妊娠

蜂蜜は妊娠できますか

Pin
Send
Share
Send
Send


妊娠中の風邪や免疫力を高めるために蜂蜜を食べることができますこの期間中、子供を産んでいる女性は自分の健康だけでなく、将来の赤ちゃんの健康にも気をつけるべきです。まず第一に、あなたはあなたの食事療法を修正し、通常の製品のいくつかを最小にするかさらには放棄しなければならない。これは蜂蜜にも当てはまります。あなたが妊娠中に蜂蜜を飲めるかどうか見てみましょう。

蜂蜜は甘いだけでなく、体の正常な機能に必要なたくさんのミクロとマクロの要素を含んでいます。それは構成されています:

  • ナトリウム、
  • カリウム、
  • 鉄、
  • マグネシウム、
  • 亜鉛、
  • マンガン
  • 酵素
  • 有機酸
  • ビタミンA、グループB、C、E、K、PP、
  • グルコース、
  • スクロース、

だから妊娠中の女性のために蜂蜜を食べることは可能であり、そしてそれがもたらすどんな利点も:

  • 免疫システムを強化する
  • 子宮循環を改善します、
  • リンパドレナージを改善
  • 子宮の平滑筋にリラックス効果をもたらします。
  • 血管の色調を整えます。

薬草学者は暗い種類の蜂蜜を選ぶことを勧めます。例えば、ソバの蜂蜜は、アカシアの蜂蜜より鉄の4倍、銅の2倍、マグネシウムの14倍多く含まれています。

妊娠中の女性の妊娠中期に蜂蜜を使用できますか?はい、特に強い毒素血症で。彼は吐き気とめまいの発作に対処します。

妊娠初期には、絶え間ない脱力感、眠気を感じたら蜂蜜を使うことができます。。この製品は活力を取り戻すのに役立ちます。

あなたは蜂蜜と妊娠後期ができます。彼は貧血を発症しないように女性を救います。これを行うには、1日1杯の製品を溶かすだけです。ゆっくりと溶解する蜂蜜は、母親の血液に鉄を届け、その成分を正常化させます。

妊娠第3期では、女性のすべての臓器が拡張モードで動作し、体にかかる負荷が何度も増加します。心臓血管系の仕事を含む内臓の仕事をサポートするために、医者もこの便利な製品を使うことを勧めます。

妊娠中の蜂蜜の使用率

妊婦は単純な真実を理解するべきです - 健康な製品でさえ適度に消費されるべきです。あなたはすでに妊娠中の蜂蜜が可能であるだけではなく食べるのに必要であることを知っています。ただし、あなたの状態では、1日2杯のティースプーンで十分です。

  1. すべての蜂製品が十分にアレルギーがあることを忘れないでください。そして、あなたが以前にこれに出会ったことがなかったとしても、あなたは子供を産む期間には細心の注意を払うべきです。 「激しい」ホルモンのために、体がどのように反応するかを正確に決定することは不可能です。
  2. 蜂蜜はグルコースとスクロースを大量に含んでいます、それはかなり高カロリーの製品です。そしてあなたの状態では、これらの余分なポンドは役に立ちません。

妊娠中に風邪をひいて蜂蜜を使う方法

温かい牛乳やお茶にはちみつを加える女性のすべての重要なシステムは現在二重負荷で働いています。多くの場合、これは免疫系の弱体化につながり、それ故に風邪の危険性は著しく増加します。薬、特に抗生物質は、この期間中は非常に望ましくありません。

習慣がないと、妊娠中の女性の中には蜂蜜とお茶で治療を受け始める人もいますが、これはできますか?この製品に直接禁忌がない場合、あなたの婦人科医はこの質問に肯定的に答えます。もちろん、たくさん飲み込んではいけませんが、蜂蜜のスプーンで濃いお茶を一杯飲んだ方が有利です。ハーブティーとベリーティーを醸造することもできます。

