男性の健康

ドキサゾシンの類似物:レビュー、使用説明書

Pin
Send
Share
Send
Send


ドキサゾシンはシナプス後αアドレナリン受容体遮断薬の薬理学的グループに属する薬用物質です。

治療効果は2倍です。薬物は末梢循環系の血管の拡張により血圧を下げることができます。長期使用は、左心室領域の退行過程を安定させます。

このページではDoxazosinに関するすべての情報を見つけることができます。この薬の完全な使用方法、薬局の平均価格、この医薬品の完全および不完全な類似体、ならびにすでにドキサゾシンを使用したことのある人のレビューです。あなたの意見を残したいですか?コメントを書いてください。

リリースフォームと構成

ドキサゾシンの有効成分は同じ名前の物質です。

錠剤の形で入手可能な薬:

  • 1 mgの用量で平らに丸める、
  • 2 mgの有効成分を含むカプセル両凸、
  • 4 mgの投与量でダイヤモンド両凸。

補助成分:グリコール酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウム、ステアリン酸マグネシウム、デンプン、乳糖、微結晶セルロース。

一般情報:構成、リリースフォーム、保管方法

薬の主な有効成分はドキサゾニンメシレートです。さらに、それは、グリコール酸ナトリウム、乳糖、ステアリン酸マグネシウム、デンプン、MCCおよびラウリル硫酸ナトリウムのような補助成分を含む。

錠剤の形で利用可能な薬。それらはパック、缶または瓶で販売することができます。

ドキサゾニンの有効期間は2年です。暗く、涼しく、乾燥した場所に保管してください。

薬局から、薬は処方箋なしで入手可能です。薬の費用は約318ルーブルであり、居住地域や薬局によって異なります。

薬理効果

ドキサゾシンのおかげで、末梢血管が拡張し、それが血圧を下げるだけでなく、それらの全体的な抵抗を減らすのに役立ちます。さらに、薬物は尿道の圧力と抵抗を減少させ、内括約筋の抵抗を減少させます。

レビューによると、ドキサゾシンは自然な方法で身体からの尿排泄のプロセスを正常化し、前立腺の良性腫瘍(過形成)の症状を軽減するのに役立ちます。肥満、耐糖能低下、および高脂血症などの障害を有するものを含む、高血圧症の存在下では好ましい効果がある。

薬を服用することで、冠状動脈性心臓病を発症する可能性が減少します。

使用の目安

指示によると、ドキサゾシンは治療に使用されます。

  1. 良性前立腺肥大症(高血圧症の存在下および正常血圧下)。
  2. 動脈性高血圧症(単剤または他の降圧薬との併用:ACE阻害薬、カルシウムチャネル遮断薬、ベータ遮断薬、チアジド系利尿薬)。

禁忌

ドキサゾシンの使用は、その組成に含まれる成分に対する過敏症の場合と同様に、18歳未満の子供には禁忌です。

注意して、薬は妊娠中、授乳期間中にだけでなく、の場合に処方されています:

  1. 起立性低血圧
  2. 僧帽弁および大動脈弁狭窄症
  3. 肝不全

使用説明書

使用説明書は、ドキサゾシンが1日1回(朝または夕方に)服用されることを示しています。毎日の服用量は徴候によって決定されます。

  1. 動脈性高血圧症を伴わない良性前立腺肥大症:1日2〜4mg(通常)〜8mg(最大)。
  2. 高血圧:用量は1(初期)から16 mg(最大)まで変動します。初回投与は就寝時に行うことをお勧めします。薬を服用した後、6〜8時間患者は就寝する必要があります(「前回の利尿薬」の現象が発生する可能性があるため、特に前回の利尿薬の摂取後に顕著になります)。 7〜14日間の連続治療の後、治療効果が不十分な場合、1日量の2倍の増加が可能である。必要ならば、同じ時間間隔の後に、最適な治療効果が達成されるまで、さらに2 mgずつ用量を増やすことができます。将来的には、安定した治療効果を達成した後、1日量は通常減らされます(維持療法では、平均治療1日量は2〜4 mgです)。

ドキサゾシンは食事に関係なく経口で服用されます。錠剤をかむ必要はありません、多量の水を飲んでください。

副作用

しかし、その成分に対する過敏症やアレルギー反応を起こす傾向がある人がこの薬を使用すると、下痢、嘔吐、吐き気、腸の腫れ、そしておそらく発疹の形での消化不良などの副作用が発生する可能性があります。

