人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

幼児におけるAkvadetrimに対するビタミンD水溶液の不耐性またはアレルギー:身体の負の反応の原因と治療

Aqvadetrimにアレルギーはありますか?はい、それは子供によく起こります。これは、ビタミンDがアクバデトリムの主成分であることが最もアレルギーの強いビタミンの1つであるという事実によるものです。

この道具は2歳までの子供たちにもっと頻繁に処方されます。それはビタミンDの不足を補うのを助けます。そして、それは子供の免疫と骨装置の形成に責任があります。また、ビタミンは心血管系を強化し、血清の濃度を調節します。

Akvadetrimはアニスの強い香りを持つ明確な解決策です。 1mlは、約15IUのコレカルシフェロール(ビタミンD)を占める。

コルカルシフェロールはアルコールとだけ溶けそして結合する粉である。 Aquadetrimにはベンゼンアルコールがあり、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。

さらに、このツールには他に考えられるアレルギーの原因があります。

  1. アニス風味それは解決を子供のための好みに楽しいものにします。アレルギーを起こしやすい子供はこの成分に耐えられないかもしれません。
  2. 投与量医師が処方した投与量を超える不便なディスペンサーは、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。予防目的のために、子供たちは1滴を処方されます、顕著なくる病の場合には、骨粗鬆症は3から10滴まで処方されます。

他の同様の手段からのAkvadetrimの利点は腸を刺激することなく子供の体によってよりよく吸収される水ベースです。

症状学

Akvadetrimに対するアレルギーは、資金を体内に取り込んだ後に現れます。この時点で、特定の毒素が血中に形成され、それは皮膚、胃腸管、および神経系の状態に悪影響を及ぼす。

その薬に対するアレルギーはどうですか。

  • 頬、腹部、手足に顕著な充血
  • 鱗状の発疹
  • 鼓腸
  • 便秘または下痢、
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 拒む
  • まれに、中枢神経系に関連する障害があります - 不眠症、不安、過敏性、泣き声。

そのような反応がすでに現れているならば、それからあなたは子供Akvadetrimを与えることをやめてそしてあなたの医者と相談するべきです。

アナフィラキシーの間の生命の否定的で危険な結果を防ぐためには、医者を呼ぶ必要があります。アレルゲンが体内に入ってから30〜60分以内に症状が現れます。しかし時々遅れるタイプのアレルギー反応がある場合もあります。彼女と一緒に、最初の症状は12-48時間で表示されます。

Akvadetrimの低アレルギー性類似体

時には子供がビタミンDを非常にひどく必要としているので、単にAquadetrimを放棄することは不可能です。それは子供を傷つけることなくこの微量元素の欠乏を埋めるのに役立ちます低アレルギー性の類似物を見つけることが必要です。

Akvadetrimを置き換える方法:

また、子供は自然療法 - 魚油を拾うことができます。アレルギー成分を含まず、消化管の状態に良い効果をもたらします。

治療方法

アレルギー反応が現れた場合、Aquadetrimは直ちに中止されるべきです。治療法を除外した後の軽度の疾患の場合、症状は数日で消えます。

Akvadetrimに対するアレルギーが急性の場合は、抗アレルギー薬による治療を開始する必要があります。

以下のゲル/軟膏は、外的症状を軽減するために使用されます。

  • ベパンテン
  • D-パンテノール、
  • スキンアップ、
  • ギスタン、
  • エリデル、
  • ボンデルヒル

経口投与のために処方されます:

  • Fenistilは赤ちゃんにとって最も安全な薬の一つです。
  • ジアゾリン、
  • タベギル、
  • クラリチン、
  • Semprex、
  • ゾダック、
  • トレキシル、
  • ツェトリン、
  • テルファスト
  • ジルテック
  • エバスチン

