人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

子宮の子宮内膜症の結果

子宮内膜症は、3人に1人の女性の不妊の原因です。通常、それはホルモン障害によって起こります。しかし、より早期にこの病気が35歳のフロンティアを越えた女性の間で発見されたのであれば、今では20歳の子供でさえも見つかりません。性交時の痛みを伴う月経、頭痛、下腹部の不快感は曖昧な症状であるため、見つけるのはそれほど簡単ではありません。子宮内膜症の症状である可能性があります。超音波でそれはまたすぐに見ることができない。それでもなお、それはかなり深刻な病気で、時には外科的介入さえも必要とします。子宮内膜症とは何ですか?この病気は、子宮内膜の構造と非常によく似た種類の成長ですが、子宮内だけでなく、子宮内膜の通常の位置をはるかに超えて広がります。この病気は10以上の分類があり、ほとんどすべての内臓に影響を及ぼします。

婦人科:子宮内膜症、症状

この疾患の主な症状は、通常、月を通して、そして腰部領域において、腹痛が長引くことです。そして、それは重要な日の前後に悪化します。月経自体も非常に痛いです。子宮内膜症が直腸または膀胱に拡がると、排便中、したがって排尿中に痛みが発生します。場合によっては、子宮内膜症の中心には特に痛みを伴う症状はありませんが、それは同時に癒着の形成や卵管の閉塞にも寄与し、それゆえ不妊につながる可能性があります。子宮内膜症の女性は、過敏性、バランスのとれていない精神、および涙が特徴です。しかし、診断は超音波検査と臨床検査を含む総合的な検査の後にのみ行うことができます。多くの場合、この疾患は他の人を伴っています:炎症、筋腫、びらん。

子宮の子宮内膜症の最も特徴的な症状(腺筋症とも呼ばれます)は、危険な日の前および最中の血斑です。この病気の原因は甲状腺の病気です。

婦人科:子宮内膜症、診断

一次診断は、上記の症状と患者の不満に基づいて行われます。調査によると、子宮内膜症の女性の約40%は妊娠できないことがわかっています。診断は、超音波検査、子宮鏡検査、子宮頸部造影検査、MRI(磁気共鳴画像法)、さらには腫瘍マーカーおよびホルモンの血液検査の結果として、より徹底的な婦人科検査によって確認または反論されます。子宮内膜症を治療するために、彼らはしばしばホルモン療法とラドン浴の使用に頼る。重症例では、手術(腹腔鏡検査)、放射線療法に頼る。子宮内膜症の重症度に応じて、複雑な治療には半年または数年かかることがあります。 4番目は最も困難な段階です。

婦人科:子宮内膜症および妊娠

病気は妊娠を妨げますか?結局のところ、それは不妊の主な原因の一つと考えられているので、多くの女性が興味を持っている、それでも子供を妊娠するチャンスはありますか?実例が示すように、「子宮内膜症」の診断は「不妊」という言葉の同義語ではないため、妊娠を予防することはできません。唯一のことはそれが妊娠の可能性を減らすということです、それであなたは女性の身体の能力を高めるであろう正しい治療法を選ぶべきです。さらに、子宮内膜症は妊娠と同時に起こり得、そして月経の不在のために、病巣の増殖がそれ自体によって単純に抑制されるので、これは非常に良好である。病気の第4段階の女性でさえ孵化して安全に出産したとき、多くの例があります。しかし、出生後にこれらの病巣が再び出現する可能性があることを覚えておくことは重要です。そのため、治療を遅らせず、組織内の子宮内膜の発芽を可能にしないでください。

治療後も妊娠することが不可能であるならば、体外受精が助けになるかもしれません。子宮内膜症を伴うIVFは、一方では積極的に卵巣を刺激し、他方では疾患の病巣の増殖を誘発しないので、かなり有効な方法と呼ぶことができる。この方法は、比較的重度の病期の女性や、卵管の機能不良を伴う、受胎能力の低い、骨盤内の癒着が多い女性にも役立ちます。

