男性の健康

男性の足の腫れ:原因と治療

Pin
Send
Share
Send
Send


浮腫の問題は年齢に関係なく男性を悩ませます。この記事の目的は、「なぜ下の男性の足が劇的に膨らむのか」という質問に答えることです。このためには、この病状の原因を理解する必要があります。そして後で - 適切な治療法を見つけること。

男性の足の腫れの最も一般的な兆候は次のとおりです。

  1. 下肢の静脈瘤、これは足の足の男性の足が腫れている最初の理由です。主に脚の下3分の1に局在性の腫れ。朝の外観が特徴で、夕方には消えます。
  2. 静脈血栓症浮腫が突然現れ、皮膚は青みがかった色になり、「クロール」感が現れ、腫れは一日を通して安定しています。
  3. リンパ腫 - リンパドレナージの侵害。 35歳の男性に発生します。四肢は青白くなり、日中に腫れ、その後現れたり消えたりします。
  4. 手術後に起こる起立性浮腫。
  5. 痛みやこわばりが現れる関節リウマチの背景にある関節浮腫。
  6. 肝臓の肝硬変は、腫れながら一日中持続し、鬱病の痕跡は長期間消えません。
  7. 肥満腫れは、体内の水分の保持が長引くと起こります。
  8. アレルギー性浮腫は、アレルゲンと接触した直後に発生します。
  9. 甲状腺機能低下症、浮腫は体の圧力に反応せず、一定の形をしています。
  10. 糖尿病浮腫の出現は壊疽のような多くの合併症を引き起こす可能性があるため、内分泌学者の診察が不可欠です。

多くの場合、問題が発生します - 50歳を過ぎるとなぜ男性の足が腫れるのでしょうか。この年齢で浮腫が発生した場合は、慢性疾患に注意を払う必要があり、まず最初にそれらを治療する必要があります。

初期の段階では、多くの男性は自分の足が腫れたことに気付かないかもしれません。時間内に問題に反応するのを助けるだろういくつかの症状があります。これらの症状は次のとおりです。

  • 歩くときの痛み
  • 靴を履いたり着たりするときの不快感
  • 夕方に現れる下肢の重さ
  • 足の体積がわずかに増加し、腫れが現れます、
  • 浮腫の部位を押した後、へこみが現れ、それはしばらくすると消えます。

これらの症状はすべて、足に大きな負荷がかかるために発生します。なぜ足首の男性の足を膨らませるのですか?理由を理解しているので、足の部分に関係なく、症状は同じになることを言及する価値があります。

ほとんどの場合、男性の浮腫の場所は足首の部分に見られ、それが主にその発見を妨げています。そのような局在化領域では、腫脹を検出する可能性は視覚的に極めて小さい。布が液体でいっぱいであるという事実は、弾性靴下の痕跡を示す可能性があります。腫れがあると、皮膚は圧力に対してより強く反応します。

多くの場合、男性は彼らの子牛の腫れを観察することができます。それらは視覚的に識別するのがより簡単で、足の重さはより不快感を与えるでしょう。しかし、症状の最大の発現は男性の足の足が腫れたときに注目されている、それは彼らが靴を履いたときに痛みと足のかゆみを伴う最も深刻な不快感を経験するかもしれない理由です。

他の領域、特に膝の浮腫には注意が必要です。それらはしばしば深刻な病理の発生を引き起こす可能性があるからです。浮腫のいかなる徴候も身体にとって正常ではなく、治療後期にはさまざまな影響を引き起こす可能性があります。

薬物治療

なぜ足が男性(ふくらはぎや他の領域)で腫れているのかという質問に答えた後、治療に進むべきです。薬物治療は、薬物の摂取、ならびに軟膏およびクリームの外用の使用を伴う。この病状の薬の最も一般的なカテゴリは利尿薬です。それらの中には、チアジド剤、ループ剤、浸透剤、カリウム節約剤および混合剤の群がある。

正しい薬を見つけるためには、浮腫の原因を理解する必要があります。

最初のグループの治療はゆっくりした行動を特徴としますが、それは使用される液体と塩の量に患者を制限しません。

製品の2番目のグループは、身体から重要な微量元素の除去を伴う高性能を持っています。それは専門家の管理を必要とします。

カリウムを節約するグループの薬の名前はそれ自身のために言います:薬は多量栄養素の保存に貢献します、しかし使われるとき弱い結果を与えます。他の薬とのそれらの組み合わせは合理的です。浸透圧調製物は腎臓を通る組織からの過剰な水分の除去を促進し、その結果としてこの群の薬物はこれらの臓器の疾患の存在下で禁忌である。

男性に病状がない場合には、利尿剤が使用される:「フロセミド」、「インダパミド」など、その役割は、水と塩のバランスを正常化し、組織内の体液蓄積を防ぐことである。

アレルギーによる浮腫の場合、「ロラタジン」、「アステミゾール」などの抗ヒスタミン薬を受付に含める必要があります。

浮腫の原因 - 主な病気 - 心臓や腎臓の侵害の場合は、薬を塗布し、血管を弛緩させ、血液循環を正常化させます。それらは、利尿薬(「ブメタニド」)、心臓チアジド薬(「Moduretik」)、およびループ利尿薬(「Bufenox」)として提示されています。

腎臓に問題がある場合は、1番目と2番目のグループの薬物の併用薬( "Oksodolin")。静脈瘤は、最適な血液の微小循環を確保し、血栓を防ぐために、血液希釈剤と静脈血の使用を必要とします。

抗浮腫クリームは主な問題を解決しませんが、望ましくない症状を解消します:疲労、ストレスなど、そしてまた炎症と戦う。複雑な治療法「Troxevasin」、「Lioton」で効果的です。

