人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

Acipol - 使用方法、アナログ、レビュー、価格

家庭用薬剤アジポールは、乳酸菌の生培養物およびチベットのミルク(ケフィア)真菌の多糖類を含有する細菌プロバイオティック調製物である。それは病原性に非常に耐えられず、まともなものとして偽装されていますが、常に細菌性の「プッチ」微生物を組織する準備ができています。腸内細菌叢症は何百万もの人々の問題です。多くの人は、自分自身のバクテリアのミクロフローラで起こる構造的な変化を知らなくても、それに苦しんでいます。後者の不均衡は、必然的にすべての腸の「マイルストーン」における食物の消化、吸収および同化を損ない、免疫状態を著しく悪化させ、そして患者の全般的な健康を悪化させる。腸の異常症の最も明白な徴候は、ほんの少しだけ知られています:胃の不快感(重い、かき乱す、膨満感)、便秘または下痢、食欲不振、悪心、持続的な疲労、眠気。これらの対症療法の鐘に正しく反応しない場合は、貧血、活力の著しい喪失、有毒な頭痛、睡眠障害、外観の低下(虚弱および脱毛、皮膚のニキビ、口の隅)の形で実際の病原鐘を待つことができます。慢性腸管嚥下障害を患っている子供たちでは、体の成長と発達は遅くなります。腸内細菌叢症の治療および予防において最も効果的な薬の1つはプロバイオティック薬のアシポールです。プロバイオティクスには、健康全般、特に腸内細菌叢の状態にプラスの影響を与える生きた微生物が含まれます。 Atsipolは、微生物 - 乳酸菌の生菌 - が栄養培地の成分であるケフィア多糖類と一緒に見られる複合プロバイオティクスです。前者は正常な腸内細菌叢の増殖を促進し、細菌株の集団間のバランスの乱れを回復させる。後者は生物の免疫状態を改善し、免疫調節効果を示す。

薬の乳酸桿菌は胃の攻撃的な酸性環境で破壊されず、「数値構成」の損失を最小限に抑えて腸に到達し、「軍事ユニット」の迅速な配備を確実にします(読む:治療作用の急速な開始)。 Atsipolはほとんど負の副作用がない薬です。好ましい安全性プロファイルにより、3ヶ月齢の子供に割り当てることができます。これに加えて、アシポールが「患者管理プロトコル、腸内細菌症」の業界標準に含まれていることを付け加えなければなりません。

Atsipolはロシアの製薬会社Pharmstandardによってカプセル化された形で製造されています。 1日の服用量と薬歴の期間は、それぞれの特定の臨床例で個別に設定され、患者の年齢、疾患の重症度と期間、および細菌感染症の重症度によって決まります。 「+ 3」の年齢制限を下回る子供たち、アシポールは食事の間に1日2〜3回1カプセルを処方しました。このような若い患者さんにはカプセルを完全に飲み込む必要はありません。カプセルは服用前に開封され、その内容物は常温で沸騰水または牛乳に溶かされます。 3歳以上の大人と子供は食事の30分前に1日3〜4回1カプセルを処方されます。ウイルス性および細菌性の病因学の腸の感染症では、「OKA」(「急性腸感染症」)と略記されるアシポールを5〜8日間、為替レートモードで使用する必要があります。より長い薬物コースは、慢性の異菌症の子供のために示されて、体重と身長の遅れをもたらします。アシポールの胃腸症状を防ぐために、2週間1日1回1カプセルを使用することをお勧めします。 (必要に応じて)繰り返される薬物療法コースの間の最小時間間隔は少なくとも1ヶ月でなければなりません。 3歳以上の大人と子供は、お湯で洗い流されたカプセル全体を飲みます。

薬力学および薬物動態

ケフィア菌特別なおかげで 多糖類 組成において、開発のために不利な雰囲気を作り出す 病原微生物。これは抗生物質の効果に近い薬の効果によるものです。また、薬はスピードアップ 免疫反応 生物。

全体を下げる pH, 乳酸菌 体を破壊する有害物質、アンモニアを水素と結合させること(反応は主に酸性環境で起こる)、およびその妨げられない結論からの自然な方法で、すなわち糞便に寄与する。

それは腸で知られているように、重要なの合成 ビタミンの そして生理活性物質。また、腸内には素早く効率的に消化された食品が含まれているので、そこから吸収されたビタミンや栄養素が吸収されます。正常な機能における重要な要素 GIT いいです 蠕動運動 そして 腸運動。 Atsipolはこれらすべてのプロセスを正規化します。薬の薬物動態はまだ正確に研究されていません。

Atsipolは何ピルですか?

