小さな子供たち

帝王切開後、いつ、どのようにして赤ちゃんを正しく計画した後に妊娠することは可能ですか?

Pin
Send
Share
Send
Send


女性の大きなパニックは帝王切開の1年後に妊娠を引き起こします。このプロセスはあなたがそれが中絶の価値があるのか​​どうか疑問に思います。結局のところ、多くの人が妊娠中の結果を脅迫しています。現代の医者はこれについてどう思いますか?正しいことは何ですか?このトピックに関する最良のヒントとアドバイスを以下に示します。実際、すべてがそれほど怖いわけではありません。主なことは、そのような妊娠の特徴とニュアンスのいくつかを知ることです。

1年後に帝王切開の後に2回目の妊娠があった場合はどうなりますか?それはすべてあなたの決断次第です。欲しい - 保存、欲しい - いいえ。いずれにせよ、医師の前に1つの声ですべての場合に出産することはできませんと述べました。

出産はかなり難しいプロセスです。そして妊娠は将来の母親にとっても生物にとっても困難な時期です。出生後、期間は回復しなければなりません。今平均で2年です。

あなたがより早く妊娠するならば、あなたはあなた自身と将来の赤ちゃんのために多くの問題を蓄積することができます。過去には、そのような妊娠は失敗に終わりました。したがって、医師はそのような重要なステップにタブーを課しました。

現代医学

しかし、帝王切開後の1年間の妊娠はそれほど珍しくありません。以前は、医学はまったく異なるレベルにありました - 特定の状況や機器に迅速に対応するのに十分な知識はありませんでした。したがって、妊娠初期の厳格な禁止がありました。そして帝王切開後だけでなく、通常の出産後も。

しかし今、これらのプロセスは誰も驚かない。医学は全く新しいレベルに達しており、労働活動の好ましい過程と結果のための十分な知識と設備があります。したがって、帝王切開後1年で2回目の妊娠があった場合は、すぐにパニックにならないでください。これはそれほど怖いことではありません。あなたが「興味深い立場」を保ちたいのであれば、特別な責任をもってこの問題に取り組みなさい。分娩および出産の過程に影響を与えうる身体のいくつかの特徴を知ることが必要です。これはあなたが正しい決断をするのを助けるでしょう。

なぜ恐れが生じるのか

帝王切開後の早期妊娠は、現代医学の発展にもかかわらず、依然として医師の間であいまいな意見や懸念を引き起こしています。これはなぜですか。

女性の身体は、膨大な数の機能と「予測不可能」を伴う謎です。したがって、どのような反応が初期の構想にあるのかを正確に言うことは不可能です。

帝王切開は複雑な手術です。その後、傷が形成されます。そしてその完全な癒しは約2年与えられます。それにもかかわらず、下腹部の縫い目自体は約6〜7ヶ月で完全に治癒します。しかし、ご想像のとおり、内部の治癒にはもっと時間がかかります。このため、早期妊娠はお勧めできません。

帝王切開後の女性の体への負荷は、これら2年間すべてにわたって起こるべきではありません。確かに、それは常に機能するわけではありません。現代の生活は肉体的な努力とストレスに満ちています。したがって、時には外部からのストレスが「おもしろい立場」からのものよりはるかに大きいことがあります。

帝王切開の1年後の妊娠は、子宮の瘢痕の治癒がないために危険です。彼は彼女の休憩を引き起こす可能性がありますが、これは将来の赤ちゃんや母親にとって非常に危険です。

個性

しかし、すでに述べたように、女性のからだは謎です。帝王切開からわずか1年後に起こった「興味深い立場」に対して、彼がどのような反応を示すのかを正確に言うことは不可能です。すべて個別に。

一般的に、創傷が急速に治癒し、医師が組織の急速な再生に気付いた場合、妊娠を恐れすぎることはできません。確かに、この場合、子宮の傷は通常1年続きます。だから、結果なしで、あなたは早く赤ちゃんを妊娠させることができます。

セキュリティへの信頼を得るためだけに、あなたは定期的に婦人科医を訪ねなければなりません。彼にできるだけ長くあなたを見させてください。子宮の傷がどれほどしっかりときつく締められているか調べます。その過程が本当に急速に起こることが確認されれば、帝王切開後の妊娠を恐れないことは可能です。はい、リスクはまだ存在しますが、それほど高くないでしょう。

意見医師

帝王切開から1年後に妊娠しましたか?この状況で何をする?医者に相談してください。あなたの質問が医者をぎこちない立場に置いても驚かないでください。結局、すぐに答えるのは難しいです。したがって、あなたは女性の身体を勉強し始め、そして結論を​​引き出す必要があります。

実習が示すように、ほとんどの場合、医師は2年間にわたり「興味深い立場」を禁止しています。このような時期は、すでに述べたように、妊娠、将来の赤ちゃん、そして母親にとって最も危険です。おそらく、初期の時期に妊娠することを禁止することは依然として行われるでしょう。

長い間あなたを見ていて、そしてまたあなたの体の特徴をよく知っている医者だけが決定を変えることができます。通常、このトピックに関する評議会として、彼らは「面白い立場」の禁止について話していますが、女性を妊娠中絶と呼ぶ人はほとんどいません。あなたが同じ時間を計画している場合は特に。あなたが長い間同じ医者と一緒にいたことがあるならば、ちょうどあなたの考えについて彼に言いなさい。それから医者は彼の力で「面白い立場」を維持するためにすべてをするでしょう。

あなたは帝王切開後1年妊娠していますか?すでに述べたように、医師の意見は最初は怖いかもしれません。しかし、我々は技術的進歩の時代に生きていることを忘れないでください。今では通常の労働に必要なものがすべて揃っています。主なこと - 助けを求めて責任を持って妊娠に近づく時間。それから問題はないでしょう。

すぐに中絶について話す医師がいます。多くの女性にとって、この手順はそれ自体受け入れられません。生きている中で、あなたの性格や感情を持って、あなたが人生の中で小さな人を殺したという考えに沿って生きることは不可能です。したがって、これらの女の子はほとんどの場合、すべての妊娠を心配そうに治療します。必ずしも帝王切開の後のこの「おもしろい立場」ではありません。しかし中絶に対する態度は誰にとっても異なります。いずれにせよ、決定はあなたのものになります。

帝王切開後の2回目の妊娠(1年)は、一部の医師には最高の感情をもたらしません。そして、彼らは、そのような早い時期に受胎の望ましくないことを指摘して、中絶に女の子を送ります。このアドバイスに完全に従う必要はありません。このような状況では、出産も中絶も危険です。特にあなたがより多くの子供を計画しているならば、2番目の手順はなおさらです。多くの場合、中絶は不妊を引き起こします。これは知る価値があります。

帝王切開の1年後に妊娠した?この場合どうしますか?覚えておいてください、あなたの健康に害を与えずに、あるいはむしろ最小限のリスクで中絶することは初期段階でのみ可能です - 妊娠の6-7週まで。医学的方法だけがあります。外科的介入は、一般的な活動よりもはるかに深刻な行動です。したがって、中絶が唯一の方法であるとは思わないでください。

あなたの願い

もう一つのかなり重要な要素はあなたの個人的な意見です。医者はしばしば患者による決定を下す準​​備ができています。あなたが本気なら、すぐにあなたの医者にあなたの意図について知らせることができます。今、誰もその過程から惑わないでしょう。危険を警告しない限り。主なもの - パニックにならないでください、多くは合併症なしで帝王切開の後に1年半出産します。

したがって、医師の診察を受ける前に、あなたがしたいことについて慎重に検討することをお勧めします。結局のところ、子供の誕生は重要なステップです。はい、多くの人は初期の再妊娠の危険性に怯えますが、あなたを連れて行くという最終決定です。多くの場合、医師は少女の意見に順応します。彼女の健康がそれほど悪くないのであれば、特別な結果なしに健康な赤ちゃんを作ることができます。

家の誕生

現代の世界では、ホームファッションが登場しました。たいていの場合、このプロセスは専ら医療監督の下で行われます。自然な配達の場合は考慮されます。自宅の帝王切開は使いません。

あなたが早い第二の妊娠を持っているならば、考えてください、それは家で出産することは禁じられています。いずれにせよ、瘢痕に沿って子宮が破裂する危険性があるとすでに言われています。したがって、緊急事態に必要なものがすべて揃っている病院にいる​​ことは必須です。帝王切開の1年後の妊娠 - これは、産科病院で、および医療関係者の綿密な監督の下でのみ生まれています。任意の家のオプションとスピーチについてはできません。

自然な出産

医師は、帝王切開後の自然出産は大きなリスクであると考えています。実際に、医学的観点から、そのような送達では、瘢痕に沿った子宮の破裂の可能性は数倍に増加する。これが原因で、多くの医師が帝王切開後は自然出産が禁止されていると指摘しています。

実はそうではありません。帝王切開から1年後に妊娠している場合は、自然出生を望みます。この分野ですでにいくつかの実務経験を持つ非常に責任ある医師を見つけることだけが必要です。リスクは常に残りますが、経験豊富な産科医には通常、労働は母親にも子供にも問題を引き起こしません。したがって、あなたは自然に出産することができます。

過去の妊娠

帝王切開のレビューから1年後の妊娠は様々です。医師は通常、合併症や女性のリスクが高いことを指摘しています - 経験豊富な医師にとって、恐れることは何もないということです。本当だ、いつもとは限らない。

