイルス - 体内に侵入すると潜伏期を迎えるヘルペスウイルス

感染の性質を判断するためには、クラス「G」に属する免疫グロブリンのレベルに注意を払うべきです。これらの遺体の存在は、二次感染に対する免疫の証拠です。サイトメガロウイルスに特有の症状は、この状況では、体の保護機能の仕事の質の低下を示唆しています。 PCR法の結果が否定的である場合、医師は身体への損傷を一次的なものとみなし、胎児の合併症を発症するリスクを減らすために必要なすべての措置を取るべきです。

治療計画の任命のためには、患者の病歴を詳細に分析する必要があるでしょう。 これに伴い、既存の慢性疾患を含む様々な要因が考慮されます。クラスMからの免疫グロブリンの存在は、病気の危険性の独特のサインです。しかしながら、クラスG由来の抗体の不在下での抗Anti cmv​​ IgMのような結果は、ある種の脅威をもたらし得ることに留意すべきである。このような状況では、妊婦は自分の体を一次感染から守るためにあらゆる対策を講じる必要があります。

赤ん坊の肯定的な結果

新生児におけるクラスG由来の抗体の存在は、感染が胚の胎児発育中に起こったという一種の証拠です。あいまいさのない証明を取得するためには、1ヶ月の間隔でいくつかのサンプルを渡す必要があります。先天性感染症の存在は、血液の顕微鏡検査によって判定することができます。

ほとんどの場合、サイトメガロウイルス感染症の発症は潜在的です。しかしながら、そのような状況では、赤ちゃんの健康に脅威をもたらす深刻な合併症の危険性があります。このような合併症には、肝機能障害、肝炎および肺炎が含まれます。さらに、脈絡網膜炎のリスクがあり、これは後に完全な視力喪失を引き起こす可能性があります。

新生児にサイトメガロウイルス活性の疑いがある場合、起こりうる合併症を避けるために直ちに治療を開始する必要があります。 出生後最初の数日間は、感染した乳児のために恒久的なケアを施すべきです。

治療方法

ほとんどの場合、サイトメガロウイルスに対する抗体は独立して疾患の悪化を排除します。 しかし、状況によっては、感染を除去するために強力な薬の使用が必要です。そのような薬物を必要とせずに使用することは、薬物の副作用の危険性が高いため、極めて望ましくない。サイトメガロウイルスの治療に使用される様々な薬物の中で、ガンシクロビル、フォスカーネット、パナビルなどの薬物を割り当てるべきである。腎臓や消化管の臓器の侵害という形で起こりうる副作用にもかかわらず、これらの薬は短期間で感染の活動を排除します。

人間の感染症は通常12年以内に発生します

さらに、複雑な治療法はインターフェロンのグループからの薬物、ならびに感染に対して免疫のあるドナーから得られた免疫グロブリンを使用する。上記の薬の使用は専門家との事前の協議の後にだけ許可されます。これらの強力な薬は、医学と薬理学の分野の専門家にしか知られていない独自の特徴を持っています。

結論として、サイトメガロウイルス感染の存在についてのPCR法の肯定的な結果は、病気の発症を防ぐ抗体が人体にあることを示唆していると言わなければなりません。免疫システムが体を守り続けるためには、健康状態にもっと注意を払う必要があります。

CMV抗体igGの検出とはどういう意味ですか?

サイトメガロウイルスは、一次感染または二次感染の間に血中に現れる。 IGMの助けを借りて、それは急性炎症を識別することが可能であり、適切な治療を処方する。免疫グロブリンの合成 - 感染のマーカーは、病理学的過程の段階を決定します。

サイトメガロウイルスが体内にある場合、igGテストは陽性ですが、病原体が存在しない場合、テスト結果は陰性ではありません。

5つのクラスの免疫グロブリンが研究されてきた:A、D、E、M、G。それぞれが免疫系のある機能に関与している。いくつかの抗体はウイルスと闘い、2番目は細菌を破壊し、他のものは炎症性、抗ヒスタミン剤、解毒反応を活性化します。

サイトメガロウイルス感染症の診断のために抗体の2つのクラスの濃度を明らかにする - igG、igM。さまざまな血中免疫グロブリンの含有量の違いを識別しますが、信頼できるデータは免疫グロブリンGの濃度を決定した後に得られます

科学的な研究は、サイトメガロウイルスが体内に入ったとき、既存の方法でそれを取り除くことは不可能であることを示しました。病原体は細胞内に長期間保存され、デオキシリボ核酸(DNA)の複製によって増殖する。

病理学的プロセスの重症度は、ウイルスの濃度、免疫状態によって決まります。 igG陽性は血中抗体レベルの上昇を伴う急性感染症を示します。

CMV耐性

ウイルスが体内に入った後、感染症は休眠(潜伏)状態、つまり保菌者状態になります。ウイルスは一生病気にかかっている人の組織に残り、免疫が阻害されたときに活性化される可能性があります。キャリッジは健康に害を及ぼさない - ウイルスの活発な活動は「眠っている」モードで起こり、ビリオンは増殖せず、毒素を放出せず、宿主細胞を破壊しない。

最初の感染の間に、免疫系は外来CMV抗原を認識してそれらを破壊する特異的抗体を産生します。これは恒常性の維持と感染との闘いを目的とした身体の保護反応です。抗体は免疫グロブリンと呼ばれます。それらは異なるクラスのものであり、それらは感染後の産生時期および機能的特徴において異なる。

CMV耐性

CMVの診断には、一般にIgMおよびIgGと呼ばれるクラスMおよびGの抗体が適切である。 IgMは、感染が体内に入った後の最初の数日間に産生される速い抗体です。それらはウイルスの抗原に結合してそれらを中和する。 IgGは、感染過程の活性が速い抗体によって抑制されている疾患の10〜14日に合成される。それらは免疫記憶の機能を果たし、血中のIgG抗体の検出はCMVに対する耐性免疫の産生を示す。

臨床検査血清学的診断

末梢血中の抗体を測定するために、血清学的検査法 - ELISA(酵素免疫測定法)が使用される。診断は、特定の免疫グロブリンの定量的および定性的指標を得ることを可能にし、ならびに対の血清中の抗体の増加の力価を決定することも可能にする。抗体力価は、3〜4週間の生体材料サンプリング間隔で経時的に検出される。血清学の助けを借りて、IgGの結合力 - ウイルスに結合する能力を見いだします。結合活性指数は感染の時期を示す。この情報は胎児の子宮内感染の診断において特に重要です。

