人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

ワイン看護ママは飲めますか

胃に入った後、アルコールは約25-40分で血中にあります。給餌者がアルコールを飲む前に何も食べなかったならば、エタノールはより速く消化するでしょう。同時に、それは母乳に含まれていますが、その組成は血液によって異なります。スパークリングワインの吸収は、気泡によりさらに速くなり、10〜15分かかります。乳腺では、血中に閉じ込められたアルコールの10%が浸透します。

あなたは赤ちゃんにいくら授乳することができますか?体からのアルコールの除去は、どれだけ酔っているか、製品の強度、個々の特性(体重、代謝)によって異なります。 100mlのワインを飲んだ後、もう少し低体重の女性では、エタノールは約3時間血中に残ります。投与量を50ml増やすと、排泄期間が2倍になります。

アルコール摂取は授乳に悪影響を及ぼし、ワインも授乳中の母親には推奨されません。

ホルモンレベルへの影響のために、牛乳生産は減少します。大量のアルコールは泌乳の完全な停止につながる可能性があります。

赤ちゃんへの影響

エタノール切断のための赤ちゃんの体に酵素はありません、排除は数日に達し、赤ちゃんの神経系と脳への影響の持続時間を増加させます。幼児が母親の年齢に達するまでは、アルコールの摂取を控えることをお勧めします。 子供が3ヶ月未満の場合、アルコールは厳しく禁止されています。 使用すると、結果は次のようになります。

  1. 牛乳の味の変化 - 一部の赤ちゃんは乳房を拒否します、
  2. アレルギーと消化器疾患
  3. 肝細胞の破壊出産後、彼女は胎児の発育に必要な物質の大量の分解生成物の排除のために強い負荷を被るが、出生後は役に立たない。エタノールの影響は状況を悪化させ、肝疾患を引き起こす可能性があります。
  4. 大量の飲酒による中毒。それはエタノールの毒性作用によって引き起こされます、
  5. 睡眠障害および神経系活動アルコールは刺激作用があり、赤ちゃんはしばしばいたずらで泣いています、
  6. 脳細胞の破壊、精神遅滞、そして身体の発達
  7. 吐き気、消化管の粘膜の損傷による食欲不振。その状態は腹痛を伴います、
  8. 弱さ、反応が遅い。アルコールは、神経インパルスの伝達速度を低下させ、運動反射を抑制します。
  9. 血圧を下げる、心臓の動悸。

深刻な影響は、通常の使用や高用量のアルコールの摂取によって発生します。授乳によるワインの最大の危険はアレルギーの可能性です。それは飲み物の中身が原因で起こります:

  • ブドウ加工用農薬
  • スズメバチの毒、
  • 味を改善するための添加物
  • ワイン型、
  • 防腐剤、植物ホルモン

血管を拡張する能力のために、ワインは他の製品への不耐性反応を増やすかもしれません。

赤ワイン

私達がプロダクトの利点だけを考慮すれば、そして赤い品種は微量元素および酸化防止剤の内容の利点を持っています。それらには以下の特性があります。

  • 神経や血管の系、心臓機能に好影響を与えます。
  • 脳卒中や心臓発作を防ぐために血管を拡張する
  • 口腔粘膜に抗炎症作用があります。
  • がん細胞の形成速度を減らします。

赤品種のブドウの生産では、肌と共に栄養分を放出するピットが発酵されます。彼らと一緒に、エタノールが形成されます:少量であっても、赤ワインは吐き気、脱力感、発熱、頭痛を引き起こす可能性があります。

白ワイン

製品の組成では、抗酸化物質が少なくなります。なぜなら、皮膚の製造中にブドウからの石が取り除かれるからです。白ワインはグレープジュースの有効物質数を上回り、次のような効果があります。

  • 代謝を改善し、毒素を結合し、そして体からのそれらの除去を促進します、
  • ウイルス、バクテリア、抗炎症作用があります。
  • 血管、心筋を強化し、コレステロール値を正常化します。
  • 肺の働きに対する有益な効果は、痰の希釈と除去に貢献します。
  • 胃液の酸度を正常化し、食物の消化を改善します。
  • それは放射性核種の除去を促進し、老化プロセスを遅らせる。

