人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

はしかおたふく風邪おたふくかぜ予防接種の合併症と副作用

  1. おたふくかぜ(おたふくかぜの別名)はウイルス性疾患です。それは脳(脊椎と頭)に影響を与えることができます、しかし、これは感染したすべてのそれらの15%だけに観察されます。潜伏期間は12日と20日の両方で続くことができます。この疾患は、唾液腺と耳下腺の痛みと腫れを特徴としており、膵臓、前立腺、精巣でも同様の症状が起こります。思春期の男子および男子における疾患の25%の症例では、精巣炎の発症に寄与し、完全な不妊の形で結果をもたらすことがある。思春期の少女や女性の5%では、この病気で卵巣の炎症があり、これは不妊を誘発します。感染症の4%では、膵臓の炎症が観察されます。

風疹ワクチンについては別途お読みになることをお勧めします。

  1. はしかは、ワクチンのパートナーと比較して、私たちの国だけでなく世界中で最も危険で、最も感染性があります。 0.5%の症例で、この病気は脳炎の発症を引き起こし、それは致命的になることがあります。免疫力を著しく低下させるため、病気の経過には二次感染が伴うことがよくあります。その結果、肝炎、汎脳炎が発症することがあります。

わが国には、はしか、おたふく風邪、風疹に対する混合ワクチンはありませんので、両親はPriorix、Ervevaks、MMRなどの外国の類似体を選びます。

予防接種:はしか、風疹、耳下腺炎、副作用

このワクチンの導入に対する体の反応は、局所的なものと一般的なものに分けられます。

地元の人々の間で区別されます:

  1. 注射部位の浮腫。
  2. 痛み
  3. 注射部位の充血

原則として、このような反応は予防接種を受けた子供のわずか10%で観察されています。

  1. 温熱療法ワクチン接種後1〜2週間後に観察されることがあります。それは39度までジャンプすることができます。予防接種を受けた子供の15%に特徴的です。
  2. 皮膚を発疹させる。ピンクがかった色または赤みがかった色があります。平均して、それは赤ちゃんの10%に典型的です。
  3. 風邪の症状
  4. 耳下腺(および唾液)の増加片面と両面にすることができます。
  5. あなたの赤ちゃんがネオマイシン、卵白、またはワクチンの他の成分に対してアレルギーがある場合、深刻なアレルギー反応。

お分かりのように、このような反応は予防接種を受けた子供の15%で平均して観察されています。

実際、これらの症状はすべて、導入された弱毒化したウイルスに対する体の正常な反応です。このような反応はワクチン接種後の合併症とは考えられません。

私の息子は、彼が1歳と2週齢のときに一次CCP予防接種を受けました。 2回目のワクチンは6時半に投与されました。最初のワクチン接種の後、子供の食欲は悪化し、そして彼は最初の2日間ではよく眠れませんでした。そして2回目のワクチン接種の後、注射部位にわずかな誘発と発赤が現れ、注射部位は痛みを引き起こしました。結局のところ、これは正常な反応であり、何もする必要はありません。すぐに症状が薄れ始め、すべてが自然に消えるようになりました。それは起こりました。

10日目のCCPの最初の移植後の私の娘の隣人は、気温が38.6度に上昇し、2日間続いた。リンパ節もわずかに肥大しています。彼らは2日目に救急車を呼んだのでとても怖かった。赤ちゃんは明らかに体調が悪かったので、解熱剤の注射を受けました。それ以上の温度は上がらず、リンパ節は正常に戻りました。

そして私の友人のOlyaの息子、すべてが順調に進みました。子供はワクチンが接種されたことさえ気づかなかった。

おたふく風邪成分への反応

何を観察することができます:

  1. 涙腺と耳下腺の増加が、強くはありません。予防接種後3日間です。
  2. 短期間の発熱、しかし有意ではありません。
  3. のどの痛み、鼻水。

耳下腺炎の感染に対処することを目的としたコンポーネントは、実質的に合併症がありません、そしてそれらはめったに起こりません:

  1. 体の中毒。それは、1週間で、そして予防接種後の2つで、それ自身を明示することができます。温熱療法は特徴的で、健康状態は劇的に変化します。
  2. 赤ちゃんの神経系へのウイルスの侵入。髄膜炎の症状は特徴的です:頭痛、羞明、痙攣、脱力感、吐き気。
  3. アレルギーのある子供を中心とした深刻なアレルギー反応。

はしか・予防接種行動

CCPワクチンの中で最も高い反応原性を持つのは、はしかウイルスです。

ワクチンの作用は、副作用として考えられていますが、特別な治療を必要としない身体の反応によって現れます。はしかの成分はそれ自身を明示することができます:

  1. 小さな腫れ、充血は許容されます。 2日まで続くことができます。
  2. 食欲を減退させ、睡眠を悪化させる可能性があります。
  3. せき
  4. 温度指数を上げます。おそらく、わずかではないが、約37.3度、さらに深刻なのは38.6度を超える。
  5. 鼻出血を許可することはめったにありません。
  6. 発疹が起こる可能性がありますが、ごくまれにです。外部症状によると、はしかの発症に似ています。主に頭の上に、次に体の上に、そしてそのときだけ肢の上に形成されます。それは赤みがかったまたはピンクがかった色合いをしています。

子供が複雑なワクチンを接種されると、通常、はしかウイルスに代表される成分に合併症が起こります。これらのプロセスは次のとおりです。

  1. けいれん症候群と脳炎の発症
  2. 体の重度の中毒。弱さ、発疹、リンパ節の腫れ、のどの痛みを特徴とする約38.6の温度で、5日以上続くことがあります。
  3. 麻疹ワクチン成分に対するアレルギーのために、血管浮腫、さらにはアナフィラキシーショックさえあり得る。

風疹成分に対する反応

このコンポーネントは、生きているが弱っているウイルスによっても表されます。実際には、このコンポーネントの導入に対する反応はありません。

  1. リンパ節のわずかな増加。
  2. 注射部位の充血。
  3. 最高2日まで気温は下がりませんが、37.6度以下のままです。
  4. まれに関節痛がある場合でも、負荷がなくても関節に激痛がある。
  5. 紫色の斑点の形で発疹。

合併症はほとんど起こりません。しかし、非常に低いものの、その可能性は存在します。

  1. アナフィラキシーショック
  2. 髄膜炎
  3. 結膜炎。
  4. 聴覚障害
  5. ギランバレー症候群
  6. 紅斑
  7. 多発神経炎、視神経炎。

禁忌

必要に応じて、予防接種を実施するには、既存の禁忌に注意する必要があります。両親自身が自分の赤ちゃんが有害反応の発症を引き起こす可能性があり、さらに合併症を引き起こす可能性がある病気を持っていることを知らない場合があります。いずれにせよ、あなたは予防接種の間に受け入れられない条件のリストをよく理解する必要があります。一時的および恒久的な禁忌があります。