あなたの最初の妊娠中に大きな役割が演じられます。練習が示すように、合併症なしで出産した女性は将来的に合併症の危険性が低くなります。したがって、スムーズに流れる「おもしろい立場」によって、不利な結果を心配することはあまりありません。

そんなに難しくない

練習が示すように、女性が「休憩なしで」出産に真剣であるならば、胎児と少女の体に有害な影響を与える可能性は減少します。さらに、医師でさえ、2回目の出生自体は通常1回目の出生よりも簡単であると主張しています。帝王切開かどうかは関係ありません。

だからパニックにならないでください。あなたが必要とするのはあなたの決断への自信と妊娠に対する責任ある態度だけです。良い医者を選び、そして「面白い立場」の間に見てください。

確かに、生物にとっては、ある程度、二度目の誕生は、たとえ短い休憩でも、より簡単です。そして、あなたはすでに何を期待すべきかを正確に知っています。あなたが自分自身をだまさないのであれば、あなたは簡単に出産することができます。したがって、1年以内に妊娠した場合は、パニックに陥らず、すぐに中絶することはしないでください。帝王切開の翌月が最も安全な時期です。通常彼の中で妊娠する可能性はほぼゼロです。これはすべて、性行為の欠如によるものです。さらに、体自体もしばらくの間修復されます。そして、出産について話をすると、一番近いのは出産後約1.2〜1.5年です。あなたが健康な体を持っていて、そして傷が小さくてすぐに直るならば、医者はパニックを始めそうにありません。

保存のヒント

多くの人が、帝王切開後1年で妊娠する状況に直面しています。彼女を救うには?あなたが真剣に出産することを決心したならば、あなたはパニックにならずに、そして常に落ち着いているべきです。これは妊娠の成功への鍵です。

過労しないようにしてください。疲労は母親の健康、そして将来の赤ちゃんの健康に悪影響を及ぼします。したがって、それはより多くの休息とリラックスの価値があります。

インターネットが少ない!モダンでとても便利なルール。今、あなたは帝王切開後の早期出産のママの危険を脅かす記事をたくさん見つけることができます。何にでもパニックが多すぎる。

常にそして定期的にあなたの医者を監視し、そしてすべての処方された研究を行います。問題が発生した場合、これは問題を迅速に識別するのに役立ちます。通常、合併症は自分自身を巻かない人を脅かすことはありません。

ご覧のとおり、帝王切開後の1年間の妊娠はそれほど悪くはありません。そのような状況に対してだけ、知性と注意を払って取り組まなければなりません。それからあなたは成功を願うことができます。

帝王切開後2年間妊娠することはお勧めできません。しかし現代社会にとってそれは禁止ではありません。あなたの「興味深い立場」の観察を引き継ぐ優秀な産科医を探しましょう。そしてパニックにならないでください。あなたが試した場合、問題なく健康な赤ちゃんを産む!妊娠中の女性からの帝王切開のレビューから1年後の妊娠は様々になります。しかし、ほとんどの場合、健康な赤ちゃんを産むことができることを示しています。主なことは、責任を持ってこの問題に取り組むことです。

帝王切開後の妊娠:最適タイミング

帝王切開後に妊娠を計画する時期については多くの噂があります。最近まで、帝王切開後の3年以上前に受胎することで災害が発生する可能性があると考えられていました - 新しい傷は耐えられず、後の時期には子宮の完全性に脅威が生じるでしょう。したがって、手術後の早期妊娠は固く禁じられていました。しかし、それほど前のことではなく、そのような日付に疑問を投げかけるデータが得られました。科学者らは、瘢痕は術後約2年で最も弾力性があることを示しており、萎縮は後で起こる可能性があります。医師によると、女性がもうすぐ早く母親になることに同意した場合、準備に最適な時期はこの期間になります。

しかし、帝王切開直後に妊娠した場合はどうなりますか?残念ながら、この場合、予測は好ましくありません。手術による出産後1年以上前の妊娠は、女性の健康と将来子供を産む能力を危険にさらします。現時点では、傷は付加的な負荷に耐えるほど十分に形成されていません。これは、子宮上の縫合糸の分岐および胎児および母親の死までの合併症を引き起こし得る。

この期間中の妊娠の終了もまた非常に危険な出来事です。比較的安全な妊娠中絶は最大6週間です。子宮内介入は、瘢痕領域の子宮の完全性を侵害し、女性の不妊を招く可能性があります。

配偶者が考慮すべきこと

手術された子宮を持つ女性が妊娠することを計画するとき、それはいくつかの要因に注意を払うことが重要です。

  • 手術後のこの妊娠の原因は何ですか。それはかつて手術的に2回出産することしかできなかったということであり、3回目の妊娠は非常に危険です。今では医者はそれほどカテゴリー的ではありません。医学はますます帝王切開の後でさえ、最初の誕生が自然に起こることができるという事実に傾いています。手術自体は今では外傷性ではなく、そして瘢痕が良好な状態にあれば、女性は深刻な合併症の重大な危険なしに3〜4回出産することができます。ただし、5番目以降の属は深刻な影響を伴います。これは大家族が欲しい人のための巨大なマイナス帝王切開のセクションです。
  • 以前の妊娠中の帝王切開の原因。以前の出産がすぐに終わったために病理を排除する機会があるならば、帝王切開の後でさえ自分自身で出産する大きなチャンスがあります。例えば、帝王切開の原因が子癇前症であり、そしてこの妊娠が優れているならば、瘢痕の状態を考えると、出産は自然であるかもしれません。
  • 生殖システムの検討子宮の瘢痕を伴う妊娠の準備段階、生殖器系の状態の慎重なモニタリング、泌尿生殖器系の臓器の慢性的な炎症があるかどうか。配偶者がまだ腹部出生の6ヶ月後に別の赤ちゃんの出生の準備ができていなくても、女性は将来二次不妊を防ぐために婦人科医による十分な検査を受ける必要があります。

禁忌

帝王切開後の妊娠が危険であるという病状があります。過去の手術の理由が女性の重度の身体疾患(心血管疾患、呼吸器系の問題、糖尿病、真性糖尿病)であった場合、医師は子供を運びなおす危険性が高いことを警告し、不可逆的としてパイプの結紮を申し出ます。避妊。

リスクは何ですか

妊娠は帝王切開後どのように進みますか?まず第一に、妊娠中の母親はテストの最初の2つのストリップから医師の監督下にあるべきです。事実は、帝王切開後の妊娠はしばしば様々な合併症を伴うということです。これが5つの主なものです。

  1. 妊娠中絶の脅威手術を受けた女性の3分の1に見られます。子宮内の卵子の位置に依存します。危険の危険性が高いほど、胚がルーメンに付着する場所が近くなります。
  2. 胎盤の増加。病理学、子供の場所の組織が子宮の筋肉層に成長する。胎盤が壁から分離して子宮を離れることができない、または手動で分離する可能性がないとき、それは分娩の第3段階で診断されます。この場合、女性を間に合うように手術することは非常に重要です。さもなければ、出血して出血して死亡する可能性があります。
  3. 子宮の裾が足りない。 Стандарт диагностики — УЗИ- признаки неполноценности рубцовой ткани: нижнематочный сегмент 3 мм и менее при нормальной толщине от 4 мм.同時に、妊婦は瘢痕化部位の圧痛に気づくかもしれませんが、CTGの胎児は低酸素の徴候を示します。子宮破裂の危険性の疑いは即時入院の原因です。診断の確定時に、緊急手術配達が示されます。
  4. 子宮外妊娠帝王切開後の骨盤腔内の接着過程の悲しい結果。また、結果として生じる癒着は、子宮の屈曲を獲得することができる。これは概念を困難にします。
  5. 母子システムにおける循環障害初期段階では、血液供給の欠如は流産の見逃しを招く可能性があり、後期には、胎盤機能不全の発症を脅かします。この状態では、子宮内の子供の発達は栄養不足のために遅くなります。控えめな方法での治療が失敗した場合は、一方向の救急帝王切開と小児集中治療室での子供の看護しかありません。

女性がより多くの腹部出産を患っているほど、合併症発症の危険因子はより高くなります。

「最も」出産する可能性

前世紀の半ばには、一度実行された帝王切開のセクションは、将来の手術労働の明確な指標でした。医学の発展に伴い、手術のテクニックが改善され、帝王切開の外傷が少なくなりました。今医師の禁止はそんなにカテゴリー的ではありません。独立出産の利点は、女性が瘢痕に沿って子宮を再解剖しないことです。これは、次の妊娠をより可能性の高いものにします、さらに、通常、再手術はより困難になります、出血のリスクはより高くなります。そのような場合には自然出産の可能性があります。

  • 過去に1人の帝王切開で妊娠している - 非再発性の徴候(胎児の異常な位置、子癇前症、胎児低酸素、胎盤異常)によると、
  • 現在の良好な妊娠 - 新たな手術適応は認められていません、
  • ヘッドプレゼンテーションの唯一の成果 - 多胎妊娠は瘢痕にさらなる負担をかける、
  • 十分な超音波検査および臨床検査データ - 子宮下部の本格的な裕福な筋肉層
  • 妊婦と胎児の健康状態 - 健康診断とCTGによると、
  • 分娩中の女性のインフォームド・コンセントは、自然出産のリスク、予測および適応症を十分に認識している必要があります。

対応する心理的態度を持つ将来の母親は、帝王切開後の出産に成功し、恐怖と疑いが自発的な労働の流れを妨げます。

個別配達の適応がない場合の入院および予定配達の条件も変更されました。根拠のある子宮瘢痕があるため、腹部分娩の理想的な時期は39週間です。同じ場所で古い瘢痕を切除して新しい縫合糸を形成しながら、繰り返し帝王切開が行われます。

