人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

白いダーモグラフィーの症状と治療

特にこの病気に外部症状がある場合は、傷つけるのは常に不快です。この記事では、「赤いダーモグラフィー」の概念、それが何であるか、どのような理由でそれを取り除く方法を理解します。この障害は、長い間消えない赤い斑点の体の上の外観によって特徴付けられます。皮膚上のこれらの変化は、神経過負荷の間、周囲温度の変化を伴う、物理的手段による皮膚への曝露の結果として形成される。

いくつかの場合において、そのような皮膚上の徴候は、身体の任意の器官または系の病理学の症状であり得る。しかし、多くの場合、斑点は長時間にわたる激しい身体的影響または皮膚領域に対する別の要因の結果として発生します。この疾患の主な症状は、機械的損傷部位の皮膚に赤い斑点が発生することです。そして場合によっては、腫れ、かゆみ、水疱、その他の不快な症状を経験することがあります。外的検査、患者の既往検査および検査室検査は正しい診断を確立するのを助ける。治療は保守的な方法で行われ、外科的介入は必要ありません。

赤いダーモグラフィーの原因

機械的じんましんの場合、遺伝的素因が特徴的です。それは極端に弱まった免疫力の背景にも現れ得る。専門家への訪問中に、赤ダーモグラフィーの外観に影響を与える他の病原因子が出現する可能性があります。受付で医師は既往歴データを収集し、患者に詳細な診断を受けさせて検査に合格することを勧めます。

これが、赤ダーモグラフィーの臨床症状を悪化させる可能性がある要因の例です。

  • 情緒不安定
  • 長時間のストレス
  • 肌への機械的影響
  • 周囲温度の変化
  • 遺伝的素因
  • 長期薬物療法
  • 甲状腺の病理
  • 消化管の疾患

  • 精神病
  • 菌異化症、
  • 食中毒
  • 蠕虫の侵入、ジアルジア症、
  • 持続的アルコール依存症
  • 化学物質の毒性影響
  • 悪い生態
  • 弱い免疫システムの背景に発生したアレルギー反応。

赤いダーモグラフィーの症状

病気の名前によっても、主な臨床症状は皮膚の赤い斑点であると判断できます。健康な人の肌に機械的な影響を与えると、それにはいくつかの変化が見られます。最初に、暴露部位の皮膚は白くなり、それから赤に変わり、そしてしばらくするとそれは通常の色になります。そして、患者に持続的な発赤または皮膚の白化がある場合があります。この状態は白または永続的な赤のダーモグラフィーと呼ばれます。他の病理学的症状のほとんどの患者はもはや気付かない。しかし、まれに、発赤の部位にひどい皮膚のかゆみがあることを訴える;この領域を梳くとき、わずかな疼痛症候群、水疱、痛み、および原因不明の発疹が追加される。多くの場合、患者は心理的な不快感ほど皮膚の症状を心配するわけではありません。彼らは似たような病理を持っているという事実に混乱しています。小児、青年および成人における赤のダーモグラフィーの原因は、完全には理解されていません。皮膚の発疹および発赤は数時間から数日まで持続します。もちろん、追加の要因の影響がなければ、原則として、独立して完全に消えます。この疾患では、合併症は赤いダーモグラフィーとして識別されていません(下の写真)。

診断

正しい診断をするためには、皮膚科医は患者の病歴を注意深く見直し、彼の、そして近親者の次の完全な病歴を集めるべきです。時にはすでにこれらのデータに基づいて、あなたは病気の原因を見つけることができます。その後、一連の診断活動と臨床検査を実施します。

医者は患者の皮膚を徹底的に研究しなければなりません。特定のテストを実行します。その本質は、固形物が肌に与える影響です。その後、2、12、48時間後、医師は患部の皮膚の状態を評価します。同様のテストは、寒さ、熱、水などの他の影響因子を用いて行われます。赤ダーモグラフィーの原因を診断して特定した後、治療が始まります。それはさまざまな方法で行われます。

さらに、患者は他の症状の存在および強度の程度について面接を受ける。

どのようなテストが必要ですか?

検査室診断に含まれるもの:

  • 血液検査 - 一般的および生化学的
  • 尿検査、
  • i /ワームとジアルジアの糞
  • 甲状腺ホルモン分析
  • イムノグラム

どの医師が訪れる価値がありますか?

  1. 胃腸科専門医 - 胃炎、嚥下障害、大腸炎を除外します。患者に便秘がある場合は、その原因を突き止める必要があります。
  2. 寄生虫学者。それは、ワーム、原虫、ジアルジア感染症を除外する必要があります、動揺症を除外します。
  3. 内分泌学者です。糖尿病の病気を排除する(砂糖のために献血する)、甲状腺の機能をチェックする(ホルモンのための血)。
  4. 免疫学者 - 免疫システムの一般的な状態を決定します。必要ならば、一連の免疫調節剤を通過させる。

医学の様々な分野の専門家による追加の研究は、赤ダーモグラフィーの原因と他の内臓の病理を区別するのを助けるでしょう。

赤ダーモグラフィーの治療には、次のような保守的な治療法を使用してください。

  • 薬を服用
  • ダイエット
  • 民間療法の使用。

薬は、関連する症状を取り除くことを目的としています:抗ヒスタミン剤、血管収縮物質、胆汁、局所塗布された軟膏、そして抗うつ効果を持ち、生物学的製剤(ラクトビフィドバクテリン)を取るクリーム。しかし、これだけではない赤いダーモグラフィーの扱いです。

