人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

妊娠中にセントジョンズワートは現れますか?

妊娠中、将来の母親の身体は非常に大きな感情的および身体的ストレスを受けます。同時に、赤ちゃんを期待している女性は鎮静薬を使用して民間療法を強化するときには注意が必要です。身体への介入がひどくなることがあります。例えば、セントジョンズワートのような有用な植物は、事前に医師と相談しない限り使用することはお勧めできません。草を癒すことは多くの有用な特性に恵まれています。この場合、Hypericumに基づいて作られた製剤の体内摂取により、血圧が上昇する可能性があります。いくつかのケースでは、公平なセックスは強いアレルギー反応を示します。

ヒペリカムの癒しの性質

薬用植物は顕著な胆汁分泌促進作用があり、肝臓を正常化します。 Hypericumから作られた煎じ薬は、以下の問題を取り除くのに役立ちます。

  • 腰の痛みの外観
  • 吐き気
  • 無気力
  • 肝臓の痛み。

このハーブは抗炎症作用と抗菌作用を持っています。 Hypericumは効果的に風邪の症状と闘います。

さらに、薬用植物は天然起源の抗鬱剤と考えることができる。 Hypericumの治療は女性に安心と自信を与えます。

注意してください。 薬用植物の重要な利点はそれがニコチン酸を含んでいるということです。この物質は消化器の状態を改善します。紅茶に追加されているHypericumの少量の砕いた葉は便秘を取り除くのを助けるでしょう。

妊娠中の女性のための危険Hypericum

Hypericumベースの製品の使用で発生する最も一般的な副作用は、植物に存在する成分に対するアレルギー反応です。薬草を使用する前に、アレルギーの可能性をテストすることができます。これを行うには、肘の内側に少量のHypericum煎じ薬を塗布します。 20時間経ってもこの部分の皮膚が赤くならない場合は、女性のアレルギー反応の可能性は最小限に抑えられています。

妊婦にとって薬用植物のもう一つの危険はそれであるということです 子宮の緊張の増加を引き起こす。これは流産や早産の原因となります。

重要です! 長期間の使用では、セントジョンズワートは中絶効果があります。それは深刻な子宮出血を引き起こす可能性があります。

したがって、赤ちゃんの待機期間中は、肝臓や胆嚢の病気に対処するための代替方法を優先する必要があります。

薬草の組成には、胃粘膜を刺激する物質が含まれています。したがって、あなたがHypericumに基づいて作られた製品の推薦された適量を超過するならば、消化器の病気の悪化があるかもしれません。

重要です! ハンターを持つ方法は、体内に過剰な水分がたまるのを助長する可能性があります。これは、赤ちゃんを期待している女性に浮腫が現れる原因となります。さらに、薬用植物は他の薬草と相互作用することができます。これはしばしば予期しない結果を招きます。

妊娠後期の冷たいお茶

一部の専門家は、妊娠中の最後の数週間には、カルシウムの飲み物を飲むべきだと確信しています。次の分娩に備えて子宮頸管を準備するのに役立ちます。飲み物は免疫系を強化するのを助けます、緊張を和らげることができます。資金の構成に含まれている追加のコンポーネントは、Hypericumの有効性を高めます。

  • ワイルドローズと少量のワイルドローズフルーツを加えたお茶は、ブリバリの発生を防ぐ優れた予防薬です。飲み物は風邪を予防し、心筋の状態を改善します。
  • リンデンと飲みます。この植物とセントジョンズワートの組み合わせは、栄養系の機能を向上させるのに役立ちます。リンデンティーは神経系に有益な効果をもたらします。飲み物は不眠症に最適です、
  • 蜂蜜とレモンティー。飲み物は免疫力を高めるのに役立ちます。蜂蜜とレモンは、顕著な抗ウイルス作用を持っています。

膀胱炎のコレクションの構成のHypericum

セントジョンズワートを含む手段は、医師の監督の下で摂取されるべきです。あなたは膀胱炎の出現を減らすのを助ける治癒煎じ薬を作ることができます。

  • 10 gのort草
  • ローズヒップ10g
  • 15 gトリコロールバイオレットグラス、
  • Hypericum 10g
  • 大さじ1 l草つくし。

  1. 上記の部品は粉砕されています。
  2. それから医療原料は穏やかに混合されるべきです。
  3. 大さじ1 l水を0.2リットル注ぐ。
  4. 薬液は水浴中で10分間煮沸しなければならない。
  5. 工具を冷却しそして濾過する。

1日3回、ブロス50mlを飲むことをお勧めします。治療期間は疾患の特徴的な症状の重症度によって異なります。

植物注入の適用

薬用植物の注入は様々な皮膚病を治療するために使用されます。用具は小さいひび、やけど、摩耗または切傷の治癒過程をスピードアップします。咽頭炎、咽頭炎の存在下でうがいをするのに注入が使用されています。

  • 1リットルの水
  • オトギリソウ草40 g。

準備プロセスはとても簡単です。

  1. Hypericumは徹底的に粉砕されるべきです。
  2. 得られた塊に沸騰水を注ぐ。
  3. 手段は15分間主張します。それからそれは除外される必要があります。

喉頭の病状では、1日3回薬の注入でうがいをすることをお勧めします。このツールは口臭を取り除くのに役立ちます。

化膿性の創傷、皮膚炎またはじんましんの存在下でHypericumの助けを借りて圧縮します。手順の前にガーゼの小片に浸す必要があります。その後、問題領域に圧縮が適用されます。 30〜50分保持することをお勧めします。

美容目的のためのHypericumの使用

薬草の成分には、肌に優しい物質が含まれています。

  • フィトンチッド、
  • タンニン
  • カロチン
  • トコフェロール、
  • ルチン
  • ビタミンC、
  • ニコチン酸

薬草には清潔でさわやかな性質があります。 Hypericumに基づいて作られた手段は、色素斑を減らすのに役立ちます。彼らは刺激を排除し、炎症を軽減します。したがって、にきびの複雑な治療に積極的に使用されるHypericumの手段。

