小さな子供たち

子供にOSPの声がある場合の対処法:病理学の治療方法と問題の原因は何ですか

Pin
Send
Share
Send
Send


子供がいる 声の声。こんな現象 子供の頃はかなり一般的です そして さまざまな理由で発生する可能性があります.

arse声は独立した疾患と見なすことはできませんが、それを含むいくつかの病状の特徴的な症状です。深刻な結果につながる可能性があるもの。

音声障害 無視できないそして、彼らが現れた時は医者に相談してください。

子供のarse声の原因

国際分類(ICD-10)に従い、グループR49「投票の違反」に割り当てられています。

本質的には、この現象 声帯の機能不全です。さまざまな理由で通話中に完全に閉じることができず、その結果、音声が失われる場合があります。

それは 喉頭または過電圧声帯装置の敗北の背景に発生します.

調べた人の病因はいくつかのメカニズムを持つことができます。

病原性機序は器質性病変と関連している。:

  • 上気道構造の病状(咽頭、喉頭、舌、口腔、カタル損傷)、
  • 心因性の病理(筋肉の問題、脳循環障害)、
  • 神経障害

幼児期に喉頭、咽頭および靭帯の発達の詳細に関連する変化.

この段階で 喉頭を通して赤ちゃんは呼吸と同時に飲み込むそして、それらの咽頭はとりあえず円錐形をしていて、それが円筒形になった後に初めて。

赤ちゃんに 声帯は非常に小さい (7〜8 mm以下)。

サイズ18〜21ミリメートル、彼らは思春期にのみ達する。

これらの特徴は、幼児の音声障害が様々な理由でかなり頻繁に記録されるという事実につながります。

機能的なness声(危険ではない原因)

必ずしも声のarse声が身体の病理学的障害を示すとは限りません。

  1. 長期にわたる心理的または感情的な過負荷と重度のストレスおびえた
  2. 声帯の過電圧。
    子供では、arse声は長時間の泣き声、急激な泣き声によって引き起こされることがよくあります。
    年長の子供たちは、大声で歌うとき、特に高すぎる音を弾こうとするとき、そして叫ぶときにけがをするかもしれません。
  3. ヒット 上気道の異物。
  4. 固体粒子による機械的損傷 (ドライフードのパン粉、種、砂、ほこり)。
  5. 鼻咽頭粘膜に対する熱的影響、彼女を燃やす。
  6. あざ、外側からの機械的効果喉頭および咽頭の急激な狭窄に関連している。窒息効果。
  7. 粘膜の化学病変含む煙の吸入と生態学的な問題
  8. 粘膜の乾燥時 乾燥した空気の長期吸入 そして脱水。

一時的なarse声 思春期の12〜14歳の青年に起こることがあります ホルモンの急増が可能なとき。

一般に、機能的なarse声 深刻な結果をはらんでいないそして、原則として、特別な扱いは必要ありません。

挑発的な原因を排除するときにそれはすぐに自分自身を渡します。

病原性arse声メカニズム

arse声 子供の体に深刻で危険なプロセスが発生していることを示すシグナル.

それは多くの病状の症状です。

ほとんどの場合 この症状 感染性の炎症反応によって引き起こされる.

事実は、声道具のひだが腸の軟骨要素の間に位置しているということです。

あらゆる炎症過程、浮腫 たぶん それらを絞らせる そして関連する音声障害。

以下の主な病原性の原因が強調されています。 arse声:

  1. ウイルス病変 - あらゆる種類の急性呼吸器ウイルス感染症、インフルエンザ、パラインフルエンザ、その他の風邪。
  2. 喉頭炎、喉頭気管炎、炎症反応と喉頭浮腫を引き起こします。
  3. 咽頭炎、気管炎、気管支炎、扁桃炎、扁桃炎およびウイルス性および細菌性の他の炎症性病状。
  4. 真菌感染症です。
  5. 腺様炎特徴的な鼻咽頭成長。
  6. ボーカル装置の要素に関する教育 - ポリープ、嚢胞、子宮筋腫.
  7. 本当の ガチュラルクループまたはジフテリア.
  8. アレルギー性の炎症と腫れ.

arse声の理由の1つ 小さな子供がいる かもしれない 先天異常.

可能です 喉頭の異常構造の形成 - 喉頭軟化症.

arse声の症状

子供の体の病理学的過程の発達により、子供たちはすぐに彼らの健康状態の重大な悪化を感じることはありません。

すなわち、初期段階では、arse声がこの疾患の最初の顕著な症状となる。

最初の兆候は声の音色の変化です。。それは知覚できるほどのarse声で、音が粗くそして低くなります。

それからわずかな咳とのどの痛みがあります。.

  • のどのくすぐりと刺激が増す
  • 声門を閉じると声が完全に消えるまで、声の弱まりと沈黙
  • 刺激のある、非生産的な(乾いた)咳の外観、
  • 呼吸困難、息切れ、呼吸時の口笛の出現、
  • 嚥下困難
  • のどの痛み、
  • 頭痛
  • 体温の上昇(一部の疾患では - 亜熱帯温)
  • 唾液分泌の増加
  • 全般的な脱力感、嗜眠、食べることの拒絶、
  • のどの発赤、
  • 血中の白血球数の増加とESRの増加。

十分な 特徴的な症状によく追加される その他の症状

それらの中で、最も頻繁に注目される 目の周りの涙やかゆみ、さまざまな皮膚の発疹、鼻水、鼻づまり、頸部および顎下のリンパ節の大きさの増加、不眠症.

この場合、嚥下運動に伴う問題が一般的です。食べ物を飲み込むときに痛みが現れます。

粘膜の浮腫および内腔の狭窄により、呼吸困難が特に感じられる。

急性形態の病状は、症状の急速な発達によって特徴付けられる。

A 慢性的なコースでは長いarse声があります 声と長時間の不快感。

何をすべきか:arse声を何にそしてどのように扱うのか?

声のarse声の出現とそれに伴う症状 小児科医や耳科医に相談してください.

治療計画は病理学の種類、その重症度および臨床像によって異なります。.

治療 診断検査および病期分類後に医師によって処方される 正確で差別化された 診断.

それは既往歴の収集、患者の検査(鼻腔および口腔検査、のどの検査、リンパ節および胸部の触診、呼吸器騒音の聴取)、臨床検査(完全な血液および尿分析、咽頭塗抹標本の細菌接種)に基づいています。

病気を区別するために行われている インストゥルメンタルスタディ - 単純および鏡面喉頭鏡検査、ストロボスコープ、線維内視鏡検査、微小喉頭鏡検査。

一般的な取り組みと予防

医師の到着と薬物療法の開始の前に、両親は子供を助けるための主要な対策を講じるべきです。

まず第一にarse声が必要なとき 沈黙をもたらす (沈黙)。

すべき 声帯のひずみを取り除きます。

ささやき声でさえ話す必要はありません。 子供は泣いて叫んではいけませんしたがって、あなたの腕の中でそれを取り、最大限の注意を払う必要があります。

たくさん飲むことに重要な役割があります。温かい飲み物を使用するべきです。ハーブの煎じ薬の形で、蜂蜜と牛乳。

望ましい スープ、スープ、シリアル、マッシュポテトに焦点を当てる。辛いもの、揚げたもの、酸っぱいもの、塩辛いものは食べられません。

すすぐ

この医療処置は最も効果的な方法の一つと考えられています。 そのようなすすぎはお勧めです。:

  1. フラツィリナソリューション。
    抗菌作用があります。
    調合 - 水200mlあたり20mg。
    この手順は、5〜7日間、1日に3〜4回行われます。
  2. クロロフィル溶液
    抗菌力があります。治療の経過は7日までです。
    レシピは水100mlあたりアルコール溶液小さじ1です。
  3. クロルゲジン
    子供のために、このツールは1:2の比率で水で希釈されています。単回投与量 - 15〜20mlの溶液。
    すすぐときは摂取を許可しないでください。
  4. ミラミスチン
    これは広域消毒剤です。
    うがい薬には既製の医薬品を使用するのが最善です。
  5. ルゴール溶液。
    それはヨウ素含有剤であり、そして優れた消毒能力を有する。製造書 - 水200mlあたり35-40滴。 4〜5日間、1日に2〜3回すすいでください。