食事療法

各患者のための食物の選択は個人的であり、栄養士によって実行されるべきです。一般的な規則がありますが、例えば、あなたは辛いと脂肪の多い食品、燻製、塩辛い食品の使用を放棄する必要があります、スパイス、アルコールや炭酸飲料を乱用しないでください。食事で食事を豊かにするには、もっと野菜、野菜、新鮮な果物を入れなければなりません。バイオバクテリアとプロバイオティクスを含む乳製品をあなたの毎日の食事療法に加えなさい。カップルには料理が最も便利ですが、シチュー、煮込み、焼きもできます。豊富な飲酒体制を忘れないでください。

赤いダーモグラフィーの原因と治療法を取り除くために(下の写真を参照)、民間療法も適しています。生のジャガイモ、イラクサとラズベリーの根、オリーブオイル、セージとひも、バレリアンとセランダイン、セントジョンズの麦汁とカモミール:それらは最も効果的であることが証明されました。ハーブ、根および葉から、ブロスが調製され、ローション(特にポテト)の形で摂取または使用されます。

民間療法の治療

赤ダーモグラフィー、特にその軽いフォームの治療のために、特定のテクニックを適用しないことは可能です。伝統医学の製品を使用すれば十分であろう、その場合それらは実質的な援助を提供することができる。以下は、皮膚蕁麻疹と闘うための治療者の勧告です。

じんましん性皮膚疾患患者のための朝のお茶とコーヒーは、ひもの煎じ薬と取り替えるべきです。ハーブはいつものお茶のように醸造されています。朝だけでなく、日中はスープを飲むことができます。そのような患者のためのシリーズに加えて、黒スグリの実とラズベリーの庭、野生のバラの実、ミントグラスとヤローに基づいて醸造された適切なお茶。

新鮮なセロリジュースは、皮膚蕁麻疹の症状を取り除くのに役立ちます。ジューサーを使用してそれを準備するか、または単に細かいおろし金で根をこすって、ガーゼを通して絞ることができます。最大の効果を得るためには、1日にこのジュースを少なくとも1/3杯飲んでください。セロリにニンジン、キュウリ、ビートジュースを加えて野菜スムージーを作ることもできます。

ダーモグラフィー後の瘢痕除去

じんましん性皮膚撮影中の皮膚への機械的影響によって引き起こされる傷や耐え難い痒みを取り除くために、レモン汁とイラクサ注入が役立ちます。

表皮蕁麻疹の新鮮な甘草の根を治療することが効果的に証明されています。根は洗浄され、きれいにされ、小片に分けられる。 1日2回、カンゾウの根をとり、十分に咀嚼し、多量の水を飲む。

マジョラムの注入の使用とのurtikarnomのdermografizmeの有用な入浴の皮を清潔にし、なだめるために。以下のように注入を準備する:200グラムの草に2リットルの沸騰水を注ぎ、1時間注入する。それから浴を作り(水温は約37度にすべきである)、濾過注入を加える。手術時間は約10分です。

予防と予後

皮膚炎のじんましんの症状を避けるためには、簡単な規則に従う必要があります。アレルギー物質との接触の可能性を避け、肌に冷たい気温の影響を避け、睡眠時間を調整します。衛生的な手順を無視してください。

予防目的で年に数回、専門家による検査を受け、消化管と内分泌系の働きを監視する必要があります。

赤ダーモグラフィーの予後は、ほとんどの場合において好ましい。保守的な治療と民間療法のみを適用することによって、完全な回復を達成し、合併症を避けることが可能です。

私たちは、そのような病理学を赤字(赤色)と考えました(写真中)。原因、症状、疾患の治療は上に詳細に記載されている。

白いダーモグラフィーとは

絵を描くように、子供の頃の子供たちは少なくとも一回は肌の上にさまざまな物を動かしました。痕跡のストロークの適用後、体は反応で反応します:その上に白い痕跡が形成され、縁に沿って数ミリメートルピンク色がかっています。それらのサイズは正確に主題のサイズを繰り返します。ダーモグラフィーが正常であれば、この現象は短時間しか続きません。それ以上増幅することなく数秒から数分で、その性質は発疹に似ています。

ホワイトダーモグラフィーはまた、肥大化のみを伴う「描画」に対する皮膚反射の反応です。ギリシャ語で与えられた名前はまさしくこのプロセスを繰り返して、そして皮膚(derma)と書いたり描いたり(grapho)と翻訳されます。カラーマーク(白) - 血管反応の1つ、最も単純で最も無害なものを表します。交感神経支配が体内に広がっていることを示しています。

表面が長時間赤く保たれていると、圧力はより強くなり、表面のけいれんの代わりに毛細血管が拡張しました。結果は赤のダーモグラフィーでした。反射、混合、浮腫などの反応もあります。この病気は、体の全身状態の診断的価値について研究されています。脊髄の患部によって神経支配されている場所がない場合、病気の焦点と拡大の限界を決定することは可能です。