  • 急性腸管感染症あいグラム陽性菌およびグラム陰性菌による
  • 慢性大腸炎, 腸炎, 腸疾患,
  • 急性および慢性 菌異化症を伴う 免疫力の低下ある, 弱点, 便秘× そして 下痢.

またAtsipolのための徴候として役立つ:

  • 引き起こす可能性のある薬 菌異化症 そしてさまざまな腸の病気
  • アレルギー減らすために 中毒.

アシポールの類似体

薬の類似体は他の ユービオティクス同様の有効成分を使って。のような バイオバクトン、リネックス、ビフィドマクテリン、ヒラックフォルテ 腸内細菌叢を正常化する他の薬。

ろうそくの使用も同様の効果があります。 アシラクト。アシラクト坐剤の組成は、賦形剤を除いて(剤形による)アシポールのそれと類似している。

より良いアシポールやリネックスは何ですか?

Atsipolは同種のバクテリアを含んでいます。そしてで リンクス 一度に3つあるので、より効率的です。類似体中のアシド、ラクト - およびビフィズス菌の数は、アトシポールよりはるかに多い。しかし、同時に、Acipolの利点も考えられます。 低コスト体内に閉じ込められたすべての微生物がそれらの能力を保持するという事実もあります。

より良いアシポールやヒラックフォルテは何ですか?

ヒラックフォルテ 広告で頻繁に言及される有名な媒体。薬は プレバイオティクスメートル正規化を調整するだけです。 ミクロフローラ原則として、幼児には効果がありません。

1日3カプセルの量で処方された3歳からの子供のためのAtsipol。子供が薬を飲み込むのを容易にするために、それは通常水か牛乳に溶かされます。薬は肯定的なフィードバックがあるとき 子供の便秘。それは安全、無毒、そしてよく吸収されます。子供用の薬の価格はそれほど高くはありません。

新生児

新生児用Atsipolは次のような場合に最もよく処方されます。 アレルギー母子の腸内細菌叢の不均衡によって引き起こされます。カプセルを服用する前に、コースと投与量を医師が処方しなければなりません。新生児に対するレビューは前向きであり、この薬はGTCを自己摂食に適応させるという課題にうまく対応しています。

アシポールのクチコミ情報

フォーラム上のレビュー:マイナスとプラスの両方。包括的な治療の一環として、医師によって処方された場合、その薬の有効性は高いです。友人や知人の助言で薬を飲み始めた患者は、ほとんどの場合、有意な改善を観察せずに単独で服用を中止しました。

妊娠中のレビュー:予防薬として、妊娠中に嚥下障害に対処するのに役立ちます。

子供や赤ちゃんに連れて行かれたとき、次のレビューそれは子供に時々発生しますが:一般的に、薬は忍容性が良好です 鼓腸。幼児用の薬はZhTKが新しいタイプの食物に慣れるのを助けます。

3歳からの子供たちへのAtsipolの使用に関するレビューは良いです、薬はときに効果的です 胃疾患

リリースの形式と名前

現在Atsipolは単一剤形で利用可能です - カプセル 摂取のため。カプセルAtsipolは2つの部分からなる楕円形のゼラチンシリンダーです。カプセルの中には、薄いクリーム色またはクリーム色で塗装された、特徴的な発酵乳臭を有する乾燥粉末があります。薬は10、20または30カプセルのプラスチックの不透明な瓶で入手可能です。

数年前、アシポールは錠剤や凍結乾燥品でも製造されていましたが、現在のところこれらの剤形の製造は中止されています。品質の点でカプセルよりも劣っているからです。

したがって、Atsipol錠剤は圧縮された凍結乾燥物であったので、それらを口の中で噛みそして水または牛乳で洗い流さなければならなかった。そして凍結乾燥物は粉末であり、摂取前に5〜10mlの水または牛乳で希釈しなければならず、そして得られた懸濁液を飲んだ。そのような場合、それらは酸の影響に耐えることができなかったため、ほとんどの微生物は胃の中で死亡しました。

