人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

新生児の糞便:その規範と病理

便秘の主な兆候は、2〜3日の間に排便行為がないことです。同時に、赤ちゃんは気分が悪くなり、落ち着きがなく、泡立ちます。便秘は必ずしも病気の兆候ではないので、親は急いで結論を出したり、子供をさまざまな方法で治療したりするべきではありません。それぞれの具体的な事件を個別に検討し、さらなる排除のために問題の原因を特定することが必要です。

便秘はいつ治療を必要としますか?

赤ちゃんの便がないという現象は、必ずしも病理学とは見なされません。問題の範囲を特定するには、子供の状態に焦点を合わせる必要があります。例えば、赤ちゃんが数日間椅子を持っていなくても、彼が元気に感じていて(常に活動していて十分な量を食べている)そして排便の行為が不安なしに起こるなら、治療を行う理由はありません。

もう一つのこと - 顕著な便秘。この場合、子供は不安で、腸の動きや足の間に泣いています。椅子の一貫性と頻度に注意を払う必要があります。新生児では、糞はどろどろで柔らかいはずです。最初の野菜食品の導入後、それは少し厚くなります。お粥、スープ、肉を食事に加えると、スツールはより装飾的で柔らかくなります。規範からの逸脱は、問題を解決するための緊急の行動を必要とします。

主な原因と便秘の種類

乳児の正常および適時の排尿の中断は、未熟および身体の機能系の発達不足によって引き起こされる一般的な現象です。この事実は、子供が急速に変化する自分の存在条件に完全に適応することを妨げます。幼児は彼が心配していると言うことができないので、問題の成功した解決策は両親の注意深さにかかっています。

便秘は解剖学的または機能的であり得る。 1つ目は大腸の領域における先天性欠損症の結果です。それらは生年月日から現れ、絶えず観察されています。最初の便遅れで、解剖学的病理は除外されるべきです。多くの場合、便秘には機能的なタイプがありますが、それは次のような理由で起こります。

  • 授乳中の母親のための特別な食事療法に従わなかった。
  • 子供の人工栄養への移行が速すぎる、混合物を変えている。
  • ミルクの不足は空腹のために便秘を引き起こす可能性があります。子供の体は牛乳を完全に消化するので、空にするものは何もありません。
  • 腸腔内に筋緊張がない。この選択肢を除外するには、神経内科医による検査が必要です。
  • 乳糖欠乏症
  • 子供の体の風邪と感染。
  • 水分不足。補給食品の導入中は、人工栄養と同様に、子供は適切な量の水を摂取する必要があります。
  • 補助食品の食事への早期導入。生産されたミルクの量の減少と異常な食物を消化するための腸の読みにくさが原因で、便の滞留が明らかになります。
  • 抗生物質薬の受け入れ抗生物質は腸内細菌叢を破壊し、それが椅子に問題を引き起こします。
  • 人工栄養では、牛乳に含まれるタンパク質にアレルギーがあることがあり、それが便の滞留を引き起こす可能性があります。
  • 心理的要因最も一般的な問題は母親からの分離です。

幼児の便秘

赤ちゃんは1日に少なくとも4回、そして1年後に - 2回空にされるべきです。母乳で育てられた乳児が1日1回空にされるならば、これは必ずしも病理学であるというわけではなく、特定のケースでは正常かもしれません。便秘の兆候:赤ちゃんは大便中に苦しみ、不安を示し、大声で叫びます。食物および睡眠障害の拒絶があるかもしれません。

便秘の理由は、身体の生理的混乱です。子供の消化器系はまだ形成されており、食物の全量を完全に消化することはできません。未消化の製品や体内からの毒素の排出が遅れる可能性があります。その結果、食べ物はゆっくりと腸に沿って移動し、便が蓄積して便秘を引き起こします。

幼児の便が遅れるのは、より普通と考えられています。通常、便秘の出現は、母親の母乳を飲んでいる子供が、母親が日中に消費した製品を摂取するという事実によるものです。

母親の食事療法に違反すると、子供に便秘を引き起こす可能性があります。女性は食事を見直し、便の遅れを引き起こす食品をメニューから削除する必要があります。

人工摂食による便秘

医学的基準によれば、人工授乳中の赤ちゃんの便が遅れることは、空にする過程が1日に1回未満しか起こらないときの状態であると考えられています。現代のほとんどの医者は、空にすることに問題があるときあなたが明確な枠組みに固執するべきではないと信じています。子供はそれほど頻繁に空にされないかもしれません、そしてこれは以下の状況の下で病理学的異常の徴候ではないでしょう:

  • 通常の発達、定期的な体重増加、優れた幸福感と眠り。
  • 糞は柔らかくそしてどろどろの黄色の粘稠度を有する。
  • 腸を空にすることは子供の多くの努力なしで、容易である。

1歳から1.5歳までの子供の便の問題の大部分のケースは、消化管の未熟さによって引き起こされます。これは危険な病理学の徴候ではありません。ガス形成の増加、膨満感の兆候、排便中の著しい緊張、不安がある場合は、直ちに可能な限りの援助を赤ちゃんに提供する必要があります。

便秘のときにすべきこと

すべての母親が子供に便秘の兆候があるときに何をすべきかを知っているわけではありません。最初に、問題の原因を特定する必要があります。母親の不適切な摂食が原因で椅子に問題が発生した場合は、食事を変更する必要があります。抗生物質を服用した後に便秘が発生した場合は、乳酸菌とビフィズス菌の助けを借りて腸内細菌叢を回復させる必要があります。

赤ん坊の便の保持が疝痛を伴う場合、それは彼の苦しみを軽減し、マッサージで腸の動きを刺激することが必要です。赤ちゃんの足を腹部に曲げ、腹部を時計回りにマッサージし、ガスを排出させる必要があります。赤ちゃんをお腹に効果的に乗せる。あなたの腹を彼の、穏やかで暖かいところに押してください、それは腸壁を弛緩させるでしょう。

便秘のための最善かつ効果的な救済策はたくさんの液体を飲むことです。特にボトル給餌されている子供たちのために、水分の消費において子供たちを制限する必要はありません。フェンネルティー、ディルウォーター、カモミールティーはスツールの保持力と疝痛を素早く取り除くのに役立ちます。

抜群のガス抜き用排便特殊チューブを刺激します。補完的な食品を導入せずに長期母乳育児を使用することにより、乳児の便秘を予防します。この場合、母親は自分の栄養を注意深く監視する必要があります。

保守的な治療

小児の便秘の治療の特徴は、小児科医と話し合う必要があります。赤ん坊に害を与え、彼の状態を悪化させることがあるので、あなたは自己瞑想してはいけません。

下剤は、極端な場合にのみ赤ちゃんに与えることができます。毒素に加えて、それらは子供の体からカリウムとタンパク質を取り除き、腸の緊張を低下させ、そして排便の過程を弱めます。

乳児の便秘の治療中、母親は絶えず食事を調整しなければなりません。タンパク質、小麦粉、コーヒー、お茶の消費量を減らす必要があります。これらの製品は新生児の椅子に問題を引き起こす可能性があります。人工授乳中の赤ちゃんは、成長する身体に役立つ大量の繊維を含む健康的なマッシュドフルーツや野菜の食事に含まれるべきです。乾燥したアプリコットやプルーンの煎じ薬、精製水をたくさん飲むの問題を解決するのに役立ちます。

薬物治療

上記の方法を適用しても結果が得られない場合は、特別なツールを使用することをお勧めします。

  • グリセリンキャンドル。最も安全な座薬、壊れやすい子供の体に最適です。緊急援助と共に使用されて、それを絶えず使用することは望ましくありません。
  • 乳糖治療効果的な下剤、腸内細菌叢の正常化のための栄養培地です。禁忌はなく、あらゆる年齢の子供に適しています。
  • 浣腸特別な場合にのみ使用され、使用前に小児科医と相談する必要があります。

赤ちゃんに薬を投与する前に、医師に相談する必要があることは注目に値します。彼は便秘の原因を見つけ、栄養の規則について助言しそして最もよい処置を規定する。

今日、薬理学的市場は幼児に処方されている多くの効果的な薬によって代表されています。最も求められているものの1つ - Duphalac。薬は彼の人生の最初の年から幼児に与えることができます。 6歳以上の子供にはForlaxを与えることができます。このツールは、原則と行動の有効性においてDufalakと同じです、それは中毒を引き起こさないので、それは長期間服用することができます。

便秘が腹部膨満および疝痛(通常2〜3ヵ月以内に観察される)によって引き起こされる場合、便貯留の治療は「駆風薬」を用いて行われるべきです。今日最も人気があるのは、Espumizan、Plantex、Bebikalmです。薬を選ぶときは、指示に示されている禁忌を考慮する必要があります。

