人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

母親にC型肝炎があれば出産することは可能ですか?

初めて、ある人が300年前にC型肝炎ウイルスに感染しました。今日、世界で約2億人(地球の全人口の3%)がこのウイルスに感染しています。彼らは隠されたキャリアであるため、ほとんどの人は病気の存在に気付いてさえいません。何人かの人々では、ウイルスは数十年の間体内で増殖し、そのような場合彼らは病気の慢性的な経過について話しています。この形態の疾患は、肝硬変や肝癌につながることが多いため、最も危険です。概して、ほとんどの場合、ウイルス性C型肝炎の感染は若い年齢(15〜25歳)で起こります。

すべての既知の形態のうち、ウイルス性C型肝炎が最も重症です。

伝染の様式は血を通って人から人へ起こる。多くの場合、感染は医療機関で発生します:手術中、輸血中。いくつかのケースでは、感染は家庭内の方法で、例えば薬物中毒者の注射器を通して可能である。性感染、感染した妊婦から胎児への感染も除外されません。

C型肝炎の症状

多くの感染者にとって、この病気は長期間まったく影響を及ぼしません。同時に、身体は不可逆的な過程を経て肝硬変または肝癌に至る。このような詐欺行為のために、C型肝炎は「穏やかな殺人者」とも呼ばれます。

人々の20%はまだ彼らの健康の悪化に気づいています。彼らは脱力感、パフォーマンスの低下、眠気、吐き気、食欲不振を感じます。それらの多くは体重を減らします。右心気症の不快感も見られることがあります。時には病気は関節痛や様々な皮膚の症状でのみ現れます。

血液の分析におけるC型肝炎ウイルスの検出は困難ではありません。

C型肝炎の治療

今日、C型肝炎に対するワクチンはありませんが、それを治療することは可能です。ウイルスが早期に検出されるほど、成功する可能性が高くなります。

妊娠中の女性がC型肝炎ウイルスに感染している場合、彼女は慢性肝疾患の特徴的な徴候の存在について調べる必要があります。出産後、より詳細な肝臓検査が実施されます。

C型肝炎治療は複雑であり、治療に使用される主な薬は抗ウイルス薬です。

胎児感染

ほとんどの場合、C型肝炎ウイルスは妊娠中に悪影響を及ぼすことはありません。実際、子供をC型肝炎に感染させる機会は、将来感染する母親の総数の2〜5%にしかありません。女性が同時にHIVに感染している場合、感染のリスクは15%に増加します。さらに、子供が感染する可能性がある条件や条件がいくつかあります。それらの中で、そもそも、それらは中毒、低ビタミン症、栄養不良を放出します。 C型肝炎による胎児の感染が注目される場合、大多数の症例は出産時または次の産後期に起こる。

どうやって出産するの?

C型肝炎ウイルスが母親から子供に伝染する頻度は、赤ちゃんが自然に生まれたのか帝王切開によるのかには依存しないことが証明されています。帝王切開中の感染のリスクが小さいと主張する医療専門家のカテゴリーがあります。単一のケースでどのような分娩経路を決定するかは、女性とその医師の責任です。場合によっては、患者が他のウイルス(例えば、B型肝炎またはヒト免疫不全)に感染しているとき、選択的帝王切開が推奨されます。

妊娠中、C型肝炎に対する抗体は胎盤を通して赤ちゃんに伝わり、出生後1年半の間血液中を循環することができますが、これは赤ちゃんが母親に感染したという兆候ではありません。

出生時の感染の可能性についての小児の検査は、生後6ヶ月(HCV RNAの血液検査)および1.5年(抗HCVおよびHCV RNAの血液検査)に行われるべきです。

生後すぐに、医師は新生児の健康状態を注意深く監視します。

母乳育児

母乳育児は禁止されていませんが、赤ちゃんが母親の乳首を傷つけないように注意する必要があります。そうしないと、感染のリスクが高まります。母乳育児による赤ちゃんの体への利点は、ウイルスに感染するリスクをはるかに超えると考えられています。授乳中に母親を通過すると感染が発生する可能性があるため、母親は乳児の口に痛みや眼の痛みが生じないように注意深く監視する必要があります。女性がヒト免疫不全ウイルスにも感染している場合、母乳育児は禁忌です。

C型肝炎の予防

C型肝炎ウイルスに感染しないためには、次のことを覚えておく必要があります。かみそり、歯ブラシ、マニキュアとペディキュアのための爪切り、ネイルファイル、または血液と接触する可能性のある他の物体:他の人のものを使用することはできません。あなたがタトゥーアーティストのサービスを利用しなければならないならば、器械が適切に殺菌されていることを確認してください。使い捨て針がこの目的のために使用されるならばそれはより良いです。

性行為中(特に無差別)、コンドームを使用することで感染の危険性を減らすことができます。

特定の病理学および妊娠計画

C型肝炎は、感染とC型肝炎ウイルスへの暴露の結果として起こる肝疾患です。

  • 滅菌されていない器具を用いた医療操作中
  • 保護されていない性交の間に、
  • (衛生基準に適合していない)美容室を訪れるとき
  • 外傷性感染物(かみそり、はさみ)との家庭内接触による、
  • 母親から子供へ。

みんなに警告する必要がありますC型肝炎の症状、そしてそもそも妊娠中の女性:

  • 眠気、疲労、全般的な脱力感、
  • 吐き気、腹部右側(上部)の重さ感、
  • 温熱療法、
  • 尿の色が変わる(暗くなる)、
  • 糞の変色(変色)
  • 関節痛、
  • 眼の皮膚および強膜の変色(黄変)、
  • 減量。

結果

合併症とその結果は十分深刻であり、最も危険なものは肝硬変と癌です。立場にある女性にとって、妊娠中、分娩中および産後期間中にどのような影響が予想されるかを知ることが重要です。

  • 胎盤機能不全
  • 貧血、
  • 抗リン脂質症候群
  • 早産、
  • 新生児のパラメータ(体重、身長など)の標準からの逸脱
  • 分娩中の新生児の感染
  • 新生児のための特別な注意。
  • そのような診断を受けた子供を持つことは確かな危険ですが、妊娠の適切な管理と将来の両親の側の責任ある態度で、それは正当化されます。 C型肝炎は妊娠中に診断されることが非常に多いため、子供の命と健康を守ることが急務です。

