人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

どのくらいの頻度で新生児を浸すべきです

出生後待望の子供は彼らの両親の生活に多くの変化をもたらします。ママとパパは、子供と対面すると迷うことが多く、行動の仕方、新しい家族のための行動を知らない。特に神経質な両親を落ち着かせることが必要です - そのような感情的な暴風雨はいたるところで起こります、なぜなら彼らは赤ちゃんの世話に関して多くの質問に直面するからです。何をいつ食べますか?落ち着かせるには?どのくらいの頻度で生まれたばかりの赤ちゃんを浸すのですか?これらすべての質問は彼らの頭の中で群がっており、休むことはありません。

きれいな子供

この出版物から、あなたは衛生と赤ちゃんの入浴の基本的な規則を学ぶことができるだけでなく、生まれたばかりの子供をどれくらい頻繁に入浴するかという質問への答えを得ることができます。小児科医は完全に毎日赤ちゃんを浸すことをお勧めします。子供が汚れていないのであれば、なぜ子供を洗うのでしょうか。しかし、この年齢では、水の手順は、不純物から皮膚を洗浄する機能だけでなく、調和のとれた身体的発達、筋肉の弛緩、子供の緊張の緩和にも貢献します。さらに、水処理は、赤ちゃんを固めるための優れた方法です。

最初の「泳ぐ」。赤ちゃんと一緒に水処理を正しく開始する場合

多くの親はプロセス自体におびえています、そして最初の入浴は運動のすべての参加者にとって本当のストレスになります。赤ん坊は母親の気分の変化に非常に強く反応するので、彼女は自分自身を制御する義務があり、最初にそのような処置を実行できるかどうか疑わしい場合は、愛情のあるおばあちゃん、経験豊富な友人または看護の後援者の支援を受けることが最善です。彼らは視覚的にどのように子供を飼うべきかを示して、屋内の気候に関する主な微妙なことを話して、あなたに新生児を水浴びさせる頻度をあなたに話すことができるでしょう。

最初の入浴は火の洗礼です。すべてのニュアンスを予測し、最初に水処理を実行することは非常に重要です。子宮内の子供は正確に水生環境にいました、なぜなら彼にとって水泳はややなじみがあるので、もう一つは羊水にできるだけ似た快適な条件を提供することが必要であるということです。

伝統や医学的アドバイスは?

多くの人が、生まれたばかりの赤ちゃんを家で初めて水に浸す方法、退院後の最初の日に行うべきか、赤ちゃんに最適な水はどれか、部屋の中で最も適切な温度は何であるかについて議論しています。

そして現時点では、最初の世代間の葛藤が現れています。国と世界の主要な小児科医によって開発された勧告によると、水と赤ちゃんの最初の知人は産科病院からの退院日に行われるべきです(子供が同じ日に予防接種を受けた場合は例外があるかもしれません)。以前は、彼らは他の戦術に固執していました、そして、おへそが消えたあと、母親は同様の衛生的な手順を実行しました。もちろん、これは純粋に個人的な問題であり、誰もが自分の子供の世話をする方法を独自に決める権利を持っていますが、出生直後の入浴は通常のプロセスです。

小児科の規範によると、部屋の温度は+ 22 0℃以内であるべきです。 23℃、満期産児、少し前に生まれたのと同じ人、あなたは過冷却することはできませんので、それは+25 0に部屋を暖めるのが最善です。水もまた異なる温度値を有する。健康な強い子供は+ 37で非常に快適になります。 38 0°C、時期尚早は2、3単位でこの値を上げる必要があります。しかしお湯が多すぎても不可能ではありません。体温調節は成人のように発達していないため、過熱は乳児の健康に悪影響を及ぼす。

水は冷たい、まあ...

新生児の入浴の頻度だけでなく、これに使用する水の量についても多くの議論があります。この質問に対する明確な答えはありません。再保険の医師は、生後1ヵ月目にそれを消毒するために沸騰水を使用するように助言します。この時までに、臍の傷は確実に完全に治癒し、この時から赤ちゃんを水道水で浸すことが可能になるでしょう。

水の純度に100パーセントの信頼がある場合、それを沸騰させることはできませんが、それに淡いピンク色にそれをわずかに染め、過マンガン酸カリウムのいくつかの顆粒を追加することができます。濃縮液は化学火傷をすると皮膚を敏感にする可能性があるので、絶対にカリウムをたくさん使用することはできません。

しかしハーブ煎じ薬 - 時間と多くの世代によって証明されただけでなく、医師によって承認された手段。ハーブを乾燥させるもの(カモミール)、刺激を軽減するもの(ターン、カレンデュラ)、鎮静作用を持つもの(ミント、特別ななだめる料)など、ハーブのさまざまな特性を考慮に入れる必要があります。それらを使用する前に、それは地元の小児科医か医者に相談するのが良いです。