したがって、婦人科によると、子宮内膜症は、適切な治療で、母性の希望を奪うことはありません深刻な病気です。

おすすめ

子宮内膜症のひどい合併症を避けるために、病理学の診断と治療を責任を持って治療することが必要です。事実は、子宮内膜症は長い間完全に無症状であることがある潜行性の病気です。初期段階でその兆候を明らかにできるのは婦人科医だけです。だからこそ、女性は少なくとも6ヵ月に1回は診察を受けるように勧められています。

診断が下された場合は、治療を受ける必要があります。民間療法と一緒に薬を飲まないでください、あなたは医者のすべての勧告に従う必要があります。複雑な治療法だけが子宮内膜の成長を抑え、合併症を予防するのに役立ちます。

再発のリスクと子宮内膜症の影響を減らすには、次のことが必要です。

  • 通常の体重を維持し、肥満を避けます。
  • 飲酒や喫煙はしないでください。
  • 生殖器の感染症を避けてください。
  • 理学療法に従事し、健康的なライフスタイルを導きます。

子宮内膜症は、完全に治療することができない慢性疾患です。治療は子宮内膜症の成長を止めるか、またはその病巣を取り除くのに役立ちます。しかし、一連の治療の後、病気は再び進行し始めることがあります。

病気に関する一般的な情報

子宮内膜症は女性の生殖器の病気です。

子宮の壁は、月経周期に関与する粘膜の血液鞘で覆われています。それは子宮内膜と呼ばれます。子宮内膜は毎月更新されます。シェルは破壊され、剥離され、自然に体から排泄されます - 月経出血。

子宮内膜症は、子宮内膜が子宮の生理学的限界を離れてその機能を破壊した後に起こる。

血流があると、子宮内膜の粒子は体全体に広がり、腹腔の他の臓器に入ります。子宮管と卵巣が最も危険です。場合によっては、子宮内膜細胞が腹腔の上に広がって呼吸器系に影響を及ぼします。肺に入って、喀血を引き起こします。

彼らは腸の中にあるかもしれず、それはしばしば腸の出血を引き起こします。そして、その徴候は女性が痔の外観または悪化と関連します。子宮内膜細胞の侵入の最も遠い部分は眼の管です。そのような場合、「血まみれの涙」の症候群。

子宮内膜症の影響は非常に深刻です。卵管内の結合組織の出現はそれらを通行不能にする。成熟卵子は、精子によるさらなる受精のために、卵管から子宮に向かって出る能力を持たない。

特殊なケースでは、たとえ卵管が透過性であっても、望ましい妊娠は起こらないかもしれませんし、子宮内膜症で脅かされるかもしれません。事実は、妊娠中の胚が子宮内膜に付着していることであり、この病気ではそれは子宮の限界を超え、それによってそれから胎児を押し出します。

子宮内膜症の診断で、妊娠の開始は危険と合併症でいっぱいです。そのような妊娠の終了の脅威:

  • 最初の学期では、90%以上、
  • 2学期で70%以上、
  • 3学期では、26%以上。

凍結妊娠は6%の患者に見られます。したがって、統計によると、不妊症の65%は子宮内膜症から来ています。

子宮内膜症かどうかを治療するために - 各女性の個人的な選択。この病気の結果は、妊娠中の母親だけでなく、すでに出産するのに十分幸運であるだけでなく、子供をもうけたくないという女性にとっても危険です。

3人ごとに子宮内膜症があり、10人に1人だけが彼について知っています。この婦人科疾患は女性の体内でよく偽装されています。さらに、それがこの病気の挑発者であるというコンセンサスはありません。それは再発しており、悪化の瞬間を示唆することは不可能です。

どんな症状が病気を示しているのか

子宮内膜症の診療所は非常にぼやけており、症状は通常の倦怠感のように見えるかもしれません。次のような場合には注意が必要です。

  • 重要な日には腹痛を軽減し、腰を下げます。
  • 月経血の凝血塊、
  • 痛みを伴う性交
  • 排尿時の痛み
  • 貧血、めまい、
  • 精神情緒障害
  • 脱毛
  • 肥満。

婦人科疾患のリスクがあるグループがあります。これらには、遺伝、過度のレベルのエストロゲン、35〜45歳以上の年齢、カフェインの乱用、悪い習慣 - アルコールとタバコの喫煙、貧弱な生態、ストレス、中絶または骨盤の病理が含まれます。