  1. 最近の輸血
  2. BCGワクチン接種との同時投与
  3. 慢性病理の悪化

これらの禁忌は、事実上、短期間ワクチンの導入を単に延期するという事実のために一時的と呼ばれています。それらに加えて、恒久的な禁忌があります。すなわち、その存在下では、CCPへのワクチン接種は固く禁じられています。

  1. カナマイシン、ゲンタマイシン、ネオマイシン、卵白に対するアレルギー。
  2. Quinckeの浮腫
  3. 一次ワクチン接種後に登録された合併症。
  4. 悪性腫瘍の存在。
  5. 血小板減少症
  6. 免疫不全
  7. HIV感染

この記事を読んだ後、あなたはCCPワクチンの効果がどんなウイルス病に対して向けられているかを学びました。また、あなたはこれらの病気の感染がどのように子供の健康を脅かしているかを知っています。予防接種後、通常の反応(外来物質の導入に対する反応)として抗体が発生する可能性があることを忘れないでください。抗体は体内で活発に産生され、特別な治療は必要ありません。あなたの赤ちゃんの予防接種が何の問題もなく成功したことを祈ります。

忍耐強い麻疹風疹耳下腺炎の予防接種

さまざまな年齢のこの複雑なワクチンに対する子供の免疫システムの反応は大きく異なります。 1歳の子供では、体はわずかな素因で予防接種に反応することができます。これはウイルス感染で起こります。

さらに、はしか風疹と耳下腺炎ワクチン接種からのそのような合併症が現れるかもしれません:

  • 鼻炎の発生
  • 片頭痛、
  • 睡眠の悪化および食欲不振と組み合わせた倦怠感、
  • のどの発赤
  • 発疹の外観
  • 体温のわずかな上昇。

局所症状として、ワクチン接種部位の発赤および腫脹が観察され得る。

6歳での携帯性に関しては、それは1歳の子供で観察されたそれと少しも変わらない。同時に、アレルギー症状は注射部位または全身で観察されます。気管支炎、のどの痛み、中耳炎などの細菌性疾患は除外されません - それらはすべて予防接種の前後の誤った行動からしばしば起こります。

さらに、ワクチンにはいくつかの珍しい症状がありますが、薬のすべての形成部分にではなく、個々の要素にあります。

はしか予防接種の反応と合併症

予防接種の構成要素に対する反応の圧倒的な部分は自然であると考えられているので、それは細心の注意と治療を必要としません。あなたがそれらを少し勉強すれば、それは、ワクチンはしか風疹耳下腺炎とは何か、それがどのように移転されるか、そしてそれがその後の起こりうる結果を排除することがどれほど簡単であるかをより明確にするでしょう。

すべての体の大部分はワクチンのはしかの成分に反応します。ワクチンは高度に弱毒化されたウイルスを含み、それは通常の状況下では感染を誘発しないが、体に麻疹に対する抗体を産生させるだけであることを理解すべきである。

次のような有機体の成分が、子供の予防接種成分の成分に見られます。

  • 局所的性質:組織の腫れや発赤は2日まで続くことがあります。
  • 咳の形でよく見られる症状は、今後6〜11日のうちに発生することがあります。
  • 食欲の低下が考えられます。
  • 鼻からの出血は時々注意されます。
  • 体温の上昇:重要でない - 約37.2℃から有意な - 38.5℃を超えるまで
  • 多くの場合、はしかワクチンによる発疹は、はしか感染によるものと似ています。第一に、発疹が頭の上に現れ、それから胴体、腕および脚に広がることがあります。症状は通常発症から5日で消えます。
  • 時々炎症過程は中枢神経系に影響を及ぼします、子供は脳の炎症のけいれんと徴候を持っています。
  • 場合によっては、赤ちゃんが素因を持っていると、CCPワクチン接種の構成要素にアレルギー反応が起こることがあります。これは、体全体に特に強い発疹を伴い、特に困難な場合には血管浮腫またはアナフィラキシーさえも伴います。

耳下腺炎ワクチン成分に対する生物の反応

耳下腺炎に対する予防接種の準備は、弱体化した生きた微生物が含まれていますが、原則として子供の体によって認識されています。免疫反応の症状が現れた場合、それは予防接種の1週間後に起こり、さらに2週間後にそれらはピークに達し、そして治まり始めます。

次のような症状が考えられます。

  • 体温が少し上昇して2日以内
  • 鼻水とのどの赤み、
  • 1〜3日後に経過する耳下腺および唾液腺のわずかな拡大
  • 髄膜炎の徴候を伴う中枢神経系の病変、すなわち、脱力感、頭痛、吐き気、嘔吐、けいれんがあることもあります。
  • アレルギー反応 - それは主に食物アレルギーや特定の製品や医薬品への不耐性の影響を受けやすい子供たちです。

風疹予防に対する可能な反応

そのようなワクチンでは、摂取されると免疫系によって攻撃され、抗体の生産が始まります。一般的に、子供たちはこのワクチンのための深刻な合併症を持っていません。

風疹ワクチンに対する有害反応には以下のものがあります。

  1. 注射部位の発赤とリンパ節の腫れ。
  2. わずかな温度上昇。24〜48時間後に正常化します。
  3. 小さな赤みを帯びた、または紫色の斑点の形の発疹の存在。
  4. 風疹成分に対するアレルギー、関節痛、安静時または小さな負荷での症状。この反応はめったに起こりません。

予防接種の合併症

原則として、身体が病原体と闘うために力を固定する必要があるという理由だけで、わずかな素因がないと予防接種は完了しません。したがって、はしか - 風疹 - 耳下腺炎ワクチン接種後のわずかな温度上昇、吐き気、嘔吐は、身体の正常な反応の変形です。

しかし、場合によっては、ワクチン接種はしか風疹耳下腺炎のために、反応は予想外であり、ひどい経過を特徴とすることがあります。

最も困難なケースでは、はしかワクチンが与えられた場合、反応は次の条件で表すことができます。

  • 強度の異なるアレルギー - 皮膚の発疹から始まり、アナフィラキシーショックで終わる、
  • 肺炎
  • 脳の炎症(髄膜炎)
  • 身体の感染性病変の背景にある関節の炎症(反応性関節炎)
  • 脳炎
  • 糸球体腎炎(腎臓病)
  • 心筋の炎症(心筋炎)

ワクチンに対するアレルギー反応は、製剤中の抗生物質または卵タンパク質(チキンまたはウズラ)の存在によって引き起こされる可能性があります。子供が慢性呼吸器疾患にかかりやすい場合、彼は肺炎を発症する可能性があります。