患者が高齢者の場合、浮腫は代謝障害による定期的な症状です。強力な浮腫があっても合理的な受信 "Lasix"とエタクリン酸。

浮腫との闘いでは、白樺は非常によく役立ちます。あなたは芽または乾燥した葉の小さじ1杯を取り、沸騰したお湯の1/2カップを注ぐ必要があります。それは20分間薬を主張する必要がありますそしてそれから得られた治療を3つの部分に分けて、それを1日に3回飲むこと。この治療は1ヶ月間続けられるべきです。

パセリは最も一般的な治療法の1つです。植物の根と葉は肉挽き器を用いて粉砕される。得られた原料の大さじ1杯を取り、熱湯のコップを注ぎ、暖かいタオルで包み、暖かい場所に一晩放置する。午前中に、結果として得られる注入フィルターは、味にレモンを追加します。毎時1杯の薬を飲む。この治療コースは3日間しか続きません。

海の塩

海塩入りのお風呂は、浮腫との闘いだけでなく、毎日の予防薬としても使用できます。これを行うには、海の塩1杯を3リットルの水に入れる(35度の温度で)。処置の期間は15分以下であり、治療の経過自体は2ヶ月、少なくとも週に3回の処置であるべきです。

イラクサも体に良い効果をもたらします。植物の粉砕された根、大さじ3杯、オリーブオイルを1杯注ぎ、そして約5〜7分間弱火で沸騰させます。薬が冷めた後だけ、それは冷たいか冷蔵庫の中に置かれます。この薬でこすることは、月に寝る前の夕方に行われます。

ごぼうの圧縮ごぼうの葉は洗って少し乾かしてください。それから両方の輝きに薄い面を塗り、伸縮性のある包帯で包みます。約3時間保持します。最初の3つの処置の後、足の腫れは減少します、そしてフルコースの後に、10の処置は完全に消えます。

ローズヒップは脚の浮腫のための利尿薬として使われます。低木や準備ができているフィルターバッグの葉とみじん切りの果物はそれを5-10分の間醸造しましょう、沸騰したお湯のグラスで注がれるべきです。それからあなたは一日2-3回このお茶を飲むことができます。

ニンニクも使用することができます、片方の頭を砕いて1/2リットルのお湯を注ぎ、沸騰させ、それからそれを室温に醸造させるべきです。洗った足はスープですすぎ、次に足裏とふくらはぎになじませます。

エクササイズ

あなたが頻繁にそして長い間一箇所に座っていなければならないならば、人は間違いなく足の腫れを取り除くのを助けるだろう様々な運動を定期的に行う必要があります。あなたは足のための運動が立っている間だけ行われることを知っている必要があります。この練習のために、あなたは約20から30秒間それぞれの足の上に立つ必要があります;これは足の正常な血液循環を回復するために必要です、あなたはまた定期的にあなたの靴を外し

あなたが座っている間に足の腫れに対してエクササイズをするならば、あなたは知っているべきです:これらのエクササイズは靴なしで行われます、あなたは時計回りに、そして反時計回りに均等に足を動かす必要があります。座ったり、つま先を上下に曲げたり、反対方向に劇的に向きを変えたりすると、足の血行がよくなります。つま先を閉じてから開くのも便利です。

これらのエクササイズを実行して、一日の仕事の間に人は足の腫れの問題を心配しないかもしれません。

男性の足の腫れ防止

足の腫れを防ぐことは治療よりも簡単です。その発生が医師の助けを必要とする深刻な病気に関連していない場合は、以下に説明する予防策がこの問題を回避するのに完全に役立ちます。

  1. 手足の正常な血液循環を妨げるようなきつい靴や靴下をきついゴムバンドで着用しないでください。
  2. 強い飲酒の恩恵を受けないでください、就寝前に水分をたっぷり飲まないでください。
  3. 炭酸飲料を拒否するのは良いでしょう。
  4. 塩味のある製品や燻製の製品の使用を減らすために、体内に水分を保持しています。
  5. 座りがちな生活を避けます。
  6. 可能であれば、日中は水平にしてください(または少なくとも丘の上に両足を置いてください)。
  7. リンパの動きに沿って(下から上へ)脚をなでることは、疲労を軽減し、停滞を防ぎます。
  8. 新鮮な野菜や果物を食べることは血管の健康に良い影響を与えます。
  9. 温浴 - 快適で効果的な道具です。
  10. その後、浴室とサウナ(禁忌がない場合)で余分な水を追い出します。
  11. お茶、コーヒー、ブロスヒップ、米、ガマズミ属の木など、天然の利尿薬である毎日のダイエット食品に含めることをお勧めします。

これらの単純な規則は、足だけでなく全身にも良い影響を与えます。

様々な病理を伴う浮腫のコミュニケーション

足の腫脹を伴う筋骨格系の疾患には、慢性関節リウマチが含まれます。この病気では、関節組織の炎症が起こり、そして足の関節が冒されているならば、女性と男性の両方が脚を腫れさせる。炎症は対称的に進行する、すなわち病理学的過程は両肢で起こる。

男性はエクストリームスポーツを好むことが多いため、骨折することがよくあります。脚の激しい腫れは骨折の結果です。この場合、救急医療は外傷医によって行われます。

男性は、強直性脊椎炎または強直性脊椎炎に罹患する可能性が女性の3倍です。これは脊椎や関節に影響を与える慢性炎症性疾患です。男性の足の腫れの原因は、単に強直性脊椎炎である可能性があります。

肝臓は代謝過程において重要な役割を果たしています。それは血管内の血液の液体部分、すなわち血漿を保持するアルブミンを生成します。男性がより頻繁に発症する肝硬変またはC型肝炎では、アルブミン形成が損なわれます。血漿が組織に入り、浮腫が形成されます。