抗ヒスタミン薬

これらはアレルギー反応を排除することを目的とした薬です。

一番 任命されることが多いシロップの形で 小さな子供用(Zodak、Claritin、Erius) スプレー&ドロップ (Histimet、Allegodil)

去痰薬

彼らは非生産的な咳を抑制し、上気道を洗浄するために必要です。

彼らは 病理と戦うために体の内部の埋蔵量の動員のために必要です。最も効果的な 考えられている ビタミンA、B、C、E、D

そのような薬物の治療において最も頻繁に処方されている - レチノール(ビタミンA)、チアミン(B1に基づく)、リボフラビン(ビタミンB2)、コバラミン(ビタミンB12)、アスコルビン酸、すなわちビタミンC

覚えておくべき 薬物療法は医者によって規定されるようにだけ行われるべきです。

年齢制限、個々の忍容性および起こりうる副作用を考慮に入れることは非常に重要です。

民間薬

  1. 解決策 うがいをする.
    それはから準備されています スミレと医薬品カモミールの煎じ薬 (同じ割合で)。
    調製方法 - 原材料(各成分小さじ1)に沸騰水(250ml)を注ぎ込み、12〜15分熟成させる。
    この手順は1日4回まで行われます。治療の経過は6-8日です。
  2. 解決策 吸入用です。
    賢者 (大さじ1) 水でいっぱい (200ml) そして4〜6分調理する。
    処置は蒸気吸入によって行われる。
  3. アニス種子と医薬品カモミールの混合物の煎じ薬 (小さじ1)
    混合物を水(400ml)で満たし、そして6〜7分間煮沸する。
    沸騰した後、ブロスは25-35分間注入されます。
    薬は2日間3-4時間に1 st.lozhkeに服用されています。
  4. ライムの花とお茶。
    製造書 - 0.5リットルの沸騰したお湯をドライライムの花(大さじ2杯)と蜂蜜(50 ml)で醸造する。
    あなたはこのお茶を大量に飲む必要があります。コースは4〜6日です。

民間療法を使うとき これらは基本的な治療法を補完する優れたものであるが消毒薬に代わるものではないことを覚えておくことは重要です。

感染の抑制のために薬を必要とします。

コマロフスキー博士のアドバイス

  • 必要です アルカリ飲料をたくさん用意する 吸収性ロゼンジの形態の局所消毒剤の使用。
  • 「全沈黙モード」 維持されるべきです 2日,
  • いっぱい ストレスの多い状況の排除そして、ゲームは落ち着くことしかできない
  • 屋内で必要です 最適な湿気とウェットクリーニングを提供,
  • 酸素を「燃やす」可能性のあるヒーターについては忘れてください、
  • 室内温度 - 19〜21度.

医師は積極的に民間療法を使用することをお勧めします。 特に参考になった mなどの化合物ソーダと蜂蜜と牛乳で。

便利なビデオ

このビデオから、あなたは子供と大人のarse声をどのようにそしてどのように扱うかを学びます。

子供からのハスキーな声にはさらなる注意が必要. ほとんどの場合感染性の炎症プロセスの存在を示します。

この現象 医師と合意した適切な措置の採択が必要。治療の欠如は深刻な合併症や結果を引き起こす可能性があります。

一般的な情報

なぜOsypが赤ちゃんから声を出すのかを知るためには、子供の気道の構造を理解することが必要です。小児では、成人とは異なり、喉頭の粘膜に多数の血管が浸透しています。だからこそ、彼らは炎症過程に敏感です。

さまざまな病因(ウイルス、真菌、細菌)の気道感染症、アレルギー反応または偶発的な機械的損傷の過程で汚染されると、体内の繊維のレベルが急激に上昇し、気道内腔の狭窄に寄与します。この時点で、ふくれが発生し、声帯のサイズが著しく増加し、それが声の変化につながります。

空気の欠乏、,声、発熱、およびその他の不快な症状は、小さな患者にはただちに医師の診察を受けるべきであることを示しています。声の問題は最大の危険ではありません、パン粉の生命の脅威は窒息の攻撃によって表されます、その出現は許されるべきではありません。

病理学の原因

子供では、すべてのプロセスは大人よりはるかに速く進みます。問題の原因を特定し、治療を開始することがarse声の出現直後に重要です。 医療の欠如は深刻な合併症を引き起こす可能性があります。

医師は、幼児や年長の子供たちの町のarse声を引き起こす可能性があるいくつかの要因を特定しています(すべての子供たちの症状と原因はほぼ同じです)。

  • 喉頭炎。 赤ちゃんの声に関する問題の最も一般的な原因。この疾患は喉頭の炎症過程であり、細菌性またはウイルス性感染症によって引き起こされます。この病気は、のどの痛み、体温の上昇、しばしば誤ったクループ(通常の呼吸ができない)を引き起こします。合併症は子供の生活にとって危険です、時間内に医者に診察することは非常に重要です、
  • 感染症(ARVI、急性呼吸器感染症、気管炎)。 病気はすべて同じ真菌やウイルスを引き起こし、炎症過程は喉頭の内腔を狭くし、それが声の音色を変えます。治療は、病原体の種類、状況の無視によって異なります、
  • アレルギー反応 病理学は引き裂かれた増加、鼻水、粘液喉頭の腫れによって明らかにされます。この場合のarse声は、窒息の攻撃の始まりを知らせる憂慮すべき兆候です。赤ちゃんの状態は危険です、すぐに医者を呼んでください、
  • 喉頭に異物がある。 小さな子供たちは味蕾の助けを借りて私たちの周りの世界を探索するのが大好きです。おもちゃのごく一部は子供に飲み込まれることがよくあります。この場合、パン粉は、肌の色が変化したり、咳がしたり、意識が喪失したりします(酸素欠乏による)。
  • 声帯の過度の緊張。 歌ったり、大声で泣いたり、泣いたりすると、喉頭の粘膜の血管や毛細血管が損傷する可能性があり、これも気道の腫れを引き起こします。赤ちゃんの声が変わったとき、病状は数日で過ぎます、
  • 首に外傷。 喉頭領域への戦いや偶発的な打撃は、赤ちゃんの声のarse声を含む、不快な結果を招く可能性があります。このような問題で、あなたは医者に相談するべきです、入院を拒否しないでください、
  • 特定の薬を服用する (アレルギーおよび喘息の治療)薬は喉頭の粘膜の乾燥を引き起こします、粘液の欠如は声の調子の変化をもたらします、乾いた咳、
  • 拡大したアデノイド それらは赤ちゃんのarse声の一般的な原因です。問題は扁桃腺を除去することによって解決され、すべての医療措置は主治医の許可を得てのみ行われます。

特徴的な症状

赤ちゃんのarse声は、ほとんどの場合、病気の唯一の兆候ではありません。 ほとんどの場合、次のような臨床像があります。

  • 激しい咳(吠えるか乾いた)
  • 体温上昇
  • 息切れ
  • 呼吸はとても難しい
  • 発汗増加
  • 全般的な嗜眠、睡眠障害、食欲不振

時宜を得た治療を行っても、病状が2週間以上持続する場合は、 直ちに医師に相談してください。 このような事態は誤診、不適切な投薬の合図になるかもしれません。

ただ話すことを学んでいる非常に小さな子供では、arse声に気付くことは困難です。両親は他の特徴的な症状(会話中の痛みを伴う感覚による嗜眠、異常な沈黙)に注意を払うべきです。いずれにせよ、最良の選択肢は、病理学の原因を特定するために小児科医を訪問することです。

疝痛を持つ幼児のためのプランテックスの使い方を調べる。

子供のためにドルフィンで鼻を洗うことのニュアンスは、このページにあります。

救急車を呼ぶとき

この状態の幼児のために一定の世話をする必要があります。 状況によっては直ちに医師の診察が必要です。

  • 子供の顔の青または赤みがかった肌
  • 息切れ、空気不足、窒息、
  • 過剰な唾液分泌
  • 息切れ
  • 咳や低い吠え声、
  • 赤ちゃんの全体的な状態の悪化:高体温、悪寒、めまい、意識喪失、悪心または嘔吐をノックダウンしないでください。