カプセルAtsipolは、その殻が胃液の影響から微生物を保護し、腸内でのみ溶解し、それが必要とされている場所に有益な細菌を放出するので、錠剤や凍結乾燥物よりも大きな利点があります。すなわち、カプセルの中で薬のすべてのバクテリアは腸に到達します。そして、それは状態のはるかに速い治癒と正常化を提供します。

原則として、カプセルの内側には粉末があり、これは以前は独立した剤形として製造され、それから錠剤が圧縮されたものと同じ凍結乾燥物である。すなわち、腸内での有効成分のより良好な送達に加えて、カプセル剤は錠剤および凍結乾燥物と変わらない。

多くの場合、人々はキャンドルAcipolを探していますが、薬はこの剤形でリリースされたことはありません。ほとんどの場合、ろうそくの下でAtsipolは薬物類似体 - ろうそくAtsilaktを理解し、意味します。この場合、「Atsipol」と「Atsilakt」という名前の類似性によって引き起こされる混乱があります。

アシポールは、有効成分として、乾燥した生の好酸性乳酸桿菌およびケフィア多糖を含有する。これは、最初の乳酸桿菌が栄養培地中で増殖し、その後それらが特別な方法で乾燥された、すなわちそれらが凍結乾燥されたことを意味する。凍結乾燥の手順を受けた乳酸桿菌は生きたままですが、不活性状態に変わります。凍結乾燥した乳酸菌に水や牛乳を加えると、4〜5時間後に再び有効になります。これは、Atsipolが腸にコロニーを形成することができて、そして細菌学異常を排除することができる生きている乳酸菌を含むことを意味します。

ケフィア多糖類は、それらの生命活動の結果としてこれらの微生物によって生産され、栄養培地中に残る物質です。これは、それらを得るために、ケフィア真菌が最初に成長し、その後再び増殖しないようにそれを不活性化し、次いで利用可能な栄養培地全体を凍結乾燥したことを意味する。その結果、ケフィア菌によって生産された物質が凍結乾燥物中に現れる。

これらの物質は、通常の腸内細菌叢の細菌にとって優れた栄養素であり、そのおかげでそれらは素早くそしてよく増殖し、腸にコロニーを形成し、そして細菌異化症の発症を予防することができる。すなわち、実際、ケフィア真菌の多糖類はプレバイオティック物質である。好酸性乳酸桿菌は、通常ヒトの腸内細菌叢の一部である微生物です。すなわち、組成物中の乳酸桿菌の存在は、Atsipolカプセルをプロバイオティクス群の薬物にする。したがって、Atsipolにプロバイオティクスとプレバイオティクスが同時に存在すると、この製剤はシンバイオティックになります。

カプセル中の活性成分に加えて、補助物質としてのアチポールは、二酸化チタン、ゼラチンおよび赤色酸化鉄を含む。これらの賦形剤はカプセル剤の製造に使用されます。

治療効果

Atsipolにはプロバイオティック(乳酸菌)とプレバイオティック(ケフィア多糖類菌)の両方が含まれているので、治療効果と作用はどちらもこれらの成分の性質によって決まります。

Atsipolの一部である乳酸菌は、以下の治療効果があります。

  • 腸管腔内の病原性および条件付き病原性微生物(例えば、シゲラ、病原性大腸菌、プロテウス、赤痢菌、サルモネラ菌、クレブシエラ属、エルシニア属、ブドウ球菌など)は有害である。この作用のおかげで、外来の微生物叢が破壊され、腸の感染症や細菌異化症が治ります。
  • それらは乳酸を産生し、腸内容物の酸性度を低下させ、それはまた正常な微生物叢の代表にとって好ましい条件を作り出しそして病原性および条件付き病原性細菌に有害に作用する。この効果はまた腸の伝染を治し、苦痛を取り除きます、
  • ビタミンBを合成する、
  • 感染症のさまざまな病原体に対する体の耐性を高めます。
  • ラクトース、ガラクトース、グルコース、フルクトース、マルトース、スクロース、セロビオース、マンノース、トリハロースおよびサリシンなどの二糖類が切断される。その結果、Atsipolはラクターゼ欠乏症の代用療法の手段として処方することができます、
  • 様々な病気に対する全身の抵抗を強化します。

記載されている乳酸桿菌の治療効果はすべて非常に強く、Acipolの一部でもあるケフィア菌の多糖類によって発現されています。結局のところ、これらの多糖類は実際には乳酸菌の栄養素です。このように、アシポールを服用するとき、人はより良い生着、成長と繁殖のために通常のミクロフローラ細菌と栄養素の両方を同時に受けます。