正確に診断を確認することは外科的にしかできません。子宮鏡検査(光学機器が子宮に挿入される)または腹腔鏡検査(光学機器が腹腔に挿入される)の後。

損傷等級による分類

4つのレベルの子宮内膜症が分類されます。

  • 1度臓器表面上の子宮内膜細胞の浅い発芽はこの段階で起こる。現時点では、この疾患は重度の出血、重要な日に血栓が存在するという形で現れます。婦人科医へのタイムリーな訪問は早い段階で子宮内膜症を検出するのに役立ちます。それはこの期間中に病気を取り除くのが最も簡単です。医師は、感染巣の場所を特定するのを助けるためにパップテストまたはヒストログラフィーを注文するでしょう。最初の段階では、この病気はホルモン避妊薬を処方することによって治療されます。
  • 2度子宮内膜細胞はより深く発芽し、そしてサイズが増大する。現時点では、上皮がより深く成長し、ほとんどの臓器に影響を与えている場所では、痛みが悪化する可能性があります。処方されたホルモン薬や薬の治療のために、痛みを止めます。
  • 3度子宮内膜細胞は体全体に増殖し、新しい病変が現れ、痛みが著しく増加します。子宮内では、子宮内膜が漿液層に成長し、腹膜や卵管に感染します。これにより、卵巣に多数の癒着や嚢胞が形成されます。手術なしの3番目の学位は不治です。手術は内視鏡と呼ばれます。それは3回の穿刺を通して行われ、女性の身体から子宮内膜転移を取り除きます。手術介入が必要である、そうでなければ病気はすぐに4番目の、最も深刻な程度に入ります。
  • 4度この段階で、生殖器系と骨盤領域は完全に影響を受けます。場合によっては、臓器の付着が起こります。通常直腸と膣の間に起こります。子宮内膜症が悪性になって変性する可能性は1%で、この段階での外科的介入は再建整形手術を行うことにあります。子宮内膜症病巣を除去し、レーザー、電気または低温効果で凝固させる。最も重症の場合、損傷した臓器は完全に除去されます。

子宮内膜症の危険性は何ですか

あなたが体の初期段階で子宮内膜症を治療しないと、ホルモンのバランスが崩れます。クリティカルな日に慢性的な痛み、妊娠して子供を産むことができないこと、うつ病、過敏性はしばしば心理的障害につながります。

子宮の子宮内膜症の放置が第三段階または第四段階に達すると - これは子宮、付属肢および卵巣の除去に充満しています。女性の卵巣には「青春期」というホルモンが含まれていますが、これを除去すると体内に不均衡が生じます。

子宮内膜症治療が適切に治療されないと、代謝が遅くなり、免疫力が弱まり、それが急速な老化と体調不良につながります。ですから、「どうしますか」という質問をしないでください。自分自身と子供の生活にはすぐに気をつけてください。

親愛なる女性たち、あなた自身を愛し、あなたの健康に感謝します!

子宮内膜症のリスク:合併症と結果

月経周期の違反、月経周期の違反、月経間の出血、出血など、患者が繰り返し激しい痛みに気付いた場合は、すぐに婦人科医に連絡してください。

この疾患は、生殖年齢の女性の30%で診断され、通常、受胎の計画段階または妊娠登録時に確定されます。そのため、子宮の子宮内膜症の危険性について医師から警告されます。

子宮内膜症とは何ですか?

子宮内膜症は生殖器系の病理学であり、それを超える子宮内膜細胞(子宮の内層)の過形成(増加)を特徴とする。

注意してください。 胚は子宮内膜に付着するため、炎症性異常の存在下では、女性はしばしば妊娠が困難になります。

子宮内膜症は、治療の実践が約50年であるという事実にもかかわらず、よく理解されていない疾患です。しかし、最新の診断技術のおかげで、ホルモンの不満や症状、免疫機能障害、炎症性病変に関連して、専門家はより早期の段階で異常を見つけることがよくあります。