    しかし、ある人が本格的な家族を始められないうちに感染した場合はどうしますか?この場合、私は子供について考えるべきですか?答えは、もちろん、あいまいです。なぜなら、最も才能があり、有能で経験豊富な専門家でさえ、100%保証を提供することはできないからです。しかし決定はまだ将来の両親のためであるので、彼は間違いなくそのようなステップを落胆するべきではありません。

    このような診断を受けた子供をもうけることにした女性は、特定の情報を知る必要があります。

    • 妊娠は治療を中止してから6ヶ月以内に計画する必要があります(この間、身体から有害物質を除去する必要があります)。
    • この期間の後、すべての検査を受けるべきです(肝炎だけでなく)、
    • 妊娠中は、抗ウイルス薬を服用することは禁じられています。なぜなら、胎児に病状を発症する危険性があるからです。したがって、女性には常に一定の疲労感(おそらく過敏性)が伴います。

    この診断で子供の出産を計画することは可能ですが、すべての責任を理解することも重要です(妊娠中の女性自身の健康だけでなく、未熟児の健康と将来のためにも)。

    診断

    妊娠中に診断が下された場合は、発疹を決定して事前にパニックを起こすべきではありません。すべての調査を経て、多くの専門家と相談することが必要です。

    妊娠中のC型肝炎の症状

    診断がまだ確認されているが、病気が女性に多くの不快感をもたらさない場合、治療は行われません。この疾患が急性期に入った場合、産科医、感染症専門医、および肝内科医という何人かの専門家が同時に妊娠中の女性を監視します。重症コースの場合、治療は抗ウイルス薬を使用して処方されます(治療の必要性と期間は医師によって決定されます)。

    処方薬に加えて、女性はまた食事療法をお勧めします。高脂肪分の製品(高脂肪分の乳製品、脂肪分など)の使用は除外されています。

    マフィン、マッシュルーム、塩味、スモーク、スパイシーな料理を食べることも望ましくありません。穀物、果物、野菜、スープ、マッシュポテトおよび乳製品(低脂肪)が好ましい。肝臓と体全体への負荷を減らすために、これらすべての推奨事項を守らなければなりません。

    安全な配達と母乳育児

    C型肝炎の女性はしばしば子供を産みますが、ほとんどの場合、完全に健康です。しかし、母親の感染した血液が分娩中に赤ちゃんの血液と混ざったときに最も頻繁に発生するため、感染のリスクは依然としてあります。出産は特別な病院や部門で行われます。

    出産後、新生児を母乳にするかどうかの決定が下されます。母乳育児に対する直接的な禁忌はありませんが、母親は特定の勧告に従う必要があります。

    • 個人の衛生状態を守ります。
    • 感染の危険性があるので、乳首にひび割れがある場合は直ちに摂食を中止してください。
    • 傷や亀裂を癒した後にのみ摂食を続けます。

    母親から受けた抗体はこの時点まで残るので、子供が生後わずか1年半でC型肝炎にかかっていないことを確認することは可能です。このような場合の子供の感染の事実は確認されています。

    • ウイルスの原因物質は6ヶ月間血中で検出されます。
    • 生化学は、高濃度の血清トランスアミナーゼを明らかにします。
    • 病理の種類は母親のそれと同じであるべきです、
    • 生後1年半で、抗体が子供の体内で検出されます。

    C型肝炎の母親に生まれた子供は、両親の特別な注意を必要とします。母親は、病気が家庭内の手段によって子供に伝染しないように注意深く確認すべきです。医師はまた、子供の状態、特に感染症を監視する必要があります。

    妊娠中のC型肝炎感染を予防するための推奨事項は、標準的な場合と同じです。

    • 不要で安全でない注射を実行することは推奨されません(医療用具の無菌性に自信がない場合)。
    • 保護されていない性交に従事しないように、
    • 妊娠期間中に入れ墨、穴あけ、および同様の操作をすることを拒否する(または衛生基準が守られているチェックサロンで行う)
    • パーソナルマニキュアセットを使用する(またはサロンで器具を処理するときに存在する)。
    • 他人のかみそり、ブラシ、その他の私物を使わないでください。
    • 妊娠を計画する前に、それは完全な健康診断を受ける価値があります(できれば両方のパートナー)。

    体外受精と採用

    場合によっては、女性は、この手技の前に検査を受けることによってこの診断について知ることができます。子供に感染することを恐れてIVFを放棄することについての考えがあるのは論理的です。この可能性は、出産の過程においてのみ存在します。

    生殖細胞は受精前に洗浄されるので、C型肝炎は体外受精の手順に禁忌ではありません。しかし、女性が急性型で以前の肝炎によって引き起こされた代償不全の状態の肝炎を患っている場合、IVFは実施されません。

    体外受精を行う前(およびこの疾患を伴う通常の妊娠を計画するとき)、専門家は以下のことを明らかにしています。

    • 他に関連する病気はありますか
    • 肝炎は以前に治療されたことがあり、それはどの程度効果的でしたか?
    • どのような形態の疾患(急性または慢性)およびウイルスが肝臓にどのように影響を与えたか
    • ペアのウイルスキャリアは誰ですか:夫または妻、
    • ペアのすべての臨床検査の評価。

    違いはいくつかのケースでカップルがキャリア(女性または彼女の配偶者)である人です重要です。配偶者だけ​​がウイルスの保有者であるならば、その病気は遺伝しないので、そのとき子供への脅威はありません。

    将来の父親が病気を患っているが、カップルがまだ(伝統的な方法で)子供をもうけたいと思う場合には、彼は最初に一連の治療を受けなければならず、それからこの重大なステップを決めるだけです。高濃度のウイルス性病原体が男性の血液中に保存されている場合は、伝統的な受胎法を放棄し、それでも体外受精を優先することをお勧めします。この手順の主な欠点はコストが高いことです。

    多くの人は子供にそのような診断をすることをあえてしませんが、養子縁組について考えます。残念ながら、この手順はそのような病気の人には禁止されています。これは、この病気が家庭を通じて伝染する可能性があるためです。

    法律は、養子縁組が禁止されている病気のリストがあると述べており、それはこのように見えます:

    • 結核、
    • 内臓、運動器具および中枢神経系の病理
    • がん、
    • 中毒またはアルコール中毒
    • 感染の存在、ただし調剤登録から削除される前にのみ、
    • いくつかの精神疾患
    • 割り当てられたグループ(IとII)の障害。

    専門家や患者の意見

    ヨーロッパの肝臓研究学会のメンバーであるB. L.ルリー博士、および最上位カテゴリーの開業医であるN. N. Tsurikova博士は、妊娠中のC型肝炎に関する質問にインタビューで答える:

    どのような結果がテストを示すことができるかという問題では、肯定的な一次分析が「慢性肝炎」の診断を下す理由ではないと答えました。これは、完全な検査を行わなければならない肝内科医との約束をするための単なる理由です。

    また、専門家は、誤検出の可能性についての質問に答えました。彼らは、妊娠中の母親の健康上の問題(自己免疫疾患、ホルモン性疾患など)の存在下で最も頻繁に起こるそのような現象の可能性を確認した。

  • また、必要な分析(主および追加)についても疑問が投げかけられました。専門家らは、血液検査室検査および腹腔内超音波検査などの診断活動の重要性を強調した。彼らはまた、妊娠中にこれらの検査を2回受けることができることを示しました:始めと終わりに。場合によっては、より頻繁に(肝臓の問題が検出された場合)
  • この診断を受けた立場にある女性に注意を払う必要があることについての質問は、残念なことに、増悪の期間はしばしば無症候性であるため、血液生化学的指標の著しい逸脱の場合には適時検査を受ける必要がある。肝内科医に頼るには全身状態の悪化が必要です。
  • 彼らはまた、肝炎から子供を守る方法についても話し合った。そのため、専門家は、特別な予防策はないと強調したが、通常の産科病院の観察部門では、常時監視と分娩を行う必要があると強調した。この部門では、必要な設備が整っているので、子供の感染予防に効果的に対応しています。
  • 合併症および母乳育児の可能性についての質問もまた、C型肝炎患者の将来の母親にとって非常に深刻です。専門家らは、以下の合併症が最も頻繁に観察されることを指摘した:プロセスの悪化、緊張亢進、中毒症、低酸素症および胎児胎盤機能不全。母乳で育てることが必要であるが、乳首の状態を常に監視しながらいることもまた注目されました。乳首にひびが入っている場合は、しばらくの間HBを放棄することをお勧めします。
  • それほど重要ではないが治療の問題です。専門家は、抗ウイルス療法は肝臓での実験室で確認された炎症過程の場合にのみ処方されるべきであるという意見である。肝炎からの資金は、胎児の病状の発生を引き起こす可能性があります、それ故に、ほとんどの場合、管理と絶え間ないモニタリングの戦術が実行されます。場合によっては、肝保護剤が処方されます。
  • 患者の証言によると、C型肝炎は出産の障害にはならないという。

    肝炎は非常に危険で深刻な病気です。それはしばしば体に有害な影響を与えるという事実に加えて、それはまた人々に鬱病と劣等感を引き起こす可能性があります。しかし、常に回避策があることを忘れないでください。 Главное, серьезно отнестись к своему здоровью и заручиться помощью специалистов и поддержкой близких.

    Может ли гепатит С перейти от отца к ребенку при зачатии

    妊娠中または妊娠前に両親のうちの1人がウイルスの保有者になった場合、胎児感染は起こりませんが、子供を運んでいる間に妊婦を観察するときにこの事実を考慮に入れるために医師はこの情報を知る必要があります。

    不正確な情報が豊富にあるために、妊娠を人為的に中止したり待望のイベントを延期したりすることにした将来の両親を誤解させることがよくあります。科学者は、感染性のお父さんが子供に問題を引き起こすことはあり得ないという事実についてできるだけ若い家族に通知しようとします。

    C型肝炎は、けがをしたり、親の血液が乳児の体に入った場合など、例外的な場合には父親から子供に伝染します。不注意な感染を排除するには、子供とのコミュニケーションに関する一定の規則を守り、病気の治療を最後まで確実に終わらせ、病気が慢性化するのを防ぎます。

    C型肝炎の子供の感染は可能ですが、この状況はウイルスが母親から伝染するときに最も頻繁に起こります。このタイプの感染は5%のケースよりも頻繁には起こりませんが、妊婦に助言する医師は感染を防ぐために常に患者の病気に気をつけなければなりません。

    C型肝炎は母親から子供に感染する可能性があります

    HCVウイルスを母親から子供に感染させるには、主に2つの方法があります。前者の場合、この過程は出産時に起こり、女性の血液が乳児の体に入ります。この種の感染症は出生前と呼ばれます。

    出生後の感染症では、母乳を使った授乳中にウイルスの伝染が起こりますが、特別な手段の使用および特別な規則の遵守は感染を回避します。

    出産時の帝王切開時に子供に感染するリスクは小さく、感染した女性に対するこの方法の有害性を裏付ける統計はありません。外科的介入は重度の合併症に対してのみ推奨されます。

    両親のうちの1人がC型肝炎ウイルスの保因者である場合、赤ちゃんの出生直後に、医師は子供の包括的な検査を行い、乳児の血液中に疾患の原因物質に対する抗体の存在を検出します。

    抗体が検出された場合、これらの細胞は1年間子供の体に残っている可能性があるため、赤ちゃんの感染が起こったと主張するべきではありませんが、この期間中、両親は小児科医が指示する頻度で赤ちゃんの生物材料を服用する義務があります。

    病気の伝染のメカニズム

    ヒト感染の原因はフラボウイルスのグループに属するHCVウイルスです。この疾患形成はボールの形をしており、大きさは30〜60 nmの範囲です。

    このタイプのウイルスは、温度変動に対して十分な耐性があり、凍結に対して自由に耐えられ、10年間活動を続けます。室温の条件下では、HCVウイルスの寿命は4日を超えない。

    3分以内に破壊される100℃を超える温度は、HCVウイルスにとって致命的であり、さらに紫外線の使用により病気の形成に影響を及ぼす可能性があります。彼らはまた、病気の原因物質に対処することができます。

