人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

妊娠中のアナグマ脂肪

妊娠中の栄養妊娠中に、女性の身体は多くの変化を経験します。まず第一に、それはホルモンの背景の再構築に関連しています。女性の免疫は妊娠前よりもはるかに弱くなるので、彼女は自動的に危険ゾーンに入り、潜行性のウイルス性および感染性疾患にさらされます。

習慣的な薬は慎重に使われるべきです、そして、まったく使われるべきではありません。特に、これは赤ちゃんの成長と発達に影響を与える化学薬品に適用されます。したがって、妊娠中の母親が病気になったとき、彼女は自分のパン粉を傷つけないようにするために、伝統的な医学における代替治療法を見つけようとします。フォークヒーラーによって積極的に使用されているこれらの製品の1つはアナグマ脂肪です。妊娠中にアナグマ脂肪を使用することは可能ですか?この記事では、この質問を見つけようとします。

アナグマ脂肪の癒しの性質

アナグマの脂肪は、さまざまな病気の治療に使用されていたKievan Rusの時代から知られています。それが生物学的に活性であると考えると、公的医療もこのツールから縮小しません。アナグマ脂肪は、タンパク質代謝を高め、免疫力を高め、バクテリアを破壊し、胃機能を改善し、体の調子を改善することができます。とりわけ、この治療法は結核と気管支炎の治療に有効です。アナグマの脂肪が創傷を治癒する能力は、化膿性発疹から重度の創傷までの範囲にわたる、異なる性質の皮膚の敗北においてそれを使用することを可能にする。アナグマの脂肪が美容に積極的に使われるのはそのためです。

アナグマの脂肪と妊娠

民間薬では、公用薬とは対照的に、妊娠中のアナグマ脂肪の使用は非常に許容されます。医師は、妊娠中の女性の身体に対する薬剤の効果が十分に研究されていないと言ってこれを動機付けているので、それは非常に危険になり得る。しかし、免疫力の低下と、スラッシュのような胎児に害を及ぼす可能性がある様々な病気の出現により、医師は免疫力を高めるために複雑な治療法でアナグマの脂肪を処方することができます。アナグマの脂肪を含む、栄養補助食品を含むほとんどのパッケージでは、妊娠中の使用は医師と合意すべきであることが示されています。時々彼らは妊婦のための養生法を箱に塗ります、しかしこれはあなたが使用する前に医者に相談してはいけないという意味ではありません。特に注意することは、赤ちゃんの体が形成され始めたばかりの初期段階にいることが必要であり、どんな外部の介入も危険であるかもしれません。

外用アナグマ脂肪

あなたが医者の勧告なしに妊娠中にアナグマ脂肪の中で使用すると禁忌である場合は、その後、場合によっては外用も可能です。最も重要なのは、あなたは救済策はあなたにアレルギー反応を引き起こさないことを確認する必要があります。にきびの発疹、特にかかとの皮膚のひび割れから、髪の状態が悪いとあなたのアナグマの脂肪を節約できます。顔と髪のためのクリームを作るために、あなたは50mlのアナグマ油、50mlのココアバターと1杯の小麦胚芽油を必要とするでしょう。これをすべて溶かして混ぜ合わせてから、ゼラニウムのエッセンシャルオイルを10滴以下、ローズウッドを5個以下加えてください。

アレルギーを避けるために、混合物を手首に塗った後、肌がどのように反応するか試してみてください。 30分以内に皮膚が赤くならず、発疹で覆われなくなった場合は、製品を体の他の部分に塗ることができます。

薬効成分

ロシアではずっと以前から、アナグマの脂肪は含まれている生物学的に活性な物質のおかげで、貴重な医薬品と考えられていました。公的医療では、それは血中に100%吸収され、タンパク質代謝を高め、免疫力を高め、殺菌効果を持ち、胃の活動を正常化し、全体的な調子を改善する非常に効果的な薬として200年以上使われています。

