小さな子供たち

妊娠中の妊娠中の正常なttg、低い値と高い値の原因

Pin
Send
Share
Send
Send


TSH濃度の血液検査は、妊婦が受けなければならない最初の臨床検査の1つです。妊娠中のTSHの割合は、女性の通常の指標とは異なります。学期に応じて、甲状腺刺激ホルモンのレベルの生理学的な(疾患に関連しない)変化が起こる。妊娠中の女性のTSHの正常な指標について知ることは重要です。内分泌系の異常は、母親と子供の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

TSHは何に影響しますか?

以前に内分泌科医にアクセスしたことがない少女の多くは、妊娠の最初の学期またはその計画段階で、TSHの略語に初めて慣れます。この物質のどの指標が妊娠中の女性に通常あるべきかを知る前に、TSHとは何か、そして生物にとってそのTSHの重要性は何かを知っておく価値があります。

TSHは「甲状腺刺激ホルモン」の略です。これは甲状腺ホルモンの産生を刺激する代謝系における重要なつながりです。 TSHは糖タンパク質のグループに属しており、下垂体前葉の細胞によって産生されます。甲状腺の機能を制御することによって、この物質はトリヨードチロニン(T3)とチロキシン(T4)の合成を刺激します。これらのホルモンは、体内でのエネルギー代謝に関与し、レチノールの産生およびタンパク質合成を調節し、生殖器官および消化管の機能に影響を及ぼし、組織成長、心血管系および中枢神経系に影響を及ぼします。

妊娠の初期段階では、胎児は内分泌腺の重要なホルモンを独立して合成する能力をまだ持っていないので、母親の血液からそれらを受け取ります。合併症や病状を予防するために、妊娠中の女性は甲状腺の状態を監視する必要があります。体内のTSH濃度を確定することは、指示に従って行われた、6〜8週間の期間医師によって処方された計画された分析、ならびに後の期間のための実験室検査を助けるでしょう。

健康な人では、TSHのレベルは夜の睡眠中に可能な限り増加し、朝に低下し、そして就業日の終わりまでにその最小値に達する。このホルモンの含有量の血液検査は、空腹時に午前中に行われます。血漿中のTSHの量は、妊婦の内分泌系の状態を評価するのに役立つだけでなく、胎児の発達を評価するための重要なマーカーとしても機能します。

妊娠中の女性のTSHのレベルはどうですか?

健康な人では、トリヨードチロニン、チロキシンおよびTSHは反比例の原理に従って相互作用します。T3およびT 4が増加すると、甲状腺刺激ホルモンが抑制されます。このパターンは、妊娠期間中のTSHの通常の生理的変動の原因です。

成人の非妊娠女性の甲状腺ホルモンの正常レベルが0.4〜4.0 mU / Lの場合、妊娠中の標準値は0.1〜3 mU / Lです。さらに、妊娠中の妊娠中のTSHの規範があります。

1学期はトリヨードチロニンとチロキシンの集中的な形成が積極的に「妊娠ホルモン」 - 絨毛性ゴナドトロピン(hCG)の影響を受ける期間です。現時点では、赤ちゃんの発育中の生物はまだそれ自身のT3とT4を生産することができません。これは彼らの唯一の情報源が母体の内分泌系であることを意味します。 hCGの影響下で、T3およびT4の活発な増殖が起こり、そしてそれらの影響下で、甲状腺刺激ホルモンのレベルが減少する。妊娠初期のTSHの発生率は0.2〜0.4 mU / lに減少しています。週12〜16週で、この数字は増加します。

2学期 - 胎児の内臓の集中的な成長の時期。この時までに、胎児は内分泌を含む様々な身体システムの基本的要素をすでに形成しています。妊娠の第2学期に、赤ちゃんはすでにそれ自身の甲状腺を持っています、そしてホルモン生産プロセスは徐々に改善されています。このとき、妊娠中の女性ではホルモンが変化します。チロキシンとトリヨードチロニンの量が減少し、甲状腺刺激ホルモンの濃度が増加します。その指数は、前期TSH指数とは異なり、0.3〜2.8 mU / lです。

妊娠第3期では、妊婦のTSH率は合計値に近く、0.4〜3.5 mU / Lです。

TSHに関しては、妊娠中の女性の割合は妊娠中期だけでなく、胎児の数によっても異なります。双子または三つ子の誕生が予想される場合は、妊娠中の女性の甲状腺刺激ホルモンはほぼゼロに減らすことができます。

胎児が1人であっても、TSHのわずかな減少または増加は生理学的基準とみなされ、ほとんどの場合、矯正を必要としません。さらに、妊娠中のTSHの推奨レベルを評価する方法にはいくつかの食い違いがあります。

妊娠中にロシアで使用されるTSHパラメータの表には、血漿中の甲状腺刺激ホルモン濃度に関する次のようなデータが含まれています。

  • 妊娠中 - 0.2〜0.4 mU / l、
  • 2学期 - 0.3〜2.8 mU / L、
  • 期間III - 0.4〜3.5 mU / L

米国では、ホルモンTSHと妊娠毎週の相関は多少異なり、低い値は正常と見なされます。

特に最初の12〜16週間の間の高レベルの甲状腺刺激ホルモンは苦痛の徴候であり、詳細な検査が必要です。しかし、指標がわずかに増加し、妊娠が正常に進行している場合でも、婦人科医は内分泌科医に追加のアドバイスを注文することができます。専門家はホルモンTSHの濃度を適切に評価し、必要に応じて適切な治療法をアドバイスします。