男性の足の腫れは心不全の発症について話すことができます。初期の段階では、このプロセスは足と足首だけを捉えてから、下肢や体の他の部分に移動します。心不全では、浮腫は対称的に形成されます。その局在化は、心臓のどの特定の部門の機能が損なわれているかを示し得る。プロセスが足に影響を与える場合、これは右心室の問題を示しています。

男性では、脚の腫れは腎不全で発症します。重要な違いは、場所が変わることです。夜には、それは体の上部にあり、持ち上げた後、体の下半分に移動します。

静脈瘤は主に女性の人口に影響を与える病気ですが、それは多くの場合、若者を含む男性に見られます。異常な生活様式と組み合わせた遺伝的素因は、静脈瘤を引き起こします。静脈瘤の徴候の1つは、夕方に現れる足の腫れです。この腫れは痛みと重さを伴います。

下肢の血管への負荷が増加するために静脈瘤が発生し、その結果として脚からの血液の流出が妨げられ、血管の壁が立ち上がらず、血管が病理学的に拡張する。

前立腺癌はかなり一般的な男性の診断です。前立腺癌では、足からも含めてリンパ液の流出が妨げられることが起こります。脂肪組織には体液がたまり、そこから足が腫れます。

関連する症状

浮腫は病気の特定の徴候ではありません。ほとんどの場合、患者さんは医師の診断に役立つ他の症状を抱えています。

  • 関節リウマチは関節の痛みなしには治らず、それは突然増加します。運動機能が低下しています。人は疲れを感じます。
  • 腫れだけでなく、彼女の機動性の変化、不自然な体位、そして聞こえてくる骨のクランチも脚の骨折について語ります。
  • 強直性脊椎炎は、ほとんどの場合中等度の腰痛から始まります。
  • 肝臓の問題は足の腫れだけではありません。体液が腹腔および胸腔に蓄積することがあります。
  • 右心室性心不全は胸骨の圧迫痛から始まり、さらに、その人はめまいがしており、彼は酸素欠乏を感じています。
  • 腎不全では、色や尿量などの指標が変化します。
  • 静脈瘤では、女性と男性の両方で、足は夕方に腫れます。午前中、腫れは定義されていません。静脈瘤の他の徴候は肉眼で見える足の上の血管網とクモ状静脈の外観です。
  • しばしば、前立腺癌の外科的治療または放射線療法の後に脚浮腫が発症する。これらの方法はリンパ管に影響を及ぼすからである。

問題に対する年齢の影響

もちろん、年配の男性は若い人よりも脚の浮腫を経験することが多くなります。体内のすべての代謝過程は減速するため、組織は体液の蓄積を受けやすくなります。さらに、長年にわたってほとんどの人々は、彼らの毎日の幸福を決定する病気の全体の手荷物を得ています。

男性と女性の両方における下肢浮腫の主な原因は心血管系の疾患です。心臓や血管の病気 - 世界で最初の死因。彼らはほとんどすべての高齢者です。若者も下肢浮腫に苦しんでいます、そしてこれは最も頻繁に個々のライフスタイルの特徴と関連しています。

男性の足の腫れをどのような医者が治療しますか?

男性の脚の浮腫の原因は患者にとって全く予想外であるかもしれないので、この現象は一般開業医への即時治療を必要とします。彼はどの臓器系が影響を受けているかを調べて決定します。特定された問題に応じて、療法士は患者をより狭い専門家に紹介します。

追加検査は最もよく行われます:

診断

診断手段の性質は、患者の病気の種類によって決まります。生化学的および臨床的血液検査、ならびに尿分析。

心電図(ECG)、心エコー検査(心エコー検査)、下肢のドップラー超音波検査、骨盤内臓器の超音波(超音波)、患部関節の超音波、X線を割り当てます。

年齢を問わず、どのような人でも、自分で薬を飲んで気軽に薬を買うことは絶対にお勧めできません。インターネット上の医学参考書や記事を読んであなたの診断を確定してください。そうすれば、診断が正しいと確信していても自分で薬を飲むべきではありません。体に害を及ぼすことがあります。診断は医者によってしかすることができない;従って専門家だけは男性および女性のための足の浮腫のための薬を処方する。

診断に応じて、これまたはその治療が行われ、それは偶然には病因性および病原性である、すなわち原因または病理学的過程の関連の1つに向けられる。浮腫は、利尿薬、ホルモン、マッサージ、運動療法を処方することができます。時々医者は患者が一時的に痛みを取り除くように鎮痛剤を処方します。

腫れの原因

健康な人では、足は生理的プロセスによって腫れます。

  1. Употребление чрезмерного количества соли и одновременно немалого объёма жидкости способствует застою воды в организме, чрезвычайно заметно после 40 лет,
  2. 同様の結果は極端な熱の状態にとどまることによって引き起こされます、高温は血管の拡張を引き起こします、微小循環を遅くする圧力の低下が起こります、
  3. 妊娠の最終段階では、足が腫れることが多い - その理由は、血管の拡張、血液中の過剰なナトリウムの遅延、それが胎盤中の特定のホルモンの一因となる、
  4. 浮腫は、不自然な、不快な位置に長時間滞在した結果として形成されます - 例えば、「足から足」の位置に座っている - 位置は静脈圧の上昇を刺激し、血管は悪化し始めます。
  5. 主な理由は、不快な靴、かかとの高い靴を長持ちさせていることです。これは、足にかかる負荷を増加させ、組織が循環するのを困難にします。