中枢神経系の部分では、過度の眠気の出現、気分の不安定性があります。ドキサゾシンを服用することによる以下の副作用も注目されています。

  • せき
  • 息切れ
  • 鼻血、
  • めまい
  • 皮膚紅斑、
  • 黄疸の症状
  • 食欲不振
  • 睡眠障害
  • 耳鳴り
  • 尿失禁。

しかしながら、列挙された副作用は、薬物の成分に対する特別な感受性、胃腸管の不安定性を伴って注目される。

過剰摂取

症状:血圧の著しい低下、時に失神を伴う。

治療:胃洗浄、活性炭の摂取患者は仰向けになって足を上げなければなりません。血圧が著しく低下した場合には、抗ショック対策が取られます - それらは循環する血液量を満たし、そして必要ならば、昇圧薬を処方します。
血液透析は無効です。

特別な指示

  1. 医師は、ドキサゾシンによる治療の過程の初期段階で、全般的な脱力感とめまいが起こる可能性があることを患者に警告しなければなりません。
  2. ドキサゾシンの初回投与の効果は、利尿薬療法とナトリウムの量を減らした食事で最も顕著です。良性前立腺肥大症の治療を開始する前に、医師は悪性変性を除外する必要があります。場合によっては、起立性低血圧が治療の最初に発症することがあります。これを避けるために、治療は最小投与量から始めて、1〜2週間かけて徐々に増やしてください。

車両を運転し、複雑な機構を用いて作業する能力は、特に治療の過程の始めにいくらか悪化するかもしれません。

薬物相互作用

  1. ドキサゾシンを他のα1 - アドレナリン受容体拮抗薬と同時に服用することはお勧めできません。
  2. 降圧薬との併用で、相互作用の増強が可能です。
  3. 肝臓の代謝率に影響を与える薬剤を同時に使用すると、ドキサゾシンの代謝を減速または加速することが可能です。
  4. カルシウムチャネル遮断薬と同時に投与すると、重度の動脈性低血圧を発症する危険性があります。
  5. 硝酸塩、全身麻酔薬、三環系抗うつ薬との同時使用では、エタノールが血圧降下作用を増強することがあります。
  6. PDE-5阻害薬(シルデナフィル、タダラフィル、タルデナフィル、バルデナフィル)との併用では、症状のある動脈性低血圧を発症することがあります。
  7. エストロゲンと交感神経刺激薬はドキサゾシンの血圧降下作用を減少させる可能性があります。エピネフリン(アドレナリン)のα副腎刺激作用を排除することによって、ドキサゾシンは頻脈および動脈性低血圧につながる可能性があります。

薬ドキサゾシンについての人々のいくつかのレビューをピックアップ:

  1. ザハール彼のおかげで、彼はまだ手術を必要としていなかったようですが、彼がソニジンやオムニズムを服用していないとき、ドキサゾシンは圧力を和らげるのに役立ちますが、私は主にそれらを使用します。

ドキサゾシンは肯定的なレビューを多数持っています。患者は顕著な血圧降下作用、圧力のゆるやかな減少、軽度の作用に気付きます。高血圧や前立腺肥大症の年配の男性は特によく反応します。そのような患者は、排尿中の灼熱感の著しい減少、トイレでの夜間滞在数の減少について話す。

いずれにせよ、この薬による治療は慎重なアプローチを必要とします。徹底的な診断研究の後に、投与量と治療計画は専門家だけにすべきです。さらに、治療中は定期検査と医師の診察が必要です。

事実上すべての医療用医薬品には、その対応物があります。ドキサゾシンも例外ではありませんでした。代わりに、同様の種類のアクションを持つ他のいくつかのツールを使用できます。同時に、使用上の適応症の一覧と医薬品の価格区分においてのみ、わずかな違いが見られます。

それで、私たちが考えている薬の類似物は何ですか?ドキサゾシンは以下の製品に置き換えることができます:

類似体を使用する前に医師に相談してください。

薬の薬理学的性質

薬ドキサゾシンは降圧薬のグループに属し、選択的なα-アドレナリン受容体拮抗薬です。薬を服用すると、全身の循環系に有効成分が徐々に吸収されます。

ドキサゾシンは末梢血管の拡張を引き起こし、それは血圧の低下に寄与する。

薬の定期的な長期使用で心筋の働きを改善し、血小板の凝集が抑制され、血栓症のリスクが消えます。有効成分の影響で、尿力学が改善され、過形成を引き起こす前立腺の病理学的プロセスが抑制されます。

