人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

妊娠中のフラシリン

2015年6月1日妊娠中の薬妊娠中の女性に内服された薬を受け取るための薬は非常にまれです。もう一つのこと - 外面的に見れば、胎児へのリスクは最小限です。
このような場合に外用薬が使用されます:耳鼻咽喉科疾患、結膜炎、中耳炎、火傷、創傷、生殖器の感染症など。

フラツシリンを妊娠させることは可能ですか?

それは呼吸器感染症と性器感染症の両方を克服するための優れた製剤です。同様に、妊娠中のフラツシリンは眼の炎症性、感染性、アレルギー性疾患と闘い、傷、火傷、皮膚の病状を治します。

furatsilinaの有効成分 - さまざまな語源のnitrofural、破壊する細菌。しかし、フラツシリンはバクテリアに対してのみ強いということを覚えておく価値があります。しかし彼はきのこやウイルスを殺すことができないので、その使用は複雑でなければならず、専門家だけがそのような治療法を処方することができます。

フラシリンには副作用があります:皮膚炎の症状、のどの刺激、外性器。

禁忌:それは皮膚病のアレルギー症状やニトロフラールへの不耐性には使用されません。

妊娠中にフラツシリンを適用する方法?

この薬は抗菌薬のグループに属しています。それらは局所的にも外部的にも扱われます。妊娠中、彼は医者によってのみ任命されます、なぜならそれは化学組成を持っているので、赤ちゃんを運んでいる間に、彼は危険にさらされるからです。

将来の母親のために、フラツシリンは解決策または軟膏の形で処方しました。この溶液はうがい、洗浄、傷や火傷の治療に使われます。

うがいのfuratsilino

これらの目的のために、フラツシリンは非常に効果的です。それは微生物が口腔咽頭で増殖することを可能にしません。フラツシリンを5日間定期的に使用すると、微生物は完全に消えます。解決策は次のようにして行われます:5つのフラシリンの破砕錠は温かいお湯(1リットル)を注ぐ。一週間に一日二回すすいでください。

あなたは1と2学期でこのツールを使用する前に、彼は多くの禁忌と副作用があるので、あなたの医者に相談してください。

フラシリノームによる妊娠中の接触

妊娠中の女性が以下の問題を抱えている場合、この処置が実行されます:生殖器の炎症、膣と生殖器の感染症と細菌性の病気。しかし、妊娠中、特に妊娠中期には、膣から子宮への感染を防ぐために、診察後に医師の処方箋に従ってそれを行うのは望ましくありません。このプロセスの安全性と正確性を維持するために、特別な婦人科用注射器を使用してください。

妊娠中のフラシリノームの洗い流し

妊娠中の女性は通常、ツグミの症状を和らげるためにフラツシリンで洗い流され、膣部の皮膚や粘膜がかゆくなると、灼熱感があり、不快な排泄が現れる。洗濯は膣から肛門への方向に1日に数回行われるので、最初のものはそれ以上の感染を行わない。しかし、フラシリノームで洗浄する手順では、消毒薬ではなく抗真菌薬を扱っているため、問題を完全に解決することはできません。フラシリンは一時的に行動する。妊娠中の女性のツグミの治療は、ほとんどの場合、ホメオパシー製剤(カプセル、タブレット、婦人科キャンドルなど)によって行われます。

フラシリンは広く使用されている消毒剤であるため、妊婦は細菌や感染症の治療によく使用されています。しかし、絶対に必要なとき、妊娠中の自然な経過および赤ちゃんとママの健康への危険性がないときに、この薬は専ら医者によって処方されることができることを常に覚えておくべきです。

適応症と禁忌

フラシリンの主な効能は次のとおりです。

  • 扁桃腺炎 - 扁桃腺、急性呼吸器疾患およびのどの痛みに限局した、細菌に起因する炎症過程。
  • 傷の化身
  • 機能性と機能性
  • 2度と3度の擦り傷、新鮮な傷、やけど、凍傷
  • 眼疾患:結膜炎、眼瞼炎、
  • 副鼻腔炎、
  • 中耳の炎症 - 中耳炎、
  • 口腔粘膜の炎症:歯肉炎、口内炎、
  • ツグミや膣カンジダ症。妊娠中のツグミについて→