下剤を使用する前に、小児科医に相談してください。便秘の出現の原因を突き止め、それを首尾よく除去するほうが、下剤を定期的に服用するよりもましです。さもなければ、病理学は長期の、慢性の形を獲得して、多くの問題を引き起こすかもしれません。

電力最適化

母乳育児中に赤ちゃんの便秘を治療するとき、ほとんどの場合、母乳の構成要素を正常化する必要があります。効果的な結果を得るためには、母親は、赤ちゃんの体が問題に対処するのに役立ついくつかの料理を食事に取り入れる必要があります。

  • 家禽肉
  • グリーンサラダ(パセリとディル)
  • 野菜スープ、
  • オートミールやそばのお粥
  • ゆでビート、
  • ケフィア、
  • ドライフルーツ(プルーンとドライアプリコット)。

赤ちゃんが人工栄養を吸収するのが難しい場合、両親は高品質の混合物を購入するように注意するべきです。肯定的な特性と消費者レビューは、Nutrilon、NanとNutrilakの乳児用調製粉乳を際立たせています。腸との問題を回避するために、混合物を服用した後、子供に水を飲ませるべきです。推奨される毎日の摂取量は、赤ちゃんの生涯の毎月10mlです。

新生児および病理学における便の割合

新生児の最初の便は胎便と呼ばれます。

子供たちが無菌の腸で生まれていることは誰もが知っています。母親の子宮の中に便はありませんが、赤ちゃんが成長するにつれて(特に妊娠の第3学期に)、彼は徐々に水を飲み込むので、いわゆる胎便が彼の腸に蓄積し始めます。色が濃く、ほとんど無臭です。

通常、胎便は出生後の最初の数日で子供の腸から出ます。出産中に合併症があった場合、これは子宮内で腸の動きを引き起こす可能性があります。胎便は病理学の徴候である濃い緑色で水を塗る。

新生児の糞便は、生後2〜3日で現れます。しかし、場合によっては、子供は最大1週間椅子を持っていないかもしれません。これは初乳がほぼ完全に吸収され、母親からの本格的な牛乳がすぐに現れないという事実によるものです。スラグは子供の腸内に蓄積することはありません。これが赤ちゃんを悩ませないのであれば、そのような椅子は普通と考えられます。

小さな子供が母乳だけを食べ、そして彼の腸がちょうどそれ自身のミクロフローラを獲得し始めているので、新生児の椅子はいくつかの重要な特徴を持っています:

  • 椅子の色は、最初の数週間は黄緑色でも、黄色だけでもかまいません。まず、緑がかった便は、胎便が残っているというサインです。これは規範からの逸脱ではありません、そして子供が気にしなくて、そして彼が普通に食べるなら親に心配を引き起こすべきではありません。
  • 香りは酸っぱいでなければなりません、それはまた規範と見なされます。不十分に形成されたミクロフローラによる異常な臭気原則として、それは酸っぱい牛乳の香りです。
  • 椅子の周波数は個別に決定されます。生まれたばかりの赤ちゃんは、食事の後、つまり1日に8〜10回、腸を空にすることができます。赤ちゃんの体重が正常なままで、腹痛や膨満感に苦しんでいない場合、これは正常と見なされます。
  • 子供が1日に1回だけ便を持っているが、それは普通で、太すぎず、そして子供が普通に食べるならば、これも病理学ではありません。ただし、1日1回未満の便は便秘と見なされます。
  • 人生の最初の数ヶ月の一貫性はペースト状であるべきです。便が太すぎたり水っぽい場合は、小児科医に相談してください。

新生児の排便速度は個人によって異なり、子供の体だけでなく栄養(母乳や粉ミルク)によっても異なるため、混合物を給餌するときは、新しい食品に慣れるときの適応期間を考慮して混合物を慎重に選択する必要があります。

危険な兆候、合併症および予防

糞便の色や濃度が変わりましたか? - 私は医者が必要です!

子供が落ち着きなく行動し始めたら、あなたは彼の椅子に注意を払う必要があります。違反は、多くの場合、HBの母体栄養またはその他の修正可能な要因によって引き起こされます。

しかし、この場合でさえ、子供の正常な睡眠と摂食を妨げる合併症、例えば、子宮内膜症、鼓腸、疝痛がある可能性があります。重度の消化器疾患が観察された場合、合併症はより世界的になる可能性があります。

時間内に病理に気づくためには、両親は憂慮すべき症状に注意を払う必要があります。

  1. 漂白チェア原則として、白い糞便は肝臓の侵害を示します。黄疸や肝炎などの深刻な病気である可能性があります。白い糞が出たときは、子供を医者に見せる必要があります。
  2. 泡のある椅子小児がやや頻繁に便があり、泡立ち、ガスが急速に蓄積する場合、それは彼がラクターゼ欠乏症を有する可能性が高いです。この病理は未熟児によく見られます。
  3. 緑の椅子これは必ずしも病理学ではありません。人生の最初の週に、子供は緑がかった便を持つことがあります。また、補助食品を導入すると「緑色」が表示されます。しかし、便が著しく緑色の液体で、塊がその中に見えている場合、これらは腸の邪魔をしている兆候です。
  4. 子供の激しい腹痛。あなたが腸に問題があるならば、子供はそれについて知らせます。彼はしばしば泣き、胸を切るのを拒否し、下手に眠ります。胃が腫れることがあります。おなかに触れると、赤ちゃんは激しく叫び始めます。
  5. 体重減少と食欲不振人生の最初の数ヶ月の間に子供は急速に体重が増えています。体重増加がない場合、それは病理学の徴候です。おそらくその理由は母乳の欠如にあります。

子供の腸の問題を避けるために、HBの母親は慎重に彼女の食事療法を監視する必要があります。覚えておく価値があるのは、どんな薬、調味料、防腐剤も牛乳と一緒に赤ちゃんに届けられるということです。常に新生児の消化器系がそれらに対処できるわけではありません。

また、子供を胸から人工栄養に移すことを急がないでください。これが必要な場合は、赤ちゃんの体の個々の特性を考慮して、価格ではなく組成によって混合物を選択する必要があります。かなり頻繁に、混合物は合いません、それは適切なものが見つかる前に、それは数回変更されなければなりません。

新生児の便秘:原因と治療

腸の病気や異常な食事は赤ちゃんの便秘を引き起こす可能性があります。

小さな子供では、便秘は1日以上椅子がないことと見なされます。場合によっては、便秘が非常に強いために子供が自分で腸を空にすることができません。我々は浣腸を使うことに頼らなければなりません。

彼らは子供の肛門裂傷につながる可能性があるため、長期的な便秘は避けるべきです。糞便が乾燥して濃い場合、子供は肛門部に発赤や刺激を感じます。

この状態の原因は異なるかもしれませんが、ほとんどの場合それらは食事療法にあります。赤ちゃんが母乳育児をされている場合、母親はあなたの食事療法に注意を払うべきです。子供が混合物を食べるなら、あなたはそれらの構成を見る必要があります。

一般に、新生児の便秘はめったに発生しないため、重篤な病状についてはほとんど議論されていません。

それでも赤ちゃんが便に問題を抱えている場合、医師は以下の治療法を勧めます。

  • 下剤。強い下剤は、腹痛を引き起こすので、子供に与えてはいけません。医者は出生からのラクツロースに基づいて赤ちゃんノルマセを産むことを勧めます。これはあなたが定期的にあなたの腸を空にすることを可能にする軽い下剤です。ただし、膨満感などの副作用があります。
  • ろうそくや浣腸。 Существуют детские глицериновые свечи, микроклизмы Микролакс, которые можно использовать при лечении новорожденных, но при частом применении они также могут вызвать раздражение кишечника.
  • Изменение рациона питания. При ГВ маме нужно отказаться от большого количества мучного, сладкого, есть больше свежих овощей и фруктов (но не экзотических и не цитрусовых).
  • Переход на другую смесь. いくつかのケースでは、医者は椅子を正常化させるためにサワーミルク処方に子供を移すことを勧めます。
  • 飲酒モードを変更します。赤ちゃんは母乳から液体を得ますが、何人かの小児科医はそれを飲むことがまだ必要であると信じています。これは脱水を防ぎ、消化プロセスを改善します。

子供のスツールについての詳細はビデオで見つけることができます:

治療を始める前に、その方法が安全であることを確認しなければなりません。あなたはいつも水の浣腸のような道具を使うことはできません。彼らは腸を刺激するだけでなく、有益な微生物叢も洗い流します。

また、子供が椅子に問題がないことを確認する必要があります。椅子が1日だけでない場合は、待って新生児の状態を見ることができます。 2〜3日以上便がない場合は、腸閉塞になる可能性があるため、医師に相談する必要があります。

