小さな子供たち

カネフロン母乳育児治療

Pin
Send
Share
Send
Send


膀胱炎、母乳育児を伴うシアン炎がかなり安全な手段であるとき、それを使用することであなたがすぐに病気を排除することができます、その一方で母親と幼児の健康を害しません。

最も一般的な女性の病気は、泌尿生殖器系の働きにおけるさまざまな種類の障害の発生に直接関係していることに注意すべきです。最小の低体温症でさえも、泌尿生殖器系の器官における様々な種類の炎症過程の出現の主な原因となり得る。さらに、そのような炎症プロセスは、妊娠状態にある女性、または母乳育児をしている若い母親にかなり頻繁に発生することに留意すべきである。

カネフロンと母乳育児:それは使用することが可能であり、そして薬物の特異性は何ですか

出産後、女性の免疫力は弱まります。そのため、女性の身体はウイルス性疾患の発症、感染の影響、炎症過程の出現に対して特に脆弱です。新生児の健康は女性の健康に直接依存することに注意すべきです。膀胱炎などの疾患の治療中に使用される抗生物質は母乳に浸透し、子供の健康に重大な害を及ぼす可能性があります。したがって、抗生物質を使用するとき、そのような病気の治療のより早い時期に、女性は赤ちゃんを母乳で育てることを拒否しなければなりませんでした。しかし今日では、膀胱炎や腎盂腎炎などの病気の治療中に、Canephronなどの安全な薬が使用されています。

注意! 泌尿生殖器系の疾患の場合は、母乳育児の期間中は治療を延期する必要はありません。これは、女性の体内に入って病気の発症を引き起こした感染症が母乳を介して子供の体内に入る可能性があるためです。さらに、看護女性の泌尿生殖器系の炎症性疾患の場合には、伝統的な薬は慎重に使用されるべきです。結局のところ、たとえば膀胱炎の治療に使用される民間療法は、乳児の健康に害を及ぼす可能性があります。

泌尿生殖器系の疾患の出現をもたらす炎症過程は非常に痛みを伴い、そして看護女性にとって大きな不快感を引き起こす。体内の炎症プロセスを排除するために、女性は母乳育児中にCanephronを処方されます。この薬は、母子の健康に害を与えることなく、迅速かつ効果的に次のような病気を排除することができます。

•膀胱炎
•糸球体腎炎
•腎盂腎炎。

腎臓結石の形成には、多くの場合、Kanefron看護母を任命しました。この医薬品の成分が植物由来の成分のみを含んでいることは注目に値します。それは女性と子供の健康に全く悪影響を及ぼしません。 Canephronには絶対に禁忌がありません。

例外は、この薬を構成する成分の1つに対する体の慢性的な不耐性またはアレルギー反応だけです。さらに、疾患の治療においてこの薬物を使用しながらアルコールを使用することは望ましくないことに留意すべきである。

薬の説明

泌尿生殖器系が発生しやすい外観に炎症プロセスや様々な病気の治療中に、子供を母乳で育てる女性のために、専門家は強くCanephronを使用することをお勧めします。それは専ら植物起源の成分から作られています。

それはあなたが自己治療に従事すべきではないことに留意すべきである、病気や炎症過程の場合には、女性は最初にあなたの医者から助言を求める必要があります。資格のある専門家だけが、治療中に必要な薬を正しく選択し、どの投与量が体に最も適しているかを判断できます。

Canephronと呼ばれる薬の発売は、ドイツの会社Bionorikaで行われています。この調合物はその組成中に以下のような植物起源のそのような天然成分を含む。

•ローズマリーの葉
•ローズヒップの皮、
•世紀などの植物の草
•大根の大根。

この医療製品は、滴剤や顆粒剤の形で提供されています。しかし、それはCanefronの滴でアルコールは微量に含まれていることに注意すべきです。したがって、滴に含まれるアルコールの含有量がわずかであっても、女性は泌乳中に顆粒の形で作られたCanephronを使用することを推奨します。

カネフロンは、使用されたとき、集中的な、長い治療過程の経過中に、全身に対するその複雑な効果によって特徴付けられる。この薬は体に利尿作用があるだけでなく鎮痙作用もあります。それはまた強くそして有効な抗菌剤および抗炎症剤としても作用する。

かなり頻繁に、Kanefronは病気の顕著な症状を軽減するために、急性炎症過程の治療に使用されます。それは尿路結石症のような病気の予防の間の主要な手段としてしばしば使われます。

薬の使い方

使用方法Canephronは非常に簡単です。この薬は空腹時に食事の前に服用しなければなりません。子供に母乳育児をする女性、カネフロンは顆粒の形で投与され、その1日の摂取量は24時間に3回2錠以下です。この薬の使用中に女性は大量の液体を飲む必要があることに注意すべきです。