大人のための飲み物のすべての利点で、それは幼児アルコール含有量にとって危険です。

ソフトドリンク

ノンアルコールワインは少量のエタノールを含んでいます - 0.5%、母乳育児時に許可されている、ケフィアの同様の量があります。 しかし、赤ちゃんにとって危険な化学添加物のために、そのような飲み物を飲むのを控えるほうがよいです。

ノンアルコールワイン飲料は、アルコールを蒸発させるために凍結または強い加熱によって製造されます。得られる製品は短期間の保存期間を有し、長期間の貯蔵のためにそれは保存料および植物起源のホルモンを添加される。これらの元素は母親の健康に悪影響を与え、赤ちゃんに害を及ぼす可能性があります。

人気の神話

ワインの供給に関していくつかの誤解があります。

  1. 血液形成に役立ちます。良質の天然飲料は、少量で使用すると大人の体に良い効果をもたらします。しかし、それらに含まれるアルコールは、赤ちゃんの健康に悪影響を及ぼす。血液中のヘモグロビンのレベルをHBで正規化するには、医師と合意した他の方法を使用することをお勧めします。
  2. ママが夕方にワインを飲むと、赤ちゃんの睡眠は良くなります。彼はすぐに眠りに落ちるが、安静の質は低下する。睡眠は表面的になり、赤ちゃんはいたずらになり、しばしば目覚めます、
  3. ワインを飲んだ後は、赤ちゃんを母乳で育てる前に緊張することができます。アルコールが牛乳から血液から取り除かれるまで、牛乳に含まれるので、これは子供を保護しません。

母乳育児中にワインを飲むかどうかを決めるとき、多くは友人の経験に導かれます。乳児の状態における目に見える突然の変化はめったに観察されない。しかし、壊れやすい体に対するアルコールの影響は、将来明らかになり、子供の発育に悪影響を及ぼします。

利用規約

赤ちゃんの誕生後の最初の3ヶ月は、授乳中の母親は食事療法に従わなければなりません、アルコールは完全に放棄されるべきです。それから女性がワインを飲むことにしたならば、あなたは推薦に従うべきです:

  1. 最も安全な用量は1〜2回の一口(最大50 g)です。赤ちゃんが生後6ヶ月以上の場合は、グラスワイン(150ml)を飲むことができます。
  2. 最も小さい要塞の白く乾燥した等級を優先するのが良いです。天然品質の飲み物を選ぶべきです。格安商品には不健康なサプリメントが含まれています、
  3. 使用する前に、あなたは赤ちゃんを養う必要があります、
  4. ミルクを餌にするためにデカントすることをお勧めします。室温では、最大6時間、冷蔵庫で1日、そして数日間冷凍するために保存されます。乳製品の備蓄量は2〜3回の服用で十分なはずです
  5. ワインの後、母親が一口飲んだ場合は少なくとも3時間、一杯の飲み物が飲んだ後は5-6時間、子供に胸を与えないでください。最初にあなたは牛乳を表現する必要がありますが、赤ちゃんには与えないでください、
  6. 摂取する前に、血液中のエタノール量を減らすために食事をする必要があります。
  7. 子供が休暇中に混餌をしている場合は、それを混合物に転送できます。乳汁は授乳期を維持するために定期的にデカントされるべきですが、乳児には与えません。
  8. 赤ちゃんのアレルギーの可能性があるため、他の新製品を使用することはできません。そうでなければ、何が彼の不寛容の原因となったのかを判断するのは難しいでしょう。

結論

ワインの飲酒看護は、乳児の健康と幸福へのリスクを最小限に抑えるために、規則に従って慎重に行わなければなりません。まれなごちそうには適していますが、HBアルコールは定期的に摂取しないでください。これは子供の中毒を引き起こす可能性があります。