さらに、ケフィア真菌の多糖類は追加の治療効果を有し、それは免疫系に対する直接の刺激効果からなり、その結果としてその働きが活性化されそして身体の種々の器官および系における長期の現在の慢性感染および炎症過程を治癒することが可能になる。ケフィア真菌の多糖類は、胸腺および脾臓におけるそれらの成熟の過程を活性化することによってリンパ球の数を増加させる。

アトシポール - 使用法

アトシポールの一般的な適応症は、様々な臓器(腸、膣、口腔咽頭の粘膜、気道など)にさまざまな理由で発生しているジバクテリア症です。粘膜の異菌症は腸内細菌叢の正常化後にのみ治癒することができることを忘れないでください。したがって、腸内細菌叢を正常化するAtsipolは、間接的に細菌異化症および他の臓器(口、鼻咽頭、気管支など)の排除をもたらします。

Acipolの使用に関するより正確で具体的な適応症 治療の主な手段として 以下は、小児および成人における以下の状態または疾患であり、これらは、食欲不振症を引き起こす。
1. 不特定のものを含む急性腸感染症(例えば、ロタウイルス感染症、サルモネラ症、赤痢など)、
2. 感染性または非感染性発生の慢性大腸炎および腸炎
3. ブドウ球菌、クレブシエラ属などの日和見微生物によって引き起こされる腸管障害および消化管の障害。
4. 抗生物質の長期使用

さらに、アシポールは使用のために示されます。 複合療法の一環として 以下の疾患では、嚥下障害を伴い、子供の体重のセットが遅れる。

  • 幼児のさまざまな臓器やシステムの化膿性および炎症性疾患に対する積極的かつ大規模な抗生物質療法
  • 慢性、長期または再発性の呼吸器感染症(例えば、気管支炎、肺炎、喉頭炎、気管炎など)
  • アトピー性皮膚炎および他のアレルギー性疾患または反応

それとは別に、一般的な病気に対する体抵抗を高め、ストレス、食事の誤りなどの微生物叢の不均衡を招く可能性がある様々な要因や状況の背景からの抗バクテリア症を予防することにある等病気に対する抵抗力を高める手段として、Atsipolは頻繁に、長期に渡る、慢性または再発性の消化管および気道の病状を示す傾向で使用されることが推奨されています。

一般規定

カプセルを使用して服用する前に、各カプセルの包装(プラスチックの白い不透明な瓶)と赤い貝殻の外観を慎重に調べてください。カプセルが置かれている瓶に損傷がある(例えば、ひびが入っている)場合、その上にマーキングはなく、有効期限のマーキングは見当たらないか、はっきりと見えない。そのような調剤は使用できない。

また、有効期限が切れたカプセルは、治療効果が非常に低いため、服用しないでください。実際、有効期限が過ぎると、カプセルに含まれていた有益なバクテリアは単に死に、薬はその有効性を失います。

損傷したブリスター(長い平らなホイルパック、または錠剤がよく見つかる紙 - 下の写真を参照)で包装されたAcipolカプセルは、その特性を失う可能性があるため、服用しないでください。

カプセルの形が壊れていたり、その色に含まれているものや点がある場合は、そのような準備もしないでください。

Atsipolは、既存の状態や病気の治療のために処方された他の薬と同時に服用されるべきです。他の薬物による治療の完了後の期間はアトシポールの使用を延期することは推奨されません。なぜなら、このアプローチは、口腔内細菌症を悪化させるだけであり、その除去に必要な期間を長くするだけだからです。

カプセルAtsipolは経口で服用し、それらを丸ごと飲み込み、片付けたり、咀嚼したり、他の方法で粉砕したりしないでください。カプセルは室温で少なくとも半分のコップの水、牛乳、または発酵乳製品(ryazhenka、ヨーグルト、ケフィア、bifidokなど)で洗い流さなければなりません。

まだカプセル全体を飲み込むことができない幼児にAtsipolを投与する場合は、まずそれを開き、内容物をスプーンまたは小さな容器(例えばガラス)に注ぎ、10mlの水(小さじ1杯)を加えて均質になるまで少し攪拌する。サスペンション結果として生じる懸濁液は赤ん坊に与える。子供がスプーンから懸濁液を飲み込むならば、あなたはこのように彼にAtsipolを与えることができます。子供がスプーンから懸濁液を飲み込むことを拒否した場合は、少量(20〜30ml)の搾り出した母乳または人工調合乳に加え、ボトルに入れて子供に与えます。

