小さな子供たち

母乳育児時のナッツ:何を選ぶべきか

Pin
Send
Share
Send
Send


母乳は赤ちゃんにとって最高の食べ物です。それは子供の体を強化して成長させるために必要とされる必要な物質を含みます。赤ちゃんを傷つけないために、赤ちゃんの誕生後の若い母親は食事療法を再考する必要があります。この期間中に女性が食べるものすべてが母乳に入ります。メニューには最も有用な製品だけを含めるべきです。これらはナッツを含みます。この記事では、授乳中の女性によるナッツの利点、害、および適切な使用について説明します。

泌乳ナッツ

ナッツは、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、脂肪など、体に有益な効果をもたらす物質で飽和しています。それらの利点にもかかわらず、それらは特に子供のために、体によって消化するのが難しく、そしてさらに、アレルギー性であると考えられています。母乳で育てるときこのプロダクトは適度に慎重に使用されます。

ナッツは母乳の生産に良い影響を与え、母親と赤ちゃんのためになる、彼らは授乳中の母親の食事療法に含まれるべきです。授乳中にメニューにナッツを加える前に、あなたは製品がどんな利点と害をもたらすか、それが含んでいるどんなビタミンと微量元素、それが赤ちゃんの体にどのように影響するかについて理解する必要があります。

ナッツの利点

フルーツにはビタミンC、PP、E、B、A、Kが含まれています。カーネルは、授乳中の母親と赤ちゃんの免疫力を強化するのに役立ちます。それらは赤ちゃんが正常に成長し発達するのを助けます、そしてそれらは産後の活動を素早くそして完全に回復するために女性に必要です。

ビタミンに加えて、果物は多くのミネラルを含んでいます。それらは亜鉛、鉄、マグネシウム、カリウム、リン、ヨウ素、タンパク質、アミノ酸からなる。

ママの授乳ナッツの使用は、彼らの健康を改善し子供の健康を保つために必要です。製品に含まれている物質は抗菌性があり、血管収縮作用があり、出産後の体内の鉄分不足を補い、母乳の量、脂肪分そしてカロリー量を増加させます。

ナットダメージ

豊富な有益な特性にもかかわらず、果物は母親や赤ちゃんの体に害を及ぼす可能性があります。この製品は、組成物中のエッセンシャルオイルの含有量が多いため、アレルギーが高いと考えられています。それらを食べることは細かい部分から始めて、細心の注意を払うべきです - 1日に1つのカーネル。

皮膚病を患っている母親は慎重にこの製品を使用する必要があります。ナッツにはチラミンが含まれており、頭痛を引き起こす可能性があります。あなたが片頭痛を起こしがちな場合は、ナッツを食べるのをやめることをお勧めします。

新しい種類のナッツを試すことは、その日の食べ物に何も新しいことを追加することなく、朝にはより良いです。幼児の反応を追跡することが必要です。赤い発疹が現れたら、赤ちゃんの便の変化、果物の摂取をやめるべきです。

数週間後にもう一度試すことができます。子供が様々な食物に対してアレルギーがある場合は、その製品を使用することは禁忌です。

授乳ママはできますか

ナッツにはアレルギー成分が含まれています、あなたは慎重にそれらを食べるべきです。果物を食事に加える前に、授乳中のママは、どれが授乳中に最も安全で、どれが害を引き起こす可能性があるのか​​を知る必要があります。

杉から始める必要があります。それからクルミ、アーモンドとカシューナッツを試してください。最もアレルギーのある果物は、ピーナッツとヘーゼルナッツです。今各品種についてより詳細に。

許可

赤ちゃんにとって最も安全なのは松の実と言えます。それらの組成物中で最もアレルギーの少ない成分。それでも、それらはアレルギー反応を引き起こすタンパク質を含みます。

母親が牛乳、柑橘系の果物、または赤ちゃんの他の製品に対する反応をすでに観察している場合は、松の実を使用して少し待つだけの価値があります。一般に、この品種はそれに対してアレルギーがあることはめったにないので、安全と考えることができます。通常、この反応は、乳児の腸管障害、または皮膚の発疹の形で現れます。子供がアレルギーを起こしにくい場合は、1日に数個の核小体を含む松の実の使用を開始し、徐々に100グラムまで増量します。一日あたり。

クルミもHBに役立ちます。また、スギとは異なり、どの店でも簡単に購入できます。この品種は、ポリ飽和酸を多く含んでいるため、最も太くて高カロリーです。したがって、母乳のカロリーを増やすためには、クルミを食べることをお勧めします。しかしそれらを悪用しないでください。カーネルは赤ちゃんの便秘につながることができます。適度な量のクルミを使用すると、牛乳の品質が上がります。

母親が一日にたくさんの果物を食べる場合、皮膚の発疹の形での子供のアレルギー反応は除外されません。疝痛や腸の不調が起こることがあります。

注意して

アーモンドとカシューナッツを食事に加えるとき、授乳中の母親は注意を払うべきです。これらの品種は最もアレルギーがあります。しかし同時にそれらにはいくつかの便利なプロパティがあります。

  • 疲労と戦うのを助ける
  • 食欲を増やす
  • 幼児の体重増加を助けます。
アーモンドとカシューナッツを慎重に食べる。

アーモンドやカシューナッツは、発疹や子供の疝痛を引き起こす可能性があるため、少量で消費する必要があります。

禁止されています

禁止されている品種には、ヘーゼルナッツの実があります。彼らは非常にアレルギーがあり、高カロリー含有量を持っています。女性がそれを試してみることにした場合、それは赤ちゃんが腸内のガス、疝痛の増加、および便の動揺を引き起こす可能性があります。

