人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

抗生物質による子宮内膜炎の治療:この病気と闘うための有効な手段

健康な子供を産むには、女性の生殖器系が健康でなければなりません。これは主に子宮に関係します、なぜならその状態は卵子の着床とそのさらなる発達に依存するからです。通常、子宮の内層、すなわち子宮内膜は、胚の確実な付着をもたらし、そしてその成長を促進する。婦人科診療では、子宮内膜炎と呼ばれる炎症過程が子宮内膜で始まる場合があります。この病気の治療は炎症を引き起こした病原体の除去を目的としているので、子宮内膜炎のための抗生物質はかなり広く使われています。

病気の発症を引き起こす原因

子宮の粘膜に対する病理学的損傷は、様々な病原体の子宮頸管を通って子宮内に侵入する結果として起こり得る。炎症は、ウイルス、真菌、マイコプラズマ、連鎖球菌、クラミジア、その他の病原菌への曝露によって引き起こされます。その過程で子宮内膜炎は急性と慢性にすることができます。

病理学の急性発症は、例えば以下のような婦人科的介入によって引き起こされる可能性があります。

  • 中絶を行うとき
  • コイルを取り付けるとき
  • 子宮の掻爬、子宮鏡検査中に、
  • 生殖器の慢性疾患がある場合
  • 特に帝王切開後の産後合併症の結果として。

免疫力の低下を背景に、性感染症または真性糖尿病などの遺伝子外疾患、内分泌系の異常、ホルモン機能障害などのために、子宮の内層の炎症が起こる可能性があります。

この疾患の慢性的な経過は、子宮内膜の急性炎症の合併症または継続として発症し、これは医学的方法によって適時に治療されていない。したがって、慢性型の子宮内膜炎を早期に治療し、それを急性型の病状に至らせないことが非常に重要です。

診断

以下の症状が観察される場合、子宮内膜炎は適切な臨床像の存在下で診断されます。

  • 下腹部に痛みがある
  • 排尿の問題
  • 強い匂いを伴う膣分泌物の存在
  • 一般的な幸福の悪化、
  • 体温が通常より高くなる
  • 頻脈の可能性
  • 子宮の検査は緊張の状態で彼女を明らかにする、それは痛みを伴うと拡大です。

推奨治療薬リスト

急性および慢性の両方の形態の治療的介入により、多数のセファロスポリンの使用が推奨される。子宮内膜炎を伴うセフトリアキソンはかなり頻繁に処方されます。

この抗生物質は、病原体に対する作用の拡大されたスペクトルにおいて異なる、第三世代の薬に属します。それは、好気性菌および嫌気性菌、ならびにグラム陽性菌およびグラム陰性菌に対して活性がある。セフトリアキソンは、フルオロキノロンの放出から並行して投与される他の薬物の作用によって増強され、例えば、薬物セフトリアキソン - クリンダマイシンの組み合わせは成功したと考えられる。

子宮内膜炎、急性の子宮内膜炎のための複雑な治療に使用されている薬メトロニダゾール、と子宮腔と膣円蓋に生息する嫌気性生物の発症をよく抑制します。例えば、医者はしばしばアンピシリン - ゲンタマイシン - メトロニダゾールの束を使用します。これは潜在的な感染性物質の活動の分野をこの薬物の複合体の相互作用でできるだけ広くカバーすることを可能にします。

薬自体の選択のように、投与量はプロセスの厳しさと確立されている病原体の種類に依存することに留意することは重要です。例えば、クラミジアが炎症過程に関与していることが明らかになった場合、医師はドキシサイクリンを使用することを好みます。

慢性的なコースは体の自身の防御メカニズムを活性化するために免疫賦活剤の優勢による治療を必要とするが、抗菌療法の強化されたモードが病気の場合には正当化されるという事実に注意を払う必要がある。これは、特定の群の抗生物質に加えて、深刻な用量の免疫調節剤、ビタミン複合体、ならびに損傷組織における再生過程の活性化を促進する手段、例えばアクトベジンを含む治療計画を使用して達成される。

子宮内膜炎の治療に推奨される抗生物質のリストには以下が含まれます。

  • アンピシリン、
  • アモキシシリン
  • クリンダマイシン、
  • ゲンタマイシン、
  • ドキシサイクリン、
  • セフォキシム、
  • セフトリアキソン、
  • レボフロキサシン、
  • セフタジジム、
  • アウグメチン、
  • ウナジン。

製薬業界は、婦人科疾患の治療のための医薬品の開発を絶えず改善しています。これらの成功した開発の1つは薬ロンギダーゼと考えられています。子宮内膜炎の病理は、結合組織部位の子宮内膜の粘膜における漸進的な成長、炎症の焦点に隣接する組織における癒着のさらなる形成をもたらす。これは彼らの通常の手術を妨害し、卵管の不妊を招く可能性があります。子宮内膜炎を伴うロンギダーゼは、癒着の発生過程を止めるだけでなく、その組成中に繊維状封入体を切断する特別な酵素が存在するために、すでに形成された癒着に影響を及ぼす可能性がある。