材料:

  1. リンデンカラー - 3-4個。
  2. 水 - 200 ml
  3. 蜂蜜 - 小さじ1。

調理方法:リンデンの沸騰したお湯を入れ、10〜15分間浸した後、こすります。蜂蜜は非常に熱い飲み物を入れることをお勧めしません、その有用な特性を破壊しないように。

使い方:回復するまで1日1〜2回服用してください。

その結果:炎症過程を取り除きます。風邪、肺炎、気管支炎に適応します。

お茶では、レモンのスライスを追加することができます。そして、あなたは妊娠中の女性のためにレモンで蜂蜜を作ることができます。

材料:

  1. レモン - 1個
  2. 蜂蜜 - 2〜3杯。

調理方法:柑橘類をよく洗い、その上に沸騰したお湯を注ぎ、皮と一緒に細かく切る。果物を蜂蜜で満たして、それを約30分間放置します。

使い方:完全に回復するまで、小さじ1杯を1日3回服用してください。

その結果:レモンに含まれているビタミンCは、免疫システムを強化し、炎症を軽減します。のどの痛みを取り除きます。温度を正規化します。

また植物療法士は答えます - 妊娠中の女性は生姜と蜂蜜でお茶を飲むことができます。

材料:

  1. 生姜(おろし) - 小さじ1杯。
  2. 緑茶 - 小さじ1。
  3. 蜂蜜 - 小さじ1。
  4. 水 - 200 ml

調理方法:お茶を細かいおろししょうがと混ぜ、沸騰したお湯を注いで15〜20分間煎じます。蜂蜜を加えなさい。

使い方:風邪の治療中は1日2回服用してください。

その結果:免疫システムを強化し、抗酸化作用と抗炎症作用を持ちます。

急性呼吸器ウイルス感染症や鼻水大根の蜂蜜でよく役立ちます、妊娠中の女性はそれを内部で使用して鼻の中に道具を埋めることができます。

材料:

  1. 黒大根 - 1個
  2. 蜂蜜 - 2〜3杯。

調理方法:大根は中型を選ぶ。根をよく洗い、上を切り、スプーンかナイフで芯を取り除きます。中に蜂蜜を注ぐ。 2〜3時間放置します。

使い方:内服するときは、1日2回小さじ1杯を服用してください。経鼻的には、1日2〜3回、各鼻孔に2滴ずつ服用してください。

その結果:有害な微生物を殺す炎症を軽減します。局所免疫力を強化します。

あなたは喉の痛みや風邪の治療のためにミルクと蜂蜜を妊娠することができます。ちなみにこのツールは、心を落ち着かせる効果があります。子供を運ぶ過程で不眠症があるならば、睡眠の1時間前に飲まれる飲み物は、将来の母親の健康的な睡眠を確実にするでしょう。

材料:

  1. ミルク - 200 ml
  2. 蜂蜜 - 小さじ1。

調理方法:牛乳を煮て、少し冷まします。スプーン1杯の蜂蜜をマグカップに加えます。

使い方:回復するまで1日2回服用してください。

その結果:飲み物はのどの痛みを和らげ、汗を減らします。咳をすると蜂蜜を妊娠することができます。

風邪のために、妊娠中の女性は蜂蜜と牛乳にソーダを加えることができます。この飲み物は胸焼けにも役立ちます。

材料:

  1. ミルク - 200 ml
  2. 蜂蜜 - 小さじ1。
  3. ソーダ - 0.5小さじ。

調理方法:ゆで牛乳にはちみつとソーダを加える。

使い方:1日3回100mlを服用してください。

その結果:咳、気管支や肺の痰を軽減します。

禁忌

妊娠中の女性のために蜂蜜を食べることはそのような禁忌がない場合にのみ可能です:

  • アレルギー反応に対する感受性
  • 個人の不寛容
  • 糖尿病

消化管、肝臓または腎臓の慢性疾患がある場合は、この製品の受け取りを担当医と調整する必要があります。

蜂蜜の吸入は、肺や心臓に問題がある場合や、喘息症状を呈する傾向がある場合には、固く禁じられています。妊娠中に体温が冷えている場合は、とにかく蜂蜜、服用しないでください。

婦人科医が体重の「バスト」を指摘している場合は、このカロリーの甘さを放棄することをお勧めします。

風邪の治療によく使用される人々で、ミードを含むアルコールの様々なチンキ剤。妊娠中の女性はミードを飲むことはありません。他のすべてのアルコールチンキと同様に、それらは子供の携帯中は厳しく禁止されています。蜂蜜の妊娠中のtrepangも禁忌です。

不当に大量に使用されている最も有用な製品でもあなたの体に深刻な問題を引き起こす可能性があることを忘れないでください。これは、身体の資源が枯渇し始める妊娠3学期に特に当てはまります。

妊娠中のハチ製品の組成と利点

妊娠中の風邪の治療と予防には蜂蜜が欠かせません。結局のところ、薬は胎児の体に悪影響を及ぼし、その発達を妨げるので、将来の母親によって禁じられています。このため、あなたは蜂蜜で治療されなければなりません、なぜならそれは女性と子供にとって安全だからです。

蜂蜜は子宮の平滑筋に有益な効果をもたらし、骨盤内の血液循環を刺激し、血管と気管支を一掃します。蜂蜜の解決は長期労働の間に一般的な活動を刺激するために注射として使用されます。

蜂プロダクトは有効な制吐剤として、中毒症で使用されています。蜂蜜は枯渇と脱水を防ぎます。スウィートトリートを定期的に使用すると、血中のヘモグロビンレベルの低下を防ぐことができます。

蜂蜜は歯痛のために推薦されます、それは歯のエナメル質を強化し、そして白くします。蜂蜜溶液は眼科疾患の治療に使用されます。

蜂蜜の有益な効果は、その成分の作用によるものです。

•ミネラル(鉄、銅、カリウム、亜鉛)。
ビタミン(レチノール、アスコルビン酸、トコフェロール、ニコチン酸、グループBおよびKの元素)
•有機酸。
炭水化物(フルクトース、グルコース、スクロース)。
•アミノ酸。
•エッセンシャルオイルなど

蜂蜜の組成は多くの点で人間の血液に似ているので、製品は完全に体に吸収されます。

「定位置にいる」女性は、あらゆる種類の甘いおやつに適しています。風邪の中で咳を取り除くために、彼らは石灰蜂蜜を使います、そして貧血の予防と心血管系の改善のために、彼らはソバを使います。濃い琥珀色の癒しの液体は、軽い品種よりも便利です。

妊娠のさまざまな段階での蜂蜜の使用

妊娠が3学期に分かれるのは秘密ではありません。各段階で、女性は特定のビタミン、ミネラルおよび他の有益な物質を消費するべきです。それらのおかげで、母親は気分がよく、そして胎児は完全に発達する。蜂蜜は子宮内の血液循環を刺激し、胚への酸素の輸送に関与しています。

医師は妊娠初期の女性にはちみつの使用をお勧めします。この期間中に、胎児の臓器やシステムが形成され始めるので、母親は追加のエネルギーと栄養素を必要とします。最初の学期に、女性は通常甘いものを引きます。喉の渇きを癒し、体に害を与えないために、ペストリー(ケーキ、ケーキ、キャンディー)を蜂蜜に置き換えることをお勧めします。その結果、妊娠ホルモンが活性化され、体重は正常範囲内にとどまります。

妊娠中の母親が吐​​き気を感じたり、嗜眠状態になったり、睡眠障害がある場合は、医師は蜂蜜と一緒にお茶を飲むか、就寝前に2〜3スプーンを食べることを勧めます。定期的に摂取すれば、女性の健康は向上します。