    C型肝炎ウイルスの生存率に影響を与える可能性のある治療法には、エチルアルコール、酸(塩酸、リン酸、塩素酸)、ミラミスチン、過酸化水素があります。

    HCVウイルスは、それ自体を示すことなく、長期間肝細胞に存在し得ることを理解することが重要である。それはその活性化を刺激するだけで、しばしば風邪によって引き起こされる身体の保護機能を低下させます。正常な免疫の破壊は病理学的変化およびC型肝炎の発症につながる

    HCVウイルスの伝染は、例えば実験室での研究において、疾患の保有者との接触を通して、または感染した人の生物学的物質との相互作用の結果として起こる。

    この病気は性感染症です。

    病気の伝染のメカニズムには、次のようなものがあります。

    • 性的接触、
    • 非経口伝達モード
    • 垂直感染。

    機械的避妊具(コンドーム)を使用せずにHCVウイルスを保有するパートナーとセックスをすることは、この病気の伝染につながります。 C型肝炎ウイルスの蔓延の非経口変異体の下では、血液を介した感染を意味します。

    伝染のこの方法は最も頻繁であり、感染は歯科医院および病気の患者の生物学的材料の研究室で外科手術中に注射用の単一注射器(薬物常用者に典型的)を使用する結果として通常ドナー血液輸血を通して起こる。

    病気を広げる垂直的な方法の場合、新生児は出産中に母親に感染します。ウイルスの子宮内感染は胎盤の完全性に違反して起こる、それはまた母乳育児中に感染の可能性があります。

    C型肝炎を引き起こすHCVウイルスによるヒト感染のプロセスのメカニズムを理解すると、リスクグループに分類される人々のカテゴリーを識別することができます。これらが含まれます:

    1つの注射器を注射に使用している薬物中毒者が危険にさらされています。

    • 注射器を1本使用する常習者
    • 頻繁な輸血処置を余儀なくされている患者
    • 治療に手術または侵襲的処置が必要な患者
    • 血液透析を使用して有毒物質の肝臓洗浄を受けた患者
    • タトゥーやピアス中毒
    • 感染した患者の生物学的物質との接触が考えられる実験室で働く専門家、外科医、産科医、婦人科医、
    • 感染した母親に生まれた赤ちゃん
    • 乱交的な性的関係を持ち、機械的な避妊法を用いていない男女
    • 同性愛関係を維持している男性。

    C型肝炎は、親の血液が乳児の体に入った場合にのみ、父親から小さな子供に伝染します。子供の感染はほとんどの場合、ウイルスが母親から伝染するときに起こります。出産時や母乳育児時、感染した血液が赤ちゃんの体内に入ったときも同様です。したがって、C型肝炎ウイルスが体内に存在する場合は、子供を扱うときに注意する必要があります。

    C型肝炎ウイルスの危険性は何ですか

    C型肝炎ウイルスは、他の病気のホストに変装することができるため、「穏やかな殺人者」と呼ばれています。一次感染の場合、それは何年もの間現れないかもしれません。この場合、キャリアはすでに感染源です。

    ウイルスの主な感染要因は血液です。皮膚または粘膜上のいかなる微小外傷も感染のゲートとなり得る。無菌の再使用可能な器具で怪我をする可能性がある場合はいつでも感染する可能性があります。 40%のケースで、感染源は不明のままです。血液に加えて、このウイルスは以下の場所にあります。

    • 唾液
    • リンパ、
    • 精液
    • 月経血

    これらのメディアを通じて送信される可能性があるというリスクがあります。感染の可能性は、レシピエントの免疫力の強さとキャリアの感染の強さによって異なります。

    潜伏期間は2から25週間続きます。ほとんどの場合、最初の臨床徴候は感染後1.5〜2か月後に現れます。

    この病気の急性型は、そのような非特異的な徴候を伴います:

    1. 消化器疾患(食欲不振、異常な便、吐き気、鼓腸、腹部の痛み)。
    2. 神経障害:疲労、無関心、脱力感、頭痛。これは、ウイルスが脳の組織に侵入する可能性があるためです。
    3. 体温のわずかな変動
    4. 胆汁うっ滞の症状としてのそう痒
    5. 関節の痛み。

    C型肝炎を適時に検出し、その症状を治療しないことが重要です。感染した人々の大多数では、疾患は慢性化し、それは次に脂肪変性、肝硬変、または肝細胞癌によって置き換えられます。アルコールの乱用は合併症のリスクを100倍にします。同時に、肝臓の機能的活性の指標は正常範囲内にとどまることができる。治療後、再感染と区別するのが難しい再発が起こる可能性があります。

    ママが病気なら

    妊娠の計画段階で、女性が自分がウイルスの保因者であることを発見した場合、受胎の可能性について疑問がある可能性があります。 C型肝炎は生殖器官に影響を与えませんが、病気の臨床経過は不妊に悪影響を与える可能性があります。女性の身体の病気に弱くなって健康な子供を妊娠させることができないかもしれません。

    多くの場合、妊婦は最初のスクリーニングの結果から自分の診断について学びます。一般的な病気、脱力感、不眠症、腹痛は、女性の妊娠と中毒症によるものです。妊娠中の慢性肝炎のおそらく悪化、その場合症状はより顕著になります。肝不全の発症および母親の一般的な体調のために、妊娠の早期終了、未熟児の誕生の脅威がある。

    胚の栄養不良の発生も起こります。症例の25%の門脈圧亢進症は食道静脈からの出血を引き起こし、流産の危険性を高めます。同時に、先天異常、流産および死産の危険性はないため、母親の体内に感染があることは中絶の理由ではありません。

    妊娠中の抗ウイルス薬の使用は、このグループの薬、特にリバビリンの高い催奇形性のために実践されていません。治療が受胎前に行われる場合、妊娠は薬の中止後6ヶ月以内に計画されるべきです。

    母親が肝炎を患っている場合、赤ちゃんを産む可能性は約5%です。母親から子供へのC型肝炎ウイルスの伝染は、出産方法にかかわらず、出産時にのみ可能です。子宮内感染は排除されます - ウイルスは、胎盤胎盤関門を克服することはできません。

    ウイルスは、産道の通過中に母親から子供に伝染する可能性があります。胎盤関門は破壊され、胎児は粘膜や母親の血液と直接接触します。出産の過程で子供の感染を防ぐ効果的な方法は現在存在しません。