フラシリンの使用に対する禁忌は以下の通りです。

  • 出血
  • 皮膚病
  • 特異体質薬。

妊娠のための指示

説明書によると、妊娠中のフラシリンは、この薬にアレルギーがない女性に使用することができ、化膿性炎症プロセスの予防および治療を目的として、外用にのみ使用されます。

薬物は体内に入ると血流に活発に吸収され、未熟児の血液系に浸透するため、薬物の内部使用は除外されます。これは深刻な結果をもたらす可能性があります。

フラシリンの胎児への影響は十分に研究されていませんが、リスクに見合う価値はありません。

フラシリンはいくつかの剤形で利用可能ですので、その使用はさまざまな状態に便利です。

  1. 妊娠中に傷つけられた皮の処置のために有効な水溶液の準備のために使用されるタブレット:やけど、凍傷と傷、そして狭心症ですすぎ、鼻で鼻を洗うために。
  2. アルコール溶液は、加熱された形で耳腔に滴下することをお勧めします、中耳炎で5滴。
  3. まぶたの粘膜の炎症過程で使用される軟膏。

ほとんどの場合、薬は口腔や喉の痛みの炎症性疾患に使用されます。妊娠中にフラシリンですすぐことは、妊婦の間ではかなり一般的な方法です。多くの女性がこの方法に頼って出産後、その効果を確信しています。

妊娠中のツグミの治療のためにfuratsilinomで洗浄することによって任命されています。この方法は、膣カンジダ症に対して非常に有効とは言えませんが、病気の症状を軽減し、刺激を軽減し、しばらくの間かゆみを解消することに成功しています。通常、この方法は妊娠の最初の数週間に頼ります、他の薬を飲むのが非常に望ましくないとき。

Furacilinの解決策との接触を拒否することをお勧めします。これは危険な場合があります。病原性細菌や空気が子宮腔に入り込み、深刻な合併症を引き起こす可能性があります。膣内のひどいかゆみや炎症がある場合は、フラシリン溶液で湿らせたガーゼパッドを用意し、それを膣壁をやさしく拭きます。しかし、極端な場合にのみこれを行うことが許可されています。

ちなみに、フラシリンを外用すると、粘膜や皮膚の表面にだけ作用し、体内に吸収されないため、妊娠中に安全です。

溶液の調製方法

フラシリンの水溶液を調製するには、錠剤をお湯に溶かします。たとえば、うがいをするには5錠必要です。完成した溶液は、暗い場所で24時間保存できます。なるべく頻繁にうがいをすることをお勧めします - 1日10回まで。妊娠中と洗い流しのために使われた同じ解決策furatsilina。

傷や擦り傷を治療するには、無菌エッセンスを準備する必要があります。調製の原理は同じですが、錠剤を溶解した後、液体をさらに30分間煮沸する必要があります。得られた製品は滅菌されているので、保存することはできません - すぐに使用する必要があります。

起こりうる副作用

フラシリンの外用では副作用はまれです。圧縮が繰り返し行われた場所では、肌や髪の毛が変色している​​という証拠があります。時々薬は皮膚にアレルギーと刺激を引き起こすので、初めてそれは慎重に使われるべきです。

フラシリンは妊娠中は絶対に安全な治療法ですが、自己投薬はお勧めできません。医者だけがどの薬が病気の特定の形を戦うのに効果があるか知っています。したがって、のどの痛み、皮膚にかぶれ、やけどをした場合は、直ちに医師に相談してください。

Olga Rogozhkina、医者、
Mama66.ru専用

妊娠中にフラシリンをうがいすることは可能ですか?

妊娠中の薬の使用が望ましくないことは間違いありません。最も無害な活性炭でさえも。

しかし、将来のお母さんが病気になった場合、残念ながら、それが非常に頻繁に起こります、それは何かで扱われる必要があります。適切な場合、医師は病気に対処するための一般的な方法に頼ることをお勧めします。