子宮内膜症の種類

この病気は、それを超えた子宮の粘膜層の放出から始まり、臓器の機能を破壊します。

子宮内膜症の2つの形態は、臓器または組織への損傷の程度によって分類されます。

  1. 性器 - 生殖器官(子宮、卵巣、卵管)の損傷。これは患者の健康に危険をもたらし、不妊の形で悪影響をもたらします。
  2. 生殖外 - 血流とともに、子宮内膜粒子は他の臓器、すなわち腹腔、眼結膜に運ばれます。子宮内膜症の合併症は、疾患の局在および出血の部位での激しい痛みによって表される。気道器官が損傷している場合、喀血が見られます。子宮内膜の粒子が眼窩に入ると、「血涙」の症候群が起こります。

病気の原因

子宮内膜症は多病因性疾患であり、すなわち、その発生には多くの理由があるだけでなく、その疾患の結果もあります。この疾患の発症に寄与するいくつかの仮説があります。

  1. 攻撃的性が増し、悪性セグメントと同様に外面的に類似している、異常に位置する子宮内膜細胞。この疾患は細胞転移を伴うため、がん細胞は血液やリンパ液とともに組織に浸透します。
  2. 子宮内膜症は、月経血が腹腔内に逆流することで発症します。逆行過程は、子宮内膜細胞のある種の背景疾患が他の臓器および系に侵入すると、細胞の内方成長および増殖が起こるという事実に満ちている。
  3. 子宮内膜症組織は血液とリンパ液を介して広がります。
  4. 病理学は遺伝的レベルで伝染します、
  5. 子宮外の子宮内膜細胞の増殖は、免疫機能障害およびホルモン性障害のために発生する。

さらに、この疾患を発症する可能性が高まるその他の要因があります。

  • 頻繁なストレスの多い状況
  • 子宮腫瘍(類線維腫)、
  • 貧血、
  • コーヒー含有製品の過剰摂取
  • 悪い習慣の乱用 - 飲酒、喫煙、違法薬物の使用、
  • 肥満
  • 内分泌腺の機能不全 - 甲状腺、副腎、視床下部、下垂体、
  • 中絶による骨盤内臓器の損傷、煩雑な労働、子宮内装置の設置、嚢胞性形成物の除去
  • 骨盤内炎症性疾患
  • 体の保護機能の低下。

これは重要です! ほとんどの場合、子宮内膜症は無症状の経過をたどるため、病変の頻度は不明です。生命と健康のために子宮内膜症の合併症と不可逆的な結果を避けるために、あなたは年に2回診察室を訪れるべきです - これは特に中絶、帝王切開、びらんの焼灼による子宮手術を受ける患者に当てはまります。

子宮内膜症の症状は多様で骨盤内の他の病気に似ています。

女性が以下の病理学的徴候を持っているならば、それは診断手段と治療勧告のために緊急に婦人科医に行くことが勧められます:

  • 豊富な分泌物を伴う痛みを伴う月経。時々痛みは非常に顕著であるのであなたは医療なしではできません。
  • 血栓のある月経
  • 月経の出現の4〜5日前に目立つ褐色の分泌物を発見する、
  • маточные кровотечения в межменструальном периоде,
  • めまい
  • 腹部の痛み、背中の痛み、肛門、下肢 - 月経の最初の日から始まり、最後まで続くか、または全周期にわたって患者に同行します。
  • 不快感、親密感中の痛み、排尿。性交中に発見することがよくあります、
  • 気絶
  • 低血圧の低ヘモグロビン(貧血)
  • 心理感情的状態の違反
  • 頻繁な風邪。

ホルモン障害の背景には、次の現象が発生します。

  • 急激な体重増加、息切れ、
  • 病的脱毛、
  • 多毛症 - 男性の毛羽立ちの増加、
  • 皮膚の変化 - 色素沈着、青白い肌、
  • 壊れやすい爪。

子宮内膜症の病期

プロセスの重大度に応じて症状が悪化します。子宮内膜症は4段階の重症度に分類されます。

  1. I期 - 1つ以上の小さな病変が診断されます、
  2. II期 - 子宮内膜の小さな病巣が患部の臓器の厚さに浸透します。
  3. III期 - 多くの表在性およびいくつかの深部病巣が固定され、子宮内膜嚢胞が形成されます。
  4. IV期 - 卵巣に多数の嚢胞(多嚢胞性)があり、卵管に癒着がある、多くの小さくて一般的な病変。