投与量と投与

薬の一日量と治療の過程の期間は厳密に個々の基礎で医者によって規定されています。説明書によると、薬は1日1mgを処方され、必要に応じて2週間に1回増量されます。

前立腺肥大症の場合、1日の服用量は8 mgで、必要に応じて医師の監督の下で2倍に増量されます。

ピルは食事に関係なく、できれば夜の就寝前に、粉砕せずに、ただちに飲み込んで、大量の液体を飲まずに飲まれます。

妊娠中および授乳中の薬の使用

医学的には、胎児の子宮内発達に対する薬物の有効成分の効果に関する信頼できる情報はないので、妊娠中の薬物の使用は、母親への期待される利益が胎児への可能なリスクよりはるかに高い場合にのみ可能です。錠剤は、最低有効量で医師の厳格な監督の下に服用されます。将来の母親または胎児の身体からのわずかな逸脱が現れると、薬物療法は中止される。

有効成分が母乳に浸透する能力に関するデータはないので、授乳中のドキサゾシンによる治療の可能性の問題は医師と一緒に決定されます。薬物療法の期間中は授乳を中断することがより便利です。

薬と他の薬との相互作用

ドキサゾシンは、血圧を下げる薬と組み合わせることや、医師の監督の下で1日量を慎重に選択することをお勧めしません。ドキサゾシンと降圧効果を持つ他の薬剤を同時に使用すると、低血圧や虚脱の発生を招く可能性があります。

カルシウムチャネル遮断薬とドキサゾシン薬を同時に使用すると、動脈性低血圧の危険性があるため、この薬の相互作用には注意が必要です。

抗うつ薬、全身麻酔薬、エタノールと同時に薬物を慎重に使用する必要があります。これらの群の薬物相互作用が顕著な血圧降下作用および血管虚脱の発症につながる可能性があるためです。

休暇および保管条件

薬は薬局で医師の処方によって放出されます。店のタブレットは子供の手の届かないところに室温でお勧めします。元の包装に直射日光を避けてください。有効期限がパッケージに印刷された後に薬を使用しないでください。

モスクワの薬局での薬ドキサゾシンの平均費用は、1パックあたり210ルーブルです。

薬のレビュー

主な薬物とその類似体はどの程度有効に使用されていますか? "Doksazozin"、患者のレビューによって判断すると、その長所と短所があります。男性は、前立腺肥大薬の助けを借りて治療中に顕著な改善が観察されたと述べています。しかしながら、治療過程の終わりに、症状はしばしば再発しました。

高血圧症の治療に関しては、レビューは退屈です。一部の患者は高い有効性を報告しているが、他の患者は期待される結果を達成していない。

薬物類似体についてのほぼ同じレビュー。何人かの患者にとって、それは病気を取り除くのに大いに役立ちますが、他の人は代替品を探すことを強いられます。

構成とリリースフォーム

ドキサゾシンは、錠剤の形で製造されています - 通常は白または灰色で、PFHと10または30個のホイルのプレートに詰められています。 それは異なっていてもよく、ドキシアゾシンメシレートである有効成分の量は1錠あたり2または4 mgです。 薬物ドキサゾシンの組成に関しては、主成分に加えてそれはいくつかの賦形剤を含む:それらは製造業者に応じて変動し得るが、通常は乳糖、ナトリウム、デンプン、MCCおよび他の成分を含む。

この医療製品を製造している製薬会社と言えば、彼らのより大きなリストは注目されるべきです - ロシア市場ではドキサゾシンの多くの直接的類似物があり、それらはこのINNの下でも他の商品名の下でも販売されます。最も評判の良いメーカーの中には、次のような懸念と企業があります。

  • FPO(オボレンスコエ)、ロシア、
  • テバ製薬工業、イスラエル
  • Zentiva Zokson、チェコ共和国、
  • ニューファーム、
  • ルガル、
  • サンドス、
  • クロアチア、ベルーポ、
  • ロシア環礁、
  • ドイツのRatiopharm。
国内薬は薬局で見つけるのがより簡単であり、それらは海外からの類似薬よりも安いことは非常に明白です。

ドキサゾシンのさまざまな販売選択肢の間に医学的な違いがないため、外国薬のために過剰払いする必要はありません。

アナログと価格

ドキサゾシンの代わりに似たような薬(同義語)を使用すると簡単になります。同名の薬は異なる名前でもかまいませんが、有効成分は同じです。しかし、他の種類のアルファ1ブロッカーを見つけることも、BPHにも有効な5アルファレダクターゼ阻害剤の薬のグループを変えることさえできます。現在のレビューによると、最も人気のあるのは以下の薬です:

  • テラゾシン - Setegis、Kornam、Khaitrin、Terazosin-Teva、
  • プラゾシン - プラゾジン、
  • タムスロシン - オムニク、プロフロシン、ソニジン、オムスロシン、ハイパープロスト、タムスロン、
  • アルフゾシン - アルフプロスト、ダルファズ、アルフゾシン、
  • Finneside - Penester、Proscar、Finast、Alfinale、Prosterid、
  • Dutasterid - Avodart、Dutasterid Bakter。

前立腺腺腫の治療に使用されていますが、天然成分に作用する薬もあります:Tykveol、Tadimaks、Prostavernn Urtika、Permixon、Prostaplant、Vitaprostなど。

以下の表には、リストされている多くの薬の現在の費用(処方箋のみで薬局で購入可能)が示されています。

薬理学的効果

ドキサゾシン錠は、頻脈の発症を誘発することなく、血圧の正常化につながるα1 - アドレナリン受容体の活性を遮断します。薬は血管抵抗を減らすことができます。使用の効果は延長されます、薬物の最大の効果は投与後3-5時間で表示されます。

薬の治療効果は一日を通して維持されます。錠剤は高血圧の発症に役立ちます。薬を服用すると、冠状動脈性心臓病の発生を防ぐのに役立ちます。薬は血中のコレステロールを減らすことができます。ピルによる長期にわたる治療は、左室肥大の後退につながります。

前立腺炎を伴うドキサゾシンは、1週間の使用で顕著な効果を発揮します。 薬物治療の最大コースは14週間です。薬はケースの70%で効果的であり、永久にその効果を保持してそれを修正します。

薬の特徴:

  • 急速な吸収(食物摂取は1〜2時間の過程を遅らせることを引き起こします)、
  • 吸収 - 90%、
  • 血漿中の最大濃度 - 3時間後、
  • 夕方の受付での最大血中濃度 - 6時間後
  • 前全身性代謝 - 70%
  • 高いタンパク質結合 - 90%以上
  • 体からの半減期 - 20時間後、
  • 薬は肝臓で代謝されます。
  • 排泄経路 - 腸の70%、腎臓の10%、
  • 錠剤は中年患者と高齢者の間で身体への影響に違いはありません。

ドキサゾシンと既存の禁忌を服用する場合

以下の場合には薬の使用が提供されます。

  1. 前立腺肥大、
  2. 高血圧症、
  3. 高血圧
  4. 心血管系の病気

使用のためのドキサゾシンの説明書は、薬物の成分に対する過敏症の患者、胎児を持っている女性、過半数未満の年齢の人への錠剤の使用を禁止しています。さらに、ピルは以下の違反を確認した人には細心の注意を払って服用しなければなりません。

  • 肺水腫
  • 心臓の左心室または右心室の機能不全
  • 歴史における急性高血圧
  • 慢性感染症の存在と尿排出チャンネルの混乱。

錠剤には失神として現れることがある副作用があります。このような症状は、薬を飲んだ後に患者が突然体の位置を変えたときに起こります。例えば、横になっている状態から劇的に座っている状態に変わります。入場の他の悪影響の中には、疲労、吐き気、一般的な脱力感、眠気、鼻炎が含まれます。

投与方法および投与量

薬ドキサゾシン処方は、1日1回、できれば朝や午後にピルを飲むことを勧めます。夕方には薬の吸収が長いので。錠剤は噛まずに水で洗い流してください。

  1. 前立腺肥大症の治療において、初期投与量は1日1mgで、この技術は副作用の危険性をゼロにまで減少させます。必要ならば、担当医の勧告に基づいて用量の数を増やすことができる。この場合、投与量は1日4 mgまでです。しかし、用量は数週間かけて滑らかに増やされるべきです。
  2. 高血圧の治療において - 1日1mgの量で薬を服用しています。この場合の飲酒は就寝前に必要です。この場合、患者は約7〜9時間ベッドにいることになり、それによって失神、めまい、その他の起こりうる悪影響が回避されます。服用後1週間で徐々に上げることができます。 1日の最大投与量は8 mgです。患者が薬物から所望の治療効果に達すると、服用する丸薬の数は減少し始める。

薬に関する重要な情報

他の薬と一緒に丸薬を慎重に服用してください。例えば、降圧薬の同時使用は両方の薬物の効果を増強し、その結果として用量調節が必要とされる。抗炎症薬を服用すると錠剤の吸収が遅くなり、血圧降下作用が低下します。