ロンギダーゼは、血液の微小循環を改善し、それが子宮組織の腫脹および緊張を軽減し、ならびに抗菌剤の子宮内膜炎症病巣への浸透を改善する。革新的な特性を有する薬物の臨床試験は、子宮内膜炎の治療の場合には、ロニダーゼの有効性を裏付けている。

多くの抗生物質の中で最も新しい薬の一つがSumamedです。それはクロアチアの会社によって開発され、多くの国内外の専門家によって採用されました。その有効成分はアジスロマイシンです。患者が通常の範囲の抗生物質に対する感受性が低い場合には、子宮内膜炎との併用が処方される。

病原体に対するSumamedの効果の範囲は非常に広く、それはクラミジア、マイコプラズマ、ウレオプラズマに対して有効です。薬物が炎症の焦点に蓄積する能力は、それを他の抗生物質と有利に区別する。

臨床試験では、活性物質であるSumamedの活性は、最後に使用した後5〜7日まで持続することが確認されています。この薬は非常に効果的なので、7日間持続する従来の抗生物質のコースの代わりに、Sumamedは急性炎症の症状を軽減するために3日かかるのに十分です。

子宮内膜子宮の病状は深刻な婦人科の病状ですが、有能で資格のある婦人科医によって開発された治療法に従って、それは合併症の発生を防ぐことなく治癒することができます。

病理の本質

子宮内膜炎 - 子宮の粘膜の炎症 - 子宮内膜.

子宮内膜炎は一般的な婦人科疾患です。通常、手術や中絶の後に起こります。

それは子宮内膜 - 子宮の粘膜層の炎症過程です。 子宮内膜は子宮内膜で、子宮内膜に血管を供給します。.

子宮内膜の各月経周期は再熟成して成長し、受精卵の付着に寄与する。それはまた感染から子宮を保護する。

しかし、子宮または上行路が損傷を受けると、感染は子宮腔に入り込み、それがその内層の炎症を引き起こします。

この病気の原因は、さまざまなウイルス、バクテリア、真菌の子宮腔への侵入です。。また、この病気は免疫力の低下とともに発症する可能性があります。

適切な治療法がないと、卵管内にさまざまな病因の嚢胞や癒着が形成される可能性があり、それは不妊症を伴います。 子宮内膜炎はしばしば出産年齢の女性に影響を与えます。.

この疾患は急性、亜急性および慢性の形態で起こりうる。

子宮内膜炎とは何ですか、またここで読んでください。

病気の種類と診断

子宮内膜炎は次のようになります。

  • 不特定 - 出産や外科的介入の結果としての感染によって引き起こされる、病理学的月経(遅発性月経、重いおよび長期間)を特徴とし、また不快な匂いを伴う退院、軽度の発熱。
  • 放線菌 - 様々な属の真菌が原因で、臨床像は非特異的子宮内膜炎の場合と同じです。
  • 結核 - マイコバクテリア結核(コッホの杖)によって引き起こされ、38度までの温度上昇、月経障害、出血を特徴とします。
  • 淋病 - 淋菌に起因して、40度までの温度上昇、腹痛、けいれんを伴う出血性化膿性排泄。
病気の診断含む:

  • 病歴(心配、妊娠中絶、出産、妊娠、手術など)、
  • 膣婦人科検査、
  • 一般的な臨床試験(一般的および生化学的血液分析、尿検査、臨床検査、フローラの純度に関する塗抹標本)、
  • 細菌学的研究
  • PCR研究
  • 超音波、
  • 子宮鏡検査

病理学の症状

急性子宮内膜炎の症状:

  • 下腹部の鋭い痛み。
  • 体温を39度に上げます。
  • 弱さ、悪寒、一般的な倦怠感。
  • 出血
  • 不快な臭いを伴う緑色または汚れた黄色の色の生殖管から排出する。
  • 痛みを伴う排尿。

慢性子宮内膜炎の症状:

  • 下腹部の痛みを引っ張る。
  • 腰の周りの痛み。
  • 細線維の温度上昇
  • 月経前および月経後のスポッティング。
  • 7日以上の月経期間。

慢性子宮内膜炎は、子宮内膜炎の急性期の後に発生し、時期尚早のまたは不適切な治療の結果です。.