腫れを引き起こす、体の病気や病理

  1. 心不全:初期段階では様々な密度の浮腫 - やわらかく、肢の下部でのみ、後期段階で - タイトで、膝関節まで上がっています。左右の足が同時に膨れます。午前中に、幸福の改善があります。
  2. 腎不全:夜間および夜間に腫脹が増加し、四肢よりも顔面に頻繁に局在した。腎炎症候群では、足と下肢がより頻繁に腫れます。
  3. 静脈瘤:たいていの場合、片側の圧迫された安定した立ち位置で悪化したふくらみは、横臥位で促進されます。
  4. リンパ系の疾患:主に片足が腫れ、浮腫は両側性ではありません。不快感は体位の変化によって減少することはありません。症状と主な特徴:足の裏側に、ふくらんでいるように見える、ふくらんでいる様子。
  5. 骨や関節の病理:片方の肢のみが腫れ、片側分布。ふくれは筋骨格系の部分的な混乱を引き起こし、歩行時にひどい不快感を引き起こします。
  6. 化膿性皮膚疾患、傷害:後者の場合、損傷部位周辺に局在し、潰瘍を伴って有意に腫脹する。骨折が局所的に損傷の領域に位置するとき、靭帯が壊れるとき、それは広がり、そして血腫に似た形をとる。

浮腫の症状

  • 原因に関係なく、足の体液の望ましくない停滞は、最初の兆候 - 指の皮膚への明確な痕跡の形成、足首領域の靴下からの顕著な刻み目 - によって明白に述べられている。
  • 症状の第二段階は局所的な腫れです。最初のものとは異なり、より明白です。足が腫れていると、この段階で、人は不快感に悩まされ始め、健康上の問題に注意を払うことを余儀なくされます。腫れはスポーンエリアにあります。
  • 第三段階 - 浮腫が大規模になる。増加の増加により、時々膝関節のレベルに達する。腫れや膝の敷居を克服することが頻繁にあります、結果として、腫れのさらなる広がりは続きました、その結果、足は完全に腫れました。このような状況での専門的治療は必須となります。
  • 最後の段階は重要です。足の皮膚が過度に伸び、涙、皮膚炎、大きなひび、栄養性潰瘍が形成されます。その期間中に医学的な助けを求めないと、治療は必然的に難しくなり、長くなります。

ふくれの除去

自己治療を始めて、それは欠陥の原因を見つける価値があります。それは医者に相談することが示されています、それは包括的な健康診断を受けることをお勧めします。足の部分の煩わしい感覚を取り除くためには、症状を滑らかにして取り除くのではなく、出現の原因を根絶することが必要です。

例外は、四肢の身体的な過度の緊張が原因で脚が腫れていることが明らかな場合です。このような状況は危険ではなく、合併症をはらんでいません。

過労による腫れを取り除くために、いくつかの効果的な勧告が開発されました:

  1. 脚の肉体的な運動を目に見える腫れの兆候の完全な消失に限定することが必要です - 特に男性の場合
  2. 腓腹筋のための定期的な短いウォームアップをすることは有用です:それはマッサージ、体操によってまたは単に四肢に高い位置を与えることによってこれを行うことが可能です、
  3. 浮腫の場所に応じて、圧縮下着を着用することをお勧めします - 左側、右側、または両方の脚に同時に
  4. 簡単な方法 - 医薬品、クリーム、軟膏による治療は、医師の処方箋なしで、その都市のどの薬局でも見つけることができます。
  5. それは足のための治療浴を作るのに便利です:平均温度で十分な量の水の中に、小さじ2杯の海のビタミン塩を溶かしなさい、
  6. 何百年もの間、代替医療は白樺のつぼみ、亜麻仁、ニワトコやパセリ、蜂蜜、大根からの利尿薬の煎じ薬で浮腫の症状を取り除くことを好んでいます。

浮腫の予防

浮腫とさらなる不快な治療を防ぐために、あなたは簡単な規則に従うべきです:

    可能であれば、職場で休憩を取り、足を休ませ、快適で適切なサイズの靴を履いてください。小さな安定したかかとのある靴 - 女性は腫れを防ぐのに欠けています。異なる年のほとんどの女性は、ハイヒールまたは絶対に平らな靴底のどちらかで靴を好みます、

より強いセックスにおける浮腫の出現

男性の足の腫れの原因は別々に考慮されるべきです、男性と女性の解剖学的構造は異なります。上記および体組織の構造に関する懸念。男性では、筋肉組織が脂肪組織より優勢です。性の弱い人の代表ではなく、血とリンパの急速な循環があります。違いの事実にもかかわらず、なぜ男性は彼らの足を膨らませるのですか?

まず第一に、違反は高度の傷害に関連付けられています。男性の年齢にかかわらず、軽いけが(浮腫の形成には十分です)のリスクは女性のリスクよりも何倍も高くなります。男性はかなりの運動を経験しますが、その多くは自分の足にあります。年齢とともに、体内の物質の循環は遅くなり、40年後には浮腫形成に対する男性の抵抗は減少します。

多くの場合、より強い性別の代表者はすでに形成された浮腫に十分な注意を払わないで、治療は最後まで延期されます。男性は腫れを取るに足らない雑学と見なします。主に足首近くの靴下からの深いくぼみの形で現れるふくらみの最初の兆候は、彼女の夫の女性によって発見されます。夫に医師による定期的な監視を強制することは不可欠です。

そのような事実が主な答えになるでしょう、なぜ男性は浮腫の外観になりがちです。このような場合を防ぐために、自分の健康状態を慎重に検討することをお勧めします。足が腫れている場合は、治療を遅らせることなく直ちに医療処置を受けてください。

浮腫の症状

男性の足の腫れが身体の病理学的機能不全(心臓病、血管、腎臓など)によって引き起こされている場合、医療が必要になります。

病気の発症時には、腫れは目立たないかもしれませんが、それを決定することができる症状があります:

  • 歩きながら足の痛みの外観、
  • 静脈がより目立つようになる(見える)、
  • 夕方には足に重さがあります、
  • 足の容積がわずかに増加するため、靴の脱着時の不快感(わずかな困難)
  • 膨潤部位の温度は正常です。
  • 浮腫領域を押すときに痛みがない、
  • 靴を脱いだ後、3〜5分で消える靴下や靴の目立つ帯があります。