    帝王切開はウイルス感染の危険性を減らすと考えられています。感染した新生児の治療のためのプロトコルも今日まで開発されていません。出生直後に、乳児の血液にウイルスの有無が検査され、次に禁忌のない状態で、子供は出生後の最初の日に初めて、そして30日後に2回目に過免疫ガンマグロブリンでワクチン接種されます。母親の抗体は赤ちゃんをウイルスから守ることができます。彼らは、彼の血の中で2〜3年で発見されています。

    C型肝炎は母乳と一緒に感染することはできません。そのようなケースは登録されていません。母親が肝炎を患っている場合、乳首にひび割れやその他の怪我がある場合は母乳育児を拒否する必要があります。

    C型肝炎に感染した母親は、ウイルスが胎児に伝染する可能性のあるリスクと妊娠の病理学の発展について知らされるべきです。妊娠中の母親の状態および子供の感染の危険性を評価するためには、常に医学的な監督が必要です。

    感染源がパパの場合

    将来の両親を心配させる次の質問は、C型肝炎が父親から子供に伝染するかどうかです。正確に言うと、これは遺伝性疾患ではなく、受胎時に伝染することはありません。

    肝炎ウイルスがめったに性感染することはありません。しかし、この伝達方法は除外されません。胎児の母親が健康で、父親がウイルスの保因者である場合、感染のリスクが高い場合、女性は体外受精を使用します。この方法は、ウイルスが男性の体内に多すぎるウイルスを含んでいる場合に使用されます。

    妊娠中の女性が感染しないようにすることは可能です。これは、精液内のウイルスが少しでも、生殖器の粘膜に傷害がなく、感染症もなく、女性の免疫力が非常に強い場合に起こります。それぞれの場合において、胎児にとって最も安全な受精方法を選択するためには、感染症の専門家に相談する必要があります。

    C型肝炎ウイルスは、出生後の血液を通じてのみ、または妊娠中に感染した場合は母親を通じて、父親から子供に伝染することがあります。したがって、簡単な安全規則に従う必要があります。

    • 妊娠中のセックスは保護されなければなりません - それはバリア避妊薬を使用する必要があります、
    • 血液粒子を含む可能性のある個人用衛生用品は厳密に個別のものでなければなりません、
    • 傷害の場合には無菌および消毒の規則に従うことが重要です、生物学的残留物は慎重に破壊されるべきです。

    ほとんどの場合、母親と父親の血液中のC型肝炎ウイルスの存在は、子供が感染するという意味ではありません。それはすべて、将来の両親が子供を妊娠させて連れて行くという問題に対してどれだけ責任があるかにかかっています。

    総合的な検査、関連する専門家の相談が赤ちゃんの感染の可能性を決定し、それをウイルスから保護します。責任ある妊娠計画は、受胎前の早期検査を可能にします。その結果、片方または両方の親がC型肝炎と診断された場合は、妊娠開始前に治療を受けることをお勧めします。

    母子感染HCV

    妊娠中の女性が入院中の赤ちゃんにC型肝炎ウイルスを感染させる危険性は、実際には彼女の血液中のRNAの定量的レベルのレベル、および彼女がHIV陽性であるかどうかに関係しています。

    母親がHIV陰性で、静脈内投与、薬物乱用、または輸血の既往歴がない場合、小児への感染のリスクは少なくなります(0〜18%)。

    ウイルスの胎児への伝播は、C型肝炎の力価が100万コピー/ mlを超える女性で最大です。 C型肝炎を持たないお母さんたちRNAレベルは、子供たちへのC型肝炎感染を容認しません。

    現在、母親から子供への感染率に影響を与える可能性のある予防的治療法はありません。

    肝疾患のある妊婦は、定期的に肝機能をチェックできる専門医に従うべきです。

    成人では、C型肝炎ウイルス(HCV)が最も頻繁に感染した針による感染を介して送信されます。それはまた輸血や保護されていない性別のような汚染された血液製剤を通して感染する可能性があります。

    C型肝疾患の症状には、吐き気、黄疸、発熱、関節痛、腹痛、暗尿、疲労などがあります。

    多くの成人は症状を経験せず、彼らが感染していると疑うことはありません。

    乳児も感染する可能性があります。乳児はその結果として、そして出産中に数週間感染した母親に感染することがあります。出生時にHCVに感染する乳児や子供には、症状は異常です。子供の症状のほとんどは珍しいです。

    これが、乳児のHCVスクリーニングプロセスと、診断が下された場合の進め方について知っておくべきことです。

    赤ちゃんのためにC型肝炎を検査するための選択肢は何ですか?

    HCV抗体検査で陽性と判定された場合、通常はある時点でHCVに感染していると見なされます。それはまたあなたの体の免疫システムが感染と戦うために引き起こされたことを意味します。

    周産期および抗体の誕生の間に、母親とHCVからなるいくつかのウイルスは胎盤を通過し、彼女の赤ちゃんに感染します。

    HCVに感染した母親から生まれた乳児は、生後18ヶ月間HCVに優しい抗体をしばしば経験する。しかし、これは必ずしも彼らがC型肝炎を持っていることを示すものではありませんHCVに対する抗体のテストはしばしば不正確です。

    検査に含まれる抗体は、感染した母親に由来するもので、子供に由来するものではありません。このため、あなたは彼らが18ヶ月になるまであなたの子供のためのHCV抗体検査の受領を差し控えることをお勧めします。

    この時点で、母親から残っている抗体があれば、赤ちゃんのシステムを使い果たすはずです。これはあなたがより説得力のある結果を得ることができることを示唆しています。

    HCVについてのRNA − PCR試験もまた使用される。 HCV RNA-PCR検査は血液中のウイルスを検出するためのより信頼性の高い方法と考えられていますが、2段階法を使用することがしばしば推奨されます。

    診断を確定するために、あなたの子供は少なくとも6ヶ月間、2回のHCV RNA-PCR検査を受けます。このテストは3か月後に行うことができますが、通常は最後まで行われません。あなたの子供が両方のために肯定的な結果を持っているならば、彼らはHCVと識別されます。

    テストはどうですか?