規範からの逸脱

妊娠中の過度に低いまたは高いTSHは将来の赤ちゃんにとって危険です。妊娠中の母親のホルモン的背景のそのような違反は、不快な結果を引き起こす可能性があります。

自然流産、

胎盤の早期分離

早産、

胎児奇形

TSHの決定のための分析は、すべての妊婦に割り当てられるべきです。妊娠しようとしているが、甲状腺の健康に問題がある女性は、妊娠前にホルモンレベルを調査し調整する必要があります。

高TSH

体内の甲状腺ホルモンの含有量が通常の数倍になると、甲状腺機能低下症が発症します。この病理学では、甲状腺の働きが抑制され、臓器は女性の健康と胎児の正常な発達に必要な量の必須ホルモンを合成しません。 TSHの過剰な指標は、甲状腺または下垂体の腫瘍腫瘍の徴候である可能性があります。 TSH増加の他の原因は、副腎の機能不全、甲状腺の炎症、そして中毒後期です。

初期段階では、甲状腺機能低下症は無症候性である可能性があります。病理学の発達に伴い、体内の障害が目立つようになり、妊娠を脅かす可能性があります。

TSH上昇を伴う妊娠は貧血を合併します。

顔面の腫れ、呼吸器系の器官、聴覚

消化管器官は、消化不良や腸の運動性の低下、食欲減退、吐き気によって甲状腺機能低下症に反応します。肝臓が増加する可能性があります(肝腫大)

TSHが高いと、心臓や血管の働きが妨げられます。血圧が下がり、脈拍がまれになり、循環機能不全が発生します。

女性の状態は交換低体温症候群によって複雑にされている:正常な体温が下がると、妊娠中の女性は寒さを患う。妊娠中のTSHの上昇は、将来の母親の外観に影響を与えます。髪の毛や爪の成長が妨げられ、皮膚が薄くなり、乾燥します。中枢神経系の変化は、眠気、注意散漫、過敏性の増加、記憶の低下によって現れます。代謝障害の結果として、肥満が発症します。体重の劇的な変化は、妊娠中の糖尿病を引き起こす可能性があり、それは妊娠24〜28週目に耐糖能をスクリーニングすることによって決定されます。

妊娠中にTSHが上昇した場合、治療は必要ですか?推奨値(最大4 mU / l)からのわずかな変動と遊離ホルモンT 4の通常の含有量では、補正は正当化されません。

もし最初の学期にTSHのレベルが推薦された指標を超えるなら、甲状腺ホルモンのレベルを正常化するために資格のある医療援助が必要です。時間が母親の体への集中を減少させないならば、子供は内分泌系の完全な発達に必要な物質を失う危険を冒します。その結果、妊娠の早期の不本意な終了または胎児の病状の発生があります。

高TSHにおけるホルモンの背景の補正は、詳細な検査の後に内分泌科医によって任命されるべきです。製剤として、チロキシン製剤、すなわちL−チロキシン、レボチロキシン、ユーチロックスが使用される。妊娠中にTSHが上昇すると、妊娠前に診断された内分泌疾患を伴うため、女性は専門家による継続的な監督を必要とします。

低TSH

妊娠中のホルモンTSHが血漿中で0.2 mU / l未満の濃度で測定された場合、私は心配すべきですか?最初の学期に、TSHの低下はhCGのレベルの増加によって引き起こされる生理学的現象です。この場合、特別な治療は必要ではありません:12〜16週までに、指標は独立して通常のレベル、0.3〜2.8 mU / lに上昇します。医師の仕事は、TSHの自然な減少と病理学的甲状腺中毒症とを区別することです。

甲状腺の機能的自律性(FA)

びまん性および多結節性有毒性甲状腺腫

ホルモン剤の過剰使用によって引き起こされる人工甲状腺機能亢進症。

TSHのレベルが低い妊婦の管理への現代的なアプローチは、積極的な観察の戦術を含みます。医師はホルモンレベルの変化の動態を監視し、それを正常化する顕著な傾向がない場合は治療を処方します。

妊娠中のTSHとは何ですか?

甲状腺刺激ホルモンの作用機序:甲状腺の組織の特定の受容体に作用することによって、それはその分泌を高めます。ホルモンはまた蛋白質分子、核酸および細胞リン脂質の生合成を刺激することができます。

TSHは受胎にどのような影響を与えますか?甲状腺ホルモンは、生殖器系、消化器系、神経系および心血管系の正常な機能を決定します。受胎に対する甲状腺刺激ホルモンの媒介効果は、甲状腺の活動を制御することにあります。 TSHのレベルが高いほど、腺は甲状腺ホルモンをより活発に分泌します(T3とT4)。

内分泌系の病気を背景にこれらの同音異義語のレベルを下げると、女性が妊娠するのはさらに困難になります。患者は卵胞の成熟と卵の​​放出に違反しています。熟した卵胞は不完全な構造を持っているかもしれず、それは胎児の異常な発達と流産につながるでしょう。病態の極端な形は不妊症を特徴とし、これは適切に選択されたホルモン療法で治癒することができます。

