人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

レボメコル軟膏は下肢の真菌性病変に有効ですか?

足の真菌からのレボメコールはこの病気の複雑な治療法の一部かもしれません。それにより、真菌症の兆候を迅速に排除し、感染性物質を破壊することが可能です。この薬は、皮膚に抗炎症作用、創傷治癒作用、回復作用をもたらします。これは、爪や足の真菌症を無視した場合に非常に重要になります。

構成には何があります

レボメコールは、その有効成分がクロラムフェニコール(抗菌薬)とジオキソメチルテトラヒドロピリミジン(組織栄養を改善する手段)である軟膏です。この軟膏の主な目的は治癒と回復です。これは非常に多くの病気での使用を可能にし、普遍的と考えられています。

どのように動作しますか

足の爪真菌からのレボメコールは、深部組織浸透のために役立ちます。真菌性病原体は皮膚内および爪甲の下に蓄積する。したがって、軟膏が天然の膜を破壊することなく組織の奥深くまで浸透することができ、その抗真菌作用を引き起こします。この効果は3つの方法で実現されます。

  1. 皮膚や爪の組織を破壊する生成物の除去
  2. 代謝過程の強化
  3. 真菌の蔓延防止

上記に加えて、軟膏は表皮のかゆみやはがれを防ぎます。

使用する方法

足の真菌からのレボメコールは、皮膚の完全性の回復剤として役立ち、そしてそれは二次感染に加わることを可能にしないことを意味する。

レボメコールは抗真菌薬との相互作用を研究した後に使用することができます。両方の治療は十分に効果的ではありません。

Levomekol軟膏を1日1〜2回塗布してください。ガーゼの包帯が上に貼られている場合は、夜用の湿布として使用することができます。 2つの湿布の間の間隔では、消毒剤で足の表面、爪、指の間の部分を処理し、それらをよく乾かす必要があります。これは治療効果を高めるでしょう。

皮膚上では、軟膏は薄い層に均一に分配されるべきです。以前は、足を清潔にする目的で、ソーダとソルトバスが作られていました。足はよく蒸して、できるだけきれいにします。この手順は、軟膏ができるだけ深く浸透するのを確実にするでしょう。

7日間以上レボメコルを使用しないでください。そうでなければ、過剰摂取の症状が発生する可能性があります。

  1. 接触増感
  2. 他のものに対する過敏性、組成の意味で似ています。

いつレボメコルを使用することはできません

軟膏レボメコールは、他の薬と同じように、独自の禁忌があります。

次のような場合は、その使用を拒否することをお勧めします。

  1. 薬物のどの成分に対しても感受性が高まります。
  2. 薬に対するアレルギー反応。
  3. 真菌は子供を産む、母乳育児の期間に生じています。
  4. 1歳までの年齢。

軟膏を塗布する過程で、充血(皮膚の発赤)、かゆみ、発疹、または腫れの形で現れる望ましくない副作用が発生することがあります。これらの徴候は資金のキャンセル後数日で消えます。見つかった場合は、軟膏の使用を中止して医師に相談してください。

何が置き換えることができます

Levomekol(薬は100から150ルーブル40グラムのために薬局で購入することができます)に関連した快適な価格政策にもかかわらず、交換が必要な場合があります。それから、100パーセントに相当する、または類似した治療薬が助けになります。これらが含まれます:

  1. 軟膏レボメチル。それはレボミコールと同じ構成を持っています。
  2. ノスラン。それは絶対的な類似物です。
  3. イクチオール軟膏。 Levomikolのすべての効果に加えて、しばしば真菌の爪の感染症に伴う痛みを解消します。特に高度なケースでは、爪の破壊が起こります。
  4. サリシロ - 亜鉛ペーストは皮脂の正常化のような付加的な特性を有するが、それは皮膚を乾燥させそして化学的火傷を引き起こすことがある。その利点は非常に低価格です。
  5. レボシン薬は抗菌薬で、痛みや炎症を和らげます。速やかに作用するが、貯蔵寿命が短く、そしてかぶれやその他の悪影響を引き起こすことが多い。

爪真菌陽性からLevomekolのアプリケーションのレビュー。しかし、誰もがこの軟膏は単剤療法には適していないと言っています。真菌が完全に消えるためには、抗真菌薬と組み合わせる必要があります。