腎機能に障害のある患者には、製品の使用に特別な注意が必要です。ドキサゾシンは腎臓の代謝に影響を与える可能性があります。徴候の場合には、丸薬を飲むことは緊急の問題としてキャンセルされます。

その薬は意識を含めて人体に影響を与えます。それ故、ピルを服用し始めている間、そして投薬量を増やす段階の間、車の運転を含む活動の潜在的に危険な領域をすべて放棄することが必要である。ピルと一緒にアルコール飲料を飲むと、副作用のリスクが高まることに注意してください。

コストと代用

ドキサゾシンの価格は1パックあたりの錠剤数とミリグラム単位の主な有効成分の投与量によって異なります。あなたは150ルーブルのために2 mgの錠剤を購入することができます。薬4mgの費用は約230ルーブルになります。薬は厳密に処方です。日光から保護された場所に保管する必要があります。製品の保存期間は2年間です。

  • ジェノカルド、
  • ドクサゾジンアポ、
  • ゾクソン、
  • カミレン、
  • カルドゥラ、
  • マグロル、
  • ウロマックス、
  • ドキサプレス、
  • ドキソネックス
  • ピロキサン、
  • プラゾシン、
  • Ebrantil

ドキサゾシンのクチコミ情報

薬はユーザーによってしばしば議論されます、彼らのうちの何人かはタブレットの使用と彼らの効果についての彼らのコメントを残します。患者さんの意見を知りましょう。

Vasily、42歳:私にとってはそれは本当の発見です。錠剤はかなり広い範囲の作用を有し、そして前立腺肥大症は治療されそして正常化された血圧である。あなたが両方を必要とするとき、私はただの場合です。したがって、ドキサゾシンは私が1つの石で2羽の鳥を殺すことを可能にします。私は、上質な製品です。可能性のある副作用の印象的なリストにもかかわらず、私の治療はそのようなことにつながらなかった。すべての健康はいいです。

52歳のLarisa:圧力をコントロールし正常化するための優れたツール。私の薬は私の医者をたるんだ。その前に、私はそもそもドキサゾシンを指名しながら他の多くの薬を試しました。私は寝る前にそれを飲む、それから私は一日中気分が良い。それは持続的な効果があり、あなたが丸薬を飲むのをやめるとすぐに圧力が場所に戻ることはありません。

21歳のAnna:お父さんがこれらの薬を飲んだ。一般的には、すべてが順調ですが、最初の訪問時に、彼は突然立ち上がって文字通り転倒しました。私の足は衰えました、私は意識を失うことはありませんでした、しかしそれは私と私の母親にとって怖かったです。それをそれについて言われた、指示を読みなさい。これ以上副作用はなく、お父さんの健康は大幅に改善されました。

薬力学および薬物動態

ドキサゾシンは、シナプス後アルファ1 - アドレナリン受容体の選択的遮断によって特徴付けられる。この薬を服用すると血管の筋肉の緊張が低下し、血圧が下がり、濃度が下がります トリグリセリドそして一般的な コレステロール プラズマ中。

凝集の抑制もまた注目される。 血小板数 そして組織の活動的なプラスミノーゲンの内容の増加。間質の平滑筋細胞、前立腺の嚢、膀胱頸部の緊張が減少する。抵抗が減少し、尿道内の圧力が内部括約筋の抵抗を減少させます。

薬の単回投与は、あなたが少なくとも一日持続する2〜6時間後に血圧降下効果を達成することを可能にします。長期治療は左心室肥大の後退を引き起こす可能性があります。

薬はよく吸収され、ほぼ80-90%の吸収を説明します。食物を同時に摂取すると、このプロセスが遅くなる可能性があります。最高濃度に達したことは、薬が夕方に服用された場合は3時間後、その後5時間後に記録されます。生物学的利用能に関しては、それは60〜70%であり、血漿タンパク質との関連はほぼ98%である。 代謝 主に肝臓で発生します。物質は次の形式で表示されます。 代謝物 腸や腎臓を通して。

特別な条件

僧帽弁または大動脈弁狭窄症によって引き起こされる肺水腫、心臓の右心室の機能不全、および左心室の充満圧の低下、心拍出量の不足を伴う患者を治療するように注意しなければならない。

同時に肝機能に悪影響を与える薬を服用する場合は、肝機能障害のある患者の治療に特別な注意を払う必要があります。肝機能の状態の指標の悪化は、治療の即時中止を必要とします。