重度のアレルギーに対しては、ホルモンベースの軟膏が処方されます。

カモミール、ヤローの煎じ薬からローションを作ることもできます。

投与についての質問、Akvadetrimaを同様のツールに交換する場合は、医師からの連絡が必要です。

原因

ビタミンDは最もアレルギーがあるとされていますが、身体、特に子供にとって非常に必要です。したがって、それを含む薬は潜在的なアレルゲンになる可能性があります。その純粋な形では、天然に入るビタミンがアレルギーを引き起こすことはめったにありません。ほとんどの場合、この反応は合成カルシフェロール(ビタミンD 2およびD 3)で起こり、これらはAkvadetrimを含むビタミン製剤の一部です。

解決策は、必要な投与量で小児科医によって処方されています。これは食物と一緒のビタミンDの総摂取量だけでなく、子供が太陽の下で過ごす時間量も考慮に入れます。彼がAquadetrimの正しい服用量を処方することができるように、赤ちゃんがどのようにそして何を食べるかを専門家に知らせるようにしてください。時々、通常の薬物の過剰摂取はアレルギーと間違われることがあります。

母乳で育てられた赤ちゃんは、人工のものよりビタミンDが不足している可能性が高いです。牛乳混合物を給餌することで、それらに添加されている一定量のビタミンを摂取することが可能になります。

成人のお菓子に対するアレルギーの症状や病気の治療について学びます。

アレルギーとナンキンムシ咬傷を区別する方法は?このアドレスで役に立つ情報を読んでください。

幼児の体の不適切な反応はビタミン自体ではなく、Aquadetrimの他の成分に起こるかもしれません:

  • スクロース、
  • クエン酸
  • ベンジルアルコール
  • アニスエッセンス。

水溶液は小さな体に最適であると考えられていますが、ビタミンDは水に溶けにくいです。そのため、アレルギーを引き起こす可能性があるベンジルアルコールが水滴量計の溶剤に追加されます。

臨床症状

ほとんどの場合、Akvadetrimを含む薬を飲んでいる赤ちゃんは、アレルギー反応をはっきりと示しています。その症状はアトピー性皮膚炎の徴候に似ています。

アレルギー症状:

  • 皮膚充血
  • ひどくかゆくなる顔や体の他の部分にアレルギー性発疹、
  • うろこ状の汚れ
  • 粘膜の腫れ。

腸疾患:

  • 疝痛
  • 鼓腸
  • 嘔吐
  • 椅子の違反、
  • 拒む

アレルギーがあり、落ち着かず、よく眠れず、いたずらで泣いている子供。

非常に敏感な子供たちは、次のような形で病気の重症症状を呈することがあります。

一般的な規則と治療方法

医師が治療を処方する前に、赤ちゃんを調べて、どの特定の物質がアレルギーを引き起こしたのかを判断する必要があります。おそらくこれはビタミンD 3ではなく、Akvadetrimの他の成分です。とにかく アレルギー反応の症状がある薬の服用は中止してください。 資金の引き出し後、対症療法は症状の軽減を促進するために処方されます。

赤ん坊は滴の形で第2および第3世代の抗ヒスタミン薬を使用することを許可されています。第一世代の薬とは異なり、それらはより安全で最小限の副作用があります。 1ヶ月からあなたはドロップFenistilまたはZyrtecを与えることができます。このツールは中毒性がありません、それは長い間取ることができます。

6ヶ月から抗ヒスタミン薬の範囲はそのような手段によって拡大することができます:

薬はいくつかの方法で体内に入ることができます:

  • 牛乳または牛乳の混合物に加える
  • 水で薄めてスプーンから出す。
  • 薬は授乳中の母親に摂取することができ、それから彼は牛乳で子供の体に入ります。

6ヶ月から子供のためのレビューと低アレルギー性ミックスの特徴を見てください。

妊娠中のアレルギーに対する効果的で安全な薬のリストはこの記事で見ることができます。

http://allergiinet.com/allergiya/simptomy/na-glazah.htmlにアクセスして、目の周りのアレルギーの症状と治療法について学んでください。

皮膚の症状を緩和するために、赤ちゃんは地元の治療法を適用することをお勧めします。

非ステロイド剤はすぐに結果を出しません、そして時々それらの使用は無用かもしれません。それゆえ、場合によっては、代替案として、医師は、患者の状態を迅速に緩和するためにコルチコステロイドの短期間のコースを処方することができる。 4ヶ月からあなたはAdvantanクリームを処方することができます。 1日1回、患部の皮膚にのみ薄い層を塗ります。 ホルモン薬を徐々にキャンセルする必要がある 突然の離脱を避けるために。