すべての人が刺激に対する反応が強まるわけではありません。皮膚の上層には、私たち一人ひとりが有害な微生物から体を守るために必要な脂肪細胞を持っています。これらの細胞の膜が弱いと、摩擦によって沸騰と膨張が起こります。同時に、「絵」の場所が数時間以上かゆみ、顔を赤らめ、気を悩ませます。これらすべてがアレルギーを彷彿とさせますが、実際にはそうではありません。

白いダーモグラフィーの症状

刺激に対する皮膚の反応が強すぎると病気になりますが、治療を必要とする悪性状態というよりはむしろ美容上の欠陥として認識されます。白人のダーモグラフィーの症状を特定することはそれほど難しくありません。彼については、地元の圧力に対する長い反応があります。通常の状態で、衣服によって生成された偶然の身体への「描画」オブジェクトが素早く通過して不快感を引き起こさない場合、病理学的条件下でこれらの感覚は増加し、非常にゆっくりと消えます。

ダーモグラフィーを診断するのはとても簡単です。集中的に皮膚を引き、反応の程度を観察してみてください。以下の症状は、身体が痛みを伴う反応を示すことを示しています。

  • バンドは長い間持ちこたえ、腫れ、
  • プレッシャーの代わりに、痒みや長時間の燃焼
  • 炎症を起こした部位の体温が上昇します、
  • 人は一般的な倦怠感、疲労感があり、睡眠障害、頭痛があります。

白いダーモグラフィーの原因

衣服に触れるなどの最も簡単な刺激、圧力は白い跡の反射的な外観を引き起こす可能性があります。さまざまな形で、この病気は世界の人々の5%までを冒します。医師はあらゆる種類の仮説を立てます。例えば、真皮ダーモグラフィーの増強は、極端な寒さまたは異常な熱への曝露により起こり得ると考えられている。細い服、不快なベルト、宝石類を身に着けていることはそれをもたらすことができます。白人の表情主義の原因は正確には確立されていない。この現象を引き起こす要因は次のとおりです。

  • 血管収縮神経の興奮性の増加
  • 頻繁なストレス
  • 腫れの素因
  • アレルゲンとの定期的な接触
  • ホルモン破壊
  • 遺伝
  • 内部感染
  • 心の問題
  • 寄生虫、
  • 代謝性疾患
  • 内分泌腺の問題。

ダーモグラフィー治療

皮膚のダーモグラフィーは健康上の問題ではありませんが、特に子供の体内で観察された場合は、無視するだけでなく、自己瞑想することはできません。病気の間に、ヒスタミン、アレルギー反応を引き起こす物質が形成されるので、医者はダーモグラフィーの治療のために抗ヒスタミン薬を処方します。さらに、患者は身体の全般的な改善のためのあらゆる範囲の対策を割り当てられることがあります。

  • かゆみや刺激を軽減するための特別な軟膏の使用
  • 血管拡張薬または血管収縮薬(疾患の種類に応じて)を服用する。
  • 発がん性食品の排除を含む食事
  • ホルモン療法
  • 体の緊張に対する理学療法
  • 鍼治療
  • 抗ストレス薬。

不快な状態を増やしたくない人は、太陽の下や苦い寒さの中での長期滞在を避けることをお勧めします。刺激の瞬間には、瘢痕の形成につながらないように、肌をとかしてなだめるようなクリームを塗らないようにするべきです。何人かの人々は特別な煎じ薬でお風呂を助けます。低アレルギー化粧品を使用することをお勧めします。

他の病気の結果でない限り、ダーモグラフィーは完全に治癒することは不可能であると考えられています。例えば、それは、甲状腺活動の低下、栄養性神経症、脊髄病変、およびその他の神経系の疾患を損なう可能性があります。この場合、根本的な原因の除去は完全に肌の問題を取り除くのに役立ちます。

ダーモグラフィーの原因

白人のダーモグラフィーは病理学的なものではなく、ほとんどすべてに起こります。それは細い(無力な)体型を持つ患者に最もよくあります。表皮の表面上を走った後の白い縞は、交感神経系が原因である皮下血管のけいれん(血管収縮)の結果として現れる。従って、赤ダーモグラフィーが発生した場合には、副交感神経区分(PNS)が優勢である。このタイプの人は血管拡張を起こします。外部刺激物質の作用による皮膚の毛細血管や細動脈の拡張。

表意主義の原因は多様ですが、完全には理解されていません。ダーモグラフィーの色は、ANSの任意の部門の規制の強化だけでなく、他のさまざまな理由によっても異なります。

ダーモグラフィーの素因は次のとおりです。

•寒さまたはその逆の熱への長時間の暴露

•きつい服を絞るように肌をこする

病気の始まりにおける重要な役割は神経緊張とストレス感受性によって果たされます。科学者たちは、精神障害のある患者の約18〜25%が、体に特徴的な濃い色の帯を発達させることを示しました。鮮やかな例は栄養性神経症です。消化器系の障害の存在、​​その機能状態はダーモグラフィーの発生に大きな影響を与えます。口内炎、胃炎、バクテリアHelicobacterpylorіの存在、慢性便秘、蠕虫感染、ジアルジアおよび他の原虫との中毒、グルテン不耐症 - これらすべての疾患は、病理学的表皮症の原因です。