少しでもいい

泳ぐのにどんなに有用であろうと、あなたはすべての中でその尺度を知る必要があります。まず第一に、それは新生児をどれだけ浸すべきかという問題です。最初の日は純粋に象徴的で、水泳はせいぜい5分かかります。しかし、時間が経つにつれて、それは長くすることができます。そして、赤ちゃんが成長すると、独立して座り、大きな喜びで水の中にいて長時間遊ぶことができます。その後、バスルームで20〜30分を過ごすのは楽しいだけでなく便利です。

重要なポイント

新生児の入浴回数は季節によって異なります。一年中家の中で安定した温度を確保することは不可能です。外が寒いときに暖かい家を自慢できる人はほとんどいません。そして、これが子供にとって問題であるならば、彼はこの涼しさが好きではなく、彼は入浴後非常に寒いです、それは毎日水の手続きをする必要は全くありません。

夏には、暑さを和らげるために、就寝時だけでなく、日中に数回、冷たい水に浸ることができます。頻繁に入浴すると赤ちゃんの皮膚が乾燥することを心配している人はたくさんいます。しかし、実際にはそうではありません。主なもの - 洗剤でそれをやり過ぎないでください。

特別にデザインされた子供用の石鹸、泡、シャンプーでさえ、週に2回以上は適用しないのが最善です。入浴後は、モイスチャライザーを使用することができます。

いつ水泳を始めるの?

子供をトイレに慣らすことは、臍創傷が治癒した後、すなわち生涯の10-14日の間だけ必要です。これまでは、赤ちゃんの免疫力は非常に弱く、衛生的な方法は温水に浸したナプキンや綿棒で拭くことだけです。それは赤ちゃんの繊細な肌を傷つける可能性があるので、それは石鹸を使用することはお勧めできません。

赤ちゃんはどのくらいの頻度で浴びるべきですか?

それはすべて水泳の目的が何であるかに依存します。入浴が純粋に衛生的な処置である場合、国際基準によると、週に2〜3回は、赤ちゃんの肌を乾燥させないために十分です。同時に、それは毎日赤ちゃんを洗って洗うことが必要です。赤ちゃんが這い始めたときだけ、このプロセスは毎日行われます。

しかし、硬化プロセスとして入浴を考えるならば、それは毎日行われるべきです。最初の手順の間、水温は37℃であるべきです。毎日半度ずつ、温度を徐々に26℃に下げる必要があります。このプロセスは、子供の健康を増進し、食欲と睡眠を正常化するのを助けます。

入浴の準備は?

安全な入浴をするためには、少なくとも子供の人生の最初の月の間に水を沸騰させる必要があります。

通常の入浴で赤ちゃんを入浴させることは可能ですが、入浴前に特別な手段で治療しなければなりません。なぜなら、子供以外に家族全員が入浴するからです。また、両親は首の周りにインフレータブルサークルまたは水泳用スライドを手に入れる必要があります。これらのことは子供を保護し、親の仕事を大いに促進するでしょう。あなたは水泳のための特別なベビーバスを買うことができます。そのようなお風呂は、親にとってより便利で、子供にとって安全ですが、そのサイズは子供の動きを制限します。

入浴する前に、赤ちゃんは体への負担を減らすためにマッサージと軽い体操をすることによって温められるべきです。良い入浴時間は、最後の夜の食事の前です。就寝前の入浴は、赤ちゃんをリラックスさせ落ち着かせるのに役立ちます。授乳直後に赤ちゃんを浸すことはできません。入浴の期間は子供の気分によって異なります。しかし、生後2ヶ月までは5〜10分以内で、この数字は15〜20分に増やすことができます。

入浴後、赤ちゃんはおむつで濡れているはずですが、タオルで拭くことはできません。それからあなたは特別なベビーオイルで赤ちゃんのすべてのひだを扱う必要があります、必要ならば、パウダーを使います。へその傷に特に注意を払う必要があります、それは過酸化水素で治療する必要があります。

また、赤ちゃんの肌を乾燥させたり、アレルギーを引き起こす可能性があるため、さまざまなハーブ系サプリメントを乱用しないでください。

便利なリンク

または
でログインします。

または
でログインします。


ご登録ありがとうございます。

アクティベーションレターは1分以内に指定のEメールに届く必要があります。ただリンクをたどり、無制限のコミュニケーション、便利なサービス、そして快適な雰囲気をお楽しみください。