体からアレルゲンの除去をスピードアップするには、子供に吸着剤を与える必要があります。

必要に応じて、医師はAkvadetrimの受付をその類似体(Vigantol、Oksidevit)と置き換えることができます。しかし、これは彼らへのアレルギー反応の欠如を保証するものではありません。だから 薬は細心の注意を払って与えられるべきです そしてそれは自然な方法でビタミンD摂取の可能性を見つけるために良いです。

お勧めのアドバイス

幼児がAkvadetrimに対してアレルギー反応を起こさないようにするには、その使用に関する規則に従う必要があります。

  • 小児科医が処方した投与量を守ってください。 1滴の薬はビタミンDのための子供の毎日の必要性を提供します
  • ビタミンを含む乳児用調製粉乳の入院について医師に通知する。
  • 小さな子供たちに油よりもよい水溶液を与える。不完全な消化器系は脂肪の消化に対処することはほとんどできません。

Akvadetrimの乳児にアレルギーはありますか?

Akvadetrimは、20 mlバイアルに入った水溶液です。それは自然な方法でビタミンDの摂取量が不足している子供たちに処方されています。この微量元素はカルシウム、リンのより良い吸収に貢献して、免疫特性を高めます。時には何人かの赤ちゃんはAkvadetrimにアレルギーを持っています。子の症状が不十分な場合は、小児科医に相談してください。

Akvadetrimへの不寛容の発展の理由は、その組成、使用方法の特性にあります。それぞれの場合の理由は以下の通りです。

  • 「過剰反応」は薬物の過剰使用から来ます。この問題を回避するには、ピペットからビタミンを滴下する必要があります。
  • 基金の一部である免疫耐性フレーバー。例えば、ベンジルエタノールまたはアニス濃縮物。

この不耐性は、低用量のビタミンを摂取した場合でも発生します。新生児が微量元素Dを知覚していないことを明確に知るためには、Aquadetrimに対するアレルギーがどのように引き起こされているかを知っておくべきです。

赤ちゃんの両親がビタミンDに対するアレルギーを患っている場合、たぶん、子供は病理を受け継ぎます。

akvadetrimに対するアレルギーは何ですか?

製品の有効成分が赤ちゃんの体に浸透した後、特異的な免疫反応のために、毒素は表皮の状態に影響を及ぼし始めます:皮膚の症状が現れ、中枢神経系と消化管の機能不全が現れます。

  1. 肌の発赤。赤みを帯びた斑点が体の上に見られることがあります。通常は頬、足、手の領域、または領域全体に局在しています。かゆみ、かき傷、はがれ。
  2. 腹部膨満、新生児は便秘を起こしている、または便が動揺しているように見える。
  3. 子供は食べることを拒み、彼の食欲はなくなりました。
  4. 神経系に対する刺激物の有害な影響は、子供の不安、過敏性および不眠症を特徴としています。
  5. 中枢神経系に対する毒素の影響のため、赤ちゃんは行動し、睡眠不足、泣いています。

上記の症状は、他の要因の影響下でよく見られます。疾患の正確な原因物質は医師によってのみ決定されることができます。そして、医師は検査の後に必要な治療を処方します。

乳児におけるAkvadetrimアレルギーのレビュー

乳児におけるAkvadetrimのアレルギー治療の利点を確認するには、レビューを読むことができます。

アナスタシア、25歳、キエフ。

みなさん、こんにちは。私はAkvadetrimaを飲んだ後の子供のアレルギー性発疹の治療に関する私のフィードバックを共有したいと思います。娘(5ヶ月)、医者がこの治療法を書き出し、1ヶ月でコースを飲んだ。顔に発疹がありました、手。私は彼女の吸収剤(活性炭)と抗ヒスタミン薬(Advantan)を与えることを試みることにしました。罹患した皮膚領域はラクリーを塗った。資金調達の1週間後、発疹は解消されました。私は今Akvadetrimを拒否することにしました、今私は私の娘Vigantolに渡します。変化が来るまで、私たちは1週間ビタミンコースを飲んでいます。ご清聴ありがとうございました。