妊娠中の女性の妊娠中期までの正常TSH

絨毛性ゴナドトロピン(妊娠の主ホルモン)は、TSHとの化学構造の類似性によって特徴付けられます。これは甲状腺ホルモンの合成の刺激を決定します。最初の学期に甲状腺ホルモンのレベルが上がり、TSHが下がります。その後、甲状腺刺激ホルモンの量は正常範囲に戻ります。したがって、妊娠中の患者のホルモンホルモンレベルTSHおよびT4は、この用語を考慮して選択する必要があります。

患者自身が結果を正しく判読できますが、必要な治療法を診断して選択できるのは担当医だけです。自己治療の危険は、妊婦だけでなく発達中の子どもにも害を及ぼすことです。ホルモンの不均衡が患者に早く発見されればされるほど、それを修正することはより容易になります。

妊娠1ヶ月の妊娠中のTSHのおおよそのノルムは0.15から2.45 mU / lの範囲にあります。比較のために:20歳以上の女性のための参照値は0、27と4.5 mU / lの間にある。妊娠の最初の数週間で減るのを恐れないでください。これは生理学的規範の変形であり、子供の正常な発達を脅かすものではありません。

妊娠中の妊娠中のTSHの正常な含有量は0.18 - 3.2 m U / lです。この段階では、中毒の症状は消え、腹部の大きさは動きを妨げず、不快感を引き起こしません。将来の母親は通常、エネルギーと強さの急増を感じています。女性が無関心、うつ病、眠気の増加、および頻繁な気分変動を心配している場合は、甲状腺刺激ホルモンのレベルを確認する必要があります。許容値を超えると、直ちに治療法を選択する必要があります。

妊娠第三期は甲状腺刺激ホルモンのさらに高い正常レベルによって特徴付けられる。しかし、それは妊娠していない女性のための基準値以下にとどまるべきです。 0、29〜3.5 mU / lの考慮された実験室指標の最適値が考慮されます。

妊娠中の高TSH - 結果、危険性

規範からの逸脱を明らかにすることで、繰り返しの研究が任命される。これは、外部要因と内部要因の影響を明確に排除するために必要です。その値は一日を通して変化するので、妊娠中に同時にホルモンTSHのテストを繰り返すことが重要です。配達のための最適な時間:8 - 9 am。異なる部門が異なる試薬を使用してラボラトリーインデックスの値を測定するため、分析は同じラボでも繰り返される必要があります。

検査中の患者の最近の感情的ストレスにより、正常値からわずかに逸脱する(5 mU / l以下)ことがあります。一貫して高レベルの甲状腺刺激ホルモンは、

  • 甲状腺組織の炎症過程
  • さまざまな病因の子癇前症、
  • 内分泌系の臓器に影響を及ぼすがんの病理
  • 副腎の正常な動作に不具合があります。

原因の最終的な決定は、検査室および機器の診断方法を使用して患者をさらに検査した後にのみ可能です。

重要:血中のTSHの増加を検出すると、甲状腺ホルモンのレベルで診断が下されます。原則として、この状態は甲状腺の甲状腺ホルモンの不足を伴います。

非病理学的理由の中で、ヨウ素含有薬物療法は区別され、偽陽性の結果をもたらします。

妊娠中の低TSHと胎児への影響

妊娠中のTSHの低下が妊娠中期に観察された場合、その女性は何も心配する必要はありません。同様の状態は、中毒症状の出現によっても起こり、それはしばしば悪心および嘔吐の形で現れる。妊娠中のTSHの発生率は、中毒が弱まる2学期に回復します。

危険は、内分泌系の臓器の病状が発達しているためにホルモンレベルが低下している状況です。甲状腺刺激ホルモンが減少した妊娠中の患者の4%の症例では、甲状腺機能亢進症が見られます。これはその組織の成長を引き起こします。この状態は甲状腺機能亢進症という用語で表され、その徴候は次のように現れます。

  • 発汗
  • 指の振戦、
  • 通常の食事でも体重が足りない
  • 不安や煩さの感情
  • 眼球変位

治療法がない場合、甲状腺機能亢進症は流産、早産、子癇前症を引き起こし、さらに胎児低酸素症を引き起こし、その正常な発達を遅らせます。

患者の3%の症例では、タンパク質免疫グロブリンが胎盤を通して発達中の子供に浸透します。その女性は頻脈、不十分な体重増加および視力の低下を有する。この場合、子供の甲状腺機能低下症は先天性になるかもしれません。それは、合併症を伴わずに赤ちゃんの人生の最初の6ヶ月間で消えます。

テスト結果のTSH値が低下したときの状態を無視しないでください。妊娠の維持について決定を下した後、女性はホルモン状態を決定するために定期的に臨床検査を受けるべきです。ほとんどの場合、医師は帝王切開で出産することをお勧めします。

分析を準備する方法

TSHの発生率を決定することは、妊娠の計画段階に既にあるはずです。逸脱を明らかにすることで、最初にそれらの除去が実行されます。 60%得られた結果の正確さは患者の準備によって異なります。

TSHの分析準備のための規則

  • 最後の食事は研究室への訪問の少なくとも6時間前にするべきです、
  • 医師に相談した後は、少なくとも2日間はヨウ素含有薬やサプリメントの摂取を制限するべきです。
  • 一日のうちに、感情的な経験を減らすために、そして献血する前に - 実験室に15〜20分間静かに座ってください。
  • 朝8時から9時の間に献血する。

Для анализа применяется иммунохемилюминесцентный метод, срок получения результатов от нескольких часов до 1 суток.