帝王切開後の自然分娩は、大規模な専門の産科病院でのみ可能です。それは子宮の除去を含む複雑な外科的介入を行うことができる最新の設備、よい蘇生法および有能な専門家を持つことが重要です。出産の過程で、産褥と胎児は注意深く監視されなければなりません。

帝王切開後に妊娠が可能かどうかは疑いありません。女性が再び母親になりたい、そして新たな妊娠を夢見ているなら、すべてが彼女の力にあります。ただし、子宮に傷を付けるには、女性からより多くの注意と責任が必要であることを忘れないでください。重りを持ち上げることは固く禁じられています、あなたは仕事と休息の体制に従う必要があります。入院や出産の方法の指示を怠らないように、「あなたの」医師を選び、計画段階で彼の勧告に耳を傾けることが重要です。結局のところ、旅の終わりには、すべての努力のための最高の報酬、将来の赤ちゃんの健康、が期待されます

レビュー:「期限を守ることが重要です」

私は2つの帝王切開の後に3回目の妊娠をしています... 1回の帝王切開と2回目の妊娠の4年が経ち、それは問題なく去りました。 、最後の帝王切開の1年後....超音波で彼らはすべてが大丈夫だと言ったが、時間はまだ短いです、それがどのように次回になるか - 時間は教えてくれるでしょう...

COPの4ヵ月後に妊娠しましたが、やめました。さらに8人、娘と妊娠しました。つまり、COPの1年後です。超音波スキャナーが故意に傷跡を見逃した(2 mmと言ったが8 mmであった)ため、スパイクは32週間の安静を伴う病気でした。 37で、収縮が始まりました、それは病院で良かったです。 Eksとそれは安全にこの期間中です

Irishka Kulikova、https://www.baby.ru/community/view/77360945/forum/post/77411869/

私が1Bで保護を受けていたとき、COPの後も妊娠していた女性が病棟にいましたが、それはもう半年も前から来ていました。それで、彼女は20週目から誕生まで病院にいました。もう待つことが不可能だったので、縫い目は大きくなり過ぎていた!トイレでも上昇することはできませんでした!赤ちゃんが完全に成長している間そしてそれから、小児科の病院でもう一つ... HORROR!そして、最初の赤ちゃんは祖母に傷つけられました...

再妊娠禁止

場合によっては、医師による帝王切開後の2回目の妊娠は固く禁じられています。女性の健康に重大な問題があり、それが彼女の人生を直接脅かしているとき、これらは例外的な状況です。手術が以下の医学的適応に従って行われなければならない場合、彼女が将来出産することを許可されることはありそうもないです。

これらの医学的適応のうちの1つに従ってセクションがとられた場合、医師は将来の計画について若い母親に助言します。彼らは、出産はそのような病気では禁忌であると説明しています。いくつかのケースでは、産婦人科病院で、手術前でさえも、彼らは新たな妊娠からの根本的な保護方法を提供することができます - 殺菌。 COPの間にカップルから同意が得られれば、チューブは縛られ、合併症や結果を伴う、予期しない望まない妊娠は起こりません。

統計。帝王切開術はもはやまれで恐ろしい手術ではありません。症例の20%で彼女のリゾートに。

すぐに出産しませんか?

出産の自然な過程における外科的介入の理由がこの特定の妊娠の合併症(胎児、ヘルペスなどの不適切な症状)と関連しているならば、将来、女性はまだ出産を禁じられていません。しかし、手術後、医師は今後数年間の強制避妊について若い母親に警告します。これは、帝王切開直後の素早い妊娠が不可逆的な結果を引き起こすという事実によるものです。合併症は予測できないことさえあります。

  1. 帝王切開後、子宮に瘢痕があり、完全な治癒にはそのような期間が必要です:少なくとも1。5年、さらに良いのは2年以上。妊娠が早く(例えば手術後3ヶ月)すでに起こっていると、傷はそれにかかる負荷に耐えることができません。妊娠は子宮の壁を引き伸ばします、それはその破裂につながります。
  2. 手術後、体にストレスがかかるため、リハビリ期間が必要です。それが新しい妊娠によって複雑にされるならば、それは単に子供を産むのに十分でないかもしれません。この場合、それは流産で終わります。
  3. 胎盤には深刻な問題が起こる可能性があります。多くの場合、そのような場合、彼女の剥離が診断され、それが胎児の死亡を引き起こします。

帝王切開後の妊娠が危険であるのは、それが事前に計画されていない場合です。あなたが医者の勧告を考慮に入れないならば、出産直後に自分自身を守らないでください、あなたは重大な合併症を避けるために妊娠をやめる必要があります。もちろん、2番目の赤ちゃんが手術後すぐに(4〜5か月後、またはそれより早く)妊娠した場合、2番目の赤ちゃんを安全に産むことが知られています。しかし、これらは例外であり、規則ではないことを理解する必要があります。また、あなたが自分自身と生まれたばかりの赤ちゃんにさらされているすべての結果に留意する必要があります。

あなたの情報のために。もし帝王切開の後、女性が推奨された日程を守ったならば、瘢痕の破裂の危険性はわずか0.5%です。

妊娠計画

帝王切開術後に経過する2年以内の妊娠の慎重かつ合理的な計画によるこれらすべての合併症を回避することは可能です。出産の医学的禁忌がない場合、そのような期間の後に、もしあなたが再び幸せな母親になりたいのであれば、子供を妊娠する前であっても医師に相談するべきです。準備は一度にいくつかの必要な活動を含みます。

  1. あなたが安全に赤ちゃんを産みたいのであれば、次の2年間は慎重に自分を守らなければなりません。
  2. この試用期間の後、あなたは婦人科医を訪問する必要があります。彼は、子宮の傷や結合組織の状態を調べ、それが治癒したことを確認し、そして新しい検査の準備ができていることを確認します。
  3. なぜあなたが初めて帝王切開を受けていたのかがわかるので、この原因を排除する、つまり予防を試みる必要があります。また、必要に応じて、再度妊娠する前にすべてのあなたの痛みを治療する必要があります。

帝王切開後の妊娠の適切な、必須の計画は危険と合併症を防ぎます、あなたがもう一度母性の幸福を経験することを可能にするでしょう。この件に関して何らかのイニシアチブ、推奨されたスケジュールに従わなかった場合、悲惨な結果をもたらす恐れがあります。

妊娠の経過

帝王切開の1ヵ月後に赤ちゃんを妊娠し、突然妊娠したと思われる場合は、適切な医者を訪問することを躊躇しないようにしてください。この場合、期間が許せば(5〜6週間)、合併症を避けるために直ちに医学的な中断が必要になります。そうでなければ、人は器用な中絶に頼らなければなりません、そして、これは将来子供を産む女性の能力を危険にさらします。手術後、1年以上が経過した場合、重要な9ヶ月は通常の妊娠過程とわずかに異なるだけでしょう。ここでは、以下の規則に従う必要があります。

  1. できるだけ早く婦人科医に登録してください。
  2. その後の帝王切開後の妊娠中、たとえ治癒して一見丈夫な瘢痕にもかかわらず、過剰な、過剰な肉体的(そして他の)負荷は禁忌です。
  3. 私たちはもっと頻繁に婦人科医を訪ねて彼の処方箋をすべて満たさなければならないでしょう。
  4. 女性の一般的な状態に関しては、そのような妊娠中の感覚は、すべてが順調であれば、通常のものと変わらない。 (6〜7ヵ月後、またはそれ以前に受胎が起こった場合)破綻した破産により、子供があなた自身の危険にさらされていた場合、背中や下腹部に引っ張り、時には耐え難い痛みさえもあります。
  5. 超音波はもっと頻繁に行われます。
  6. この場合の出産は絶対に禁忌です。

そのような手術の後に遅い概念が起こるほど、より成功し、より安全になるのは乳児の負担、そして分娩そのものです。傷が最終的に治癒し、子宮が経験しなければならないであろうすべてのストレスに耐えることができるように、この場合(年齢が許すならば)5年後に妊娠することがより良いことを理解する必要があります。

特別な場合

人生はとても予測不可能なので、最も慎重で慎重な人でさえ、すべてを予見することはできません。特にそれが女性の身体に関するものであれば。 COPの後に妊娠の特別な症例と診断されることが多く、専門の医療アプローチと女性の用心深い注意が必要です。

  • 行の2つの警官

妊娠が2番目の帝王切開の後に起こるならば、手術のために再び準備してください。そのような場合に自然な方法で出産する人は少なく、合併症はほとんど避けられません。瘢痕部位の結合組織は弾力性を失い、それは子宮が分娩中の負荷に耐えることを可能にしない。この場合、操作を早くすることができる。

  • 行の3つの警官

あなたが3帝王切開の後に妊娠しているならば、自然な出産さえ頼りにしないでください。さらに、最近数週間で、傷跡が繰り返し繰り返されることを考えると、医者はあなたを救うために横になるように頼みます。子宮がそのような負担を4回持続することができず、赤ちゃんの体重が増えると破裂する可能性があるという危険性は高すぎます。婦人科医は、胎児、母親、瘢痕の状態を観察して、もう少し早く手術を行うことにします。同時に、現代レベルの医学は危険を最小にすることを可能にする。

  • 多重度

帝王切開の後に妊娠が双子と診断される場合がしばしばあります、そして、この困難なケースでは、子宮がそのような重症度を負わないであろうから、若いママも出産することを許されないでしょう。特に子宮内に胎児が3人(4人、5人など)いる場合。妊娠中は、常に医師の監督下に置かなければならず、永久的な超音波検査を行い、そして最後の時期には病院に行かなければなりません。

帝王切開は深刻な腹部手術であり、それは自然な出産の過程を混乱させます。妊娠が早すぎたり、プロセスによって複雑になった場合は、繰り返しの外科的介入を避けることはできません。少なくともほとんどの場合、それは命を救います。通常の出産では、女性は自分自身を産むことができますが、それは当然のことです。

伝説か事実? カンザス州の再妊娠後にしばしば複数であることが判明したという意見があります。しかし、これに関する正確な統計データはありませんが、科学的に同様の事実は確認も説明もされていません。

出産:自然か、また手術か?