助けて! 重症度と病理学の重症度との間に線形関係はありません。時には病気の初期段階が一般的な子宮内膜症よりも顕著である。いずれにせよ、治療せずに放置すると、結果はより根本的になり、子宮の本体だけでなく、近くの器官や組織にも影響を与えます。

子宮内膜症と妊娠

子宮内膜症組織の異所性部位の発生を特徴とする病歴のある女性は、子宮内膜症が治療されないとどうなるか、そしてこの疾患がいかにして生殖機能に影響するか疑問に思います。

卵管内の上皮組織の増殖は閉塞を引き起こす。成熟した卵母細胞(卵子)は管を通って子宮の体に達することができないので、精子細胞が卵子を受精させることは困難です。

場合によっては、卵管の開存性があっても、妊娠することが不可能であるか、妊娠に終了の脅威が伴います。これは、子宮内膜組織が子宮層を超えて移動すると、それが付着できないようにして胚を押すという事実によるものです。

受精が発生した場合、子宮内膜症は自然流産の脅威でひどいです。

統計によると、妊娠は中断されます。

  • 1学期で - 90%のケースで、
  • 第2学期に - ケースの70%において、
  • 3学期 - 25%のケースで。

後退 - 中絶失敗は6%の症例で起こり、不妊は子宮内膜症を患う女性の65%で確立されています。

注意! 子宮内膜症は、妊娠できなくなった患者だけでなく、すでに母親になったことのある患者のためにも治療する必要があります。子宮内膜症の合併症は健康と生活にとって危険です。

合併症

子宮内膜症の最初の症状では、早めに治療を始めれば合併症の可能性が少なくなるため、医師に相談する必要があります。根本的な病気のための治療を始めれば、それは深刻な否定的な結果を取り除くことがより簡単です。

病理学の最も一般的な結果はここにあります:

  1. 出血および瘢痕性変化 - 両方の現象が診断されることはめったにありませんが、外科的介入によってのみ排除されます。治療的手段がないと、子宮内膜症は瘢痕および癒着の形成によって危険であり、それは妊娠する可能性を妨げるだけでなく、運動中の激しい痛み、親密さ、月経、
  2. 子宮内膜症性嚢胞形成 - 子宮内膜症は、組織の病理学的増殖があるため、「チョコレート」シストの形成に影響を与えます。新生物は通常良性ですが、腫瘍は薬や伝統的な方法による治療のために消散しないので、手術が必要です、
  3. 神経障害 - 継続的な痛みは精神に悪影響を及ぼす。さらに、妊娠することができないことは、女性を気まずい気分にさせます。
  4. 一般的な劣化 - 病気の慢性化は、神経障害、不眠症につながります。睡眠障害、慢性的な疲労感、貧血、嗜眠、眠気のため。ホルモン障害は涙、過敏性の一因となります。
  5. 悪性腫瘍 - 異型細胞の活発な増殖とともに起こる。

薬による子宮内膜症の治療は、医師が処方した個別の計画に従って行われます。自己投薬には悪化があり、正確な診断が困難です。

主な問題と危険

子宮内膜症の合併症は以下の通りです:

  • 卵管の閉塞、
  • 不妊
  • 流産の高いリスク
  • 子宮外妊娠

子宮内膜症の危険性はまた、流産を見逃してしまう可能性が残っているという事実にあります。ほとんどの女性にとって望ましくない生殖器系の合併症に加えて、他の臓器もまた罹患している。

不適切なレベルのエストロゲンは不安定な月経周期をもたらします。女性は心理的な背景を変えたり、肌や髪の毛の状態を悪化させることがあります。

子宮内膜症の原因

何が子宮の子宮内膜症の発症を引き起こすのかについてコンセンサスはありません。この危険な病気の発生に影響を与える多くの要因があります。

子宮内膜細胞が体の奥深くおよびそれ以降に発芽する主な理由は以下のとおりです。

  • 外傷を受けた子宮
  • ホルモン障害
  • 低免疫防御
  • 遺伝的素因
  • 子宮腔の前の手術、中絶、掻爬、
  • 細胞分裂の異常に急速な成長
  • 過度の運動