髄膜炎や脳炎などの合併症は、1,000,000件中1件に見られ、体が非常に弱い場合にのみ発症します。反応性関節炎も非常にまれです - 以前は許容されていたリウマチは、その開発のための前提条件かもしれません。この場合、予防接種を受ける子供の年齢も重要です。年齢が高いほど、関節炎の可能性が高くなります。

ほとんどの場合、予防接種はベルギーの予防接種を行います。それは非常に効果的で、よく洗浄され、最小限の副反応しかありません。このワクチンは世界中で広く使用されており、子供と大人の両方の予防接種に適しています。

はしか風疹耳下腺炎予防接種後の温度

ワクチン投与に対する免疫応答の可能性のある徴候は、2つのグループに分けることができます:局所的および一般的。局所反応は、注射部位の赤み、腫れ、しこりの形成、そして重症の場合には重症の炎症 - 膿瘍まで - によって現れます。

鼻水、倦怠感、全身の発疹、のどの痛みや炎症、リンパ節の肥大、はしかの後の発熱、はしか、おたふく風邪、関節や筋肉の痛みは、ワクチンの効果に対する一般的な反応です。すべての症状は、病原体との身体の激しい闘争とそれらに対する免疫の形成によって引き起こされます。

予防接種後の体温上昇は通常8〜10日後に観察され、予防接種を受けた子供の15%にのみ観察されます。通常、温度はわずかに上がります - これは通常の反応です。ただし、場合によっては、39から40の限界レベルに達することがあります。

熱が上がるのを待たないでください。すでに38-38.5で、子供たちはイブプロフェン、ニメスリドのような解熱薬をシロップまたは錠剤、直腸坐剤Cefeconなどの形で与えることが勧められています。

麻疹風疹おたふく風邪の予防接種の呼吸器への影響

はしか風疹の予防接種の効果は、ウイルス性または細菌性の呼吸器疾患を引き起こします。この場合、子供は鼻炎を起こし、筋肉が弱まり、リンパ節が大きくなり、のどが痛くなり、そして咳が現れます。そして予防接種を受けた子供が年配になればなるほど、彼が関節痛もする可能性が高くなります。

この状態は快適とは言えませんが、健康への脅威とはなりません。何も助けなしで数日ですべてが通ります。

はしか風疹性耳下腺炎ワクチン接種後の発疹反応

ワクチン接種後のはしかの発疹は、常に標準からの逸脱ではないので、すぐにパニックに陥るべきではありません。概して、この反応は自然であり、そしてKPCワクチン接種において感染因子に対する抗体の活発な産生があることを示す。ほとんどの場合、風疹成分が発疹の原因になります。小さな赤い斑点の形の発疹が、顔、首、お尻、または背中に現れることがあり、時には体全体を覆うこともあります。

一般に、ワクチン接種後の皮膚のしみの主な原因は、ワクチンの成分の1つに対するアレルギー、短期間の出血障害、または皮膚上でのウイルス繁殖の結果です。小さな斑点はすぐに消えるので、薬用軟膏による治療は必要ありません。皮膚の発疹がある予防接種を受けた子供たちが他人に脅威を与えることはなく、誰にも感染できないことは注目に値します。

予防接種後にしてはいけないこと

Первое время после прививки стоит быть острожными и оградить ребенка от контактов с большим количеством людей. Важно соблюдать некоторые основные правила:

  1. 予防接種後の最初の30分は、突然現れた場合に危険な症状に気付くのに間に合うように、診療所の近く、または医師の監督下にいることをお勧めします。
  2. 入浴に関しては、予防接種の日には長い水の手順をせずに行うことをお勧めします、そして洗面所で注射部位をこすらないように、シャワーで子供をすすぐだけです。
  3. 予防接種後数日間、特に子供がアレルギー症状に敏感な場合は、新製品を避けるべきです。
  4. 多くの母親は、はしか風疹耳下腺炎ワクチン接種後に歩くことが可能であるかどうかに興味があります。これが子供がよく眠るのを助け、そして天気が雨ではなく、そして濡れていないならば、散歩は制限されるべきではありません。弱った子供が呼吸器疾患に感染しないように、他の子供や多数の人々との接触を制限することのみをお勧めします。

ワクチンに対するすべての可能な反応は医者と明確にされなければならず、不快な症状を減らすのに役立つ必要な薬を準備するために。

はしか風疹耳下腺炎を予防接種する価値はありますか

時にはこれらの危険な病気による感染は出生前の発達の期間にさえも起こります。胎児への影響と妊婦の健康を予測することは不可能であることが多いので、この状況は特に危険です。

妊娠中の女性とその胎児の感染のために、以下の結果に直面するかもしれません:

  1. 妊娠期間中の風疹またははしかの感染は、赤ちゃんの完全な喪失、または聴覚、視覚、心臓の欠陥および身体の発達または不治の病を含む重度の発達病理の出現のいずれかを有する女性をもたらし得る。
  2. おたふく風邪は、唾液腺や耳下腺の炎症、脳の損傷、そしてまた睾丸を脅かします。
  3. 非常にまれに耳下腺炎が翡翠、関節炎、膵炎の発生を引き起こすことはありません。
  4. 妊娠中のはしかの予防接種にとって危険なこと - それは免疫系を弱めるので、それは細菌性の合併症に変わる可能性があります。
  5. また、はしかは肝炎、全脳炎、言い換えれば髄膜炎、気管気管支炎などの合併症を引き起こすことがあります。

子供は母親からの特定の病気から免疫を受けますが、彼は非常に短命です。したがって、はしかに対するワクチン接種は、その予防接種スケジュールが12ヶ月以内に最初の注射の導入を含むようにされなければならない、とされなければなりません。

ほとんどの場合、はしか風疹の予防接種に対する反応はおたふく風邪のままなので、予防接種の規則に従うべきです。そうすれば子供は病気の危険にさらされることはなくなり、彼は保護されます。

はしか - おたふく風邪 - 耳下腺炎ワクチン接種後の体温

医師はワクチン投与後に現れる可能性がある2種類の有害反応を区別します。局所 - 注射部位の痛み、軽度の炎症、「こぶ」。一般 - 発熱、皮膚の発疹、鼻水、咳、のどの痛み、リンパ節の肥大、筋肉および関節の痛み。そのような結果は、危険な三つ組の病気に対する免疫防御の形成の真の兆候です。はしか - 風疹 - 耳下腺炎(CCP)の予防接種に対する反応としての体温の上昇が、100人の子供のうち約15人に最初の10日に見られます。

そしていくつかでは、それはわずかしか上昇しません、そして、これは普通と考えられます。他の人は最大39-40度の熱を経験するかもしれません。そのような場合はまれであり、異常です。体温計が38〜38.5度になったらすぐに解熱剤を使用してください。子供たちはTsefekonキャンドルを置きます。パラセタモール、ニメスリド、イブプロフェンが有効です。麻疹ワクチンに対する反応として熱が起こることがあります。それを錠剤やシロップの形の薬に減らします。