    HCV抗体検査とHCV RNA検査の両方が血流を用いて検査されます。

    新生児や幼児の場合、血液検査は赤ちゃんの体格や体重にもよりますが、かかとや指ですばやく行われます。

    足やつま先は通常赤ちゃんに実行する方が簡単です。 Однако эти места могут быть болезненными, поэтому иногда предпочтительна менее болезненная вена. Прокол вен можно выполнять в любом возрасте, тем не менее это может потребовать много усилий и вызвать дискомфорт.

    可能であれば、乳児への静脈漏出は、バタフライニードルを使用して小児瀉血専門医によって行われるべきです。

    血液を採取した後、適切な血液凝固を確実にするために針挿入点に圧力が加えられる。その領域はわずかに痛いか青であるかもしれません。採血された血液はラベル付けされ、評価のために検査室に送られます。

    乳児のC型肝炎はどのくらい一般的ですか?

    米国では約46,000人の子供がHCVに罹患しており、その多くは出生時に母親から感染しています。 CDC(米国食品医薬品局)によると、感染した母親から生まれた100人の子供ごとに約6人がこの病気にかかります。赤ちゃんがHCVとHIVの母親に生まれた場合、このリスクは高まります。

    母親が大きなウイルス量を抱えている場合、子供はHCVに感染する可能性が高いことが研究により示されています。ウイルス量とは、血流中に存在するウイルスの量のことです。帝王切開は出産時の感染の危険性を変えることは示されていません。

    もし私の子供がC型肝疾患のために好ましい状態を経験したら?

    HCVの子供の最大40%が治療なしで病気になる。これらの子供は通常2歳でウイルスに感染することはありません。アメリカ肝臓財団によると、7歳までの何人かの子供は治療なしで感染を取り除いた。

    HCVで見つかった乳児は、小児胃腸科医または肝臓科医から援助を受けるべきです。彼らはあなたの子供の症状、成長と栄養を監視し、定期的な肝臓のスクリーニングを管理します。

    感染の拡大を避けるために、あなたとあなたの家族は、実際には感染しないように、HCVを入手する方法を見つけ出すべきです。これは、血液に関連している可能性がある失敗や日常の活動を管理する方法を準備するのに役立ちます。

    乳児は、分娩前または分娩中に感染した母親からC型疾患にかかることがあります。リスクが高い子供は通常、生後18か月間HCVに優しい抗体を経験します。小児がHCV抗体について陽性であると検査された場合、これは必ずしもC型肝炎があるという意味ではありません。

    この研究は、HIVに感染していない女性では、C型肝炎ウイルスRNAを持つ人々だけが子供に感染する危険性があることを示しています。

    伝染は子宮内であるように見え、輸血を受けたことがある女性または静脈内薬物を使用したことがある女性の伝染率は、感染の危険性の要素が知られていない女性よりも大きいです。

    妊婦における感染経過の特徴

    病気は主に赤血球の流れで伝染します。病原体の検出は困難です。ウイルス全体ではなく、外来DNA(デオキシリボ核酸)の断片を単離することが可能である。

    長期間にわたるC型の炎症はそれ自体を明示せず、そしてすぐに慢性段階に変わる。

    より多くの他の病気が影響を受けます:

    • 常に患者と接触している医療従事者
    • 薬を注射する人、
    • 免疫不全ウイルスを持つ人々
    • 肝疾患を併発している患者
    • 体系的に血液透析を受けている、
    • 乱交セックスの練習
    • 乳児は感染して生まれました。

    C型肝炎の潜在的な発症にもかかわらず、それは肝臓の肝硬変またはその中の悪性増殖の発症に至るメカニズムを誘発する。妊娠中は、多くの薬物が禁止されているため、合併症がより早く発症することがあります。

    この病気の症状は平均20%の患者に発生します。

    同時に、そのようなC型肝炎の徴候が観察されます。

    • 弱点が増した
    • 一定の眠気
    • パフォーマンスの急激な低下
    • 吐き気
    • 拒食症、
    • 減量
    • 右心気症の痛み。

    妊婦のC型肝炎は、皮膚の発疹や関節の圧痛によって現れることがあります。

    体内のウイルスの存在を判断するために、包括的な検査が任命されます。

    1. ウイルスに対する抗体の存在の分析。
    2. ビリルビンおよびアスパルトアミノトランスフェラーゼ(AsAT)のレベルの決定。
    3. ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)。
    4. 腹部の超音波検査(超音波)。
    5. 肝生検

    検査で抗体の存在が示された場合、医師は次のように結論付けることがあります。

    1. 患者は慢性C型肝炎を発症します。肝臓への損傷の程度を明らかにするために、生検を行います。さらに、ウイルスの遺伝子型を決定する必要があります。 C型肝炎にはいくつかの亜種があります。みんなのために - 彼ら自身の治療法。
    2. C型肝炎は過去にありました、しかし、患者の防御は病原体自体に対処しました。
    3. 結果は誤検知になる可能性があります。医師は常に繰り返し分析をお勧めします。

    一般に、妊婦のC型肝炎は妊娠過程に影響を与えません。しかし、感染した人は低酸素症、すなわち胎児の酸素欠乏の危険性が高くなります。それは自然流産に満ちています。妊娠中のC型肝炎の女性は婦人科医だけでなく観察されるべきです。定期的に感染症に参加する必要があります。

    胚が母親から感染する可能性は5%を超えません。

    胎児の子宮内感染を防ぐための絶対的な確率では不可能です。保証は帝王切開でも出産しません。それは同時に感染の主な経路である自然な方法で子供の通過を除外します。生後1日目の安全のために、子供は免疫グロブリンの注射を受けます。その後、ウイルスの有無を調べます。これは、子供の血液中の生後18ヶ月が、母親から得られたC型肝炎に対する抗体として観察されることを考慮に入れています。これは子供が感染しているという意味ではありません。

    検出されたのが抗体ではなく、ウイルス自体、小児科医以外の子供は、感染症の医師によって観察されます。彼はあなたにC型肝炎ウイルスが母乳に侵入することはできない、新生児の自然な摂食は禁忌ではないとあなたに言うでしょう。

    看護の進め方

    医師は、C型肝炎の女性の妊娠が可能であることを知っています。本当のそして豊かな出産。

    母親の赤ちゃんへの病気の影響は、母親の体内のウイルスの量によって異なります。

    • 血液中の病原体が100万コピー未満であれば、妊娠は通常どおり進行し、胎児感染のリスクは最小限に抑えられます。
    • 病原体が200万コピーを超える場合、子供に感染する可能性は約30%です。