私の足の真菌は激しいかゆみ、はがれ、そして痛みを伴いました。抗真菌軟膏はすぐにこのすべてを保存しなかった、と医者は私にLevomekolを追加するように忠告した。本当に助かりました。不快な症状は消え、私は静かに主な治療を続けました。

Ivan Nikiforovich、Voronezh

足指の爪に真菌を走らせたところ、感染した。歩くのは苦痛で、ひどい匂いがしました。皮膚科医になった。処方薬の一つはレボメコルでした。彼のおかげで、炎症は消え、痛みは消えました。私は非常に快適に治療され続けることができました。

彼の足の真菌の結果として、痛みを伴うひびが指の間に現れました。そして、それはいつも炎症を起こしました。周りの肌は赤く腫れていたので、歩くのは大変でした。友人がレボメコルに助言した。私は一週間に一日二回軟膏を塗った、そしてすべてのひびは治癒した。歩くことはもう苦痛ではありません。しかし、真菌からさらに処理する必要があります。

抗菌性 - 「すべてから」という意味ではありません

レボメコル - 軟膏は、感染した傷、やけど、皮膚のひび割れ、外科的介入の痕跡を完全に助けます。 強力な抗生物質クロラムフェニコールで、それはほとんどの嫌気性および好気性細菌、スピロヘータ、クラミジア、クロストリジウムおよび他のグラム陽性およびグラム陰性細菌に対して非常に効果的です。

レボメコール軟膏の第二の成分はメチルウラシルであり、これは核酸の交換に関与し、そして事実上、損傷した組織を修復するための「建材」およびそれらの細胞が分裂する能力になる。

この事実は、糖尿病、アテローム性動脈硬化症などの場合に、下肢の血液供給系の萎縮性疾患を有する患者にとって非常に重要である。

なぜレボメコールは菌を殺さないのか

皮膚の発赤、灼熱感、はがれ、爪の色や形の変化、さらには無視した状態での皮膚の傷やひび割れといった不愉快な症状を伴う病気は、しばしば2つの異なるタイプの真菌症について話していることを疑うことなく真菌と呼ばれます。

  • 刺激、壊死、皮膚の痛みを引き起こす有害な微生物にさらされると発生する白癬、
  • 爪真菌症。

一般的に脚の真菌と呼ばれる爪の異栄養性および壊死性変化は、表皮白癬および他の多くの皮膚糸状菌と同様に、白癬菌および小胞子属の真菌を引き起こす。病原性フローラのほとんどの代表者と同様に、これらの寄生虫は適応することができ、その結果、例えば真菌に対する以前の治療が完全に完了していないときに、局所薬物に耐性の種が作出され得る。

この病原性微生物叢の代表者は、ケラチンを多く含む組織(粗い肌、髪の毛、爪)を食べているため、人に寄生します。進化は多くの種類の病気と戦うための手段 - 免疫 - を与えてきたので、真菌による感染は必ずしも明確で深刻な感染に達するとは限らない。

それに対してレボメコールが有効であるバクテリア、そして真菌は根本的に異なります:

  • サイズ
  • ライフサイクル
  • 新陳代謝
  • 特定の物質に対する耐性。

もともと抗菌薬として開発された、レボメコールは真菌に影響を与えることはできません。

真菌は、栄養サイクルとタンパク質生合成が異なる完全に異なる微生物です。それらは主にシトクロムP 450の損なわれた活性に敏感であり、真菌の細胞膜の形成に影響を及ぼす。寄生生物を駆除するために、特別な抗真菌剤が適用され、それは外部だけでなく内部にも摂取されなければならない。

どのようにそして何を扱うべきか

実験室でテストを処理した後にのみ、どのような種類の微生物がその足に落ち着いたかを判断することが可能であるため、医師は自己瞑想をしないことを求めます。 この種類の真菌は、肉眼で見える特徴的な兆候を何も持っていません。 したがって、爪真菌症(または他の同様の疾患)が発生したという最初の疑いで、あなたは直ちに皮膚科医に連絡するべきです。

真菌の治療期間の短縮に加えて、これは患者と密接に接触しているあなたの周りの人々 - 家族、職場のスタッフ、およびジムの同僚 - の感染を防ぐのに役立ちます。

複雑な治療法における足の真菌からのレボメコールの使用は、2つの問題を解決するのに役立ちます:

  1. 菌類の定着、あらゆる微生物感染の排除された場所での開発を妨げる。
  2. 成長している若い爪を養い、支える柔らかいティッシュの回復に貢献します。

軟膏Levomekolは傷を乾燥させます、そして反対に、皮膚の上層のために、ひび割れから節約して、湿気を保つのを助けます。癒しの軟膏は薬局で、金属、プラスチックのチューブで、25、30または40グラムで梱包されて販売されています。

Levomekolの使い方

レボメコール軟膏の主な目的は化膿性創傷と膿瘍の治療と治療の促進です。したがって、複雑な抗真菌療法におけるその位置は、二次的に重要になります - 抗真菌薬の局所適用後に深部皮膚病変を治癒するためです。亀裂、栄養性潰瘍および罹患組織の切除は、約1ミリメートルの軟膏層で覆われ、その上に薄いガーゼ包帯が適用される。

創傷表面の状態に応じて、1日1回または2回の手順を実行する必要があります。様々な消毒剤による中間処理、ならびにドレッシング間の間隔での処理領域の通気(乾燥)もまたプラスの効果をもたらす。

レボメコールは、抗生物質に対する患者のアレルギーの場合には注意して使用されます。 最初の処置の後に合併症が起こらなかったならば、処置の経過は処置された表面の状態に基づいて5から15日間続きます。 Levomekolは、年間を通じて子供に処方されていませんが、原則として、彼らは足の真菌に苦しんでいません。

使用の目安

レボメコールは、患者が爪真菌を持っている場合に、病原性微生物叢の抑制に貢献するだけでなく、組織再生を活性化する薬剤としての使用に適応されています。

以下の爪真菌症の症状と診断された患者には、真菌由来のレボメコールを使用することをお勧めします。

  • 足臭
  • ネイルプレートの周りの皮膚表面の発赤、
  • 爪の破壊、および色の変化(黄色、灰色、黒)
  • ネイルプレートの下に膿瘍が形成され、それが破裂して創傷表面を形成する。
  • 病気の爪の部分の皮膚のかゆみ。

真菌に対するレボメコールは、炎症を和らげ、症状を取り除き、爪を治すプロセスをスピードアップします。また、病原体感染からの足もスピードアップします。レボメコールは、水疱や傷が形成されたときに、病気の進行した形で特に効果的です。最大限の治療効果を得るためには、他の抗真菌剤と組み合わせて爪真菌を治療し、そして軟膏剤を補助剤として使用することをお勧めします。

申し込み方法

足の真菌から、Levomekolは皮の表面の炎症を起こした区域に直接均一な層で適用されます。最適な投与量は、治療の全過程を通して1〜2回の軟膏治療です。上皮組織への薬物の完全な吸収が行われるように、薬物層は薄くなければならないことを覚えておくことは重要である。薬の治療効果は、皮膚治療後30分という早さで始まります。

各手順の前に必要な爪真菌Levomekolの治療のために、軟膏を適用して、準備ステップを実行してください。

それらは次のもので構成されています。

  • 足のほか、真菌の影響を受けている足指の爪を温かいお風呂で蒸し出し、石鹸でよく洗い流した後、きれいなタオルで拭きます。
  • 病気のネイルプレートをはさみで切る
  • 真菌に感染した爪の表面に少量のレボメコールを塗布してから、軟膏を患肢全体に均一にこすります。

真菌からの爪を処理する別の方法は、レボメコルをベースにした圧縮機の使用である。患者は同じ準備手順を実行し、それから薬だけが身体にではなく、滅菌ガーゼ包帯に適用されます。それをネイルに貼り付け、粘着テープを固定します。

真菌に対するレボメコールの作用

感染症がより深い上皮組織に浸透しないように、軟膏レボメコールで真菌を治療することをお勧めします。ネイルプレートをそれ以上破壊することはなく、亀裂や傷をより早く治癒しました。独立した広域スペクトル抗菌剤としてのレボメコールは、真菌症の治療における以下の治療特性によって区別されます。

  • 皮膚の完全性が回復し、それは真菌感染の悪影響によって破壊された。
  • 慢性および急性の炎症過程が取り除かれ、環境中に存在する二次的細菌性微生物が創傷に入るのが防止される。
  • 軟膏の有効成分は真菌微生物のタンパク質構造に直接作用し、それらの分裂と新しいコロニーの構築を阻害します。
  • 局所血液循環とリンパ栄養性が改善します。