しかし必要ならば、すべての中で最も穏やかな扱いを処方する。

フラシリンは、将来の母親や胎児が子宮内で発育するのに安全であると考えられているそのような薬の一つです。したがって、妊娠中は必要に応じて治療されます。

これらは錠剤または粉末であり、主に体外で使用されますが、時には体内で使用されます - 赤痢の場合。

最も頻繁に、Furatsilinaから口腔の感染症の場合にうがいをするための解決策を準備します、そして同様に痛い歯茎、傷と口の粘膜の治療のために。

妊娠中はフラシリンをうがいをすることができますが、予防措置を取る必要があります。薬物を飲み込まないでください(フラシリンは子供を携帯している間は服用しません)。薬物の方法と期間に関する処方箋に従ってください。

禁忌

フラシリンは、手頃な価格であるだけでなく、効果的な薬として認識されています。これは多くの人にとって非常に重要です。しかし、それはすべての人に平等に合うわけではありません。

まず、この薬の使用には禁忌があります。主に、それはアレルギー反応や皮膚病の形成だけでなく、過敏症や出血する傾向があります。

第二に、フラツシリンは有害反応を引き起こす可能性があり、その中にはアレルギー症状の可能性(これらのピルに頼ることを恐れる人が多いため)、食欲不振、吐き気、嘔吐、めまいなどがあります。長期使用

フラシリンは神経炎を引き起こす可能性があります。これらすべての現象は一時的なものであり、薬物離脱後は自然に消えてしまいます。薬理学者は保証します。

しかしながら、これら全ての効果は錠剤の内服使用によってのみ観察され得ることに注意すべきである。そして妊娠中は、フラシリンは外用にしか使用されません。通常、口やのどを洗うために使用されます。通常、これによって合併症が生じることはありません。時折、粘膜や皮膚の一時的な軽度の炎症が起こる可能性があります。

もう一つ。フラシリンは完全に無害な治療法であると考えられていますが(胃腸管に入らないという事実を考慮すると)、実際にそうであるかどうかは正確にはわかっていません。

妊娠中の女性と彼女の未熟児の健康に対するフラシリンの悪影響についての科学的根拠と実験的に証明されたデータはありません。しかし、これはそのような影響が不可能であるという意味ではありません。

したがって、この期間中の治療は婦人科医または他の専門家によって処方されるべきです。アマチュアの活動に従事しないでください - 今安全であることは不必要ではないでしょう。

特にberemennost.net - Elena Kichak

どのような病気がフラシリンですすぎを示しますか?

妊娠中のフラシリン洗浄の適応症は以下の通りです:

妊娠中のフラシリンの使用は、グラム陽性およびグラム陰性の微生物および細菌によって引き起こされる疾患に適応します。連鎖球菌は、ほとんどの場合、上気道や口腔の粘膜に影響を及ぼし、炎症を引き起こします。

しかし、妊娠中にフラシリンを摂取することは常に可能ですか?

使用するための警告は最小限ですが、まだ存在します。妊娠中のフラシリン喉の洗浄は、次の場合には禁止されています。

  • 出血
  • 粘膜の完全性の侵害(創傷、かき傷)、
  • 皮膚炎アレルギー性の存在。

妊娠中にフラシリンでうがいをすることが可能であるかどうかという問題に対する答えはまた、子供を抱えている女性の身体の個々の感受性にも依存します。妊娠中の女性がアレルギー反応を起こしやすい場合は、実験で妊娠中の喉や口の中にフラシリンをうがいできるかどうかを調べる必要があります。

すすぐ前に、肘の内側で簡単な検査を行う必要があります。その際、皮膚に物質を数滴滴下します。 顕著な反応がない場合 - 発赤、かゆみ - 1時間、妊娠中の女性はフラシリンをうがいすることができます。 生物の異常な反応が見られた場合は、製剤を試験に使用する場所を通常の水で洗う必要があります。

妊娠中にフラシリンで口をすすぐことはできますか?

妊娠中にフラシリンで口をすすぐかどうかという質問に対する答えは表面にあります。歯肉炎および口内炎による口腔内治療は局所適用にも適用されるため(物質が消化管に入らないため)、妊娠中の1学期間およびその後の数週間はフラシリンですすぐことができます。処置中に溶液を飲み込まないことが重要です。

妊娠中にフラシリンで鼻を洗うことはできますか?