Методы лечения подбираются с учётом причины, вызвавшей отклонение лабораторного показателя от нормы. Женщине проводится комплексная диагностика: УЗИ щитовидной железы и надпочечников, определение гормонального статуса, проводятся тесты на онкомаркеры и аутоиммунные заболевания.

При нехватке вещества назначается гормональная терапия. 中毒や明白な有害症状を恐れてはいけません。現代の薬は、状態の矯正のために最低限必要な量のホルモンを含んでいます。

ジュリア・マルティノヴィッチ(ペシュコワ)

2014年に彼女はFSBEI HE Orenburg州立大学で微生物学の学位を取得して優等で卒業しました。大学院卒後FGBOU IN Orenburg GAU。

2015年に細胞と細胞内共生の研究所では、ロシア科学アカデミーのウラル支部は、追加の専門プログラム「バクテリオロジー」で高度な訓練を受けました。

「生物学的科学」2017にノミネートされた中で最高の科学的作品のための全ロシア競争の勝者。

多くの科学出版物の著者。もっと読む

それはどのように機能しますか?

妊娠9ヶ月のあいだ、赤ちゃんは母親のおなかの中で活発に成長しています。子供の最適な成長と発達のためには、母親のホルモン物質の濃度が生理的であることが非常に重要です。変位があると、発育中の赤ちゃんが誤って形成されます。

少なくとも、彼は彼の内臓の構造に様々な異常や欠陥を明示するでしょう。

TTGは基本的な指標です。 それは体の多くの生物学的反応に重要な役割を果たしています。 甲状腺と甲状腺のホルモン物質のバランスは重要です

ヨウ素欠乏地域に住む女性でそれを管理することは特に重要です。それらは様々な疾患を発症する危険性が著しく高い。

正常値

出産の2番目の期間までに、血流中のホルモンは変化し始めます。通常、この状況はこの期間の半ばまでに現れます。妊娠初期の数週間では、この指標は妊娠中の女性では有意に変化しません。一部の専門家は、通常の指標が入力される特別な表を使用することを好みます。

甲状腺刺激ホルモンの測定のための分析に普通の診療所でも民間の実験室でも合格することは可能である。これには大した準備は必要ありません。 生化学的指標の送達が空腹時に起こったことが重要である。 テストの前に水を飲むことができます。

研究室への訪問の前夜の夕食はできるだけ軽くするべきです。脂肪や揚げ物を食べてはいけません。彼らは誤った結果につながる可能性があります。

医師は血中のこのホルモン物質の正常値を考慮します その濃度は0.4〜4 mIU / mlです。

どんな異常でも追加の診断が必要です。そのような違反がある場合、内分泌科医に相談しなければなりません。

内容:

  • 逸脱

甲状腺刺激ホルモン、またはTSH、またはチロトロピン - 下垂体前葉から産生されるホルモン。 TSHの主な機能は甲状腺(甲状腺)の調節です。甲状腺にある特定のTSH受容体に作用することで、最も重要な成長ホルモンであり、脂肪、タンパク質、炭水化物の代謝に関与するチロキシン(T 4)とトリヨードチロニン(T 3)の産生と活性化を刺激します。身体のシステムだけでなく、精神機能(気分、過敏性)を担当しています。

「フィードバック」の原理は、TSHとT4の間で機能します。つまり、TSHは甲状腺T4とT3の産生に影響を及ぼし、血中濃度が上昇するとTSHの産生を抑制します。

情報したがって、TSHとT4のレベルは密接に関連しています。そしてTSHは甲状腺によって作り出されないが、それは甲状腺ホルモンと共にテストされます。

妊娠中の規範

妊娠中の標準TSHは0.4〜4.0 mU / lと考えることができます。異なる検査室では、分析の結果は上記と異なる場合があります。通常、各研究所はそのメモの中でその規範を指定します。

妊娠中のTSHのレベルはタイミングによって異なります。血中のTSHの最低濃度は妊娠の最初の学期(0.1-0.3 mU / l以内)で記録されています。これはT4が赤ちゃんが正常に発達することを可能にするレベルにあることを意味します。診断に使用される検査システムによっては、TSHのレベルがゼロになることがあり、多胎妊娠の場合、100%のケースでTSHのレベルの低下が見られます。

妊娠中に甲状腺刺激ホルモンの濃度に通常の値からの偏差があるかどうか、医師は決定しなければなりません。必要に応じて、追加の研究方法、例えば甲状腺の超音波検査または細針吸引生検が指定されています。

TSHが増加しました

特に妊娠初期において甲状腺刺激ホルモンが標準と著しく異なり、その指標が2.5倍以上に増加した場合、これは甲状腺機能亢進症を示し、多くの場合、女性は合成チロキシン(L-チロキシン)による治療を処方されます。

たとえあなたがホルモンのために献血をしたことがなく、あなたが標準を持っていることを知らなかったとしても、何かがうまくいかないと疑うために、あなたは高レベルのTSHの特徴である以下の症状を発見できます:

  • 一般的な脱力感(疲労感)、
  • 睡眠障害(昼間は眠気を感じ、夜は不眠症になります)
  • 肌の蒼白、
  • 食欲不振、体重増加が起こります、
  • 不注意、無関心、いらいら、精神的な阻害、
  • 首の肥厚は特徴的です。

もちろん、これらの症状の多くは初期段階での妊娠の徴候に似ていますが、それでも安全であること、医師に相談してホルモンを飲んでから落ち着いたことをお勧めします。

TSH低下

低いTSHレベルは通常ゼロに近いと見なされます。前述のように、これは多胎妊娠中に起こる可能性があります。しかしながら、最終的な決定は医者によってなされるべきであり、ホルモンバランスの回復は内分泌学者の管理下でのみ行われるべきです。

甲状腺刺激ホルモンの減少はT4レベルの増加を示し、それはそれ自身の特徴を身体の状態にもたらします。 以下の症状により顕在化:

妊娠中の正常TSH:妊婦と子供への影響

赤ちゃんの幸せな待ち時間では、自然に変化するホルモンの背景を監視することが非常に重要ですが、常にではありません - 正しい方向に.

甲状腺刺激ホルモンTSH(略してTSH)は、妊婦の体のホルモン状態の最も有益な指標を指します。

妊婦におけるホルモン産生の特徴

TSHは下垂体によって産生され、甲状腺の機能だけでなく、体の基本システムに影響を与える他のホルモンの産生にも直接影響を与えます。

したがって、甲状腺刺激ホルモンはチロキシンおよびトリヨードチロニンの産生および活性化に対して刺激効果を有し、そしてこれらは次に代謝、心血管系の働き、消化器系および生殖系に影響を及ぼす。

TSHは、妊婦の気分や心理状態に大きな影響を与えます。

受胎の瞬間から、胚は特別なホルモン、hCGを分泌し始め、それは将来の母親全体の生物、特に甲状腺に多大な影響を及ぼし、それによって甲状腺刺激ホルモンを活性化します。

しかし以来 生殖 彼は自分で甲状腺ホルモンを生産することはできません、彼は母親の血液からそれらを「取ります」。妊娠中の女性の体内では大量のチロキシンが放出され、TSHのレベルは対照的に急激に減少します。

胚が成長するにつれて、それがすでに胎児になりそしてそれ自身の甲状腺を獲得するとき、妊娠中の母親のTSHは再びほぼ通常のレベルまで上昇する。したがって、TSHの量 不平等 子供の人生を通して。

妊娠を計画する際に有用なホウ素子宮とは何か、その服用方法は?

ここでは、母乳をウォーカーに保管できる期間を調べます。

子供の中で育った単球については、私たちの記事を読んで、規則について教えてください。

それにもかかわらず、規範には一定の限界があり、それを超えると妊婦の身体の機能不全や発育中の胎児へのリスクの可能性を意味する可能性があります。

妊娠中のTSHの正常レベル - セストラムに対するTSHの限界は?

トリヨードチロニン(T3)およびチロキシン(T4)の十分な生産はTSHに対して圧倒的な効果をもたらし、それは妊婦の血中のそのレベルを低下させる。 TSHの標準的な指標は0.4〜4.0 mU / lの濃度ですが、妊娠中は通常いくらか低くなります。

学期 TTGは以下の範囲内でなければなりません。:

  • 1学期 - 0.1 - 0.4 mU / l
  • 2学期 - 0.3〜2.8 mU / l
  • 3学期 - 0.4〜3.5 mU / l

ttgの抑制 それは多かれ少なかれ表現することができます。そして正常範囲からのわずかな逸脱は妊婦のホルモンシステムの失敗を意味しない。アラームは重大な矛盾です。

妊娠中のTSHの上昇 - どのようにして重要なポイントを疑うことができますか?

妊娠中のTSH値が高すぎる(通常の2.5〜3倍)、特に妊娠初期には危険な徴候です。

ほとんどの場合、彼は甲状腺機能低下症(甲状腺機能の低下)を示し、診断が確定した場合、その位置にいる女性は合成ホルモンのチロキシンを服用するように処方されます。

また、妊娠中のTSHが高いということは、副腎、下垂体腫瘍、または重症の子癇前症の侵害を示している可能性があります。 TTGレベルを調整する 胎児が母親からの甲状腺ホルモンを逃すと、早い段階で流産するリスク、またはクレチン症の発症までの脳の病状を持つ子供が生まれるリスクが高いので、それは単に必要です。

あなたは妊娠中に体内のTSHの非常に高い濃度を疑うことができます 以下の症状に従って:

  • 疲労と脱力

代謝を正常化するホルモン

体位の良い女性にとっては、よく食べ、正しく食べ、ビタミンやミネラルをすべて消費することが非常に重要です。しかし新陳代謝が低く、そしてあなたが必要とするすべてが吸収されず、消化されないならばそれは全く意味をなさないかもしれません。消化器系が弱く、甲状腺が重要なホルモンの産生を停止すると、まさにこれが起こります。すべてが順調であることを確認するために、あなたはテストを行うことができます - 妊娠中の標準的なttgであるべきです。

この検査は、甲状腺に異常があるかどうかを調べるために、受胎前よりずっと前に女性によって行われます。問題が検出された場合は、それらを修復する必要があります。もちろん、彼らは受胎の事実にいかなる形でも影響を与えません - 彼らは子供が母親の体の中で妊娠するのを妨げません。しかし、その成長と発展の間に大きな問題と発展の遅れがあるかもしれません。

同時に、問題はしばしば妊娠中に発生します。甲状腺は非常に弱いことがあります、準備されていない内分泌系は一度に2つの生き物の世話をすることができないでしょう、それでttgのためのテストは重大な逸脱を示すでしょう。

それは何ですか?

