人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

ヒント1:妊娠中に葉酸が必要な理由

葉酸(ビタミンB9) - 薬や食物と共に、外から体内に入る水溶性ビタミンのグループを指します。それはすべての代謝過程、血液形成、免疫の維持、多くの病気の予防の調節において重要な役割を果たしています。

葉酸は男性と女性の両方に必要です、大人のための消費率は1日あたり200 mcgです。しかし、女性は体内のビタミンB9の適切なレベルに特別な注意を払うべきです。

葉酸は女性に処方されていますか?

ビタミンB9を増量して服用するための特定の適応症があります。レビューが示すように、主に妊娠の準備と計画の間に、女性のための葉酸が必要です。女性の体内の葉酸は大量に蓄積することはできませんので、薬を服用する前に少なくとも3ヶ月の疑いのある言葉の期間前に開始する必要があります。交換生成物との葉酸排出量、そしてあなたは適切なレベルでそれらの濃度を維持する必要があります。

この化合物は、DNA合成に参加しているため、妊娠初期に大きな役割を果たします。妊娠中、葉酸は、胎児の発達の最初の月に胎児の神経管を形成するために、そして後でそのすべての器官および組織の正常な成長のために重要である。したがって、葉酸は、女性と胎児の両方の健康に必要です。 1日あたり400から800マイクログラムの投与量で妊娠中の女性のための薬を処方してください。妊婦のための特別な複合体 - 葉酸を持つ女性のためのビタミンは完全にこの化合物の妊婦の必要性をカバーします。

体のための葉酸の利点

葉酸は細胞分裂、すべての組織の発達に影響を与え、免疫システムを正常化し、心血管系に良い効果をもたらします。通常の状態では、腸内細菌叢はある程度の量の葉酸を合成することができます。このビタミンは、酵素、アミノ酸、リボ核酸およびデオキシリボ核酸鎖の合成に必要です。それは造血系、消化器系の機能、特に肝臓の健康に良い効果をもたらします。

葉酸は興奮と神経系の抑制のプロセスを調整し、細胞間のインパルスの伝達を確実にします。このビタミンは特に女性に欠かせない、体内のその十分な量は妊娠の通常の過程のための条件です。この物質は、早産の可能性と子供の先天性脳欠陥の出現を有意に減少させます。葉酸は、産後期間の感情的背景を正常化し、更年期障害を滑らかにします。

体内に葉酸が不足していることによる影響

体内の葉酸欠乏症は、食品中のビタミンB 9の含有量が不十分であること、および腸内細菌叢によるこの物質の生成が不完全なために引き起こされる可能性があります。葉酸の体の欠乏の兆候は以下のとおりです。原因のない不安、恐怖、鬱病、記憶障害、混乱、消化器系の疾患、口腔粘膜の炎症、貧血、初期の白髪。ビタミンB 9の長期欠乏は、神経障害、早期閉経、アテローム性動脈硬化症の発症、脳卒中の出現、心臓発作を引き起こします。葉酸の有益な特性を最大にするためには、ビタミンB12と一緒にそれを取る必要があります。

葉酸の主な供給源は緑の野菜と小麦胚芽です。この物質を体に提供するためには、発芽小麦粒、ブロッコリー、ほうれん草、アスパラガス、レタス、レタス、ふすま、大豆、レンズ豆、ネギ、ニンジン、ビート、トマト、酵母、キビ、全粒粉製品を食事に含める必要があります。 、オートミール、そば粉ひき割り穀物。ビタミンB9は、病気の間、妊娠中の頻繁なストレスの多い状況、過度の肉体的および精神的ストレスを伴ってさらに摂取することができます。葉酸の最小一日量は400mcgです。妊娠中や授乳中の女性は600マイクログラムの量でそれを飲む必要があります。

葉酸とは何ですか?それは何のためにありますか?