サイトでの作業の規則

私は、私の個人データ、すなわち名前、姓、生年月日、居住国および都市、Eメールアドレス、IPアドレス、のUAUA.info Webポータル(以下「Webポータル」)の処理および使用に同意します。クッキー、ウェブサイト上の登録情報 - ソーシャルインターネットネットワーク(以下、「個人データ」)。私はまた、私が指定したWebサイト - ソーシャルインターネットネットワーク(指定されている場合)から取得した私の個人データのWebポータルによる処理および使用にも同意します。私が提供する個人データは、私がWebポータル上で登録および識別する目的、ならびにWebポータルのサービスを私が使用する目的のためにのみWebポータルによって使用されることがあります。
私は、Webポータルへの登録以来、私の個人データを収集する目的およびWebポータルのユーザーの個人データデータベースに個人データを含めることについて、アートが提供する権利をもって通知したことを確認します。ウクライナの法律の8 "個人データの保護について"、に慣れている。
私はこの通知を書面(ドキュメンタリー)の形で受け取る必要がある場合、私の郵送先を示す[email protected]に対応する手紙を送ることを確認します。

指定されたEメールに手紙が送信されました。パスワードを変更するには、そこに表示されているリンクをクリックしてください。

入浴赤ちゃんの特徴

必要でなければ、毎日子供を浸す必要はありません。 2〜3日に1回の間隔でこれを実行すれば十分です。それ以外のときは、パン粉を濡れた布または湿ったタオルで拭いてください。入浴回数が多すぎると、免疫力、体温、皮膚の保護層に悪影響を及ぼす可能性があります。これらは、生後1か月目にしか形成されません。

赤ちゃんは普通の石鹸で洗うことを勧めません。人生の最初の数週間は、単に温かいお湯で洗ってください。 1か月後には、香り、風味、その他の化学薬品を使わずに液体のベビーソープを使うことができます。 「涙なし」のベビーシャンプーは2〜3ヶ月後に使われます。化粧品を使用して6ヶ月まであなたの赤ん坊を洗うことは7-10日ごとに1回以下であるべきです、そしてあなたは5-7日ごとに石鹸とシャンプーで入浴処置を行うことができます。

化粧品は、湿った拭き取り用品を含め、自然で低刺激性であることが重要です。小さいものには、新生児用化粧品を選びましょう。各製品の組成と有効期間を慎重に検討し、製品年齢のコンプライアンスを確認してください。洗うときは、赤ちゃんの繊細な肌を傷つけたり傷つけたりしない柔らかいスポンジや布を使用してください。

最初の入浴は5分から7分で始まり、36.6-37度の温度で行われます。その後、水中での滞留時間は徐々に増加し、そして温度は低下する。この場合、気温は約25度になります。そうすれば、赤ちゃんは過冷めず、入浴後に凍らず、あるいは逆に過熱しません。

各入浴の前に、入浴は安全な洗剤で洗わなければなりません。これを行うには、石鹸、重曹、中性液体石鹸、子供用のジェルまたは酢を使用します。新生児を入浴する前に入浴をきれいにする方法の詳細については、ここを読んでください。それから私達は水泳の基本的な規則を見ます。年齢に応じて、適切にする方法と、どのくらいの頻度で赤ちゃんを水浴させる必要があるかを学びます。

新生児の入浴規則

  • 最初の入浴は、36.6〜37度の沸騰した水で夕方に5分間行われます。
  • その後、水温は5〜7日間で1度ずつ徐々に低下し、逆に入浴時間は長くなります。半年の赤ちゃんは半時間泳ぐことができます、
  • 浴室の空気の温度は約25度でなければなりません、
  • 新生児を濡れた拭き取り布または濡れたタオルで拭くのは1日に数回で、必要であれば沸騰したお湯でベビーバスに入る
  • それは激しい発汗とおむつかぶれ、皮膚の刺激で、より頻繁に熱に子供を浸すことをお勧めします、
  • 臍の創傷が治癒すると、3〜4週間のうちに子供は流水で普通の大人の風呂に入ることができます。
  • 石鹸とシャンプーで赤ちゃんを洗うことは週に一回以上はお勧めできません。また、シャンプーは2〜3ヶ月後に初めて使用されます。その前に、赤ちゃんの頭をベビーソープで洗います。
  • 低刺激性の化粧品や、年齢の子供に適した天然化合物を含む洗剤だけを使用してください。
  • 2〜3ヵ月後に水泳運動を含みます、
  • シリーズ、カモミールまたはカレンデュラの形のハーブサプリメントは3-4ヶ月後に使用することができます、針葉樹塩浴は6ヶ月以上の子供たちのために作られています。しかし、注意してください、成分は子供にアレルギーを引き起こす可能性があります!
  • 入浴する前に、ソーダ、洗濯石鹸または他の安全な手段で入浴を必ず行ってください。

最初の月の新生児の入浴

人生の最初の数週間で、子供の体は新しい状態に適応するだけなので、赤ちゃんは特別な注意と注意を必要とします。乳児は、へその緒の傷が治癒するまで、通常の流水や大人のお風呂に浸ることはできません。原則として、これは2週目または3週目に行われます。この間、赤ちゃんは特別なベビーバスに浸かるか、単に濡れた布で体を拭きます。