この現象の原因が時間内に解消されない場合は、浮腫、そしてその結果として症状が増大する可能性があります。

割り当て いくつかの臨床段階 腫れ

  1. 腫れの部分を押すと、顕著な跡が残ります。
  2. ふくらはぎ部分の腫れ、歩くときや靴を履くときの不快感。
  3. 膝関節のレベルに対する腫れの分布。
  4. 蓄積した体液による皮膚の強い伸張は、涙、ひび、栄養性潰瘍および皮膚炎を引き起こす。

男性と女性でなぜ足が腫れるのか

健康な人では、以下の理由で脚が腫れることがあります。

  • 大量の水分の摂取と組み合わせた大量の塩の使用は、体内の水分保持を引き起こします。それは中年(40年後)の人や高齢者によく見られます。
  • 高温条件下にあります。その結果、血管が拡張し、血管内の圧力が低下し、結果として微小循環が乱されます(速度が低下します)。
  • 妊娠妊娠中期では、女性の足がかなり頻繁に腫れます。この状態の理由は、胎盤ホルモンの影響による、血管の拡張と体内の過剰なナトリウムの遅延です。
  • 浮腫は、不快な不自然な姿勢(例えば、脚から脚まで)での長期の滞在の結果であり得、それは静脈内の圧力の増加をもたらし、その結果として、血液流出の違反を伴う。

多分足の腫れを誘発する 不快な靴を履いて またはハイヒールでの長時間の歩行は足への負荷の増加をもたらし、組織内の血液循環を妨げます。

足の腫れの病理学的原因

肌に化膿性のプロセス、様々な怪我。怪我の腫れは、損傷を受けた領域の周囲に局在し、潰瘍を伴います - 患部全体が腫れます。

骨折では、浮腫は局所的であり、そして 靭帯損傷 - あいまいで血腫に似ています。関節や骨の病気。浮腫は片肢のみに発生し、歩行、関節の動きなどを妨げます。

リンパ系疾患 (リンパ)。原発性リンパ腫浮腫が両方の手足に発生すると、二次的に - 片方に発生します。腫脹は足の裏、下肢、および/または大腿部に限局している。

病気の初めに、浮腫は穏やかです、しかし、過程の発展とともに、それは密になります。夜の眠りを過ぎることはありません。この状態の原因は、リンパ管の閉塞、そして結果として、リンパ液の流れの違反です。

甲状腺機能低下症ふくれは通常両側性であり、脛骨の前面に局在し、弾力性があり、そして夜の休息の後に消えない。そのような浮腫の特徴は、それらに押されたときに、陥凹が残らないことです。

糖尿病。浮腫は両側性で柔らかく、足に限局している。一定の浮腫(すなわち、安静の後に去らないでください)。腫れの上の肌は青みを帯びた色合いと淡いです。適切な治療法がない場合、腫れは壊疽を引き起こし、結果として切断を招く可能性があります。

アレルギー性腫脹。二国間、柔らかい、足の領域にローカライズされた、足、足首は、休憩後に変更されません。発生はアレルゲンへの暴露に関連しています。

肥満浮腫関連 太り過ぎ 二国間、柔らかい、一日の終わりまでに成長して、腰、足首、足、足とつま先に位置しています。浮腫の発症メカニズムは次のとおりです。毒素は脂肪組織に蓄積し、過剰な水分は排泄されます。

肝疾患。肝硬変では、両側軽度の浮腫が観察され、一日の終わりまでに増加します。この膨らみの特徴は、押されたときに、窩が長時間残ることです。

術後浮腫。二国間、柔らかい、足や足首の下3分の1に位置しています。活動の回復後に消えます。腎臓病足、足、足首に位置する二国間、柔らかい、ヒポスタット。日中は変更しないでください。体からの過剰な体液の排出量の低下が原因で発生します。

心不全。それは夕方に増加して、足、足と足首の後ろの両側性の柔らかい浮腫の出現によって特徴付けられます。浮腫の上の皮膚はピンクがかった青みがかった色合いをしています。

静脈瘤。浮腫は両側性で、両脚の下3分の3でやわらかく発生し、まれに足に行きます。睡眠の夜の後に消えます。ふくれは脚の重さ、チクチク感および疲労感を伴う。

静脈血栓症。片側浮腫は、血栓の位置に応じて、大腿部または下肢に局在し、シアン色の皮膚の色合いは一日中変化しません。突然現れます。

年齢面

年配の男性は若い人よりもふくらんで苦しむ可能性がはるかに高いです。これは新陳代謝が遅いためで、組織が緩くなり、組織内の水分の蓄積に寄与します。

また、 年齢とともに、病状はより頻繁に発生します 心臓や血管、関節炎など、それは足の腫れの外観を伴います。長年にわたって運動活動が減少することもまた重要である。

どの専門家に連絡する必要があるか

腫れを検出するときは、既往症、苦情、徹底的な調査を集めた後、狭い専門家に助言する一般開業医に相談してください。最も頻繁に処方される療法:

  • 腎臓専門医(腎臓病が腫れの原因である場合)、
  • 内分泌科医(その理由が糖尿病または他の内分泌病理の存在にある場合)、
  • 心臓専門医(浮腫が心臓や血管の損傷の症状である場合)
  • 静脈内科医(静脈病変の検出のため)。

浮腫の解消

適切な治療を処方する前に、腫れの原因を突き止め、専門家の助言を得て身体検査を受けること、すなわち浮腫の根本的な原因を取り除くことが必要であり、この症状を取り除くだけではありません。この規則の例外は、激しい運動による腫れです。過労による腫れをなくすには、次のことをしなければなりません。