食事の30〜40分前に服用してください。しかし、幼児にAtsipolを使用する場合は、次回の授乳中に食物と一緒に薬物を投与する必要があります。食物とともに、あなたは3歳未満の子供にアシポールを与えることができます。しかし、3年経った後も、少なくとも15分間はアシポールのカプセルと食物の服用の間隔に耐える必要があります。

アシポールによる治療の用量と期間は、通常、病気の経過の重症度と改善の度合いに基づいて、生物の個々の特性を考慮して医師が決定します。しかしながら、様々な状態や病気に対する治療のコースの推奨される平均投与量と期間は、方向付けられることができます開発されています。

あらゆる病気の治療目的のアチポールは、年齢に応じて以下の投与量で服用する必要があります。

  • 3ヶ月の子供 - 3年間 - 1カプセルを1日2〜3回、食物と一緒に服用してください。
  • 3歳以上の子供と大人 - 食事の30分前に、1日3〜4回、1カプセルずつ服用してください。

必要に応じて、1日の服用量を3歳未満の子供用に9カプセル、大人および3歳以上の子供用に最大12カプセルに増やすことができます。

カプセル間でほぼ同じ時間間隔を維持する必要があります。たとえば、1日に2回カプセルを服用する場合は、10〜12時間以内、つまり起床後の朝と就寝前の夜に服用することをお勧めします。カプセルを3回飲むときは、約8時間ごとに飲むことをお勧めします。

急性の状態や病気(例えば、急性腸管感染症、急性気管支炎、ARVI、インフルエンザなど)では、アトシポールは5〜8日以内に服用することが推奨されます。さらに、病気の発症後早ければ早いほど、アシポールは人間にとってより良いものになります。 ARVI、インフルエンザ、その他の呼吸器系または消化器系の急性疾患では、Acipolを他の薬と同時に服用し、主な治療コースの終了を待たないでください。そのようなアプリケーションでは、Atsipolによる5〜8日の治療コースは、微生物叢のバランスを回復させ、細菌異化症を解消するのに十分です。ただし、他の薬による急性感染症の治療が完了した後にカプセル剤を使用した場合、ミクロフローラのバランスを回復し、嚥下障害を解消するには少なくとも10日かかります。

長期の現在の慢性の再発性疾患(例えば、腸炎、大腸炎、気管支炎、腸の持続性機能障害など)、ならびに体重不足の乳児では、Atsipolは2〜3週間の長いコースで使用されるべきです。必要に応じて、治療は3ヶ月に延長することができます。

修正が困難な慢性疾患または持続性の細菌異化症では、Acipolによる一連の治療を繰り返すことができます。アシポールを服用する2つの連続コースの間で、1つは少なくとも1ヶ月の間隔に耐えるべきです。

腸管の嚥下障害および機能障害の予防のために、アシポールは10〜15日間、1日1回1カプセル、あらゆる年齢で摂取されるべきです。アシポールを服用するための予防コースは、1暦年に3〜5回実行できます。

子供のためのAtsipol

カプセルAtsipolは3ヶ月齢の子供に使用することができます。以前は、それは乳酸桿菌だけを含み、腸内のこれらのタイプの細菌間の正常な関係を混乱させ、赤ちゃんの下痢を引き起こす可能性があるため、子供にアツシポールを与えることは推奨されていません。 3ヵ月に達すると、子供の腸内でビフィズス菌と乳酸菌のバランスを崩すことはもはや不可能です。なぜなら彼の体はこのパラメータを独立して調節する能力を獲得するからです。この場合、たとえ子供が自分の必要以上に多くの乳酸菌をAtsipolのカプセルと一緒に摂取しても、それらは単に糞便で腸から取り除かれます。

Atsipolは、成人と同様に、何らかの理由で引き起こされる細菌異形成症を解消し、腸管感染症を治療するために、子供たちに使用されています。私達はまた、細菌異形成症の治療のための薬の使用についても注意を払うべきです。事実、子供は事実上あらゆる食事の違反、急性呼吸器ウイルス感染症、急性呼吸器感染症、またはあらゆる臓器の炎症性疾患(気管支炎、扁桃炎、喉頭炎、咽頭炎など)を抱えています。 。したがって、病気の後で子供が病気になることは多くなく、慢性病理学的疾患に罹患しないように、細菌異形成症は排除されるべきです。この目的のために、完璧なカプセルAtsipol。