人生の最初の日には、湿った低刺激性の拭き取り用品またはゆで水に浸した柔らかいタオルで赤ちゃんを拭くのに十分です。それから赤ん坊は赤ん坊の風呂に浸り始めることができます。この場合も、零度を超える約37度の温度の沸騰水のみが使用される。最初の入浴は5分を超えてはいけません。

入浴する場合は、すすいで入浴してください。沸騰したお湯を注ぎ、希望の温度になるまで待ちます。それからパン粉を脱ぎ、ハンドルでそれを握り、そしてそれをあなた自身に押しなさい。彼が落ち着いてあなたが近くにいることを知っていることが重要です。赤ちゃんをゆっくりと優しく水に浸します。

入浴後に赤ちゃんを拭く場所をあらかじめ用意してください。おむつやシーツを敷いて、温かいテリータオルで入浴中の赤ちゃんを包みます。赤ちゃんを拭くときは、肌をこすらないでください。臍の傷を処理することを忘れないでください。これを行うには、タオルか乾いた布で腹部をふき取ります。へそにまだ洗濯挟みがある場合は、慎重に取り外します。綿棒を3%過酸化水素水に浸し、皮を慎重に取り除き、次に皮膚の各部分を徹底的に過酸化します。

洗濯ばさみも過酸化物で処理され、綿のパッドで拭いて乾かします。その後も、感染症やバクテリアの侵入に対する防御力を高めるために、70%アルコールで治療することができます。手続きが完了したら、洗濯はさみを元に戻します。それからパン粉の皮はそれを保湿しそして柔らかくするために新生児のためにローションかオイルで塗られることができる。その後、彼らはおむつと服を着るか、おむつに赤ちゃんを巻き上げる。おむつの下におむつを着用することはお勧めできません。

1か月後の赤ちゃんの入浴

赤ちゃんが3〜4週齢になると、子供は通常の大人用バスルームに浸り始めることができます。ただし、もっと慎重に処理する必要があります。しかし、1ヶ月後の多くの親は、ベビーバスを使うことを好みます。それは非常に快適ですので、これは驚くべきことではありません。さらに、それはより衛生的です。

大人のお風呂で赤ちゃんを泳ぐ場合は、子供用スライドまたはハンモックを使用できます。赤ちゃんを洗うお母さんやお父さんは、あまり低く低く子供に曲がる必要はないので、これは手順が簡単になります。さらに、ハンモックや丘の上にいる赤ちゃんは、風呂上を滑ることはありません。

1ヵ月後、水は必ずしも沸騰するわけではありません。毎週水温が1度下がり、入浴時間は15〜20分に徐々に増えます。 1ヶ月あたりの子供のための適切な水温は3ヶ月で36度です - 32度まで。

2、3ヶ月以上の子供のために、あなたはすでに水泳のために特別な運動を練習することができます。これはさらに筋肉と免疫力を強化します。子供は水を恐れず、より速く泳ぐことを学ぶでしょう。長い夜間の入浴のため、パン粉は就寝前によく食べられ、すぐに眠りに落ち、一晩中静かに目を覚まします。

あなたはすでに毎日あなたの子供を浸すことができ、そして石鹸と他の手段で洗うことができます - 週に1回。それは赤ちゃんの各折り目を洗うことが重要です。バケツから子供に水をやるのが良いです。パン粉が水を恐れて気まずい場合は、さまざまなおもちゃを使用してください。新生児の入浴はストレスを感じる可能性があるので、彼らはリラックスして気を散らすのを助けます。

6ヶ月後の入浴赤ちゃん

生後6ヵ月以上の子供は、すでに赤ちゃん用洗剤を使用して大人のお風呂に入ったり、水泳の練習をしたり、さまざまな運動をすることができます。 5〜7日に1回、石鹸とシャンプーを使用して1〜2日で子供を入浴させることができます。半年の赤ちゃんのための適切な水温は約30度であり、そして年間の子供のためにそれはすでに25℃です。

この年齢で、浴室で添加物を使い始めます。針葉樹風呂は子供に特に便利です。これは免疫を強化するための安全で効果的な方法です。さらに、針は睡眠を改善し、なだめるようにし、皮膚の状態を改善し、発疹およびおむつの発疹を排除し、呼吸器および神経疾患の治療に有用である。

赤ちゃんのお風呂の準備



部屋が暖かい場合は、温度が22°Cを下回ることはありません、それは毎日冬の水手順を実行することをお勧めします。アパートが寒い場合は、5〜10分間、週に2〜3回赤ちゃんを風呂に浸す必要があります。毎日あなたは子供を洗い、湿らせた衛生的なタンポンで肌のひだを拭く必要があります。

入浴する前に、必ず水温を確認してください。満期新生児は、温度が36〜38℃の水中では暖かく快適です。未熟児は37〜39℃が必要です。水と空気の温度を正確に測定するために、風呂用の電子体温計を使用することができます。

