小さな子供たち

Mezim看護ママはできますか

Pin
Send
Share
Send
Send


母乳で育てるメジムは消化器系の能力を改善するために使用されます。製剤はパンクレアチンを含む。この成分により、好ましい効果が達成される。指示は母乳育児中にツールを使用するべきではないことを述べていることに留意すべきです。しかし、最近の国際的な研究は、Mezimが赤ちゃんを傷つける危険性をほとんどゼロにしているという事実を確認しました。使用前のママは、薬を服用する必要性、副作用および適応を評価しなければなりません。

Mezimを服用する必要があるのはいつですか?

錠剤は消化器系の働きに問題がある場合に処方され、それは不十分な数の酵素の背景に現れた。以下の病気の場合には、医師はこのツールを定期的に使用することをお勧めします。

  • 慢性の膵炎
  • 肝臓、胆汁または消化管における炎症の存在
  • 手術後の回復または胃の一部の切除
  • 内臓は、下痢または過度のガス形成が見られた背景に対して照射された。
  • 食事療法の基本的な要求に従わなかった、
  • 多量の脂肪食品を一定に吸収
  • 男は座りがちな生活を送っています
  • 腹部臓器のX線撮影を予定しています。

授乳中の母親は、医師に相談した後にだけ薬を飲まなければなりません。メジムが母親と子供に副作用の発現をもたらすことがあるという事実を考慮に入れることは必要です。

期間中のレセプションの特徴

この件に関するほとんどの専門家は、この治療法は授乳中の母親に酔うことができると考えているようです。

それを使うとき、あなたは多くの簡単な規則に従う必要があります。

  • ピルは給餌プロセスの直後に飲まなければなりません、
  • フロントミルクは必須です
  • それは医者の処方箋なしで一度製品を飲むことを許されます、
  • 治療の経過および投与量は、この件に関する専門家によってのみ決定されます。
  • メジムを任命するにあたり、ママは赤ちゃんの体の反応を注意深く監視するべきです。
  • 赤ちゃんがアレルギーまたは個々の不寛容を持っている場合は、錠剤は(医師に相談した後)キャンセルされます、
  • 薬を服用中は適切に食べられるべきです:食事にはザクロ、パン、米が含まれるべきです。

新生児に害を与えないために、メジムは食事の間に飲まれるべきです。さらに、それはかなりの量の水を飲むことを許されています。この目的のために他の液体を使用することは許されません、なぜならそれらは薬の効果を中和することができるからです。すぐに水平になることはお勧めできません。この場合、消化は胃ではなく食道で行われます。

錠剤の数は、女性の全身状態によって異なります。原則として、1回の服用量は2錠を超えてはいけません。他の薬が追加で服用されるならば、メジムはその後15分後に服用されます。

メジムはいつ捨てられるべきですか?

次のような場合には、薬物の使用は中止してください。

  • 女性は構成する成分に対する感受性が高まります
  • 慢性状態にある膵炎
  • すい炎

薬はまた、以下の副作用を引き起こす可能性があります。

  • 嘔吐する深刻な吐き気、
  • 間違った椅子
  • 胃の中に激痛。

他の薬との併用

メジムは、硫酸鉄やソルビフェルなどの薬と組み合わせることはできません。タブレットを介して、体に吸収される鉄の量が減少します。このため、人は貧血を発症する危険があります。

この疾患は、以​​下の症状を伴う女性に発症します。

  • 全身で絶え間ない弱さ
  • 爪と髪は非常に壊れやすくなります、
  • 皮膚の蒼白、
  • ママは常に疲れを感じます、
  • 足にひびが入ることがあります。

母乳育児中にそのような状況があるならば、メジムの使用は完全に放棄されなければなりません。同じ製品を交換して使用することをお勧めします。

制酸剤の錠剤と同時に飲んだ場合、薬の効果は数回減ります。この状況は、大量のカルシウムとマグネシウムの蓄積から生じます。専門家は、酵素剤の総投与量を増やすことによって悪影響を中和します。

似たような薬

消化管の侵害は、少量の酵素液の産生によるものです。授乳期には、Festal、Creon、Pancreatin、その他の薬を飲むことができます。これの前に、それはあなたの医者から承認を得ることが重要です。 Maalox、Almagelは母乳に吸収することはできません。

1年未満の過度のガス形成の子供たちのためにSub SimpleksとEspumizanは対処するのを助けます。彼らは腸を最適化し、自然な方法で体からガスを除去するのに役立ちます。用量は重要であり、そして当業者だけがそれを正しく計算することができる。

効果的な薬の選択

安価な類似体のうちパンクレアチンを使用することを認められている。メジムはすぐに消化管の働きを回復するのを助けます。副作用はまれにしか達成されないので、その作用はほとんど無害です。

大便はパンクレアチンだけではない。ヘミセルロースと胆汁もその成分に含まれています。これにより、優れた治療効果を得ることができる。しかし、それは胆石を持っている人々によって使用されるべきではありません。

同様の構成がCreonにもあります。パンクレアチンの総濃度が異なるだけです。使い易さのために、製造業者はそれらをカプセルの形にする。それらは小さなミクロスフェアで完全に満たされています。これにより、活性成分を胃の全域にわたって均一に分布させることが可能である。その結果、作業が迅速に正規化されます。

欠乏のCreonは必要な酵素の大きい内容です。それらは腸内細菌叢に悪影響を及ぼす。酵素を定期的に摂取すると、天然元素の産生が停止することがあります。しかしながら、大量のパンクレアチンは消化器官の機能を改善するのを助けます。 HBの期間中、医師はメジムに選択を勧めます。それは母子の身体に優しく影響を与えるからです。

Pin
Send
Share
Send
Send