新生児における下痢:原因と治療

下痢は、頻繁で流動性のある便に現れるそれ自身を示す腸疾患です

下痢は新生児が大量の水分を失うため、下痢は子供にとって危険です。しかし、最初に、母親は下痢と通常の乳児の便を区別する方法を学ぶ必要があります。

人生の最初の数ヶ月では、便は水っぽいです、そしてこれは完全に正常です。それはペーストまたは粥黄色または緑がかったように見えます。このような椅子は1日に5〜7回繰り返されるため、下痢とは見なされません。子供が気にしないのであれば治療は必要ありません。

下痢は便が異常に液体である状態であり、不快な臭いを伴い、頻繁に、糞の量が増加する。

この状態の原因は次のとおりです。

  1. 個々の製品の不耐症母乳で育てると、母親が食べるものに反応する可能性があるので、女性は食事を見ながら新しい食事を徐々に食事に取り入れる必要があります。
  2. 衛生規則に違反している。腸管障害の原因は、洗浄が不十分な瓶、乳首、または個人衛生の遵守違反である可能性があります。毎回の授乳の前に、女性は胸を洗うことをお勧めします。
  3. 感染母親や他の感染源から赤ちゃんに感染する可能性のある腸や他の感染症は、下痢を引き起こす可能性があります。この場合、発熱、皮膚反応などの他の症状があります。
  4. 歯が生える。赤ちゃんが歯を切り始めた場合、彼は緩い便、または熱を持っている可能性があります。子供は白くなり、よく眠れずに食べます。
  5. いくつかの薬の副作用特定の薬(抗生物質など)を服用すると、細菌異化症、腸の不調、下痢を引き起こします。

治療法は下痢の原因によって異なります。まず第一に、医者は母親の食べ物を変えること、ラクトースフリーに混合物を変えることなどを勧めます。これが助けにならないならば、薬は下痢を止めるために処方されます、そして、電解質バランスを回復するための手段(Regidron)。

ハーブや煎じ薬は子供に深刻なアレルギーを引き起こす可能性があるので、あなたは伝統的な薬に頼るべきではありません。

下痢に加えて、子供が熱、青白い肌、その他の不快な症状を抱えている場合は、医療援助を受けることが不可欠です。この場合、自己瞑想するのは危険です。

幼児の便秘を認識するには?

最初に、子供が一日に何回椅子を持っているか、その一貫性、色、腸を空にするのが簡単かどうか、そしてこのプロセスが子供に不快感を与えないかどうかに注意を払う必要があります。

1歳までの子供の1日当たりの排便回数は、月ごとに徐々に減少します。そして新生児が1日に4〜10回腸を空にした場合、その年までに1日に1回椅子が生理的基準と見なされます。

しかし、毎日の排便でさえ必ずしも乳児の便秘を示すわけではありません - この場合の治療は必ずしも必要ではありません。

幼児の糞便は柔らかく、生後1ヶ月の子供はふくよかで、年長の子供はソーセージの形で装飾されています。

腸の動きの色は子供が食べる食物によって異なります。新生児では、それらは黄色であり、そして補完的な食品が導入されるにつれて、それらは明から暗褐色までの色を獲得する。

赤ちゃんが腸を空にする方法も重要です。通常、彼はあまり緊張せずに簡単にそれを行うべきで、心配して泣くべきではありません。

幼児に便秘があると、椅子の特性が変わります。

両親が警報を鳴らす必要があるという主な基準は、不安、泣き、食べることの拒絶、睡眠不足、鼓脹、そして時には嘔吐を伴う、1日1回未満の乳児用の椅子です。同時に、糞便は密集しており、排便は困難です。

すでに便秘があり、あなたは行動を起こす必要があります。しかし、どのようにして乳児の便秘を解消するかは別の問題です。

多くの親は子供がもっぱら母のミルクを食べるならば、彼は便遅れを持つことができないと信じます。残念ながら、そうではありません。母乳育児中の新生児の便秘のように、1ヶ月を超える子供を母乳育児する場合の便秘は、決して珍しいことではありません。そしてこれには常に理由があります。

幼児の便秘の原因は何ですか?

  1. 結腸の解剖学的欠陥より多くの場合、それはドリコシグマおよびヒルシュスプルング病です。この理由で、有名な医者Komarovsky便秘は幼児では非常にまれですが、これらの欠陥は器質性便秘を引き起こします。このような深刻な状況は、特に母乳育児中に新生児に便秘が発生した場合には、常に除外する必要があります。
  2. 母親の不適切な栄養。この要因は母乳育児中にしばしば便秘を引き起こします。赤ちゃん用の椅子は、肉、白パン、ナッツ、バナナ、米、牛乳、コーヒー、紅茶、ココアで固定されています。授乳中の母親が定期的にこれらの食物を食べている場合、乳児の母乳育児中の便秘は確実に起こります。
  3. 子供が摂取する液体の量が不十分です。この要素は、人工栄養中に便秘がある場合に特に関係があります。
  4. 補助食品の早期導入乳児の消化管は、特に生後1ヶ月の間は、牛乳の消化によく適しており、他の製品にはうまく対応できません。そのため、期間外に補給食品を摂取した後の乳児の便秘は当然の結果であり、母乳育児の専門家は一般に、最大6か月以内の唯一の離乳食であるべきだと主張しています。
  5. 母乳育児から混合物へ、またはある混合物から別の混合物への乳児の急激な移動。子供が若いほど、このため便秘になることが多くなります。
  6. 食物繊維の摂取量が足りない。この原因は、補助食品の導入後に便秘を引き起こす可能性があります。多くの場合、子供は野菜や果物のピューレを拒否し、食物繊維が不足しています。そして不十分な水の摂取量と組み合わせると、これは不規則な腸の動きを引き起こす可能性があります。
  7. 抗生物質の使用時にはそれらが肺炎や化膿性中耳炎などの深刻な病気を治療する唯一の方法です。それから抗生物質の後の便秘は、治療中に起こる腸内細菌叢症の症状の1つになります。
  8. 便秘の心理的な原因。たいていの場合、これは母親からの強制的な別居です。潜在意識レベルでの赤ちゃんの経験は、遅れた便によって外的に明らかにされます。
  9. 母からのミルクの不足。この場合、乳児にはいわゆる空腹便秘があります。子供が吸うものはすべて「最後の分子まで」完全に吸収されるので、腸は単に排泄するものが何もありません。

乳児における便秘の上記の原因のすべては、最初のものを除いて、健康な腸の背景で排便の遅延を引き起こし、そこでは機能のみが損なわれている。したがって、このような便秘は機能的と呼ばれます。

インターネットでよく知られている小児科医のKomarovskyの赤ちゃんの機能性便秘では、主なタイプの便貯留が考慮されています。

それは腸壁の調子の違反に基づいています - atonyまたはけいれん、それは糞便の形によって決定されることができます。

痙攣性便秘およびアトニック性便秘

無緊張性便秘では、腸の緊張が軽減され、糞の最初の部分は非常に密集していて、直径が大きく、そして非常に困難で苦痛を感じます。それに続く糞は膨大でしばしばどろどろです。

痙攣性便秘は、腸のけいれんに直面して便が遅れることです。それは一般に羊の糞便中に現れ、それもまた一般的に濃いので、子供は排便中に痛みを経験するかもしれません。さらに、けいれんはしばしば腸の腫脹を伴います。

けいれんとatonyの違いを理解することは両親がそれぞれの場合に正しく行動するのを助けます。

幼児の便秘を治療する方法?

先に進む前に、赤ちゃんに便秘がある理由を理解し、原因を取り除いてください。

食事の誤りの「過失」の場合は、それはその文字を変更するのに十分であり、そして便秘は自分で通過します。

抗生物質療法の後に便の滞留が起こると、腸内細菌叢が回復する可能性が最も高いです。したがって、便秘のためのビフィドバクテリンまたはラクトバクテリンは、状況を修正することができます。

嚥下障害を背景とした乳児の便秘に対する有効性およびアジポールは劣らず有効である。

両親が幼児の椅子痙攣性便秘の形状を決定した場合 - どのように子供を助けるために?あなたは時計回りの方向におなかの軽いストロークのマッサージをするか、それに暖かいおむつを置くか、または単に彼を赤ちゃんに抱かせることができます。母親の体の暖かさが赤ちゃんを落ち着かせ、腸をリラックスさせます。

アトニック便秘が赤ちゃんに発生した場合 - どのようにそれを治療するのですか?それはマッサージを刺激するのを助け、それに続いて赤ちゃんを胃の上に置きます。

子供の足をおなかのところに持ってくるような、このような単純な運動もまた、腸を機能させます。

先天性腸管異常の背景に便秘がいつ起こるかを両親が理解するのははるかに困難です。それから椅子の遅れは頑固であり、そして私達は医者とどのように便秘で赤ちゃんを助けるかを決めなければなりません。これらのほとんどの場合、問題は外科的にしか解決できません。

幼児の便秘のための薬

便が遅れる、特に授乳中の乳児が便秘になった場合は、薬の下剤をすぐに飲まないでください。他の方法で効果がない場合は、予備として使用してください。

授乳中の便秘の薬物治療は、人工または混合飼料と同じです。

人生の最初の年の子供たちへの刺激性の下剤はすべて禁忌です。食塩水浸透圧性下剤にも同じことが当てはまります。浣腸は望ましくなく、最後の手段としてのみです。

それでは、特に何から選択しなくても、乳児の便秘にどう対処するか?