気温状況の違反は悪影響をもたらす可能性があります。

  • 冷たい水(32℃以下)で泳ぐと低体温と寒さが起こります。
  • 浴温が高すぎると過熱する可能性があります。赤ちゃんの食欲は悪化しつつあり、嗜眠が現れます。

バスルームと子供部屋では同じ気温を維持する必要があります。体制が突然変わると、新生児は病気になることがあります。

赤ちゃん用化粧品は非常に慎重に使用する必要があります。冬に子供の肌が乾燥に苦しむので、保湿効果を持つクリーム石鹸やジェルを選択する必要があります。小児科医に相談することをお勧めします。

入浴と衛生関係は何ですか?

いいえ!赤ちゃんを入浴させることは、赤ちゃんの衛生とは関係ありません。それはあります - 両方の儀式で水を含んでいましたが、ただ。あなたは赤ちゃんを洗う(女の子を洗う、男の子を洗う、幼児を洗う、時々彼を洗う、等々)。

これは通常必要とします:流水または特別なウェットワイプ、繊細なベビーソープ(できれば液体の形で)そして約5分の時間。

しかし、入浴はより長く、創造的で便利なプロセスです。あなたは新生児と年上の赤ちゃんを浸します:

  • 喜びと心理的な安らぎを彼に与えます(結局、彼はまだ母親の子宮の中で泳ぐことを覚えています)、
  • 彼に必要な運動を与えなさい、
  • 幼児のコミュニケーション能力、触覚能力、感情能力を養う。
  • 彼の食欲は
  • 最後に、入浴は風邪を固め予防するための優れた治療法です。

人生の最初の2週間で新生児を浸す方法

用語を定義してみましょう。赤ちゃんが生まれる最初の日から衛生的な目的で赤ちゃんを洗うことは可能です。しかし、彼が臍の傷を癒していない限り、大浴場や普通の水道水で泳ぐのは禁忌です。

臍創傷は、子供の誕生からおよそ10〜15日後に完全に治癒します。したがって、産科病院からの退院後2週間は、両親は生まれたばかりの赤ちゃんに対して2つの適切な衛生的手順を踏みます。

  • 1生まれたばかりの赤ちゃんは、専ら沸騰したお湯を使って小さな赤ちゃん用バスに浸かることができます。西洋の伝統では、小さい柔らかいタオルで生まれたばかりの赤ちゃんを浸すのが通例です - これはそれが母親の子宮とのより説得力のある協会を作成する方法です。しかし、医学的な観点からは、「for」または「against」のどちらにも議論はありません。必要であれば、タオルで入浴します。

  • 2生まれたばかりの赤ちゃんの最初の2週間は水に浸すことはできませんが、単に特別なウェットワイプで拭いてください。

新生児を初めて水道水に浸す方法

最後に、赤ちゃんの臍の傷は完全に治癒しており、これはこれから新生児が普通の水道水に浸ることができることを意味します。もう一度:ただ洗うのではない、すなわち - 浸ろう!子供と親の両方が入浴プロセスから最大限の喜びと恩恵を受けるようにするにはどうすればよいですか?だから、あなたは子供を浸す必要があります:

大浴場で 赤ちゃんのための大きなお風呂は実質的に海の海です:彼は喜んで自分の足や手でぎくしゃくしたり、おもちゃに従ったり、それらをつかむことができます。大浴場の水はもっとゆっくり冷え、水泳は20-30分まで「伸びる」ことができます。そして、大きなお風呂に入るだけで、赤ちゃんは大量のエネルギーを費やし、朝までしっかりと眠ることができ、体力が増します。この物理的なエネルギー交換は非常に重要です:それは代謝を正常化し、筋肉と内臓を刺激します。

もう1つの重要な論点は、大浴場で入浴することです。乳児の胸部が完全に水に浸かると(つまり、赤ちゃんは完全に水浴びして頭だけが突き出ます)、呼吸プロセスのメカニズムは根本的に異なります。水中では、子供はいつものように吸い込みと吐き出しに同じくらい多くのエネルギーを費やしますが、彼の肺はもっともっと開きます。そしてこれはそれらが「陸上」よりも多くの酸素を含んでいることを意味します。そしてそれに応じて - より多くの酸素が肺から体のすべての部分へと流れることになります。

純水中で。 臍の傷が治癒した後に入浴のために水を沸かす必要はありません - 今これは不合理で不便であり、そして意味がありません。それにもかかわらず、あなたがあなたの赤ん坊を浸すことを計画している水はできるだけきれいであるべきです。あなたの街の水処理システムを信頼しないでください - あなたの蛇口に特別な洗浄フィルターをかけてください。