  • 肉体的運動を最小限に抑える(浮腫が完全に解消するまで)。
  • ふくらはぎの筋肉を温めるための短い定期的なエクササイズ(体操、マッサージ、足の高さを上げる)を行います。
  • 圧縮下着を着て、
  • 疲れた足を和らげるための治療用クリームと軟膏の使用
  • 足に海の塩を使ったリラックスできる温かいお風呂
  • 亜麻の種子、白樺の芽、パセリ、ニワトコ、大根から利尿薬の使用料。

脚の腫れを防ぐには、次の手順に従います。

  • あらゆる機会に、仕事から休憩して足を休ませ、その大きさに適した生理的ヒール(最大5センチメートル)を備えた快適なサイズの履物を着用する必要があります。
  • 高齢者の毎日の塩分量を慎重に管理する。
  • 足の体操。

女性と男性の解剖学は異なります。男性の筋肉組織は脂肪より発達しており、血液とリンパ液はより早く循環します。

しかし、性が強いほど様々な怪我をする傾向があり、身体への身体的負荷ははるかに高くなります。年齢とともに、代謝過程は遅くなり、40年後には男性の浮腫の出現に対する抵抗は著しく減少します。

かなり頻繁に、男性は浮腫の出現を重視し、最後まで治療を延期しません。足首領域の靴下からの溝を検出するとき(これはしばしば浮腫の最初の徴候の一つです) 医者に診てもらう必要がある.

牧草の原因と脚と足の腫れ

下肢における浮腫の発症は、血管床、特に深部および表在静脈の病理、筋骨格系の損傷、慢性体性疾患、またはこれらの要因の組み合わせの結果であり得る。

慢性静脈不全の徴候としての下肢浮腫

脚の浮腫の最も一般的な原因:

  • 静脈循環の急性侵害(深部静脈血栓症)
  • リンパ球症
  • 心臓病理学(先天性または後天性欠損症、虚血性心疾患、心不全、心筋症)、
  • 反応性関節炎、変形性関節症、
  • 慢性および急性腎障害(糸球体腎炎、腎盂腎炎、ループス腎炎など)、
  • 肝疾患(肝硬変)。

急性深部静脈血栓症

慢性心不全、肥満、真性糖尿病、腫瘍学、および老年期は、下肢の静脈血管における血栓形成の原因となり得る。また頻繁に誘発要因はこの分野の重いそして長期の外科的介入、傷害そして感染性および炎症性疾患です。

静脈血栓症の症状の一つは、脚の腫れです。

血栓症の発症から最初の1〜2日は、通常、症状がかなりひどくなります。患者は、腓腹筋の軽度の痛みを感じることによって邪魔され、これは運動および歩行を行うときにいくらか悪化し、足の適度な張りが現れる(ほとんどの場合、彼らの下3分の1)。概して、患者の全身状態は満足のいくものである。医者は足の筋肉の触診と、それらが空気が徐々に押し込まれるマノメーターカフで圧迫されたときの痛みに気付きます。

幸福および臨床像の悪化は、脚の3対の静脈すべての血栓症の間に起こります。 Появляется острая боль, ощущение распирания, пастозность переходит в ярко выраженную отечность, кожные покровы конечности приобретают цианотичный оттенок и становятся горячими на ощупь.

Сердечная недостаточность

未修正の欠陥、心筋症、冠状動脈疾患、律動障害 - これらすべてが、時間の経過とともに心不全の形成につながる可能性があります。心臓およびその血管の侵害は、それぞれ、体液の停滞および浮腫を引き起こす。

浮腫の出現は心不全の徴候である可能性があります。

慢性心不全は、いくつかの病期に分けられます。脚浮腫および肝肥大の出現は、右心室不全の場合の病期2 Bに特徴的である。患者はまた次のように文句を言う

  • 疲労について
  • 安静時および運動中の息切れ
  • 深刻な弱点
  • 皮膚の変色(チアノーゼ)。

浮腫の重症度およびその局在化は、疾患の経過および治療に対するその反応に左右される。

足と足の「心臓」の腫れは、原則として、夕方に最も顕著になり、朝にいくらか減少します。あなたの指で足に触れると、肌も緻密で、伸びて見えます、時間とともに消える窩があります。密集した腫れを起こすと、ひび割れや栄養性潰瘍が起こります。

反応性関節炎

場合によっては、筋骨格系の疾患も浮腫の出現につながります。これは、静脈やリンパ管を傷つけ、血液やリンパ液の正常な流出を妨げる、関節の拘縮や変形によるものです。

反応性関節炎は感染後に最も頻繁に起こり、季節性、すなわち秋と春の期間における周期的な悪化によって特徴付けられる。長期にわたる継続的なプロセスは、関節およびその滑膜における結合組織の成長に寄与し、その結果として四肢の機能が乱される。

反応性関節炎も脚の腫れを引き起こす可能性があります。

  • 罹患関節の痛み
  • 移動時の剛性
  • ふくれの外観。

増悪期間中の疾患部位の上の皮膚は中等度の充血であり、温度が上昇している。様々な程度の動きや歩行は困難であり、拘縮の形成において、四肢はその機能を完全に失う可能性があります。

腎臓と肝臓の病理

パスト性や足や足の腫れの外観は、患者が肝臓や腎臓の病状を持っていることを示している可能性があります。

急性および慢性 腎臓損傷 以下の特徴があるネフローゼ症候群でよく起こります。

  • 腎臓の濾過および集中機能の違反による顔面および下肢の腫脹の出現。原則として、腫れは午前中により顕著になります。重度の臓器損傷を伴うと、腹部浮腫が現れ、アナサルカが発症する。
  • 全身圧の上昇
  • 重度のタンパク尿(尿中のタンパク質の大量排泄)、これもまた血管から周囲の組織への体液の発汗を引き起こします。
  • コレステロールと血中脂質の増加