帝王切開後の次の妊娠が機能的に終了するかどうかについての論争は治まりません。それとも、普通の、自然の出産は可能ですか?すべてが、若い母親の健康状態、妊娠の経過、および外科的介入後の経過時間(月、年)によって異なります。

自然出産が許可されています。

  • 帝王切開後2年以上経過したとき(さらにそれ以上)
  • 母親に深刻な病気がない場合
  • 妊娠が合併症や病状なしで成功した場合
  • 第二帝王切開後の短期妊娠、手術のために陣痛の女性を準備する時間がなかった
  • 胎児の適切な提示と共に、
  • 帝王切開の1年後に妊娠が発生しても、医者に瘢痕の状態が疑われることがなければ(すべての人の治癒率は異なります)、女性は自分で出産することができます。手術から8〜9か月後にあなたが赤ちゃんを産むことになると、おそらくあなたは中断を提供されるでしょう。

次の場合、操作は再び避けられません。

  • 帝王切開後の早期妊娠(約1〜11ヶ月)、その間に瘢痕は治癒していません。この場合、あなたは妊娠の終了(薬物または用具)を待っています。帝王切開、あなたが期日前にそれを配達するならば、
  • 母親は慢性、重症、未治療の病気を患っていますが、これらは手術の医学的徴候です。
  • 妊娠の病理(胎児、胎盤などの異常な症状)
  • 30歳以降の年齢
  • この場合、子宮壁の破裂の危険性が最大であるため、2つの帝王切開術後の3回目の妊娠は、手術のみで終わることは間違いありません。
  • いくつかの要因(性器感染症、不健康なライフスタイル、身体活動)の影響下での病理学的に長い瘢痕治癒、
  • 前のCSの間に縦方向の切開が子宮壁に作られたならば、
  • 一度に数人の赤ちゃんが予想されます。

母親や子供の生活に不安がある場合、医師の意見はほとんどの場合明白です。計画的な手術が行われます。合併症が予測されない場合は、病理学はありません、婦人科医、産科医、新生児科医はイベントの自然な結果を歓迎するだけであり、すべての必要な援助を提供します。

今日、帝王切開後の2回目の妊娠は、医師の忠告に基づいて計画されていれば誰も驚かない。この場合に限り、複雑さを避けることができます。他の状況では、女性は自分が引き受けるすべての責任を理解しなければならず、COPの後数年の期間を持続しなかった。この立場では成功する可能性がありますが、それらは最小限です。幸せな配達はめったに起こらず、例外であり、規則ではありません。

私たちはソーシャルネットワークにいます

最近の数十年で、手術配達のための徴候を拡大する傾向がありました。

さらに、筋腫結節を切除する手術を受けた女性の半数以上が、将来的に妊娠を計画しています。

この点に関して、このリスクグループの妊婦管理に関する質問はますます重要になっています。

帝王切開はどのように行われますか?

帝王切開後の妊婦管理の特徴とリスクを理解するためには、手術の過程を理解することが必要です。

  • 第一段階は前腹壁の解剖です。

層:皮膚、皮下組織、アポニューロシス、筋肉の層別化、頭頂腹膜。 И только после всех этих слоев осуществляется доступ в брюшную полость.

  • Самым ответственным этапом является проведение разреза на матке.

それは通常次のように行われます:下部セグメントの子宮壁をメスで切開し、その後人差し指を持つ外科医が切開を続けます。

そのような接近は、子宮の縁に沿って位置する血管束に対する損傷の危険性が最小であるという事実によって正当化される。体を切開すると、子宮は縦に切断されます。

  • その後、子宮からの胎児の慎重な摘出が行われます。

この後、胎盤の手動分離が行われる。残りの胎盤組織を掻爬器を用いて除去する。

  • 子宮壁を縫合する前に、出血の流出が一杯になることを確認する必要があります - これのためにあなたは頸管の開口部をチェックする必要があります。
  • 子宮を縫合します。

この段階の運用の適切な技術的実装は、将来の予測に大きな影響を与えます。現在、縫合材料 - ビクリルが好ましい。それはそれがいくつかの織られた糸から成り、そしてまた吸収性材料であるという事実のためにそれはかなり耐久性がある。その完全な吸収の時間は60-90日の範囲です、そしてそれは子宮の壁の付着のために十分です。

  • 腹部臓器の修正後、全ての層の順次縫合が逆の順序で行われる。

下部セグメントにおける瘢痕形成の特徴

  • 下部セグメントにアクセスするとき、再生プロセスがはるかに速く起こることが証明されています。

これは、切開部が筋線維と平行であるという事実によるものであり、これはほとんどの平滑筋細胞がそれらの完全性、したがって機能性を保持することを意味する。

  • さらに、この領域への良好な血液供給のために、治癒過程はより速くそしてより良いです。
  • 下部セグメントへのアクセスを支持するもう一つの議論は、産後期間における子宮収縮の特異性です。
  • 子宮の退縮(逆サイズ縮小)の過程は、下部セグメントの領域がほぼ完全に縮小されるように行われ、これは瘢痕の面積が著しく縮小されることを意味する。
  • 一般に、継ぎ目の領域における再生過程は3ヶ月以内に起こる。

帝王切開後の「瘢痕現象」

縦方向アクセスでは、まったく異なるプロセスが発生します。この領域ははるかに悪い血液供給です。さらに、この切開により、大量の筋細胞が切開され、それにより子宮の収縮性が著しく低下する。

さらに、術後長期間にわたり、瘢痕組織縫合部位のほぼ完全な置換が徐々に起こることが証明された。これは、縫い目に沿った縦断面では、実質的に筋細胞が残っておらず、ほぼ萎縮が起こることを意味します。

これは、肉体アクセス後の「子宮瘢痕現象」です。長期間経っても強くなることはありません。 「長ければ長いほど」という原則はここでは機能しません。

しかし、これはこのアクセスで手術後2年以上前に妊娠を計画することが必要であることを意味しません。妊娠が早すぎると、瘢痕の欠陥による子宮破裂の危険性もあります。

このように、体幹切開後の子宮再生の過程は、しばしば劣悪な瘢痕の形成を伴い、はるかに遅く、さらに悪い。そして手術後何年もの後、縫合部位はほぼ完全に結合組織によって表される。

帝王切開後の2回目の妊娠は2〜6年で可能です。多くの女性はこの規則を無視し、帝王切開後1年以内に妊娠しようとします。一部の人にとってはこれは計画されていません。帝王切開後の早期妊娠は、子宮がまだ胎児に耐える準備ができていないので、そのリスクがあります。

手術後の生殖機能はどのくらい早く回復しますか?

帝王切開が別の方法で行われることは秘密ではありません。

出産中に女性と一緒に起こる生理学的過程のこの回避は全く提供されなかった。いわゆる「はさみ」が生じるのはこのためです。

身体の生殖機能の回復は、実際に実施できるよりもはるかに早く起こります。

例えば、母乳育児がない場合、最初の月経(そしてそれ故、排卵の可能性を伴う月経周期の回復)は手術後2ヶ月という早さで起こり得る。

しかし、この時点までに子宮に縫合糸は妊娠の発症中に子宮筋層の伸張のプロセスのための完全に "準備ができていない"です。もちろん、帝王切開直後に妊娠することは不可能です。なぜなら、体の生殖機能は回復するのに時間が必要だからです。しかし、それでもまだ卵巣は手術後40-50日で排卵し始めるかもしれません。

排卵と授乳の関係

女性が彼女の赤ちゃんを母乳育児した場合、妊娠の可能性ははるかに低くなります。泌乳過程は排卵の抑制につながりますので。

母乳育児を維持している間、あなたは次の規則を守らなければなりません:定期的に、摂食は3-4時間毎にあるべきです。

そのような状況では、排卵の可能性は減少します。しかし母乳育児だけのための希望は不可能です。手術後の女性では、妊娠初期の発症は非常に危険ですので、避妊法を使用することをお勧めします。

帝王切開後、どのくらい妊娠できますか?

妊娠の開始に最適な期間は手術後2年の期間であると考えられています。

この期間は多くの理由で選ばれました:2年で子宮の上の傷跡の最終的な形成は起こります、さらに、女性の体は回復する時間があります。

この期間は、合併症のリスクを最小限に抑えるためにいくらかの「マージン」で定義されています。

ただし、これは、この日より前に行われた妊娠が終了の対象となるという意味ではありません。妊娠の結果を決定する主な要因は、瘢痕の生存率の評価です。言い換えれば、計画外の妊娠が個々のアプローチを適用するために必要なとき。帝王切開後どのくらいで妊娠できますか?