分析には血液がより一般的に使用されますが、場合によっては他の体液(痰、唾液、尿、脳脊髄液)または擦過物(頸管、膣、気管支)が採取されます。 6〜8時間、食物摂取を止めた後、空腹時に血液を採取します。検査の前に、肉体的および精神的な過剰な緊張、脂肪分の多い食品およびアルコール飲料の摂取を控える必要があります。手技の1時間前には喫煙しないでください。

臨床検査血清学的診断

IgGのレベルを評価するためにELISAを実施するための適応:

  • 妊娠計画
  • 胎児の子宮内感染のリスクが高い
  • 新生児におけるサイトメガロウイルス感染の徴候
  • 後天性および先天性免疫不全状態(HIV / AIDS、細胞増殖抑制剤、化学療法、放射線療法)、
  • SARS、
  • ウイルス性肝炎マーカーに対して否定的な結果を示す肝臓トランスアミナーゼの上昇、
  • 習慣流産、死産、
  • 長熱、
  • увеличение селезенки, печени,
  • клиника инфекционного мононукеоза, не подтвержденная обнаружением вируса Эпштейна – Барра.

Качественный результат анализа может быть «положительный» и «отрицательный». Количественный результат содержит показатель титра антител IgG и IgM.

Возможные варианты результата ИФА

ELISAの結果は、疾患の病期、獲得免疫、一次感染の時間または疾患の悪化についての情報を主治医に提供する。得られたデータによると、専門家は妊娠と出産の戦術について決定を下し、最適な治療方針を選択します。ほとんどの臨床例では、感染または感染の活性化は特別な治療を必要としません。

サイトメガロウイルスIgG抗体が検出された場合、これはどういう意味ですか?この検査結果は、健康な人、妊婦、免疫抑制のある患者に最適です。それは、体が感染に対して強い免疫力を持ち、CMVが管理されていることを意味します。しかし、いくつかの選択肢があるかもしれず、それらすべては、特にリスクグループのために、個別化された医学的アプローチを必要とします。

IgM陰性IgG陰性 - 体内にはCMVに対する特異的免疫はなく、免疫系はウイルスに精通していません。妊娠を計画している女性、妊婦、免疫不全患者にとって、この結果は一次感染を予防するための予防策の必要性を意味します。健康な人にとって、限界や危険はありません。

IgM陽性IgG陰性 - CMVによる一次感染。女性が妊娠の最初の学期に感染している場合、この状態は胎児の子宮内感染に対して危険です。細胞増殖抑制薬、化学療法薬、放射線被曝、感染症による一次感染を伴う免疫抑制療法中に、基礎疾患の治療の予後が悪化し、死に至ることがあります。

ELISAの分析

IgM陽性IgG陽性 - 病気の高さでの一次感染または感染の再発。この場合、妊婦にとっても免疫抑制患者にとっても危険が残る。感染の段階および感染の時期(再発)を明らかにするために、抗体力価および結合力指数の決定が行われる。抗体価はダイナミクスでテストされます - ELISAは3-4週間の間隔で処方されます。力価が高いまたは増加している場合、感染症は急性期にあります。力価の動態が低下している場合、疾患は回復の段階にあります。 IgG抗体は、末梢血を一生を通じて循環しています。

IgM陰性IgG陽性 - 感染に対する抵抗性免疫、CMVの潜伏期、保菌。血清学的分析における40〜50歳までの大多数の人々がそのような結果を記録するであろう。

IgGアビディティー決定

血液検査でサイトメガロウイルスIgGに対する抗体が陽性であるが、IgM抗体も検出された場合、クラスG免疫グロブリンの結合力が規定され、結合力のレベルからCMVの一次感染の時間を計算することができる。これは妊娠中の女性の感染症や胎児の子宮内感染症、奇形の形成のリスクを決定する場合に重要です。

  1. 結合活性指数は高い(60%以上) - 20週間以上前の感染を支持していることを証明しています。妊婦にとって、これは慰めの結果です、胎児の子宮内感染は起こらなかったか、または重度の奇形または死産の形成を引き起こさないでしょう。
  2. 平均結合力指数(40-60%)は疑わしい結果です、それはダイナミクスにおける抗体価の決定と女性の健康状態のモニタリングを必要とします。
  3. 低アビディティ(40%未満)は、妊娠の最初の12週間での感染の結果として、胎児の子宮内感染の高いリスクを示します。精神的な発達。

胎児の子宮内感染は、常に子供に深刻な病気を引き起こすわけではありません。母親の免疫系の正常な機能において、抗体はウイルスの生命活動を阻害し、そして重大な結果の形成を妨げる。

治療はいつCMVに処方されますか?

サイトメガロウイルスに対するIgGの検出は、興奮と抗ウイルス治療の予定の理由ではありません。感染の悪化の予防のためには、免疫システムを強化し、健康的なライフスタイルを導き、タイムリーに慢性疾患を治療することが必要です。これらの対策はウイルスを管理下に置くのに十分です。健康な人では、一次感染またはCMVの再発は無症候性であるか、または臨床像は急性呼吸器感染症に似ています。

病気の治療は、ウイルスが体内に広がり、心臓、肝臓、肺、腎臓、脳などの内臓に影響を与える重症感染症で行われます。これは、身体の防御が阻害されたときに起こる一般的な感染症です。先天性および後天性(HIV / AIDS)免疫不全、ならびに免疫抑制薬(細胞増殖抑制薬、放射線被曝、化学療法)を受けている患者が危険にさらされています。

この治療は、先天性サイトメガロウイルス感染症の乳児だけでなく、胎児の子宮内感染症のリスクが高い妊婦に対しても行われます。治療の経過は、疾患の経過の重症度および免疫の阻害の程度に従って主治医によって決定される。

CMV療法には以下が含まれます:

  • 抗ウイルス薬(シドフォビル、ギンツィクロビル、フォルスカネット) - ウイルスの繁殖を抑え、ビリオンを破壊し、感染による体への悪影響を防ぎます。
  • インターフェロンベースの薬(サイクロフェロン、ビフェロン、アナフェロン) - 免疫システムを正常化
  • 免疫グロブリン(cytotect、megalotect) - CMVを持ったことのある人の血液から得られる抗体は、ウイルスの不活化を助け、体内への感染の導入に対する免疫反応を改善します。