ヘーゼルナッツは消化が困難ですが、子供の消化器系はまだ弱いです。アレルゲンに対する反応は、皮膚の発赤、かゆみなどです。上記の症状が現れた場合は、医師に相談してください。

授乳中はピーナッツを放棄する必要があります。乳児の健康にとって危険な場合があります。組成物中の多数のアレルギー性成分に加えて、ピーナッツ果実には身体の中毒を引き起こす病的真菌があるかもしれません。

給餌の最初の月のナッツ

生後3ヶ月以内に、授乳中の母親は厳格な食事療法に従う必要があります。赤ちゃんの消化器系はまだ十分に形成されていない、それは彼女の大きな負荷を与えることはお勧めできません。ナッツは高カロリー製品なので、子供の生後3か月以内に食事に加える必要があります。

あなたが赤ちゃんの人生の最初の月にナッツを食べてはいけないもう一つの理由は、牛乳を粘性にする能力です。そのような牛乳を胸から吸うのは子供にとってはかなり難しいでしょう。赤ん坊が力を得るまで待つ必要があります。 1日1核小体を使って、徐々に果物を食べ始めます。

製品選択のガイドライン

私たちの時代に良質の製品を選ぶことは困難です。お店の棚にはたくさんのナッツがあります。正しい選択では難しいかもしれません。

製品を選ぶときのいくつかのヒント:

  1. 包装の品質を評価する傷つけないでください。包装の印刷品質は鮮明で明るくなければなりません。
  2. 有効期限を確認してください。プラスチック包装では、製品は6ヶ月まで保存されます。有効期限後、ナッツは味を失います、それを食べることはお勧めできません。
  3. クルミを重量で買うときは、殻の品質を評価する必要があります。割れてはいけません。皮をむいたナッツの外観は光沢があります。果物が長い間横になっている場合、それらはカビを形成します。グランドナットは少し保存されているので、この製品を購入することはお勧めできません。
  4. カシューはブラジルから私達に持って来られます。したがって、その輸送は1ヶ月以上続きます。このナッツを買うときは、外観に注意を払う必要があります。ナッツには斑点も「苦い」香りもないはずです。

あなたが選択のための推奨事項に従えば、あなたは母親と子供を傷つけない高品質でおいしい製品を買うことができます。

授乳中にナッツを食べるための推奨事項

授乳期の最初の数ヶ月間は、授乳中の母親は厳格な食事療法に従う必要があります。このようにして初めて、彼女は子供を腸の病気やアレルギー反応から守ることができます。

赤ちゃんの小さくて壊れやすい体を傷つけないようにするためには、授乳中にナッツを食べるの規則に従う必要があります。

  1. 子供の生後3ヶ月以内にナッツを試してみてください。
  2. 1日1核小体から始まります。
  3. あなたは一日に一種類だけ食べることができます。子供が否定的な反応をしている場合は、アレルゲンをすぐに特定することができます。
  4. 両親が食物に対してアレルギーがある場合は、食事にナッツを追加しないでください。アレルギーは遺伝します。
  5. 女性に胆嚢疾患がある場合、ナッツは禁忌です。
  6. 小児でアレルギー反応が発生した場合は、直ちに使用を中止してください。
  7. 1日に30グラムの果実を摂取できます(7〜8粒)。
  8. カビのある果実、味の苦いものは使用に禁忌です。
  9. 果物全体を買うことをお勧めします。それらがシェルの中にあればもっと良いです。涼しく乾燥した場所に保管してください。
  10. 授乳中はヘーゼルナッツやピーナッツを食べるのをやめます。

授乳中の母親は、自分の食事のために食物を選ぶ際に選択的であるべきです。結局のところ、それは子供の健康に関係します。ナッツの正しい選択と使用で、女性は自分自身と彼女の赤ちゃんに利益をもたらし、免疫システムを強化します。

母乳育児中は、予防措置を守り、幼児の反応の変化をすべて注意深く監視することが重要です。適度で新鮮なナッツを食べれば、問題の大部分を避けることができます。

赤ちゃんがアレルギーでなければ、ナッツをさまざまな料理に加えることができます。これらはペストリーとサラダ、肉とセカンドコース、お粥です。ナッツは授乳に良い影響を与えるので、特にこの製品を使用している授乳中の母親のための多くのレシピがあります。

母乳の脂肪含有量と栄養価を高めるために、特別な飲み物が用意されています。クルミを粉砕し、100mlの煮ミルクに加える。混合物を2時間魔法瓶に入れて、日中飲んでいます。しかし、この輸液は、乳児が牛タンパク質に対してアレルギーがない場合にのみ飲めることができます。この混合物は母乳の質を向上させ、授乳中の赤ちゃんの便秘を助けます。

大量のナッツとニンジンは、乳量を増加させ、乳酸菌危機を助けます。ミディアムニンジンをすりおろし、クルミを粉砕し、成分を混ぜ合わせます。小さじ半の食事の後に1日3回飲んでください。あなたは密閉容器の中だけで冷蔵庫の中に大量を保存することができます!

授乳を促進するために、あなたはレーズン、ドライアプリコットとイチジク、クルミのガラスの100グラムを取ることができます。材料を刻み、100グラムのバターと混ぜる。乳児にアレルギーがない場合は、蜂蜜を摂取することができます。ドライフルーツは牛乳生産に良い効果をもたらし、新鮮なフルーツよりも多くの利点をもたらします。

Pin
Send
Share
Send
Send