一般的に、妊娠が手術後1年で子宮頸部下部(満足のいく瘢痕状態)で行われた場合、そのような女性は赤ちゃんを安全に運ぶ可能性が高いです。

状況は体の帝王切開と異なります。通常1年は強い傷を形成するのに十分ではありません。したがって、この状況では、妊娠の保存に関する決定は術後縫合を評価するための方法に基づいて行われる。

手術の瞬間から6ヵ月後に女性が妊娠した場合はどうしますか?

妊娠が帝王切開の6ヵ月後に起こったならば、この状況は非常に真剣に受け止められるべきです。この妊娠は、子宮の縫合糸の状態を注意深く監視しながら維持しなければなりません。女性は35週の病院で事前に入院する必要があることを覚えておくことが重要です。

帝王切開の2ヶ月後に妊娠が起こった場合の対処

合併症の危険性は非常に高いので、2ヶ月後の妊娠は厳密に中断を受けることがあります。 2ヶ月は子宮に傷を形成するのに十分ではありません。

手術後の妊娠を維持する可能性へのそのような厳密なアプローチは、母親への危険性、そしていくつかの状況では - 彼女の人生への本当の脅威の出現によるものです。子宮破裂は産科において最も緊急の(即時の)状況です。秒単位での失血の量は、女性の体内の血液の全循環量に達します。

手術後の法外に早い時期に発生した妊娠中の医師の重症度は、まさしく女性への懸念によるものであると言うべきでしょうか。

このような状況で特に注意することは中絶の方法に値します。

中絶方法のどれも安全ではありません。どのテクニックにも欠点があります。

  • 最も危険なのは古典的な外科的方法です、子宮の穿孔の可能性は掻爬です(特に子宮内膜炎の存在下で)。
  • 瘢痕のある子宮は減少する能力が低く、受精卵が必ずしも排除(除去)されるわけではないことを意味するため、中絶も危険を伴います。さらに、医学的な中絶に使用される薬はまた、縫い目の発散を引き起こすかもしれません。
  • 真空吸引は「悪の少ない」ものですが、この方法も安全ではありません。

手術後の妊娠初期のあらゆるリスク、およびその終了の危険性を考慮すると、避妊薬の使用はこのカテゴリーの女性には必要だと考えられています。

バリア法(コンドーム)または授乳中に許可されるホルモン薬(Charozetta、Lakinet、Eksklyuton)のいずれかを使用することが好ましい。

手術後の所望の妊娠前の最適な時間間隔の観察、ならびに子宮瘢痕を評価するための方法の使用は、起こり得る合併症の危険性を有意に減少させる。好ましい妊娠と慎重な出産は、女性の生殖能力の維持に貢献します。

妊娠のための準備

帝王切開を受けた女性が2人目の子供をもうけることにした場合、彼女は産科婦人科医に連絡する必要があります。女性の身体が健康な子供を再び連れ出して安全に産む準備ができているかどうかを判断するのは彼です。

手術が生殖器感染症または子宮内の胎児の異常な位置に関連していた場合、2回目の妊娠の計画は禁忌です。

約3年間で帝王切開後に妊娠を計画することをお勧めします。

手術後の時間が長ければ長いほど、妊娠第3期における胎盤の剥離およびそのような新鮮な瘢痕による位置の低さなどの影響を避けるための割合が高くなります。

帝王切開後の妊娠は十分な準備が必要です。 2回目の妊娠を計画する前に、避妊薬とバリア避妊薬を使用した保護が必要です。避妊方法についてもっと読む→

筋肉組織が回復し、帝王切開後の2回目の妊娠が母親だけでなく子供にとっても安全に進行するように、子宮を拘束しなければなりません。

帝王切開の後、女性は5つの基本的な規則を守らなければなりません:

  1. 安静時の時間数 - 少なくとも9。
  2. 組織再生を促進する通りを歩く。 1日40分が最善の選択肢です。
  3. 鉄分、リン、カリウム、カルシウムが豊富なビタミンや食品を含む食事。
  4. 帝王切開の後、プレスと背筋は運動する必要があります。それはヨガか水泳です。運動は筋肉が早く回復するのを助けます。
  5. 産科婦人科医への月例訪問は習慣になるはずです。専門家が専門家の助言を手助けし、体の全体的な状態を評価します。

2人目の子供を妊娠する前に、帝王切開後に妊娠を計画している女性は、隠れた感染症について検査されなければなりません。

さらに、妊婦は超音波スキャン、子宮鏡検査(診断を伴う子宮鏡によるスクリーニング、そして必要ならば外科的介入)を受けるべきである。

子宮造影法は、X線で画像を取得できるようにする造影剤の導入により、子宮の特定の領域の状態と卵管の開存性を診断します。

再妊娠

帝王切開直後の妊娠はほとんど常に瘢痕の破裂で終わるため、帝王切開直後の妊娠は危険と見なされます。これは、最初の出生後にまだ回復していない子宮がそのような高い負荷に耐えることができないためです。

このため、専門家は帝王切開の1年後でも妊娠を計画することをお勧めしません。

妊娠中は、自家分娩の可能性を確実にするために瘢痕の状態を常に監視する必要があります。

傷の失敗と子宮の破裂は、女性を待つ主な危険です。手術後の自宅でのその後の出産が禁止されているのはそのためです。

妊娠35週目にはすでに、羊水の早期排出および胎盤の分離に関するさらなる問題のために、女性が保存のために診療所に入れられています。

考えられる合併症

処方されたすべての推奨事項に準拠している場合、たとえ帝王切開術後の妊娠3回目であっても、出産は安全に成功します。ただし、合併症が発生する可能性があります。

例えば、子宮破裂は瘢痕線に沿って起こり得る。妊娠が最初の出生後3年以上前に起こったならば、これは起こります。

子宮破裂の症状は、吐き気、嘔吐、上腹部の痛み、耐え難い収縮の痛みです。子宮破裂は完全かつ不完全であり、一般的な時期のいずれかで発生します。出産後に現れることもあります。子宮の破裂は、胎盤の増加とそれに続く瘢痕領域の子宮内膜の付着を確実にすることができないことに関連している。

そのような状況での胎盤は肥大しているか、おそらく肥厚しているか、あるいは逆に薄くなっている。胎盤が子宮壁に完全に付着している場合、出血はありません。自分のベッドを自発的に取り外すと、それが引き起こされることがあります。

ほとんどの失血は外科的プロービングでのみ除外することができます。このような処置が行われないと、分娩中の女性は出血で死亡します。しかし、そのような合併症はまれです。

最初の帝王切開部での縫合のいくつかの特徴は、出産後の最初の数ヶ月、子宮の脱出に失禁を必然的にもたらします。続きを読む:帝王切開後のステッチ→

帝王切開後の自然出産は可能ですか?

妊娠25〜33週の間に、専門家が女性の出生タイプを決定します。 3人に1人の妊婦は、手術による出産後に独立して出産することができます。

しかし産科医は、子宮の縫合糸の厚さが4ミリメートルを超える場合にのみ、独立した分娩を認めます。

したがって、まず第一に、女性は縫合検査を処方されます。生殖器を無傷に保つために、出産は刺激なしに行われます。

以下の場合には、繰り返し手術が必要です。

  • 妊娠が早すぎると、子供は出生過程まで残ることができましたが、縫い目は最後まで治癒しませんでした、
  • 30歳以上の女性
  • 胴体帝王切開術 - 非常に懐からおへそまで切開が行われるとき、
  • 胎盤の位置が低い、または増加している。

帝王切開後の自然出産の間、専門家は心電図検査を使用して胎児の心拍を常に監視する必要があります。

子供に鼓動がある場合、それは傷の問題の兆候です。出生過程で瘢痕が薄くなると、子宮の緊張が上がり、収縮が痛みます。胎児は酸素欠乏に苦しんでいます、それは子供の不均一な鼓動につながります。

それは子供の体重を制御することが重要です - それは大きすぎると重いべきではありません。

多胎妊娠では、自分で出産することは固く禁じられています。

予期しない状況が発生した場合に子宮破裂を間に合わせるために、鎮痛剤が注射されないという事実に備えて妊婦は準備されるべきです。出生が遅れ、子供が自分で外出できない場合、医師は手術を行う義務があります。

2つの帝王切開術後の独立した分娩は、妊娠中の母親が2回の手術で子宮が薄くなることを理解しなければならないリスクです。

生殖器が3番目の属、特に天然に耐えられない可能性は75%以上です。一流の婦人科医による研究では、再生能力が高く、完全に治癒した瘢痕があっても、2つの帝王切開術後の出産が母親の死亡または子供の出生障害を招く可能性があることが確認されています。

心理トレーニング

帝王切開後に自然出産を移すことに成功したそれらの女性は、正しい気分で、プロセスがより簡単であると主張します。あなたが自然な出産を待望の出来事として扱うならば、痛みはそれほど強くないようです。

疼痛閾値が低い女性は、鎮痛剤なしで出産しなければならないという事実を受け入れるために心理的側面に特別な注意を払うべきです。

医者との信頼関係は自信を与え、子供への不安感を鈍くします。

将来の母親が愛する人を支えることは非常に重要です。したがって、医師は家族が常に患者の近くにいることを禁じません。女性が支持と愛に囲まれていれば、ほとんどの場合、妊娠は成功しています。

帝王切開後の自然出産 - 一般的な現象。 2回目または3回目の出産のための準備は最も重要な段階であり、妊娠のさらなる進展と今後の出産の期間を決定します。

3学期中、子供の心身の健康を守るために、子供を優しさで治療することが重要です。 Однако следует взвесить все «за» и «против», прежде чем принимать решение о естественных родах и не отчаиваться, если придется прибегнуть к кесареву сечению во второй раз.