妊娠中にフラシリンで鼻を洗い流すことが可能であるかどうかについても、同様の答えが得られます。鼻咽頭を副鼻腔炎、副鼻腔炎、および鼻腔の他の感染症を薬物に基づく溶液で治療することが推奨されています。

妊娠中にフラシリンですすいでも、その物質が母親の体や胎児の血液系に入るのを防ぎます。

割合が観察されれば、薬の悪影響の危険性は最小限です。

アルコール溶液に関してさえ、薬は安全です:すすぎを準備するとき、エタノールのパーセンテージは微視的な用量であり、それは母親にも子供にも影響を及ぼしません。アルコール溶液の安全性について疑問がある場合は、同等の水を使用することをお勧めします。

のどや口をすすぐ

  1. 妊娠中のフラシリンでうがいをするための指示は正しい割合へのコンプライアンスを必要とします。 1回のすすぎで100mlの薬を服用する必要があります。
  2. ナイフまたは他のきれいなものできれいな表面(皿、テーブル)に1つのタブレットを粉砕する。

  • 100mlの水を加熱し(好ましくは瓶詰めであるが蛇口からではない)、そして沸騰させずに、熱を取り除く。
  • 得られた粉末を錠剤から水に注ぎ、十分に混合する。 36から40度 - 快適な温度に溶液を冷却する。

  • あなたの口の中で液体を一口飲んで、喉や口腔の患部をできるだけ灌漑することを試みながら、1分間洗い流してください。
  • 解決策が終わるまで手順を繰り返します。
  • 粘液ののどや口の感染を破壊するには、1日に2〜3回すすぎの手順を繰り返す必要があります。

    急性呼吸器感染症の治療経過は、口内炎の場合は3〜7日、2〜3日です。これらの用語の有効期限が切れても改善が見られない場合は、医師に相談する必要があります。

    どのようにfuratsilina錠剤の溶液を調製するかは、この記事にもあります。

    鼻をすすぐために

    鼻洗浄のための妊娠のためのフラシリンのための指示は普通の患者のために使われるものと変わらない。 しかし鼻粘膜の治療のためには、ピルをできるだけ注意深く挽くことが重要であり、それは通常長時間水に溶解し、液体中に浮遊粒子を残す。

    鼻を洗い流すには、注射器を使用するか、特殊なゴム/シリコン注射器を使用します。家庭での使用に便利な鼻腔洗浄装置も販売されています。

    1. 粉末状のコンシステンシーになるまで1つのfuratsilinaタブレットを細かく刻みます。
    2. 沸騰させずに清潔なミネラルウォーターまたは沸騰水を加熱する。
    3. フラッツィリナの粉を水に注ぎ、よく混ぜ、溶かします。
    4. フラシリン溶液が快適な温度(36〜40度)に冷却されるまで待ちます。
    5. 5 mlの溶液をシリンジに吸い込み、プランジャーを押して空気を抜きます。
    6. 注射器の口を鼻孔に置き、加圧流体が鼻腔に入り粘膜を洗浄するようにプランジャーを押します。
    7. 他の鼻孔についても同じ手順を繰り返します。両方の鼻孔を交互に5〜7回洗い流します。

    1日3回、目覚めた後の朝、その日の真中、そして寝る前に、この手順を繰り返してください。

    治療の経過は鼻の病気の性質によって異なります。妊娠中のフラシリンでの定期的なすすぎを伴う急性鼻炎、副鼻腔炎、前炎および前庭炎は軽い形で保持されます。

    洗い流すために妊娠中のフラシリンAveksima

    懸濁粒子なしで解決策を得るためには、妊娠中にFuracilin Aveksimaを服用することができます。これは発泡剤の形をしたこの薬の新しい形で、同じ有効成分を持っています。錠剤のより効果的な溶解のために、Furatsilina溶液はより均質であり、そして鼻粘膜を刺激しそしてかゆみおよびくしゃみを引き起こすことがある懸濁粒子を含まない。

    Инструкция по применению для полоскания горла Фурацилина беременным в форме шипучих таблеток не имеет существенных отличий от старой таблетированной формы Фурацилина. 粘液ののど、口、鼻のための溶液を得るために、100mlの水と1錠のAveximを服用します。

    目次に戻る↑フラシリノームで鼻を洗う方法は、次のストーリーでもご覧になれます。

    妊娠中のフラシリンうがい薬、のどはいつでも禁忌なしですることができます。あなたが地元での使用のみのために薬を使用するのであれば、母親の体も胎児も薬を使用することの悪影響を感じることはありません。