甲状腺の病理学に注意を払う価値があります。その部分的な除去による甲状腺中毒症または機能低下は、赤いダーモグラフィーを引き起こす可能性があります。

いずれにせよ、ダーモグラフィーはアルコールを乱用し、絶えずストレスを受けており、そして慢性的な神経衰弱に苦しんでいる人々に現れます。温度差、化学物質や有害物質、けが、衣類の浸軟による有害な影響があるさまざまなワークショップ、工場、および工場の労働者でも、ダーモグラフィーが観察されます。

浮腫性皮膚撮影の発症の引き金は、アレルギー反応、例えばアトピー性皮膚炎です。皮膚の表皮に対する強力な機械的作用により、免疫系の様々な細胞(肥満細胞)の膜破壊が起こり、血管壁の平滑筋に影響を及ぼすアレルギー反応の活性化因子のカスケードが開始され、それによってそれが拡大する。血管壁の透過性は増加し、それは細胞からの体液の排出および組織の腫脹をもたらす。

ダーモグラフィーの症状

ダーモグラフィーの症状はそれぞれの種の名前に対応しています。ダーモグラフィーの診断のために、血管運動反応を決定するために特別な試験が行われる。これをするために、皮はピンク、白または赤みの縞が現われるまで、ペン、鉛筆またはハンマーハンドルの反対側の端で実行されます。一般的に、淡いピンク色から明るい深紅色まで - ピンク - 赤の縞模様またはその色のバリエーションが考慮されます。その後、この手順は白人のダーモグラフィーの診断のためにもっと集中的に繰り返されます。また、表皮に影響を与えることなく、特定の種類の表皮症状に特徴的なストリップ、発疹および斑点を視覚的に観察することができる。医者の注意に焦点を当てて、患者はすでに発疹を来します。

さらに調べると、刺激のある部分の皮膚は非常に敏感で、美容的および心理的な不快感を引き起こします。まれに、不眠症もつながることがあります。血管透過性が増加した場合、皮膚の軽い刺激(粗い布、衣服の継ぎ目または帯)でも蚊に刺されたような水疱が発生します。この発疹は非常に頻繁に燃えやかゆみを伴います。診断の正確さと皮膚科のタイプの間の区別のために、研究はほとんど全体の外皮で行われます。しかし、ダーモグラフィーは、太もも、腰部、腹部、下肢の皮膚に最もよく定義されます(白いダーモグラフィー)。腕、肩、胸部、および襟ぐりは、主に赤い形態のダーモグラフィーです。

栄養、時間帯、その他の影響にかかわらず、症状が現れたり消えたりすることがあります。最終的な診断を下すには、皮膚反応の結果だけに頼るのではなく、追加の研究を実施することをお勧めします。

ダーモグラフィーの種類

症状に基づいて、私たちは4つの主要なタイプの表情主義を区別することができます:白、赤、浮腫および蕁麻疹。

•ホワイトダーモグラフィー。まず、規範に見られるタイプの表意主義を考えてみましょう。 9〜27秒後に患者を診察したときに、白い帯が皮膚に現れた場合、これは白いダーモグラフィーに相当します。この症状は通常5〜10分続き、その後消えます。皮膚の血管収縮薬の調節が増加していることを示している、強化された白人の表情主義の変種が可能である。白いダーモグラフィーの診断の正確さのためにお尻をチェックするのが良いです。 「しみ」の症状として、このような現象があります。それは3秒間指で皮膚に強い圧力で発生します。症状が2〜3秒以上続く場合、その症状は陽性と見なすことができます。

•もちろん、それが発疹、麻酔、かゆみを伴わずに、そして痕跡なしに消えるならば、赤のダーモグラフィーも標準の変形です。それは赤のダーモグラフィーを決定するために資格のある専門家である必要はありません、あなたは生活状況に対処することができます。これを行うには、使用する器具に何らかの力をかけて、白いダーモグラフィーの場合のように、選択した領域の皮膚表面にそれを保持する必要があります。 8〜10秒後に、充血のストリップが現れます。このタイプは、年齢の特殊性を持っています:3 - 10年の年齢で、それは10 - 15歳で3 - 4秒続きます - 5 - 15秒の間、大人でそれは18 - 35分続きます。特別な場合には、赤い色は1〜2時間続くことがあります。標準の変種は、淡い花冠に囲まれたピンク色または深紅色の縞模様の影響のあるゾーンの外観です。これを警戒すべき兆候や病気の始まりと見なさないでください。

ダーモグラフィーの病理学的状態もあります。それは広がる(拡散する) - 刺激の限界を超えて分布する、および/または皮膚の上に上がる。下記のオプションを検討してください。

•浮腫性表皮症。人には人工蕁麻疹という名前が付けられています。これは、皮膚の表面にかゆく腫れた赤い縞が現れ、その周りに本物の蕁麻疹と同じように発疹の要素が現れるという特徴があります。この写真は20分〜1時間保存されます。このタイプは成人人口の約5〜7%に見られます。