フランスの小児科医は、風邪、インフルエンザ、急性呼吸器感染症、またはさまざまな臓器の感染性炎症性疾患(気管支炎、扁桃炎、中耳炎、尿道炎など)の治療中に、Atsipolなどのプロバイオティクスを子供に与えることを勧めます。ロシアの診療所で行われた研究によって示されるように、そのようなアシポールの使用は回復を加速し、幼児の病気の発生率を減らします。したがって、口内炎の兆候が現れる前であっても、あらゆる臓器のさまざまな感染症や炎症性疾患を持つ子供にAtsipolを使用することをお勧めします。

さらに、乳糖​​不耐症に罹患している乳児にアチポールを使用することの利点については、別に言及する必要があります。赤ちゃんがこの状態に苦しんでいる場合、それは摂食前に彼にAtsipolの半分のカプセルを与えることが可能であり、乳糖不耐症の症状は消えます、なぜなら調剤に含まれるバクテリアは乳糖を分解して消化することができるからです。これは、Atsipolの使用を背景に、母乳育児を続け、乳糖を含まない混合物に子供を移植しないことが可能であることを意味します。

子供にアシポールを使用する理由の全体のセットは2つの大きなグループに分けることができます - 予防と治療薬の摂取。アシポールを治療するとき、それは食事と一緒に1日2〜3回1カプセル、3歳未満の子供に与えられるべきです。 3歳以上の子供 - 食事の30分前に1カプセル3〜4回1カプセル治療期間は改善率によって異なり、急性感染症(腸感染症、インフルエンザ、SARS、急性呼吸器感染症など)、および慢性または長期感染症(大腸炎、腸炎、気管支炎など)では平均5〜8日です。 d。) - 2 - 3週間

あらゆる年齢の子供にAtsipolを予防的に使用する場合は、10〜15日間の食事中または食事の30分前に1日1カプセルを服用してください。予防的には、子供は様々な臓器の感染性炎症性疾患の後に薬を投与することができます。

カプセル全体を飲み込める場合に限り、カプセル全体を子供に与えてください。この場合は、食事の30分前に子供にAtsipolを投与する必要があります。子供がカプセルを飲み込んで半分のコップの水かミルクでそれを洗い流すことを確実にすることは必要です。

子供がカプセルを飲み込めない場合は、それを開き、内容物をスプーンに注ぎ、5〜10mlの水または牛乳を加えてよく混ぜ合わせて均質な混濁懸濁液を得る。この懸濁液は子供に飲ませるために与えられます。カプセルの使用のこのバージョンでは、アシポールは食事中に赤ちゃんに与えられます。

乳糖不耐症を解消するためには、毎授乳する前に赤ちゃんに半カプセルを与えなければなりません。これを行うには、カプセルを開き、中身をきれいな皿に注ぎ、半分に分けます。次に、濁った懸濁液が得られ、そして給餌前に子供に与えられるまで、粉末の半分を一杯の沸騰した水で室温で希釈する。子供がスプーンの中身を飲み込まない場合は、懸濁液を10〜30mlの牛乳または混合液で希釈する必要があります。一時停止は授乳の初めに赤ちゃんに与えられ、そして彼がすべてを食べるとき、彼は母乳で育てられるか、または必要な量の人工的な調合乳と一緒にされます。

Atsipol babyの使い方

Atsipolの赤ん坊は食事の間に懸濁液の形で与えられるべきです。懸濁液を得るには、カプセルを開き、その中身をスプーンに注ぎ、5〜10 mlの水(小さじ1杯)を加えます。濁った懸濁液が得られるまでカプセルから水と粉末をかき混ぜます。それからこの懸濁液は子供にスプーンから直接与えるように試みるべきです。もし彼がそれを飲み込んだのなら、その直後にあなたは栄養補給を始める必要があります。子供がスプーンからAtsipolの懸濁液を飲み込まなかったら、それから混合物の10 - 30のmlと混合されるか、または表現された母乳は瓶に注がれるべきです。この瓶は子供に与えられます、そして、彼がその内容を完全に食べるとき、彼は授乳されるか、または必要な量の混合物を持っています。