はしか - おたふく風邪 - 耳下腺炎ワクチン接種後のバルク反応

注射後に発生する可能性がある皮膚病理は、子供の感染の徴候ではなく、CPCワクチン全体に対する、または薬の個々の成分に対する体の免疫反応です。子供の風疹予防接種に対する反応は、特に激しい発疹を発症する可能性があります。顔、首、手、背中、お尻の別々の部分に小さなピンクがかった斑点がより頻繁に現れます。しかし、彼らは文字通り子供の全身で散らばることができます。

CPCワクチン接種後の発疹は、3つの理由のうちの1つによって起こります:アレルギー反応として、ワクチンウイルスの皮膚での急速な繁殖または血液凝固の一時的な違反の結果として。発疹は危険をもたらすことはありません、彼らは常に自分自身で消えますので、任意の軟膏で肌を扱う必要はありません。この身体反応は正常と見なされます。さらに、たとえ非常に大きな発疹があったとしても、子供は感染の保因者ではなく、他の子供にとっても大人にとっても感染性ではありません。

はしか - おたふく風邪 - 耳下腺炎ワクチン接種の呼吸器への影響

時々これらの感染症に対する免疫は、風邪の症状を伴って、子供に形成されています。はしか - 風疹 - 耳下腺炎ワクチン接種に対する有害反応の中には、鼻水、咳、筋力低下、リンパ節の増加があります。年上の人が予防接種を受けているほど、彼は関節痛を患っている可能性が高くなります。そのような症状は不快ですが、健康を脅かすことはなく、治療を必要としません。あなたはただ辛抱する必要があります - これらすべての病気は彼ら自身で受け継がれます。

はしか - おたふく風邪 - 耳下腺炎ワクチン接種が行われた場合

乳児は、出生前に子宮内にいることで感染に感染する可能性があります。生後、彼の免疫力は弱いため、微生物による子供の身体へのアクセスが可能になります。そのため、CCPの3成分ワクチン接種が処方されています(麻疹、風疹、おたふく風邪)。注射のスケジュールと計画は、すべての子供にとってほぼ同じですが、赤ちゃんの健康状態に関する個々の指標によって調整することができます。予防接種プロセスは、いくつかの段階で構成されています。

  1. 12ヶ月の年齢で、子供は次の4年間(5周年の始まり前)に感染から体を保護するために最初の注射を与えられます。
  2. ワクチンが子供を最大90%以上保護することができる場合、6歳時に繰り返しのワクチン再接種が必須です。注射効果の持続期間は数十年続くでしょう。平均して、ワクチンの期間は10 - 25年であり、それは生物の特性によってのみ決定されます。
  3. またしても、はしか、おたふく風邪、風疹の流行が発生したときにワクチンを接種することができます。

医師ははしか、風疹、おたふく風邪ワクチンのスケジュールを変更できますか?多くの場合、これは禁忌によるものですが、この場合、注射は上記のスケジュールにできるだけ近いところで処方されます。 1回目と2回目の注射の間隔は4年を超えてはいけません。時々モノワクチン接種が処方されるが、これは緊急の適応を必要とする。これらの病気のうちの1つに対して予防することができるワクチンの導入後、3つの成分からワクチンを注射するために1年以上が経過しなければなりません。

麻疹、風疹、耳下腺炎に対する予防接種は、肩甲骨下または右肩(外側)に行われます。

小児のCCP予防接種に対する反応

風疹、はしか、耳下腺炎に対する予防接種は、異なる年齢の子供で異なる反応を引き起こします。これは子供の体の成熟と薬の繰り返し投与に関連しています。
1歳の子供における結果は、風邪感染の症状と経過に似ているかもしれませんが、穏やかな形でのみ。主な症状の中では、次のように注目に値します。

  1. 鼻づまりがひどい。
  2. 頭痛
  3. 軽度の脱力感。
  4. 睡眠障害と食欲障害
  5. のどの発赤。
  6. 発疹
  7. 体温が上がる。

ワクチンの局所的発現は、注射部位における組織の腫脹および充血の発症であり得る。
6歳の予防接種を受けた子供では、症状は1年と同じようになります。しかし、それはしばしば過敏症とアレルギーを発症することができます。そして、それはそれ自体を全身またはワクチンの場所で発疹として現れます。さらに、気管支炎、中耳炎が発症し、のどが炎症を起こします。これは、ワクチン接種前の細菌の活動や子供の不適切な行動に関連しています。はしか、おたふく風邪および風疹に対する予防接種に対する別々に観察された反応。

予防接種に対する体の反応は非常に強い場合があります。

ワクチンは生きていると呼ばれるため、はしかワクチンを持つ子供の可能性のある合併症は最も強いです。つまり、コンポーネントには弱った性質のウイルスが含まれているため、体に感染することはありません。多成分ワクチンのはしかへの影響は大きく異なる場合がありますが、その主なものは次のとおりです。

  1. 食欲が減る。
  2. 局所反応が発生し、浮腫および発赤の外観があり、それは数日間持続する。
  3. 1週間以上続く咳があります。平均して、強い強度の咳は6〜11日続きます。
  4. おそらく鼻血の出現。
  5. 温度は37.2〜38.5℃に上昇する。
  6. はしか成分の発疹が最初に頭の上に現れ、次に手足(腕と脚)に影響を与えて体に行きます。

6〜11日後に追加の合併症が現れることがあります。彼らはかなり不快な症状を起こす可能性があります。

  1. 中枢神経系に影響を与える炎症過程が起こります。これはけいれん、脳の炎症の明るい症状の発症を引き起こす可能性があります。
  2. 強い毒性反応が現れ、それは約5日間続くことがあり、それが高温(少なくとも38.5℃)を引き起こす。中毒は、のどに衰弱、リンパ節の腫れ、痛み、発赤を引き起こす可能性があります。
  3. 発疹として現れるアレルギーがあります。全身に影響します。血管浮腫がある可能性があります。

ワクチンの他の成分に対する反応を明らかにしました。別に、体は耳下腺炎と風疹に否定的な反応を開発します。これらの成分は、はしかの要素よりも簡単に子供の体に運ばれます。特に、おたふく風邪の成分は生きた微生物で構成されているので、弱体化したワクチンになります。最初の反応は8〜10日後に起こり、ワクチン接種後14〜16日で最大になります。最近では、子供は次のような兆候を経験するかもしれません。