女性の食欲が増した場合、妊娠中の女性には蜂蜜を食べることが推奨されます。 1日量 - 大さじ2。あなたが本当に食べたいとき、一日中スプーン。甘い御馳走は便秘を助け、消化を正常化します。

妊娠中の女性には、妊娠第3期にはちみつを使用することも望ましいです。蜂製品はお茶、シリアル、または単に食べるために加えることができます。スラブフリーの食事を観察しながら医師が砂糖を蜂蜜に置き換えることを勧めているので、これはおいしいだけでなく、また有用です。

妊娠後期蜂蜜が必要ですが、それは投与量に準拠する必要があります。 1日の最大の珍味量は60〜100 gです(大さじ3杯以下の蜂蜜)。さもなければ、蜂蜜は頭痛、熱、消化器系の障害およびイラクサ熱によって明示される体に悪影響を及ぼすでしょう。

ハニーレシピ

妊娠中の蜂蜜は多くの問題を解決するのに役立ちます:

•蜂蜜とレモンは中毒症の症状を取り除きます。これを行うには、室温で1mlの大さじに200mlの濾過水を混ぜる。スプーン1杯の蜂蜜と25mlのレモン汁。気分を悪くしながらすべてを混ぜ合わせて飲んでください。

•ビート蜂蜜は高血圧を軽減します。甘い薬を準備するには、蜂製品とビートジュースを1:1の割合で混合します。 1日3回25〜50mlを使用する。

•便秘を解消し、消化を正常化するために、大さじ1と水200mlを混ぜる。蜂蜜のスプーン。

•風邪のある妊娠中の蜂蜜が必要です。女性は風邪を予防し、防御を強化し、栄養素で体を飽和させるためにお茶を使います。

•妊娠中の蜂蜜入りミルクは、リラックスして落ち着いて免疫システムを強化するのに役立ちます。蜂蜜と牛乳は食物摂取量を置き換える高カロリー製品を指します。飲み物の一部として、ビタミン、ミネラル、たんぱく質、そして簡単に吸収されます。夜の蜂蜜入りウォームミルクは、眠りにつくのに役立ち、胸焼けを解消し、風邪を防ぎます。癒しのドリンクを作るには、200 mlの牛乳と25 gの蜂蜜を混ぜ合わせます。

•咳が大根と混ざると蜂蜜になります。これを行うには、黒大根ジュース500ミリリットルとミツバチ製品200グラムを取り、十分に混ぜる。 1日2回食べる前に小さじ1杯を食べてください。流産、子宮の高血圧に脅かされているときは、蜂蜜入り大根の使用は禁止されています。

•ショウガやシナモンと一緒に使用することを妊娠温度の蜂蜜にお勧めします。これらの成分で、あなたは抗菌作用と抗炎症作用を持つお茶を作る必要があります。蜂蜜と生姜のシナモンは気道をきれいにし、のどの痛みを和らげます。

•蜂蜜と生姜は咳を解消します。ショウガの根は砕かれ、絞られたジュースであり、1:1の比率でレモンジュースと混合されています。それから液体に小さじ1/2の蜂蜜を加える。治療用混合物は毎時5mlを消費した。

•蜂蜜入りアロエは胃炎を解消するのに役立ちます。植物の樹液を蜂製品と1:1の比率で混合し、5 mlを1日3回消費します。

「蜂ゴールド」を加えたレシピはまだたくさんあります。例えば、プロポリスを含む蜂蜜は、大量の栄養素で体に栄養を与えます。混合物は病原性微生物を破壊し、炎症を取り除き、免疫システムを強化する、など。

適応症と禁忌

妊娠期間中の蜂蜜は、次のような場合に使用されます。

•免疫力が弱まった。
•過敏性。
•睡眠障害
•有益な物質(ビタミン、ミネラル)が不足しています。
•心臓の障害。
•高血圧。
•カタル病の素因。
•中毒。
•消化器疾患。