その後、母親がアルコールを拒むと、赤ちゃんは気まぐれになり、興奮しすぎます。ママは、起こり得る結果を考慮して、ワインを飲むことがどれほど重要かを自分で判断しなければなりません。エタノールの体への影響から赤ちゃんの健康を危険にさらさない方が合理的です。

体内のアルコールと母乳

介護女性の体には、ワインは素早く吸収され、ゆっくりと現れます。だから、30分で乾いた飲み物が血の中に現れ、そして輝く - 10分で。血に入る量の約10%が母乳に入ります。

ワインの除去時期は服用量によって異なります。身体からワイングラスを取り除くのに少なくとも3時間かかります、そして小さな体重のお母さんと - さらにもっと。

乳児では、体は非常に弱く、新しい状態にほとんど順応していません。保護機能も十分に発達していないので、赤ちゃんの肝臓は最少量のアルコールでも戦うことができません。

3ヵ月の年齢で、幼児は大人より2倍長く体からアルコールを取り除きます。そのため、6時間かけてグラスワインが表示されます。

アルコールは有毒です。それはアレルギー、疝痛および他の消化器系疾患を引き起こします。さらに、赤ちゃんは重度の中毒を経験するかもしれません!

授乳中にアルコールを飲まない

  1. アルコールは牛乳の成分に作用し、その味をマイナスの方向に変えます。その結果、赤ちゃんは胸を拒むことがよくあります。
  2. 飲み物の毒性は、体の中毒と同様に、赤ちゃんのアレルギーと疝痛につながります。さらに、この毒性作用は中枢神経細胞の崩壊と睡眠障害を引き起こします。
  3. エチルアルコールは胃腸管の保護層を傷つけ、それが腹痛、吐き気、食欲不振につながります。
  4. アルコールは乳児の衰弱を引き起こし、血圧を下げます、急速な鼓動があります、
  5. どんなアルコールでも母乳、特にビールの生産を減らします。これはアルコールがホルモンの機能を破壊するという事実によるものです。
  6. 授乳中の母親と赤ちゃんの両方の反応を遅くする。

母乳育児時のワインについての神話

看護ママは赤ワインを飲むのに時々役立つと考えられています。それは血に有益な効果をもたらし、血の形成を改善します。しかし、この飲み物からの害は、疑わしい利益以上のものになるでしょう。血液の組成を良くするには、グラスワインをザクロジュースに交換します。

熟練した母親や祖母の中には、就寝前に少量のワインを飲むことを勧めている人もいます。彼らは赤ちゃんがよく眠ると信じています。幼児は、もちろん、すぐに眠りに落ちます。しかし、夢自体は落ち着かず浅くなるでしょう。赤ちゃんは不快感を覚え、よく起きます。

ケフィアには少量のアルコールが含まれているため、ワインとケフィアの悪影響を比較する人もいます。したがって、母親は母乳育児時にこのような製品も有害であると考えています。しかしそうではありません。

ケフィア - 授乳中の母親に飲める便利で栄養価の高い飲み物。母乳で育てるときだけケフィアの使用のための適量そして規則に服従します。それは腸を正常化し、消化器系の機能を改善し、そして母親が出産から回復するのを助けます。

慎重にできれば

すでに述べたように、赤ワインは心臓と血管に有益な効果をもたらします。自然の飲み物だけが影響を受けることを忘れないでください。授乳中の母親を使用するための安価な代用品は固く禁じられています!