葉酸は人体の多くの基本的なプロセスに積極的に影響を与える水溶性ビタミンです。残念なことに、有機体それ自身は葉酸を合成することができず、そして小腸に生息する細菌は、そしてほんの少ししかそれをそれのためにそれをしない。それでそれのための基本的な必要性は外側からだけ満たされることができます。

葉酸の欠乏は、2人に1人の女性にみられます。葉酸は、妊娠中の女性や妊娠を計画している女性に特に有益です。研究の結果、妊娠の数ヶ月前に薬を80%の割合で毎日摂取することで、胎児の先天性奇形のリスクを減らすことができることが示されています[1]。妊娠中、女性の身体はより多くの葉酸を消費し、そしてビタミンは非常に少量で合成されそして貯蔵されるので、外部源を使用して毎日必要なレベルを維持することが必要である。

妊娠の最初の学期に葉酸を投与することが特に重要です。胎児神経管が形成されるのはこの時点です - 脊髄や脳を含む人間の神経系の主要な形。現時点でのビタミンB9の欠乏は、最も深刻な、しばしば修復不可能な結果を​​もたらす可能性があります。たとえ胎児の神経管欠損が形成されなくても、子供はその後、精神病、神経症、または母親の葉酸欠乏の背景に対する精神遅滞に苦しむかもしれません。さらに、赤ちゃんが生まれた後でさえ、赤ちゃんは母親の母乳を与えている間だけそれを受け取るのでビタミンB9の摂取を中止することは勧められません。

残念ながら、葉酸欠乏症は珍しくありません。すでに述べたように、それは体内に蓄積することはほとんど不可能であり、非常に少量で有益な腸内細菌叢によって産生されます。葉酸欠乏症は急速に発症し、最初の症状は1週間以内に文字通り顕著になり、1ヶ月後に症状は重篤レベルに達します。妊娠中の女性の体内のビタミンB 9欠乏の兆候は、皮膚の蒼白、神経質、過敏性、疲労感、記憶力と注意力の問題、黒ずみの発生、しみ、急激な体重減少などです。残念なことに、人々はこれらの症状に常に注意を払っているわけではありません。妊娠中やストレスの間の正常な状態の兆候であると考えています。しかし、葉酸欠乏症と闘わなければ、妊婦の健康と胎児の健康に危険な結果をもたらす可能性があります。

葉酸が豊富な食品(レンズ豆、豆、ほうれん草、アスパラガス、グリーンレタス)の定期的な摂取は、葉酸の必要性を部分的に相殺することができます。

葉酸が豊富な食品[2]

葉酸は女性にどのように役立つのでしょうか。

ビタミンB9を含む薬を服用するには、子供の誕生を待っている間だけではありません。葉酸は女性にとっていくつかの有益な特性を持っています。

  • 免疫力の向上 - 体の防御力を高め、ウイルス性感染症を予防します。
  • 心血管系の疾患、血栓症の発症のリスクを減らす。
  • 神経系のストレスに対する抵抗力を高め、片頭痛を予防します。
  • 貧血の予防、十分な量の赤血球の合成をサポートします。
  • 悪性腫瘍を発症するリスクを減らす。
  • 消化管の活動を改善する。

女性のための葉酸の利点は外観にプラスの効果です:ビタミンB9は色素斑や早まったしわから皮膚を保護し、爪甲を強化し、髪の成長を促進し、脱毛を防ぎます。女性のための葉酸の毎日の摂取量は0.2 mgです。

ビタミンB9は水溶性の化合物なので、体内での過剰量は、原則として、言うことはできません。しかし、女性のための葉酸の害は、過剰な葉酸塩がビタミンB 12欠乏症を隠し、消化器系疾患を引き起こし、心血管疾患のリスクを増大させる可能性があるという事実で表せることを考慮に入れるべきです。

40年後の女性のための葉酸

女性の体の年齢に関連した変化で、ビタミンB9は役割を果たしています。 40年後、ホルモンの変化が始まります。これは、生殖機能の漸進的な減弱および体内のホルモンレベルの変化に関連しています。葉酸は40歳以上の女性が更年期障害の症状を和らげ、肌の若さを保ち、脱毛を防ぐのを助けます。この期間中、ビタミンB9は心血管系と神経系の活動を正常化します。

50年後の女性の健康にとって葉酸はそれほど重要ではありません。それは、身体的および精神的レベルの両方において、身体における更年期障害の負の徴候を減らすのを助けます。年配の女性にとって、ビタミンB9がすべての体組織に酸素を供給する赤血球の生産に関与していることもまた重要です。葉酸は50歳以降の女性の消化過程に良い効果をもたらし、すべての栄養素の正常な吸収を助けます。言い換えれば、この年齢の女性に葉酸が欠如していることは、たんぱく質食品の同化の困難さと関連しているのかもしれません。