蜂製品はそのような場合禁忌です:

•ミツバチ製品に対する過敏症。
•低血圧。
•糖尿病
•太りすぎ。

「ハチの金」のすべての利点にもかかわらず、製品を使用する前に、あなたはあなたの医者と相談するべきです。結局のところ、蜂蜜は強いアレルゲンであり、女性が妊娠前にアレルギーを持っていなかったとしても、彼女は妊娠中に現れるかもしれません。この場合、ハチ製品の使用は子供のアレルギー反応の可能性を高めます。このため、妊婦は製品の消費を制限するか、または製品を完全に放棄する必要があります。

妊娠中に蜂蜜はできますか

興味深いことに、蜂蜜の組成は人間の血液の血漿に似ています。妊娠中は、それは単に不可欠です。まあ、それは風邪の治療に優れた予防とナンバーワンのツールであるという理由だけであれば。そして、薬は通常子供を持つ期間中は禁忌であるという事実を考慮すると、蜂蜜はしばしば唯一の可能な治療法の選択肢です。それは子宮の循環を高め、リンパ流を改善し、子宮の平滑筋、血管、気管支を弛緩させます。蜂蜜溶液の注射は、長時間の重労働の場合に女性の枯渇を防ぎ、衰弱の場合には労働の自然な刺激として役立つ。信じられないほど貴重な蜂蜜と、それは妊娠中毒との悪心の闘いを助けます。激しい嘔吐があっても、蜂蜜は他のどの治療よりも優れています。蜂蜜はまた皮に適用されれば、胸および胃のストレッチマークを避けるのを助けます。流産の恐れがあるため、民間ヒーラーはペルガ、クイーンマザー、ミツバチを推奨しています。

有用な特性と特性

蜂蜜は花の蜜から生産される養蜂の製品の一つです。それは甘い味をしています 香り高い香り。人々は彼を甘い琥珀と呼んだ。それには、アミノ酸、フィトンチッド、芳香族化合物、タンパク質、そして無機酸と有機酸の組み合わせが含まれます。便利なコンポーネントの中でも区別されています:

    ,

便利な物件 製品の外観は、その由来の性質によって異なります。大きな価値はアカシアの蜂蜜です。その組成において、フルクトースはグルコースよりも優勢である。それほど一般的ではないと考えられる ライムハニー。それは黄色がかった色と顕著な華やかな香りが特徴です。

独特の味 栗から甘い琥珀を持っています。それは特徴的な苦味と濃い色を持っています。この種の製品は腎臓や胃の病気に使われています。クローバーハニーの香りがノートを際立たせます 草原の草。その色はほとんど透明です。

そば蜂蜜は鉄の供給源と考えられています。濃い赤がかっています。ラズベリーの蜜からの蜂蜜シロップはあらゆる点で最も快適なものの一つです。ミント養蜂は風邪の症状を解消するだけでなく、また 心を落ち着かせる効果があります。

蜂蜜は、甘味料として、そして特定の病気を治療するための独立した薬剤として使用されています。寝る前に内部で使用すると不眠症が解消されます 緊張。ビタミンの存在はインフルエンザや風邪に対する保護を提供します。あなたが朝に空腹時に製品を食べる場合は特に、定期的な摂取は消化管の働きを正常にします。

1期

妊娠の初期段階では、蜂蜜は、に対して良い保護者になることができます カタル病。この間の免疫力は弱まり、そのため女性の体は傷つきやすくなります。抗生物質の摂取は禁止されています。ハチミツとレモンをたっぷりと飲み物と組み合わせて発熱を軽減するのに役立ちます 咳を治す.