エレナ、34歳、サラトフ。

みんなへのご挨拶1歳の息子はAquadetrimの誕生を処方されましたが、この薬のために発疹が彼の体に現れました。水を試してみましたが、効果は出ませんでした。彼らはまた抗ヒスタミン薬Fenistilを使用することにしました、また息子Smektを与えました。 2週間後、発疹は消え、1ヶ月後にAkvadetrimに戻った。これまでのところ、アレルギー症状は発生していません。

ミハイル、40歳、パーマ。

こんにちは!私の娘は2歳です。6ヶ月の時から、医師は彼女の体内にビタミンDを補給するためにAkvadetrimを任命しました。初めに、それは混合物に落とされました、しかし、子供は腹部と手足の上に赤い斑点を持っていました、そして、彼女は同じく眠りと落ち着かずに食べ始めました。私たちは小児科医に行きました - 医者はAkvadetrimへの不寛容を発見しました。私はすぐに受付をキャンセルし、治療を受けました。使用したSmekta、軟膏Fenistil、患部の皮膚はカレンデュラでこすった。私の努力のおかげで、1週間後、症状は解消されました。彼らは1ヵ月待った、そして医者はAkvadetrim - D-tipatの代わりをした。 6ヶ月間、子供に薬を無事に与える。

幼児や子供のアレルギーの原因

アレルギー反応の主な原因はその構成です。あなたが大量に薬を服用すると、すぐにアレルギーの出現を引き起こします。したがって、このような状況が発生した場合は、一定時間服用を中止するためだけに服用量を直ちに減らす必要があります。

Akvadetrimには、アニス香料やベンジルアルコールも含まれています。これらの物質は、体内のア​​レルギー反応の発現にも寄与する物質です。これは、アレルギーがその個々の成分の場合のように、薬 "Akvadetrim"にそれほどではあり得ないことを意味します。

アレルギー症状

薬が体に入るので、アレルギー反応の主な症状は皮膚に影響を与えます。そして大人の人には症状がすぐに現れるのであれば、小さな子供には最初の段階でそれらを見落とすことができます。

幼児や小児では、Akvadetrimに対するアレルギーの最初の症状は次のとおりです。

•食欲不振

•肌の各部分と全身の発赤

•体に軽度の発疹が見られる。

アレルゲンが神経系に寄与することを忘れないでください。したがって、別の症状は、過敏性、睡眠不足、および子供の機嫌不良です。

アレルギー治療

アレルギー反応の最初の症状が現れたらすぐに医師に相談することを忘れないでください。病気がその経過をたどるのを許すことと、反応が自然に起こることへの期待はアレルギーを複雑にすることにつながるかもしれません。アレルギーを確立するには、まず第一に、特別な血液検査が役立ちます。その過程で、検査室は、薬「Akvadetrim」に否定的に反応する特別な体の血中の存在を確立するでしょう。

医師の最も簡単な勧告は、この薬を服用することを基本的な拒否になります。しかし、これは、身体が最小限の損失で薬物に反応し、そして子供がそれを摂取しなくなった後にアレルギー反応が消えた場合です。それでもアレルギーが感じられる場合は、医師はそれと戦うのに役立つ特別な薬を選択します。

最も一般的な薬は次のとおりです。

ただし、それらは医者の推薦にだけ使用されるべきです。子供の自己投薬を処方する必要はありません。

伝統的な薬によって提示されたアレルギーのための他の治療法もあります。だから、赤ちゃんの体はカモミールやカレンデュラの煎じ薬で洗うことができます。これはすでに両親の要求で行われています。

"Aquadetrim"に代わるもの

医者がAquadetrimを飲むことが赤ん坊に厳しく禁止されることに注意すれば、これは動揺するべき理由ではないです。薬局は、子供の体に必要なビタミンDを含む他の多くの薬を販売しています。