この病気の結果は不妊または習慣流産かもしれません。

原因

この病気はさまざまなバクテリア、真菌、ウイルスによって子宮に入ることができます:

  • 中絶
  • からっぽ、
  • 帝王切開
  • 子宮内装置の使用
  • 月経中の性交
  • 細菌性膣炎、
  • 大腸菌
  • マイコプラズマ
  • 原虫感染症
  • レンサ球菌
  • 結核、
  • 診断研究
  • 個人の衛生違反
  • ORVI、
  • 一般的な感染症

抗生物質で治療することは可能ですか?

医者は、原則として、広域抗生物質を処方するか、またはそれらに対する原因物質の感受性を考慮に入れます。産褥期に子宮内膜炎が発症した場合、抗生物質を処方する際に、母親が母乳育児をしていることが考慮されます。

複合ビタミン剤、抗アレルギー薬、腸内細菌叢および膣の正常化手段、抗真菌薬および全身の中毒の症状を軽減する物質.

抗生物質の適切な処方で、状態の改善はすでに3日目に起こります。

急性子宮内膜炎の治療方法

急性型の病気が最も頻繁に発生します。.

参照するとき、患者は検査され、抗菌剤に対する微生物叢の感受性を決定するために膣の播種タンクが処方されます。

セファロスポリン、すなわちセファゾリンを筋肉内に処方して、治療を直ちに実施する。

規定された複雑な治療のために :

  • ゲンタマイシン(グラム陰性菌に対して有効なアミノグリコシド系抗生物質)
  • メトロギル(抗菌薬、最も単純な微生物や嫌気性細菌と戦うのに役立ちます)。
  • セフトリアキソン(長期作用を伴うIII世代の非経口セファロスポリン系抗生物質)

筋肉内に処方された緊急の場合:

  • アンピシリン(殺菌剤)。
  • スルバクタム(ベータラクタマーゼの抑制作用があり、抗菌作用があります)。

医師によってのみ処方される治療の経過の用量および期間。.

フローラシーディングタンクの結果を受けた後、必要ならば、医者は病原体に従って他の抗生物質を処方します。

例えば、クラミジアが子宮内膜炎を引き起こす場合、ドキシズリンは処方されます。。それはタンパク質合成とバクテリアの成長を止めます。

クリンダマイシン(リンコサミド群の薬物)は、ブドウ球菌および連鎖球菌の分析における検出に使用される。

慢性子宮内膜炎治療

のために 慢性治療 急性型の治療と同じ薬を使用する.

しかし、多くの医師は、処方薬の有効性を判断するために抗生物質検査を受けるよう患者に助言します。

一般に、セファロスポリン薬(Kefazol、Cefotaxime)も処方されていますが、最良の効果を得るために、フルオロキノールが追加されています。.

フルオロキノールの代表的なものはレボフロキサシンである。それは高性能の広いスペクトルの抗生物質であり、殺菌効果があります。

メラニダゾールも抗生物質リストに追加することができます。 抗原虫薬と抗菌です。.

その他の治療

処方された抗生物質以外の効果的な治療に:

  • 解熱鎮痛薬(一般的な症状を緩和するため)
  • 止血剤
  • 免疫調節剤、
  • 総合ビタミン
  • 強化薬
  • ホルモン
  • 理学療法(UHF、電気泳動、骨盤内の血液循環を改善するためのパルス超音波)。

体に炎症があると、健康状態が悪化し、通常の生活様式から外れます。.

このような病気は15〜50歳の女性全員が直面する可能性があります。

経験豊富な医師だけが、子宮炎を簡単に診断し、必要なすべての検査と検査を処方することができます。

それは腹膜炎、子宮虫垂の炎症、パラメトリック蜂巣炎、骨盤膿瘍、骨盤血腫および血栓性静脈炎、さまざまな子宮嚢胞および不妊症のような合併症の発症を防ぐために専門家にタイムリーに紹介することの重要性に注意されるべきです。

抗生物質による適時かつ適切な治療、ならびに医師のすべての勧告の遵守により、子宮の子宮内膜炎は、女性に特別な影響を与えることなく通過することができます。.

子宮内膜炎とは何か、その発症原因

子宮内膜炎は子宮の粘膜の炎症と呼ばれ、出産、中絶、またはその他の婦人科的性質の操作的な行動の後にしばしば現れます。この疾患の焦点は、粘膜に侵入して付着している細菌、感染症、またはマイクロプラズマです。

  • 熱、
  • 再発性または持続性の腹痛
  • 鋭い、不快な臭いを伴う不快な放電。

子宮の強制的な研究の後にのみ、診断を否定したり確認したりすることは医者になることができます。婦人科医による検査、膣塗抹標本の検査、骨盤内臓器の超音波検査について話しています。必要ならば、他の種類の検査を主治医が処方することができる。子宮内膜炎の効果的な治療は必然的に複雑な形式で行われます。それは外科的に臓器の炎症を起こした組織の除去と同様に抗炎症作用と鎮痛作用を目的としています。