ほとんどの場合、負の合併症を予防するために対症療法を処方します。それから初めてそれは、そのような哀れな赤ん坊の状態、その排除の出現の理由を明らかにします。

効果的な治療

arse声をどのように扱うか?正しい診断を確立したら、小児科医は必要な治療方針を処方します。すべての病気は特定の薬を服用する必要があります。例えば、喉頭炎は、安静、頻繁な湿式洗浄、および強化された飲酒療法で治療されます。

arse声を引き起こしたどんな病気についても、特別な食事療法に従ってください: 刺激のある食品(ホット、コールド、スパイシーな食品)は避けてください。パン粉のダイエットには、新鮮な果物や野菜がたくさん含まれています(ビタミン、ミネラルが豊富で、迅速な回復に寄与します)。高温以外は、新鮮な空気の中を歩き回らないでください。それ以外の場合は、赤ちゃんを少なくとも15分間連れて行って外に出ます。

薬物療法

赤ちゃんのハスキーな声の治療における主な役割は、特別な薬によって演じられています。個々の病気はそれぞれ特定の薬を必要とし、医者は特定の薬を処方します。

赤ちゃんのho声のおおよその扱い:

  • 喉頭炎、重度の喉頭浮腫では、抗ヒスタミン薬が必須です。それらは、腫れを取り除き、粘膜を落ち着かせます。最も一般的な薬は次のとおりです。セトリン、クラリチン、ゾダックなど
  • 抗アレルギー薬に加えて、抗炎症薬と粘液溶解薬が必要です。乾いた咳はSynecode、Herbionで治療されます。湿った咳では、去痰薬が使用されます:Lasolvan、ACC、Ambrobene、
  • 赤ちゃんの健康状態を改善する上で重要な役割を果たしているのは、特別なトローチ剤、キャンディー、およびエアロゾルです。 5歳未満の子供たちにとって、彼らは禁忌ですが、彼らは年配の小さい患者の炎症プロセスの優れた仕事をします。優れていることが証明されています:Hexoral、Lugol、Miramistin、Strepsils、Faringosept、
  • 彼らは懸濁液、直腸坐剤の形で製造されている子供たちのために、高温は特別な解熱剤によって下げられます。よく使用されるパラセタモール、Tsefekon、時には非ステロイド薬の助けを必要とします、例えば、Ibufen、
  • いくつかの病気は抗生物質治療を必要とします。それぞれの特定の病気は医者によって独占的に処方される特別な種類の薬で扱われます。

薬物療法と治療用吸入を組み合わせることが推奨されています。 そのような目的には、ネブライザーを使用してください。次の解決策が注がれています。

  • 薬:ラソルバン、ロトカン、シヌプレット、
  • ソーダと数滴のヨウ素をベースにした水溶液
  • 天然ハーブティー(カモミール、カレンデュラ、セージ)
  • ミネラルウォーター(ボルジョミ、エセントゥキ)、
  • Pulmicortは幼児用です、その受信は6ヶ月から許可されています。

民間療法とレシピ

医者は天然薬と薬を組み合わせることを勧めます。総合的な治療法により治癒過程がスピードアップし、赤ちゃんの状態が大幅に改善されます。

子供に早く正しく読むように教えるには?効果的な演習を学ぶ。

新生児はなぜ睡眠中にうめき声を上げていて心配する価値があるのでしょうか。答えはこの記事にあります。

http://razvitie-malysha.com/zdorovie/bolezni/drugie/konyunktivit.htmlページで子供の結膜炎の症状と治療について読んでください。

伝統医学の効果的なレシピ:

  • 最も簡単なレシピを使用してください:グリーン、ラズベリーアワーとレモンの一切れ。カモミール、セントジョンズワート(150mlを1日3回パン粉にしましょう):
  • タスクビートジュースに対応します。毎回新鮮な製品を使用してください。 5〜6日間、1日3回首をすすいでください。
  • 温暖化した湿布を忘れないでください。便利な操作をするには、じゃがいもを細かくこすり、水浴中で加熱し、赤ちゃんに喉の上、胸、胸の部分にレメディーを入れないでください。
  • 小さじ1杯の液体ハチミツと一緒に子供に40mlのにんじんジュースを与える、
  • 治療中、就寝前に、パン粉に数枚のセージの葉を入れたミルクを一杯にします。治療の経過は7日以内です。
  • ソーダや海の塩の弱い解決策とうがいをします。朝と夕方に治療処置を行います。

同時にいくつかの一般的な方法を使用することを可能にし、パン粉のための所望のレシピを拾う、 投与量を超えないでください、慎重に指示に従ってください。

予防ガイドライン

赤ちゃんのarse声を防ぐことができます、このためには、これらの規則に従ってください:

  • カタル病を常に最後まで治療する
  • 子供の体を温める、新鮮な空気の中で赤ちゃんと一緒に歩くことが多い
  • 赤ちゃんをさまざまなアレルゲンから保護するようにしてください。
  • あなたが不快な症状を経験したら、すぐに医者に連絡しなさい、時機を得た治療は病気の成功した結果への鍵である。

子供のarse声を治療する方法のビデオ:

赤ちゃんはなぜarsearseなのか

声帯の過剰な運動に加えて、arse声は恐怖または強い感情のために現れるかもしれません。赤ちゃんの生命を脅かす危険な状況があります - 異物の飲み込みや喉頭の損傷。そのような場合、窒息の背景に対してarse声が観察される。両親の反応は即時でなければなりません - 子供は応急処置を必要とします。

arse声の最も一般的な原因は、さまざまな原因の呼吸器疾患です。既知の病気のリストは次のとおりです。

  1. 呼吸器疾患それらは炎症および喉頭の腫脹を引き起こし、それによりarse声がある。
  2. 気管支炎または肺炎。
  3. 気管支喘息通常、攻撃はness声を伴います。
  4. 喉頭炎この病気のいくつかのタイプが診断されます - 軽度のカタルから狭窄まで、偽クループと呼ばれます。
  5. アデノイドの炎症
  6. arse声ははしかやジフテリアの兆候である可能性があります。

いずれにせよ、声のarse声は最初からは発生しません。思いやりのある両親は状況を無視することはありませんが、ness声の原因を理解しようとします。

関連する症状

声のarse声に加えて、ウイルスや細菌感染症の呼吸器系の敗北で、他の兆候があります。例えば、咳やarse声の出現は気管支の炎症過程の典型です。喉頭の急性疾患には、次のような憂慮すべき症状が伴うことがあります。

  • 子供は乾いた吠える咳をします、
  • 彼は激しくそして笛を吹いて呼吸する
  • 彼は多くのしだれがあります
  • 彼が飲み込むのは難しいです。

そのような状態は、直ちに医療を受ける理由となるはずです。耳鼻咽喉科医 - 小児科医またはより狭い専門家の相談が必要です。

arse声が病状の進行の唯一の兆候であることが起こりますが、他の症状はありません。これは病気の発症時に起こります。例えば、発熱のないarse声は、アデノイドの炎症を伴う。または潜行性肺炎は咳をせずに通過することができます。それから診断することは困難であり、そしてそれは子供の生活にとって危険である。赤ちゃんが轟き始めたら、医者を訪ねる必要があります。タイムリーな行動は合併症を避けるのに役立ちます。

薬物治療

重症例では、子供は入院しています。これが必要でないならば、医者は自宅で療法を処方します。患者は安静、安らぎ、安静を見せられる。声帯の負荷を減らすために、彼はより少なく話す必要があります。

小児科医は子供をどのように治療するか、必要な薬を処方する方法をあなたに話します。 arse声が使用されるとき:

  • 抗ヒスタミン薬:セトリン、クラリチン、ジルテック、クロラタジン、
  • 喉頭の灌漑用抗生物質スプレー:Bioparox、Ingalipt、
  • 去痰薬および鎮咳薬:気管支さん、シネコッド、アンブロキソール、ハービオン、
  • うがいのためのソリューション:Lyugol、Furatsilin、
  • ロゼンジ:Faringosept、Efizol、Lizak、Strepsils。

理学療法手順は肯定的な結果をもたらす:電気泳動、UHF、チューブ - 石英および低周波電流への暴露。この治療は、炎症を軽減し、喉頭浮腫を軽減し、子供の健康を回復させ、arse声を軽減することを目的としています。