白ワイン 肺へのプラス効果そして正常な新陳代謝に貢献する。ワインの使用における主なリスク - 危険なエタノールの含有量。

多くの女性は飲めるかどうか疑問に思います ノンアルコールワイン 授乳中。このワインにはごくわずかなアルコールしか含まれていません - 0.5%。ちなみに、ケフィアの平均アルコール含有量は0.4-0.6%です。しかし、この飲み物は防腐剤、染料、その他の化学添加物を含んでいるので、このワインを飲むことはお勧めできません。

シャンパン 授乳は他の種類のアルコールと同じくらい危険です。それは急速に血に吸収され、母乳に入ります。さらに、それは幼児の疝痛や消化器系の疾患の可能性を高める炭酸飲料です。授乳中のシャンパンはアルコール中毒を引き起こす可能性があります。

したがって、アルコール飲料は授乳中に非常に有害です。しかし、授乳中の母親はワインを許可することができますか?これが純粋に象徴的な装置なら、あなたは一口飲んでもいいです。ただし、いくつかの注意を払う必要があります。

母乳育児時の白ワインと赤ワイン

たぶん、誰もが、赤ちゃんの持ち運び中や授乳期間中は、アルコールを含む飲み物の使用を避ける価値があると聞いたことがあります。

生まれたばかりの子供は、成人に利用可能で、アルコールカクテルを分解することができる必要な酵素を持っていないという事実のため。しかし、多くの医師は、少量のワインが人体にどのように良い影響を与えるかについて話しています。そしてこの点で、お母さんはたくさんの質問を受けます。例えば、彼らは興味を持っています、ワインが母乳で育てることは可能ですか?なぜ今ワインは新生児の健康に害を及ぼさないと信じ始めたのでしょうか?

この飲み物はエタノールを含んでいます。それは母親の循環器系に吸収されます。その後、それは子供のための食物に入り始め、彼の体に入ります。そして、たとえママが、一杯のガラスを飲んだ後、ミルクをデカントしたとしても、次の部分がアルコールを含まないということはできません。人間の血液からワインを除去することは、どれだけ酔っているかによって異なります。若い母親が1杯の乾いた白を消費した場合、平均体重で3時間でワインは血から出てくるでしょう。しかし、女性の体重が少し多いと、作業に時間がかかります。

赤ちゃんの反応

それで、母乳育児時にワインを飲むことは可能ですか?栄養上の問題では、常に小児科医に連絡するだけでなく、赤ちゃんが特定の製品にどのように反応するかについて自分で食事を監視する必要もあります。それは子供が特定の食品からの発疹を持っている可能性があることが起こる、痛みを伴う腹部膨満を開始します。そして、母乳育児時にワインが可能かどうかという問題に対する答えは、母親の決定だけでなく、赤ちゃんの反応にも左右されます。結局のところ、私たちの多くは、天然ワインは高価だが、たいていは粉末で、様々な添加物を加えた店で買うことを理解している。そしてこれは良いことにはつながらないでしょう。

母乳育児時のビール

しかし、ワインのほかに、今、あなたはママがGWでビールを飲む方法を見ることができます。結局のところ、女性が妊娠する前に、彼女はしばしばアルコール飲料を飲みます。現代の女の子はそもそもビールを飲んでいます。それゆえ、子供が生まれたとき、若い母親はまだ楽しみを望み、それからあなたができるかどうかにかかわらず、ジレンマがあります。これから問題が起こります。HBでビールを飲むことは可能ですか?

今では、授乳中にこの飲み物を消費することが可能かどうか、医師は確実に言うことはできません。アルコール飲料が胎児にどのように作用するかについて多くの研究が行われてきました。そして、授乳中の赤ちゃんへの影響についてはよくわかっていません。アルコール飲料を飲んでいる間、アルコールは母親の血液に入り、それから牛乳に入るのは確実です。しかし、どのような濃度でそれは知られていません。ビールを乱用しないのであれば、アルコールがすべて女性の体から出てくるまで待ってから子供に栄養を与えることができると考えられています。しかし、ワインと同様に、それはすべて消費されるアルコールの量に依存します。血液からアルコールを除去するプロセスをスピードアップする方法は?残念ながら、これまでのところ加速方法はまだ発明されていません。

母親が中毒になっていないと感じた場合は、すぐに摂食できるという情報があります。しかし、これが正しいかどうかは不明です。アルコールがすぐに血と牛乳に入るという事実は残ります。したがって、赤ちゃんに害を与えないためには、母乳育児中はビールをやめたほうがいいでしょう。