    妊娠中の妊娠中のフラシリンはより慎重に使用されるべきです、なぜなら妊娠中の女性の体のホルモン調整の開始時に、感受性が高まり、免疫系から活性物質または発泡性錠剤Aveximの組成物中の補助成分への非標準的な反応が現れることがあります。

    2〜3学期の妊娠中にフラシリンでうがいをすることは絶対に安全です。

    フラシリン:妊娠中の解決策を準備するための指示

    薬局でフラシリンの簡単な解決策を見つけることは問題ではありません。フラシリンの一部である主要成分であるニトロフラールをベースにして、溶液だけでなく軟膏、粉末、そして錠剤も作られています。

    あなたの薬品庫にフラシリンが液体の形ではなく他のものがあるならば、あなたはこれからうがいをするためのフラシリン溶液を簡単に準備することができます。

    それを作るのは非常に簡単です:小さじ1杯の粉末を小さじ1杯の小さじ3分の1を100mlのお湯に溶かし、すべてがうまく混ざるようにして小さな穀物が残らないようにします。その後、喉や鼻の粘膜を燃やさないように、得られた溶液を冷却します。

    子供の健康や健康を恐れずに、妊娠中のどの期間にもこの解決策を適用することが可能です。しかし、妊娠初期に妊娠中にフラシリノームを使用すると、その味と匂いが非常に不快で厄介なので、激しい吐き気と嘔吐を引き起こす可能性があります。

    しかしこれは抗生物質です!

    フラシリンは本当に抗菌剤のグループに属しています、その活性物質はニトロフラールです、ブドウ球菌、連鎖球菌、腸スティックのグループの細菌を含むほとんどすべての種類の病原体を破壊します。

    妊娠中の女性を除いて、なぜこの抗生物質が消費者の間でそれほど人気が​​あるのですか?それは価格だけではありませんが、フラシリンは最も費用対効果の高い薬の1つですが、妊婦にとって非常に重要な体に悪影響を及ぼすこともありません。薬を使う際には非常に注意してください。

    このため、妊婦のフラシリンは、外用液剤または軟膏剤の形でのみ示されます。薬はピルの形でも放出されますが、有効成分が血流に入り、胎盤の壁を乗り越えることができるので、妊娠中に中に入れることは固く禁じられています。

    妊娠中のフラツィリナ使用

    妊娠中の女性はかなり頻繁にフラシリンを使用します、薬は彼らのために鼻炎と風邪のためにのどの痛みの治療のための最初の治療薬になります。

    しかし、そのような古くからのよく知られた治療法でも自己治療は推奨されていません興味深い位置にある女性の治療は常に健康診断と勧告から始まります。そしてフラシリンも例外ではありません。しかし、それらについて - すぐ下に。

    今度は私達はFuracilinの解決との処置の最も一般的な方法を考慮することを申し出る。ちなみに、応急処置キットに丸薬しかなく、妊娠している場合は、粉にして水で満たした後、それらから簡単に溶液を調製することができます。

    ウイルス感染の場合は、4〜5錠が必要です。それらから得られる粉は1リットルの熱湯で注がれ、1日に5〜6回すすぎに使用されるべきです。

    病状は3日目に改善するはずであり、5日間の処置の後、症状は完全に消えます。

    症状が元のレベルのままですすぎの3日目に残っている場合は、医師に相談してください。

    鼻を洗うのに同じ溶液が適しています。この手順は1日3回繰り返さなければなりません、その効果はすでに3日目に顕著になります。

    Furatsilinaの行動は次のように表現されます。

    • 病原菌の活性物質をブロックする
    • 痛みの消失
    • 腫れを減らす
    • 粘液分泌量を減らす。

    誤って解決策を飲み込んだ場合はどうなりますか?