•じんましんの表在性 - これはかなり一般的なじんましんの一種です。この病状は、人口の3〜6%に特徴的なものである。ほとんどの場合、これらの患者は何の不満もありませんが、突然、まったく理由もなく、彼らの皮膚は毎回異なる場所でかゆみ始めます。じんましん性表皮剥離症、または角質除去は、皮膚に触覚効果を及ぼす代わりに、長方形の形をした膨らみと帯の形をした発疹として現れます。通常のじんましんや浮腫性表皮症とは対照的に、じんましん - を伴う - 強いかゆみを発生しません。

そのようなタイプの表意主義を反射と別に考えます。このタイプは鋭い針か鋭い細い物によって引き起こされます。皮膚表面にさらしてから10〜40秒後に、鮮やかな赤色または深紅色の広いバンド(最大8〜10 mm)が現れ、それから色が薄くなり、数分後に消えます。反射皮膚撮影は生理的反射であり、皮膚毛細血管の局所的な反応ではありません。反射性皮膚撮影は、末梢神経系への器質的損傷または血管拡張性の死が脊髄の中心にあるときに観察される。

結果と合併症

ダーモグラフィーが重度のかゆみを伴う場合、患者は集中的に皮膚を梳き、それは感染症の導入および炎症過程の進行を伴う。

教育:1991年に医学の学位を取得してタシケント州立医学研究所を卒業。繰り返し高度なトレーニングコースを受けました。

実務経験:都市部の産科複合施設の麻酔科医 - 蘇生器、血液透析部門の蘇生器。

情報は一般化されており、情報提供のみを目的として提供されています。病気の最初の兆候で、医者に相談しなさい。自己治療は健康に危険です!

病気の原因

赤を含むすべての形態のダーモグラフィーはよく理解されておらず、その正確な原因は確立されていません。それ自体では、この病気は生命に危険をもたらすことはありませんが、患部に外的な魅力のなさと強い痛みを伴う痒みのために病気の人に重大な不快感を与えます。

そのような徴候の起源について話をするならば、最も一般的なのは赤いダーモグラフィーであり、その原因は本質的にアレルギー性です。 2番目に消化管の混乱があります。

  • 菌異化症、
  • 胃炎、
  • 頻繁な便秘
  • 寄生虫の侵入。

また、皮膚科学的(機械的)じんましんの出現は、グルテン不耐症、甲状腺疾患、および精神的 - 精神的過負荷によって引き起こされることがあります。

近親者が病理に罹患している場合、赤ダーモグラフィーの発症における重要な役割は遺伝的要因によって果たされている。先天性素因がない場合、そのような徴候はほとんど常に弱体化した免疫を背景に発症します。

機械的じんましんの発生の誘発要因は次のとおりです。

  • 感情的な不均衡
  • 幅の狭い、または粗い衣服による皮膚の持続的な刺激
  • 極端な周囲温度にさらされる
  • 特定の薬による治療条件を超えている
  • 慢性アルコールまたは化学中毒
  • 不利な生態学。

皮膚の敏感さが増すため、身体に赤い縞模様の形で直接現れる症状が形成されます。わずかな摩擦または接触で、それは毛細血管を広げそしてヒスタミンを放出することにより反応し、それは皮膚表面の腫脹をもたらす。そのようなメカニズムはアレルギー反応の発症と非常によく似ているので、最初の出現時の赤いダーモグラフィーはしばしばアレルギーの影響として認識されます。

皮膚蕁麻疹の症状

赤いダーモグラフィーの主な兆候は皮膚の外側に現れますが、同時にそれらはほとんどいつも健康の悪化を伴います。この疾患の一般的な症状は次のとおりです。

  • 肌にバー効果の代わりに赤またはピンク色の腫れた縞模様の外観
  • かゆみを伴う発疹の患部の外観は、小さな発疹または水疱の形をしています。
  • 肉体的および心理的疲労の発生。

わずかな摩擦でも赤い傷跡、腫れ、かゆみ、焼け、発疹が現れ、数時間から数日続きます。ほとんどの場合、これらの症状は突然現れたり消えたりします。最も不快なことは、少なくとも一度出現した赤いダーモグラフィーがその存続期間に影響を与えることなく、その品質を著しく低下させることなく、一生を通して現れ続けることができるということです。

さらに、かゆみを伴う炎症を起こした領域を梳くと、皮膚の完全性が損なわれ、危険な感染症です。強い不快感や外観の悪化を常に感じ続けると、深刻な心理的問題を引き起こす可能性があります。したがって、赤ダーモグラフィーは必須の適格な診断とその後の適切な治療を必要とします。

赤ダーモグラフィーの治療

皮膚外用蕁麻疹の治療において、その外部症状の除去は、それらの原因、すなわち根本的な疾患を取り除くことを目的とした治療と必然的に同時に行われる。誘発因子を確立できない場合、持続性の赤いダーモグラフィーは一生を通じて完全に回復するのに適していない可能性があります。このような状況では、保守的または代替的な方法で標準内に維持する必要があります。