アナグマの脂肪は結核や気管支炎の治療においてほぼ万能薬と考えられています。そして彼の創傷治癒剤は、創傷、身体の潰瘍はもちろんのこと、最も重度の皮膚病変に対処するのを助けます。美容におけるアナグマ脂肪の使用はこれに基づいています。

妊婦に関しては、伝統医学はその使用を可能にします。

公的医療では、妊娠中の女性の体に対するアナグマの効果は十分に研究されていないと考えているため、女性にその立場でそれを使用するよう勧めているわけではありません。しかし、場合によっては、医師はまだ妊娠中の女性にそれを処方します。

妊娠中、女性の免疫力は低下します。これはしばしばさまざまな感染症の出現を引き起こします。多くの場合、妊娠中の女性はツグミ(生殖器および膣のカンジダ症)を発症し、そして胎児の生命を脅かす古い慢性感染症が悪化する。彼らは治療され、免疫システムを強化しようとしています。

アナグマの脂肪は、消炎作用と消毒作用を併せ持っています。伝統医学は妊婦での使用経験がありますが、その有効性に関する信頼できる体系的なデータはありません。

栄養補助食品の製造業者の中には、妊娠中のアナグマオイルは使用するのが望ましくないとパッケージに書いているものがあります。しかし、妊娠中の女性のためのその使用のために別の計画が記載されているものがあります。栄養補助食品は医師の指示どおりにのみ使用する必要があるため、これはほとんど当てはまりません。これは、胎児臓器が産まれた妊娠の最初の学期に特に当てはまります。そして、妊娠中でさえ、女性の体は増加した負荷で働きます、そして、アナグマ脂肪の使用は消化を混乱させることができます。

妊娠中のアナグマの脂肪はできますか

動物由来の製品として、アナグマの脂肪は化学添加物を含んでいません。民間療法では、このツールは何世紀にもわたって何世紀にもわたって積極的に使用されてきました。 伝統医学はアナグマ脂肪の癒しの性質も認識しています。妊娠中の医師の治療のためにそれが胎児にどのように影響するかはまだ正確にはわかっていないので、それを使用することはめったにありません。したがって、妊婦は婦人科医に相談した後に初めてこの民間薬を服用することをお勧めします。

メリットと癒しの特性

アナグマの脂肪の利点は、その組成に含まれる一連の貴重な物質によるものです。

  • ビタミンA、E、K、PPおよびグループB
  • 多価不飽和脂肪酸(オメガ-3、6、9)
  • ミクロおよび主要栄養素。

アナグマの脂肪は、そのような有用な成分と血液に完全に吸収される能力を持っているので、妊娠中の女性の健康に効果的に影響を与えます。 すなわち:

  • 新陳代謝を改善し、こうして急速な回復に貢献します、
  • 免疫システムを強化する
  • 粘膜の回復を促進し、その機能は咳によって妨げられます。
  • 発達中の胎児への血液のアクセスを容易にし、心血管系を正常化します。
  • ヘモグロビンを正常化する
  • コレステロールの蓄積を防ぐ
  • 消化器系や内分泌系の働きを改善する
  • 関節や脊椎に影響を与え、痛みを和らげます。
  • 傷を癒す
  • 髪や肌の状態を改善します。

気道の粘膜に対する治癒効果のために、再加熱されたアナグマ脂肪は多くの呼吸器疾患を治療しますが、その症状は咳です。

これらが含まれます:

  • 喉頭炎
  • 咽頭炎、
  • 気管炎、
  • 気管支炎とその種類
  • あらゆる種類の肺炎
  • 百日咳の効果
  • 気管支喘息、
  • 肺結核のさまざまな形態。

禁忌と害

アナグマ脂肪は非常に便利ですが、それ自身の禁忌があります。非常に脂肪分の多い製品を食べると、消化器系が崩壊する可能性があります。

したがって、それは以下の臓器の疾患には禁忌です:

  • 膵臓、
  • 胆嚢、
  • 肝臓

あなたはそれを取ることもできません。

  • アレルギー
  • 個々の不寛容。

最初の学期にこの民間療法で治療されるのは望ましくありません。この期間中に、胎児のすべての臓器とシステムが築かれます。女性の身体は外的影響に非常に敏感です。したがって、彼が脂肪の薬にどう反応するかは知られていません。女性が以前に使用したことがない場合、その使用は特に危険です。

咳の使い方

アナグマ脂肪は実際には非常に効果的な咳止め薬であることが証明されています。しかし、妊娠中の女性は、細心の注意を払ってそれを他の薬と同様に扱うべきです。 医師はこのツールの摂取を許可し、健康状態や妊娠期間に応じてその投与量を処方します。

  • 妊娠中期では、流産の危険性があるとき、医師はアナグマの薬を極端な場合にのみ処方します、
  • 妊娠第2期では、胎盤が胎児を有害な影響から確実に保護している場合は、中程度の服用で民間療法の使用が許可されます。
  • 妊娠中期では、医師はまた、見慣れない薬を処方することに慎重になります。

医師が体内に脂肪を摂取することを推奨している場合は、投与計画は体重に対応する必要があります。

  • 最大60 kg - デザートスプーン1杯
  • 最大100 kg - 大さじ1杯、
  • 100 kg以上 - 大さじ1.5。

薬は食事の30分前に服用してください。治療の経過は咳が消えるまで続きますが、1ヶ月以内です。

アウトドア用

アナグマ脂肪の外部使用は、内部とは異なり、アレルギーを除いて禁忌はありません。この方法は妊娠のどの段階でも安全です。この製品を基にして、肌と髪のためのクリームとマスクが準備されます。

多数のレビューから判断すると、そのような化粧品は非常に効果的であり、そして顔、手、足の皮膚の状態を著しく改善しそして脱毛を止める。

人気のレシピのいくつか

フェイシャルリカバリークリーム:

  1. アナグマオイルとココアバター(各50 ml)は完全に溶けるまで加熱する必要があります。
  2. 小麦胚芽油(大さじ1)を注入する。
  3. 混合物が冷却された後、エッセンシャルオイルを加えることが必要です:ゼラニウム - 10滴とピンク - 5滴。
  4. 得られたクリームは就寝前にきれいな肌に塗られます。

乾燥肌用保湿マスク:

  1. アナグマと魚油(1:1)が均一になるまでよく混ぜます。
  2. 肌に塗り、20〜25分待ちます。
  3. 何もせずにお湯ですすいでください。

しっかりしたヘアマスク:

  1. 大さじ1時。脂肪は小さじ1を取る蜂蜜と溶けます。
  2. 混合物を冷却する。
  3. タマネギジュースとごぼう油(各小さじ1杯)を注ぐ。
  4. クローブとミントのエッセンシャルオイル(10滴)を注ぐ。
  5. マスクを2時間毛根に適用します。
  6. お湯とシャンプーで洗い流してください。

アナグマの脂肪は、屋内外での使用に非常に効果的な民間療法です。それを使用すると、全身を癒し、あらゆる起源の咳を治し、髪と肌をより美しくすることができます。妊娠中の女性も有益でそれを使用することができますが、それは彼らの医者の処方箋に従うことによってのみです。

便利な物件

アナグマの脂肪は、祖母の頃から、多くの病気の治療法として知られています。その年の間、アナグマは最も寒い月の6つを眠ります。そしてそれは正確にそれはそれが熱を保持し、不可欠な要素で体を養うのに役立ちます脂肪です。脂肪は以下のような物質による治療効果をもたらします。