Ttgは甲状腺刺激ホルモンと呼ばれる特別なホルモンです。甲状腺の機能を安定させるために下垂体前葉によって産生されます。 t4としても知られている成長ホルモンを作り出すのは彼女です。作用は足し算の原則に基づいて行われます - 甲状腺が十分なt4を産生しない場合、下垂体はもう少しtgを産生するので、順に甲状腺の作用を安定させます。同様に、反対に、m4が大きすぎる場合、刺激は必要とされず、チロトロピンの量は不必要であるとして急激に減少する。それらの数は互いに反比例します。

これら2つのホルモンは体内で非常に重要です。彼らは影響を与えます:

  • 消化器系
  • 循環器系
  • 生殖システム

同時に、それらのおかげで、そのようなタンパク質、炭水化物、脂肪などの物質が血液に吸収されます。欠乏と過剰の両方が母親と子供にとって有害になります。

影響と影響

このホルモン自体はそれほど重要ではないので - 体には影響しませんが、甲状腺は1つだけなので、そのレベルを知る必要があります。すでに述べたように、それはm4の数に反比例します。より多くのMTG、より少ないm4、そしてその逆。同時に、体内の成長ホルモンのレベルを直接計算することは困難です - そのようなテストは複雑で十分に正確ではありません。そのため、ttgをはるかに簡単かつ効率的にチェックしてください。

妊娠の最初の数週間で、これらのホルモンは胎児に強い影響を及ぼします - それらの個人的な内分泌系が発達する影響の下で、甲状腺が形成されます。 T4の欠如のために、発達の遅れまたは望ましくない病理が起こる可能性があります。いずれにせよ、赤ちゃんは規範からの良い逸脱に直面していません。

ttgのレベルの通常の指標 - 0.4-4.0 mU / l。 妊娠前の女性では、2〜3 mU / l前後で変動します。しかし、受胎後、女性には別の有機体が出現し、それによって画像が完全に変わります。

事実は、およそ10週目に、赤ちゃんがそれ自身の甲状腺を持っているということです、しかし、TTGはまだ形成されていません。しかしそれのホルモンのレベルを安定させることは必要である。胎盤はttgを見逃さないので、母親からの必要量のT4は子供に行きます。したがって、妊娠第一期の途中で、女性の体の成長ホルモンは劇的に増加しますが、TGHは著しく減少します。

20週目のどこかで、赤ちゃんは自分自身のttgを際立たせ始めるので、甲状腺ホルモンは女性から子供への流れを止めます。そのためT4のレベルは下がります - 2つを提供する必要はもうなくなり、TTGは徐々に成長し始めます。したがって、妊娠期間が長ければ長いほど、その数を多くして検査を示す必要があります。出生時までには、結果は安定するはずで、受胎前のように通常のものと等しくなるはずです。

あなたが少数の結果で見れば、しかし、低率を恐れてはいけない。結果はいくつかの要因の影響を受けます。例えば、多胎妊娠の場合には、ttgのレベルは単胎妊娠の場合よりもずっと低い。同時に、異なる検査室は異なる検査を実施します:それらは検査システムで敏感に異なります。通常のレベルは常にメモの結果に表示されます。あなたが良い指標を持っているかどうかわからない場合は、医師に連絡してください - 彼はあなたのためにすべてを解読します。

甲状腺刺激ホルモン(TSH) - 「奇跡を待つ」モード

私たちの国の甲状腺の病理学の問題は非常に関連性があります。いくつかのデータによると、私たちの州の3分の1の居住者は甲状腺に問題を抱えています。そして、国内の科学者による研究の結果によると、妊婦の半数弱がこれまたはその甲状腺疾患を持っています。妊娠中の甲状腺ホルモンとTSHのレベルはどうあるべきかについて、そしてこの記事を教えてください。

自己紹介をさせてください:甲状腺

甲状腺は、体内の実質的にすべての代謝過程の調節に関与しているホルモンを生産する器官です。甲状腺は首にあり、2つの葉と峡部の3つの部分から構成されています。 2つのヨウ素含有甲状腺ホルモン - チロキシン(T4)とより活性のあるトリヨードチロニン(T3)があります。これらのホルモンは、甲状腺とも呼ばれます。これらの生物学的に活性な物質の量は脳によって、あるいはむしろその一部によって - 様々なホルモン、特にチロトロピンまたはTSHをも作り出すことができる下垂体によって調節されています。このホルモンは、必要ならば、甲状腺の働きを高め、それによって循環器系の甲状腺ホルモンの濃度を高めるという性質を持っています。

甲状腺と新しい人生の始まり

ホルモンレベルの変化の助けを借りてすべての臓器やシステムの深刻な再構成があるので、女性の体の妊娠は常に特別な種類のストレスです。子宮の壁に付着した瞬間から、胚は母親の血液に特定のホルモン - ヒト絨毛性ゴナドトロピンまたは省略形のhCG - を分泌し始めます。このホルモンは妊婦の体にさまざまな作用を及ぼしますが、とりわけ甲状腺刺激下垂体ホルモンの作用と同様に甲状腺に作用を及ぼします。