  1. 鼻炎
  2. 2日間で経過する温度の短期間の上昇。
  3. のどの発赤。
  4. 耳下腺唾液腺の増加が、3日以内に正常に戻ります。

短期間で気温が上昇する可能性があります。

おたふく風邪の成分の導入の結果はしかよりも一般的ではありません。しかし、それらはあまり発音されておらず、しばしば以下のような症状があります。

  1. かなり早く通過するアレルギー性発疹。しかし、この症状はすべての子供たちに特徴的なわけではなく、防腐剤、食べ物、飲み物、薬に過敏な人たちだけのものです。
  2. 神経系の病変があり、それはしばしば髄膜炎の症状の形で現れます。例えば、数日を過ぎない弱さ、痙攣、吐き気、嘔吐、しばしば頭痛があります。
  3. 中毒または中毒それは健康状態の急激な悪化、体温の上昇、無関心を引き起こし、8日目から14日目の間に起こります。

予防接種後の体温

はしか - 風疹 - 耳下腺炎ワクチンは、発熱を引き起こすことが多く、これは体内の炎症過程の進行を示しています。それはまた、抗風疹成分に対する防御的反応として現れる。このワクチンの組成物にはウイルスの弱毒化生細胞も含まれますが、それらがネガティブな効果や症状の出現を引き起こすことはめったにありません。

まず、リンパ節が肥大しています。次に、注射部位が赤くなります。第三に、はしか - 風疹 - 耳下腺炎の予防接種後の温度は上がりますが、長続きしません。通常2日で単独で合格です。第四に、関節痛は安静時や穏やかな運動下でさえもそれほど頻繁には発生しません。関節痛が起こることがあります。

時折、発疹が体に現れることがあります。そして、それは小さなロゼールまたは大きな紫色の斑点の外観を持ちます。これは、合併症が風疹成分に正確に現れたことを示唆している。
これらの症状は、はしか - 風疹 - 耳下腺炎ワクチンの後には正常と見なされるため、自然に消失します。

ワクチン接種後に合併症がある場合の対処方法

注射部位での炎症は、身体が注射された微生物に反応し始めたことを示し、そしてこの反応は迅速かつ効果的であろう。強い徴候で、以下の薬を服用する必要があります。

  1. 解熱剤(子供にお勧めの形でのみ)。
  2. 抗アレルギー
  3. 抗炎症作用があります。

通常、このような薬を服用すると、炎症の症状を素早く緩和して状態を正常化し、体温、咳、または鼻づまりを解消するのに役立ちます。重篤な合併症がある場合は、そのような徴候が有毒な中毒と炎症プロセスを中和することができる特別な薬と薬を服用して、子供の入院を必要とするため、医師に連絡することが緊急に必要です。

予防接種はしか - 風疹 - 耳下腺炎

複雑、多価 予防接種 はしか、おたふく風邪および風疹に対してあなたが子供の体に入ることを可能にする免疫生物学的製剤、それはすぐに3つの感染症に対する免疫の発達につながります。これまでは、この包括的な予防接種は非常に便利です。 ワクチン 3つの感染症に対して。

はしか、風疹、耳下腺炎は考えられているほど害のない病気ではありません。これらのウイルス感染症の典型的な合併症は、脳炎、硬化性全脳炎、髄膜炎、視神経および聴神経の神経炎の形をした中枢神経系の損傷であり、続いて難聴および失明の発症である。さらに、風疹は胎児にとって危険です - 妊娠中の女性が病気になった場合、子供は様々な奇形や病状で生まれます。妊娠中の耳下腺炎は、女性の4分の1(25%)に流産を引き起こします。

女性にとって風疹の方が危険な場合、男性の耳下腺炎は、この感染症の典型的な合併症が精巣炎(精巣の炎症)であるため、20%の症例で観察されています。精巣の炎症により、男性は不妊症を発症する可能性があります。さらに、成人男性における耳下腺炎精巣炎では、不妊は一時的、すなわち一過性であり得る。 13〜15歳の年齢で耳下腺炎精巣炎が10代の若者に罹患した場合、感染過程は活動的な思春期の間に行われたため、不妊は恒久的になり治療を受けられなくなる可能性があります。

はしか、風疹、耳下腺炎の3つの危険な感染から子供と大人を守るために、包括的なワクチンが作成されました。多くの世代の子供たちがこれらの感染症やその後の合併症を患っていました。今日、世界保健機関は、制御することができる様々な感染症の負担を減らすための戦略を開発しました。はしか、おたふく風邪、風疹は、予防接種によって発生率を調整できるため、制御された感染症です。そして、ウイルスやはしか、風疹、おたふく風邪、おたふくかぜなどが、予防接種の対象となる割合が高い人たちの間だけで広まっているという事実を考えると、人口からこれらの病原体を完全に排除できます。その結果、幼児の感染症の危険性は少なくなります。

麻疹、風疹およびおたふく風邪に対する三価ワクチンは、禁忌がない限り、いつでも1歳からの子供、および大人に投与することができます。さらに、これら3つの感染症のいずれかが流行したり発生したりした場合には、ワクチンを病巣の局所化およびさらなる拡大の防止のための緊急予防薬として使用することができます。はしか、おたふく風邪および風疹ワクチンを使用するこの方法は、その高い有効性を示しています。

麻疹、風疹および耳下腺炎ワクチンを組み合わせて長期間使用すると、ワクチン接種反応の強度および期間は、これらの感染症のうちの1つのみに対して免疫生物学的製剤を使用する場合よりもわずかに低いことさえ示された。同じ日に、はしか、風疹、おたふく風邪のワクチンを水痘ワクチンと併用すると、それが体内のさまざまな場所に導入されても、反応や合併症の数や重症度が増すことはありません。しかし、世界保健機関によると、総合的なはしか - 風疹 - 耳下腺炎 - 水痘ワクチンは、逆に、予防接種後の副作用の数と重症度を高めます。

これらの感染症にかかっておらず、以前に予防接種を受けたことがない成人は、2回のワクチン接種を受け、その間に最低1ヶ月の間隔をあけてください。完全免疫および長期免疫の形成には2回の投与が必要です。風疹に対する予防接種は予防接種後10年間、耳下腺炎とはしかに対する予防効果がはるかに長い(つまり20〜30年)という事実から、予防接種は10年に1回実施することをお勧めします。再予防接種は感染症に対する予防策を強化するために行われるため、10年に1回、はしか、おたふく風邪および風疹に対する包括的なワクチンを接種します。 Использование данной вакцины обусловлено тем, что после 10 лет иммунитета против краснухи точно нет, а защита от паротита и кори может быть, или не быть. Если иммунитет против кори и паротита есть, то вакцинальные вирусы будут просто уничтожены, и защита продлена. Если же иммунитета против кори и паротита по каким-то причинам нет, то прививка вызовет реакцию и приведет к формированию защиты.