病気の症状を解消するために、解熱剤、鎮痛剤、抗炎症剤が処方されています。

臨床検査でのサイトメガロウイルス感染に対する陽性IgGの検出は、心配するべきではありません。それどころか、この指標はウイルスに対する持続的な免疫を示しています。免疫系は感染症に対処しており、体内に絶えず存在するにもかかわらず、それを制御下に保っています。

サイトメガロウイルス中の抗体の種類

病理が見つかった場合:

  • 免疫グロブリンMは、ウイルス感染に対する迅速な反応のための大型の高速タンパク質である。 5ヶ月で破壊された「記憶」を形成しないでください。
  • 免疫グロブリンGは一生を通じて生成されます。タンパク質は小さいサイズです。それらの産生は、ウイルス感染の抑制後にμMによって活性化される。

ポリメラーゼ連鎖反応およびエンザイムイムノアッセイは特異的抗体の検出に役立つ。免疫グロブリンの検出はあなたが病気の段階、慢性感染の程度を決定することを可能にします。

抗体の比率を解釈するための選択肢:

  1. 陽性igG、陰性igM - 慢性サイトメガロウイルス感染の寛解。
  2. + igM、+ igG - 病気の悪化または最近の感染。
  3. + igM、 - igG - 新鮮な感染。
  4. 抗体は陰性です - 感染していません。

免疫グロブリンGの力価は1.1蜂蜜/ mlを超える濃度で陽性と考えられる。否定的な結果は力価がミリリットルあたり0.9国際単位以下であるときです。

現代の診療所は酵素免疫測定法によりサイトメガロウイルスを決定する。妊娠中の女性はTORCH感染について検査されなければなりません。

IgGが陽性の場合、受胎は予定されていません。妊娠初期のサイトメガロウイルス感染症の急性期は、胎児の異常によって危険です。医師は保守的な治療を処方します。妊娠中、多くの薬は胎児の状態に悪影響を及ぼすため禁忌です。

妊娠を計画するときは、手をよく洗い、感染した人やキャリアを避けてください。サイトメガロウイルスの伝染 - 空中、生殖器および国内。精子、尿または唾液と接触すると感染が起こります。統計によると、陽性igGは人口の90%で観察されています。

サイトメガロウイルス感染 - 一般情報

サイトメガロウイルスは、ヘルペスウイルスのファミリーに属し、もう1つは、ヒトヘルペスウイルス5型と呼ばれています。体内に入ると、それは永遠にその中に残ります - 痕跡なしにこのグループの感染性病原体を取り除く方法はありません。

唾液、血液、精液、膣分泌物などの体液を介して感染するため、感染する可能性があります。

  • 空中飛沫による
  • キスをするとき
  • 性行為、
  • 一般的な道具や衛生用品を使う。

さらに、ウイルスは妊娠中(そして先天性サイトメガロウイルス感染症について話すことができる)、出産中、または母乳を通して母親から子供に伝染します。

研究の結果によると、この病気は広範囲に及んでいます。50歳までに、90〜100%の人々がサイトメガロウイルスの保有者です。一次感染は通常無症候性ですが、免疫系が急激に弱まると感染が活性化し、さまざまな重症度の病状を引き起こすことがあります。

人体の細胞に侵入すると、サイトメガロウイルスはそれらの分裂の過程を混乱させ、サイトメガ - 巨大なサイズの細胞 - の形成をもたらします。この疾患は、異型肺炎、膀胱炎および尿道炎、網膜炎症、ならびに消化器系の疾患の形で現れる、さまざまな臓器およびシステムに影響を及ぼす可能性があります。ほとんどの場合、感染または再発の外的症状は季節性の風邪 - 急性呼吸器感染症または急性呼吸器ウイルス感染症(発熱、筋肉痛、鼻水を伴う)を彷彿とさせます。

最も危険なのは、妊娠中の女性におけるサイトメガロウイルスとの主な接触です。これは、胎児の子宮内感染につながり、その発生に著しい逸脱を引き起こします。

サイトメガロウイルス:病原体、伝染経路、運搬、再感染

診断

ほとんどのサイトメガロウイルス保有者は体内での存在を認識していません。しかし、病気の原因を特定することが不可能で、治療が結果をもたらさない場合、CMV検査(血液中の抗体、塗抹標本中のDNA、細胞診など)を処方してください。免疫不全状態の人々のために、妊娠中の女性、または女性を妊娠させることを計画しているサイトメガロウイルス感染をチェックすることは義務的です。彼らにとって、ウイルスは重大な危険です。

CMVIの診断に使用されている研究方法はいくつかあります。より正確な結果を得るためには、それらを複合システムで使用することをお勧めします。病原体は体液に含まれているので、血液、唾液、尿、膣分泌物、さらには母乳さえも生物学的材料として使用することができます。

塗抹標本中のサイトメガロウイルスは、PCR分析 - ポリメラーゼ連鎖反応によって検出される。この方法は、任意の生体材料中の感染性病原体DNAを検出することを可能にする。 CMVの塗抹標本 - 必ずしも性器からの排出物ではない、それは痰のサンプル、鼻咽頭、唾液からの排出物であり得る。サイトメガロウイルスが塗抹標本で検出された場合、これは潜在型と活動型の両方の疾患を示している可能性があります。さらに、PCR法は、感染が原発性であるのか、それとも感染の減少であるのかを決定することを可能にしない。

サイトメガロウイルスDNAがサンプル中に検出された場合、その状態を明らかにするために追加の検査が割り当てられることがあります。臨床像を明確にすることは、血中の特定の免疫グロブリンに関する研究に役立ちます。

ELISAの診断に最も一般的に使用される - 酵素免疫測定法、またはIHLA - 免疫化学発光分析。これらの方法は、血液中の特定のタンパク質、すなわち抗体または免疫グロブリンの存在に起因するウイルスの存在を決定する。