伝統医学のレシピ

主な治療法に追加として、他の方法を恐れずに適用することができます。赤ちゃんの声がひどい場合は、以下の治療法が役立ちます。

  1. 2滴のヨウ素と小さじ1/3のソーダを加えた牛乳。牛乳は暖かい状態に冷却されます。子供は小さな一口でそれを飲むべきです。
  2. ワイルドローズの注入、その果実は魔法瓶で蒸した。患者は1時間半ごとに1杯の癒しの飲み物を飲むべきです。
  3. アルコールを温水で1:3の割合で希釈したもの。それは5歳からの子供たちにすることができます。
  4. たっぷりの飲み物 - 天然のジュースやコンポート(子供がアレルギーではない場合)、薄茶、お湯。
  5. カモミール、キンセンカ、ユーカリまたはセージハーブ煎じ薬でうがいをします。
  6. ホットフットバス

Komarovsky博士は吸入を勧めています。ユーカリ、ティーツリー、セージ、ミントのエッセンシャルオイルを水に加えます。あなたはラズベリーの葉やカモミールの花の煎じ薬を使用することができます。毛布で覆われて、子供は水で容器の上に曲がり、熱い蒸気を吸うべきです。ただし、この方法は小さな子供には適していません。最長6 - 7年で、ネブライザー - 液体を微粒子からなるエアロゾルに変える装置 - を使うことがより良いです。

吸入用ネブライザーの使い方

ネブライザー用の治療流体として、ガスを含まない適切なミネラルウォーター、食塩水、または塩を添加した水。咳をするときは、粘液溶解薬を使用します(ACC Injection、Flumicil)。薬物を食塩水で1:1の比率で希釈する。 6歳未満の子供は1-2mlの解決策を必要とします。吸入は1日に1〜2回行います。

ネブライザーにエッセンシャルオイルを使用することは固く禁じられています。植物性微粒子の濃縮混合物は、重度のアレルギーを引き起こしたり、治療が困難な病気である油性肺炎の発症につながることがあります。

窒息攻撃は気管支拡張剤を軽減します - ベロテック、アトロベント、ベロデュアル。推奨用量の薬を3mlの生理食塩水で希釈する。 arse声で吸入する場合は、プロポリス、デキサメタゾン、扁桃腺を使用できます。ネブライザーの使用は効果的なツールです。両親は彼によく反応します、その子供たちはしばしば耳鼻咽喉科の器官の病気に苦しみます。

声でしてはいけないこと

子供がarsearseしているときに何をするべきかを知ることは十分ではありません。治療が成功するためには、いくつかの間違いを避ける必要があります。喉の痛みができない場合:

  • 喉頭を刺激するので、酸っぱい辛い揚げ物を食べる、
  • 彼らは炎症を起こした粘膜を傷つけるので、ホットまたはコールドドリンクを飲む。

小児におけるハスキーな声は、偽の群れ(喉頭内腔の急性狭窄または喉頭の狭窄)のような危険な合併症の前兆となり得る。狭窄が厳しく禁止されている場合:

  • 熱い蒸気吸入をする、
  • ハーブの準備をする
  • 去痰薬を服用する
  • 暖かい乾燥室にいる。

これらの要因はアレルギー反応を引き起こし、窒息の攻撃を増やし、病気の赤ちゃんの状態を悪化させることがあります。去痰薬は痰の排出を改善しますが、窒息している子供は咳をすることはできません。

予防策

子供のho声の予防は、免疫システムの強化につながります(例えば、Miracle Mix for Immunity - 蜂蜜、レモン、生姜)。子供は穏やかにされる必要があります、頻繁に新鮮な空気の中でアクティブなゲームで彼と遊ぶ、定期的に部屋の換気。子供の食事療法はバランスが取れているべきです。ビタミンの摂取は、新鮮な果物や野菜、そしてそれらの欠乏 - マルチビタミン製剤を提供します。

流行の高さでは、オキソリン軟膏で鼻腔を滑らかにし、消毒液で喉をすすぐのが便利です。そうすれば、子供は病気やho hoになる可能性が低くなります。ママとパパの愛情のこもったケアは、赤ちゃんの現在と将来の健康への鍵です!

なぜarse声ができるのか

子供では、arse声はそのような理由の身体への影響の下でそれ自身を明示するかもしれません:

  1. 泣いたり泣いたりすることによる声帯の強い緊張。毛細血管はストレスの間に血液で飽和しているので、靭帯は座ります。あなたはそれを特別な処置なしで回復することができます。
  2. 過敏症、arse声に加えて他の徴候を伴う。 arse声と同時に、呼吸困難が発生します。
  3. 細菌やウイルスによる喉頭の損傷。この場合、靭帯は呼吸器系の浮腫の影響下で閉鎖される。病原性微生物は、喉頭の炎症を引き起こし、粘膜の構造を変えて声門を作ります。この場合、ハスキーな声は常に鼻炎、咳、のどの痛みによって補完されます。風邪をひいて病気を始めると、慢性喉頭炎を発症し、生命に問題を引き起こす可能性があります。
  4. 青年期における男の子の体のホルモン変化彼らの靭帯は突然変異のためホバリングしている。
  5. 脱水乾いた粘液喉頭、不快感、くすぐり。
  6. 化学的喉のやけど、中毒。 OSPの声であることに加えて、この状態は窒息を引き起こし、悲惨な結果につながります。
  7. 声帯の外傷異物。

多くの場合、赤ちゃんの靭帯は危険な病気を示しています。喉頭狭窄が起こると、この状態は偽集団の前兆であるため、医師の強制訪問が必要です。

小児の喉頭の構造の特殊性のために、障害の発生に伴い、医学的介入がほとんど常に必要とされる。

そのような状態の危険性は何ですか?

子供が喘鳴するとき - それは両親にとって危険な兆候です。 すぐに医者に診てもらうことをお勧めします。症状はしばしば気道感染症を伴い、それが喉頭炎を引き起こします。
ho声がなぜそれほど危険なのか - 子供の喉頭の粘膜には非常に早く炎症を起こす血管がたくさんあります。病原性微生物の侵入が声門の内腔を狭くすると、浮腫が起こり、声が轟きます。声帯のサイズが大きくなります。
肌の色合いがヒントの背景で変わると、赤ちゃんは不自然に振る舞います。そして、おそらく、彼は緊急の助けを必要としています。不快感は浮腫が原因で起こり、正常に話すことができません。この状態は、窒息と死を急激に引き起こす可能性があります。

arse声を伴うことが多い症状は何ですか

靭帯がarse状である場合、それはしばしば以下の症状を伴います:

  • せき
  • 無気力
  • 激しい呼吸
  • 鼻炎、
  • 不眠症
  • 乾燥咽頭粘膜、
  • くすぐり、
  • 温度上昇
  • 過度の発汗

記載されているすべての兆候が発生するとは限りません。 彼らの開発は医者が意図された診断を決定しそして検査を行うのを助けます。
arsearse児の場合は重要なケアのポイント - 病理学的状態のタイムリーな診断。急性喉頭炎では、突然の窒息の危険性があり、arse声と音色の変化が発作の前兆となります。急性喉頭炎 - 3歳未満の子供の頻繁な病理.
両親がarse声に気付いた場合は、体温が上がったらすぐに医者に行くべきです - 医者を呼んでください。子供はarse声の背景で普通に話すのをやめ、喉が痛いと訴えます。粘膜の腫れは窒息攻撃を引き起こす可能性があります。

子育て

出生から5 - 6歳までの子供たちは、地域の発達が最も両親を邪魔するはずです。この年齢の喉頭はまだ不完全に形成されており、気道のけいれんの危険性が残っています。注意深い両親は、息切れ、arse声、咳などの不規則性に気付くべきです。
通常ho声は喉頭炎の症状であり、それはそのような症状を伴う:

  • 最初に一般的な健康状態の悪化があります、
  • 喉頭炎はほとんどの場合ARVIの結果になります、
  • 明らかに目に見える腫れ、喉頭粘膜の発赤、
  • 呼吸が悪化すると、息切れが起こります。
  • 嚥下時の痛みの訴え
  • 咳は乾くことが多く、頻繁に発作を起こし、夜には激しくなります。

医師は、子供の声が消えた場合の対処方法について推奨事項を示します。

  1. 赤ちゃんを落ち着かせ、快適な音声モードを提供します - できれば無音にします。
  2. 熱くて刺激のある食べ物を与えないでください。
  3. 豊富な飲酒モードを提供します。それは純粋なお湯、煎じ薬であるべきです。
  4. 十分な湿度を確保するために部屋を換気してください。
  5. 咳を悪化させるものをすべて取り除き、窒息の攻撃を引き起こすようにしてください。これはアレルゲンに適用されます - 動物の髪の毛、羽毛の枕、柔らかいおもちゃなど
  6. 温度が高すぎない場合は、ミネラルウォーターまたはカモミール煎じ薬を使用した吸入の組織化が許可されます。子供がOSPを患っている場合の対処法について尋ねられたとき、Komarovskyはミネラルウォーターでの吸入も推奨しますが、乳児用ではありません。 Komarovskyは、彼らの呼吸器がまだその処置のために十分に発達していないことを強調しています。
  7. 医師の忠告に従って、症状を適時に修正することで、健康状態をかなり迅速に正常化することができます。わずか2〜3日で十分です。

自己投薬、試験されていない処方の使用は、この疾患の合併症およびその慢性的な形態への変化の危険性を増大させる。

赤ちゃんのひどい息切れ、息をしているときの口笛、靭帯があれば、誤ったクループを除いて、安全であるために医師を呼ぶ必要があります。
医者が来るまで、赤ちゃんの足は体の上部から血が流れ出るように温めておくべきです。 До приезда специалиста через каждые 20 минут давать пить теплую жидкость из ложечки.