化粧品アイスの準備

化粧品の氷は肌のレリーフを改善し、組織の腫れを取り除き、しわを滑らかにするのを助けます。製品は敏感肌に最適です。

  • 大さじ5。 l Hypericumの薬用煎じ薬、
  • 小さじ1ピーチバター、
  • トコフェロール10滴。

  1. トコフェロール(ビタミンE)と栄養ピーチオイルが、Hypericumの予熱された暖かいスープに加えられます。
  2. 得られた液体を小さなサイズの缶に注ぎ込み、冷凍庫に送る。

化粧品のアイスキューブは、洗顔済みの顔をこすります。手順の後、栄養価の高い血清を肌に塗ります。

ヒペリカムフラワーオイル

オイルは炎症過程を排除し、組織修復の過程を早めます。このツールは化粧品マスクと栄養クリームを強化するために使用することができます。ヒペリカムオイルは肌の弾力性を改善するのに役立ちます。

  • 植物の花と葉20 g
  • オリーブオイル0.2リットル。

  1. あらかじめ用意された容器の中に、Hypericumの花と葉を入れます。
  2. 得られた塊にホットオリーブオイルを注ぐ。
  3. 石油は約30日を主張する。
  4. 得られた液体をガーゼ布または篩を通して濾過する。

にきびの治療では、ヒプシクの芳香油と組み合わせてヒペリカム油を使用することができます。

妊娠中のhypericumの使用に関する専門家の意見はあいまいです。多くは女性の個々の特性に依存しています。アレルギー反応がない場合は、セントジョンズワートを使用してさまざまな皮膚の病状を治療することができます。

対応する飲み物を内服する前に、医師に相談してください。耐容性が良い場合は、普通のお茶にHypericumを少し追加することもできます。これは不安を取り除き、睡眠を改善するのを助けます。中に基づいて薬を服用することは定期的にはお勧めできません。

草の特徴

  • セントジョンズワートは多年生のハーブです。あなたはそれをどんな森林や畑地帯でも見つけることができます、
  • それはたくさんの癒しの性質を持っています。この植物は大量の生物活性物質、フィトンチッド、ビタミン、フラボノイドを含んでいます。
  • 煎じ薬や煎じ薬の調製には、通常乾燥した形で使用されます。
  • このハーブは少し苦い、独特のハーブの香りがします。
  • 薬草抽出物はいくつかの薬の準備で使用されています。
  • 茎と花を持つ植物の上部を使用して薬の調製のために。

使用の目安

あなたはおそらくHypericumを使うための少なくとも一つの方法を知っています。このハーブはあなたの体の大部分に癒しの効果をもたらします。

  1. セントジョンズワートは、天然の抗鬱剤である物質を含みます。このハーブの煎じ薬は、不安、睡眠障害で撮影されています。また、この植物の抽出物は薬用鎮静剤ネグラスチンを作るのに使われます。
  2. この植物は胃腸管の疾患、特に胃炎および潰瘍の治療にも使用されている。 Hypericum煎じ薬は癒しと抗炎症効果があります(妊娠中の胃炎>>>を読む)。
  3. このハーブの抗炎症作用は口腔や咽頭の病気 - 口内炎、歯肉炎、扁桃炎 - の治療に使われます。煎じ薬または注入は、すすぎとして使用されます。
  4. また、植物は咳や気道の炎症性疾患の治療に使用される料金の一部です(妊娠中の乾いた咳についての記事を読む>>>)。
  5. 既知のハーブ煎じ薬とその治癒特性。それは首尾よくさまざまな皮の損害、栄養性の潰瘍の処置で使用されます、
  6. このハーブは、髪を洗うための手段として美容師によってよく使用されます。 Hypericumは首尾よく油性皮を下げ、そして防腐性を持っています。

広範な癒しの特性はこの薬草を薬用植物の中で最も使われているものの1つにします。治療に加えて、それはお茶の代わりに醸造して飲むことができ、一般的な強壮剤として、あなたは妊娠中の記事ハーブティー>>>にも興味を持っているかもしれません。

妊娠中に使用する能力

妊娠中にセントジョンズワートを使用できますか?残念なことに、そのような有用で豊富な薬用物質ハーブは妊婦には禁忌です。これは植物のいくつかの特性によるものです。

  • それは血圧の上昇を引き起こし、それは子宮の収縮活動を刺激することができます、
  • この薬の使用はあなたが浮腫を引き起こす可能性があります、
  • 妊娠初期にセントジョンズワートを摂取すると、胎児の発育に不可逆的な欠陥を引き起こす可能性があります。赤ちゃんが通常どのように発達するかを学ぶためには、記事を読んでください。

以前は、セントジョンズワートは妊娠中絶の治療薬としてさえ使用されていました - 薬草師はそれを不必要な胎児を取り除くために妊娠中の女性に大量に服用するように処方しました。

  • それはまたアレルギー反応を引き起こすことができます、そしてそれは同じくあなたの子供の健康と状態に悪影響を及ぼすでしょう。

したがって、妊娠中にセントジョンズワートを飲むことができると言われた場合、これは間違いです。このハーブは、多くの病気でその治癒特性にもかかわらず、あなたは使うことができません。芝生は累積的な影響を与えるため、妊娠を計画しているときでも使用にはお勧めできません。

ただし、これはすべてこの薬用植物の内部使用のみに関係します。薬用ハーブのブロスと注入は、外用すると実質的に吸収されません。したがって、妊娠中には、植物を美容目的に使用することができます。

  1. ホルモンの不均衡は、脂性肌の増加につながります。この植物はそのような問題に対処します。あなたは皮膚を拭くために洗浄、冷凍キューブ注入のために煎じ薬を使うことができます、
  2. 擦り傷や傷があるので、副作用を恐れずにローションにセントジョンズワートブロスを使用できます。
  3. 草をすすぐのに使用することは許可されていますが、厳密な指示の下でのみです。今日まで、あなたが安全に使用できる薬はたくさんありますので、これらの花ですすぐことさえめったに指名されていません。

妊娠中の女性でのHypericumの使用は可能ですが、厳密な徴候の下でそして外的な使用のためだけに。

聖ヨハネの麦汁と妊娠:これらの概念は互換性がありますか?