子宮内膜炎は、子宮に入るさまざまな感染性病原体の結果です。一般に、これは婦人科操作の時に不妊の状態を保存せずに膣を通して起こります。これは、出産、妊娠中絶、子宮鏡検査(光学系の導入による臓器検査)、および診断目的の子宮掻爬(掻爬)に適用されます。

産後子宮内膜炎は2〜4日間の特徴的な症状です。病気のリスクが増加しています:

  • 身体の長時間の労働活動
  • 帝王切開
  • 出生後の再発性出血
  • 胎盤の粒子の子宮腔の遅延。

女性が細菌性膣炎やその他の性感染症にかかっているかどうかを疑うべきです。

適切な治療法がないと、一般的に子宮内膜炎は慢性化します。病気の危険な合併症は、不妊症につながる子宮の炎症です。

抗生物質療法の10の原則

医師によって推奨されている抗生物質治療が可能な限り効果的であるためには、次の治療原則が慎重に守られるべきです。

  1. 抗生物質は、研究を行った後にのみ使用することができ、主治医によって排他的に処方されています。このカテゴリの薬は「念のために」自己治療には適していません。
  2. 抗菌療法は、使用される薬の投与量、そして治療期間の観点から厳密に守られなければなりません。
  3. 病気を診断する段階でさえ、微生物のスペクトルにさらされるための基準を決定して、それから適切な抗菌薬を処方することが必要です。
  4. できるだけ早く治療を実施することが非常に重要である場合、医師は病原体に最大限の効果を発揮する抗生物質を処方されます。
  5. 期限切れで質の低い薬の使用は許可されていません。なぜなら、このような治療は合併症を引き起こし、感染がさらに進行する可能性があるからです。
  6. 主治医による処方箋なしに予防目的で抗菌剤を使用することはお勧めできません。
  7. 受付開始から2〜3日間、抗生物質の有効性を評価する必要があります。
  8. 抗生物質を選択するときは、その手頃な価格と、治療の全過程を通して、隙間なく医師の指示に従って服用する可能性を適切に評価することが非常に重要です。
  9. 子宮内膜炎の自己治療の危険性、および担当医に相談せずにコースを終了することを十分に認識している必要があります。これは、薬物の単回(または毎日)投与量を減らすことにも当てはまります。
  10. 医師は薬を服用している間中ずっと監視する必要があります。

不適切で管理されていない抗生物質は、疾患自体の深刻な合併症を引き起こすだけでなく、患者の全般的な幸福を悪化させる可能性があります。唯一の医師は、子宮の炎症の治療に適切な薬を選択し、治療の方針を決定し、そして注射の形で抗生物質を投与することに代わるものを適切に評価することができます。

病気の種類に応じた薬の種類

子宮内膜の炎症性病変は、既存の疾患の特徴(形態)を考慮して、包括的に実施することが推奨される:急性または慢性の子宮内膜炎。また、薬の中で主な抗生物質です。治療計画全体は、その影響の性質によって異なります。

急性子宮内膜炎に対する抗生物質

急性子宮内膜炎の患者はほとんどの場合医師によって治療されます。 治療が早く処方され、実行されればされるほど、病気自体の危険性は少なくなります。

子宮内膜の炎症の場合、外科医の可能性のある急性の病状を完全に排除することと、抗菌剤の効果に対する子宮内膜の感受性を正しく評価することが医師にとって極めて重要です。病気を診断するプロセスは数日かかるかもしれないので、医者はすぐにから成る標準的な薬のセットを処方します。

  • 1日3回筋肉内に摂取されるセファゾリン、原薬1グラム。補助剤として、ゲンタマイシン(0.8グラム)またはメトロギル(一度に0.5グラム)を使用することができます。
  • 例えば、この場合、ペニシリンおよびβラクタム系抗生物質は、ウナジンとアグメンティナの組み合わせが広く使用されており、それぞれ1日に5回、1.5グラムと5グラム使用されています。薬物自体は筋肉内に服用することをお勧めします。これにより、体内の物質の濃度を高め、曝露期間を延ばすことができます。

子宮腔を再編成する必要性は医師自身によって決定される。なぜなら、いかなる追加の操作も合併症を引き起こし、そして最大の無菌性および正確性を必要とし得るからである。

慢性的な抗菌剤

それはあなたが最も効果的な抗生物質を選択することを可能にし、またそれらの使用のための計画を処方することを可能にする抗生物質記録の後にだけ病気を治すことは可能です。

最も一般的な治療法の1つはクリンダマイシンとKefzolaに基づいています。最初の薬はセフォタキシムに置き換えることができます。粘膜の患部を修復するために、メトロニダゾールを投与することができる。アクトベジン、ビタミン複合体および免疫調節剤もまた、組織および免疫の回復に寄与している。