したがって、「Aquadetrim」の類似物を見つけることは難しくありません。最も人気があるのは以下のとおりです。「Vigantol」、「D-tipat」、およびビタミン複合体「Muliti-tabs」。はい、彼らはAkvadetrimより少し高価になりますが、彼らは子供の健康のために安全になります。

まとめると、それはアレルギー反応の最初の徴候であなたがすぐに医者の助けを求めるべきであることを付け加えるためだけに残っていますそれが病院を訪問することが可能でないならば、あなたは自宅でかかりつけの医者に電話するか、または最も近い薬局で薬剤師に連絡することができます。主なことは、自己治療の試みをすべて排除することです。あなたがアレルギーを漂わせることを許すならば、状況は悪化することができます、数値的な合併症を伴います、そしてそれは治療することがはるかに難しいでしょう。

Aqvadetrimにアレルギーはありますか?

様々な化合物に対する感受性の問題を研究している専門家は、ビタミンを含む薬に対する反応の存在について長年にわたって知られていました。残念ながら、無害な薬はありません - ハーブや他の天然成分を基にした製品でさえ不耐性症状を引き起こすことがあります。この規則に例外はありません、そして、子供にakvadetrimに対するアレルギーがあるかどうかに興味がある人々は反応がかなりありそうであることを理解するべきです - それはすべて有機体の個々の特徴に依存します。特定の役割は、患者の年齢、感受性の発達に対する遺伝的感受性、患者自身の中だけでなく近親者の中にもアレルギー性病状が存在することによっても果たされる。

主な物質に加えて、どんな医薬品にも補助的な成分が含まれています - それらはかなりたくさんあることが多く、そして誰もが個々の不寛容の発達にとって重要になることがあります。 Akvadetrimに対するアレルギーは、ビタミン自体に対する直接の反応、または以下のような成分に関連しています:

  1. スクロース
  2. クエン酸
  3. ベンジルアルコール
  4. フレーバー
  5. 染料

Akvadetrimの服用中に、真実だけでなく疑似アレルギー反応も観察されます:それらは病理学的過程における免疫系の関与および特異的保護複合体 - 抗体の発達なしに発症します。

どの患者でも、特にそれが小さな子供である場合、感受性はしばしば胃腸管の機能不全、肝臓、免疫不全、急性および慢性疾患と関連しています。子供が成長するにつれて、内臓の未熟さに関連する違反がなくなるとすぐに、永続的に不寛容と別れることができます。

子供のakvadetrimに対するアレルギー

ビタミンD 3は幼児に処方されることが非常に多く、何人かの患者がそれをうまく許容する場合、他の人は個人の感受性に関連する障害を発症する。もちろん、障害の原因を捜すとき、食物(母の食事を母乳で育てているとき)と他のありそうな挑発者に対する反応を排除することはできません、アクバデトリムを中止している間

皮膚症状

非常に様々な違いがあり、そのような症状を含めることができます。

  1. 乾燥肌。剥がれや地殻の外観、頭皮を含む。
  2. 発赤、腫れ。腫脹がめったにひどくなることはありませんが(蕁麻疹を除く)、赤い部分が頬、お尻、腹部、背中の部分に現れることがあります。
  3. かゆみ、発疹。子供は落ち着かなくなります、彼の肌は常にかゆみ、発疹は斑点(小さいか大きいか)、ピンク色のボーダー、泡、にきび、小結節のある磁器色の水疱のように見えます。

アレルギーは、誘発物質との接触の停止、瘢痕化の後の症状の急速な後退を特徴とし、皮膚の患部に二次的な要素が残ることはありません。

消化管症状

成人と同様に、それは薬に対する感受性だけでなく、過剰摂取によっても説明することができます。子供が小さいほど、投薬量を間違えやすくなります。そのため、保護者は正しい使用方法を慎重に監視する必要があります。観察された症状など:

  • 食欲減退
  • 逆流
  • 吐き気、嘔吐、
  • 胃の中の疝痛、
  • 下痢、または逆に便秘
  • 鼓腸。

子供は落ち着かず、泣き、乳房や混合物を拒絶します。嘔吐を繰り返すと体重が徐々に減少することがあります。脱水が発生します。消化器症状は、しばしば皮膚の症状、睡眠障害と組み合わされます。