2期

妊娠中期のミツバチ製品 脱水を防ぐ 感染症やウイルス性の病気に感染したとき。蜂蜜溶液は歯痛によく使われます。妊娠中は、ほとんどの薬は服用できないので、これは特に重要です。

3期

妊娠後期では、蜜は子癇前症の症状を取り除くために使用されます。彼は吐き気と胸焼けに対処します。プロダクトは強さを得るのを助けます 神経衰弱を伴う。 有害な製品の消費量を減らす必要がある場合に使用されます。それはすぐに体を飽和させ、空腹感を中和します。

メリットと害

甘い琥珀は妊娠中だけでなく計画段階でも健康に有益な効果をもたらします。その用途 あなたは免疫システムを強化することができます薬に頼ることなく。妊娠中の製品の利点は次のとおりです。

天然由来 合成薬よりも身体への害が少ない。しかし、これはこれらの製品の完全な安全性を意味するものではありません。蜂蜜の害は高カロリー含有量のために急速な体重増加です。 製品を乱用するとき アレルギー反応を起こす可能性が高い。

使用方法と投与量

蜂蜜はさまざまな病気を除去するための効果的な民間療法の準備に関わっています。個々の症例ごとに特定の投与量があり、 養生法.

大根と組み合わせて、養蜂は気管支炎の治療に使用されます。根元には、蜂蜜の適切な量が配置されている小さな穴が切られています。大根ジュースは甘い琥珀と混合されて、咳に対して強力な薬を形成します。シロップを1日3回、10ml摂取します。 治療療法 一週間以上続きません。

アロエと組み合わせた蜂蜜は胃炎の治療に使用されます。成分は等しい割合で混合される。アロエ前の葉は慎重に粉砕されます。 自家製の薬 5mlのために1日2回服用してください。治療は病気の症状が消えるまで行われます。

蜂蜜とミルク のどの痛みを伴う風邪をひいてください。温かいミルクのグラスに10グラムのハニーモラセスを加える。飲み物の温度を監視することは重要です。ホットミルクでは、養蜂製品はその有益な特性を失います。飲酒は就寝時に1日1回行われます。

妊娠中の蜂蜜の使用は許可されていますか?

妊娠中に蜂蜜を食べることは許可され、さらにはお勧めです。将来の母親にとって、それは多くの病気の治療と予防に欠くことのできないツールとなるでしょう。

  • グループB、EおよびKのビタミン
  • 微量元素(亜鉛、鉄、カリウム、マグネシウムなど)
  • プロビタミンA(カロチン)
  • 葉酸、アスコルビン酸、ニコチン酸
  • 単純で複雑な炭水化物(フルクトース、スクロース、グルコース)。

女性の地位はこの製品のすべての種類をお勧めします。例えば、シナノキの蜂蜜は風邪やそばから守ります - 貧血から。アカシア蜂蜜は便秘を防ぎ、ミツバチの花粉は自然流産の危険を減らします。

妊娠のさまざまな段階での使用方法、有用なレシピ、および蜂蜜の投与量

目的の効果に応じて、蜂蜜が適用されます。

  • お茶と。紅茶が通常使用されていますが、カフェインの存在のために妊娠中の高用量ではお勧めできません。それはそれが自家製のハーブ注入に頻繁に置き換えられる理由です。
  • 牛乳と。個人の不寛容がない場合は、大さじ1杯の温かいミルクを飲むことをお勧めします。はちみつこのような治療法は就寝時間を落ち着かせ、通常の使用で不眠症を和らげます。
  • レモンと。原則として、それに基づいてジュース、お茶、および注入を準備します。このような飲み物は便秘や他の腸の問題に特に適しています。
  • 大根とは。蜂蜜と大根をベースにしたスープは、咳の治療薬として伝統医学で長い間使用されてきましたが、キャベツ植物は妊娠初期と後期に大量に禁忌とされています。
  • 蜂蜜も小さじ1杯のための個別の製品とみなされます。空腹時や他の成分と一緒に。