保存療法

薬物治療は、いくつかのグループに分けて薬を服用することを含みます。

  • 抗ヒスタミン薬 - "Claridol"、 "Claricens"、 "Suprastin"、 "Fenkarol"、
  • 血管収縮薬 - "Troxevazin"、 "Askorutin"、イソフラボン、
  • 腫れを取り除きます - 「Lioton-1000」、トロキセバシン軟膏、「ヘパリン」、
  • 鎮痒薬 - 「パンテノール」、「フェニスティルジェル」、「スキンアップ」、「ギスタン」、
  • 腸内細菌叢の回復のための - 「Azilakt」、「Narine」、「Bifiliz」、「Biovestin-lacto」、
  • コレラ - 「Holenzim」、「Vigeratin」、「Hologon」、「Dekholin」。

重症例では、ヒドロコルチゾンをベースにしたホルモン剤が使用されます。加えて、個々の治療計画は、赤ダーモグラフィー症状の発症の特定された原因に応じて処方される。

民俗レシピ

伝統的な薬の治療は、かゆみ、発赤、炎症および腫れを和らげ、皮膚のじんましんのすべての外部徴候を非常に効果的に取り除きます。最も効果的なのは以下のレシピです。

  1. イラクサ煎じ薬 - 水1リットルあたり100 gの芝生、5分間煮沸、冷却、ろ過する。影響を受けた皮膚をできるだけ頻繁に洗い流してください。
  2. スープ深紅色の根茎 - 1カップの水に25 gの原料、15分間沸騰させ、冷却し、濾過する。 1回飲み、調理し、毎日飲んでください。
  3. 薬草煎じ薬 - 同じ量の薬用カモミール、バレリアン、セージ、後継者、セントジョンズワート、セランドリーンが完全に草を覆うように水を注ぐ。 15分間煮沸し、冷却し、濾過する。風呂に入れながら、出来上がったスープを水に加える。手技は症状が解消されるまで毎日実施しなければなりません。それはしつこい赤いダーモグラフィーでさえも症状を非常によく緩和するのを助けます。このブロス(またはほんの少しのハーブ)が定期的に病変部位を洗い流すことも推奨されます。
  4. オリーブオイル - 痛みを伴う部分は加熱したオイルで湿らせる必要があります。
  5. 生のじゃがいもを濡らす - 薄い布で細かい塊に包み、1日に数回塗布します。
  6. 海の塩(純粋、添加物なし) - お湯10リットルあたり100 g、入浴。手順の後、塩を洗い流さないで、柔らかいタオルで体をやさしく拭いてください。

植物原料を選ぶときは、状況を悪化させないように、アレルギー反応の可能性を考慮に入れなければなりません。

食事と栄養の規則

人間のほとんどの皮膚の問題は栄養、食習慣そして消化器系の質に直接依存しています。したがって、赤いダーモグラフィーの出現とともに、それが健康でバランスのとれたものになるようにあなたの食事療法を修正することが不可欠です。さらに、身体に必要なビタミン、ミネラルおよび他の物質の欠如は、皮膚炎蕁麻疹が最も頻繁に発症する背景に対して、免疫力の有意な減少をもたらします。

赤ダーモグラフィーのための食事療法はそのような規則の遵守に基づいています:

  • 塩味、辛い、揚げた、燻製など、すべての攻撃的な食品の配給から完全に除外
  • アルコール飲料の最小化または完全放棄
  • 主に新鮮な野菜、ハーブ、果物を含む植物性食品の使用(アレルギー性の高いものを除く - イチゴ、柑橘類、ブドウなど)
  • 乳酸製品の毎日の食事療法への導入。

多くの場合、皮膚科の問題は適切に食べ始めることによってうまく解決することができます。体が受けることは特に重要です。

  • 消化管の正常化と腸の洗浄に必要な栄養繊維
  • 腸内細菌叢を維持し、便を正常化するのを助ける乳酸製品。

そのような食事は食事ではなく生活様式であるべきです。それは赤のダーモグラフィーの発症直後に生涯続けられるべきです。病理学の原因が内臓の深刻な病気ではないならば、それから食事療法を修正することはあなたがすぐにあなたの健康と全体的な健康を改善するのを助けるでしょう。これは、アレルギーまたは他の皮膚の発疹の症状の多く、ならびに皮膚および毛髪の全体的な状態、肌色、気分、精神的および身体的活動が、消費される製品の組成および品質に大きく左右されるという事実による。

予防方法

すべてのケースで赤の表皮の発達を防ぐことはありません。しかし、簡単な予防措置を講じることで、その発生リスクを大幅に減らすことや、病気の再発回数を減らすことができます。これにはあなたが必要です:

  • アレルギーテストに合格し、特定のアレルゲンを検出した場合は、その影響を完全に排除または最小限に抑える
  • 健康的なライフスタイルを導き、悪い習慣をやめなさい。
  • 適切な休息とバランスの取れた栄養を体に提供します。
  • ストレスの多い状況や神経質な過度のストレスを許さないでください。

皮膚蕁麻疹がすでに少なくとも1回現れている場合は、皮膚への機械的影響を軽減するために、より厳しい制限を厳守する必要があります。毎日の習慣をいくつかあきらめれば、悪影響を避けることができます。

  • きつすぎる縫い目、きつい縫い目
  • ジュエリー、ハードストラップ付き時計、
  • ショルダーバッグまたはショルダーストラップ付きのその他のアクセサリ
  • 大まかな手ぬぐい、お風呂のほうき。

そのような規則の遵守とともに、あなたは最も穏やかなボディケアを提供するべきです。これにはあなたが必要です:

  • 低アレルギーの化粧品および自然な衛生学プロダクトを使用しなさい、
  • 直射日光下での長期滞在中は、40以上のSPF保護を施した特別な日焼け止め剤を肌に塗る必要があります。
  • 特にシャワーや風呂場での過度の過熱や低体温を避けてください - 水は体にとって快適であるべきです。

また、最小限の数のステッチや肌をこする可能性のある他の要素を含む柔らかい天然布から服を選ぶことも重要です。この場合、ウールのものは体に迷惑な影響を与えるので、ワードローブから排除する必要があります。

何らかの皮膚症状が現れた場合は、直ちに医師に相談してください。たとえその問題が軽薄なものであると判明したとしても、貴重な時間を失い、病気を慢性的な状態にするよりも、もう一度確認したほうがよいでしょう。時宜を得た治療のみが病状そのものとその原因の迅速な排除を確実にし、それが本格的な生活に素早く戻ることを可能にするでしょう。

赤いダーモグラフィー - 主な症状:

  • 肌に赤い斑点
  • 皮膚発疹
  • そう痒
  • 肌の白い斑点
  • 水ぶくれ
  • 患部の痛み

赤ダーモグラフィーは、周囲温度、圧力の変化、または神経過負荷を伴う場合でも、皮膚に赤い斑点の出現が見られることを特徴とする障害であり、それは長期間消えない。

時々この皮膚の状態は他の臓器や身体系の病気の存在を示しています。 В большинстве случаев свидетельствует о продолжительном или интенсивном физическом влиянии какого-либо фактора на участок кожи.

主な症状は、皮膚に赤い斑点が現れることです。これは、皮膚に機械的圧力がかかっているためです。しかし、場合によっては、水疱、腫脹、かゆみ、およびその他の臨床症状が発生することがあります。

正しい診断を確立することは、客観的検査と臨床検査に基づいています。すべての場合の治療法は保守的です。

赤いダーモグラフィーは、熱的、機械的、その他の外的影響に対する皮膚の反応に他なりません。その背景には、赤いマークが皮膚にやや長く見られます。

病理学の発達の理由は完全には理解されていません、しかし、素因の中で、以下は区別されます:

  • 低温または高温の長期にわたる影響
  • きつい服に対して肌をこする
  • 影響およびその他の影響
  • ストレスや神経過負荷に対する感受性
  • 遺伝的素因
  • アレルギープロセスの経過。

また、消化管の状態がこのような疾患の発症に影響を及ぼしていると考えられており、これが原因として考えられている

  • 慢性便秘
  • 菌異化症、
  • あらゆる種類の胃炎
  • 蠕虫、羊膜および他の原生動物の病理学的影響
  • 甲状腺の機能の破壊。これは、その部分的な除去を伴う場合が多い。
  • グルテン不耐症。

症状学

病気の名前に基づくと、主な臨床徴候は皮膚上の赤い斑点の出現であることが理解できます。通常、肌を押すと、肌の部分が薄くなってから赤くなり、しばらくすると元の色に戻ります。

しかし、何人かの人々は彼らが持続的な発赤または皮膚の白化を有すると指摘している。このような状態は、それぞれ赤と白の表意主義と呼ばれます。

大多数の場合、この病状は他の症状の出現を引き起こさないが、何人かの患者は以下の存在に気付く:

  • 発赤領域での激しいかゆみ、およびこの領域の絶え間ないコーミングは傷をもたらします、
  • 小疼痛症候群
  • 原因不明の病因
  • 水疱。

ただし、主な症状は外的症状ではなく、心理的な不快感です。非常に多くの人々が、そのような病理を持っているという事実に戸惑い、それが、子供、青年および成人の間でこの疾患の罹患率が依然として知られていない理由である。

発疹および発赤は、数時間から数日まで持続することが多く、その後、痕跡もなく自分自身で消えますが、いかなる要因の影響もないという条件下で。

赤のダーモグラフィーの症状が繰り返されても、合併症が発生しないことは注目に値します。

赤いダーモグラフィーとは何ですか?

短く押すと、ほとんどすべての人の肌が明確に反応します - 最初は明るくなり、次にもう少し強く色が付けられます。数分ですべてが消えた場合、これは正常と見なされます。

しかし、肌の反応が多少異なる人もいます。鈍い物体にさらされた後も、安定した白いバンドが残っていることがあります - 一部の人にとっては同じですが、他の人にとっては同じですが赤だけです。このような現象は全く不便や不安をもたらすことはありませんが、時にはこれは身体の深刻な機能不全を示しています。この反応は表意主義であり、その名前は2つの単語から来ています。つまり、「皮膚」と「書く」という意味です。

ダーモグラフィーそれ自体は、その強い症状が現れても、病気ではありません。それが深刻な不都合を引き起こさないのであれば、それは何年も何十年もの間無視されるかもしれません - それは単に異常な機能として認識されます。しかし、これについても忘れてはなりません。医師に知らせることをお勧めします - 場合によっては、規範からの逸脱が非常に重要な症状になることがあります。ちなみに、刺激に対する皮膚反応の完全な欠如も異常であり、警戒すべきであることを言及する価値があります。しかし、それについては後で説明します。