  • 多価不飽和酸(免疫系の強化、アテローム性動脈硬化症の予防、炎症過程の軽減に重要)
  • 「美容」ビタミンA(髪の毛と爪の成長を促進し、肌の問題と戦い、癌細胞の成長を阻止します)、
  • ビタミンB(体内の代謝プロセスをサポートし、ホルモンを改善し、生殖や神経系に役立ちます)、
  • オレイン酸(若さを長引かせる)

この薬は関節、脊柱の痛みを取り除き、紫外線にさらされないように皮膚を保護し、血球の形成率を高めます。そしてその最も重要な利点は、外的要因に対する体の抵抗力が増すことです。

それは外的に、化粧品として、そして例えばカプセルの形態で内的に使用することができる。妊娠中のアナグマの脂肪を気にしているのであれば、答えは「はい」ですが、それを局所的に適用することをお勧めします。まだ胎児への影響を研究していません。

食品中の栄養補助食品の形での使用

妊娠中のアナグマ脂肪の使用については、2つの観点があります。

  1. 公的医療は、身体に対する添加物の影響の問題に関する知識が不十分であるため、実験を推奨しません。
  2. 非公式はほぼ万能薬だと考えています。そして、子供を産む期間だけではありません。

免疫システムの低下を伴う妊娠中の女性。慢性疾患、カンジダ症(ツグミ)(トピックに関する記事を参照:妊娠中のツグミ)、ウイルス性および細菌性感染症が現れ始めます。もちろん、これはすべて赤ちゃんに悪影響を及ぼす。

通常、上記の病状で、彼らはできるだけ速く体の防御を強化しようとします。現在、免疫力を高める過程を助けることができる様々な免疫調節剤がありますが、これらは証明されていない有効性を持ちそして最も重要なことには証明されていない安全性を持つ薬です。

重要です! それほど頻繁に病気にならないように、必ず食事を見直すようにしてください。

食事療法を調節することによって、あなたはあなたの幸福を改善するだけではなく、あなたは彼らが出生前の診療所で処方することを好むたくさんの薬局の薬を服用しないでしょう。

妊娠中の栄養については、本を読んでください将来の母親のための適切な栄養の秘密>>>

アナグマの脂肪は、抗炎症作用と防腐作用があります。

伝統的な薬の使用経験は非常に大きいですが、生きている人々からの肯定的なフィードバック以外に、その肯定的な影響に関する確認されたデータはありません。

アナグマの脂肪を基にした栄養補助食品の製造業者は、添付文書の中で、子供の携帯や授乳期間中の使用は推奨されていないとよく言われます。しかしながら、使用方法が詳細に描かれている準備も満たすことが可能である。

知っている アナグマ脂肪は消化器系にとって重い製品です。将来のお母さんの体は摩耗のために一生懸命働いています、そして、膵臓を持った肝臓は単にストレスの増加に対処することを拒否することができます。

妊娠中に咳から脂肪を分類することは可能ですか?

公的医療は質問に決定的な答えを与えない 胎児に対する物質の影響に関する臨床的証拠の欠如を思い出す.

環境に優しい製品には化学元素が含まれていません、そしてビタミンと組み合わせた有用な天然脂肪、ミネラルは使用が主治医によって承認されているという事実に合わせて妊娠中に安全にします。

動物向け商品 外用および内用。妊娠1から13週間の期間 経口薬に制限を課す生命臓器やシステムの形成時。この段階で無制限に資金を使用すると、奇形を引き起こす可能性があります。

妊娠2学期に達した女性、それは咳を止める方が簡単です。胎児は、栄養素と酸素の伝導体として機能する胎盤器官を囲み、胚を外界の悪影響から保護します。

したがって、 12から24週まで、それは適度な投与量で様々な方法で天然物を使用することは許容されます他の禁忌がないことを条件として。

咳3学期は最初の期間よりも危険性が少なくなります。しかしながら、胎盤の老化、その収容能力の増加のために、胎児への活性成分の浸透の可能性があり、それは分娩期間を複雑にし、そして子供および母体の生物に対する毒性効果を引き起こす可能性がある。

妊娠中にアナグマをこすることは可能ですか? 屋外受付に禁忌や制限はありません。コンポーネントに対する個々の不寛容を除いて。適用前に高い生物活性を減らすため 製品はエッセンシャルオイルで希釈されています.