サイトメガロウイルスの診断研究方法サイトメガロウイルスの鑑別診断

抗体の種類

ウイルスと戦うために、ヒトの免疫系は外観、構造および機能の点で異なる数種類の保護タンパク質を産生する。医学では、彼らは特別な文字コードで指定されています。彼らの名前の共通部分 - Igは免疫グロブリンを表し、最後の文字は特定のクラスを示します。サイトメガロウイルスを検出および分類する抗体:IgG、IgM、およびIgA。

最大の免疫グロブリン、「迅速対応チーム」。最初の感染の間、または「眠っている」サイトメガロウイルスが体内で活性化されると、IgMが最初に産生されます。それらは血液中および細胞間空間中のウイルスを検出しそして破壊する能力を有する。

血液検査におけるIgMの存在と量は重要な指標です。それらの濃度は、病気の始まり、急性期に最も高くなります。その後、ウイルス活性を抑制することが可能であれば、クラスM免疫グロブリンの力価は徐々に低下し、約1.5〜3ヶ月後には完全に消失します。低濃度のIgMが血中に長時間持続する場合、これは慢性炎症を示します。

したがって、高いIgM力価は活発な病理学的過程(最近の感染またはCMVの悪化)の存在を示し、低いは疾患の最終段階またはその慢性的経過を示す。サイトメガロウイルスIgMアッセイが陰性の場合、これは感染の潜伏型または体内でのその不在を示します。

クラスG抗体は、感染後10〜14日で血中に現れます。それらはまたウイルス作用物質を結合しそして破壊する能力を有するが、IgMとは異なり、それらはそれらの生涯を通して感染した人の体内で生産され続ける。 研究の結果では、それらは通常コード "Anti-cmv-IgG"で指定されています。

IgGはウイルスの構造を「記憶」し、病原体が体内に繰り返し侵入するとすぐにそれらを破壊します。したがって、サイトメガロウイルスに二度目に感染することはほとんど不可能であり、その危険性は免疫の低下を伴う「眠っている」感染の再発だけである。

サイトメガロウイルスに対するIgG抗体の検査が陽性であれば、身体はすでにこの感染に「精通してい」、それに対する生涯にわたる免疫を発達させています。

ウイルスは主に固定され、粘膜を増殖させるため、それらを保護するために、体は特別な抗体 - IgAを産生します。 IgMのように、それらはウイルスの活動が抑制された後すぐに産生されなくなり、そして疾患の急性期の完了後1〜2ヵ月後に血液検査ではもはや検出されなくなります。

サイトメガロウイルスの状態の診断にとって基本的に重要なのは、IgMおよびIgGクラス抗体の研究の結果における組み合わせである。

免疫グロブリンの免疫

IgG抗体のもう一つの重要な特徴は結合力です。この指標はパーセントで測定され、抗体(免疫グロブリン)と抗原 - 原因物質ウイルスとの間の関連性の強さを示します。値が高いほど、免疫システムが感染因子と効果的に戦うことができます。

IgGの結合力のレベルは一次感染ではかなり低く、体内でのウイルスのその後の活性化ごとに増加します。アビディティー抗体の研究は、一次感染と疾患の再発とを区別するのに役立ちます。この情報は適切な治療を処方するために重要です。

サイトメガロウイルスIggおよびIgm。サイトメガロウイルスのELISAおよびPCR、サイトメガロウイルスに対する結合力

陽性IgGとはどういう意味ですか

CMVの陽性IgG検査は、その人が以前にサイトメガロウイルスに感染しており、それに対して長期にわたる安定した免疫力を有することを意味します。この数字は深刻な脅威と緊急治療の必要性を示すものではありません。 「眠っている」ウイルスは危険ではなく、通常の生活を送ることを妨げません - それと共に、人類の大部分は安全に共存します。

例外は、免疫不全の人、癌患者および癌患者、妊婦です。これらのカテゴリーの患者にとって、体内にウイルスが存在することは脅威となる可能性があります。

サイトメガロウイルスIgG陽性

血中の高IgG力価

データに加えて、IgGは陽性または陰性であり、分析は各タイプのいわゆる免疫グロブリンの力価を示す。これは「個数計算」の結果ではなく、むしろ免疫反応の活性の概念を与える係数です。抗体濃度の定量的決定は、血清の多重希釈によって行われる。力価は、陽性の結果が試料中で維持される最大希釈倍率を示す。

値は使用される試薬、実験室研究の特性によって変わるかもしれません。抗cmv IgG力価が有意に上昇している場合、これはウイルスの再活性化と他のいくつかの理由の両方によって引き起こされる可能性があります。より正確な診断のためには、いくつかの追加テストが必要になります。

参考値を超えるキャプションが必ずしも脅威を示すわけではありません。緊急治療が必要かどうかを判断するには、施設内のすべての研究のデータを考慮する必要があります。場合によっては、分析を繰り返すほうがよいでしょう。その理由は、サイトメガロウイルスの活性を抑制するために使用される抗ウイルス薬の高い毒性です。

より正確には、感染の状態は、IgGの存在と血中の「一次」抗体の存在および量(IgM)とを比較することによって診断され得る。この組み合わせ、ならびに免疫グロブリンの結合力指数に基づいて、医師は正確な診断を下し、サイトメガロウイルス感染症の治療または予防のための推奨事項を示します。 Самостоятельно оценить результат анализов поможет инструкция по расшифровке.

Расшифровка результатов анализа

Если антитела к цитомегаловирусу в крови обнаружены – значит, инфекция в организме есть. Толкование результатов обследования и назначение терапии (в случае необходимости) следует доверить лечащему врачу, однако для понимания происходящих в организме процессов можно воспользоваться следующей схемой:

  1. 抗CMV IgMは陰性であり;抗CMV IgGは陰性である:免疫グロブリンが存在しないことは、人がサイトメガロウイルスに感染したことがなく、この感染に対して免疫性がないことを示す。
  2. 抗CMV IgM陽性、抗CMV IgG陰性:この組み合わせは、最近の感染症および急性型の疾患を示唆している。現時点では、体はすでに積極的に感染と闘っていますが、「長期記憶」を持つIgG免疫グロブリンの生産はまだ始まっていません。
  3. 抗CMV IgM陰性、抗CMV IgG陽性:この場合、隠れた不活発な感染について話すことができます。感染はずっと前に起こり、急性期が過ぎ、そしてキャリアはサイトメガロウイルスに対する強い免疫を発生した。
  4. 抗CMV IgM陽性、抗CMV IgG陽性:指標は、好条件を背景とした感染の再発、または最近の感染および疾患の急性期のいずれかを示す - この期間中、サイトメガロウイルスに対する一次抗体はまだ消えず、免疫グロブリンIgGは既に産生され始めている。抗体の量(力価)と追加の研究の指標は、医師がより正確に理解するのを助けます。