立場にあるすべての女性はあらゆる種類の病気の危険にさらされています。妊娠 - 女性の身体に対する深刻な検査。残念ながら、誰もが健康上の問題なしに妊娠の9ヶ月すべてを生きることができるわけではありません。

多くの薬が赤ちゃんに害を及ぼすことがあるので、妊娠中の女性自身や多くの医師はハンターを含むハーブ療法に頼っています。しかし、常に妊娠している女性からは程遠いことですが、最も一見無害なハーブでさえも、生まれたばかりの赤ちゃんや妊娠中の身体自体に害を及ぼすことがあることを覚えています。

妊娠中にセントジョンズワートを摂取できるかどうかについて言えば、これは非常に人気のある薬用植物が人気のある伝統医学のカテゴリーに属することに注意する必要があります。草は顕著な効果があります。

  • 防腐剤、
  • 抗炎症性
  • 胆汁
  • トニック

薬草を使用することの可能性と実現可能性について一般的な結論を出す前に、セントジョンズワートの植物全体が妊婦の体にどのように影響するか、そしてそれがどのように役立つかを理解することが重要です。だから、その主な特性:

鎮痛効果 非常に頻繁に、妊娠中の女性は背中、下肢、および頭痛の強度の変化の痛みを訴えます。これらすべての状況において、セントジョンズワートは、外用および内用に優れた麻酔効果をもたらします。

コレラ効果。 Hypericumの使用は胆嚢の完全な流れを保障するために胆嚢のうっ血性のプロセスに対処する機能を提供します。肝疾患の存在下では、Hypericumも救助に来るでしょう。

消毒作用。妊娠中は、風邪を引くリスクが大幅に高まります。季節性の病気との闘いでは、セントジョンズワートは非常に効果的な手段です。その抗炎症作用は、あらゆる種類の病原体に対して優れた耐性を示します。この目的のために、セントジョンズワートは最も頻繁に外部で、よりまれに - 内部で使用されます。

消化管の正規化。多くの妊婦は便秘やその他の胃腸障害を患っています。 St. John's Wortには、ニコチン酸などの物質が含まれています。それが胃や腸の働きに有益な効果をもたらすということは、あらゆる種類の障害を素早く取り除きます。

抗うつ効果。多くの研究は、セントジョンズワートが顕著な鎮静作用を持ち、精神感情的状態を改善するのに役立つことを示しました。一部の医師は、妊娠中の女性には鎮静剤ではなくセントジョンズワートを使用することが望ましいと同意しています。 Hypericumの使用は落ち着いた、自信と心理的な快適さを返します。

危害の可能性

セントジョンズワートのようなハーブは100%無害な薬であると信じるのは間違っています。聖ヨハネの麦汁が妊娠中の女性と彼女の生まれていない赤ちゃんの体を傷つけることができないという保証は大きな間違いです。

有能な医師は、Hypericumの管理されていない不適切な使用は、その位置にいる女性の身体と将来の赤ちゃんに少なくとも2つの悪影響を及ぼす可能性があることを警告します。

  1. 子宮頸部の早期軟化を引き起こす。多くの場合、婦人科医は妊娠中の女性のための特別なハーブ集会を処方します。それには、出産のために女性の体を準備するためのセントジョンズワートも含まれます。この目的のためのHypericumの使用は、厳密な兆候がある場合に限り、妊娠第3学期の後半(つまり、生年月日の直前)にのみ可能です。

薬用植物のこの特性は、最初の学期に適用されるときにもたらすことができます 流産そして、(37週の公演の前に)2学期に使用されたとき - 早産.

  1. 胎児への悪影響の可能性。小さな成長する生物をあらゆる有害な影響から保護する胎盤が完全に形成されるまでは、草をいかなる形態でも使用してはいけません。妊娠の1学期にHypericumを使用することができるので 胚の形成と発達の過程に悪影響を及ぼす.

内部で使用されているお茶、煎じ薬または注入の形のセントジョンズワートは、妊娠中はかなり危険な薬と考えられています!

禁忌

Несмотря на то что применение зверобоя вне беременности (например, при её планировании) в большинстве случаев приносит пользу, но всё же при его неправильном приеме и нарушении дозировки могут возникнуть проблемы со здоровьем. いくつかのケースでは、このハーブの受け入れは完全に禁忌です。使用する前に、あなたは常に長所と短所、可能性のあるリスクを秤量し、そして主な禁忌に慣れるべきです。それほど多くはありません。

高血圧 (西暦) Hypericumは血管の調子を改善するだけでなく、血圧にも影響を及ぼしてそれを増加させます。セントジョンズワートを含むハーブの長期摂取により、高血圧の問題はさらに悪化する可能性があります。このため、高血圧を患っている女性は、いかなる形でもHypericumの使用を控えるべきです。

重篤な肝疾患。セントジョンズワートは長期にわたる使用では有毒植物の範疇に属さないという事実にもかかわらず、それは肝臓病の経過を悪化させ、女性の宿主に様々なアレルギー反応を引き起こす可能性があります。

ほとんどの場合、アレルギーはハーブセントジョンズワートのチンキ剤と煎じ薬に表示されます。

浮腫 腫れ、セントジョンズワートの使用に苦しんでいる女性は不快な現象の増加を引き起こす可能性があるため、禁忌です。科学技術のすべての功績にもかかわらず、科学者はまだこの薬草が人体内の過剰な水分の蓄積のプロセスにどのように影響するかを確立していません。