感度の存在を確認する方法

アレルギー性として分類される障害は幼児でより頻繁に観察されるので、診断は主に病歴と診察データに基づいています:

  1. 薬物の開始に伴うコミュニケーション発達障害。
  2. Aquadetrim廃止後の病理学的変化の客観的回帰
  3. 過去に薬についての同様の苦情の発生について。
  4. 発疹、膨満感、その他のアレルギー反応の症状と見なされる兆候の存在。

実験室での研究や幼児期の皮膚検査は必ずしも十分なレベルの情報を持っているわけではなく、いくつかの場合にのみ有用であり得、そして一般に成人患者にのみ推奨されます。しかし、薬を交換する可能性があるため、実際には詳細な診断は不要になり、効果的で安全な類似体を選択するために医師との諮問相談を行うことができます。

Akvadetrimの使用に関連する違反を排除することを目的とした対策が各患者に必要です。アレルギーの兆候は健康を脅かし、顕著な不快感を引き起こします。そのため、アレルギーが発生した場合は、できるだけ早く医師の診察を受ける必要があります。

除去

これは誘発物質との接触を断ち切ることに基づく方法です - 言い換えれば、薬物Akvadetrimの廃止です。診断が正しく、症状が実際にその使用に関連していた場合、数日後に症状が著しく改善されます。重度の反応が発生しても、短い休憩後に再び薬物に戻ることはありません - ほとんどの場合、これは違反の再開につながります。子供や大人が治療を続ける必要がある場合は、十分な量のビタミンD3を含むものを見つける必要があります。

Akvadetrimをアレルギーに置き換える方法は?最も一般的に推奨される薬は以下のとおりです。

それらは滴を受け取るのに便利な形で提供されます。

薬物療法

薬の廃止が最も効果的であると同時に有害な症状を排除するための無害な方法であるので、それは状態を改善するのに十分であることが多い。しかし、一部の患者は追加の薬の使用を必要とするかもしれません:

これらは抗ヒスタミン薬の薬理学的グループに属する薬剤で、かゆみ、発疹、浮腫などの症状を軽減(阻止)するためのものです。経口で服用することができ(錠剤、滴)、外用することもできます(ローション、軟膏、クリーム)。

大部分の抗ヒスタミン薬には厳しい年齢制限があることを忘れないでください - これは中毒や他の副作用の危険性をもたらすので、自分自身で幼児のアレルギーを治療しようとしないでください。

大人はまた医者によって推薦される養生法に続くべきです。薬物不耐症の傾向があるので、彼女の症状を止める薬物でさえ反応誘発者として作用する可能性があることを知ることが重要です。

小児または授乳中の母親の食事の組成を変更することがアレルギー感受性の問題に対する唯一の解決策ではありませんが、腸疾患の存在下では、回復を早め、将来の不耐性のリスクを減らすのに役立ちます。除外することをお勧めします。

  • 辛い調味料
  • イチゴ、柑橘類、
  • 全牛と山羊のミルク、
  • ピーナッツ、ナッツ、
  • きのこ、缶詰食品。

母乳育児をしている女性は、料理を食べること、蒸したもの、ゆでたもの、最低量のバターと調味料で煮込んだもの、またはオーブンで焼いたものが望ましいです。肉、魚の低脂肪品種を優先することをお勧めします、できるだけ多くの熱加工野菜を食べるようにしてください。子供に栄養を与えるための混合物には、累積アレルギーを持ち、ビタミンD3をベースにした製剤への耐性を悪化させる可能性のある牛や山羊のミルクタンパク質があってはいけません。

予防と役に立つヒント

アレルギーを持つAkvadetrimは完全に禁忌ですが、感受性の形成を防ぐために何をすべきですか?いくつかの規則があり、それを遵守することで開発のリスクを減らすことができます。

  1. 医師の指示どおりに薬を使用してください。
  2. 授乳中の母親を連れている間、それは低アレルギー性の食事療法を固く守ることが賢明です、子供の中で膨満を引き起こす食物を避けます。
  3. 大人はアルコール摂取を除外するべきです。

また、高用量での予約は必ずしも好ましいとは限らず、ビタミンD製剤を「もっと多く、もっとよくする」という原則は相容れないということを覚えておくことも重要です。それどころか、過剰摂取の可能性が高く、健康を脅かす可能性があります(特に妊娠中の女性に関しては)。したがって、あなたは賢明に薬を服用することにアプローチし、そしてあなたの医者と治療計画のどんな変化でも調整するべきです。

アレルギーが合格しなかった場合はどうしますか?