HBのノンアルコールビール

その場合、もし授乳中の母親がこの飲み物を飲みたいのであれば、ノンアルコールを飲むのが最善です。このようにして、あなたはあなたの欲求を満たすことができて、酔うことはありません。しかし、この飲み物を乱用する必要はありません。結局のところ、その構成はそれほど無害ではありません。これに基づいて、それはノンアルコールより250グラムの生きた天然ビールを飲むのが良いです。

HBとコーヒー

より多くの若い母親は朝コーヒーを飲むことを好む。彼らは彼らが彼らが爽快な飲み物を飲むまで目を覚ますことができないと主張します。しかし、それはコーヒー看護ママを飲むことは可能ですか?母乳で育てるとき、この飲み物の使用は最も避けられます。結局のところ、HBでは、適切な栄養に切り替えることが最善であると考えられています。そして、このさわやかな飲み物は便利のリストに含まれていません。したがって、若い母親は摂食時にそれを除外することをお勧めします。

しかし、医師からの質問に対して、看護師にコーヒーを飲むことが可能なのはなぜでしょうか。実際、カフェインは小さな子供に害を及ぼす可能性があります。これは、小さなパン粉でもそれを消化して母乳と同化させることができないという事実によるものです。また、看護中に女性が絶えずコーヒーを飲むと、カフェインが赤ちゃんの体内に蓄積する可能性があります。結局、彼は彼を傷つけます。

この記事では、私たちが定期的にまたは部分的に私たちの食事で消費したいくつかの食品が、その含有量のためにどのように赤ちゃんに影響を与えるのかを調べました。 На вопрос, можно ли вино при грудном вскармливании, кофе, пиво, каждая женщина должна ответить самостоятельно. Врачи, конечно же, не рекомендуют употребление подобных напитков, но все зависит от ответственности матери и реакции ребенка.

しかし、あなたの赤ん坊の知らない弱体を傷つけないように、それはこれらの製品を消費しないことが最善です。

水と他の飲み物

アルコール飲料から授乳中の母親を飲むことができるという多くのミイラに関する問題にすでに答えましたか。それでは、一般的な看護婦の飲酒制度について話しましょう。

誰もが毎日少なくとも2リットルの純水を消費する必要があることを誰もが知っています - これは代謝プロセスを改善するのに役立ちます。したがって、水について自分自身を制限する必要はありません。液体は牛乳の量を増加させないことを忘れないでください。しかし、あなたはまたすべてを飲むべきではなく、天然の飲み物だけを飲むべきです。これらが含まれます:コンポート、ジュース、紅茶。多くの専門家はもう少し牛乳生産を刺激する、熱の形で液体を飲むことをお勧めします。

新製品の食事療法へのどんな紹介でも、赤ちゃんがどう反応するかに特別な注意が払われるべきです。しかし、あなたはすぐにコンポートやジュースに集まるべきではありません。それは少し飲んで、あなたの赤ちゃんを監視し続けることをお勧めします。その場合、子供がコンポートの中身に害を受けていなければ、それから用量を増やすことができます。そして、それほど良い反応がなければ、そのような飲み物を飲むべきではありません。

健康的な飲み物は便利です。

あなたは看護ママを何を飲むことができますか?多くの専門家は、店の備品を買うのではなく、自分で用意した飲み物をお勧めします。結局のところ、誰もそれらに含まれているものを知りません。しかし、自宅で自分の手で調理した飲み物には、母親と赤ちゃんの両方に利益をもたらすだけのビタミンや物質が多く保存されています。したがって、新生児に取り返しのつかない損害を引き起こす可能性があることを回避する価値があります。

母乳の組成と生産に及ぼすアルコールの影響

この問題で子供の体の主な敵はエタノールです。アルコールの分子はワインに含まれていて、血液だけでなく母乳にも浸透し、その味を悪化させます。 「認められた」エタノールの約10%がパン粉の体に入るでしょう。パン粉はまだその分子を分解して取り除く酵素を持っていません。アルコールは、アルコール飲料を飲んでから10〜30分後に牛乳に流れ込みます。これは、食前酒中の二酸化炭素の存在に依存します。その最大濃度は1時間後に見られる。