Правила терапии

Обычно сипение у детей можно эффективно лечить медикаментозными препаратами, рецептами народной медицины, которые одобряет врач. 年配の子供たちのためにシロップ、スプレー、で薬を選ぶのがより良いです丸薬は吸収に適しています。そのような薬は病原性微生物を破壊するのを助けます。喉頭炎の治療を含む感染症の病理学のためにそれらを必ず使用してください。子供がOSPの声を持っている場合、治療するよりも最も効果的で人気のある治療法は以下のとおりです。

  • Clarisens、Fenistilが値下がりしました。
  • ジルテック - 6ヶ月後に適用、
  • Zodakシロップ - 1年後に、そして6年後にのみ錠剤で指定された、
  • Tsetrinシロップ - 1歳から、6歳からの錠剤、
  • クラリチン - 2歳から
  • ミラミスチン - あらゆる年齢層の喉の治療に
  • Parlazin - 6歳から

肯定的な結果は複雑な療法を達成するのを助けます。多くの子供は抗ウイルス薬を処方されています。医師によって設定された期間と投与量。

入院の理由がない場合は抗生物質による治療に注意を払う必要があり、未熟な生物に害を及ぼす可能性があります。

また、靭帯がarsearseになったときに状態を回復するためには、完全な休息が必要であり、叫び声、歌唱、そしていかなる種類のストレスも禁止されています。
原因に応じて、医師は具体的な治療法の推奨をすることがあります。

  1. アレルギーに対しては、抗ヒスタミン薬、例えばゾダックまたはスプラスチンが使用される。
  2. 喉頭に入る異物は緊急の緊急通報です。
  3. 首のけが - 緊急の医療処置が必要です。
  4. 喉頭炎は、抗ヒスタミン薬、鎮咳薬、去痰薬、抗炎症薬による複雑な治療法です。必ずベッドレストに従ってください。

伝統医学を治療する方法

声が消えると、状態は風邪で補完されますが、温度は上昇しません、あなたはすぐに薬で子供たちを癒そうとしないでください。子供が声のosypを持っている場合に何をすべきかという問題に答える他の方法があります。多くの場合、体制の正常化と無害な人々のレシピは迅速に状態を回復するのに役立ちます。

  1. ボルジョミミネラルウォーターでミルク。
    この組成物は1日2回飲まなければなりません。投与量は次のとおりです:沸騰した牛乳、水、各50ミリリットルも蜂蜜の不完全な小さじ1杯を追加します。 35 - 38度を飲む前の飲み物の最適温度は、あなたが小さな一口で飲む必要があります。薬は刺激を受けた咽頭粘膜を軽減し、痛み、ho声を抑え、靭帯の炎症を軽減します。
  2. ビタミンとコンポートとティー、弱い緑茶。
    のどの病変には、ラズベリー入りの紅茶、ガマズミ属の木、スグリ、シーバックソーン、ワイルドローズヒップが使用されます。調理されたフルーツドリンク、庭のコンポート、そして野生の果実はとても便利です。冬には、ドライフルーツを醸造することをお勧めします - 赤ちゃんが完全に健康なときでも、このような飲み物を週に少なくとも3回与えるように。
  3. エッグノッグ。
    これは、子供を含め、arsearseを伴う場合に役立つ、実績のある人気のレシピです。調理には、卵黄2本とグラニュー糖小さじ1杯が必要です。なめらかになるまでよく混ぜ、スプーン一杯の柔らかくしたバターを加える。材料をもう一度よく混ぜます。小さい一口でゆっくり飲んでください。
  1. 暖かい圧縮。
    小さな体はアレルギーに反応する可能性があるので、子供たちにとっては、温暖化のための湿布は禁忌です。この状況では乾熱が最適です。これを行うには、赤ちゃんの喉にコットンウールをかけ、包帯で固定し、スカーフを着用し、包帯を固定するためのセーターを着用する必要があります。

arse声は病気ではなく症状です。小さな子供たちが大声で叫ぶとき、彼らの声はしばしば喘ぎます。このため、両親は慎重に赤ちゃんの状態を監視する必要があります。通常の温度レベルを維持しながら、食欲がよく、そして喉の炎症の徴候がない場合は、90%の症例でarse声が過度の緊張に関連しています。それは声の安らぎを条件として開催されます。しかし、声は長い間消えます。状態が他の病理学的症状を伴うとき、これは医者を訪問し、問題を識別し、そして必要な治療を提供する理由です。
"alt =" ">

Osypの子供の声 - どうしますか?

風邪、子供の呼吸器疾患では、arse声がしばしば発生するので、子供のarse声をどのようにそしてどのように治療するかという問題は、多くの親に関連しています。薬や民間療法はあなたが不快な症状を取り除くのに役立ちます、博士Komarovskyからのアドバイス。

カタル性疾患では、子供の声はしばしば消えます。

子供のarse声の原因

arse声はしばしば靭帯の長い緊張の背景に対して子供に現れます、それは長い泣き声または泣き声の後の幼児に起こります。風邪の兆候がない場合は、新生児の気まぐれさの増加の原因を見つけて排除する必要があります、数日で不快な症状は自分自身で消えます。

Osipの声 - 主な理由:

  • 喉頭および中咽頭の感染過程 - のどの痛み、気管炎、喉頭炎、
  • 喉頭に乳頭腫および他の腫瘍が存在する。
  • 首のけが
  • 固形食品への粘膜損傷
  • 脱水症
  • 声が病気の後に消えているなら、これは細菌感染の加入を示しているかもしれません、
  • 思春期の声の年齢に関連した変化 - 13 - 14歳で、男の子は体のホルモンの変化を受け始めます。そして、それは靭帯にも広がります。

狭心症はarse声を引き起こすことがあります。

風邪や感染性の病状では、arse声に加えて、鼻水、乾いた咳、くすぐり、扁桃腺や喉が赤くなり、発熱や発汗、頸部リンパ節の増加、疲労、食欲不振が起こります。このような病状の治療は家庭で行うことができ、治療は不快な症状を排除し免疫を回復させることを目的としています。

ハスキーな声 - 危険な要素

Ingodaarse声は発熱なしで走ります、咳はありません、しかしそのような状況は子供の生活に危険です、あなたは直ちに救急車を呼んでください。

arse声の危険な原因:

  • Quinckeの浮腫は危険な種類のアレルギー反応であり、浮腫組織が喉頭を圧迫し、子供が正常に呼吸するのを妨げます。病理学には、大量の涙、発疹、かゆみ、鼻づまり、
  • 喉頭狭窄 - 異物、アレルギー、aller紅熱、火傷を伴う食道外傷の背景に発症し、呼吸が初期段階で困難になり、徐々に非常に騒々しくなり、息切れが現れ、顔と首の腫れ、窒息、
  • 気道内の異物 - この問題は、小さな物を口に入れた小さな子供によく起こります。子供はすぐに詰まり始め、肌が青みを帯び、発作性の咳が出ます。
  • クループ - ジフテリア、はしか、ある種の咽頭炎の結果、ほとんどの場合2〜5歳の子供に発生します。

喉頭の狭窄がarse声と呼吸困難を示す場合

気道に異物があると思われる場合は、赤ちゃんを裏返してしばらくしてから、子供を大人の左大腿に置き、足を押して背中を軽く叩いてください。年上の子供は両手の後ろで握り締められることができます、そして、もう片方の手のひらで覆われた上腹部の上に置かれた拳は、下から上への迅速な押し付け運動をします。