くしゃみ、咳、かゆみ、発疹、皮膚の発赤に苦しめられ、さらに深刻なアレルギーを起こすことがあります。そしてアレルゲンの分離は不快か不可能です。

さらに、アレルギーは喘息、じんましん、皮膚炎などの病気を引き起こします。そして、いくつかの理由で推奨される薬はあなたのケースでは効果的ではなく、いかなる方法でも原因に対処しないでください...

私たちのブログでAnna Kuznetsovaの話を読むことをお勧めします。医師が彼女に太った十字架をかけたときに彼女がどのように彼女のアレルギーを取り除いたか。 記事を読む>>

著者:Torsunova Tatiana

コメント、レビュー、ディスカッション

Angelina Finogenova: "私は2週間でアレルギーを完全に治し、高価な薬や手順を使わずにふわふわの猫を飼い始めました。それだけで十分でした。" もっと>>

私たちの読者はお勧めします

アレルギー疾患の予防と治療のために、私たちの読者はツールを使用することを勧めます」アレギックス他の方法とは異なり、Alergyxは安定した安定した結果を示します。すでに5日目の使用でアレルギーの症状は減り、1コース後には完全に合格します。このツールは予防と急性症状の軽減の両方に使えます。

Akvadetrimとは何ですか、彼の任命の兆候

Akvadetrimはアニスの顕著な臭いがする無色の透明な液体です。

1ミリリットルの薬は15000IUのビタミンD3を含んでいます、主要な製品に加えて、賦形剤の数もあります。

生まれたばかりの赤ちゃんの体内に十分な量のコレカルシフェロールは、骨の適切かつタイムリーな開発を担当しています。

体内のビタミンD 3が十分でない場合、カルシウムは完全には吸収されず、これは骨組織にある種の異常を引き起こします。

Akvadetrimも筋肉の緊張を改善し、血液凝固の調節に関与し、副甲状腺と心筋を正常化します。

コレカルシフェロールは、日光にさらされると食品から発生するか、または皮膚に形成される可能性があります。幼児では、これら二つの条件は完全には満たされていない。したがって、Akvadetrimはほぼすべての新生児を任命しました。

投与量は個別に選択されます。母乳で育てられた赤ちゃんは彼らの食事からより少ないビタミンD 3を得ます。

人工混合物では、このビタミンは特に加えられます、従って人工子供はより低い適量でAquadetrimを取ります。

人気のトピック

薬の使用の目安:

  1. ビタミンD 3欠乏症の予防
  2. くる病とくる病の病態の治療
  3. 低カルシウム血症
  4. 代謝性オステオパシー
  5. 骨粗鬆症

Akvadetrimに対するアレルギーは、ほとんどの場合、生後1年の子供に起こります。

アレルギー症状

Aquadetrimは体に入るので、特定の反応によって形成された毒素は皮膚の変化の外観に影響を与え、神経系や消化器系の機能を混乱させます。

人生の最初の年の子供におけるこの薬へのアレルギーは明白です:

  • 肌の発赤。頬や体中に赤い斑点が現れることがあります。
  • かぶれを伴う皮膚の発疹。
  • 肌にフレーク状の汚れがあります。これらの変化は、子供の頬、脚、腕の影響を受けやすくなります。
  • 膨満感。このような背景に対して、子供は便秘を起こしているか、逆に下痢をしている可能性があります。
  • 食欲不振
  • アレルギー物質が神経系に及ぼす悪影響は、乳児の不安、過敏性、睡眠不足によって表されます。