品種

この状態にはいくつかの種類があります。 1つ目は赤ダーモグラフィーとして知られています。その症状から、その名前からすでに明らかであるように、刺激された皮膚の暗くなることと小さな短期間の浮腫が含まれます。反対に、「白」の品種では、外皮は青白くなります。そのような状態が長続きしなければ、どちらも異常反応ではありませんが、かゆみやいくつかの不快な感覚さえ気にしません。

また、医師の中には、どのような効果が特定の反応をもたらすのかに応じて表意を分けるものもあります。それで、寒さに依存する種と卵胞種を割り当てます。時には彼らはまた、通常は子供の特徴である皮膚蕁麻疹について話す。そして、これらの各州は特別なアプローチを必要としているので、インターネット上での治療法に関する情報を探す価値はおそらくないでしょう。疑いがある場合には、医師に相談するのが最も良い方法です。医師は、特定の症状が原因で心配するかどうかをすぐに教えてくれます。

相互接続

機械的皮膚刺激の結果は、自律神経系の交感神経または副交感神経の分裂が優勢であると結論付けることを可能にし、それはまた、病理学を白と赤のダーモグラフィーに分類することを可能にする。彼らの仕事は自​​動化されており、本人によって制御されていないので、これは非常に重要です。ただし、その機能の違反は精神障害や単なる不快感をもたらす可能性があります。より活発な交感神経部門を持っている人たちのために、彼らは夕方の時間でのパフォーマンスの向上、エネルギー、不安、そして集中力の低下を特徴としています。残りは無関心で一日の前半にたくさんの活動をしています。

神経根の敗北と共に、皮膚科学がこれらの場所に全く現れないかもしれないことは興味があります。同じ反応が中枢神経系の重度の病変と重度の消耗について話すことができます。そのような単純なテストがそのような重要な情報を提供できることは驚くべきことです。

の原因

外皮の色の変化は、毛細血管、つまり血液を皮膚に供給する小さな血管の狭窄または拡大によって引き起こされます。しかし、何人かの人々の皮膚がこのように反応し、そうでなければ反応しない理由は明らかではないが、それは明らかである。発赤が肥満細胞からのヒスタミンの放出によって引き起こされることは確かに知られており、それは毛細血管の透過性を劇的に増加させる。しかしながら、作用機序および皮膚上の脳卒中に対するそのような反応の原因は知られていない。

しかし、白または赤の持続性の皮膚科学は、栄養障害、自己免疫疾患、特定の刺激に対する体のアレルギー反応、髄膜炎、甲状腺中毒症、およびその他の疾患について話すことができるという情報があります。さらに、彼らは普通のストレスを引き起こす可能性があります。しかし、ほとんどの場合、障害は最も一般的な物質に対する体の病理学的反応にあります。つまり、その理由は有害なアレルギーにあります。

直接的な徴候に関しては、白と赤の両方の表情主義は、ストロークだけでなく、単に皮膚への圧力、縫い目との接触、熱、寒さまたは太陽、ならびに家具および例えば硬すぎるタオルによっても引き起こされ得る。

有病率

どのように人類がこの状態に苦しんでいるかについての情報を集めることは、誰もが彼らの肌の反応において異常な何かに気付くわけではないという事実によって困難にされます。この点で、どのように一般的な赤いダーモグラフィーに関するデータ、それは十分に正確に呼び出すことは困難です。研究者らは約2〜5%と言っていますが、実際にはその割合はおそらくもっと高いです。

子供の赤いダーモグラフィーは幼い頃にはかなり一般的です。それはかなり激しく拡散する可能性がありますが、主に彼らの肌はより柔らかくそして敏感であると同時に刺激を受けやすいという事実によります。ただし、赤ちゃんは、より多くの場合、赤いダーモグラフィーではなく、他の皮膚疾患(たとえば、同じじんましんまたは皮膚炎)と診断されています。

現代の世界では、医師が戦うことができないほど多くの病気はありません。しかし、厳密に言えば、赤のダーモグラフィーは病気ではなく症状であるため、治療そのものを必要としません。もう1つのことは、特に顔に影響を与える場合、この状態にはしばしば腫れ、かゆみ、そして一般的な審美的でないことが伴います。

この点で、いくつかの対策がまだ取る必要があります。原則として、それらはそのような生物反応を引き起こす根本的な病気を治療することを目的としています。それがアレルギーであれば、抗ヒスタミン薬が処方され、体の脱感作と解毒が行われます。内分泌疾患、神経疾患、自己免疫疾患について話しているのなら、適切な治療が必要です。しかし、それ自体では、白または赤のダーモグラフィーは何の害も負わず、したがって介入を必要としません。だから十分な肌をなだめるクリームと抗アレルギージェルがあります。

有効性

赤ダーモグラフィーはほとんどの場合アレルギー反応によって引き起こされるので、その症状は非常に簡単に止められます。しかし、この症状が少なくとも一度現れたならば、おそらく同様の皮膚反応が将来観察されるでしょう。おそらく、どのヒスタミンが放出され、それが発赤を引き起こすメカニズムが明らかにされるとき、この問題は解決されることができる。その間、医者は単にこの過程の外的症状を止めることを余儀なくされています。

Loading...