エチルアルコールの除去率は、ワインの飲酒量、品質、胃の充満感、授乳中の女性の体重によって異なります(少ないほど、エタノールは長く分解します)。医師は、女性が1杯のワインを飲むと3〜4時間後に体から完全にアルコールが取り除かれると言います。

興味深い事実:アルコールはプロラクチンの合成を促します。これは牛乳の生産に影響を与えますが、オキシトシンの生産を抑制します。結論:牛乳は届きますが、乳管を通る進行は困難で、乳汁貯留や乳房炎を引き起こす可能性があります。

ワインセレクション

それでも一杯のワインを飲むことを女性が決心するならば、それは彼女自身の美味しい好みに基づいてではなく、慎重にその組成、強さ、貯蔵寿命、価格、生産者の評判、貯蔵条件を評価することを勧めます。

ノンアルコールワイン

エタノールも天然飲料のように含まれていますが、その濃度は最低 - 0.5%まで低下しています。このワインを使用することは、その中に他の有害な成分が存在するため許可されていません。これらは防腐剤、植物ホルモンおよび酸化剤です。彼らの製造業者は、ノンアルコールのワイン飲料の貯蔵寿命を延ばすのに慣れています。

アルコールが子供の体に与える影響

合理的かつ法外な量のアルコールを消費することの結果は、各人によって見られました。アルコールが健康な成人を傷つけた場合、それは子供にどのように影響しますか?赤ちゃんの体内でのエタノール摂取の結果:

  • 乳児が3ヶ月齢に達するまでの肝細胞に対する破壊的効果は、まだ不完全に形成されていると考えられている。アルコールは大人の2倍長く子供の体から取り除かれます
  • 神経系に影響を与える、エタノール分子は赤ちゃんの阻害を誘発し、それは無関心、低迷、涙になります。他の場合では、反対に、彼は活動亢進的に行動し、健全に眠ることができないでしょう。
  • エタノールは脳細胞を破壊しますが、これは妊娠中や授乳中に母親が飲んだ子供の精神運動発達や精神的能力にしばしば影響します。
  • 心臓のリズム障害、圧力降下、
  • 食欲減退。母親が定期的に飲酒に慣れている場合、赤ちゃんは体重を減らし始めるかもしれません、
  • 消化管の刺激は下痢、中毒および疝痛を引き起こす可能性があります。
  • アルコール毒性によるアレルギー反応
  • 免疫系の弱体化による慢性疾患の発症。

上記すべてを考慮すると、授乳中の母親がワインを飲むことができるかどうかという質問に対する答えは、明らかに否定的であるように思われます。しかし、アルコール飲料を定期的に乱用するだけで、非常に深刻な悪影響をもたらす可能性があることは注目に値します。母乳育児中の女性が、赤ちゃんが生後6ヶ月に達した後、数週間ごとに高品質の乾いた赤ワインのグラスで自分の食事を多様化させるのであれば、それから害は最小限になります。

子供に害を与えることなくHBと一緒にワインを飲むには?

子供の体内のエタノールの侵入を完全に排除するために、授乳婦はワインを飲むことを許可されています、 以下の推奨事項に従ってください。

  1. ごちそうの前にパン粉を胸に付けて、
  2. 牛乳を前もって表現し、次の6時間の摂餌量を計算します。これがうまくいかず、酔っ払いの量と質が医師の推奨と一致しない場合は、混合物を一時的に給餌することをお勧めします。
  3. どのワインを選ぶべきかについては、飲み物の品質と強さに焦点を当ててください。
  4. 空腹時に飲まないでください。
  5. アルコール飲料を6時間飲んだ後に牛乳を排出します - それは摂食には不向きです。