子供のarse声を治療する方法

適切な治療はすぐにarse声を治し、声を回復させるのに役立ちます。このためには複合体で薬と代替医療を使用する必要があります。

迅速な回復のための追加の条件は完全な平和、頻繁なウェットクリーニング、温かい食事と冷たい食事と飲み物は食事から除外されるべきです、より温かいミルクは食事から取り除かれるべきです、ガスなしのミネラルウォーター、フルーツドリンクとコンポート。

錠剤、スプレー、溶液の形で様々な薬を使用してarse声の治療に。薬の選択は病理学の発展を引き起こしたものによります。

落ち着いた声 - 子供をどのように治療するか:

  • 洗浄のための消毒液 - クロロフィル、ミラミスチン、フラシリン、
  • のどのスプレーは鎮痛剤、抗炎症剤、皮膚軟化剤の効果があります - Ingalipt、Tantum Verde、Kameton、
  • ロゼンジおよび抗菌作用を有するロゼンジ - リゾバクト、ファリンゴセプト、ストレプシル、
  • 喉の潤滑のための準備 - ルゴール、
  • 咳止め薬 - ACC、ハービオン、
  • ふくれを抑える抗ヒスタミン薬 - フェニスチル、スプラスチン、
  • Pulmicort付き吸入ネブライザー、Ambroxol、
  • ビタミン複合体 - アルファベット、スプラディン。

クロロフィルプ - うがい用ソリューション

さらに、対症療法は抗ウイルス薬、抗菌薬で行われます、そして、熱が38度以上に上がったら、解熱剤を飲むべきです - パナドル、イブプロフェン。

喉の熱的、機械的、化学的病変の治療は、定常状態でのみ行われます。

伝統的な治療法

代替医療の手段は浮腫、炎症プロセスに対処するのに役立ちます、彼らは免疫システムを強化し、迅速な回復を促進します。

arse声を削除する方法 - 簡単なレシピ:

  1. 230mlの温かい牛乳に10gのバターと5mlの蜂蜜を加える - この飲み物は刺激を取り除き、粘膜を柔らかくする。
  2. あなたは240ミリリットルの水と15ミリリットルの蜂蜜の溶液でうがいをすることができます、一日2-3回手順を実行してください。
  3. Eggnogは喉のさまざまな病気によく役立つ美味しくて健康的な薬です。 2つの卵黄を破り、450 mlの牛乳、50 mlの蜂蜜、そして30 mlの新鮮なオレンジジュースを加える。混合物をスチームバスで少し温め、砂糖でホイップした砂糖を2つ追加します。
  4. 黒大根を洗い、上を切り落とし、小さな穴をあけ、蜂蜜で満たし、5〜6時間放置する。子供2小さじを与えます。一日に3-5回ジュース。薬は乾いた咳に対処するのを助けます。
  5. すすぎのために、あなたはカモミール、カレンデュラ、ユーカリの葉、セージの花序の注入を使用することができます - 粉砕された原材料20 gは350 mlの沸騰したお湯を醸造し、20-30分の間密封された容器に入れ、排水します。手順は、飲んで食べることができないすすぎの後30分間、食事の1時間後に実施する必要があります。
  6. モミ、メントール、ユーカリ、ティーツリーのエッセンシャルオイルは蒸気吸入に適しています。子供の年齢にもよりますが、蒸気の吸湿は5〜10分かかります。

子供の治療のために、それはアカシア蜂蜜を使用する方が良いです、それは低アレルギー性と見なされます。

蜂蜜と黒大根は声のarse声を取り除くのに役立ちます

声を復元するために何をするか - アドバイスKomarovsky

小児にarse声があるときは、Dr. Komarovskyは、豊富な温かいアルカリ飲酒、休息、および局所消毒薬の使用による治療を開始することをお勧めします。あなたはすぐに抗ウイルス薬や抗生物質を接続するべきではありません;診察と診断の後の医者だけがそのような強い薬を処方するべきです。

しかし子供が、,声に加えて、呼吸困難、荒い吠える咳を伴う騒々しい呼吸がある場合、これらはウイルス性または偽クループの特徴的な徴候です。

この状態はしばしば急性呼吸器ウイルス感染、はしか、水痘、scar紅熱を背景に発症し、そして即時の医療処置を必要とします。医師の到着前に、赤ちゃんはより暖かく服を着る必要があります、新鮮な空気を吸う、レーズンの暖かいスープ、またはドライフルーツのコンポートを飲みます。

このような状況で最も危険なことは、室内の乾燥空気と熱、自己治療です。

予防

声のarse声を避けるために、両親は子供の免疫に特に注意を払うべきです。

arse声を防ぐ方法:

  • ジフテリアに対する予防接種を拒否しないでください - arse声はこの危険な病気の最初の兆候を表します、
  • 母乳育児は子供に強力な免疫を形成するのに役立ちます、
  • たっぷりの野菜、果物、シリアルを使って正しくバランスの取れた食事を作り、速い炭水化物で食事を制限します。
  • 子供たちはたくさん移動する必要があり、屋外でもっと時間を過ごす必要があります。
  • 焼戻しを忘れないで
  • 室内の温度と湿度を最適に保つため
  • ストレス、睡眠不足、過労は免疫システムを弱める。

子供にジフテリアの予防接種を受けさせる。

アイスクリームは、地域の免疫を予防し強化するための良い方法です;子供がこの製品を少しずつ定期的に食べると、風邪やのどの痛みが起こりにくくなります。

子供のarse声はウイルス性または細菌性感染症の徴候である可能性があり、不快な症状はしばしば部屋の中の不適切な温度条件の結果です。しかし、子供がarselyしている場合、呼吸に問題があります。そして、これは深刻で生命を脅かす病気の兆候です - 緊急の医療援助が必要です。

子供は咳と大声で話します。

親は様々な感染から彼らの子孫を保護するために最善を尽くします。これには、免疫システムを強化して健康的なライフスタイルを導き、完全にリラックスすることが必要です。しかし、あらゆる努力にもかかわらず、子供の弱い免疫力が失敗することがあります。この場合、両親は病気の発症の最初の特徴的な症状に気づくかもしれません。

子供が咳とOSPを患っている場合、それは多くの病気によって引き起こされる可能性があります。小児科医に連絡する必要があります。しかし、両親は赤ちゃんの上気道のさまざまな風邪を治療するために使用される方法を視覚的に調べることもできます。医師に相談した後、あなたは薬の選択について正しい判断を下すことができます。

子供に咳とspがある場合、これにはいくつかの理由があります。そのような状態の出現を引き起こした本当の要因を決定することは非常に重要です。この場合に限り、あなたは適切で効果的な治療を始めることができます。

このような結果につながる一般的な原因の1つは、泣くことによる靭帯の過電位です。この場合、温度は正常になります。治療は必要ありません。

ただし、この状況の理由がすべて無害であるわけではありません。喉頭炎、気管炎およびアレルギーの一般的な症状は咳とho声です。適切な治療法がない場合、これらの各病気は危険になる可能性があります。合併症は深刻な病状につながります。子供は長い間彼の声を失い、窒息に苦しむかもしれません。

小児が発熱、口臭、咳をしている場合、原因は感染症またはウイルス性疾患である可能性があります。そのような状態の非常に深刻な結果の1つは窒息である場合もあります。この場合は、救急車を呼ぶ必要があります。薬なしで、子供は窒息さえするかもしれません。

咳やarse声を引き起こす最も頻繁な感染症は、喉頭炎と気管炎を伴うARVI、インフルエンザです。この場合、温度が上昇します。これは、発生条件の感染性の最初の兆候の1つです。

喉頭の炎症はその構造の破壊につながります。体のこの部分の血管は腫れています。この場合、ギャップは重なります。赤ちゃんのbaby声、荒い声を引き起こすことがあるのは、感染症によって引き起こされる浮腫です。炎症は、ウイルス、細菌、さらには真菌によっても引き起こされる可能性があります。どの感染が症状を引き起こしたのかを見つけることによってのみ、正しい治療法を処方することができます。