爪真菌と戦う過程でのレボメコールの使用は、免疫力が低下しているか、または長期にわたって病気を治療していないために重症の真菌症を発症した患者にとっては直接的な適応となります。

禁忌

爪真菌の治療におけるレボメコールの普遍性にもかかわらず、この薬にはまだ使用するべき禁忌がいくつかあります。

患者が持っている場合、軟膏は使用されません。

  • レボメコルの主成分および補助成分に対するアレルギー
  • 乾癬は急性期にあり、
  • 原因不明の性質不明の足の皮膚の湿疹、
  • 腫れ、皮膚の過度の発赤、発疹の外観、真菌の治療中にレボメコールを使用した直後に形成される。

Levomekolによる真菌症治療を開始する前に、まず皮膚科医に相談しなければならないことを覚えておくことが重要です。

バイダル:https://www.vidal.ru/drugs/levomecol__1655
GRLS:https://grls.rosminzdrav.ru/Grls_View_v2.aspx?routingGuid=cf36eacd-b2d6-4389-92b4-4fb0e257825f&t=

バグを見つけましたか?それを選択してCtrl + Enterを押す

Levomekol軟膏はどのように機能しますか?

この局所用製品には2つの有効成分が含まれています。

最初の成分は抗菌性であり、2番目は再生しています。軟膏はかすかな特徴的な匂いを持つ白い物質です。販売時には、チューブとガラス瓶の2つの形態で起こります。

レボメコールは通常、以下の疾患の治療に使用されます。

  • 炎症の段階で化膿性創傷、
  • 化膿性分泌物のない開放創
  • 褥瘡
  • ゆでる、
  • 栄養性潰瘍
  • 痔、
  • にきび
  • 歯周病
  • 喉頭蓋炎、
  • 口内炎
  • 術後縫合

援助として、薬はヘルペスと真菌の皮膚病変の治療に使用されます。

一般に、Levomekolは遠い真菌の影響のための治療薬として使用されていることに注意することができ、それは軟組織に深刻なダメージをもたらしました。

制限と警告

この軟膏は、成分に対する個々の不寛容性および3歳までの子供の治療には使用できません。湿疹および乾癬もまたレボメコールの使用に対する禁忌です。しかし、妊娠中や授乳中の女性は医者の指示に従って軟膏を塗ることができます。

時々、皮膚に薬を塗るとき、患者は灼熱感、赤み、および皮膚のかぶれを感じた。覚えておいて、どんな副作用でも - これは資金の使用をキャンセルして、より適切なものを探す理由です。

もう1つの重要な点は、抗真菌薬と癒し薬を使用する際の時間のずれです。これらは互いに矛盾する可能性があるためです。最善の選択肢は、医師が処方した薬だけを使用することです。このアドバイスに従うことが不可能な場合は、使用説明書を読むことをお勧めします。

誰がいつこの薬を必要としているのか

もちろん、Levomekolの使用は必要ではありません、なぜなら真菌または他の抗真菌薬に対する軟膏が効いているならば、皮膚がそれ自身を直すと思われるので。

ただし、この原則は特定のグループの患者には適用されません。

  • 真性糖尿病患者(この疾患に特徴的な糖尿病性の足は、感染および組織栄養性のリスクが高いことを特徴とする)、
  • 静脈瘤、血液疾患、免疫不全症の人、
  • Тех, кто вынужден по роду деятельности много ходить или стоять, проводить весь день в неудобной обуви,
  • Пожилых,
  • Беременных женщин.

それらの上にinterdigital真菌を与えたそれらの病変は、体の再生能力の低下または足の軟組織への毎日の損傷のためにそれ自体では治癒しません。

Levomekolは以下の状況で使用されました:

  • 指間皮膚萎縮症(すなわち、指の間の真菌から、ひびの原因となる)で、
  • 発汗異常性皮膚糸状菌症を伴う(湿ったかゆみ水疱と潰瘍の外観を伴う)、
  • 足底の皮膚糸状菌症(この病気は、皮膚の角質化の増加、かかとのひび割れの深さが特徴です)。

レボメコールは硬い組織に浸透せず、原因物質に影響を与えないため、爪真菌症(爪真菌症)には効果がありません。炎症がない場合、損傷した部分がある場合は、爪が黄色くなっているか、またはほんの少しだけ爪が少し剥がれている場合は、癒しの軟膏を使用する必要はありません。ここでは医者によって処方された抗真菌薬を使用するのに十分です。