Hypericumの非常に強力な注入は、妊婦や様々な病気の患者だけでなく、完全に健康な人々にも拒絶するほうが良い薬です。

あらゆる種類のアレルギー。オトギリソウの主成分 - 強いアレルゲン。彼らは顕著なアレルギー反応を引き起こすことができます。

妊娠の計画段階では、ハーブ成分が女性の月経周期に悪影響を及ぼす可能性があり(St. John's wortsが月経の到来を引き起こす可能性がある)、女性が妊娠さえ疑わない初期段階で流産にさえつながるので、Hypericumも放棄する必要があります。

セリ科治療法

子供を連れて行く期間中に、ハンターを含むハーブを使った自己治療は固く禁じられています。薬としての目的のためのセントジョンズワートの使用は、母親への期待される利益と未熟児へのリスクの比率を考慮に入れて、主治医によって指示される通りにすることができるだけです。

専門家がそれでも薬としてセントジョンズワートを推薦するならば、それは処方された投与量と使用の形を乱さないことが重要です。

ほとんどの場合、セントジョンズワートは妊娠中の女性によって使用されます。

外へ 妊娠中の女性がセントジョンズワートを摂取することを禁じる禁忌や警告がかなりある場合、治療目的でのその外用の禁忌は事実上ありません。次の場合には、草を外部で使用できます。

  • 虫刺され かゆみ、腫れ、痛みを和らげるには、煎じ薬を準備します。セントジョンズワート、ミント、オークの樹皮を同じ割合で取り、水を注いで5分間弱火で煮ます。薬が冷えたとき、それはローションが噛むのに使用することができます。
  • あらゆる種類の皮膚病とは (例えば、皮膚炎、やけどの病巣、じんましんなどのために)。
  • 擦り傷、あざ、切り傷 (皮膚病変のより速い治癒のために)。
  • 顔や髪の脂性肌を減らすために。セイヨウオトギリソウ煎じ薬は、化粧品の目的ですすぎや洗浄に使用されます。あなたはまた、その後の皮膚の問題領域のこすりのために煎じ薬から角氷を凍らせることができます。

セントジョンの麦汁は皮膚を通って血流に浸透せず、子宮に入ることもできないので、結果を恐れずにセントジョンの麦汁を上記のすべての問題の治療に外用することが可能です。

内部的に 妊娠中期には、女性用のスープが家庭用に処方されることもあります。それを調理する方法? 1杯の乾いた草にコップ1杯のお湯を注ぎ、10分間煎じる。その後 - 混合物を濾過し、1日3〜4回、大さじ2杯飲まなければならない。

調理ブロスは、その組成中のハーブの投与量を増やすべきではないとき。この場合、薬は強すぎるため、消化管のけいれんを引き起こす可能性があります。

妊娠中の女性が口臭に悩まされている場合は、その後セントジョンズワートも救助に来るでしょう。すすぎの形のハーブは、口腔内の炎症過程、歯の問題に対処するのに役立ちます。

内臓のHypericumの注入を適用することによって、あなたは緊張感、うつ病の兆候を減らすことができ、不眠症のような不快な現象を取り除きます。鎮静剤として、リラックスは、セントジョンズワートが茶の形で最も頻繁に使用されることを意味します。

ローズヒップとオトギリソウ茶 妊娠中の女性が風邪をひいているならば、救助に来るでしょう。免疫系を活性化させるのはこの飲み物で、体からあらゆる種類のウイルスやバクテリアを素早く排出します。

ローズヒップの代わりに、リンデンをお茶に加えることができます。砂糖の代わりに - 少量の蜂蜜。

ご覧のとおり、セントジョンズワートは有用ですが、妊娠中に摂取するべきではありません。妊娠中絶のリスクが高いためです(中絶効果)。妊娠の第3学期にHypericumの助けを借りて治療するためには、すべての利用可能な禁忌を考えると、医者の証言に従ってのみであるべきです。

妊娠中のセントジョンズワートの可能性はありますか

まず第一に、セントジョンズワートは、抗炎症作用、防腐作用、胆汁分泌促進作用、強壮作用を持つ人気のある民間療法です。非常に頻繁に、ハーブセントジョンズワートは薬の一部です。しかし、妊娠中にセントジョンズワートを摂取できるかどうかを理解するために、その主な特性とそれが体に及ぼす影響を見てみましょう。

セントジョンズワートは、胃炎やその他の胃腸の問題を治療するためによく使用されます。しかし、ハーブの煎じ薬を服用しても、体内での過剰量のHypericumの強力な煎じ薬は治癒過程を遅らせるだけでなく、状況をさらに悪化させる可能性があるため、投与量を正しく計算する必要があります。これから進むと、私達はhypericumの煎じ薬は医者の処方箋にだけ取られるべきであることを理解しています。

セントジョンズワートには、中枢神経系や栄養神経系に有益な効果をもたらし、ストレスやうつ病に対処するのに役立つ特殊な物質、ヒペリンが含まれているという事実に注意することも重要です。だからこそ、セントジョンズワート入りのお茶は、神経系の問題を治療するために処方されることが多いのです。さらに、セントジョンズワートは、タンパク質代謝に関与し、消化器系の働きを整理するのに役立ちますニコチン酸を含んでいます。

Hypericumのチンキ剤は頻繁に彼らの血中コレステロールを下げるべきである患者に処方されます。 Hypericumはまた血管の壁を増強するのを助けます。 Hypericumの煎じ薬は、利尿作用により、けいれんや痛みを軽減し、四肢の腫れを軽減します。

しかし、この植物のような一見ポジティブな資質にもかかわらず、妊娠中にそれを取ることはお勧めできません。事実、セントジョンズワートは、特に日光に敏感な人々において、圧力を高める能力を持ち、またしばしばアレルギー反応を引き起こします。さらに、セントジョンズワートに含まれている物質は、子宮収縮を引き起こし、流産や子供の健康に重大な損害をもたらす可能性があります。特に、これらの物質は脳や子供の中枢神経系全体にとって潜在的に危険です。専門家によると、これらの物質は肝臓の働きを妨げる可能性もあります。