Kanefronによる治療期間は2ヶ月までです。さらに、治療後の効果をより確実にするために、この薬は治療のメインコースの経過後、さらに約2週間かかることをお勧めします。

重要です! 母乳育児中にCanephronを使用するときは、新生児の反応を注意深く監視する必要があります。赤ちゃんが最もわずかなアレルギー反応をしている場合は、この薬の使用を中止して医師に相談する必要があります。

構成および適用

ドイツの会社 "Bionorika"を製造している薬 "Canephron"の主要な有効成分はエキスです:

  • センチュリーグラス
  • ローズマリーの葉、
  • 贅沢なルート、
  • ローズヒップの皮。

薬はアルコールベースの滴剤や顆粒剤で表されます。液体形態で放出される製剤中のアルコールの含有量は微々たるものであるにもかかわらず、授乳中は顆粒を摂取することが推奨される。

「カネフロン」に対処するのを助けることができる泌尿器系の病気の中で、含まれています:

  • 急性膀胱炎(膀胱炎は排尿中の急性の痛みを特徴とします)
  • 腎盂腎炎(感染によって引き起こされる腎臓の炎症、体温の上昇、腰痛、吐き気などを伴う)、
  • 間質性腎炎(非感染性の炎症は、腰痛、食欲不振、嗜眠などによって現れる)、
  • 糸球体腎炎(腎臓の糸球体の炎症が放出される尿の量を減少させ、浮腫の出現、圧力の上昇をもたらす)、
  • 石の沈着(腰椎の痛み、痛みを伴う排尿、発熱、尿が白濁する病気を伴う、血液の存在)

「カネフロン」は体に複雑な効果をもたらします - 薬は利尿作用と鎮痙作用を持ち、抗菌剤と抗炎症剤です。この薬は、尿路結石症を予防するための手段と同様に、急性炎症過程における症状を軽減するために使用されます。

治療の特徴

母乳育児中の「カネフロン」は使用のために示されます。薬の組成は、母親の母乳に放出されたときに赤ちゃんの健康を害する可能性のある物質を含みません。この薬は非常に幼い子供の治療のために処方されるかもしれません。

排泄システムの症状が現れたら、看護する母親は医師の診察を受け、検査を受け、膀胱、腎臓、骨盤内臓の超音波検査をする必要があります。低体温症または感染に起因する疾患の進行は、深刻な結果および抗生物質による長期治療につながる可能性がある。

泌乳の治療のための薬は専門家によって処方されるべきです、そして比較的安全な「Canephron」も例外ではありません。この薬は単一の薬として、または他の薬と組み合わせて使用​​することができます。

実践は母乳育児中の薬がアレルギー反応を引き起こす可能性があることを示しています。授乳中の母親が薬のハーブ成分に対してアレルギーがある場合、その使用は除外されます。

また、赤ちゃんにアレルギーが明らかになった場合、あなたは "Canephron"を服用し続けることができません - 薬の活性物質が母乳に浸透する。子供の体は異常な物質に反応することができます:

  • 消化不良、
  • 神経興奮性の増加
  • アレルギー性発疹
  • Quinckeの浮腫

泌尿器系疾患の場合に医師が授乳中の母親「Canephron」を処方した場合は、薬物に対する乳児の反応を慎重に監視する必要があります。薬物アレルギーの誤った診断を避けるために、治療の始めに、赤ちゃんの食事に新しい製品を入れてはいけません。それからすべての潜在的なアレルゲンを排除して、ママの食事にも注意を払わなければなりません。

授乳中のレセプション "Kanefron"は、製造元の指示に従って、または医者によって提案された計画に従って行われます - 専門家は、病気の進行の程度、その過程を考慮に入れます。予防のために処方された薬の投与量は標準より低いです。治療の経過は平均1〜2ヶ月で、薬を飲んでいる間は水分をたくさん飲むことが重要です。

Canephronに対する母親または子供のアレルギー反応の場合、病気を治療または予防するための他の薬を選択するために医者に相談することが必要です。

漢方薬の効果は何ですか?