治療の初期段階または高用量で薬を服用する場合は、危険な作業、交通管制およびその他のメカニズムの実行を拒否することをお勧めします。

ドキサゾシン類似体

主な類似体は薬です: カルドゥルある そして カルデューラ。

同様の効果もあります。 オムニク、フロシン、プラゾシン そして テラゾシン。

ドキサゾシンとアルコールを同時に使用すると、有害反応の有意な増加が見られました。

剤形、INN、スコープ

この薬は特別な薬のグループに属しています - アルファアドレナリン受容体の遮断薬。そのような薬剤は心血管系に影響を及ぼし、そしてまた血管を拡張することができ、それは血圧降下作用をもたらす。

国際的な非独占的な名称はその成分に含まれている有効成分によります。この場合、名前は商品名 - ドキサゾシンと一致します。

それは体全体の血管に影響を与える能力を持っているので、薬は医学の様々な分野で使用されています。ほとんどの場合、それは血圧の著しい上昇を伴う心血管系の病状の治療のために心臓病学で処方されています。それはまた前立腺または副腎の腺腫のために泌尿器科医によって使用されます。

発売形態および平均価格

薬は単一剤形 - 錠剤で製造されます。それらは有効成分 - ドキサゾシンの含有量が異なります。この基準に従って、1mg、2mgおよび4mgの活性成分を含有する錠剤が単離される。これに応じて、1つまたは他の投与計画が処方される。

ドキサゾシンは比較的安価な薬です。それは国のほとんどすべての薬局で購入することができます。製造業者および有効成分の量に応じて、ロシアの平均価格が表に示されている(表1)。

表1 - ドキサゾシンの費用

これらは平均価格で、薬局の場所によって多少異なる場合があります。原則として、ロイヤルプライシングはオンライン薬局を喜ばせます。彼らはまた頻繁に市内で無料配達を提供します。

組成と有用な性質

薬の組成の主な成分は活性成分 - ドキサゾシンです。それは化学物質のクラスに属します - キナゾリン。ドキサゾシンは、特定の受容体、すなわちαアドレナリン受容体を選択的に遮断する能力を有する。これにより、末梢血管全体の抵抗が減少し、血管壁の拡大と血圧の低下に貢献します。

活性物質に加えて、錠剤の組成物中には薬物の急速な吸収に寄与する補助成分がある。それらの中に - コーンスターチ、セルロース、ラクトース。他の賦形剤を加える製造業者もあります。これは薬を処方する前に考慮されるべきです。

治療薬は抗生物質ですか?

ドキサゾシンを処方されている多くの患者は、この薬が抗菌薬かどうかに興味があります。この誤解は、薬が感染性を含む泌尿器系の病状に取り込まれることが多いという事実のために生じました。

薬は抗生物質ではありません、それは細菌感染症に影響を与えません。それは受容体を遮断することができるだけであり、それは血管内の血圧に影響を与える。このような薬は抗生物質を服用するときに併用すると悪影響が見られないため、抗生物質の服用と組み合わせることができます。

適応と制限

薬は心血管系に影響を与える可能性があるので、それは細心の注意を払ってそして適切な徴候がある場合にのみ処方されるべきです。ほとんどの場合、薬はそのような病状に使用されます。

血圧の著しい上昇(高血圧)。この状態には多くの理由があります。

高血圧症では、ドキサゾシンが主な薬として処方されているだけでなく、利尿薬、β遮断薬、カルシウムチャンネル遮断薬、ACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素)を併用することもできます。

  • 良性前立腺肥大症。薬は尿の流れを正常化するのに役立ち、またBPHの負の兆候を排除します。この診断では、薬は高血圧と正常血圧の両方で使用されます。
  • そのような適応症で、ドキサゾシンはしばしば単剤療法として処方されます。効果がなければ、さらに他の手段を処方した。

    それは薬が多くの禁忌を持っていることに留意する必要があります。いかなる場合においても、それは、組成物を構成する成分(例えば、ラクトース)、ならびにキナゾリンに対する個々の不耐性を有する患者に処方されない。そのような病状の存在下でそれを取ることはお勧めできません。

    • 重度の肝疾患
    • 尿路感染症
    • 腎不全
    • 無尿症(尿の自然な流れの欠如)、
    • 血圧の起立性低下
    • BPHの低血圧、
    • 砂やぼうこうの石の存在
    • 消化管の破裂
    • ラクターゼ欠乏症
    • 大動脈および僧帽弁狭窄
    • 肺動脈血栓塞栓症
    • 消化器内腔の縮小