子宮内膜炎に対するセフトリアキソンとロンギダーゼ

セフトリアキソンは炎症のための最も一般的な治療法の一つです。急性子宮内膜炎の場合と同様に、慢性の病気の場合にも関連があります。この薬はセファロスポリンの第三世代に属し、そしてより広い範囲の効果があります。最大の効果を得るために、クリンダマイシンをさらに投与してもよい。

子宮内膜炎を伴う舌炎は血液の微小循環を改善し、それは子宮の筋肉の腫れをなくし、そしてそれらの緊張を減少させる。この薬は臓器損傷部位への治療用抗菌物質のより効果的な浸透を提供します。

妊娠中の抗生物質治療は許容されますか?

患者は、妊娠中に慢性型の子宮内膜炎について調べることがよくあります。

医師の監督の下で、そして使用されているビタミン複合体の治療、理学療法の手順、および免疫力の向上を目的とした薬物の治療のために行われる場合、この疾患の治療は妊娠中に許可されます。

抗生物質の使用は、患者への利益が疾患の危険性または胎児の発達における障害を著しく超えるという条件下でのみ可能です。

そして抗生物質なしでする方法

子宮内膜炎の治療は、必然的に複雑な病院で行われます。これは毒素が血中に放出されるために体内の中毒が増加するためです。

抗生物質を使用せずに子宮内膜炎治療を行う場合は、次のことを確認する必要があります。

  • 血液および子宮の患部からの有害物質の除去。これは、5%グルコース溶液と組み合わせたアルブミン、リンゲルまたはレオポリグルキナの注入投与によって行われる。
  • ビタミン複合体、特にビタミンCの摂取は、体に抗酸化作用があります。
  • 非特異的免疫を高めるために、チマリンの注射を投与することができます。

いずれにせよ、子宮内膜炎の治療は、医師の綿密な監督と彼の処方箋すべての正確な実施の下に行われます。この場合にのみ、あなたは成功した回復を期待することができます。

形態による子宮内膜炎の治療

あらゆる形態の疾患の治療の基礎は抗菌薬です。しかし、これが実行される前に診断 - 抗生物質に対する感受性と病原体の実際のタイプを決定するための塗抹標本。病原体の研究には少なくとも7日かかるので、この子宮の病状は広域抗菌薬で治療されます。

重症または中程度の重症度の急性感染症の場合、2種類の抗生物質、ペニシリンとβ-ラクタム製剤、またはアミノグリコシドとメトロニダゾールを組み合わせたセファロスポリンの組み合わせが使用されます。

抗生物質はより頻繁に筋肉内または静脈内に投与され、軽度の感染症で、時に経口薬が使用されます。さらに、消毒剤混合物は、子宮腔を洗浄するために、毒素を除去するために点滴器、免疫刺激調製物、およびビタミン複合体を使用する。

性感染症が診断された場合は、より狭い範囲の作用の薬を処方することができます。

急性型抗生物質

子宮内膜炎の急性期治療のための抗菌薬は、主に細菌学的研究の分析結果が得られるまで処方されています。複雑な療法で使用されています:

  1. セフトリアキソン長期作用によって特徴付けられる第三世代のセファロスポリンの抗生物質。
  2. ゲンタマイシングラム陰性菌に有効です。
  3. メトロギル原生動物や嫌気性細菌に対して有効な抗菌薬。
  4. ドキシサイクリン筋肉内および静脈内投与のための半合成抗菌薬は、テトラサイクリンのグループに属し、広範囲の活性を有し、グラム陽性微生物(連鎖球菌、ブドウ球菌)に有効である。子宮内膜炎の原因物質がクラミジアと他の微生物である場合に最もよく使われます。

下腹部の急性疼痛、状態の悪化の場合、女性への緊急治療のために薬が処方されることがあります。

  1. スルバクタムは、ベータラクタマーゼの阻害作用を持つ抗菌薬です。
  2. アンピシリン - 殺菌効果を持つ薬。

基本的な抗生物質療法に加えて、外科的治療法が使用されています。 病気の原因がIUDの不適切な使用または装着、中絶または出産後の子宮内の胎盤または卵子の残余によって引き起こされる投薬によって排除されない場合に使用されます。掻き取りは全身麻酔下で行われる。

慢性抗生物質

病気が慢性期に入ると、抗菌剤は病原体の種類を決定した後にのみ処方されます。次の薬のリストが使用されています:

  1. メトロニダゾール(通常坐剤の形で)。
  2. アモキシシリン
  3. セフトリアキソン
  4. アモキシクラブ
  5. クリンダマイシン。
  6. アンピシリン
  7. セフォタキシム
  8. オーグメンチン。
  9. ウナジン