    妊娠中の女性にとって、この問題は特に重要です。なぜなら、この薬は血中に積極的に吸収される傾向があり、うがいをするときは常に自分自身を制御することができないからです。

    この場合の胎児の安全性は、妊婦がどれだけ液体を飲み込んでいるかによって異なります。1〜2回の飲酒は危険をもたらさず、活性物質の濃度は低く、そして胃の中の溶液の量は少なくなります。

    妊婦が一杯の薬を飲み込んだ場合は稀です。しかし、これが起こると、吐き気、下痢、発疹、皮膚の発赤といった副作用が生じることがあります。

    Furatsilinaの胎児への悪影響を証明する情報はありません、no。薬物への注釈では、禁忌としての妊娠は指定されていません。

    フラシリンを処方する最も一般的な理由はのどの痛みや風邪ですが、その治療法が解決策や軟膏の形でフラシリンを使用している他の多くの病気があります。

    医師は以下のためにフラシリンですすぎまたは洗浄を処方することがあります。

    • いつもの風邪、
    • 副鼻腔
    • 化膿性中耳炎、
    • 副鼻腔炎、
    • 多数の急性呼吸器ウイルス性疾患
    • 粘膜の炎症過程
    • 化膿性創傷
    • 褥瘡

    Furatsilinaの長所と短所

    この薬は非常に用途が広いので、患者は考えずにそれを使用します。しかし、あなたが若い有機体が子宮内で発達することを知っているならば、特に薬を選ぶとき、注意は無用でありません。そして、それへのなじみのない物質の侵入は非常に望ましくなく危険です。

    胎児の体に活性物質フラツィリナの悪影響の実験室の証拠はありませんが、それは将来の赤ちゃんの血流に入ることができることが証明されています。そして、これは母親が薬を丸薬の形で服用しないための良い理由です。

    フラシリンを外的にそしてすすぎの形態で使用することは、利点と欠点の両方を有する。薬の使用中に自分自身と胎児を完全に保護するためには、これら両方とも分析する必要があります。

    • 病理学的フローラは長い間、活性物質フラシリンに対する耐性を発現することができません。
    • 薬は効果的にかなりの数の病気を治療します
    • 薬は胎児に積極的な影響を及ぼさない
    • 薬は母乳育児に使用することができます。

    • 胎児に関する薬物の中立性についての科学的根拠のある証拠はありませんが、その悪影響の証拠はありません。
    • アレルギーを引き起こす可能性があります
    • 薬が一般的に病気の経過に影響を与えることができないことで、何人かの医師はフラシリンの主な効果はプラセボ効果であると信じています。

    予防薬としてのフラシリン

    予防はウイルスと風邪のための唯一の万能薬であり続けています。現在の状況の脆弱性を認識しており、弱体化した免疫システムにより、病気の発症前や初期段階でも身を守ろうとしていることを知っている妊婦。

    フラシリンは病気予防のための優れたツールであることが証明されました。病気が現れ始めた頃に喉をすすぎ、鼻を洗うと、それ以上微生物の発生が抑制され、病気のピークは起こりません。症状は3〜4日で消えます。

    1期

    治療目的および予防目的の両方で適用が可能である。急性呼吸器感染症やインフルエンザの流行中にうがい薬や鼻の洗浄をフラシリン溶液で行うと、妊娠中の女性に特に有用になります - 薬は摂取前の段階で病原性微生物を破壊します。

    妊娠中のフラシリン - 細菌や細菌に対する信頼できるシールド

    その位置のために、妊娠中の母親は、妊娠中の使用のために承認された薬の選択においてしばしば制限されます。

    しかし正確にはこの時点で、女性の体は病原菌や微生物の攻撃に対してより敏感になります。

    彼らと戦うのに役立つことができるいくつかの救済策の一つは、薬フラシリンです。それは細菌感染症や皮膚の病変で状態を軽減するのに役立ちます。

    薬の説明と作用原理

    フラシリンは、その有効成分がニトロフラールである抗菌薬です。フラシリンは、ブドウ球菌、連鎖球菌、サルモネラ菌、大腸菌などの細菌によって引き起こされる病気と戦うのに効果的です。

    Nitrofuralは細菌の膜を貫通し、細胞に含まれるタンパク質を溶解します。その結果、細胞死が起こり、病原性植物相の増殖が停止する。

    安定した効果を得るためには、5〜6日間薬を使用する必要があります。妊娠中にフラシリンを摂取することは可能ですか?