ELISAの結果を評価する際に、専門家だけが理解できる多くのニュアンスがあります。したがって、決して自分で診断を設定してはいけません、あなたは医者に治療の説明と処方を委任すべきです。

CMVに対するIgGが陽性の場合

この質問に対する答えはいくつかの要因によって異なります。血中に見られるサイトメガロウイルスに対するIgG抗体は、CMVIがかつて感染したことを示しています。さらなる行動のアルゴリズムを決定するために、複合体における診断の結果を考慮することが必要である。

サイトメガロウイルスが検出されました - どうすればよいですか?

調査の間に得られたデータのセットが病気の活動的な段階を示すならば、医者は特別な治療方針を処方します。ウイルスを完全に駆除することは不可能であるため、この療法の目的は次のとおりです。

  • 内部の臓器やシステムを損傷から守ります。
  • 病気の急性期を減らす
  • おそらく体の免疫反応を強化する
  • 感染の活動を減らし、安定した長期的な寛解を達成する、
  • 合併症の発症を予防します。

方法と薬の選択は、個々の臨床像と身体の特徴に基づいて行われます。

サイトメガロウイルスが潜伏、潜伏状態にある場合(IgGのみが血液中に見られる)、それはあなたの健康状態を監視し免疫を維持するのに十分です。 この場合の推奨事項は伝統的なものです。

  • 栄養がいい
  • 悪い習慣をあきらめる
  • 新興疾患のタイムリーな治療
  • 身体活動、硬化、
  • 保護されていない性の拒絶。

CMVに対する抗体が検出されなかった場合、つまり一次感染がまだ発生していない場合も、同じ予防策が適切です。その後、ウイルスが体内に侵入すると、免疫系が感染の進行を抑制し、深刻な病気を予防することができます。

サイトメガロウイルスIgGに対する抗体の陽性試験結果は文章ではありません、成人の健康な人における潜伏感染の存在は生活の質に影響を与えません。しかし、ウイルスの活性化や合併症の発症を防ぐためには、過労やストレスを避け、合理的に食べ、そして免疫を高レベルに維持するために、身体の健康を維持するための努力が必要です。この場合、身体自身の防御力がサイトメガロウイルスの活性を抑制し、そしてそれはキャリアを害することができないであろう。

サイトメガロウイルスとは何ですか?

サイトメガロウイルス - 体内に侵入すると潜伏期を迎えるヘルペスウイルス。人間の感染症は通常12歳前に発生し、成人は安定した免疫の発達のためにウイルスに感染することはできません。アクションは都合の良い条件が出現したとき、または次の理由で免疫力が大幅に低下したときにのみ開始されるため、人々は生きていて体内のイグの存在について知らない

  • 臓器移植
  • 免疫不全、患者のHIV、
  • 免疫系を阻害する抗生物質の手術または長期使用。

サイトメガロウイルスは、妊娠時に高齢者、子供および妊娠中の女性に特に危険をもたらします。抗体の活性化は、死亡するまで胎児の子宮内感染の危険性を何倍も増加させる。さらに、乳児は母乳育児中に後天性CMVを拾うことができます。これは、3週間以上の体内の抗体の有無に対する免疫系の反応と3〜4倍の過剰なIgG率を示します。

陽性テストは何を示していますか?

IgG陽性分析は、人がサイトメガロウイルスIgG担体であり、そして免疫がそれらに対する反応を表すことを示す。積極的に戦います。実際には、サイトメガロウイルスに対する抗体は - ウイルスの分析の結果のための通常の式です。答えが肯定的であれば、それは人が最近このウイルスに感染したことを意味し、その開発のために、病原体として、持続的生涯免疫が発達した。免疫不全またはAIDSを患っていない限り、陽性の検査結果が得られます。

テストの本質

CMV抗体の検査は、抗体および感染の有無について血液を検査するための最も正確な方法です。病原体のそれぞれのタイプはそれ自身の方法でそして大人の彼らの体の中で抗体に反応します - それらの非常に多く。事実上すべての健康な人が抗体のキャリアです:a、m、d、e。これは、サイトメガロウイルス抗体がボールのように大きなタンパク質分子の形で血液中に存在し、あらゆる種類のウイルス粒子または個々の株のウイルス粒子を中和および破壊する能力を持つことを意味します。

体は、インフルエンザ、ARVI、ORZの流行中に感染の侵入(特に冬季)と活発に戦っています。安定した免疫システムのおかげで、男性は確実に新しい波から守られています。イグ陽性とは、ウイルス感染が約1.5カ月前に首尾よく延期されたことを意味しますが、再びインフルエンザや風邪を引かないようにするために、人々は簡単な衛生対策と予防手順の遵守について忘れるべきではありません。

研究はどのように行われていますか?

ウイルス検査は、サイトメガロウイルス株の有無に関する血液検査検査です。サンプルを採取して検査室で血液中のサイトメガロウイルスに対する特異的抗体の検索を開始します。

それ自身の特異的抗体または免疫グロブリンの免疫系の発達の程度は免疫系の状態に直接依存すると考えられている。それは積極的にウイルスの猛攻撃に対処することができない、未熟な免疫システムによるカタル性疾患および陽性iqqの検出にしばしば苦しむ子供および妊娠中の女性です。

成人では、ポジティブ分析は、以前からサイトメガロウイルスの影響を受けていたことを示していますが、血液細胞内にある場合は無害であり、ヒトの保有者はウイルスの存在さえ認識していません。残念なことに、それらを取り除くことは完全に不可能ですが、健康への脅威はなく、そして抗ウイルス薬のために薬局に急いで走る必要はありません。免疫システムがひどく落ち込んだ状態にあるとき、ウイルスは活性化の後にだけ危険です。このリスクグループには、1歳までの乳児、妊娠中の女性、およびHIV感染者が含まれます。現時点での疾患の活性化の程度を示すのは、血中のiggの量的指標の増加です。