Canephronは、以下の植物の抽出物からなる複雑な薬草療法です:

  • ローズマリーオフィシナリスまたは普通の
  • センタリー、
  • 大麻(根および根茎)。

放出は錠剤および滴の形を意味する。どちらの形式も、野菜成分が同じ割合で含まれています。

  • 丸薬の形で18 mg、
  • 600 mgの滴の形で。

全ての植物、あるいはむしろ化学組成は、炎症を解消し、痙攣を軽減し、疼痛症候群を軽減する、すなわち急性および慢性膀胱炎の全ての症状を軽減するのを助ける。また、「カネフロン」は強力な利尿薬です。

大量の水と共に受容手段は、膀胱からの細菌 - 病原体の浸出に寄与する。

プロセスをスピードアップするために、あなたは膀胱炎におけるその肯定的な治療効果で知られているクランベリーフルーツジュースと「Canephron」を組み合わせることができます。ガスを含まないミネラルウォーターは尿をアルカリ化する能力を持っています、それはそのpHレベルがバクテリアの成長と繁殖のために不利であることを意味します。 「Kanefron」と一緒に鉱山の水を使用すると、治癒プロセスが大幅に加速されます。

膀胱炎に加えて、この薬は次の病気の治療にも使われます。

  • 腎盂腎炎は腎盂に影響を与える炎症で、発熱と膀胱炎と同じ症状で現れます。
  • 糸球体腎炎 - 腎臓の糸球体の感染性アレルギー性疾患は、毎日の利尿の減少、浮腫、尿中の血流量、圧力の上昇、体温の上昇によって表されます。
  • 間質性腎炎は腎臓の結合組織と尿細管の病状で、他の腎臓病に特徴的な症状、すなわち頻尿、発熱と血圧、悪寒などによって現れます。
  • 腎臓結石石(石)の存在は、腰部の痛み、尿中の血液の存在、悪心によって現れます。
  • 尿路結石症の予防薬。

hsvの場合に初めて膀胱炎が発生した場合、「カネフロン」は医師に相談した後にのみ治療に使用されます。最も重要なことは、その症状が多くの婦人科疾患の症状および泌尿器系の他の器官の疾患の症状と類似しているので、診断を正しく確立し、それが実際に膀胱炎であることを確認することです。医者は病原体と超音波の種類を識別するための検査を処方します。薬と一緒に経口摂取したときに女性と子供がさらされる危険性を判断することによってのみ、適切な薬を処方します。

母乳育児における植物化学物質の受容

急性膀胱炎の発症の場合には、治療は本質的にかなり保守的であり、抗菌薬の使用を含み、それなしでは膀胱内での細菌の増殖および増殖を回避することは不可能であろう。したがって、以前に抗生物質を服用すると、乳児に害を与えないように母乳育児の拒否が提供されました。 "Kanefron"の使用はこの問題を解決しました。その利点は植物組成と母乳育児と組み合わせる能力にあります。

授乳中は、「カネフロン」が糖衣錠の形で処方されることが最も多いのです。なぜなら、滴に含まれるアルコールは母乳を通して体に入ることによって赤ちゃんを害することがあるからです。

使用のための指示書は、錠剤が1日3回多量の水で酔っている大人のための養生法を提供します。一回の服用量は2錠です。食事と薬の時間は相互に関連していません。

ハーブ製剤を用いて膀胱炎を治療する場合、乳児の行動を監視する必要があります。樹脂やエッセンシャルオイルの存在は、授乳中の母乳の味を変える可能性があるからです。

授乳中の「カネフロン」はコースによって任命され、その期間は疾患の程度と重症度に応じて30〜60日の範囲です。正確な1日量と治療期間は医師によってのみ決定されます。膀胱炎の症状が消えた直後に薬を中止することが最大の過ちであると考えられ、感染の再発につながります。そしてそれは上部尿路への病原体の侵入と腎臓の損傷に最も危険です。治療後の膀胱炎の結果として生じる腎盂腎炎は、抗菌薬の使用で治療されます。したがって、女性は子供に害を与えないように、母乳育児をやめる必要があります。したがって、主な治療が完了した後、予防的な経過が処方され、2〜4週間続きますが、より低い1日量で行われます。

禁忌

母乳で育てるときや「Kanefron」を飲んでいるとき、女性は自分の健康状態や子供の健康状態を監視しなければなりません。その一部である化学物質は、授乳婦だけでなく子供にもアレルギー反応の出現を引き起こす可能性があります。それらは、かゆみ、灼熱感、じんましん、そしてまれに、血管浮腫によって現れる。アレルギーの最初の兆候、赤ちゃんの消化管の変化、嘔吐、薬の服用を直ちに中止して医師に相談する。これが「Canephron」に特有のアレルギー反応であることを知るためには、授乳中の母親がそれを摂取し始めたときにアレルゲンとなる可能性のある製品を使用することはお勧めできません。

過量の植物化学物質は固定されていません。さらに、母乳育児期間中、医師は許容される有効な最小用量の「Canephron」を処方します。

妊娠中や授乳中に使用することが許可されている同様の組成のハーブ製剤は存在しません。

Pin
Send
Share
Send
Send