    持ち運びのプロセスは、他の要因の影響を受ける可能性があります。

    1. ウイルス活動
    2. ヒト免疫不全ウイルス、トキソプラズマ症などの付随する感染症。
    3. 肝硬変、腹水症などの特定の合併症。
    4. 婦人科病理の存在筋腫、骨盤内臓の炎症は妊娠に悪影響を及ぼします。
    5. 妊娠中のライフスタイルを提供しています。私たちは労働条件、食事、悪い習慣について話しています。

    医師が妊娠中の女性の血液中のC型肝炎ウイルスを検出できた場合、いくつかの合併症の危険性が考慮されます。

    1. 感染した母親から彼女の赤ちゃんへのウイルスの垂直伝播様式。出生前の発達段階における感染の可能性は5〜20%です。
    2. 自然流産または早産。
    3. 胎児の胎盤機能不全または低酸素症の発症。
    4. 不十分な体重または成長遅滞を伴う世界への子供の出現。
    5. 出産前および出産中の産科出血。
    6. 肝内胆汁うっ滞と肝炎の発症

    C型肝炎の妊婦をモニターするには、以下に従って特別な医療プロトコルが使用されます。

    • 婦人科医を除いて、妊婦は定期的に感染症専門医を訪ねるべきです。
    • 妊娠中の女性は、ウイルス量を測定するために、初回、3学期の初め、および36週間後に、毎月数回の血液検査を受ける必要があります。
    • 可能な線維鏡検法および妊婦の血液の凝固性のレベルの決定
    • 女性は食事を取る、肝保護剤や鉄分を補給する、
    • 胎盤の血液循環を改善する薬、例えば、Curantila、Actovegin、
    • 多くのインターフェロン系薬物の胎児への影響は有害であるため、特別な抗ウイルス療法は行われていません。

    子宮内感染のリスクが高い複雑な疾患の経過がある場合、彼らはインターフェロンまたはリバビリンを処方することがあります。彼らの害が可能な利益よりも大きいならば、彼らは治療を拒否します。

    出産の2週間前に、妊婦は病院に送られます。医者は子供が生まれる方法を前もって決める必要があります。

    妊婦の治療法

    妊娠中の女性でC型肝炎を検出した後、女性の身体の包括的な検査が行われます。まず第一に、私は肝障害の程度を特定します。配達の後に行われるより詳細な検査。

    妊娠中は、ウイルス量を定期的に監視することが重要です。これは病原体の胚への伝播の危険性を決定します。

    抗ウイルス療法は感染症の専門家に相談した後にのみ開始できます。治療期間は6ヶ月以上です。病気が発生の初期段階で検出されれば、完全に回復する可能性はより高くなります。

    この場合、治療は複雑に行われるべきです:

    1. 治療の基礎は適切な抗ウイルス薬であるべきです。通常、医師はリバビリンとインターフェロンを処方します。しかし、そのような妊娠中の治療法は望ましくありません。時には単純なViferonに限定されています。
    2. 20人の病気の女性ごとに胆汁うっ滞を観察しました。胆汁うっ滞は特定の治療を必要とします。彼女はウルソデオキシコール酸を含む薬に重点を置いて胃腸科専門医によって任命されている。
    3. 肝硬変の発症を回避し、肝臓をサポートするために、医師はHofitolまたはEssentialeを処方します。

    治療の経過は、患者の体の状態、合併症の有無、ウイルスの種類に応じて、各患者に個別に処方されます。

    C型肝炎を完全に治すことができる薬があります:

    1. ボセプレビル胎児に催奇形性がある可能性があります。したがって、妊娠中の女性の治療には、ボセプレビルは使用されていません。
    2. テラプレビルそれは肝炎の原因物質に直接影響を及ぼし、ウイルス量をかなり減らすことができます。テラプレビルは妊娠中の女性に処方されます。薬をお勧めし、正確な投与量を計算するには医師になるべきです。

    感染した妊婦は、排気ガス、タバコ、その他の種類の煙、塗料の煙霧との接触を避けなければならない。彼らは病気の経過を悪化させることができ、胎児に悪影響を及ぼす。

    C型肝炎の妊婦は不整脈や抗生物質の薬を服用してはいけません。寒くて疲れ果てている身体活動での長期にわたる望ましくない滞在。

    出産の仕方は?

    C型肝炎の女性をどのように解決するかという問題は未解決のままです。子供に感染する可能性は、自立分娩中も帝王切開中も同じです。したがって、母親の状態と特定の医学的徴候の存在から「はじきました」。

    C型肝炎患者の場合は、帝王切開が医師の約20%で考慮されるのが好ましい。

    配達方法を決定するとき、医者はウイルス負荷を考慮に入れなければなりません:

    • 低負荷の場合、ウイルスが子供に伝染する確率は手術中と同じであるため、女性は、望むならば、独立して出産することができます。
    • ウイルス量が多い場合は、帝王切開が好ましい。
    • C型肝炎に加えて、彼女の歴史上の妊婦が免疫不全ウイルスまたは他の感染症を持っているならば、帝王切開が行われます。

    どんな決断が下されても、病院職員は分娩中の女性にC型肝炎があることを知らされなければなりません。子供と女性の血との接触を最小限に抑えることが必要です。それは主に医者によります。

    感染した女性が心配することができるもう一つの問題は、それが胸にあるならばC型肝炎が母親から子供に伝染するかどうかです。一方では、ウイルスは牛乳に侵入しないので、母乳育児は許されます。赤ちゃんはそれを通して感染することはできません。その一方で、乳首のけがが可能です。血液は微小亀裂を通して、そしてそれとともにウイルスを通して浸透する。乳首用の特別なオーバーレイを使用して、子供を保護することが可能です。彼らは薬局で販売されている、シリコーン製です。