生後1年目の子供に害を与えることなく使用できる唯一のものは、ラクチュロースを含む薬、例えばデュパラックシロップです。

便秘のためのこの治療法 - 母乳育児の時、女性自身でさえ必要ならそれを使用することができます - 赤ちゃんには絶対に無害です。それは穏やかに行動し、腸に慣れません。推奨単回投与量 - 5ミリリットル。

乳児コマロフスキーで便秘を治療するために少し異なる申し出があります。彼は1mlから始めて、スツールの原因となる量まで徐々にデュパラックの量を増やしていくよう勧めます。

6か月以上の子供たちのために、もう一つの穏やかな下剤 - forlaxがあります。デュパラックのように、彼は中毒性がなく、長期間使用することができます。

幼児のための便秘からの安全なそしてグリセリンの蝋燭。しかし、軽度の下剤でさえも問題を解決することがシステムに入るべきではないことを私たちは覚えておかなければなりません。便遅延の理由を探し、それを排除することが必要です。

そして、民間療法で幼児の便秘を治療することが可能であるかどうかについてのいくつかの単語 - 何をすべきか - しかし、それは民俗方法の支持者 - しないほうがよい - 。

一部の母親は、便を誘発するために、直腸に石鹸を一枚挿入するか、石鹸水で浣腸をします。これをする前に、どんな石鹸でもアルカリが含まれていることを学校化学コースから思い出してください。アルカリは粘膜を刺激して燃やし、やけどをさせます。

たぶん、この治療は幼児の便秘を取り除くでしょう、しかしこれはあまりにも危険です。

もう1つの一般的な方法は、綿棒で直腸を刺激することです。この部分は子供にとって非常に繊細なので、簡単に怪我をする可能性があります。神が禁じられて、粘膜を傷つけるならば、それから椅子の遅れからの不快感に加えて、子供は排便の間​​に痛みもするでしょう。

そして、そのような方法による幼児の便秘の治療は完全に排除するのではなく、排便を刺激するだけです。

したがって、何かをする前に、彼に危害を加えることなく、どのようにして乳児の便秘を治すかについて慎重に考えてください。結局のところ、この問題は完全に文明化された方法で効果的に対処することができます。

乳児の排便速度

1年までの子供のための1日あたりの腸の動きの数は、食物の種類と年齢によって異なります。どんな子供でも腸の動きに問題があるかどうかを判断することができるという規範の普遍的な指標はありません。

人生の最初の数日で、新生児は胎便と呼ばれる元の糞を発します。消化された腸細胞、羊水、粘液、胆汁、水です。胎便は濃い緑​​色または黒色で粘性があり粘り気がある。この間の乳児の1日当たりの排便回数は1〜3です。

その後の時間で、赤ちゃん用の椅子は選択された摂食の種類(胸部、混合または人工)に応じて変わり、補助食品の導入まで持続します。
もっぱら母乳で育てると、赤ちゃんのスツールには次のような特徴があります。

  • 液体ペースト状の濃度
  • 黄色または茶色がかった色合いの黄色
  • 消化されたミルクのわずかな酸味
  • 各子供の排便回数(1日8回から3〜5日に1回)

重要:排便の頻度は、出生後最初の数週間の子供で最も高く、1日に5〜8回に達することがあります。子供が成長するにつれて、毎日の排便回数は1〜3回に減少します。


人工飼料または混合飼料の場合、一般的に椅子は濃い粘稠度、不快な匂い、および暗い色に近い茶色になります。この場合、腸の動きは少なくとも1日1回起こるはずです。そうでなければ、乳児に便秘があると考えられます。

補給栄養の期間中、乳児の糞便質量は徐々に変化し、成人の糞便に似た状態になり始めます。それらは装飾され、色が褐色になり、濃厚な食感および特有の臭いがする。

幼児の便秘を示す症状は何ですか?

1歳までの子供、特に新生児の生き方、栄養、そして生物全体は、大人と比べて大きな違いがあります。これに関して、胃腸管の働きを含む、健康状態におけるあらゆる違反の評価は、年齢および生理学的特徴を考慮して行われる。例えば、成人の排便行為の後、不十分な排便の感覚が残るか、または3日間便が完全にない場合、これらの徴候は明らかに便秘の発症を示す。母乳だけを栄養として摂取している乳児の間、3〜5日間は糞便がないのが普通の変種です。

一部の子供における腸内作用のこの特徴は、母乳の高度の消化性、およびその結果として、未消化残留物の最小形成、排便への衝動の出現には不十分なことによる。この場合、子供の腸の動きは必要量の糞便が蓄積した後に起こります。

乳児の便秘の主な兆候には、2〜3日以上連続して便がいっぱいにならないことが含まれます。これには、さらに次の症状のうちの1つまたはいくつかが伴います。

  • ごく一部の糞の割り当ては非常に堅実な一貫性
  • 不安、気分、頻繁な泣き声、
  • 食欲不振
  • 遅延体重増加、
  • 顔面の発赤および摂食時の足の圧迫、
  • 腸を空にしようとすると強い緊張感、泣き声と不安。

重要:あなたの赤ちゃんが母乳で育てられている場合、行動の変化、体調不良または気分を伴わないまれな腸の動きがあり、その後、それらは乳児の便秘の症状ではありません。

1歳未満の子供の便秘の原因

乳児における排便困難の出現は、さまざまな理由によって引き起こされます。小児の便秘は断続的にまたは絶えず現れることがあります。ほとんどの場合、食事療法の問題による排便の定期的な遅れ、腸の崩壊につながります。乳児の慢性便秘の原因は、神経系の深刻な病状、結腸の先天性奇形、その他の要因です。また、1歳未満の小児における不規則な便は、特定の年齢における胃腸管の構造の生理的特徴と関連している可能性があります。

栄養に関連した1歳未満の小児における便秘の原因

Самыми распространенными причинами запоров у грудничков являются нарушения в питании. Задержка стула при этом носит временный характер, и после устранения проблемы нормальная работа кишечника восстанавливается сама собой.
К таким причинам относятся:

  • изменение привычного питания (переход с грудного молока на смесь или замена молочной смеси),
  • フォーミュラで育てられた乳児には不適切な処方
  • 母親の不適切な授乳。便の固まりに寄与する、またはガスの生成を増加させる原因となる多くの製品(米、白パン、マフィン、紅茶、清涼飲料水、脂肪分の多い肉、全乳、キャベツ、豆類など)を含む。
  • 赤ちゃんの消化管がまだ提供されている新しい食品を消化する準備ができていないとき、補完的な食品の導入が早すぎる、
  • 赤ちゃんの体に入る水分量が足りない
  • 幼児の便秘を引き起こす補完的な食品の導入中に赤ちゃんの食事中の高含有量。

重要:通常、ほとんどの乳児に補助食品を導入した結果、便は正常化し、規則的になります。これは主に、赤ちゃんの体に植物繊維を多く含む野菜や果物の摂取が開始されたためです。

1歳未満の子供に便秘を引き起こす病気

不規則な便または乳児におけるその長期間の欠如は、いくつかの病理学的状態と関連している可能性がある。その中には:

  • 腸発生の先天異常、
  • 重度の妊娠または出生過程に起因する神経系の障害
  • ラクターゼ欠乏症
  • 甲状腺機能低下症
  • くる病
  • 副甲状腺機能亢進症、
  • 糖尿病など

新生児の便秘を引き起こす先天性腸異常の頻度は約5%です。同時に、腸の動きの慢性的な遅れは徐々に発達し、子供が成長するにつれて進行します。

腸管構造の欠陥のために含まれます:

  • 壁の直径と厚さを変えることなく(Lolichosigma)、または内腔を拡張し腸壁を厚くする(Megadolichosigma)S状結腸を長くする。
  • ヒルシュスプルング病 - 結腸の個々の断片の神経支配の侵害。そのため、患部は常に痙性状態にある。
  • 肛門の狭窄または欠如
  • コロンダブリング、
  • 腸憩室。

重要:小児が腸の発達または他の重篤な疾患の先天性異常に腸の動きの長期欠如を伴う場合、便秘はそのような病状の唯一の症状ではありません。

幼児の便秘につながるその他の原因

排便の遅延として現れる乳児の腸の崩壊は、特定の誘発要因の作用下で定期的に発生する可能性があります。これらが含まれます:

  • 薬(抗生物質、鎮痙剤、鉄剤など)
  • 高温(感染症など)
  • 歯が生える期間
  • 動きがない、
  • アレルギー反応
  • 心理的な理由による腸の動きの意識的な遅れ。

推奨事項:乳児にいすが長時間欠席している場合は、小児科医にその子供を紹介する必要があります。彼だけが腸の働きのそのような変化の原因を決定して、そのような状態が規範または病理学の異形であるかどうかを立証することができるでしょう。

乳児の便秘をどうするかについて、この記事で説明しました。

幼児の便秘は何ですか?