ヒント! 揮発性物質を選択するときは、注意が必要です。それらは高いアレルゲン性を特徴としています。

効果的な治療法

アナグマは冬を冬眠に費やします、そして脂肪の良い供給は彼らが凍りつく季節を生き残るのを助けます - 抗菌性と抗炎症性を持つ優れた栄養素。そのためには、民間療法や美容学において非常に重要な成分が評価されています。

この製品は風邪の治療に効果的に使用され、小さな咳から最大であらゆる程度の複雑さの結核まであります。感染症が気道のどの領域(喉頭、気管支、または肺の中)に落ち着いても問題ありません。鼻咽頭の脂肪や炎症に対処するのに十分な速さ。

他の方法で治療することが不可能であるならば、時々医者は咳をするとき妊娠中の女性のためのアナグマの脂肪を処方します。しかし、この治療法は細心の注意を払って使用されています。女性は特定の(そして非常に不快な)匂いや味を持つ製品に対して不適切な反応をするかもしれないからです。

Из-за этих особенностей пить барсучий жир при беременности сможет не каждая женщина, особенно в 1-м триместре, когда организм на все реагирует токсикозами. しかし、製品の認識が肯定的であるならば、このツールはすぐに風邪だけでなくツグミ(妊娠の頻繁な「伴侶」)や他の炎症プロセスに対処するのに役立ちます。

アナグマの脂肪の性質は弱気性に似ています。弱気性はまた、この製品が漁獲されている国の東部の居住者による伝統医学でも活発に使用されています。どちらの製品も薬局で販売されています - ガラス瓶に詰められたり、薬用量としてカプセルに封入されたりしています。

妊娠しても太りますか? 禁忌がなければ、どちらの製品も少量で慎重に使用できます。

マイナス点

アナグマのような妊娠中の女性のための太った脂肪は、場合によっては有害になることがあります。まず第一に、成分自体の構造はこれに貢献しています。肝臓に問題があると、飽和脂肪分がこの臓器の働きを複雑にし、それが胎児の発育に影響を与えます。ビリルビンの生産の失敗は新生児の黄変を引き起こします。

肝臓は胆管と相互接続されており、それらに問題がある場合、この製品は体からの胆汁の流出を複雑にするだけであり、それは胎児にとって非常に望ましくない血流に入る可能性がある。

膵臓の胃炎や炎症のプロセスで、製品は妊娠中の女性でも、吐き気を誘発します。少量摂取すると、その成分の脂肪分が腸の不調を招くことになり、「興味深い位置」にある下痢は望ましくありません。

妊娠中の女性にアナグマの脂肪を割り当てると、医師は最初に女性の身体の状態を調べ、内部システムの働き、アレルギーの可能性を評価し、それからその薬物の使用についての推奨を与えます。

脂肪はそれらが内部的に使用されるときだけでなくマイナスの反応を引き起こす - 敏感な肌に外部的に適用されると、そう痒感を伴って赤みと発疹が現れることがある。アレルギーは、女性に嘔吐を引き起こし、誘発し、匂いがすることがあります。

一般的な情報

アナグマの脂肪は長い間使われてきました 免疫系を改善するために、気管支炎、肺炎、気管支喘息、消化器系の機能を改善するために。この治療法は、ビタミン欠乏症や貧血の発症を防ぐのに役立ちます。