ウイルスの伝染方法

CMVの主な感染経路は性的なものであると常に考えられてきました。今日、ウイルスは、皮膚の小さなひび割れ、切り傷、擦り傷を通して血液に侵入すると、キス、ハンドシェイク、および一般道具を介して感染することが証明されています。この家庭内のやり方では、幼稚園や学校に通った後に子どもが起訴され、不安定な免疫力のために保因者になり、それはまだ形成段階にあります。

子供たちはよく知られている症状の出現で風邪をひき始めます。アビタミナーゼは血液中に観察され、これは免疫系のウイルスによる敗北を示すが、CMVを有する成人では症状はほとんど存在しない。規範からの逸脱の場合に肯定的なiggは子供たちの一般的な風邪の兆候につながります:

  • 鼻水
  • のどの痛み、
  • arse声
  • 嚥下困難
  • 温度上昇
  • リンパ節の腫れ。

一般的な風邪の形で7日から1.5か月までの期間を持ついわゆる単核球症症候群または細胞腫があります。ウイルスの活性化部位に応じて、唾液腺または性器(男性の精巣および尿道、あるいは女性の子宮または卵巣)における炎症過程の進行は、呼吸器感染症を伴うCMVの特別な特徴と考えるべきである。

サイトメガロウイルスは、かなり長いインキュベーション期間を有し、その間、免疫系は、ウイルスが将来活性化するのを防ぐために安定な抗体を産生する時間がある。しかし、妊娠中の女性を検査するとき、胎児に感染を伝播させ、さまざまな種類の異常を発症させる可能性があるときには、サイトメガロウイルスigg陽性を治療する価値があります。肯定的なiggテストは妊娠の時に一次感染を述べます、そしてもちろん女性は医者によって処方された一連の治療を受けなければならないでしょう。

治療の欠如は、ウイルス感染の形態によっては、小児およびかなり多様な診療所で先天性または後天性のCMVを引き起こす可能性があります。子宮内感染または産道を通過する場合、乳児は先天性のサイトメガロウイルスを受け継ぐか、または多数の子供の集積時の流行中に幼稚園または学校で赤ちゃんを訪問した後に獲得する。だから、CMVの先天的形態を持つ新生児の症状:

  • 食欲不振
  • 気まぐれさ、緊張感、
  • 無気力
  • 温度上昇
  • 便秘
  • 濃い尿
  • 輝く糞、
  • ヘルペスの種類による皮疹
  • 肝臓と脾臓の肥大。

CMVフォームを取得すると、赤ちゃんは生き残ることができます。

  • 弱点
  • 病気
  • 無気力
  • 無関心、
  • 熱、
  • 睡眠障害
  • 発熱状態、悪寒、
  • リンパ節と扁桃腺の腫れ。

時々ウイルスは完全に気づかれずに子供たちに発生します。しかし、症状が現れても、黄疸、肺炎、肝臓の炎症、皮膚の点状出血、斜視、夜間の過度の発汗といった深刻な合併症や発症を避けることはできなくなります。最初の病気の疑いでは、医者に相談するか、体温が危険なレベルまで上昇したら救急車を呼んでください。患者は重篤な合併症の発症を避けるために入院および医師による常時監視を受けている。

クラスMとG、違いは何ですか?

  1. クラスG抗体は、クラスMとは異なり、より遅れると考えられており、防御の免疫システムを維持し、要因と戦うために徐々に体内に蓄積します - 将来の挑発者。
  2. クラスM抗体は、大量に即時生産されるがその後の消失を伴うより速い抗体である。彼らはすぐに免疫システムにウイルスの挑発的な効果を弱めることができ、ウイルス攻撃の時に感染症の死をもたらします。

結論は、最初の感染が体内でのIgG抗体の形成、それに続くそれらへの免疫グロブリンの放出をもたらすということです。クラスGの抗体はその後消滅し、そしてクラスMの抗体のみが疾患を維持しそしてそれが進行するのを妨げることができるであろう。

復号化はどのように変換されますか?

ELISAのための血液検査は、血中のCMVの存在の主な指標です。解読は、感染を伴う生物の一次または二次感染についての結論をさらに引き出すために抗体の数およびそれらの種類を計算することからなる。血中の陽性iggはサイトメガロウイルスのレベルに対する免疫反応です。否定的な結果は、人の生活の中で感染との接触がまったくなかったことを示しています。

たとえば、テスト結果 - G +およびM - は抗体の休眠状態を示し、G - +およびM + +グループはウイルス数が標準を超えていないため、心配する必要はありません。この検査は、赤ちゃんを産む期間中に女性のためにそれを行うために非常に重要です。そして、G - とM +はすでに急性期の原発性疾患の発症の兆候です。 G + G +では、この疾患はすでに再発性の経過をたどり、免疫は著しく抑制されます。妊婦にサイトメガロウイルス陽性が検出されると危険な状態。これは、体が炎症プロセスと症状を持っていることを意味します:鼻水、高熱、そして顔の増加。

分析を解読した後、医者は活動指数と免疫グロブリンの数を百分率で処方します。だから:

  • 5〜10%未満のHCG率で、感染は最近そして女性の体内で初めて発生しました、
  • 50〜60%の抗体の存在は炎症の活性化を示す。
  • 60%を超える抗体の存在は、状況の不確実性と再度テストする必要性を示しています。

望むなら、妊娠前にサイトメガロウイルスiggが陽性で、igmが陰性であれば妊娠するのが良いでしょう。これは胎児の一次感染が確かに起こらないことを意味します。 iggとigmが肯定的であるならば、妊娠を計画することは延期されて、婦人科医によって処方された治療を受けるほうが良いです。否定的なiggおよびigmウイルスに注意し、簡単な予防策を怠らないようにしてください。これはウイルスの活性化がいつでも可能であることを意味します、従ってあなたはもっと頻繁にあなたの手を洗い、キスを避けそして感染した見知らぬ人、特に親密な関係との接触を一時的に止めるべきです。

実際には、体はウイルスに対処する必要があります。以下の場合には、薬による治療が処方されます。

  • 患者の免疫不全
  • 人工的な手段で免疫系を強く抑制することができる臓器移植または化学療法のコース。

強い免疫を持ってウイルスを駆除することはほとんど不可能であるという事実にもかかわらず、それ自体は明らかにされておらず、長い間活動していません。

抗体検出の症状は何ですか?