身体病理としての腎臓損傷は足の腫脹を引き起こす

肝硬変 - 慢性 肝障害それは臓器組織の著しい線維化および偽性腰部の形成を特徴とする。この病気の原因はたくさんあります(遺伝病理、慢性肝炎、アルコール依存症など)。浮腫の出現は門脈圧亢進症の形成、すなわち門脈系における静水圧の一定の増加と関連している。

門脈圧亢進症の症状は以下のとおりです。

  • 疾患の初期段階の消化不良(鼓腸、下痢、上腹部の痛み、胸やけ)、
  • 出血性症候群(消化管からの出血、食道静脈瘤)、
  • 肝臓や脾臓のサイズが大きくなる
  • 腹水の出現、腹部の伏在静脈の拡張、脚の浮腫。

浮腫は、肝硬変に起因する腹水症で発生します。

そのような患者は体重を減らし、すぐに疲れ、そして淡い黄色がかった肌の色調を有する。

ローカライズの主なサイト

脚の腫れの場所は、主にその発達の原因によって異なります。ほとんどの場合、この現象は足首領域で発生します。この場合の浮腫の存在を判定することは視覚的には事実上不可能である。

しかし、人が靴下を履いていると病気に気づくことができます。それらからの歯茎は足首領域に特徴的なマークを残します。この現象は組織が流体で満たされていることを示唆している。浮腫では、皮膚は外圧に対してより強く反応します。

また、ふくらはぎゾーンで腫れが観察されます。この場合、症状は視覚的に判断しやすくなります。人は足に不快感、重さの感じに悩まされています。あなたが浮腫を治療しない場合、それはより広範な地域に広がり始めます。

多くの場合、腫れは足に観察され、それは最も顕著な症状を伴います。患者が靴を履くのが難しくなり、着用すると足の皮膚がしぼり、けがをしたり、かゆみます。

ふくれは膝のゾーンで発生します。このため、膝領域が膨張して下肢よりも大きくなると、脚は不規則な形状になります。膝の浮腫の発症は、循環器系およびリンパ系の深刻な病状の存在を示す可能性がある最も危険な症状と考えられています。

男性の足の腫れの原因はたくさんあります。腫瘍は、外的要因または体内の病理学的過程の影響により現れることがあります。

生理的

男性の四肢の腫れは、身体の病状とは関係のない自然の原因の影響で起こることがよくあります。しかし、それらすべてが無害であるというわけではありません:長期暴露のいくつかの要因は病気の発症につながる可能性があります。

男性の足を腫れさせる理由:

  1. 座りがちな生活。座りがちな仕事をする、より強い性別の代表者は、しばしば障害のある血液およびリンパ循環に苦しんでいます。その結果、浮腫は足首の部分、時には膝の部分に発生します。
  2. 体内の過剰な塩分。塩辛い食べ物が大好きな人は、多くの場合、pastoznostの影響を受けます。塩分は組織内に水分を保持し、その蓄積に寄与します。このような腫れは塩分摂取量を減らすことで解消されます。
  3. 過度の運動やけが。脚の腫れは、特に仕事やスポーツの練習が立位で行われている場合、男性の身体に過負荷がかかるために起こることがあります。浮腫の出現を防ぐために、足をこねる。
  4. 不合理な食べ物。下肢の組織に水分がたまると、脂肪や辛い食べ物が消費されます。タンパク質食品の減少を必要とする厳格な食事を観察することはまた足の激しい腫脹をもたらします。

誰に連絡しますか?

まず第一に、足が腫れて痛みが乱れた場合、セラピストが訪れる必要があります。彼は診断を調べて処方します。結果を受け取った後、医者はあなたを専門医に紹介します。

足の腫れの治療に参加することができます:

  1. 血管の病理学における静脈科医。
  2. 循環器系の疾患を持つ心臓専門医。
  3. 腎臓病の腎臓専門医。
  4. 糖尿病の内分泌科医。

四肢浮腫の「原因」を自覚して自分で治療を処方することは固く禁じられています。それは、人命と健康にとって危険な合併症をはらんでいます。

腫れの原因

男性の足の腫れは生理的または病理的です。内的および外的な事情は腫れにつながります。

健康な男性は特別な治療なしですぐに問題に対処することができます。腫れが特定の病気によって引き起こされている場合、努力は根本的な原因を抑えることに向けられています。

生理的な腫れ

以下の要因が細胞外空間に体液を蓄積させます。

  1. 過度の運動この場合、足に疲れと重さが現れます。彼らは多くを傷つけ、腫れ上がった。不快感は、長い目で見て歩く、立っている、座っている、激しい身体的作業の後に起こります。腫れは、休息後に消えます。
  2. 男性の足の腫れは、塩漬け、燻製、缶詰製品の定期的な使用で発生します。このような食品では、過剰量の塩が体内に入り込み、組織内の水分を保ちます。通常の範囲で塩を使い始め、十分な水を飲めば水腫は治まります(1日2〜3リットル)。
  3. たんぱく質や脂肪分の多い食品、スパイスを濫用すると足が腫れます。
  4. 体重を減らすように設計された食事療法は時々反対の効果をもたらす。これは、栄養素が枯渇した食物が食事に取り込まれるときに起こります。厳格な食事療法では、体が反応し、体重増加と浮腫の出現が現れます。
  5. 男性が大量にアルコールを飲むと足の腫れが起こります。

病気によって引き起こされる病気

足が定期的に腫れている場合 - これは特定の疾患が発生したことを示しています。年上の男性は若い男性よりも不快感に苦しむ可能性が高いです。老年期には、尿路系および心血管系の疾患が発症する。

脚の腫れは次のような場合に始まります。

  • けがをする
  • 心臓血管疾患
  • 肝臓および腎臓病
  • 関節炎や他の関節の病状
  • 代謝障害
  • 糖尿病
  • 太りすぎ、肥満、
  • リンパ系への損傷。