子供の咳やc声は、狭窄性喉頭炎などの病気の発症によって最もよく説明されます。この場合、子供は入院しなければならないことがよくあります。

これは窒息攻撃のようなひどい状態によるものです。

夕方に子供が吠える、口笛を吹く咳をしている場合、彼の呼吸は困難であり、彼の声は喉のようであり、喉頭の内腔が狭くなっている可能性が最も高いので、緊急の対策が必要です。

炎症は完全な気道閉塞、窒息および死につながる可能性があります。ほとんどの場合、攻撃は夜間に起こります。

救急車の到着を待つためには、部屋の湿度を上げる必要があります。医師はまた、患者を新鮮な空気のある場所に移動させることを勧めます。また、子供はアルカリ飲料を与えられます。

これはボルジョミかもしれません。 1リットルの温水と小さじ1杯のソーダを混ぜることもできます。

次に、赤ちゃんに抗ヒスタミン薬、たとえば「ジルテック」、「スプラスチン」、および「痙攣薬」、たとえば「ノッパパ」、「パパベリン」を投与する必要があります。重症例では、赤ちゃんに強力な「Eufillin」を与えることをお勧めします。

喉頭の炎症は、通常、風邪や感染症に関連していることが最も多く、その合併症であることが多いため、治療は主に根本的な疾患の原因を排除するために軽減されます。

ウイルス感染の場合、医師は抗ウイルス薬や免疫賦活薬、ビタミン剤、子供の健康状態を改善し、他の症状(鼻水、咳、発熱)を軽減するように設計された手段を処方します。

いずれにせよ、喉頭の完全な安らぎを確実にすることが必要です - 患者は5〜7日間話すべきではありません。また、酸っぱい、辛い、辛いものはすべてメニューから削除されます。

医療処置から、暖かい飲み物、うがい薬、首への暖かさが示されています。その場合、喉頭炎は窒息発作を起こさずに通過します。ただし、親は用心深くなり、できるだけ早く治療を開始する必要があります。

子供の強い咳嗽とvoice声は気管炎が原因である可能性があります。それは感染症でもあります。時間が経つにつれて、それは気管支炎またはさらには肺炎に発展することがあります。

気管炎は気管の炎症と呼ばれます。この場合、咳は非常に強くなります。温度も上がります。子供は非常に弱いと感じ、中毒に苦しんでいます。

Следует принять жаропонижающие, например «Панадол», «Парацетамол».

Лечение проводится комплексно. Госпитализация нужна в крайнем случае. Однако неправильное лечение приведет к тому, что заболевание перейдет в хроническую форму. 上気道の感染は組織構造に悪影響を及ぼす可能性があります。甲状腺も影響を受ける可能性があります。

気管炎はしばしば気道の他の感染症に発展します。医者は乾いた咳を和らげるための薬を処方します、例えば、Herbion、Lazolvan。炎症の病期や原因物質に応じて、小児科医は抗生物質を処方します:“クラリスロマイシン”、“セフトリアキソン”、“​​セフォタキシム”。

抗菌薬、消毒薬、去痰薬と組み合わせて、例えば、Abacal、アセチルシステイン、Biclotim、および関連する疾患の排除のための嗜好性を処方することができる。

専門家の助言

子供が咳とOSPの声を持っているとき、多くの親は状況に非常におびえています。何をするか、経験豊富な小児科医を解決するのに役立ちます。彼が患者を入院させる必要があると考えていなかった場合、治療は自宅で行われます。

原因が細菌感染症である場合は、身体の中毒が観察され、医師は抗生物質を処方します。それらは病原体の種類に従って選択される。これらは、例えば、「Ecoclav」、「Augmentin」、「Hemomitsin」、「Ecomed」などです。

不快な症状が急性呼吸器ウイルス感染またはインフルエンザに伴う場合は、抗ウイルス薬と免疫賦活薬を処方する必要があります:「アルビドール」、「アナフェロン」、「イムドン」、「ラフェロビオン」など。

もちろん対症療法も行われます。のどの痛みの場合に不快感を和らげるために、赤ちゃんは定期的に温かい牛乳、お茶または水でスプーンから水をやります。熱い、酸っぱい、ミネラルの飲み物は除外する必要があります。彼らはのどの痛みを刺激します。救済救済薬 "Sinekod"、 "Gerbion"を持ってきてください。咳が濡れている場合は、 "Ambrobene"、 "Lasolvan"、 "ACC"などを飲めます。

炎症とどうしないのですか?

子供の乾いた咳やarse声は、ほとんどの場合炎症過程によって引き起こされます。それが喉頭炎または気管炎であるならば、あなたはあなたがそのような病気を治療する過程で決してすることができないことを知っているべきです。まず第一に、エッセンシャルオイルまたはハーブの煎じ薬による蒸気吸入は排除されるべきです。そのような物質はアレルギーを引き起こす可能性があり、それは状況を大いに悪化させます。

適切な薬を飲んだ後に体温が下がった場合は、体を温めることはできません。これは、持続的で激しい温度上昇をもたらす。赤ちゃんに熱い牛乳と蜂蜜を与えることもお勧めできません。蜂蜜はアレルゲンであるため、これは喉頭の狭小化および窒息攻撃を引き起こす可能性があります。柑橘系の果物は禁忌です。

防腐剤、抗生物質の使用

子供が咳や鈍い声をしている場合は、消毒薬で喉を治療しても望ましい結果は得られません。炎症は下に局在し、そしていくつかの薬物(特に、ユーカリに基づく)はまたアレルギー反応の発生を導き得る。

小さな子供たちは注射器ののどを灌漑することはできません。体液が気道に入ることがあります。また、自己瞑想することは絶対に不可能です。一部の親はすぐに子供に抗生物質を与えます。しかし、炎症の原因はウイルスかもしれません。この場合、子供の免疫力は抑制され、そのような薬の効果はまったくありません。

ハスキーな声と発熱のない子供の咳はアレルギーを示している可能性があります。赤ちゃんがアレルゲンを吸い込んだ場合、気管支痙攣が始まることがあります。この場合、あなたは呼吸を容易にするために緊急の対策を講じる必要があります。アレルギーも窒息を引き起こす可能性があります。

赤ちゃんへのアレルギーが疑われる場合、両親は直ちに病院に行くべきです。彼が医療施設に連れて行かれる前に、あなたはあなたの子供にCetrinやClaritinのような抗ヒスタミン薬を与えることを勧めます。これは呼吸を楽にします。強い咳は体調を悪化させるだけで、これによる腫れは増すので、咳や喉の痛みを抑える手段を与えます。

この状態の真の原因を自分で判断することは不可能です。健康診断を受けるために必要です。この治療が処方された後にのみ。失う時間がない。より適切な治療が早く開始されるほど、合併症の可能性は低くなります。

治療方法

子供のarse声を治療する方法、咳?この問題は独立して解決することはできません。医師は病気の種類に適した治療法を処方します。それがアレルギーであるならば、抗ヒスタミン薬は処方されます(「Fenistil」、「Zyrtec」、「Parlazin」など)。彼らは腫れを減らすことができます喉頭の内腔を拡張することができます民間療法と一緒に撮影されています。

病気が感染症によって引き起こされるならば、医者は丸薬、点滴薬、またはスプレーで、付随する症状を排除または軽減する薬を属性としています。

乾いた咳の発作は、「Stoptusina Phyto」、「Herbiona」の助けを借りて軽減することができます。子供が非常に小さい場合は、この薬がその年齢の子供向けであるかどうかを明確にすることが不可欠です。

この場合の錠剤は、粉末の状態に練る。

最年少の子供たちがそのような状況に対処することは最も困難です。のどの痛みは、それらをたくさん気にすることができます。このため、赤ちゃんは泣いています。これは状況を悪化させるだけです。

この病気の急性期にある両親は、常に身近にいるべきです。赤ちゃんは注意をそらされたり、拾われたり、遊んだり、明るく新しいものを見せたりされる必要があります。

温度がない場合は、赤ちゃんの足やのどを温めることができます。これにより、症状が緩和されます。

伝統医学

子供の咳やarse声の治療は、主に伝統的な医学的方法の使用を含みます。腫れがウイルス感染によって引き起こされるならば、医者は病原体に影響を与えると同時に免疫システムを強化する薬を処方します。

途中で、あなたは粘膜を落ち着かせる必要があります。これはすぐに子供の声を回復します。この目的のために、シロップ "Erespal"、 "Miramistin"を使用することができます。現時点では大声で話すことは禁止されています。赤ちゃんもささやくことで通信することはできません。