単核球症が悪化すると(CMVウイルスが合併症を引き起こした場合)、患者は風邪や扁桃炎のような症状を呈します。

  • 鼻詰まり
  • 頭痛
  • 高温

iggが陽性の新生児の免疫不全は、以下の原因になります。

  • 黄疸
  • C型肝炎、
  • 消化不良、
  • 網膜炎、
  • 肺炎、
  • 消化管の炎症過程
  • 視力低下
  • 神経系の病気
  • 脳炎は死ぬまで。

合併症

例えば、5日間以上のどの痛みが長引くと、合併症を背景として子供の精神的または身体的な障害につながる可能性があります。ヘルペスウイルスは、胎児が妊娠中に感染した場合に特に危険であり、初期段階で流産したり、出生時に乳児の精神障害につながることがよくあります。

そのため、妊娠を計画するときにCMVの検査を受けること、特に医師の指示に従って薬を飲むことが女性にとって重要です。

  1. アシクロビル、ビタミンB群の注射の形で、免疫を維持するためのビタミン - ミネラル複合体、
  2. インターフェロン、
  3. 抗ウイルス剤としてのViferon、Genferon。

風邪で、あなたは家の方法と戦うことができます:

  • プロポリス、油アルコールチンキ剤を作るために、
  • 玉ねぎ、ニンニク、サラダを追加します。
  • 銀の水を飲む
  • 薬用料金を醸造して飲む:よもぎ、エキナセア、ニンニクハーブ、ラジオラ、バイオレット。

igg陽性ウイルスは成人の90%に見られます。これは当たり前のことですが、血液中へのウイルスの長期放出は免疫抑制につながる可能性があります。クラスG免疫グロブリンは実際にサイトメガロウイルスの猛攻撃に対する私達の体の信頼できる擁護者ですが、肯定的な分析はあなたが安心して暮らすことができるigg +で体の永久的な保護を示しています。将来的に胎児に重度の欠陥を発症する可能性が最小限、すなわち9%以下であり、ウイルスの活性化が0.1%以下であるときに、赤ちゃんを妊娠させたい場合、女性においてそのような検査を定義することが望ましい。

あなたの健康をチェックしてください:

それはあなたがあなたの健康状態についての考えを持つことになる結果によると、多くの時間はかかりません。

デコード結果

抗体力価と同時に、診療​​所は結合力指数を決定する。免疫グロブリンと一緒の指標は生物の感染の程度を反映する。 50%までの抗体レベルで、一次感染がありそうです。指数が60%を超える場合は、慢性型、サイトメガロウイルス感染症のキャリアについて考えてみてください。平均率(50-60%)は不確実な状況を示しており、分析は2週間後に繰り返されます。負の結合力指数 - 感染なし

抗体力価に基づくサイトメガロウイルス治療の一般原則

科学者たちは、正常な免疫を持っている人に肯定的なigGがあるという原則は、特定の原則に従う必要があることを示唆していると信じています。

  1. 人との接触を制限します。
  2. 子供とコミュニケーションを取らないでください。
  3. 衛生規則に従ってください。
  4. ストレスを避けてください。

健康被害は免疫不全症におけるサイトメガロウイルスIgGです。サイトメガロウイルス感染の背景に対して、以下の合併症が発生します。

  • 肺炎はエイズ患者の死因です。
  • 黄疸、肝炎。
  • 消化器系疾患:潰瘍、腸炎。
  • 網膜炎 - 網膜の炎症。
  • Энцефалит с сонливостью, параличами, головными болями.

Положительный IgG к цитомегаловирусу наблюдается при хронической инфекции на стадии обострения.

Антитела IgG у беременных

Показатель при вынашивании определяет насколько заразился ребенок. 検査結果に従って、専門家は治療法を選択します。

最初の12週間で、サイトメガロウイルス感染の根絶への緊急の措置を講じてください:胎児に対する病原体の催奇形性の影響の高いリスクがあります。寛解期の感染の可能性を大幅に減らします。

後期感染は、子供の先天性サイトメガロウイルスで起こります。 igG抗体が高濃度で見つかった場合、妊娠の特別な管理が必要です。

igMが検出され、igGが存在しない場合は、新たな感染が想定されます。それは子供の異常な発達、死産、早産、流産および高水分につながります。

危険は何ですか

出生後の小児における陽性サイトメガロウイルスIgGの存在は、子宮内感染の証拠です。診断を検証するためには、2回以上の検査で濃度の上昇を特定する必要があります。

先天性サイトメガロウイルス感染症は、免疫力の強い症状なく進行します。防御力が弱まると、合併症が起こります。

  • 脈絡網膜炎
  • 肝炎
  • 黄疸
  • 肺炎
  • 皮膚上の点状出血。

上記の症状の1つを特定するには、予防策に従います。

  1. 個人の衛生
  2. 免疫力を強化する。
  3. 植物免疫調節剤(エキナセア、朝鮮人参)の使用。

薬の使用は医者と同意しました。臓器移植を計画するとき、輸血はサイトメガロウイルスの検出のためにテストされます。

病原体の陽性試験は輸血のために血液を他の類似体と交換することを必要とする。

サイトメガロウイルスが検出された場合、予防的な推奨事項は病原体と戦うのに十分です。防御力が低下した場合は、保守的な治療が必要です。

サイトメガロウイルス抗体とは何ですか?