これらの症状は他の原因の影響下でしばしば発生します。アレルギー反応の原因を正確に特定することは、検査と検査に基づいて適切な赤ちゃんの治療を処方する医師に限られます。

アレルギー反応の原因がAquadetrimを服用していることが確認されたら、この薬の使用を拒否する必要があります。

通常、この後、数日以内に、病気のすべての徴候が消え、そして赤ちゃんの健康状態が完全に回復します。

しかし、子供の体はアレルギー反応とその結果に迅速に対処するのを手助けされる必要があります、そしてこれは抗ヒスタミン薬の使用を必要とします。

多くの薬は人生の最初の年の子供たちに禁忌であるので、医者は幼児のための薬を選びます。

生後1年目の子供たちの薬物療法は通常、以下の薬物を服用することで構成されています。

  • 抗ヒスタミン剤 - Ebastina、Zirtek、Claritina、Fenistil、Treksila。
  • 屋外施設軟膏の使用はかゆみを解消し、肌の治癒を早めるのに役立ちます。第一に、そのようなBepanten、D - パンテノール、スキンキャップなどの非ホルモン軟膏が処方されています。 赤ちゃんのコルチコステロイドによる資金は医師によってのみ処方され、行われた治療が助けにならない場合。

伝統医学のレシピも使えます。あなたが赤ちゃんにアレルギーがあるなら、カモミール、カレンデュラの煎じ薬に浸ることをお勧めします。これらのハーブのブロスは、単に肌を拭くために使われています。

akvadetrimに代わるもの

一部の乳児におけるビタミンD3の予防的摂取の必要性は、生後1年だけでなく2年目にも持続します。

したがって、Aqvadetrimにアレルギーがある場合は、このビタミンのアナログを見つける必要があります。これは医者によって行われなければなりません。

Akvadetrimは薬を取り替えます:

  • ヴィガントール。
  • D-tipat
  • ビタミン複合マルチタブ。
  • エルゴカルシフェロール - 油性ビタミンD 3。

薬物類似体として、そしてその投与量、そして一般的な治療過程は、小児科医によって各小児患者に個別に処方される。

若いお母さんのレビュー

Svetlana、26歳。

「彼女の息子の頬の発赤は、最初に彼女の食事と関連していました。可能なことはすべて食事から削除され、助けにはならなかった。

それから私はAkvadetrimへの反応をチェックすることにしました、数日間私はこの薬を与えなかった、そして皮膚は完全に清潔にされた。夕方には再び頬が痛くなったので、治療薬を点滴する必要がありました。

したがって、小児科医は私たちにAkvadetrimをビタミンD 3の油性溶液で置き換えるように勧めました。これまでのところ、とても良い。」

「Akvadetrimの後、私たちはおなかに問題がありました - 膨満感、時には1日に数回下痢。小児科医は、これが子供がどのようにアニスに反応することができるかと言ったので、その薬をVigantholと取り替えることを提案しました。それを使用して数日後、おなかの問題はなくなりました。」

「Akvadetrimは彼の息子をほとんど生まれてから与えました。ビタミンは正常に耐えました、私はどんな有害事象にも気付きませんでした。今、私たちは一年にして夏を過ごしているので、それを受け入れる必要はないと思います。」

「小児科医が、私たちに出生3週目から1滴、akvadetrimを処方しました。初日に、赤ちゃんは叫び、ひどく眠りました。そしてakvadetrimaを服用して2日目に、発疹が体に現れました。その薬は彼女自身によって中止されました、3日間の間、私たちは飲まず、すべてが正常に戻りました。明日は別の治療のために小児科医との予約を取ります。」

「治療を開始してから1ヵ月後のどこかで、Aquadetrimは子供の体に発疹が周期的に現れるのに気づきました。最初におむつかぶれや粉末アレルギーを考えました。しかしそれから私は私がこのビタミンを与えるのを忘れた場合に発疹が少なくなることに気付きました。今は1滴に減量していますが、正直なところ、時にはビタミン剤の摂取を逃していますし、体にもっとにきびがあることに気付いていません。

それが読むのに役立ちます:子供のアレルギー、原因、症状、治療。

Loading...