浮腫は常に負傷した肢に発生します。それは骨折、転位、捻挫、あざの後に形成されます。片側の腫脹は損傷部位に局在します。

心臓病の腫れを引き起こします。体は血液を送り出すことには対応していません。これは、血流の低下、停滞、静脈床から周囲の組織への体液の漏出、浮腫の出現をもたらす。ほとんどの物質は足に蓄積します。残りの量の液体は、顔や手に腫れを生じます。

血栓症および静脈瘤では、片方の脚が罹患するか、またはその両方が起こります。まず、足とふくらはぎの部分が大きくなり、それから腰が大きくなります。栄養潰瘍は皮膚に形成されます。損傷した組織の血流が止まると、壊死と壊疽が起こり、その後四肢切断が行われます。

泌尿器の病気では、両足が腫れます。。患者が何らかの理由で治療を受けていない場合は、顔や手に腫れが現れます。

肝臓の損傷は足の浮腫のもう一つの原因です。足首に発生します。しかしながら、肝病理を有する男性では、体液が細胞間空間に蓄積することはめったにない。

関節の病気は痛み、こわばり、腫れを伴います。それらの発達と共に、1つまたはいくつかの関節が腫脹することがある。腫れは長期間の不動の後に増加する。腫れを取り除くためには、関節を治療する必要があります。

糖尿病では、血液循環と神経系の機能が損なわれ、それが足の浮腫につながります。腫れのある場所では、組織は感染しやすく、深刻な炎症プロセスが発生します。重症例では、糖尿病性足が発生します。

下肢は肥満で腫れます。なぜこれが起こっているのですか?太りすぎの人々では、新陳代謝が妨げられ、足の負荷は増加します。これら二つの要因は細胞外のスペースの液体の蓄積を引き起こします。

足の体液はリンパ流に反して停滞します。この場合、足と足首が大きく腫れます。男性のそのような現象 - 希少性。

薬物療法

それを引き起こした原因を確立した後に治療の腫れが始まります。男性の足の腫れの生理学的な原因は健康に危険ではありません。しかし、彼らは管理下に置かれる必要があります:安静にすること、治療体操に注意を払うこと、マッサージをすること、栄養を調整すること、活発に動くこと、悪い習慣をやめることは合理的です。

体内の病理学的変化がすぐに浮腫薬を排除するとき。治療法は診断研究の結果に従って医師によって処方されます。まず第一に、彼らは足の腫れを引き起こしている病気を治療しています。

複雑な治療法では利尿薬を含める必要があります。利尿薬は、患者の状態と関連する病状を考慮して、医師によって処方されます。

伝統医学による治療

浮腫を使用する民間療法を排除するために、それらは水分の除去を活性化します。医師に相談した後、それらを適用してください。

自宅でふくらんでいると助け合う:

  1. ローズヒップ、結び目、メリッサ、柳、カモミール、ミント入りハーブティー。これらのハーブは利尿作用があります。 250mlの熱湯で小さじ1杯のハーブを煎じ、お茶のように飲む。
  2. 紅茶と緑茶、カルカデは利尿効果があります。
  3. スウィートチェリー、チェリー、スイカ、コケモモ果実、クランベリー、スグリの芽の腫れを取り除き、機能を安定させます.
  4. ローズヒップエキスサーモスに注いだコップ一杯の水を沸騰させる。大さじ1杯の果物を液体に加え、8時間放置する。ツールは食事の前に1日3回100mlを飲まなければなりません。飲み物の味と治療効果はそれに蜂蜜を加えることによって改善されます。
  5. ワイルドローズベリー、ガマズミ属の木、サンザシ、ライムの花、カレンデュラ、ブルーベリーの葉、オオバコ、シラカバのコレクション。原料は等量で混合されます。 500mlの熱湯にコレクションの大さじ2杯を注ぐ。エージェントに一晩注入することを許可します。 1日に3〜4回50mlを飲んで、2〜3ヶ月間治療した。
  6. パセリの種手段は空腹時に1日3回使用されます。食事と薬の間隔は30分です。種子(0.5小さじ)をコップ一杯の水で洗い流した。
  7. 種子をつぶします。 250mlの熱湯に大さじ1杯の種子を注ぐ。 1時間後、薬はろ過されます。 3部に分かれています。空腹時に日中それらを飲む。
  8. セロリ植物の緑と葉柄がサラダや他の料理に追加されます。絞りたてのセロリジュースを小さじ1杯で1日3回浮腫に使用します。
  9. つくし500mlの水を沸かし、小さじ4杯のハーブを入れます。 20分間放置し、濾過した。 1日4回、大さじ3杯を飲みます。注入はすぐに浮腫を和らげ、中毒性はありません。

足湯

男性が足の腫れに苦しんでいる場合、足浴は問題に対処するのに役立ちます。準備の治療のために:

  1. コントラストミントトレイ。 3リットルの沸騰したお湯で2〜3握りの葉を淹れ、30分間放置します(草の代わりに、3〜5滴のペパーミントエッセンシャルオイルを水に加えることができます)。まず、足を温かいミントの入った洗面器に浸し、10分間置きます。それから、彼らは冷たい水の中で半分間足を素早く下げます。手順を2〜3回繰り返します。
  2. 塩浴小さじ3杯の海(食物)塩を3リットルの温水に溶かす。 15-20分の間解決にフィートを浸しなさい。
  3. 海藻トレイ手続きは夕方に行われます。 250mlの水を沸騰させ、その中に大さじ2杯のシーケールを入れ、2時間放置し、3リットルのお湯で希釈する。足は20〜30分急上昇します。

足の腫れは無視してはいけません。それらを治療するのは医者の監督下にあるべきです。多くの場合、簡単な予防策で問題を解決することができます。安静、食事、アルコールとタバコの放棄、適切な運動、適切な飲酒療法。

Pin
Send
Share
Send
Send