Автор: Валентина Широкова,
специально для Mama66.ru

Когда можно снова рожать после кесарева

Ограничение на новые роды связано прежде всего с рубцом, который образуется на матке после операции. Минимальный срок его заживления — 1,5 года. Оптимально, когда роды начинаются не ранее чем через 2 года.

今日、医師は楽観的な見通しを示しています。女性が2年後に妊娠した場合、これは通常の時期ですが、分娩は帝王切開によるものと考えられます。 女性のための他の禁忌がない状態で妊娠が帝王切開後3年後に起こるとき、自然な出産の高い可能性があります。

帝王切開後の妊娠の特徴

前の誕生から1年以上が経過したならば、妊娠は普通に続くでしょう、傷に関連した不快感があるべきではありません。手術から11ヶ月未満が経過した場合、引っ張り、時にはかなり強い痛みが観察される。

手術の効果の現れがないにもかかわらず、妊娠管理は前のものと異なります:

  • 婦人科医に出演する可能性が高くなります
  • 超音波診断もより高い頻度で行われます
  • 早期登録が厳密に必要です
  • すべての妊娠は2キロ以上の体重を持ち上げることをお勧めしません、
  • 出産は除外されます。

前回の誕生から1年未満が経過した場合、医師が新しい妊娠を中断するよう申し出る可能性が高いことを知っておくことは重要です。 回復する時間と治癒する方法を持っていなかった子宮以来、子宮は縫合糸の代わりにその破裂で満たされている新しい負荷を維持することはありません。そしてそれは胎児だけでなく女性の人生にとっても危険です。

傷 - 規範、一貫性の兆候、破裂の症状

帝王切開後の妊娠前の主な検査の1つは、瘢痕の状態の超音波スキャンです。

ルーメンの怖さは、壁や筋肉の繊維が回復していることを意味し、収縮中に収縮することができ、子宮は新たなストレッチに耐えます。

この症状は、瘢痕の状態に関する以下の基準によって決定されます。

  • 滑らかな輪郭
  • 空洞の欠如
  • 妊娠期間に対応する厚さ:
    • 受胎前 - 少なくとも3 mm
    • 32〜33週間で - 3.5 mm
    • 37〜38週間で - 2 mm以上

帝王切開後の妊娠と出産の合併症

妊娠中および出生過程における最初のそして最も危険な合併症は瘢痕破裂です。これは母親と子供の両方の命を脅かす状態であり、唯一の助けは緊急帝王切開である。手術中に間隙が縫合され、極端な場合には、病変の面積が大きすぎると子宮が除去される。それが妊娠中に起こった場合、それが間に合うようにギャップの始まりを決定し、そして病院に行くことがとても重要である理由です。

破裂の始まりに傷跡は以下の症状を示唆しています:

  • 触知可能な子宮緊張
  • 腰と腹部の激しい痛み
  • 時々吐き気や嘔吐、
  • 明確な周期性を持たない強い収縮
  • 出血の外観。

次の記号は、発生したギャップを示します。

  • 非常に高い強度の痛み
  • 血と重い放電
  • 収縮の停止
  • 心拍数の増加
  • 血圧を下げる。

瘢痕の破裂に加えて、帝王切開による最初の出生後の妊娠期間中に他の合併症が起こる可能性があります。

  • 胎児低酸素 - 不十分な血液供給によって引き起こされる重度の病理
  • 胎盤機能不全
  • 胎盤の位置と付着の異常:症状、密集度、増加、内方成長、発芽、低
  • 流産または早産の恐れがある。

帝王切開の女性は慎重に彼らの健康を監視し、疑いがある場合には医師に相談することが推奨された後の妊娠中の高いリスクを考えると。

帝王切開後の双子の妊娠 - 特徴、リスク

妊娠と帝王切開後の双子の誕生に関する懸念は十分に根拠があります。確かに、この場合、傷には二重の負荷があります。

概して、妊娠全体は中断の脅威の診断を伴い、そして医師はより頻繁に訪問しなければならない。しかしこの場合、それは必要な予防策です。

医師が32〜33週間の間に重度の瘢痕の薄層化に気付いた場合、女性は病状を監視するために入院を申し出られることがあります。病院環境では、医師は毎日超音波を使用して瘢痕薄化の動態を監視し、一方では子供をできるだけ長く成長させ、他方では破裂の恐れがある場合には時間内に反応するようにします。

これらの条件下で、医者はほとんど常に計画された帝王切開を提供するでしょう。この手術は37〜38週間の期間にわたって行われる。緊急事態は34週以内にも早くすることができますが。手術中に、結合組織を切開しながら瘢痕線に沿って切開を行う。

同時に、2つの傷跡が子宮に形成されることが起こります。これは最も高いカテゴリーRaisa Vladimirovna Zyablikovaの産科婦人科医がこれについて言うものです:

あなたが正しく帝王切開を実行するならば、あなたは子宮の上の古い瘢痕の場所を見つけて、それを通して切らなければなりません。切除するかしないかは、傷の抽出後に傷跡の端がどの程度見えるかによって異なります。しかし、すべての医師がこのアプローチに従うわけではありません。そして時には、子宮の傷が1つではなく2つあることがわかります。しかし、妊娠は安全に収穫されています。

Zyablikova R.V.、最上位カテゴリーの産科婦人科医、診療所の主任医師

納期が短いほど、パン粉は弱くなります。 産科病院を選ぶとき、双子を期待しているママは蘇生と授乳中の赤ちゃんのための条件に注意を払うべきです。

帝王切開後に何回出産できますか。

それほど昔ではなく、帝王切開後のその後の分娩数に制限がありました。それは、傷がいくつかの切開に耐えられないと信じられていたので、それは、2人の子供に制限することを勧められました。

しかし、すでに述べたように、近年の産科分野の医学は大きな進歩を遂げています。 したがって、今日、帝王切開後の女性は、望むだけの数の子供を持つことができます。 他に禁忌や健康上の問題がないことを条件とします。

手術後の妊娠成功の主な条件は、2 - 3年の期間を維持することです。これは中絶にもあてはまります。中絶は帝王切開後2年間は禁じられています。

帝王切開から10年後の妊娠 - 10人が1人より優れている

間違いなく、最初の帝王切開後に残された傷については、属間の時間差が大きいほど良い。

しかし同時に、長期間の妊娠後の繰り返し妊娠中は、最初の手術後の瘢痕に関連していないが年齢を考慮した理由で、計画された帝王切開を受ける可能性があることに留意する必要があります。結局のところ、女性が年をとるほど、蓄積された慢性疾患の「手荷物」が多くなり、妊娠中や出産中により頻繁に合併症が発生します。

インターネットでの妊娠についてのフォーラムの訪問者からのフィードバックはこれを確認しています:

私は最初の帝王切開から10年後です。その結果、縫合が失敗し、再び36週で帝王切開ができました。彼の胃は痛みました - 彼の頭は古いステッチとprokedarに対して休みました。あなたは病院にいる​​時間に間に合うように自分自身に近づくだけでよいのです。そして、すべてがうまくいくでしょう。

@ UTA @

https://www.u-mama.ru/forum/waiting-baby/pregnancy-and-childbirth/176805/index.html#mid_4199232

帝王切開後に妊娠が起こらない理由

あなたが帝王切開の後に再び妊娠することができるときについて、我々はしばしば話します。しかし、子供を妊娠させることがうまくいかないことも起こります。実行した操作がその後の概念に影響を与えるかどうか、およびこの影響を最小限に抑える方法を検討しましょう。

その後の問題は、以下の要因の影響を受けます。

  1. 子宮内膜症。これは子宮内膜細胞の病理学的増殖です。これらの細胞は、手術中に特徴のない層を取り込むのが非常に簡単で、帝王切開です。その後の受胎に対する子宮内膜症の影響は、次の要因によるものです。
    • 子宮内膜症は卵子の性質の変化をもたらし、それが卵子の発達を妨げ、卵子の死を招きます。
    • この病気は卵管での癒着を伴い、それは精子細胞と卵の「出会い」を非常に複雑にし、概念をほとんど不可能にします。
  2. 付属器炎。これは、しばしば縫合糸の領域で、出血が原因で現れる付属肢の炎症です。この合併症は、自然出産時よりも手術による出産時に8〜10倍多く発生します。子宮内膜症とは異なり、この病気はうまく治療されます。危険は慢性化しているランニング病です。炎症のために現れる瘢痕は、卵管の管腔を狭くし、精子を卵子に突き刺して受精させるのを困難にします。
  3. パラメータこの循環組織の炎症は、しばしば治療を受けた産後子宮内膜症の合併症です。それはまた骨盤の活発な癒着につながります。

その後の不妊につながる合併症の予防は、婦人科医での定​​期的な診察と新興疾患の適時の治療です。それから早い段階で止められた炎症過程は最小限の結果をもたらすでしょうそして赤ちゃんを妊娠する能力に関する問題はあなたに影響を与えないでしょう。

避妊薬 - 選択する方法

今日では、望まない妊娠からの保護のための手段と方法の選択は膨大です。

不完全な性交の方法とカレンダー法は、特に妊娠後に不安定な周期では効果的な方法ではないので、この記事ではそれらを考慮しません。

発生している避妊の問題で行われる必要がある最初の事は婦人科医を訪問することです。あなたの状態の特徴、データ分析および最近の妊娠の経過に関する情報に基づいて初めて、彼は効果的で、そして最も重要なことに、安全な方法を選ぶことができます。