便秘 - これは、強制的な緊張、年齢のリズムの減速、および腸の避難機能の侵害に起因する排便行為の困難に関連する大腸の排出の完全な欠如または遅延である。
同時に、赤ちゃんの不安、食べることの拒否、腸内の逆流およびガスの蓄積がよく見られます。
したがって、乳児の腸管運動の通常の回数は、1日に8回から3日に1回までです。
同時に、母乳育児中は椅子が数日間欠席する可能性があることを知っておく必要があります。これは提供される病理学とは見なされません この現象は何ですか:
•赤ちゃんに不安を引き起こさない。
•ガスが活発に流れている
•赤ちゃんはよく体重を増やしています
•排泄物が大量にあり、腐敗臭がありません。
•赤ちゃんは十分な尿を放出します。
母乳育児時にも概念があります 空腹便秘 - 母親からのミルクの量が不十分なため、すべての食物が腸内で完全に吸収され、スツールは椅子を形成するのに十分ではありません。母親は牛乳の量を徐々に減らしながら、この便秘は気まずさや子供の泣き声、不十分な体重増加と尿量を伴います。
空腹時の便秘を発症する可能性が最小限でもある場合は、地元の小児科医に連絡し、1回限りの授乳のための牛乳の量を明らかにし、そして軟化症の原因を取り除くための計量テストを実施する必要があります。

母乳育児中に便が遅れる原因

母乳育児中の便秘の主な原因はいくつかあります:この病状の主な種類:

1.授乳中の母親の栄養の誤り - 母乳で育てられた赤ちゃんが一定の排泄量を持ち、便が濃い食感を持つ場合、母親は食事に注意を払い、便秘を引き起こす可能性のある食べ物をすべて排除します。脂肪の多い魚や肉、チーズ、コーヒー、熟したバナナ、ピーナッツ、濃い紅茶。
2.授乳中の母親は、絶えず服用する必要がある薬に注意を払う必要があります:鉄サプリメント、しかしSHPA、利尿薬、胃炎治療。
赤ちゃんが発酵症またはラクターゼ欠乏症を抱えている間、糖分(乳糖)と脂肪による母乳の高飽和。
大腸の奇形:ヒルシュスプルング病、メガドリコシグマ、メガレクタム、直腸肛門狭窄症および大腸神経支配の異常な発達に関連する疾患
5.心理的便秘 - 幼児期の乳児では、不適切な離乳または母親からの離脱を背景にして発生することがよくあります。
人工授乳への乳児の急激な移行 - 低カララクシアの間の補助栄養の正しい導入。
7.補助食品の誤った導入。
乳児における口臭症。

不適切な摂食を伴う便秘

補助食品の導入が遅れるのは、幼児によく見られます。これは新しい食べ物を消化するのが難しいためです。
便秘の最も一般的な原因は次のとおりです。
•補助食品の早期導入
•すぐに大量の新しい料理を受け取る。
•全乳の早期導入
•肉料理や脂肪分の多い食品の食事の過剰
•不十分な飲酒体制。
したがって、あなたは補助食品の導入の基本原則に従う必要があります。
•年齢の規範と量の遵守
•徐々に増加する新製品の最小量
•補助食品の適切な調製 - 均質、ピューレ、半液体、
•子供の強制給餌を排除する。
•すべての料理は作りたてで熱の形で赤ちゃんに提供されなければなりません。
•便秘を含む、新製品の食事への導入後に赤ちゃんの健康状態が変化した場合は、製品をキャンセルして消化が正常化するのを待つ必要があります。

病気のしるしとしての乳児の便秘

ほとんどの場合、新生児や乳児の持続的な便秘が発生します。
・ラクターゼ欠乏症、発酵症および細菌異化症を背景とした、未熟な消化不良および消化器系の不十分な分化。
消化管の先天異常
•神経系の病理学において
乳児の大腸炎
•重度の不安や排泄障害を伴う泣き声を伴う遅発性の便の場合、腸の急性陥入を除外することはできません。

便秘の原因の診断

あなたは便の滞留の適切な治療法が便秘の原因を明らかにし、排除することにかかっていることを知っている必要があります。これを行うには、タイムリーに専門家に相談する必要があります。
•病気の愁訴や既往歴の綿密な収集、妊娠経過の明確化、摂食、
•一般的な臨床血液検査および尿検査
コプログラム
・糞便性病原体および疫病の播種
腹部臓器の超音波
•生化学的血液検査(肝臓検査および腎臓検査)。
乳児の便秘は、ほとんどの場合、栄養失調、不適切な飲酒療法および身体活動の結果であり、その治療は乳児の食事療法の修正から始めなければなりません。

小児科医Sazonova Olga Ivanovna

赤ちゃんの写真で遅れの椅子




子供、彼らの生活、育成、発達についての他の記事を読んでください。

あなたが記事 - 赤ちゃんの椅子の遅れが好きなら、あなたはレビューを残すか、ソーシャルネットワーク上でそれについて話すことができます。

あなたのために特別に書かれた他の記事も参照してください。


赤ちゃんと一緒に笑顔を! 🙂

幼児の便秘 ママのための最もエキサイティングなトピックの一つ。誰もがパン粉の中に便がないという問題に遭遇したことはめったにありません。通常、乳児の便秘は2〜3週齢で始まり、それらは消化管の機能的未熟性と関連しており、通常乳児の疝痛の出現と同時に起こります。このような便秘は、赤ちゃんが活発に動き始めると、約7ヶ月で消えます。赤ちゃんに便秘があり、助けが必要な時期、および心配する価値がない時期を判断する方法

まず、「規範」の概念を取り上げましょう。新生児の場合、1日1〜8回の「大」来院が標準と考えられており、それらが6ヶ月に達すると、便の頻度は平均1〜3回になります。しかし、1年以上経過した子供の場合、便秘が1日を超えて独立した椅子が存在しないと見なされる場合、乳児の場合、日中に便通がないことが必ずしも便秘を示すわけではありません。母乳で育てられた赤ちゃんは母親の母乳を完全に吸収することができます、そして、腸の動きの頻度はそれらの中で広く変わることができます。

幼児の便秘。これはおそらく頻度の問題ではなく、議長の統一性の問題です。通常、幼児の便はペースト状の濃さと黄緑色をしています。赤ちゃんが粉ミルクを食べると、便は太くなり、腸の動きの頻度は通常それほど頻繁になりません。また、焦点は赤ちゃんの行動にあるべきです。通常、赤ん坊は硬くなりすぎず、泣いて糞便をしても心配しないでください。赤ちゃんから椅子がないことが、母親ではなく、母親であることをより心配している場合は、何もしないでください。外国人作家は、母乳育児のピップスークは、それが発育と成長に影響を与えないのであれば、一貫性と頻度を問わずスツールする権利があると信じています。

椅子がないと赤ちゃんが落ち着かない場合。そしてそれは非常に困難です、それは便秘と見なすことができます。便秘のどんな頻度でも(大人のように)パン粉の中に濃い装飾が施されたスツールも便秘になっています。この状態はあなたの助けを必要とします。

幼児の便秘 ほとんどの場合、それは機能的なものです(ほぼ90%)。しかし、乳児に便が定期的に欠如していると、重篤な疾患(嚢胞性線維症、ヒルシュスプルング病、くる病、甲状腺機能低下症)が現れることがあります。したがって、便秘が定期的な場合は、必ず専門医(新生児専門医、小児科医、消化器専門医)に相談してください。便秘の傾向は、未熟児、低酸素症で生まれた子供、そして子供が抗生物質療法を受けた場合にも見られます。

小児の消化管の未熟さは、不完全な腸運動(腸壁の特殊な蠕動収縮、腸内容物の促進を引き起こす)の原因です。さらに、赤ちゃんはあまり動かないため、問題がさらに悪化します。母乳はパン粉によって完全に吸収されることができます、そしてこの場合、赤ちゃんの便がないことは生理学的な現象になるでしょう。

人工乳製品は吸収されにくいので、人工の子供たちはより頻繁に便秘に直面します。

赤ちゃんに便秘を引き起こす可能性がある原因:

  • 摂食プロセスの中断(母乳から乳製品への急激な移行、または混合物の急激な変化)、
  • 不適切な母体の食事(母乳育児時)
  • 母乳不足は、赤ちゃんの便不足の形で現れることもあります(この項目を除外するには、赤ちゃんの体重増加に注意してください。週に少なくとも125グラムなければなりません)。
  • 筋緊張の低下は便秘にもつながる可能性があります(したがって、神経内科医による検査が必須です)。
  • ラクターゼ欠乏は便に問題を引き起こす可能性があります。
  • 高温では、腸の緊張が低下しますが、これは便がないことで現れます。
  • 補給食品を給餌する際の、哺乳瓶授乳中または授乳中の乳児における不十分な飲酒計画
  • 補助食品の早期導入
  • 牛乳たんぱく質へのアレルギー(これは人工技師にも当てはまります)は、赤ちゃんに便秘を引き起こすこともあります。

母乳育児の子供が便秘を起こしている場合、闘争は母親の食事療法の修正から始めるべきです。酸っぱい乳製品(ヨーグルト、ケフィア)と同様に、より多くの繊維(野菜、ふすまパン、プルーン)を食べるべきです。優秀な助けふすま1大さじ。食事の前に1日3回、これは便秘とあなたを避けます。白パン、ナッツ、バナナ、コーヒー、米、牛乳などの製品は便秘を増加させるだけなので、食事から除外する必要があります。

人工授乳中の赤ちゃん。便秘の場合には小児科医に示されるべきです。あなたは処方を薬用ミルクに置き換える必要があるかもしれません。腸の収縮を刺激する高含量の繊維とプロバイオティクスを含む特殊な乳製品があります(Frisovom、NAN Comfort、Nutrilon Comfort)。また、機能性便秘の場合は、発酵乳混合物が処方されます(しかし、それらはパン粉の総食事の30%以下を構成するべきではありません)。牛乳の混合物を変えることは医学的な監督の下でだけ行われるべきです;それはあなた自身これをすることを許されません。

補完的な食品の早期導入は便秘の原因の1つである可能性があります。生後5ヶ月までの赤ちゃんには、牛乳以外の食べ物の消化に役立つ酵素がありません。それで、正当な理由がないのであれば、期限までにパン粉の新しいものにダイエットすることを試みないでください。

乳児の便秘の治療

癒しの活動はマッサージと理学療法から始めるべきです。彼らは腸の運動性を確立するのを助けるので。毎回の給餌の前におなかの上にパン粉、そして食べた後の「コラム」の垂直位置を必ずレイアウトしてください。各マッサージの前におなかのマッサージをすることができます。時計回りに円を描くように回転させてから、手を背中の下に移動させて持ち上げ、赤ちゃんのおなかに「丘」を作ります。次のエクササイズは、腸の運動とガスの放出を完全に刺激します。赤ちゃんの足と一緒に、10〜15回、腹部をまっすぐに伸ばして曲げます(そして、10〜15回)。赤ちゃんの水泳やフィットボールは、便秘の予防や解消にも非常に役立ちます。

パン粉に負担がかかっている場合。それからあなたはそれをあなたの膝の下に持って行き、おむつや流しの上に「着地」することを試みることができます(赤ちゃんが頭をしっかりと握っているなら)。それが私の息子の「大きなこと」で問題を解決した方法です。

パン粉がすでに飼料に入っている場合。スカッシュ、ニンジン、カボチャは下剤効果があります。それとは反対に、ポテトとお粥は固定剤として機能するので、それらを制限することをお勧めします。また5ヶ月後、あなたは干し杏やプルーンの煎じ汁を与えることができます。

前の処置が所望の効果をもたらさなかった場合、次のステップは肛門刺激である。これを行うには、ワセリンを塗布した綿棒を使用します。ワセリンは約1 cm入り、ゆっくりと回転させる必要があります。この赤ちゃんの後はおなかの上に置くほうがいいです。

蒸気管はまだ便秘や疝痛を排除するための最良の救済策の一つです。蒸気管のサイズは乳児の年齢に対応する必要があります、その導入は3センチよりも深くするべきではありません丸みを帯びた端とストップ(Windi)を持つ特別な蒸気管があります。蒸気管への中毒についての噂は非常に誇張されています、しかし、それはまた濫用されるべきではありません。

以前のすべての処置が効果がない場合は、直腸坐剤にグリセリンまたは浣腸剤を使用できます。

グリセリンキャンドルを縦に4分割し、指で端を丸めて赤ちゃんを紹介します。ろうそくを入れた後、私たちは子供がそれを押し出さないように子供のお尻をつまむ。原則として、この措置はあなたがパン粉から椅子を達成することができます。ただし、定期的に使用しないでください。

便秘を解消し、便を和らげるために浣腸を使うことができます。暖かい水が腸に吸収されるので、浣腸のための水は冷たい(室温)であるべきです。新生児のための浣腸のための水の量は、100-150mlの年の後に、生後40-60mlの子供のために、6ヶ月から60-90mlの年までの子供のために、25-30mlです。

椅子に関する問題の出現が抗菌薬によって先行されていた場合。それから、腸内細菌叢を回復するための資金の確保が必要です。薬はパン粉の個々の特性に応じて、小児科医をピックアップする必要があります。 Bifiform、Rela-life、Atsipol、Hilak-forteは赤ちゃんに最もよく使われます。

定期便秘で。これは浣腸によってのみ排除されますが、小児科医はあなたに下剤効果のある薬を処方します。 У детей с рождения используются препараты на основе лактулозы (Дюфалак, Нормазе), но следует знать, что в первые дни от лактулозы усиливается газообразование, поэтому можно паралельно использовать препараты для устранения газов (Саб Симплекс, Эспумизан). Лактулоза назначается 1 раз в день. У младенцев следует начинать с 1 мл, постепенно доводя до 4-5 мл.2週間使用した後は、投与量を多少減らすことができます。

あなたとあなたの赤ちゃんへの健康!

ご質問がある場合、または未解決の問題がある場合は、「相談」セクションでお問い合わせください。

便秘の症状

健康な子供では、腸の正常な機能は、原則としてさまざまです。それは栄養の質と摂食の種類に直接依存します。赤ちゃんの年齢に関連した毎日の排便の頻度。最初は1日10回まで達していますが、年をとるにつれて量は減少します。たとえば、母親の母乳だけを消費する4ヶ月齢の赤ちゃんは、得られる栄養素をすべて自分の体が吸収するため、毎授乳後と数日に1回の両方で排便することができます。混合または調合乳は多くの場合、1日に少なくとも2〜3回の排便があります。

それが大きな問題にならないように、乳児の便秘のときに何をすべきかを知ることは重要です。 排便困難の主な兆候:

  • 電圧子供は排便の過程で赤くなり、ひどく緊張して泣きます。椅子はエンドウ豆のように非常に固いです。
  • 食べ物の拒絶。不快感のために、赤ちゃんはすぐに飽和状態になります。彼は足を組んで弦まで伸ばし、臀部を圧迫しながら顔を作ることができる。
  • ハード腹便秘は圧力と鼓脹を引き起こします。触診では、おなかが固くて強くなります。疝痛は便秘の症状の一つと考えられています。
  • 遅れた椅子子供はうめき声といたずら、彼の腸は2日以上の間排便しませんでした、子供は毎日食べていました、そして、この問題は体系的になりました。
  • 便中の血液の存在明るい血のストリップは、ほとんどの場合、腸内の強い緊張の徴候です。肛門の周りに小さな亀裂が現れ、それが血痕の出現を引き起こします。

ある症状が現れても、新生児に便秘があるわけではありません。一度にいくつかの徴候が存在することだけが治療の必要性に対するシグナルである。赤ちゃんが1日1回空にされ、便の硬さがしっかりしていなくても、子供が激しくうがいをしたり緊張したりしても、親が子供に浣腸やろうそくをかける必要があるという意味ではありません。排便の過程で、ほとんどの乳児は不快感を経験し、これは完全に正常です。なぜなら彼らはまだ彼らの腸の働きを管理する方法を知らないからです。赤ちゃんが良い食欲を持っている場合、それはめったに排便しませんが、それは健康に見え、それが "大きく"なった瞬間にだけ落ち着かなくなります、そしてあなたは心配するべきではありません。

の原因

空にすることが通常の基準であるのか、それとも病気の兆候の1つであるのかを判断できるのは、資格のある医師だけです。ただ戦うために十分に彼と一緒に椅子の遅れの初期段階で。赤ちゃんが便秘を起こした場合の対処方法をよりよく理解するためには、両親がどの要因と消化器系の働きに障害を引き起こしたのかを理解するだけで十分です。