風邪で

風邪のために、蜂蜜は主要なハーブと植物への追加成分として使われます。優れた助け

  • セージ、ニンニク、レモンのスープ。調理には、にんにくのみじん切り2個、レモン汁、大さじ2を混ぜる必要があります。賢者これはすべて約10分間調理されます。ブロスが冷えた後、小さじ2杯を加える。はちみつ1日2回塗布します。
  • 玉ねぎと蜂蜜から落ちます。基本的に、そのようなツールは風邪によってしばしば妨げられることができるよくある風邪を除去するのに使用されています。滴を準備するには、玉ねぎからジュースを絞り、沸騰水で1:2の割合でそれを希釈してから大さじ1を追加する必要があります。はちみつ調製した混合物を冷却した後、両方の鼻腔を滴下することが可能であろう。用法用量 - 1日3回、各鼻孔に1滴。通常、治療の経過は2-3日です。
  • にんじんジュース使用前に、小さじ1杯をにんじんジュースに加えます。はちみつ最良の効果を得るためには、得られた混合物を温かい牛乳と混合し、1日1回7日間飲むことができます。この飲み物は、風邪の主な症状を和らげ、リフレッシュし、そして同時に落ち着かせます。

タオルで覆った後、溶液で容器を覆い、10〜15分間蒸気を吸い込む必要があります。この手技は、風邪だけでなく、気管支炎、喉頭炎、鼻炎、のどの痛みにも役立ちます。

胃炎と胸焼けとは

胸焼けや胃炎では、製品は純粋な形で摂取されません。その組成にはたくさんの有機酸がありますが、温水に溶かして、それは胃腸管の正常化に貢献します。この場合、沸騰した水は蜂蜜の有益な特性を破壊する可能性があるため、水温は室温よりわずかに高いことが必要です。

最も効果的なレシピ:

  • オオバコの葉の注入100mlの温水で必要な準備のために、大さじ1を加えてください。オオバコと小さじ1〜2の葉をつぶした。はちみつ治療期間は2週間です。
  • じゃがいもから飲む。 0.5リットルのジャガイモジュースでは、大さじ5が必要です。蜂蜜の花の品種。甘い蜜を飲み、加える前に、ジュースは予熱されています。あなたは食事の前に一日三回それを飲む必要があります。
  • 牛乳から飲む。牛乳を沸騰させてから、大さじ1を加えてください。はちみつ1日に1〜2杯飲んでください。

この製品は、酸性化植物に加えて、胸やけや胃炎にも役立ちます。これはカモミール、ヤロー、ミント、カレンデュラです。

咳の治療に使用することをお勧めします。

  • 大根の注入調理するためには、野菜の上を切り落とす必要があります、そしてパルプの中にはちみつが注がれるくぼみを作ります。飲み物を飲む前に、大根がジュースを際立たせなくなるまで待つ必要があります。これのためにそれは約10時間を主張する必要があります。小さじ1を取る。食事の前に1日2〜3回。それが終わったら、3日以内に、あなたは好きなだけ蜂蜜を追加することができます。
  • ガマズミ属の木と蜂蜜からのお茶。準備するには、新鮮または冷凍のガマズミ果実を10〜20g挽き、沸騰したお湯を注ぎ、10〜15分間放置します。冷却した後、小さじ1杯を加える。はちみつ、よく混ぜて完全に飲む。あなたはそのようなお茶を週に3回まで飲むことができます。
  • レモンとグリセリンの飲み物。小さなレモンを沸騰したお湯の中に入れて20分間調理してから、ジュースを取り出し、カットしてガラスに絞ります。それは1小さじを追加する必要があります。蜂蜜と大さじ2。グリセリン。飲み物は冷やす必要がありますので、使用する前に30分冷蔵庫に入れることができます。大さじ1を必要としなさい。週に1日5回まで。

レモンと一緒に蜂蜜も通常のお茶に追加することができますし、1日2〜3回飲みます。そのような道具は温まり、幸福を向上させます。

Pin
Send
Share
Send
Send