初期段階の胚は未だ独立して甲状腺ホルモンを生産することができないので、その不在の形で、それは母親の血液からそれらを受け取ります。高レベルのhCGは甲状腺の活性を刺激し、そしてそれはより多量のチロキシンを放出し始める。 T4およびT3の増加は妊娠初期の下垂体TSH産生の阻害をもたらす。

絨毛性ゴナドトロピンの最大生産期間は最初の学期ですので、現時点では妊娠中に低いTSHを登録することができます。

2学期の初めまでに、胎児はすでにそれ自身の甲状腺を持っていますが、それは働くことを「学ぶ」だけであり、それゆえ成長している有機体の必要性をそれ自身でカバーすることはできません。

  • 妊娠中期の妊娠中の女性のTSHレベルは5分の1に減少しているため、いくつかの臨床検査システムでは判断できません。
  • 10-11週で、胎児の甲状腺細胞は血流からヨウ素を捕獲することができるだけです。
  • 胎児の甲状腺の発達の15週目に、最初のホルモンが生産され始めます。

Со снижением концентрации в крови матери ХГЧ, со второго триместра беременности ТТГ начинает повышаться до исходного уровня и в дальнейшем его показатели при нормально протекающей беременности остаются в пределах допустимых границ.

Нормальные границы ТТГ для взрослыхНорма

ТТГ при беременности: зачем его исследуют?

Гинекологи и эндокринологи хорошо знают, что гормон ТТГ при беременности играет большую роль. 母体の体内で妊娠が始まると、ほとんどすべての臓器の機能が変化することが知られています。これらの調整は本質的に適応的であり、赤ちゃんの発育に最適な条件を作り出すことを目的としています。もちろん、内分泌系も例外ではありません。したがって、甲状腺ホルモンの量的組成の変化は、妊娠の通常の過程のために単に必要です。妊娠中のホルモンTSHのレベルは、子宮内での乳児の発達がどのようにして起こるのかを示します - 正常または異常を伴う。

妊娠中の正常TSHとそれが調査される理由

妊娠中のホルモンTSHのレベルを決定することは研究の必須のリストに含まれています。しかし、女性が甲状腺に問題を抱えていて、以前の妊娠が悪い結果をもたらしていたならば、この場合のTSHの分析は計画段階で行われるべきです。

事実は、このホルモンが甲状腺で起こるどんな変化にも明らかに反応するということです。これは内分泌学の規則の1つ、いわゆる負帰還原理によって説明されます。その本質は、妊娠中にT3とT4のレベルが上がると、当然それらより上の「制御する」ホルモンTSHのレベルが下がるという事実にあります。

したがって、妊娠中のTSHの指標を知ることで、一般に腺全体の機能を判断することができます。妊婦の正常値は、0.24〜2.5 µIU / mlの範囲で、ELISA法で得られたTSH値と見なされます。これは妊娠中のホルモンTSHの規範です。そして、妊娠期間の違いによるその変動にもかかわらず、これらの数値は通常、指定された制限を超えてはいけません。

甲状腺ホルモンの妊娠に対する影響

甲状腺はトリヨードチロニンとチロキシン、あるいはもっと単純にはT3とT4を産生します。腺の活動とその下垂体ホルモンのレベルを管理します。その前葉において、甲状腺刺激ホルモン(TSH)が産生され、そしてそれは甲状腺におけるT3およびT4の分泌を刺激する。血流で、彼らは体のほぼすべての細胞に入り込み、彼らの活動に影響を与えます。

ホルモンは細胞増殖を調節します。そしてそれらの主な機能は基礎代謝を維持し調節することです。したがって、細胞レベルにその効果を発揮し、甲状腺ホルモンは絶対にすべての人間の臓器やシステムの機能に必要です。しかしTSHは妊娠にどのように影響しますか?

妊娠中、ホルモンは黄体を刺激し、それによって妊娠初期の早期維持に貢献します。母体の生物への影響と同様に、それらの支配下で、その脳を含む胎児のすべての器官は産まれて成熟しています。

妊娠に対するTSHのこのような著しい影響を見ると、計画段階および妊娠中のそれらのレベルが正常であることがなぜそれほど重要であるかが明らかになります。

妊娠を計画するときのTSH

妊娠中のTSHのレベルがまったく重要ではないと仮定するのは誤りです。すでに述べたように、甲状腺ホルモンは女性の体のすべての器官に影響を及ぼします。そしてもちろん、生殖器系に対するそれらの重要性は非常に重要です。妊娠を計画する際の低いT3およびT4、したがってTSHレベルの上昇は、卵巣における代謝プロセスの障害を招きます。彼らは卵胞、卵子の成熟と黄体の発達を混乱させる。これらすべてが、女性が妊娠の開始に問題を抱えているという事実につながります。それが不妊症が必ずしもTSHのレベルを調べるときの理由です。正常値からの逸脱の場合、内分泌学者はその理由を見つけ、適切な治療を処方しなければなりません。妊娠計画におけるTSHの最適率は平均TSH値(約1.5 µIU / ml)です。