それは含んでいます ビタミンBまた、適切なレベルで神経系の働きと代謝をサポートします。

ビタミンAは脂肪にも含まれています。これは、健康な肌、上質な髪と爪、粘膜と視力に必要です。

アナグマベーコン オレイン酸を含む体内での代謝過程を維持し、腫瘍の増殖を防ぐために必要です。

それはまたシステムおよび器官の効率的な操作のために重要であるミネラルを含んでいます。

アナグマ脂肪の癒し効果 重い病気を患った後に使われる手術後、虚血を伴う。

美容に応用する 脱毛に対する肌を改善する。

冬や早春の冬眠中に動物を支える保護区としてアナグマが必要なので、脂肪はその有益な特性が非常に豊富です。

アナグマの冬眠は6ヶ月間続き、その間それは体とその適切な機能を支える脂肪です。

妊娠中のアナグマ脂肪

妊娠中にアナグマの脂肪を摂取できますか?出産の期間に、女性は様々な問題に直面しています:慢性感染症、ウイルス性疾患の悪化、しばしばスラッシュがあります。これらの問題はすべて免疫力の低下によって引き起こされます。

この期間中 アナグマ脂肪を塗るしかし、胎児への影響は調査されていないので、妊婦にとっては外部の治療方法として使用するのが良いです。

利点と適応

アナグマの脂肪には多くの抗炎症剤や防腐剤があります。

これらの特性は女性が赤ん坊を期待することを可能にします、 にきび、顔や体の皮膚の炎症の場合には脂肪を使用する.

多くの場合、妊娠中の女性が現れる ひびの入った手、かかと、髪の毛の問題も発生します。このような問題が発生した場合は、アナグマ脂肪の使用が効果的です。

使い方

妊娠中の母親がアナグマの脂肪に対してアレルギー反応を示さない場合は、さまざまな方法で外用することができます。

顔や体の乾燥肌用クリームマスク。調理するには、大さじ2杯の溶かしたアナグマ脂肪と大さじ2杯の魚油を混ぜる必要があります。

25分間マスクをかけてから、洗剤を使わずに水で洗い流します。

乾燥が激しい顔のクリーム。アナグマラード(50ml)を水浴中で融解し、カカオバター(約50ml)および小麦胚芽油を添加する。

この混合物を冷却した後、以下のエッセンシャルオイルを加える:ゼラニウム、ローズウッド、イランイラン。 5滴の各エッセンシャルオイル。顔や体のきれいな肌にこのクリームを塗ります。

脱毛と乾燥頭皮のためのマスク。水浴では、大さじ1杯の中に蜂蜜とアナグマの脂肪を溶かしてから、少し冷やして、玉ねぎジュースとごぼう油小さじ1を加える必要があります。

追加できます ペパーミントエッセンシャルオイル8滴と10滴を閉じます。よく混ぜ、頭皮に2〜3時間かけます。次に、シャンプーで洗い流します。このマスクは週に2回効果的に使用されています。

安全上のご注意

アナグマの脂肪は発疹、かゆみ、アレルギー反応を引き起こす可能性があります:このような症状があらわれた場合は、使用を中止してください。

大量の生理活性物質が含まれているため、 アナグマの脂肪は妊娠中の女性にはお勧めできません。これは受胎の瞬間から最初の数ヶ月、臓器や新生物の系が集中的に発生しているときに特に当てはまります。

薬の代替として、産科婦人科医だけがアナグマ脂肪の内服を処方することができます!

アナグマ脂肪の外部使用は正当化される:それは妊娠中の女性が脱毛、顔や体の強い乾燥肌に対処するのに役立ちます。

脂肪はさまざまなフェイスマスクとして使用され、かゆみや乾燥頭皮のために頭皮にこすりつけます。

アナグマ脂肪の利点と害

現代の科学者はなぜ治療薬の組成や特性への関心が高まっているのでしょうか。これに続いて説明があります:動物は生態学的にきれいな地域にのみ住みつき、腐肉と腐った食べ物を食べません。