この場合、靭帯は通常の会話中よりもさらに緊張します。

最も小さい医者は薬を滴で処方します。年長の子供たちは水で丸薬を飲むことができます。スプレーやシロップを優先することをお勧めします。

状態変化

子供のarse声、咳、鼻水はすべて風邪やウイルス感染に伴う症状です。回復の過程で、赤ちゃんの状態は変わるかもしれません。ほとんどの場合、この病気は急性の形で始まります。

治療の過程で、両親は自分の状態の特定の変化を観察します。これはあなたの医者に報告されるべきです。咳が濡れた場合、感染は気道の下に広がっています。この場合、治療法が調整されます。

より良い去痰と痰の除去を促進する処方薬: "Lazolvan"、 "BronhoSan"、 "ACC"。

間違った治療法では、病気は慢性期に変わる可能性があります。この場合、症状は完全に消えますが、ごくわずかな低体温で定期的に現れるか、またはあまり目立たない形で現れます。治療には、さまざまな理学療法の実施、免疫システムの強化、対応するスポーツの正しい職業が含まれます。

子供が風邪をひかずにOSPの声を出したら

小児のness声は、靭帯の圧倒的な過電圧から深刻な病気まで、いくつかの理由で引き起こされる可能性があります。より早く両親がそのような症状に注意を払う、より早く必要な助けが与えられて、治療が提供されるでしょう。風邪の後にarse声を元に戻す方法についての情報にも興味があるかもしれません。

  • 1つの理由
  • 2治療
  • 3意見コマロフスキー

子供の風邪やインフルエンザは、このような発声障害の発症の最も頻繁な要因です。しかし、対応する症状がなければ、国内要因または他の病気があるかもしれません。 世帯の要因は次のとおりです。

  • 受動喫煙
  • ドライエア
  • 冷気
  • 喉頭の異物
  • オーバーストレッチされたバンドル

我々が病気について話すならば、それはそのような咳、嚥下時の痛み、騒々しい呼吸、息切れ、チアノーゼ、唾液と涙、鼻水などの付随する症状を見てみる価値があります。それらのすべてが併存症を暗示するかもしれません。しかし風邪のためのness声のための民間療法が最もよく使用するものは、ここに詳述されています。

以下は、子供のarse声の発生の最も可能性の高い理由です。

この症状はまた、気道の異常な構造、ネコ症候群などの遺伝病理学的症状を示すこともあります。 全てのこれらの病状において、全ての局所製剤が様々な病状において等しく有効であるとは限らないので、治療は投与の原理に従って異なる。 場合によっては、手術が必要になることがあります。

しかし、Osypの声と咳、そしてどういう意味で使うべきかをここに示します。

ビデオで - 病気の主な原因:

治療は影響の源によって異なります。これが喉頭の異物であるならば、両親はそれを手に入れようとするべきです。それが失敗した場合は、受付センター、または耳鼻咽喉科医に緊急の呼びかけをするか、家に緊急連絡を取ってください。

リンクは風邪とインフルエンザのための粉をリストします。

空気が乾燥していたり​​気温が下がったりすると、問題は非常に簡単に解決されます。室内の微気候の正規化と靭帯のための休息です。靭帯過電圧についても同様です。

並行して、炎症を軽減し、炎症を起こした粘膜を軽減するために、Ingalipt、Chlorophylliptなどの灌漑スプレーを適用できます。

リンクの下にうがいのためにどのように植栽フロロフィリップスをお読みください。

このツールは処方箋にのみ使用してください。

もう一つの要因は脱水です。したがって、まず第一に、osypが子供の声にあるならば、何を扱うべきか:暖かい飲み物は常に弱いお茶、カモミールの煎じ薬、ラズベリーなどの形で与えられます。子供がアレルギーでない限り、蜂蜜とバターを使った牛乳の摂取も効果的です。

しかし、直接病気の治療は具体的な診断に依存します。

風邪やインフルエンザの通常の症状は存在しないため、自己診断は厳しく禁止されています。いくつかの疾患は気道の通常の病理として偽装される可能性があるからです。

一例は麻疹およびジフテリアであり、これらは治療することができ、そして定常状態にあるべきである。どちらの病気も非常に伝染性で生命を脅かすものです。

あなたののどが腫れている場合の対処方法を読むためにリンクをたどってください。

arse声の治療は、そのような症状を引き起こす可能性がある病理学に応じて、いくつかの具体的な対策で行われます。それらは含まれます:

    対症療法:解熱剤、鎮痛剤、ビタミン剤、気管支拡張剤(複合痙攣があり、喉頭浮腫を軽減する必要がある場合)、

解熱剤は慎重に使用する必要があります

  • サイレントモードまたは優しいああモード
  • 部屋を空けて、湿らせて、
  • アレルギーの子供への影響の排除
  • 辛い料理や熱い料理のない控えめな食事
  • たっぷりの飲み物(分数と頻繁)
  • ネブライザー吸入(蒸気は火傷を引き起こす可能性があり、この症状の発現を高める可能性があります)、

    吸入は自宅で行うことができます

  • 灌漑とうがい
  • アレルギーがある場合は抗ヒスタミン薬が投与されます、
  • 免疫調節剤は体の抵抗を高めるために与えられます、
  • 粘液溶解薬または去痰薬は、分離することが困難な痰の大量の分泌を伴う気道における炎症の存在においてのみ関連性があるだろう。
  • 抗生物質、抗ウイルス薬、抗真菌薬(抗真菌薬)は、検査と適切な診断措置の後に医師によって処方されることができます。これは、これらのグループの薬すべてが特定の病原体に対してのみ有効であるという事実によって説明されます。たとえば、抗生物質は細菌を破壊しますが、真菌感染を広げ、局所免疫を低下させます。リンクはARVIとインフルエンザのための抗ウイルス薬をリストします。

    抗生物質も慎重に使用し、医師の指示どおりにのみ使用する必要があります。

    我々が理学療法について話すならば、それは通常治療効果を強化してそして症状の重症度を減らすために使われます。 治療の残りの部分は病気によります。 場合によっては、例えば、ポリープ症、腺様炎、靭帯の新生物、喉頭膿瘍および他の同様の症状を伴う場合、手術が必要である。

    リンクは左耳にノイズがあるかもしれない理由で読むことができます。

    意見コマロフスキー

    Komarovsky博士は、両親が通常の鼻水を通り抜けて子供の咳をすることができるのであれば、arse声が警戒を引き起こすべきであると主張しています。

    これは、喉頭と靭帯のプロセスへの関与の最初の証拠です。そして、そのような症状は、もちろん、それがヒステリックな泣き声によって引き起こされていない場合は、小児科医と話し合う必要があります。

    多くの病状は直ちに治療を必要とし、場合によっては入院を必要とします。

    考えられる原因について話します。

    • SARSを始めて、
    • 靭帯の部分の粘液が乾燥して子供の声を乱すため、不適切な水分量
    • 小児における喉頭炎の形態の徴候としての偽クループ、
    • 小児における喉頭狭窄
    • 子供やジフテリアの本当のクループ、
    • 鼻咽頭と喉頭の新しい成長

    ビデオで - 病気についての医者の意見:

    arse声が日中に現れた場合、夜が悪化するのを待つ価値があると彼は指摘した。 夜が多かれ少なかれ落ち着いて過ぎるように、部屋の空気は強制的に湿らされている、のどは一晩中排水されている、または部分的な飲み物は頻繁にそして少しの部分でスプーンから与えられます。

    しかし同時に、子供の状態の悪化、激しい呼吸、鼻唇三角形のチアノーゼ(青み)、呼吸中の口笛などがある場合は、救急車を呼ぶ必要があります。

    並行して、あなたは子供が彼の足を暖めるか暖かい毛布を包むべきです。この状態では、窒息の危険性があるため、経口的に薬物を投与することは固く禁じられています。

    これに基づいて、それは古典的な咳、鼻水、arse声と比較してかなり深刻な病理学を暗示するより深刻な症状であると言うことができます。

    したがって、医師への訪問を延期することは不可能であり、できるだけ早く、医療施設を訪問することが不可欠です。

    arse声が子供の生活の結果だけである場合は、この場合、それは飲み物を与え、患者の声のために穏やかな治療を整理するのに十分になります。音声が消えた場合の対処方法を読むためにリンクをたどってください。

    Pin
    Send
    Share
    Send
    Send