それはあなたが保護の手段(ホルモン、子宮内装置、コンドーム、地元の薬、注射)の形式を選択することができ、そして特定の手段を選ぶことができるのは医者です。

保護され始める時期

子供を授乳していない女性は、性的関係の更新の瞬間から始めて、望まない妊娠から保護されるべきです。他の禁忌がなければ、手段の選択もまた広い。

赤ちゃんを母乳で育てている母親にとって、状況はもう少し複雑です。それは泌乳無月経 - プロラクチンのレベルの上昇による一時的な不妊の状態についてのすべてです。

母乳育児をしているときでも、女性が妊娠する可能性があることを覚えておくことは重要です。 例えば、摂食回数が減少した場合、または摂食間隔が増加した場合(3〜4時間以上)、プロラクチンのレベルは減少し、女性は再び妊娠することができます。

たとえ女性が絶え間ない母乳育児の月経を持っていなくても、赤ちゃんがミルク以外の何も受け取らないとき、それは6ヶ月から保護されるべきです。

母親が子供にサプリメントあるいは水さえも与える場合、出産後6週間から避妊方法を使う必要があります。

母乳育児中の帝王切開後のピルによる妊娠中絶

出産後1〜11ヵ月という、縫合糸の瘢痕化に必要な時間より早く女性が母乳育児をすると妊娠を発見することがあります。この場合、治癒していない子宮は負荷に耐えることができないため、妊娠を終了することを強くお勧めします。

この場合、女性が赤ちゃんを母乳で育てているので、中断の方法の選択は非常に慎重に行われるべきです。

中絶には主に3つのタイプがあります - 薬物、外科、真空です。

中絶の医療方法

近年、母乳育児中に使用が許可された調製物が得られたことに基づいて、多くの研究が行われてきた。

  1. ミフェプリストンを含む薬。このグループの薬を使用するとき、活性物質は最小限の量で血流に入ります。これにより、資金を取りながら母乳育児を続けることができます。
  2. ミソプロストール母乳に少量で入り、母体から急速に排除されるという点で異なります。この薬を飲んでいる間、母乳育児は5-7時間中断されます。
  3. ジメプロスト女性の身体からの導入期間は1日なので、母乳育児は24時間中断されます。

中絶のための薬を服用する過程は1.5 - 3日の期間で変わります。赤ちゃんを傷つける可能性が最も高いために、母乳育児は3日間中断することをお勧めします。

妊娠中絶手術

望まない妊娠を取り除くこの方法は、より心的外傷性で危険ですが、若い母親によっても積極的に行われています。

手術は、妊娠期間や女性の医学的パラメータに応じて、全身麻酔または局所麻酔下で行われます。局所麻酔の場合、母乳育児は継続的に続けることができます。全身麻酔では、薬の作用が終わるまで赤ちゃんの授乳を中断することをお勧めします。

母乳育児中の真空中絶

特別な真空ポンプで卵子を吸引することによって、真空中絶またはミニ中絶が行われます。この手術はごくわずかな妊娠期間にのみ行われます:最適には - 最大5週間、おそらく - 6〜12週間です。

真空中絶は特別なポンプで行われます。

分娩後6ヶ月が経過していない場合、望まない妊娠からのこの種の分娩は行われません。

この処置は、全身麻酔または局所麻酔下で平均5分間続き、その後数時間の間、患者はリハビリのために病院にいます。

ミニ妊娠中絶の後、女性は抗生物質のコースを処方されるので、母乳育児の事実について医師に知らせることは不可欠です。彼は適切な治療法を選択します。

帝王切開後の妊娠が来て喜びだったように、締め切りに間に合うように、行動規範が必要です。そしてそれから、その女性は再び母性の幸せを感じることができるでしょう。

あなたは外科的分娩後いつ妊娠することができますか?

通常、この質問は、同じ年齢の子供が欲しい、または、その年齢のせいで、別の子供をもうける機会がないことを恐れているカップルによって尋ねられます。

妊娠のために、女性の体が重い負荷を受けていることは誰にでも明らかです。出産した人の士気がさらに回復する必要がある可能性もあります。しかし、ここでの主なことは、以前の配達が帝王切開によって完成したということです。これは、腹腔、子宮が子供を除去するために損傷を受け、そして後にステッチが適用されたことを意味し、それは完全な治癒を必要とする。そしてこの治癒により、子宮の筋肉層に緻密な結合組織からなる瘢痕が形成されます。彼が新しい妊娠に耐えるためには、彼が完全にまたは主に筋肉組織で形成されるであろうときに、それは少なくとも12〜16ヶ月かかる必要があります。したがって、帝王切開後の月に約2回目の妊娠はできません。

さらに、子宮の壁を伸ばすと破裂や炎症を引き起こす可能性があるため、妊娠中絶処置は非常に望ましくないため、最初は避妊薬を使用する必要があります。合計で、専門家は女性の体と腹部と子宮の傷跡が完全な状態になる2 - 2。5年の間、再妊娠を控えるように勧めます。

手術後の妊娠の特徴

構想が計画されているだけなら、まず第一にあなたは婦人科医を訪ねる必要があります。専門家は、瘢痕の状態、体内のホルモンのレベル、そして一般的には、新しい妊娠を移行する女性の能力をチェックします。そしてその後になって初めて医師は再受胎に関して決定を下します。許可された場合、この妊娠は以前の妊娠とは異なることを理解しておくべきです。より頻繁な検査と妊娠の経過のより高いレベルの観察があるでしょう。女性が妊娠について知るとすぐに、彼女はすぐに産科婦人科医に登録しなければなりません、そこで、彼女はさらなる行動についての指示を与えられるでしょう。少なくとも、これはダイエット、タイムリーな安静、身体的運動の制限です。最後の妊娠中の女性から、通常の妊娠よりも2倍強い自分を制限するように指示されます。

前回の妊娠から5年以上が経過した場合でも、次の妊娠は独立出産の問題を除いて何の違いもありません。しかし、帝王切開の1か月後、または6か月後に妊娠した場合、医師は彼女に中断するように勧めます。子宮の破裂の可能性が高いので、それは母親の生活のためにより安全になります。

2帝王切開後の妊娠

2回目に妊娠した妊娠中の女性には、どのような注意を払うべきですか?すべての医師の処方箋と身体の回復および瘢痕の完全な治癒に必要な時間があれば、帝王切開後の2回目の妊娠はおそらく解決されます。この場合、構想の後、いくつかの規則を守る必要があります。

  • 産科婦人科医によって任命されるより頻繁な超音波処置。
  • 医師による注意深い観察および胎児の保有についての勧告の最も厳守。
  • Отказ от физических нагрузок, способных вызвать нежелательные осложнения для беременности.

В процессе рождения ребенка, если он появляется естественным путем, врач будет наблюдать за состоянием его сердцебиения, и, как было сказано ранее, просматривать рубец после кесарева. 合併症の場合には、妊娠は再び外科的介入の助けを借りて解決されます。

3妊娠

帝王切開後の3妊娠に関しては、それは非常に危険であると考えられ、そして患者の健康と彼らの将来の子供たちの命を気にする医者は自然出産に同意を与えないでしょう。したがって、3回目の手術は避けられないでしょう。この妊娠の発生の場合には、すべての必要なテストに加えて、2つの手順も処方されます:

  1. ヒステログラフィーその実施のために、造影剤が子宮腔に注入され、その後X線が使用され、そして生殖器系器官の状態が確認される。
  2. 子宮鏡検査生殖管と子宮の状態を内側から見るためにビデオカメラを備えた特別な装置を使って行われました。

最近では、COP後の妊娠はすでに順調に進んでいますが、それがどうであれ、主なことは産科婦人科医の許可を得てから計画し実施することです。そうして初めて、あなたはあなたの安全とあなたの生まれていない子供に自信を持つことができます。

帝王切開は何回できますか

いくつかの情報源では、許容帝王切開の数は事実上無制限であるという次のような声明を見つけることができます。確かに、女性が7-8回以上の手術に耐えた場合もありますが、そのようなリスクが正当化されるとは言い難いです。事実は、各外科的介入の後に、瘢痕の面積および子宮の壁は徐々に薄くなるということです。妊娠の過程におけるように、そして出産の間に、この問題は遅かれ早かれ胎児の死または母親自身の死さえも導き得る。したがって、平均的な女性は3つの帝王切開を制限することをお勧めします。

性器によっては、生殖器がすでに不適切になっているため、CSの3回後に4人目の子供を妊娠できない人もいます。そして特定の状況下では、最後の妊娠後に合計3回の手術を受けた女性に殺菌処置が提供されることがあります。この措置は彼女の健康を維持するために必要です。

外科的送達オプション

帝王切開中のこの過程で生じる分娩の進行および合併症に応じて、さまざまな種類の切開を行うことができます。それらの各々は医者が言わなければならないあるケア方法と癒しの期間を必要とします。

垂直外科的介入は、身体的または古典的と呼ばれます。女性が重度の出血を患っているか、または胎児が急性低酸素症と診断されている場合:それは非常にまれに、そして緊急の場合にのみ実行されます。そのような分娩の結果は美しくはない、というのは、瘢痕は恥骨帯からへそまで広がっており、そして将来圧縮する傾向があるからである。

水平それは計画された手術の間に、横方向にそして恥骨の上で行われます。その利点は切開が腹腔を開かず、それが自然な皮膚のひだで行われることです。傷の縫合方法も考えると、しばらくすると傷跡はほとんど見えなくなります。