楽しくて面白い環境で。 あなたが常にあなたの手で水の中に赤ちゃんを保つことが難しい場合は、その後、あなたは簡単に "無料の水泳"モードに彼を転送することができます。これを行うために、今日、このような赤ちゃんのための特別な水泳サークルやフォームインサート付きのキャップなどのデバイスがたくさんあります。これらの有用な発明は確実に子供の頭を「浮遊」させますが、同時に誰かの援助なしで彼の体が完全に水に沈むのを許します。音楽とおもちゃを入れて携帯電話を風呂の端にぶら下げてください。そうすると、赤ちゃんは徐々に手を差し伸べるようになり、毎晩の入浴はパン粉のための「ディズニーランド」とスパの本当の共生になるでしょう。

新生児と赤ちゃんを浸すための温度はどのくらいですか

入浴温度は入浴時間によって多少異なります。最初の頃 - 赤ちゃんのへそが癒され、あなたはすでに彼のために普通の「大人の」風呂を用意しています。手術を始めるのに最適な水温は33〜34℃です。

子供が積極的に水の中を移動したり、両足を動かしたり、両親の手の中で「泳いだりする」機会がある場合、この温度条件は大量の水と空間に適しています。

幼児が指を動かすことが不可能である小さい赤ん坊の風呂に入れられたならば、その時入浴水温はおよそ36℃であるべきです。しかし、37℃以下はあなたが小さなものを入浴している水のための温度「天井」です。

ここでも、親が「大人の」風呂に入ることを許可している幸運な人たちについて。あなたは33-34℃の温度で入浴を始めることができますが、少しそれを下げることが徐々に意味を成します。つまり、毎週水温を1度下げることができます。それは子供にとって絶対に安全です、しかし呼吸器疾患の予防は最も信頼できます。

徐々に、入浴水の温度は28-30℃に上昇することがあり、そのような状況では、赤ちゃんは半年の間健康で30-40分をすでに快適に過ごすことができます。疲れていて健康的な食事で、冷たい水の中で長く泳いだ後、その赤ちゃんはほとんど朝までよく眠ることが保証されています。

赤ちゃんを入れるのに最適な時期はいつですか

私たちが入浴の手順について話していて、洗っていない - つまり、多かれ少なかれ(15-30分以上)水の中で赤ちゃんを見つけるのであれば、それは夕方の食事と睡眠の直前にこのイベントを開催するのが最善です。

実際には、小さな運動選手が利用できる「スポーツ」のかなり活発な形態として、水泳は彼から多くのエネルギーを奪います - あなたがフィットネスルームで40分の有酸素運動をするのと同じくらいです。あなたのように、そのような負荷の後、赤ちゃんは、原則として、2つの必要性しかありません - 「腹から」食べることと眠ること。

適切かつ合理的に組織化された赤ちゃんの入浴は、赤ちゃん自身だけでなく、彼の身近な人にとっても、一晩中健全な睡眠を確保することができます。

赤ちゃんがトイレに飛び込むことは可能ですか?

新生児はそのような素晴らしい反射を持っています - 水が気道に入るとすぐにそれらに痙攣が起こり、それらは重なり合い、子供は実際には水に溺れません。もちろん、彼が長時間水に浸されている場合、彼は酸素の欠乏で死ぬかもしれません - すなわち、実際には、幼児は空気の欠乏で窒息する恐れがありますが、豊富な水で窒息しません。

簡単に言えば - 子供が誤って水の下でひっくり返って "ulknul"をしたとしても、恐れてはいけません。これには基本的に危険なことは何もありません。咳をした後に(もしこれが必要であれば)あなたが即座に彼の頭を水面から上げ、そして彼ができるならば、そのような「ダイビング」は全く生理学的で普通と考えられます。さらに、若い母親や父親のための多くのプログレッシブスクールやコースでは、水が気道に入ったときにこの貴重な反射を失うことのないように、子供が頭をすすぐ方法を両親に具体的に教えています。概して、このようにして子供のころからパニックにならずに水の下で自由に浮遊し行動することを「学ぶ」子供たちは、非常に早く泳ぐことを学ぶのでめったに呼吸器疾患に苦しみません。

子供が入浴中に時々入浴しているかどうか - 親自身が決定します。これが愉快で便利な場合(大人からの適切なコントロールを伴う!)しかし子供のために、しかし毎回お母さんに心臓発作を起こすならば、それはまったくダイビングしない方が良いです。あることを禁止したり、別のことを宣伝したりするために、ここで小児科医が取り組むことはありません。家庭の風呂風 - 家族の裁量によるものです。主なことは、赤ちゃんと親の両方が手技の間に快適に感じ、そして子供に入浴を楽しむことです。

入浴時に水に加えるもの

概して、あなたは何も追加することはできません。幼児は多かれ少なかれ清潔であれば、普通の水道水によく浸かることができます。それでもあなたが本当にどうにかして入浴剤を「入浴」したいのであれば、それはひもの煎じ薬を使うのが最善です。なぜマンガンではなく、おそらくなだめるようなコレクションではないのでしょうか。