薬はしばしば併用されます。例えば、ゲンタマイシン、アンピシリンおよびメトロニダゾールは、子宮内膜炎のすべての可能性のある原因物質に最大の影響を与えることを可能にする。しかし、原因が特定されるまで、より頻繁に薬の組み合わせが病気の急性期に使用されます。

慢性形態では、病理学が不妊症に対してより頻繁に治療されるとき、症状は事実上存在しないかまたは発現されない、疾患の原因物質を同定するための診断研究が前面に来る。

また、子宮内膜炎の慢性期には他の薬が処方されています:

  1. ホルモン障害と不妊薬が胎児と妊娠を維持するためにエストロゲンの含有量で処方されるとき。 UtrozhestanとDivigelの応用
  2. 感染に関連する炎症過程の存在下では、抗ウイルス薬、免疫矯正薬、代謝物 - ホフィトール、イノシン、エストラジオールを含む薬剤が使用されます。
  3. 不快感のために、膣内の燃焼、不規則な月経、抗炎症作用または消毒作用を有する坐剤、ならびに伝統的な医学が使用されています。

子宮粘膜の迅速な回復のために、理学療法的方法 - UHF、電気泳動、磁気療法 - を処方することができる。

考えられる合併症と副作用

特に広範囲の作用を有する抗菌薬は、病原性微生物だけでなく、胃、腸および膣のそれ自体の植物相にも悪影響を及ぼす。このような資金を長期間または不適切に使用すると、次のような副作用が生じる可能性があります。

  • ミクロフローラ(カンジダ症)の侵害に関連する豊富な分泌物
  • 月経周期の失敗
  • 出血
  • 腸内症の発症
  • 腎臓や肝臓への有毒な損傷
  • 心不全の発症
  • アレルギー反応

抗菌薬で子宮の病状を治療するとき、合併症のリスクを減らすためにすべての手段を使う必要があります:

  1. 坐剤の使用はそれほど効果的ではありませんが、それは嚥下障害の発症を避けます。ろうそくは病気の初期段階で重度の熱と炎症なしで使用されます。
  2. 薬の選択と投与量の計算は専門家によってのみ行われるべきです。
  3. 薬の使用期間は女性の状態によって決まります。
  4. 考えられる副作用が考慮されます。たとえば、アレルギーの既往歴がある場合は、薬の選択が絞り込まれます。

急性子宮内膜炎の典型的な治療法は、メトロニダゾールと一緒に静脈内投与される2種類の抗菌薬です。この組み合わせは、産後の病気の発症に最もよく使われます。

妊娠中の抗生物質治療

妊娠中の薬物による子宮内膜炎の治療には多くの特徴があります。これらの薬の中には妊娠中期にしか使用できないものもありますが、ほとんどの抗菌薬は胎児への高い毒性のために許可されていません。さらに、一度に複数種類の抗生物質で治療するよりも、単剤療法がより頻繁に使用されます。

子宮内の炎症を和らげるために、

  1. ドキシサイクリンクラミジア子宮内膜炎に対して効果的です、それは胎児の成長に悪影響を及ぼすので、非常にまれに使用されます。
  2. セファロスポリン。それらはグラム陽性菌およびグラム陰性菌叢に影響を及ぼし、最初の学期の初めにそして感染が胎児または女性の生命を脅かす場合にのみ使用することができる。
  3. メトロニダゾール嫌気性生物や原虫に対しても有効で、妊娠初期にも認められますが、胎児の発育に悪影響を及ぼす可能性があります。
  4. フルオロキノロン他の種類の抗生物質が効果がない場合の補助薬として使用されます。

妊娠のさまざまな段階での子宮内膜炎の支持療法および対症療法として、免疫調節薬、麻酔薬、抗炎症薬および抗真菌薬が使用されます。手術治療は分娩後または妊娠計画の段階でのみ行われます。

構想の後、第三世代と第四世代の抗生物質だけを使用することは可能です。彼らは十分に高い効率と子供の発達のための最大の安全性を持っています。妊娠中は、第一世代の抗菌薬、避妊薬、伝統的な方法は使用されません。

抗生物質治療

急性または慢性の子宮内膜炎のための基本的な治療は抗菌療法ですので、残りの薬は補完的です。使用する:

  1. 理学療法子宮の機能を正常化し、免疫力を回復させることを目的としています。
  2. 民間療法。抗菌薬を使用しないと、そのような治療法がパイプを塞ぐ恐れがあるので、それらは複雑な治療法でのみ使用されます。
  3. 電気泳動、ヒルドセラピー。これらの方法は病院でも単独でも使用することができる。