はしか - 風疹 - 耳下腺小児の予防接種

はしか、風疹、耳下腺炎の予防接種は、1年と6歳の子供が学校に通う前に2回行われます。すべての子供たちが最初の注射の後に免疫を形成するというわけではないという事実のために2回の薬物の導入、あなたは2番目のものを必要とします。次に、青少年期のはしか、おたふく風邪、風疹に対するワクチン接種によって、15歳から17歳までの子供たちがワクチン接種を受けます。青年期の予防接種は、いくつかの良い結果をもたらします。
1. 向こう5〜10年の大多数で、風疹ウイルスが危険である子供を産み、そして産むであろう女の子のための風疹予防の延長。
2. ワクチンウイルスと出会い、刺激を受ける麻疹に対する免疫の活性化。
3. おたふく風邪の悪影響の観点から、最も危険な年齢にある若い男性のためのおたふくかぜ保護の延長。

麻疹、風疹、およびおたふく風邪に対する子供の予防接種は、少なくとも80%の乳児を対象にすべきです。なぜなら、より少ない人口カバーでは、これらの感染は青年期だけでなく高齢の男性や女性にも影響するからです。青年期では、これらの感染の伝播はリプロダクティブヘルスおよびその後の子孫に悪影響を及ぼす可能性があります。そして大人は、幼稚であると考えられているこれらの感染に耐えることが非常に困難です。さらに、彼らはしばしばさまざまなシステムや臓器に合併症を発症します。これらのウイルス感染症(はしか、おたふく風邪および風疹)の合併症は、心筋炎、腎盂腎炎、髄膜炎、肺炎などの形で発現することがあります。

子供ははしか、おたふく風邪および風疹のワクチンに耐えます、彼らの体は最小限の反応と最大限の保護を与えます。一般的な考えに反して、これらの小児感染症はそれほど無害ではありません。このように、はしかと風疹の合併症としての関節炎と脳炎は、1000人に1人の患者で発症し、20人に1人のおたふく風邪を伴う1人の男児には精巣炎が発症します。さらに、風疹は胎児にとって非常に危険です。なぜなら、ウイルスは妊娠中に様々な怪我を引き起こす可能性があるからです。子供が小児期にはしか、風疹およびおたふく風邪の予防接種を受けていない場合、予防接種は13歳で行われます。

はしか - 風疹 - 耳下腺炎予防接種スケジュール

ロシアの国内予防接種スケジュールに従って、予防接種は次のスケジュールに従って行われます。
1. 1年で。
2. 6年後に
3. 15 - 17年で。
4. 22歳から29歳まで。
5. 32 - 39年でそしてそれから10年毎に。

子供が13歳までに予防接種を受けていない場合、ワクチンはこの年齢で正確に接種され、その後のすべての再接種は全国暦のスケジュールに従って、すなわち22〜29歳などで行われます。

はしか、風疹および耳下腺炎に対するワクチンは、皮下または筋肉内注射されます。 3歳までの子供たちにとって、それは太ももの外側表面、そしてより年上の子供たち、そして肩の三角筋の上部と中央の三分の一の間に薬を注射するのが最適です。注射部位としての大腿部および肩部の選択は、これらの場所がかなり薄い皮膚、近接した筋肉および少量の皮下脂肪を有するという事実によるものである。ワクチンは脂肪層に入ることを許されるべきではありません、なぜならそれはそこに堆積することができ、ゆっくりと血液に入ることができ、そしてプラスの効果を持つことなく - すなわち、ワクチンは本質的に役に立たなくなるからです。この場所では筋肉が深くなり、皮下脂肪層が非常に強力になり、坐骨神経を襲う危険性があるため、ワクチンは臀部に注射するべきではありません。

予防接種後

ワクチンの注射後、5 - 15日後にはしか - 風疹 - 耳下腺反応が現れます。この種の予防接種反応は遅延と呼ばれています。麻薬、風疹、おたふく風邪の生ウイルスが含まれているという事実のために反応が遅れる。人体に侵入した後、これらのウイルスは発病し、免疫反応を誘発します。それは注射後5日から15日の間にピークに達します。

はしか、風疹、耳下腺炎の予防接種に対するすべての反応は、地域と一般に分けられます。
1. 局所には、痛み、注射部位の硬化、軽度の浸潤および組織の硬直が含まれます。局所反応はワクチン導入後の最初の日に形成される可能性があり、それらは数日以内に自然に通過します。

2. はしか、風疹、耳下腺炎予防接種に対する一般的な反応は次のとおりです。

  • 温度上昇
  • 耳下腺、顎および頸部リンパ節の痛みまたは増加
  • 小さな、ピンクがかった、または赤みがかった体の発疹
  • 筋肉や関節の痛み
  • のどの発赤
  • 鼻水
  • 咳を緩める。

反応は、予防接種を受けた子供の10〜20%で起こります。

はしか、風疹、おたふく風邪のワクチンに対する反応(副作用)

はしか、風疹、おたふく風邪の予防接種に対する反応は正常です、なぜならそれらは人間の免疫の活発な働きを示しているからです。これらの症状は病的なものではなく、治療を必要とせず、それらは最長1週間以内に自然に治ります。はしか、風疹および耳下腺炎に対する予防接種に対するすべての反応は、ワクチンの投与後5日から15日の間に集中します。予防接種後の特定の期間内に小児または成人が警告症状を示さない場合、それらはそれとは全く関連がありませんが、他の疾患または症候群を反映しています。

多くの場合、はしか、風疹、および耳下腺ワクチンに対する予防接種後の反応は、発熱、体の小さな発疹、関節の痛み、鼻水や咳、そして注射部位の不快な感覚の形で現れます。予防接種に対する反応をもっと詳しく考えてみましょう。

関節痛、鼻水、咳、およびリンパ節の腫れ

これらの症状はすべて、体内で活発に行われている感染症に対する免疫の形成過程を反映しています。これらの反応はいずれも病状ではなく、治療を必要としません。数日後、不快な症状は単に消えます。はしか - おたふく風邪 - 風疹の予防接種後の関節の痛みに関しては、次のようなパターンが明らかにされています:予防接種を受けている人が高齢であるほど、より頻繁にこの反応が現れます。 25歳以上の人では、予防接種後に関節痛が25%の人に発生します。

はしか、風疹およびおたふく風邪に対する予防接種の影響

今日、世界保健機関は、はしか、おたふく風邪および風疹の予防接種の影響下で、反応性関節炎の発症を理解しています。そのような結果の可能性は予防接種を受けている人の年齢が上がるにつれて高まります。予防接種後の関節炎は、一般的に小児期に患っているリウマチによって形成される素因がある場合に発生する可能性があります。

そのような予防接種後の関節炎は寒い季節に現れ、そして夏の間、それは実際には人を悩ませません。反応性関節炎は、抗炎症薬による治療や麻酔に非常に適しています。原則として、反応性関節炎は、人の可動性や身体障害を大きく損なうことにはなりません。病気の進行も観察されていません。これは、人が夏には普通に感じ、冬には悪化が起こり、その重症度は長年にわたって同じであることを意味します。したがって、関節炎の症状は強くなったり、顕著になったり、あるいは長くなったりすることはありません。

これらの危険な病気は何ですか?