過マンガン酸カリウム すべての祖母の好きなものしかし、それが新生児を洗うのにも役立つことができるならば、それから大きい浴室で幼児を入浴させるために過マンガン酸カリウムは効果がありません:それが柔らかいピンク色に希釈されるならその抗炎症性は非常に小さく、そして濃縮形態で希釈されるならば»やさしい眼粘膜。

ハーブのなだめるような料金。 コマロフスキー博士がよく冗談を言うように、子供の神経科医は若い母親にそのような料金を処方することを好む。彼らはこれらのハーブが就寝前に子供たちをなだめるように彼らに言います、しかし実際に彼らはそれによって満足を引き起こします。お母さんによって! E.O. Komarovsky:「子供が神経学的部分に問題を抱えていれば、24時間体制でそれらを「洗い流し」ても、残念ながらどんな雑草でも助けることはできません。そのように問題がなければ、さらに少ない料金で済みます。」いずれにせよ、鎮静のために特定の薬草を水に加えることが実際に目に見える結果をもたらすことを確認した単一の深刻な研究はありません。

後継者です。 おそらくこれは幼児の入浴 "調味料"に最も便利です。それは特定の抗菌と癒しの効果がありますが、それは繊細な粘液の赤ちゃんにとっては完全に安全です。そして、赤ちゃんを入浴させる前に何かを水に加えるのが理にかなっているなら、それはただ電車の煎じ薬です。

水泳のためにシリーズを醸造する方法:

  • 1午前中、乾いたグラス1杯のガラス(どんな薬局でもパックで売られています)が熱いためにリットルの容器に注がれます、最も簡単な方法はガラスの瓶に入れることです。
  • 2沸騰したお湯を一番上に注ぎます(つまり、1リットルの液体を得るため)。そして脇に置いて - 夕方までそれを醸造しましょう。
  • 3入浴する前に、チーズクロスを通して、スープを水浴に注ぎます。そして今、あなたはそのような水の赤ちゃんに「走る」ことができます。電車の煎じ薬で泳いだ後は、赤ちゃんを洗い流すのは任意ですが、禁止されているわけではありません。ひもを付けたお風呂は、生後2〜3ヶ月の練習には意味があります。

入浴後の赤ちゃんの肌の扱い方

水道水での毎日の入浴は子供の肌を強く乾燥させるという意見があります。実はそうではありません。汗腺の激しい働きだけが乾燥肌の主な原因であるため、肌の最も潜んでいる敵は乾燥した暑い気候です。しかし、夜間の入浴は害を及ぼさないだけでなく、その逆もありません - それは一般に赤ちゃんの健康、そして特に彼の肌に良いです。

入浴後は、赤ちゃんをタオルで拭き(拭いて拭かないでください。穏やかに丁寧に拭き取って)、交換用テーブルの上に置いて検査します。皮膚に目に見える問題がない場合は、赤ちゃんにおむつを供給し、服を着せ、最後に授乳させることができます。

そして、肌に問題のある部分があれば、それを求愛する原理は次のようになります。

肌に乾燥した部分がある場合 - それらは湿らされる必要があります。これを行うには、多くの場合、特殊なクリーム、ベビーオイルまたはゆで植物油を使用しました。これらの資金について大手小児科医に相談するのが最善です。

反対に、皮膚が「濡れている」場合 - これらの地域は乾燥する必要があります。同様に - 特別な子供用化粧品、粉剤などの助けを借りて、購入する前に医師に相談することは理にかなっています。

新生児の入浴の特徴

赤ちゃんを浸す頻度は? それが必要でなければ毎日これをする必要はありません。この手順は2〜3日に1回行うことをお勧めします。他の日には、あなたの赤ちゃんは湿ったタオルかぬれた拭き取り用品できれいにされるべきです。あなたがあまりにも頻繁に赤ちゃんを浸すと、それは体温、免疫力、そして形成され始めたばかりの皮膚の保護層にひどく影響を与える可能性があります。

赤ちゃんの入浴、普通の石鹸は使えません。 最初の月に洗うことをお勧めします。 お湯を温めてください、そしてそれから初めて、あなたは芳香剤、芳香剤および他の化学物質なしで液体のベビーソープを使うことができます。 2〜3ヵ月後にベビーシャンプーを使用できます。生後6ヶ月までの化粧品は7〜10日に1回使用することができ、その後シャンプーと石鹸は5〜7日に1回使用されます。

子供のためのすべての化粧品 自然で低刺激性でなければなりません。新生児のために、特別な化粧品が提供されています。手段を選択する際には、その手段の構成と有効期限を慎重に検討し、製品の子供の年齢への適合性を確認する必要があります。その繊細な肌を傷つけないように柔らかいスポンジやナプキンで赤ちゃんを洗う必要があります。