それはまた、超高周波、電気泳動、磁気療法、干渉療法またはレーザー療法を用いた処方療法であり得る。

疾患の原因物質を除去することを目的とした治療法がない場合、合併症が起こる可能性があり、そのうち最も危険なものは、将来における不妊症および流産の発生である。また、慢性子宮内膜炎は、さまざまな女性の病気の経過を悪化させ、不妊症、損傷した細胞の悪性細胞への変換を引き起こします。

合併症を避けるためには、病気の原因物質を狙った複雑な診断と使用時の投薬が必要です。炎症過程の不適切な治療によって、それはしばしば筋肉層に移動し、より困難な子宮内膜炎または子宮内膜炎の発生を引き起こします - 嫌気性菌叢の追加はしばしば子宮筋層の壊死性損傷を引き起こします。

一般に、病気の急性期の治療のために、3つのタイプの療法が使用されます - 抗菌性、強壮性および減感性。このような治療法の組み合わせは、疾患が慢性期に移行する危険性を減らし、女性の身体の生殖機能を保護し、そして健康な妊娠を確実にし、将来子供を連れて行くことを可能にする。

妊娠中に子宮内膜炎を抗生物質で治療することは可能ですか?

妊娠中の女性は、子宮内膜炎に対して抗生物質を投与できるかどうか、自分たちが病気と診断されているのかどうかを疑問に思うことが多いです。主に妊娠中に、女性には理学療法の手順、一連のビタミンと免疫強化薬が処方されます。しかし、重度の炎症の場合には、医者はまた抗菌療法をお勧めします。

ピペラシリンとタゾバクタムナトリウム

アンピシリンとタゾバクタムナトリウムの併用は、2/3人の患者に単独療法として非常に有効です。この組み合わせは嫌気性微生物に有害な影響を及ぼします。院内感染症を治療するときしかし、薬は完璧ではありません。

この薬は、グラム陰性菌、嫌気性菌、およびある種のグラム陽性菌を除去するための単剤療法に使用されます。

抗生物質は、ペニシリン結合タンパク質と結合することによって作用し、その後、細菌細胞壁の合成を遅らせ、病原性微生物の複製を阻害します。

子宮内膜炎とは何ですか。

子宮内膜炎が何であるかを理解するためには、解剖学の過程、すなわち子宮の構造を覚えておく必要があります。子宮の本体には3つの層があります。

  • 子宮内膜 - 子宮腔の内粘膜層
  • 子宮筋層 - 真ん中の筋肉層
  • 周囲検査 - 外側漿液層。

炎症はこれらの3つの層のいずれかで発症する可能性がありますが、ほとんどの場合、それは子宮の内側に発生し、この病気は子宮内膜炎と呼ばれます。

子宮内膜炎の原因は感染症(細菌性、ウイルス性、真菌性)です。それはいくつかの方法で体に入ることができます:

  • 掻爬、生検、婦人科手術中の損傷した子宮壁を介したウイルスの侵入
  • 免疫力の低下を背景に、子宮頸管や膣から子宮腔への感染性物質の拡散
  • после введения внутриматочных средств контрацепции, их удаления или на фоне врастания внутриматочной спирали,
  • в результате попадания инфекции во время естественных родов или кесарева сечения.

婦人科炎症性疾患の発症を引き起こす要因

  • 流産、流産した後の掻爬、流産、または診断目的。この場合の子宮内膜炎の発症の主な理由は、敗血症および消毒薬の規則の違反、または子宮の機能層の過剰な除去(損傷)です。
  • 流産この場合、炎症(子宮内膜炎)が子宮内の卵子の残りを引き起こします。
  • 子宮鏡検査または子宮頸管造影による診断。処置中に、頸管が拡張し、その壁が損傷を受けるため、免疫防御が弱まり、感染が体の奥深くまで浸透する可能性があります。
  • 子宮内避妊具(らせん)を用いた操作。
  • 膣から保護層を洗い流す頻繁な潅流。
  • 出産の合併症。出血、長時間の労働、羊水の早期排出、手による分離および子宮内の胎盤の残りが子宮内膜炎を引き起こします。
  • 帝王切開は炎症の主な原因の一つです。
  • 重要な日の間の性交(特にバリア避妊薬が使用されていない場合)。出血中に少し開いた子宮頸管は子宮の自然な保護を弱め、病原体への道を開きます。
  • 骨盤内臓器の病気が頻繁に発生したり、間に合わなかったり。

分類

炎症の重症度に応じてです:

  • 急性子宮内膜炎
  • 慢性子宮内膜炎。

急性子宮内膜炎は、ほとんどの場合、婦人科的介入の後に現れます。この病気の潜伏期間は3〜4日以内です。病気の症状は常に顕著です:

  • 体温の急激な上昇(最高38〜40度)
  • 中毒の症状(脱力感、めまい、頭痛、悪寒、発汗、吐き気、嘔吐、力不足、食欲不振、皮膚の蒼白)、
  • 下腹部痛および腰痛(鋭い、けいれん、引っ張る、痛む、足および肩甲骨まで伸びる)、
  • 膣分泌物(粘液、出血、膿、血液)、不快な臭いでの排出が可能です。

婦人科的介入の後、患者が抗生物質を服用し、このために急性形態の炎症の症状がぼやけた場合、ならびに治療が誤って処方されたか、または完全に完了していない場合、慢性子宮内膜炎が発症する。子宮内感染症の症例もまた、局所免疫力の低下を背景に記録されています。

  • 温度は通常の範囲内にあり、周期的に上昇するか、37〜38度のレベルにとどまります。
  • 月経周期の失敗 - 退院量の増加、出血時間の延長、子宮からの不随意出血、月経前後の出血、月経の長期欠如、または周期の長さの減少
  • 性交の間に、腸および膀胱を空にする間を含む、再発性の腹痛、
  • おそらく膿の混合物と腐敗の不快な臭いを伴う、膣からの粘液の排出。
  • 流産
  • 不妊

婦人科では、抗生物質がかなり頻繁に使用されます。結局のところ、炎症は病原菌によって引き起こされ、それは強力な抗菌効果を持つ薬や丸剤によってのみ破壊されます。

急性子宮内膜炎の抗生物質治療 - 基本的な治療法。ほとんどの場合、これらの薬は分析を受ける前に処方され、それが病原体と特定の種類の薬に対する感受性を決定します。事実は、深刻な症状と子宮の損傷の程度がBAC播種の結果(7-10日)を待つことを許さないということであり、そして現代の一般的なスペクトルの抗生物質は今後数日以内に患者の状態を改善するのを助けるでしょう。

子宮の炎症を治療するときには、抗生物質のメトロニダゾール(抗原虫作用を持つ薬)が膣坐剤や錠剤の形でよく使われます。

抗生物質は、症状の重症度に応じて7〜10日間服用します。細菌接種の結果を受けた後、必要ならば、彼らは治療計画を修正するか、または最初の処方に追加の準備を加える。

子宮内膜の急性炎症に対する抗生物質:

  • セファロスポリン、
  • メトロギル、
  • クリンダマイシン、
  • クロラムフェニコール、
  • ゲンタマイシン、
  • レボマイセチン、
  • リンコマイシン、
  • アンピシリン

抗生物質は、病院で筋肉内に投与されることが好ましいが、時にはそれらは、1日に2〜3回服用しなければならない錠剤の形態で薬物を処方する。しかしながら、急性形態の炎症またはその悪化の治療は依然として医療従事者の監督下の病院でのみ行われている。

外科的治療

子宮内膜炎の外科的治療は、薬物の助けを借りてのみその発生の原因を排除することが不可能である場合に必要である。病気が子宮内の卵子または胎盤の残りによって、子宮内装置の成長または不成功な設置によって引き起こされる場合、子宮を空にするために全身麻酔下で手術手技を受けることが必要である。

慢性子宮内膜炎の治療

慢性疾患は外来で治療されます。はじめに、PCR診断を行い、炎症過程の原因物質を特定します。検査結果に応じて、抗真菌薬、抗ウイルス薬、または抗菌薬が処方されます。さらに、子宮腔(洗浄液)を特別な溶液(薬「フラシリン」、「ミラミスチン」、「リダザ」)で洗い流します。これにより、病原性の植物を素早く取り除くことができます。

多くの場合、体内の感染症が長い間続いてきたこと、そしてホルモン障害によって身体が病気を完全に取り除き、子宮内膜を修復することができなくなることがあります。そのような状況では、治療は子宮内膜の機能を正常化するために処方されます。

  • 3〜6ヶ月間の経口避妊薬の併用によるホルモン療法(薬物「Yarin」、「Belara」、「Jeanine」)。
  • 理学療法治療 - 婦人科マッサージ、入浴、ダウチング、磁気治療、レーザー治療、フォノフォレシスなどが骨盤内の血液循環を改善し、骨盤内臓器に抗炎症作用と矯正作用をもたらします。
  • 免疫調節薬は、女性の局所的および全般的な免疫状態を改善し、身体の力で慢性の子宮内膜炎を予防することができます。

やがて、未治療の子宮内膜炎は、不妊だけでなく、化膿性の病気の化膿性形態の発症、さらには敗血症、さらには生命を脅かす状態の発症にもつながり得る疾患の発症をも脅かす。そのような合併症を避けるために、常に間に合うように医者に相談して、そして終わりまで治療を持ってきてください。抗生物質の不完全な経過および治療の管理の欠如は、将来的には慢性的な骨盤痛、性別の不能、子宮内の癒着、および周期障害として現れる、隠れた形の疾患の発症を脅かす。

Loading...