様々な病気の治療のために、赤ちゃんは5から20日間、1日に2から3回1カプセルを与えられます。予防のために、10-15日の間1日1回1カプセルを与えてください。

妊娠中の使用

Atsipolは、通常の微生物叢の細菌やケフィア菌の老廃物を含んでいるため、医師や科学者らは妊娠中の女性にとって安全であると考えています。両方の成分は胎児と女性自身に害を与えないので、安全であると考えられます。

しかし、使用説明書は妊娠の使用に関するデータがないことを示しています。製造業者が妊娠中の女性で薬の特別な研究を行わなかったという事実だけを反映するので、このフレーズは恐れられるべきではありません。しかし常識では、女性が対応する乳製品を使って妊娠中に受け取ることができるケフィアや乳酸菌は、自分や赤ちゃんに害を及ぼすことはできないとしています。したがって、あなたが常識に従うのであって、指示を書くための国際的な要求に導かれていないのであれば、実務家や科学者が言うように、Acipolは妊婦によって使われることができます。

副作用と禁忌

アシポールの使用に対する禁忌は、薬物の成分に対する不耐性です。それはそのコースの悪化や重み付けを引き起こす可能性があるため、慎重にカンジダ症(ツグミ)のために薬を使用する必要があります。

副作用として、アシポールはその開発がそれが薬を服用するのを止めることが必要である様々なアレルギー反応だけを引き起こすことができます。

アンシポール類似体は薬物と考えられており、これは活性成分としてあらゆる種類の乳酸菌をも含んでいる。さらに、類似体は、乳酸桿菌のみ、または乳酸桿菌、ビフィズス菌、腸内細菌およびプレバイオティクスの組み合わせを含み得る。

だから、アシポールの類似体には、次の薬が含まれます:

  • アルジラク、
  • Atsidobak、
  • アシラクト(乳酸菌のみ)
  • バクテリオバランス、
  • バイオバクトン(Lactobacillusのみ)
  • ビオベスチン - ラクト、
  • ビオン-3、
  • ビフィジン
  • Bifidum-BAG、
  • バイファイラー
  • Bonolact Pro + Biotic、
  • Bonolact Re + General、
  • ダルム=シンビオテンパスコ、
  • YogulaktとYogulakt Forte、
  • カルシス、
  • キパティッド
  • ラクトバステリン(Lactobacillusのみ)
  • リネックス、
  • マクシラック、
  • ナリン(乳酸菌のみ)
  • Normobact、
  • ノルモフロリン-L、
  • ポリバクテリン、
  • Primadophilus(ラクトバチルスのみ)
  • プロトタイプ、
  • レグリン(乳酸菌のみ)
  • Rela-Life(乳酸菌のみ)
  • サンタルースB、
  • シンビオラクト、
  • Trilact(乳酸菌のみ)
  • エフロリン-L(乳酸菌のみ)
  • 効率的(乳酸菌のみ)。

括弧はどの薬物が乳酸桿菌のみを含むかを示す。

バイフォームまたはアシポール?

Bififormはビフィズス菌、Atsipol - lactobacilliの組成に含まれています。すなわち、調製物は、通常の微生物叢の成分であり、幾分優れた特性を有する様々な種類の細菌を含有する。したがって、Atsipolはウイルス感染症の治療に、そしてBifiform - ツグミや細菌感染症の排除には有効です。したがって、あなたは人がどんな種類の病気を持っているかに基づいて薬を選ぶべきです。

細菌叢症では、正常なミクロフローラの最大の回復が達成されるのはこの順序であるので、最初にアトシポールを適用し、次いでビフィウンダクテリンを適用することが最適である。
薬Bififormについてもっと読む

作者: Nasedkina A.K.生物医学的問題に関する研究を行っているスペシャリスト。

薬の薬理学的性質

Atsipolのカプセルは、増殖性の消化器系疾患や感染症を引き起こす病原性腸内細菌叢に対して顕著な抗菌作用を持っています。

腸内における病原性細菌の増殖の抑制は、病原性フローラにとって好ましくない生存条件を作り出すラクトおよびビフィズス菌の増殖により起こる。腸内の有益な微生物の数を増やすことによって、患者の免疫力とさまざまなウイルス性および感染性の病気に耐える能力が高まります。