最初の入浴のための水温は36.6 - 37度であるべきです、そして、手順自体は5から7分続きます。入浴時間は徐々に長くし、水温を下げるようにします。部屋の気温は25度であるべきです、それは新生児が入浴の後に過冷却して凍らせないように、または逆に、過熱しないようにするでしょう。各手順の前に入浴は安全な洗剤で洗われる。

赤ちゃんの入浴のための基本的な規則

新生児を正しく入浴させる必要があります。 いくつかの推奨事項があります。

  • 最初の入浴は5分続き、夕方に行うべきです。水は沸騰させて36.6 - 37度にしてください。
  • 新生児は濡れたタオルで拭くか、一日に数回拭いてください。必要ならば彼を浸しなさい。
  • 皮膚の刺激、おむつかぶれ、発汗を伴う暑さの中で、あなたはより頻繁にあなたの赤ちゃんを洗う必要があります。
  • 臍の創傷が治癒すると、赤ちゃんは流水を使用して成人用バスに浸かることができます。
  • シャンプーと石鹸は週に1回以上使用しないでください。最初の2〜3ヶ月の間に、赤ちゃんの頭は赤ちゃんの石鹸で洗われ、その後彼らはシャンプーを使用します。
  • 水泳のために、彼らは年齢によって子供のために適切な天然の組成物で低刺激性洗剤と化粧品を手に入れます。
  • カレンデュラ、カモミールまたはひもの形のハーブサプリメントは3〜4か月後に使用され、針葉樹塩浴は6か月以上の子供たちに提供されます。
  • 入浴する前に、入浴はソーダ、石鹸または他の安全な方法で洗う必要があります。

Купание младенца в первый месяц

За новорожденным ребенком нужен особый уход. В этот период грудничка следует купать в детской ванночке или его тело просто обтирают влажными салфетками.

Как часто купать новорожденного? Делать это можно каждый день, желательно в одно и то же время. Перед купанием в ванночку наливают кипяченую воду и ждут, пока она не остынет до необходимой температуры. それから赤ん坊は剥ぎ取られ、そして怖がらないようにするために、彼は両腕に抱かれて彼自身に押しつけられるべきです。それは徐々にそして慎重に水に浸されるべきです。

あらかじめテーブルを用意しておく必要があります。新生児は入浴後に拭きます。シートやおむつを敷く必要があり、入浴する赤ちゃんはテリータオルで包まれています。赤ちゃんを拭くと、肌がこすられず、少し湿気がしみます。臍帯創傷は過酸化水素で処理してください。新生児の肌を柔らかくし、潤いを与えるために特殊な油やローションを塗ります。それからおむつと服を着ます。

1か月後の赤ちゃんの入浴

赤ちゃんが生後1ヶ月になると、彼はすでに通常のバスルームに浸っていることができます。しかし、それはもっともっと慎重に処理されるべきです。 これで、多くの親はハンモックを使います それはあまりにも低い赤ちゃんに曲がる必要はないので、それは手順を簡素化し、子供のスライド。さらに、赤ちゃんは、丘の上やハンモックの中で、風呂上を滑ることはありません。

入浴剤はもう沸騰していません。水温は毎週1度下げる必要があり、入浴時間は15〜20分に増えました。毎日1か月後に赤ちゃんを入浴させる必要がありますか?この年齢では、この手順は週に数回、そして石鹸と他の手段を使うとき - 7日ごとに行われます。赤ちゃんを風呂に入れるとき、あなたは徹底的に各ひだを洗う必要があります、そしてそれはひしゃくから水を供給されるべきです。多くの子供たちは水を恐れて気まぐれになり始めているので、様々なおもちゃを水に投げ込むことができます。彼らはリラックスして気を散らすのを助けます。

子供が6ヶ月のとき、様々な入浴剤に使用できます。針葉樹風呂はとても便利です。

  • 免疫システムを強化する
  • なだめる
  • 睡眠を正常化する
  • 肌の状態を改善する
  • おむつかぶれや発疹を解消します。

さらに、それらは神経疾患を治療するのに有用である。 そして呼吸器。 motherwortまたはvalerianを添加した浴場は、不眠症、重度のストレス、神経系の障害によく役立ちます。疝痛やけいれんでは、それはフェンネルで、そして皮膚に激しい刺激やおむつかぶれのために - カモミール、文字列やカレンデュラで、お勧めです。

したがって、生まれたばかりの赤ちゃんをどのくらいの頻度で入浴させるかという問題は、ほぼ毎日行われるべきであると答えることができます。 石鹸とシャンプーを使う この期間中は望ましくありません。このような手順は、血圧、血行を安定させ、調整を改善することによって、乳児の体に大きな利益をもたらします。

Loading...