幼児の便秘の原因は非常に多様です。。その中には主なものがあります。

  • 電源食物繊維の変化や食物繊維の欠乏は、排便困難を引き起こす可能性があります。授乳中の母親が食事を中断して小麦粉製品、ナッツ、脂肪カッテージチーズ、チーズを摂取すると、彼女の母乳は新生児のために消化するのが難しくなります。
  • 病気です。乳児の便秘は、抗生物質や他の薬の服用に加えて、くる病や甲状腺機能低下症などの特定の病気の症状の1つです。
  • 授乳中の母親のミルク不足母乳育児中の乳児のいわゆる空腹便秘は、新生児の体がすべての入ってくる食物を完全に吸収するときに起こり、腸には何も割り当てることができません。
  • 乳糖不耐症と乳タンパク質この場合、ゆったりとした便が遅れて交互に現れます。
  • 神経系の未熟さ。多くの場合、乳児は腸壁の神経終末の病理学と診断されますが、これは糞便を適切に収縮させて肛門に移動させることができません。原則として、この状態は3ヶ月の年齢までに特別な処置なしで消えます。
  • 母乳育児の完了および発酵乳混合物への移行、ならびに混合物のあるブランドの別のブランドへの変更。赤ちゃんの消化管は新しいタイプの食べ物にすぐには適応できません。
  • 腸の先天異常と消化管構造の生理的特徴
  • 過熱や下痢の結果としての子供の体の脱水。
  • 運動活動の欠如
  • 遺伝的素因家族が便秘に苦しんでいる場合は、パン粉はこの病状を発症する可能性が高いです。

「小さな子供の体は非常に敏感で、消化器系の働きを妨げることで、家族の心理的に悪い状況に反応することがよくあります。ママとパパの喧嘩、母親からの離脱、長旅、さらには天候の変化でさえも、消化管の機能に影響を与えます。」

新生児を助ける

適格な治療法がない場合、腸管鬱血 しばしば合併症を引き起こす。小児が体重の減少、嘔吐、体温の上昇、肛門からの肛門裂傷および腸の喪失を伴う場合、小児科医を訪問する必要があります。それだけで新生児下剤を投与し坐剤を使用することは全く不可能です。

多くの場合、若い親は専門家の許可なしにパニックになり、民間療法を使用し始めます。多くの代替医療レシピは、子供ではなく大人による使用にのみ適しています。身体検査と同様にテストの結果が異常を示さなかったならば、排便に関する問題は本質的に生理学的であるようです。

安全な方法

両親が赤ちゃんの行動の変化に気づいたとき、彼は落ち着かず、うんちできず、そして多くの場合苦労していました、彼の状態を軽減するためにいくつかのテクニックが使われることができました。乳児の腸疾患を治療する前に、試すべきです 無害な方法で排便を確立する:

  • 円を描くようにして手のひらを時計回りに温め、へその下の3本の指でおなかの部分をマッサージします。それから子供はしばらく彼の胃をつけることができます。
  • 母親の食事を変える。赤ちゃんが母乳だけであるならば、それは役立ちます。おそらく便秘されている食品はメニューから削除する必要があります。授乳中の母親の栄養には、赤ちゃんの消化を改善する製品を追加します。これらは、オリーブオイル、ソバまたはオートミール、チキンの切り身、プルーン、ゆでビート、かぼちゃ、ケフィアをまとった野菜サラダです。
  • ボトル給餌されている赤ちゃんは式を交換して他のブランドを選択しようとすることができます。原則として、このタイプの食品では、特別な子供用の水を追加で供給する必要があります。これは店舗で販売されています。赤ちゃんは日中の生涯の1ヶ月間水2杯を与えられています。
  • パン粉は温かいお湯で浴槽に浸され、直腸の内容物をリラックスさせて解放するのを助けます。それからあなたはあなたのおなかをマッサージし、それに暖かいおむつやタオルを付けることができます。
  • 運動 "自転車"を実行することにより、消化管の運動性を正常化する。新生児の足は、膝のところで交互に数回曲げられ、胃に押し付けられます。
  • 半歳児の便秘は食事療法のフルーツの導入を治すために試みられるべきです。 2〜3杯のマッシュドプルーンまたはアプリコットが効果的に椅子を緩めます。
  • 母親と子供として飲酒政権に従ってください。水で希釈した洋ナシジュースは、腸の働きを著しくスピードアップさせ、より早く「大きく」なるのを助けます。頻繁な疝痛と便秘で、ディル水は大いに役立ちます。
  • 肛門の亀裂に癒しを助けるだろうアロエとローションを適用します。赤ちゃんのつま先は、いつも乾いていて清潔でなければなりません。

「便秘に石鹸を使うことはできません。痛みを伴う感覚に加えて、その使用は直腸粘膜に積極的な効果をもたらし、炎症やびらんを引き起こし、それは状況を悪化させるだけです。」

その他の方法

自然な方法ではうまくいかず、便秘に対処することができなかった場合は、重篤な病気を除外するために医者を訪問するべきです。治療のためには、薬の助けを借りることができます。

下剤を利用する前に、両親は直腸の外部刺激を加えるようにしてください:

  • 冷たい水かカモミールのスープで清潔な浣腸をしてください。これは腸の運動を正常化し、糞便を押し出します。室温で少量の水をナシに注ぎ、その先端にクリームを塗った。子供を横にして、内容物を1 cm以内の深さまでゆっくりと腸に注入し、1〜2分間臀部を固定します。
  • ベビークリームまたはワセリンで肛門を潤してください。あなたは油を豊富に含んだ綿棒やグリセリンの先端を肛門にやさしく挿入して時計回りに2〜3回回すことを試みることができます。
  • グリセリン坐剤の使用は便を柔らかくし、直腸の混雑を解消します。赤ちゃんのために、ろうそくの1/3で十分です;それはお尻に切られて挿入されます。浣腸剤および坐剤は、それらが導入された後にのみ空にすることへの反射を生じるので、定期的に適用することはできないが、最後の手段としてのみである。
  • ガス管の使用は、この不快な問題を取り除くための一般的な方法です。それは穏やかにそして浅く肛門のねじれ運動に注入されて、腸がガスと糞便の蓄積から解放されるまで待ちます。

「このような方法を定期的に使用することは、繊細な皮膚や直腸粘膜を傷つける危険性があるため非常に望ましくありません。」

最後の手段として、そして医師の許可を得て初めて、乳児に下剤を投与することができます。下剤のほとんどは、1歳未満の子供には使用できません。ほとんどの場合、小児科医はラクツロースに基づいてデュパラックシロップまたはその類似体を処方しますが、これは人生の最初の日から許可されています。直腸を空にするために、赤ちゃんは5ml以下の薬物を与えてください。生後6か月の後に、それは別の下剤 - Forlaxを与えることが許されています。

これらの資金のすべては、持続的な便秘を治療するのではなく、一時的に状況を軽減する排便を引き起こすだけです。

スツール保持

子供の健康には常時監視が必要であるため、最も簡単で効果的な治療方法は病気の予防です。排便に伴う問題を防止するためのタイムリーな対策は、消化器系の機能を確立するのに役立つだけでなく、細菌異化症を排除するのに役立ちます。

乳児のおなかの問題を防ぐ 簡単なヒントに従うことができます。

  • 母乳だけで赤ちゃんを養うために5 - 6ヶ月の年齢の前に、
  • 母乳で育てることが不可能であるならば、あなたは子供がアレルギー反応を起こさない混合物を慎重に選ぶべきです、
  • 最初のサプリメントは、パン粉の生後6か月以内に許容率を超えない量で投与されます。
  • 授乳中の母親は自分の健康状態を注意深く監視し、特定の薬を服用するときは指示をよく調べてください。薬の成分が母乳に浸透して赤ちゃんの便秘を引き起こす可能性があるからです。
  • 日中は、新生児に水またはレーズンの注入、カモミール、
  • 生後6ヶ月が過ぎると赤ちゃんの便が遅れる傾向があるため、プルーンピューレをスプーンで数杯食べて、セモリナ粉とお粥をメニューから除外します。
  • 食べ物を使うたびに、赤ちゃんはおなかの上に広がり、体操をしたり、野外ゲームをしたりします。
  • 抗生物質による治療は、プロバイオティクスの摂取と同時に行われるべきです。
  • 母親の食事から肥満を引き起こす食品を除外する必要があります。

滞留治療は統合的なアプローチを必要とする時間のかかるプロセスです。治療は、新生児に便秘がある場合に何をすべきかを正確に知っている小児科医の監督の下で行われるべきです。

子供の便秘:規範と病理

問題を理解するには、便秘と見なされるものについて明確にする必要があります。多くの親は子供用の椅子について誤解しています。まず第一に、あなたは便秘のためにそれほど椅子の頻度ではなく、その一貫性の程度であることを知っておく必要があります。また、幼児の場合、食料の種類によって料金が異なります。

人生の最初の数週間で母乳育児をされている赤ちゃんは、1日に5〜6回、大さじ1杯、または1日に1〜2回、より大容量の便を持つことがあります。生後4〜6週目になると、赤ちゃんの便が減るようになり、酵素が発生し、牛乳はほぼ完全に吸収されます。したがって、幼児にとって、標準の選択肢は、数日ごとに大量に椅子が存在することです。これは、直腸内に一定の圧力と体積が生じると、排便行為が反射的に起こるという事実によるものです。通常の粘稠度は粥であり、椅子が濃い「ソーセージ」の出現は便秘の傾向と見なされる。たとえ定期的に腸が空になったとしても、タイトで痛みを伴うスツールボールやシリンダーは便秘と見なされます。