女性の葉酸摂取方法

ビタミンB9は植物や動物由来の多くの製品に含まれています。レタス、タマネギ、ほうれん草、パセリ、ディル - 大量に、それは植物の緑の葉に含まれています。さらに、ビタミンB9は新鮮な野菜(トマト、ビーツ、ニンジン、マメ科植物)と一緒に摂取することができます。穀物、ナッツ、バナナ、カボチャの葉酸が含まれています。

葉酸の供給源としての動物性食品の中で、卵、チーズ、牛乳、肝臓、牛肉、鶏肉、そしてマグロの魚は注目に値します。

しかし、必ずしも毎日の食事に含まれる製品ではなく、葉酸で女性の身体のニーズを満たすことができます。すでに述べたように、これは将来の母親にとって特に重要です。彼らは錠剤やカプセルの形で加えてビタミンB9を取ることが必須です。葉酸の使用説明書は、この場合女性のための一日の投与量を示しています、0.4から0.8 mgまで。閉経中は、1日当たり0.3 mgのビタミンの推奨投与量。これにより、ホルモン調整によるネガティブな症状を減らすことができます。病気を予防し、体の健康を維持するためには、体が1日に約0.2 mgのビタミンを摂取するようにする必要があります。

葉酸を服用するための手順は、薬の投与量によって異なります。原則として、食事の30分後、1日1〜3回、1錠の錠剤またはカプセルを服用してください。

妊娠中に葉酸を飲む必要がありますか?

ビタミンB9食品に含まれています - 葉菜、大豆、ブロッコリー、柑橘系の果物、グリーンピース、ニンジン、バナナ、酵母、肝臓、パン製品、チーズ、カッテージチーズ、肉、卵など。かなりの量が人間の腸内細菌叢によって生産されています。しかし、適切な栄養やこれらの製品を多数使用したとしても、体内でビタミン欠乏症になる可能性はかなりあります。

これは、動物の成長を促進する手段の栽培、温室内での野菜および緑の成長、ならびにヒトの胃腸管の疾患を伴う、緑の貯蔵および食品の熱処理中の急速な破壊(50〜90%)によるものである。また、ビタミンBの必要性には注意が必要です。9受胎後は著しく増加します。同時に、さまざまな理由から、人口の60%がビタミン欠乏症を持っており、妊娠中の1日の割合はわずか50%強の食物でカバーされているにすぎません。

そのような生物学的に活性な物質の欠乏の発生の主な理由は以下の通りです:

  • 食物摂取量の不足、
  • 胃や腸の慢性疾患、ビタミン吸収の侵害
  • 葉酸の変換と吸収に影響を与える酵素が体内にない遺伝子障害
  • 特定の薬を服用しているが、その主なものは個々の抗けいれん薬、スルホンアミド、経口避妊薬、制酸剤、バルビツレート、サリチレート、高結核剤、抗結核剤などです。
  • アルコール飲料を飲む。

妊娠中に処方される葉酸は何ですか??

現在ビタミンBの不足9妊娠中の女性の間で最も一般的なビタミン欠乏症です。それは全般的な脱力感、めまい、頭痛、疲労、体重減少、貧血、血栓症への抵抗の減少、中枢神経系の機能障害、過敏性、うつ病、神経症、記憶障害、いくらかの攻撃性、失神として現れることがあります状態、神経炎。

葉酸は、タンパク質および核酸(DNAおよびRNA)の合成にとって非常に重要であり、これは細胞再生の過程における例外的な役割を説明し、すべての組織および器官の正常な構造を維持し、悪性細胞への形質転換の阻止によって媒介される。

他のビタミンと組み合わせた葉酸

それは胎児の成長と発達を確実にすることにおいて特別な役割を果たします。女性の体内のその正常な含有量は、集中的な細胞分裂が起こる、胎児の血管と同様に胎児の血管が特に形成され、胎児の血管が形成される最初の学期に最も必要です。

ビタミン欠乏症はまた、胎児神経管の形成の障害の高いリスクを特徴とし、その産卵は受胎後2.5〜4週間で始まり、彼の中枢神経系の発達障害の形成(水頭症、無脳症、脳ヘルニア、痴呆、壊死)唇とオオカミの口。

さらに、ビタミン欠乏症も伴います:

  • 妊娠中毒症の発症
  • 早産の胎盤の突然の破裂
  • 自然流産、
  • 流産、
  • 胎児の死亡およびその他の合併症

その可能性のある合併症を避けるために、妊娠中に葉酸を飲むことがどれくらいそしてどのくらいの期間必要です。

妊娠中の葉酸の使用についての指示

それは純粋な形でまたはアスコルビン酸またはシアノコバラミン(ビタミンB)との組み合わせで錠剤で利用可能です12")様々な名前の下で製剤中の400-1000 mcgの投与量 - Foliber、Askofol、Folacin、Mamifolなど。さらに、ビタミン複合体および生物学的サプリメントがこのビタミンを含んで製造されています。錠剤は噛まずに食事に関係なく摂取することができます。彼らは普通の水で飲む必要があります。

ビタミンBを飲み始める時期9”?

妊娠初期に葉酸を服用するか、または計画段階で葉酸を服用すると、上記の合併症がすべて発生するのを防ぐことができます。ビタミンBの合成誘導体のバイオアベイラビリティ9天然の葉酸塩よりも高い。

世界保健機関は、鉄分とビタミンBを摂取することを推奨しています。9すべての妊娠中の女性に。妊娠中の女性の産科歴、特定の疾患の存在に応じて、葉酸の投与量は産科婦人科医によって決定されます。例えば、妊娠初期の70%の投与は、神経系の胎児奇形を予防することがわかった。

妊娠は葉酸をどのくらいかかりますか?

入院は、妊娠の開始から、その後12週間(最初の学期)のための必須の予防策として推奨されています。この期間の後、その薬の不足の兆候がなければ、その薬は中止することができます、そして、女性は妊娠の第二学期からさらに赤ちゃんが生まれるまでそれを服用し続けたくないという条件で。赤ちゃんが生まれるまで、そして母乳育児が終わるまでそれを続けていくために、妊娠の計画段階(妊娠1〜3か月前)に服用し始めることが望ましいと考えられています。

投与量

  • 妊娠計画の期間の間、それは毎日400mgの薬を服用することをお勧めします。
  • 妊娠中期における葉酸の一日量は600〜800 mgであるべきです。
  • 生後13週目から始めて、1日の推奨投与量は800 mcgです。
  • 母乳育児期間中 - 400から600マイクログラムまで。

必要に応じて、婦人科医の1日の服用量を数回増やすことができます。

  • При наличии у беременной женщины сахарного диабета или судорожного синдрома (эпилепсия) дозировка увеличивается до 1 000 мкг (1 мг).
  • 上記の奇形を伴う自然流産(神経管の発達における欠陥)の既往歴、または同じ奇形、精神遅滞、神経精神障害のある子供の誕生の場合、1日量は4,000 mcg(4 mg)まで増加。

医師の裁量で、妊娠中の女性が血中へのビタミンの吸収を減らす薬を服用している場合には、最大0.8 - 4 mgの用量を増やすことができます。さらに、経口避妊薬およびコルチコステロイド薬、高用量のサリチレート、アルコール飲料の使用、濃いお茶およびコーヒーも考慮に入れられる。

禁忌および過剰摂取

次のような場合には、この薬の使用は禁忌です。

  • 葉酸アレルギー
  • 気管支喘息、
  • 次の近親者のいる歴史上の悪性新生物
  • ビタミンB欠乏症12”,
  • 悪性貧血、
  • 慢性腎盂腎炎。

過剰な量の葉酸が現れる。

  • 口の中の苦味と金属味
  • 食欲不振、吐き気、嘔吐、不快感や膨満感、下痢などの消化不良症状
  • やる気のない過敏性と顕著な過敏性
  • 睡眠違反、
  • 腎機能障害、亜鉛およびビタミンB欠乏症12血液検査で。

妊娠中の過剰量の葉酸は、水溶性の物質であり、必要な量だけ体内に吸収されるので、ありそうもないです。その過剰は肝臓によって部分的に沈着し、残りの過剰量は腎臓を通して体から排泄されます。

一般的に、女性の体や胎児に有害な影響を与える薬の過剰摂取は、おそらく15mgを超える毎日の服用量で、そして重度の腎臓 - 肝臓障害がある場合には可能です。ほとんどすべての場合において、問題のビタミン製剤の摂取は重篤な副作用がないことを特徴としています。

Loading...