    この薬はバクテリアに対してのみ有効で、真菌やウイルスの拡散を抑えることはできません。したがって、治療を開始する前に、専門家に相談する必要があります。

    医者は病気の性質を決定するでしょう、その後フラシリンによる治療の必要性は解決されます。

    フラシリン療法

    フラツィリナ溶液は、患部の皮膚や粘膜を治療するための消毒剤として外用されています。

    次のような場合にフラツィリナの使用が可能です。

    • 2度と3度は、関連する細菌感染でやけどをする。
    • 化膿性創傷
    • 軽度の皮膚損傷(切り傷、引っ掻き傷、擦り傷)、
    • じんましん、
    • のどの痛み、風邪、インフルエンザなどの風邪
    • 口腔疾患(口内炎、歯肉炎)
    • 眼疾患(結膜炎、眼瞼炎)、
    • 急性中耳炎

    フラシリンは、副鼻腔炎の治療に使用されます。患者が穴を開けられ、副鼻腔炎が薬の溶液で洗われる時です。しかし、この手順は病院の耳鼻咽喉科医によってのみ実行されます。

    外的に使用されるとき、薬物は局所的に作用します、すなわちそれは血流に浸透せず、そして子供の発達に影響を与えません。

    妊娠中の女性は、アルコール溶液ではなく水溶液の形でフラツシリンを使用することをお勧めします。のどを治療するときは、物質を飲み込む可能性を排除する必要があります。

    ある生殖器の特定の病気を治療するためにフラシリン溶液と接触することを推奨するものもあります。妊娠中にダッチングが膣から子宮への感染の拡大に寄与することがあるので、これは行うことができません。

    このプロセスはバクテリアを胎児に浸透させることができます。妊娠中のどの段階でも、子供の子宮内感染は非常に危険な状況であり、出産時に発達障害、臓器の病状、または合併症を引き起こす可能性があります。

    もう1つの一般的な誤解は、フラシリンを使用するとツグミ - 多くの妊娠中の女性が苦しむ病気 - を治すことができるということです。影響を受けた表面をフラシリンで処理しても、放電は機械的にしか除去できません。

    カンジダは真菌であり、そしてフラシリンは真菌と戦うことができないので、病気の原因を排除し、この薬はできません。

    ツグミの治療のために、妊娠中の使用が承認された特別な薬があります。

    妊娠中にフラツィリナを使用する方法

    製薬会社は様々な形でフラツシリンを提供しています:

    • 解決のためのタブレット、
    • 水溶液
    • アルコール溶液
    • 軟膏。

    のどの痛みをうがいをする場合は、既製のfuratsilinaの水溶液を購入するか、自分で準備することができます。

    これを行うには、5錠のフラシリンを粉砕し、得られた粉末に1リットルの熱湯を加えて完全に溶解するまで撹拌する必要があります。

    得られた鮮黄色溶液を快適な温度に冷却しそしてすすぎに使用する。あなたは毎時間うがいをすることができます。

    処置前にその一部を加熱するたびに、完成した溶液を一日保存することができる。

    傷の治療のために無菌液Furatsilinaが必要です。錠剤を溶かした後、液体を火にかけて30分煮沸するという点で通常と異なります。そのような溶液の貯蔵は主題ではない。

    火傷、術後の縫合糸、化膿性創傷および他の皮膚病変の治療のためには、患部を無菌溶液で洗浄する。次いで、3〜5分間、フラシリン溶液に浸したガーゼのラップを適用する。化膿性創傷は過酸化水素で前洗浄することをお勧めします。

    フラシリンの温かいアルコール溶液は中耳炎(耳に5〜6滴)、軟膏の治療に使用されます - 眼病巣用。

    薬の類似体

    フラシリンは防腐剤です、それ故にそれは風邪の処置の多くのアナログを持っています。喉の治療のためのそのような薬は次のとおりです。

    消毒剤としてFuratsilinaの人気にもかかわらず、あなたは医者に相談せずにそれを使い始める必要はありません。病気の性質が細菌性でなければ、治療は結果をもたらさないでしょう、そしてこの期間中の倦怠感は急性期に変わるかもしれません。

    妊娠中は、フラシリンは外用にしか使用できません。錠剤や溶液を飲み込まないでください。他の薬と組み合わせて薬の推奨される使用はすぐに細菌感染を克服します。

    ビデオを見る: Как узнать на что у вас аллергия? (12月 2019).

    Loading...