哺乳瓶の赤ちゃんでは、この問題は珍しくありません。それらの間の便秘は、混合物が母乳よりもひどく吸収されるので、2日以上便がないことと呼ばれることができ、そして排便はより頻繁に起こるべきです - 1日に1〜2回。非常に柔らかいソーセージやキノコのような子供の便が便秘の兆候ではないことを条件として、緊張してうがいをし、大便中に泣いています。赤ちゃんは直腸に圧力をかけて空にするために一生懸命働かなければなりません。これは彼に不便を与え、そして彼の人生の最初の月に彼の感情を表現するために、彼は大抵泣くことができます。

補助食品の導入により、およそ6〜9ヶ月で、椅子はより柔らかくなり、通常は柔らかいソーセージまたは粥の形になり、通常より規則的になり、通常1日に1〜2回発生します。規範の変形は一日おきに便だが、その通常の一貫性がある。

1歳までに、スツールはソーセージの形で1日に1〜2回規則的になりますが、粥は許容されますが、通常は朝食の後の朝です。 2歳から、椅子は定期的に装飾されるべきです。 1〜2歳以上の子供の便が2日以上遅れることは便秘と見なされます。便秘の症状も定期的に考えられていますが、非常に乾燥した、きつい便、大便の直径、痛みを伴う排便、痛みの恐れによる鍋の拒絶。

応急処置

赤ちゃんが自分自身を空にすることができない場合、それは彼に不快感や痛みを引き起こすので、彼は助けが必要です。しかし、便秘に対する多くの「民間の」救済策は非常に危険です。いかなる場合も石鹸で便を引き起こすことはできません:それは粘液と痛みの重度の火傷を引き起こします。また、綿棒やその他の異物で肛門や直腸を刺激することはできません。粘膜や括約筋器具に損傷を与える可能性があります。さらに、肛門を刺激して空にすることを刺激するすべての行動は散発的にそして極端な場合にだけ適用されるべきです。体系的な使用で、彼らは自然な反射排便を抑制して、自分自身を空にするために赤ちゃんを引き離します。

自宅で、赤ちゃんは腸を清潔にするために室温で沸騰した水で浣腸をすることができます;下剤効果を高めるために、あなたはそれに1〜2杯のグリセリンを加えることができます。

グリセリン入りのキャンドルはもう一つの助けになることができます、しかし、彼らはしばしば使う価値がありません。 1歳までの子供のために、それは1年から3年までの1/3の蝋燭を使う必要があります - 3年後の1/2 - 全蝋燭 - 。 MICROLAXのMicroclysterは良い効果があります、彼らは出生から許可されています。医師に相談せずに食塩水や他の下剤を使用しないでください。

注意してください。子供が1歳未満であるならば、便はきつくて、血、粘液で縞でした、あなたは直ちに医者に意見を聞くべきです。鼓腸、腹痛、食欲不振を伴う全身性便秘の場合、および便中に血液が認められた場合も、専門家との相談が必要です。便が鍋の恐れのために赤ちゃん自身によって遅れているとき、そしてそれが染色されるとき - 助けが必要とされる - パンティは便秘のために染色される。

健康食品

両親は通常、子供の食べ物を変えずに、便秘に対する現代的な方法の医師に要求します。これは最大の過ちです。数日以内に薬だけでは便秘を解消することは不可能です。圧倒的多数のケースでは、腸の運動機能は、子供が何を食べているか、家族の中で食物がどのように組織されているかに正確に依存しています。

初年度の乳児にとって、母乳は胆汁分泌促進作用があり、胆汁は腸壁を刺激して運動性を刺激するため、母乳育児が最も重要な要素です。 По возможности надо максимально долго кормить ребенка грудью. Если вскармливание смешанное или полностью искусственное, то особо тщательно нужно подходить к выбору смеси, ее правильному разведению, а также к режиму вскармливания и объемам порций. Смеси должны быть адаптированными и соответствовать возрасту, при склонности к запорам одно-два кормления рекомендуется заменить кисломолочной смесью.

通常の乳製品と発酵乳製品の混合物で排泄物を除去することが不可能な場合は、オリゴ糖、ラクツロース、プレバイオティクスまたはイナゴマメ豆を加えた特別な混合物を乳児の食事に加えます。これらの混合物は、一貫性と頻度の観点から必要な便に達するまで、子供の栄養に徐々に導入され、1日あたりの食事の半分に置き換えられます。便秘が続く場合は、この種の混合物に完全に切り替えることをお勧めします。安定した便の正規化をすると、混合物は徐々にキャンセルされ、2〜3回の給餌をサポートするようになり、その後完全に除去されます。

便秘の子供のための補助食品は野菜のピューレから始めるべきです:それらは運動性を刺激して通常便を正常化する繊維と特別な酸が豊富です。人工乳児の頑固な便秘の場合は、4〜5か月でやさしく始めることができます。

それ以上の年齢の子供たちのために、食事療法は腸の興奮剤である粗い繊維とペクチンを含む野菜、果物と果実を最大に含むような方法で構成されるべきです。彼らはニンジン、ビート、カリフラワーと芽キャベツ、カボチャ、ズッキーニ、カボチャ、プラム、メロンとひょうたん、アプリコット、スグリが豊富です。きゅうり、トマト、りんご、繊維が少ない。

それが多くの有用な物質を含んでいるので、可能であれば、すべての果物は皮膚とともに消費されるべきです。果物と野菜は煮て、蒸して、煮て、煮込んで、生で食べます。それは果物と野菜のサラダ、ビネグレット、マッシュポテト、ムースとデザートであることができます。野菜のサラダはバターでいっぱいで、脂肪の多いドレッシング - サワークリーム、マヨネーズ - は腸の機能を阻害します。

全粒穀物からのスープや料理 - そば、とうもろこし、雑穀、小麦は便秘の子供の食事に必須です。

肉製品は、よりよく煮て丸ごとまたはグーラッシュの形をしています。パンはふすまと一緒に暗いまたは特別な食事療法を使用することをお勧めします。

赤ちゃんが1歳以上の場合、医師は様々な料理への添加物としてふすまを使用することをお勧めします。薬局や店のふすまで購入した場合は、100〜150℃のオーブンでか焼してから、しっかりと閉じた瓶に入れてください。 3-5大さじ。ふすまのスプーンは15〜20分の間立つ100mlの熱湯を醸造する必要があります。あなたは冷蔵庫の一番下の棚に一日のためのスープを保存することができます。得られた塊をお粥、果物または野菜ジュース、おかずまたはベビースープ、小さじ1〜2に加える。

子供の毎日のメニューで乳製品や飲み物でなければなりません:ケフィア、カッテージチーズ、ryazhenka、ヨーグルトやヨーグルト。それらは、腸の働きを刺激する有用な微生物叢を含んでいます - ビフィズス菌と乳酸菌、ならびに乳酸、蠕動運動。それらはミクロフローラが豊富であることが望ましい:製品包装上ではこれは接頭辞BIOにより示される。このような製品は、朝の空腹時または夜間に摂取されます。

全乳、豆類、バナナ、お菓子、ぶどうは乳児の栄養から除外されます:それらは固定とガス形成効果があります。

飲酒モード

子供の飲酒療法は非常に重要です:補完的な食品の導入で、赤ちゃんは各補完的な食品のために少なくとも50ミリリットルの量で液体の追加の注射を必要とします。 1年後、赤ちゃんは1日に少なくとも2杯の水分を飲むこと、そして100-150mlの水分を飲むこと - 朝の空腹時に冷たい水の形で飲むことが重要です。これは腸運動の活性化による下剤効果をもたらします。普通の水、コンポート、ジュース、水で半分に希釈したもの、またはフルーツ飲料を飲むことをお勧めします。禁止されている炭酸飲料と濃いお茶。

身体活動

治療の構成要素の一つは、赤ちゃんの身体活動です:それは腹筋を強化し、腸を刺激します。便利な散歩、朝の体操、野外ゲーム、アイススケート、スキー、水泳。

子供のために、すべてのクラスはゲームの形で推奨されています:おもちゃを散らすし、しゃがむのではなく、胴体を曲げるのではなく、持ち上げるように依頼します。そのようなエクササイズゲームは少なくとも1日に3-4回実行される必要があります。

腸の機能や腹部の膨らみや突出を伴う運動、そして腹臥位の脚の上げ下げ、自転車の「脚」、胃の上でのクローリングなどに役立ちます。

すべての非薬物対策が無効である場合、医師の監督の下で個別の治療が必要です。

Loading...