サイトメガロウイルスに対するIgG抗体の分析は、この感染の存在を検出することができる。

サイトメガロウイルス(略してCMV)は、ヒトにおいて細胞腫を引き起こすヘルペスウイルス科の一員である。細胞腫は人から人へ伝染するウイルス性疾患です。それは、ウイルスがヒト組織の健康な細胞に結合し、それらの内部構造を変化させ、その結果、組織内に巨大細胞、いわゆるサイトメガールが形成されるという事実によって特徴付けられる。

このウイルスは人体に住むという長年の特徴を持っており、それ自体は現れません。体内の免疫バランスが破られると、ウイルスが活性化され、病気はすぐに進行し始めます。概して、サイトメガロウイルスは構造的にこのタイプの組織に似ているので、唾液腺に局在しています。

人体内のサイトメガロウイルスに対する抗体は独立して単離される。公式データによると、このウイルスに対する抗体は青年期の子供の10〜15%のケースで見られ、成人の場合は40%でした。

  • 例えば、唾液を介して、浮遊する液滴を通して
  • 胎盤を通して、すなわち胎児を通して母親から胎児へ、そして産道を通して子供を通過させる過程において、
  • 食事、すなわち飲食時には口から、また汚れた手から
  • 性的 - 例えば、膣の粘膜と接触している、粘液と精子が接触している、
  • 輸血とともに
  • 母乳による授乳の過程で。

CMVの潜伏期間は20から60日続きます、病気の急性期は2 - 6週間続きます。ヒトの疾患の急性期には、以下の症状が見られます。

  • 高温
  • 寒気
  • 頭痛や筋肉痛
  • 弱点
  • 中毒、
  • 場合によっては - 気管支炎の発症。

疾患の急性期を通過した後、免疫系が活性化され、そして抗体が産生される。免疫系が以前の疾患および貧弱な生活様式の選択のために弱い場合、その疾患は慢性期に入り、そして組織、そしてしばしばその人の内臓に影響を及ぼす。

例えば、CMVは、湿性黄斑ジストロフィー、すなわち、視力器官から脳への神経インパルスの伝達を担う眼細胞の疾患の発症を誘発する。

この病気は次のような形で現れます。

  • SARS、肺炎の場合によっては、
  • 一般的な形態、すなわち、内臓への損傷、例えば肝臓、膵臓および他の腺の炎症、ならびに腸壁の組織
  • 泌尿生殖器系の臓器の問題は、再発性炎症の形で現れます。

妊娠中の女性がサイトメガロウイルスに感染した場合、特に心配する必要があります。この場合、胎児の病状は、母親の血液中のウイルスが胎盤を通して彼に伝染するときに発症します。妊娠は流産で終わるか、または子供の脳が罹患し、その結果として彼は肉体的および精神的両方の性質の疾患を患っている。

小児の子宮内型CMVの診断には、細心の注意を払う必要があります。妊娠中の女性がどのように感染したのかを確認することが特に重要です。妊娠前に体がすでに病気にかかっていて、妊娠中に再感染があった場合、この事実は健康な赤ちゃんを産む可能性が高いことを意味します。サイトメガロウイルスは、生命にとって深刻な合併症の危険性が高い疾患を引き起こします。

病気の診断はどうですか? CMVの診断に使用される方法は次のとおりです。

  • 免疫蛍光法は、体の体液中のウイルスを検出することを可能にします。
  • イムノアッセイに基づく免疫化学発光(ILA)法
  • ポリメラーゼ連鎖反応(PCR) - 分子生物学的方法。ヒトの体液中のウイルスのDNAを検出することができます。
  • 細胞培養への播種
  • 血中にCMVに対する抗体があるかどうかを決定する酵素結合免疫吸着測定法(ELISA)。

抗CMV IgGが検出された場合、どういう意味ですか?

これらの種類の試験は、免疫グロブリンと呼ばれる特定の抗体を同定することを目的としています。これにより、病気がどの段階で発症しているのかを判断することができます。それらの中で最も効果的で頻繁に使用されているのはELISAとILAです。

CMVに現れる免疫グロブリンには2つのクラスがあります。分析はそれらの定量的指標を明らかにし、それは参照値の限界を超えている、すなわち規範を超えている。

免疫グロブリンM、ウイルス感染に素早く反応します。これらの抗体は国際略語ANTI-CMV IgMを有し、これはサイトメガロウイルスクラスMに対して生じた抗体を意味する。

これらの抗体は免疫記憶を形成せず、6ヶ月以内に体内で破壊されます。

サイトメガロウイルスIgMの量が増加すると、疾患の急性期が診断される。

免疫グロブリンG。これは一生を通じて形成され、感染の抑制後に活性化されます。抗CMV IgG - これらの抗体は、国際分類によればクラスG抗体を意味するため、そのままで略されますサイトメガロウイルスigG抗体は、ウイルスが体内で発生していることを示します。臨床検査は、感染の推定時間を決定することができます。これは力価と呼ばれる指標によって示されます。例えば、サイトメガロウイルス力価igg 250は、感染が数ヶ月以内に体に浸透したことを示します。スコアが低いほど、感染年齢は高くなります。

感染の可能性を評価する際には、IgGとIgMクラスの抗体の比率の分析が使用されます。比率の解釈は次のとおりです。

  • 抗CMV IgG陽性 - CMV IgM抗体陰性の組み合わせは、体内のウイルスは上昇するが潜伏性である、すなわち休止状態であることを意味する。
  • サイトメガロウイルスIgG抗体陽性率 - 抗CMV IgM陽性とは、ある人が最近感染した、または活性化段階にあるウイルスのいずれかを意味します。
  • 抗体「IgG-とIgM +」の組み合わせは、3週間以内に感染したことを示します。
  • 「IgG - およびIgM - 」の割合は、感染が存在しないことを意味する。

生殖年齢の女性でこれらの研究を行うために特に重要です。妊娠前にIgMが陰性のサイトメガロウイルスIgGについて陽性の結果が得られた場合、これは妊娠中に一次感染がないことを意味します(胎児にとって最も危険なもの)。

IgMが陽性の場合は、妊娠を延期して医師に相談してください。そしてサイトメガロウイルスIgGとIgMの結果が陰性であれば、体内にウイルスはなく、一次感染の可能性があります。

IgG抗体の検査結果が陽性であればどうすればいいですか?

CMVによる治療は通常、サイトメガロウイルスをヒトの免疫系によって制御され得る潜在的形態にするために免疫系を強化することを目的とする。

治療はまた、ヘルペス作用の抗ウイルス薬を服用することに基づいています。 CMVとともに発症する付随疾患は抗生物質で治療されます。

CMVの予防のために、主に妊娠中の女性を保護することを目的とした特別なワクチンが開発された。調査によると、ワクチンは現在約50%の有効性の程度を持っています。

陽性サイトメガロウイルスigGを明らかにした結果は文として解釈されるべきではありません。 CMVウイルスは、大多数の人々の体内に存在します。タイムリーな分析、予防と適切な治療は、この感染症によって引き起こされる病気のリスクを最小限に抑えることができます。

Pin
Send
Share
Send
Send