子宮に関しては、症例の90%で切開は横方向に行われています。彼はよく治癒します、そして、彼の涙はまれであり、そして何人かの女性が手術の後に常に予防策をとるわけではないという理由だけで。縦方向の切開では、子宮の壁が弱まり、次の妊娠中に帝王切開後の縫合糸が破裂する可能性があるため、ほとんど使用されません。

おすすめ

帝王切開後に再び妊娠したい女性は、自分自身のためにいくつかの習慣を身につけ、一定の規則を学ぶべきです。したがって、それはそれ自体と胎児を悲惨な結果から保護するでしょう。胎児の出産とこのプロセスの準備のための基本的な勧告のリスト:

  1. 年上の子供を拾わないでください。これを行うには、親戚や親しい人の助けを借りる必要があります。または、子供の年齢がそれを許可する場合は、彼を自立に慣れさせることができます。
  2. 出生前の診療所や追加の超音波検査を定期的に受けたり、身体の変化について医師に知らせます。
  3. 出産した後、女性はロチアと呼ばれる、しばらくの間発見しているでしょう。あなたは彼らの性質、色、量を監視する必要があるでしょう、そして規範からの逸脱の場合には、すぐに医者に意見を聞いてください。
  4. ベビーカーやその他の重いものを自分で運ぶことはできません。必要に応じて、通行人に助けを求めるべきです。
  5. 妊娠の最も危険な期間は妊娠第三期です。この時、胎児は活発に体重を増やし始め、子宮内で活発になります。したがって、あなたはあなたの気持ちにもっと注意を払う必要があります、そして医者が病院に行くように分娩中の女性に助言するならば、それは彼に耳を傾けることが良いです。
  6. 手術後、包帯を使用して体型を回復する場合は、体が必ず体からそれにかかっていることを確認する必要があります。したがって、就寝前に3時間ごとにデバイスを取り外す必要があります。したがって、子宮と腹部の筋肉は独立して修復されます。

医師のすべての規則と指示を厳守することは、合併症を伴わずに簡単な妊娠と出産を保証することです。しかし、有能な専門家の勧告や支援がなければ、目標を達成するのは困難です。したがって、優れた産科婦人科医を探し、彼と連絡を取り合うことも、次の概念の間に望ましい結果を得るための鍵となります。

妊娠することが禁止されている場合

場合によっては、医師は帝王切開後の再妊娠を完全に禁止しています。それは常に深刻な病気と関連しています:

  • 泌尿生殖器系の疾患、例えば、慢性腎盂腎炎、膀胱結石。
  • 喘息、慢性気管支炎
  • 糖尿病
  • 重度の甲状腺疾患
  • 心臓病

これらのすべての場合において、まだ産科病院にいる​​医師は、若い母親に、もう子供がいらないことを警告します。それは、女性の命を脅かします。あなたが一般的に健康であるならば、あなたは再び妊娠することができます。

新しい妊娠を計画する方法

あなたはすぐに妊娠することはできませんので、準備は信頼できる避妊薬の選択から始まります。重要な質問:あなたは帝王切開後にどのくらい妊娠することができますか。

帝王切開後に実を結ぶのは2年目です。妊娠初期は危険です。

実際のところ、手術後に現れる傷は繰り返しの負荷に耐えるのに十分なほど強くはありません。瘢痕の失敗は、妊娠中または出産中に子宮の破裂を引き起こす可能性があります。

時間が経つにつれて、瘢痕はその強度を失うので、あなたも2回目の妊娠を遅らせるべきではないことに留意してください。最適期間はCOP後2 - 4年です。最大 - 10年

しかし、多くは生物の個々の特性に依存します。女性が帝王切開後2年より早く妊娠したい場合は、婦人科医による十分な検査を受けることをお勧めします。また、瘢痕の状態を調べるために子宮の超音波検査を行うことも必要です。超音波に加えて、瘢痕の状態 - その構造と厚さ - を正確に評価することができる技術があります。

  • 子宮鏡検査特別な装置、内視鏡が子宮に挿入されます。医者は傷を調べ、それが十分に治癒したかどうかを判断します。手技は局所麻酔下で行われることが最も多いです。それは苦痛ではなく、むしろ不快です。商業センターでは、そのような手順の価格は3000ルーブルから始まります。
  • 子宮口腔造影傷はX線を使って調べられます。子宮に注入される特別な造影剤が使用されます。通常、手術は麻酔なしで行われます。フォーラムのレビューによると、それは病気ですが、許容範囲内です。価格 - 4000ルーブルから

これらの方法は両方とも、妊娠していない女性にのみ適しています。傷が十分に強ければ、妊娠は許可されます。

ですから、帝王切開後に妊娠できる時期についての質問に対する普遍的な答えは2年です。しかし、ある方向から別の方向への個々の「修正」は可能です。

帝王切開後に妊娠する方法は?あなたが最初に妊娠するのが簡単であるならば、手術が合併症なしで行ったならば、月経周期は規則的です、そして、概念に関する問題は、たぶんそうではありません。規範は、避妊なしで通常の性生活の年の間の概念です。試みの経験がもっとあるならば、あなたの医者に連絡してください - あなたは調べられる必要があります。

COPから1年半後

心配しないでください。おそらく妊娠はうまくいくでしょう。強い傷跡が形成されてから2年が、「予備を持って」という言葉です。もちろん、1年半後の妊娠は薄い氷の上を歩いています。しかし、幸せな結果が出る可能性は高いです。医者は確かに子供を持つことを許可するでしょう。あなたはただ定期的に医者を訪問し、彼の全ての勧告に従ってそしてあなた自身の世話をすることだけが必要です。

COPから1年後

帝王切開の1年後に誤って妊娠した場合はどうなりますか?以前は、医者は、話すことなく、そのようなお母さんを中絶のために送りました。今、薬が別のレベルに到達したとき、すべてが順調に進む可能性があり、健康な赤ちゃんが生まれます。

あなたが妊娠のためにできるだけ早く登録して、そして医者のすべての推薦に従うことはあなたにとって重要です。妊娠中は包帯を着用する必要があります。 3学期では、保存するために横になる準備をしてください。あなた自身で出産することは、たぶん、うまくいかないでしょう - あなたは、(例外がありますが)再帝王切開を待っています。あなたの産科婦人科医が決定します。

しかし、帝王切開が全身的である場合(それは頻繁には行われず、それに対する唯一の徴候は胎児の横臥位である)、通常、それは瘢痕を癒すために1年には十分ではない。そのような妊娠は危険です。

COPの6〜9ヶ月後

妊娠が帝王切開の9ヵ月後、さらに6ヵ月後に妊娠した場合、これは深刻な状況です。妊娠を維持するかどうかの決定は、産科婦人科医と一緒に、バランスの取れたを取る必要があります。出産することになった場合は、縫合糸の状態を常に監視しながら妊娠を監視します。妊娠中期には入院が必要です。

COP後2-4ヶ月

帝王切開直後の妊娠は不可能です:生殖機能はまだ回復していません。はい、出産後の出血が終わるまでセックスは禁止されています。しかし、帝王切開の2ヵ月後、最初の排卵は可能です(母乳ではないという条件で)。ほとんどの場合、帝王切開後3か月後に毎月来ます。だから、それは可能だと妊娠です。しかし、帝王切開後2ヵ月後、および3ヵ月後でさえも、縫合糸は繰り返しの負荷には全く不向きです。妊娠中に、彼は解散する可能性があり、これは将来の母親の生活にとって危険です。

したがって、COP後の妊娠が早くなった場合は、中絶する必要があります。

妊娠が帝王切開の4ヵ月後より早い時期に起こる場合、外科的妊娠中絶は生殖機能にとって危険です。妊娠は薬の助けを借りて早期に終了します。あなたが医者に行くのを遅らせるならば、あなたは外科的中絶をしなければならないでしょう。そしてこれは無菌性に満ちています。

いずれにせよ、女性が妊娠している、医師に相談する緊急の必要性であれば、彼は何をすべきかを決定します:妊娠を終了するか、保存します。

ベアリングと出産

帝王切開後の妊娠では、女性はできるだけ早く婦人科医に登録する必要があります。超音波検査は通常の妊娠中よりもはるかに頻繁に行われます。最後の学期では、あなたは救うために行かなければならないかもしれません。

帝王切開後の女性が双子で妊娠した場合、彼女は子宮を伸ばす危険があります。これはリスクの高い妊娠です。

通常の帝王切開は、各患者の個々の指標を考慮に入れて、妊娠38〜40週で行われます。

帝王切開後の再妊娠が正常に自然出産で終わることが起こります。手術なしで赤ちゃんを産むと、2回目と3回目の出産の可能性が高まります。手術なしで出産が行われた場合、体ははるかに早く回復します。

帝王切開は、必ず次の状況で再び開催しました。

  1. 分娩中の母親は慢性疾患を患っています。
  2. 妊娠の病理
  3. 女性は30歳で妊娠しました。
  4. 腹腔に2つ以上の手術がありました。

他の場合では、彼女自身で出産するか帝王切開をやり直すかどうかを決めるのは医者次第です。

帝王切開後に何回出産できるかという問題は、将来の母親の有機体と彼女の子宮の状態に直接依存します。原則として、COPは3回までしか実行できません。

だから、あなたが帝王切開後に妊娠することができるときの質問への答えは多くの要因に依存しています。これらは、ステッチの状態だけでなく、母親と胎児の個々の特性を含みます。

Pin
Send
Share
Send
Send