病理学的病巣は子宮の筋肉層まで成長する可能性があり、その結果としてそれらの自然環境は破壊され、疾患が始まる。

子宮内膜症の種類と形態

この病気の発症はいくつかの段階で起こります。病理学には主に2つの形態があります:

内部子宮内膜症では、子宮だけが罹患します。子宮内膜組織は成長しますが、生殖器官を超えて広がることはありません。外的形態の流動病理学的病変が卵巣、卵管、および他の臓器に形成される場合。つまり、子宮内膜細胞は通常の環境を超えています。

治療が行われていないか、間違った方法が使用されている場合は、臓器の根治的切除が必要になることがあります。

病気の段階から症状の強度に依存します:

  1. 子宮内膜病巣の浅い発芽を特徴とする1度の子宮内膜症が発症した場合、女性は血栓を伴う大量の分泌物、性交中の痛み、および重大な日中の体調不良に気付くことがあります。
  2. 第二段階は、病巣の大きさの増加、さらに深い発芽を特徴とする。子宮内膜症の疼痛症候群はより強くなり、女性に鎮痛剤を服用させる。
  3. 第3段階では、子宮内膜はその限界を超えて体全体に、腹膜、卵管にまで成長します。癒着が始まり、それが周囲の臓器の痛み、嚢胞の形成を引き起こします。治療は外科手術のみです。
  4. 子宮内膜症の4度は不妊の原因です。卵管は通行不能になり、そして特に無視された場合には臓器付着が起こる。

出血後貧血の発症

貧血は重度の失血により発症します。子宮内膜層は通常よりも大きく、それは臨界日の月経調節の過程においてより多数の血管への損傷をもたらす。

頻繁で豊富な期間は大きな失血につながり、貧血が発症します。女性は衰弱とめまいを経験しますが、これは外部子宮内膜症によって悪化するだけです。

子宮内膜症における不妊の原因は以下の通りです:

  • 拡大した子宮内膜は卵子を子宮外に押し出します。
  • 管の閉塞により、子宮外妊娠が発生します。
  • 受精を妨げるスパイクが形成されます。

子宮内膜症はホルモンのバランスを崩します。これは妊娠の開始にも重要です。

腫瘍性疾患

子宮内膜症は、治療しない場合にのみ危険です。成長は子宮の外側に限られていますが、悪性腫瘍への変性は脅かされません。

子宮頸部の子宮内膜症や子宮内膜症の卵巣嚢胞などの外来型の疾患は、2〜3%癌のリスクを高めるため危険です。嚢胞のタイムリーな外科的除去は健康の維持に貢献します。

出血および瘢痕性変化

子宮内膜が腹腔内に侵入すると、病気の病巣が形成される。月経が始まると予想される日に、これらのホルモン駆動細胞は拒絶し始め、それが内出血と炎症を引き起こします。

生殖器官における癒着の形成は徐々に起こる。最初に炎症が始まり、それから白血球の局所濃度が上昇し、それがフィブリン(接着剤)の産生につながります。

子宮内膜嚢胞の形成

病気の焦点はしばしば月経には解決できない、それは内部に血液が入った分離した細胞の蓄積に満ちている。このサイクルは毎月繰り返され、それによって地層が増加します。これが嚢胞の形成方法です。

女性の卵巣嚢胞は破裂の危険があり危険です。新生物から腹腔内への分泌物の侵入は、腹膜炎を引き起こす。嚢胞の形成は、管や子宮の機能に影響を与える可能性があります。それが成長するにつれて、隣接する組織への圧力が増加し、それらの栄養が悪化します。

子宮内膜症の治療方法

有害な症状が発生した場合は、婦人科医に検査を依頼することが重要です。診断後、彼はホルモン療法を処方します。

あなたが子宮内膜症を治療していない場合は、不妊や他の病気のリスクが高いです。子供を産むことを計画していない女性でさえも、悪影響を感じます。

病気の外科療法

3度目の子宮内膜症では、外科的介入が行われます。手術により、子宮と隣接臓器の腫瘍が取り除かれます。

専門家へのタイムリーなアピールは、保守的な方法で手術なしで病気を治すことを可能にします。早期治療は、すべての女性の生活にとって重要である病理学の深刻な影響を回避することを可能にします。

子宮の危険な子宮内膜症とは何ですか?