これから続けると、何らかの形でのセントジョンズワートの摂取は妊娠中の女性には禁忌です。

妊娠中にセントジョンズワートを飲むことはできますか

Hypericumは、幅広い治癒力を持っています。子供を持つ女性は、胎児に害を与えないように、ほとんどの薬を放棄することを余儀なくされています。したがって、病気の間に彼らは病気に対処することができる民間療法を探しています。

妊娠中の女性は、セントジョンズの麦汁が自分の立場にあるかどうかについてしばしば質問をします。婦人科医は、薬用植物に基づく資金の内部管理は禁忌であると警告しています。妊娠初期のセントジョンズワートは、恣意的な妊娠中絶を引き起こす可能性があります。ハーブは、治療の恩恵が胎児へのリスクをはるかに超える場合にのみ処方されます。 妊娠中のHypericumは、医師の指示どおりに、外的に、内的にしか摂取できません 妊娠中期のセントジョンズワートはいかなる形でも禁忌です。。セントジョンズワートを含むいくつかのホメオパシー製剤でさえも推奨薬のリストから除外されます。あなたが聞いたセントジョンズワートのどんな良いレビューでも、妊娠初期の間は、その方法を試してはいけません。 II-III学期から聖ヨハネの麦汁は医者の厳密な指導の下でのみ摂取することができます。

ところで、助産師の祖母が妊娠を中止するためにHypericumからの強くて濃いお茶を使用する前に、。この器具は血圧を上昇させ、子宮の収縮を刺激します。

妊娠中の妊娠期間中のHypericumの外部投与は2.3および4学期間に安全です。それは皮膚科および歯の病気に使用されます。妊娠中の女性に対するセントジョンズワートは、そのような場合に役立ちます。

  • 歯の問題 - 口内炎、歯周炎、歯肉炎および出血
  • 皮膚科疾患 - 皮膚炎、湿疹、皮膚の炎症。

妊娠中に、Hypericumの使用は擦り傷や傷の場合には正当化されます。。副作用の恐れなしで、ローションのためにハーブの煎じ薬を使いなさい。耳鼻咽喉科の咽頭炎、咽頭炎、扁桃炎のための妊娠中のHypericumは厳密な徴候の下で許可されています。

ある意味でHypericumは妊娠に貢献します。計画期間中、このハーブは性器の炎症のために酔っています。また、様々な婦人科問題を持つ女性はオレガノ、よもぎ、タンジー、ジュニパーなどのハーブを処方されています。実際、リストは非常に大きいです。しかし、それらの多くは子供を連れている間厳しく禁止されています。

例えば、オレガノは、セントジョンズワートのように、妊娠中に子宮出血を引き起こし、流産を引き起こす可能性があります。したがって、セントジョンズワートやオレガノなどのハーブが妊娠できるかどうかに疑問がある場合は、独立した判断をしないでください。一般的な臨床像から、ハーブの摂取が可能かどうかを判断できるのは医師だけです。

妊娠中のSt. John's wortの使い方

妊娠中の女性に対するセントジョンズの麦汁茶の既存の禁止にもかかわらず、極端な場合には、それはまだ処方されています。これは医者によってだけされるべきであり、患者は厳密に適量および治療計画に従わなければなりません。ほとんどの場合、医師はセントジョンズワートの量を最小限に抑えるために薬価を推奨しています。

妊娠中の女性はハンターやローズヒップでお茶を作ることができます。ウチワサボテンの果実は大量のビタミンCを含み、SARSや風邪に最適です。

材料:

調理方法:成分を沸騰水で満たす。魔法瓶で30分を主張する。

使い方:風邪をひいている間に1日3回100mlを服用してください。

その結果:ウイルスに抵抗する。免疫力を強化します。

また、抗咳嗽薬および抗ウイルス薬には、オオバコの葉、ラズベリー、およびスグリの実の組み合わせ飲料が含まれます。妊娠中のSt. John's wortの割合は最小限に抑える必要があります。つまり、1杯の乾いた草で1杯の飲み物を飲むのに十分です。

また、妊娠中の女性はhypericum薬用煎じ薬から調製することができます。それは緊張や不眠症を取り除き、いくつかの歯の問題を解決するのを助けます。

材料:

  1. 乾燥Hypericum - 大さじ1。
  2. 水 - 1カップ

調理方法:水を沸かし、15分間芝生を覆う。ひずみ

使い方:1/4カップを1日4回飲んでください。すすぎの形で、それは歯茎の炎症と歯痛にお勧めです。

その結果:緊張に対処するのに役立ちます。口腔内の炎症過程を取り除きます。

ローションや煎じ薬の圧縮は、傷、擦り傷、やけど、切り傷を治すのにも使われます。

注入は煎じ薬やお茶よりはるかに集中しているので、妊娠中の女性はそれらを正確に中に入れてはいけません。このツールは、歯茎の問題、上気道の疾患、または皮膚の問題のためのローションの形の洗浄剤として割り当てることができます。

材料:

  1. 干しHypericum - 小さじ1
  2. 水 - 200 ml

調理方法:芝生の上に沸騰したお湯を注ぎ、水浴中で10分間保持します。 20-30分を主張する。ひずみ

使い方:1日2〜3回口をすすいでください。

その結果:歯痛を和らげます。炎症や歯茎の出血を軽減します。

ご存知のように、この時期にはビタミンが不足しているため、一部の女性は肌、髪の毛、爪に美容上の問題があります。この注入は髪のリンスとして使用することができます - それは同時に毛包を強化し、髪に自然な輝きを戻す、それはあなたの赤ちゃんにとって絶対に安全でしょう。しかし、私たちはあなたの顔をhypericumで拭くことをお勧めしません - あなたの肌は現在色素沈着を起こしがちで、そして草は問題を悪化させるだけです。これは、大きな太陽活動がある暖かい季節には特に意味がありません。