軟膏の塗り方

レボメコレムは、皮膚の完全性が損なわれている場所、つまり指の間の領域、曲がっている各指、ソールの領域、泡が破裂したり割れたりする場所を塗抹する必要があります。最良の選択肢は、ドレッシングを使用せずに、こすらずに薄層で夜に薬物を塗布することである。毎日交換する必要がある清潔な綿の靴下を着用するのが最善です。

事前に、足は汚れを取り除き、以前に他の製剤を塗布し、皮膚は柔らかい布で乾かしてください。無菌 - 治療の主な条件ですので、治療前および手洗い後は抗菌石鹸で洗ってください。

レボメコールの使用期間は10日以内です。細菌の微生物叢がその成分に慣れるようになり、そして薬物が助けをやめるからです。病気の治療の進歩が達成されていない場合:しだれの多い領域、痛み、炎症を持続する、それは医者に相談することをお勧めします。その後、同様のアクションを持つツールを使用できます。

  • ビシュネフスキー軟膏、
  • イクチオール軟膏、
  • 軟膏レボシン、
  • サリチル酸亜鉛ペーストなど

ドラッグレビュー

ミハイル・M:私は真菌に長い間苦しんだ、私はそれが私と一緒に始まったときに私も覚えていません。最初は指がかゆくなるのが難しく、脂っこい子供用のクリームやケルンで塗りつけましたが、すべてが合格しましたが、特に足を濡らした場合は再び始まりました。それから私はそれが真菌であることを知りませんでした。しかし、昨年の冬、肌にひびが入り始めました。私の右足はまだ何もしていませんでした、しかし私は私の左に足を踏み入れることさえできなかった、私が私の指を曲げたときそれは非常に痛かったです。医者はそれが真菌であると言って、飲むためにNizoralを処方しました。ひび割れの中で私は包帯をLevomekolで敷いた。ほんの数日ですべてが非常に速く進み、ひびが大きくなり、それ以来、何も痒くなっていません。それで私は無駄でした、1つの処置のコースはすぐに問題を解決しました。

オルガZ.:Levomekolはあらゆる応急処置キットに入っているはずの薬です、それは普遍的であり、皮膚だけでなく、多くの問題を解決します。私はプールで拾った菌からそれを試してみました。私は最初に足の裏とつま先に発疹があり、次に液体で泡立ちました。彼らは破裂しました、それはすべてひどくかゆいと痛みでした。私がインターネットに入ったとき、私はそれが真菌であるかもしれないという徴候によって見つけました。癒し始めました:朝はレミメコルと一緒に夜にラミシルを塗ってください。私はそれらを足全体から下肢まで非常に注意深くこすり、そして各指を円でそしてそれらの間で動かした。夜、彼女は軟膏のペディキュアのために靴下を履き、朝にはお湯で洗い流しました。だから真菌から救われた。

エフゲニーT.:私のLevomekolaのレビューはかなり否定的です。彼は私を助けなかった。誰もがこの軟膏を足の裏やかかとのひび割れから教えてくれましたが、長い間塗っても効果はありませんでした。それは肌を少し柔らかくしますが、あなたはクリームや油で塗ることができます。なぜ彼がそんな奇跡だと思われるのか私にはわかりません。

軟膏の作用メカニズム

真菌に対するレボメコールは軟膏形式で入手可能です。その構成は次のとおりです。

白黄色のクリーミーな均質物質

クロラムフェニコール(クロラムフェニコール)の濃度、mg / g

メチルウラシル(ジオキソメチルテトラヒドロピリミジン)のレベル、mg / g

20、25、30、40 gのチューブ

薬は傷の治癒(瘢痕化)を促進する資金のグループに含まれています。その組み合わされた組成物は、抗微生物、抗炎症および修復効果を薬物に提供します。クロラムフェニコールは、微生物のタンパク質の合成を侵害する抗生物質です。それはまたグラム陽性菌およびグラム陰性菌に関して静菌性に作用する:ブドウ球菌、シュードモナスおよび大腸菌、ストレプトコッカス。

メチルウラシルは細胞再生を促進し、創傷の瘢痕化を癒しそして促進し、抗炎症活性を有する。爪真菌に対するポリエチレンオキシド軟膏は、創傷滲出液を吸着し、有効成分の効果を高めます。薬は生体膜を傷つけずに組織の奥深くまで容易に浸透します。体循環への吸収の程度は不明です。

レボメコルはいつ爪真菌に使用すべきですか?