はしか、風疹、耳下腺炎の予防接種はCCPと略されます。西部の製造業者は三重ワクチンの広い選択を提供します、一方国内には2つの成分だけが含まれています(風疹とおたふく風邪ワクチン)。

独自の方法でこれらの病気のそれぞれは子供の命と健康にとって危険です。実際の病気の影響による害は予防接種後の有害反応の可能性をはるかに超えるので、PACの予防接種は必要ではないというトピックについての主観的な意見を広める人々に聞く価値はありません。説明:

  • はしかは合併症、肺炎、脱水症、脳炎、重度の視覚障害などの発症により特に危険です。注射後にDTPの百日咳のような負の反応を起こすのは、はしかに対する免疫を形成する成分です。
  • おたふく風邪は、ヒトの腺器官に影響を与える可能性があるため危険であり、その結果として、膵炎、糖尿病、難聴、精巣の機能不全、そしてその結果として不妊などの合併症が起こり得る。
  • 風疹自体は子供の生活に深刻な脅威をもたらすことはありませんが、その危険性は、妊娠中の女性が病気になったときに赤ちゃんの先天性奇形の大きな可能性にあります。女の子に予防接種をする必要があるのはこのためです。

このように、はしか、風疹、耳下腺炎ウイルスは生命に直接の脅威となり(特にはしか)、さらに合併症の危険性があります。

赤ちゃんへの予防接種は常にストレスがかかりますが、多成分ワクチンを発明した人のおかげで、はしか、風疹、おたふく風邪に対する予防接種を1回の注射で可能にしました。

CCPワクチンに対する否定的な反応は極めてまれです。薬風疹と耳下腺炎の成分は身体に優しく影響を与え、麻疹に対してより攻撃的な成分です。

だから、PACワクチンの利点:

  • 1回の注射で子供は一度に3つのウイルスに対する免疫を形成します。
  • はしかに対する免疫は、本物の感染の場合に病気の簡単な過程を提供します。

予防接種の前に賛否両論を秤量することは利点がはるかに合併症のリスクを超えていることに留意しなければなりません。 PACの予防接種にはまだいくつかの欠点があります。主なものを考えてください。

  • 予防接種を受ける病気(特にはしか)に子供が感染するリスクは最小限です。
  • ワクチン接種後の時期には、時々、いくつかの有害反応が起こることがあります。例えば、はしか、風疹、おたふく風邪、風疹などの後、体温がわずかに上昇する可能性があります。
  • 注射部位の痛みと発赤、子供の不安、
  • ワクチン構成成分に対するアレルギー反応があります。

PACの予防接種が副作用を引き起こすことはめったになく、それらが発生しても問題が発生したという意味ではありません。

有害反応

他のPACの予防接種と同様に、特定の否定的な反応の発生を排除するものではありません。はしか、風疹、耳下腺炎などの予防接種を受けた後に、特定の反応を起こすことがあります。標準的なワクチン接種後の効果に加えて、耳下腺、リンパ節、皮膚の発疹が増加する可能性があります。あなたはパニックになるべきではありませんが、医者に連絡する必要があります。

ウイルスに対する免疫の形成のために、体はそれに直面し、その異物を認識しそしてそれらに対する防御を形成する必要があることを忘れないでください。免疫力が弱まると、ウイルスが活動し始め、何らかの形で現れます。

したがって、外から見ると、彼の上記の兆候を見ることができます。この場合の温熱療法の存在は、体が病気と戦い、抗体を産生することを示しています。

それは子供を助け、脱水症、肺炎などの合併症の発症を防ぐことができる専門家の監督下にあるのが最善です。誰もウイルス自体を治療することはありません、それに対する治療法がないので、体はそれ自身に対処することができます、これは予防接種後の期間に子供のための適切に組織されたケアを通して子供に必要な資源を提供する必要があります。

考えられる合併症

CCPの予防接種後、および別の予防接種後の反応は予測が困難です。他の人が少しも反応しない間、何人かの子供ではそれはそれ自身を明示します。いずれにせよ、反応が特定の薬の説明書に記載されている許容状態の範囲内であれば、パニックにならないでください。

「非標準」または重症型の予防接種後効果が現れた場合は、直ちに救急車を呼んでください。

すでに述べたように、耳や首の一般的な倦怠感、リンパ節の腫れ、腺に伴う温度の発生は、必ずしも悪い反応を示すわけではありません。しかし、絶対に子供の予防接種後の合併症を示すすべての症状は医師の診察を必要とします。

同様に、親は予防接種後の期間に子供のためのケアを適切に計画することを義務付けられています。それは含まれています:

  • 休息モード子供は自分の体が必要とする分だけ眠る必要があります。
  • 飲酒モードあなたはたくさん飲む必要があり、そして液体の温度は、提案された赤ちゃんはできるだけ彼の体の温度でなければなりません。
  • 子供がいる部屋の湿式清掃は、少なくとも1日2回行わなければなりません。
  • 最適空気パラメータ部屋の中の湿気のある涼しい空気は、呼吸器系の臓器の炎症を防ぐのに役立ちます。子供は凍ってはいけません。

  • 新鮮な空気の中を歩きます。子供の体温が正常であれば必須。
  • 他の子供との接触を避けます。疹の発疹や炎症(はしかに対する予防接種後)の場合は、子供のグループへの訪問を控える必要があります。
  • 麻疹、風疹、およびおたふく風邪の予防接種を受けた後、赤ちゃんの体温がわずかに上昇しても、熱中症を起こす必要があるのは、彼の全身状態を緩和する必要があるためです。子供が鈍い場合や重度の温熱療法を受けている場合は、体温計マークがわずかに急上昇することで、すでにパラセタモールまたはイブプロフェンを投与できます。
  • 意識障害、協調障害、発作、39度を超える体温など、危険な合併症を示す症状がある場合は、直ちに医療処置を受ける必要があります。

合併症を防ぐには?

合併症予防のための主な対策は以下の通りです。

  • はしか、風疹、耳下腺炎に対する予防接種の前に、資格のある医師による子供の適切な検査の実施。
  • 健康な赤ちゃんへの高品質ワクチンの導入
  • ワクチン導入後に子供に十分なケアを提供する。
  • 注射後最初の30分間の赤ちゃんの観察。現時点では、医療施設から離れることは受け入れられません。アレルギー症状が現れた場合は、直ちに医師の診察を受けてください。
  • 家での観察おたふく風邪、風疹、はしかの症状がすぐに起こるとは限らない。このような反応はウイルスが作用し始めると起こります。

あなたがすべての可能な結果と合併症について子供に予防接種をする医療機関で調べなさい。医師はすべてについて警告し、予防接種後期間中のさまざまな方法であなたの行動のアルゴリズムを説明する義務があります。

予防接種をするべきですか?