覚えておくべきこと

  1. 妊娠中は、セントジョンズワートのようなハーブの使用は固く禁じられています。植物は子宮出血を引き起こし、流産を引き起こす可能性があります。
  2. この薬草からの資金(喉や口をすすぐ)の地元での使用は医師と調整するべきです。
  3. 妊娠中にあなたはローションを作ることができて、そして傷、かき傷と擦り傷のために圧縮します。煎じ薬や薬草注入を使って髪を洗うこともできます。
  4. 妊娠の最初の学期に、セントジョンズワートはどんな形でも禁忌です。

プロジェクトをサポートしてください - 私たちについて教えてください

正と負の特性

セイヨウオトギリソウの草や花には10〜13%のタンニンが含まれています。これらは天然の防腐剤であり、真菌でバクテリアを破壊します。同時にそれらはウイルスに対して無力です。タンニン以上に、セントジョンズの麦汁にはタールだけが使われています。中身は15〜17%に達することがあります。それは有機バイオレット染料アントシアニン(約5%)も含む。それが含まれているビタミンの:

  • ニコチン酸 - ビタミンPP、
  • アスコルビン酸 - ビタミンC、
  • バイオフラボノイド - ビタミンP、
  • カロチンはビタミンA誘導体です
  • トコフェロール - ビタミンE、
  • コリン - ビタミンB 4。

セントジョンズワートのミネラルと微量元素、おそらくキャベツとアロエのジュース以上のもの。だから、成体植物は豊かです:

  • カルシウム、
  • マグネシウム、
  • カリウム、
  • マンガン
  • 亜鉛
  • コバルト
  • モリブデン、
  • クロム
  • セレン、
  • アルミニウム、
  • ニッケル、
  • ストロンチウム
  • カドミウム、
  • リードする

したがって、セントジョンズの麦汁は、何を評価すべきかのためです。例えば、セレンは特定のホルモンの合成と毛嚢の健康に重要です。その間、それは植物の少数の単位で見つけられる(最も高い内容は薬用medunitsaにある)。しかし、このプラントには銅、鉛、さらにはストロンチウム - 重金属があり、その過剰量は大人と子供にとって致命的です。

したがって、セントジョンズワートによる治療を明確に扱うことはできません。一方では、その受信は体内の多くの代謝プロセスをデバッグするのに役立ち、実際には、妊娠中の女性や運動選手に必要なマルチビタミン複合体を置き換えます。一方、このような構成では、妊娠中にセントジョンズワートを飲めるかどうかという疑問に対する明確な答えはありません。

その中の重金属の濃度が少ない(それが一日の量の半分にさえ達しない)場合でも、それはどれだけ煎じ薬を消費しなければならないか、そしてコースがどれくらい続くかに依存します。さらに、そこにあるタンニンは、ストロンチウムとは異なり、かなり十分であり、それらの毒性の程度はそれほど低くはありません。

妊娠中の女性に対するセントジョンズワートの婦人科医によるレビューに、短期コースでの適度な使用を求める声が多く含まれていることは当然であり、絶対に必要な場合に限られます。

何が役に立つのか、そして禁忌の時

伝統的な薬は、セントジョンズの麦汁夜尿症、痔核、片頭痛、インフルエンザ、腎炎、胃潰瘍、心臓血管の病状、骨軟骨症、変形性関節症などの煎じ薬を使用して治療します。しかし、公的医療はその有効性のみを以下で確認しています。

  • 胆石症
  • 腎臓結石
  • 皮膚感染症(局所)
  • 関節の炎症過程(局所的)
  • 肝炎とは関係のない肝臓の病理
  • 呼吸器疾患
  • 心臓や血管の病気
  • 胃炎と腸の感染症。

最近、抗うつ薬の特性が植物で発見されました、そしてこの発見は科学者に属します、治療者に属しません。しかし、胃や腸の潰瘍、膵炎、そして悪性の病変の場合には服用を控えるのが実際には良いです。これらすべての場合において、もしあれば、その効果は最小限かつ短期間である。そのため、完全な治療に費やすことができる貴重な時間は失われます。他の薬草療法と同様に、セントジョンズワートはアレルギーのあるところでは使用すべきではありません。

また、妊娠初期(1学期)および授乳中のセントジョンズワートでは禁忌です。妊娠中期以降のセントジョンズワートを妊娠しているかどうかについての明確な答えはありません。

Hypericumの使用と処方

妊娠中のHypericumの受信は、以下の原則に基づいている必要があります。

  • ショートコース民間療法のコースの平均期間は約2週間ですが、ハンターの場合は、この期間は1週間に短縮する必要があります。 2週間以上前にレセプションを繰り返すことはできません。
  • 医師に相談してください。これは、ビタミンサプリメントとして「そんな風に」使うべき植物ではありません。その使用の可能性と必要性​​は先導産科婦人科医と以前に議論されるべきです。
  • 中程度の濃度Hypericumの高濃度の煎じ薬/注入を服用することをお勧めしない場合は、それほど強くない亜種でやめるのが良いでしょう。
  • 例外チンキ。あらゆるハーブ製剤の形としてのチンキ剤は常にアルコールで作られており、高用量の活性物質を含んでいます - これが滴に計量される理由です。妊娠中も良い解決策ではありません。
  • リスク回避重症の浮腫、流産の危険性、明るい中毒、出血などの合併症を伴う妊娠が進行している場合、セントジョンズワートやアルカロイド/タンニンが豊富な他のハーブを摂取することはできません。

hypericum自体に基づく薬の処方に関しては、この場合科学的に証明された(治療効果と副作用を含む)オプションを使用するのが良いです。

特徴Hypericumの濃縮物を受け取るために医者からの特別な指示がなければ、その使用の最も飽和されていないそして最もおいしそうな方法はお茶に加えることです。この飲み物は心地よい香り、強壮剤を持ち、口腔、鼻咽頭、食道、胃、腸、胆嚢、腎臓に対する免疫特性と抗炎症作用を強化します。