注:ワインをコンポート、ジュース、ミネラルウォーターで「希釈」して、アルコールと並行して飲まないでください。これは血中のアルコール濃度には影響しません。

Komarovsky博士でさえ、立派な機会に授乳中の母親によるワインの使用を除外しません。あなたが上記の勧告に従うならば、これは絶対に赤ちゃんに害を及ぼさないでしょう、そしてお母さんはあなたがあなたの食事療法および両親の日常生活の日常を多様化することを可能にするでしょう。しかしながら、消費されたアルコールの量を誇張すると、女性が眠くなり、やや遅くそしていらいらしさえすることを覚えておくことは重要です。この場合、赤ちゃんは常にママの世話と慎重な管理を必要とします。

あなたの女性の気まぐれに従ってください、あなたの主な喜びが母性であることを忘れないでください。

休日の準備

大家族、家族のイベント、またはその他の正当な理由のある日に、授乳中の母親がワインを飲むことを決心した場合は、アルコールを飲んでから約6時間は母乳で育てられないので、準備する必要があります。 。

  1. 事前に母乳の在庫を作ります。エタノールが体から除去されている間、赤ん坊に表現された純粋な牛乳を与えます。
  2. あなたが彼らのミルクを買い戻すことができないならば、オプションとして、赤ちゃんの年齢に応じてミルク調合乳を買う。
  3. 食べてもいい。空腹時に飲まないでください。アレルギーを引き起こす可能性のある他の食品を捨てる。
  4. 2杯のワインを飲むと(400 ml)、約6時間後に体は元の状態に戻ります。それから初めて母乳育児を続けるべきです。
  5. どんな品質のワインに十分注意を払う?メーカーは誰ですか?製品の有効期間は良いですか?
  6. 乳房炎を避けるためにデカントすることを忘れないでください。 6時間後、母乳をもう一度出して、決してそれを赤ちゃんに与えないでください。

子供に対するアルコールの影響

あなたがアルコールの影響について知る必要がある否定的な要因:

  1. アルコールは子供には悪いです。それは眠気、嗜眠を引き起こし、脳細胞を破壊し、免疫力を低下させ、子供の言語障害および精神発達を遅らせます。
  2. 3ヶ月未満の子供の肝臓はまだ完全に形成されていません。たとえ少量であっても、エタノールをリサイクルする方法がわかりません。
  3. 血中のアルコール濃度は牛乳中の濃度と同じです。牛乳はガラスの内容物で20-30分で飽和します。二酸化炭素が豊富なワインは、10〜15分で血中に入ります。
  4. 平均3時間後に200mlのワインが体から取り除かれます。重いアルコールを飲んでいる人は、より早く産出します。
  5. アルコールは反応を阻害し、注意を払い、オキシトシン(泌乳の原因となるホルモン)の産生を遅らせます。投与量が多いほど、牛乳の生産は抑制されます。
  6. 牛乳の味を変えるのは良いことではありません。赤ちゃんは胸を拒否することができます。

この災害と闘う政府機関があるのと同様に、女性と子供のアルコール依存症の問題も存在します。しかし、主な支配者と保護者は母親、家族です。アルコールに子供で形成される関係は、彼の家の壁に根ざしています。教育は概念の瞬間から始まります。

Komarovsky博士は、母親は特別な日にグラスワインを飲むことができると信じていますが、これはますます多くの場合、予測不可能な結果を​​もたらす実験です。 そして、それはあなたの好きな子供にそのような実験をする価値がありますか?有名な医者のコメントを読んだほとんどの女性は、それが虐待に値するものではないと同意しましたが、拒否するほうが得策です。

赤か白か?