麻疹ワクチンに対する反応を恐れているため、多くの親はPCRを接種することを恐れています。その後、二成分ワクチンを探しています。しかし残念なことにそれははしかが点滅している、定期的に世界中で発生します。ウイルス学者や疫学者は常に流行の可能性について警告します。計画されたはしか予防接種が存在するのはこのためです。続いて、このひどい病気に最も頻繁に苦しむのは子供たちです。

予防接種を受けた子供は、たとえ感染したとしても、病気に耐えるのがはるかに簡単で、合併症を発症する危険性も少なくなります。小児期におたふく風邪をひいた少年や風疹の予防接種を受けていない少女の不妊などの合併症、すなわち妊娠中の感染の危険性を考えると、定期予防接種の必要性について結論を出すことは可能です。

圧倒的多数において、予防接種に対する有能なアプローチが予防接種後の合併症のリスクを最小限にするという事実も考慮に入れることも必要である。

予防接種スキーム

現代の予防接種スケジュールは、はしかの予防接種は通常1歳で行われ、その後の再接種は4年以上後に行われることを意味します。予防接種カレンダーによると、予防接種が、はしか、風疹、おたふくかぜの予防接種のために診療所と何の関係もなく計画された方法で行われた場合、子供が1歳、次に6歳のときに招待されます。

スケジュールからの逸脱があったとしても、医学的理由による医学的投与の場合、予防接種は機会が生じたときに直ちに行われます。

意見コマロフスキー

CCPの予防接種に対する複雑な反応の可能性は4万人に1人ですが、肺炎のような重症の合併症、4人に1人の確率で麻疹の脱水が起こります。はしかは予防接種を受けた子供には関係がないことに注意してください。予防接種を受けていないはしかは発見される可能性が高くなります。病気に耐えることははるかに困難であり、そしてほぼ保証された関連する合併症を回避することはワクチン接種後のある種の病気に耐えることよりはるかに困難である。

問題は、実際には、高品質のワクチンを最適な条件で予防接種することです。 定期予防接種は、家族がこれらの病気に対処しないことを事実上保証します。 いずれにせよ、それぞれの祖母の前ではしかの発生の状況に直面したならば、今日ではワクチン接種を受けた人々のほとんど誰もそれについて考えさえしません。

予防接種CCPの作用は、はしか、風疹、耳下腺炎に対する子供の免疫を形成することです。同時に、調剤自体は生ウイルスの弱毒化細胞を含む。 CCPワクチンがめったに副作用を引き起こすことはありません。 Существуют опасения заболеть корью после прививки. Тут важно знать, о существовании термина «прививочная корь», что является разновидностью «легкой кори», которая имеет особенность легкого течения болезни и не заразна при общении с больным прививочной корью.

Привитые дети имеют возможность заражения? Да. しかし、この病気の経過は軽度です。さらに、はしかの歴史を持つ人々も、再感染の危険性があります。同時に、予防接種を受けた子供がはしかで死亡することはありません。

準備

まず第一に、予防接種のための準備は心理的な気分と両親の意識にあります。注射自体は赤ちゃんにとって非常に苦痛であり、有害反応の危険性があることを心に留めておくべきです - 誰もがそれについて知っていますが、それでもなお、予防接種を受ける必要があります。特別な訓練は存在しません、最も重要なのは、両親は落ち着いたままで、家族全員の健康的なライフスタイルを導くことです。

予防接種前に必要なこととできないこと

  • 新しい食物を食事に取り入れ、アレルギー反応の「挑発者」を避けてください。
  • 予防接種の前日にウイルス性呼吸器疾患のリスクを最小限に抑えるために、混雑した場所を積極的に訪れてください。
  • 抗菌療法の後、ワクチン接種の数週間前に、細菌異形成症の治療を受ける必要があります。

  • 家族の一員であっても、風邪の症状がある人は避けてください(一時的に別の部屋に患者を隔離することをお勧めします)。
  • 予防接種の直前に、診療所で順番を変え、路上で子供と一緒に歩くように誰かに送ることをお勧めします。子供が病気の人の隣にあるかかりつけの医者の横に並んでいる必要はありません。

論理的な問題は、どのような種類のワクチンで、どのような状況下で予防接種を受けるべきかということです。予防接種の準備をするときは、パン粉を予防接種することを計画している薬の指示に注意を払う必要があります。民間の診療所で予防接種を受けることになった場合は、どの医療機関があなたに必要なサービスを提供しているのかを調べる必要があります。

注射方法は?

CCPワクチンは、3つの注射剤が同時に3つの疾患を注入することを可能にします:はしか、風疹、および耳下腺炎。これにより、赤ちゃんの時間と神経を節約し、追加の予防接種が不要になります。

注射は大腿上部、筋肉内(脚の表面の上部3分の1)に行うべきです。注射の瞬間に足を引っ張ることができないように、1歳の子供は両親のうちの1人の腕にしっかりと抱かれるべきです。親はその年までに赤ちゃんが何をしているのかを知っているという事実に気づいている必要があります苦労しています。ワクチンはすぐに投与してはいけません。薬物の鋭い注射はさらなる疼痛を引き起こす。

子供に注射をした後は、注射の復讐を円を描くように軽くマッサージする必要があります。注射部位を強くこすったり押したりしないでください。

副作用があるとどうなりますか?

あなたは赤ちゃんのCCPワクチンに対するアレルギーを即座に、または注射の30分後に気付くことができます。一般に、子供に対するワクチンのアレルギー反応はまれです。この時間の間に医療機関の近くにいることが必要です、30分後に医者に注射部位を見せて、そして静かに家に帰ってください。これがアレルギーに関するものです。

他の有害反応も医療支援を必要とします。赤ちゃんを助けることは通常対症療法です。アレルギー反応の進行に伴い、抗ヒスタミン薬が投与され、そして温熱療法の場合には、解熱剤を用いて治療が行われる。

リンパ節の炎症、耳下腺、頸部の腺、はしか発疹などの重篤な有害反応は、医療提供者の注意を必要とします。母親が子供と一緒に数日間病院で監督下にとどまることを申し出ることが可能です。

子供が深刻な状態にある、あなたが2-3時間以内に自分で降ろすことができない38.5を超える温度、さらに発疹と首の腫れは、あなたは緊急医療を受けるか電話であなたの医者に連絡するべきです。

Loading...