  • お茶大さじ、
  • デザートスプーンドライハーブオトギリソウ、
  • お湯のリットル。

  1. 熱湯でティーポットをいつものように加熱し、そこにお茶の大さじを注ぐ。
  2. 乾燥して細かく刻んだハーブを植物に加えます。
  3. 沸騰したお湯を注ぎ、10分間主張し、お茶のように飲む。

特徴このレシピは経口投与だけではありません。外部煎じ薬は、下部腸の炎症、肛門、生殖管の皮膚、膣の炎症のために、鎮痛剤および浣腸剤に使用することができる。彼らはまた15-20分暖かい湿布を課して、関節を治療することができます。得られたスープを中に持っていって、食事の30分前、朝と夕方、一日に二回あるべきです。

  • 乾いた草の大さじ1杯、または新鮮な植物の2倍の大きさ
  • お湯のガラス。

  1. エナメルを塗った皿に原料を注ぎ、お湯を一杯注ぎ、混ぜる。
  2. この皿を水でいっぱいにしたもっと大きい皿に入れ、最大の熱で大容量を沸騰させる。
  3. 熱を中程度に下げ、皿をふた付きのスープで覆い、15分間放置する。
  4. 火から下ろし、熱をかけます。
  5. 原料をブロスに絞り込み、温かいお湯でガラスの初期容量(必要に応じて)に持っていきます。

特徴この道具は食事の前に1日3回、3杯目を服用しなければなりません。扁桃炎や急性呼吸器感染症、口腔内 - 歯茎や粘膜の炎症のためのうがいにも適しています。

  • 乾燥大さじ2杯の新鮮な植物
  • 沸騰水200ml

  1. 必要ならばつぶして、そしてその上に沸騰したお湯を注ぎ、ティーカップにセントジョンズワートを注ぎなさい。
  2. ふたをして30分放置する。
  3. 草をこすり、結果として生じる注入にそれを絞る、混ぜる。

妊娠中の女性のためのHypericumは、オレガノ(オレガノとしてよく知られています)と「タンデム」でよく使われます。第一に、それらは組成、そしてそれ故薬用特性に多くの共通点があるからです。第二に、それらは互いの成分の吸収に寄与し、蠕動運動を活性化し、胆汁および消化液を排泄し、味覚を悪化させそして血流をスピードアップする。一言で言えば、彼らは通常の消化と代謝に必要なすべての効果を提供します。

ハーブ系抗うつ薬

セントジョンズワートには多くの長所があり、さらに深刻な病気でさえも治癒するのに役立ちます。特に抗うつ効果を提供するその能力のための草に感謝します。ドイツとアメリカで行われた多くの研究は、精神障害の治療における植物の有効性を十分に裏付けています。

妊娠中のHypericumの利点

あなたが妊娠中にセントジョンズワートを飲むことができるかどうかを理解する前に、あなたはこのハーブがそれほど有用である方法を理解する必要があります。薬草学者は、Hypericumの治療効果の全リストを引用しており、その中でも特に以下が顕著です。

  • コレラ効果植物は停滞に対処するのに役立ち、胆汁の正常な流れを提供します。 Hypericumはまた肝疾患の治療にも使用されます。
  • 麻酔特性妊娠中の母親はしばしば背中の痛みや不快感を経験します。これらすべての問題で、Hypericumの便利な外部使用法です。
  • 防腐効果があります。平野草は風邪から女性の身体を保護することができます。セントジョンズワートは防腐性と抗炎症性を持っています、それは病原性微生物を撃退することができます。したがって、植物を外部から施用すると、病気を予防するだけでなく、風邪にも効果があります。
  • 胃と腸の正常化。ハーブはニコチン酸を含んでいます。この物質は消化器系の活動を正常化するのを助けます。
  • 抗うつ効果経験的に、精神的な感情状態を改善するハーブの能力は確認されています。妊娠中の女性に対するセントジョンズワートは、処方薬よりもはるかに好ましいものです。彼は将来の母親が自信を持って快適に感じることを可能にし、彼女に必要な落ち着きを取り戻します。

妊娠中の有害な芝生は何ですか

そのような有用で自然な治療法は害を及ぼすことができますか?妊娠中の女性はしばしばハーブは人間にとって完全に安全であると信じています。これは非常に間違った意見です。最も強い毒は植物から正確に得られたということを思い出すだけでよい。医者は妊娠中の女性の体にhypericumの少なくとも2つの考えられる悪影響を警告します。

  1. 子宮頸部の「軟化」婦人科医は、出産のために子宮頸部を準備するためにハーブコレクションの一部としてセントジョンズワートを処方します。しかし妊娠の初めにこの特性は、特に女性が芝生にあまりに熱心であるならば、自然流産につながることができます。
  2. 胎児への悪影響。医者は最初の学期にセントジョンズワートの使用を強く勧めます。これは胎盤がまだ完全に形成されていない期間です。そして、有害物質から胎児を最大限に保護するためには、それは不可能です。この時期のハイパーカルシウムの使用が何につながるのかを確実に言うことは不可能です。結局のところ、妊娠中の女性に関する研究は行われていません。胎盤がすでに形成されており、毒素から体を保護する障壁として機能している場合、2〜3学期に薬を受け取ることははるかに危険です。

3絶対禁忌

妊娠中の女性がセントジョンズワートを服用することを完全に禁止されているというカテゴリー別禁忌があります。医師はそのような病状に苦しんでいる妊婦のためのハーブの使用を禁止しています。

  • アレルギーの傾向Hypericumベースの治療は強いアレルギー反応を引き起こすことがあります。
  • 高血圧草の組成は、圧力を高める物質を含みます。したがって、高血圧症では、それは厳密に禁忌です。特に注意が必要なのは、多くの女性が圧力の増大に直面している3学期です。
  • 重度の精神疾患うつ病を含むそのような病状では、自己治療は固く禁じられています。これは女性にとっても赤ちゃんにとっても危険です。