我々が美食の好みを脇に置いて、そして飲酒によってもたらされる利益と害だけを見るならば、それは赤ワインがより有用であると考えられます。

赤ワインは人間に有益である酸化防止剤を大量に含んでいます。白で、それらはまた存在していますが、より少量です。それは消化の段階で多くの有用な微量元素を放出するブドウの種と皮に関するものです。白ワインを作るとき、種を含む皮は抽出されます、そしてそれは最終製品に少量の酸化防止剤を引き起こします。

赤ワインの利点:

  • 少量の赤ワインでは、神経系や心臓血管系に良い効果があります。
  • 歯茎や口に抗炎症作用があります。
  • 癌細胞の増殖を抑制する
  • 血管を拡張し、脳卒中や心臓発作を予防します。

どれほど多くのものが有用な特性ではないでしょう、まず第一にそれは授乳中の母親に禁忌であるアルコールです。含まれている精神は、最も高貴な飲み物でさえ、利益をもたらさないでしょう。そして、さらに少量のメタノールは以下のような副作用を引き起こします。

これが成人の健康に悪い影響を与えるのであれば、小さな子供も例外ではありません。より古い世代の何人かの代表は就寝前の少しワインが子供も母親にも害を及ぼさないと信じています。それどころか、睡眠はより強くなり、健康は増します。そうですか? 「アルコール依存症の睡眠は強いですが、短いです。」

医師の言うこと

Yevgeny Komarovskyを含む多くの主要な医療専門家は、母乳に対するアルコールの影響の研究に彼らの仕事を捧げてきました。悪影響は前世紀で証明されています。実験は、母親が許容量のアルコールを摂取した子供の身体的および精神的発達の結果の比較に基づいていた。

母乳育児中に母親がアルコールを摂取した乳児では、運動障害の抑制が神経障害と同様に観察されることが研究により示されています。

禁酒の主な原因

授乳中の女性がアルコール飲料を飲むのを控えるべきである根本的な理由に注意してください。

  1. 母乳の味アルコール製品は牛乳の味を変えるので、赤ちゃんは摂食をやめることができます。
  2. 牛乳の有用な性質アルコールは牛乳の有益な性質を「殺し」、赤ちゃんの神経系の病気の発生、疝痛の出現および胃の痛みを引き起こします。
  3. 牛乳の量を減らす。ワインは、特に通常の使用では、授乳期間を短縮します。

重要な単純な規則

母乳育児中は、すべての女性が従うべき、いくつかの単純だが非常に重要な規則があります。

  1. いかなるアルコールも、授乳期の母親には禁じられています。その母親の子供の年齢は3ヶ月の上限に達していません。
  2. ある程度の量のワインを飲んだら、母乳育児は控えましょう。休憩時間は飲酒量に比例しますが、3時間以上ではありません。
  3. あなたが「よく」飲みたいときは、添加物や他の化学物質を含まない天然ワインを選んでください。線量は、もちろん、最低限度で、適度であるべきです。可能であれば、最小量のワインを水で希釈して軽い溶液にすることをお勧めします。
  4. ごちそうが赤ちゃんに良い餌になる前に。軽食にもたれかかるテーブルでは、ワインは血に吸収されにくくなります。
  5. 体からのアルコールの除去率は体重に直接依存します。授乳中の母親の体重が軽いほど、アルコール製品が長く表示されます。
  6. 子供の栄養について事前に注意してください。 2〜3回の給餌に十分な量の牛乳をこすります。

いくつかの便利な数字

これは、母乳育児中の女性が許容範囲を超えないようにするのに役立ついくつかの有用な数値です。

  • いずれにせよ、たとえ軽いアルコール(例えばワインやシャンパン)であっても50mlを超えてはいけません。
  • 50 gのワインが5時間体内から排泄されました。
  • 牛乳中のアルコール製品の最大濃度は消費後30分以内に発生します。

お祝いのごちそうはアルコールなしでは完成しません。母乳育児のときでさえ、抵抗してワインを飲まないことはしばしば困難です。しかし、若い母親は自分の最愛の子孫の健康に対する責任を明確に認識しなければなりません。それは無害なシャンパングラスのようです。しかし、それは子供の健康に深刻な害を及ぼす可能性があります。子供の健康を危険にさらす権利を持つ女性はいません。

授乳中の母親はワインを飲むことができますか?基本的には、そうです。しかし、ひどい結果を直そうとするよりもアルコールをやめるほうが簡単です。

Loading...