爪の真菌の開発の初期段階では、皮膚がかゆくなる、不快な臭いがする、発赤、爪甲が剥がれ落ちている。最終段階では、プレートは完全に黒くなって剥がれ落ち、炎症と患部の化膿が起こります。そのような場合、Levomekolが助けになります。それは抗真菌剤と組み合わせて外部で使用することができます。

独立して、軟膏は真菌症に対処することができないでしょう、しかし複雑な治療は特定の膿瘍を形成することを不可能にします。それらが破裂すると、皮膚は病原性微生物の影響を受けやすくなります。そのような患部の治療は、再生中のレボメコールの使用の適応となります。禁忌は:

  • 湿疹、
  • 乾癬、
  • 組成物の成分に対する個々の不耐性
  • 活性物質に対する病原体の感受性の欠如。

使用方法

真菌症の初期症状の発症では、軟膏は必要ありません。重度の炎症を伴う場合は、重度の爪真菌に使用する必要があります。不快な症状を解消するために、患部に1日に1〜2回、軟膏を薄層で塗布します。ガーゼ包帯を使用することができます(圧縮剤は一晩かけて塗布します)。治療を開始する前に、その薬が使用されている抗真菌薬と互換性があるかどうか医師に相談してください。

爪板真菌からのレボメコールが炎症の発症を予防するための予防薬として処方されることがあります。敏感さや過剰摂取症状の出現を発症する危険性があるため、医師は1週間以上治療を適用しないことを勧めます。あなたは膿、壊死性の塊の存在下で軟膏を使用することができます。爪を処理した後、あなたの手を洗う必要があります、目や口の粘膜に資金の進入を許可しないでください。

薬の使用が1ヶ月以上続く場合は、末梢血画像の状態を常に監視する必要があります。母親への利益が子供へのリスクを超える場合は、妊娠中や授乳中に軟膏を使用することが可能です。治療中に車や機械を運転することは禁止されていません。薬は3歳以上の患者に使用されています。

薬の薬理学的グループ

レボメコールは、抗炎症作用と抗菌作用を持ち、多くのグラム陽性菌とグラム陰性菌を駆除するのに効果的です。

容易に組織の奥深くまで浸透し、再生過程を促進します。膿または壊死組織でも、薬の抗菌効果は保持されています。

レボメコールは外科手術で最も広く使われています。 薬の使用のための徴候は次のとおりです。

  • 様々な傷の存在
  • 術後縫合
  • 褥瘡、
  • 潰瘍
  • 痔、
  • 沸騰する、
  • 口内炎、歯周病、
  • やけどします。

婦人科では、レボメコールは、外科的介入後の産褥期に治癒剤として使用されます。 この薬は、真菌性およびヘルペス性疾患の治療にも応用されています。

重要です! 足の真菌からのレボメコールは、他の薬との複合療法の一部としてのみ使用されるべきです。

薬を服用することは、組成物を構成する成分に対する個々の不耐性の場合には禁忌です。あなたは3歳未満の子供の様々な病気の治療に薬を使用することはできません。また、いくつかの皮膚病(湿疹、乾癬)にはレボメコールを使用することはできません。 Levomekolは医者の処方箋なしで薬局で解放されます。

薬物の放出形態およびそれらの組成

レボメコールは外用の軟膏として製造されています。濃い白またはわずかに黄色がかった物質です。 軟膏の主な有効成分は次のとおりです。

  1. クロラムフェニコールは広範囲の作用を持つ抗菌剤です。
  2. メチルウラシルは組織の栄養を改善し、再生過程を刺激する物質です。

活性成分に加えて、ポリエチレンオキシド400および500は補助物質であり、それらは患部への軟膏のより良好な分布および活性成分の浸透に寄与する。

他の薬との相互作用

細胞増殖抑制剤、スルホンアミドおよびピラゾロン誘導体と併用することはお勧めできません。

抗真菌剤を使用するときは、専門家に相談することが重要です。 レボメコールはこれらの薬と相容れないかもしれず、これらの薬の服用の間に間隔を必要とするでしょう。

保管条件と貯蔵寿命

薬は、摂氏20度を超えない温度の暗い場所に保管してください。薬を子供の手の届かないところに保管することが重要です。

レボメコルの賞味期限は2年6ヶ月です。 この期間の満了の後で使用軟膏は禁止されています。

それから液体Berezhnovaの使用のための指示。

薬の使用についてのフィードバックは大部分肯定的です。しかしながら、真菌病変の治療において、抗真菌剤なしでレボメコールを単独で使用することは実用的ではないと患者は指摘している。また、記事の下のコメントにフィードバックを残すこともできます。 例として、ここに薬に関するいくつかのレビューがあります:

キャサリン:«真菌はたくさんの不安をもたらしました。すべてが皮むき、かゆみ、痛みでした。抗真菌薬は安心をもたらしませんでした。医者は私にLevomekol軟膏を買うように勧めた。最初の申し込みから、私は安心しました。」

マキシム:«親指の真菌が起動し、それが感染の追加につながった。指はひどく体調が悪く、足を踏むことは不可能でした、そしてまた不快な臭いがありました。医者は軟膏Levomekolを処方しました。最初の使用から痛み、発赤が減少しました。」

アナスタシア:「レボメコルはみんなの応急処置キットに入っているはずです。それは私が何度も救われた多くの病理を助けます。プールで、彼女は真菌と契約しました、泡はひどくかゆむように見えました、破裂しました、傷つけました。私はこの軟膏を使い始めました、そしてそれは私が不快な症状を取り除くのを助けました。」

結論

真菌病変の治療におけるレボメコールは、組織修復を促進し、感染の加盟を防ぎます。薬は真菌症の原因物質に影響を与えない、したがってこれらの病気の治療に抗真菌薬との組み合わせでアジュバントとしてのみ使用されるべきです。この薬は容認されやすく、事実上禁忌や副作用はありません。

薬の説明と組成

レボメコールは、特定の薬用臭を有する白い半透明の軟膏です。それはロシアの製薬会社Nizhfarmによって生産されています。

それは2つの有効成分が含まれているため、この薬は組み合わせに属しています。

  • メチルウラシル40mg(ジオキソメチルテトラヒドロピリミジン)、
  • クロラムフェニコール7.5mg。

クロラムフェニコールは誰にでもよく知られています - それはそのようなレボミセチンとシントマイシンのような薬に含まれています。それはに対して次のような広域スペクトルの抗生物質です。

  • ブドウ球菌、
  • 連鎖球菌
  • 大腸菌(大腸菌)
  • サルモネラ菌
  • 緑膿菌
  • クレブシエル
  • プロテア他

メチルウラシル(薬物の第二の成分)は免疫刺激剤です。軟膏の一部として、次のような効果があります。

  • 細胞再生を促進する
  • 肉芽形成および上皮化(すなわち治癒)を改善する。
  • 病原体と戦うために体の免疫反応を刺激します。
  • 炎症とそれに関連する現象(腫れ、痛み、かゆみ、発赤)を解消します。

説明から明らかなように、レボメコールの有効成分は病気を引き起こす真菌には効果がありません、しかし、この薬はしばしば皮膚真菌症の複雑な治療に使われます。病原性微生物叢の治療にどう役立つかを学びます。

足の真菌からLevomekolを使用する理由

真菌性皮膚病変は以下のものの形成を伴う:

  • 発赤
  • 腫れ、
  • 侵食、
  • 泡と水疱
  • ひび割れ
  • 浸軟の領域(腫脹し、より飽和した組織)。

病原性細菌は損傷した表皮を容易に貫通するので、真菌感染症はすぐに混合します - 真菌 - 細菌。損傷した部分は縁に沿って赤くなり腫れ、痛み、ズキズキする痛み、そして時には化膿の病巣があります。

これらの現象は2つの理由で治療を非常に複雑にします:

  • 多くの抗真菌性局所製剤は損傷した皮膚には適用できません。そうでなければ毒性成分が血液に吸収されます。
  • 治癒しないダメージはすぐにまた至るところに存在する真菌で播種されます。

真菌症の治療では、皮膚の急速な治癒を達成することが重要です、そして、レボメコールはこれを助けます。この効果は次のようにして達成されます。

  • 新しい皮膚細胞の形成や創傷治癒を妨げるバクテリアが破壊され、
  • 刺激された白血球形成(骨髄中の白血球の合成と成熟)。白血球はあらゆる性質の感染と戦う細胞です。
  • 細胞に栄養素を供給し、組織内の代謝を改善します。