中絶プロパティ

時々女性は民間療法を使用して妊娠をやめることにする。特に、オレガノとオトギリソウの中絶の特性について知ること、そしてそれが最もよく使われるのはこれらのハーブです。婦人科医は、そのような中断のケースを分析して、女性に以下の重大な結果の発生について警告します。

  • 開発における病理学中絶の試みが失敗した場合、しばしば子供に深刻な病状が発生します。そして中絶がまだ可能であるときに伝統医学を委託するという決定は用語の省略をもたらします。
  • 女性の健康への脅威。 Hypericumは毒性があります。したがって、その高用量は患者にとって深刻な健康上の問題をはらんでいます。

医師の言うこと

聖ヨハネの麦汁が母親の体にとって危険であると断固として主張することは不可能です。医者は植物の不幸な性質を考えると、植物の危険性についての彼らの仮定を基礎としています。婦人科医は、特別な危険性が妊娠初期のセントジョンズワートであると主張しています。

しかし、時には医師自身が女性Hypericumusを処方します。ほとんどの場合、草は医療コレクションの一部として推奨されています。しかし、医者だけがこの植物を使うことの便宜を決めることができます。

したがって、医学の候補者である医師、Danaya Samoletovaは、憂鬱な状態ではセントジョンズワートは妊娠中の女性に処方される可能性があると主張しています。そして利点は明白です。結局のところ、植物材料はその化学物質よりも有害性が少ないです。

将来の母親のための4つの有効なレシピ

妊娠中の母親には医者しかできないセントジョンズの麦汁を任命する。しかし、外的煎じ薬やチンキ剤を使用することは全く問題ありません。屋外での使用では、個人の過敏性、脅迫性アレルギーを除き、実質的に禁忌はありません。

特徴このレシピは膀胱炎の不快な症状に直面している女性にお勧めです。

  • 針状犬ローズの根 - 10 g、
  • ゼンマイ草 - 10 g、
  • ローズヒップ - 10 g、
  • ヒペリカム - 10 g、
  • グラストリコロールスミレ - 10 g、
  • つくし草 - 10 g

  1. 部品は研磨されています。乾燥原料を混ぜる。
  2. コップ一杯の水の中に大さじ1杯のコレクションを注ぐ。
  3. 治療溶液を水浴中で約10分間煮沸する。
  4. 冷却媒体を濾過する。

申し込み方法ガラスの四分の一の上にスープを受け入れることをお勧めします。膀胱炎の重症度に応じて、1日4〜6回の投与が処方されています。

特徴Hypericumの注入は、皮膚の病状を治療するために使用することができます。それは小さな傷、ひび、切り傷、擦り傷そしてさらには火傷を癒すために使われます。水溶液は、のどの痛み、喉頭炎、咽頭炎などの病気でうがいをするために使用されます。圧縮剤の注入は沸騰に対処するのに役立ちます、皮膚が発疹。

  • St. John's Wort - 大さじ4杯、
  • 水 - 1リットル。

  1. 草を徹底的に挽く。
  2. 薬用原料に沸騰したお湯が注がれています。
  3. 混合物を約15〜20分間注入し、次いで濾過する。

申し込み方法喉頭疾患の場合は、このような輸液を1日5回までうがいをすることをお勧めします。この手順は口臭や問題のある歯に適応します。じんましん、化膿性創傷、皮膚炎、湿疹が起こるとき。このカットのためにガーゼは注入で湿らせて少し絞ります。患部に圧迫をかけ、30分から1時間保持します。にきびや脂肪が増加した場合、レビューで証明されているように、Hypericumの抽出物で肌を毎日こすると効果的です。

ローション剤

特徴妊娠中の女性にとって、虫刺されは非常に望ましくありません。確かに、出産の期間に、体は外部の攻撃的な影響に非常に敏感になります。したがって、通常の蚊に刺されても、ハチやオタマジャクシでさえ激しい反応を引き起こす可能性があります。痛みを伴うかゆみ、腫れや痛みに対処するには、次の煎じ薬を助けるでしょう。

  • St. John's wort - 小さじ1杯、
  • オークの樹皮 - 小さじ1杯、
  • ミント - 小さじ1杯、
  • 水 - 2杯。

  1. 生混合して冷たい水を注ぐ。
  2. 溶液を5分間煮沸する。
  3. 液体を冷却した後、それはよく濾過される。

申し込み方法受け取ったスープをローションの形で塗ることをお勧めします。湿った湿布は、傷の場所にかかります。ローションは定期的にスープで湿らされています。この処置は、痛みがおさまるまで15〜20分間行われ、そしてかゆみの感覚は減少しない。

寒さと気分のためのお茶

妊娠の終わりに出産のために子宮頸部を準備することはhypericumを加えてお茶を飲むのに許容されています。婦人科医のレビューによると、セントジョンズの麦汁を飲み物に加えると、子宮頸部が柔らかくなるだけでなく、免疫力が向上し、緊張や健康的な睡眠が低下します。そして追加の成分の導入により、草のプラス効果の数を高めることができます。

  • ローズヒップHypericumとワイルドローズのいくつかの果物を加えたお茶は、ビタミン欠乏との闘いにおける強力な予防手段です。この飲み物は効果的に風邪を予防し、心筋の機能を確立するのに役立ちます。
  • リンデンツリーセイヨウオトギリソウとリンデンの組み合わせは、栄養系の働きを正常化するのを助け、妊娠中の女性の精神情緒状態に良い効果をもたらします。シナノキを含むお茶は催眠作用があるため、不眠症の妊婦にはお勧めです。
  • レモンと蜂蜜。 Hypericumのシートと一緒にこれらのコンポーネントは、あなたが風邪なしで寒い冬でさえ耐えることを可能にします。結局のところ、蜂蜜とレモンはウイルスに対する戦闘機として認識されており、これも免疫システムを大いに強化します。

妊娠後期のHypericumは髪を強化するのに役立ちます。それは薬草の煎じ薬で少なくとも週に一度ストランドをすすぐことをお勧めします。これは球根を強化し、出産後の大量損失から髪を保護します。

Loading...