    また、18歳未満の子供、妊婦および授乳中の母親の治療のための薬は処方されていません。

    ジキサゾシンは、白内障手術を背景に、循環器系の特定の疾患、脳循環に特に注意して使用されます。

    ドクサゾジンルガル

    それぞれに有効成分2または4 mgの錠剤の形で利用可能です。彼らは一日一回経口摂取されます。噛むことなく、十分な量の液体を摂る前に、朝に丸薬を飲むのが良いでしょう。

    初回投与量は1 mgのドキサゾシンです。必要に応じて、1日4〜8 mgに徐々に増やしてください。それは患者の状態、彼の血圧を監視することが重要です。維持量は1日あたり約2〜4mgです。高齢者は成人患者に推奨される通常の服用量を服用します。腎不全または肝不全の場合、投与量は主治医によって管理されています(原則として、それはいくらか減少します)。

    ドクサゾジンFPO

    薬は錠剤の形で放出され、食事とは無関係に1日1回経口摂取されるべきです。錠剤は噛むべきではなく、水で丸ごと飲み込むべきです。投与量は以下の通りです:

    高血圧症の場合、1 mgの活性物質から服用が開始されています。初回投与の現象が発生する可能性があるため(特に利尿薬を同時に服用している場合)、患者は約8時間就寝する必要があります。

    次に、数日後、患者は投与量を2倍にします。徐々に、用量は1日当たり8 mgの割合になります - これは治療効果が観察される最適な用量です。 1日の最大摂取量は16mg以下の有効成分です。その後、用量を4 mgまで徐々に減らします。

  • 良性前立腺異形成症では、低用量が処方されます。 1 mgから始めて、1日2〜4 mgに用量を徐々に増やしてください。最大摂取量は1日8 mgまでです。
  • 薬は多くの副作用を持っているので、それは医者によって規定された投与量に正確に従って、慎重に取られるべきです。

    ドキサゾシンゼンティバ

    錠剤は食べ物の摂取にかかわらず、飲料水をかむことなく完全に飲まれます。朝または夕方に1日1回受け入れる必要があります。治療は1日1mgの最小用量で始まり、徐々に最適量まで増やします。これは体位性低血圧と失神の発症を防ぐために必要です。投与量は、所望の効果および患者に応じて増加する。それはしばしばです:

    • 高血圧の場合 - 4〜16 mgの有効成分
    • 前立腺肥大症の場合 - ドキサゾシン2〜8 mg。

    2週間に1回、徐々に増やしていくことが重要です。患者の血圧をコントロールする必要があります。

    降圧薬または利尿薬が主薬に添加されている場合は、用量調整(減量)が必要です。注意して、患者が重度の肝臓病理を持っているならば線量を増やしてください。そのような薬は主治医の監督の下で使用されるべきです。それは患者の年齢、彼の特徴および一般的な健康状態に応じて投与量を決定します。

    治療期間

    ドキサゾシンベースの製剤は長期使用を目的としています。まず第一に、これは多くの降圧薬とは異なり、薬物は中毒性がないという事実によって説明されます。しかしながら、この適用は連続的であるべきではない。薬物に対するαアドレナリン受容体の感受性の低下を排除するために、薬物を使用して2〜3週間後に2〜3日間休憩を取ることが推奨されます。

    血圧の最大低下はかなり迅速に観察されます - 用具の適用後2-5時間以内。高血圧症の長期治療中、投与量は投与の10〜15日ごとに専門家によって調整されます。

    治療過程の期間は主治医によって決定される。原則として、それは数週間から数ヶ月続きます。泌尿器疾患の場合、治療期間は1ヶ月から3ヶ月の範囲です。

    負の症状の持続的な軽減は、原則として、投与後1〜2週間以内に起こります。コースの終わりにすぐに薬をキャンセルすることはできません。薬物が完全に放棄されるまで投与量を徐々に減らすことが必要です。

    心拍への影響

    この薬は心臓の収縮率にどのように影響しますか?それは血管の壁の拡大をもたらすアルファ - アドレナリン受容体を遮断することができるので、血流は遅くなります。長期的には、これは心拍数を下げるのに役立ちます。

    しかしながら、薬物を服用した直後に(最初または1回使用のために)立位で心拍数がわずかに増加するという薬物のそのような特徴を考慮に入れる必要がある。この症状は、原則として、それほど不快感を引き起こさず、薬物のさらなる代謝または薬物の長期投与と共に急速に消える。