これは特に、血行不良や代謝障害の結果として再生プロセスが遅い人に当てはまります。彼らは頻繁に治療が困難である再発性真菌に苦しんでいます。皮膚の回復を妨げる病気には、次のものがあります。

  • 糖尿病
  • 悪性腫瘍
  • 免疫不全
  • ビタミン欠乏症、
  • アテローム性動脈硬化
  • 下肢の静脈瘤、
  • 心臓の慢性的な機能不全、腎臓、肝臓、。

これらの場合、回復を達成するために真菌からの軟膏を使用することは十分ではありません。マッサージ、理学療法などを含む包括的な治療が必要です。レボメコルまたはその類似体は、この計画で重要な位置を占めています。

足の真菌に苦しんでいる人々のもう一つのカテゴリーがあります。それは長い間彼らの足の上に立っていて不快な靴を履いていて有害な状況で働いている人々です。この場合、毎日繰り返される皮膚損傷のために持続的な治癒を達成することは困難である。しかし、治療に治癒軟膏が含まれている場合、プロセスは速くなります。

足の真菌からの軟膏の使用のための規則

治療の前に、足を抗菌剤またはタール石鹸でぬるま湯で洗う必要があります。それからきれいなタオルであなたの指の間の足と部分を優しく浸します。軟膏は一日一回、好ましくは夜に適用される。患部に少量の丁寧にこすりつけてから、上にきれいな綿の靴下を着用してください。

通常、絆創膏を塗る必要はありませんが、軟膏に浸した小さなコットンウールコートをくし形空間のひびに付けることができます。ハーブ風呂や重曹で角質層を柔らかくした、軽石で足の裏の深い痛みを伴うひび割れで肥厚する部分を慎重に治療することをお勧めします。それから彼らは軟膏に浸したガーゼの破片をはめて、包帯の数ターンを固定します。

真菌を含むレボメコールを使用し、少なくとも6時間抗真菌軟膏とクリームで休憩を維持する。さまざまなツールのコンポーネントが反応しないことが必要です。

薬物治療のコースは7日間です。持続可能なミクロフローラの形成を回避するためにあまりにも長い間それを使用しないでください。加えて、浸透圧ショックは、それらの脱水(脱水)のために健康な細胞において起こり得る。損傷がまだ修復されていない場合は、民間療法を含む他の創傷治癒剤で治癒することができます。

薬の価格と類似物

Levomekolは高価な薬に属していません。 40 g - 110ルーブルのチューブのおおよその価格。薬局でさえ、ワックスとレボメコルを含浸させた特別な滅菌包帯VoskoPranが販売されています(5個入り5×7のパックあたり330ルーブル)。

薬物の完全な構造類似体は、レボメチル軟膏(製造業者 - Green Dubrava、ロシア)である。それは同じ組成を持ちそしてより安い - 40 gの管ごとの75ルーブル。

Levomekolに含まれているコンポーネントの1つだけを含む救済策があります:

  • メチルウラシル軟膏は安価な治療薬です(平均価格は30ルーブルです)。
  • Syntomycin linimentは抗菌薬です(平均価格は70ルーブルです)。

類似の作用を持つ類似体:

薬の使用に関するレビュー

Sergey、49歳。

秋には、一週間の釣りを過ごした後、水疱が彼らの足に現れました。それから彼らは破裂し、濡れて痒い潰瘍のままでした。いくつかの爪が消え、黒いあざがそれらの下に現れました。まるで重いものが私の足に落ちたかのように、それは痛みを伴いました。私が医者に着いたとき、その光景はひどかった。

Врач сказал, что это грибок, прописал таблетки, а язвы посоветовал смазывать зеленкой и Левомеколем. 私はこれが非常に良い軟膏であると言いたいです、私は手術の後にそれを使いました。そして、ここLevomekolは私を助けました、すべてはすぐに直りました。この軟膏は家庭で保管しなければなりません。

グレゴリー、60歳。

Mazal Levomekolは、指の間にある真菌からひびが入ります。まず彼は足を洗い、それからそれをアルコールでこすった。軟膏は指の間と指の下に塗った。その後、足全体を包帯で覆いました。だから夜に向けて出発しました。彼はこれ以上何もせず、飲まなかった。すべてが4日で行きました。

Loading...