妊娠中のTSHレベル

正常なTSHがどのように、そしてなぜ変化するのかを理解するためには、妊娠中に甲状腺に何が起こるのかを調べる価値があります。

甲状腺への血液供給の増加の最初の数週間からその活動の増加を引き起こします。妊娠第一期における腺の最も重要な刺激物質は絨毛性ゴナドトロピンです。その作用の下で、臓器の機能はほぼ1.5倍に増加し、それによって血中でそれによって産生されるT3およびT4のレベルが増加します。さて、負帰還の原理を知って、TSHのレベルが減少することは明らかになります。そして妊娠初期に妊娠中にTSHが低下した場合、これは正常と見なされます。そして私たちが多胎妊娠について話しているならば、TSCのレベルがゼロに近いように、hCGは非常に多く生産されます。

その後、12週目の終わりまでに、妊婦の血液中のhCGの量は減少し、それ故、甲状腺に対するその活性化効果は減少する。これは妊娠中のTSHの分析がホルモンのレベルの増加を示していますが、それでも上記の正常値の範囲内であるという事実につながります。

妊娠の進行とともに、hCGのレベルは減少しますが、反対にエストロゲンは増加します。それらは次に、T3およびT4キャリアタンパク質の形成を刺激し、そしてそれらの血中レベルの相対的な減少が注目される。

不活性な関連ホルモンはTSHの増加を引き起こします。したがって、最初の学期の終わりから妊娠の終わりまでに、甲状腺刺激ホルモンは増加しますが、これも許容値を超えることはありません。

妊娠中の低TSH

通常の状態では妊娠の最初の学期におけるTSHのレベルは減少するようですが、それにもかかわらずその指標はゼロに達しません。甲状腺刺激ホルモンがほぼゼロに減少した場合、おそらくそれは妊婦の甲状腺中毒症の発症についてです。妊娠中の女性が妊娠中に著しい頻脈を起こしている場合、妊娠中の女性の病気にも賛成して事実も言います - 毎分100拍以上。甲状腺中毒症の典型的なpereglazieは半数の症例で指摘されています。そして最後に、TSHの生理学的減少の場合、それは最初の学期の終わりまでに、そして甲状腺中毒症が急激に減少したままであるときに正常化される。甲状腺中毒症は、その背景に流産の発症に危険です。また彼のよくある仲間は、子癇前症、胎盤剥離、胎児発育遅延および発達障害です。甲状腺中毒症を確認するには、できるだけ早く内分泌科医に相談し、甲状腺機能亢進症の治療を開始する必要があります。すなわち妊娠中の低すぎるTSHは胎児にとって危険であり、直ちに治療を必要とします。

妊娠の最初の学期におけるTSH

表から明らかなように、妊娠1ヶ月の妊娠中のTSHの割合は0.1 - 2.0 mU / lです。つまり、恐ろしいことに、分析の後にTSHが低下するのであれば、そうしてはいけません。妊娠初期におけるTSHの減少は脅威とはなりません。妊娠中のTSHレベルの上昇は、妊娠初期、つまり胚に甲状腺がある時期に観察する必要があります。

妊娠中期のTSH

胎児の甲状腺は妊娠12週頃に機能し始めます。自分のTTGはすでに15-16週で赤ちゃんによって生産されています。しかし、胎盤は胚のホルモンを放出しないので、子供を正しく発達させるためには、将来の母親の甲状腺が2人で働くことが必要です。妊娠中期の妊娠中のTSHの割合は0.2 - 3.0 mU / l、つまり上昇します。同時に、ホルモンT4のレベルが上がります。しかし心配しないでください。妊娠2ヶ月でTSHが上昇するということは、子供に必要な量の必要なホルモンが与えられているということだけを意味します。

妊娠後期のTSH

妊娠中期のホルモンレベルは増加し続けています。妊娠中のTSHの発生率はこの期間では0.3 - 3.0 mU / lです。逆に、ホルモンの過剰量T4は正常になります。そのような変化は、赤ちゃんがその成長に必要なすべてのホルモンでそれ自体ですでに自給自足であるという事実によるものです。

出産時までに、子供のホルモンシステムは完全に正常であり、そして将来の母親のホルモンバランスは同じ、すなわち妊娠前と同じになります。

そこで、妊娠中のTSHは妊娠中の何にすべきかという問題を検討しました。

あなたはそれが赤ちゃんを妊娠することを計画しているときでさえ、前もってこのホルモンの維持のためのテストに合格することが最善であるということを知っているべきです。結果が0.4から4.0 mU / lの範囲にあれば、それから概念に直接進むことができます。逸脱がある場合は、詳細に理解してください。時々ホルモンレベルの上昇は甲状腺機能低下症を示し、低レベルは甲状腺中毒症を示します。両方とも治癒することができます。しかし、以前は、TPOに対する抗体の存在についての分析に合格する必要がありました。抗体レベルが上昇している場合、妊娠中は出産中に何らかの病気が引き起こされる可能性があるため、妊娠中はTSHの値をより頻繁に決定する必要があります。

体内のホルモンのレベルが基準に対応していない場合はパニックになる必要はありません。現代医学は将来の母親の体内のホルモンバランスを修正することがかなり可能であるので、胚の発生はそれがそうであるように進行する。妊娠中の自分の体の状態とホルモンの背景を注意深く監視してください、そして、彼女は確実に知的で健康な赤ちゃんを産むでしょう!

Pin
Send
Share
Send
Send