    副腎および前立腺腺腫での使用

    追加の手段として、ドキサゾシンは腺腫、異なる腺に発生する良性腫瘍のために処方されています。ほとんどの場合、次のような病状で使用されます。

    • 副腎腺腫この病気では、しばしば血圧が急激に上昇します。したがって、それを減らすために、ドキサゾシンは複雑な治療法で使用されています。
    • 前立腺腺腫。これは男性の泌尿生殖器系疾患です。同時に、ドキサゾシンは炎症を軽減し炎症を起こした前立腺の大きさを縮小することを目的としています。それはまた、鎮痙作用を有し、尿の流れを回復させ、尿管の機能を改善し、それが排尿の過程を促進する。

    薬物の効果は、泌尿器系の組織、特に副腎皮質および膀胱頸部のアルファ - アドレナリン受容体に選択的に結合するその能力に基づく。このツールを使用すると、閉塞性の管や括約筋の領域の圧力を減らすことができます。

    この薬はすぐに作用し始めますが、原則として投与開始後2週間で著しく持続する効果があります。

    1. 治療は最小投与量から始めます - 最初の4日間は錠剤(各2mg)を、夜は半錠、それから全錠剤を1.5〜2週間服用します。
    2. 薬物が患者によって十分に許容される場合、投与量は2錠に増やされます。その薬が最も明白な効果を与えるのは4 mgの濃度です。この場合は、朝と夕方(タブレットによる)の2回に分けて投与することをお勧めします。
    3. 治療期間は1〜3ヶ月です。

    薬を服用した後のほとんどの男性は、彼らの状態、尿流出の正常化における有意な改善に注目しています。彼らの多くはまた、勃起機能と性的欲求を回復させると主張しています。

    薬物は個人の不耐性の場合にのみ使用することはできず、めったに否定的な反応を引き起こすことはありません。男性を服用した初期には、わずかな低血圧が発症することがあります。

    副作用と注意事項

    薬は多くの副作用があります。まず、最初の服用時に失神、めまい、低血圧、血流による体の熱感が観察されます。また頻繁に起こります:

    • 末梢浮腫、
    • 心不整脈、頻脈、徐脈、狭心症、心臓の痛み、
    • 同期状態
    • 起立性低血圧
    • 脳循環違反
    • 頭痛、めまい、
    • 眠気、無関心、
    • 血液形成に関する問題
    • 鼻血、
    • 息切れ
    • 四肢のしびれ、振戦、意識の喪失、
    • 消化不良、口渇、下痢、便秘、腹痛、
    • 咳や鼻炎、
    • 排尿障害、尿失禁、
    • 視力の問題
    • 耳鳴り
    • 性的欲求の減少
    • 筋肉のけいれん、筋肉痛、
    • アレルギー性皮膚反応(発赤、紫斑病、かゆみ、発疹)、
    • 精神障害(不安、不眠、うつ病)、
    • 体重増加または食欲不振。

    多くの場合、これらの状態は不適切な投薬の背景で、または推奨用量を超えたために発生します。また、薬を使用する前にいくつかの注意事項を考慮する必要があります。

    • ドキサゾシンはアルコール飲料と組み合わせることはできません。同時に服用した場合、それは薬の副作用を高めるのに役立ちます。
    • 医者が処方する1日量を増やすことは禁じられています。これは過剰摂取につながり、それは血圧の急激な低下と意識の喪失によって現れます。
    • 前立腺肥大症の薬を処方する前に、その悪性の病因を排除する必要があります。
    • この薬は他の降圧薬の作用を高めます。
    • いくつかの薬はドキサゾシン(他の降圧薬)の効果を高めます。それとは反対に、他の人は薬物の降圧効果を低下させます。これは、非ステロイド系抗炎症薬(例えば、カルジオマグニル)、交感神経刺激薬を服用している場合によく見られます。エストロゲンは血圧を上昇させます。

    これは薬を処方する前に考慮されるべきです。患者が長期間ドキサゾシンを服用している場合、彼は常にこれまたはその薬を使用する可能性について彼の医者に相談するべきです。

    構造的

    最も効果的で安価な構造類似体を以下に提示する。それらはドキサゾシンと同じ有効成分に基づいて作られており、同じ作用機序、使用の適応と禁忌を持っています。また、これらの薬は同じ副作用があります。薬物の平均費用は表に示されている(表2)。

    表2 - ドキサゾシンの主な構造類似体のコスト

    Pin
    Send
    Share
    Send
    Send