    診断に誤りがありますか

    妊娠中の女性は誤診と診断されることがあります。説明を明確にするために、分析にもう一度合格する必要があります。

    エラーはいくつかの要因によって引き起こされます。

    • 女性の身体に複雑な感染がある
    • 自己免疫疾患
    • 妊娠中の腫瘍の体内の存在。

    診断をするときの間違いを避けるために、医者は状況をはっきりさせることができる包括的な検査を処方します。

    この妊娠中のために行く必要があります。

    • 一般的で詳細な血液検査
    • 肝臓と腹部全体の超音波検査
    • 妊婦におけるウイルスの種類と量を評価するためのPCR。

    すべての検査の結果を得て、医師はC型肝炎に感染した人々の診断と妊娠のさらなる進展に関して最終的な結論を出します。

    C型肝炎の流産

    C型肝炎は妊娠の過程に悪影響を及ぼす可能性があります。病原体の子供への感染は可能です。したがって、医師は妊娠の計画段階で女性を診察することをお勧めします。肝炎が検出された場合、妊娠する前に、そしてそれが始まるのを終えてからわずか6か月後に、完全な一連の治療を受ける必要があります。

    しかし、妊娠がすでに始まったときに女性の体内のウイルスが検出されることがより多くなります。特に、病気が急性期にある場合、流産は感染した女性にはお勧めできません。

    流産の恐れがあるとしても、医師は胎児を救おうとしています。

    女性が妊娠中絶をすることを決定した場合、妊娠の12週目まで、そして病気の黄疸期の終わりの後にのみ行われます。

    医者は妊娠の人為的な終了の必要性を主張し、医学的徴候に「頼り」ます。

    これらが含まれます:

    1. 複雑な形での肝硬変またはC型肝炎の発症。
    2. 出血の有無または胎盤剥離の診断。
    3. 急性神経感染症の診断
    4. 即時の化学療法を必要とする悪性腫瘍の検出。
    5. 糖尿病
    6. 子宮破裂のリスクを特定します。

    患者の全身状態と妊娠期間に基づいて、さまざまな種類の人工中断を実行できます。

    • 掃除機、
    • 外科の
    • 医療(特別な準備をすること)
    • 複雑な妊娠中絶(妊娠30週後に行われます)。

    症例の30%の医師が女性患者の自然流産を診断しています。

    病気が軽度の形で発生し、ウイルス量が小さい場合、通常の妊娠や健康な赤ちゃんの誕生への障害はありません。

    C型肝炎と妊娠

    C型肝炎と妊娠の組み合わせは多くの妊婦を怖がらせますが、残念なことに、今日、女性は出産中のこの診断にますます直面しています。病気の検出は、B型肝炎およびC型肝炎ならびにHIVを含む様々な感染症についてスクリーニングするすべての妊婦のための標準を可能にする。統計によると、C型肝炎マーカーは、すべての30代のロシア人女性の血液中に存在しています。ご覧のとおり、悲しい統計に入る可能性はそれほど小さくありません。今日は、それがどのように広がっているか、治療が可能かどうか、そして妊婦の肝炎の影響がどれほど深刻であるかについてお話します。

    C型肝炎はどのように伝染しますか?

    C型肝炎の感染は性的接触を通してのみ可能であるという意見があります。これは部分的には真実ですが、感染の主な様式は血行性です。言い換えれば、C型肝炎ウイルスが健康な人の血液に入ると、病気が発症し始めます。次のような場合に発生する可能性があります。

    • 使用済みの使い捨て注射器や針を使用するとき。これが肝炎を伝染させる最も一般的な方法です。静脈内投与薬を使用する人々の半分がこの病気にかかっていると考えられています、
    • 滅菌が不十分な器具で医療処置を行うときは、
    • 以前に使用した針でタトゥーやボディピアスをするときは、
    • 特に輸血を通して、血液を通して健康な人と患者を直接接触させる。しかしながら、1999年以来、全てのドナー材料が患者に与えられる前にC型肝炎ウイルスの存在について検査されて以来、今日ではこの感染方法はまれである。

    この疾患の原因物質が数週間にわたって乾燥血液中の活力を維持できることは注目に値する。これは、あなたがネイルツール、かみそり、歯ブラシ、および他の感染者の所持品を使用することによって感染する可能性があることを意味します。

    C型肝炎の妊娠

    妊婦の状態に対するC型肝炎ウイルスの影響は、疾患の経過、食事、予防策、支持療法に大きく依存します。妊娠中、病気は通常よりも難しいかもしれません。病気の急性期は流産を引き起こす可能性があり、産後の期間で体はよりゆっくり回復します。 C型肝炎の急性期における妊娠の終了は、病気の経過を複雑にするかもしれず、その場合胎児は残ります。

    時に肝炎では、かゆみが見られ、血中の酵素レベルの変化、妊娠中毒(遅発性中毒症)、皮膚の発疹、関節の痛みがあります。血液凝固が少ないため、出血が起こることがあります。 Обычно вирус гепатита С не обладает тератогенным действием, т.е. не может вызывать пороки развития у плода.しかしながら、この疾患の慢性型では、胚発生の遅延および早産の症例数が増加する。妊娠中は、肝炎を患っている女性は妊娠中期から医師の監督下に置かれるべきです。

    調査によると、赤ちゃんの感染症は4〜10%のケースで発生します。母親からの子供への感染は、以下のような方法で可能です:子宮内感染、出産中、母乳育児中。胎盤を介した子宮内感染の可能性は比較的低いです。感染の危険性は、関連する疾患の存在下で、疾患の急性経過とともに増大する。出産時に、女性が帝王切開を受けている場合、ウイルスを感染させる可能性は低くなります。 C型肝炎に関する研究の結果によると、母乳育児は必ずしも子供に感染する危険因子ではありません。しかし、乳首の負傷では、特に産後の女性が病気の悪化を経験している場合、ウイルスが子供に伝染する可能性が高まります。

    B型肝炎の胎児への感染を予防するには、適時に女性を診察すること、予防策の遵守:性感染症の排除、衛生、適切な栄養補給が含まれます。パートナーの一人がB型肝炎に感染した場合、予防接種が行われます。女性は受胎前に予防接種を受ける必要があります。それはあなたが他の人の衛生用品を使用することはできません:そのために血液を介してウイルスの伝染の「国内」の方法を除外する必要があります:爪はさみ、かみそり、歯ブラシ。あなたはピアス、タトゥーをすることはできません。

    自宅で二日酔いを素早く解消する方法

    二日酔いを経験したことがある人なら誰でもその原因を理解していて、すぐにあなたの体を正常に戻すことを望んでいます。

    Loading...