病期が女性の身体の状態に及ぼす影響をさまざまな時期で考えてみましょう。

子宮内膜症を患っている女性は、不妊症を発症する危険があります。

以下の生殖器系の障害が考えられます。

  • 卵管における癒着の形成(受精卵の遊走障害)。
  • 高レベルのメディエーター - 卵の輸送を妨げる小痙攣を引き起こすプロスタグランジン。
  • ホルモンレベルの変化と免疫システムの状態(排卵の抑制、受精障害、細胞分裂)。
  • 嚢胞の存在は、低レベルの概念につながります。

妊娠中に、子宮内膜症と組み合わせて、早産、自然流産の高いリスクがあります。

更年期障害とは

クライマックスは50歳の女性に発生します。しかし、これは病気を防ぐことはできません。

閉経期における子宮内膜症の際立った特徴は、病変が徐々に消失または消失することです。これは、閉経時に子宮内膜細胞の増殖を促進する十分な性ホルモンが産生されないという事実によるものです。場合によっては、症状は消えませんが、それどころか進行します。

閉経期子宮内膜症進行の素因となる因子は以下の通りです。

  • 肥満エストロゲンレベルの減少に応じて、脂肪細胞(脂肪細胞)の合成は増加しますが、プロゲステロンのレベルは変化しません。結果は子宮内膜細胞の新しい異所性病巣の出現です。
  • 糖尿病内分泌系の破壊は、エストロゲン、プロゲステロンの減少につながる可能性があります。
  • 生殖器系の感染性および炎症性疾患。
  • 外科的治療

閉経中の子宮内膜症の典型的な症状:

  • 頭痛
  • 過敏性、
  • 疲労
  • 気温、
  • 悪寒、
  • スポッティング、出血。

治療しない場合

初期段階で介入がないと、ホルモン不全が起こります。月経周期中のうつ病、不妊症、過敏性、激痛 - 子宮内膜症の結果。

命を救うための病理学の急速な進行と共に、時には子宮またはその付属物が除去される。

合併症は何ですか?

子宮内膜症の長期経過とともに、子宮内膜細胞の変性が起こります。

  • 出血
  • 瘢痕組織の成長
  • 腹腔の臓器や組織における癒着の形成
  • 卵巣における子宮内膜嚢胞の形成
  • 貧血、
  • 月経障害、
  • 神経障害

子宮内膜症の原因と治療に関するビデオで

子宮頸部子宮内膜症の影響

子宮頸部の損傷は、著しい量のびらんと鉄欠乏性貧血の発症に対する高レベルの出血を引き起こす可能性があります。

子宮頸管の粘膜の損傷は、その保護バリアの侵害を引き起こし、そして生殖器系の上部への感染の容易な侵入をもたらす。

子宮頸部の子宮内膜症は、不妊症、腫瘍学的形成の発症につながる。

異所性子宮内膜症の危険性

病変が子宮の外側にある場合、他の臓器や組織が罹患していると、重篤な症状が発生する危険があります。

  • 排尿時に膀胱の敗北と血の分泌が発生します。
  • 子宮と直腸の間のスペースの敗北 - 化膿性窩洞の形成。
  • 腹腔内の癒着の発生は消化管への損傷につながり、腸閉塞を引き起こします。

慢性子宮内膜症とは何ですか?症状や病気の種類、慢性的な形の開発の原因、結果、妊娠の可能性についての記事を読みます。

なぜ子宮頸管子宮内膜症が起こるのですか?詳細はこちら

子宮内膜症は深刻な結果を避けるために緊急に治療されなければならない病気です。最初の症状、そして特に不妊症のときは、専門家の助けを借りる必要があります。時宜を得た治療は癒着、嚢胞、妊娠の好ましい過程の排除につながります。

Loading...