彼の食事はタンパク質と植物性食品で構成されています。冬眠前の動物は、高濃度の栄養素と栄養素を含む埋蔵量を蓄積し始めるので、脂肪の捜索は秋に行われます。

プロダクトの自然な構成はアナグマ脂肪の治療特性を決定します。

  • ビタミンA 抗炎症作用を持ち、粘膜の動的再生を促進します。
  • 細胞レベルおよび組織レベルでの代謝過程の刺激、コンプレッサー機構の活性化、ホルモンレベルの維持が原因である ビタミンB,
  • 酸化防止剤 フリーラジカルの作用を中和し、癌の良性型への照射を防ぎます。
  • 多飽和脂肪酸 局所免疫の形成に寄与し、心血管系および中枢神経系を強化します。
  • 天然抗生物質 以下を含む多数の病原性株に対して活性があります。結核の原因となる物質。構成要素は停滞したプロセスを排除し、乾いた咳を生産的に変換し、痰の排出を促進する。

脂肪を処理する場所で、ある種のフィルムが形成され、それは攻撃的な外因性の要因に対する保護を提供し、炎症を抑制する。癒しの製品の利点は次のとおりです。 血液系への負荷を軽減する能力それは胎児への栄養素と酸素の自由な輸送を提供します。

参考のために! 過冷却や凍傷の場合は、熱伝達が高いため、体の一部がアナグマの脂肪でこすられます。

アナグマの脂肪は、抗かぜ薬として耳鼻咽喉科に広く応用されています。それによって、彼らは上気道疾患を止めます:喉頭炎、咽頭炎、急性扁桃炎、肺炎、閉塞性気管支炎。

同時に現れる自然療法 3つの治療特性:上気道の突起の感染を破壊し、微生物のさらなる拡散を防ぎ、治癒と免疫調節効果をもたらします。気管支喘息では、強制呼気の頻度と強度を減らします。

彼は任命されている リハビリ期間中、感染症に対する体の耐性を高めるために、長い断食の後、。火傷、皮膚病、煮沸、褥瘡用の創傷治癒軟膏として使用されます。

原材料の危険性はあります 個々の構成要素の個々の不耐性。妊娠中の女性の体の反応を予測することは困難です。したがって、患者の生理機能、妊娠の経過の特徴、咳の病因などを考慮して、目的の利点と有害性を分析した後

妊娠中の女性には注意が必要です。肝臓や膵臓の病気にかかりやすい、胆管。

薬物使用法

癒しの製品の販売ではガラス容器に包装された加工状態になります。現代の薬物産業は、主成分の濃度がより低い脂肪性物質に基づくカプセル剤および栄養補助食品を表す。

低温保存使用前に、一回量を測定し、解凍するために放置し、そしてジャーを冷蔵庫に戻すことが必要である。

以下のように風邪の治療のために内部にアナグマの脂肪を取ります:

  • 体重1杯のティースプーン 60キロまで。,
  • 大さじ1重量付きスプーン 100キロまで。,
  • 大さじ2杯まで。 l患者さんの 重量が100 kgを超える.

サスペンドを消費する 食事の30分前、1日3回。医者によってENTの病状の慢性化が推奨されている場合は、投与量を増やすことができます。急性症状の治療期間は症状が軽減するまで続きます。

長引く性質の侵害のために コースは1ヶ月に限定され、その後2週間の休憩と再投与が行われます。.

重要です! 呼吸器系ウイルス性疾患のピーク時には、アナグマのチンキ剤が予防薬として使用されます。

アナグマ脂肪の内部摂取が何らかの理由で不可能な場合は、妊娠中の女性は胸、背中、首の突起をこすることをお勧めします。肌の発赤、かゆみ、灼熱感 薬物との接触を制限する必要があります.

結論

アナグマ脂肪は妊娠中の女性の気道の回復のための効果的な治療法であり、内的および外的な使用を目的としています。

妊娠期間中、医師は粉砕のためにその純粋な形で脂肪の使用を強調します。このようにして、妊娠の最初の学期に最も頻繁に現れる合併症を発症するリスクを最小限に抑えます。

Loading...