生殖中の薬剤Lactobacilliのカプセルの一部は腸のpHレベルを変化させ、それは病原性の病原性微生物の増殖阻害を引き起こします。

正常な腸内細菌叢が回復すると、ビタミンB、K、その他の生理活性物質の産生と吸収が正常化します。血中のAtsipolカプセルのおかげで、回復したミクロフローラを背景に、コレステロールとビリルビンのレベルは正常化されます。治療的および予防的用量での薬物の定期的使用は、消化プロセスを改善し、吐き気、げっぷ、胸やけ、鼓腸および増加したガス形成、腹部での絶え間ない鳴き声などの不快な現象から患者を解放する。 Atsipolカプセルの一部であるラクトおよびビフィズス菌のおかげで、腸機能が改善され、蠕動運動が改善され、これが大腸の慢性便秘および腐敗過程を防ぐのに役立ちます。

薬の使用の目安

以下の症状の予防と治療のためにAtsipolを患者に処方したカプセル:

  • 腸の運動性の低下による慢性便秘
  • 下痢を伴う急性中毒のための複雑な治療法の一部として、
  • サルモネラ症、赤痢、急性腸管感染症、その結果として患者の体は脱水状態になり、糞便とともに有益な微生物が誘導されます。
  • 重度の腸機能障害を伴う腸炎
  • 長期の抗生物質によって引き起こされる抗細菌症
  • 頻繁な感染性およびウイルス感染
  • アレルギー性皮膚発疹、アトピー性皮膚炎および接触性皮膚炎の包括的な治療
  • 単調な栄養不良。

子供のための薬の投与量と投与

薬物の投与量および治療過程の期間は、個々の患者ごとに個別に医師によって決定される。これは主に患者の年齢、体重、診断、そして病気の重症度によります。

3ヵ月以上の子供たちは、食事の前または食事の間に1日2回、薬の1カプセルを処方されます。赤ちゃんはカプセルを飲み込めないことが多いので、それを開けて内容物を小さじ1杯の温かいお湯で混ぜることができます。

3ヶ月までの乳児には、以前に水に溶かしたカプセルの内容物の1/2を摂取することをお勧めします。

Детям старше 3 лет рекомендуется принимать по 1 капсуле 3 раза в сутки во время еды или за полчаса до приема пищи.

抗生物質または他の薬物による治療の結果としての細菌異形成症の発症を予防するために、少なくとも2週間、1日2回1カプセルのAtsipolによる治療のコースが推奨されます。

最低治療期間は最低10日、最高1ヶ月です。必要に応じて、医師の指示に従って1ヶ月後に薬物治療を繰り返すことができます。

妊娠中および授乳中の薬の使用

薬物Atsipolは妊娠中や授乳中の上記症状の治療と予防に使用できます。母乳育児中は、頻繁にまたは長期間プロバイオティクスを使用すると、赤ちゃんがアレルギー性皮膚発疹を発症する可能性があるため、赤ちゃんの反応を監視する必要があります。

特別な指示

Atsipolカプセルと乳製品を同時に使用して腸内細菌叢を回復させると、薬の効果が高まります。

この場合、薬物はラクトおよびビフィズス菌の増殖および繁殖を抑制し、そのような治療による治療効果はないため、抗生物質と同時にプロバイオティクスカプセルを服用することはお勧めできません。プロバイオティクスは、抗生物質による治療のコース終了後に服用することをお勧めします。幼児の治療中にカプセルの内容物を水で希釈する必要がある場合は、体温を超えないように注意する必要があります。そうしないと、有益なバクテリアの死や治療効果の欠如につながります。

薬物の貯蔵および放出の条件

カプセルAtsipolは薬局で処方箋なしで調剤しました。薬は、温度が摂氏10度を超えない冷蔵庫または他の寒い場所に保管する必要があります。カプセルの有効期間は、カートンに表示されている医薬品の製造日から2年間です。乳酸菌の死につながる可能性があるため、カプセルでボトルに直射日光を避けてください。

アチポール類似体

同じ組成の類似体は現在存在しません。

薬理学的グループの類似体(腸内細菌叢の正常化を意味する):Acilact錠、Bactisubtil、Bifidumbacterin、Bifidumbacterin forte、Bifikol、Bifidumbis、Bifiform、Goodluck、Lactofilterrum、Linex、Primadofilitを試してみてください。

Loading...